★阿修羅♪ > 戦争b18 > 135.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪ヤバイ≫中国の領空侵犯で自衛隊機と一触即発の事態に!自衛隊機に攻撃動作、空自創設以来初めてのドッグファイト!政府は沈黙
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/135.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 6 月 29 日 11:09:06: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【ヤバイ】中国の領空侵犯で自衛隊機と一触即発の事態に!自衛隊機に攻撃動作、空自創設以来初めてのドッグファイト!政府は沈黙
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-12265.html
2016.06.29 06:00 情報速報ドットコム



中国軍の戦闘機


東シナ海で一触即発の危機、ついに中国が軍事行動 中国機のミサイル攻撃を避けようと、自衛隊機が自己防御装置作動
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47196?utm_source=gunosy&utm_medium=feed&utm_campaign=link&utm_content=title
だが今回、状況は一変した。中国海軍艦艇の挑戦的な行動に呼応するかのように、これまでのラインをやすやすと越えて南下し、空自スクランブル機に対し攻撃動作を仕かけてきたという。

攻撃動作を仕かけられた空自戦闘機は、いったんは防御機動でこれを回避したが、このままではドッグファイト(格闘戦)に巻き込まれ、不測の状態が生起しかねないと判断し、自己防御装置を使用しながら中国軍機によるミサイル攻撃を回避しつつ戦域から離脱したという。

 筆者は戦闘機操縦者だったので、その深刻さはよく分かる。まさに間一髪だったと言えよう。冷戦期にもなかった対象国戦闘機による攻撃行動であり、空自創設以来初めての、実戦によるドッグファイトであった。


中国機、空自機に攻撃動作 空自OB指摘、防衛省幹部認める
http://this.kiji.is/120520093325247990?c=39546741839462401
 元航空自衛隊航空支援集団司令官の織田邦男元空将は28日、インターネットのニュースサイトで、東シナ海上空で中国軍の戦闘機が空自の戦闘機に対し「攻撃動作を仕掛け、空自機が離脱した」とする記事を発表した。詳しい日時などは記されていない。防衛省幹部は、共同通信の取材に大筋で事実関係を認めた。


以下、ネットの反応




















日本政府は中規模の出来事に対しては堂々と対応しますが、本当にヤバイ大きな出来事に関しては黙り込みます。今回の事例はそのようなヤバイ出来事だと言え、一歩でも間違えば死傷者が出ていたかもしれません。

少なくとも、冷戦期でも経験したことがないドッグファイトが発生したという事実がある以上は、日本政府として強い対応をする必要があります。

この騒動は雑誌等が取り上げた後に自衛隊関係者が認め、「海上の動きと合わせるように中国機が極めて挑発的な行動を取るようになった」とコメントしました。

今まで具体的に発表されなかった件を含めて、日本政府の対応にも疑問を感じます。最近は中国海軍の進出も活発化していますし、ちょっと嫌な感じがすると言えるでしょう。
*中国の軍部が暴走しているのかも・・・?


対中国機スクランブルが過去最多の571回 防衛省(16/04/23)


空自スクランブル中国の領空侵犯


中国機による領空侵犯と思われる動画


関連記事
東シナ海で一触即発の危機、ついに中国が軍事行動 中国機のミサイル攻撃を避けようと、自衛隊機が自己防御装置作動
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/133.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 英松[129] iXCPvA 2016年6月29日 12:28:39 : wONaLl8IgQ : 6rzrY7eRCSU[25]
矢部宏治氏の著書によれば

 ・自衛隊は米軍司令官の統一指揮権のもとに置かれる

だとの事ですから、安倍首相が独自の判断で戦闘命令を出す事は有りえません。
米国ネオコンが裏で暗躍して中国をけしかけているの間違いないでしょう。
又、参院選挙を控えている関係上、乱高下している為替・株価維持の為公的資金が投入され外資を儲けさせる事になり、選挙後に我々は真っ青になるでしょう!


2. 2016年6月29日 13:13:22 : EefdAulwTM : 99eXpu2Vgao[19]
中国軍機、空自機に攻撃動作 「ドッグファイト回避、戦域から離脱」 空自OBがネットニュースで指摘
2016.6.29 07:07 産経新聞

 元航空自衛隊航空支援集団司令官の織田邦男元空将は28日、インターネットのニュースサイトで、東シナ海上空で中国軍の戦闘機が空自機に対し「攻撃動作を仕掛け、空自機がミサイル攻撃を回避しつつ戦域から離脱した」とする記事を発表した。詳しい日時や場所、中国軍機の種別などは記されていない。防衛省幹部は産経新聞の取材に対し、大筋で事実関係を認めたが、「実際にどこまで中国機が空自機に迫ったかが問題だ」と指摘した。

 織田氏は記事で中国軍艦が今月、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域や口永良部島(鹿児島県)周辺の領海などに相次いで侵入した事例に言及し、「これら海上の動きと合わせるように、中国海空軍の戦闘機が航空自衛隊のスクランブル(緊急発進)機に対し、極めて危険な挑発行動を取るようになった」と指摘した。

 記事によると、中国軍機はスクランブルで出動した空自戦闘機に対し「攻撃動作を仕掛けてきた」ため、空自機は「いったんは防御機動で回避したが、ドッグファイト(格闘戦)に巻き込まれ、不測の状態が生起しかねないと判断し、自己防御装置を使用しながら中国軍機によるミサイル攻撃を回避しつつ戦域から離脱した」という。

