★阿修羅♪ > ASID2ごとのコメント > Fxfse0RTtHo
 
g検索 Fxfse0RTtHo
 
Fxfse0RTtHo 全コメント
[戦争b16] トルコはロシア軍戦闘機撃墜事件を「好機」と捉えIS空爆を中止 トルコによる空爆対象はISではなくクルド労働者党(PKK) ダイナモ
1. 晴れ間[898] kLCC6orU 2015年12月08日 20:10:36 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[20]

ダイナモが元気に投稿を再開してくれて、私は嬉しい。掲示場が活気づき、メリハリがつく。(本当は、ダイナモは病気でもしたんじゃないかと、少し心配していた。でも、ロシアを叩く情報があると、ダイナモはすぐに元気になるんだね。)

トルコのIS原油密輸の件だけど、ISが原油売買を主な収入源としてきたことは、紛れもない事実。でなければ、どの国ないし勢力がISから原油を買っているのか、という話になる。サウジは原油を買う必要はないだろう。(寄付なのかもしれないが。)

私の「推測」は、トルコのエルドアン一族は、ISが盗掘した原油売買に関与して暴利を上げていた。しかし、ロシア機を撃墜しロシアの戦闘員を殺害したことで、プーチンの怒りを招いた。プーチンも、ロシアに正義があると思っているから絶対引かない。エルドアンも自己の密輸関与を認めたのでは、政治生命が絶たれる。それは利権を失うことでもある。そこで、トルコ国内の親トルコ政府派クルド人政党 KRG の関係者(バルザニ議長) と密約し、原油はイラクのクルド人地域のものである、という論理を前面に押し立てることにした。(勿論、イラクのクルド人地域との原油取引は以前よりあったのであろう。) エルドアンは危地を乗り切るために、バルザニに何らかの政治的代価を与えることにして、両者は合意したのであろう。
以上は、私の単なる「推測」。事実と合っているか否かは全く分からない。

すでに「シリア後」が見えている。シリア後に、シリアのクルド人地区が自治権を得ることは確実だ。ロジャヴァが独立国になる可能性は高い。(ロシアは後押ししているし、アサド政権も同意済みだろう。)
従って、「シリア後」の最大の問題は、トルコでのPKK の武装独立闘争になる。PKK は、シリアのPYD とは同根だから、独立→ロジャヴァとの合併を視野に入れているだろう。つまり、トルコのクルド人内部の対立ないし内戦である。トルコにとどまることが自分たちの利益になると考えるクルド人と、あくまでもクルド人国家の建設を目指すクルド人との対立だ。トルコは前者と結びついている。後者は、イスラムではなく社会主義志向の世俗派だ。この部脈の中で、トルコはPKK弾圧を強めているのだろう。
ただ、トルコもEU加盟が日程に上っているので、EU主要国を困らせるような過激なことはできないだろう。
(なお、私は専門家ではないので、誤りがあれば指摘してほしい。)


http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/589.html#c1

[議論31] 欧州の白人は、将来、ヨーロッパ全体がイスラーム化するのではないかと、かなり本気で心配している/島田裕巳 仁王像
1. 晴れ間[899] kLCC6orU 2015年12月09日 22:09:43 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[21]
仁王像さんは、どうしてこのような問題に関心があるのでしょうか。ヘンじゃない?
イスラムのことを知りたいのであれば、欧州の専門家の本を読むしかないでしょう。この中田って人、日本人でムスリムになった人でしょう? その時点で、この人の言うことに客観性はないですよ。勿論、嘘は言わないでしょう。ジハードも首切り処刑も肯定しているようだし。まあ、イスラムが穏和な宗教ではないことを証言しているのはいいことですが。

私はあまり感心ないけど、二、三の点を指摘します。ただし、今手元に正確なデータを持っているわけではありません。(特に調べる気もないけど。)
まず、ムスリム人口の増加について、それがムスリムが宗教として優位性を持っている(信者獲得力がある) というわけではなく、ムスリムの人口増加率が高い、という点を押さえておくことが必要です。他方で、西洋先進世界では、キリスト教離れがますます進んでいる上に、伝統的社会に比べ、出生率が非常に低下しています。近代化が進み、個人が伝統的価値観に従わなくなると、つまり「自由」になると、婚姻率も出生率も下がるということです。(フランスはやや異なります。法律婚ではなく事実婚が増え、生まれてくる子供の1/2は昔風に言えば婚外子です。しかし単身の母親には手厚い保護があるので、出生率は上がっています。)

それから、イスラム社会で、特に伝統的な一夫多妻制の場合は、出生率が上がります。その理由は、複数の妻たちの間で「子産み競争」が起きるからです。夫婦間の絆は弱く、いつでも離縁されますから、女は子供を沢山産むことで自分の立場を強め、老後の保障を得ようとします。体がボロボロになるまで子供を生まねばならないなんて、女にとって残忍な社会だとは思いませんか。また、異母兄弟姉妹というのは「仲が悪い」のが通り相場。母親の気持ちを子供が代弁しているのです。
ついでながら、北アフリカの(土着の) 女性は「二枚舌(表裏ある) で、意地悪」だと言われます。地位が低く立場が弱いので、相手により態度を変えたりする性格になるのです。
(※以上の点について、私はフランス人の社会学者兼ジャーナリストの本に基づいています。)

それから、投稿文の最後のところは、少し疑問です。伝統的な婚姻では、男は女(ないしその親族) に多額の婚資を払わねばなりません。離縁の際の補償金の意味もあるとは思いますが。それで金のない男は嫁をもらえません。異教徒で婚資を要求しない女は、ムスリムの男とっては都合がいいということです。(その辺りの風習は地域による違いもあるでしょう。)
もう一つ。一般に、アラブ人の男は恐ろしいほどのマザコンです。母親が異常に甘やかして男の子を育てているからです。息子の嫁を選ぶのは母親ですが、母親にだけは逆らえない、という男は多いです。

なお、以上は「伝統的な社会」のムスリムの場合。西洋に住み、西洋的思考と教養を身につけた人の場合はそうではありません。宗教実践もしないし、次第に宗教離れします。貧困国では人口爆発し、先進国では少子化が進みます。

表題は本当ですね。極右政党・国民戦線のマリオン・マレシャルルペンは、自分たちの国にモスクとミナレット(尖塔) がこれ以上増えるのは許さない、と演説しています。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/315.html#c1

[国際11] フランス極右政党を率いる「2人の女」人気の秘密と怖さ(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
4. 晴れ間[900] kLCC6orU 2015年12月09日 22:45:20 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[22]
日刊ゲンダイは、コメンテーターを替える方がいい。
ナチによるユダヤ人虐殺を「歴史の細部に過ぎない」と言ったのは、マリーヌ・ルペンではなく、その父親で先代のジャンマリー・ルペン。こんな基本的なことを間違えるなんて、信じられない。

マリーヌもマリオン・マレシャルルペンも、国民戦線の創業家のいわば「お嬢様」。たたき上げの党人というよりも、党の創設者の娘と孫娘に過ぎない。
マリオンなんて、未成年の頃? はサルコジを支持していた。
マリーヌは党のソフト化(非悪魔化)路線を推進しているけれど、彼女を裏で操っているのは副党首のフィリポ。(フィリポはこの党に食い込んで、自分の政治的野心を果たそうとしているのではないか、と私は見ている。)

今回の勝因は、一般有権者の既成政党(特に社会党と共和党) に対する不信と失望が大きいようだ。勿論、テロの影響も大きい。
国民戦線の支持者のプロフィールは、低学歴の若い男。特に労働者層。
反対に、支持しない層のプロフィールは、高学歴で社会的地位も高い年配層。
男性よりも女性の方が、支持する割合が低い。

因みに、欧州版TPP(TTPI) を推進しようとしたのがオランドの社会党(経済産業相マクロン)、これに反対したのが国民戦線(特に副党首フィリポ)。


http://www.asyura2.com/15/kokusai11/msg/898.html#c4

[議論31] 世界的に見ると、その宗教の信徒が研究者になるのがスタンダード/中田 孝 仁王像
1. 晴れ間[901] kLCC6orU 2015年12月10日 21:48:24 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[23]
> 世界的に見ると、その宗教の信徒が研究者になるのがスタンダードです。イスラーム世界では、イスラーム研究者は全員イスラーム教徒です。その意味で、ヨーロッパの宗教学が特殊で、信徒でない人が宗教の研究をしている。


上記は、中田氏が客観的な視点をもった研究者ではないということ、単なる宗教者、信仰者として教理研究を行っているに過ぎないことを証明する言葉である。教理研究は、客観性をもった学問研究ではない。信者以外に意味のない世界観など、普遍性は持たない。
宗教的に霊的な体験をしたからと言って、それが真実ないし真理とは限らない。(霊感なら、私だって気功をすれば、自分が特殊な光に包まれている感覚を得ることくらいできる。しかしそれは、単なる脳波の効果でしかないのだ。神秘体験でも何でもない。)
「神」は信仰者にとってしか存在しない。信者でもない者にとっては、神などいない。

イスラム教徒は、「この宇宙を創った神聖な力」を神だと言う。真理を追究したいのであれば、宇宙の生成に関する研究をすればよいのだ。生命の不思議と人間に関する研究をすればよいのだ。
人間が知り得たこと、知り得ることは、非常に僅かでしかない。ほとんど何も分かっていないのだ。分からないことは「分からないこと」「分かっていないこと」として扱うのが、科学的で客観的、謙虚かつ誠実な態度だ。人間は小さく無力な存在であり、それを自覚した「謙虚さ」こそが、全てにおいて(学問研究にとっても、人類の福祉や進歩にとって、あらゆる種類の問題解決にとって) 、僅かの前進にとって、重要なのだ。
歴史の一時代に出現した宗教創始者が創造(空想) した世界観を「真実」と称して全世界に押しつけるなど、言語道断であり、「謙虚さ」を全く欠いている。「傲慢」というしかない。この種の傲慢さは、真実ないし真理に反するものである。

世界最古の大学の多くは、神学研究機関に端を発している。しかし、今日でも神学部を持っているのは、宗教団体や教団が創設者である大学に限られる。(キリスト教世界に限るなら) キリスト教的中世の衰退と共に、神学も存立基盤を失ったのだ。
現在ある主要な宗教が成立するはるか以前から、人類は生息し、文化を築いていた。つまり、既存宗教より、多神教的・汎神論的・無宗教的な人類の方が、はるかに長い歴史を持っているのだ。
アフガニスタンやシリアやイラクやエジプト等における、イスラム原理主義者による古代遺跡の破壊行為を見るがいい。彼らが人類とその歴史について、どういう思想を抱いているのかがよく分かる。特定の人物が勝手に創った、真理でも何でもない宗教は、人類そのものを、その歴史と共に否定しているのだ。
中田氏も、そういう偏狭な宗教者の一人に過ぎないのであろう。「真理の追究」とも、「人類への愛」とも無縁の人だということがよく分かる。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/316.html#c1

[議論31] 欧州の白人は、将来、ヨーロッパ全体がイスラーム化するのではないかと、かなり本気で心配している/島田裕巳 仁王像
4. 晴れ間[902] kLCC6orU 2015年12月10日 22:08:47 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[24]
>>3

リンク先の地図(イスラム教徒の人口数の地図) は、人口数と貧困との関係をよく示していますね。
つまり、マルサスが正しいということですよ。食えないのに(食糧や収入が全く足りないのに) 子供ばかりジャカスカ作って、西側先進国を批判するのは間違いです。

自然環境の変化はどうにもなりませんが、人為的な過失なら防げるはずなのに、それをしないのは、もはや「自己責任」の部類です。

CO2 排出量など地球環境問題を云々する以前に、人口問題に取り組むべきです。
人口問題に関して、イスラム世界はどのような取り組みをしているのか、知りたいものです。

日本政府が、国内の低賃金労働力減少を補うために、インドネシアからイスラム教徒を移民として入れようとしているのは、おかしいですね。
日本人は食えないから、結婚も子供を持つこともできない状態です。そこへ、無制限に子供を作るイスラム教徒を入れるなんて、何という皮肉でしょう。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/315.html#c4

[議論31] 欧州の白人は、将来、ヨーロッパ全体がイスラーム化するのではないかと、かなり本気で心配している/島田裕巳 仁王像
6. 晴れ間[903] kLCC6orU 2015年12月12日 01:52:55 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[25]
かなり大昔のことになりますが、第三世界における人口増加の原因について、南北問題(北による南の搾取)という構造的なものである、と言われたことがありました。貧困の故に子供を多く持つのだ、と。従って、北による南の搾取と貧困が多産(実際には多産多死)の原因だ、と。
当時の私は、その説は正しいと単純に考えていました。無条件に、北ではなく南の側に立つ。北は悪だ、西は悪だ、と私も考えていました。

でも、その南の人々への失望というか、より正確には南が内包している文化的特質への失望ないし嫌悪感のようなものが、その後の私に生まれました。嫌悪の対象は主としてイスラムです。(黒人アフリカのことはよく知りませんが、多少、似たようなものだと思います。イスラム圏、黒人アフリカとも、ひどく父権制的な文化・社会なのです。)

素朴に、南と東を信じていた頃は、私は何も知らなかったのです。
東欧の体制は崩壊しました。体制崩壊以前に、私は全く個人的な理由で、東欧の体制に嫌悪を抱きました。(そのために、私は今日まで日本共産党に投票したことは一度もありません。最近、ようやく怒りが収まってきましたので、次の選挙では生まれて初めて共産党に投票するかもしれません。)

とはいえ、私がダイナモのような反ソ、反ロシアになることはあり得ません。フランスの無党派左翼知識人に多い、「東欧には自由がない」という単純な意見には与しません。(文化も社会も違うのですから。)
私が最も信頼している(家族のように親しい) フランス人(女性)は白人ですが、子供は黒人との混血です。もう何十年も黒人の子供たちの支援活動をしている人です。
実生活において、私が黒人やアラブ人の悪口を言うことはありません。

しかし、黒人やアラブ人に個別的に親愛の情をもっていることと、一般論で社会悪を告発することとは、別問題なのです。
原理原則の問題はゆるがせにできないのです。個別的に愛情を持っている人々がそれで苦しんでいるとしたら、なおさらです。

仁王像さんは、大昔の私みたいに、知らない人々や知らない世界に対して、夢や幻想を持たれているのではないですか。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/315.html#c6

[政治・選挙・NHK198] 「安倍さんは嘘つき」元家族会の蓮池透氏が拉致問題で安倍首相がついた真っ赤な嘘と政治利用の手口を全暴露(リテラ) 赤かぶ
35. 晴れ間[904] kLCC6orU 2015年12月14日 00:29:54 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[26]
あっしらさん、何か言ったら?
安倍首相は、北朝鮮には恩義がある、とか何とか、さかんに言ってたでしょ?
あっしらさんが安部首相を持ち上げてばかりだから、何か特別の情報ルートでも持っているのかと、私は想像していたのだけど。違ったの?


http://www.asyura2.com/15/senkyo198/msg/109.html#c35

[国際12] 仏 極右政党が大きく躍進 第1党には届かず:二大政党制は幻想、グローバリズム推進派と愛国勢力の戦いと喝破したルペン党首 あっしら
1. 晴れ間[905] kLCC6orU 2015年12月14日 20:54:21 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[27]
あっしら氏の曲解見出しに注意!

「グローバリズム推進派と愛国勢力の戦いと喝破したルペン党首」などと、あっしら氏は極右政党・国民戦線をまたもや持ち上げている。
国民戦線は、人種差別主義と移民排撃の排外主義政党。排外主義と、フランスの愛国主義とは全く異なる。
国民戦線の伸長を阻止しようと動いた有権者こそ、愛国派。

あっしら氏の国民戦線、特にルペン一族持ち上げと、安部持ち上げとは同一の性格のもの。
あっしら氏の基本的立場は、世襲に異常な愛着をもつ右翼的なもの。
読者は注意されたい。


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/125.html#c1

[国際12] <パリ発>ルペンと橋下 加速する極右化(田中龍作ジャーナル) 赤かぶ
3. 晴れ間[906] kLCC6orU 2015年12月16日 12:18:51 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[28]
> 政権党の社会党(一応左翼)と共和党(右翼)が選挙協力したのだ。既存の2大政党が国民戦線に首位を取らせないように結託したのである。
⇒ これは「結託」ではなく、共倒れを防ぐための「約束事」なのです。
「主敵」を倒すために、「ましな方」に票を入れるという方法。もう100年以上前から行われている方法です。小選挙区制の場合は一人しか当選できませんから、二大陣営制の場合は、各陣営(右翼・左翼各々) とも、(得票数で)2番目以下は立候補を取り下げます。
政界の構図は、現在は二大陣営制ではなく、(国民戦線が割り込んで)三党体制(3陣営体制) になっています。この場合は、共和国の理念(自由・平等・友愛) を尊重する勢力と、それに反対する勢力の対立軸になります。人種差別と移民排撃の立場を取る 国民戦線は「自由・平等・友愛」の精神とは相容れないので、「社会党+共和党」vs 国民戦線という対立の構図になりました。これのどこがいけないのですか? (社会党以外の「左翼本流」も、極右を押さえる投票行動に出ます。つまり保守の共和党に投票することも拒みません。)


> 社会党は議席を半減させた。全議席を失った選挙区も2つある。
⇒ 当たり前です。味方(よりマシな方)陣営と共倒れにならないために、共和党の票を奪って国民戦線を利さないために、自分たちの立候補を取り止めたのですから。今回は、国政選挙のような完全小選挙区制ではなく、第一党が全議席の25%を取れるというプレミアムが付きます。このプレミアムを国民戦線に取られないために、社会党が立候補を取り止めたのです。立候補を取り止めずに、なおも(2回目も)立候補を維持しようとする社会党候補者もいましたが、社会党はこの人物を除名しました。
なお、立候補を取り下げるのは、1回目の投票で得票が少なかった候補(ないし政党)です。各陣営とも、最多得票者が2回目に進みます。


なお、フランスで言われている「右翼/左翼」の違いは、議会政治における単なる相対的位置関係です。真ん中に線を引き、右を右翼、左を左翼と呼びます。社会党は相対的な左翼ではありますが、社会主義とも労働運動とも縁は薄く、政策的にはむしろ「中央左派」の政党です。これに対し共和党は「中央右派」の政党だと言えます。両党とも真ん中、中央に近いです。
社会党よりも左に、本来の左翼である「左翼戦線」(共産党・左翼党・その他) がいますが、議会内では極少数派になっているため、現在では「極左派」と呼ばれています。
共和党は、日本的には「右翼」というよりも「保守派」と呼ぶ方が適切です。保守本流であるドゴール派もここに入ります。
私は、保守本流政党である共和党が、極右政党である国民戦線とはあくまでも対抗して、「自由・平等・友愛」の理念を選ぶ姿勢に感銘しました。(「自由・平等・友愛」の精神が普遍主義。国民戦線の立場はコミュノタリズム。共和党の関係者は「コミュノタリズムには反対だ」と言明していました。ここですよ、共和国の理念の神髄は。)
左翼の衰退の最大の原因は、労働組合運動の衰退にあると思います。現在、組織率は7-8%ではないでしょうか。(要確認。) 労働法制や社会立法、社会福祉制度は、中央で政労使(/資)の三者協議で決まります。労働組合に加入していなくても、そこで決まった条件が全国民に適用されますから、解雇反対のストライキ等を除けば、現場での闘いの必要が低下しています。なお、かつては共産党を支持していた労働者の半分近くが、今では国民戦線を支持しています。グローバル化と新自由主義に圧迫されているからです。労働者層はインテリ層(左翼が多い)とは違います。共和国の理念よりも、移民を撃退してでもパンを得たいという意思です。


ついでに言いますが、極右政党・国民戦線は、ある意味、日本の(天皇制支持ないし容認の)「護憲命」勢力よりもよほど左翼です。国民戦線も(建前上は)「共和政」を擁護しており、君主制(天皇制も含む) や独裁は否定しています。国民戦線は、国籍や移民政策に関して、日本のやり方を理想としています。(押し寄せる移民を受け入れることにも、自国領土で生まれた子供に仏国籍を自動的に与えることにも反対しています。) 


> アベ政権自身が極右政権となる可能性がある。
⇒ 「可能性がある」ではなく、すでに立派な極右政治です。上記の理由で、日本の政治は、フランス基準では、従前より「極右政治」そのものです。
日本が天皇制を維持する限り、日本が近代的な民主主義国家、国民主権の国家社会になることは難しい、と私は考えます。原理原則の問題として、君主制・身分制は、「平等」の理念に反しているからです。世襲政治が続いているのも、その派生事象に過ぎません。護憲派も、その点を自覚しないといけません。(共産党でさえ、天皇制を問題にしない、と言わざるをえないほどの「思想信条の自由」「言論の自由」不在国です。)
⇒ 国民戦線は日本(のやり方) が大好きだけど、人種差別主義。かつてナチ・ドイツが日本と組んだのと同じですね。日本人の多くも普遍主義者ではなく、国民戦線に近いコミュノタリストでしょう。両者、似ています。国民戦線は、(政体選択を除けば) 鏡に映った「日本の姿」のようなものです。(反対に、フランスの左翼には親日派は少ないです。「日本は怖い国」とすら言われます。現在では中国に押されて、全く影が薄いですが。)

田中氏の議論は、思考と分析が浅く、ポイントを外してます。(それでも現場に切り込むのは立派なので、私は応援したいです。フィールドに勝るものはありません。)



http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/126.html#c3

[国際12] 仏 極右政党が大きく躍進 第1党には届かず:二大政党制は幻想、グローバリズム推進派と愛国勢力の戦いと喝破したルペン党首 あっしら
5. 晴れ間[907] kLCC6orU 2015年12月16日 12:33:16 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[29]
>>1

補足説明

http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/126.html#c3


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/125.html#c5

[国際12] 仏 極右政党が大きく躍進 第1党には届かず:二大政党制は幻想、グローバリズム推進派と愛国勢力の戦いと喝破したルペン党首 あっしら
6. 晴れ間[908] kLCC6orU 2015年12月16日 12:47:41 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[30]
>>1
>>5

グローバリズムとインターナショナリズムは、別物。
排外主義と愛国主義も別物。
混同しないようにしましょう。

国民戦線はグローバリズムに反対だけど、排外主義のコミュノタリスム。これはフランス的愛国主義とは別物。

インターナショナリズム(国際主義)は、資本主義的グローバリズムには反対だけれど、排外主義ではなく普遍主義。
(代表的なのは、今では死語に近いけど、労働者国際主義。)


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/125.html#c6

[国際12] イスラム教は改革が必要:アボット前豪首相、「政教分離の概念がない」「近代化の必要がある」と挑発 あっしら
2. 晴れ間[909] kLCC6orU 2015年12月20日 20:17:06 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[31]
あっしら氏というのは奇矯な人なのであろうか。以前より、日本の極右政治家安倍晋三を「リベラル」などと持ち上げていたが、リベラルの定義について幾度質問してもシラーッとして答えなかった。かと思えば、かなり時間(2-3年以上か?) が経ってから、唐突に、通常の政治学やジャーナリズムで用いられている概念ではなく、自分は「皮肉」のつもりで使っているなどという言い訳をしたりもした。「皮肉」なら「皮肉」と誰にでも分かるような文脈で用いるべきなのであるが、そうではなかった。健忘症かと思われるほどに時宜を失して、取って付けたような弁明であった。もちろん、あっしら氏の投稿の文脈から判断するところ、皮肉でも何でもなく、あっしら氏自身の主観的願望の発露であるとしか判断できないような、客観性も何もない、下らない「言い訳」でしかなかったことは明らかだ。(これについて、あっしら氏が「陰謀脳」でしかないことを認識している者にとっては、問うこと自体が無駄骨であることは自明のことであろうが、まだ認識不足であるうちは、無駄骨を折るのもやむを得ないことであった。)

今回また、あっしら氏は、「近代」や「普遍主義」について、一般的な、つまり長期(少なくとも1-2世紀以上)にわたり知識界や言論界において議論され、推考されてきた概念を「手前勝手に」破棄して、あっしら氏個人の見解でしかないものとの「すり替え」を行っている。あっしら氏には、先人の苦労や努力や苦闘への「尊敬」はもちろん一遍の「配慮」すらない。基本的に、あっしら氏には「謙虚さ」が欠けている。
万人の前で批評や意見の表明を行う場合には、「自明の理」とされていることへの配慮がなければならない。それとは異なる意見を表明する場合、あるいは「定義の変更」を行う場合には、それなりの「仁義を切る」(万人ないし公衆に分かりやすく説明する)ことが必要であり、而して、その後にパラダイム転換を図ればよい。しかし、あっしら氏の場合には、身勝手な「陰謀脳解釈」であるために、残念ながら衆目の認めるパラダイム転換にはならないのである。

本スレッドにおいては、あっしら氏の以下の文章が、氏の「独善的解釈」を端的に示している。曰く、
【以下、引用】
>阿修羅でも勘違いしている人を散見するが、民主主義や自由主義的個人を尊ぶ人権などの近代政治思想も、イスラムと同じように普遍的なものではなく、イスラムとは切り口が違い呼称も違う歴史規定的な国家や社会に関する“宗教”(体系的な世界観や価値観)である。
【引用、終わり】

即ち、「近代政治思想も、(イスラムと同じように)普遍的なものではなく、“宗教”(体系的な世界観や価値観)である」という、あっしら氏独自の「説」である。

あっしら氏は、「民主主義」や「人権」という近代の政治社会思想を、イスラムのような「宗教」と同列に置いて、普遍性のない "宗教" に過ぎない、と断じているのである。
(同氏のことであるから、また2-3年後には、一般に言う「宗教」ではなく「皮肉」のつもりで言ったのだ、という言い訳をしてくるかもしれない。)

日本語というのは、思想や理念を表現する場合には、語彙の少ない言語である、とつくづく思う。
イスラムも含め、特定の「聖なるもの」を信仰するのが「宗教」la culte (カルト) である。それに対して、民主主義や人権といった「普遍的価値」les valeurs universelles を擁護することは「信念」la conviction ではあっても、宗教的な意味での「崇拝」ではない。
(もちろん、歴史的にはそれが未だ確立しない原生期においては「崇拝」や「憧れ」に近い時期はあった。「共和政信仰」という言葉が歴史的に存在したほどである。現に、フランスのパンテオンについて「共和国の寺院」などという表現が今でもなされることがある。しかしそれはあくまでも「歴史的な表現」に過ぎないのであって、今でもフランス人が「民主主義」や「人権」を(本来の)宗教のように「信仰」しているわけでは全くない。「民主主義」や「人権」は、人類の「普遍的価値」として多くの人々の「賛同」を得ている、多くの人がそれに「確信」を持っている、という意味でしかない。

イスラムのような宗教と、近代市民社会が理想とする「普遍的価値」との最大の、根本的な違いは、前者(イスラム等) が「批判」を全く受け付けない、過去の(中世的な) 変化し得ない価値体系ないし世界観であるのに対し、後者は、絶えず「自己批判」と「他者からの批判」に晒されており、変化と進化が可能なことである。
人権や平等という言葉を考えればよい。西洋は植民地化に際し、西洋近代の理念を用いることもあった。植民地で、自由や平等の語で奴隷制を廃止することもあった。逆に、土地の伝統的な共有制を廃し、私有制を導入して現地住民から土地を奪うこともあった。
しかし同時に、西洋自身も、自由や平等の理念によって、植民地支配自体を批判された。非植民地化ないし脱植民地化もまた、自由や平等という普遍的価値によって行われたのだ。「自由」や「平等」のために、植民地放棄を余儀なくされたのだ。「価値が普遍的である」「人類の普遍的価値」というのは、こういう意味に於いてなのだ。
一方にとっての「自由」が他方にとっての「不自由」や「不平等」であることは往々にしてある。(それどころか、大抵の場合はそうだ。) しかし被抑圧者の側が「自由」や「平等」によって、その不自由状態、不平等状態に異議申し立てを行い、戦争(独立闘争等) を含むあらゆる方法で闘い、彼我の力関係を変えることはできるし、実際にそうできてきた。だからこその「普遍化的価値」なのだ。これらの価値は、歴史的文脈において、現実の諸条件に応じて、絶えず改変され進化されていくが故に「普遍的」であり得るのだ。

それに対し、イスラムのような宗教には、「歴史を変える力」はない。西洋の植民地化に対しても、帝国主義や新植民地主義に対しても、昨今の新自由主義的グローバリズムに対しても、イスラムのような宗教では闘えない。闘えないからこその、「絶望的な無差別テロ」なのである。
それらと闘うには、宗教ではなく、自由や平等といった「普遍的価値」を武器として用いるしかない。貧者や被抑圧者にとっての「自由と平等」を前面に押し立てるしかない。自分たちを隷属状態、奴隷状態に置いている「不自由」で「不平等な」体制やシステムに対する抗議と異議申し立てである。


あっしら氏は、近代市民社会の普遍的価値について、「欧米諸国の恥知らずな政治家や学者」が「普遍的・人類共通などと仰々しい修辞で語ってきた」ところの「歴史限定的で地理的特定性も帯びた思想でしかない」と、偏狭にも切り捨てる。
【以下、引用】
> 歴史限定的で地理的特定性も帯びた思想でしかない価値観を歴史超越的・普遍的・人類共通などと仰々しい修辞で語ってきたのが欧米諸国の恥知らずな政治家や学者である。
【引用、終わり】

では、あっしら氏に問うが、普遍的価値ではないなら、いったい何を武器として、現在の世界体制における不平等や不自由と戦うのか。あっしら氏は、普遍的価値とは異なる対案を持っているのか。偉そうに語るからには、氏は何らかの対案を持っているのかもしれない。ならば、それを開陳してほしい。もちろん、イスラム過激派が常套手段としている「無差別テロ」や、あっしら氏とそのお仲間が愛してやまない「陰謀論」は、全く有害無益であるが故に除外して、答えてほしいと思う。

==================================================

あっしら氏の第一次大戦、第二次大戦についての見解も、いつもの通り、氏独自の、つまり一般的知見とは無関係な個人的解釈に過ぎず、客観性は全くない。
>そのために繰り広げられたWW1やWW2などの悲惨な戦争というかたちで近代思想の危険性が激しく露呈しているのだが、・・・

「近代思想の危険性」が20世紀の二つの大戦で露呈された、というのは、どういう意味なのだろうか?
全体の文脈から判断するところ、「民主主義」や「人権」といった「近代政治思想」が二つの大戦の原因になった、というのだろうか。それなら、ここでもまた、あっしら氏の見解は「誤り」であり、無茶な立論である。
いうまでもなく、二つの大戦は、典型的な「帝国主義戦争」(領土分捕り合いの戦争) である。「民主主義」や「人権」といった近代政治思想が「帝国主義」を惹起したというのは、まれに見る珍妙な理論だ。
第二次大戦は、帝国主義戦争であると同時に、民主主義を行う余裕のある先発帝国主義国と、民主主義が弱く全体主義に依拠した後発帝国主義国との間で戦われることにより、民主主義対全体主義の闘いという側面を持っていた。そして全体主義諸国が負け、「民主主義」諸国が勝利した。
その継続が、今日に至る第二次大戦後の世界の体制である。欧州はEUにより欧州内部では戦争を防止する体制を(曲がりなりにも) 作り上げたが、極東(日中韓) では未だに戦争状態が続いている。(EUは、今日の文脈では新自由主義的な体制の側面を有しているが、その初発においてはドイツ軍国主義を押さえ込む体制として出発した。)
あっしら氏の思考には透明性と一貫性が不在であるのだが、氏の歴史修正主義者・安倍晋三への評価とも併せて、第三者にもわかり安く説明してほしいと思う。(少なくとも私には、論理性の欠如した氏の主張は理解できない。)

================================================
> 偽テロまで駆使した煽りに支えられながら「対イスラム戦争」が進行している。

⇒ あっしら氏の言う「偽テロ」も、「対イスラム戦争」も、私には理解不能。
何が「偽テロ」なのか、何が「対イスラム戦争」なのか。
今年になってフランスで複数回起きたテロも、その他の地域でのテロも、「リアルなテロ」であって、虚構ではない。リアルな、現実のテロに対して、「偽」と形容する理由は何なのか。単に、氏の「陰謀脳」がそういう幻覚を生じさせているのか。
⇒ 氏の言う「対イスラム戦争」には「イスラム批判」も含まれるのか。もしそうなら、宗教批判は「言論の自由」「表見の自由」「思想信条の自由」、一言で言えば大文字の「自由」に属することであるから、私は大いに賛同する。

もちろん、私は「陰謀論的解釈」には同意しないし、興味もない。また、ダイナモのような「イスラム教徒を傷つけてはいけない」という感傷論にも与しない。


================================================

本スレッドは、あっしら氏の「個人的解釈」が前面にしゃしゃり出ることにより、元記事であるアボット豪首相の主張(「イスラム教は改革が必要」「政教分離の概念がない」「近代化の必要がある」) が脇に押し遣られている。
アボット氏の見解については、「イスラムへの理解不足」の一言で片付けられる、と私は考える。
イスラムは「改革不可能」な宗教なのである。同じ一神教、しかも神を同一にする兄弟宗教であるユダヤ教及びキリスト教と、イスラムとでは、根本的な違いがある。ユダヤ教とキリスト教の聖典が、神話や伝承、太古の賢者たちの思想、使徒の口伝といった「人間」の思想を書き表したものであるのに対し、イスラムの聖典(コーラン)は「神の言葉」なのである。(少なくとも、そうであるとされている。) 人間の言葉であれば、否定も変更も可能であり、宗教改革も可能であったろう。しかしイスラムのように、ひとたび「神の言葉」として提示されると、それを変更することは人間には許されない。人間は、ひたすら神に服従することが求められる。それに背くことも、疑問を持つことも許されない。異教徒や不信心者だけでなく、背教者や離教者も、死をもって罰される。それが、コーランに明文化されたイスラムの掟なのである。この点は、どなたも重々承知されたい。絶対的な神には、服従するか、黙って去るか、しかない。正面から抵抗すれば「ジハード」と称して殺される。
イスラム世界以外にも生きる「世界」を持つ極少数者たち(一般に欧州にも足場を持つ知識人) であれば、(亡命も視野に入れて)自由に行動することは可能であろう。しかしそうでない大多数の者たちには、掟から逃れることは不可能である。

=======================================================
昔、私はマクシム・ロダンソンの講演を聴いたことがある。そのときロダンソンは、エジプト人の知識人の中には「神の存在を信じない」と内心思っている人がいる、と語った。(内心思っているだけであって、公然と口外するのではない。)
その後、アルジェリア等における激しい内戦(同国ではサラフィストによるテロで20万人が死亡、行方不明者は数知れず、亡命者も多数) を経て、アルジェリア等では知識人の間でイスラム離れも起きている。最近も、アルジェリアの保守派のテレビ局で、ある作家が「自分は神を信じない、預言者も信じない」と発言してして話題になった。勇気ある「カミングアウト」である。その動きは今後も続くであろう。
IS(ダーイシュ)の蛮行により、イスラムの反動性と野蛮性について、世界中の人々の知るところとなった。「あれは本当のイスラムではない」などと言ったところで、ジハード(異教徒は改宗しない限り殺戮するという実践)は、コーランに明記されたムスリムの義務である。幸い、ソーシャル・メディア・ネットワークの発達によって、若い人々は独自に情報を入手する機会を得られるようになった。私の手元にも、「アルジェリアの無神論者たち」とか「ヴェールを被らない自由な女たち」などといった表題のフェイスブックのページが幾つもある。暇な折りにはそれらを覗いて、自らの「自由」のために闘っている人たちから勇気をもらいたい、と思うこの頃である。
こうした「自由」は普遍主義の概念である。「西洋」の押しつけではない。「元ムスリム」を含め、人間的に自由に生きたいと思う人々が、自ら選び取った思想である。普遍的価値は「西洋」の押しつけだと言って、反動的なイスラムを持ち上げるのは、良識ある人間のすることではない。


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/153.html#c2

[議論31] イスラームの神はムスリムにとって、(西欧の学者と違い)神の…性格は、まさに慈しむような慈悲と憐みをもつものだ/ジャマール 仁王像
4. 晴れ間[910] kLCC6orU 2015年12月22日 22:22:57 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[32]
以前、「イスラムはミゾジニー(女性嫌悪・女性憎悪)の宗教」と私がコメントしたところ、脊髄反射的な反論コメントがあった。まったく脳無しのコメントなので無視したが。

イスラムの女性蔑視と女性憎悪の思想は、コーランにも明記されている。つまり、男が女を支配し、従わない女に懲罰を加えることは、神の命令なのだ。
「アッラーはもともと男と(女)との間には優劣をおつけになったのだし、また(生活に必要な)金は男が出すのだから、この点で男の方が女の上に立つべきもの。だから貞淑な女は(男にたいして)ひたすら従順に、またアッラーが大切に守って下さる(夫婦間の)秘めごとを他人に知られぬようそっと守ることが肝要。反抗的になりそうな心配のある女はよく諭し、(それでも駄目なら)寝床に追いやって(こらしめ、それも効かない場合は)打擲を加えるもよい。だが、それで言うことをきくようなら、それ以上のことをしようとしてはならぬ。アッラーはいと高く、いとも偉大におわします。」(コーラン、4-34)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A9%A6%E4%BA%BA_(%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%B3)#.5B.E3.82.AF.E3.83.AB.E3.82.A2.E3.83.BC.E3.83.B3.C2.A04:34.5D


この教えのどこに「慈しむような慈悲と憐み」があるのだろうか。
アラブ・イスラム世界における「名誉犯罪」は、昔から知る人ぞ知るものであったが、最近はインターネットによって一層広範に知られるようになった。女もひどい目に遭っているが、こういう「畜生のような」男たちも、ある意味、犠牲者なのかもしれない。

もう一点、重要なことは、イスラムは「全体主義の宗教」だということだ。異教徒や不信心者、逆らう者は容赦なく殺す。殺戮の恐怖で従わせるやり方は、まさに「全体主義」。この「服従状態」を、イスラムは「平和」と称している。イスラムが「平和の宗教」であるというのは、こういう意味なのだ。

幸いな傾向は、最近、アルジェリア等、北アフリカでは「イスラム離れ」が起きていること。
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/153.html#c2
(コメント>>2、末尾部分)


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/319.html#c4

[国際12] イスラム教は改革が必要:アボット前豪首相、「政教分離の概念がない」「近代化の必要がある」と挑発 あっしら
3. 晴れ間[911] kLCC6orU 2015年12月23日 12:11:43 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[33]
>>2

イスラムが改革不可能な宗教である、と述べた点について、追加説明。

言うまでもなく、イスラムには、キリスト教や仏教等における「聖職者層」や「僧侶集団」が存在しない。つまり、宗教教団としての意思統一や教理の変更・改革が不可能なのである。キリスト教においては、「○○公会議」等を開いて「正統教理」を定めたり、派生的に「分裂」や「異端」を生み出すことも可能であったし、いくつもの宗教改革が行われ得た。
ところが、イスラムは、神の言葉であるコーランが絶対であり、それに背くことは許されない。異を唱える集団も生まれ得ない。
イスラムで言うスンニ派とシーア派の対立も、教理上の対立から生まれたものではなく、預言者ムハンマドの家系内、遺族間での、単なる財産争いが原因だと言われている。
イスラムではコーランが絶対である以上、イスラム原理主義を批判できる勢力は、イスラム内部には存在しない。ここにイスラムが、永遠に7世紀から進化できない理由がある。

なお、以上の点について、私はフランスの新聞等のジャーナリストの記述を参照している。(日本語の本は読んでいないので、日本ではどういう説明がされているか、知らない。)


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/153.html#c3

[議論31] 何と偉大な世界史大変動の時代…「イスラーム資本主義」でなく、「イスラーム風(式)市場経済の政治・経済」ではないか〜 仁王像
6. 晴れ間[912] kLCC6orU 2015年12月24日 21:38:10 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[34]
>>3
> 今や西側も資本主義が行き詰まりパラダイムの転換を迫られている。21世紀の世界史を牽引していくのは、今は大混乱の最中の「中東」がコアになっていくのではないかという予感がする。
⇒ 全くの幻想だと思います。仁王像さんは夢の中で生きているんですね。大丈夫ですか?


> イスラーム圏の知恵
⇒ ???


資本主義の悪を告発し、批判し、それを変えようとする思想は、これまでにも色々あったんですよ。その代表が社会主義。しかし資本主義との体制間競争に敗れた。生産効率の悪さ以上に、「自由」の抑圧が人々に嫌われ、拒否された。

西洋は曲がりなりにも「社会民主主義」で行くと思います。米国流の新自由主義や弱肉強食社会にはなりきれないです。(イギリスでは可能でも、フランスや北欧では無理です。フランス人なら、資本の餌食になるくらいなら、暴動や革命を起こします。)

イスラムは、私が他スレのコメントで指摘した通り、「全体主義の宗教」です。そこに「自由な個人」は存在しません。すでに、かなりの層で「イスラム離れ」が起きています。人々がいったん目覚めれば、後戻りできませんよ。

ISに対しても、西洋が「全体主義との戦い」という位置づけで向かうことになれば、西洋は絶対に妥協しませんよ。ロシアも西洋の国です。(西欧と東欧は違うけれど、ロシアは東洋ではなく、西洋の国です。)
西洋、特にフランスとロシアが、ナチ・ドイツ、全体主義とは命がけで戦い、勝利したことを忘れてはなりません。

なお、社会主義の祖国はロシアではなくフランスです。マルクス主義の三つの源泉のうちの一つが、フランスの社会主義。(19世紀前半には空想的社会主義でしたが。)

私も資本主義が未来永劫続くとは思いません。しかし、簡単に死滅するものでもありません。侮るのは左翼小児病です。
イスラムは、個人の自由とは相容れないが故に、絶対に不可です。(女を奴隷状態に置く宗教ですから、人類の半分は不幸になります。)


(仁王像さんは、そんな簡単な自明のことが、どうしてわからないのでしょうか。不思議です。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/329.html#c6

[議論31] 何と偉大な世界史大変動の時代…「イスラーム資本主義」でなく、「イスラーム風(式)市場経済の政治・経済」ではないか〜 仁王像
7. 晴れ間[913] kLCC6orU 2015年12月24日 21:47:43 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[35]
>>6
> 西洋は曲がりなりにも「社会民主主義」で行くと思います。

(訂正) 西洋  →  西欧、ないし欧州  (米英を含まず)



http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/329.html#c7

[戦争b16] <必見>NHKスペシャル「新・映像の世紀〜時代は独裁者を求めた」が凄い!ヒトラーを誕生させた歴史的背景を描写! 赤かぶ
28. 晴れ間[914] kLCC6orU 2015年12月24日 23:53:52 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[36]
「凄い」とか「必見」とか、その他高評価のコメントを見てから、YouTube で当ビデオを見たが、率直な感想は「ダメ!な作品」。
映像的には、新発見の映像記録が紹介されているのはよい。また、アメリカの資本家や産業界が戦争ビジネスにもナチ支援にも深く関わっていた点を描いているのはよい。

しかし、ダメである第一は、「時代は独裁者を求めた」という表題そのもの。これでは、全体主義と独裁者の双方共を、肯定的に評価していることになる。全てを「時代」のせいにするのでは、誰も「責任」を問われない。NHKの制作者たち自身が、独裁者の存在にもファシズムにも同意を与えているようなものだ。言論人??としての責任を放棄している。全てを「時代」のせいにするのでは、歴史を反芻し反省することには繋がらない。

ダメである第二は、ファシズム(特にナチズム)も、スターリン主義も、共に「独裁」や「全体主義」として同列に扱っていること。おそらく、制作スタッフは、信頼できる専門研究者の意見を聞くことなく、自分たちだけでこの映像作品を作ったのであろう。(研究者も時代と世代が変わり、劣化しているのかもしれないが。)
ファシズムの主敵は、共産主義(ボルシェヴィズム) である。ロシア革命なくして(つまり共産主義ないし社会主義体制が現実に成立して資本主義が廃棄されるという有産階級にとっての「現実的脅威」が存在することなくして)、ファシズムが生まれることはなかった。大資本家階級が、「ならず者集団」であるファシストと同盟を組むことはなかった。
ファシズムは、共産主義のアンチテーゼなのである。それを、共に「全体主義」「独裁」の言葉で同列に置くなど、制作者はどういう立場に立っているのか。(一部の学者が「反スターリン主義」に傾く余り、「ソ連=全体主義」論に立っている事実はあるにしても、それは「民衆」や「勤労者」から見た立場とは異なる。)

ダメである第三は、ファシズムや全体主義に「反対」した立場の人々が殆ど取り上げられていないことである。「少数派」の視点がない。ドイツで、最初は過半数に及ばなかったナチ支持者が後には9割にまで達している。では、残り1割の人々はどこに行ったのか。そもそも投票できたのか。ナチやファシズムに反対した人々のうち、指導的な人々は国外に亡命し、国内に残った人々も地下活動に追い込まれ、密告され、投獄され、強制収容所に送り込まれ、殺された。
つまり、この映像作品は、ファシズムに反対した人々を意図的に抹消して、「共産主義よりもナチズムを好む資本家」や「愚昧な大衆」だけを「時代の主人公」にして作り上げられたものだ。
ものごと(資料でもよい)を見る場合には、「言われていること/書かれていること」以外に、「言われていないこと/書かれていないこと」を見なければならない。この映像作品は、特定の事柄のみを「事実?」として描き、それとは異なることを故意に対象から外すことにより、「公正さ」と「客観性」を失ったものになってしまっている。

番組の同シリーズの第1集と第2集は、たしかgataro さんが投稿していた。今回、氏がなぜ投稿しなかったのか、番組を一瞥して了解した。「公平な」あるいは「進歩的な」視点に立っていないからである。gataro さんと立場が異なる私でも、怒りを感じる。
こういう作品がスルーッと通ってしまう日本の言論空間は恐ろしい。


http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/675.html#c28

[戦争b16] 空爆増強でも時間要するIS排除(Wedge) 赤かぶ
2. 晴れ間[915] kLCC6orU 2015年12月25日 21:36:06 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[37]

> ISは、貧困者には絶対的服従と引き換えに施しを与え、バグダディへの個人崇拝を奨励、クーデター防止のために互いに猜疑心を抱く複数の治安組織を擁している。


まさに独裁体制、全体主義'国家?' ですね。その土地の人々がISを歓迎しているのなら、放っておけばいいのですよ。「自決権」ですから。しかし、恐怖で従っているに過ぎないのなら、外部が何もしないことは「見殺し」になります。(そうするしかないでしょうね。)
「カリフ国」などという漫画のような構想を持ち上げている人もいますが、ジハードと称して対外侵略を開始すれば、当然、国際社会は懲罰をかけるべきです。本当のところ、西側にとっては、自国に影響がない限りどうでもいいことでしょうから、それは周辺国にのみ関する事柄です。

しかし、それにしても「おぞましい」の一語に尽きます。
あのバグダディとかいうの、誘拐した女性の人質を性奴隷にしているんですね。非人道主義的で反動的な宗教、ミゾジニーの全体主義宗教、イスラムの鑑ではないでしょうか。預言者ムハンマドも性奴隷を抱えていたそうですから、あの始祖にして、この末弟あり、ですね。
◇IS指導者、人質の米女性に性的暴行か
http://www.afpbb.com/articles/-/3057489

あ、ジハード自体はイスラムが創始したものではなく、先イスラム期から行われていたアラブの風習だそうです。(la razzia 略奪目的の襲撃。) イスラムはそれに宗教的性格を与えただけ。
でも、コーランで、ジハードをムスリムの神聖な義務としたため、神の支配が続く限り、ムスリムは永遠にそれを行い続けねばならなくなったそう。人間の意思では止められないなんて、何という運命!


http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/708.html#c2

[戦争b16] <必見>NHKスペシャル「新・映像の世紀〜時代は独裁者を求めた」が凄い!ヒトラーを誕生させた歴史的背景を描写! 赤かぶ
37. 晴れ間[916] kLCC6orU 2015年12月27日 13:15:32 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[38]

>>32
> >>28の説とか、戦後になって後から社会主義側にでっち上げられた説の典型をなぞっているだけだろう

⇒「戦後になって後から社会主義側にでっち上げられた説」
あら、そう? そんな説がでっち上げられていたの? 知らなかった。聞いたこともないけど。
とはいえ、私はそういうのとは関係ない。何度も、やんわりと言ってるでしょ。私はgataro さんと同じ立場や、日本共産党に賛同する立場を取ったことはない、と。(その系統の学者の言うことも、そのまま受け入れたりしない。勿論、同意できる点があれば、素直に同意する用意はある。)  ついでに言えば、コミンテルンのファシズム論をそのまま繰り返すようなレベルのオツムはしていない。

あまり細かなことを言う必要はないと思ったから書かなかったけれど、私が言いたいのは、次の3点。
  (1) 「ファシズム」とは、明確に定義されるべきものである。(真性のファシズムと、「疑似ファシズム」ないし「ファシズムに似たもの」を混同ないし同一視すべきではない。)
  (2) 「ファシズム」と「全体主義一般」とは、明確に区別されるべきである。
  (3) ファシズムと「伝統的(伝統主義的・反動的) 保守主義」とを混同ないし癒着させるべきではない。

上記3点(1)(2)(3) について、実は、日本の歴史学界や政治史学界でも、明確な区別はなされていない、と思う。(日本のファシズム論なんてあまり興味ないし、正直ウンザリなので、私が細部までフォローしているわけではない。が、かつては、その方面の本を読んでも、意識が混濁するばかりで、腑に落ちたことはなかった。要するに、本を書いている人たちが、意識を鮮明にしていなかっただけなんだけど。)

もう少し分かり易く言えば、日本でよく言われた「天皇制ファシズム」とか、スペインのフランコ体制なども、「全体主義」ではあっても、真性のファシズムでは全くない。(大衆民主主義と君主制とは相容れない!)
昨今言われているような、安倍極右政治をファシズムに準えるような立場には、絶対反対である。(定義不在による言葉の乱用。)

真性のファシズム(ドイツ・ナチズム、イタリア・ファシズム) は、歴史的に一定の条件が揃ったときにのみ生起し得た。
その主体は第一次世界大戦を(兵士として)直接体験している。(戦場体験、軍隊の経験、等。彼らの多くは1880-90年代に生まれている。=世代論的特徴。)
真性のファシズムが起きた国では、第一次大戦後に「革命の危機」を体験している。(ドイツ革命、イタリア評議会運動など。)
さらに、資本主義の存続が危くなるほどの経済危機の到来。(世界恐慌等)

安倍極右政治(その明治クーデタ体制への回帰傾向も含めて) は勿論のこと、日本の戦前の体制について、私が「ファシズムではない」と度々言う根拠は、まさにそこ。
日独伊は、共に1860年代に近代的な統一された国民国家を形成し、後発の資本主義国として帝国主義的膨張を開始したわけだけれど、日本と独伊とでは、根本的な違いがある。ドイツとイタリアでは、大衆民主主義が成立し、強大ないし中々の社会主義政党と労働組合運動が存在し、実際に「革命運動」が存在した。ドイツでは、1918年の革命により帝政が倒され、共和政に移行した。イタリアでも、王政廃止そのものは第二次大戦後に持ち越されたが、第一次大戦直後の都市農村の革命運動において、支配階級を震撼させるほどの騒乱状態に陥ったし、土地の所有関係も変わっていた。つまり、独伊両国では、大衆運動は、支配階級が実際的な恐怖を感じるほどの規模に達していた。(ここに、支配階級が、下層中産階級の運動としてのファシズムを受け入れる土壌がある。)
それに対して日本は? 国民(臣民?) 自ら「天皇制ファシズム?」ないし天皇制軍国主義に抵抗しなかっただけれではない。今日に至るまで、戦後70年以上経つというのに、封建遺制であり身分制の残滓を残したままの天皇制と世襲政治制が続いており、近代的な民主主義国家とは言い難い状況が続いている。
つまり、ファシズムとは、曲がりなりにも大衆的な民主主義の政治(議会制民主主義だけでなく、議会外の大衆運動も含めて) が行われる状態になった国においてこそ、起きることができた政治運動である。
極論すれば、「大衆民主主義」という点においては、日本は未だ「ファシズムの域」にも達していないさとさえ言うことができる。

ここ阿修羅でも、天皇制に反対する声がどれだけあるか。非常に少ない。これは民主主義の根幹(普遍的価値としての「平等」) に関わる問題であるにもかかわらず、だ。陰謀論者にとどまらず、天皇制に奇妙な親近感を抱いている向きは多い。(天皇が現憲法擁護と平和を唱えるのは、昭和天皇とマッカーサーの取引により、憲法によって天皇家が安堵されたからに他ならない。勿論、天皇の名において先の戦争で死地に追いやられた多くの日本人への贖罪意識もあるだろう。しかしそれ以前に、現天皇[私は今上天皇の語は使わない]には、ロマノフ王朝やパフラヴィー朝の運命を辿ることへの恐怖があるようだ。)
(私が言いたいのは、民主主義を唱えたいなら、天皇の束帯の陰に隠れるようなマネはするな、ということ。それではまるで、子供が母親のスカートの陰に隠れているのと同じではないか。もっと「自立心」を持て。大人になれ。)
天皇制と世襲議員制が壊れないうちは、日本にはまともな議会制民主主義すら存在しない、ということ自覚すべきだ。

NHKの当映像作品に戻るが、上記の通り、NHKがナチズムやファシズムを「全体主義一般」に溶解させて、ファシズムの本質を明らかにしていない点を、私は批判したのだ。それでは、この時代は理解できない。

============================================

>>30
> 「いいや、あなたたちは知っていた」って言葉、晴れ間さんは、何も感じなかった?

特に何も感じないよ。番組制作上のレトリックに過ぎないではないか。アネクドティックな話題を挿入したところで、「本質をなおざりにしたこと」への弁明にはならない。

それよりも、「長いものには巻かれろ」「見て見ぬふり」は、現在の日本でも遍く深く実践されていること。我が身を振り返る方が有益だろう。その勇気があれば、の話だが。


============================================

>>36

>>31 は陰謀論者ですので、まともに相手にしない方がいいです。反論するなら、陰謀論そのものを問題にする方がいいと思います。

母系社会さんのコメントには、いつも傾聴すべきものが多いのですが、ここでは一言だけ。
母系社会さんは、できるだけ多くの人に分かり易く、という配慮で説明されているのだと思います。
ただ、私は、近代資本主義への批判思想としての「社会主義」の語を、前近代社会に無限定に敷衍することには賛成できません。仮に使うとしたら「○○的社会主義」とか、「××主義」とか、別の用語を創るべきでしょう。(例として「原始共産主義」などという言葉もありますが、それも限定的過ぎます。「共同主義」でも「共生主義」でも何でもいいですけど、お好みで。)
「社会主義」にしても、19世紀にはむしろ「集産主義」le collectivisme の語の方が多く使われたように思いますが、それが徐々に、同時代人(運動家・理論家・思想家・敵対者etc.) や後生の人々によって「社会主義」として概念定義されてきたのですから。
それは「共産主義」についても同様です。(狭義と広義を分けてもいいですが。)
「社会主義」という概念形成をもたらした人々の、長年にわたる思考と闘いへの敬意を表するためにも、用語法は限定すべきだというのが、私の考えです。

また、下部構造ないし経済体制が資本主義であるか、それ以前の経済制度(封建制以前) であるかによって、対象を明確に峻別しないと、近現代社会の問題(資本主義の仕組み、階級構造、社会格差、貧困 etc.) には切り込めないと思います。

例えば、イスラム教徒には、今でも私有財産の観念は比較的薄いです。 単に前植民地時代に土地の私有制が存在しなかった(私有制は植民地支配者によって強制的に持ち込まれた) というだけでなく、今でも、日常生活でも「あなたの物は私の物」(その逆も真) 的な感覚があります。ではその感覚が資本主義を拒めるか、資本主義を倒せるか、というと、そんなことはありません。
北アフリカでの労働組合運動は、フランスへの移民が帰国してから在仏経験を持ち込んだものです。資本主義に抵抗するには、西洋式の闘い方しか有効ではないと、私は思います。(そうでなければ、絶望的な「悪あがき」になります。「自爆テロ」では資本主義は倒せません。)

また、アフリカには土着の融資制度もありますが、それで金融資本主義には対抗できないでしょう。(極度に零細なビジネスが多い分、日本の頼母子講よりもは、存立余地があるかもしれませんが。)
(但し、私有財産の観念が比較的薄いからといって、彼らに物欲がないかというと、そんなことは全くありません。むしろ非常に強いです。貧困の故かもしれませんが。)


http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/675.html#c37

[国際12] ドパルデュー氏、スターリンに=ロシア大好き、仏俳優の新作  時事通信 ダイナモ
2. 晴れ間[917] kLCC6orU 2015年12月30日 21:44:18 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[39]
「税制に反発」って、要するに最高所得税率70%が嫌なだけでしょ。

フランスは累進性がきつく、高所得者への税率を引き上げることで社会格差縮小を図っている。金持ちの国外脱出との兼ね合いが難しい。(通勤圏だからね。)
金持ちは所得税、貧乏人は付加価値税(消費税)で棲み分けというか、負担分け。
とはいえ、20年来の格差拡大にブレーキが掛かったことは確か。

ピケティの主張も、累進性を強化せよ、と読むのが王道。


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/215.html#c2

[戦争b16] ISより大量殺戮、シリアで国民を苦しめる諸悪の根源 イスラム国とシリア情勢、情報の正しい読み解き方(後篇) 赤かぶ
6. 晴れ間[918] kLCC6orU 2016年1月01日 15:23:19 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[40]
「シリア人権監視団発表の死者数統計に潜む政治的偏向」(青山弘之・浜中新吾)
http://synodos.jp/international/14640


なお、「シリア人権監視団」というのは、シリアの「ムスリム同胞団」に近い立場の団体。つまり、根っからの反アサド政権派。
西側のメディアは、情報源が少ないためにしばしば引用しているが、決して信頼できる情報源だとは思っているわけではない。
その点について、Wiki の仏語版は詳しい。(英語版と日本語版は詳しくない。情報少な過ぎ。)
https://fr.wikipedia.org/wiki/Observatoire_syrien_des_droits_de_l%27homme


こういう「偏った立場」の情報源を留保もつけないで持ち上げるのは、黒井文太郎という人物のジャーナリストとしての資質を物語るもの。


http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/743.html#c6

[政治・選挙・NHK198] 安倍首相の命取りになるかもしれない日韓合意  天木直人(新党憲法9条) 赤かぶ
24. 晴れ間[919] kLCC6orU 2016年1月01日 17:23:43 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[41]
投稿文中、鄭鉉柏(チョンヒョンベク) 成均館大教授の発言。
+ >>1 の紹介記事(朝日新聞) の中での同氏の発言の(より詳細な) 引用。

> 女性団体は、「民族の恥を表に出すな」という韓国男性の圧力のなか、戦争による女性の人権侵害問題を国際社会に告発した。 [...]
> 韓国挺身隊(ていしんたい)問題対策協議会(挺対協)の運動が民族主義的な傾向を持っている、という評価は正しくない。すでに挺対協は、慰安婦問題が韓日間の問題だという認識を超え、世界各地の戦争や内乱の際に起きる女性暴力との闘いに、活動の中心を移しつつある。


上記の指摘の意味するところは重いですよ。その意味が分かりますか?
課題となっているのは、「世界各地の戦争や内乱の際に起きる女性暴力との闘い」なんです。
つまり、この問題は、すでに日韓関係を大きく超えるものになっている、ということです。
もはや、安倍内閣や日本政府の「誠意の示し方」の問題ではありません。「強制連行の有無」に還元される問題でもありません。より普遍的に、「戦時性暴力」一般という文脈の中で、位置づけられ始めているということです。

近年、戦時性暴力の問題が、(フェミニストや専門家だけでなく「女性の人権」に敏感な人々によって) 大きく取り上げられるようになってきました。フランスの女たちも、(ノルマンディー上陸作戦後の)「解放」時に、連合国軍兵士による大量の強姦について知ることになりました。(この事実を本格的な歴史学研究によって初めて明らかにしたのは、アメリカ人です。) ドイツの女たちも、第二次大戦終結(ナチ敗北) 後の、占領軍、特にソ連兵によるドイツ女性への強姦を告発し始めました。
日本人女性自身はほとんど(当事者としての) 声を上げていませんが、これは何故でしょうか。(日本社会の特質があるようですね。) しかし終戦時に特に満州で、多くの日本人女性がソ連兵によって強姦されたことは、よく知られています。
1990年代のコソボ紛争でも、NATO軍が、女性に対して性暴力(性奴隷化) をかけたことが知られています。(たとえ民間業者が介在しても、強制的な人身売買があったことに変わりありません。)

昨今の、中東やアフリカにおける IS(ダーイシュ)等イスラム・サラフィストによる「性奴隷」の問題も、同じく戦時性暴力の問題として、フェミニストたちには認識されていると思います。イスラムは異教徒や不信心者に対して絶えず戦争(ジハード) を仕掛けることが教理(神の命令) の中核にある「戦争宗教」だからです。

日本政府は勿論、天木氏を含む日本の殆どの男たちは未だ自覚できていないのかもしれませんが、世界のフェミニズムの主潮流は、戦時性暴力のみならず、「平時の売春」さえも、女性に対する暴力であるという認識を深めつつあります。女性の差別、特に女性を貧困から売春に追い込んでいる経済差別を告発しています。第3次(ないし第4次) のフェミニズムを象徴するFEMEN (フェメン) の活動は、行動の過激な面に目を奪われている人もいるかもしれませんが、その主な主張は「売春の廃止」(特に買春男性の処罰化) です。
従軍慰安婦制度は、極東(日本・朝鮮半島) による婦女子売買(借金のカタに親が実の娘を売春業者に売り飛ばす風習) が蔓延していたからこそ、起きたものでした。そして今日に至るまで、日本や韓国は、世界屈指の売春大国です。
つまり、戦時性暴力の告発は、イスラムにおける性奴隷制だけでなく、平時売春(女の貧困) とも関連づけて、認識されるようになってきています。「強制連行の有無」にしか目が行かないのは、近視眼的に過ぎます。

安倍内閣も日本政府も、小手先のごまかしでは、この問題に対処し得ないでしょう。
いくら政府間で合意ができたとしても、従軍慰安婦像の完全撤去は、「表現の自由」の問題でもある以上、難しいでしょう。従来より、また常日頃から、日本が女性差別と女性の貧困、売買春制度を黙認してきた罰が巡ってきているように思われます。
「朝鮮半島の少女」は、「世界中の性奴隷」を象徴するものになりつつあります。
日本にできることは、せいぜい「朝鮮半島の少女」だけでなく、日本人や、欧米、アフリカ、中東、アジアなど、全ての大陸の女たちの「性奴隷化」を許さない、という姿勢を明らかにすることではないでしょうか。多額の金も、そのために使う方がよいよいに、私は思います。「カネを上げるから黙れ」というのではなく、もっと普遍的な見地に立って、対処すべきでしょう。韓国政府とではなく、韓国のフェミニズム団体と話し合ってはどうですか。(ま、自民党政権では無理でしょうが、外務省は考察すべきです。)

怪傑さん、事態は、あなたの思考の枠を遙かに超えているようですよ。覚悟して下さい。


http://www.asyura2.com/15/senkyo198/msg/861.html#c24

[戦争b16] 内戦ではなく、内戦であったことなどなかったシリア(マスコミに載らない海外記事) 赤かぶ
5. 晴れ間[920] kLCC6orU 2016年1月02日 23:56:34 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[42]
>>4

「嫌ネトウヨ、ネトサヨ 」は、平気で他人の説を剽窃する人物です。
以前、阿修羅で右翼と左翼の違いが分からない人が多いようだったので、私は自分の見解をコメント投稿しました。
私の説は極めてシンプルで、普遍主義的概念としての「平等」概念を軸に腑分けするというものです。即ち、身分制的差別(区別)や階級差、社会経済的格差に肯定的な人が右翼、それに反対の人もしくはその縮小を志向する人が左翼、というものです。(別に私独自の説というほどのものではないと思いますが、少なくとも阿修羅で明確に述べたのは、私くらいだったと思います。)

そのあと暫くして、「嫌ネトウヨ、ネトサヨ 」が、私の主張と同じことを何の断りもなく(少なくとも他者の見解を参照したという指摘もなく) 、あたかも自分の説であるかのように吹聴しているのを阿修羅掲示板のコメント欄で見て、私は呆れました。

実は、それより以前、「嫌ネトウヨ、ネトサヨ 」は政治版で誰彼かまわず悪態をつきまくっていたので、掲示板の雰囲気が非常に悪くなったことがあります。誰も同人に話しかけようとはせず、皆が嫌がって避けている様子でした。政治版には昔から特定の立場の「工作員」がいますが、彼らは自分の主張をすることはあれ、他の投稿者・コメント者に対して悪態をつくよう真似はしません。。自分の主張を他人にも理解してほしいので、礼儀を失するような態度は取りません。極めて丁寧な言葉使いをする人もいます。
それに比べ、悪態つきまくりの「嫌ネトウヨ、ネトサヨ 」の態度があまりにもひどいので、私は一度、きつく批判したことがあります。(昨年のことです。)

「嫌ネトウヨ、ネトサヨ 」による私の'説'(右翼/左翼を区別する基準) の剽窃は、それからまもなくのことだったと記憶します。


同人が無断で剽窃までするのは、おそらく知的な能力が劣るのに、極度に虚栄心が強い人物だからでしょう。
同人自身が、他人の共感や賛同を得る主張をすることはありません。そういう能力はないのです。そして自分の無能を薄々自覚しているのか、最近は事あるごとに、他人にたいして「頭が悪い」と噛みついています。(私自身もバカ呼ばわりされました。バカにそう言われても、私は相手にはしませんが。) 他人に対して「頭が悪い」と言えば、自分は頭がいい、と証明できるとでも思っているようです。

なお、「嫌ネトウヨ、ネトサヨ 」の主張に中身がなく、見るべきものがないのは、同人が陰謀論者だからです。しかも、同人が尊敬する「あっしら」氏よりも遙かに頭脳と知識のレベルが落ちる陰謀論者だからです。
(そもそも陰謀論というのは知的・精神的弱者の理論です。事実を直視できる人や疑問に正面から立ち向かうことのできる人は、陰謀論に陥ることはありません。)


「嫌ネトウヨ、ネトサヨ」というペンネーム自体が、同人の「錯誤ぶり」「倒錯ぶり」を示しています。基本的に、同人は「ネトウヨ」です。決して右翼嫌いではなく、左翼嫌いが勝っています。「あっしら」氏が極右の世襲政治家大好きの右翼であるのと一緒です。「あっしら」氏の劣化版、しかも悪態をつくしか脳のない不良だと言えるでしょう。



http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/747.html#c5

[戦争b16] 投稿者 嫌ネトウヨ、ネトサヨ による戦争版における他人のブログ記事の盗用とねつ造、改ざん、そしてウソにまみれた言い逃れ ダイナモ
19. 晴れ間[921] kLCC6orU 2016年1月03日 23:07:46 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[43]
>>1
> ダイナモさん、 [...]  いや、米国の工作員みたいな投稿ばかりしているのだから、みんなから村八分にされて、その仕返しにこんなことまで書くのも......自業自得か。哀れ。

⇒ ダイナモは多くの人から愛されているよ。反ソ感情に由来する現ロシア批判はするけど、それというのも旧ソ連・ロシアの民主主義のあり方に瑕疵があるからにほかならない。ダイナモは理想が高いんだよ。右翼反動派からの批判ではなく、左翼的な理想が基盤にあることは、皆分かっている。だから、心の中で、皆許している。


>>16
> わたしのせいでダイナモさんがこんな2ちゃんねるまがいの投稿をするほどまで、神経がまいっているとは思わなかった。
> [...] その人をここまで苦しませたことには忸怩たるものがあります。
> この点については今後、大いに反省して、 [...]  それがダイナモさんへの誠意であり真摯な態度であるとおもいますので。

⇒ あなた、何か勘違いしてない? ダイナモはあなたなんか、相手にしていないよ。ただ、翻訳文の「剽窃」と「改竄」を行って居直っているあなたに、Kr2S1L17Og さんが一人で抗議していることに怒りを感じて、義侠心から投稿したまでだよ。Kr2S1L17Og さんに対して、「独りじゃないよ、皆が支援してるよ」と意思表示しただけだ。
ダイナモはあなたなどに「神経がまいる」ほど、神経は使わない。神経の使い道はもっと他に沢山ある。あなた、少し思い上がり過ぎ。


===============================================
>>10
> わたしは「晴れ間」なる御仁の独特の説?なるものがどんなものか知らないが、仮にこの「晴れ間」なる人物のわけのわからない右翼と左翼をわける説をわたしが「剽窃」?したとして、ふつう、説なるものは世間大衆のもとに敷衍するために行われるものだろう? じぶんの考え方に賛同する人がいればふつう喜ぶものなのに、「おれの考えをかってに使った」って、なんですか、それ。笑 そんなバカなこといってるから、「晴れ間」さんはたぶん、わたしからバカ扱いされたのじゃないのかな。

⇒ 「ふつう、説なるものは世間大衆のもとに敷衍するために行われるものだろう? じぶんの考え方に賛同する人がいればふつう喜ぶものなのに、「おれの考えをかってに使った」って、なんですか、それ。」
他人の主張を「勝手に、断りもなく引用」すれば「剽窃」になるの。あなた、そんなことも知らないの? いったい、どんな世界で生きてるの? あなた、大学で論文の書き方や、その際の注(註) の付け方、参考文献の挙げ方など、習わなかったの? 卒論書いたことあるの?
少なくとも私は、「剽窃」だと断定される世界で生きている。これは、社会的なルール、礼儀作法なの。知識人・教養人としてのマナー。
誰かの説や文章を引用するときには、必ず引用元を明らかにする。「出典」「典拠」「引用元」等々の定型表現や、「○○氏によれば・・・」等々の表現で、他からの引用ないし参照であることを明記するのは、最低限のマナー。
あなた、それをせずに、勝手に自分のものにしているから、それを「剽窃」であるとして、批判されている。その事実すら理解できないわけ?  

