★阿修羅♪ > 戦争b18 > 301.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ロシア軍戦闘機、シリアの米英軍基地を爆撃か、米WSJ報道:なぜ1ヶ月前に大騒動にならない?たとえばISなどと同居の基地?
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/301.html
投稿者 あっしら 日時 2016 年 7 月 23 日 04:50:30: Mo7ApAlflbQ6s gqCCwYK1guc
 


 ロシアとトルコによる露軍機撃墜合作劇よりもバカバカしい話で唖然とする。


「これまで報じられていなかった6月16日と7月12日の空爆は、ロシアが米国に対しシリア領空内でより緊密に協力するよう圧力をかけるために実施したものだった」

「米国がロシアからの圧力を拒否した結果、同じ基地に2回目の空爆が行われた」

「一連の攻撃により米国防総省とCIA内ではロシアとの協力に反対する声が強まった。だが軍事的緊張のさらなる高まりを避けたい米ホワイトハウス(White House)と米国務省が妥協を求めた」


 このような経緯では、小学校か中学校の不良グループの抗争もしくはいじめっ子といじめられ子のやり取りとしか言いようがない。

 書かれているロシアへの対応が戦後世界の覇権国家米国のものであれば、米国の威信は間違いなく地に墜ちるであろう。


=========================================================================================================
ロシア軍戦闘機、シリアの米英軍基地を爆撃か、米WSJ報道
AFP=時事 7月22日(金)22時19分配信


【AFP=時事】米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は22日、ロシア軍機が先月、シリアにある米軍と英軍の精鋭部隊が使用する基地と、米中央情報局(CIA)の関連施設を爆撃したと伝えた。

 WSJが米当局高官の話として伝えたところによると、これまで報じられていなかった6月16日と7月12日の空爆は、ロシアが米国に対しシリア領空内でより緊密に協力するよう圧力をかけるために実施したものだったという。

 20人規模の英軍特殊部隊は6月16日の爆撃の前日、ヨルダンとの国境沿いのアトタンフ(At-Tanf)から約16キロにあるこの駐屯地を退去していた。米当局高官と反体制派勢力の司令官らによると、爆撃にはクラスター爆弾が使用された。米国がロシアからの圧力を拒否した結果、同じ基地に2回目の空爆が行われたという。

 またその約3週間後の7月12日、ロシア軍機は、アトタンフの西約80キロにある、CIAが支援する戦闘員らの家族が利用する反体制派の拠点を爆撃した。

 米軍や情報機関の高官らによると、一連の攻撃により米国防総省とCIA内ではロシアとの協力に反対する声が強まった。だが軍事的緊張のさらなる高まりを避けたい米ホワイトハウス(White House)と米国務省が妥協を求めたという。【翻訳編集】 AFPBB News

最終更新:7月23日(土)2時26分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160722-00000042-jij_afp-int

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月23日 08:22:08 : VmoJnQfY7s : Uq4cr5fT4k8[154]
現実としてそうなのでしょうね、やがて世界中に知れ渡っていく、米軍なんて唯の肥満体軍隊、脅されても言い返せない、やり返してやり返されたら壊滅。

2. 2016年7月23日 09:42:19 : jBXdBvcmPY : loViQ5cnqVw[137]
あのな、シリアに米英軍が基地を持っていたり米英の兵が存在すること自体が国際法違反であり侵略だ。こいつら意味がわかってるのかと疑問に思うことがある。結局のところ米英は戦後、国際法も条約も国連の枠組みも全て無視して、好きなように世界を侵略し続けてきた。かつて一度たりとも順法精神を発揮したことはないわけだ。それが最近明白化しているが、そういう犯罪者と仲良く協力する者もはたから見れば犯罪者に他ならない。みっともない話だ。

3. 晴れ間[1138] kLCC6orU 2016年7月23日 10:12:00 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[260]
2015年月パリ・テロの後、フランスが米英追随を止めて、ロシアとの協力に転じたことが奏功しているのかもしれない。それまでのフランスは、アサド政権壊滅に執念を燃やす英米に引きずられていた。
以後、ISに対するシリア政府軍の反攻が顕著になり、ISの支配地域が大きく後退することになった。

現地住民は、ISを支援していない。「恐怖心」から仕方なく従っていたに過ぎないことは、解放された町の住民の反応を見ても分かる。(ある男性は「早く髭を剃り落としたい」と吐き捨てるように述べた。)
ISにいるのは、先日死んだチェチェン人の Tarkhan Batirachvili, 別名 Omar のような、世界中から流れ込んだテロリストだけだ。
ISと同盟したイラクの「旧フセイン派」については、ロシアに仲介を頼めばよいだろう。「悪魔」とは手を切ることだ。

英国がEUから脱退すれば、英米戦争勢力の欧州への影響力は減衰するだろう。NATOを解体することだ。


4. 晴れ間[1139] kLCC6orU 2016年7月23日 10:24:27 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[261]
オランドを、ロシアに接近するよう説得したのは、サルコジ。
少なくともサルコジは、欧米の空爆でリビアを崩壊させたことについては後悔し、反省している。


5. 2016年7月23日 13:56:37 : TpmZepXBKQ : RTnvCpNfF6I[1]
>>2
一番の支援者なのが日本である
日本は共犯だ
報復という名の制裁を考えられた時、そこに日本が入っていても、我々は抗議する権利も資格もない
罪は正しく裁かれなければならない
そうでなければ永遠に平和は訪れない

6. 2016年7月24日 09:43:17 : EAkIk2fULU : JJK78ODjYnY[345]
>>2
原住民を殺しまくって国建てて平気な顔してる連中だからな。大義もなにもない。
他人に科す法はあっても自分はやりたい放題なんだろう。

7. 2016年7月24日 11:07:27 : 6BYlLlq7bs : BjoGDK6givc[2]
これは単にシリア反体制勢力にまぎれてアメリカが工作部隊を送りこんでいたということ。シリアの政権はアサド政権。

アメリカがロシアに文句が言えるわけがない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b18掲示板  
次へ