 中国軍の挑発行為をめぐっては、平成13年4月、南シナ海の公海上空で、中国軍戦闘機が米軍の電子偵察機に異常接近して接触、墜落し、米軍機は中国・海南島に緊急着陸した。また、25年1月には東シナ海で中国海軍艦が海上自衛隊の護衛艦とヘリコプターに射撃管制用レーダーを照射した。F4戦闘機のパイロットだった織田氏は「武装した戦闘機同士がミサイル射程圏内で遭遇する。戦闘機同士がいったん格闘戦に陥ると、空中衝突やミサイル発射に至る可能性は十分にある」と指摘した。

 織田氏は28日、産経新聞の取材に対し「常識を度外視して、中国軍機が尖閣上空まで近づいてきている。これが常態化すれば領空の安定は守れなくなる」と強調した。織田氏は昭和49年に防大を卒業し、空自に入隊。平成18年から航空支援集団司令官を務め、21年に退官した。

■2年前には中国軍機が異常接近

【中国軍機異常接近】中国軍機はミサイルを搭載、防衛相が明らかに
http://www.sankei.com/politics/news/140525/plt1405250003-n1.html

http://www.sankei.com/world/news/160629/wor1606290008-n1.html


3. 2016年6月29日 15:24:22 : iJ2WMKVhaI : EH3mNtesNds[34]
つまり煙幕張りながら逃げてきたんだな。もうスクランブル打つだけ時間と部品と燃料の無駄だから以後慎むように。軍事的にはこの体たらく、どうせ政治的な決着もできまい。ロシアに謝罪した途端にテロに見舞われたトルコ大統領の二の舞は避けたいだろう。日本で何か起こすとしたらトルコの空港テロレベルでは済まない。

4. 2016年6月29日 18:08:51 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[669]
ネトウヨが大喜びしそうだが どうせ 参院選挙目的の ワザとな情報漏えいだろう
誰の思惑なのか 何処からの思惑なのかは 言うまでもあるまい

(たとえ本当に有った出来事だったとしても)
政冷経熱 日本と中国は もはや運命共同体と言えるほどの 経済的相互依存が存在する

本当に戦争にならないくらいの 程々の緊張状態作り出すのは 日中双方の経済界にとって有益な事
出来レースですよ完全に。


5. 2016年6月29日 19:42:03 : ZsYTl2lJgo : fOAqkE3mqBk[15]
アメリカ悪役説は皇室の陰謀ですから国民は騙されないようにしましょう。
いまだに人工地震がアメリカの仕業だという人がいるのは驚きだ。

[32初期非表示理由]:担当:スレ違い
6. 2016年6月29日 20:02:56 : 2FbCg9vijk : ylRMDBXhDG8[219]
沈黙の 陰で政府は ほくそ笑み

7. 2016年6月29日 20:38:13 : Pk2dB8Sj4U : VxCGcifLY0s[8]
ガセネタですよ。自衛隊は交信があった模様だとかでお茶を濁した。
中国からウソを言うなと抗議されるのを恐れている。

8. 2016年6月29日 22:25:58 : riwgxq1iJ6 : Bd5Q3wVbe7A[311]
防衛相は自衛隊員を守りませんよ。落とされてから後悔してもダメ。文句は言えませんね。安倍のあほに追従するあほたちの幹部が戦争に参加したがっているのです。中国を敵視しているバカが日本のあなたたちの総統なんですよ。まぁ、近く落とされると思いますよ。敵を侮っていますから。

9. 2016年6月29日 23:17:56 : aQq0UGoaxY : pNHEWTkf6T8[226]
過去動画を沢山貼り付けて、印象操作をしているわけだ。
「真実を探す嘘ブログ」の元ネタのJBpress織田邦男の記事を政府は否定している。
-----
「中国機が攻撃動作」を否定
副長官、緊急発進は認める
2016/6/29 13:39

 萩生田光一官房副長官は29日の記者会見で、東シナ海上空で中国軍の戦闘機が航空自衛隊機に対し「攻撃動作を仕掛け、空自機が離脱した」との記事を元空自幹部がインターネット上で発表したことに関し「事実関係はない」と否定した。自衛隊機が17日、緊急発進(スクランブル)したことは認めた上で「中国機と近距離でのやりとりというのは、当然あったと思う」とも語った。

 元空自幹部の言動について「個人的には記事内容は遺憾だ。自衛隊に身を置いた人だとすれば、事実か事実でないかが、国際社会に与える影響は極めて大きい」と批判した。
-----
つーことで、織田の妄想記事ですね。
空自OBに言わせているのは誰?

1.スクランブルした自衛隊機が相手戦闘機の機種を確認していない。
2.自己防御装置を使用したということは相手がレーダーを使ったということ。
3.お互いに視認できる距離に近づいたかどうか不明。

中国機が長距離航続できるSU27だったら、まずIRSTで探知してくるはずなので、誘導されて来たSU27が自機の存在がばれるレーダーを使うとは考えられない。

相手戦闘機の写真でも出してくれたら信用できるけど、ツッコミどころ満載の妄想半分記事でした。


10. 2016年6月30日 11:37:50 : EAkIk2fULU : JJK78ODjYnY[284]
つうかその前にアメリカの領空侵犯しまくりをなんとかしたほうが。

11. 2016年6月30日 15:35:38 : nSEbtIfFAY : RwSSfxbskMA[7]
アメリカはボスニアで中国大使館を「誤爆」したことがあります。
まあそこまで能力は低くないでしょうが。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b18掲示板  
次へ