> そんなバカなこといってるから、「晴れ間」さんはたぶん、わたしからバカ扱いされたのじゃないのかな。
> なにが「普遍主義的概念としての「平等」概念を軸に腑分けする」ですか。そんな曖昧な机上の妄語をあやつってるからバカ扱いされるんですよ。

⇒ あんたみたいな教養と知性のレベルの低い人間から「バカにされて」も痛くもなんともない。そもそも、生きている世界も次元も違うのよ。「平等」概念を「曖昧な机上の妄語」とか言うけど、あなた、少しでも「抽象的な話」になると、理解できないような頭をしてるんじゃない? そんなこと学校の教科書にも書いてあることでしょ。ルソーとか、習わなかったの? 学校で何勉強したの? 自分で何も学ばなかったの? そもそも、あなた、まともな学校出てるの? 勿論、独学でもいいよ。独学では「陰謀論」しか学ばなかったの? 友人と「哲学的な」話をしたことはないの? 理論的な書物を読んだことはないの? 


> とにかくダイナモさんも「晴れ間」さんも「仁王像」さんも、なにかじぶんを大きく見せようとしているから、バカにされるんです。
> もっと自然に、ふつうに書いておればいいいんです。

⇒ ダイナモも仁王像さんも私も、自分を大きく見せようなんて、していないよ。これが普通なの。むしろ、一般に合わせて、当たり障りのない範囲のことを書いている。あまり特殊なことや専門的過ぎることを、一般向けに書くわけにはいかない。むしろ、意識的に抑制している。「これは止めとこう」と思って、投稿を取り止めることはしょっちゅう。
「ふつうに書いておれば・・・」なんて、そういう「ふつう」は私の日常にはない。ダイナモだって、仁王像さんだって、同じだと思う。要するに、あなたは知的な水準が低すぎて、私たち三人にとっての「普通の話」についてこれないだけでしょう。


=============================================
>>18
Kr2S1L17Og さん、
原文には原作者の著作権がありますが、翻訳にも翻訳者の著作権があります。翻訳を載せているブログに「転載厳禁」とか、「転載は自由であるが、必ず転載元のアドレスを貼ること」等の注記を入れるといいです。
「嫌ネトウヨ、ネトサヨ 」は、今後も類似のルール違反行為を続けると思われます。その度に、現行犯で違反行為を指摘し、同人の言論人としての資質を掲示板上で告発することが肝要かと思います。


================================================
最後におまけ。「嫌ネトウヨ、ネトサヨ 」は、以下の通り、仁王像さんの表現(言葉の使い方) も「剽窃」(拝借?) している。全く、笑ってしまうよ。

>>7
> 「嫌ネトウヨ、ネトサヨ 」は政治版で誰彼かまわず悪態をつきまくっていたので、・・・
(他スレでの私のコメントの引用。http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/747.html#c5 )

⇒ 「嫌ネトウヨ、ネトサヨ 」が吐きまくる他人への「悪態」は、この同じ他スレでも見られる。
oLShHzBbYM : Eeyw9@1MG64[33] に対して向けられた、
「あちこちでチャチャばっかり入れてるんじゃないよ。頭が悪いくせに。(笑)」といった類の発言の連発である。
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/747.html#c2
なお、この表現(「チャチャを入れる」) も、仁王像さんの表現を「剽窃」したものであることは明らか。(仁王像さんは、陰謀論者あっしら氏の姿勢を批判するためにしか、この表現を使っていない。誰に対しても、無限定に使える表現ではない。仁王像さんは、意味なく他人を罵るようなことはしない。)



http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/755.html#c19

[戦争b16] 投稿者 嫌ネトウヨ、ネトサヨ による戦争版における他人のブログ記事の盗用とねつ造、改ざん、そしてウソにまみれた言い逃れ ダイナモ
25. 晴れ間[922] kLCC6orU 2016年1月04日 06:41:48 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[44]
>>21

了解です。
ともあれ、翻訳者にも、翻訳文に対する著作権があります。印刷物の場合、出版社が、翻訳者に無断で、翻訳文の再利用を第三者に許すことはありません。(点字印刷物への利用も同様です。) 勝手な引用は勿論、文章を切り刻んで改変することは許されません。

>>23

「内輪もめ」ではありません。。「嫌ネトウヨ、ネトサヨ 」は敵対者です。
誰彼かまわず、悪態をつきまくっている悪質投稿者です。
「あちこちでチャチャばっかり入れてるんじゃないよ。頭が悪いくせに。(笑)」というのは、正当な批判ないし意見表明ではなく、「悪態」です。



http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/755.html#c25

[戦争b16] 投稿者 嫌ネトウヨ、ネトサヨ による戦争版における他人のブログ記事の盗用とねつ造、改ざん、そしてウソにまみれた言い逃れ ダイナモ
26. 晴れ間[923] kLCC6orU 2016年1月04日 06:53:15 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[45]
>>25
> 人を「剽窃」呼ばわりするのなら、ダイナモさんのようにちゃんとあんたが剽窃されたという具体的なコメントの文言を出して、あんたの文言と比較するぐらいのことをしなきゃ。


何ヶ月も前の投稿を、阿修羅の砂の中から探すことに費やすようなヒマな時間は、私にはありません。管理人さんが私の全投稿コメントを表示してくれたら、可能です。

陰謀論者はそれだけで、人々を「真実」から遠ざからせる「情報攪乱者」です。陰謀論で、人々が真実に到達することは有り得ません。



http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/755.html#c26

[戦争b16] 投稿者 嫌ネトウヨ、ネトサヨ による戦争版における他人のブログ記事の盗用とねつ造、改ざん、そしてウソにまみれた言い逃れ ダイナモ
36. 晴れ間[924] kLCC6orU 2016年1月04日 21:51:39 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[46]
>>29
> 普段バカにされているダイナモとか高級氏とかダボハゼなんでなんにでも食いつく。それがアホの証明だと言うんだ

ZL7o43eS1o さん、お久しぶり。お元気? 「ダボハゼ」だなんて、私のイメージに全くそぐわない。変なこと、言わないでね。
昨秋のパリ11.13テロの際に、「偽テロ」とかいうデマと陰謀論を巡って、せっかくあなたとお知り合いになれたのに、あなたはどういうわけか「議論」を避けて、スッと消えちゃった。(あなたは「嫌ネトウヨ、ネトサヨ」のような卑怯者ではないから、逃亡ではないよね?)  

「2015.11.13-14 パリ・テロにおける「写真の女」陰謀論について」
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/445.html


まあ、あなたが私の反論には全く応えず、スルーしたくなる気持ちも分からないではないけど、他に何か有益な活動でもしてたのなら、幸いというもの。「陰謀論」からは、乳離れできた? 
古い言い方だけど、あなたの「投げ遣りな態度」には、オブローモフ的虚無感を、私は感じてしまう。

「世界」に対してポジティヴに向き合うには、常に思考力を磨くこと。そのために私は、今夜もこれから「高級誌」や高級メディアで情報収集します。
「嫌ネトウヨ、ネトサヨ」なんて、どうでもいいのよ。まともに相手にするような奴ではない。私は卑劣な嘘つきや卑怯な人間が大嫌いだから、ダイナモに加勢したまで。ダイナモも、この種の卑劣漢が嫌いなだけ。
「嫌ネトウヨ、ネトサヨ」がろくでもない奴だということが分かり、そのことへの注目度が上がっただけでも、無駄ではなかったかな。(今、戦争版ランキング1位だよ。)



http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/755.html#c36

[国際12] 銃担いだ血まみれの「神」が表紙、仏風刺紙 襲撃から1年で特別号 (AFP) 晴れ間
2. 晴れ間[925] kLCC6orU 2016年1月06日 22:34:56 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[47]
投稿元のURL:
http://www.afpbb.com/articles/-/3072083

イスラムはやはり「戦争宗教」だと思います。
伝記(Ibn Hichâm) によれば、預言者ムハマド自身、少なくとも27回、戦争(ジハード) を指揮したそうです。(もっと多い説もあり。)
戦争の目的は「略奪」。戦いに勝って「戦利品」を得ること。戦利品の1/5が、神と預言者のものになったそうです。負ければ奴隷や餓死かな? それで改宗した?

イスラムが、というより、当時のアラブ社会が、部族どうしで、互いに略奪戦争を繰り返していたのだそう。
砂漠の民(ベドウィン)は、飢えと渇きの恐怖から逃れられず、生き残るための争いを繰り返していた。コーランは戦争を否定せず、単にそのルールを定めた。
飢えよりも水不足の方が死に直結するから恐怖の対象だったという。この恐怖に打ち克つために、砂漠の民は「神」を求めたという。

瑞穂の国・日本でも、かつては「水争い」があった。ほんの一世紀前には、列強も帝国主義戦争をしていた。食べるための「土地争い」。
戦争は悪、という現在の常識が通じない世界。中東やアフリカではそれが今も続いている。

あの「アッラー、アクバル」という叫びも、精神的な意味は全くなく、単に「戦いの雄叫び」なんだという。敵に向かって襲いかかる時の叫び声。
彼らが集団で「アッラー、アクバル」と叫んで向かってくるとき、それに宗教性を見るのは間違いだという。


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/278.html#c2

[国際12] 銃担いだ血まみれの「神」が表紙、仏風刺紙 襲撃から1年で特別号 (AFP) 晴れ間
3. 晴れ間[926] kLCC6orU 2016年1月06日 22:45:59 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[48]
>>1
> 自動小銃を担いだ血まみれの「神」の頭には「プロビデンスの目」。


どの宗教かわからないように、意図的に描かれていますね。少なくともイスラムには見えません。一神教全てを指しているのかもしれないし、宗派を問わず「狂信」を意味しているのかもしれません。
それでも、現在宗教戦争をしているのは専らイスラム勢力。それと、カネの亡者たち。殺戮の数で言えば、圧倒的に後者の方が多いですが。


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/278.html#c3

[国際12] 銃担いだ血まみれの「神」が表紙、仏風刺紙 襲撃から1年で特別号 (AFP) 晴れ間
4. 晴れ間[927] kLCC6orU 2016年1月07日 06:52:08 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[49]
>>2

シリア出身で現在米国に住む女性(医師・精神科医) ワファ・スルタンは、イスラムの根底には、この「恐怖」があると言う。だから、他者(異教徒・不信心者、一般に異世界の人々) に対しては、恐怖に基づいた敵意や憎しみをもつと言う。
旧植民地支配者や移住先の先進国民に対しては、それが特に強く出るらしい。

イスラムの女に対する憎悪も、結局同じだろう。
イスラムが「平和の宗教」というのは真っ赤な嘘。

http://www.amazon.com/God-Who-Hates-Courageous-Inflamed/dp/0312538367/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1452116657&sr=8-1&keywords=wafa+sultan



http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/278.html#c4

[国際12] 銃担いだ血まみれの「神」が表紙、仏風刺紙 襲撃から1年で特別号 (AFP) 晴れ間
5. 晴れ間[928] kLCC6orU 2016年1月07日 07:04:10 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[50]
コーランの中には、ジハードに関する(を正当化する) 文言がいくつもある。管見に過ぎないが、イスラム関係者がジハードを否定するのを聞いたことがない。(コーランに書かれていることだから、否定できないのだ。)
ジハードが否定されない限り、また、シャリア法支配を世界中に遍く広げる意図を放棄しない限り、戦争が終わることはない。
シャリア支配を否定するイスラム教徒も存在しない。

先進国の人間は、「人種差別」「植民地主義」と言われるのを恐れて、自分がジハードの対象にされるのを恐れて、黙り込んでいる。


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/278.html#c5

[国際12] 銃担いだ血まみれの「神」が表紙、仏風刺紙 襲撃から1年で特別号 (AFP) 晴れ間
8. 晴れ間[929] kLCC6orU 2016年1月07日 21:59:03 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[51]
「仏週刊紙襲撃1年 「表現の自由」の象徴、難題も」
産経新聞 1月7日(木)7時55分配信

【ベルリン=宮下日出男】フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブドは6日、本社が襲撃されたテロから7日で1年となるのに合わせて特別号を発行した。特別号には「神」を題材にした風刺画を掲載し、「表現の自由」を貫く姿勢を示した。ただ、表現の自由の象徴的存在に位置づけられたことで、難題も抱えているようだ。

 パリなどの売店では6日朝、特別号が店頭に並んだ。1面を飾ったのは「殺人者はなお逃亡中」と題され、自動小銃を肩から下げた白装束の「神」が逃げる姿の風刺画。テロの犠牲となった風刺画家の作品なども掲載され、国内外向けに100万部が印刷された。

 「宗教への侮辱だ」と批判する専門家もいるが、同紙は宗教の名の下で行われる攻撃などを扱ったと社説で説明。合わせて、「無神論者は敬虔(けいけん)な信者より大きな山を動かせる」と世俗主義の重要性を強調した。

 同紙はイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を掲載してテロの標的とされたため、表現の自由の擁護やテロ反対の立場から連帯感が広がり、「私はシャルリー」という合言葉も生まれた。昨年11月にはパリ同時多発テロも発生し、ある同紙の幹部は「犠牲者の死を無駄にしない」と、風刺精神を貫く考えを示す。

 シャルリー・エブドはテロの後、国外も含めて以前の約10倍に当たる30万部近くまで部数が増えた。それに伴い批判にさらされる事例も目立つようになった。

 昨年9月、トルコの浜辺でシリア難民の男児の遺体が発見された際、同紙は「ゴールはすぐそこ」の見出しで、マクドナルドの看板の下で男児が倒れる風刺画を掲載。批判に加えて殺害の脅迫が約20件寄せられた。エジプトでのロシア旅客機墜落を扱ったときには露側が強く反発した。

 新たな事務所の住所は公開されておらず、関係者は常に厳重に警備されている。そうした状況はジャーナリストの心理的負担になっているようで、風刺画家の一人は「疲れた」と言い残して辞職した。

 ビアード編集長は「私たちは突然、(言論の自由の)象徴となったが、多くの人はフランスの(風刺)精神を知らない。読者として想定していない人々に語るのは時に困難なものだ」と語っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160107-00000081-san-eurp


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/278.html#c8

[国際12] 銃担いだ血まみれの「神」が表紙、仏風刺紙 襲撃から1年で特別号 (AFP) 晴れ間
10. 晴れ間[930] kLCC6orU 2016年1月07日 22:47:42 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[52]
>>8
>「無神論者は敬虔(けいけん)な信者より大きな山を動かせる」と世俗主義の重要性を強調した。


『シャルリエブド』は基本的に左翼や無神論者の風刺漫画誌ですからね。どの宗教に対しても、批判的だと思いますよ。宗教は人々を蒙昧の状態に置くもの、「精神の阿片」という位置づけでしょう。

1年前のテロで亡くなった編集長シャルブの葬儀は、こんな感じでした。
https://www.youtube.com/watch?v=8icXaMtT9lA

参列者の一部がコブシを振り上げているのがわかるでしょうか。故人が生前好んで取ったポーズですが、そもそもが「反ファシズム」のポーズなんです。(腕を指先まで真っ直ぐ伸ばすファシスト式の敬礼に対抗して、反ファシストは腕を肘のところで曲げ、コブシを握って突き上げます。) 
この「インターナショナル」の曲に共感できる人でないと、この国際主義の精神は理解しにくいかもしれませんね。人種差別とは対極のものです。「○○教徒を傷つけてはいけない」とは考えず、自分たちと同じ人間だと考えます。
なお、「インターナショナル」の曲は、作詞作曲とも19世紀後半のフランス産です。(歌詞は、日本語版とはやや異なります。)


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/278.html#c10

[国際12] 銃担いだ血まみれの「神」が表紙、仏風刺紙 襲撃から1年で特別号 (AFP) 晴れ間
11. 晴れ間[931] kLCC6orU 2016年1月07日 23:07:22 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[53]
>>9
> 当時としては、群を抜いて寛容で合理的な宗教だったことすら知らないアホさ加減・・・
⇒またバカが出てきた。「当時としては」に何の意味がある? 「部族争いで互いに殺しまくっていた時代としては」という意味なのか? 
単に、ユダヤ教やキリスト教に比べて、という意味なのか? ならば、事実を挙げて、証明せよ。


> ちょっと死んでくれませんかねw
⇒管理人さんに通報しておきました。


> 新自由主義は明らかにプロテスタントから派生しているから、
⇒ 資(史料)料的に証明せよ。


> イスラムには宗教改革がなかったのでおかしくなったとは言えない
⇒ 「イスラムは改革不可能な宗教」
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/153.html#c3


===============================================

他にもバカの極みである陰謀論者が出没しているが、カルト脳も陰謀脳も、知的・精神的弱者である点では共通している。



http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/278.html#c11

[国際12] 銃担いだ血まみれの「神」が表紙、仏風刺紙 襲撃から1年で特別号 (AFP) 晴れ間
12. 晴れ間[932] kLCC6orU 2016年1月07日 23:29:22 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[54]
>>9 ZL7o43eS1o


あなた、例の11.13パリ・テロの際の「写真の女」陰謀論のときに、私に絡んできた「陰謀論者」じゃないの?!
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/445.html

で、どうして私の主張に対して、何も答えなかったの? まず、それから反論してみたらどうよ?

あなたの「イスラム論」も聞いてあげようじゃないの。イスラム論を展開したいのなら、きちんと「論拠」や「出典」を挙げてよね。

議論には「ルール」というものがある。単なる罵詈雑言や「死ね!」は議論する能のない脳無しがやるもの。マナーくらい、守れるよね?
陰謀論の哺乳瓶は捨てたの? まだ中毒が取れないみたいね。


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/278.html#c12

[国際12] 銃担いだ血まみれの「神」が表紙、仏風刺紙 襲撃から1年で特別号 (AFP) 晴れ間
13. 晴れ間[933] kLCC6orU 2016年1月08日 00:18:44 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[55]
>>9
> つまりどんな宗教であれ、いつの時代であれアホにかかると悪用されるということ


「コーラン」は預言者ムハンマドの言葉なんですがね? ジハードも女性差別も、その他もろもろの悪しきことも、コーランの中に書かれていることなんですが。
あなたは預言者自身が「アホ」だという見解ですか?

こちらは、中川隆さんが仁王像さんにぶつけてきたスレッド。仁王像さんとしては困ったというか、あまり嬉しくなかったでしょうが、このスレッド(Webからのコピペ集)に出ていることは虚偽ではなく、多くは「知る人ぞ知る」という類のものです。
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/332.html

「名誉犯罪」ないし「名誉殺人」もそうです。上記ワファ・スルタンも自身が医師として知ったことを書いていますが、しばしば父親が自分の実の娘を強姦し、娘を妊娠させると、父親自身が娘(自分の名誉の証拠)を殺すこともあるそうです。女にヴェールを被せると男の性感覚が狂い、そういう結果を招くこともあるということです。(勿論、遅れた農村地域の話です。都市部の金持ちは、大枚はたいて堕胎手術を受けさせますし、自国でできないときは欧州まで手術に行きます。最近は中国製の安価な「人工処女膜」もあるらしい。)
なお、名誉犯罪そのものは、イスラム由来ではないですよ。でも、止めた様子もありませんね。根深い風習なんです。

それからも、あなたの文章にはシマリも一貫性もありませんね。文は人なり。ダイナモや仁王像さんとは比べものになりませんよ。
でも、まあ、陰謀脳じゃねぇ・・・・


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/278.html#c13

[国際12] 誰も書かないサウジアラビア王制の危機−(天木直人氏) 赤かぶ
13. 晴れ間[934] kLCC6orU 2016年1月09日 22:38:26 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[56]

どこに書けばよいか分からないので(適切なスレッドがないので)、ここに書きます。
サウジアラビアの現体制(サウド王政) への対抗勢力としてイスラム原理主義者だけしか想定しないのは、将来的には片手落ちになる可能性があります。私は宗教にも中東にも副次的な関心しかないのですが(∵私の主関心事は別のこと、他所) 、多分、一般の人とはやや異なる見方をしているかもしれません。

二つの要因により、中東と北アフリカを中心とするアラブ・イスラム世界にも、ある変化が生じているようです。つまり、イスラムの棄教と無神論がジワジワと広がり始めています。要因の一つは、ツイッターやフェイスブックなど、ソーシャル・メディアの広がりです。これが、イスラム世界の人々の非イスラム世界との繋がりや無神論者どうしの繋がりを作りつつあります。
非イスラム化(脱宗教)のもう一つの要因は、イラン革命後強まったイスラム原理主義に対する反動です。特に1990年代以降イスラム原理主義・サラフィストによるテロで、多くの人々が殺され(アルジェリアだけで少なくとも20万人が殺戮された) 、それは今日まで続いています。アラブ人やマグレブ人、イスラム教徒自身が (少なくとも知識人は)、この事態に全く疑問を抱かないなどということはあり得ないでしょう。

そうした「アラブやマグレブの無神論者」たちがしばしば言及しているサウジアラビア出身の人物がいます。アブドゥッラー・アルカシミ Abdullah Al-Qasimi (1907-1996年) という作家・思想家です。若い頃はサラフィストとして出発しましたが、その後、無神論に至りました。故国では勿論、死刑判決。欧州に亡命。イラク、シリア、エジプトにも滞在。亡命先のエジプトでも投獄されたし、二度ほど暗殺されそうになりました。勿論、著書はどの国でも発禁。(従って、地下出版物の回し読み。) (エジプトでの投獄理由の一つは、学生が影響を受けて困るというイエメン政府からの要請があったためだとされています。)
彼の有名な言葉の一つに、「神による我々の脳の占領は、最悪の形態の占領である」(別の訳では「アラーによる我々の精神の占領は、植民地化の中でも最悪のものである」) というのがあります。まさに至言。

Wiki の記述。(仏語の方が、英語よりも若干詳細。) 「引用」Citations の項目に、彼の言葉の幾つかが載っています。
https://fr.wikipedia.org/wiki/Abdullah_al-Qasimi
https://en.wikipedia.org/wiki/Abdullah_al-Qasemi

=======================================

旧フランス植民地であったマグレブや、マグレブ出身者の間での無神論の広がりについては私も察知していましたが、彼の祖国サウジアラビアでも(規模は異なれ) 広がりつつあるようです。2012年のWIN-Gallup の調査では、宗教を信じない人々 areligieux の割合は 5%に上り、これは米国や欧州の一部と同じ割合だそうです。

記事元(仏語) はこちら。2014年3月付の Courrier international。
http://www.courrierinternational.com/article/2014/03/13/a-riyad-halte-a-l-occupation-des-cerveaux


同記事のさらに記事元(英語) はこちら。(英語での人名の綴りは、Abdullah al-Qasemi )

「ソーシャル・メディア時代の湾岸諸国の無神論」
http://www.al-monitor.com/pulse/iw/contents/articles/originals/2014/03/gulf-atheism-uae-islam-religion.html


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/268.html#c13

[国際12] シャルリ・アブド襲撃事件と「ヘイト・スピーチ」規制法−−マルコポーロ廃刊事件の当事者より   西岡昌紀 西岡昌紀
5. 晴れ間[935] kLCC6orU 2016年1月09日 23:31:51 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[57]
「ファシズム」に学問的な定義を試みた人は無数にいる。定義づけるのが学問の作法。ただし、当然のことながら、色々な説がある。(異説は許容される。)
(なお、学者・研究者とジャーナリストとでは、対象へのアプローチは全く異なる。「掲示板の野次馬」もまた別人種であり、異なる見方をする。)

誰彼かまわず「ファシスト」「ファシズム」と呼ぶのは、学問ではなく「政治主義的悪口雑言」の類。タメにする言説であり、有害なことが多い。
阿修羅では、政治的雑言しか聞けない状態になっているのだろう。(陰謀論的妄言も多い。)
雑言好き、罵倒好きが多すぎると、当人たちの憂さ晴らしにとどまらず、悪貨が良貨を駆逐する事態が起き得る。


==================================================

NHKのドキュメンタリーは、ファシズムに対する正確な定義づけを行っていないため、ナチズムと旧ソ連(スターリン主義)を同列に置いている。つまり、両者が根本的に敵対した理由を見えなくしている。一国の国営放送がこのレベルでは、この国の未来は暗い。(下記スレへのコメント>>28)
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/675.html#c28


戦前の日本の政治体制をファシズムと呼ぶのは誤りである。安倍極右内閣体制をファシズムと呼ぶことも誤りである。(同、コメ>>37)
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/675.html#c37


「野次馬」だけが、何とでも言えばよい。そういう人は、全てのことに対して野次馬に過ぎない。真面目な読者は、野次馬の雑言と真摯な意見とを混同することはないであろう。識別できなければ、自身が悪貨になる。


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/286.html#c5

[国際12] 銃担いだ血まみれの「神」が表紙、仏風刺紙 襲撃から1年で特別号 (AFP) 晴れ間
16. 晴れ間[936] kLCC6orU 2016年1月10日 14:18:25 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[58]
>>14


>>8 の通り、シャルリエブド自身が無神論の有意義性を強調している。
2015年1月のテロで殺された犠牲者のうち3人が、フランス共産党の「同伴者」。(党員ではないだろう。) それ以外も多かれ少なかれ左翼。(ただし、不可知論者や出自的に信仰のシッポをつけている者がいてもおかしくはない。)

>>8「宗教への侮辱だ」と批判する専門家もいるが、同紙は宗教の名の下で行われる攻撃などを扱ったと社説で説明。合わせて、「無神論者は敬虔(けいけん)な信者より大きな山を動かせる」と世俗主義の重要性を強調した。


>>14 はアラシ。別スレでも、ファシズムの定義について、イチャモンをつけている。
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/286.html#c3

同コメへの私の反論。「野次馬」の中には、nRn3hTfmpM : a6stR3SZGNQ[3]  のように悪態をついて憂さ晴らしをする者もいる。
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/286.html#c5


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/278.html#c16

[国際12] ≪ヤバイ≫移民らの集団性犯罪でドイツ人の怒りが爆発!デモ隊と警察が衝突!放水で強制鎮圧も!犯罪をした難民の厳罰化を検討へ 赤かぶ
5. 晴れ間[937] kLCC6orU 2016年1月11日 21:31:14 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[59]

これは、一義的には、移民の問題でも難民の問題でもないと思います。
移民(労働力) の問題は、経済社会の次元のこと。(移民労働力を導入する国が決めればいいこと。)
難民問題は、国際政治の次元で解決されるべき問題です。(シリア・中東からの難民問題を解決すれば済むこと。)
しかし「同時多発性的暴行」というのは、一種のテロですね。自爆テロや殺戮まではしないが、性的暴行はしたい、というムスリム男が多数いるということです。

欧州のマスコミは、人種差別になることを恐れてはっきりと言いませんが、この問題は、イスラムの女性観(女性憎悪と女性蔑視) に由来していると、私はほぼ確信しています。
イスラムの女性観、男女関係観は、次の一語に要約されます。即ち、預言者曰く「一人の男、一人の女。そして二人の間にはサタンがいる」。(訳は仏語訳からのもの。日本語ではどう訳されているのか、知りません。)
女は男の情欲をかき立てるものであるから、徹底的に見えなくして隠せ、というのがイスラムの教えです。つまり、ヴェールというのはサタンを退けるための道具なのです。
ヴェールも被らずに公共の場に出てくる「西洋の女」は懲らしめてやれ、というのが、「集団で」(つまり共謀して) 西洋の女を襲ったムスリムの男たちの考えでしょう。行為に及ぼうと及ぶまいと、西洋社会に「同化していない」ムスリム男がそう考えてもおかしくないことは、IS等のイスラム過激派が示しています。

ドイツその他の国のことは知りませんが、フランスに多数存在するモスクでは、説教師(イマム) がイスラム諸国と全く同じ説教をしているそうです。多くのモスクに呼ばれて説教し、それがネット上でも広く流布している、ある人気イマムは、説教の中でこう述べています。(動画でも聞けます。)
「危険は、シャイターン(サタン)。物事を美化する悪魔だ。君たちは片側を歩く魅力的な女たちを見た。もう片側にも女たちが(歩いて) いる。それはふつうの歩き方か? 敬虔な歩き方ではない。女が自分の家から外に出るとき、シャイターンがいる。そして天使もいて、(共に)ドアの前で女を待っている。女が敬虔なやり方で歩くのなら、天使が彼女に同伴する。しかし退廃的な歩き方をすれば、(同伴するのは) シャイターンだ。シャイターンは、(身体の)秘めれた部分、尻に住み着いている。悪魔は物事を美化する。(彼らは) 差し障りのない、別の言い方をする。女が男と外出するとき、「外出する」とはどういう意味か? 何を言いたいのか? 彼らは姦通を始めている。シャイターンはそれを美化する。 [...] 」

「西洋の女」がいかに「ふしだら」かを指摘し、ムスリム女はヴェールで身を隠すべきことを説いています。一事が万事この調子。男女の自由な交際や、飲酒、娯楽など、あらゆる人生の愉しみを「悪徳」として非難しています。

今回の事件が起きた国々は、移民の歴史が比較的新しい地域であったことが、救いといえば救いです。フランスでは起きていません。つまり、フランスのマグレブ系移民は「西洋社会」にかなりよく同化しているということではないでしょうか。もうマグレブ移民も第五世代くらいになっていますからね。見かけはマグレブ人でも、中身はフランス人です。混血も進んでいます。

ISなどイスラム過激派と、一般のシリア難民を混同してはいけません。
世俗主義を徹底する以外に、解決策は有り得ません。世俗化と宗教離れが進めば、この種の問題は起きません。
「イスラム教徒を傷つけてはいなけい」という奇妙な配慮は、西洋の(ひいては世界中の)女への性的攻撃を促します。批判すべきものは批判する。西洋敵視もアナクロです。(親西洋ではなく、ニュートラルに徹すればよい。普遍的価値に、西洋も東洋もありません。)


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/310.html#c5

[国際12] ≪ヤバイ≫移民らの集団性犯罪でドイツ人の怒りが爆発!デモ隊と警察が衝突!放水で強制鎮圧も!犯罪をした難民の厳罰化を検討へ 赤かぶ
8. 晴れ間[938] kLCC6orU 2016年1月12日 21:32:21 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[60]

この集団的性的暴行事件について、ドイツの法相は「おそらく計画的なもの」と語っている。(ルモンド、1月10日付。) 1000人もの男たちが同時的に性的暴力行為に及ぶというのは、不自然である。これを扇動した「工作員」がいたことは、大いに想像し得る。(誰を利するためか?)

しかし、リベラシオン紙の記事を読むと、単純にそう言い切れるかどうか、疑いが生じた。性犯罪の犯行者の大半は、中東からの難民だろう。(マグレブからだとしたら、欧州へは新参者か?? 少なくとも、仏国籍をもつマグレブ系移民の男たちであれば、こういう行動は取らないだろう。ポット出の移民労働者ではあるまいし。彼らはフランス人だ。) 
今回の事件の当事者たちは、故国(中東のアラブ・イスラム世界) にいるときのままの基準で、西洋の白人女に接しただけなのではないか。だとしたら、痴漢行為に羞恥心は抱いていないだろう。「ふしだら女」に、当然のことをしたまでだ。
ドイツの白人女たちは、今まで受けたことのない性的攻撃に見舞われて、ショックを受け、怖がっているのだ。

・「こんなことは、これまで誰も経験したことがなかった。私たちが家畜でもあるかのように、男たちは私たち女に飛びかかってきた。私は列車から降りて、駅のホームを200メートルほど歩かねばならなかったが、(その間) 100回もさわられた。(男たちは) 私のお尻や胸に100回も手を伸ばしてきた。」(Clara, 28歳、ブロンド)
・「「ケルンの駅に着くと、ホームの上で信じられないほど沢山の女や非常に若い少女たちが泣いているのを見て、私はびっくりした。"新年が始まったのだ。ここでは皆泣くのだ..."と私は自分に言った。次に、自分の周りでは、人々がアラブ語しか話していないことに気付いた。駅は、外国人の男たちの集団に攻略されたかのようだった。」(匿名希望)
・「男たちは "フィキ、フィキ" [キス、キス] と言いながら、娘たちにくっついてきた。」(同日夜、17歳の娘が母親に語った話)
・ (暗がりで、20人から40人のグループに分かれた男たちが、そのとき女たちに向かってきた。) 「彼らは (女たちの) コートの下に手を突っ込み、襟ぐりから胸をさわったり、股を掴んだりして、我々を攻撃し始めた。」(テレビでの被害者の証言)


しかし同時に、家族と離ればなれになり、ひとりぽっちなった難民の女や少女たちも、同じ難民の男たちから性的攻撃を受けている。帰れる家がないだけに、こちらの方が深刻かもしれない。

難民の受け入れを支援しているNGOの関係者は、難民の収容施設内での「性的攻撃」を指摘し、こう語っている。
「問題は、中東からやってきた多数の移民が抱いている女性についてのイメージである。彼らの多くにとって、夜間外出する女は売春婦以外の何者でもない。家父長的な社会で育った多くの男たちは、女にさわること(痴漢行為) に何の恥じらいもない。女性についてのこのイメージを変えるために、移民の統合学習講座をもっと増やさねばならないだろう。」

http://www.liberation.fr/planete/2016/01/10/cologne-en-200-metres-on-m-a-tripotee-100-fois_1425517
http://www.lemonde.fr/europe/article/2016/01/08/cinq-questions-sur-la-serie-d-agressions-de-femmes-a-cologne_4844209_3214.html


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/310.html#c8

[国際12] ドイツで女性複数に乱暴 容疑者の中に難民18人:政府機関の説明と女性数名の証言だけで事実は “藪の中” あっしら
2. 晴れ間[939] kLCC6orU 2016年1月12日 21:58:03 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[61]
500件を超える被害届が出ているのだから、「女性数名の証言」とは言えない。むしろ、当局の方が被害を10日間近く隠した、と疑われている。加害者を取り締まるのではなく、被害者や女性に行動を注意するよう呼びかけるとは、逆立ちした論理。

とはいえ、中東や北アフリカでは普通に起きうること。中東でなく欧州でも、日本人の女は不用心すぎる。誰彼かまわず愛想を振りまくなど、言語道断。にっこり微笑んだりすれば、中東や北アフリカの田舎出身の男たちは「誘っている」と解釈することは知っておいた方がいい。そこへいくと、中東の女たちは人前でニコリともしない。笑顔の意味を知っているからだ。


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/316.html#c2

[議論31] イスラムこそ1000年以上にわたって世界史の中枢であった。その絢爛豪華さは中国すら及ばす、ゲルマン人は…/小室直樹 仁王像
3. 晴れ間[940] kLCC6orU 2016年1月14日 22:24:21 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[62]

> イスラムの信者にとって、法を守ることは、そのまま神を信じることにつながる。法を守ることによって、ムスリムは容易に安心立命の境地に達する。
⇒ まさにカルトだね。「自分の頭」で考えることもせず、疑うこともなく、「安心立命」が聞いてあきれる。ヨーロッパには宗教もあったが、大昔から様々な「哲学」があった。ギリシャ哲学、スコラ哲学、・・・そしてユマニスム等、近代につながる思想の流れ。イスラム教徒には「哲学」はないの? 単なるコーランの「解釈」だけ? 「イスラム法学者」というのは「哲学」はしないの? 「疑問」が持てなければ、思惟も思索も始まらない。

> キリスト教には法もなければ、規範もまた存在しない。このような宗教において、信者が神を信じるには、絶大な努力を要するのである。
⇒ 欧州にはローマ法など成文法もあれば、ゲルマン法など慣習法もある。教会法もある。生活の細々したことに干渉する規定は、人類社会の発展を阻むものであるから、そんなものなくて幸い。神など信じる必要はない。神にすがらねば生きてゆけないなど、知的・精神的弱者に関すること。神が支配する世界から、人間中心の世界へと転換したことこそが、欧州の発展をもたらした。逆に、神の支配を受け入れ続ければ、現在の中東のような、蒙昧がもたらす政治的・社会的混迷と絶望に陥るだけ。

> イスラムこそ1000年以上にわたって世界史の中枢であった。
⇒ まあ、中世においてはイスラム圏の方が学問・文化は進んでいたと言われている。しかし、その後なぜ、すっかり遅れてしまったのか。文化的・社会的・政治的後進地域になってしまったのか。イスラムにその原因はないのか?
⇒ たかが1000年。イスラム以前の文化を抹殺するのか? 古代エジプトやメソポタミアの諸文明を、どう評価するのか。ISやタリバン、イスラム十全主義者(≒原理主義者) のように、爆破・破壊して抹殺するのか?

> ギリシャ、ローマの思想研究もまたアラブを母体とする。
⇒ 「研究」だけでしょうが。単に「翻訳」していただけ。思想や哲学自体は、ギリシャ・ローマ(起源) のもの。

> イスラム教が沖天の勢いで広まっていったのは、まさに当然すぎるほど当然のことであった。
⇒ 今のISのようなやり方をしてたんだね。中川隆さんのハリコ通り。預言者ムハンマドの伝記がそのことを証明している。「ジハード」(「聖戦」と訳すからごまかされる) という名の略奪戦争。戦闘で他部族の男を皆殺しにし、土地と家畜を奪い、生け捕りにした女たちを「戦利品」として分配。一人当たり4人の「妻」がもらえ、残りの女たちは「性奴隷」として数に制限なし。(私は伝記そのものは読んでいないが、それについて書かれている本なら少し読んだ。)
⇒ 決して「徳による支配」ではない。まさに「恐怖による支配」。恐怖を感じないためには、自分では考えず、命じられる通りに盲目的に従うこと。そうするとハッピーになれる。



http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/336.html#c3

[議論31] これからの時代は宗教の理解なくして、世界は理解できない。カギは宗教にある。イスラムを理解すれば、世界が分かる/小室直樹 仁王像
7. 晴れ間[941] kLCC6orU 2016年1月14日 22:29:04 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[63]

この小室直樹という人は、正真正銘のアホではないか。

> 平等、自由の概念はマホメット以来、当然のこととして知られていた。
⇒ イスラムが女を「劣った存在」として位置づけたことについて、女には「自由」も「平等」も認めなかったことについて、この小室という人物は、どういう説明をしているのか?

> 法といえば、イスラム教徒は最も得意とする分野である。ヨーロッパにはまだ法らしきものが見当たらない時代に、彼らは既に立派な法律を持っていた。
⇒ こんな恥ずかしいことを、よくも書けたものだ。高校生以下の知識水準! 今日の「法治主義」の起源は、ローマ法。ローマ法は、ナポレオン法(民法典)を介して、日本の法律にも受け継がれている。ローマ法が成立したのは、イスラムよりず〜っと古い。ゲルマン法だって、イスラムより古い。

> イスラムを理解すれば、世界が分かる。
⇒ 確かに、イスラムを知れば、人権など存在しなかった社会が存在したことがよくわかる。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/337.html#c7

[議論31] これからの時代は宗教の理解なくして、世界は理解できない。カギは宗教にある。イスラムを理解すれば、世界が分かる/小室直樹 仁王像
8. 晴れ間[942] kLCC6orU 2016年1月14日 22:33:53 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[64]

> そもそも西洋を起源とする資本主義やデモクラシー、近代法はすべてキリスト教に深く根ざしている。その根底には、キリスト教の論理がある。

⇒ まれに見る珍説。「キリスト教の論理」って、何? 資本主義の発生は、宗教とは関係ない。まあ、資本主義的な生産関係が一般化するよりもずっと前に、重商主義の段階で富の蓄積と(北部ヨーロッパへの) 投資を行った者たち(特に南欧の王侯貴族) がキリスト教徒であったという事実はある。しかし「キリスト教徒」だから「投資」に興味があったわけではないだろう。単に富を持ちすぎていただけ。「宣教熱」と「投資」は別次元。
⇒ 「民主主義」は、キリスト教以前の古代ギリシャに端を発する。「近代法」もローマ法(法治主義) が源流。
⇒ ただし、「社会主義」にはキリスト教の影響がある、と私は見ている。(未証明。あまり興味ないので、追求する意思はない。)
⇒ キリスト教の本質は、「神と個人の直接対話」。そこから発する「個人主義」。しかし資本主義が発達するにつれて、生産力が高まるにつれて、宗教離れが進んだ。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/337.html#c8

[議論31] これからの時代は宗教の理解なくして、世界は理解できない。カギは宗教にある。イスラムを理解すれば、世界が分かる/小室直樹 仁王像
9. 晴れ間[943] kLCC6orU 2016年1月14日 22:45:06 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[65]
>>8

>>8 のコメントは、別スレ用のもので投稿ミス。正しくは、以下の通り。


この小室直樹という人は、正真正銘のアホではないか。

> 平等、自由の概念はマホメット以来、当然のこととして知られていた。
⇒ イスラムが女を「劣った存在」として位置づけたことについて、女には「自由」も「平等」も認めなかったことについて、この小室という人物は、どういう説明をしているのか?

> 法といえば、イスラム教徒は最も得意とする分野である。ヨーロッパにはまだ法らしきものが見当たらない時代に、彼らは既に立派な法律を持っていた。
⇒ こんな恥ずかしいことを、よくも書けたものだ。高校生以下の知識水準! 今日の「法治主義」の起源は、ローマ法。ローマ法は、ナポレオン法(民法典)を介して、日本の法律にも受け継がれている。ローマ法が成立したのは、イスラムよりず〜っと古い。ゲルマン法だって、イスラムより古い。

> イスラムを理解すれば、世界が分かる。
⇒ 確かに、イスラムを知れば、人権など存在しなかった社会が存在したことがよくわかる。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/337.html#c9

[議論31] 現代日本の無宗教病はすでに病膏肓、治す方法はイスラムに入信するか、嫌ならせめて、「イスラムとは何か」を本気になって研究し 仁王像
4. 晴れ間[944] kLCC6orU 2016年1月14日 22:52:27 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[66]

> そもそも西洋を起源とする資本主義やデモクラシー、近代法はすべてキリスト教に深く根ざしている。その根底には、キリスト教の論理がある。

⇒ まれに見る珍説。「キリスト教の論理」って、何? 資本主義の発生は、宗教とは関係ない。まあ、資本主義的な生産関係が一般化するよりもずっと前に、重商主義の段階で富の蓄積と(北部ヨーロッパへの) 投資を行った者たち(特に南欧の王侯貴族) がキリスト教徒であったという事実はある。しかし「キリスト教徒」だから「投資」に興味があったわけではないだろう。単に富を持ちすぎていただけ。「宣教熱」と「投資」は別次元。
⇒ 「民主主義」は、キリスト教以前の古代ギリシャに端を発する。「近代法」もローマ法(法治主義) が源流。
⇒ ただし、「社会主義」にはキリスト教の影響がある、と私は見ている。(未証明。あまり興味ないので、追求する意思はない。)
⇒ キリスト教の本質は、「神と個人の直接対話」。そこから発する「個人主義」。しかし資本主義が発達するにつれて、生産力が高まるにつれて、宗教離れが進んだ。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/338.html#c4

[議論31] 現代日本の無宗教病はすでに病膏肓、治す方法はイスラムに入信するか、嫌ならせめて、「イスラムとは何か」を本気になって研究し 仁王像
5. 晴れ間[945] kLCC6orU 2016年1月14日 23:07:36 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[67]

>何しろ、現代においてもイスラム教は、世界中で最高速で信徒の数を増やしているのである(現時点で12億人、世界人口の1/5)。
> しかるにムスリムたちは、武力によって宗教を押しつけたのでもない。「宗教には無理強いは禁物」(コーラン)の教えのとおり、イスラムは軍事力で占領はしても、宗教を強制することはしなかった。占領地の人々が改宗したには、すべて自発性に基づくものである。


⇒「占領地の人々が改宗したには、すべて自発性に基づくものである」というのは、真っ赤な嘘。それはムスリムが書いた「正史」だろう。「正史」を鵜呑みにするのは、愚民と素人だけ。


========================================

【別スレへの私のコメント】
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/336.html#c3

> イスラム教が沖天の勢いで広まっていったのは、まさに当然すぎるほど当然のことであった。
⇒ 今のISのようなやり方をしてたんだね。中川隆さんのハリコ通り。預言者ムハンマドの伝記がそのことを証明している。「ジハード」(「聖戦」などと訳すからごまかされる) という名の略奪戦争。戦闘で他部族の男を皆殺しにし、土地と家畜を奪い、生け捕りにした女たちを「戦利品」として分配。一人当たり4人の「妻」がもらえ、残りの女たちは「性奴隷」として数に制限なし。(私は伝記そのものは読んでいないが、それについて書かれている本なら少し読んだ。)
⇒ 決して「徳による支配」ではない。まさに「恐怖による支配」。恐怖を感じないためには、自分では考えず、命じられる通りに盲目的に従うこと。そうするとハッピーになれる。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/338.html#c5

[議論31] 現代日本の無宗教病はすでに病膏肓、治す方法はイスラムに入信するか、嫌ならせめて、「イスラムとは何か」を本気になって研究し 仁王像
6. 晴れ間[946] kLCC6orU 2016年1月14日 23:38:46 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[68]
> マホメットは単なる人間である。この点において、イスラム教は非常に明快である。
⇒ 預言者ムハンマドが「単なる人間」なら、風刺画を書かれたくらいで、ムスリムはなぜいきり立つ?


> 大天使ガブリエルは、あえてアラビア語でマホメットに語りかけた。ここがポイントである。ここがポイントである。それゆえ、コーランを読誦するときには、必ずアラビア語でなければならない。アラビア語以外のコーランは、もはやコーランではなくなるのである。
> だから、イスラム教では翻訳のコーランを認めない。非アラビア語圏のイスラム教徒にしても、アラビア語がペラペラというわけではない。要は、コーランをなんとか読誦できれば充分なのである。アラビア語を学ぶといっても、それほどハードルは高くない。
⇒ バカではないか? 

> 「要は、コーランをなんとか読誦できれば充分なのである。アラビア語を学ぶといっても、それほどハードルは高くない。」
⇒ アラブ語は、口語と文語が非常に異なると聞く。コーランは人間が書いたとは思えないほど「美しい詩文」だと聞く。(人から聞いただけで、私が直接知っているわけではない。) アラブ語は難しいから止めとけ、と(アラブ人は) 皆言う。7世紀のアラブ語が現代人に容易に理解できるわけではなかろう。意味は分からなくとも、ただ唱えればよいのか? 歌うように朗唱できれば、それでいいのか? 門前の小僧たれ、ということか? 不真面目にもほどがある。


=================================

「規範、規範」と言うが、(ジハードという)「殺戮」を肯定する宗教が、他にあるか? 異教徒や不信心者は殺せ、というのがジハードだ。まさに「死の宗教」だ。だから、現代のイスラム過激派は、自爆テロなどをやって、喜んで死んでいるのだ。これに「異常さ」を感じないのは、カルト脳の持ち主だけだ。


==============================================


しかし、この小室直樹なる人物の書いていることは、実にくだらない。
仁王像さんは、遊んでいるの? 遊ぶなら、もう少し良質の材料を使ったら?


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/338.html#c6

[議論31] これからの時代は宗教の理解なくして、世界は理解できない。カギは宗教にある。イスラムを理解すれば、世界が分かる/小室直樹 仁王像
10. 晴れ間[947] kLCC6orU 2016年1月14日 23:59:33 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[69]
>>9

このコメントも不要。 >>7 と重複している。 (今夜は疲れているのか、ミスばかりする。)


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/337.html#c10

[戦争b16] (国際板リンク) 「ISでの生活」報告書=女性幽閉、子供は「聖戦」教育―オランダ (AFP 時事通信) 晴れ間
2. 晴れ間[948] kLCC6orU 2016年1月15日 00:10:33 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[70]
陰謀論、反対! 陰謀脳は救い難し。


http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/824.html#c2

[国際12] 「ISでの生活」報告書=女性幽閉、子供は「聖戦」教育―オランダ (AFP 時事通信) 晴れ間
3. 晴れ間[949] kLCC6orU 2016年1月15日 00:38:51 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[71]
>>2

誰に向かって言ってるの? >>1 は、中川隆さんよ。

私はイスラムには興味ない(全く魅力を感じない) から、ことさら調べるつもりはないけど、多分、あんたよりもよほどきちんとした本を読んでる。
中東や北アフリカ出身の、イスラム教徒家庭で生まれ育った「元イスラム教徒」が書いた本がいちばん参考になる。
もちろん陰謀論者ではなくて、イスラムの教理に関する難解な書物も読める知識人が書いた本。(ただしアラブ語ではなく、英語や仏語で書かれた本。ないし翻訳された本。)

私は狂っていない。私の脳は、陰謀脳でもカルト脳でもない。
私はキリスト教を擁護したことは一度もない。はっきり言って、キリスト教は大嫌い。宗教一般も嫌い。(嫌いでも、人文的な関心の対象には入る。)
イスラムについては誤解している人が多いようなので、その点について、知らせるべきだと考えている。

いやしくも「宗教」というからには、最低でも「生命」を尊重しなくては。殺戮をよしとする宗教は悪。
イスラムも殺人は悪だと言ってるよ。自殺も悪。しかし実際には、異教徒や不信心者を殺しているではないか。「宗教の名において」女を強姦したり、性奴隷にしているではないか。ISは、7世紀のイスラムそのものだよ。


イスラム世界では、今、無神論がジワジワと広がっている。元ムスリムでもイスラムに見切りをつけているのに、阿修羅にはカルト大好き人間が多いんだね。

植民地主義や帝国主義やグローバリズム、世界資本の支配に対しては、社会経済的な構造を変えられる方法で、抵抗と変革をなさねばならない。
イスラムは全く「抵抗思想」たり得ない。イスラムを擁護しても、中世的な神権政治を支えることにしかならない。この当たり前のことが理解できないようでは、現行世界を支えることにしかならない。

陰謀脳やカルト脳にとやかく言われても、拠って立つ立場が異なるのだから、意見一致しないのは当然だ。


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/337.html#c3

[お知らせ・管理21] 画像アップの失敗。手順がよくわかりません。 晴れ間
2. 晴れ間[950] kLCC6orU 2016年1月15日 07:08:14 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[72]
>>1

ありがとうございます。次回、試みます。


http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/428.html#c2

[議論31] イスラムこそ1000年以上にわたって世界史の中枢であった。その絢爛豪華さは中国すら及ばす、ゲルマン人は…/小室直樹 仁王像
4. 晴れ間[951] kLCC6orU 2016年1月15日 07:41:58 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[73]
>>3 (追加)

> イスラムの信者にとって、法を守ることは、そのまま神を信じることにつながる。

⇒ まさに「形式主義」だね。形式を守ることが「信仰」?

そう言えば、キリスト教徒にとっては婚姻は「秘跡」sacrement であるが、イスラム教徒にとっては婚姻は単なる「契約」contrat に過ぎない、と書かれている本を読んだことがある。イマム?? の所に行って、契約書を作成するんだよね。そして「おまえを離縁する」と3回唱えれば、簡単に離縁可能。

昔のことは知らないけれど、キリスト教徒も財産があれば、婚姻契約書は作成する。(離婚時にもめないように。)
でも、手続きが面倒だから、皆結婚しなくなった。そもそも宗教離れしているし。結婚していくなても、子供は保護される。

岸恵子さんが自分の離婚のことを随筆に書いているが、キリスト教徒でも財産がある階層になると、離婚手続きは本当に面倒そう。
日本ほど手続き簡単な国はないかもしれない。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/336.html#c4

[議論31] イスラムこそ1000年以上にわたって世界史の中枢であった。その絢爛豪華さは中国すら及ばす、ゲルマン人は…/小室直樹 仁王像
5. 晴れ間[952] kLCC6orU 2016年1月15日 07:52:22 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[74]
>>4

フランスは世俗国家だから、教会での結婚は法律的に無効。
市役所での民事婚のみが法的に有効。民事婚の手続きを済ませていないと、教会も結婚式は受け付けない。
そこへ日本人が、パリの教会だとかに、結婚式だけ挙げに来る。
最近は中国人が大勢押しかけているみたいだ。写真を撮るだけ? (こういうことを扱う専門業者がいるらしい。)
なんだろうね? ま、私が干渉することではない。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/336.html#c5

[議論31] イスラムの「論理」、キリスト教の「病理」〜キリストの「愛」とアッラーの「慈悲」を比較する/小室直樹 仁王像
9. 晴れ間[953] kLCC6orU 2016年1月17日 00:28:27 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[75]

ことイスラムに関する限り、小室直樹という人が述べていることは、真っ赤な嘘。
「イスラムは平和の宗教」「イスラムは女性や弱者を大事にする」という俗論も、真っ赤な嘘。
私たちは、高校の社会科(世界史や倫理社会?) の授業以来、イスラムについての嘘を習ってきた。三大宗教の共通点は「愛」だとかいうのも、嘘。イスラムは異教徒にも寛容だとか、「喜捨」の実践を奨励することで社会福祉や弱者の救援にも熱心だとかいうのも、嘘。
日本でこういう嘘情報を流してきたイスラム「専門家」の罪は、二重の意味で重い。二重の意味とは、一般の日本国民に「誤解」を与えただけでなく、イスラムに支配された人々が受けている「抑圧」にも加担することになるからである。(彼らが本当のことを黙して語らないのは、自分がジハードの対象にされ、暗殺されるのが怖いからであろう。)

嘘の極めつけは「ジハード」を「聖戦」と訳(誤訳というよりも嘘訳) したこと。これではまるで、ジハードが「正義の戦争」のようではないか。
ジハードとは、先イスラム社会でも行われていた「略奪戦争」を踏襲したものに過ぎない。アラビア半島の遊牧民部族は、互いに土地や家畜の奪い合いを繰り返していた。自分たちが他部族を襲わねば、自分たちが他部族から襲われるという社会だった。襲われる前に襲う。それが砂漠の民の掟だった。その背景としては、人間にとって非常に生存が厳しい自然条件がある。飢えよりも、渇水(水がないこと) の方が、直ちに死に直結するものなので、非常に恐れられていたという。(我々瑞穂の国の住民には想像もできないほど過酷な自然条件であることは疑いない。)

女や子供も、家畜同然の「戦利品」だった。勝った部族は、負けた部族の男たち(成人)を殺し、女を「戦利品」として自分たちの間で分配した。(今日、ISが忠実に実践している通りである。サウジアラビアやカタールのような国々がISやその他のジハード主義者を支援していると言われるのも、イスラムの原理に忠実だからであろう。)

当然、女(未亡人や遺子) の数は多くなる。一夫多妻制は、その数の論理の結果でもある。(なお、戦闘で負ける際に、生き残った一部の男たちは逃散したという。友好部族か縁続きの部族の元に逃げたのだろうか。)

「名誉犯罪」ないし「名誉殺人」も、この戦争文化の延長にある。「名誉」とは (処女性を失った、ないし強姦された) 女の名誉ではない。「家族を守れない(/なかった) 男」自身の名誉のことなのだ。男は自分の名誉を、女の身体、特に生殖器(その保全) に置く。自分の名誉の所在が女の身体にあるからこそ、それをヴェールで隠して外部に見えないようにする。女のためではなく、男自身の(名誉の) ためなのだ。
現在問題になっている、難民がシリア等から逃げ出した際の動機の一つは、家族の女たちがISやジハード主義者に犯されるのを防ぐためでもある。(媒体名は忘れたが、そう難民が語っているのを、私は昨年、ネット上のニュースで見た。) 親族の女が「敵」に捕まれば、性奴隷にされ、あらゆる「辱め」を受けるからだ。
クルド人の女性兵士たちも、武装するだけでなく、自決用の銃弾を常時身につけている。敵に捕まれば、あらゆる暴力と辱めを受けることが分かっているから、その場合には即座に自決するためだ。
ドイツ等で最近起きた、難民が西洋女に性的暴行をかけた事件も、ヴェールを被らない女は「売春婦」扱いされるという中東や北アフリカ社会の実情を反映したものでしかないだろう。なお、中東現地では、たとえ女が強姦されても、男を性的に挑発したのだから、強姦された女が悪い、という判決になる。(この手のニュースは、ヤフーなど日本のサイトでもよくお目にかかれる。移民と接することの少ない欧米の女がよく犠牲者になる。)

中川隆さんがハリコで伝えている預言者ムハンマドの不品行は、誇張ではない。(それどころか、当時のアラブ社会では、全く「普通のこと」だったのだ。) そしてそれがコーランやハディース(預言者ムハンマドの言行録) で絶対化され、ムスリムにとっての規範や「手本」となったことで、イスラムの異常な退嬰性を補強することにもなった。
ムハンマドの妻の一人アイシャは、6歳で法律上ムハンマドの妻となり、9歳で肉体的にも妻となった。(15歳という説もあるが、嘘だろう。なぜなら、北アフリカの庶民の女は19世紀に、普通12-13歳で結婚していたからだ。) これが今日どういう意味を持つかというと、「幼児婚」を正当化するための根拠として使われている点に留意すべきだ。(幼児婚は、アフリカから中東、中央アジアまで一般的だ。)

コーランが、妻に対する夫の暴力を積極的に認めていることは、別スレで述べた通りである。
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/319.html#c4
言うことを聞かない妻は叩け、というのがコーランの教えであるが、実際には理由がなくても叩いてよいことになっている。夫が責められることはない。


中川隆さんのハリコが指摘していないことが一つある。預言者ムハンマドは、自分の養子(息子) ザイドから、その妻ザイナブを奪った(譲渡された) のであるが、実は先イスラム社会の法では、息子(養子であったも) の妻(元妻) と結婚することは禁じられていた。女は、夫と離婚して、夫の父親(養父も) と再婚することはできなかった。そこで預言者ムハンマドは、(それまで合法であった)養子縁組そのものを、イスラムでは不法にしたのだ。以後、イスラム社会では養子縁組は非合法となり、親を失った子供は、別の大人の養子になることができず、打ち捨てられることになったという。
(※現行のイスラム法における養子縁組については、以下を参照。養子となっても、実子と同じ権利はない。姓は出生時のままで、養父の姓を名乗ることはできない。実子と同じ財産権もない。https://fr.wikipedia.org/wiki/Kafala ; https://en.wikipedia.org/wiki/Kafala_system )



http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/340.html#c9

[議論31] イスラムの「論理」、キリスト教の「病理」〜キリストの「愛」とアッラーの「慈悲」を比較する/小室直樹 仁王像
10. 晴れ間[954] kLCC6orU 2016年1月17日 00:40:08 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[76]

今日、人類が到達している近代精神と人権及び戦争/平和に関して、イスラムの問題は主として三つある。

@女性に対する抑圧。(女性憎悪と女性差別。)
Aジハード。(異教徒や不信心者に対する殺戮を命令。イスラム改宗しない限り、戦争を仕掛ける。)
Bシャリア支配の普遍化目標。(近代国家の近代法支配を否定。世俗主義の否定。イスラム勢力は、シャリア支配を全世界に広げることを至高の目標として掲げる。世俗主義の国家ではなく、イスラム法に基づいた神権政治の国家建設を目指す。)

※なお、イスラムでは、信仰のために嘘をつくことは善。「穏健派」イスラムは真意を黙って言わないだけで、シャリア支配国家を作るという「過激派」と全く同じ目標を持っている。

=====================================

「ジハード」について。
「イスラムが平和の宗教である」というのは、真っ赤な嘘。イスラムには、二つの世界しか存在しない。「平和の家」と「戦争の家」である。
「平和の家」dar al islam とは、すでにイスラムに改宗した地域とその住民のことで、もはやジハードの対象ではない。
「戦争の家」dar al harb とは、未だイスラムに完全に改宗していない (ないし改宗途上にある =戦争状態にある) 地域とその住民を差し、ジハードの対象となる。
https://wikiislam.net/wiki/Dar_al-Harb


ジハードをイスラム教徒の義務とする、また異教徒を敵視するコーランの章句は多数存在する。
なお、イスラムは「改革不可能な宗教」である。コーランは「神の命令」であり、コーランに書かれたことを否定できるイスラム教徒は存在を許されない。イスラムは、異論や異端を許さない「全体主義の宗教」である。
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/153.html#c2 (コメント末尾部分)
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/153.html#c3


=================================

以下、異教徒や不信心者との戦いを称揚するコーランの章句の例。(数字は、章 : 句。) 
(中川隆さんが挙げていたサイトから、日本語訳を添付する。
http://www2.dokidoki.ne.jp/islam/quran/quran000.htm 。) 


25 : 52
だから不信者に従ってはならない。かれらに対しこの(クルアーン)をもって大いに奮闘努力しなさい。

2 : 120
ユダヤ教徒もキリスト教徒も、あなたを納得しないであろう。あなたがかれらの宗旨に従わない限りは。 [...]

9 : 111
本当にアッラーは、信者たちからその生命と財産を贖われた。かれらのため(の代償)は、楽園である。かれらはアッラーの道のために戦い、殺し、また殺される。それは律法と福音とクルアーンとを通じて、かれが結ばれる真実な約束である。誰がアッラー以上に、約束に忠実であろうか。だからあなたがたが結んだ契約を喜べ。それこそは至上の幸福の成就である。

8 : 65
使徒よ、戦いの時は信者を激励しなさい。あなたがたの中20人の信仰の堅い者がいれば、よく2百人を征服するであろう。あなたがたの中もし百人いるならば、よく千人の不信者を征服するであろう。というのはかれらが、事理を解しない人びとであるため。

2 : 193
迫害がなくなって、この教義がアッラーのため(最も有力なもの)になるまでかれらに対して戦え。 [...]

3 : 85
イスラーム以外の教えを追求する者は、決して受け入れられない。 [...]

8 : 17
あなたがたがかれらを殺したのではない。アッラーが殺したのである。あなたが射った時、あなたが当てたのではなく、アッラーが当てたのである。(これは)かれからの良い試練をもって、信者を試みになられたためである。本当にアッラーは全聴にして、全知であられる。

9 : 5
聖月が過ぎたならば、多神教徒を見付け次第殺し、またはこれを捕虜にし、拘禁し、また凡ての計略(を準備して)これを待ち伏せよ。だがかれらが悔悟して、礼拝の務めを守り、定めの喜捨をするならば、かれらのために道を開け。本当にアッラーは寛容にして慈悲深い方であられる。



http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/340.html#c10

[議論31] イスラムの「論理」、キリスト教の「病理」〜キリストの「愛」とアッラーの「慈悲」を比較する/小室直樹 仁王像
11. 晴れ間[955] kLCC6orU 2016年1月17日 00:55:06 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[77]

あらゆる宗教は、カルトである。「天国」と呼ぼうが「来世」と呼ぼうが、死語の世界や「転生輪廻」を信じる者は、カルト信者である。
それが個人の私生活や精神生活に留まる限り、思想信条の自由、信教の自由は尊重されるべきである。

しかし、自分の信仰を他者に押しつける権利は誰にもない。世俗国家を宗教国家や神権政治国家に変えようとする企図には十分気をつけねばならない。そういう国家が出現すれば、必然的に、思想信条の自由、表現の自由を許さない「全体主義国家」となるからである。

イスラムに関しては、イスラム教徒の家族に生まれ育った後に、イスラムというカルトを自ら捨てた、知識や教養の面でも優れた資質をもつ「元イスラム教徒」が述べていることが、最も信頼できる。
批判精神を欠いた信者や、新規に信徒となった者の話は、「客観性を欠いた話」として遇するのが適切である。

生半可な知識でイスラムを称揚すれば、イスラムという宗教によって多くの人が受ける苦しみに加担することになる。



http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/340.html#c11

[議論31] 苦悩する現代イスラム〜イラン革命とは原点回帰運動だった/小室直樹 仁王像
2. 晴れ間[956] kLCC6orU 2016年1月18日 23:02:28 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[78]
> イスラムにはヨーロッパでデモクラシーが生まれる前から、平等思想がすでにあった。イスラム教が貧しい人への喜捨を義務とするのも、この平等主義から生まれたものである。
> ついでに言っておけば、イスラム教は男女平等を説いた宗教でもある。

⇒ 紹介されている本を全く読んでいないので、私が正確に理解できていない可能性もあると思いますが、この方(小室直樹氏) がイスラムを「ほぼ正しく」理解しているとはとても思えません。この方、フィールドをよくご存じなのでしょうか。イスラムは、平等思想なんかではありません。男性信徒どうしの間では、ひょっとしたら平等な関係があるのかもしれません。しかし、「神に絶対服従」を強いる宗教というのは、人間どうしの間にも絶対服従関係を持ち込むのが普通でしょう。現にシリア人のワファ・スルタンは、イスラム教徒どうしの関係を「主人と奴隷」の関係に喩えています。ムスリムが二人いれば、必ず上下関係が生まれる、と書いています。社会的地位や年齢等により、互いに相手との関係を直ぐに推し量り、直ぐに上下関係ができる、と言明しています。要するに、ムスリムの社会というのは、非常に「権威主義的」(縦繋がり) なのです。
ムスリムの礼拝を見ても、男だけがいて、その中には女は一人も混じっていません。(女は性的煩悩をかき立てるので、男の信仰生活にとって邪魔になるらしい。) 男女平等ということは絶対にないのです。コーランが家庭内暴力を勧めていることは、他スレでも書いた通り。(男の女に対する暴力は許されても、逆は想定外扱い。) それなのに、「平等思想」とか「男女平等」とか、どうして言えるのでしょうか。そういう根拠のない嘘を書けば、本の中に書かれていることの全てが信用されなくなるのではないでしょうか。

> アッラーの前には富貴の差も、男女の差もない・・・
⇒ まあ、宗教が何を説こうと自由ですが、イスラム諸国というのは、概して「金持ち」と「貧乏人」しかいないんですよね。「中間層」が不在です。喜捨で済ませればよいということでしょうか。税の累進性強化とか、産業の国有化とか、「西洋風の施策」をやるにしても、中間層や下層階級の代弁者となる強力な社団があってこそ可能なことでしょう。
なお、比較的中間層が厚く存在する国では、世俗的な思想が一定の市民権を持っているようです。簡単に言えば、旧植民地宗主国の影響力が強い国ほど、世俗思想の力が強いようです。イスラムへの伝統回帰が強い国ほど、世俗派は少なく、社会も退嬰的です。


> イスラムの教えがある限り、ヨーロッパのような絶対王権はけっして生まれるはずがないからである。
⇒ ??? 宗教が、政治権力を規定するというのでしょうか。各種の経済的な利益団体が成立して、その均衡ないし力関係の上に政治権力が載るというのが自然でしょう。その調和が取れなくなったときが「革命」ないし革命的な変革が起きるときです。宗教って、そんなに力が強いものでしょうか。(私は大塚史学とは無縁だし、理念型も考えないので、余計に違和感があります。私は演繹的な思考をあまりしません。)

> ルイ14世とオスマン帝国のスルタンを比べたとき、その富や領土はスルタンのほうが圧倒的ではあったが、その権威を比べたとき、この関係は見事に逆転するのである。。
> イスラムに近代デモクラシーが生まれなかった理由は、まさにここに存するのである。
⇒ 全く意味不明な文章ですね。「近代デモクラシー」とは、その担い手が存在する、少なくとも出現することが必要なはずです。それは「新興のブルジョワ階級」であることもあるし、「大衆」や「無産階級」であることもあります。社会経済条件が関与しない、(現実にはありもしない)「平等なイスラム社会」というものを想定しているから、著者は自家撞着を引き起こしているようです。


> イスラムが他に冠絶した宗教であったことが、まさに今日のイスラム世界の苦悩を生み出しているのである。この矛盾を如何せん。
> ひたひたと押し寄せる欧米キリスト教国の影響をはじき返し、十字軍コンプレックスを解消するためには、イスラム諸国の近代化は避けて通れない。だが、その近代化の最大の障碍となるのが、他ならぬイスラム教なのである。
> 近代化を徹底しようと思い、イスラム教を捨てれば、キリスト教文明にイスラムが負けることに他ならない。この矛盾、この苦悩。
⇒ どうしてそんなふうに「悩む」必要があるのでしょう。イスラムにしがみついているから、自由な思考ができなくなっているのですよ。「十字軍コンプレックス」なんて、いつの時代のものですか。西洋だって、キリスト教は捨てていますよ。少なくとも経済活動においては、宗教なんて関係ないでしょう。「近代化」を嫌がって、中世的世界にいることが、そんなにいいことなのか。西洋社会も、宗教を捨てたから近代化できたのです。私には分からないなぁ、こんな考え方。


> 「イスラム知らず」の欧米人たちは、こうしたイスラム教徒の真剣な悩みをまったく理解しようとしないばかりか、「時代遅れの狂信者」扱いして平気なのだから、始末に負えない。
⇒ 甘えていますね。「どうして分かってくれないの?」なんて、精神未熟児の小娘みたいな言い方ではないですか。


>〔仁王像さん自身の設問〕
> 「イスラム圏が近代化して資本主義を積極的に取り入れていくべきかという命題」
> イスラム圏が向かうべき資本主義は行き詰まっていることは水野和夫が指摘している。
⇒ これはやや難問ですが、その前に一言。資本主義がいくら行き詰まっても、自動的に崩壊することはあり得ないと思います。それ以前に、富の分配を巡って、社会闘争が起きるでしょう。「社会闘争」には、社会の構成員である人間の「主体的な関与」が要ります。(マルクスの資本論だって、自動的に革命に至るとは書かれていませんよ。)
⇒ 資本主義の採用に関して、回答はある程度出ていると思います。資本主義は、決して皆が幸福になれる制度ではありません。しかし、彼我の力関係で、多くの人が仕方なく、「当面」は受け入れている制度です。未来永劫というわけではありません。第二次大戦後、植民地支配を抜け出した多くの国(AA諸国) は、社会主義的な経済制度を採り、東側陣営に加わるか、所謂「第3世界」として独自の道を歩むか、いずれかの道を選択しました。ここで、一旦回答が出たのです。西側の資本主義陣営に加われば、社会格差が非常に大きくなり、貧富の差の大きな社会になることが分かっていたからです。そもそも、被植民地にとって、植民地時代には、植民地支配と闘うための本当の味方はコミンテルン以外にはなかったのです。一旦資本主義国になって、それから社会主義国になる(つまり二段階革命) よりも、一足飛びに社会主義を採用する方がよい、と独立国の指導者たちは考えたからです。
しかし問題は、旧社会主義国も、旧植民地からの独立国も、後進地域であったため「民主主義」や「自由」の面で、非常に未熟なままであったことです。一部の特権層だけが潤ったり、独裁的な政治支配の国が多数現れました。(ただし、この問題は脇に置きましょう。)
⇒ イラン革命後、イスラム原理主義がアラブ・イスラム世界で蔓延した点についてですが、私はこの事態には、ソ連・東側社会主義陣営の体制崩壊の影響が非常に大きかったのでは、と考えています。(繰り返しますが、私はこの地域の専門家ではないし、国際関係論も専門外です。) しかし、仮にソ連の崩壊がなかったら、少なくとも、ソ連が旧植民地の弱小国を支援し続けることができていたら、中東や北アフリカの親ソ派の国々や、多かれ少なかれ社会主義的な経済体制を採用していた国々が帝国主義や新植民地主義や新自由主義の大海に放り出されることはなかったし、アメリカや西側資本になされるがままにはならなかっただろう、と思います。しかし歴史の有為転変により、そうなってしまったのです。
社会主義思想というのは、根本的に世俗主義です。宗教支配とは相容れません。私がフランスで出会った中東や北アフリカ出身の人たちで、比較的親しかった人たちは、殆ど皆左翼でした。中東でも南イエメンの社会党員や北イエメンの共産主義者、シリアのバース党員等がいました。北アフリカの人たちは、皆カダフィの礼賛者でした。(リビアの体制は社会主義だと言っていました。) 彼らはムスリムでしたが、宗教のことは話題にもならなかったし、宗教的なものを感じたことはありませんでした。彼らは世俗派でしたし、今もそうだと思います。あのまま、彼らの祖国が社会主義の道を歩むことができていれば、国がこんなに滅茶苦茶になることはなかったでしょう。多少の困難はあれ、世俗的な方向で安定した成長を遂げていたのではないか、と私は思います。つまり、イスラムが入り込む余地や、社会の中で幅を効かす余地はあまりなかっただろう、と思われます。

中東から米国が引き、ロシアの影響力が回復すれば、ようやく安定した方向に向かい出すのではないか、と私は思います。
米国が大人しく引き下がり、現地の人々が世俗的な方向で政治経済を運転していければの話です。しかし、イスラムが幅を効かせれば、回復と軌道修正は遅れるし、場合によっては世紀単位で混乱が続くでしょう。独立直後の社会主義的世代の記憶が残っているうちに、かつての道に復帰できればいいかな、と思います。
なお、中東地域で、私が最も期待しているのは、クルド人、特に女性です。PKKに近いYPG-YPJ 、特にYPJ は、当たり前ですがかつてのマルクス-レーニン主義に替えて、今ではフェミニズムとエコロジーを主張しています。(フランス共産党もエコロジーとユマニスムを強調していますが、類似の軌道修正ですね。)
まあ、私は宗教の役割は極力排除して、世俗主義を徹底し、その中で平等を追求するのがよいのでは、と考えています。

この本の著者(小室直樹氏) と同様、仁王像さんがイスラムへのこだわりを捨てようとされないことについては、私の理解を超えているというか、よく分かりません。が、まあ、誰でも思想は自由ですから。(仁王像さんが、私が言ってることを理解できないような人だとも思えません。)



http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/344.html#c2

[議論31] イスラムの「論理」、キリスト教の「病理」〜キリストの「愛」とアッラーの「慈悲」を比較する/小室直樹 仁王像
42. 晴れ間[957] kLCC6orU 2016年1月21日 22:59:35 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[79]
>>40

私は信頼できる論者の文献を、しっかりと読み込んでいる。
反論を唱えたいなら、最低でもそのくらいの資料には目を通すべきだ。
無責任なことを唱えている人は、100年とは言わないが、10年はそのくらいの勉強をしたらどう?

阿修羅で無責任で脳天気なことを言ってる人は、結局何も知らないだけ。無知の権化。日本がテロの巣窟になってからでは遅いのよ。ムスリムは「郷に入っては郷に従え」が通用しない人たち。(フランスでは、学校給食でハラル食を出すのは当たり前。最近では、学校の体育の水泳の授業まで、男女別々に行うことを信者の圧力で強いられる自治体も出てきている。そういう教育をやると、男がヴェールを被っていない女に対して、強姦や痴漢行為をするようになる。男女関係がいびつに歪んでしまう。)

なお、私は間接的に、イスラム原理主義勢力に死刑の宣告をされた人や、亡命を余儀なくされた人、親族を殺された人を知っている。先方は著名なインテリや作家やその親族であるが、手紙を書けばきちんと返事をくれる。

阿修羅で、玉石混淆だけど一番正確な情報を集めているのは、中川隆さん。全く「危ない理解」をしているのは、仁王像さん。(仁王像さんは自覚していないけれど、本当に危ない。) 日本人ふうにナイーヴ(ナイフ)なのは、ダイナモ。
それ以外は「知的弱者」。(黙っている人の中には、「専門的な理解」をしている人もいるだろうが、自分殺されるのを恐れて、本当のことを言わないだけ。(イスラムは、思想信条の自由も、表現の自由もない世界。)


最低でも次の本を読んでから、反論すればいい。読みもしないで、いい加減なことを言うな! 少しは他人の親切心を理解しろ!

http://www.amazon.com/God-Who-Hates-Courageous-Inflamed/dp/0312538367/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1453382924&sr=8-1&keywords=wafa+sultan

http://www.amazon.com/Because-They-Hate-Survivor-Islamic/dp/0312358385/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1453382924&sr=8-2&keywords=wafa+sultan

http://www.amazon.com/Infidel-Ayaan-Hirsi-Ali/dp/0743289692/ref=pd_sim_14_3?ie=UTF8&dpID=51b6YKbnkjL&dpSrc=sims&preST=_AC_UL160_SR105%2C160_&refRID=0399YVDBX6Q1Q0QRAJTR

http://www.amazon.fr/gp/product/2846211647?keywords=zanaz&qid=1453383813&ref_=sr_1_1&sr=8-1

イスラムは死と殺戮の宗教。ジハードで異教徒や不信心者を殺せば、天国へ行ける。あんたもそうしたいわけ?
宗教というからには、最低でも生命と愛は尊んでほしい。死と憎しみの宗教なんて危険そのもの。イスラムはそういう宗教。

読むのが面倒な人は、YouTube にも講演や討論がアップされているから、まずそれから聞いてみたら?


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/340.html#c42

[議論31] イスラムの「論理」、キリスト教の「病理」〜キリストの「愛」とアッラーの「慈悲」を比較する/小室直樹 仁王像
45. 晴れ間[958] kLCC6orU 2016年1月22日 05:11:20 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[80]
>>44
> 一部過激な信者が、非道だからといって
> 世界中の16億人のイスラーム教徒が
> 晴れ間のいうような死と殺戮の宗教の信奉者と思うほど愚かではない。


「愚か」でないというのなら、なぜコーランの文言を否定しない? コーランそのものを否定しない? 異教徒を殺せと命じているのは、コーランだよ。
イスラム教徒は、なぜ宗教改革をしない? (私はその理由を書いてるけれど、読んだ?)

仁王像さんが紹介している小室とかいう怪しげな学者は、アラブ語なんかよく知らなくても適当に祝詞を上げるだけでよい、それほど難しいことではないと、驚くほどミーハーなことを言っている。コーランのアラブ語を知らない大半のイスラム教徒は、意味もわからずに、お祈りのときにコーランの文言を繰り返しているらしい。ところが、コーランのその冒頭部分は、ユダヤ教徒とキリスト教徒への呪いの言葉の繰り返しだという。イスラム教徒は毎日5回の礼拝で、ユダヤ教徒とキリスト教徒を呪っているのだよ。これを何十年も続ければ、どういう人間が生まれる? 異教徒や不信心者なら殺してもいい、という人間になる。言葉の力というのは大きい。「言霊」だよ。


反ユダヤ主義について、私ほど阿修羅でそれを批判してきた者はいまい。陰謀論者というのは、反ユダヤ主義者なんだよ。私が「陰謀論」の怪しさと悪質さに気付いたのは、まず、そこにある反ユダヤ主義イデオロギーだった。

>>44 gqALBXHZ2k : W4lR2kq37r4[53] よ、あんた、一度でも阿修羅で体系的に「陰謀論」を批判したことがあるか? 一貫して陰謀論を批判しているか?
阿修羅で陰謀論を明確に批判しているのは、仁王像さんと私とダイナモだけだよ。
さあ、陰謀論という「現代の反ユダヤ主義」をきっちりと批判してもらおうではないか! やるべきことをやってから、偉そうなことは言えばよい。
あんたのオツムでは、陰謀論が現代の反ユダヤ主義だということすら、分からないんだろう。


イスラム教徒の最終目標は、地上に遍くシャリア支配を実施することだ。イスラム教徒が多く住む国では、いまでも近代法とシャリアが併用されている。あんた、それに対して、どういう態度を採る? あんたも、日本国憲法に代えて、シャリアが支配する国を作りたいのか? 女にヴェールを被せて、ヴェールを被っていない女は強姦してよい、と考えているのか。

あんたからホロコーストだのヴィシーだの教えてもらわなくていい。ナチのために殺されたユダヤ人とその親族には、私は直接出会って、話を聞いたことがある。(そんな人、フランスにはゴロゴロいるよ。) 当事者たちは精神的な後遺症で、長く苦しんでいた。
阿修羅の陰謀論者たちの反ユダヤ主義に、あんたが反論してくれることを期待しているよ。そんな根性、ないだろうが。やってみたら?

元イスラム教徒でさえイスラムを棄教する者がジワジワと増えているこのご時世に、イスラムを擁護する日本人がいるとは、何という皮肉だろうか。あんたももうムスリムになったの? 入信を考えている? 一度ムスリムになったら、棄教や背教は「死罪」だよ! 改宗は慎重に! すでにムスリムになった人は、ポジショントークを一生続けてゆく。ポジショントークを真に受けないこと!

私が挙げている本の著者たちの多くは、イスラム教徒の家庭育ちで、その後棄教した人たちだ。例によって「殺す!」と脅迫されている。命をかけた闘いなんだよ。
あんたみたいな「日和見その他大勢」には理解できないだろうが。

あんた、「抑圧された元被植民地の人々」に「連帯」してるつもりなの? 連帯の方法や形には色々ある。抑圧の構造を永続化させる方向での連帯と、抑圧そのものを覆すような連帯だ。あんたは前者だね。それ、何かポジティヴな意味あるの? 私から見れば、有害無益だよ。



http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/340.html#c45

[政治・選挙・NHK200] NHKスペシャル「冷戦・極秘映像は語る」の衝撃−(天木直人氏) 赤かぶ
20. 晴れ間[959] kLCC6orU 2016年1月26日 22:12:12 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[81]
>>12

あんたね、そもそもあんたは「陰謀論」とは何かが、根本から全く分かってない。
米国であれ、それ以外の国であれ、あるいは国家以外の個人や集団であれ、公式・非公式の諜報機関であれ、秘密裏のうちに何らかの「工作」をしても、当然のことであり、それ自体は何ら不思議でも不合理でもない。それらは「公然化されていない事実」であって、「陰謀論」で言う「陰謀」ではない。

「陰謀論」というのは、無知な政治的弱者が、「事実」には全く基づかず、自分の理解できないことを、「自分の勝手な妄想や空想」だけで理解しようとして、そうして組み立てた妄想をあたかも「事実」であるかのように主張することを言う。
陰謀論と、陰謀論ではないものとを区別するのは、「事実」に基づいているか、否か。事実の裏付けがあれば、陰謀論ではない。しかし事実の裏付けがなければ、陰謀論に過ぎない。
その証拠に、陰謀論者に、その唱える陰謀論の「根拠」を問うても、彼らは決して答えないことだ。答えられるような根拠を彼ら自身持っていないからだ。根拠なしに主張されているのが「陰謀論」だ。仮に「根拠」を挙げても、全くの虚偽、大嘘である。

==============================================

オツムの弱いあんたのために、陰謀論の定義から教えてあげるね。何で私は阿修羅で「小学校の先生」並のことをしてあげなきゃいけないのか、と思うけど、読者の中には、少しはまともな頭の人もいると思うから、そういう人が誤解しないように、陰謀論の定義だけを書く。

以下は、代表的な「学術的な入門書」が説明している「陰謀論」の定義だ。著者はフランスの思想史家。入門書の裏表紙に書かれた文言を訳す。

〔以下、引用。〕
「我々が生きている時代は、世界的陰謀というイマジネール(想像界)が、世界的な規模になった政治的イマジネールと混じり合っているように見える、そういう時代である。陰謀を信じることは幾つかの理解できない出来事を説明してくれる、あるいは説明できるという幻想を与えてくれる、ということを確認するのに、誰も驚かないであろう。陰謀論の主たる機能は、そこにある。それが「陰謀理論」と呼ばれるのが相応しいと認められたことの大きな「効用」である。つまり需要に応えることである。陰謀を信じることは、意味を欠いているように見え、不安をかき立てるものに、意味を与えることができるようになることである。ところで、グローバル化に結びついた混乱を伴った変化と共に、暗闇が不確かさと共に増大しているように見える。この不確かさは、人々の意識を混乱させ、人々の不安をはぐくんでいる。その結果、意味を求める要求が強まり、陰謀の領域が拡大することになる。際限のない拡大で、限界はない。なぜなら、陰謀の疑惑は、トクヴィルが「世界を導く一般真理」と呼んだもので作られているからである。」(引用、終わり。)

http://www.amazon.fr/Limaginaire-complot-mondial-Aspects-moderne/dp/2842059808/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1453813426&sr=8-2&keywords=taguieff


なお、トクヴィルからの引用語句については、出典は1852年の演説であるようだ。(トクヴィル関係の本は日本語でも沢山出ているようだが、私は思想史には興味ないので、日本語文献を当たるようなことはしない。)

=====================================================

簡単に言うと、あんたら知的・政治的弱者は、自分が理解できないことを、空想や妄想であれこれ解説したものに飛びついて、安心感を得ようとしているだけ。
大事なことは、「事実」と「妄想」や「空想」を区別すること。妄想や空想を「事実」と誤認しないこと。これだけでいい。
事実についてのみ判断すればよい。
諜報機関が色んな工作をするのは当たり前。しかし、自分の理解できないことが起きたからといって、「陰謀だ」と短絡する必要はない。諜報活動の当事者ではない自分が知らなくても、理解できなくても当然なのだ。「陰謀」を嗅ぎ回って妄想をたくましくするヒマがあったら、時間をもっと有異議なことに使う方がいい。妄想をたくましくしたところで、知力はまったく強化できない。逆に「陰謀脳」になってしまって、頭がおかしくなり、狂ってしまうだけ。
阿修羅にもいるでしょ。どうしようもなくなっている人が。

※ なお、>>12 は「陰謀論」とは何かすら理解していない脳弱者である上に、ペンネームを使わない「マナー知らず」でもあるので、本来なら無視するのが当然である。しかし、読者の中には真面目に問題を考えようとする人も多々いるかもしれないので、あえて返答することにした。


http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/267.html#c20

[政治・選挙・NHK200] NHKスペシャル「冷戦・極秘映像は語る」の衝撃−(天木直人氏) 赤かぶ
35. 晴れ間[960] kLCC6orU 2016年1月27日 21:39:39 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[82]
>>24
何をもって「事実」だとするのかね


「事実」は一つです。しかし、それがいつ明らかになるかは、分かりません。公文書等の資料の「公開」には時間的に制限があるからです。

欧米の場合は法律があるのが普通でしょう。
旧ソ連や東欧の場合も、文書は公開されているでしょう。
アメリカの公文書も、一定の期間を過ぎれば公表されているでしょう。(秘密協定なども含めて。) 日本政治の暗部もアメリカから漏れるのが通例でしょう。
日本には、そもそも正規の資料保存のための法律も、保存専門官の養成機関も存在しないでしょう。(あっても、例外。) 近代国家ではないんですよ。

フランスの場合も、一定の期間を経て、公文書等は全て公開されます。(原則50年ですが、ものによってはもっと早いし、個人のプライヴァシーに関するものはもっと遅いです。)
しかしいずれにせよ、公文書は「公共の財産」ですので、一部の者が私物化して永遠に葬り去ることは、法律上も不可能です。破壊は犯罪になります。


マスコミの情報は、当面はマスコミ情報として扱うのが適当です。情報に接した人の主観も入るし、そもそも100の情報のうち3の情報にしか接していなくて、全体像が分かるはずがないからです。
それでも、ジャーナリストとしての矜恃を持っている人もいるでしょうから、単なる噂とは区別して見る必要があります。
マスコミ資料は、あくまでも「二次資料」「三次資料」です。「一次資料」ではありません。
価値があるのは、「生の資料」だけ。生から遠ざかり、加工されるにつれて、価値は低減します。


最悪は、阿修羅の陰謀論者のたわ言ですね。信憑性のない妄想が多いです。これらに価値はありません。もっとも、将来的に「噂の研究」なんかをする人には多少の材料にはなるかもしれません。



http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/267.html#c35

[政治・選挙・NHK200] NHKスペシャル「冷戦・極秘映像は語る」の衝撃−(天木直人氏) 赤かぶ
39. 晴れ間[961] kLCC6orU 2016年1月28日 18:53:31 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[83]
>>37

私は、アメリカの公文書の公開基準は知りません。法律やそれに準じるものはいくらでも作れるわけだから、国家機密?? を守る云々の理由で公表しないことは、いくらでも可能でしょう。
文書・資料は、破壊さえしなければいいんですよ。50年、100年すれば、隠す理由がなくなるときが必ず来ます。そのときを待てばいい。(古文書になっているかもしれませんが。)
旧東欧諸国の資料の保存状態はいいようですね。フランスもですが、官僚制国家というのは、役人が文書をきちんと管理しますからね。後世の人々にとっては、有り難い限りです。(ただ、今日では紙媒体ではなく、電子媒体や電子情報になっているところが、危なくもあり、惜しいですね。大昔なら電報だった通信手段が、今では携帯電話ですからね。証拠が消えます。)

また、天木さん恒例の「...の衝撃」とか、NHKの宣伝文句「極秘映像」を真に受けるのもおかしい。NHKが放送するような材料が「極秘」であるはずがない。知っている人は知っているし、専門家なら、とっくの昔に見ているでしょう。(日本に本当の専門家がどのくらいいるのかは知りませんが。)
南米のかつての独裁政権をCIAが後押しし、好ましくない政権を転覆させてきたことも、常識中の常識でしょう。誰でも知っていますよ。チャベスが言う通り、南米の反米政権指導者の死因が、CIAによる癌誘発(癌ウィルス付着) かどうかは知りませんが。(この説はは否定されているようですね。)

日本の場合は、アメリカ云々以前に、米国の利益と一体化することで私利私欲を図っている既得権勢力が強固に作られていることが問題。戦後、日本国憲法で安堵された皇室も、自民党政権も、世襲政治家も、財閥もそういう勢力でしょう。これを覆さない限り、日本が国民主権の民主主義国になることは難しい、と私は考えています。
昭和天皇の戦争責任を問いたいなら、まず、天皇制を廃止することですよ。天皇制がなくなり、民主国家ができれば、誰に臆することなく、日本国民(プロの歴史家や政治学者も含めて) は米国に対して情報開示を要求することができるでしょう。日本の外務省も含めて、情報開示を阻む勢力はなくなるでしょう。(日本の官僚機構もアメリカ側の勢力ですからね。)
どうやって天皇制を廃止するか、世襲政治体制という「現代の身分制」「君主制国家日本の貴族制」を廃止することができるか、を考える方がいい。
結局、日本は未だ民主主義国家ではないのです。


アメリカ云々以前に、日本国内の政治体制、日本国民の政治意識が未熟だから、日本国民自身では何一つ決定できないのです。
「陰謀論」が「政治的弱者の論理」だとはよく言ったものです。天皇制も廃止できない、政治は「世襲政治家にお任せ」、社会政策は「官僚にお任せ」、すべて「お上にお任せ」の国だから、国民の少なくない部分が「陰謀論」なんかに頭を突っ込むのです。アホラシ・・・
フランス革命みたいに「国王(天皇)を処刑しろ」とまでは言いませんが、日本人というのは、何か、政治にかける情熱が全くない国民ですね。(臣民かな?)
一人一人と話しても、金太郎飴みたいで面白くない。楽しい話や笑い転げるような話が聞けない。皆さん、本当に楽しいですか。陰謀論なんかで楽しめますか。



http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/267.html#c39

[政治・選挙・NHK200] NHKスペシャル「冷戦・極秘映像は語る」の衝撃−(天木直人氏) 赤かぶ
40. 晴れ間[962] kLCC6orU 2016年1月28日 18:56:58 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[84]

問題のnhkビデオ自体は、前作( Chap. 03「新・映像の世紀?時代は独裁者を求めた」) の出来のひどさもあり、私は全く期待していなかった。あまり見る気も起きなかった。全く見ずに論じるわけにもいかないので、ざっと流し見たが、案に違わず、新情報は何もない。NHKにとっては、最近(2年位前?) の公文書映像が売り物なのだろうか。

今回の映像作品も、前作の欠点をそのまま引き継いでいた。前回、NHKは、「ファシズム」を旧ソ連の体制(スターリン主義、あるいは官僚制社会主義) と全く同列に置くことで、ファシズムが資本主義的独裁の一形態であることを完全に隠す、という芸当、「歴史的目くらまし」をやってのけた。
※私の前回作品評 :
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/675.html#c28
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/675.html#c37


今回も、米ソが第二次大戦でファシズムという「共通の敵」と闘ったのに、なぜ第二次大戦後に対立することになったのか、という見当外れの論立てを展開している。「いったいなぜ?」「何故?」「どうして?」というカマトトぶった態度に終始している。

両国、あるいは両陣営が対立した理由は、決まっているではないか。分かりきったことではないか。
基本は、資本主義と、それを批判する勢力(社会主義、反資本主義) の対立なんだよ。
アメリカ合衆国と西側諸国は「資本主義陣営」。ソ連と社会主義諸国、それに第三世界の多くの国が「社会主義陣営」もしくは「反資本主義陣営」。
資本主義国の内部にも、資本主義に賛同しない人々は多くいる。資本家やプチブルではない人々、労働者・勤労階級、貧民、失業者、今日の非正規雇用者が、自分を苦しめる「資本主義万歳」になるわけがない。この対立関係を、NHKのビデオは完全に隠している。(意図的に隠しているのか?)


キューバ危機の後の説明で、フルシチョフがキューバからのミサイル撤去を決めた際に、ビデオのナレーションが「「世界は安堵した」などと平然と言ってのけたのにも、私は驚いた。これでは、核戦争の脅威の責任がソ連に(のみ) あると言わんばかりではないか。ビデオ全体を見て分かる通り、核戦争を本当に起こそうとしていたのは、米国だよ。ソ連ではない。ソ連は核兵器で先制攻撃しようなんて、一度もしていない。
しかも、アメリカのスパイになったソ連の軍人ペンコフスキーは、祖国と世界中の社会主義者や第三世界の人々にとっては、祖国と社会主義を敵に売り渡した「裏切り者」ではないか。ペンコフスキーの「スパイ行為」が世界を核戦争から救ったかのように描き、「危機を救った」と持ち上げるのは、いったいどういうつもりなのだ。
NHKが「世界は安堵した」と言うとき、この世界とは「西側資本主義」世界のことなのだ。つまり、HNKの映像制作者たちは、自分たちの立場を完全に「西側資本主義陣営」と一体化させている。ニューヨーク・ウォール街のオキュパイ運動の参加者や賛同者たち、つまり「1%対99%」のうち「1%」側の人々、日本なら不安定な低賃金・非正規雇用を常態化させようとしている者たちの側に立っている、ということだ。現行の資本主義体制に疑問を持つ人や異議申し立てする人々の側には、絶対に立っていない。
NHKがそういう放送局であることは、しっかり認識しておく必要がある。

番組はケネディも持ち上げている。それに乗せられている人もいるが、ウブ過ぎるのではないか。ケネディは(/も)「1%」の側の人間だよ。

======================================

最後に、基本的なことだけを確認しておこう。
あらゆる紛争は、国際戦争も内戦も、経済的な不平等があるところに起きる。
この公理さえ理解していれば、紛争や戦争の原因は理解できる。
戦争を防ぐには、この「不公平」「不正義」をなくすしかない。
資本主義とは、不公平、不平等を前提とした経済システムだ。
その根本を不問にしたまま、 「なぜ?」(なぜ紛争は起きる?) とカマトトぶるような真似は止めろ。不真面目で不誠実の一語に尽きる。

=======================================

そう言えば、NHKだけでなく、陰謀論者というのも、資本主義経済システムを一切問題にしてないよね。すべての悪は「誰かの陰謀」「ユダヤ人ガ
〜」という発想。問題を論理的に問い詰めず「なぜ?」ととぼけるか、「ユダヤ人ガ〜」と言って問題解明した気になっているかの違いだけ。しかし、問題を正面から見据えない点では、両者全く同じ。(私はCIAやネオコン、軍産複合体、国際金融資本を告発してはいけない、とは言ってないよ。でも、根本的な構造を見なくては、意味も有効性もない。)



http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/267.html#c40

[議論31] イスラムこそ1000年以上にわたって世界史の中枢であった。その絢爛豪華さは中国すら及ばす、ゲルマン人は…/小室直樹 仁王像
16. 晴れ間[963] kLCC6orU 2016年1月28日 22:21:31 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[85]
>>6

ペンネームを使わないマナー知らずの「gqALBXHZ2k : W4lR2kq37r4」よ、
あんたは「シオニスト」とか「イスラモフォビア」とか、身につかない言葉を使って私を誹謗しているけど、私の反論はきちんと読んだのか?

まず、イスラム批判についてのまともな本を読め。(一般向けの普通の本が多いが、高度に専門的な知識を持った人が書いた本もある。フランス語なので、ここでは 1冊しか挙げていない。)
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/340.html#c42

コーランについての正しい理解をしろ。
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/340.html#c45

あんたのような掲示板住人にまともなことを言っても理解できないだろうけど、私はイスラム過激派のために亡命を余儀なくされたり、親族を殺された人を知っている。
「真実を語れば殺される世界」なんだよ。
イスラム批判をしている元イスラム教徒の著者たちも、「殺す」という脅しを受けながら、命がけで闘っている。


中東や北アフリカで、イスラム教徒の家庭に生まれ育った人たち自身が、「異教徒や不信心者を殺せ」というコーランの教えに疑問を持ち、イスラムから離れ始めている。これは厳然とした事実だ。

あんたは、そういう殺戮宗教を擁護したいようだけど、その種の殺戮に同意するつもりなんだね。(イスラム過激派と穏和派の区別は無意味なんだよ。そういうことも、上掲本には書かれている。)


反ユダヤ主義(ユダヤ人差別)についても、私は陰謀論批判との関連で一貫して批判してきた。
ところで、あんたは、一度でも反ユダヤ主義批判としての陰謀論批判をしたことがあるかね? ないだろう。
阿修羅の政治板にも大勢いるが、特にカルト板には反ユダヤ主義の陰謀論者が群がっている。あんた、カルト板に殴り込みに行ったら? 陰謀論者に対して、あんたがまともに反ユダヤ主義批判をすれば、少しは見直してあげるよ。


本当のところ、私にはあんたのような掲示板の虫はどうだっていい。あんたなど関係ないよ。
ただ、仁王像さんがイスラムについて、正確な理解を持っていないようなので、コメントしただけだ。仁王像さんなら、正確な理解に至ることは可能だ。
しかしそのためには、日本人が書いた妙な本を有り難がったりしないで、欧米のまともな本を直接(仏語や英語で) 読むことは不可欠だ。

なお、上掲本の著者はアラブ語でも出版しているが、私自身がアラブ語を読めないので責任を持てないから、署名は挙げていない。(出版地はレバノンが多い。)

上掲本の著者も含めて、またそれ以外の作家・思想家の講演等も、YouTube にいくつもアップされているから聞くことができる。英語のものも少なくないから、容易に聞けるはずだ。
昔の著書では、過去イスラムに対して比較的融和的な姿勢で対処してきた人も、今では厳しい姿勢に変わっているのが興味深い。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/336.html#c16

[政治・選挙・NHK200] ≪これは酷い≫政府会合で「非正規という言葉をやめるべきだ」との声が飛び出す!安倍首相は正社員と非正規の同一化を強調! 赤かぶ
9. 晴れ間[964] kLCC6orU 2016年1月31日 16:08:48 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[86]
単なる言葉の問題ではありません。

これは、投稿記事が末尾で述べいるように、常々竹中が主張しているように、正社員の待遇を非正規労働者並に切り下げる、という意味ですよ。
つまり、解雇を容易にし、賃金や福利厚生の水準も非正規との平準化を図る、ということです。

そのうち「正規雇用?」の仕事を二つも三つも兼任しなければ暮らせない時代が来ます。(食えない正規労働と、アルバイトと、自前の副業の兼務とか。)

フランスのような、税の累進性が高く、福祉面で日本よりはるかに恵まれた社会でも、この「スラッシャー」slasher という雇用形態にある人々が増えていることが、ニュースで取り上げられるようになっています。
「グローバル化」と「インターネット化」の帰結、現況でしょう。
(私はテレビを持っていないので、日本のニュースは知らないのですが、どうですか? 日本で、そういうまともな報道はありますか?)

「スラッシャー」について :
http://www.theguardian.com/careers/careers-blog/graduate-job-seeking-the-rise-of-the-slasher


確かに、竹中・安倍の望み通り、正規と非正規の垣根はなくなりますね。財界が望んでいるのも、この形態でしょう。(特に倒産寸前になっている日本の大手製造業は、無駄な高給取り技術者・社員を大量に抱え込んでいますからね。)

正社員の利益しか守らない「連合」は、労働組合としての使命を果たしていません。別の形態の労働組合が必要ですね。民主党もダメです。
各地のユニオンを基盤に、終戦直後のように、再出発する必要があるでしょう。
そして、個別企業に依存しない、社会全体を包摂する社会政策が必要です。でも、日本にはそれを推進できる政党も労働組合も不在です。国民が「従順」だからです。「反乱」を起こさないから、なめられているんです。


http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/519.html#c9

[政治・選挙・NHK200] ≪これは酷い≫政府会合で「非正規という言葉をやめるべきだ」との声が飛び出す!安倍首相は正社員と非正規の同一化を強調! 赤かぶ
11. 晴れ間[965] kLCC6orU 2016年1月31日 21:40:19 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[87]
>>10

私は、シャープや東芝のことを言ってるのですよ。東電も同じでしょう。ソニーはどうかな。国際市場で見る影もないですね。
原発を維持しながら、東電社員の給料を国民全員で守りますか?

1990年代以降リストラされた日本の技術者は、韓国や中国に大勢流出しましたね。あれで技術も一緒に流出して、日本企業の優位性がなくなった。
こう書いている私のパソコンも台湾製です。日本メーカーの製品を買っても、中国で製造されたものしかない。
根本的に考え直さないと、ダメです。


http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/519.html#c11

[議論31] ベドウィンの正体〜信頼できるものは、自分自身とアラー以外にない/本多勝一 仁王像
1. 晴れ間[966] kLCC6orU 2016年1月31日 22:46:03 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[88]

シリア人の医師で精神科医でもあるワファ・スルタンは、イスラムの根底にあるのは「恐怖心」だと書いている。アラビア半島の砂漠地帯という過酷な環境がもたらした心的基盤にあるのが、この恐怖心だという。
想像すればいい。砂漠を進んでいて迷ったとき、自分のいる場所と方角が分からなくなり、砂漠の周囲に地平線しか見えなくなったとき。人影はおろか水もオアシスもない、砂漠だけの場所。照りつける太陽。水がなければ脱水症状と熱中症で死んでしまう。夜の寒さで凍え死んでしまうかもしれない。
そういうとき、人間はどうするか。恐怖に駆られた人間は、ただ、大声で「ワーッ」と叫ぶことしかできないという。だから、砂漠の民は大声で叫ぶ。
ムスリムも大声で叫ぶ。敵に襲いかかるときの「アッラー、アクバル」という叫び声も、その延長なのだ。
ムスリムは、他者と相互信頼をもって冷静に、建設的に議論することができない。恐怖心と一体の憎しみや不信感があるから、ワーワーと喚き会うことしかできない。
いくら「オリエンタリズム」という批判があろうと、「アラビアのロレンス」の末尾を我々は忘れることができない。部族どうしで対立し、ワーワーと言い争ってばかりで、統一された独立国家さえ作れない人々。
植民地状態から脱して、独立して、何十年経っただろうか。理性的に行動し、きちんと議論することさえできていれば、近代的な国家を作り上げるのに十分な時間があったはずなのに、それができなかった。あるのは強権国家や神権政治の国だけ。(シリア・イラクのバース党や、イエメンの社会主義政党が国家運営を担ったことはあるが、冷戦後、これを米国が潰してしまった。それが、今日の悲劇の始まりだろう。)

心の根底に「恐怖心」をもった人間は、自分(と自分の親族) 以外の人間を「敵」とみなし、「警戒心」と「憎しみ」を抱くという。
飢餓と餓死の恐怖と共に生きることを余儀なくされる砂漠で、いよいよ食糧つきて食べるものがなくなりそうとなれば、他部族を襲って、土地や家畜を奪うだけだ。互いに略奪戦争の繰り返し。イスラム以前は、そういう略奪社会だった。
イスラムは、そういう砂漠の民の中から興った(というより選ばれた、もしくは勝ち残った) 宗教なのだ。自分の恐怖心を克服するために、それを消してくれるような「強力で怖い神」が選ばれたのだ。神は強くて怖いほどよい。
イスラムの神は、恐怖心で信者を支配する神だ。神に絶対服従すれば、神の慈悲がある。しかし少しでも反抗すれば、「殺す」と脅す怖い神だ。ムスリムは、剣の刃が自分の喉に当てられるのを感じるという。(アラブの様々な説話は、恋愛話までもが、「首を切り落とした」という話でいっぱいだそうだ。)

イスラムの神が、他者(異教徒・不信心者) への愛を説くことはない。ワファ・スルタンは、子供の頃、学校の宗教の教師から、絶えず異教徒、特にユダヤ教徒への不信と憎しみをたたき込まれた、と語っている。コーランも、ユダヤ教徒やキリスト教徒への憎しみを説いている。(多神教徒や無神論者は、それ以下の存在だ。)
預言者ムハンマドは、何十回ものジハード(略奪戦争) を指揮した戦士ではあっても、人間倫理を説いた宗教家ではなかった。略奪戦争のやり方や戦利品の分配方法などを決めることはあっても、人としての普遍的な道徳価値(人種や階級や宗教の別なく人類共通の価値)、善と悪の区別、悲しみや苦しみを癒やす方法を説くことはなかった。
預言者ムハンマドが、そういう類の言葉を残しているだろうか。キリストみたいに「汝の敵を愛せよ」などと言っただろうか。釈迦みたいに、親族をなくして嘆き悲しんでいる人に「自分の村で、死者を出したことのない家を探してごらん」といった言葉をかけたことがあるだろうか。(あるというのなら、教えてほしい。)

============================================

カルトの定義については、私は中川隆さんと、意見は同じではない。私は「カルト」le culte の語を、比較的、学術的・行政用語的に解釈している。日本語なら「信仰」の行為そのもの、実践に近い。信者が選んだ「聖なるものを崇める行為」に近い。ただし、一般的な概念の「宗教」la religion そのものよりも、意味は狭い。

私は、預言者ムハンマドが始めたのは、一種の「宗教ビジネス」ではなかったのか、と感じている。(専門的に調べたわけではないので、確信的で断定的なことは言えない。) その理由は、ユダヤ教とキリスト教抜きには、イスラムが成立しなかったからだ。本当の「革命的な」宗教家なら、自分で独自の「教え」を説き始めるだろう。ところが、イスラムというのは、ユダヤ教とキリスト教からの「借り物」でいっぱいだ。ユダヤ教・キリスト教という先行宗教を踏み台として使うことで、イスラムの宗教としての「信憑性」「真性性」を担保しようとしたのではないだろうか。「ぽっと出のいかがわしい宗教」ではなく、ユダヤ教やキリスト教のような「由緒ある伝統宗教」とも繋がりのある、しかも「それ以上に優れた宗教」だよ、という「箔づけ」だ。だから、ユダヤ教とキリスト教を完全な殲滅の対象にすることは出来なかった。(ただし、両宗教への敵意と憎しみは強調している。信者の獲得競争があるからだ。これは、キリスト教、特にカトリックがユダヤ教徒を敵視したのと類似している。)

「宗教ビジネス」であると考える根拠の最大のものは、コーランが、ジハードという略奪戦争の目的である「戦利品」の分配方法を決めていることだ。
なんと、戦利品の五分の一が「神と預言者」のもの(私有財産) になるのだ。預言者ムハンマドは、全ては「神の命令」にして、自分は一歩下がった姿勢を取っているが、この「神の権威」を盾として利用する姿勢自体が、宗教を「商売」にしている証拠ではないか。疑問は預言者ではなく、神に行くが、神は疑問を持つことを許さない。「教祖様」が戦利品の五分の一を独占するというのでは一般信者は怒るだろうが、「神と預言者」なら怒りにくくなる。巧妙なやり口だ。
イスラム以前、アラビア半島は多神教の社会だった。どの部族も特定の(土俗の) 神を持っていた。そういう中で「l略奪戦争で勝てる強い神」が求められていた。預言者ムハンマドは、戦闘(略奪戦争) で勝つことで、「強い神」への信望を集めることに成功したのだろう。戦闘で負けていれば、イスラムの勝利もなかったであろう。イスラムの異常な戦争志向もそこにあるのかもしれない。

ヨーロッパ社会も、古代においては奴隷制が存在した。古代ギリシャは、スパルタがそうであるように、先住民族を武力支配して奴隷にした。古代ローマの奴隷の主力(農業奴隷) は、奴隷狩り戦争で獲得された。帝国の版図が拡大して奴隷狩り戦争の戦線がなくなり、奴隷供給源が枯渇したとき、奴隷制は衰退し中世の農奴制に移行した。しかし、ヨーロッパでは、千数百年の時を経て、人間中心の思想の発展、人権思想の拡大と共に、奴隷制は制度的にも廃止された。
20世紀に入り、紛争解決手段としての戦争も原則上は否定されるようになった。
ところが、イスラム社会では、コーランによって、略奪戦争に明け暮れていた時代の法律(シャリア) が今でも生きている。「否定」を許さないコーランによって、1400年前から、(人権尊重に向けての) 法的な進化が全く止まっているのだ。

環境が変われば、人は変わる。今では、アラビア半島の人々も、砂漠の中で餓死する恐怖からは逃れられているはずだ。石油という換金手段もある。人々はテントではなく、近代建築の家に住んでいる。問題は、社会制度なのだ。社会制度の改革を、イスラムが阻んでいることなのだ。世俗主義以外に、解決法はないだろう。しかしそれは当事者たちの選択に委ねられる。ただし、異教徒や無信仰者に自分たちの宗教と法を押しつけるような真似は止めてほしい。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/348.html#c1

[議論31] ベドウィンの正体〜信頼できるものは、自分自身とアラー以外にない/本多勝一 仁王像
2. 晴れ間[967] kLCC6orU 2016年2月01日 00:12:05 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[89]
イスラム社会での女性の抑圧、特に名誉殺人や性奴隷化に関するニュースは、AFPがよく伝えています。レイプは戦争の手段(民族浄化策) としても使われています。

インドやパキスタンで、この種のニュースは特に多く、パキスタンでは年間で1000人近くもの女性が殺されているそうです。これを批判すれば「反イスラム的」とみなされるため、皆、見て見ぬふりだそうです。
http://www.afpbb.com/articles/-/3016286?pid=0
(妊婦殴殺の名誉殺人、「警察は見物していた」と夫 パキスタン)

また、昨秋の記事ですが、南スーダンでも数千名の女性が性奴隷化されているそうです。
http://www.afpbb.com/articles/-/3062964?pid=0
(南スーダン「レイプキャンプ」の実態、女性数千人が性奴隷に)


イスラムに人倫、人間道徳というものがあれば、こうしたことは禁じたはずです。ところが、預言者ムハンマド自身がその実行者でした。
ムハンマドの妻の中に、サフィーヤというユダヤ人女性がいます。夫も父親も男の兄弟も全てムハンマドの軍勢に殺された後、彼女自身は捕らえられて、自分の意思とは無関係に強制的にムハンマドの妻にされました。有力部族の名家の出だったため「妻」ですが、格が落ちれば単なる「性奴隷」です。
https://fr.wikipedia.org/wiki/Safiya_bint_Houyay

ワファ・スルタンによれば、預言者ムハンマドの伝記というのは、イスラムのこうした武勇談を誇らしげに書いたものばかりだそうです。こういうのを子供のときから読ませているんですね。
これが「宗教家」のすることですか?


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/348.html#c2

[政治・選挙・NHK200] ≪これは酷い≫政府会合で「非正規という言葉をやめるべきだ」との声が飛び出す!安倍首相は正社員と非正規の同一化を強調! 赤かぶ
15. 晴れ間[968] kLCC6orU 2016年2月01日 20:05:16 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[90]
>>12
>>13

まあ、あなた方のような声は出てくると思っていました。が、私は混乱なんか、していません。

今の日本は、非常に格差の大きな社会になっています。介護などでは、非常に低賃金で労働条件もひどいです。

年功序列で賃金が上がっていく大企業の正社員勤労者や公務員が、低賃金労働者のことを考えたりしていますか?
そういう部門の労働組合が、非正規雇用者のことを真剣に考えていますか?
この格差を小さくする方法は、実施される気配すらないではないですか。
正社員が異常に優遇されていることと、使い捨てにされる派遣社員がいることとは、同じコインの両面なんですよ。これを放置しますか?


大企業製造業の経営が傾いているのは、確かに経営者の責任であって、勤労者の責任ではないかもしれません。しかし、経営が傾いても居座っている「サラリーマン」経営陣は、経営者というよりも大企業正社員の代表ではないでしょうか。
シャープの経営陣なんかを見ても、そう思います。

企業内組合である日本の労働組合というのは、「黄色組合」とまでは言いませんが(言ってもよいでしょうが)、真性の労働組合ではないんですよ。(真性の労働組合というのは、企業の外にあります。労使協調にはなりません。)
本当の労働組合なら、個別企業の枠を越えた、全階級的、全国民的な課題に、もう少し熱心に取り組むでしょう。それをしないということは、厳しい評価を下さざるを得ません。

日本社会にもう少し「社会的な公正」という概念があれば、経営にゆとりのある企業には増税して、それを低所得者に回すような方策が取れるはずです。
市場シェアを失った大企業で用無しになった人材には、転職を促して、企業の固定費を減らし、企業には増税し、それを介護や福祉など利益の出ない部門で働く人に回すべきなのです。
別に他部門に回さなくても、理工系の大学に手厚く奨学金を出すようにするとか、学費を無料化するとか、色々方法はあるのではないですか。(日本の大学の学費の高さは、格差拡大と少子化の要因、ひいては社会の衰退の原因にもなっています。)


でも、そういうことは、現下の日本社会では無理ですね。
まあ、言っても理解は得られないだろうから、これ以上は言いません。


http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/519.html#c15

[国際12] 2008年にアイスランドが行ったこととは。。。←ベーシックインカムより素晴らしい政策が西側メディアで情報封鎖されていた? お天道様はお見通し
3. 晴れ間[969] kLCC6orU 2016年2月03日 22:39:29 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[91]
住宅ローン(の免除?) だけを取り上げても、思考と判断のバランスを欠くかもしれません。

アイルランドでは7年間、緊縮財政と増税に励んだそうです。
増税にならなかった唯一の例外は企業。つまり企業減税。

法人所得税率は、フランスの33%、イギリスの23%に対して、アイルランドは12.5%にまで減税。それによって国外からも企業誘致に成功。グーグルやフェイスブック、ヤフーも同国に欧州拠点を置くことになりました。国全体が「経済特区」になにったようなものです。

まあ、家を持つ有産者や企業を優遇したことは確かですね。
なんだか、○○ノミクスに似ていませんか。
個々の企業も、生産性の向上と売れる(輸出できる)商品の開発に励んだみたいです。
昨年度(2015年)の経済成長率は、中国を上回るそうです。

http://www.francetvinfo.fr/economie/crise/austerite-en-europe/crise-comment-l-irlande-s-est-elle-remise-a-flot_1295271.html


=============================

日本の場合は、低所得者の生活を温めることを一切しないので、一層不況が続いています。
安倍も、大企業正社員の給与を上げろ、と財界に発破をかけるという、逆噴射政策を続けています。
低賃金層に最低所得を保障して、将来への安心感を持たせることが、内需拡大と少子化抑止に必要なことなんですが。
子供手当と、教育の無償化を実現しないと、貧困の連鎖が続き、出口なしです。


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/496.html#c3

[国際12] 2008年にアイスランドが行ったこととは。。。←ベーシックインカムより素晴らしい政策が西側メディアで情報封鎖されていた? お天道様はお見通し
4. 晴れ間[970] kLCC6orU 2016年2月03日 22:48:57 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[92]
>>3

上記>>3 のコメントはアイルランドに関するものです。アイスランドではありません。従って、論点の食い違いと事実誤認になりました。

しかし、アイルランドも極度の経済危機に陥った国です。多くの人が国を離れました。



http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/496.html#c4

[政治・選挙・NHK200] 「年収160万円削減」「早期退職募集」でも先が見えない「朝日新聞」の落日(週刊新潮) 赤かぶ
10. 晴れ間[971] kLCC6orU 2016年2月04日 21:24:36 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[93]
朝日新聞と読売新聞には消えてほしい。その方がいいと思う。
本当のジャーナリストなら、新聞社の「会社員」ではなく、フリーランスのジャーナリストの方が、いい仕事ができるのではないか。
今はネットがある。個人で、あるいは数人で通信社を立ち上げ、真のジャーナリズムを生み出せるなら、どれだけ生きがいがあることか。

たとえ収入が減っても、社会の実相に近いところで、底辺や周縁に近いところで、研ぎ澄まされた目を持てるのではないか。

その意欲がない人は、所詮はただの「会社員」に過ぎなかったということ。記者クラブに出て、お上からもらった情報を垂れ流すだけ。政権寄りの姿勢を取るしか能がない「名ばかり記者」。

私は朝日新聞しか購読しないという家庭で育った。読売新聞や地方新聞の販売員が来ても、「読むところがない」と言って、親は追い返していた。
しかし私自身、15年ほど前に朝日新聞の購読を止めた。(購読は日経新聞だけにしたが、昨年、日経新聞も解約した。勿論、NHKも解約済みである。)
朝日の購読停止後も外出先で朝日新聞を目にすることはあったが、あるとき朝日新聞のレベルが非常に低下していることに気付いた。一言で言えば、記者が「幼稚」なのである。偏差値秀才であるのかもしれないが、そんなことには何の意味もない。記者のレベルの低さは糊塗出来ない。
昔、親が追い返していた「読むところがない」地方新聞の方が、いつの間にか、いい記事や社説を書くようになっていた。その新聞の記事は、偶にだが、阿修羅でも目にすることがある。

今は、ネットで海外の新聞が、私の主な情報源だ。有料でも読みたい記事が多い。カンパをしたい、と思う新聞もある。
日本の新聞は、阿修羅で見出しをザッと見れば、十分である。

新聞がなくなっても、テレビやラジオの電波が開放されていないため、日本の報道の自由は、直ぐには実現されないだろう。クロスオーナーシップの禁止と、電波の開放、独占の解体が待たれる。
新聞社は経営危機になればなるほど、電波の独占体制を維持しようと必死になるだろう。
日本の民主主義は、電波の独占がなくならない限り、実現しないと思う。
それまで、我々情報消費者は、ネットを拠り所に、媒体を選別することで抵抗していこう。勿論、発信も重要だ。



http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/693.html#c10

[議論31] コーランは、誦すれば高らかに鳴り渡る不思議な響きを蔵し〜凛然として心の底まで突き通す文韻は、現在においても…/井筒俊彦 仁王像
9. 晴れ間[972] kLCC6orU 2016年2月04日 23:26:47 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[94]
>>3
>あなたが子供の頃から知っている好きな歌が、あなたを洗脳した歌だ。そして、その歌の世界が、あなたの世界観である。
>あなたの自分の世界観は、実はあなたが考えた世界観ではなく、歌で洗脳された世界観だ。
>あなたが何に洗脳されたか知る方法は、あなたがどんな歌が好きなのかを思い出すだけでいい。
>自分の愛する歌は、それ自体が自分の感情に対する訴えかけを失ってからもずっと後まで、意思決定や性格形成に影響を与え続ける。


まさにその通りでしょうね。
YouTube で、ISかそれと関係のあるところの動画で、少年がコーランの朗唱をしているのを見たことがあります。陶然として朗唱する様は、何か狂気めいたものというか、批判を絶対に受け付けない、超越的な性質を感じさせました。
多くのムスリムは、コーランの文言を深く理解していなくても、ただ単に歌を聴くように感じているのかもしれません。(ワファ・スルタンが、自分の母親はモスクから聞こえてくるコーランの意味なんて分かっていなかった、という意味のことを書いていたように記憶しているのですが、その箇所を再度確認する手間が取れません。)
アラブ人は、コーランは、人間が書いたものとは思えないほど美しい、と言います。(これはマクシム・ロダンソンが話していたことです。)
しかし、音の美しさと、詩句の中身(意味) とは、全く別物。
美しい調べに乗せて、恐ろしい詩句が意味も分からないまま唱えられているとしたら、・・・怖いですね。まさに洗脳装置。

でも、アラブ語自体は、音の面で美しい言語ではないですよ。気管支の奥の方から息を出して(kとかhとか) 発音するので、とても聞きづらいです。ある人(日本人) は私に「痰が飛んできそうだ」と言いました。北アフリカのワイルドなアラブ語だからかもしれません。アラビア半島の人は、北アフリカの人が話すアラブ語について、「あれはアラブ語じゃない!」と言います。
日本語の方が、音が優しくて、きれいです。


私は子供の頃から、日本の歌謡曲に親しみを感じたことがありません。親が歌謡曲嫌いだったので、家の中に歌謡番組が流れるなんてこともありませんでした。硬派だったから、フォークソングとかいうのも嫌いだった。ビートルズなんてのも、どこがいいのかさっぱり理解できなかった。文学少女だったから、音のない世界で、活字を追うことだけが好きだった。現実世界の音は邪魔だったのです。
私はオペラも嫌いです。なぜ嫌いなのかな、と考えて、歌詞があるからだ、とあるとき気付きました。歌詞の中身に共鳴できないから、好きになれなかった。歌詞さえなければ・・・、音だけでいいのに。
うちで音楽を大音声でかけるのは、雷雨のときだけ。うちのワンちゃんが雷を怖がるので、互いに邪魔にならないものを探して見つけたのが、モーツァルト。モーツァルトをかけると犬は落ち着きます。
そろそろ、シャンソンを紹介するブログを再開します。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/352.html#c9

[議論31] コーランは、誦すれば高らかに鳴り渡る不思議な響きを蔵し〜凛然として心の底まで突き通す文韻は、現在においても…/井筒俊彦 仁王像
10. 晴れ間[973] kLCC6orU 2016年2月05日 19:45:26 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[95]
>>3
>日本が無神論者のような人が多いのは、仏教が美しい歌を「開発」しなかったからだと私は強く思っている。
>念仏は眠気を誘うが宗教心を芽生えさせない。そういう意味で仏教の親玉は他の宗教と比べると知恵が足りなかったのだろう。


この点については、私は違う意見かな。
仏教でも、行事で歌われる声明(しょうみょう) とか、仏前で歌われるご詠歌(和讃) とかありますね。大陸伝来の声明とは異なり、ご詠歌は、日本語に独特のものでしょう。お経とは違うけど、お経のようにも聞こえますね。
ご詠歌を美しいと感じるか否かは別として、五七五の節回しということは、日本語に固有のリズムなのでしょう。
昔、NHKの番組で、長崎の隠れキリシタンが歌う賛美歌を聴いたことがあります。キリシタン禁令下、キリスト教の賛美歌も日本の風土の中で土俗化して、まるでお経かご詠歌のようなものに変わっていました。聖母子像なんか拝めないから、像も表向きは仏像に変わっていました。(細部までは記憶していません。)
日本の風土からは、キリスト教の賛美歌のようなものも、コーランの朗唱のようなものも、生まれません。
五七五の詩文に節をつけても、単調な曲にしかならないでしょう。壮麗さとは無縁。

日本は米作ができて、雑穀や根菜もよくできて、時々飢饉はあっても、比較的生活に恵まれていたので、人は優しくても生きられたんですよ。
だから、敵を退治するための、過酷な宗教は不要だった。(日蓮くらいかな、厳しい姿勢を取っていたのは。私は仏教のことはよく知りません。)

あ、あ、私が好きな音は、水の音と、鈴の音です。宮下富実夫が天河大弁財天社に奉納した音楽に出てくるような鈴の音。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/352.html#c10

[戦争b17] 原油安が一変、サウジ-イランの戦争突入で未曾有のオイルショックが…(週プレNEWS) 赤かぶ
2. 晴れ間[974] kLCC6orU 2016年2月05日 20:25:23 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[96]
妄想でしょうね。書き手は誰ですか?

イランは最近、欧州諸国とびっくりするような金額の商談を次々とまとめています。飛行機数百機とか。(数字は要確認。) 原油の裏付けがあるから買えるのでしょう。
サウジアラビアも欧米頼み。下手なことをすると、体制維持できないでしょう。


http://www.asyura2.com/16/warb17/msg/120.html#c2

[政治・選挙・NHK200] 安倍首相こそ本紙を読んでほしい…目に余るすり替え答弁(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
29. 晴れ間[975] kLCC6orU 2016年2月06日 18:09:23 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[97]
どなたか、安倍のおふさげ国会答弁の録画に英語字幕をつれて、YouTube に投稿していただけませんか。

日本の恥ですが、これ以上のさばらせておくと、日本の社会も国家も破壊されてしまいます。日本国民は奈落の底に沈められます。
自民党や官僚の中にも、隠れた良識人が少しはいるかもしれません。安倍を「恥ずかしい」と思う人が権力内にいれば、多少は自浄作用が働くかもしれません。

次の選挙では、残念ながら自民党が勝つでしょう。日本には、まともな対抗勢力が存在しないからです。(民主党の復活はないと思います。国民はまだ怒っています。)
結局、世襲政治家の無能な坊ちゃん嬢ちゃんが国会議員になるような国だから、ここまでひどい状態になったのです。(これが日本国民のレベルなのでしょう。)

少なくともムサシの使用を禁止させ、直接手作業で開票作業をするよう要求しましょう。投票所と投票箱の監視をしましょう。
立候補の供託金制度を廃止し、誰もが立候補できるようにしましょう。それが民主主義の基本です。

少しでもまともな媒体を応援しましょう。個人ブログを開設したり、Twitter や Facebookで、良質の媒体の記事を紹介しましょう。


========================================================

だいぶ前にも書きましたが、私はフランスの選挙の開票作業を、投票箱の50cm ほどの距離(テーブルに密着)で見たことがあります。
投票も開票も同じ場所(大抵は小学校の雨天体操場=講堂) で行われます。投票用紙は小封筒(糊付けなしの開封状態) に入れるようになっていて、投票終了後すぐにテーブルの上に置かれた透明なアクリル箱にあけられます。
複数の開票担当者が、手作業で封筒を開き、投票用紙を記載された候補者の名前毎に重ねてゆき、それを集計します。
開票担当者は前もって選任されているようですが、透明なアクリル箱で周囲を大勢で取り囲んで見ているので、ごまかしはできません。誰でも見てよいのです。(私のような選挙権のない外国人でも至近距離で見ることが可。)

このくらいの手間、当然ではないですか。民主主義とは手が掛かるものなのです。
(その代わり、選挙カーが回ってくるなんてことはありません。議員や立候補予定者は、日常的に集会や会合を開いています。政党組織がしっかりしているので、そのレベルで候補者が決まります。立候補したければ、支持する政党で日常的に党活動をするだけです。)

日本では、前回の国政選挙で私が行った投票所には、見るからに派遣会社から派遣された労務者ふうの人たちが何人もいて、その異様な空気に私は驚きました。
その後、投票箱がどこでどうされるのか。何の保証もないではないですか。


http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/760.html#c29

[政治・選挙・NHK200] ≪ほぉ〜≫ジュネーブのチャーシューメンは1杯3000円!スイスで最も安い賃金で働いている人は月収40万円!20年間経済… 赤かぶ
4. 晴れ間[976] kLCC6orU 2016年2月06日 18:23:39 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[98]
今はどうか知らないけれど、スイスって、物価が異常に高いんですよ。金融機関が多いからだ、と聞きました。

富裕層の「隠し口座」というのは、スイスの銀行が決まり相場だった。
他に産業がない国だから。今は昔ほどではないらしいけれど、私にとっては異次元の世界だから、本当のことは知りません。

家政婦は、フィリピンとかからの出稼ぎ移民女性が多いようです。


http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/772.html#c4

[経世済民105] シャープ再建案は鴻海に軍配 決め手は“マイナス金利”だった(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
4. 晴れ間[977] kLCC6orU 2016年2月06日 19:33:24 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[99]
昨日から日本のメディアがさかんに、鴻海案に横槍を入れていますね。今日も、産経新聞が反対記事を書いています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160206-00000070-san-bus_all
   「シャープ経営再建 焦る鴻海、はや不協和音」

私は、日本の官製ファンドよりも鴻海の方がいいと思います。日本の企業をこれ以上甘やかせてはいけません。
日本の銀行や官僚は、何を狙っているのでしょうか。この20年、幾つもの日本企業が時代変化に対応できなくて、消えていったではないですか。
この投稿記事の、高橋社長の無気力な顔に、不安を感じることはありませんか。
こんな人が、鴻海傘下になっても、しばらくは居座るつもりらしい。(いつまでかは知らないけれど。)

日本の企業の多くは、こういう「社長の器」でない人が官僚式にトップになっているから、経営が傾いたのです。経営が官僚式なんですよ。

http://gendai.ismedia.jp/articles/premium01/44498
   (スクープ! シャープ現役幹部が決意の勧告
      「社長(高橋興三氏)、あなたでは無理なんです」)


日本の技術を流出させるのか、と言う反対論調がありますが、いくつかの技術を持っていても、それが花開くかどうかは分りません。
日本の官僚と銀行に、経営ができますか。(日本国家の経営だって、満足にできていないではないですか。)

しかも日本という国は、技術者にも冷たく、冷遇してるんですよ。
経営のことはプロの経営者に任せて、技術者には開発に専心してもらう。そして成果で出たら、きちんと「発明の代価」を払って、技術者に報いる。
(国家がすべきことは、将来の日本の技術の担い手である理工系学生の支援でしょう。学費を無料にすればいいんですよ。)

鴻海に行けば、少なくともアジア・中華圏市場との強いコネクションができる。
需要を取り込んだ新商品を作ることも、市場シェアを伸ばすこともできる。
今時、一つの国に閉じこもった企業なんて、生き残れないでしょう。

どっちにしても、企業の利益は、株主が手にします。日本の優良企業の株のかなりの部分を所有しているのは、今は外国人、外資です。日本人が株を買わないから、株式市場は外資のオモチャにされている。

シャープを日本のものにしておきたかったら、日本人や日本政府(年金等) が株を買えばいいのです。
私は、年金が株にカネ(年金の原資) を投じることに、絶対反対ではありません。株の配当金や値上がり益が、年金や国民の生活費用に戻ってくるなら、それでいい。株を自分では買えない人にも恩恵が出ます。(勿論、リスクは大です。)

ルノーが日産を買ってくれなかったら、日産は倒産していたでしょう。
他にも、中国に買収された小さな日本企業は沢山あります。国を売ったのではなく、生き残るために選択したのです。それをとやかく言うことはできません。

フランス政府も、経営困難な自国企業を外資に売り込んだりしていますよ。中には、国の政策上、どうしても売れない企業もあります。
原子力技術を持ったアレバは、国防上の理由で。
動画投稿サイトの Dailymotion は、多分、言論の自由との兼ね合いで。
(両者とも、中国が欲しがっていたのですが。)


http://www.asyura2.com/16/hasan105/msg/303.html#c4

[カルト15] 日本の金融システム 全般に どうやら異常事態が起きている〜財務省の官僚たちが極度に緊張した動きをしている/副島隆彦 仁王像
16. 晴れ間[978] kLCC6orU 2016年2月07日 08:51:50 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[100]
> どうやら、日本でもお金持ちたち(富裕者)が、一億円単位で、預金を引き出す動きが出ているようだ。
> 「預金封鎖=金融統制」の断行を嗅ぎ取って、早めに動き出したようだ。


「マイナス金利」だったら、預金封鎖とは逆の動きになるんじゃないかな。要するに、中央銀行はお金が銀行に滞留している状態を打ち破り、市中にお金が流れる状態を作り出したいわけですよね。だから、預けずに、貯め込まずに、貸し出せ、と。
でも、終戦直後? の預金封鎖の経験ないし記憶のある富裕層が、過剰反応して防衛に走っているのかもしれませんね。
マイナス金利はあくまでも、中央銀行と一般の銀行との間の金利であって、個人には関係ないはずですけど。

国債募集中止も理解できなくはありません。国債を買う(お金を国に貸し付ける)のではなくて、市中で使ってくれ(物を買ったり、投資してくれ) というわけでしょ。

今の日本なら、預金封鎖よりも、赤字国債の発行に頼りますよ。日銀が引き受ければ済むことだから。(これで簡単にインフレ。) マイナンバーは脱税防止が第一の目的でしょう。将来的に資産課税もあるかもしれませんが、マイナス金利と直結するものではないでしょう。


=====================================

マイナス金利について :

欧州の例 (三井住友信託銀行が作成した利率のグラフがあります。)
http://www.smtb.jp/personal/saving/foreign/feature/201504.html

Wiki の記事(仏語)
https://fr.wikipedia.org/wiki/Taux_d%27int%C3%A9r%C3%AAt_n%C3%A9gatifs
  これによると、1979年にスイスで実施されたのが最初の著名例のようですね。
  フランスも2012年に数ヶ月間実施しています。
  2015年には、個別企業(スイスのネスレ) が欧州・英国・日本の中央銀行からマイナス金利でお金を借りたそうです。(つまり、お金を借りて利子を払うのではなく、逆に利子をもらう。) スイスの中央銀行が動けなかったのかな。

こちらは、昨年11月のルモンドの解説記事。(仏語→英語に翻訳して読んで下さい。)
http://www.lemonde.fr/economie/article/2015/11/14/la-delicate-arme-du-taux-negatif_4809748_3234.html?xtmc=taux_d_interet_negatif&xtcr=8

こちらは別の新聞。
http://www.lesechos.fr/idees-debats/cercle/cercle-130036-taux-dinteret-negatifs-quels-impacts-1106312.php

=================================================

マイナス金利というのは、金融緩和の延長ですね。ゼロ金利よりももっと低くするには、理論的にはマイナスしかない。
まあ、背景としては、それだけデフレが深刻化しているということでしょう。

日本の場合は、政府が肝心のことをしていません。庶民の懐が温まって、将来に見通しが立ち、お金が使えるようにすれぱいいのに、それをしない。増税という正反対のことをする。だから皆、生活防衛(節約) に走る。
日本にはもう、ケインズ的な政策しかないと思いますよ。戦後作ったインフラが老朽化しているから、作り替えればいいです。都市も、もっとコンパクトに、スマートにすればいい。
そして人口減少を食い止める政策を採らねばならない。教育費が高いから、子供に教育を受けさせられないから、子供を育てられないから、少子化が進む。少子化対策は何も取られていない。
(フランスでは、学生にだって住宅手当を出していますよ。子供を産んでも育てたくない人、「子捨て」をしたい人は、無料で出産でき、しかも国家に子供を引き取ってもらえます。個人の戸籍には何の痕跡も残りません。)

シャープの買収劇だって、日本政府がもっと早くに太陽光発電を推進しなかったからかもしれない。(いまだに原発を捨てない。) 日本の技術力があれば、中国の安価品よりももっと良い物が開発できたかもしれないのに。

私は銀行には同情しないけど、システミックリスクだけは起きてほしくない。


http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/615.html#c16

[カルト15] 日本の金融システム 全般に どうやら異常事態が起きている〜財務省の官僚たちが極度に緊張した動きをしている/副島隆彦 仁王像
21. 晴れ間[979] kLCC6orU 2016年2月07日 17:06:03 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[101]
>>16

「預金封鎖」に関して。
「資本規制」のことは言われていますね。預金者が日本円を引き出して外貨に替えたり、日本国債を売って外債を買ったりするのが行き過ぎれば、円安にはなるかもしれないけれど、・・・。

お金のことは、私は苦手。よく分らない。


http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/615.html#c21

[カルト15] 日本の金融システム 全般に どうやら異常事態が起きている〜財務省の官僚たちが極度に緊張した動きをしている/副島隆彦 仁王像
28. 晴れ間[980] kLCC6orU 2016年2月07日 23:19:23 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[102]
>>26
>マイナス金利はあくまでも、中央銀行と一般の銀行との間の金利であって、個人には関係ないはずですけど。
どんだけ経済音痴なんだよ、それとも銀行側の情報で納得してるんじゃお花畑と言われても仕方ないよ。


これ、何年も前からマイナス金利をやっている欧州のメディアで行われている説明なんですが。フランスの国営放送局 France2も、確か昨秋そういう説明をしていました。私がリンクを張っている他の情報源のニュースも読んで下さい。

そりゃぁ、一般の銀行は日銀に預けると金利をもらうんじゃなくて、払わなくちゃいけなくなるので、利ざやが稼げなくなるでしょうよ。だったら、日銀には預けないで、自分は金利や手数料を下げてでも新たな貸出先を探さねばならない。
住宅ローンの金利を引き下げて、借り換えを促したりとか、企業など大口にお金を借りてくれと泣きついたりとか。
銀行株は下がるかもしれない。今日、ある証券会社のサイトを覗いたら、どの銀行の株を買えばいいかまで書いてあった。

銀行だって金融のプロなら、他国のソブリン債とか、色々選択肢はあるんじゃないの? ロシア国債なら8%は堅いらしいよ。

私は銀行には同情しない。これまで、さんざん借り手を虐めてきたんでしょ。今度は、貸し剥がしなんてできないよね。
ただ、私としては、一般国民に迷惑をかけないように、政府日銀は、システミックリスクだけは断固として避けてほしい。

要は、日本の景気がそれだけ悪いってことなの。
バーナンキじゃないけど、ヘリコプターで紙幣を撒いたら、なんて話も出ている。
(低所得者を対象に) ベーシックインカムを部分的に導入してもいいかもしれない。

今回の日銀のマイナス金利採用に関しても、欧州では「次はどの国か?」って話になっている。韓国とか、カナダとか、色々国名が出ている。もう「当たり前の次元」の話になってるのよ。
あんた、そんなとこまで見てるの?

それから、これは私が言わなくもわかるだろうけど、マイナス金利、つまりゼロの関門を突破したということは、その先にはマイナス方向で制限がなくなるということ。マイナス幅がもっと大きくなるかもしれないから、素人は銀行株には手をだしてはいけない、と思う。もちろん日銀は、銀行が倒産しないようコントロールするだろう。

私か言いたいのは、政策的に国民の懐を温めて、内需を喚起するのが不可欠だということ。

ここはカルト板だから、陰謀論者が何やら言ってるけど、アメリカ云々の話ではなく、基本は資本主義のシステムの問題だということ。陰謀論を唱えるくらいなら、そこを問題にしたら? すぐに資本主義打倒とはいかなくても、富の分配方法に異を唱えてみたら? あ、そうだ、陰謀論者というのは、共産主義も「ユダヤの陰謀」と見てるんだよね。全く、付き合いきれない。



http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/615.html#c28

[カルト15] 日本の金融システム 全般に どうやら異常事態が起きている〜財務省の官僚たちが極度に緊張した動きをしている/副島隆彦 仁王像
30. 晴れ間[981] kLCC6orU 2016年2月07日 23:35:09 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[103]
>>16
>他銀行が投資で儲けれる事はまずないぞ、投資は日銀が他銀行から金を集めて投資してるから儲けが出る仕組みですから。
>他銀行がやると儲けよりリスクの方が高いので、出来ないのです。
>なので、他銀行の取る道は、結果的に貸し出し利息と預金の手数料でしか儲けられないのですよ。


手数料ビジネスなんて、止めたら? 金貸しで儲けようなんて、正業じゃないよ。
日本の企業がカネを貯め込んで使わないのは、過去の「貸し剥がし」の体験とか、銀行の悪辣さが身にしみてるからじゃないの?

それに、今はネットだからね。パソコンとATMがあれば、十分じゃないの。個別的な融資相談業務だけは要るだろうけど。


http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/615.html#c30

[カルト15] 日本の金融システム 全般に どうやら異常事態が起きている〜財務省の官僚たちが極度に緊張した動きをしている/副島隆彦 仁王像
31. 晴れ間[982] kLCC6orU 2016年2月07日 23:56:12 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[104]
>>26
>>30

訂正。 >>16 →  >>26


マイナス金利の影響がどう出るか、効果があるのかについては、分りません。
為替も株価もびっくりして乱高下していますが、どちらかというと米国の経済状況と金融政策、金利に振らされているのでしょう。効果の有無が判明するのは、数ヶ月後でしょう。

日本の一般大衆の生活は苦しいですが、企業業績はそれほど悪くありません。一部の人は潤っています。大衆の生活実感と安倍内閣の認識が異なっているのは、安倍内閣が一部の潤っている人のための政治しかしないからです。

それが資本主義なんだから。資本主義を倒すか、廃止するか、修正するか、改良するか。逆に資本の強大化と格差拡大を志向するか。国や社会によって、方向が異なります。



http://www.asyura2.com/15/cult15/msg/615.html#c31

[国際12] Re:パリの5月革命など、1968年は世界中の若者たちが大暴れしたが、ドゴールが「これは世界的な陰謀だ」とあわてて面白い 仁王像
3. 晴れ間[983] kLCC6orU 2016年2月24日 22:37:15 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[105]
仁王像さんは、少し頭がおかしいのではないですか?
ホーチミンや毛沢東、ゲバラやカストロと、現在の中東の「イスラム国」(IS、ダーイシュ) とを、なぜ同列に扱うことができるのか、なぜ同時に論じることができるのか、全く理解に苦しみます。前者(20世紀のカリスマ的革命家群像)と、「イスラム国」とは、互いに縁もゆかりもない、全く無関係の存在ではないですか。それどころか、相互に真っ向から対立する存在です。

左翼や共産主義の革命家は、基本的に無神論者、哲学的にも唯物論者です。
それに対しISはイスラムのカルト集団。つまり「反動的な宗教右翼集団」です。
中東(+アフリカ〜中央アジア) のイスラム原理主義勢力は、21世紀初頭ないし前半の世界(地球) に、歴史的に古代と現代が並列して存在していることを示しています。
「敵」とみなす人間集団に対するISの残忍なやり口(大量処刑、無差別テロ、性奴隷化、自爆死の強要、等々) に、我々先進国の現代人は、まず強い嫌悪を覚えます。しかし原始〜古代社会の人間はそういう無秩序で無政府的な社会の現実を生きていたのではないか、と私は想像します。
(彼らIS等 は「原始人」もしくは「古代人」なのです。近代的な理念と心性のレベルで「近代社会」に生きている人たちではありません。)
そうした混沌の中から、多少は秩序のある(階級や民族によって秩序づけられた) 社会や国家が形成されてきたのではないでしょうか。

ワファ・スルタンが書いていますが、イスラム原理主義の立場を取る国カタールでは、スターバックスのコーヒー店でもコーランが流されているそうです。そのコーランが、アラーは人間に砂漠を旅するためのラバやラクダを与えて下さった、そういうアラーはなんと慈悲深く素晴らしいお方だ、と賞賛しているわけです。その言葉をいつも聞いているムスリムは、潜在意識と心性のレベルで古代社会を生きています。ところが、コーランが流れるカフェの頭上には、先進的「西洋」が開発した高速の飛行機が轟音を立てて飛んでいます。(カタールは確か、フランスの戦闘機ラファルも大量に購入しています。) コーランの文言とは反対に、西洋のハイテク技術がラバやラクダの有り難みを打ち消して、古代の人間を心のレベルで脅かしているのです。
これは、ようやく這い這いを始めた赤ちゃんに、早く立って歩け、走れ、と強要しているようなもので、精神分裂をきたさせる性格のものなのだそうです。

西欧先進国に住むムスリム系移民も似たような状況にあります。家庭の中では伝統的価値観を押しつけられ、家の外では西欧先進社会の価値観に自分を合わせられなければ、社会的な成功(少なくとも落ちこぼれないこと) を得られない。相対立する異なる価値観の間で引き裂かれ、適応しきれない者たちは居場所が見つけられず、精神的に非常に不安定な状態に置かれます。(その中の一部、特に精神的に弱く不安定な層を、ISはリクルートの対象にしています。)

ISやイスラム原理主義勢力が、世俗社会での「民衆的な社会変革」の原動力になるわけがないではないですか。彼らは世俗社会ではなく、神が支配する世界の住人です。「現世」での社会改革も変革も革命も、最初から志向してはいません。
ISの宣伝ビデオを見れば、彼らが現世=世俗社会では生きていないことが分るでしょう。以前、阿修羅のコメント欄で、2015年1月のパリ・テロ直後に出た、ISの宣伝ビデオがリンクを張って紹介されていました。フランス語とアラブ語の混成ビデオです。それを私は見ましたが、中身は極めて気持ち悪いものでした。彼らが誘っているのは「死後の世界」です。集団自殺を志向するカルト集団です。社会改革や革命との接点はありません。


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/653.html#c3

[国際12] Re:パリの5月革命など、1968年は世界中の若者たちが大暴れしたが、ドゴールが「これは世界的な陰謀だ」とあわてて面白い 仁王像
4. 晴れ間[984] kLCC6orU 2016年2月24日 23:49:52 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[106]
ゲバラについては、私は日本のマスコミが伝えてきた程度の知識しかありません。それでも、彼が西欧、特にフランスの知識人受けするパーソナリティの持ち主だということは分ります。一言で言えば、ゲバラは単なる革命家ではなく「理想の知識人」「かっこいい男」なんですよ。
フランスの知識人と、ラテン・アメリカの左翼や革命派との間には、強い繋がりがあるようです。
冷戦期、米CIAに後押しされた反共軍事独裁政権下にあった中南米ラテンアメリカ諸国から、フランスは大量の政治亡命者を受け入れていました。
政治亡命者ではなくとも、ラテンアメリカ諸国では、反共右翼や資本主義支持者は米国に留学するが、左翼学生や知識人は留学先としてフランスを選ぶ、というのが通り相場でした。
当時のフランスの青年層にも、人生の一時期にラテン・アメリカを「放浪」する者たちが少なからずいました。

ドゴールについてですが、米国の世界支配に抵抗し続けた政治家として有名ですが、彼もまた「第三の道」に強い関心を寄せていたんですね。「5月革命」の頃は「旧体制」の権化のような存在ですが、植民地が独立して間もない当時、自主独立路線を取ろうとする若い国々に期待していたようです。(但し、この点について、私は政治家個人には関心がないため、表層的な理解しかしていません。)
下の2つの記事にもドゴールが出ています。

■ Wiki 「レジス・ドゥブレ」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%96%E3%83%AC

■ 1965年、ハバナでの「三大陸人民連帯会議」について。(三大陸=アフリカ・アジア・[ラテン]アメリカ)
http://www.humanite.fr/il-y-cinquante-ans-la-tricontinentale-se-reunissait-la-havane-594873
近刊予定本の紹介。1960年代の第三世界のリーダーたちの名前が多数出ています。
(仏語→英語に翻訳すれば、仏語を知らなくても比較的容易に読めます。)


http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/653.html#c4

[政治・選挙・NHK202] 「アラブの春」を冬に引き戻した独裁者がやって来た(田中龍作ジャーナル) 赤かぶ
2. 晴れ間[985] kLCC6orU 2016年3月01日 23:38:11 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[107]
ムスリム同胞団を「穏健派」や民主派ないし民衆派扱いにする人が、阿修羅にはしばしばいますね。その根拠は何ですか? 日本でしか通用しない珍説です。

ムスリム同胞団は、イスラミスムの本家本元ですよ。民主主義とは何の関係もありません。そもそもイスラムは民主主義とは無関係、真っ向から対立する存在です。
世俗主義でない限り、民主主義ではありません。

ムスリム同胞団の関係者に聞いてみて下さい。
先イスラム時代の古代エジプト文明をどのように評価しているか? 破壊にしか価しない、無価値だ、と言うはずですよ。(イラクやシリアで古代遺跡を破壊しているISと同類です。)

社会経済次元の問題の解決策をどう考えるか聞いてみて下さい。
神の支配だけが唯一の解決策と答えるはずですよ。階級構造にメスを入れることは有り得ません。

シャリア支配の可否について聞いてみて下さい。
シャリアが支配する国家を作ることは、ムスリムの義務だと答えるはずですよ。

社会における女の役割について聞いてみて下さい。
女は家庭の中で、夫や家族の世話と子育てに専念すべきだと答えるはずですよ。
職場や学校で男女が一緒にいることには反対だ、と答えるはずですよ。


いったい誰が、ムスリム同胞団が「穏健派」だという嘘を日本で広めているのですか。自爆テロを行ったりしなければ、「穏健派」になるのですか?

民衆の支持がある? 貧しい人々に医療を施している?
現在のエジプトでは(女子の)割礼は禁止されているそうです。しかし、ムスリム同胞団の医師は、「無料で割礼します」というチラシを配布して、伝統を支えているそうです。それが、貧しく教養のない人々への「奉仕」だというのですか。

バカも休み休み言って下さい。


なお、2011年のエジプト革命も、始まりは左派からだったそうです。そして本当の左派は、皆刑務所にいるそうです。
社会の有産支配層は、イスラミストなど、全く怖くないそうです。「神」を唱えるだけで、社会改革のプログラムは全く持ち合わせていない勢力だからだそうです。

どんなに反動的な政権でも世俗派であれば、イスラミスム勢力に比べれば、はるかにマシです。


以上の私の主張の根拠は、素人でも簡単に入手できる欧語文献やYouTube に投稿された動画です。
阿修羅に投稿された記事を無批判に真に受けると、とんでもない無違いに陥ります。



http://www.asyura2.com/16/senkyo202/msg/216.html#c2

[政治・選挙・NHK202] 民主党を下野させた最大戦犯の野田氏が、小沢合流拒否と言うなど、とんでもなく不遜である。(かっちの言い分) 笑坊
20. 晴れ間[986] kLCC6orU 2016年3月06日 10:19:04 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[108]
野田は、小沢氏がいると自分の居場所がなくなると自覚しているんでしょうね。
野田自身よりも、今後、連合が野田や松下政経塾派に対して、どういう行動を取るか、注目する方がいいと思います。
連合が野田その他の隠れ自民との繋がりを重視するようであれば、糾弾の矛先を連合に向ける方がいいです。
各地の連合に問い合わせて、野田発言に対する見解を確認してはどうですか?

私はとっくに、連合も民主党も捨てています。国民大衆の味方ではないですよ。
連合が分裂して、本物の労働組合運動が蘇生しない限り、日本の再生はありません。
民主党には経済政策も任せられません。あの政権の経済政策はひどかった。

自民党も無能者の世襲政治屋の集まりで、官僚独裁のための操り人形集団。明治クーデタ派の末裔が支配する政権が存続し続ける限り、日本は次の時代へは進めません。


http://www.asyura2.com/16/senkyo202/msg/351.html#c20

[経世済民106] 世の中おかしな事だらけ 三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』 第165回 マイナス金利政策という緊縮財政(週刊実話) 赤かぶ
6. 晴れ間[987] kLCC6orU 2016年3月11日 22:18:48 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[109]
マイナス金利は、究極の金融緩和策だと思うけど。
個人のレベルでは、住宅の購入やリフォームを容易にするのではないか。すでに、住宅関係のローン金利は下がり始めているはずだ。(要確認。) 自動車産業と並んで住宅産業は国民経済全体への波及効果が大きいから、あと半年もすれば効果が明らかになると思う。

昨日だったかな、ある都市銀行の口座をWebで開いたら、カードローンを申し込まないか、という勧誘のメールが入っていた。行内の審査はすでに終えているという。こっちが申し込んでもないなのに、借りろという催促。勿論私は借りないが、大手の都市銀行がこういうことをするというのは、マイナス金利のためだと、私は解釈した。今後、企業への貸し出し需要が見込めない大手都市銀行は、サラ金のようなマネを始めるかもしれない。



http://www.asyura2.com/16/hasan106/msg/472.html#c6

[政治・選挙・NHK202] 安倍首相は今さら焦り「保育園落ちた」母親ブロガーに聞く(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
5. 晴れ間[988] kLCC6orU 2016年3月12日 15:07:53 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[110]
ここで炙り出されているのは、自民党の国会議員と国民生活者の、生活感覚の遊離ですね。
安倍はパートで月収25万円が得られるなどと平気で答弁するくらいですから、単に学力や知能が低いだけでなく、庶民の生活も何も知らないのでしょう。正社員とはいいながら雇用ぎりぎりのところで暮らしている人たちのことに無頓着なだけでなく、介護施設で働く人たちの労働条件にも、非正規雇用の人たちの状況にも本心では全く無関心なようです。

一億総活躍社会の実現に向けて、内閣府?が国民との対話集会を各地で開催しています(ました?)。首相官邸にある「一億総活躍国民会議」のホームページには、なぜか一部の報告しか出ていないようですが、全国数カ所で開催されたはずです。

私は、ある種の好奇心からこれに参加しました。
私が出した結論は、以下の3点です。
(1) この対話集会は、一億総活躍担当大臣になった加藤勝信(と安倍晋造)のパフォーマンスに過ぎない。
(2) 安倍自民党政権は、国民大衆を全く信頼しておらず、むしろ危険視している。
(3) 自民党は、国民の間にある社会経済格差を徹底して無視している。そういうものは「ない」ことにしている。従って、改善する意欲もない。

会場に行って、最初に驚いたのは、入場する前に行われた厳重な身体検査です。空港と同じくらいの厳しさでした。所持品の検査は勿論、身体にも金属探知機を前後から当てられました。参加者の中にテロリストが混じる可能性が強いと思っているのでしょうか。仮に怪しげな挙動不審人物がいれば個別に対処すればいいわけですから、無差別に厳重な身体検査をするということは、国民大衆を全く信頼していないということです。逆に言えば、自分たちは国民大衆の利益とは反対のことをしているということを、僅かでも自覚しているということです。否、はっきりと自覚しているのでしょう。

壇上には十数名の発言者が椅子に座って並んでいました。この人たちがどういう基準で選ばれたのかは、私は知りません。事前に一般公募で募集が行われたのか。それとも自民党員やその周辺から集められたのか。
ただ、この人たちは特別の人たちではなく、一般の人といってよかったです。介護施設で働いている人や保育士や看護師。就活中の学生。退職後も働き続けている人、等々。それぞれ、自分のおかれている境遇や仕事、労働条件について淡々と報告しました。富裕と思われる人はいませんでした。しかし、誰一人として、安倍内閣や政府のやり方を批判する人はいませんでした。介護関係で働く人が「もう少し待遇が良ければ・・・」と言ったり、保育士? が資格を持ちながら職場復帰しない人が多いことを指摘したりすることはありましたが、増税や福祉予算切り捨てを批判する人はいませんでした。また、老齢になっても働き続けることに批判的な意見も出ませんでした。退職後は旅行を楽しみたいとか、現役時代には出来なかった夢を果たしたいとかいう意見は出ず、逆に定年制のない会社で雇用してもらえることを有り難がる意見が出ました。

自民党が社会格差を無視している、それを「ないもの」として否定していると私が考える最大の根拠は、発言者の肩書きです。いずれも、職場名や学校名が「所属」として明記されていましたが、そこにおける「地位」は無視されていました。会社名が書かれているだけでは、その会社の経営者なのか、従業員なのか、オフィス勤務なのか肉体労働者なのか、正社員なのかアルバイトなのか、全く分りません。学校名だけでは、学校の経営者なのか教員なのか、アルバイトで雇われている非正規雇用者なのか、学生なのか、全く分りません。
ここに、日本社会における「社会格差無視」の手法が端的に表れていると思います。経営者と従業員、それも正規雇用者と非正規雇用者とでは、利害が全く相反しますが、日本社会はそれを建前上完全に無視するのです。つまり、それは格差の建前上の否定にすぎず、格差解消という問題解決には決して至りません。自民党は、この「社会格差を見ない、見せない」手法を意図的に用いています。

安倍晋三もそうですが、加藤勝信も入り婿(加藤六月の女婿) とはいえ世襲議員だと見てよいでしょう。でっぷりと太った大臣は安倍とも人的・閥的に近いらしく、明治クーデタで権力を手にした長州軍閥政権の末裔と、閨閥でつながった官僚機構の姿を象徴しているようでした。
彼らにとっては、自分たちの特権を国民大衆に自覚させないためにも、「社会格差」は「見えないもの」「存在しないもの」にせねばならないのです。「格差」を取り上げれば、その対極にあるのが自分たち世襲議員の「特権」であること、いつの日かそれが問題にされることは明らかだからです。

私はこれまで幾度が指摘しましたが、世襲議員を根絶しなければ、日本に本当の民主主義は訪れません。安倍のような低脳低学力が一国の首相になれるなど、まともな神経では考えられないことではないでしょうか。今回の「保育園落ちた、日本死ね」を巡る自民党国会議員の反応も、世襲議員と一般国民大衆の乖離と対立関係、「現代の貴族」と言ってもよい世襲議員が国民大衆の代表ではあり得ないという事実を示したに過ぎません。
選挙における供託金制度を全廃して誰もが立候補できるようにすること、ムサシの使用を止めて開票を手作業に戻すことが、民主主義実現のためには絶対に必要です。


http://www.asyura2.com/16/senkyo202/msg/674.html#c5

[政治・選挙・NHK202] 「反安倍で結束する時」元財務相・民主党顧問 藤井裕久さん 赤かぶ
14. 晴れ間[989] kLCC6orU 2016年3月13日 18:44:14 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[111]
>>10

スポンはいつも民衆党擁護一点張りだけど、民主党とはいっても菅や野田の民主党だよ。有権者の期待を裏切り、民主党を財務省に引渡し、政権を安倍に禅譲した野田の信奉者だよ。スポンの過去ログを見てごらん。

自民党野田派と言われている、松下政経塾党の頭目の野田だよ。野田事務所の関係者かもしれない。


http://www.asyura2.com/16/senkyo202/msg/687.html#c14

[政治・選挙・NHK202] 「日本軍の性奴隷制度」と断罪<本澤二郎の「日本の風景」(2293)<国連で暴かれる従軍慰安婦問題> <日本外交の大失態> 笑坊
5. 晴れ間[990] kLCC6orU 2016年3月13日 19:58:41 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[112]
従軍慰安婦問題は、はっきり言って、過去の問題。
戦前までの日本社会は、親が借金のカタに自分の娘を売春業者(女衒、遊郭)に売り飛ばすような社会だった。
皆、学校で習ったではないか。樋口一葉の作品に吉原の周縁が描かれいることは周知のこと。
NHKだって、宮尾登美子の自伝的作品を何度も取り上げたではないか。登美子の実家は女衒が生業だった。
日本文学に多少とも親しんだ人であれば、吉原の遊女が「当たり前の風景」であることは知っているではないか。

江戸時代から(もっと古くから?) 日本では親が娘を売春業者に売り渡してきたが、それを「人身売買」とは言わずに「親孝行」と称して賞賛してきた。当然視してきた。戦前の日本社会も、朝鮮半島の社会もそうだった。だから平気で女を「慰安婦」にしたのだ。

この問題を本当に解決するには、売春そのものを禁止するだけでなく、貧困による売春を根絶する措置を取らねばならない。
今日でも日本は、世界屈指の売春大国だ。西欧では考えられないほどの「女の人権」状況なのだ。
人権状況が劣悪だから、社会が女を売春に追い込むのか。日本人の民度が低いから、売春が当然視され続けているのか。
介護やパートの仕事よりも売春を選ぶ女がいるのは何故なのか。単なる経済問題ではなく、そこに文化的な要素はないのか。

日本が売春を許さない社会になれば、売春しなくても暮らしていける社会になれば、世界に対して少しは説得的になれるのかもしれない。従軍慰安婦問題を蒸し返されないようになるのかもしれない。
しかし、現状では無理だろう。世界中からの批判は甘受すべきだ。今の日本でさえ、売春という人権侵害・人身売買が横行しているのだから。まずは、事実を認めるべきだ。

一般の日本人のことはよくわからないけれど、日本の基準が西欧の基準とズレていることは、私にも分る。
過去の悪よりも、目前の悪に目を向けるべきだ。

http://www.asyura2.com/16/senkyo202/msg/723.html#c5

[政治・選挙・NHK202] いかつい 3月13日大阪で「自動車パレード」開催!生コン車など260台、業界再建・戦争法廃止・辺野古NO・原発再稼働反対 赤かぶ
10. 晴れ間[991] kLCC6orU 2016年3月15日 21:55:14 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[113]
働く者の誇りを持った人たちです。良い活動家が沢山いるんですね。
昔の総評の左派は、こんな感じじゃなかったですか。
フランスの労働組合もこんな感じですよ。農民だって、トラクターで示威デモします。
働く者が社会の主人公だ、って誇り。派遣や未組織の全員が起ち上がれば、支配階級は震え上がるんですがね。


http://www.asyura2.com/16/senkyo202/msg/772.html#c10

[政治・選挙・NHK203] 綱領案作成の努力すら放棄した民主党の罪深さ  天木直人 赤かぶ
5. 晴れ間[992] kLCC6orU 2016年3月18日 23:28:24 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[114]
綱領のない政党なんて、憲法のない国家と同じ。
前回の民主党政権が内紛にあけくれ、官僚にも官憲にも司法にも (それらの悪にも) 全く対峙できず自壊したのは、まともな綱領すらない政党?? だったから。

まず基本的な綱領を作り、この指止まれで結集する。その基本的手続きがなければ、状況次第でどうにでも転ぶし、崩壊する政党にしかなれないことは明らか。
いくつかの綱領案を提出し、それらを土台に議論し、党大会を何度が開いて綱領を採択するだけのことなのに、それをしない。
ま、マニフェストさえ簡単に反故にする人間が党首になるような政党だから、綱領の重要性なんて認識していないのだろう。スポンのような野田や菅の賞賛者が考える政党なんて、およそ政党の名には価しない。

ただ、党内には良質の勢力はほとんど残っていないだろうから、誰も寄りつかず、以前の面々が牛耳る政党のままであるのだろう。

水を差すようで悪いが、次の選挙でも民主党は政権を取れないだろう。民主党に政治は任せられないと、有権者は懲りているからだ。
仮に民主党の中で世代交替が起きうるのなら、それだけが希望だろう。


http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/116.html#c5

[政治・選挙・NHK203] 灘、筑駒、麻布など有名校がなぜ? 唯一慰安婦記述の中学歴史教科書、30校超で採択(産経ニュース)/「学び舎」の教科書を gataro
2. 晴れ間[993] kLCC6orU 2016年3月19日 13:56:57 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[115]
超難関の有名校だからでしょ。従軍慰安婦のことも知らないようでは、国際社会で通用するエリートにはなれないからですよ。少なくとも教員には、そう考えている人がいるということです。

昔のようなインテリゲンツィアを産み出すのは無理だとしても、単なる偏差値秀才ではなく、思考力のある人材を育成してほしいものです。


http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/171.html#c2

[政治・選挙・NHK203] 「奨学金」延滞者急増、その意外なワケ 知らなかったではすまされない(週刊現代) 赤かぶ
15. 晴れ間[994] kLCC6orU 2016年3月20日 15:00:12 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[116]
結局、日本社会が一部の特権階級によって支配されており、大多数の国民が支配されるがままになっていることが問題なんです。
世襲政治支配と天皇制をなくさない限り、日本国民の境遇が改善されることはありません。あの無能な世襲政治家たちが官僚のマリオネット、飾り物となり、官僚や皇室が米国の支配に奉仕するという構造を変えない限り、日本は民主主義国にはなれません。

子供は社会の宝。社会全体で次世代を育てるべきなんです。今の日本では、国民生活が窮乏化して、労働力の再生産費も賄えないために少子化が進んでいます。私学だけでなく国公立大学まで法外に高い授業料を取るようでは、国家社会の将来を潰すことになります。結局、富裕層や高額所得者の子女しか良質の教育を受けられない、競争試験で勝ち抜いていけないという状況がもたらされています。

「人間の平等」という原則に立てば、教育費は無料が当たり前。教育費を無料にするということは、出自による格差や差別を最小化して、全ての人に平等な出発点を与えるという意味で、根本的に重要なことです。
いつから日本は、教育費にこんなにカネがかかるような国になったのでしょうか。第二次大戦後、新制大学の発足と共に、一般家庭の子女も大学教育を受けられるようになりました。(戦前は超格差社会。「おしん」の時代です。)  当時の国立大学の授業料は安かったはずです。時期により異なるかもしれませんが、最終的に年額1万2000円くらいです。ところが、1970-1980年代を境に(時期は要確認)、私学との授業料格差を是正するという口実で、国立大学が授業料を上げ始めました。 その分、「奨学金」を拡充するという口実も使われたのではないでしょうか。「受益者負担」という「資本主義的な」発想と理屈立てもなされました。教育(を受ける機会)を社会全体のものとして見るのではなく、個人の利益にのみ関するものとして見る風潮の蔓延です。公教育現場で子供たちが荒れ始め、都市部では私学の中高一貫校に子供を進学させる家庭が増えました。日本は、学力や学歴が親の資力で決まる社会になりました。ハイランクの大学の学生が「幼稚」であるのはその結果でしょう。

国立大学の授業料を(私学並みに)上げ、代わりとして「奨学金」と称する貸付け金の枠を、私学学生を含めて大幅に拡大する。高等教育の学費を法外なものにし、教育の機会均等の原則を崩す。そのときから、現在の流れが決まっていたように思います。
これは誰の差し金だったのでしょうか? 日本の大蔵省? 米国? 以後、日本も米国のような格差社会に向けて歩み始めました。
これで利益を得ているのは誰でしょうか。親の資力でのうのうと楽な人生を歩む子供たち? 労働力を差別選別したい資本家と財界? 無能でも首相や大臣になれる自民党世襲政治家層? 自分が秀才だと思っている官僚? 日本を自在に操りたい米国?

解決策は、世襲政治と天皇制の廃止。(皇室は格差社会と階級社会、差別選別の頂点にいます。) それを後で操っている米国からの独立です。そして財界や資本家層の支配に服従しない国民力の養成。自分で考え行動する国民が増える以外に、格差拡大に歯止めをかける方法はありません。

なお、授業料が無料であれば、無理に奨学金がなくともやっていけるのではないですか? それとも、それでは無能な大学教員の食い扶持がなくなるから困る、と言う人がいるのですか? (これも大きそうですね。)


================================

日本では選挙権の年齢引き下げが決まっていますが、さっそく高校生の政治活動は届出制にする、などという自治体が出てきました。ばかげたことです。高校生は「愚民の赤ちゃん」でいよ、ということですか? 「一揆」をするのに「お上」の許可を願い出よ、というのですか?

因みに、民主主義の先進国フランスでは、教育費は高等教育まで原則無料。
(※登録料というのは要りますが、200-400ユーロ程度。 http://www.enseignementsup-recherche.gouv.fr/cid20195/frais-inscription-pour-rentree-universitaire-2015.html
)

それというのも、「革命」で国王を処刑し、その後も革命を繰り返してきた国では、教育を受ける権利は「平等」を担保するものとみなされているからです。出自による貧困の連鎖を避け、平等を最大限実現するには「教育」しかないからです。
フランスでは、子供たちは早ければ15歳くらいから政治活動を始めます。現在の首相も含めて(前大統領サルコジも) 政治家は学生時代から(学生運動での) 政治活動歴を積んでゆきます。政治活動というのは、ポジティヴなことなんです。愚民ではなく、知性と思考力の証明なんです。
今も、高校生は全国でデモ行進をしていますが、その主テーマは、授業料や奨学金のレベルのことではなく、オランド政権による労働法制改悪を阻止することです。
日本の高校生が、労働問題、即ち自分たちの将来の生活のために危機感を感じてデモ行進するなんてことがありますか?

・France2 のニュースが伝える高校生と大学生のデモの様子(高校生は学校の入り口を封鎖。労働組合も学生デモを支援。) :
http://www.francetvinfo.fr/economie/greve/loi-travail-une-mobilisation-en-retrait_1364025.html

・『ユマニテ』の記事と写真(学生は労働法典を手にしています。) :
http://www.humanite.fr/projet-de-loi-el-khomri-les-modifications-la-loupe-602443


日本の若者も、安倍内閣の安保法制や憲法改悪に対しては、行動し始めました。しかし、そろそろ、自分たちの近い将来の生活と密接に関わる労働問題や経済問題に対しても何か言ってよいのではないですか? 派遣や非正規雇用の問題。「若者の雇用を何とかしろ!」と政府と財界に言うべきなんです。政党を動かすべきなんです。
自分は偏差値の有名大学生だから非正規フリーターにはならない、今新卒は引っ張りだこだから自分には関係ない、と考えるようでは、差別・分断政策が功を奏しているということです。低学力でも首相や大臣になれる世襲政治家や、米国追随が出世の道である官僚、正社員の雇用を守るために労資協調に邁進している連合幹部。この人たちは差別・分断の構造を強めることはあれ、それを崩すことはありえません。


http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/201.html#c15

[政治・選挙・NHK203] 「奨学金」延滞者急増、その意外なワケ 知らなかったではすまされない(週刊現代) 赤かぶ
17. 晴れ間[995] kLCC6orU 2016年3月20日 16:02:09 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[117]
>>15

上記 France2 のニュースは、今月16日のデモの様子。規模は、3月9日のものよりも小さい。
3月9日の学生デモの様子は次の通り。

・ニュースの全体:
http://www.francetvinfo.fr/replay-jt/france-2/20-heures/jt-de-20h-du-mercredi-9-mars-2016_1341975.html


・ニュースの一部(デモに向かう高校生。93歳のお婆さんも路上で若者を応援。):
http://www.francetvinfo.fr/economie/emploi/carriere/vie-professionnelle/droit-du-travail/loi-travail-les-jeunes-mobilises-dans-la-rue_1352377.html


なお、オランド政権による労働法改悪?の目的というのは、雇用の流動化を促進すること。同政権は、解雇を容易にすれば、雇用も容易になる(資本家は気軽に雇用する) と考えている。

学生運動のリーダーは将来の国会議員・政治家候補とみなされているから、学生運動を危険視する人はいない。


こうした社会運動を背景にしないと、授業料の無償化は到底無理。「受益者負担」原則に誰も異議を唱えない現状では、奨学金は単なるローンや負債の問題に過ぎなくなっている。日本はすでにあまりにもアメリカ化しすぎているように思われる。



http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/201.html#c17

[経世済民106] フランス人ママ記者も感動 日本は育児しやすかった!?〈週刊朝日〉 赤かぶ
3. 晴れ間[996] kLCC6orU 2016年3月21日 13:59:13 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[118]
夫に十分な稼ぎがあり、家計にゆりとがあって、専業主婦でいられたら、日本はいいかもしれませんね。

しかし日本では、男が逃げて母子家庭になったからといって、子供が3歳になるまでは母親が働かなくても暮らし行けるほどの育児手当(家族給付金)をくれたりはしませんよね。
フランスのように、国家が男から子供の養育費を強制的に取り立ててくれたり、子供本人が望めば行政機関が(行方不明の)父親探しをしてくれたりもしませんよね。

女が子供を産んでも育てる意思がないときは、どうしますか? 日本ではフランスのように、クリニックで無料かつ安全な出産を保証してくれて、産まれた子供も国家が引き取って育てたり、養父母を探してくれたりしませんよね。母親の人生に支障がないように、母親の戸籍に出産の痕跡が残らないようにしてくれますか? 
日本人は簡単に堕胎しますね。堕胎できなくなったら、隠れてこっそりと赤ちゃんポストに子供を入れて子供を捨てますか?
そもそもフランスでは、出産費用はすべて社会保障(医療保険)の対象で、無料ですよね。何十万円も払わねばならないなんてことはありません。(日本でも、難産になって母体に危険が生じれば、医療保険の対象にはなります。)

日本では子供の教育にどのくらいのお金がかかりますか? フランスは公教育中心で、高等教育まで学費は原則無料ですよね。(一部、私学あり。) 母親がパートに出なければ、子供のために高額の学費(私立中学の学費や大学授業料)を用意できないなんてことはありません。
フランスでは、高額のお金を出さねば保育園や幼稚園に入れられない、なんてこともありません。子供は2歳から(多くは3歳から)、公教育である無料の「幼児学校」に通うのが普通です。親自身が子供の送り迎えができないときは、誰か(親族かベビーシッター) に頼まねばならないですが。
もちろん、乳幼児のための託児所もありますが、全て公設です。(それに対し、幼児学校は小学校入学前の準備段階の幼児教育機関としての位置づけ。公教育だから無料です。)
https://fr.wikipedia.org/wiki/%C3%89cole_maternelle_en_France


フランス人の女が日本人の男と結婚しても、大抵は離婚で終わりますよね。なぜですか?
日本のメディアが「変わったケース」を取り上げて、さも日本がすばらしい国であるかのように喧伝するのは、なぜですか?


フランスは大人の文化の国。ベビーカーでカフェに入るなんて、非常識ですね。コーヒーやタバコやアルコールなんて、子供のためのものではありません。カフェは大人どうしで議論やおしゃべりをする場所。それに、あのガタガタの硬い椅子。

まあ、日本のデパートのトイレは素晴らしいですよね。私も荷物が多い時は、ベビーベッドのあるトイレに入り、荷物をドカッとベビーベッドに載せます。シャボン、消毒液、手の乾燥機。清掃係の人も頻繁に掃除していて、衛生面では完璧。しかもタダ。イタリアみたいに、トイレ係のおばさんにチップを渡さなくてもいいんですよ。化粧室は明るくて広くてピカビカ。大きな鏡だけでなく椅子まであって、化粧直しもゆっくりできます。

「保育園落ちた、日本死ね」と叫んでいる人には言ってあげましょう。日本ではデパートのトイレにもベビーベッドがあるではないか、子供をどこに連れて行っても嫌な顔をされないではないか。保育園に入れないくらいで文句は言うな、と。



http://www.asyura2.com/16/hasan106/msg/693.html#c3

[政治・選挙・NHK203] 小林節  公開討論を求める! 嘘だらけ・櫻井よしこの憲法論 世界精神
29. 晴れ間[997] kLCC6orU 2016年3月27日 08:12:52 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[119]
この人、どうして極右になったんでしょうね? この世代の人としては、学歴も不自然です。日本の大学を卒業していなければ、日本社会では不利を被ることが常識であった時代の人ではないですか。
一部かもしれませんが、欧米に留学したり暮らしたことのある人で、欧米社会に適応できなかったり嫌な体験をした人の中には、極端な欧米嫌い、白人嫌いになり、国粋主義者みたいになる人がいるそうです。この人もその例でしょうか?

この人が女性の味方ではなく、フェミニストでもないことは、この人の極右思想と関係があるように思えます。
フェミニストで自由を求めるタイプの人は、この人とは反対の経路を辿ります。(日本社会があまりにも息苦しく、女性の地位が低いため、日本人の高学歴女性で、欧米、特に米国に住み着いてしまう人は多いそうです。)

極右思想以外に、この人の「売り」はないですね。周りに多くの女性が寄り集まってくるタイプの人ではありません。優しさやおおらかさ、「陽の気」が欠けています。
この人に限らず、極右思想の女は、女性には人気がないでしょう。極右思想を好む男や権力者の受けはいいのかもしれませんが。

私はこの人の本は一冊も読んだことがないので、誤解があるかもしれませんが。(もともと私は日本語の本はあまり読みません。ぞっき本は全く読みません。)


http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/390.html#c29

[経世済民106] 「2025年問題」をご存知ですか?〜「人口減少」「プア・ジャパニーズ急増」…9年後この国に起こること(週刊現代) 赤かぶ
7. 晴れ間[998] kLCC6orU 2016年3月27日 13:20:16 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[120]
若年者を低賃金と不安定雇用で虐めているから、結婚(である必要はないが)できない者が増え、子供が生まれず、少子化が進んでいるのではないか。教育にお金がかかり過ぎて、子供を育てられない社会になっているのでないか。

財界は、外国人労働力を入れて、その後どうするつもりなのか。移民を永住させ、帰化させるつもりなのか。一度入った移民は、決して自発的に帰国することはない。親族や故郷の繋がりで、次々と人がやってくるのが法則だ。彼らが日本で家庭を作り、子供が日本で育てば、もう帰国を強いることはできない。そういうことは人道上も許されない。どんなに低賃金でこき使われても、故郷の貧しさに比べれば、先進国は天国なのだ。

それが今、西欧で起きていることだ。彼らは今更父祖の地に戻って暮らすことはできない。姿は(北)アフリカ人でも、西洋社会で育った結果、中身は半分以上西洋人なのだ。日本人が江戸時代や弥生時代に戻って暮らすことができないのと同様だ。
日本の移民街でも、路上で集団礼拝をするムスリムが大量発生することも考えられる。日本国憲法ではなく、シャリアに従う人々が日本国内に(民主主義と人権を否定する)宗教国家を作るかもしれない。(シャリアへの服従はムスリムの義務なのだから。)

まず、日本の少子化を食い止めることだ。そのためには、日本人の雇用を安定させ、安心して暮らせるようにし、子供を育てやすい制度と環境を作ることが不可欠だ。保育所や学童保育所を充実させ、高等教育まで学費を無償化することだ。
学生とその家族に奨学金という名の負債を負わせ、社会人人生の初発から躓かせるべきではない。大学教育を受ける能力や学力のない学生(相当数いる)には、就職につながる職業教育を受けさせるべきだ。
介護労働にしても、あまりにも低賃金であるために、学生や就職希望者が集まらなくなったに過ぎない。賃金を上げるべきなのだ。
日本人の賃金を上げず、低賃金の外国人移民を入れようという意見は、長期的な視野を全く欠いている。
財界人は、移民を「人間」とは見ていないのではないか。それでは、ひどいしっぺ返しを受けるときが必ず来る。

教育無償化の財源がないというのなら、カネを貯め込んでいる大企業に課税すればよい。そうすれば子供の養育費、特に学費負担が減り、少子化にブレーキが掛かるだろう。子供が増えれば内需も拡大し、将来の消費者と納税者も増える。
人口構造にしっかりと働きかける意思が要る。

あとは、あらゆる分野で生産性を上げることだ。カネを日銀に預けるだけで金利収入を得られるような、濡れ手で粟の銀行は要らない。介護産業従事者の手当を厚くし、必要な分野に人材が行くようにせねばならない。


http://www.asyura2.com/16/hasan106/msg/854.html#c7

[国際13] イスラム国を好ましいと考える人がパキスタンで1600万人、トルコで600万人〜これは異常なこととして済ませるのか/内藤 仁王像
3. 晴れ間[999] kLCC6orU 2016年3月27日 13:58:12 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[121]
イスラム国は、カルト集団です。
フランスでイスラム国に参加する者たちのプロフィールがそれを示しています。
未成年者や女性(少女)、キリスト教など他宗教からの改宗者、総じて精神的に不安定な者が多い、というのが特徴です。
フランスの公安当局は、2015年1月のシャルリエブド事件の当初から、その事実を指摘しています。(親族からの通報があるんですよ。「うちの娘が家出して、シリアに行った」とか。)

最近の邦語ニュースでは、
http://www.afpbb.com/articles/-/3080077
「ISに魅せられるフランスの10代少女、少年より多数」

イスラム国にまつわるテロ事件の犯人たちのプロフィールも、イスラム国のカルト性を示しています。しばしば窃盗や麻薬密売などの犯罪歴があり、また知能に問題のある者が多く混じっています。(カウシ兄や、2015年11月のパリテロで自爆に失敗した犯人=最近逮捕されたアブデスラムの兄も、知恵遅れぎみであった、と言われています。)
一言で言えば、「まともな者」があまりいないんですよ。イスラム国は、そういう精神的に弱い者を集中的にリクルートしています。


パキスタンやトルコにイスラム国に対する共感者が多いとしても、それは「民衆の支持」を意味しません。「知力が弱い」者が多い、ということでしょう。
そもそも、イスラム自体がカルトです。
預言者ムハンマドは商人でしたが、彼はイスラムという「宗教ビジネス」を創始しただけではないのでしょうか。
「宗教ビジネス」ではないというのなら、ジハード(聖戦) という名の「略奪戦争」のルールを、なぜコーランは定めているのですか? 略奪戦争で得た「戦利品」の5分の1は「神と預言者」のものになる、とコーランは定めているんですよね。
他の章句でいくら取り繕っても、この事実は消せません。ジハードは「儲かるビジネス」なんですよ。(土地や家畜だけでなく女も戦利品。性奴隷にされます。ISは、コーランの教えをそもまま実践しているだけです。)


カルトに欺されている人、カルトを信じている人、カルトを利用して利益を得たい、固めたい、という人は、ISを支持するのかもしれません。

トルコとパキスタンの例は、ISは(本来の)イスラムではない、という主張を否定するものでしょう。両方ともイスラム、カルトなんですよ。

日本人でも、ISに合流しようとする人は、精神的に不安定で、どこかおかしくなった人でしょう。そういう人を引き寄せるのがカルトです。


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/138.html#c3

[国際13] イスラム国を好ましいと考える人がパキスタンで1600万人、トルコで600万人〜これは異常なこととして済ませるのか/内藤 仁王像
4. 晴れ間[1000] kLCC6orU 2016年3月27日 14:11:23 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[122]
> イスラム国の問題はイスラム教徒の病なのだ。これを治すのはイスラム教徒でなければできない。


⇒「同毒療法」(ホメオパシー) は無理。効果は期待できない。
有効なのは、棄教と世俗化だけ。ただし、そのためには知性と理性が要る。
この内藤?という人、アラブ・イスラム世界でも無神論者が増えていることを知らないの? あれだけ殺し合い(内戦)やテロを繰り返して、それでもイスラムに疑問を抱かないなんて、思考力がないも同じ。無学な大衆はそれでよくとも、指導的な教養人はそうであってはいけない。

仁王像さんは危ないね。気をつけて! ホントよ。


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/138.html#c4

[政治・選挙・NHK203] 民進党に必要なのは山尾代表のような人心一新サプライズ(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
41. 晴れ間[1001] kLCC6orU 2016年3月28日 20:29:24 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[123]
スポンは野田事務所の関係者がそれに近い筋ではないのか?
野田の擁護の仕方が異常で、公平さを欠いている。

自民党とマスゴミは、消費税について、民主党政権からの「負の遺産」と呼んでいる。野田は財務官僚に載せられて(と結託して)消費税増税と景気悪化、国民生活破壊の主犯となったのだから、その責任を取るべきだ。野田を除名させられないような民主党には、私は期待しない。

山尾氏については、私は評価するための材料を持ち合わせていない。保育所問題だけでは、判断の材料にはならない。社会の底辺層に対して、どのような視線を持っているのか。格差をどう是正するつもりなのか。今後の国際社会や経済情勢、日本社会のあり方について、どのような見方をしているのか。
経歴から見るに、社会運動には無縁の人だったのだろう。実践活動だけでなく、理論的な筋も重要だ。
まだ、要観察の状態。単純に持ち上げるべきではない。


http://www.asyura2.com/16/senkyo203/msg/481.html#c41

[国際13] 「男女が同じ選択肢を」 夫の姓を強いるな:同姓義務づけ、日本だけ 男性の当事者意識薄く あっしら
2. 晴れ間[1002] kLCC6orU 2016年3月28日 21:25:42 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[124]
明治憲法下の家制度の名残でしょうか?

韓国や中国も、結婚で姓を変えるなんてことはないですね。
アラブ・イスラム世界では、女性は一生、自分の父親の姓を名乗ります。

フランスもそうですよ。法律上(戸籍上)はあくまでも生まれたときの姓が正式の姓。夫の姓を名乗るのは単なる慣習で、法律上は無効。

日本は奇習の国ですね。全く合理的でない国です。


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/152.html#c2

[国際13] イスラム国を好ましいと考える人がパキスタンで1600万人、トルコで600万人〜これは異常なこととして済ませるのか/内藤 仁王像
10. 晴れ間[1003] kLCC6orU 2016年3月28日 23:11:10 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[125]
>>9

あなたは「イスラモフォブ」という言葉が罵倒語だということを知ってて、私を故意に罵倒しているのですか?
私は人種差別には断固反対。ここ阿修羅には、陰謀論者を中心に、人種差別主義者がうようよしていますが、私は一貫して「差別」には反対してきました。(陰謀論者は、ほとんどが反ユダヤ主義者、つまりユダヤ人に対する人種差別主義者です。彼らは「シオニズムに反対しているだけだ」という言い逃れをするのが常ですが、現代の反ユダヤ主義は反シオニズムの仮面を被っていることはよく知られています。) 阿修羅で私が陰謀論を批判する最大の理由は、それが「人種差別」と表裏一体の関係にあるからです。

イスラモフォブというのは、イスラムを批判する人に対して投げかけられる言葉という以上に、ムスリムへの差別を示す人に対する批判語ないし罵倒語です。しかし私は、ムスリムを人間として批判したことは一度もありません。私が批判しているのは、あくまでもイスラムという宗教です。この違い、あなたのオツムで分りますか?

現在、イスラムを批判する人を大きく分けて、2種類あります。一つは、人種差別・民族差別ともつながりかねない批判者。西洋キリスト教社会の極右はそれに含まれます。西洋のイスラム化(ムスリム系住民の増大) に嫌悪を抱いている人たちです。

もう一つは、イスラム社会の中で生まれ育った人たちの間で湧き起こってきたイスラム批判。中東や北アフリカ、アフリカの社会の退嬰性の原因がイスラムにあると見て、これを批判するに至った人たち。今、この種の人たち(自身も中東人・北アフリカ人) が知識層を中心にジワジワと増えています。社会が世俗化せねば、中東やアフリカには社会発展も自由も民主主義も実現できない、と考える人たちです。
(また、移民系の人たちの間でも、明確な棄教者が増えています。)
私は、このうち後者の人たちへの連帯の意思を込めて、イスラム批判をしています。
私は無神論者です。イスラムだけでなく、キリスト教にも、それ以外の宗教カルトにも批判的。(キリスト教もカルトですよ。)

なお、アラブ・イスラム世界での無神論の広がりについては、私はすでに別のスレッドでもコメントしています。(私が知っている人も含めて、多くの人が自分の親族をテロで殺されたり、殺すと脅されて自ら亡命したりしてるんですよ!)


*-------------------------------------------------------------*
「フランスの報道等に影響・・・」というのは、どういう意味ですか?
フランスのマスコミが、イスラム教徒(人間) に対する批判や憎悪を煽るようなことをするはずがないではないですか。フランスのマスコミは、米国と違って特に必要がない限り「Afrcan-American」という表現をすることさえありません。宗教で色分けすることもなく、あまくでも「フランス人」で通します。ユニヴァーサリズムの国だからです。

なお、世俗主義を国家の第一原理とするフランスでは、宗教批判は自由です。差別は悪だけれど、批判は善。キリスト教の支配を倒して、共和国は確立されました。
この世俗性は、民主主義のためには肝要です。日本が土台から近代民主主義の国になれないのは、天皇制国家神道カルトが憲法で国民に押しつけられ、創価学会や統一教会が政治に食い込んでいるからでもありますが、そこを自覚しないと、日本の国体の特殊性は認識できないですよ。同様に、イスラム批判抜きには、彼の地に本当の意味で社会発展がもたらされることはないですよ。
(批判せずとも、自然に脱宗教化は進むでしょう。それが歴史の必然です。それでも今、命の危険を冒してイスラム批判をしている人たちは、本当のインテリゲンツィアなんです。一般民衆や大衆とは違うんですよ。)

*--------------------------------------------------------------*
以下は、最近のフランスのニュース。移民差別に関して、高学歴者への就職差別の問題を扱っています。(フランスの若年者の失業率は、全体で25%くらい。そのうち高学歴者に限れば、高等教育を修了した25歳以下の若者の失業率は、欧州系移民の子孫やフランス系では22%。それに対してアフリカ系移民の子孫では42%。) このニュースの中では、ムスリムがどうとか、宗教がどうとかいう言葉は一切出てきません。ユニヴァーサリズムの国だからです。宗教は無関係。
このニュースでは、仏国内で就職が見つけられなくてドバイに移住する青年が出てきます。(ドバイには、1年半前に移住した別の青年もいます。それから弁護士・法律家の資格を持つのに就職できない女性。) ただ、アフリカ移民系に限らず、多くの高学歴者が仏国内で仕事を見つけられず、イギリスやドイツ、多国籍企業の拠点国に就職のために移住しています。
http://www.francetvinfo.fr/economie/emploi/emploi-quand-les-discriminations-poussent-les-jeunes-francais-a-s-expatrier_1374241.html


的外れにも他人を「イスラモフォブ」呼ばわりするヒマがあったら、陰謀論者やネトウヨを中心とする阿修羅の人種差別主義者を批判して下さい。
ま、そういう人は、あなたには限りませんけど。



http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/138.html#c10

[国際13] 人工知能「Tay」・人工知能(AI) VS イルミナティ―は始まっている・人工知能(AI)は、「嘘」「詭弁」を認めるだ… お天道様はお見通し
2. 晴れ間[1004] kLCC6orU 2016年3月28日 23:21:51 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[126]
「お天道様はお見通し」は陰謀論者であり、この投稿も陰謀論の立場のものであるから、国際板に載せるのは適切ではない。カルト板に移るべきではないか。



http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/159.html#c2

[戦争b17] ブリュッセルのテロ事件はやはり。。。アメリカのCIAとイスラエルのモサドの指揮下で行われたもようです。 お天道様はお見通し
3. 晴れ間[1005] kLCC6orU 2016年3月30日 17:34:03 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[127]
陰謀論者「お天道様はお見通し」は海外の陰謀論サイトから記事をコピーすることを趣味ないし商売にしているようだが、その意図は何だ?
単に陰謀脳になってしまって思考が狂っているだけか?
陰謀論を商売にしているのか?

「真実」を追求しているというのなら、以前私が呈した批判に何故答えないのか?
なぜ「嘘」をつき続けるのか?

その点について、もう一度指摘しておこう。

以前の私の指摘 :
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/495.html#c2
(2015年11日13日テロを「偽旗」とする「お天道様はお見通し」の作り話投稿に対する私の批判)

上記、私のコメントに関連した私の投稿とコメント :
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/445.html
(2015.11.13-14 パリ・テロにおける「写真の女」陰謀論について)

特に「お天道様はお見通し」が偽旗説の根拠として取り上げている「カフェでの爆発」に関連した私のコメント(コメント11の、特にAの箇所) :
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/445.html#c11


この私の批判に対して、「お天道様はお見通し」は一切答えていない。自説を証明するだけの能力がないか、故意ないし悪意の投稿者であるからであろう。(そもそも「自説」など持っているのか。海外の陰謀論サイトを覗き込むことに無駄な時間をつぎ込んでいる暇人なのか。)
上記、私の投稿「2015.11.13-14 パリ・テロにおける『写真の女』陰謀論について」で取り上げた他の陰謀論者たちも同様である。まともに反論した者は一人もいない。反論する能力もないのか? 自分の誤りを認める「誠実さ」と「謙虚さ」を欠いているのか?

「真実」を追求しているというのなら、「事実」に対してもっと「誠実な」態度を取ってはどうか。
「嘘」まみれの陰謀論をことさらに唱え続ける理由は何か?
陰謀論で遊びたい、それで人をたぶらかしたい、他人が欺されるのを愉しみたい、という邪悪な意図を持っているのか?
陰謀論者のメルマガ登録者や有料会員を募って、金儲けがしたいのか?


一つの嘘をつくものは、いくらでも嘘をつく。何度でも嘘をつく。
一度でも嘘をついた者の言うことを信じてはならない。(それでも欺されたいという低脳マゾヒストが陰謀論者の顧客になるのか?)
海外の陰謀論サイトやその転載記事に飛びつく者は、足元をひっくり返されないよう気をつけろ。
しかし、一度陰謀脳になった者は、もう救われないだろう。陰謀論者だけで群れ集い、「真実」からはますます遠ざかってゆく。
自分を哀れだとは思わないのか?



http://www.asyura2.com/16/warb17/msg/425.html#c3

[国際13] ブリュッセルのテロ事件はやはり。。。アメリカのCIAとイスラエルのモサドの指揮下で行われたもようです。:戦争板リンク お天道様はお見通し
2. 晴れ間[1006] kLCC6orU 2016年3月30日 17:56:52 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[128]
陰謀論者「お天道様はお見通し」の投稿活動については、戦争板での元投稿の方にコメントを書いた。

http://www.asyura2.com/16/warb17/msg/425.html#c3


「陰謀論」一般についても、私の別の投稿で論じている。
http://www.asyura2.com/15/warb16/msg/445.html
(2015.11.13-14 パリ・テロにおける「写真の女」陰謀論について)

陰謀論者「お天道様はお見通し」は、海外(主に英語圏)の陰謀論サイトの記事の紹介を専門にしているようだが、一般に、欧米の陰謀論サイトというのは、かなりいかがわしい者たちにより運営されている。(運営者は一人か、非常に小人数のグループである。有料会員制にしてカネ集めをしているところもある。) なお、反ユダヤ主義(ユダヤ人差別)の立場に立つ者が多い。(彼らは、人種・民族差別としての反ユダヤ主義の隠れ蓑として、反シオニズム」を口実に使うことが多い。)

(※以上の私の情報源は、高級誌 L'Obs の記事等。L'Obs は、Web の外、日本の公共図書館でも読める。)


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/173.html#c2

[国際13] ブリュッセルのテロ事件はやはり。。。アメリカのCIAとイスラエルのモサドの指揮下で行われたもようです。:戦争板リンク お天道様はお見通し
4. 晴れ間[1007] kLCC6orU 2016年3月30日 21:43:29 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[129]
>>3

あんたら陰謀脳に比べれば、はるかに「高級」であることに間違いはない。
ともあれ、L'Obs の掲載記事の殆どは書き手であるジャーナリストの署名入りだ。ジャーナリストとしての職業的生命をかけて記事は書かれている。(いいかげんな記事を書けば、ジャーナリストとしては信用を失い、生きてゆけなくなる。)
2015年1月当時の記事の中に、当該の記事の一つはある。検索すれば容易に出てくるだろう。

L'Obs のジャーナリストが取材対象に電話して、資金源などを尋ねると、陰謀論サイトの運営者は電話を切ったりするそうだ。何かやましいことでもしているのか?
あんたもその一味?

「嘘」と「ねつ造」と「妄想」で構築されたものであるから、陰謀論サイトでは実名を出しては書けないのか?
それから、フランスの陰謀論者は、知識人界やジャーナリストからは全く相手にされてないよ。そんなものに熱中するのは、低学力の中学生や高校生レベル。学業成績のしっかりした者は、そういうものには欺されない。ま、そこのところが、陰謀論に向かうか向かわないかの違い。


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/173.html#c4

[戦争b17] ヒラリーとDAESHを結びつけたジュリアーニは9/11の際、事前にビル倒壊の警告を受けていた(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
3. 晴れ間[1008] kLCC6orU 2016年3月31日 18:10:15 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[130]
>>2

「幻解!超常ファイル」? NHKがこういう番組やってるんですか。(私はテレビを見ない(そもそもテレビを持っていない) ので、YouTube で見られて有り難いです。

このビデオが消されるって、誰が消すのですか?
NHKは消さないでしょう。消すとしたら、阿修羅かな? 
YouTube のコメントには、陰謀論者たちの不満と愚痴が出てますね。

9.11のビル倒壊が「自作自演」だと叫んでいる陰謀論者たちは、残念でしたね。それでもあなたは「陰謀」を信じ続けますか?

番組は、陰謀論が根拠のない妄想でしかないことを説明しています。陰謀論を信じているのは、阿修羅の陰謀論者だけですよ。それと、世界中の脳弱者たち。
(フランスでは知識の足りない、比較的低学力の中高校生が陰謀論に引き寄せられるのですが、日本では大の大人や高齢者までもが陰謀論ですからね。もっと思考をクリアにせねば!)


いつだったかな、オバマがスピーチで陰謀論に言及しているのを聞いて、私は、陰謀論に批判的な自分の見方がさほど間違っていないことを確信しました。世界中の人々が「陰謀論」を唱え出すと、為政者は「陰謀」を「実践」できないですよ。少なくとも、気をつけるようになります。

この番組はさほど専門的でもなく、一般向けに易しく説明していますから、阿修羅のサイトを覗いて公式発表に「懐疑的」になっている人たちが見るとよいと思います。ただし、まだ陰謀脳になってしまっていない人たち。すでに陰謀脳になっている人は修復不可能かもしれません。

脳や精神の性向から陰謀論に陥る可能性の高い人というのがいるんですね。まず、自分の性向を知りましょう。

私の座右の銘は「すべては疑い得る」です。こう書くと、「マルクスはユダヤ人だ〜!」と叫びそうな人たちが阿修羅にはうようよいます。
公式発表を鵜呑みにしないことは勿論ですが、陰謀論自体を疑うことが必要なんですよ。


http://www.asyura2.com/16/warb17/msg/431.html#c3

[国際13] ≪注目≫フランスで非常事態宣言を憲法に明文化する憲法改正を断念「議会で合意に至らなかった」 赤かぶ
1. 晴れ間[1009] kLCC6orU 2016年3月31日 21:16:29 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[131]
当然の結末です。オランド政権自体、憲法改正ができるとは考えていなかったのでは?
テロには、従来の法律で対応できる。(二重国籍者の)国籍剥奪だって、従来の法律で対応できる。共和国の理念を曲げてまで、憲法を変える必要はなかった。

オランド政権は、右翼支持層や保守派に対して、テロへの「強硬姿勢」を示したかっただけだろう。次期大統領選へ向けての、単なるポーズだったかな。

トビラさんは頼もしかった。辞任する勇気があった。
共産党など閣外の野党左翼だけでなく、社会党内部にも反対派があり、議会政治は全体として健全だった。
保守派(共和党) がユニヴァーサリズムの原則を捨てないのも立派。(ここが日本との大きな違い。)
ただ、首相のヴァルスはやや偏狭。もともと外国人で青年期に帰化したため、余計に強硬な態度を取りたがるのかも。


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/182.html#c1

[国際13] 陰謀論に疑問を持っている人は必見! NHK BSプレミアム 「幻解!超常ファイル」 晴れ間
5. 晴れ間[1010] kLCC6orU 2016年4月01日 18:14:01 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[132]
>>3
> アンネはチフスにかかっているにもかからずなぜアウシュヴィッツから生きたまましかも重病なのにベルゲンベルゼンに移された論理的な理由?
> アンネの日記にガス室の描写が全くない論理的な理由?
>(アンネで意味があるのはこれらだけと思われる。)
> これらも当然答えられると判断しているので明確にして頂きたんだが。

あなたは要するに「ガス室否定論」ないし「ホロコースト否定論」の立場に立っているわけですね。ホロコースト、ナチの蛮行を否定しているわけですね?
ナチの蛮行を否定する立場は「歴史修正主義」、そして典型的な「反ユダヤ主義」である、と私は指摘しているわけです。
そして、欧米の陰謀論者には「反ユダヤ主義者」(ユダヤ人に対する人種・民族差別主義者) が多いという事実を、私は指摘しているわけです。
これのどこがおかしいのですか?
ユダヤ人差別と「ガス室否定」ないし「ホロコースト否認/極小化」の歴史修正主義の立場に立ちながら、自分は陰謀論者ではない、と言いたいだけですか?


ユダヤ人の定義は、状況により変化しますよ。父祖の地を追い出されてから2000年も、中東だけでなく欧州全域や北アフリカを放浪すれば、改宗もあれば混血もあるでしょう。(私が話したことのある中東のアラブ人たちも言っていましたよ。自分たちにもユダヤ人の血は混じっている、と。)  居住地や時代によっても、境遇は様々に異なるでしょう。
民族学的にはユダヤ人の起源としては4つの血縁集団があるそうですが、そういうことは私の専門ではないし、ナチによる犯罪に関しては同じ次元の問題ではないので、ここで考える必要はないでしょう。。
ナチによるユダヤ人の定義に恣意的な区分はあるでしょう。宗教に基づかせるもの。血統を重視するもの。特に母系を重視するもの。恣意的な区分というか、「線切り」をせねば処分の対象者を決められない、境界が曖昧であるという実態と現実的な必要もあったのでしょう。

フランスの場合は、欧州で最も早く、仏革命期にはユダヤ人は「解放」され「市民権」を獲得しました。財界や社会の上流階級にもユダヤ人は多く、政治家として首相になった人もいます。「自由の国」フランスには、欧州中からユダヤ人の知識人や芸術家が流れ込んできました。19世紀末〜20世紀初頭には、ロシア東欧のポグロムや飢餓(差別により加重される餓死の危険) を逃れて、民衆層から新たなユダヤ系移民が多数流入してきました。ファシズムの時代には、ファシズムから逃れて来る移民も大量にいました。
フランスに古くから住み市民社会に統合されたユダヤ系の人と、イディッシュ語を話す新参のユダヤ人とでは、文化的にも同じではありません。
だからヴィシーは、フランスに帰化した時期(年) を基準に「線切り」というか「足切り」をしたのです。足切りされた人は「ユダヤ人狩り」を逃れられず、中東欧の強制収容所に送られていったのです。
なおフランスでは、非ユダヤ人の援助や協力もあって、「ユダヤ人狩り」を逃れることのできた人も大勢います。

ナチにより殺されたユダヤ人の数に、あなたが偏執的にこだわる理由は何ですか?
それによって何を言いたいのですか? 単に「ガス室否定論」「ホロコースト否認論」を展開するためですか? 推計の数字が異なっていても当然ではないですか。それで、大量虐殺そのものを否定できますか?

それから、『アンネの日記』にガス室のことが書かれていなくても、何の不思議もないではないですか。アンネは自分の日記をオランダ、アムステルダムの隠れ家に残してきたのですよ。アンネが日記を強制収容所に持ち込み、ガス室のことを記録するなんて、怪談めいた話ですね。そういう作り話を繰り返す、あなたの意図は何ですか? 陰謀論者に特有の「妄想脳」ですか?
仮にアンネがガス室を見たとして、一度ガス室に入った者でも、そこから生きて出られたはずだ、と考えるわけですか? ガス室からの生還者の証言があるのですか?

ナチの収容所に、強制収容所と絶滅収容所の2種類があるのは御存知ですね? アウシュヴィッツ・ビルケナウは、絶滅(即時殺処分) だけでなく強制労働もさせる収容所です。(そこには、ユダヤ人ではない政治犯もいます。) ベルゲン・ベルゼンは、病人専用の収容所です。ナチが利用価値があると考え、直ぐに殺処分しない者は、そちらに回されたのでしょう。 (私はナチのユダヤ人迫害の専門研究者ではありませんので、一般常識のレベルで語っています。)
絶滅収容所というのは、強制労働すらさせず、到着と同時に(到着後2時間以内に) ユダヤ人を殺処分してしまう収容所です。
クロード・ランズマンの映画『ショアー』には、そこで働かされていた、収容所から「生還」した人物の証言もあります。ナチ・ドイツによる、ユダヤ人を移送した貨物列車の運行記録を元に研究を行ったアメリカの歴史家の証言もあります。(この人の本は邦訳があるはずです。)


アンネを持ち出して「ガス室はなかった」と「嘘」をついたり、ネチネチと殺されたユダヤ人の数に拘泥したりと、あなたは何の意図でそういうことをするのですか? あなたは偏執狂ですか? 陰謀論者というのは、こういうふうになるのですか?
そう言えば、以前の投稿の際に、陰謀論の方が正しいなんて言ってきた阿修羅の陰謀論者の典拠元のサイト(米国の極右のサイト) を見たら、「ユダヤ人ガ〜!」と喚いている動画もありましたよ。何でも、自分たちの Wiki への書き込みが悉く削除されるので、ブーブー文句を言ってるらしい。阿修羅の政治版にも、「ユダヤ人ガ〜!」と喚き散らしている女がいましたが、今もいますか?
あなた方、陰謀論者との関わりはお断りします。キ〇〇〇を相手にするヒマはありません。
あなた方には、専用の「カルト板」があるではないですか。そこで、自分たちだけで勝手に盛り上がっていればいいでしょう。
しかし、あなた方が盛り上がれば上がるほど、「陰謀論者の巣」になっている阿修羅の信用は、確実に落ちますよ。


陰謀論者ではない一般の方は、ご参考までに、こちらを御覧下さい。
(Wiki の「ホロコースト否認」論の項目。「ホロコースト否認論者」がまともな研究者からは全く相手にされていないことも書かれています。)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D


陰謀論者であるコメント者>>3 は、自分の説に自信があるなら、Wiki の記事を編集してみてはいかがですか? 即座に削除されて、あなたも「ユダヤ人ガ〜!」と喚きますか?
少なくとも、アンネが日記帳を収容所に持ち込み、そこでも記述していた、という証拠は持っているんでしょう? それを出せばいいんですよ。


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/190.html#c5

[国際13] 陰謀論に疑問を持っている人は必見! NHK BSプレミアム 「幻解!超常ファイル」 晴れ間
15. 晴れ間[1011] kLCC6orU 2016年4月03日 00:24:57 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[133]
陰謀論に執着して離れられない人が色々言っていますが、そういうものに惑わされず、各人が自分で考えればいいことです。

NHKの番組でインタビューを受けて発言している陰謀論派の人の人選がおかしいとは思いませんか? 神父と頭の弱そうな老人ですよ。もう少し理知的で弁舌の効く人をなぜ集められなかったのでしょうか。
カルト脳と陰謀脳は類似していると、私は以前より思っていましたが、神父なんてカルト脳そのものではないのですか?

陰謀論派が編集した動画をそのまま信用することはできません。小細工して時間をごまかすことなんて、いくらでもできるからです。
(私の以前の投稿に私がつけたコメントを見て下さい。昨年11月13日パリ・テロで、バタクランの裏側の窓枠に女性がつかまっていたことがありますが、米国の陰謀論者は、映像を止めてその時間を勝手に引き延ばしています。ましてやBBCのニュースの正確な時間も、生素材でない限り信憑性はないでしょう。誰かが加工した材料ではなく、生のままでなければいけないんですよ。)

解釈なんて、どうにでもできるんです。脳により、どんなふうにでも解釈できるんです。
9.11の陰謀論に関して、NHKの解説委員の飛び降り自殺が話題になりました。CIAに殺されたのだという噂も流れました。しかし真相は、誰にも分らないのです。当人は陰謀論に欺されていたことに後から気付いて、恥ずかしさから自殺したのかもしれないし、全く別の動機や要因があったのかもしれない。(まあ、普通の感覚だったら、ああいう間違いに気付けば、少なくとも辞任を申し出るでしょう。自殺は行き過ぎだと思いますが。)


ビルの崩落現場でテルミットが発見されたから意図的な爆破だ、とも言われましたが、瓦礫の処理のためにも爆発物を使うことはあるでしょう。
何よりも、公式調査に参加したプロの土木工学の専門家たち自身が、テルミットによる爆発だとは述べていないことが重要です。
ネット上では、多数の自称「建築家たち」が制御解体だ、と述べていますが、建築家にもピンキリがあります。街の通常の建築物の建設に関わっている建築士と、大規模建造物の構造を本格的に研究している専門家とでは、比較にならないでしょう。

映像から見ても、ビルは土台からではなく上層から壊れています。
ビルの倒壊が前代未聞だということはありません。いつでしたか、かなり以前、韓国のデパートが倒壊しました。手抜き工事の不良建造物で、上部から壊れ、その重みが上から下にかかって、重力でビル全体が潰れてしまいました。
なぜ、韓国のデパート倒壊では、制御解体だと騒がれなかったのでしょうか。

私は、9.11のビル倒壊とそれにまつわる陰謀論の広がりに関しては、ある種の集合意識のようなものが作用したのではないか、と考えます。
あのテロ事件を見て、世界中の多くの人が、内心「ざまぁ見ろ!」と思ったのです。それほど、冷戦後のアメリカは傲慢でした。アメリカに対する反発が、親米派以外では、特に新興国や貧困国では多く、人々の同情よりも鬱憤晴らしのようなものを引き起こしました。
それはそれでいいと思いますよ。私もアメリカに同情などしない人間でした。私は
親米派であったことは一度もありません。欧州や中東・アフリカの私の友人たちにも親米派はいませんでした。
しかし、それと事実関係を見ることとは全く別問題です。


>>3>>6 のコメント投稿者が悪質であることは、見る人が見れば分かるでしょう。
ベルゲン・ベルゼンの収容所は、病人専用の収容所でしたから、伝染病患者のアンネがそこに入れられたのは当然でしょう。私がその点を明確に指摘しているのに、
コメント投稿者は何度も同じことを繰り返しています。明らかに、情報の攪乱を狙っているのです。
阿修羅の陰謀論者の特徴として、質問には決して答えない、全く的外れな言い方をしたり、ごまかしや情報攪乱をする、といいった特徴があります。人間としての誠実さを欠いているのか、脳がおかしくなっているかの、どちらかですよ。どこかのカルト集団にでも属しているのでしょうか。

フランスには陰謀論を検証する専門のサイトもあれば、本格的な討論番組もあります。阿修羅の陰謀論者とは、知性の質のレベルで違います。陰謀論を批判する人たちは、少なくとも「自分たちは何かを知っている、真実を追究している」なんて思い違いはしていません。

ジャーナリストでも特定分野での専門研究者でも、世界で通用するレベルの仕事をしている人は、自分の名誉をかけて真実を追究します。妄想で仕事をしたら、職業生命を絶たれます。
総じて、陰謀論派には知性が感じられない。反対に、いかがわしさがつきまとって離れないことは否めません。


私はマスコミを鵜呑みにすることはありませんよ。何年も前に、NHKも解約しています。でも、阿修羅の陰謀論者よりNHKの方がマシなのかもしれない、と思います。

なお、何をもって「陰謀論」というのかについては、別スレッドへのコメントで、すでに定義を書いていますので、それを参照して下さい。
「事実」に反するものが陰謀論です。事実であるか否か不明なものは、「不明」であるとして保留しておくのが正しい。妄想や空想を入れて解釈してはいけません。事実が明らかになるまで「保留」にしておけばいいのです。



http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/190.html#c15

[国際13] 陰謀論に疑問を持っている人は必見! NHK BSプレミアム 「幻解!超常ファイル」 晴れ間
17. 晴れ間[1012] kLCC6orU 2016年4月03日 10:04:07 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[134]
皆さん、
陰謀論者がムキになって私に絡んできていますが、ネットで簡単に調べられることですので、事実関係のみを追跡して下さい。
偏執者は、だんだん反ユダヤ主義者の正体を露わにしてきましたね。この反ユダヤ主義の陰謀論者が尊敬しているらしい西岡昌紀というのは日本人の「ホロコースト否認論者」で、マルコポーロ事件の当事者です。

「ホロコースト否認」については、上記の私のコメントでも触れています。日本語でも簡単に調べられることです。
「ホロコースト否認」についてのWiki の記事 :
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D


なお、「ベルゲン・ベルゼン収容所」についてのWiki の説明はこちら (アンネのことも書かれています) :
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%BC%E3%83%B3%E5%BC%B7%E5%88%B6%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80


Wikiの記事は誰でも加筆することができますが、やや専門的になると欧州言語版を直接参照する方がいいです。(記述量も圧倒的に違います。) 真偽を確かめたいときは、記事中につけられた脚注をさらに追ってゆけばいいです。(文献等の記述を芋蔓式に辿ればいいだけです。)
事実と異なると思えば、加筆訂正するなり、Wiki に直接言えばいいでしょう。

「陰謀論」につられても、人種差別の反ユダヤ主義に陥ってはいけません。政治板に現れた陰謀論者の女のように「ユダヤ人ガ〜!」と叫ぶようになれば、もう重症。治りません。

陰謀論者も反ユダヤ主義者も、具体的な社会改革につながることはしません。金融資本による横暴と収奪から多くの庶民や貧民、いわゆる「99%の人々」を守るための具体的な政治運動や社会改革運動、労働運動に、彼らが起ち上がることはありません。
むしろ彼らは人種差別の言辞を繰り返すのみです。(彼らは「反シオニズム」の語を「隠れ蓑」として使います。)
そもそも陰謀論者の多くは右翼です。社会の不平等を正す意思はありません。(右翼と左翼の定義については、私の過去のコメントを参照。阿修羅の代表的な陰謀論者である「あっしら」氏が安倍晋三やルペン一族に共感を寄せているのもその一例です。)

)




http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/190.html#c17

[国際13] 陰謀論に疑問を持っている人は必見! NHK BSプレミアム 「幻解!超常ファイル」 晴れ間
18. 晴れ間[1013] kLCC6orU 2016年4月03日 10:14:56 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[135]
>>17

私自身は、シオニズムにも勿論反対ですよ。私はユニヴァーサリスト(普遍主義者) 。コミュノタリスムには反対です。
私は無神論者なので、どの宗教にも賛同しません。ただし、信教や思想信条の自由は支持します。
天皇制国家神道にも反対です。


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/190.html#c18

[国際13] 陰謀論に疑問を持っている人は必見! NHK BSプレミアム 「幻解!超常ファイル」 晴れ間
20. 晴れ間[1014] kLCC6orU 2016年4月03日 11:30:48 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[136]
阿修羅の陰謀論者の皆さん、

皆さんのお仲間である「反ユダヤ主義の陰謀論者」が発狂しているみたいですから、相手をしてあげて下さい。「反ユダヤ主義の陰謀論者」を支援してあげて下さい。欧米の陰謀論者の大半は「反ユダヤ主義者」ですよ。皆さんのお仲間です。

私は幸か不幸か、陰謀論者や人種差別主義者のお相手をするヒマも興味もありません。
私が読むのは、きちんとした学術文献や、きちんとしたアカデミズム機関で教育や修練を受けたジャーナリストや知性教養のレベルが高い作家が書いたものや、「高級紙誌」に載った記事です。
私は「キワモノ文献」には一切の価値を認めません。(そんなクダラナイものを読む時間はないし、興味もありません。)

阿修羅の陰謀論者の皆さん、欧米の陰謀論が反ユダヤ主義と密接な関係をもっているという事実は知っておく必要がありますよ。反ユダヤ主義に共鳴できるのであれば、反ユダヤ主義者としての道を貫徹して下さい。
手始めに、このスレッドで発狂している反ユダヤ主義者に声援を送ってはどうですか?

陰謀論者の世話は陰謀論者に、反ユダヤ主義者の世話は反ユダヤ主義者に、人種差別主義者の世話は人種差別主義者にお願いします。私にはキ〇〇〇を相手にする趣味も時間もありません。
どうぞ皆さんだけで、同類同士で仲良く、お元気に。


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/190.html#c20

[国際13] 陰謀論に疑問を持っている人は必見! NHK BSプレミアム 「幻解!超常ファイル」 晴れ間
22. 晴れ間[1015] kLCC6orU 2016年4月03日 20:09:49 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[137]
これまで、私がカルトとしてのイスラムを批判すると、私に対して「イスラモフォビア」とか「イスラモフォブ」、果ては「ヘイト! ヘイト!」と、言葉の明確な定義をすることもなく、というより自分は無知なのに「人種差別反対派」や「弱者の味方」を気取って、私に罵詈雑言を投げかけた人々が、阿修羅にはいました。(数名? 3人くらいかな?)
その度に私は、自分が人種差別には反対であること、阿修羅で最も敢然と、陰謀論者の反ユダヤ主義(ユダヤ人への人種差別、民族差別) には反対してきたことを述べました。

今また、阿修羅の陰謀論者、その中でも最悪の「反ユダヤ主義者」が、当スレッドで反ユダヤ主義の言辞を繰り返して発狂しています。
さあ、「イスラモフャビア」という語を「誤用」して、私を間違って批判してきた人も、この反ユダヤ主義者を批判して下さい。自分の真価の見せ所、またとない機会ですよ。

ムスリム非難(ただし私のは宗教批判としてのイスラム批判)には反対だが、(民族としての)ユダヤ人を非難することには賛成なんですか? そういうのを二重基準というのですよ。皆さんの「人道主義ぶり」「反人種差別」の姿勢を、ここで証明して下さい。
それをしなければ、皆さんは嘘つき、偽善者ですよ。

なお、私はカルトとしてのイスラム、民主主義と人権を否定し、女性への抑圧を当然視し、世界中にシャリア支配を広げようとするイスラムは批判してきました。しかし、それは宗教批判であって、「人間」としての信者批判ではありません。

「イスラモフォブ」とか「(反/)シオニズム」とか、言葉を軽々しく使わず、言葉の意味と定義をしっかりと理解して、自分の言動には責任を持ちましょうね。


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/190.html#c22

[国際13] 陰謀論に疑問を持っている人は必見! NHK BSプレミアム 「幻解!超常ファイル」 晴れ間
28. 晴れ間[1016] kLCC6orU 2016年4月04日 23:11:49 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[138]
ここで喚いている反ユダヤ主義者を相手にするバカはいないだろう。
これは「ネトウヨ」ではないよ。古いタイプの反ユダヤ主義者で、しかも病的な偏執症者だ。「西岡昌紀」某などという名前を出した時点で、この反ユダヤ主義者は自分の本性を暴露してしまった。お里が知れる、とはこのことた。


> 医師である西岡氏でもないのに精神医学を答えることができるのですか?
> あなたは医師ですか?
> そして西岡氏の本業は医師です。


この言葉には笑ってしまったよ。「医師」だから、何だっていうのか?
ユダヤ人問題(2000年に及ぶユダヤ人差別問題) という、すぐれて歴史的な問題が、一介の医師に理解できるとでもいうのか?
日本人の一般の医者のほとんどは、井の中の蛙。悪い言葉で言えば、ただの「専門バカ」だ。もちろん、パキスタンやアフガニスタンの農村で活動されてきた中村哲氏のように人間として優れた方はいくらでもいる。医学の道で優れた業績を上げ、人命救助や人類の幸福のために貢献してこられた方も無数におられるだろう。医学の道で社会に貢献してくれれば、それはそれで立派なことだ。

しかし、仮に人命を救うことに使命を見いだしている医師であれ、反ユダヤ主義に与した時点で、医師である以前に人間としてはクズ、最低の人間だ。


それに、一般論ではあるが(つまり例外の余地はあるということ)、医者には、この問題を歴史的に考察する素養がないだろうし、そのために必要な訓練(もちろん自己学習でよい)を受けた者もまず(殆ど) いないだろう。

「真実」を追求するとして、どういう方法を取るのか? 他人の研究を図書館で探して読むだけでは「研究」とは言えない。自説を唱えるに当たっては、それなりに「未発見の(あるいは未開拓の) 資史料」を発掘せねばならない。その資史料の所在を知っているのか? 心当たりがあるのか?
『マルコポーロ』なんて三流メディアに載せる雑文なんて、学問的な価値はゼロなんだよ。まともな学者や研究者は一顧だにしない。

資史料の話に戻るが、一度「反ユダヤ主義者」「ホロコースト否認論者」という評価が確立すると、まず、未開拓の資史料にはありつけないだろう。「歴史の証言」をどうやって見つけるのか? 自分の足で当事者やその関係者を探し出し、個人や家族の歴史を「再建」せねばならないのだが、札付きの「反ユダヤ主義者」や「ホロコースト否認論者」に、進んで話してくれるような奇特なユダヤ人はいないだろう。それで、どうやって「研究」をするのか?
せいぜい、反ユダヤ主義者のプロパガンダ文書のコピーをすることくらいしか、やれることはないだろう。そんなものは研究でも何でもない。「ユダヤ人ガ〜!」と阿修羅で喚いている女や、ありもしない「偽ユダヤ」なるものをでっち上げて愉しんでいる阿修羅の陰謀論者と大同小異の知的営為、あるいはおぞましき人間行為に過ぎない。

ユダヤ人差別の歴史を追究するということは、「医者」であればやれる、という種類の仕事でもなければ、そういうレベルの仕事でもない。西岡某なんかには、土台、無理なことなんだよ。サブカルチャーと、真面目なアカデミズム研究を一緒にしてはいけない。

もちろん、真摯な人には、いくらでも真実に近づく方法はあるよ。「まともな」研究をしている人が書いた「まともな」本から学びを開始することだ。それが唯一の道だ。
しかし「ユダヤ人ガ〜!」脳になった後では、残念ながら、もう遅い。修正不可能、手遅れだよ。


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/190.html#c28

[国際13] 陰謀論に疑問を持っている人は必見! NHK BSプレミアム 「幻解!超常ファイル」 晴れ間
29. 晴れ間[1017] kLCC6orU 2016年4月05日 00:27:08 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[139]
ユダヤ人について、タルムード云々なんて、どうでもいいではないですか。
聖職者は別にして、伝統的な後進社会は別にして、現在の殆どのユダヤ人は、タルムードの中で生きているわけではありません。宗教実践を全くしない人々も大勢います。そもそも混血も進んでしまって、「純粋ユダヤ人」自体が少数派になっているでしょう。

私が直接出会ったユダヤ人で、信仰深い人なんていませんでしたよ。宗教など、全く関係ない、という人が殆ど。

因みに、最近のユダヤ人関連のニュースから:
http://www.francetvinfo.fr/monde/proche-orient/ces-juifs-francais-qui-rejoignent-israel_1382589.html

もし映像が出なければ、こちらで。(16:14-19:34 の部分)
http://www.francetvinfo.fr/replay-jt/france-2/20-heures/jt-de-20h-du-mercredi-30-mars-2016_1372475.html


最近のイスラム過激派テロでは、特にユダヤ人が狙われています。2014年ブリュッセルのユダヤ博物館テロだけでなく、2015年1月シャルリエブド事件の際にユダヤ食品店もテロ犯に襲われ、多くの犠牲者が出たことは日本でも大きく報道されました。それ以外にも、ユダヤ人学校が狙われたり、ユダヤ人の墓が荒らされたり・・・、と事件が頻発しています。墓荒らしのように、その犯人が15−16歳の未成年者であるケースもあり、これはネットメディアを介して拡散されている「陰謀論」が背景にある、と言われています。
そうした風潮に、日々身の危険を感じるフランス在住(仏国籍) のユダヤ人のイスラエル移住が最近急増しています。昨年一年間で、フランスからイスラエルへの移住者は8000人。今年は1万人を越えると予想されています。
(イスラエルは息苦しいため、米国フロリダを移住地に選ぶ人も増えています。)
現代の「反ユダヤ主義」は、こういう形で現れているということです。「陰謀論」がそこで果たしている役割に、日本の「無邪気な」陰謀論者は気付くべきです。

「ユダヤ人だ」という理由だけで殺される、テロの標的にされる。安心して暮らせない、安心して眠ることのできる場所がない。これが現在の反ユダヤ主義のあり方、現在の問題なのです。


イスラエルを批判すること、そのパレスティナ政策を批判し、パレスティナ人支援をすることは、当然です。イスラエルの国土の縮小も必要でしょう。(イスラエルを地中海に叩き落とせ、とまでは、私には言えません。)
しかし一般のユダヤ人は、ふつうの生活者です。この人々への憎悪を煽り立てたり、事ある毎に「ユダヤ人ガ〜!」と叫んだり、「偽ユダヤ」と言い立てて笑い合うなど、おぞましいとは思いませんか?


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/190.html#c29

[国際13] 陰謀論に疑問を持っている人は必見! NHK BSプレミアム 「幻解!超常ファイル」 晴れ間
30. 晴れ間[1018] kLCC6orU 2016年4月05日 00:45:45 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[140]
先月投稿しましたが、フランスでは混血が進んでいて、それを反映したというか、そういう要素でヒットしたフランス映画が現在日本で上映されています。
http://www.asyura2.com/15/kokusai12/msg/845.html
(近日公開! フランス映画『最高の花婿』。 ユニヴァーサリズムとコミュノタリスムを考える。)

この映画の中で、4人姉妹のうち1人はユダヤ人と結婚しています。
映画の予告編の中で「芸能人も歯科医もユダヤ人だらけ」という台詞が出てきますが、笑いました。私が大好きな歌手も、歯の治療をしてもらった歯科医(大学の歯学科教授)も、ユダヤ人です。
http://www.cinemacafe.net/article/2015/12/25/36682.html


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/190.html#c30

[政治・選挙・NHK204] 天木氏の“浅読み”:「愛国保守」こそ仮面、13年暮れ靖国参拝も日中合意で実施、今でも“媚中”の安倍政権 あっしら
2. 晴れ間[1019] kLCC6orU 2016年4月19日 20:18:37 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[141]
陰謀論者で「妄想脳」のあっしら氏の解釈は、読むだけ時間の無駄。
ここは、中国文化が専門の人に一言論評してほしいな。中国人の脳に、こういう「妄想」が通用するか否かを。

あっしら氏は、安倍晋三首相やその外交政策プレーンと特別な関係にあるのか? 特別の情報をもらっているのか?
あっしら氏は、中国首脳人と特別な情報伝達網でも持っているのか?

それがないのなら、あっしら氏の頭の中だけで起きている単なる妄想に過ぎない。
あっしら氏から見れば安倍晋三は稀代の「リベラル」だそうだから、あっしら氏の主張は言葉の定義からして全て疑わしい。

阿修羅初心者は、あっしら氏の言うことには十分注意すべし。真に受けると馬鹿を見る。


http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/676.html#c2

[国際13] 911サウジ犯人説の茶番劇(田中宇の国際ニュース解説) HIMAZIN
2. 晴れ間[1020] kLCC6orU 2016年5月01日 23:42:20 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[142]
田中宇って人も陰謀論者?
爆発物が仕掛けられたというのなら、その当事者か目撃者を見つければいいだけ。証明するのは簡単なことではないか。

あれだけ大きな建造物なら、あれだけ大きな爆破の準備作業なら、爆発物を仕掛けた際の目撃者が一人もいないはずはない。多くの入居者(法人)、客や通行人、出入りの業者、設備の管理点検や修理人、掃除人等、目撃可能な人は大勢いただろう。多額の懸賞金を出して、目撃者を探し出せばよいではないか。

それと会計資料や税務関係書類の調査も有効だ。清掃や点検一つを取っても、担当した会社に支払いの関係書類が残っているはずだ。「何月何日の定期点検の際に異常」があったかなかったか、くらいは分かるのではないか。
それらを虱潰しに調べていけば、異常があればどこかに現れるものだよ。


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/553.html#c2

[政治・選挙・NHK205] サンモニ・岸井氏「豪への潜水艦輸出失敗して良かった。武器や原発を、自動車等に代えて輸出産業の中心にするのは間違いだ」 赤かぶ
22. 晴れ間[1021] kLCC6orU 2016年5月03日 23:47:46 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[143]

「資本」には、平和主義も軍国主義もない。資本の論理があるだけ。日系企業が口先で何と言おうと、状況次第で言動は変わると思っておく方がよい。


日本での報道についてもオーストラリアの政情についても詳しいことは私は知らないが、前首相アボットの時にアボットから安倍に潜水艦の話は持ち込まれたらしい。同時に、武器を納入するアメリカも背後から関与していて、アメリカは当初日本を推していたらしい。しかしアメリカは途中から態度を中立(不干渉)に変えたというから、極右政治家安倍を見放したのかもしれない。そのときからフランス有利になった。
http://www.lemonde.fr/entreprises/article/2016/04/26/le-francais-dcns-remporte-un-megacontrat-de-sous-marins-a-34-milliards-d-euros-en-australie_4908510_1656994.html
(※なお、ルモンドのこの記事が「国際政治」欄ではなく「経済/企業」欄に載っていることが、フランスでの軍需産業の位置づけをよく表している。)


日系企業が武器輸出に関心をもたないのであれば、それはそれで大変結構。早い話、日系企業は民生品でやっていけるということだ。(平和主義ではなく、ソロバンの問題。)

フランスがなぜ武器輸出に熱心かと言えば、冷戦期に旧西ドイツや日本に輸出産業で遅れを取り、負け組になったからだ。他に有利な輸出品目をもたないフランスは、武器の製造輸出に活路を見い出した。

フランスが軍備産業に力を入れる理由は、二つ。一つ目は、上記の通り、他に有利な輸出品がないから。二つ目は、先端技術の開発にとって重要な分野だと考えられているから。(この分野ではアメリカ依存を避けたいから。)

戦闘機ラファルもそうだが、今回の潜水艦も売上高は数兆円規模に上る。たとえオーストラリア現地生産でも、製造元企業とその関連会社には数千人規模の雇用が生まれる。
武器輸出が成功したときのフランスのニュースは、いつも「売上高〇〇〇億ユーロ、雇用△△千人分」といった表現になる。平和か戦争かではなく、雇用・経済問題になる。つまり、現代先進国における武器生産はすぐれて「公共事業」になっているということだ。

日本社会にまだ生きている平和主義は素晴らしい。が、平和を語るだけの生活のゆとりがあるからでもある。フランスのような若年失業率25%の国とは違う。(ただし、日本の失業率は統計のトリックで低くなっているだけであって、統計の取り方をフランス並みにすれば、決して低くはない。)

日系企業に武器輸出をさせないためには、日本は米国からの独立(即ち日米安保条約破棄) を視野に入れて、国防と軍備を自前で行えるようにする必要がある。武器の製造も国産化すべきだ。カネはかかるが、それは「公共事業」だと割り切るしかない。(「人を見たらオオカミと思え」が国際社会の鉄則。平和を唱えるだけではダメだ。武器は使わずとも威嚇と抑止の効果があることを知るべきだ。) しかし自国民に武器を向けかねない安倍極右政権の下では、それは危険極まりないことでもある。国内では民主化、国外では友好こそが最大の防御と平和。

平和を守る国家、善隣友好の国、国民主権の国を作らねばならない。
そのために私は、憲法9条に固執する考え方は取らない。天皇制を廃止することが、9条改変と同時に必要なことだ。「憲法9条」と「対米従属」と「天皇制」は三位一体の関係にある。いずれも「平等と民主」の原則に反する。天皇制に従順な国民がいる限り、宗主国アメリカも日本の財閥、財界も、枕を高くしていられるだろう。「愚民国」とはまさにそのようなもの。


http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/430.html#c22

[経世済民108] なぜ、仕方なく進学した女子はキャバ嬢になるのか? データが裏付ける「格差社会」の拡大(ヘルスプレス) 赤かぶ
1. 晴れ間[1022] kLCC6orU 2016年5月04日 07:55:10 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[144]
この記事は非常に興味深いですね。日本社会の実情をよく剔抉しています。

ノルウェーが「格差の小さい順」で首位だという事実も、売買春(パートタイムの性奴隷制)との関連で興味深いです。
今春、フランスは買春を法的に禁止(買春の犯罪化)しましたが、買春(男)の処罰化は、世界的にはスウェーデン、ノルウェー、アイスランドが先行します。買春の犯罪化で買春すれば男は犯罪者になるわけで、売買春の抑制には非常に有効なようです。
先進国で日本(や韓国)のように売買春が蔓延し、女の身体と媚が商品化されている国はないでしょう。
キャバクラや水商売は、売春への入り口です。子供の貧困と女の貧困、女の貧困と売春が直結していることは、もっと強く訴える必要があります。

こちらは、買春の犯罪化(買春男の処罰化)に関する France2のニュース :
http://www.francetvinfo.fr/economie/emploi/metiers/droit-et-justice/prostitution-le-modele-suedois-inspire-ses-voisins_1397953.html
スウェーデンが、買春禁止の先進国としてお手本にされています。


それから、以前、養護学校に勤務していた人から聞いたことがあるのですが、歯にとどまらず、先天的な障害も貧困と強い相関関係があるようです。障害児の家庭には極度の貧困家庭が多く、それも両親が近親婚である率が非常に高いそうです。(近親婚で障害児が生まれているケースが多い。) そういう非常に狭い世界で生きている貧しい人々がいたということです。今現在はどうなのか知りませんが、少なくともかつてはそうだったようです。

フランスや北欧では、婚姻制度も崩れ(消え)かけています。個人が自由になり、経済的な要素ではなく、自分の自由意志で、愛情の有無だけでパートナーを選ぶようになっているからです。
話は飛びますが、先般マスコミを賑わした乙武某の話は不愉快でした。西欧や北欧社会であれば、乙武某の妻は夫を捨てるでしょう。社会もそれを肯定するでしょう。母子が生活に困ることもないでしょう。しかし日本では、そういう道は閉ざされているんですね。「よくできた妻」と美談に変えることが日本で生きてゆく方便になるのでしょう。



http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/254.html#c1

[政治・選挙・NHK205] サンモニ・岸井氏「豪への潜水艦輸出失敗して良かった。武器や原発を、自動車等に代えて輸出産業の中心にするのは間違いだ」 赤かぶ
25. 晴れ間[1023] kLCC6orU 2016年5月04日 17:46:31 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[145]
>>23

私は「三位一体」の語をキリスト教の宗教的な意味で使っているのではありません。「トリロジー」とか「三幅対」でもよかったのですが、要するに「3点セット」になっているという意味です。そのくらいのこと、文脈から明らかではないですか。日本国憲法と戦後日本の対米従属体制の成り立ちを考えも、そのことは明らかではないですか。

天皇制がある限り、日本は近代的な民主主義国にはなれない、というのが私の基本的な立場です。天皇制は、日本人の心をいまだに支配しています。天皇制があるから、日本人は既存の社会秩序に逆らわないのです。秩序が支配し、暴動も革命も起きないのです。そして世界に冠たる格差社会になっているのです。
日本には、経済的な格差だけでなく、身分的な格差があります。
日本に世襲政治家が多い(多過ぎる)のも、身分制である天皇制と無関係ではなく、日本の民主主義の脆弱性の現れです。

天皇を民主主義の砦とみなすなど、マッカーサーを抱き込んで天皇制存続をもくろんだ昭和天皇も「してやったり」と笑っているのではないでしょうか。戦勝国アメリカだけでなく、愚かな日本臣民も騙せた、と。

あなたがアナクロで、時代の変化、世界史の流れを読めていないのですよ。
旧世界の力が強かった東アジアでも、君主制はほとんど消えています。中国、台湾、韓国も、王や皇帝を廃してから久しいですね。(北朝鮮は「人民共和国」とは名ばかりの独裁君主制ですが。)
今日、世界で「エンペラー」の称号を保持しているのは、世界広しといえども日本の天皇だけです。これは、世界史的な民主主義の歴史から見れば「恥ずかしいこと」なんですよ。

天皇が廃されて、極右が跋扈してもいいではないですか。それで民主派、国民主権派が覚醒し、一斉に起ち上がり対峙、対決すればいいではないですか。そして日本が国民の意思により「政体」を選び、共和国(即ち王も貴族もいない平民だけの平等な国家社会) になれば、万々歳ではないですか。「革命」というのは、そのようにして起きるのです。

天皇制は日々、「人間は平等ではない」「特別に高貴な人がいる」(逆に言えば、卑しい人や差別されて当然の人がいる) という意識を国民の心に擦り込んでいます。
天皇制を永続(存続も同じ)させたいというあなた自身が真の「民主主義者」ではないんですよ。民主主義の意味がわかっているのですか? 「平等」を前提としない民主主義は、民主主義の「魂」を欠いています。

あなたは何が怖いのですか? 何を恐れているのですか?
あなたは日本会議の回し者ですか?


http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/430.html#c25

[政治・選挙・NHK205] サンモニ・岸井氏「豪への潜水艦輸出失敗して良かった。武器や原発を、自動車等に代えて輸出産業の中心にするのは間違いだ」 赤かぶ
26. 晴れ間[1024] kLCC6orU 2016年5月04日 18:10:37 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[146]
>>23
> 天皇陛下は...と仰っています。


ああ、あなたは天皇崇拝者なのですね。敬語の使い方に、あなたの思想がよく現れています。

私は「人間平等の精神」に反する君主制には反対の、共和派です。「平等」が嫌いなあなたとの「根本的な違い」はそこですよ。


なお、フランスの極右政党「国民戦線」も共和政を支持しています。(王政復古など問題外!) 日本の天皇制維持を前提とした護憲絶対派よりも、フランスの極右の方が、よほど「左翼」で民主的ですよ。哀しい現実....


http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/430.html#c26

[政治・選挙・NHK205] ≪読んだ?≫安倍政権に近い団体が出版停止を要求して爆売れ!「日本会議の研究」がアマゾン売れ筋ランキング1位をキープ! 赤かぶ
10. 晴れ間[1025] kLCC6orU 2016年5月05日 20:49:27 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[147]
本をまだ読んでないなので、内容についてはコメントできない。

実は私、昔、巫女さんのアルバイトをやったことがある。単に、あの緋の袴を一度はいてみたいという好奇心から。
記憶しているのは3点だけ。鈴を手に舞を舞う巫女の姿が日本の伝統文化を思わせたこと。(ただし、私はアルバイトなので、御札を売るだけ。)
二つ目は食事が質素過ぎて失望したこと。(煮魚とか蒲鉾を煮たのとか、若者好みではなかった。)
三つ目は、神社どうしの繋がりというものがあるのを垣間見たこと。その神社(というか八幡宮)はかなり有名どころだったが、七五三とか正月とかの「書入れ時」には人手が足りないため、県外の無名の小さな神社からも手伝いの人が大勢駆けつけるのだ。どうもその人たちどうしは親類で、縁戚関係で繋がっているようだった。

日本会議というのは、そういう縁戚関係、血縁関係でもネットワークを形成しているのかもしれない。いや、絶対にそうだろう。そして「同業者団体」でもあるのだろう。そういえば、つい数年前だったか、皇室関係者も出雲大社に嫁入ったというニュースを記憶する。
天皇制との関係で、極右勢力の動きはしっかり監視するのがよい。

私は天皇制(人間平等原則とは相容れない君主制)には絶対反対の共和主義者で、無神論者だ。日本の政治を宗教勢力に支配させてはならない。キリスト教は勿論、国家神道にも反対だ。
お祝い事には餅か紅白饅頭、赤飯があるだけでよい。人の死には花を手向けるだけでよい。宗教施設は要らない。


http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/559.html#c10

[政治・選挙・NHK205] フランス大統領選――ルペンの勝利が教えるもの:"フランスより深刻な事態に"なった‥ 手紙
1. 晴れ間[1026] kLCC6orU 2016年5月06日 16:16:00 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[148]
投稿者「手紙」は、なぜこのような過去の、しかも2002年という今から14年も前の記事を投稿するのか? 情報攪乱が目的なのか? 単に理性が働かず、「感情的」なだけか?

ルペン父は、すでに政界を引退して久しい。フランスの極右政党「国民戦線」が人種差別の極右であることに変わりはないが、私が幾度か指摘した通り、「国民戦線」は日本の「護憲派」に比べれば、はるかに左翼で民主的な面もあるのだよ。何より、彼らは「共和派」で、議会制民主主義を肯定している。「天皇制支持」とか絶対に言わない。新党大地の鈴木父娘や、岡田以下民主党首脳部の面々のように、共産党との絶対非協力の理由に「天皇制」を挙げたりしない。(反共であることに変わりはないが。)
それとね、現在の国民戦線を動かしている重要人物の一人は、元左翼、元社会主義者なんだよ。今では労働者の4割が国民戦線を支持している。

とにかく、投稿者「手紙」は、見当違いの記事や現況を反映しない記事を投稿して、情報を攪乱するマネは止めることだ。
理性的・合理的な宗教批判に対して「ヘイト! ヘイト!」と罵ったり、労働組合(日教組)に対しても安倍並みのヤジを飛ばしたりするくせに、「良心派」を気取るのは止めてほしい。

投稿者「手紙」は、共産党の志位委員長に関しても、的外れで身勝手な投稿をしていたが、そういう理性を欠き「主観に溺れた」投稿は何の役にも立たないばかりか、情報弱者には有害でしかない。「精神がド近眼」であるのは投稿者「手紙」の方なので、読者は注意されたい。
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/556.html
「パリ同時多発テロに対する志位談話は、根本的に間違っている。:精神もド近眼か?」

*----------------------------------

それともう一つ。極右政党「国民戦線」はTTIP(欧州版TPP) にもグローバリズムにも反対している。(そういうものに賛成する極右がいるの?)


山口昌子なる人物の書いた、経済産業相エマニュエル・マクロンに関する別の投稿記事の内容も、全くのデタラメ。マクロンが「フランスのトランプ」だなんて表題を見て、私は仰天したよ。
マクロンは新自由主義者で、TTIP推進派。(トランプがグローバリズムとTPPの推進派だとでもいうの?)

現在フランスで起きている労働法改悪反対運動(暴動も含む)の原因となっている、労働法案(解雇を容易にする法案)は、担当大臣の名を取って「エル・コムリ法」と呼ばれているのだが、別名「エル・マクロン法」ともいう。(エル・・・」というのはアラブ人の名前で、エル・コムリ大臣は移民の娘でモロッコとの二重国籍者。ただ、彼女は労働問題の専門家ではなく、背後にマクロンがいるのは常識。)

ついでに言うと、マクロンも「自分は左翼だ」と主張している。まぁ、退嬰的なフランスを少しでも動かして前進させたいらしい。

どっちにしても、こういう滅茶苦茶な記事を書く山口昌子という人は、フランスの政治に関する「常識」を欠いており、信頼できる書き手ではないよ。
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/579.html
「仏大統領選をかき回しそうな「フランスのトランプ」 既成の政党政治にノーを突きつけるエマニュエル・マクロン」


*----------------------------------

それから、橘玲という人の書いた記事も投稿されていたが、これも間違いだらけ。
引用ないし参考にしている種本がいいかげんなのだろう。日本語では情報源が限られているから、批判するのは酷なのかもしれないが、一応、そのことだけ指摘しておく。
http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/540.html
「フランスで「極右」政党の候補者が次期大統領有力候補になる理由[橘玲の世界投資見聞録]」


*--------------------------------

私の個人的な意見を言えば、極右政党「国民戦線」の副党首フロリアン・フィリポも、社会党内の新自由主義者エマニュエル・マクロンも、共に、かつて社会党内最左派であったシュヴェヌマン派(ないしその周縁組織) に属していたという過去を持つことは、非常に興味深いと思う。(シュヴェヌマン自身は社会党を離党して別の党を組織してからも、ずっと左翼。)
両者に共通するのは、「フランスの国家・社会を変革しようとする意思」とでも言ったらよいだろうか。
極右も新自由主義者も、日本の政治家に比べれば、ずっとずっと左翼で民主派なのだ。

つまり、退嬰的で、合理的でないのは、日本と日本人だ。(憲法を守れば、民主主義とは相容れない天皇制と対米従属も守ることになるという矛盾は、悲劇だ。戦略と戦術、本音と建前は違っていてよいが、そのことがどれだけ意識されているだろうか。)


以下は、グローバリズムの中の経済・社会・国家・労働問題を巡る、マクロンとフィリポの直接対決討議。国営放送の討論番組。
https://www.youtube.com/watch?v=6ZEcBvDsuo4
https://www.youtube.com/watch?v=1jagEbaOKAU


まぁ、どんな問題についても、自己の立場をいかに明快に展開し論じ得るかが、討論では重視されている。フランスの政治家に必要なのは、その資質と知的な能力。問題を隠して議論さえさせない、という日本の風土とは全く違う。日本の民主主義に欠けているのは、そこ。


http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/578.html#c1

[国際13] 仏大統領選をかき回しそうな「フランスのトランプ」 既成の政党政治にノーを突きつけるエマニュエル・マクロン 赤かぶ
2. 晴れ間[1027] kLCC6orU 2016年5月06日 16:28:42 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[149]
時間がないので、今、この投稿記事について、詳しく論評することはできない。
別の投稿記事へのコメントで、当記事についても一言だけ触れたので、ここでリンクを貼っておく。
>>1 の橘玲氏の記事についても、同様。

http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/578.html#c1


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/579.html#c2

[国際13] フランスで「極右」政党の候補者が次期大統領有力候補になる理由[橘玲の世界投資見聞録] 軽毛
4. 晴れ間[1028] kLCC6orU 2016年5月06日 17:20:30 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[150]
時間がないので、今、この投稿記事について、詳しく論評することはできない。
別の投稿記事へのコメントで、当記事についても一言だけ触れたので、ここでリンクを貼っておく。
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/578.html#c1


この橘氏の元記事の内容は全く正確ではないよ。読めば混乱するだけだ。
特に、共和派とボナパルト派(帝政派) を区別しないのは、もう滅茶苦茶。共和派は帝政派を最も敵視した。(高校の教科書でも習ったでしょう。普仏戦争でナポレオン三世が捕らえられて、共和派は歓喜したの!)

王党派はすでに一世紀以上前に、政治の舞台で存在しなくなっている。王党派は植民地支配にも関心はなかった。
植民地化を推進したのは、共和派。極右政党「国民戦線」には植民地死守派のOASが流れ込んでいるので、植民地支配=人種差別の伝統はこちらから。
要するに、「国民戦線」は「貧乏白人」の政党。王党派とは別物。社会層が違う。


おそらく、橘氏が種本として参考にした日本語の本がいいかげんなのだろう。注意されたし。

それと、「共和国」「共和政」「共和主義」の意味が全く分かっていない。共和主義、共和政/制というのは、君主制の反対概念。国王や皇帝や天皇がいる体制を「君主制」という。君主がいない体制が共和政/制。従って、日本は共和国ではない。
まぁ、日本の護憲派は、君主制でも構わないんだろうね。だから気にしないのか。君主制を倒して、日本を共和政/共和国にしようなんて、思わないんだろう。

「平等」こそ、民主主義の魂。君主制と民主主義は相容れない。

語源的には、共和政/国は、ラテン語の「レース・プーブリカ」Res publica。ブルータスらは共和政を守ろうとして、カエサルを暗殺したんだよね。怨恨とは違う。

それから、共産党や社会党のような左翼も、保守本流のドゴール派(現共和党)も、「国民戦線」のような極右政党も、ぜ〜んぶ、共和派。(王党派や帝政派などの君主制派以外は全て共和派。)


日本人は、一度も共和国を創ろうとしたことはなかったんだよね。征夷大将軍が消えても、別の支配者が現れる。
何か服従するものがないと、生きてゆけない国民(臣民? 民百姓?) なのだろうか? 天皇とアメリカがいないと生きてゆけない? 国家が成り立たない? 従米官僚と世襲議員にお任せ? それで、どこに「主権者国民」がいるの?


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/540.html#c4

[自然災害21] 熊本大地震は「前例」あった “17世紀と酷似する”地震パターンとは〈AERA〉 赤かぶ
6. 晴れ間[1029] kLCC6orU 2016年5月07日 22:32:57 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[151]
全国の古文書(が読める)学者は、古文書を調べて、各地の過去の地震記録について情報発信してほしいな。

中央構造線とか糸魚川静岡構造線とか、中学校の社会か高校の地理や地学で習ったが、当時の私にとっては単なる紙の上の知識で、差し迫った実感は全くなかった。それが今になって蘇ってくるとは・・・・

地震等の天災が起きると、陰謀論者が悪のりして根拠のない嘘を流すが、理性脳は徹底的に「科学的な」姿勢を取ろう。


*----------------------------------------------------
なお、熊本地震関連の古文書情報は阿修羅でも色々出ている。

http://www.asyura2.com/15/jisin21/msg/356.html
熊本での地震ーー869年奥州地震の直後の地震と似たパターン (保立道久)
http://www.asyura2.com/15/jisin21/msg/357.html
火山地震103熊本地震と中央構造線ーー9世紀地震史からみる (保立道久)
http://www.asyura2.com/15/jisin21/msg/358.html
火山地震104熊本地震と16世紀末の中央構造線連鎖地震 (保立道久)

http://www.asyura2.com/15/jisin21/msg/386.html
≪重要≫今回の熊本大震災と類似した地震が400年前にも発生していた!古文書に記述、西原村では住民も認識!当時も東北で震災

*------------------------------------------------------


阿蘇には阿蘇神社がある。そこの宮司職である阿蘇氏は(朝鮮半島由来の)大和朝廷に征服される以前から存在していた豪族。(戦前は男爵家。なお、皇室が日本最古の家系というのは真っ赤な嘘。)
この神社の起源が「火の山」を鎮めるためのものであったことは明らか。
我々日本人は、地震や洪水といった災害と共に生きてきたのだ。この上、放射能という人災まで背負うことができようか?


http://www.asyura2.com/15/jisin21/msg/419.html#c6

[国際13] ロンドン市長にイスラム教徒 欧米主要首都で初  「終わった・・・」 ムスリムのロンドン市長が誕生(海外反応) 軽毛
1. 晴れ間[1030] kLCC6orU 2016年5月07日 23:51:43 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[152]
新市長は、同性婚にも賛成だというから、かなりリベラルな思想の持ち主だね。イスラムのイマムからは、彼を非難するファトワも出されているらしい。

他方のゴールドスミスは、ユダヤ系の名前。キャサリン妃も母親がこの名を受け継いでいるそうだ。
要するに、ユダヤ系の名前は欧州では全く一般的。混血が進んでいるということ。今後はイスラム系の名前を持つ人も増大の一途を辿るだろう。

人種混交と混血が進めば、差別は消えていく。
重要なのは、思想と政治的立場。イスラム教徒の間でも棄教は増えている。(公然と言わないだけ。)

陰謀論者は、名前がユダヤ系だからというだけで「ユダヤ人ガ〜」とか「ユダヤ/CIAの陰謀」とか叫ばない方がいい。無知をさらけ出して、滑稽だよ。

基本的には、公人は(少なくとも在任中は)無宗教が望ましい。
日本の皇室は困ったものだ。国家神道だけでなく、キリスト教にも乗っ取られている。あれに違和感を感じない人は、どういう神経してるの? 税金が特定の宗教教団に献金されているのだよ。


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/648.html#c1

[国際13] (馬渕睦夫)世界を操る支配者の正体 お天道様はお見通し
1. 晴れ間[1031] kLCC6orU 2016年5月08日 16:40:28 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[153]

陰謀論者「お天道様はお見通し」は、投稿する板を間違えているよ。陰謀論は「カルト板」に投稿しろ!


> こんなことを考える知識人が今まで居たのか?

いるわけないだろう。そういうことを考えたら、頭がイカレている証拠でしかない。「知識人」としてやっていけない。キ〇〇〇扱いされるだけ。
「知識人」というのは、あくまでも論理的、実証的に思考するものなの。
「妄想」が入ると、知識でも教養でも科学でも理論でもなくなる。


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/661.html#c1

[政治・選挙・NHK205] 18歳選挙権の誤りを見事に証明した東京新聞の世論調査ー(天木直人氏) 赤かぶ
36. 晴れ間[1032] kLCC6orU 2016年5月08日 23:42:48 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[154]
世襲禁止は勿論だが、それ以前に、供託金制度を廃止すべきだ。供託金が不要なら、金持ちや資金力のある組織代表だけでなく一般人も立候補できる。
世襲でも立候補したい者は、選挙区を変えればいいだけだ。(最低でも都道府県外。)

それと、開票は投票所で、手作業で行うこと。投票箱の移動は禁止。ムサシの使用禁止。

また議員歳費の引き下げも必要。地方議員に関しては、議会を夜間に開くようにし、兼業を原則とする。そうすれば、高額歳費目的の立候補はなくなる。
また、金はあるが地位と名誉だけが欲しいという候補者をはじき出す仕組みも必要。結局「政党」が人選機能を持つべきなのだが。

投票年齢を引き下げるためには、子供の頃からの政治教育、公民教育が必要。
大人が愚民でなくなるための活動も必要。そのためには、まともな政党が生まれなくてはならない。小学生からでも原発問題や社会格差問題を、身近なレベルで考えられるはずだ。(子供の貧困は深刻。)


http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/639.html#c36

[政治・選挙・NHK205] ≪移民党≫安倍首相「2020年までに外国人IT人材を3万人から6万人に倍増させる。抜本的に見直す」 赤かぶ
8. 晴れ間[1033] kLCC6orU 2016年5月09日 00:08:00 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[155]

日本の大学の理工系学部やIT関連学部の学生定員を大幅拡充して、学費も実質無料にすればいいだけ。学費不要で、しかも卒業後の就職も保証されているとなれば、学生は集まるよ。それをしないのは何故? そうせずに、何故外国から移民を入れるのか?
インドでは、IT関係の定員万人単位の大学を大量に作ったではないか。日本はなぜそれをしない? 日本は学費を法外に高くして、少子化を招いただけではないか。

それから移民を入れるときは、都合のいい使い方をして、要らなくなったら帰国してもらおうなんて、考えない方がいいよ。移民は日本に定住し、故国から親族を呼び寄せ、日本で生まれ育った子供は親の出身国には戻れなくなる。
それはヨーロッパの歴史が証明していることだ。移民は、故国に帰りたくても帰れなくなるんだよ。日本の在日朝鮮韓国人だってそうではないか。長く離れた、あるいは見たこともない「祖国」では、もう浦島太郎なんだよ。たとえ差別はあっても、移住先で生きていくしかない。


http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/686.html#c8

[政治・選挙・NHK205] ≪炎上≫竹中平蔵氏「老後の生活を国は支えません。そんなことあり得ないんですよ」 赤かぶ
15. 晴れ間[1034] kLCC6orU 2016年5月09日 16:25:15 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[156]
竹中は、保険と社会保障の違いがわかっていないね。あるいは分かっていて、意図的に詭弁を弄しているのか。多分、後者だろう。

資本主義国における社会保障制度というのは、資本主義国でも労働者はハッピーに生きられますよ、という制度なのだ。社会経済制度であると同時にイデオロギー装置なのだ。
資本主義国にも年金や社会福祉制度があるのだから、資本主義を倒して生産(+流通+通信)手段を公有化して社会主義革命をしようなんて、不届きなことを考えるんじゃないよ、革命なんかするんじゃないよ、という意図が前提になっている。
これが19世紀の社会改良的ブルジョワ支配層の意図だった。そして1917年のロシア革命後に社会主義経済体制が現実のものになった上に、1929年の世界恐慌で資本主義が実際に危機に陥った。そのために「革命」に怯えそれを嫌悪する資本家や資本主義陣営は、社会福祉の看板を下ろせなくなった。

日本の官僚も西欧・北欧にならって、西洋流の社会保障制度を導入したのだろう。
しかし経済成長力が停止ないし停滞してしまった日本では、人口まで減少し、社会保障費が重くのしかかってくるようになった。官僚というシロアリを抱えているのでなおさらだ。
ただし、本家の西洋では社会保障の思想的基盤は全く揺らいでいない。キリスト教的な(神の前での)平等思想の伝統が根底にあるからでもあろう。

竹中は、日本の労働市場で非正規化を推進した張本人だ。非正規労働者や低賃金で働く多くの勤労者や弱者が貯蓄などできないこと、そういう余裕のある生活をしていないことは、竹中も知らないわけではなかろう。
竹中は、これまで多少は隠してきた自分の本性を、ここにきて遠慮なく晒すことにしたのだろう。もう資産もあらかた国外に移して、高飛びする用意もできているのだろう。
資産家の多くはそんなものだよ。日本が放射能にまみれても、自分は国外に、シンガポール辺りに逃ればいいと思っている。そのための準備もしている。

残った日本人がバカを見るだけ。愚民で、財界や官僚に欺されて、マスゴミ報道を疑わず、それでも自民党や公明党に票を入れ続ける。永続洗脳状態で、天皇制と世襲政治制を疑わない。暴動一つ、革命一つ起こすような民ではないと、アメリカを筆頭とする支配層からも侮られている。

フランスの若者は、労働法の改悪案(雇用の不安定化)に対して、暴動まで起こして抵抗している。これは、高校生や大学生の運動から始まった。労働法の法案の次元で、まず高校生が反応した。それに労働組合も加わり、親や祖父母の世代も子や孫のためにデモに加わった。それからより広範な層に広がり、夜を徹しての街頭示威も起き、社会党政府も話し合いのポーズだけでも取るようになった。(なお、社会党政府の意図は、解雇を容易にして雇用の流動化を図れば、雇用が増えて失業率が下がるのではないか、というもの。)

それに対して日本はどうか。確かに「憲法守れ!」の運動はある。しかし、憲法を守れば、日本の対米従属体制と天皇制の永続は逃れられない。(憲法9条は対米従属および天皇制とセットだからだ。) これはアメリカと昭和天皇が仕掛けた憲法の陥穽だよ。
勿論「まずは民主主義の回復を」という考えは、戦術的には正しい。しかし民主主義を本当に考えるなら、「平等」の観念をその中心に据えねばならない。
日本人が本当の民主主義と平等を志向するなら、天皇制廃止と世襲政治家の放逐、社会経済的な格差是正は、同列に並ぶだろう。

社会保障制度というのは、勿論、格差の是正手段だ。金持ちに年金は不要。貧民にこそ年金が必要だ。
竹中の主張は、金持ちが貧乏人の面倒をみるために税金を余計に払うのはお断りだ、と言っているのと同じ。
年金は最終的には税金で保証するしかなく、結局、富裕層への課税を強化するしかない。貧乏人には税金を払う収入そのものがないからだ。

金持ちや資本家の正体をよく見ることだ。財界人や自民党議員も同じ。皇室も同じ。竹中は正直に言っているだけだ。
「平和」も大事だが、もう少し「平等/不平等」にも敏感になることだ。


http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/716.html#c15

[政治・選挙・NHK205] 速報 パナマ文書の追加資料が大公開される!日本企業の名前も次々に発見!約21万社のペーパーカンパニー名を公開! 赤かぶ
10. 晴れ間[1035] kLCC6orU 2016年5月10日 21:49:09 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[157]

パナマ文書には、日本のあらゆる問題が映し出されていそうだ。この中から何が飛び出してくるか。

今のところ、日本政府も日本の報道機関も、やや引いた姿勢を取っている。民放はこの問題を避けてクダラナイ愚民向けネタ話を続け、NHKはロシアや中国の為政者を主に取り上げて「腐敗は旧社会主義国につきものだ」という印象操作をしている。しかし国民は、この問題を執拗に追求してゆく必要があろう。

パナマ文書に関連して、東京個別学院や加藤康子(内閣官房参与)の名前が出ているが、加藤康子は安倍お友達・幼なじみ内閣で「一億総活躍担当大臣・女性活躍担当大臣等」を務める加藤勝信の親類縁者。(勝信は康子と婚約していたが、康子が逃げたので、その妹と結婚。) 康子自身、自民党の国会議員・大臣だった加藤六月の長女。
http://golden-tamatama.com/blog-entry-2367.html


世界中の国で、政治権力者の蓄財が話題になっているが、特に新興国や旧社会主義国(最近資本主義国になった国々)ではオリガルヒ(政商)の存在には事欠かない。彼らは政変のどさくさに紛れて、巨万の富を築いた。

しかし考えてみれば、日本とて同じではないか。
三菱など日本の財閥も、明治維新や戦争等のドサクサに紛れて無一文から成り上がり蓄財したオリガルヒに過ぎないではないか。
日本の天皇家が明治以来蓄積した富は、全て国民の手に取り戻されたのか。

加藤や安倍や世耕も、ポロシェンコやエリツィンらと同類だ。 自民党の世襲議員なんて、そんなものだ。
日本政府がパナマ文書を精査しようとする素振りすら見せないのは、偶然でも何でもない。
日本のマスゴミがパナマ文書の報道をしないのは、マスゴミ自体が日本のオリガルヒの私有物に過ぎないからだろう。

パナマ文書は、沢山あるタックス・ヘイブンの中の、そのまた一つの会社の文書に過ぎず、氷山の一角でしかない。国外に法人を作ること自体は禁止しようがないが、日本国内での税率と、海外での税率の差額を強制的に取り立てる法律を作るしかないだろう。そして反国民的な姿勢を続ける企業や、外国籍を選択する個人・法人(追求を厳しくすれば彼らは日本国籍を捨て他国籍を取得するだろう) に対しては(免税等の)優遇措置は取らず、懲罰的な課税をするのが望ましい。

日本政府は、子供の小遣いからも老人の乏しい年金からも税を徴収しているのである。金持ちだけが税を逃れられるなど、不法というより無法状態ではないか。


歴史上、殆ど全ての革命は、税の課し方への異議申し立てから起きた。(財政悪化→徴税強化→それへの反抗。) イギリス革命然り、アメリカ独立革命然り、フランス革命然り。日本の農民一揆でさえ、年貢の重さへの反抗だ。

欧米では従前より、報道機関が税(Your Money) の使われ方について日頃から詳しく報道し説明していたが、それはおそらく近代民主主義国家社会の成立の仕方と関係がある。
それに対し、日本のマスコミの特徴は、税金の使い方について殆ど報道しないこと、国民に情報を流さないことにある。それどころか、今も国民はマスコミを介し、官僚の一方的な情報操作に委ねられたままである。封建精神が今も残る日本では「由(よ)らしむべし、知らしむべからず」の状態が今も続いているのである。

この問題から、日本の近代化と民主化が一歩でも進むことを願ってやまない。

なお、産業育成の観点からは、企業や起業家に一定の優遇措置はあってよい、と私は考える。しかしそれは「合法的に」保証されるのであるから、ことさら税逃れをする必要はなかろう。


http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/758.html#c10

[政治・選挙・NHK205] 税金逃れ「パナマ文書」に安倍首相のオトモダチの会社の名前が…「俺がやらせてあげる」と内閣官房参与にも抜擢(リテラ) 赤かぶ
15. 晴れ間[1036] kLCC6orU 2016年5月10日 23:37:23 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[158]

「明治日本の産業革命遺産」自体が、見方を変えれば、明治クーデタ政権とその政商たちの、さらにまたその末裔たちの「神話」作りの作業ではないでしょうか。
古事記や日本書紀と同じで「正史」作り。自分たちがいかに素晴らしい事業をなしたことか!と自画自賛し、顕彰し、自分たちの地位を正当化する企画です。

勿論、日本の近代化や産業化自体は素晴らしいことですよ。その遺構を保存し記憶を留め、正しく位置づけて後世に伝えることは大事なことです。

しかしそれが全国民的なものになっているでしょうか。炭鉱の片隅で、地底で働いていた無名の人々の末裔は、今なお浮かばれない境遇にあるのではないでしょうか。
安部や加藤氏らに、そうした無名の人々への思いはあるのでしょうか。
炭鉱爆発で死に、強制労働を強いられ、売春や犯罪に追い込まれた人々への共感はあるのでしょうか。(あれば、歴史修正主義には陥りません。)


近代化過程の遺産や記憶の保存の重要性に関しては、私も否定しません。私自身、ある種の絵画や写真を見ると、非常な興味をそそられます。
でもね、安部らと自分とでは、見ている世界が全く違うように感じます。


http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/651.html#c15

[政治・選挙・NHK205] 国税当局が動き出した! どうする安倍自民と公明(simatyan2のブログ) 赤かぶ
29. 晴れ間[1037] kLCC6orU 2016年5月11日 23:29:54 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[159]
>>3
> 公明党(創価学会)の存在は、<政教分離>の日本国憲法に違反していると思うのですが。


日本は政教分離の国じゃないよ。憲法にはそう書かれているけど、もしそうなら、天皇は神事を行ってはいけないし、神事を行う天皇に税金を使ってもいけない。そもそも宗教的な存在を元首にはできない。(「象徴」という言葉は真実を見えなくさせるもの。)

それから、宗教教育を行っている私学にも、本来なら税金から私学助成金を出してはいけないはずだ。しかし皇室の人間が通っているキリスト教の学校なんて、信者しか教員にしないわけで、つまり税金で特定の信者を意図的に雇っていることになる。(教員を信者で固めている私学は多い。宗教科目も必修。)

まあ、日本人の精神構造が原始的なわけで、万事いいかげん、さすが愚民の国というか・・・。

勿論、昔からの習俗を一概に否定はできないが、歯止めがないから、そこからズルズル〜ッと進んで、日本会議に政治が支配されるまでになってしまった。

なお、日本の政界に深く食い込んでいる創価学会も統一教会も、フランスではカルトに指定されていて、合法活動はできない。キリスト教会と戦って国(世俗が原則の共和国)を作り上げた国民だから、その辺りが日本とは根本的に違う。デカルト的な思考力も重視されているから、何かにつけ「理屈を言うな!」「口答えするな!」と言われる日本とは全く違う。


http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/787.html#c29

[政治・選挙・NHK205] パナマ文書に加藤康子内閣官房参与の名前が出て来た衝撃  天木直人 赤かぶ
7. 晴れ間[1038] kLCC6orU 2016年5月12日 22:17:03 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[160]
阿修羅の関連投稿

http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/651.html
★税金逃れ「パナマ文書」に安倍首相のオトモダチの会社の名前が…「俺がやらせてあげる」と内閣官房参与にも抜擢(リテラ)

この記事の一部抜粋 :
> 当の康子氏はこの報道に「全く心当たりがなく大変驚いている。当時の会社代表者は別の人で、連絡先として名前を使うことを認めた人がいなかったか調査する」としているが、実は、トランス社は加藤康子氏が学生時代の友人や今の夫と作ったオーナー会社だ。当時の会社代表者というのも「別の人」などではなく、投資家の夫である。もし、トランスパシフィックエデュケーションネットワークが英領バージン諸島に設立した会社に出資していたことがはっきりすれば、とても「知らなかった」ではすまないだろう。


この記事への私のコメント :
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/651.html#c15
>「明治日本の産業革命遺産」自体が、見方を変えれば、明治クーデタ政権とその政商たちの、さらにまたその末裔たちの「神話」作りの作業ではないでしょうか。
古事記や日本書紀と同じで「正史」作り。自分たちがいかに素晴らしい事業をなしたことか!と自画自賛し、顕彰し、自分たちの地位を正当化する企画です。[...]
> 炭鉱の片隅で、地底で働いていた無名の人々の末裔は、今なお浮かばれない境遇にあるのではないでしょうか。
> 安部や加藤氏らに、そうした無名の人々への思いはあるのでしょうか。
> 炭鉱爆発で死に、強制労働を強いられ、売春や犯罪に追い込まれた人々への共感はあるのでしょうか。(あれば、歴史修正主義には陥りません。)


*-----------------------------

別の阿修羅投稿記事 :
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/758.html
★速報 パナマ文書の追加資料が大公開される!日本企業の名前も次々に発見!約21万社のペーパーカンパニー名を公開!

この記事への私のコメント :
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/758.html#c10
> [...} 世界中の国で、政治権力者の蓄財が話題になっているが、特に新興国や旧社会主義国(最近資本主義国になった国々)ではオリガルヒ(政商)の存在には事欠かない。彼らは政変のどさくさに紛れて、巨万の富を築いた。
> しかし考えてみれば、日本とて同じではないか。
三菱など日本の財閥も、明治維新や戦争等のドサクサに紛れて無一文から成り上がり蓄財したオリガルヒに過ぎないではないか。
> 日本の天皇家が明治以来蓄積した富は、全て国民の手に取り戻されたのか。
> 加藤や安倍や世耕も、ポロシェンコやエリツィンらと同類だ。 自民党の世襲議員なんて、そんなものだ。[...]


*-------------------------------------------


パナマ文書自体は、全てが脱税の証拠というのではなかろう。しかし日本では、税逃れが「合法的に許されている」ことが問題なのだ。
そして政治が「明治クーデタ」の末裔たちにより、今なお牛耳られていることが問題なのだ。
今から150年ほど前のクーデタにより政治権力を握った者たちが、世襲議員職や官僚特権という形で、現在の日本の政治や経済を今なお掌握し続けているという現実。
そしてあろうことか、2000年近く前(16-17世紀ほど前)に日本列島で支配権力を握った勢力の末裔が、明治クーデタ勢力と米国に担がれて、今なお政界と憲法の中心に居続けるという事実。
そのどこに「民主主義」があるというのか。

なぜ安倍政権が、かくも厚顔無恥に国民の生活を顧みないのか。
パナマ文書は、この国の{政治的不平等」が富の偏在とも重なって存在していることを示しているのだろう。


http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/860.html#c7

[政治・選挙・NHK205] パナマ文書に加藤康子内閣官房参与の名前が出て来た衝撃  天木直人 赤かぶ
13. 晴れ間[1039] kLCC6orU 2016年5月13日 23:59:44 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[161]
>>7

他の投稿記事に書かれていることかもしれないが、天木氏がここで直接には書かれていないので付け加えておく。
北部九州の産業遺産を「明治日本の産業革命遺産」としてユネスコ世界遺産への登録を実現する運動の中心となったのが、この加藤康子。

加藤康子がそもそも単なる経済史家や郷土史家だというのなら、その活動はある程度はニュートラルに評価することも可能だ。
しかし岸-安倍一族とは兄弟姉妹のようにして育ったとか、家族親族の親密なネットワークで繋がった存在であるのなら、単純にニュートラルに評価することはできない。

日本の近代化と産業化において、大陸に近いという北部九州の地理的特性、北部九州と中国大陸双方における地下資源(石炭・鉄鉱石)の存在、官営八幡製鉄所の重要性は、小中を通した学校の社会科でもおなじみの基本的なテーマである。全く常識の範疇に入る。

私は加藤氏が書かれたものを読んだことがないので予断すべきではないのだが、安倍の歴史修正主義に通じる歴史観の持ち主なのではないのか、と想像する。そうでなければ、多額の費用を擁する世界遺産登録の実現を果たすことができただろうか。そして安倍が内閣官房参与に任命するなどということがあり得ただろうか。

それにしても、この安倍内閣は、露骨なまでに明治クーデタ政権とその周囲に集まり利権を手にした連中の遺産を継承している。
長州や薩摩の軍閥政府。周囲の政商たち、財閥と財界。政治権力周辺の官僚。この勢力がアジア侵略によって自己の利益を最大化しようとしたのだ。

加藤康子の元婚約者で義弟の加藤勝信は官僚出身で、加藤六月の選挙地盤を継承するために加藤康子の妹と結婚したのだ。そもそも岸-安倍家自体が、そうした官僚=政治家を家業としていた。そして加藤六月に女婿として選ばれた加藤勝信自身も、官僚→国会議員→閣僚のコースを歩んだ。女婿とはいえ、典型的な世襲議員である。

現安倍内閣の副総理でもある財務大臣麻生太郎も典型的な世襲議員。しかも皇室と縁戚関係をもつ。家業の家業の麻生グループも、現在あるセメント会社ではなく、明治期の炭鉱経営(福岡県異飯塚市)に源流をもつ。
NHKを安倍翼賛政治の大本営放送局に変えた籾井勝人も、財閥系大商社の雇われ社長という以前に、家業の家業は筑豊の炭鉱経営であった。むしろルーツはここにあり、そのメンタリティーは勤労者ではなく資本家そのものなのではないか。

明治クーデタ派、藩閥・軍閥政府の官僚、基幹産業・軍需産業・金融の中心にいる財閥、政商とオリガルヒ、皇室との縁戚関係、世襲議員、...。

こうしたものが揺るぎもせず、今日まで続いているとは、いったい日本というのはどういう国なのだろう。


http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/860.html#c13

[国際13] ≪おそロシア≫ロシアで「ニート税」導入へ ←なんだこれ、悲報過ぎるΣ(゚д゚lll) 赤かぶ
2. 晴れ間[1040] kLCC6orU 2016年5月14日 00:51:37 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[162]

ロシアはシベリア開発を進めたいのだけれど、労働力が全く足りないらしいから、理由は多分その辺り。

帝政ロシア時代には、囚人をシベリアに送り込んでいた。「シベリア送り」はロシア文学によく出てくるテーマ。吹雪く雪原の前で重い外套と帽子やスカーフを身に纏った男女の別れのシーン。
スターリン時代のソ連でも、政治犯はシベリア等の強制収容所送り。
第二次大戦後、抑留された日本軍兵士もシベリアで強制労働。

冷戦期のソ連では、コムソモール(共産青年同盟) がバム鉄道(第二シベリア鉄道)の建設作業に取り組んでいなかったっけ? (要確認。)
しかし、いまや「自由な資本主義」の時代。強制的に人を送り込むことができないのだろう。

昨年のロシア空軍によるシリア空爆の際も、ああやって空爆して、アラブ人の避難民を大量に発生させて、シベリアに移民として迎えたいのだ、という噂がまことしやかに流れた。(これは私がロシア国債を販売している証券会社の人から聞いた話だが、全く真偽不明。もしそうなら、イスラム教徒が増えることから惹起される問題を恐れたのかもしれない。)

いずれにせよ、「経済的徴兵制」とは異なる、労働力不足の次元の問題であろう。

時間と暇がある人なら、そして短期間なら、「シベリアで過ごすワーキング・ホリデー」というのも、そう悪くはないと、私は思う。普通に観光旅行できる場所ではないよ。ロシア大使館に問い合わせてみたら?


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/731.html#c2

[政治・選挙・NHK206] 世界支配層は「安倍晋三首相は、何様のつもりか、エリザベス女王陛下よりも偉いと思っているのか」と怒り心頭だ(板垣 英憲) 笑坊
13. 晴れ間[1041] kLCC6orU 2016年5月14日 16:01:14 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[163]
外交上のプロトコルの問題は別にして、エリザベス女王が安倍晋三よりも偉いとか、逆に安倍晋三がエリザベス女王よりも偉いということはない。
日本の天皇の方がエリザベス女王よりも偉いとか、その逆もない。
エリザベス女王の方が習近平よりも偉いとか、その逆もない。

板垣英憲は「世界支配層」とかよく言っているが、それは「金力・財力」を持つ者のことか。
日本の皇室がユダヤ系資本の中枢に位置しているというのなら、その資産はどこにあるのか。タックス・ヘイブンなのか。スイスやロンドンの銀行なのか。日本国民から奪ったものであれば、日本国民に返してほしい。(少なくとも自分で汗水たらして稼いだものではなかろう。)

なお、話題のパナマ文書が出てきたタックス・ヘイブンは英王室の直轄領に多く存在しているようだ。タックス・ヘイブンの総元締めは英王室なのか。
過去の支配層が、今でも財力で世界経済を支配している証拠なのか。

自己の財力で圧倒的多数の人間や貧乏人を支配することが、「偉い」という意味なのか。

こういう発想をスルーッと受け入れてしまう人間は、少なくとも民主主義者ではなかろう。
陰謀論者に民主主義者はいない。「陰謀」にしてはいけないのだよ。


http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/115.html#c13

[政治・選挙・NHK206] 民進党は共産党との協力に「舵を切った」と、読売新聞が報じました(生き生き箕面通信) 笑坊
5. 晴れ間[1042] kLCC6orU 2016年5月14日 17:05:44 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[164]
これが事実なのかはまだわからないが、自民党が最も恐れているのは、おそらくこのような事態だろう。

旧民主党政権の失敗と信用失墜の最大の原因は、官僚機構を動かせなかったことだ。官僚に手玉に取られ、逆に破壊されてしまった。

民進党よりも共産党の方が、官僚機構に対してはまだ有効に対処できるだろう。官僚の中に残っている共産党シンパを政治任用で抜擢し、政策立案と官僚機構の統御に当たらせるのがよい。

民主党時代に財務省路線に追随した藤井のような官僚→自民党→××党経由の人材ではダメだ。本当に国民生活者目線に立てる者でなければならない。

日本の労働組合=連合は、労資協調の御用組合が支配しているので、非正規化が進んでいる現状では格差社会の支柱になってしまっている。
格差を縮小し、国民生活を立て直すことのできる政治でなければならない。原発を廃止し新エネルギーに移れる政治でなければならない。


http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/119.html#c5

[政治・選挙・NHK206] 世界支配層は「安倍晋三首相は、何様のつもりか、エリザベス女王陛下よりも偉いと思っているのか」と怒り心頭だ(板垣 英憲) 笑坊
18. 晴れ間[1043] kLCC6orU 2016年5月14日 23:34:08 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[165]
>>15

あんたは私の言いたいことを理解などしていない。というより、理解できない。
わざわざ「プロトコルの問題は別にして」と書いている意味が分からないのか。

私は板垣のような陰謀論者を批判している。その封建思想を批判している。
同時に、封建的な身分関係と差別構造に無頓着な「愚民」を批判している。

誰が作業服を着たい? 作業服を賞賛する? 服装で人を評価する云々の次元の問題ではない。
「生まれによる差別」を無意識に受け入れていいのか、という問題なのだ。
平民が王侯貴族を奉る。ゴシップ誌みたいにキャーキャーと騒ぐ。バカではないのか?



http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/115.html#c18

[政治・選挙・NHK206] この際、東京五輪を辞退せよ。(日々雑感) 笑坊
8. 晴れ間[1044] kLCC6orU 2016年5月15日 15:41:30 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[166]
> 世界平和を希求したクーベルタン男爵の「五輪の精神」....


これね、真っ赤な嘘なの。クーベルタンは植民地主義者で、人種差別主義者で、女性嫌悪(ミゾジニー)の性差別主義者だった。
こういう性向、価値観の持ち主として当然ながら、ヒトラーとナチ・ドイツにも内心では共感していて、1936年のベルリン・オリンピックにも賛成。

憲法9条にしてもそうだけど、日本人って、ナイフ/ナイーヴ過ぎるよのね。平和を追求するにしても、戦略と戦術が必要。安倍極右政権は倒すべきだけれど、対米従属を脱するには武装独立しかない。民主主義を勝ち取るためには天皇制と世襲政治制を終わらせる必要がある。


なお、日本語の書物ではクーベルタンはいつも「男爵」などと持ち上げられているが、フランス語板の Wiki には、クーベルタンが「反動派」であったことは明確に書かれている。この層が理想とする社会では、麻生大臣のような貴族や有産階級しか「余暇」や「スポーツ」を愉しめない。
現代のスポーツは芸能と同じで、貧困層から金持ちにのし上がるための手段にもなっている。スポーツとカネの関係の問題はその辺にもあるかな。

スポーツで大金を得たいという人の気持ちもわからないではないが、それはショービジネスの世界と同じで、公金や税金を使うべきではない。民間の寄付と入場料だけでやってほしい。政治も興業界とは距離を置くべきだ。

なお、クーベルタンのような特権層がナチと一緒にやった1936年のベルリン・エリンピックに対抗して、当時の欧州の左翼や「人民戦線派」は、バルセロナで「人民オリンピック」を開催しようとしたが、そのときフランコ派の軍事蜂起によってスペイン内乱反乱が勃発。

クーベルタンが植民地主義・人種差別・女性差別の「反動派」であったことは、フランス語版の Wiki には明記されている。
https://fr.wikipedia.org/wiki/Pierre_de_Coubertin
以下、その一部抜粋。(グーグル翻訳で英語に翻訳可。)


Un réactionnaire…[modifier | modifier le code]

Fervent partisan de la colonisation — « dès les premiers jours, j'étais un colonial fanatique »PC 1 — il voit dans le sport, à l'instar de nombreuses élites de la IIIe République, un instrument utile de « disciplinisation des indigènes »PC 2. Pour certains, Coubertin est, de surcroît, clairement raciste : « Les races sont de valeur différente et à la race blanche, d'essence supérieure, toutes les autres doivent faire allégeance »24. Ce qui ne l'empêche pas, à propos des « journées anthropologiques », compétitions réservées « aux représentants des tribus sauvages et non civilisées » organisées lors des Jeux de Saint-Louis, de s’opposer à ce qu’il appelle une « mascarade outrageante », qui, ajoute-t-il, « se dépouillera naturellement de ses oripeaux lorsque ces Noirs, ces Rouges, ces Jaunes apprendront à courir, à sauter, à lancer et laisseront les Blancs derrière eux »PC 3, fidèle en cela à une vision inclusive des indigènes ayant l'apanage d'une certaine force physique, dont l'homme occidental lui apprend à se servirN 10. Cette vision du monde ne se limite d'ailleurs pas aux seuls domaines colonial et ethnique ; elle frise parfois l'eugénisme. Pour lui, toute société est divisée entre forts et faibles. « Il y a deux races distinctesN 11 : celle au regard franc, aux muscles forts, à la démarche assurée et celle des maladifs, à la mine résignée et humble, à l'air vaincu. Eh ! bien, c'est dans les collèges comme dans le monde : les faibles sont écartés, le bénéfice de cette éducation n'est appréciable qu'aux forts »PC 4.
---[略]----
Si Coubertin parle des jeux comme instrument de paix, il n'est pas insensible, avant 1914, aux efforts de revanche, et, tout en accordant une grande place à l’honneur patriotique et au nationalisme, il présente aussi le sport comme un moyen de rendre les pratiquants plus aptes à la guerre : « Le jeune sportsman se sent évidemment mieux préparé à partir à la guerre que ne le furent ses aînés et quand on est préparé à quelque chose, on le fait plus volontiers »29. Enfin, le baron apporte un soutien implicite au régime nazi à l'occasion des campagnes publicitaires en faveur des Jeux : « Dès aujourd'hui, je veux remercier le gouvernement et le peuple allemands pour l'effort dépensé en l'honneur de la onzième olympiade »30. Bien que retiré du CIO, où il reste à titre purement honorifique, et absent physiquement des Jeux, il le soutient implicitement par le discours suivant : « Que le peuple allemand et son chef soient remerciés pour ce qu’ils viennent d’accomplir »26. Interrogé sur ce soutien, Coubertin répond : « Comment voudriez-vous que je répudie la célébration de la XIe Olympiade ? Puisque aussi bien cette glorification du régime nazi a été le choc émotionnel qui a permis le développement qu’ils ont connu »31. Pour Daniel Bermond, aucun doute n'est possible : Coubertin admire « intensément » Hitler32.



http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/104.html#c8

[政治・選挙・NHK206] ≪うわぁ≫東京5輪送金問題、捜査のきっかけは高級時計などの「爆買い」 赤かぶ
3. 晴れ間[1045] kLCC6orU 2016年5月15日 18:43:19 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[167]

何百万円もする高級時計が「普通の日用品」である人たちの金銭感覚なんでしょうね。パナマ文書に名前が出ている人たちも同様でしょう。

一流のスポーツ選手が高級ブランド品の広告に登場するのも、偶然の一致ではないかもしれません。

オリンピックを神聖視するのは止めましょう。「愚民」のすることですよ。
そういえば、あの竹田会長父子も怪しいでしょう? クーベルタン男爵とやらも同類かもしれませんよ。

http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/104.html
「この際、東京五輪を辞退せよ。(日々雑感)」
同投稿記事への私のコメント :
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/104.html#c8
 「"世界平和を希求したクーベルタン男爵の「五輪の精神」" ⇒ これね、真っ赤な嘘なの。...」


http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/155.html#c3

[政治・選挙・NHK206] 五輪誘致のコンサルト料2億円は氷山の一角だった!?JOC幹部「コンサルトは複数居る。この会社だけではない」 赤かぶ
4. 晴れ間[1046] kLCC6orU 2016年5月15日 19:53:05 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[168]

日本はまだ前近代社会であるということかな。
昔読んだロラン・バルトの本(『記号の帝国』邦題は違うかな? )に載っていた写真に、贈答品と思われる大きな箱の包みを挟んで、二人のご婦人が畳に額をつけんばかりにしておじぎをしているという画像があった。
マグレブ人の友人が「何が入っているのか?」と聞くので、「多分お菓子。たいしたもんじゃない。粗品でも贈ること自体が重要」と私は答えた。

こういう箱の中に山吹色のものが入っていてもおかしくはないわけで....。
トルコは賄賂を拒否したなんて、トルコの方が近代的じゃないか。

日本はこういう次元から「近代化」せねばならない。
情けないけど、これが日本の政治的「民度」。世襲政治が続くわけだ。

しかし面白いね。こういうのが日本の政治的民主主義のレベルだよ。



http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/157.html#c4

[経世済民108] 正規雇用9割のフランスと非正規4割の日本は何が違うのか(ダイヤモンド・オンライン) 赤かぶ
2. 晴れ間[1047] kLCC6orU 2016年5月18日 22:04:14 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[169]
> ここで補足しておくと、こうした言葉にはネガティブな印象があるため、日本人を批判しているとお叱りを受けるかもしれませんが、....


投稿記事中のこの表現も日本社会の特質をよく表していますね。何かを言うと「お叱りを受ける」社会。筆者は自分への非難を避けようと、必死に予防線を張っています。

類似の現象ですが、「異なる意見」を述べると、言われた方が「お怒りでしょうが...」と反応することもあります。自分と「異なる意見」に対しは「怒る」という感情的な発想。これでは自分の意見を述べることもできません。何も言えないから黙ってしまいます。

こういう暗黙のコードで社会生活が営まれている、世にも不思議な文化の国が日本です。

*----------------------------*

それから、日本とフランスの労働問題の根本的な違いは、日本には真の労働組合運動が存在しないことです。日本にあるような大半の労働組合(非正規雇用者や非組織の職場で働く者が結集する「ユニオン」は除く) 、つまり組合費も給与から天引きされるような企業内組合は、欧州では「黄色組合」としかみなされません。
経営者の息のかかった労資協調組合で、正社員のみで構成されている。非正規雇用者や失業者(解雇された者も含む)は組合から排除される。そういうものは、本当の労働組合ではありません。

日本の労働組合は企業内にありますが、フランスの労働組合は企業の外にあります。妥協せず闘えるのは、そのためです。
組織率は低いですが、自覚的な人しか組合に入りませんから、意識と戦闘性は高いです。労働組合も複数ありますから、選択肢も多いです。

因みに、職業訓練も企業外で行われます。フランスの労働組合運動は、経営者に取り込まれる(経営者の支配下に置かれる) のを嫌がるのが伝統で、職業訓練は企業外の公的機関で行われます。「個人の独立性」(個人が企業に支配されないこと) というものが、昔からそうやって保証されてきました。

他方、日本の労働組合とやや似ているものとして「企業委員会」というのがあって、個別企業内の問題の解決や(社員旅行等の)親睦活動はここで行われます。

なお、フランスの労働組合の組織率が低い(8%未満)のは、政労使(政府・労働組合・使用者)の三者協議の制度が確立していて、雇用問題や社会保障等、労働条件等については、ここで決められるからです。ここで決まったことは、組合加盟の有無にかかわらず、全国・全国民に適用されるため、労働組合非加盟者も不利益を被ることはなく、等しく利益を得ます。

失業率は高いです。しかし様々な公的扶助もあるため、女性が売春に追い込まれることもありません。(売春婦の殆どは外国人。)

フランスで大きな反対運動が起きている労働法改悪法案は、解雇を容易にして雇用の流動化を図ろうとするものです。たとえオランド政権が緊急法令のようなものを出してこれを実施しても、フランス人は抵抗を止めるような人たちではありません。何しろ子供の頃から、フランス革命以来の革命伝統を学んできた人たちですからね。「不当」だと思うことには抵抗する。それが血肉になっているのでしょう。移民の子供も、中身はフランス人ですから同じです。「我慢の限界」を超えれば、暴動も起こします。(破壊活動を非難するのは当然ですが。)


http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/708.html#c2

[政治・選挙・NHK206] プーチンにまで対中国包囲網を持ちかけていた安倍首相の驚きー(天木直人氏) 赤かぶ
7. 晴れ間[1048] kLCC6orU 2016年5月22日 17:29:11 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[170]

>>1 (日経新聞抜粋)
> 日本はこれまで、まず領土問題を打開し、関係を前進させるとの発想だった。この順序を逆さまにして、まず大きな戦略で手を握り、“良き隣人”になってから、一緒に領土問題に対処しようというわけだ。
> 安倍氏がこの路線を決断したのは、強大な中国に向き合うには対ロ関係の安定が急務だと信じるからだ。(以上、引用。)


安倍は相変わらずのアナクロセンス満開だ。アベノミクスは、その先の憲法改悪を実現するため。
ロシアとの関係改善は、領土問題解決よりも対中包囲網形成、中国敵視政策強化のため。
やはり狂っているというか、世界の見方が自己中心的すぎる。この偏狭さは、極右・復古主義者の特徴なのだろう。安倍取り巻きの従米官僚も、対米従属利権にしがみついているから、正確な見方ができないのか。(プーチンは、安倍のアナクロぶり、ポイント外れぶりに驚いたのではないか。)

北方領土が未だ戻ってきていないのは、日本の戦後の外交政策(=対米従属、米国の属国化路線) の結果に過ぎない。
欧州の歴史を見れば、戦争で勝ったり負けたりして、領土を取ったり取られたりするのは、全く当たり前のことだと分かる。賠償金代わりに領土を譲渡するのだ。世界的に見れば、ロシアが北方領土を占領しているのが「不当」だと主張している国は一つもない。日本人だけが「北方領土返還!」と叫んできただけだ。
しかし、占領の原因は歴代の自民党政府の外交政策にあるのだから、抗議の対象は同時に政府・自民党でなければならない。(対米従属を止めて自主独立路線を取り、善隣外交に徹せよ、と。)

戦後、日本は米国を盟主とする資本主義陣営とのみ「単独講和」をして、一応「国際社会復帰」を実現した。しかし常に対米従属一辺倒。中国の国連代表権が台湾から本土の中華人民共和国に変わる際にも、日本は最後まで反対し続けた。
北方領土返還を実現するためには、早期に「日ソ平和条約」を結び、外交交渉をする必要があった。(今の時代、また日本国憲法下では、もう一度ソ連と戦争して北方領土を取り戻す、という軍事的解決の道がなかったことは言うまでもない。)
ところが歴代の自民党政府は、それをしないどころか、ロシア(ソ連)・中国を敵視する政策を続けてきた。日露関係は凍り付いたままで、北方領土が返ってくる道理がなかった。

旧ソ連が崩壊し、ロシアが極度の経済的・社会的・政治的混乱にあったとき、仮に日本がロシアに救援の手を差し伸べていれば、あるいは関係改善があったかもしれない。しかし、日本は対米従属路線を変えることなく、何も進展しなかった。自民党政府と官僚機構が断固として「米国に奉仕」し、そのことで「自分たちの利権を確保する」道を選んでいたからである。(対米従属によって「利権」を得ている層が確実に存在する。)

世界史の流れを見れば、北方領土問題の現実的な帰趨は、おおよその予見が立つ。
北方領土とロシア極東地域での、日露間の経済的な協力関係が進展する以外に、解決の道はない。
(ロシアと中国の対立を願うなど、アナクロも極まれり。どういう頭をしていれば、そういう発想ができるのか。かつての中ソ対立は、社会主義経済政策の路線対立によるもの。決して民族対立の類ではない。安倍のような極右的「民族主義者??」の発想では理解できないのだろうか。)

現実的な解決としては、極東地域への経済協力関係を深め、両国の経済が緊密化し、軍事的な対立と衝突が不可能な状態に持って行く。
同時に、北方領土には、旧島民とその子孫の帰還と居住権を認める。土地の無償譲渡と永住権付与も当然だ。
その上で、一定の期間(10〜50年?) を置いて、その地の住民投票によって、ロシアに帰属するか、日本に帰属するか、あるいは独自の「自治区」ないし「独立国」になるかを決める。
その間、もし北方領土4島のうち2島でも日本に帰ってくるのなら御の字だ。しかし、基本的には実際の住民の「自決権」に委ねる。それが「現実的」かつ「民主的」なやり方だ。
これが、戦後70年以上が経って、日本の支配層と歴代の自民党政府がやってきた対米従属政治の一つの帰結なのだ。


*-------------------------------------------*

なお、ロシアは今、本気で極東開発、シベリア開発を進めたいと考えているようだ。そのためにも日本の積極的関与が欲しい。
近くロシアの経済アナリストが来て、日本全国でロシア経済の動向に関する話をするというので、私は聞きに行こうかと思っている。生の情報しか信用しないのが、私の基本。


http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/474.html#c7

[政治・選挙・NHK206] オバマに沖縄女性殺害事件を聞かなかったNHK昼のニュースー(天木直人氏) 赤かぶ
4. 晴れ間[1049] kLCC6orU 2016年5月22日 18:25:26 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[171]

>>3
> 私たちが北朝鮮を見る目で、欧米人がこの国を見ている。


その通り。「日本会議」も「電通」も、欧州の一流メディアでは何度も記事になっていて、日本という国は「民主主義国家としては異常な国」とみなされている。知らぬは日本人ばかりなり。

日本には真のジャーナリズムが殆ど存在しない。
欧米ではジャーナリストは「自分の署名入り」で仕事をし、それが彼らの「キャリア」になるが、日本のメディア会社の「会社員」は、自分の名前では仕事をしない。「会社」と一体化して、会社への帰属意識に自己のアイデンティティを置く。

先日の国連?の調査では、証言者が「匿名」の条件付きでしか調査官に話さなかったというのは、偶然ではない。これが、日本には「報道の自由」「表現の自由」が存在しない証拠にされたことを、日本のジャーナリズム関係者は自覚しているのだろうか。

絶えず誰かの目を気にする。上位者の意向を忖度する。周囲の空気を読み大勢に迎合する。「奴隷」に特有の性格。


http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/477.html#c4

[政治・選挙・NHK206] 「『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』著者・矢部宏治氏インタビュー:岩上安身氏」 赤かぶ
5. 晴れ間[1050] kLCC6orU 2016年5月22日 23:01:33 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[172]

> 岩上「この国防省原案には『日本は陸・海・空軍は創設しないが米政府の決定に完全に従属する軍隊を創設する場合は例外とする』と書かれています」
> [...]
> 岩上「さらに原案には『戦争の脅威が生じたと米軍司令部が判断した時は、全ての日本の軍隊は米政府によって任命された最高司令官の統一指揮権の下におかれる』と!」


日本の自衛隊とは、米国が世界で展開する米国植民地軍の中の「日本方面軍」ということになる。
自衛隊は独立国日本の軍隊ではなく、米国の世界支配のための「植民地軍」。

植民地軍、植民地支配のための軍隊というのは、植民地支配のための官僚機構と表裏一体、二人三脚。いや自民党世襲議員と併せて、三人四脚。
そこにいる軍人や官僚や議員がたとえ日本人でも、共に宗主国に仕えている事実に変わりはない。
議会を自民党という世襲の買弁勢力で支配し、植民地官僚を使って日本の行政機構を動かし、天皇家を使って日本人が(上の者に)反抗しないようにする。そして買弁メディアが恒常的な宣伝で、その体制を強化する。

自民党世襲議員も、官僚機構の中枢にいる従米派官僚も、米国により安堵された天皇家も、自分たちの存在と特権が米国によって保証されていることを知っているから、この体制を守り抜く。
彼らは、米国がいなくなるとその特権がなくなるから、どういう下克上(あるいは民主化)になるか分からないから、米国にしがみつくのだ。

第一次大戦後1918年のドイツ革命で廃位されたドイツ皇帝(ヴィルヘルム2世) も、第二次大戦後1946年に廃位されたイタリア国王(ウンベルト2世) も、その後は国外追放され、亡命を余儀なくされた。
独伊両国とも、爾来、君主のいない共和国になった。共和主義は民主主義の基本原則である。
欧州では「近代化/民主化」とはこのようにして明確な「権力の移行」を伴って起きている。
(イギリスの王制はまた別の要素があるので、ここでは除外。王室がタックスヘイブンを温存し続ければ、いずれ揺るがされるかもしれない。// なお、先年スペイン王が退位したが、同王室も金銭スキャンダルが国民の反感を買っている。)

日本の天皇制はサウジアラビア王制と同じ。宗主国の帝国主義に協力することで存在を認められ、当該国の国民を押さえつけ、民主化を遅らせ、国家社会の反動的固化を永続化させている。(天皇制がなければ、日本会議の暗躍もないのだ。)

最近話題のオリンピック買収汚職事件で、皇室関係者がJOC会長という地位にあること、その地位で高給を得ていること、しかも若い女性を轢き殺した過去がある人物であること、等の事実が巷間話題になった。
本来、名誉職というものは無給で、ボランティアでやるのが当然であるはずだが、日本では違うらしい。ノブレス・オブリージュの片鱗もないのはどういうことなのか。これも「皇室特権」という利権の構造なのか。

日本が「独立国」になるために、しかも「国民主権の民主主義国」になるために、国民がやるべきことは何か。
日本国憲法、とりわけ憲法9条と天皇制は、対米従属と不可分なのだ。
「9条!9条!」「平和!平和!」と叫ぶだけでは「平和」は来ない。
「戦争」や「紛争」は、一国内であれ国家間・民族間であれ、経済的不平等があるところで起きる。「平等と公平」の裏付けがなければ、本当の「平和」はない。
格差社会を温存し、格差拡大を放置したままでは、「平和」はない。


http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/447.html#c5

[議論30] 愚民の祭典オリンピックを廃止せよ! 暴論有理
5. 晴れ間[1051] kLCC6orU 2016年5月23日 00:42:36 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[173]

> [...] ここにいたってはクーベルタンの初志と真逆の効果を挙げているとしか考えられない。


日本では「偉人」扱いされているクーベルタン「男爵」は、祖国フランスでは「極右の反動派」という評価。
クーベルタンは、ヒトラーとナチを賞賛し、1936年のベルリン・オリンピックも支持した。

※この点について、次の記事への私のコメントを参照 :
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/104.html#c8
 「この際、東京五輪を辞退せよ。(日々雑感)」


*-----------------------------------*

なお、ヒトラーのナチとファシズムに反対する当時の欧州人は、ベルリン・オリンピック開催に反対して、1936年7月にバルセロナで「人民オリンピック」を開催しようとした。しかし、開会式の2日前にスペインではフランコ派が武装蜂起。スペイン内戦の始まりである。(フランコ派は正確にはファシズムではないが、地主と大資本と教会をバックにした極右反動派。)
バルセロナでもすぐに戦闘が始まり、この「人民オリンピック」は「幻の大会」となった。すでに現地に到着していた選手の中には、そのまま武器を取り、フランコ派との戦いに参加した者たちもいる。

※「バルセロナ人民オリンピック」について参照 :
https://fr.wikipedia.org/wiki/Olympiades_populaires


*-------------------------------------*

「オリンピックとカネ」の問題は、「スポーツの階級性」の問題でもある。
旧世界でも資本主義世界でも、余暇やスポーツを楽しめるのは麻生大臣のような金持ちや王侯貴族だけ。働かねば生きてゆけない貧乏人には、オリンピックに出場できるようなトレーニングの機会はない。

資本主義国で貧乏人に許された唯一の道は、プロ・スポーツ選手になって「興行界」に入り、「見世物」で大金を得ること。あるいは資本主義的大企業の「広告塔」となってカネを稼ぐこと。
なお、かつて「社会主義国にはプロ野球がないから資本主義に賛成」と発言した日本のプロ野球選手の話は有名。


上記の「バルセロナ人民オリンピック」を開催しようとした人々は、当時の欧州の左翼(共産党や社会党) が中心。
その前提として、例えばフランスでは、早い時期(20世紀初頭)から「労働者スポーツ運動」というものが存在し、「労働者や民衆がスポーツをする権利」を主張していたから。(これはフランスに限らず、他国も同様。)
当時も今も、フランス全国に当時の労働者スポーツ運動の流れをくむスポーツ・クラブが、無数に存在している。

※フランスの民衆的・労働者的スポーツ運動については、以下を参照 :
https://fr.wikipedia.org/wiki/F%C3%A9d%C3%A9ration_sportive_et_gymnique_du_travail


*-------------------------------*

現在のオリンピックは、アマチュア性を前面に掲げてカネを排除するか、カネまみれになってプロ・スポーツを標榜するか、のどちらかを選ぶべきだろう。

プロ・スポーツの興業に税金を投入するなど、言語道断である。
税金は、貧困に陥っている子供の体力向上にこそ向けるべきだ。


http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/685.html#c5

[政治・選挙・NHK206] ≪アウト≫東京五輪の賄賂疑惑、JOC会長がコンサルト料の契約にサインしていた!JOCの直接関与確定で五輪辞退も!? 赤かぶ
9. 晴れ間[1052] kLCC6orU 2016年5月24日 00:15:30 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[174]

麻生大臣のセメント会社がフランスの企業と合弁で事業をやっているらしい。そのルートで、安部内閣は今必死になって工作活動中だろう。「カネで買う」「カネにものをいわせる」のは、従前からの日本政府の「得意技」。

ともあれ、日本だけでなく、世界のスポーツ界は「カネまみれ」。この背景としては、「スポーツの階級性」の問題がある。(貧民や平民はカネをもらわねば自前ではスポーツもできないのだ。)
現在のオリンピックは、アマチュア性を前面に掲げてカネを排除するか、カネまみれになってプロ・スポーツを標榜するか、のどちらかを選ぶべきだろう。
プロ・スポーツの興業に税金を投入するなど、言語道断である。税金は、貧困に陥っている子供の体力向上にこそ向けるべきだ。「賄賂」でオリンピックを招致したとなると、 子供たち、生徒児童への教育上もよくないのではないか。


この問題については、私は別の投稿記事へのコメントでも書いた。
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/685.html#c5
「愚民の祭典オリンピックを廃止せよ!」

上記私のコメントの一部より引用 :
「 [...] 旧世界でも資本主義世界でも、余暇やスポーツを楽しめるのは麻生大臣のような金持ちや王侯貴族だけ。働かねば生きてゆけない貧乏人には、オリンピックに出場できるようなトレーニングの機会はない。// 資本主義国で貧乏人に許された唯一の道は、プロ・スポーツ選手になって「興行界」に入り、「見世物」で大金を得ること。あるいは資本主義的大企業の「広告塔」となってカネを稼ぐこと。// なお、かつて「社会主義国にはプロ野球がないから資本主義に賛成」と発言した日本のプロ野球選手の話は有名。 [...] 」


上記コメントで、私は1936年のナチのベルリン・オリンピックに対抗して、当時の欧州の反ファシズム派(左翼) の人々が「バルセロナ人民オリンピック」を開催しようとしたことについても触れた。
フランスなど欧州には、100年ほど前から、余暇やスポーツを「貴族・ブルジョワ」特権階級の独占物ではなく、労働者・民衆のものにしようとする運動の歴史が連綿として存在する。
フランスの捜査当局が、「貴族・ブルジョワ」と「労働者・民衆」のどちらの方を向いているか、この件で明らかになるのであれば、興味深い。

麻生大臣も竹田JOC会長も前者「貴族・ブルジョワ」の側の人間であるが、愛好種目が乗馬や射撃などの貴族的種目であるところが興味深い。 (古くより軍務は貴族の職業であり、狩猟も貴族の特権であった。)
日本の有権者は「パンとサーカス」が欲しいだけなのだろうか。多くは貧民や平民の出である現代のスポーツ選手も「役得(賞金や広告出演料etc.)がついてくるメダル」が欲しいだけなのだろうか。


http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/531.html#c9

[政治・選挙・NHK206] 橋下徹が沖縄米軍軍属の事件でまた女性差別丸出し「日本の風俗活用」を主張! まさかこんな人物が五輪開催地の知事に(リテラ) 赤かぶ
14. 晴れ間[1053] kLCC6orU 2016年5月26日 00:45:25 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[175]

来年から米カリフォルニア州の公立高校の歴史の授業で日本の従軍慰安婦(性奴隷)の問題が取り上げられることになるようですね。

日本のポピュリズム政治家・橋下徹の言動は、「性差別主義と人権軽視」の国として日本を印象づけることになるでしょう。そして橋下だけでなく、そういう政治家を選挙で選ぶ日本人有権者、特に全ての日本人男子が、性欲だけの醜悪な存在とみなされる要因になるでしょう。真面目な日本人男性には気の毒なことですが・・・。

「従軍慰安婦」は売春婦であって「性奴隷」ではない、という言い方は、日本の極右と右翼の男たちが言う台詞ですが、国際基準では、売春婦は立派な「性奴隷」です。
それどころか、現代の日本にも無数の性奴隷がいます。「風俗」とか「慰安婦」とか「援助交際」とか「謝礼交際」とか、言葉を婉曲化したり飾ったりしても、売春は売春です。言葉を変えても内実をごまかすことはできません。
そして売春は「心身売買」の一形態なのです。鎖で繋がれていなくても「バートタイムの性奴隷」なのです。「人間としての誇りや尊厳」を否定された状態です。その証拠に、彼(/彼女)らはふつう、実名も写真も身元も隠します。(恥ずかしくないなら、公序良俗をものともせず、好きで「性奴隷」になっているのなら、顔と実名を晒せばいい。)

安保法制等に関して「経済的徴兵制」という言葉が使われました。それと同様に、経済的困窮から売春に追い込まれるのは「経済的性奴隷制」であると言うことができます。
何故なら、自分の意思で好き好んで売春をする女はいないからです。(仮にいれば、精神を病んでいるか、人格が破壊されているかのいずれかです。) その証拠に、女性の地位先進国であるスウェーデンでは、売春は女より男の方が多いという調査結果が発表されています。先天的な要因ではないんですよ。
http://www.afpbb.com/articles/-/2911680
売買春は生物学的な要因ではなく、社会的・経済的な要因の結果に過ぎない、ということを、この先進社会の例は示しています。

橋下の言動は、ネトウヨの願望とは反対に、「従軍慰安婦=性奴隷」の定義を国際的に裁可するものになるでしょう。橋下のような政治家が買春を奨励するくらいだから、日本は買春天国なのだろう、日本は売春婦という性奴隷が無数にいる後進国なのだろう、としか欧米人からは思われません。

現在の日本で、先進国とは言えないくらい異常なほどに、経済的困窮から売春に追い込まれる女が無数にいるのに、政府も政治家も何の対策も打とうとはしません。セーフティネット不在で、全てが「個人の責任」にされています。公権力には売買春を根絶する意思も「恥」の意識も不在。日本は「後進国」なのです。

それどころか、政治家が買春を奨励したり、米軍軍属が日本人の女を強姦しても抗議するどころか揉み消すことしか考えていません。これでは、「日本の女には人権はないから、強姦してくれていい」と、日本の売国政治家たちが米国と米軍に奨励しているようなものです。


http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/603.html#c14

[政治・選挙・NHK206] 米軍にレイプされた女性が告発「日本政府は『米兵は日本人をレイプすべきだ』と言っている」 (IWJ 2014.8.27) gataro
13. 晴れ間[1054] kLCC6orU 2016年5月26日 22:34:31 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[176]

この方は元々オーストラリア人で西洋的な人権感覚を身につけているから、米国に行ってまで裁判で正義を訴えることがたのではないですか。それが人権感覚であり、正義感です。自分の自尊心を賭けた闘いというものです。

強姦事件において表沙汰になるのは氷山の一角に過ぎないことは常識であり、日本人女性は実際には何千人、何万にも米兵に強姦されているはずです。それなのに、これまでなぜ犯人を追って米国に行き、裁判を起こした人が一人もいなかったのでしょうか。
例え日米地位協定があろうとも、米国のフェミニズムの団体の支援を得て訴えを起こしたり、国際世論に訴えることは十分可能だったはずです。それをさせなかったのは誰でしょうか。
現に米国では、来年から戦時中の日本軍の従軍慰安婦の問題が学校の歴史の授業で教えられることになります。これは、この問題が単なる「民族問題」ではなく、普遍的な「人権問題」「人道に反する罪」とみなされているからです。

日本では従軍慰安婦ではなくとも、一般人女性が米兵による強姦の対象になってきました。しかも殆どの米兵は不起訴になり、何の咎めも罰も受けていません。
それは日本政府が米軍に対してそういう差別的な待遇を進んで容認してきたからです。
しかし同時に、日本人と日本社会自体が、「弱者が強者の言いなりになるのは当然だ」「黙って我慢するしかない」という考えに支配されているからです。
いくら口先で「強く抗議」しても、「忍従を美徳」として押しつける社会では、弱者も犠牲者も絶対に救われることはありません。そうした権力に従順な国民性が、このような事態を今日まで永続させてきたのだと言わざるを得ません。

「長い物には巻かれろ」「強い者には勝てない」という意識が骨の髄までたたき込まれた日本人には、「人権感覚」が弱いんですよ。そこを米国と米兵に付け込まれているのです。

日本が米国から独立するためには、アジア的な「後進性」を捨て、西洋的な人権感覚と権利意識を持つ必要があります。
「忍従」では物事は解決しません。強者をのさばらせるだけです。

米国からの独立運動を起こしましょう。そのためには、隷米派の世襲議員と官僚と電通以下のメディア支配者を一掃する闘いを起こしましょう。
世襲議員の背後には天皇家がいることも忘れないようにしましょう。国家神道(天皇崇拝) は明治クーデタ派の権力の源泉であり、今日まで日本が米国の軍政下に置かれているのも、昭和天皇と占領軍の取り決めによるものです。


http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/607.html#c13

[政治・選挙・NHK206] ≪アメポチ≫安倍総理、日米地位協定改定に消極姿勢。ネット「国民を守らない総理」「憲法は押しつけと言うくせに」  赤かぶ
12. 晴れ間[1055] kLCC6orU 2016年5月27日 00:05:43 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[177]

> [投稿記事本文] 安倍総理の言うことがいかにご都合主義で、その場しのぎに徹していて、 [...] 。

⇒ いや、ご都合主義ではなくて、一貫していますよ。安倍ら、自民党極右派の中核にいる「世襲議員」は、自分たちの特権を守るために米軍にいてほしいのですよ。米軍は彼らの「用心棒」です。
でないと、「不逞の輩」が何をするか分かりませんから。


*=---------------------------------------*

>>2
> [...] アメリカ軍が日本国民の抵抗運動を弾圧したら、見るからに侵略だ。だから同じ日本人が自発的に「アカ」の国民の抵抗運動と対決している図にする必要があった。


⇒ 単に見かけ上《「アカ」の国民の抵抗運動と対決している図 》にしているのではありません。自民党世襲議員と極右は、自分たちの特権を崩壊させる恐れのある一般国民や「アカ」の国民を、心底怖れ、かつ蛇蝎のごとく嫌っています。「民主化」、即ち一般国民が覚醒し反抗することは、彼らにとっては「下克上」であり、自分たちの特権を脅かすものに外なりません。
自分たちの特権を維持するためにも、彼らは米軍という「用心棒」を必要としているのです。自衛隊という自国軍隊だけでは不安なのです。(隊員は平民ですから。)

現在の天皇が憲法遵守を繰り返し主張しているのも、憲法が皇室を安堵してくれているからです。明治クーデタ派の中心には天皇家がいます。昭和天皇も、日本が共産化して天皇制が廃止されないよう、米軍に占領を続けくれ、と頼みました。
米軍は体制の「用心棒」なんですよ。

下々の者が何人強姦されようと、彼らの知ったことではないことは、彼らの発言と態度から明らかではないですか。

そう、>>2 さんが言われる通り、「日米軍事同盟はそもそも、国民を守ることが目的ではなく、権力の座を守ることが目的」なのです。


http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/622.html#c12

[政治・選挙・NHK206] 沖縄の怒りはかつてないほど深い 永田町の裏を読む(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
10. 晴れ間[1056] kLCC6orU 2016年5月27日 00:40:26 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[178]

> それなのに、日本政府は、「基地の維持費はどの国よりも多くだします。お願いです。出ていかないで下さい」と懇願。


安倍ら自民党極右派、つまり明治クーデタ派の末裔を中心とする世襲議員は、世襲議員特権を保持し続けるために、米軍に残って欲しいのです。
昭和天皇が、日本が共産化しないよう、米軍に日本占領を続けてくれ、と頼んだのと同様です。

世襲議員の中核は、天皇家と縁戚関係で繋がっています。イトコハトコの関係です。

彼らにとって米軍は、民主化を願う「国民」から自分たちを守るための防波堤、「用心棒」です。(「臣民」であるはずの国民が、いつ牙をむき、「自由と平等」を求めてくるか、分かったものではありません。)

この政権と日本の現体制の真実を見抜きましょう。


http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/649.html#c10

[政治・選挙・NHK206] 米軍にレイプされた女性が告発「日本政府は『米兵は日本人をレイプすべきだ』と言っている」 (IWJ 2014.8.27) gataro
23. 晴れ間[1057] kLCC6orU 2016年5月27日 15:56:49 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[179]

阿修羅の他の投稿記事の中に、当投稿記事の裏付けになる新聞記事の画像が出ている。(残念ながら画像だけで、文字起こしされていない。)
琉球新報に掲載された辛淑玉氏の証言記事だ。関連部分のみをここに転載する。

*--------------------------------------------------------------
琉球新報 「米軍属女性遺棄事件/識者の視座 4」
辛淑玉(しんすこ)

10年ほど前、米国で軍人たちにインタビューしたことがある。沖縄での女性への暴行や殺害について聞くと、「アメリカではできないことをしたいんだよ」「自分たちは、沖縄では何をしても裁かれないことを知っている。だって、パスポートを持って入るのではないからね」とあっけらかんと語っていた。
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/686.html
  「怒りはおさまらない…。:鈴木 耕氏」
--------------------------------------------------------------*


沖縄の同胞女性を米軍兵士のおもちゃとして差し出しているのは、日本の対米従属派だということが分かる。
日本人の対米従属派とは、世襲議員・従米派官僚・財閥・皇室からなる特権層だ。安部内閣は、彼らの政治部門なのだ。

彼ら、明治クーデタにルーツを持つ日本の特権層が、自分たちの保身と利益擁護のために米軍の駐留を欲し、米軍兵士の牙を日本人女性に向けさせているのだ。
思いやり予算で米軍人を厚遇するだけでなく、何をしてもいいから、日本人女性を強姦しても罰さないから、日本に駐留してくれ、と頼んでいるのは彼らだ。

よく知られているように、米軍の駐留延期を求めたのは昭和天皇自身だ。自衛隊の兵士は平民・貧民の出身者が殆どだから、「赤化」だけでなく、二・二六事件の再来も怖れているのだろう。
彼ら特権層は日本の「民主化」を怖れ、嫌っている。だから、階級特権を守るためにも、自衛隊以外の「外人傭兵」が欲しいのだ。
世襲議員のポスト、JOCの会長ポスト等、全ては彼らの階級特権なのだ。それを死守することしか彼らは考えていない。非正規雇用や低賃金で生活苦にあえぐ日本国民のことなど考えてもいない。


米国からの独立と、日本の支配構造・政治社会構造の変革を目指そう。

なお、私は武装中立論者で改憲論者。日本は軍隊(国民軍)をもち、武器も国産化すべきだと考えている。それが、米国からの独立を実現する唯一の方法だ。防衛を外国に頼ってはいけない。国民の税金で米軍需産業から法外に高いカネで武器を購入する必要はない。

ただし、明治憲法体制に戻そうとする安倍らの改憲論と、私の改憲論は、真逆の方向を向いている。日本の民主化のためには、天皇制と世襲政治制を覆すことが必要だ。私は共和主義者だ。(君主制と貴族制、身分制には絶対反対だ。)
現在の世襲政治支配体制が続く限り、軍隊は国民に銃を向ける。自衛隊員の代わりに、彼ら世襲政治派の「傭兵」である米軍兵士が国民をなぶり者にしている。

なお、私は無党派。以前より日本共産党には批判的で、これまで同党には一度も票を入れたことはない。共産党が天皇制には言及しないようにしているので、私のような無党派があえて天皇制の有害性を言う。


http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/607.html#c23

[政治・選挙・NHK206] 米兵にレイプされた女性が米軍、検察、警察の理不尽な対応を告発! 米軍属の殺害事件でも日米地位協定が…(リテラ) 赤かぶ
4. 晴れ間[1058] kLCC6orU 2016年5月27日 18:18:23 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[180]
>>2
> 日米地位協定の改定をしましょう。


必要なのは「日米地位協定の改定」ではなく、その「廃止」です。米国の支配からの独立と、安保条約の破棄です。独立すれば、地位協定もなくなります。

米軍がいなくなったらどうする?
国防は外国に頼るべきではなく、自前でやるべきです。

しかし米軍の駐留を望んでいるのは、対米従属派である日本の支配層自身です。日本の支配層が、自国民に直接銃を向けるのでは露骨すぎて国民の反発が怖いから、米軍という用心棒を使っているだけです。米軍は彼らの傭兵です。
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/607.html#c23
  〈 米軍にレイプされた女性が告発「日本政府は『米兵は日本人をレイプすべきだ』と言っている」 (IWJ 2014.8.27)〉


この支配の構造が見えないと、日本人がなぜ電通に洗脳支配されているのか、世襲議員がのさばっているのか、低学力の妙な男が総理大臣になるのか、日本会議が暗躍しているのか、理解できないでしょう。


http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/717.html#c4

[政治・選挙・NHK206] 歴史の大逆転<本澤二郎の「日本の風景」(2368) <G7キリスト者首脳の伊勢神宮参拝> <政教分離を放棄したG7首脳> 笑坊
5. 晴れ間[1059] kLCC6orU 2016年5月27日 20:11:36 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[181]

伊勢神宮を「見学」(観光)するだけなら、政教分離の原則には違反しない。
政教分離国家フランスでも、文化財として歴史的な価値があるとみなされる教会建築物の維持修理費は、税金からも助成が行なわれている。(宗教奨励ではなく、単なる文化財保護。)

西欧諸国の代表も「参拝」はしていないだろう。内心、これが「日本会議」取り囲まれた「極右」安倍の文化的古里か、と思ったかもしれないが。安倍に取り込まれるほど馬鹿ではないよ。


なお、日本国は政教分離国家では断じてない。

本投稿記事文中の表現や、コメント記事のような日本国憲法についてのよくある見解 :
*--------------------------------------
> 政教分離は、近代国家の基本原則である。かりそめにも、これに抵触することは許されない。明白な憲法違反である。

>>2
> 今の日本は政教分離国家なんだから(憲法20条)
*--------------------------------------*


日本国民は、いつまでこういう誤魔化しを続けるのだろうか。
日本国憲法は、天皇制を明確に規定した君主制の国家である。共和国(君主制を否定する国体)では断じてない。
天皇が「神事」を行う限り、皇室に税金からカネを出し続ける限り、日本では政教分離は実現していない。憲法の文言を字義通り解釈して「政教分離」を信じるなど、愚の骨頂、愚民臣民のアホ脳である。

天皇が「神」であろうと「人間」であろうと、天皇制は依然として日本国民を支配するイデオロギー装置であり、国家神道(天皇崇拝)は形を変えて生き続けている。
天皇制があるからこそ、日本会議のような極右集団が暗躍するのである。
天皇制がなければ、日本会議も形成されず、霧散するだろう。

天皇制と世襲政治制は、ルーツは同一。共に明治クーデタ派が権力を握ったとき、国民支配を強め貫徹するために、近代になってから創始されたものた。前近代の「お家制度」が政治の世界で生き続けているのだ。
「近代民主主義」の理念とは、真っ向から対立する。

昔、高校の倫理社会の授業で、天皇制を憲法で規定(規制)しているのは、戦前の(日本最大の)大財閥である皇室に天皇制支持者・崇拝者からの寄付などをさせないため、という意味のことを習った。しかし、そろそろ別のパラダイムに入るべきではないだろうか。
極東で、中国も台湾も韓国も共和制になっているのに、日本だけが君主制とは・・・。



http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/711.html#c5

[戦争b17] NHKスペシャル そしてテレビは “戦争”を煽った 〜ロシアvsウクライナ 2年の記録〜 嘘を垂れ流したロシア国営放送 赤かぶ
15. 晴れ間[1060] kLCC6orU 2016年5月27日 20:48:42 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[182]

>>12 さんの意見に賛成。

以前もこの番組は、ナチも旧ソ連も「全体主義」として一緒くたにした番組を放送した。資本主義か社会主義かの論点を外すのは、資本主義の本質を隠すためだ。結果的にも意図的にも、資本主義を擁護している。
社会主義をスターリン主義に代表させるのが誤りであるのは勿論であるが、要は「自由と平等」の関係の問題なのだ。平等で公平な社会を希求することは誤りではない。

ウクライナの問題にしても、ウクライナ残留派住民とロシア回帰派住民の立場や利害について、両者の関係性について、住民が何を思い、何を願っているかについて、この番組は全く掘り下げていない。
つまり、「問題」を何ら明らかにしてない。

番組の作りも安直だ。自分たちの「同業者」である「ジャーナリスト」とコンタクトを取って、取材姿勢について質問しただけ。住民自身への直接取材は全く行われていない。
「ジャーナリスト」と「住民」は違うのだ。ジャーナリストへの取材は簡単でも、住民への直接取材は簡単ではない。
籾井の方ばかり向いているNHKの「会社員」には、取材力がないのだろう。安直な番組しか作れないのだろう。


http://www.asyura2.com/16/warb17/msg/737.html#c15

[国際13] 仏 労働法の改正案に反対する抗議デモ 混乱広がる〜一部の原子力発電所や空港、鉄道などでストライキ/nhk 仁王像
1. 晴れ間[1061] kLCC6orU 2016年5月28日 09:50:36 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[183]

NHKの報道は、つねに政府寄り、経営者寄りだ。

この労働法改悪に反対するフランスのデモやストライキについての、フランスの国営放送の報道はこちら。(5月26日20時france2のニュース)
http://www.francetvinfo.fr/replay-jt/france-2/20-heures/jt-de-20h-du-jeudi-26-mai-2016_1458233.html

冒頭に短いコマーシャル2本と番組全体の紹介があり、番組開始後1分半辺りから、フランス各地での街頭デモの様子の映像がある。(警官隊との衝突の様子も。)
11分頃から、ストライキが経済や市民生活に与える影響に関するニュース。石油精製所のストライキでガソリン不足。トラックなど輸送車が動かない。中小零細業者や個人商店も、材料や商品が届かないので、確かに困っている。ガソリンの買いだめに走る者もいる。市民は、ストライキが早く終わってほしいとは言うが、ストライキをなじる人はいない。(ストは労働者の権利だから。) 勿論、国営放送のニュースも、ストライキを非難する口調ではない。

私が笑ったのは、25分過ぎからの〈20時の眼〉というコーナー。この日は8回目の全国統一行動日だったのだが、朝、路上のキオスク(新聞販売所) から、ユマニテ以外の新聞(日刊の全国紙) が全て消えたのだ。
その訳は、CGT(労働総同盟) が全ての全国紙に、CGT書記長の論壇記事(労働法改悪に反対する主張の説明) を掲載するよう求めたからだ。「もし掲載しなければ、新聞を刊行できないだろう」という「脅し?」付きで。ユマニテ以外の全ての新聞が、この要請を受け入れなかったらしい。それで、ユマニテ以外のどの新聞も刊行されない事態になったのだ。
france2 の記者は、デモ行進中のCGT書記長に、このやり方に同意しているのか、と質問。書記長は、労働者はストライキをしているのだ、とのみ返答。
番組は、「よく的を絞ったストライキだ」と締めくくっている。

石油精製所(ガソリン等)・発電所・空港・鉄道...と、エネルギーや輸送といった基幹産業部門を止めるというのは、フランスのストライキ運動の王道と言ってもよいやり方だ。基幹産業部門を止めれば、全ての経済活動が麻痺する。そうすることで、労働者と労働組合の要求を政府に呑ませようとする。政府と資本に譲歩を迫る。フランスでは労働組合運動が生きている。
ヤマネコ・ストではない。しかしニュースの中でも指摘されているように、まだゼネストには至っていない。

上記の新聞発行を止めたのは、新聞の印刷所の印刷工だ。印刷工の労働組合は歴史が古い。そして今も健在だ。
私は別の投稿記事へのコメントで、フランスと日本の労働組合の違いについて指摘した。日本では労働組合? は企業内にあるが、フランスでは企業の外にある、と。
それはこういうことなのだ。労働組合の中央や本部が指令を出せば、組合員がいる全ての職場(労働現場・生産点) にいる組合員がそれに応えて行動する。ストライキをする。組合員の印刷工がいる全ての新聞印刷所で、新聞の印刷と発行が止まった。労働組合は労使(/資)協調の企業内組合ではない。企業の外に存在する階級組織なのだ。(労働組合ナショナルセンターは一つではなく複数存在している。主なものだけでも3〜5のセンターがある。CGTは最古の由緒ある労組。)

こういうことが日本で起き得るだろうか。日本の勤労者は、自分が労働者であるという「階級意識」を持たない。持たないようにされている。労働者ではなく、特定の会社に所属する「会社員」だと思っている。
フランスで、ルモンド紙の印刷工は、ルモンドを読まない。彼らはユマニテを読む。彼らは労働者だから(幹部職員やインテリでも同じだが) 、自分の嗜好と思想に合った新聞を読む。
これが、フランスと日本の違いだ。それが世界標準でもある。日本が特殊なのだ。


*-----------------------------------------------*
他の投稿記事への私のコメント(日本とフランスの労働組合の違いについて)。
http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/708.html#c2

ユマニテのWeb版サイト :
http://www.humanite.fr/#


http://www.asyura2.com/16/kokusai13/msg/873.html#c1

[政治・選挙・NHK206] ≪素晴らしい≫沖縄女性殺害事件でアメリカ人達が謝罪の行列!大通りに並んで頭を下げる!在沖米国人が炎天下の下で行動! 赤かぶ
6. 晴れ間[1062] kLCC6orU 2016年5月30日 00:44:01 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[184]

感傷的になってはいけない。お人好しであってはいけない。間抜けでは、自分も自国も守れない。
今日まで戦後70年以上もなぶりものにされ続けて、それでも米軍に感謝するとは、どういう神経をしているのか。
アメリカ人は、一般市民のみの居住を認めよう。軍人・軍属は不要なので、帰国してもらおう。

日米安保条約を破棄し、日米地位協定も廃棄しよう。日本の米国からの独立を実現しよう。
沖縄の防衛は自衛隊が当たればよろしい。人員が足りなければ、沖縄の人が入隊すればよい。雇用も生まれる。
米国から武器を買う必要もない。武器は国産化しよう。日本のメーカーが開発と製造を引き受ければよい。武器を国産化して、日本の技術開発と雇用の増大に役立てよう。それを航空機産業や新産業の育成と発展に繋げよう。

米軍がいなければ、日本も近隣諸国との関係を改善するのが最良の防衛だと気づくだろう。核兵器は不要だ。迎撃だけできればよい。

米軍が守っているのは、対米従属派からなる日本の支配階級。明治維新で権力を握り、財界・官界と手をつなぎ、世襲政治を続けている勢力。
この勢力が自分たちの利益のために、自分たちの用心棒として米軍を引き留めて駐留させている。

この支配勢力の力を弱めて、日本に本当の民主主義と国民主権国家を実現しよう。
電通を解体し、選挙の供託金制度をなくし、誰もが立候補できるようにしよう。


http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/825.html#c6

[政治・選挙・NHK206] ≪中止が現実味≫裏金総額37億円?森喜朗元首相を事情聴取?JOC関係者の喚問要求を突きつけるXデーは7月14日〜8月5日 赤かぶ
11. 晴れ間[1063] kLCC6orU 2016年5月30日 23:31:41 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[185]

フランスはヴァカンスの国。これは単に「遊び呆けること」を意味するのではない。フランス人が「怠け者」だから、ヴァカンスの制度ができたのではない。フランスが「社会闘争と革命の国」だから、実現されたのだ。現に、「ヴァカンス=有給休暇の制度」が実現したのは、1936年のストライキ運動の結果だった。(「お役人」が用意して棚ぼた式に実現したのではなく、自然発生的な労働者運動を介して、労働者自らがこの権利を「獲得」したのだ。)

過去の社会では、王侯貴族やブルジョワだけが、スポーツを楽しんだ。労働者階級や貧民には、そのような機会も条件も存在しなかった。朝から晩まで働きづくめで、死ぬまで働かねばならなかった。人々は結核に罹りやすく、短命だった。
しかしフランスの労働者は、スポーツを楽しむ権利を王侯貴族やブルジョワの独占物に留めることをよしとせず、自分たちの権利として主張し続けた。その結果、「労働者スポーツ運動」の組織が生まれ、全国津々浦々にその傘下のスポーツ・クラブが作られた。無数に生まれたこれらのクラブは、今現在でもフランスのスポーツの主要インフラとなっている。

クーベルタンが現在のフランスで「極右の反動派」と評価されていることは、以前、別の投稿へのコメントで書いた。フランスには、王侯貴族のスポーツ文化の伝統もあるかもしれないが、圧倒的に強いのは、この民衆的スポーツ運動の伝統だろう。
確かに、先年、サッカー界は金銭スキャンダルに揺れた。現代のスポーツが「カネまみれ」であることも事実である。
しかし、仮にフランスの検察が動くとしたら、後者の伝統が生きているからでもあろう。

日本では、平民出身のスポーツ選手には、プロ・スポーツ界や広告業界で(コマーシャル出演料で)カネを稼ごうとする者が多い。社会が違う、と言ってしまえばそれまでだが、「カネ儲け主義」ではないスポーツ活動が可能な社会も存在する、ということを知っておくのも無駄なことではないだろう。
最近、西欧メディアには「日本会議」や「電通」に関する記事も載るようになった。フランスの検察も、その存在を当然知っているだろう。安倍内閣が今どういう工作をしているのか不明だが、あまり「恥さらし」なことはしないでもらいたい。
というより、こういう明治クーデタ派末裔の世襲政治をいまだに許している日本の有権者のほうが笑われるべきなのかもしれない。


関連投稿コメント :

http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/685.html#c5
(「愚民の祭典オリンピックを廃止せよ!」暴論有理)

http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/531.html#c9
(≪アウト≫東京五輪の賄賂疑惑、JOC会長がコンサルト料の契約にサインしていた!JOCの直接関与確定で五輪辞退も!?)



http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/860.html#c11

[経世済民109] 1ドル106円台、週明けの日本株は急落へ 6月の米利上げの可能性は「ほぼゼロ」に(東洋経済) 赤かぶ
2. 晴れ間[1064] kLCC6orU 2016年6月04日 16:42:02 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[186]

勤労大衆に「痛み」を強いる政治ばかりをしているから、国民生活が疲弊し、少子化が進み、内需が低迷している。これが、日本経済停滞の最大要因。

消費税増税により、国民は将来不安から支出を引き締め、生活防衛に走っている。
これでどうやって、経済活性化を期待できるのか?
大衆課税である消費税増税分を輸出産業の大企業に税還付し、大企業の内部留保をますます厚くして、株式の配当余力を大きくすれば、外資が日本株を買ってくれるのではないか、と期待しているのか?

こんなおバカな主張を開陳する「マーケットアナリスト」とやらの珍説を掲載する「経済誌」とは、国民経済を破壊し、日本国民を骨までしゃぶり尽くしたい外資の回し者なのか?
恥を知れ!


http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/457.html#c2

[経世済民109] AV出演の過去が発覚しゴールドマン・サックスが内定取り消し!解雇、イジメ、離婚…元AV女優差別のヒドい実態(リテラ) 赤かぶ
4. 晴れ間[1065] kLCC6orU 2016年6月04日 17:56:52 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[187]

ゴールドマンサックス社の措置を断固支持する。
ポルノグラフィーは女の体と性の「商品化」であり、女の人間としての尊厳を貶めるものだ。ポルノグラフィーは、その公然たる存在そのものによって「セクハラ」だと、世のフェミニストたちは告発してきたのではなかったか。

売春は、その本質は婦女子の「人身売買」であり、人権とは相容れない「制度化された風習」である。戦前から先進国を中心に、世界中で「婦女子売買」を撲滅する運動が取り組まれてきた事実を、この『リテラ』なるネット・メディアは知らないのか? 欧州だけでなく、日本の戦前の「廃娼運動」もその一環だ。

売春する女、自分の裸を公衆の眼に晒す女は、単にカネ稼ぎをしているのではなく、他の無数の一般の女たちの尊厳と人権を毀損している。謂わば「女の敵」なのだ。
今日、そうした売春女やポルノ女が公然と処罰されないのは、彼女らが「犯罪者」や「非行者」である以前に、「経済的・社会的弱者」だとみなされ、「温情的に」見逃されているからに過ぎない。

近年、売春という人身売買の撲滅のために、買春(男)の処罰化(刑法による処罰)に踏み切る国が増えてきている。いずれも、西欧や北欧の「女性の地位先進国」だ。
北欧先進国の経験によれば、買春の処罰化がなぜ売春抑制に効果があるのかというと、買春男に対する社会の眼が厳しくなり、単に離婚等を招くからだけでなく、買春行為が職場でバレれば職を失い、失業の憂き目を見るからだという。

この『リテラ』の記事の書き手は、
「AVに出演していたという過去が、まるで「犯罪」のように扱われる偏見や差別がなくなり・・・」
などと書き、「偏見や差別」に反対する「人権擁護者」のような姿勢を取っているが、とんでもない「人権侵害者」である。偽善と欺瞞もいい加減にしろ!

日本が「先進国?」としては比類のないほどの「売春大国」「ポルノ大国」である事実に気づかない限り、「従軍慰安婦」の問題により国際的に承認された「日本の性差別文化」と「人権後進国ぶり」を認識し自覚することはできないだろう。
ネトウヨのように「慰安婦は売春婦だった!」と叫べば、反論になるとでも思っているのだとしたら、日本は世界の潮流から完全に孤立した「性奴隷孤島」だということだ。『リテラ』もネトウヨ首相と「同じ穴の狢」なのだ。

大阪では生活保護の申請に来た女に、役所は「風俗で働け」と言うそうだ。女を差別的な雇用環境で貧困に追い遣り、生活苦から売春に追い込む。こういう国が「先進国づら」をする資格はない。

天皇制や世襲政治制の存続によって特徴づけられる日本の民主主義の未成熟、「政治的後進性」と、人権意識の低さという「社会的後進性」とは、同じコインの両面であるに違いない。
さて、「欺瞞のリテラ」の立ち位置は那辺にあるのか?


※関連投稿コメント :
http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/254.html#c1
  (なぜ、仕方なく進学した女子はキャバ嬢になるのか? データが裏付ける「格差社会」の拡大(ヘルスプレス))


http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/374.html#c4

[経世済民109] AV出演の過去が発覚しゴールドマン・サックスが内定取り消し!解雇、イジメ、離婚…元AV女優差別のヒドい実態(リテラ) 赤かぶ
16. 晴れ間[1066] kLCC6orU 2016年6月05日 22:35:36 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[188]
>>5
> 多くの女がセックスをカネとの引き替えと思っている以上、


⇒ それは日本のような「中進国」や「後進国」の女の話。女性差別が強く、女の地位が低いから、そういう条件付けをされている女が多い。
西欧や北欧のような「女性の地位先進国」の女は、カネは自分で稼げるし、社会保障も充実しているから、男からカネを取ろうとは思わない。男に愛情以外のものは求めない。愛情以外に男女を結びつけるものはないから、婚姻制度も消えかけている。(生まれてくる子供の過半数は婚外子。)
(その意味で、例えばエンゲルスが婚姻制度と売春を繋げて考えたのは当たっている。)

西欧・北欧の先進社会とは対照的に、
日本のような「中進国」や「後進国」の婚姻制度は、一種の「社会保障制度」。「食うため、種族保存のための婚姻」が社会の規範。日本の男(特に中高年者)は今でもこの規範に縛られているわけだ。(女を抑圧しているから、その反作用で逆に縛られている。)
なお、「恋愛結婚」というのは、西洋でも比較的新しい現象。せいぜい百年くらいかな。

ただし日本人の男でも西欧社会を知っている男は、日本人の女は打算的だから嫌いだ、と言う人がいる。(一般論として私も嫌いだ。特に「不倫、不倫!」と叫ぶ女。
カネ目的の結婚の方がよほど醜悪。)


> カネがない男は一生セックスするな、という話になる。

⇒ 話を飛躍させないで。いくら日本人の女が打算的でも、カネ目的ではない女は少なからずいるでしょう。「手鍋下げても」という言葉が昔からあった。
最近の調査でも、若い世代の働く女子の間では、「金持ちの浮気男」よりも「貧乏でも誠実な男」の方がいい、という意見の方が多数派だそうだ。(「働く女」であって「主婦」ではないことに注意。)

それから、買春を刑事罰の対象にしているスウェーデンでは、売春するのは女よりも男の方が多いそうだ。相手が男でもいいんじゃない? まあ、男が売春する方が健全な社会かもしれない。少なくとも「女の人身売買」が消滅するということで、先進社会の未来図はこちらかな?


※関連投稿コメント :
http://www.asyura2.com/16/senkyo206/msg/603.html#c14
  (橋下徹が沖縄米軍軍属の事件でまた女性差別丸出し「日本の風俗活用」を主張! まさかこんな人物が五輪開催地の知事に(リテラ)) ←私のコメント

http://www.afpbb.com/articles/-/2911680
 (スウェーデン若者の売春、男性が女性の2倍以上)

http://woman.type.jp/wt/feature/2726
  (「裕福な浮気男」vs「一途な貧乏男」! 今どきの働く女性が結婚したいのはどっち?)


http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/374.html#c16

[政治・選挙・NHK207] ≪不起訴⇒全快!≫元医者の共産・小池書記局長「睡眠障害がこんなに都合良く治る人はあまり見たことがない。非常に珍しい症例 赤かぶ
14. 晴れ間[1067] kLCC6orU 2016年6月07日 21:54:32 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[189]
>>11
>>12
共産党が天皇制の問題を不問にして、「愚民大衆」への迎合を優先しているからだよ。(しかしそれは間違った戦術ではない。共産党は「日本の現状=民度」に合わせているだけだ。)
ただし、自民党の世襲政治支配と、天皇制は不可分。従って、甘利事件と全く無関係というわけではない。世襲政治と天皇制を絶えず関連づけて、「民主主義」や「国民主権」の問題として提示することが重要だ。

*-----------------------------------------------------------------*
>>10
> 天皇制を廃止しさえすれば、日本から世襲のオーナー企業がなくなるわけでもないと思います。
⇒「世襲のオーナー企業」というのは、単なる個人財産の継承の次元のこと。私有財産制の問題。単なる一企業の支配と、天皇制や世襲政治制による一国の政治支配体制を同列に論じるなど、論外にして滑稽。国民は天皇家の私有財産ではない。


*--------------------------------------------------------------
同コメ(>>10)
> フランス革命後もナポレオンによる帝政が出現したし、きっと今でもフランスに貴族社会の名残りはあるでしょう。

⇒「王政」と「帝政」は全く別物である(帝政は血統とは無関係)が、ここでは触れない。
⇒ カトリック教会内には多少名残があるかもしれない(僧侶の出身家系とか王家の菩提寺とか) が、フランスは宗教が支配する国ではない。「世俗(非宗教)」(+民主+社会) が共和国憲法の一丁目一番地(第一条)。
富裕層には先祖伝来の財産を持つ者もいるだろう。「シャトー○○」ってワインの醸造所も、元々はは田舎貴族の城(の地下室)だが、今では単なる醸造メーカー。外資やファンドの所有物になっているところも多いだろう。しかし最近は城の維持費も大変らしい。ホテルに改装したりして収益化しないと維持できないようだ。維持できなければ売るしかない。
貴族社会の名残と言えば、お城や歴史的建造物・美術品以外には、家具のデザインくらいかな。「ルイ14世様式」とか「ナポレオン3世様式」とか。同じデザイン(彫刻の図柄や脚の形、木質の特徴)で全ての家具を統一できる。(でも最近は、そういうのは「ダサ過ぎて」流行らないと思うよ。)

しかし政界には王公貴族社会の名残はないね。19世紀末には王党派は政界から完全に放逐された。保守政党も「共和派」。
現在、極右政党(国民戦線) から保守派(ドゴール派=共和党) の政党から、左翼政党まで、み〜んな「共和派」。即ち、君主制(+貴族制) を明確に否定している。(共和制というのは、君主制の反対物。)
最近、ドゴール派が「共和党」(正確な党名は「共和主義者」) と名称を変えたのは、極右政党までが「共和派」たることを声高に強調するようになってきたため、「我こそは共和派の本流」と言わんがため。これには社会党も怒ったよ。「共和主義」はドゴール派の専有物ではないから。共産党など本来の左翼は言わずもがな。

フランスの労働者階級の4割は極右政党「国民戦線」を支持。副党首は元社会主義者だし、有力政治家の一人(自治体の市長)は、トロツキストからの転向者。本人たちは今でも左翼のつもりのようだ。つまり、フランスの極右は、日本的な基準では「左翼」。

逆に言えば、日本の「左翼」(いるの?) は、フランスの極右よりも、ず〜っと右翼。
天皇制を廃止しないまま「民主主義ごっこ」ないし「まがい物の民主主義」をやっているから、こんなことになる。本来、民主主義(国民主権) と天皇制(身分制) は相容れない。
日本の天皇制は、明治クーデタ派の政治支配が今でも続いているから。世襲政治の本丸が天皇家。天皇家はその時々の権力者に自分を利用させることで生き延びてきた。「徳」があったからではない。


※関連投稿 :
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/410.html
   (問題は安倍晋三個人の資質ではなく、明治クーデタ派の支配が150年も続くのを許していること。)



http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/396.html#c14

[政治・選挙・NHK207] 問題は安倍晋三個人の資質ではなく、明治クーデタ派の支配が150年も続くのを許していること。 晴れ間
17. 晴れ間[1068] kLCC6orU 2016年6月09日 00:24:41 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[190]

今年私は、全国各地で開催された「一億総活躍社会実現対話」集会の一つに傍聴人として参加した。内閣官房の一億総活躍推進室が主催したものだ。安部内閣の肝煎りで作られた大臣ポストに就任した加藤勝信が、当然来ていた。そして集会を取り仕切った。
加藤勝信は、最近パナマ文書で話題になった加藤康子の義弟であり、入り婿ながら立派な世襲議員である。加藤家を介して安倍とも人的に非常に近い。

この集会で、私は世襲議員というものが国民をどのように見ているのか、まざまざと思い知らさせた。会場に入るとき、我々一般参加者は徹底的に身体検査をされたのである。水筒など金属製のものが金属探知機(*) で探り出されるのは勿論、私は眼鏡のケース(ちょっと変わったモダンなデザインの金属製容器) まで開けさせられた。まるで潜在的テロリストに対するかのような調べ方だった。
(*) 空港にある通り抜ける門のような物ではなく、ハンドタイプのもの。

世襲議員ら特権層は、一般国民を全く信用していない。それは彼らが国民のための政治を行っていないこと、世襲議員と一般国民との関係は「l利益相反」であることを自覚しているからである。国民が自分たちに刃向かってくる可能性を薄々感じ取っているからである。そしてそういう日が現実に来ることを怖れているからである。

※「一億総活躍社会実現対話」集会に関するコメント:
http://www.asyura2.com/16/senkyo202/msg/674.html#c5
(安倍首相は今さら焦り「保育園落ちた」母親ブロガーに聞く(日刊ゲンダイ))


*-----------------------------------------------*

どこかで読んだのだが、今の天皇が若い頃(まだ学生時代か?)、外国(君主制の国)で政変が起きた際に、尋常でない動揺を示したのだという。(ザッと流し読みしただけの情報なので、具体的にどの事件のことか、記憶していない。情報源は「御学友」の話だっただろう。)

一般国民は想像することも深く考えることもないだろうが、「革命」や「政変」を極度に怖れる(ないし嫌悪する) 特権階級の者は、そういう事態も想定に入れて万全の体勢を取ろうとするものなのではないか。

共産党が「大衆迎合的に」行動するのは、同党の自由だ。戦略も戦術も同党自身で決めればよい。
しかし同党の党員でも支持者でもない者たち(私も含まれる)が、天皇制について「自由に」語り議論することが、天皇制のタブーを崩していくことになるだろう。
英国の王室もスペインの王室も、神格化されたりタブー視されたりはしていない。風刺の対象ですらあることは周知のことである。スペインなどは金銭スキャンダルが批判を浴びて、君主制廃止の話も出ているほどである。(前王は退位に追い込まれた。)

ほぼ同じ頃(1860年代)に統一された近代国家となったドイツ及びイタリアと、日本は後に三国同盟を結ぶことになった。しかし今日では国家の性格は全く異なっている。ドイツは1918年のドイツ革命で共和国になり、皇帝は亡命を強いられた。イタリアもファシスト独裁政権が倒れた後、1946年に共和国となり国王は亡命した。
それは欧州では全く普通のことなのだ。
日本だけが特殊なのである。島国の故か、極東に位置する故か。


http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/410.html#c17

[政治・選挙・NHK207] 共産党は何を血迷ったのか  天木直人 赤かぶ
3. 晴れ間[1069] kLCC6orU 2016年6月10日 21:48:22 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[191]

共産党は先祖返りしたというよりも、昔の悪い癖が出たのかもしれない。
戦前から戦後も長い間、共産党はコミンテルンとかソ連・中国の手先扱いされて、自分の「愛国ぶり」を証明するのに必死だった。「自主独立路線」とかいって、国際主義の原則に背を向けることが多々あった。選挙ポスターに富士山の写真を使ったこともある。
ちょっとやり過ぎかも。でも、まさか米軍を「解放軍」だなんて言わないよね。

尖閣列島なんて、歴史的には日本よりも中国に近いでしょう。(私は専門家ではないから、近代以前のことはよく知らないけれど。) 穏便に「大人の対応」で解決を図るのが、国益ってものでしょう。安倍ノータリンに合わせては駄目。


http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/559.html#c3

[政治・選挙・NHK207] 共産党は何を血迷ったのか  天木直人 赤かぶ
4. 晴れ間[1070] kLCC6orU 2016年6月10日 21:54:44 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[192]
>>2

きちんと対話のルートがあるなら問題はないと思う。でも、日本のナショナリズムを煽らないでほしい。理性的でない群衆は危ないから。

中国は昔から日本よりも米国を信頼してるんだよね。美国だから。


http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/559.html#c4

[政治・選挙・NHK207] ミスター共産党・不破哲三が、野党連合、アベノミクス、天皇制を語り尽くす(サンデー毎日) 赤かぶ
10. 晴れ間[1071] kLCC6orU 2016年6月10日 22:20:32 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[193]
> ―主観条件はどう整えたのか? 2004年の不破議長時の綱領変更で、天皇制と自衛隊を容認したことが大きい、といわれる。
> 「憲法の天皇条項は君主制条項ではないとの解釈を明確にした。国政への権能を持たない君主はありえない。それを保障された英国に比べ、天皇は象徴だからその権能がない」

⇒ 詭弁だね。絶対君主制でも立憲君主制でも「象徴」天皇制でも、君主制は君主制。
今時、中東の神権政治の国(サウジアラビア等) を除けば、西欧・北欧の先進国で、君主が議会制を否定できるような権能を持っている国など存在しない。それは西欧が近代民主主義の歴史において世界に先行してきたから当然だ。
しかし、君主制と共和制とは、0と1ほどの違いがある。ゼロは何を乗じてもゼロのままという恐るべき数字。君主制の本質は「民主主義」と「人間平等思想」を根本から否定していることにある。人々を「心」や「精神」の次元で支配する点で、カルトにも等しい。特に日本の天皇制は、その問題を公然と取り上げることすら「タブー」視されており、日本人が「近代精神」を獲得することを困難にしている。

「象徴」とは、そういう意味なのだ。フランス革命もロシア革命も、国王や皇帝を処刑した。君主の存在は「象徴的な意味」を持っていたのだ。かつて日本とは三国同盟で結束したドイツもイタリアも、革命や革命的な体制変化で、皇帝と国王は処刑はされずとも、亡命を強いられた。国外退去を命じられた。それも君主が「象徴的な存在」であったからだ。君主が暴君であろうと開明的であろうと、暗愚であろうと多少賢かろうと、象徴は象徴なのだ。

日本共産党は党勢拡大のために、天皇制のタブーに支配された「愚民国家」の有権者に「大衆迎合」することを選んだのだろう。その努力を否定するつもりはない。「大衆」より先んじ過ぎては、「大衆」から浮き上がってしまい、支持基盤を拡大することはできない。日本共産党のそのやり方を、私は批判も否定もしない。

私は日本共産党の支持者であったことは一度もない。しかし「人間平等」の思想と原則を支持するので、天皇制を批判する。
支持政党の如何にかかわらず、誰でも、「天皇制はおかしい、民主主義と矛盾する」と考える人は、それを積極的に発言すべきだと思う。そういうことを公然と皆が言える社会にならなければ、思想信条の自由も、表現の自由も、言論の自由もない。そういう国にはカルトと陰謀論が蔓延る。まさに日本はそういう国になっている。


http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/412.html#c10

[政治・選挙・NHK207] サンデー毎日 / 「スノーデン衝撃インタビュー  『日本での諜報活動と驚くべき世論操作』」 赤かぶ
10. 晴れ間[1072] kLCC6orU 2016年6月10日 22:30:43 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[194]

本文中の文言より
> 「ファイブ・アイズ」と呼ばれるイギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ.......

⇒ これらの国は全て「イギリス連邦」の国々だね。アメリカも元英植民地で実質兄弟国。
タックス・ヘイブンのことが話題になったとき、私は、イギリスが今でも王制を捨てていないのは、1%の側の勢力や富裕層、特権層が英国の王政を後押ししているのではないか、と思った。
フランス、ドイツ、イタリア、ロシア..... といった、かつての主要な帝国主義国は、全て君主制を廃止し共和制の政体に移行している。国王を処刑した国もあれば、亡命に追いやった国もある。それに対し、イギリスのような「議会制民主主義の先進国」がなぜ王制を廃止しないのか、不思議だった。英王室は風刺やゴシップの対象だし、単なる観光資源としてはおかしすぎないか。しかし、タックス・ヘイブン関連の記事をネットで見たとき、確信はないながらも「ああ、そうだったのか」と妙に納得した。
タックス・ヘイブンの多くは、イギリスという正規の主権国家や市民社会の手の及ばない、英王室が所有する領土にある。ヘッジ・ファンド等の金融商品を持っている人は、運用会社や関連会社の所在地を書類等で確認するといい。多くは、タックス・ヘイブンにあるはずだ。
私はイギリスのことはよく知らないから、断言はできないが、調べられる人は調べるとよい。何かがあるはずだ。

*--------------------------------------------------------*

阿修羅のサーバーは、米国にあるね。ゆうちょ銀行がうるさく言うから、私はウィルス対策ソフトの PhishWall をパソコンに入れているのだが、今も星条旗のマーク付きで「米国」と明示されている。
クラウド・サービスは、スノーデン氏のお勧め通り、私はスパイダーオークを使っている。機密文書ではないが、覗かれるのは嫌だから。


http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/516.html#c10

[政治・選挙・NHK207] 安倍政権は「リベラル」なのか 与野党政調会長らに聞く あっしら
1. 晴れ間[1073] kLCC6orU 2016年6月10日 23:09:46 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[195]

自民党と安部内閣が「リベラル」を装っているが、「偽装」だろう。
小泉郵政選挙の際に、自民党が選挙戦術の照準を「B層」に当てたことは記憶に新しい。あの作戦を指導したのは、プラップ・ジャパンという会社だ。同社以外にも、類似のことを業務としてやっている会社はある。
ストレートな商品広告ではなく、メディアを利用して顧客(依頼者) の「よいイメージ」を売り込みながら知名度を上げる、というやり方をする宣伝会社だ。特に、企業が外国に進出するときに利用するらしい。つまり「イメージ戦略」を立てるプロで、それを商売にしている。

自民党は、絶対に今も同じことをやっているね。
それに「まんまと騙される愚民」。「安倍=リベラル論」をふりまく阿修羅の陰謀論者「あっしら」氏も飛びついたか?

実は、「一億総活躍社会国民対話」集会のときにも、会場からLGBT(性的少数者)について質問する人がいたのだ。 一億総括役担当大臣・加藤勝信は、待ってましたとばかりに質問者に肯定的に応えていたのだが、私は自民党の体質に鑑みて非常に奇妙に感じた。それを言うなら、自民党は、夫婦別姓等の問題にもっと積極的でなければおかしいし、また性別役割分業にも批判的でなければおかしい。あのときのLGBT質問者はサクラだったのかもしれない、と今になって思う。

*------------------------
プラップ・ジャパン社について :
同社ホームページ http://www.prap.co.jp/
Wiki https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3


http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/544.html#c1

[経世済民109] AV出演発覚でゴールドマン・サックス「内定取り消し」〜TOEIC935点の美少女を襲った不運な現実(週刊現代)  赤かぶ
1. 晴れ間[1074] kLCC6orU 2016年6月11日 13:29:33 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[196]
先日投稿された『リテラ』の記事に対して、私は幾つかのコメントをした。
特に、ゴールドマンサックス社その他の企業による、ポルノ売春歴のある女に対する措置が「差別」であるとして、売春女への「同情」と「人権擁護」の姿勢を振り回す「偽善と欺瞞のメディア『リテラ』」への批判を行った。『リテラ』の姿勢こそは、この国の女性差別と人権意識のあり方をよく証明している。女を賃金や雇用機会で差別して貧困に陥れ、さらに売春へと追い込むこの国のあり方だ。日本(と韓国)が世界屈指の「売春大国」「ポルノ大国」である理由は、ここにある。
(なお、欧米でも売春はある。しかし西欧では売春婦の多くは東欧出身の外国人のだ。旧東欧体制の崩壊で生み出された貧困の産物だ。米国では強姦事件が多いという。異民族が入り乱れて混住しているからだ。)

※『リテラ』の記事とコメント :
http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/374.html
 ( AV出演の過去が発覚しゴールドマン・サックスが内定取り消し!解雇、イジメ、離婚…元AV女優差別のヒドい実態(リテラ) )
http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/374.html#c4
http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/374.html#c16


*----------------------------------------------*

上記、先記事へのコメント欄で、「内定取り消し」が違法である、ポルノ出演は不法ではない、会社側に非がある、という意見が出されている。
http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/374.html#c10

この意見は日本の男の「後進性」の典型例であるので、ここであらためて明確にしておきたい。
ポルノ売春行為は、違法であり、不法である、と。
そして、売買春の蔓延ぶりが、その国の民度と「後進度」を計るメルクマールである、と。

ゴールドマンサックス社の内定取り消しに関しては、
ポルノ売春女は、ボルノ業者を訴えることはできても、内定取り消しの撤回を求めることはできない。
(なお、本投稿記事=『週刊現代』の記事には、脚色や嘘があると思う。そもそもこの女、何が美少女なものか。顔からして、ただのバカ女だ。)
こういう場合、例え裁判になっても会社側は負けないだろう。売買春、即ち「婦女子売買」(人身売買) は犯罪なのだ。ポルノは「視覚的な売買春」だ。
当事者の女性が犯罪被害者ならともかく、自分の意思でポルノの被写体になることを進んで受け入れた。その時点で、売春業者と組み、売春業者の側の人間になった。自分のカネ稼ぎのために、他の一般の無数の女たちの尊厳を傷つけ、「セクハラ」をかける側の人間になったのだ。

そもそもポルノ出演自体「公序良俗に反する行為」であり、日本の現行法でも違法なのだ。
ポルノ反対団体「PAPS (ポルノ被害と性暴力を考える会) 」のサイトには、こう明記されている。
《 裁判所でも、AVプロダクション等のAV派遣業、AVメーカーは、「職業安定法」や「労働者派遣法」上の「公衆道徳上有害な業務」に該当するとされ、このような募集や派遣行為や出演行為は不法行為であると認定されています。》
https://paps-jp.org/aboutus/coerce/

ゴールドマンサックス社は、日本の法律に照らしてというよりも自社の判断で、そのようなボルノ売春女は、自社の社員としてふさわしくない、自社の信用を著しく傷つける、と判断したのだろう。(元/現/未来の?) ボルノ女を入社させれば、他の社員から「ボルノというセクハラを放置して職場環境を悪化させた」として訴えられかねないし、顧客や株主、一般市民からも「ポルノ=セクハラ奨励の会社だ」として非難されるだろう。
同社に資金運用を依頼している公的な年金基金等も、契約を破棄して資金を引き揚げるだろう。(外圧がなければ内部悪を改めないのが日本社会の常であるが、米国で三菱自動車がセクハラ訴訟を起こされた事件も大昔の話ではない。)

女(/男)はカネと引き換えにポルノ出演を受け入れた時点で、社会通念も理解していない非常識な人間、カネのためなら手段を選ばない人間だという評価を得るだろう。そういう人間が社会に出て、特に金融機関で、何をするというのか。(GS自体もカネ儲け第一の会社だろうが、資本主義社会では投資業務は一応合法。) サラ金で、多額負債者にポルノ出演や売春のポン引きでもするというのか。ポルノ売春で荒稼ぎしたカネを元手に相場でも張るのか。

だいたいポルノ出演や売春する女は、そもそも「精神」ないし「心」が崩れている。本来なら、病院の精神科を受診すべきだろう。
かつて(戦前まで) の日本社会は、親が実の娘を売春業者に売り飛ばすような社会だった。借金のカタをつけるのに人身売買という手法が用いられていたのだ。(吉原の「ありんす言葉」は遊女の東北弁を隠すための言葉であり、いかに東北の農村の飢饉や貧困が悲惨だったかを物語っている。) 今の日本の貧困度は当時と同じか? 
仮に当該の女が「犯罪の罠」に嵌まったのなら、自分で法的に戦うだけの知能はあるはずだ。それをしないのなら、自主的なポルノ売春だということだ。

「従軍慰安婦は売春婦だった」というネトウヨの主張が今でも国際社会で通用すると思ったら、大間違いだ。「売買春は犯罪」「慰安婦は性奴隷」というのが、現在の世界の標準的な考え方だ。先進国では買春に刑事罰を科す方向で動いている。
阿修羅で売買春や従軍慰安婦を擁護している男たちは、要するに「人権」というものを理解していない「中進国」「後進国」の男たちだということだ。政治的にも天皇制・世襲政治制という封建制がまだ生きている国だから、この男たちの脳と心が一挙に「近代化」し、日本社会が「先進社会」の仲間入りすることは期待し難いだろう。


*--------------------------------------------------------*

 上記「PAPS (ポルノ被害と性暴力を考える会) 」のホームページ :
https://paps-jp.org/

同ホームページより :
「レイプだけでなくセクハラや痴漢などは広く性暴力として社会的に認識されてきていますが、ポルノの中ではそれらすべてが楽しんで消費できる快楽として描かれており、性暴力を積極的に肯定し助長する内容となっています。現実社会で起きているさまざまな性暴力は、ポルノの制作・流通・消費を通じて形成されている社会の性意識・性行動のあり方全般と連続し相互作用しあっています。またポルノ被害は売買春によるさまざまな性被害とも深く関連しています。実写ポルノは売買春の一形態であり、売買春の中で行なわれているさまざまな性侵害的行為がカメラの前で再現されています。」

*------------------------------------------------------*

阿修羅には、予言者ムハンマドの裸の漫画(こちらは実写ポルノではなく政治的な「風刺漫画」) を見たくらいで騒ぎ立てるような男たちも多数いる。 (それとも政治的メッセージを理解できない脳弱者か?)、現代日本の実写ポルノには、彼らは憤りを感じないのか?



http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/667.html#c1

[政治・選挙・NHK207] 仮面の「生長の家」教団か<本澤二郎の「日本の風景」(2383) <安倍と日本会議を牛耳る「生長の家」信者> 笑坊
3. 晴れ間[1075] kLCC6orU 2016年6月11日 14:30:29 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[197]

日本最大最悪の宗教は国家神道。現在の日本国憲法でも、国家神道の「本尊」たる天皇は維持されている。
この国は、憲法から天皇条項を削除して共和政体にならない限り、近代民主主義の国にはなれない。


※関連投稿コメント :

http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/412.html
《 ミスター共産党・不破哲三が、野党連合、アベノミクス、天皇制を語り尽くす(サンデー毎日)》
← これに対する私のコメント :
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/412.html#c10
   「象徴」天皇制でも、君主制は君主制。「象徴」は心を支配する。


http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/410.html
《 問題は安倍晋三個人の資質ではなく、明治クーデタ派の支配が150年も続くのを許していること。》
  「明治クーデタ派」の宗教「国家神道」の本尊は、現在も生きている。


http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/516.html#c10
  (サンデー毎日 / 「スノーデン衝撃インタビュー  『日本での諜報活動と驚くべき世論操作』」 )
← 私のコメント : 西欧先進国であるはずのイギリスが、なぜ君主制を捨てないのか?


http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/594.html#c3

[経世済民109] AV出演発覚でゴールドマン・サックス「内定取り消し」〜TOEIC935点の美少女を襲った不運な現実(週刊現代)  赤かぶ
4. 晴れ間[1076] kLCC6orU 2016年6月11日 19:06:34 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[198]
>>2
>>3
> 個人を責めるより、社会の後進性を嘆け。


「社会の後進性」なら、私は色々な面で批判しているよ。「嘆く」なんてメソメソした「日本人的」「愚民的」心性は持たないから、怒ったり、理性的に批判しているだけだ。(あなには「怒り」がないだろう? 現状を肯定しているからだよ。)

*-----------------------------------------------
(例)
※世襲政治や天皇制についての批判 +陰謀論の蔓延に関して
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/410.html
《 問題は安倍晋三個人の資質ではなく、明治クーデタ派の支配が150年も続くのを許していること。》
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/412.html#c10

※日本の労働組合についての批判
http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/708.html#c2
   (日本とフランスの労働組合運動の違いに関するコメント)
------------------------------------------------*


>>2>>3 のコメント者の主張は、戦前日本の「苦界に身を沈めるのは親孝行」の延長にあるのではないか。「従軍慰安婦」もそうした社会の産物だ。だから当事者の日本人は、「当時はそれが当たり前だった」と、反省すらしない。
同コメント者は、日本に何十万人もいる風俗産業で働く「売春女の味方」のフリをしているけど、そうした姿勢は、結局は女たちの社会経済条件の向上には全く役に立たない。
その立場と、女衒弁護士・橋下徹の立場と、どこが違うのか?

私は北欧や西欧の社会を賞賛などしていない。問題が明らかであるよう、「比較の例」として出しているだけだ。戦前日本メルクマールの同コメント者の基準では、日本の女は幸福にはなれない。貧困化と共に売春女がますます増えるだけだ。
それとも、安倍自民党内閣に、女が売春しなくてもよい社会を作れるよう働きかけてくれるとでもいうのか。
唯々、「嘆き悲しむ」ことを勧めるのか?

戦前、廃娼運動に取り組んでくれた人々(男たち) や、葉山嘉樹の方が、よほど「澄んだ眼」をしている。「澄んだ眼」を持ってないと、社会は変わらないんだよ。

内定取り消しが「不当」だと思うなら、裁判闘争で闘えばいい。そうすれば、他の女たちの「共感」も得て、裁判支援団体も形成され、社会変革につながるだろう。


http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/667.html#c4

[経世済民109] AV出演発覚でゴールドマン・サックス「内定取り消し」〜TOEIC935点の美少女を襲った不運な現実(週刊現代)  赤かぶ
8. 晴れ間[1077] kLCC6orU 2016年6月12日 00:08:28 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[199]
>>2
> 売買春=違法なんて、まったく死文化していることだ。 [...]
> 見て見ぬふりをしている。それは、売買春施設が社会にとって必要なものだと、政府も暗に認めているからだ。(悪く言えば「必要悪」ということ。 [...] )

>>3
> GSの行為は、個人じゃなくて、大企業法人としての契約違反行為である。
> 内定取り消しというのは、安易にされては、弱い立場の個人にとって非常に困ることである。


⇒ 「売買春」を肯定擁護しながら、「弱い立場の個人」の味方のフリをする。
あんたは「売買春は必要悪」と主張してるね。あんたは売春業界の人間か? それとも橋下のような売春業者の顧問弁護士か? それとも売春業界とは切っても切れないヤクザや暴力団の関係者か?

私がリンクを張っている「PAPS (ポルノ被害と性暴力を考える会) 」のサイトは見たか? 街でタレントのスカウトをしているふりをして若く無知な女を勧誘し、売り込み用の写真だと言って上半身裸の写真を撮り、レッスンと称するものを受けさせ(→借金を負わせ)、女をアダルトビデオ撮影に追い込むポルノ業者が多いそうだね。アダルトビデオに出なければ写真をばらまくとか、多額のレッスン料を返せとか言って、脅すそうだね。
そういうことをするのは、市民社会の「まともな市民」かね? ヤクザや暴力団関係者じゃないのかね?

ポルノ売春は、社会全体にとっても、「弱者」たる一般の女たちにとっても、「有害」以外の何ものでもない。すでに別のコメントで書いたが、大阪では生活保護の申請に来た女に対し、役所の窓口は「風俗で働け」とか言って追い払っているそうじゃないか。売買春を肯定するということは、社会福祉や救貧対策を否定するのと同じことだ。
それだけではない。女一般、女全体に対する「社会の視線」を非常に暴力的なものにする。現に日本はそういう社会になっている。
ポルノ売春女に居直られたのでは、低賃金でも必死に働き、貧困の中でも何の援助も受けずに頑張っている、無数の「普通の」女たちが迷惑するんだよ。普通の「勤労女子」にとっては、間接的な加害者なんだよ。

ゴールドマンサックス社は、内定取り消しに当たり、きちんと弁護士の判断を仰いでいるはずだ。「内定者の周辺を調べ直したところ、私生活で会社の就業規則に抵触するような部分が見つかった」ということだが、裁判にでもならない限り真相は分からない。
しかし常識的に考えて、何もない女がいきなりアダルトビデオで裸になるなど、ふつうにあることではない。『週刊現代』の記事に脚色や嘘がある、と私が書いたのは、そういう意味だ。


http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/667.html#c8

[社会問題9] 〈経済版リンク〉大手AVプロ元社長逮捕 労働者派遣法違反容疑 女性「出演強要された」 晴れ間
1. 晴れ間[1078] kLCC6orU 2016年6月12日 13:17:25 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[200]
関連記事につけた私のコメント :

http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/667.html#c8
(他のコメント者に対して) 「私がリンクを張っている「PAPS (ポルノ被害と性暴力を考える会) 」のサイトは見たか? 街でタレントのスカウトをしているふりをして若く無知な女を勧誘し、売り込み用の写真だと言って上半身裸の写真を撮り、レッスンと称するものを受けさせ(→借金を負わせ)、女をアダルトビデオ撮影に追い込むポルノ業者が多いそうだね。アダルトビデオに出なければ写真をばらまくとか、多額のレッスン料を返せとか言って、脅すそうだね。」

*---------------------------------

PAPS (ポルノ被害と性暴力を考える会) のサイトより
https://paps-jp.org/aboutus/coerce/
  「AVに出演させられそうになっている方へ」

自分自身、あるいは自分の知り合いがアダルトビデオ(AV)やアダルト動画などに出演させられそうになっている方へ。あなたはけっして一人ではありません。

街中などでスカウトするときに、あたかも普通の芸能事務所であるかのように偽って事務所に連れて行って契約をさせ(その際、宣伝用だとしてトップレスの写真を撮られる場合が多くあります)、その後、アダルトビデオの撮影に持ち込むという手法が広く用いられています。そして、その撮影を拒否しようとすると、事務所側は、数百万円もの多額の違約金を請求したり、これまで宣伝やレッスンに掛けた費用(数十万円から数百万円)を全額弁済するよう脅したり、あるいは、トップレスの写真を親や周囲にばらまくと脅して、結局、アダルトビデオの撮影を強行しようとします。

しかし、このような手法はまったく違法であり、そのような契約は効力を持ちません。また、違約金や費用の請求も違法であり、支払う義務はまったくありません。さらに、アダルトビデオ出演の契約そのものが「公序良俗」に反しており、効力を持ちません。裁判所でも、AVプロダクション等のAV派遣業、AVメーカーは、「職業安定法」や「労働者派遣法」上の「公衆道徳上有害な業務」に該当するとされ、このような募集や派遣行為や出演行為は不法行為であると認定されています。

また契約を盾に性行為を強要することは、刑法上、強制わいせつ罪、あるいは強姦罪を適用することが可能な違法行為です。トップレスの写真をばら撒くと脅すことは脅迫罪にあたります。
たとえすでに契約をしてしまっていても、アダルトビデオの撮影に応じる義務はまったくありません。ただちにPAPSや弁護士や被害者支援団体に相談してください。



http://www.asyura2.com/12/social9/msg/669.html#c1

[経世済民109] AV出演発覚でゴールドマン・サックス「内定取り消し」〜TOEIC935点の美少女を襲った不運な現実(週刊現代)  赤かぶ
11. 晴れ間[1079] kLCC6orU 2016年6月12日 13:36:19 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[201]

【 PAPS (ポルノ被害と性暴力を考える会) 】 のサイトより
https://paps-jp.org/aboutus/

「わたしたちPAPSについて」

 私たち「ポルノ被害と性暴力を考える会(People Against Pornography and Sexual Violence: PAPS)」は、その規約において、「ポルノグラフィの制作・流通・消費などを通じて、あるいはその影響を受けて生じているさまざまな人権侵害や性暴力の問題について議論・調査・検討しこの問題を社会に広く訴えていくことや、ポルノ被害を受けた方の被害者支援を行うことを目的とする」ことを掲げ、婦人保護施設職員、児童施設職員、スクールソーシャルワーカー、大学教授、大学教員、性暴力・性被害の問題に詳しい弁護士、人身取引被害者救援スタッフなどが参加し、専門知識を生かして、ポルノ被害を中心とするさまざまな性暴力の問題に取り組んでいる団体です。

 私たちがポルノ被害を課題の中心に据えたのは、これまでまともに取り上げられてこなかった多くの性被害がそこには存在するからです。児童ポルノでは少女が、成人ポルノでは(多くは)若い女性が、性的に陵辱され、単なる性的玩弄物として扱われ、しばしば露骨な性暴力を受けています。また、ポルノグラフィを通じて女性や子どもを性的にモノ化し性暴力を是認・煽動するような風潮や認識が形成され、また実際に多くの性暴力を生み出しています。

 レイプだけでなくセクハラや痴漢などは広く性暴力として社会的に認識されてきていますが、ポルノの中ではそれらすべてが楽しんで消費できる快楽として描かれており、性暴力を積極的に肯定し助長する内容となっています。現実社会で起きているさまざまな性暴力は、ポルノの制作・流通・消費を通じて形成されている社会の性意識・性行動のあり方全般と連続し相互作用しあっています。またポルノ被害は売買春によるさまざまな性被害とも深く関連しています。実写ポルノは売買春の一形態であり、売買春の中で行なわれているさまざまな性侵害的行為がカメラの前で再現されています。

 私たちはそうした観点から、今まであまり真正面からは取り上げられてこなかったポルノ被害の諸問題とポルノの社会的影響を視野に入れて、性暴力について考えていこうとしています。


*--------------------------------------------------*

本投稿記事に対しては、フォローアップ投稿を行い、
また、「社会版」にもリンクを張った上で、追加コメントをつけておきました。
http://www.asyura2.com/12/social9/msg/669.html?c1#c1


http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/667.html#c11

[社会問題9] 〈経済版リンク〉大手AVプロ元社長逮捕 労働者派遣法違反容疑 女性「出演強要された」 晴れ間
8. 晴れ間[1080] kLCC6orU 2016年6月13日 21:28:48 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[202]
>>2
> 母子家庭の女子が、ロリ系エロや、AV界に多いらしいが......

⇒ これはまさに「貧困の連鎖」の問題。日本社会では大半の女は低賃金・低所得と相場は決まっている。公務員や教員や美容院の経営者でもなければ、十分な収入は得られない。殆どの民間企業では、雇用における女性差別は厳しい。差別待遇は当然で、働き続けられるものではない。保険の外交員など誰でもできるものではなく、親類知人の範囲で勧誘しても玉はすぐに尽きる。勢い、自営業以外で比較的実入りのいい仕事となると、水商売関係となる。夜昼逆転の生活で子供の相手などできない。それに、その業界自体が「売春業」との線引きが難しい。例外はあるだろうが、子供の教育を考えれば、きちんとした出自の人は水商売には入らないだろう。そういう環境で育った女の子がディーセントな人生観など持ちうるはずもない。


http://www.asyura2.com/12/social9/msg/669.html#c8

[社会問題9] 〈経済版リンク〉大手AVプロ元社長逮捕 労働者派遣法違反容疑 女性「出演強要された」 晴れ間
9. 晴れ間[1081] kLCC6orU 2016年6月13日 21:34:48 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[203]
>>4
> 進歩的な晴れ間さんが、なぜかこういう古風な(性)道徳と合体するというのが不思議だなあ。 [...]
> 昔の女性解放運動は性の解放をめざしていたのだが。どこで反動化したんだろうね。

⇒ いい加減なことを言うな。掲示板読者を攪乱するのが目的か?
「昔の女性解放運動は性の解放をめざしていた」とは、どういう「女性解放運動」のことを言っているのか? 「昔」とはいつのことか? 
「女性解放=性の解放」を唱えていた人物がいるのか? いるとすれば誰だ? そういう団体ないしグルーブが存在していたというのなら、具体的にどのグループだ? きちんと答えよ。

私は寡聞にして「女性解放」を「性の解放」に還元させた日本のフェミニストやフェミニズム団体を知らない。
そもそも「性の解放」とは何か? ポルノや売春を賞賛し、公衆の面前で裸になり、誰彼かまわず乱交する女を讃えることか? 「無料でやれる売春婦」の集団がいたのか? 知ってるなら、この場で個人面と団体名を言ってみろ!
そういう「無料売春運動」が「昔の女性解放運動」だったという証拠があるなら、出してみろ」

次のリストにその団体は載っているか? あるなら言ってみろ! 
http://www.iwylg-jp.com/member
上記リストの中には、かつての新左翼に近かった団体もある。しかし新左翼系の女たちも、「性の解放」と称して「無料売春運動」などやっていなかったはずだ。むしろ新左翼の男たちの「封建的で家父長的な性質」を強く批判していたはずだ。新左翼がフェミニズムの中で力を持ち得なかったのは、その「旧態依然」ぶりにある。思想と思考が「女性差別」そのものだったからだ。

女性への差別撤廃、女性の地位向上運動は、雇用や労働の場での平等、法律上の差別撤廃、女性への性暴力との闘いを主な課題として長年取り組まれてきた。
あんたの言う「性の解放」が何を意味しているのかわからないが、そういうものが主たる課題になったことはない。(母体保護や生殖コントロールは副次的な課題ではあったが、それはあんたが想像するような「性の解放」とは全く異なるものだ。)  
売春は勿論、ポルノグラフィーに賛同するような者/団体は、昔から女性解放運動ないしフェミニズムの敵だった。

フェミニズムや女性解放運動について、この場で出鱈目を言う目的をまず述べよ。
あんたがポルノ業者で、女を「性奴隷化」することでカネ儲けを続けたいから、そういう有りもしない嘘をつくのか?
あのリテラの記事と、週間現代の記事を書いた男と、あんたも同類か? それとも同一人物か?



http://www.asyura2.com/12/social9/msg/669.html#c9

[政治・選挙・NHK207] 警察・検察・裁判所が腐敗しきっている日本ー(植草一秀氏) 赤かぶ
25. 晴れ間[1082] kLCC6orU 2016年6月15日 21:05:42 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[204]
投稿記事本文より
> 日本はこの意味で、近代国家からかけ離れた位置にいることを、すべての主権者は知っておく必要がある。

⇒ その通りです。より正しくは、日本国民が「近代民主主義」というものを十分に体得できていません。「お上」に疑問を持つこともない「愚民」のままでいる人が多すぎます。寺子屋のような場所で、民主主義とは何か?、から学ぶ必要があるでしょう。政党と色々な市民団体が自主講座のようなものを開いて、目的意識的に運動を続けるのがいいでしょう。
マスゴミが国民を愚民状態に置き続けているから、何らかの対抗運動が要ります。特に創価学会員には強く働きかける方がいい。


*-------------------------------------*
>>23
> 一部、知的上級者のブロガーたちは 日本の売国奴が、自分たちのやりたいことを
> 「アメリカにやらされている」と偽装しているのだと指摘していましたが

⇒ その通りです。私も当掲示板で指摘しました。日本を支配しているのは、日本人の特権支配層です。具体的には《皇室と世襲議員と官僚と財閥》つまり「明治クーデタ派の末裔」を中核とする特権層です。彼らは米国と手をつないで、日本国と国民を支配しています。米軍は彼らの特権を守るための「用心棒」です。銃は日本国民に向けられています。
警察・検察・裁判所も、日本の支配層とその特権を国民から守る役目を果たしています。「一般市民」の側にはいません。

http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/410.html
(問題は安倍晋三個人の資質ではなく、明治クーデタ派の支配が150年も続くのを許していること。)


http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/682.html#c25

[経世済民109] 日経平均急落の本当の理由と金の急騰(GLOBAL EYE) 赤かぶ
8. 晴れ間[1083] kLCC6orU 2016年6月17日 00:24:30 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[205]
この GLOBAL EYE というのは、いったい何ですか?
いつも危機感や不安感を煽る論調ばかりですが、何が目的ですか?

きちんとした経済分析や世界情勢分析があるのならともかく、そんなものはありません。(信頼できるサイトなら、金融関連のサイトにもリンクや言及があるものですが、それもありません。)

いったい誰が書いているのかと掲載元を確認すると、サイト運営者の素性も何も書いてありません。こういう怪しげな情報源の記事を投稿する人は、どういう意図でそうしているのですか?

とにかく、私のカンでは「非常に気持ちの悪いサイト」です。
ネットで検索すると、「被害者の会」とかも作られているようですね。


http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/851.html#c8

[経世済民109] 日経平均急落の本当の理由と金の急騰(GLOBAL EYE) 赤かぶ
11. 晴れ間[1084] kLCC6orU 2016年6月17日 08:14:54 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[206]
>>9
> たしかにこいつは怪しげだが、書いてることは、まともなことが多いよ。 [...]
>日経新聞とかの、政治権力や大手企業の息がかかった「アカデミック」な連中の書くものの方が、特に投資関連では、ずっと当てにならない。


⇒ あなた、バカ?

記事本文より
> 日銀の裏切りです。
> 本来ならここで更に踏み込んだ金融緩和をすると市場は読んでいたのですが、黒田総裁はNOを突き付けたのです。

市場は、6月は「現状維持」と見ていました。そしてその通りになりました。日銀としても、イギリスのEU離脱問題にからみ、緩和カードは温存する必要があったのです。
市場の混乱は、イギリスのEU離脱問題が主な原因です。そこに付け込んで、投機筋が為替と株で極端な相場操縦をしています。

どういう分野でもそうですが、プロと素人の違いは、ものごとの「真贋」を見分けられるか否か、です。
あなたは「陰謀論者」ですか? 陰謀論者も、事実の真贋を見分けられず、妄想だけで解釈します。

この GLOBAL EYE の書くことに頷いている人は、自分の「妄想脳」を疑って下さい。「陰謀論」も大好きなんでしょ?


> 日経新聞とかの、政治権力や大手企業の息がかかった「アカデミック」な連中の書くものの方が、特に投資関連では、ずっと当てにならない。

⇒ 日経新聞というのは、政府・官僚機構と大企業の「広報紙」です。こういうのは「アカデミック」とは言いません。政府・財界の「広報紙」であると認識して読めば、「当てにならない」ということとにはなりません。そこにある「意図」を読み取ればいいだけです。

どんな媒体でも、発信者にはそれなりの「意図」があります。立場によって利害は異なるのであり、自分の利害に沿った主張をします。
政府広報にも、財界新聞たる日経新聞にも、陰謀論にも、怪しげな「投資情報」にも、発信者にはそれなりの意図があります。

私は常々、この GLOBAL EYE は怪しいと認識していたので、騙される人がいてはいけないと思い、コメントしたのです。
陰謀論と同じで、本来、まともに相手にしてはいけない発信者です。


http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/851.html#c11

[政治・選挙・NHK208] 「いつまで生きるつもり」 麻生氏発言、北海道の集会で(共同通信) ←いつまで議員なんかやってるつもりだ麻生! 赤かぶ
25. 晴れ間[1085] kLCC6orU 2016年6月18日 16:53:34 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[207]
これが世襲政治家と財界人の本音でしょうね。長生きしていいのは金持ちだけ。貧乏人は早く死ね。年金をもらい続けられては困る。
竹中も最近言いましたね。トリクルダウンなんてあり得ない、年金を当てにするな、と。
麻生も正直なのはよいと思います。これが「階級社会」というものです。

普通のポータルサイト(ヤフー) のニュースに出ていましたが、最近、麻生の長男? が結婚したそうです。これまでも縁談や交際は沢山あったらしいのですが、「基準」に合う人となるとなかなか難しくて、それがやっと見つかったのだとか。
「基準」というのは、勿論「代議士の妻」の役割を果たせる人。「世襲議員」というのは「家業」ですから、麻生家は今後も末永く「世襲議員」をやっていくつもりのようです。
麻生は死んでも準備万端。ビジネスでは「麻生グルーブ」の事業でカネ儲けを続け、皇室や財界人との縁戚関係で支配階級のネットワークを強靱にし、代議士や大臣職で箔をつけると同時に日本の政治を支配し続ける。その家族戦略にいささかの曇りもないようです。

こういう「現代の身分制」である世襲政治を許す国民が悪いのですよ。
「平和」を守るのは重要ですが、世襲政治の中心(背骨)である天皇制の廃止も視野に入れなければ、彼らの牙城は崩せないでしょう。(憲法九条は、天皇制および対米従属とセットになっています。これら三つを切り離すことはできません。)
権威の「象徴」である天皇制が倒れれば、国民もようやく「民主主義」と「人間平等」の精神を体得できます。(まだ「理念」の次元のものに過ぎませんが。)
民主主義と国民主権の確立を!

※参考投稿およびコメント :
http://www.asyura2.com/16/senkyo207/msg/410.html
  (問題は安倍晋三個人の資質ではなく、明治クーデタ派の支配が150年も続くのを許していること。)


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/103.html#c25

[経世済民109] 日経平均急落の本当の理由と金の急騰(GLOBAL EYE) 赤かぶ
29. 晴れ間[1086] kLCC6orU 2016年6月19日 13:43:10 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[208]
>>22

前置きすると、私は経済学の専門家でもIT技術の専門家でもなく、法律の専門家でもなく、全く専門外の一般人です。一般常識の範囲内でコメントします。(質問者様の過去コメは読んでおりません。)
ご紹介の「Dr苫米地英人」氏の出演番組の録画を見てみました。(見るのは、これが初めてです。) 私は時間が限られているので、通常、イカモノ情報、キワモノ情報は、完全スルーです。読みません。番組録画を見た結論は、「あほらしい」の一言。同氏は今後、完全スルー対象です。

まず、日本は原則法治国家であり、通貨の発行権は日銀に独占されています。ただし、日銀は政府の統制下にありますし、政府が日銀券とは別の「政府紙幣」を発効することは可能でしょう。
この通貨発行の領域を、民間銀行が侵犯することは法的に不可能です。ただし、金融当局の許可を得た上で「兌換券」を出すことは可能かもしれません。(要確認。)  あえて言うなら、日本のメガバンク(ここでは三菱東京UFJ銀行) が今報道されている「仮想通貨」を発行するとしたら、それは「電子式の兌換貨幣」ということになるでしょう。(私は通貨制度の専門家ではないので、これは一般人としての類推です。)

朝日新聞の報道では、「仮想通貨」
《 MUFGコインは、利用者が、同行の口座にある預金を「1コイン=1円」の比率でコインに交換し、スマートフォンのアプリに取り込むなどして使う 》
とあります。
つまり、仮想通貨はすでに口座内にある預金の範囲でしか創られない(リアルマネーと交換できない) ということです。しかも交換比率は「1対1」の固定です。変動しないので投機性はありません。
同行に口座を持っていない人でもスマホ経由で利用できるそうですが、それは「スマホ専用口座」が生まれるということでしょう。スマホに現金ないしクレジット等(スマホ利用料金に加算されて支払いか?) でチャージする必要がありますね。
同行がKDDI と共同運営している「じぶん銀行」の延長でしょうか。

銀行としては、会食の際の割り勘の代金支払いとしての用途などを想定しているそうですが、その普及可能性にも疑問が付きますね。これがどうして、メガバンクが日銀の通貨発行権を侵犯することになるのでしょうか。荒唐無稽にもほどがあります。


※関連情報 :

朝日新聞の報道
http://www.asahi.com/articles/ASJ69566CJ69UHBI00V.html

ネットでも冷めた見方
http://cards.hateblo.jp/entry/mufg-coin-donaru/


*----------------------------------------------------
また、苫米地氏は、別の録画番組で、日本のメガバンクは「外資系」だとさかんに言っていますが、これも誤りです。確かに日本の株式市場は、外資に支配されています。取引高の7割は外資でしょう。しかし法律で、保有株式の比率には制限が設けられています。銀行の場合、外資は30%を越えることはできません。30%に満たないと、経営権(少なくとも拒否権) を握ることはできません。
こういういいかげんなことを言う人を信用してはいけません。奇抜なことを言って視聴率を稼ぐのがこの人の「商売」なのでしょうか。


http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/851.html#c29

[経世済民109] 三菱が逃げ出し、ハゲタカにオモチャにされる日本市場(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
18. 晴れ間[1087] kLCC6orU 2016年6月19日 17:08:30 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[209]
>>8
> 日本が外資系の銀行に買われたこと気づいてなのか?
> 三菱UFJ銀行は、外資系の銀行なんだけど・・・・
> 2016年6月16日三菱東京UFJ・独自の仮想通貨"MUFG"発行へDr苫米地英人が裏側を解説!
> https://www.youtube.com/watch?v=1occb27hBc4

⇒ コメント者 >>8 は別の投稿記事コメントで私に絡んできたが、あんたも「Dr苫米地英人」と同様のデマゴーグか?
あんたの質問に答えておいてやったが、読んだか? あんたも GLOBALE EYE のお仲間か?

あんたの質問:
http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/851.html#c22
私の回答 :
http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/851.html#c29

さあ、苫米地がデマゴーグでないという証明をしておくれ。
三菱東京UFJ銀行が「外資」だという証拠を見せておくれ。(具体的には株式の保有比率だよ。)
三菱東京UFJ銀行が「外資」なら、日本の上場企業の殆どは「外資」ということになる。
逆に言えば、日本人が海外の株式市場で外国企業の株を買えば、その企業は即時に「日系企業」になるのか? 苫米地が言ってるのは、そのレベルの話だよ。

*--------------------------------------------

それから、バカバカしすぎることなので上記前回のコメントには書かなかったが、苫米地が「マイナス金利なんて実在しない」と喚いているが、これもデマゴギー。
「マイナス金利は存在する。しかしマイナス金利分を日銀当座預金に預けると、逆に利息を取られるから、民間銀行はマイナス金利が課される分の残高を減少ないしゼロにしている」というのが正しい。
「残高ゼロ」を、「実在」という言葉を使って「制度そのものが存在しない」かのような「印象操作」をするのは、詭弁、デマゴギー。苫米地はデマゴーグだ。

そもそも、当座預金にカネを積み増して、カネを無駄に眠らせないようにすることが「マイナス金利」導入の目的。預金はしても金利はあげないし、逆に預かり賃を取るよ、というのがマイナス金利。
日銀としては、今後は、マイナス金利の幅をさらに拡大(さらなる金利引き下げ)するか、マイナス金利を適用する当座預金の範囲を拡大していくか、だ。今は縮小か拡大か現状維持か「様子見」をしているだけ。

メガバンクもそれ以外の銀行も、マイナス金利分の預金を日銀の口座に積み上げないのは全く当然。金利を逆に支払わねばならない預金をしないのは当然ではないか。それは合理的な行動ではあり、それこそが「マイナス金利導入の目的」なのだ。カネは日銀当座預金で無駄に眠らせないで、民間に融資したり他の投資先を見つけて活用してくれ、というのが日銀側の導入の趣旨なのだ。

今回、三菱東京UFJ銀行が「国債市場特別参加者」(プライマリー・ディーラー)の資格を返上したのも、経済合理性の観点から全く正しい。日銀は「それは困る」「無理にでもマイナス金利で買ってくれ」と言っているか。そんなこと言ってないだろう。日本の国債は、今「安全通貨の債券」として海外投資家から引っ張りだこになっている。それが円高の短期的原因だ。


*------------------------------------------

阿修羅には陰謀論者と脳弱者がウジャウジャいるから教えてあげよう。
すべては国家の性格と、国家権力のあり方の問題なのだ。誰がそれを握っているか、だ。

フランスのロチルト(ロスチャイルド)銀行は、(他の全ての銀行と同様、) ミッテラン政権のとき1982年に「国有化」された。(その後シラク内閣の時に、再び民営化され、その後1991年に消滅した。現在存在するロスチャイルド・グループの銀行は、銀行を国有化され国家に奪われた創業家が新規に作った銀行だ。)
それより昔、1800年、ナポレオンの時代に創られたフランス銀行は、唯一の発券銀行になったが、その後100年以上もずっと純然たる民間銀行だった。銀行は民間の銀行家・金融機関など特権層に支配されていた。それが1936年の人民戦線政府下で政府の支配下に置かれた後、1945年には完全国有化された。

中央銀行にせよ民間銀行にせよ、それを「主権者国民」が掌握できるか否かは、「主権者国民」の覚醒度次第なのだ。
銀行が「反国民的」な行動を取れば、銀行を国有化してコントロールすればよい。
日本の銀行は今のところ「外資の銀行」ではない。それは法律上不可能だ。
しかし日銀と他の民間銀行が「外資に奉仕」しているように見えるなら、それは日本の政治と国家権力が(99%に対する)「1%」の側に立っているからだ。
「政治を変える」のが先だろう。ただし、民主党が自民党以上に「財務省官僚の言いなり」になった記憶は、あまりにも生々しい。そこが日本の「悲劇」だ。


http://www.asyura2.com/16/hasan109/msg/890.html#c18

[政治・選挙・NHK208] 共産党が国民政党になったと見るのは危険だ あの政党は普通の政党ではない (産経) : サンフランシスコ平和条約破棄も主張 真相の道
34. 晴れ間[1088] kLCC6orU 2016年6月20日 23:47:25 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[210]

くだらない投稿だね。佐藤優って、読んだことないけど、「反共」で食ってる売文屋なの? 産経にもよく書くの? 真相の道が持ち上げるくらいだから、その程度の物書きなのだろう。
真相の道は、よほどあせっているね。こんなこと書いて、「反共」の効果があるとでも思っているのか。コメント欄でも、誰もまともに相手にせず、反ユダヤ主義の陰謀論者しか寄ってこないじゃないの。

真相の道なんて相手にする暇ないけど、佐藤優も「時代遅れ」なんだね。物書きなら、もう少し自分を「時代」に合わせたら?
「共産党はふつうの政党ではない」なんて言ったって、今の若い人は「?」としか思わないよ。現実に、非正規雇用者や若者の将来のことについて真剣に取り組んでいる政党は共産党くらいだからね。

「マルクス・レーニン主義」とか「共産主義」という言葉を出すと、有権者がびっくりするとでも思っているの?
思想も運動も闘い方も、時代と共に変わる。人間も時代に合わせて変わる。佐藤優はこの前アメリカのサンダースのことも「極左だった」とさもおどろおどろしげに語っていたが、「元極左」でもいいではないか。今「民主社会主義者」で、それでどこが悪い?
時代の変化というのは、そういうものだよ。人も経験を積んで、徐々に「現実的な方法」を身につけてくる。それがよい意味での「成長」なら、賞賛ものだ。西欧の政治家にはそういう人は多い。若い頃はアナキストで、後に政治家・大臣になったなんて例はいくらでもある。
佐藤や「真相の道」のような人間は「悪い方に変質/退化」したか、もともと悪かったのが「悪いまま干からびた」かのどちらかだろう。

それから佐藤は「人民」と「国民」という言葉でこじつけているが、これなど全く無意味。「人民」というのは英語の「ピープル」。この言葉のどこが悪いのか? 国家の性格の如何を問わず、ピープルはいる。支配者や強者に対抗する概念だ。リンカーンにも文句を言ったらどうなの?
「国民」というのは the Nation のことか? この概念も、時代と文脈により様々だ。植民地支配されている人々の場合には「民族」と訳されることもある。ナショナリズムも状況により様々だ。極右のナショナリズムは「排外主義」。しかし植民地支配や異民族支配下で独立を求める人々のナショナリズムは「民族解放の思想」だ。国民国家の構成員のことを国民と考えてもよい。

「マルクス・レーニン主義」とは20世紀に存在した社会主義の潮流で、特定の歴史的状況において有効だと多くの人が考えた。しかし、その潮流を受け継ぐ人々は、今も金科玉条のごとく「マルクス・レーニン主義」を唱えたりしていないよ。例えば、コバニで闘ったクルド人の女たち。今のスローガンは「フェミニズム」と「エコロジー」だよ。今のフランス共産党だって「エロコジー」を熱心に唱えているよ。「人と自然が共生できる社会」「争いのない平和な社会」を目指す。それが「現代の共産主義」なのではないか。
佐藤優や「真相の道」のようなおじさん(おじいさん?) だけが、「○○綱領」のような「古文書」を振りかざして、若い人が「は?」としか反応しないようなアナクロぶりを晒している。あんたら「時代遅れ」なんだよ。「1%」の手先として、「99%」が怖いのかね?

サンフランシスコ講和条約が平和をもたらした? 珍説だね。それは「単独講和」に過ぎず、日本は米国の属国として冷戦体制に組み込まれた。日本国民が今も米国の支配下で苦しんでいるのは、そのためではないか。旧ソ連と平和条約を結ばずに米国に奉仕する道を選んだから、北方領土が返ってこなかった。

天皇制を廃止するのが悪い? 天皇制つまり君主制を廃止するのが間違っているというの? 世界中の大半の「民主主義国」は君主制を廃止しているよ。君主制を廃止しして「近代民主主義の国」になった。原則「人間平等の社会」になった。日本では今なお「世襲政治」が蔓延っているけど、これも一種の「身分制」じゃないの? こういうのを「門閥」(日本国憲法で言う「門地」) というの。「生まれ」により差別される社会。不平等な社会。
私は、天皇制と世襲政治制がなくならない限り、日本は「近代民主主義国家」にはなれない、と考えている。
それを「普通じゃない」と言うのなら、日本は世界の潮流とはサカサマの国。歴史の流れに反した国。奴隷制の国。唱える人の人間性も見えてくるね。


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/206.html#c34

[政治・選挙・NHK208] 志位和夫委員長に聞く 共産党はなぜ毛嫌いされているのか 今さら聞けない「共産党」素朴な疑問(日刊ゲンダイ)  赤かぶ
11. 晴れ間[1089] kLCC6orU 2016年6月21日 20:13:07 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[211]
私は日本共産党の支持者ではなく、同党に投票したことは一度もありません。支持政党がないので、選挙では「ベター」な投票先に入れるのが精一杯です。しかし私は日本が「公平でできるだけ平等な、弱者と貧者が苦しめられない社会」であることを願っているので、個人的に日本共産党を支持せずとも、いわゆる「反共」ではありません。
私は日本共産党とは無縁なので、あくまでも一般的なことを書きます。共産党とは異なり、私は天皇制にも堂々と反対します。

人類の歴史において、「平等な社会」という理想を追求した思想や運動は沢山ありました。近代の「共産主義」もその一つです。共産主義(狭義) は大きくは「社会主義」(=多様) の中の一潮流です。「資本主義の悪」を否定する思想です。
かつては社会主義の一潮流である「ボルシェヴィズム」(ロシア・ボルシェヴィキの思想・運動・体制) を「共産主義」と呼び、「共産主義」の語は「旧ソ連・東欧型社会主義」に代表されるようになりました。旧ソ連は戦争の中から生まれ周囲を敵(資本主義・帝国主義勢力) に囲まれて存続したために常に臨戦態勢で「自由」を制限する体制となりました。そのために、共産主義(狭義) は「自由の否定」を意味するようになり、これが同国の崩壊につながりました。社会主義計画経済が、自由競争の資本主義よりも生産効率で劣り生活水準の向上をもたらさなかったことも一因です。
要は、資本主義経済制度に対して、弱肉強食のシステム(強者による弱者の収奪) をどこまで受け入れるか、それをどう制限するか、が人々の立場を決めます。弱肉強食を際限まで進めようとするのが「新自由主義」。可能な限りそれを制限しようとするのが「社会主義」。可能性の範囲内で修復しょうとするのが「福祉社会」。

別の投稿記事で、阿修羅常連の「真相の道」が、産経新聞に掲載された佐藤誠の記事を援用しながら、相変わらずの「反共思想」思想を振りまいています。両人は「マルクス・レーニン主義」とか「共産主義」という言葉を使って、それをよく知らない若い人たちに向かって「虚仮威し」をしているのです。(佐藤優は原稿料を稼ぐために媒体に阿ているのか?)
「真相の道」の立場は明らかです。資本主義体制の擁護、つまり資本家と大企業と富者が一方的に利益を得る体制を必死に擁護しています。産経新聞や読売新聞、日本経済新聞と全く同じ立場で、基本は「反共主義」です。阿修羅では、そういう役割を担って、「資本主義体制擁護・自民党一党支配擁護・対米従属擁護の工作員」の仕事をしています。国民大衆や弱者の利益を擁護しようとする政党(生活の党・共産党) を集中的に攻撃しています。

共産主義も含めて、思想というのは、時代の変化に合わせて変わるものです。「人」(人的要素・世代的要素) の変化には時間がかかりますから、一朝一夕には 変わりませんが(∵世代の入れ替わりが必要) しかし確実に変化していきます。
私は従来、日本共産党の「独善性」を強く批判してきました。しかし最近ようやく、同党も野党共闘の道を積極的に模索するなど、変化の兆しを見せてきました。(「真相の道」ら「資本主義擁護の反共主義者」は、共産党 と他の野党が結束することを極度に怖れています。彼らの意図をしっかりと見抜きましょう。)

最近、とても明るいニュースがありました。ワタミなど「ブラック企業」でユニオン労働組合が結成されたのに続き、「福祉保育労働組合」も結成されました。企業内の御用組合(黄色組合) が多い「連合」労組とは異なる、資本や経営者から独立した「本当の労働組合」が日本にも生まれてきました。現在日本で圧倒的多数の「非正規雇用者」や「低賃金労働者」が、声を上げ組織的な運動を展開をするようになってきました。
反安保法制デモや憲法九条擁護デモや反原発デモは「市民運動」的なもので、組織的な基盤がなく永続性の点で弱いです。それに対し職場に根付いた労働組合運動は、資本主義のあり方(収奪の仕方・所得分配・再分配のあり方) そのものを問う可能性を持ちます。

「自由」とは何か。資本家・金持ちにとっての自由と、一般勤労者・貧乏人にとっての自由は、同じものではありません。「Aにとっての自由」が「Bにとっての自由」と対立することは多いです。(税の負担と再分配の仕方一つにも、それは現れます。勤労国民が払った消費税が輸出大企業の懐に収まり、それが株主の懐を潤します。)
政府・官僚・大企業にとっての自由ではなく、「自分にとっての自由」を考えれば、政治的態度は自ずと決まります。

かつて「マルクス・レーニン主義」や「共産主義」を標榜していた世界の政治的潮流も、その後変化してきています。コバニで「イスラム国」と闘ったクルド人の女たちは、今では「フェミニズム」と「エコロジー」を主張しています。かつて「モスクワの長女」であったフランス共産党も、今では「エコロジー」を最も強調しています。(原発一つをとっても、利益至上主義の大資本が環境破壊をしていることは明らかです。)  フランス共産党書記長の演説にロベスピエールは出てきても、レーニンの名前は全く出てきません。

日本の共産党が、基本をしっかりと守ったまま、よい方向に「変化」してくれることを、私は望みます。
個人も政党も社会も、「よい方への変化」あるのみ。自己革新あるのみ。


※関連投稿コメント(佐藤優・真相の道批判) :
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/206.html#c34
  共産党が国民政党になったと見るのは危険だ あの政党は普通の政党ではない (産経) : サンフランシスコ平和条約破棄も主張


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/239.html#c11

[政治・選挙・NHK208] 志位和夫委員長に聞く 共産党はなぜ毛嫌いされているのか 今さら聞けない「共産党」素朴な疑問(日刊ゲンダイ)  赤かぶ
12. 晴れ間[1090] kLCC6orU 2016年6月21日 20:17:33 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[212]
>>11

訂正    佐藤誠 → 佐藤優


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/239.html#c12

[政治・選挙・NHK208] 「選挙供託金は憲法違反」 埼玉県の男性が国を提訴 東京地裁 (産経新聞) 晴れ間
3. 晴れ間[1091] kLCC6orU 2016年6月23日 21:36:20 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[213]
投稿者コメントで、言葉の重複があるので訂正
若者と弱者の代表の「代表権」→  若者と弱者の「代表権」


「代表権なくして課税なし」
皆、学校で習いましたね。アメリカ独立戦争のときのスローガンです。
低所得でも消費税だけは皆、ばっちりと取られます。子供の小遣いからも、老人のとぼしい年金からも。累進性がない上に、日頃の生活費(食品)にもしっかりと課税されます。(低所得者ほどエンゲル係数は高い。)

若い人は既成政党の候補者から仕方なく消去法で候補者を選ぶのではなく、自分たちの代表を出して下さい。(提携したい政党があれば、推薦を受ければいいです。)


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/353.html#c3

[国際14] 英国民投票 「離脱確実」英メディアが伝える 開票半数以上「離脱」51.3%、「残留」48.7%  赤かぶ
13. 晴れ間[1092] kLCC6orU 2016年6月24日 19:51:01 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[214]
単純にビーブルの反乱かな。グローバル化とブリュッセル(ユーロ官僚機構) の支配体制に対する。
少々貧乏になっても、「自治権」を取り戻したい。自分たちの地域や国のことは、自分たちで決めたい。自分たちの文化と生活スタイルを守って、自分たちのペースで暮らしていきたい。
カネよりも暮らしやすさ、自分たちらしさ。当然の要求です。

資本家は低賃金労働力が欲しかった。大きな市場が欲しかった。
インテリは「移民差別」だと言われるのを怖れて黙っているか、建前論だけで考えていた。
しかし新自由主義に圧迫され、押し寄せる移民に驚愕した零細な庶民は、国と社会が壊れるのを怖れて、自分たちの生活とアイデンティティを守ろうとした。

ヨーロッパは多様なのに、「政治統合」なんて無理なんですよ。EUはミニ国連くらいの緩やかな組織で再出発すればいい。「多様性」こそ宝。
通貨も、ユーロと自国通貨の二本立てにすればいい。緩やかな通貨同盟。ユーロのために緊縮財政を強いても、庶民が圧迫されるだけ。

国境管理は厳しくすべきだ。隣に誰がいるか分からないようでは、安心して暮らせないだろう。
労働力が足りない国だけ、移民を入れればいい。ただし、移民に国籍を与え、子々孫々まできちんと面倒を見ること。

http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/353.html#c13

[国際14] 英国民投票 「離脱確実」英メディアが伝える 開票半数以上「離脱」51.3%、「残留」48.7%  赤かぶ
14. 晴れ間[1093] kLCC6orU 2016年6月24日 20:27:57 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[215]
>>13
訂正  ピーブル  →  ピープル

*----------------------------------------------------*
>>12
> 国や民族という単位よりも、より大きな普遍的なレベルでの統合を目指す事は大切なことだ。
⇒ その「普遍的なもの」が維持できなくなっている。壊れそうになっている。特に「民主主義」や「人権」や「自由」と「平等」。それを尊重しない人々が増えれば、維持できなくなる。「文化」が異なれば、「価値観」も「規範」も異なる。異なる文化の人々の社会にズカズカと侵入する権利は誰にもない。

> EUはそういう理念でできたのだし、国連もそう。
⇒ 独仏間で戦争がなくなり、東西冷戦も終われば、EUの第一段階の使命は果たせた、と考えていい。
次の段階に進むべきだが、ブリュッセルの集権体制の強化が正解か否か、立ち止まって考えるべきときに来ている。

> 行き過ぎな資本主義的なグローバリズムは悪いが、それはきちんとした規制で抑制できること。
⇒ このグローバリズムを推し進めたい者たちが、EUとユーロと弱肉強食を推進した。結果は低所得層の人々の増大と格差拡大。失業と倒産と自殺。(高学歴のハイキャリア層にはチャンスがあるが、それは少数派。)  労働者だけでなく農民も、安い農産物の流入で破産と自殺。貧者と弱者は「極右政党」とポピュリズムに救いを求めている。この人々を置き去りにしたまま、前に進むことはできない。「民主主義」が壊れる。

しばらく立ち止まってから、再び歩み始めればいい。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/353.html#c14

[国際14] ≪カオス≫北アイルランドでイギリスからの独立運動が再燃!EU離脱でスコットランドなどが独立を示唆!連合崩壊の懸念も 赤かぶ
4. 晴れ間[1094] kLCC6orU 2016年6月25日 19:56:43 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[216]
イギリスのEU離脱のメリットは二つ。
@ EU内で、EUを「反ロシア」に向かわせるべく絶えず策謀していたイギリスが抜けることで、EU全体と特に独仏が「ロシア接近」に舵を切ることが容易になること。(これはほぼ確実。)

A フランスを始め、国内にEU離脱を主張する極右政党やポピュリズム政党をもつ国の現政権が、グローバリズムと新自由主義のこれ以上の進展を改めざるを得なくなること。
実際、イギリスのEU離脱派の中心は、新自由主義による弱肉強食の犠牲となった中流階級下層と低所得層であったことが、今回明らかになった。
ブリュッセルのEU官僚は、参加国に緊縮財政を強要して加盟国の大衆を圧迫するのを止めなければ、EU自体が崩壊しかねないことを、(バカでなければ)多少は認識したであろう。

ただし、ユーロの崩壊は好ましくない。現在のところ、ユーロは、ドル一極支配を緩和し得る唯一の通貨だからである。
欧州が、米国の支配から独立性を持とうとしてEUとユーロを作ったことを忘れてはならない。

なお、中国の AIIB には、24の国が新たに参加する予定だという。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160625/k10010571741000.html
 「AIIB 新たに24の国などが参加の意向」 (NHK)


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/370.html#c4

[国際14] EUからの離脱を問う英国の国民投票は欧米支配層の意に反して離脱派が勝利、支配層は反撃へ(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
2. 晴れ間[1095] kLCC6orU 2016年6月25日 21:37:31 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[217]
本文より
> EUはヨーロッパを統合するという米英支配層の計画に基づいて作られた。1922年に創設されたPEUに始まり、第2次世界大戦後にACUEが作られ、その下にビルダーバーグ・グループもできている。

⇒ 違います。EUの起源は、ECSC「欧州石炭鉄鋼共同体」(1951年) です。米国とは関係ありません。イギリスも関係ありません。フランスの主導です。敗戦国ドイツを戦後復興計画の経済同盟の中に組み込むことで、ドイツがフランスを軍事攻撃せず、欧州から二度と戦火が起きないようにすることを狙ったものです。

Wiki 「欧州連合の歴史」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E9%80%A3%E5%90%88%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2
Wiki 「欧州石炭鉄鋼共同体」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E7%9F%B3%E7%82%AD%E9%89%84%E9%8B%BC%E5%85%B1%E5%90%8C%E4%BD%93

投稿元の記事筆者は「陰謀論依存症」です。
戦後フランスの正統的な保守本流 (ドゴール派) は、「対米自立」「自主独立」がアイデンティティの基本です。


*------------------------------------------*

イギリスが実際にEUを離脱すれば、EUはロシアとの関係を深めます。
EUをプーチンのロシアに敵対させていた首謀者は、イギリスです。シリアのアサド政権転覆工作をしていたのもイギリスです。
これで、「ユーラシア大陸同盟」または「ユーラシア共同体」が生まれますね。

中国の AIIB も、さらに加盟国が増えそうです。本日、NHK や時事通信が伝えました。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/372.html#c2

[政治・選挙・NHK208] かたくなで煙たがられ 共産党は“モテない女子”と似た存在 今さら聞けない「共産党」素朴な疑問(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
29. 晴れ間[1096] kLCC6orU 2016年6月25日 22:54:56 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[218]
>>14

「真相の道」よ、あんた誰からカネもらって、「国民主権派」を攻撃して、自民党と財界の擁護に血道を上げているの?

私が別投稿へのコメントで書いたことに、まともに答えこないじゃないか。
あんたが「工作員」だってこと、皆が知っているのだから、それを踏まえて行動したらどう?

※「真相の道」批判
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/206.html#c34
  共産党が国民政党になったと見るのは危険だ あの政党は普通の政党ではない (産経) : サンフランシスコ平和条約破棄も主張
http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/239.html#c11
  志位和夫委員長に聞く 共産党はなぜ毛嫌いされているのか 今さら聞けない「共産党」素朴な疑問(日刊ゲンダイ) 


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/409.html#c29

[経世済民110] コラム:英離脱に過剰反応、ドル90円台定着は来年=佐々木融 「EU離脱」欧州連合とECBの自業自得 これから何が起こるか 軽毛
2. 晴れ間[1097] kLCC6orU 2016年6月25日 23:16:21 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[219]
矢口新氏の書かれていることは、とても参考になります。やはり現地の記事を沢山読まないと、理解できないことは多いですね、日本人が書いた伝聞情報ではなく、現場を知っている現地の人が書いた記事。

私はEUもユーロもなくならないと思います。しかし機能と役割は変わるでしょう。「民/住民」あっての社会、「国民」あっての国家ですから。資本主義制度下では、「国民国家」の枠がないと、丁寧に国民を守ることはできません。国民を守らない国家なんて、要らないですよ。


http://www.asyura2.com/16/hasan110/msg/314.html#c2

[国際14] 巨大資本がグローバリズムの下でファシズム体制を築こうとしている点で現代は1930年代と酷似(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
2. 晴れ間[1098] kLCC6orU 2016年6月30日 22:41:28 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[220]
> 巨大資本がグローバリズムの下でファシズム体制を築こうとしている
> グローバリズムとは世界支配を目指す巨大資本の旗印であり、別名ファシズム。

⇒ これは嘘。全くの誤り。「ファシズム=巨大資本の支配」という等式は成り立たない。
「櫻井ジャーナル」というのは、現代史への認識と理解を著しく欠いている。なぜ臆面もなく、このような無知を晒すのだろうか。
ファシズムの基本は、大資本に圧迫された「下層中産階級の運動」だということだ。大資本や大地主といった、旧来の支配階級から出た運動ではない。一方の大資本や旧支配勢力と、他方の左翼勢力(共産主義・社会主義・階級的労働組合運動) とに挟撃された、零細な中間層・下級職員層がその基本的支持基盤であり主要な担い手だった。
このことは、現代史の専門家でなくとも、一般教養のレベルで押さえておかねばならない点だ。

ファシズムは大資本を中心とする支配勢力に対する (下層中産階級の)「反体制運動」として出発したが、それだけでは自らが支配権を握ることはできなかった。
それが、1920年代~1930年代に世界恐慌に代表される「資本主義の全般的危機」の中で、大資本と旧支配勢力が「資本の支配」を脅かす勢力、即ち「共産主義+社会主義+階級的労働組合運動」に対する「防波堤」、不法行為も厭わない「番犬」としてファシズム勢力を利用することを選択したことによって、ファシズムと大資本・旧支配勢力の「同盟」が成立することになった。この同盟関係がファシズムの権力掌握を可能にした。「資本主義の全般的危機」と「共産主義の脅威」を抜きに、ファシズムの権力掌握が起きることはなかった。以上のことは、現代史のイ・ロ・ハである。

「櫻井ジャーナル」が
> (米ルーズべルト) 政権転覆を狙っていた勢力は「コミュニズムから国を守るため、ファシスト政府が必要だ」と語っていたと議会で証言している。」
と引用しているような事実があったことは本当である。(同様の発言・指摘は多くあり、歴史の「常識」でもある。)
しかしそれでも「大資本」と「ファシスト」を混同してはならない。資本主義の危機が過ぎ去れば (卑しい素性の)「番犬」は不要になり、、大資本は平気で(「分け前」を要求する)「ファシスト」を切り捨てるからである。逆に、ファシズム体制(「新秩序」) が完遂すれば、「出自を問われない "オム・ヌーヴォ" (新人; ウオモ・ヌオヴォ) 」(「新秩序における模範的人間」) の覇権を求めるファシズムは、旧勢力の排除に乗り出すからである。


**-------------------------------------------------------*

この「櫻井ジャーナル」のファシズム理解のほかに、ファシズムと共産主義を「全体主義」のラベルで一括りにする乱暴な説もある。私が以前指摘したように、最近のNHKのドキュメンタリー番組も、そのような見解で番組を制作している。
(日本における「知の劣化」が甚だしいようであるが、これも日本の格差社会化の反映であろう。)
日本や「反共国家」アメリカ合衆国ではそのような暴論が通用するのかもしれないが、「暴論」であり「ためにする議論」であることは論を待たない。

※なお、NHKの番組内容との関連で言えば、日本語になっている文献の著者を挙げれば、フランス革命の研究家フランソワ・フュレなども「共産主義=全体主義」の立場である。しかしフュレは仏革命の研究家ではあっても、現代ファシズムの研究家ではない。若い頃共産党に入党しながらも同党を離党したという「個人的な体験」から「反共」に陥ってしまった、世にあまたいる「転向者」の反共史家に過ぎない。
何かを「信仰」するのは個人の勝手であるが、「信仰」の対象が間違いだったのであれば、それはあくまでも「自己責任」である。「ブルジョワ知識人」の利害と「勤労大衆」の利害が一致しないのは当然であり、前者だけが「真実」を握っているのではない。こういう「勤労大衆とは無縁の '反共' 知識人」に対しては、その階級的背景を押さえておくことが肝要である。(共産主義を批判することは一向に構わない。しかし、そうする自己を「客観視」することは不可欠である。)

根本にある問題は、「自由と平等」の関係である。自らの「自由」を獲得するために、どういう戦略を取るか。相克する諸個人間・諸集団間で展開される「自由を巡る闘い」の中で、目標とする「自由」もしくは「不自由」との位置関係が、各人・各集団の立場を決める。
*--------------------------------------------------------**

「櫻井ジャーナル」による当投稿記事が主張する「大資本の支配=ファシズム」という説は誤りであるが、
「ファシズム=共産主義=全体主義」という説も誤りである。
「自由」とは何か、「平等」とは何かを明確に定義し、その関係性の中で「自己の立ち位置」を選択することが肝要である。そしてその「立ち位置」は、あくまでも歴史的(時代的)・社会的に限定されたものでしかない。
「グローバル化と新自由主義」による「格差社会」化の進展は、まさにこの「自由と平等」の交差路の上にある。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/418.html#c2

[国際14] 巨大資本がグローバリズムの下でファシズム体制を築こうとしている点で現代は1930年代と酷似(櫻井ジャーナル) 赤かぶ
3. 晴れ間[1099] kLCC6orU 2016年6月30日 23:09:38 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[221]
「1930年代」という時代は、ある種の熱情を呼び起こすものであるらしい。現在の政治状況を「ファシズム」の語で語る人は多い。
しかし、私はその見解に与しない。いくら現代のグローバル化した世界において「貧困」があろとうも、当時と今日ではその「程度」は質的に違う。(量的な違いが質的な違いに転化している。) 19世紀には、西欧においても、人は餓死することがあった。1930年代には、失業者は給食サービスの前で行列をした。しかし今日なら、生活保護の申請に行けばいい。それだけの違いがある。「絶望」と「苦難」の度合いが違う。

今回の英国における「ブレグジット」の問題の根本にあるのは、「グローバル化と新自由主義」によってもたらされた「格差社会化」である。(「移民」問題は、副次的なものだ。) フランスの極右政党「国民戦線」の支持者には、低学歴の若い労働者が多い。(これは2010年代に入ってからの、全く新しい現象。かつての「国民戦線」は純然たる極右政党。)
では、「国民戦線」はファシズム政党なのか、というと、そうは言えない。今年になってとみに注目を浴びている、フランスの労働法改革(改悪)法案をめぐるストライキ運動。実は、目立たないことであるが、「国民戦線」はあのストライキ運動を支持しているのだ。 労働者(=主に現業労働者; ホワイトカラーではない) の4割が「国民戦線」を支持しているのだが、そうした党支持層や党員構成の変化が、「国民戦線」に、ストライキをする労働者の側に立たせている。
1930年代なら状況は全く異なっていた。極右団体なら、スト破りをしたり、黄色組合を作っていた。当時と現在とでは「フランスの民主主義」の成熟度が比較にならないほど違う、ということだ。「民主主義」は前進したのだ。
東欧や中欧のことは言語的な制約があって、私は知らないが、少なくともフランスでは、ファシズムの危険性はない。

「ファシズム、ファシズム」と、オオカミ少年みたいに叫ばない方がいいと思う。的外れなことを叫んでも、今日の問題は解決できない。

http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/418.html#c3

[政治・選挙・NHK208] 日本、イスラム教徒への監視は「合法」:公安組織の“非公然活動”として放置すればいいのに合法のお墨付きを与えた愚かな最高裁 あっしら
4. 晴れ間[1100] kLCC6orU 2016年7月02日 15:19:58 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[222]
>> 投稿記事本文
> 中東・北アフリカからの移民を主体とする日本のイスラム教徒17人が、憲法上の権利が侵害されているとして、日本政府を訴えた。

⇒ イスラム教徒の義務は、イスラム法「シャリア」(シャリーア) が支配する国家を造り、シャリア支配の地域を世界中にあまねく広げること。たとえそのことを公言しなくとも、イスラム信者は皆そう考えている。イスラムでは「宗教のために嘘をつく」のは善。(イスラム教徒は平気で嘘をつく。)
(※このことは、イスラム教徒の家に生まれ、イスラムを批判する人物=アルジェリア人= の著作の中で、非イスラム教徒への「警告」として書かれている。)

シャリアと近代民主主義国家の近代憲法とは相容れない。「シャリアには従わない」という宣誓をしない限り、日本国民にとって「イスラムの危険性」は消えない。憲法違反を唱えるのなら、その前にイスラムの宗教改革をしてからにせよ! (やれるものなら、やってみろ! イスラムでは宗教改革が不可能であることも、上記の著作には書かれている。「神の言葉」に逆らえば、死罪! ネット上にいくらでも情報があるが、先進的な「元イスラム教徒」は、公然・非公然に棄教し始めている。「棄教」はイスラムでは死罪!)

*--------------------------------*

>>3
その通り。日本の天皇家ほど、宗教的に気持ちの悪い一族はいない。「神道」と伝統文化を守るつもりなら、二代続きでキリスト教の学校を出た嫁をもらったり、孫娘をキリスト教の学校に通わせたりしないはずだ。(あの孫娘が通っている学校は、教員は全員キリスト教徒。信者でなければ教員として採用されない! しかも、私学助成金という公費をもらいながら、そういうことをしている。)

早い話、天皇家にとって、「天皇という職業」は法外な収入と特権を保障された「家業」なんだよ。皇太子家の娘が人工授精によって生まれたことは広く知られているが、そのために何億円(それ以上か?) (税金から)払ったことやら!
「天皇業」が「家業」なのは、「国会議員職」が「世襲議員の家業」であるのと全く同じ。両者とも、その中核は「明治クーデタ政権」派の末裔であるということ。

天皇がことあるごとに「国民の皆さんと共に」「日本国憲法を守る」とか言うのは、昭和天皇とマッカーサーの取引により、日本国憲法が天皇家と天皇制を安堵しているから。現在の日本国憲法がある限り、天皇家は安泰。
天皇は、本当に国民のことを考えているのではない。単に、ブルボン家やロマノフ家と同じ運命をたどることを極度に怖れているだけ。(恐怖から発した「お芝居」なんだよ!)

「愚民」「臣民」「公民」(←律令制下の公地公民) の日本人も、いいかげんに目覚めるべきだ。いつまでも騙されたままだと、「主権者国民」の国はいつまでたっても実現されない。日本は近代市民社会の国にはなれない。「民主主義」と「平等」は夢のまた夢。


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/678.html#c4

[政治・選挙・NHK208] 日本、イスラム教徒への監視は「合法」:公安組織の“非公然活動”として放置すればいいのに合法のお墨付きを与えた愚かな最高裁 あっしら
5. 晴れ間[1101] kLCC6orU 2016年7月02日 15:38:40 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[223]
宗教についてよくわからないという人は、「死後の世界」や「来世」を信じるか、と問うてみればよい。
「信じる」と言う人は、宗教を必要としている人間。
「信じない」と言う人は、宗教を必要としない人間。

「死への恐怖」がある限り、人間は宗教に頼ることで「恐怖」を逃れようとする。
「恐怖」から逃れる自由は、誰にでもある。従って、宗教を禁じることはできない。しかし、宗教を万人に押しつけることもできない。それは「思想・信条・信教の自由」を侵すことになる。
従って、社会生活においては、「信仰」はあくまでも「私生活」「プライベート領域」にとどめよ、というのが「世俗国家」の原理。
信教が「公共の福祉」を侵してはならない。境界線を引くことが重要だ。



http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/678.html#c5

[政治・選挙・NHK208] 日本、イスラム教徒への監視は「合法」:公安組織の“非公然活動”として放置すればいいのに合法のお墨付きを与えた愚かな最高裁 あっしら
6. 晴れ間[1102] kLCC6orU 2016年7月02日 16:01:38 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[224]
イスラムというのは、「預言者ムハンマド」なる人物が始めた「宗教ビジネス」。
コーランには、「聖戦」(ジハード) という名の「略奪戦争」で得た「戦利品」(土地・家畜・女・奴隷) の五分の一は、「預言者ムハンマドと"神"」のものになる、という章句がある。("神" を語っているが、イスラムには教団組織がないので、"神"の取り分は当然預言者一族のものになる。)

イスラムが「宗教ビジネス」ではないというのなら、「戦利品」を私有財産にするという「規定の事実」(=コーラン) を否定して、証明することだ。
なお、イスラムがスンニ派とシーア派に別れたのは、「教義」上の意見の対立ではなくて、預言者の死後、その一族の間で起きた「遺産相続」をめぐる争いからだそうだ。
本当の宗教なら、「相続財産」を巡って争いが起きるなどということがあるだろうか?
キリストの子孫(ないしカトリック教会)や、仏陀の子孫は、「相続財産争い」をしただろうか? カネを巡る争いで、宗教セクトの分裂が起きただろうか?


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/678.html#c6

[政治・選挙・NHK208] ダッカ人質殺害事件と安倍責任<本澤二郎の「日本の風景」(2404) <安倍よ!どう責任を取るのか> 笑坊
18. 晴れ間[1103] kLCC6orU 2016年7月03日 19:44:20 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[225]
>>10
> 「キリスト教とイスラムの十字軍的対立」
⇒ そんなもの、ないよ。西欧人は宗教離れしているから、宗教は関係ない。イスラム国に行ってるのも、イスラム教徒ではなくキリスト教からの改宗者がかなりいる。要するに、オウムみたいな社会不適合者が集まるカルトが「イスラム国」。

*--------------------------------*
>>15
> 殺害された日本人は首を斬られているようである。即ち、処刑されたと思われる。
⇒ 剣(ナイフ)を使うのは、伝統的な殺害方法。別に「処刑」というのではない。


> せめて安倍はテロ被害者を靖国神社に祀って国の戦争犠牲者として供養をしてあげるべきである。
⇒ アホか。靖国神社は長州戦争神社。戦争を賛美する神社。そんなことをして、誰が喜ぶ? 安倍ら、軍国主義万歳の極右だけだろう。

*----------------------------------*

かつては、アラブ人は確かに親日だった。その理由は二つ。
一つ目は、第二次大戦で、イギリスやフランスの植民地支配を、日本が揺るがせてくれたから。(帝国主義国どうしの戦争だが、英仏と敵対した独日は感謝されている。)
二つ目は、日本がアメリカから原爆を落とされたから。「日本人は、さぞかし米国を憎んでいるだろう」と同情されていた。

つまり、かつての英仏二大植民地帝国の支配に戦いを挑んだから。そしてアメリカ帝国主義とも敵対して犠牲になったから。

しかし、日本が対米追随の道に入れば入るほど、日本人への共感は冷めていった。
小泉や安倍が対米追随を積極的に進めることで、アラブ人が日本人を見る目は変わった。
日本が対米従属を改めて、独立独歩になる以外に、日本人が信頼される道はない。

誰かが自分は「日本人だ」と叫んだらしいが、今となっては「殺してくれ」と言ったも同然。日本人が優先的に殺害の対象になるという事実を認識しよう。

ただし、イスラムには毅然とした態度を取ることだ。イスラムは近代民主主義とは相容れない宗教だ。(原始的な神権社会では、西洋思想である「人権」も「民主主義」も否定される。) イスラムが「平和の宗教」だというのも真っ赤な嘘。イスラムでの「平和」とは「神への絶対服従」を意味する。少しでも神(の権威) に逆らえば、命はない。(異教徒や不信心者が殺されるのは、そのため。)

日本国内にテロリストが侵入しないよう万全の措置を執るべきだ。イスラム圏(インドネシアも含む)から移民労働者を入れてはいけない。


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/731.html#c18

[政治・選挙・NHK208] 森喜朗会長 / 「国歌を歌えないような選手は日本の代表ではない」 赤かぶ
2. 晴れ間[1104] kLCC6orU 2016年7月04日 00:45:35 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[226]
「君が代」は、天皇賛歌。サメの脳みそのような「神の国」の住人にはありがたい歌なんだろうが、国民主権の民主主義国家にはふさわしくない。

かつて「第二の国歌」と呼ばれた歌「海行かば」も、「天皇のために死にたい」という歌。
この国は、少し精神的におかしいのではないか。

wiki 「君が代」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%9B%E3%81%8C%E4%BB%A3
wiki 「海行かば」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E8%A1%8C%E3%81%8B%E3%81%B0


いつの日か、日本が国民主権の民主主義国になったら、皆が心から歌いたいという歌を国家にしよう。
皆が元気になれる歌、少なくとも爽やかな気持ちになれる歌がいい。曲だけでもいい。自然賛歌でもいい。


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/762.html#c2

[政治・選挙・NHK208] “日本共産党ってどんな党?綱領を読んでみよう! ・日米同盟をやめて、自衛隊を廃止しよう ・革命を起こそう 会員番号4153番
7. 晴れ間[1105] kLCC6orU 2016年7月05日 07:42:16 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[227]
私は武装独立(中立)論者。
「人間平等の精神」に反する天皇制には断固反対。(天皇制は日本の「反動化」の要石。日本が近代民主主義の国に脱皮することを阻んでいる。天皇制がなければ、日本会議も霧散する。)
日本を戦争の道に引き込む「日米同盟」という名の「対米従属路線」にも、私は断固反対。今回のダッカでのテロ事件も、日本の対米従属・親イスラエル路線のたまもの。

では、国防をどうするか。「米国からの独立」を目指すということは、独自に軍備を持つことが前提になる。(国際社会では「無防備」という選択はない。これは非常識。竹光でも持っている方がいい。) 「米国に楯突く」ためにも独自の軍隊は必要だ。
自衛隊は現在、米国と日本の支配層(明治クーデタ派の末裔、及び彼らと繋がる財閥を筆頭とする財界) のために存在している。(災害救助活動なんて、他にパフォーマンスの示しようがないから、人気取りのためにやってる補助的な仕事。本業ではない。) 自衛隊が守っているのは、彼ら支配層。
この「階級支配の道具」である自衛隊を、いかに日本国民、特に一般の勤労大衆に奉仕する軍隊に変えるか。そして文民統制を徹底させるか。野党は、その道筋を明確に有権者に示し、国民の不安を封じるべきだ。

自衛隊員の大半は、庶民というか低所得層の出。(金持ちの息子は防衛大学なんかには行かないだろう。防衛大学進学の動機は「給料もらいながら学べる」という特典が大きい。)
やはり「教育」だろう。命令に従うだけのロボットではなく、人権教育を徹底すべきだ。そして冷戦思考を一掃し、特にアジア人と連帯できる国際感覚を身につけさせることだ。
「冷戦思考」と「対米従属」は平和の敵。これを捨てたとき、日本人はテロの対象から外れる。


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/819.html#c7

[戦争b18] バングラ・テロ/専門家(保坂修司)「IS関与の可能性高く ステージ変わった」/nhk 仁王像
2. 晴れ間[1106] kLCC6orU 2016年7月05日 08:10:28 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[228]
バングラデシュ政府の言い分は、眉唾ものだと思う。イスラム過激派組織の実態をよく把握していなかったか、日本政府に頼まれて嘘を言ったか。
「イスラム国」も統一されたものではなく、アフリカのボコハラムのように、勝手に「シンパ」や「下部組織」を名乗る組織があっても不思議ではない。

「高学歴」であれば穏健派だということもなかろう。食うだけで精一杯の人間は生活のことしか考えられないが、ゆとりがあれば国家社会のことを考える。
それに、高学歴者が増えれば増えるほど、もはやエリートではなくなり「大学は出たけれど」となる。ロクな産業もない国では失業者にしかなれない。(チュニジアなんかはそう。)


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/172.html#c2

[政治・選挙・NHK208] “日本共産党ってどんな党?綱領を読んでみよう! ・日米同盟をやめて、自衛隊を廃止しよう ・革命を起こそう 会員番号4153番
36. 晴れ間[1107] kLCC6orU 2016年7月05日 13:59:34 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[229]
>>21
> そうです。
> 共産党は革命を起こそうとしてます。

⇒ そうだよ。米国から独立して、天皇制を廃止して、日本を「国民主権」の「民主主義国」にする。それが革命。
来たるべき革命は、「独立革命」であると同時に「民主主義革命」。

日本の政治権力を、「アメリカ合衆国」とその買弁勢力である国内の「対米従属派」(明治クーデタ派の末裔とそれに繋がる勢力=皇室・世襲議員・財閥・官僚) の手から、「主権者国民」大衆が奪い取る。国民大衆の利害に合った政治を、国民自らが行える国にする。
「権力の移行」があれば、それは紛れもなく「革命」。
これは「民主主義革命」。それのどこが悪い? 説明してみろ!

「真相の道」よ、いやサンフランシスコ体制(冷戦下の対米従属体制; 米国べったりの体制) が「平和」の体制などと言う「珍説の道」よ、
「国民主権」のどこが悪いか説明してみろ! 
米国の植民地であることの理がどこにあるのか、対米従属勢力が「売国政治」を続けて私利を図っていることの理がどこにあるのか、説明してみろ!
日本の国民大衆が、民族自決権と、国民主権の政治を行うことのどこが悪いか、説明してみろ!


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/819.html#c36

[政治・選挙・NHK208] “日本共産党ってどんな党?綱領を読んでみよう! ・日米同盟をやめて、自衛隊を廃止しよう ・革命を起こそう 会員番号4153番
37. 晴れ間[1108] kLCC6orU 2016年7月05日 14:31:13 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[230]
>>13
> わしわ侵略主義者だょ
> [...] ナポレオン、偉大なる侵略者がきら星のやうに輝いておった。

⇒ クズのMUは、相変わらず愛嬌があるね!
海外では、アメリカに追随して日本を戦争体制に持って行こうとしている安倍への反感から、日本人がテロの標的にされて殺されている。
クズのMUは、自ら邦人救出に向かってくれたのか? 今はダッカから投稿しているのか?

クズのMUは、ナポレオンのことを知っているのか? ナポレオンのファンなのか?
ナポレオン戦争は単なる侵略戦争ではない。フランス革命を守ろうとした「革命戦争」の延長がナポレオン戦争。だから、革命を守ろうとする者たち(農民の息子たち) も従軍して、古い「封建国家」と戦った。フランス革命の理念を世界中に広げようとした。(日本国憲法にもその精神は生きてるよ。)
クズのMUも、日本の封建勢力と戦って、近代市民革命と民主主義革命の成功のために戦い抜いてくれるかい? 期待してるよ!


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/819.html#c37

[政治・選挙・NHK208] “日本共産党ってどんな党?綱領を読んでみよう! ・日米同盟をやめて、自衛隊を廃止しよう ・革命を起こそう 会員番号4153番
38. 晴れ間[1109] kLCC6orU 2016年7月05日 14:52:52 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[231]
>>25
> 日本共産党は、戦後民主国家となった日本でも、いくつもの殺人テロを起こしています。
> 練馬事件、白鳥事件、曙事件(被害者重症)などがそうですね。

⇒ 「左翼小児病」はいつの時代にもある。民主主義がない社会では、過激主義も常に生まれる。党組織の中に「スパイ」が潜入していれば、殴るのは当然。
当事者たちがいなくなっても、共産党が路線を変えた今でも、「真相の道」はなぜその手の話ばかりをするのか?
自民党の世襲議員や日本のエスタブリッシュメントには、明治クーデタ派の末裔が多いが、彼らもテロを繰り返して、人斬りを繰り返して、殺戮を繰り返して、明治クーデタを成し遂げ、権力を手に入れたのだよね。
「真相の道」は彼らの末裔に対して、「人斬り!」「殺戮魔!」と叫んでいるのか?
戦前の特高と警察は、日本を民主的な近代社会にしようとする「思想犯」に拷問をかけて、大勢殺したんだよね。「真相の道」は、警察や裁判所に行って、「人殺し!」「拷問魔!」と叫んでいるのか?


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/819.html#c38

[政治・選挙・NHK208] 外交の根本転換を迫るダッカテロ事件とそれに気づかない日本  天木直人 赤かぶ
9. 晴れ間[1110] kLCC6orU 2016年7月05日 16:24:56 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[232]
>>5
> グローバリズムの根底には欧米の市民革命によってかたちづくられた民主主義の理念を人類共通の価値観とする理想があるのだろうが、 [...]
⇒ これはないね。全くない。「グローバリズム」と「民主主義」は全く別次元のもの。「グローバリズム」のネガティヴな面、即ち「新自由主義」は、「資本」の自己増殖運動、利潤の最大化運動。
それに対して「民主主義」は末端での自治権運動。(経済活動ではなく)「政治」次元のもの。

> 大多数のイスラム教徒とISは別個の存在であることは、いろいろなところで語られていて、むしろ常識であり、議論の前提だろうと思う。
⇒ 必ずしも無関係ではない。7世紀のイスラムを忠実に実行しているという点では、イスラム原理主義や「イスラム国」の方がイスラムの本流。
「穏健派」の方がむしろ「仮面」を被っている。(仮面の下では、シャリア支配の宗教国家を作るのが彼らの本願。それは彼らの宗教的な「義務」。)

日本人は、自分はキリスト教徒ではないから狙われない、と思っているかもしれないが、とんでもない認識不足。
イスラムにとって、キリスト教とユダヤ教は、「同一の神」を信仰する兄弟宗教で、むしろ「許せる」存在。ムスリムは、キリスト教徒やユダヤ教徒とは問題なく結婚できる。(国と性別により「改宗」を強制するところもある。)

イスラムが最も敵視するのは「異教徒」と「不信心者」で、大抵の日本人はここに入る。
「イスラムと3大一神教」以外の宗教を信じる者は、「改宗」か「死刑」か。(異教徒は税金を払えば許される、という簡単な問題ではないことは、「イスラム国」が証明している。) だからテロ犯は、常にムスリムか否かを選別の基準にしている。コーランを唱えさせるのは、それを確認する方法。
「無宗教で信仰がない」とか「無神論者」が、イスラムでは最も敵視される。

イスラムの神を唯一の神として信仰する者からなる共同体が「平和の家」(神に服従する者たちの領土) Dar al-islam 。
イスラムに未だ帰依していない者たちの世界が「戦争の家」(戦争の領土) Dar al-Kharb 。そこはイスラム勢力が「戦争」を仕掛けて「神に服従」させ、シャリア支配を貫徹させることを目指す対象。
イスラムにおける「平和」とは、神に服従すること。

ジハードとは、「平和の家」の拡大運動。世界中が「平和の家」になるまで、ジハードは終わらない。
ジハードだから、異教徒や不信心者が殺戮の対象になる。「恐怖」で「改宗」を強いる。

ジハードを「聖戦」なんて変な日本語に訳したのは誰だ? こういう学者?がいるから、日本でのイスラム理解が進まない。日本の「イスラム学者」とやらも、テロの標的にされるのが怖いのだろうが、「真実」を明らかにする勇気のない「曲学阿世の徒」が多いようだ。

本当のことを知ろうと思えば、欧語文献に当たるしかない。イスラム教徒の出身者で欧語で書いている人の本が最も信頼できる。(欧州人でも白人系の人は人種差別主義者と言われるのを怖れて、知っていても黙っている。しかし「言わなくても知っている」のは常識。) フランスには移民出身者でアラブ語を母語とする人が多いので、一般の新聞でも比較的簡単に正確な情報が載っている。(本格的な研究教育機関もあるので、いい加減なことは書けない。高等教育機関で専門教育を受けた人が記事を書いていることが多い。)


※イスラムの世界観(Divisions of the world in Islam) について :
Wiki 英語 https://en.wikipedia.org/wiki/Divisions_of_the_world_in_Islam
Wiki 仏語 https://fr.wikipedia.org/wiki/Division_du_monde_dans_l%27islam
Wiki 日本語版はお粗末過ぎて、参考にならない。

※私を「イスラモフォブ/フォビア」などと呼んで罵った者たちは、ここでイスラム擁護を展開してはどうか? なぜ出てこない? 何も言うことはないのか?
陰謀論者がユダヤ人に対する人種差別的言辞を唱えても、何も言わない卑怯者たちよ、何か言ったらどうか!


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/834.html#c9

[政治・選挙・NHK208] 外交の根本転換を迫るダッカテロ事件とそれに気づかない日本  天木直人 赤かぶ
12. 晴れ間[1111] kLCC6orU 2016年7月06日 00:33:22 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[233]
>>11

HIMAJIN とやらよ、あんたはものごとを「敷衍して考える」とか、「対当」により a contrario 考えてみる、ということはしないのか? 頭をどんなふうに使っているのか?

「宗教批判」と「人種差別」とは、全く別物。私は宗教批判はするが、信者を「人間」や「民族」として「差別」したことは一度もない。阿修羅で陰謀論者の「ユダヤ人差別」(反ユダヤ主義; アンティセミティズム) を一貫して批判しているのは、私くらいなものだ。(阿修羅の殆どの人は、ユダヤ人差別を「黙認」している。)
なお、私は、ユダヤ教も含めて特定の宗教を支持したことも、一度もない。私は、あらゆる宗教カルトを批判している。キリスト教も、天皇制国家神道カルトも、批判している。
陰謀論者の「ユダヤ人差別」(アンティセミティズム) を持ち出したのは、(イスラム批判を "間違って" ) 「人種差別」だと批判するなら、「ユダヤ人差別」(アンティセミティズム) も批判してはどうか?、という問うため。ユダヤ人(ユダヤ教徒) の差別に加担する者やそれを当然視する者に、(イスラム批判を "間違って" ) 「人種差別」だと言うのは「誤りだ」と指摘するため。

HIMAJIN とやらよ、そんなに暇をもてあましているのなら、私がリンクを貼っている Wiki の記事くらい読んだよね? 
イスラムはよく「平和の宗教」と自称する。そのイスラムでいう「平和」の意味を「誤解」している人が多いようだから、日本人が「正しく理解」できるよう、一般向け事典であるWiki の記事リンクを貼ったまで。これは「一般向け」の事典、一般教養レベルの知識なんだよ。誰でも読める英語で書かれている。このくらいの記事は読んで、イスラムでいう「平和」(=神への絶対服従) の意味を正しく理解しましょう、ということ。

イスラムに対して「正しく」認識しないと、「シャリア支配の国家」を創ろうとする彼らの意図を許すことになる。「シャリア支配」を広げることは、ムスリムにとって「神聖な義務」。しかしそれは「人権」と「民主主義」の否定だ。(民主主義とは、神=唯一神の支配ではなく、人間、しかも大衆=デモスの支配のこと。両者は相容れない。)
イスラム教徒の家庭で、ムスリムとして生まれ育った人たちが、知識人を中心に、今続々と「棄教」し始めている。イスラムでは「棄教」は「死罪」。「棄教」する元イスラム教徒との「連帯」が、「民主主義者」で「人権派」である私の「義務」だ。日本を「シャリア支配の国」即ち「神権政治の国」にしてはいけない。
なお、イスラムを棄教している人たちの「動機」には、イスラム原理主義への批判がある。その人たち自身、内戦やテロで親族や友人知人を殺されたり、自身が亡命を強いられたりした経験があることが多い。

HIMAJINよ、「シャリア支配の全般化」(これがムスリムの言う「平和」) を支持したいという、あんたのその意図を説明してみろ!

http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/834.html#c12

[政治・選挙・NHK208] 外交の根本転換を迫るダッカテロ事件とそれに気づかない日本  天木直人 赤かぶ
13. 晴れ間[1112] kLCC6orU 2016年7月06日 01:16:08 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[234]
>>12
> イスラムを棄教している人たちの「動機」には、イスラム原理主義への批判がある。

この「棄教」の意味をよく考えるのがよい。イスラムで「棄教」は「死罪」だ。イスラムに疑問をもっても、いきなり「棄教」に至るのではなく、まず「改革」を試みるべきだ、と「普通なら」考えるだろう。
しかしイスラムには、その「普通」は存在しない。イスラムには「源流への回帰」はあっても、「宗教改革」の余地はない。
コーランは、人間が書いたものではなく、「神の言葉」として提示されているからだ。「神の言葉」には「異論」は許されない。神への「反抗」や「不服従」は許されない。(「神への絶対服従」がイスラムの神髄=「平和」の真義だからだ。)
(なお、私がここで書いていることは、棄教した「元イスラム教徒」=アルジェリア人= が書いた本を参考にしている。私の「捏造」は一片もない。)

イスラム過激派が「異教徒」や「不信心者」を殺したり、「性奴隷」にしているのを見て、おぞましく思うのが「人間」というものだろう。しかし、彼らイスラム過激派は、そんなことには頓着しないだろう。彼らこそ、コーランに忠実な信徒だからだ。
昨年だったか、「イスラム国」で二人の日本人が殺されたとき、アラブ語も話せるという日本人の自称「イスラム法学者」がメディアにも出てきたが、彼は「イスラム法学者」としての立場で、一言でも「イスラム国」を批判したか? 批判しなかっただろう。イスラムの教義では、「批判の余地はない」からだよ。
それが彼らの「正義」。私のような「人間中心」の「民主主義者」で「人権派」の「正義」とは相容れない。

まあ、>>11 の HIMAJIN のような「偽善者」は、何とでも言うだろう。「無責任」だから。


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/834.html#c13

[政治・選挙・NHK208] 外交の根本転換を迫るダッカテロ事件とそれに気づかない日本  天木直人 赤かぶ
17. 晴れ間[1113] kLCC6orU 2016年7月07日 07:37:08 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[235]
>>15
> 自分がユダヤ人差別被害者のようにに仕立てるために

⇒ 的外れ。「ユダヤ教徒」でも「ユダヤ人」でも「シオニスト」でもない私が、なぜ「ユダヤ人差別被害者」になるのか?
私は阿修羅に多い陰謀論者とその「反ユダヤ主義」=「歴史修正主義」を批判しているのだ。「人種差別」を云々するのなら、まず自分たちのユダヤ人差別(=人種差別) を反省しろ、と言っているのだ。

私はユダヤ教も含めて、どのような宗教も支持したことはない。どの宗教にも批判的だ。
阿修羅の陰謀論者が「反ユダヤ主義」の「歴史修正主義」(ホロコースト否定論、ガス室否定論) をがなり立ててきたとき、私はそれを強く批判した。しかし阿修羅には、反ユダヤ主義者の歴史修正主義を明確に批判する者は、ほとんどいなかった。つまり、陰謀論者を中心とする多くの人は、反ユダヤ主義者の「人種差別」を黙認していた。
あるいは、事実関係や史実を何も知らないので「ただ黙っていた」。(「黙認」であることに変わりはない。)
私はこの事実を、何度でも強く喚起する必要があると考えている。
「"陰謀論" というのは "現代の歴史修正主義"、人種差別思想としての反ユダヤ主義(アンティセミティズム) である 」という「事実」である。
欧米の陰謀論サイトを見ればよくわかるが、その殆どは「反ユダや主義」を標榜する「極右」のサイトだ。阿修羅の陰謀論者は、世界的にはこの潮流に属している。「偽ユダヤ」の作り話に打ち興じている。おぞましい、の一言。

「宗教批判」と「人種差別」を混同する者は、「宗教批判」の意味を理解していないのみならず、「人種差別」とは何かが全く分かっていない。
「反ユダヤ主義(アンティセミティズム)」という典型的な「人種差別思想」に無自覚な者に、イスラムへの「宗教批判」を「ヘイト」と罵ったり、「人種差別」を云々する資格はない。

それから、あんたは今の日本を「ファシズム」だと言ってるね。「ファシズム」とはそんなものじゃないよ。


http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/834.html#c17

[政治・選挙・NHK208] 外交の根本転換を迫るダッカテロ事件とそれに気づかない日本  天木直人 赤かぶ
18. 晴れ間[1114] kLCC6orU 2016年7月07日 07:49:04 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[236]
>>16
> ユダヤ人差別はスレッドと無関係。印象操作の一環ですね。
⇒ >>15 への返答と同じ。

> よくもまあ執拗に「イスラーム=悪」を唱えられるもんだ。
⇒ 議論板に投稿しておいた。なお、私の過去コメントも参照のこと。
イスラムについて、少しは真面目に調べたらどう?

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/378.html
 「宗教批判」としてのイスラム批判は「ヘイト」ではない

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/377.html
 『コーラン』における「異教徒」と「不信仰者」の扱い ⇒ 〈改宗/逃亡/死〉の三者択一のみ

http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/834.html#c18

[議論31] 「宗教批判」としてのイスラム批判は「ヘイト」ではない 晴れ間
1. 晴れ間[1115] kLCC6orU 2016年7月07日 08:08:19 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[237]
関連投稿コメントより

http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/678.html#c4

イスラム教徒の義務は、イスラム法「シャリア」(シャリーア) が支配する国家を造り、シャリア支配の地域を世界中にあまねく広げること。たとえそのことを公言しなくとも、イスラム信者は皆そう考えている。イスラムでは「宗教のために嘘をつく」のは善。(イスラム教徒は平気で嘘をつく。)
(※このことは、イスラム教徒の家に生まれ、イスラムを批判する人物=アルジェリア人= の著作の中で、非イスラム教徒への「警告」として書かれている。)

シャリアと近代民主主義国家の近代憲法とは相容れない。「シャリアには従わない」という宣誓をしない限り、日本国民にとって「イスラムの危険性」は消えない。憲法違反を唱えるのなら、その前にイスラムの宗教改革をしてからにせよ! (やれるものなら、やってみろ! イスラムでは宗教改革が不可能であることも、上記の著作には書かれている。「神の言葉」に逆らえば、死罪! ネット上にいくらでも情報があるが、先進的な「元イスラム教徒」は、公然・非公然に棄教し始めている。「棄教」はイスラムでは死罪!)


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/378.html#c1

[国際14] 英EU離脱の隠れた理由は「宗教」だ(ダイヤモンド・オンライン) 赤かぶ
3. 晴れ間[1116] kLCC6orU 2016年7月07日 08:34:55 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[238]
あほらしい。馬鹿げた珍説。
宗教は無関係。第一、EU主導国のフランスは「世俗(非宗教)」を憲法第一条で謳っている国家。

イギリスのET離脱は、グローバル化の巻き返し。EUの新自由主義路線が域内で格差拡大を生み、それへの抵抗と反逆が始まったということ。今後は、社会民主主義方向への揺り戻しが来る。そうしなければ、EUは解体する。

このくらいのこと、欧州の新聞メディアに目を通していれば、わかりそうなものだ。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/491.html#c3

[国際14] 英EU離脱の隠れた理由は「宗教」だ(ダイヤモンド・オンライン) 赤かぶ
4. 晴れ間[1117] kLCC6orU 2016年7月07日 08:36:38 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[239]
>>3
訂正   ET →  EU

http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/491.html#c4
[政治・選挙・NHK208] JICA協力隊員撤収を報じた毎日新聞の大スクープ  天木直人 赤かぶ
15. 晴れ間[1118] kLCC6orU 2016年7月07日 08:59:13 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[240]
日本のODAは「紐付き援助」で、必ず日本企業が受注。しかも外務官僚の天下り利権にもなっていると聞く。どこまで現地の人のためになっているかは疑わしい。
財政的にもバラまく余裕はないわけで、再考すべきときでないか。

それから、ラマダン明けはイスラム過激派にとってはテロの季節なんだね。コーランにも「ラマダン明けに異教徒を殺せ」と書いてある。この手の情報は、外務省が率先して周知徹底させるべきだ。

「9-5.聖月が過ぎたならば、多神教徒を見付け次第殺し、またはこれを捕虜にし、拘禁し、また凡ての計略(を準備して)これを待ち伏せよ。 [...] 」
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/377.html



http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/890.html#c15

[議論31] 「宗教批判」としてのイスラム批判は「ヘイト」ではない 晴れ間
3. 晴れ間[1119] kLCC6orU 2016年7月09日 14:35:37 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[241]
>>2
> なんら正しい宗教の物差しも用いずに他宗をひはんするほど [...]
> 日本人の雑多な宗教観を手前味噌に感じて他宗批判は馬鹿 [...]


⇒ 妙なことを言う人だ。私にとっては「正しい宗教」など存在しない。全ての宗教は「カルト」だと思っている。私は無神論者だ。

宗教は「精神の阿片」。
宗教は「支配の道具」。
信者は愚民もしくは従順な「羊」。信仰で自分の痛みを和らげようとする。何を信じようと個人の勝手だが、信者でない者に、自分の信仰を押しつけるな! ましてや「異教徒は殺してよい」などと考えるな!

宗教は「人間の頭」が創った。多くの宗教には「開祖」がいる。開祖は宗教の創作者。日本の記紀神話も、古代の支配者が作った「正史」。
ただし、「支配の道具」ではない習俗に属するもので「害のない」ものなら、存続しても結構。

世界の三大一神教、即ちユダヤ教、キリスト教、イスラムは、「同一の神」を信仰している。イスラムがキリスト教とユダヤ教の二つの宗教だけ例外として存在を許したのは、預言者ムハンマドが先行する二宗教からの借り物でイスラムを作ったから。
そしてこれら三大一神教の源流は古代エジプトの太陽神信仰に行き着く。そしてこれを「一神教」として創始したのがアメンホテプ四世であることも知られている。それ以前の宗教は全て「多神教」だったが、一神教にして自分が(/も)神になる方が「支配」が容易だという単純な理由。(アメンホテプ四世のことは、学校の教科書にも書かれていること。この事実を知らない人は、高校で世界史を履修しなかったのか? それとも単に勉強嫌いだったのか?)
なお、「商人」ムハンマドは「預言者」になって、ジハードの戦利品の1/5を実質自分のものとした。ジハードとは「戦利品」目的の「略奪戦争」。(「衆生の苦しみを救おう」と願う本物の宗教家なら、戦利品を私物化するのはおかしいだろう。)

もちろん、人間の命や宇宙の力というものに対しては、私も敬意や畏怖は感じる。
しかし、だらかといって「宗教万歳」にはならない。

今日、宗教の名で「異教徒」と「不信仰者」の殺戮を大々的に行っているのはイスラムくらいなものだ。(過激派がコーランに従っている以上、過激派・穏健派の別は無意味。コーランは「神の言葉」であるが故に、人間は否定できない。)

>>2 は、「全体主義の宗教」イスラムを擁護する何か特別な動機でもあるのか? すでに改宗してムスリムになっているのなら、棄教は死罪だね!


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/378.html#c3

[政治・選挙・NHK209] 事実上の「移民解禁」に議論百出は必至か? 少子高齢化・人手不足深刻化 首相「移民政策は取らない」? 軽毛
5. 晴れ間[1120] kLCC6orU 2016年7月09日 20:43:34 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[242]

保育所を沢山作って、子ども手当を十分に出して、高等教育の学費も無料にすれば、そして恒久的な法でそれを保証すれば、日本人の出生率はすぐにでも高まる。

ブラック企業をなくして、非正規雇用ではなく安定雇用を増やせば、家庭を作り子供を産み育てたいという国民は沢山いる。

少子化が進む一億総貧困化(ただし1%は除く)策を推進しながら、移民を入れるというのは、どうみても資本家階級の強欲と悪意の発想だとしか思えない。


「一度入国した移民は決して帰国しない」という点は、忘れてはならない。故国とは生活水準が雲泥の差だからだ。故郷から一族郎党、同郷者が芋づる式にやってくる。そして移住先の町や村でコミュニティーを作り、移民街が出来上がる。

欧州の場合、各地にモスクを建て、路上でも集団礼拝を繰り広げる。モスクではイマムがシャリアに基づいた説法をし、過激思想の種を播く。それが、欧州で排外主義が広がっている原因。

移民はどんな低賃金でも働くから、労働市場で移民と競合する層は解雇され、失業の憂き目に会う。「労働予備軍」が国外にも無尽蔵に控えているから、日本人の賃金が上がることはない。
日本人に、そういう事態を受け入れる覚悟ができているか否か、だ。

景気がいいときには移民大歓迎。不況になると追い返し、というわけにはいかない。移民にも「生活」と「人生」があるからだ。
特に、日本で育つ子供には、日本が故郷になるから、人道上も追い返せない。

移民導入以前にやれること、やるべきことは沢山あるだろう。


http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/223.html#c5

[政治・選挙・NHK209] 18歳と19歳の有権者 出口調査の結果 42%が自民党に投票 大半がアベノミクスを支持 若年層の保守傾向鮮明  NHK ダイナモ
70. 晴れ間[1121] kLCC6orU 2016年7月11日 21:49:10 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[243]
この要因のかなりの部分は、世代的なものだと思う。18-19歳と言えば、その親は50歳前後だろう。つまり親はバブル世代。子供が大学を卒業するときには、景気がよくて楽々就職できることを願っている。だから、親が子供に自民党への投票を勧めたか、それを促す言動をしていた可能性がある。

なぜ民進党が選択されなかったかというと、やはり民主党政権時代の失政が大きい。その記憶には消しがたいものがある。
確かにリーマンショック後で、さらに東日本大震災で苦難の時期だった。が、それを考慮するにしても、経済政策そっちのけで党内抗争に明け暮れていた。当時の松下政経塾派執行部は、不況や経済困難と闘うよりも、自分たちにとって邪魔な小沢氏の追い出しに全力を傾けていた。しかも官僚の言いなりで、消費税は増税するやら、TPPは推進しようとするやら、滅茶苦茶だった。円高が進んでいたのに何の対策も打たず、アメリカで故意のトヨタ叩きが起きても知らんふり。海外ではリーマンショックからの立ち直りも進んでいたのに、日本だけが株価低迷。

次に野党が政権を担うには、官僚を動かせるだけの能力をもった人材が要る。その点を民進党が自覚しているのかといえば、全く怪しい。はっきり言って、民進党は共産党以下だと思う。
政権を担うには、「対抗」だけでは駄目なのよ。「官僚を動かし、手足のように使う。」これに尽きる。

憲法だけに拘泥する姿勢も時代錯誤。私は憲法は変えていいと思う。ただし、対米従属を脱し、天皇制も廃止して「国民主権」を実現する方向で。
国際情勢を見れば、日本が周辺国と戦争をする可能性は小さい。米国も中国もロシアもそれを許さないだろう。対米従属から脱却するためには何をすればよいか。少なくとも「憲法九条命」ではないだろう。(武装独立しかない!)

共産党は、官僚組織内にいる自党シンパを組織して、政権を担う準備を開始してほしい。
今から80年前、フランスでは左翼の連合政権「人民戦線内閣」が成立した。その前年から、地方自治のレベルで多数の左翼市政が誕生していた。
左翼にとって大変だったのは、いかに政権(国政;市政) を運営するかということ。共産党や労働組合の活動家は、デモやストライキ、集会での演説や敵(ファシスト)との殴り合いは得意だったが、 事務机の前で役人の仕事をこなすのは本当に苦手で大変な経験だった。(しかしその経験があるからこそ、その後も左翼が国政を担えることになった。)
票が取れそうなタレント候補を立てるよりも、単なる運動家やアジテーターよりも、地味でも「有能な役人の仕事」をこなせる人物とスタッフを揃えることの方が、はるかに重要。


http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/300.html#c70

[戦争b18] 仏のトラック突っ込みで80人死亡 銃や手投げ弾も… 運転手射殺“テロ”で捜査 閲覧注意 赤かぶ
12. 晴れ間[1122] kLCC6orU 2016年7月16日 17:49:40 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[244]
>>1 75LJiOYq6o : jzY9zH6R3t0[9]

⇒ 陰謀論者登場!

「75LJiOYq6o : jzY9zH6R3t0」 による他記事へのコメント :
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/222.html#c7
「大事なことは、実行者がイスラム教徒であれ、だれであれ、これは1%が99%に仕掛けた戦争だと言うことだ。そこを誤ると、1%の術中にはまって、いい様にコントロールされる。 」
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/222.html#c9
 「トラック盗難犯の特定が早すぎる。/ これまで、フランスやベルギーで起こったテロ事件と同じ臭いがする。/ バタクロン劇場の襲撃事件のときに、現場には、6人の兵士がいたけれど、干渉しないように命令され、被害をくい止めることができなかったことが判明している。」


陰謀論者「75LJiOYq6o : jzY9zH6R3t0」は、今回のニース・テロが「1%が99%に仕掛けた戦争」だというのなら、根拠を挙げて、それを説明せよ!
また、その場合の「1%」とは具体的にはどの勢力を指すのか、そしてその意図とは何かについて、明確に答えよ!


陰謀論者「75LJiOYq6o : jzY9zH6R3t0」は、「バタクロン劇場の襲撃事件のときに、現場には、6人の兵士がいたけれど、干渉しないように命令され、被害をくい止めることができなかったことが判明している」というのなら、その出典と発言者名を挙げて、その説の正当性を説明せよ。


いいかげんなことを言って、情報を攪乱するのが陰謀論者の目的なのか?



http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/234.html#c12

[戦争b18] 仏のトラック突っ込みで80人死亡 銃や手投げ弾も… 運転手射殺“テロ”で捜査 閲覧注意 赤かぶ
13. 晴れ間[1123] kLCC6orU 2016年7月16日 17:55:43 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[245]
>>8
>>9
>>11
も、いつもの「偽旗テロ」説を唱える脳弱陰謀論者たち。
脳弱につける薬はないが、陰謀論サイトばかりを除いているから、ますます脳弱になる。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/234.html#c13

[戦争b18] 仏のトラック突っ込みで80人死亡 銃や手投げ弾も… 運転手射殺“テロ”で捜査 閲覧注意 赤かぶ
14. 晴れ間[1124] kLCC6orU 2016年7月16日 20:29:20 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[246]
>>5
⇒ 仁王像さんの論立てはおかしい。歴史認識が根本から間違っている。近代思想の概念理解も歪んでおり、正しくない。「思考の明晰化」が望まれる。

*------------------------------------------
> 資本主義とデモクラという政治経済システムの上に築かれた人権やレイシストなどの近代的概念も根本から問われている。
⇒「人権」と「人種差別」という、相互に全く相容れない概念を、共に「近代民主主義」概念の中で包摂させるのは、誤り。仁王像さんは、「近代民主主義」についての正確な理解を欠いている。思考が混濁しているのだろう。
「人権」は、「資本主義」制度とは何の関係もない。むしろ相容れないことが多い。(「人権」概念を推し進めれば、それを破壊する資本主義(経済的差別制) は当然に制約を受ける。西欧では仮に社会主義革命が挫折しても、「福祉社会」の概念(≒資本主義存続のための措置) は残り、長期的・最終的にはベーシックインカムの実施に至らざるを得ない。)
「人種差別」は、「人権」とは相容れず、近代的概念では全くない。(中東やアフリカで「奴隷制」が残存した事実を忘れてはならない。北アフリカのアラブ社会では黒人は奴隷だった。それを止めさせたのが、皮肉にも、「近代国家」となった「植民地宗主国フランス」。「奴隷貿易」は(フランスでは)近代市民革命以前の行為。イスラムは奴隷制を肯定した。ISとその同類が「性奴隷制」を実行しているのも周知のこと。)

*-----------------------------------------
> 仏は近代国家を標榜している最右翼だろう。テロ銀座は国家の恥である。
> 戒厳令を敷いても大規模なテロを防げなかったことは、近代的国家の枠組みそのものの根源が問われている。
⇒ テロをかけている勢力(イスラム過激派) は、「近代国家」も「民主主義」も否定する勢力。「近代民主主義」を否定するからこそ、その理念を国家原理として歴史的に最先端で体現・代表している国フランスを狙って、テロを集中的にかけている。(フランスが「近代民主主義の象徴」である事実を忘れてはならない。フランス革命は、最も典型的な「近代市民革命」だ。)

⇒⇒ フランスが特に狙われる理由は二つある。一つ目は、過去の植民地支配の遺産とその結果である国内の移民(差別)問題。しかし大半の移民が「フランス人/国籍者」になっている現在、国家社会に反感を持つ者は「社会の落ちこぼれ」に限られてきている。(今回のテロ犯も同じで、窃盗や暴力行為などの犯罪歴がある。) (因みに、今回の「無差別テロ」の最初の犠牲者は北アフリカ系移民出身のムスリム女性。)
二つ目の理由だが、こちらの方が根本的だと思うが、ISらイスラム過激派が「近代民主主義の理念そのもの」を敵視しているという事実がある。私は他投稿へのコメントで幾度が指摘したが、イスラムの教義と近代民主主義の理念は全く相容れない。(2015年1月のシャルリエブド事件直後に、ISの教宣ビデオをネット上で見たが、IS自身がその点を強調している。食料品店を襲ったクリバリの女友達が登場している、アラブ語とフランス語で語っているビデオだ。イスラムは「神の絶対的支配」の宗教。「民主主義」とは「人間の支配」。「神の支配(=人間は神に絶対服従)」と「人間=しかも大衆=自身の支配(=デモクラシー)」とでは、水と油だ。) そしてフランスは、憲法第一条で「世俗/非宗教」を国家原理にしている。(日本のような天皇制国家神道カルトを戴いている国とは真逆に、フランスは「カトリック教会=旧勢力」と闘って革命を成し遂げた国であり、「精神の根本」が違う。)


**-----------------------------------------
「近代民主主義」の原理は、今後も揺るがないだろう。
問題は、イスラム。いくら「テロはイスラムとは相容れない」とイスラム穏健派が叫んでも、「神の言葉」である「コーラン」は、「異教徒や不信心者は殺せ!」と命じている。既存のイスラムが「殺戮=ジハード」を唱える「コーラン」を否定することはあり得ないだろう。(「コーラン」の否定は、イスラムの否定にほかならないだろう。) 無学な「大衆」はコーランに書かれていることなど理解できないのだろうが、インテリは黙って棄教するか、(アル・アズハル等の旧守派のように) そのまま「欺瞞」を続けるか、はたまた狂信的になってテロに賛同するか、だろう。
「格差社会」が続く限り、昔流の表現では「南北問題」が残存する限り、当分、テロは収まらないだろう。

※関連投稿 :
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/377.html
 (『コーラン』における「異教徒」と「不信仰者」の扱い ⇒ 〈改宗/逃亡/死〉の三者択一のみ)

*------------------------------------------
車による無差別殺害は、ISは以前から呼びかけていた。フランスでは今回が初めてだが、英国(ロンドン)やカナダ(モントリオール) では(軍に対してだが)すでに起きている。入手困難な重火器ではなく、車という「普通の生活用品」を使って無差別殺人テロが起きたという意味で、イスラム・テロは新たな段階に入ったと見られている。(日本でも「秋葉原無差別殺傷事件」が起きたのは遠い昔のことではなく、イスラムに固有のものとは言えないだろう。)
※車で突っ込んで無差別殺戮を行う方法に関して、france2 のニュース :
http://www.francetvinfo.fr/faits-divers/terrorisme/attaque-au-camion-a-nice/attentat-de-nice-un-mode-operatoire-prone-par-les-organisations-islamistes-radicales_1548769.html


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/234.html#c14

[戦争b18] 仏のトラック突っ込みで80人死亡 銃や手投げ弾も… 運転手射殺“テロ”で捜査 閲覧注意 赤かぶ
16. 晴れ間[1125] kLCC6orU 2016年7月16日 22:27:48 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[247]
>>15

仁王像さんは、妙なことを言いますね。
「人種差別主義」は「人種差別主義」です。西洋人だけが人種差別主義者で、それ以外はそうではない、ということは全くありません。
米国や西欧が言う「人権外交」なるものが普遍性を持たないことは分かりきったこと。(通常は「西側資本主義国」が「東側旧社会主義国」に対して使う表現ですが。) 仁王像さんは、どうしてそういう次元の話に歪曲するのでしょうね。
私はユニヴァーサリストとして、あくまでも「普遍主義」の次元で「人権」を語っています。普遍主義者に、国境や民族や人種の境界はありません。

基本的にね、仁王像さんの思考には「西洋の白人 VS 東洋やアフリカの有色人種」というシェーマがあって、その枠組みから逃れられないのですよ。だから全てが歪んで見える。転倒している。はっきり言って、そういうのはアナクロです。時代遅れ。


> これまでさんざん積み重ねてきた中東・(北)アフリカでの蛮行
⇒ これも、仁王像さんは、何か勘違いしていませんか? 今どき「過去の植民地支配が正しかった」なんて言うフランス人はいませんよ。(イギリス人のことは知りませんが。) 「間違いだった」という意見が支配的です。
それに、独立後、内戦や国内対立に明け暮れた元被植民地国の指導者は、祖国で政敵に処刑されないために、元宗主国を頼って亡命するのが常でした。フランスが「人権国家」「民主主義国家」でなかったら、彼らはどうなったでしょうか。祖国で、同胞に殺されていたのではないでしょうか。


> 地域がイスラム法に基づいた国造りをしたいのならそれを支援し、西洋的価値基準グロ・スタなどというものを押しつけないことである。
⇒ あほらしい。イスラムという人権と相容れない制度を支援するなどということがあり得るはずがないではないですか。それは「人道に反する」ことです。
イスラム法の国がよいのなら、移民は喜んで帰国するでしょう。しかし、皆帰国を嫌がったのですよ。だから仕方なく、フランスも移民がフランスに留まることを受け入れたのです。

仁王像さんはよほどイスラムに「思い入れ」があるようだけど、そんなイスラムは現実のものではありません。仁王像さんの頭の中にある「想像のイスラム」。「神」が「男」を支配し、「男」がさらに一段下にいる「女」を支配する。そういう社会のどこがいいのですか。あなたは倒錯しているのではないですか? 「錯誤」にとらわれて、あなたは幸せですか?


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/234.html#c16

[戦争b18] 仏のトラック突っ込みで80人死亡 銃や手投げ弾も… 運転手射殺“テロ”で捜査 閲覧注意 赤かぶ
18. 晴れ間[1126] kLCC6orU 2016年7月16日 23:36:38 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[248]
>>17
> 西側諸国がテロ銀座から逃れる実践的な方法論

あ、そういう発想は私には、ない。フランス人にも、ない。
過去「ファシストには屈しない」。
現在「テロリストには屈しない」。

西洋は「自由を、しからずんぱ死を」の文化ですよ。
映画『パルムの僧院』だったかな、冒頭で処刑される前に「共和国万歳!」と叫ぶ男。(私の記憶違いでなければ。/原作は勿論スタンダール。) 「共和国」または「民主制」というのは、そうやって命をかけて闘い取られてきたものなんです。
そう易々と「全体主義の宗教」に屈することができますか!

私の友人の先祖なんかも、19世紀のアナキストで、生前、カトリック教会に反対する活動を続けてきたから、死んだときに墓地に埋葬させてくれる教会がなくて、.....。田舎の普通の庶民です。
そうやって宗教勢力とは断固として闘ってきた。それが当たり前の国。

フランス人は「事なかれ主義」や「なあなあ」で済ませるのではなくて、「原理原則」を貫くんじゃないかな。、「原理原則」や「理念」は大事なんです。それを曲げるくらいなら、銃を取って闘う。フランスが「革命の国」だということを忘れてはいけません。

仁王像さんは、発想があまりにも日本人的なのかもしれない。そういう発想は国際的には通用しないでしょう。
私は普遍主義者で、国際主義者(インターナショナリスト)で、コスモポリタン。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/234.html#c18

[戦争b18] 仏のトラック突っ込みで80人死亡 銃や手投げ弾も… 運転手射殺“テロ”で捜査 閲覧注意 赤かぶ
19. 晴れ間[1127] kLCC6orU 2016年7月16日 23:43:50 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[249]
訂正  しからずんぱ死を  →  しからずんば死を

(私はキーボードは「かな入力」なんです。小指の力が弱いから、周縁部のキーはよく打ち損なう。)


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/234.html#c19

[国際14] 現在一体誰がヒトラーを称賛するだろう?ドイツ風刺映画『帰ってきたヒトラー』(マスコミに載らない海外記事) 赤かぶ
2. 晴れ間[1128] kLCC6orU 2016年7月18日 14:40:59 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[250]
本投稿記事を読む限り、この映画は観てもいいかな、と思います。免疫と批判力はしっかりあるから。

ところで、ル・コルビュジエの一連の建築物が世界遺産に登録されました。国立西洋美術館(東京・上野公園)もその一つです。

フランスのニュースでは、この世界遺産登録決定を伝える際に、ル・ゴビュジエが反ユダヤ主義者(=人種差別主義者)でファシストであった事実にも触れています。
私は日本のテレビも見ないし新聞も読まないけれど、日本のニュースは、そういうことには触れないのではないでしょうか。それは何故でしょうか。
日本は恐いですね。人種差別には鈍感で、反ユダヤ主義(ユダヤ人に対する人種差別) が阿修羅でも氾濫している。人種差別がスーッと通る一方で、カルト愛好者も多い。

こちらのビデオは、ル・コルビュジエの建築と「全体主義」の関係について語っています。
http://www.akadem.org/magazine/2014-2015/l-antisemitisme-de-le-corbusier-29-04-2015-69752_4556.php

あ、私はル・コルビュジエの建築はどちらかと言えば好きですよ。「近代的」ですからね。建築家としての仕事とその思想は、一応別。分離して考える。

でも、ル・コルビュジエの建築物を見る度に「反ユダヤ主義のファシスト」という言葉が脳裏をよぎるのは辛いな。
シャネルもそう。「対独(ナチ・ドイツ)協力者」だったから、シャネルを愛好する気にはなれない。尤も、あのロゴのお化けは悪趣味で嫌いだけど。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/608.html#c2

[国際14] なぜフランスばかり過激派に狙われるのか フランス国内で起きた3件のテロ事件に触れて  軽毛
2. 晴れ間[1129] kLCC6orU 2016年7月18日 15:19:55 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[251]
過去の植民地支配の歴史と、その延長としての移民の統合の問題が基本にありますが、最大の要因は、フランスが「世俗」(非宗教) を国家理念としているからでしょう。しかも、憲法第一条での規定であり、「世俗」は国家の基本的構造物の土台です。

フランス共和国は、カトリック教会との闘いを経て、キリスト教勢力を国家(公共部門)から排除する形で成立しました。対イスラムの姿勢もその延長にあります。
フランスは「近代民主主義」の理念(自由、民主主義) を世界に先駆けて実現しました。これはイスラムとは相容れない概念ですね。人間が「自由」を唱えることは、「神への反抗」になります。(民主主義は「神の支配/神権政治」を許しません。)
それから、フランス的な思考の基本は、デカルト精神です。「明晰な思考」は「カルト」と「蒙昧」を排除します。そもそも「啓蒙主義」というのは、中世・前近代的な「蒙昧」を排除する思想です。(この思考法を身につけないと、学校で落ちこぼれます。)

シャルリエブド事件後、フランス政府は「国家公認イマム」制度を作りましたが、うまく行くでしょうか?? モスクでは「伝統主義派イマム」が「反西洋」の過激思想を説教しています。(「開明派イマム」もいますが少数でしょう。)
テロは、極右政党「国民戦線」の伸張を促すでしょう。しかしこれを防ぐために、左翼と保守派は団結するでしょう。「自由と民主主義」が掛かっているからです。
人種差別主義の極右も、カルト宗教も、「自由と民主主義」の敵です。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c2

[国際14] なぜフランスばかり過激派に狙われるのか フランス国内で起きた3件のテロ事件に触れて  軽毛
3. 晴れ間[1130] kLCC6orU 2016年7月18日 15:25:08 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[252]
>>1
> 西側諸国の国家の生き方

これは異な事をおっしゃいますね。「民主主義」と「人権」を捨てろ、とでも?

植民地主義と帝国主義と新自由主義と人種差別主義の否定は、当然ですよ。「西側諸国」の全ての国民が、植民地主義者で、帝国主義者で、新自由主義者で、人種差別主義者だとでも? それはとんでもない「誤解」ですよ。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c3

[国際14] なぜフランスばかり過激派に狙われるのか フランス国内で起きた3件のテロ事件に触れて  軽毛
4. 晴れ間[1131] kLCC6orU 2016年7月18日 15:32:40 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[253]
>>1
> やる気がなければ根絶不可は明らか、テロと共存する他ない

「根絶可能」だとは、現時点では誰も言えないでしょうね。「異教徒へのジハード(殺戮)」を唱えるイスラムも1400年は存続してきたのだから。(コーランを捨てて存続可能ですか?)
しかし、あらゆる宗教運動と同様、イスラム過激主義も未来永劫は続きませんよ。信者ないし信奉者がいなくなれば、消えます。
数十年、数百年単位で考えることです。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c4

[国際14] なぜフランスばかり過激派に狙われるのか フランス国内で起きた3件のテロ事件に触れて  軽毛
7. 晴れ間[1132] kLCC6orU 2016年7月18日 15:49:26 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[254]
イスラム過激派と、一般のフランス人の間で、大きな違いが一つあります。
ISなどイスラム過激派は、1400年前のコーランの字句(異教徒は殺せ!) に執着し、思考を固化させていることです。化石化した奴隷時代の思想です。

一般のフランス人は、「自由」「人権」「民主主義」等について、絶えず真剣に議論しています。
溝は埋まらないです。穏健派ムスリムが「宗教改革」(コーランの文言の否定) をすれば可能かもしれませんが、そういうことがあり得るでしょうか?
フランス政府はムスリム団体に働きかけているでしょうが・・・。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c7

[国際14] なぜフランスばかり過激派に狙われるのか フランス国内で起きた3件のテロ事件に触れて  軽毛
8. 晴れ間[1133] kLCC6orU 2016年7月18日 16:02:44 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[255]
>>5

結局、一国内だけでなく世界のレベルで「経済的・社会的な平等」を(可能な限り)達成しないと、紛争の種はなくなりませんよ。
紛争や戦争は、「社会的な不公平」が存在するときに起きます。
でも、一朝一夕には解決しないでしょう。今世紀中は無理かな。

日本など「旧先進資本主義諸国」で所得が伸びず、「中産階級の没落」が進む一方で、世界の最貧困層の人口は激減しています。(1/3か1/4に。)
冷戦終結後の行き過ぎた「新自由主義」も後退し始めました。
長い目で見るしかないでしょう。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c8

[戦争b18] 仏のトラック突っ込みで80人死亡 銃や手投げ弾も… 運転手射殺“テロ”で捜査 閲覧注意 赤かぶ
23. 晴れ間[1134] kLCC6orU 2016年7月19日 00:02:41 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[256]
仁王像さんには直接反論を続けようかな、とは思っていたのだが、その後、同氏がかなり「カルト脳」であることに気付いた。「陰謀脳」ではなくとも「カルト脳」の待ち主なのだ。従って、反論しても無駄だ、という結論に至った。
ここでは、全く無関係の読者のために、私の見方を説明しておきたい。仁王像さんの投稿・コメント等を材料に使うが、一般の読者を想定して書く。逐一は書かずに、いくつかの要点のみ。

〔前提〕近代政治思想に関して、私は全くの "素人" ではない。政治学とか政治思想とか社会思想とかは、私の好む分野ではない。(全く面白くなく、私の興味を掻き立てる分野ではない。) しかし、それらの知識を抜きに現代の問題を思考することはできない、という単純な理由で、ある程度の知識は蓄えてきた。私が書いていることは、すべてそうした知識を前提にしている。素人が書いている「戯れ言」とは違う。「主観」や「希望的観測」も排する。


*---------------------------------------
◆〔問題 1〕仁王像さんが「カルト脳」である、と私が見立てた根拠。

>>20
> (蛇足)イスラム教素人の貴殿の長々しい批判は、表題を見るだけで読む気もしないし読んでいない(中川謀と同じ扱い)。
> こっちももちろんイスラム教素人。私は論議板に多くアップした専門家、先生たちの言論が胸にストンと落ちている。」

⇒ 私が以前、仁王像さんの投稿にコメントを寄せた動機は、ただ一点。同氏の思考は「危ない方向」に傾いているな、と感じたからである。氏は、イスラムという「全体主義のカルト宗教」に対して、全く無批判、かつ無防備だった。

> 私は論議板に多くアップした専門家、先生たちの言論が胸にストンと落ちている。」
⇒ 同氏が「論議板に多くアップした専門家、先生たちの言論」というのが具体的な何を指しているのかは、判然としない。人文社会分野の研究者の論考もあれば、ジャーナリスト・文筆家等の文章もあれば、「イスラム信者」の著述もあるからだ。「(人文社会)科学的な客観性」を保とうとしている著作と、「イスラム万歳」の信者の主張を同列に扱うことはできない。「客観性」の有無、「事実」の裏付けの有無は、全てのデータの価値を決める。「主観」や「好み」は無意味だ。


*--------------------------------------------
⇒ これまで私がイスラムについて、批判的に言及してきた動機も、ただ一点。イスラムに無知な多くの日本人が(イスラムの「嘘」に) 騙されてはいけない、と考えたからだ。
とはいえ、主要な問題点は、イスラムが「民主主義」と「人権」という近代市民社会の原理を否定する宗教である、という点に帰着する。(尤も、他の宗教も近代市民社会の原理とは相容れないものが多い。そもそも、過去の宗教を乗り越えることなしに、「近代」は不可能だった。が、その問題は、ここでは割愛する。)

個別具体的には、イスラムの特に二つの問題を、私は指摘した。
   (1) イスラムがミゾジニー(女性嫌悪) の宗教であること。
   (2) イスラムは「平和の宗教」ではなく、「"異教徒" と "不信心者" を殺せ!」という「全体主義の宗教」であること。
各々、コーランから代表的な文言を引用した。(ここでの引用は「イスラムのホームページ、聖クルアーン、日亜対訳」に依る。また、類似の文言は他にも多数ある。)
これらの文言の意味は、誰の目にも明らかであろう。

(1) に関して、コーランは (男/夫に対して)「言うことを聞かない女は、叩け!」とはっきりと命じている。
  「男は女の擁護者(家長)である。それはアッラーが、一方を他よりも強くなされ、かれらが自分の財産から(扶養するため)、経費を出すためである。それで貞節な女は従順に、アッラーの守護の下に(夫の)不在中を守る。あなたがたが、不忠実、不行跡の心配のある女たちには諭し、それでもだめならこれを臥所に置き去りにし、それでも効きめがなければこれを打て。それで言うことを聞くようならばかの女に対して(それ以上の)ことをしてはならない。本当にアッラーは極めて高く偉大であられる。」(コーラン、4-34.)
※関連投稿への私のコメント :
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/319.html#c4
    イスラームの神はムスリムにとって、(西欧の学者と違い)神の…性格は、まさに慈しむような慈悲と憐みをもつものだ/ジャマール

(2) に関して、コーランは「異教徒と不信仰者は殺せ!」と命じている。
   「聖月が過ぎたならば、多神教徒を見付け次第殺し、またはこれを捕虜にし、拘禁し、また凡ての計略(を準備して)これを待ち伏せよ。だがかれらが悔悟して、礼拝の務めを守り、定めの喜捨をするならば、かれらのために道を開け。本当にアッラーは寛容にして慈悲深い方であられる。」(コーラン、9-5.)
※これに関連した私の投稿 :
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/377.html
   『コーラン』における「異教徒」と「不信仰者」の扱い ⇒ 〈改宗/逃亡/死〉の三者択一のみ


*---------------------------------------------
> (蛇足)イスラム教素人の貴殿の長々しい批判は、表題を見るだけで読む気もしないし読んでいない(中川謀と同じ扱い)。

⇒ 「読む気もないし読んでいない。」仁王像さんの思考の欠点は、この一語、一行に尽きる。
私は何かを批判する際には、極力主観や感情を排し、「事実」のみを淡々と指摘するに留める。「証拠」や「例証」だけを提示する。後は、読む人の判断に任せる。説明不要。解る人は解るし、解らない人は解らない。(解らない人に、手取り足取り教えることはしない。そんなヒマはない。)
仁王像さんは、私が行った「事実の提示」に対し、完全に自分の目を覆ってしまったのだ。それで、まともな理解や判断ができるのであろうか。こういう問題は「好き嫌い」で判断することではない。「嫌なものでも知る」「知ろうとする」という努力は必要なのだ。

> (中川謀と同じ扱い)
⇒ 仁王像さんが中川隆さんの投稿やコメントをどの程度読んだのかは、知らない。多少は目を通したのかもしれないし、完全に目を塞いでしまったのかもしれない。
しかし、中川隆さんのために言えば、同氏のコメントの殆ど全ては、他のニュース・ソースからの引用、ハリコで出来ている。中川氏自身による記述は皆無に近い。引用元はAFP等の海外(西側)メディアや個人のブログ、その他Web上で集められたものだ。
また、中川隆さんの集めたものの中には、専門家が非公式のブログ等で書いたと思われるものも一部含まれている。「専門家」でなければ知り得ない内容のものも含まれている。(おそらく、実名では公表できないことは、匿名で書かれているのだろう。なぜ匿名かというと、実名を出せば、狂信的なムスリムから殺戮の対象にされることを怖れてのことであろう。ただし、詳細は一切不明。)
⇒ 中川氏が集めた材料には、イスラム社会における「名誉殺人」等のテーマのものが多く、これらはヤフー等の一般のニュースサイトでも日常的に目にすることのできる内容だ。(例えば、昨日も次のようなニュースが出ていた。→ http://www.afpbb.com/articles/-/3094291 パキスタンのSNS有名人、実の兄弟に「名誉のため」殺害される。)
仁王像さんは、イスラム社会では日常茶飯事となっているこの種のニュースが嫌いらしい。反対に、イスラムの神に対して「慈しむような慈悲と憐みをもつものだ」と賞賛する人物の声には「胸にストンと落ちる」ものを感じる、という。
「事実の無視」「客観性の軽視」が、仁王像さんにおいては際立っている。

*---------------------------------------------
誰にでも個人の歴史、個人の体験というものがあり、個人の嗜好や志向もある。それを否定することはできないし、「宗教」や「カルト」を欲する人に、それはいけないよ、間違っているよ、とまで言う権利は、私にはない。仁王像さんは頭がいいし、知識も広いから、多少の働きかけは可能かな、と私は一度は思ったけれど、それは捨てることにする。



http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/234.html#c23

[国際14] なぜフランスばかり過激派に狙われるのか フランス国内で起きた3件のテロ事件に触れて  軽毛
13. 晴れ間[1135] kLCC6orU 2016年7月19日 09:37:10 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[257]
>>10
⇒ トッドについて、私は別の投稿で触れている。この人の考え方は、フランスではマイナーです。フランス人の基本はユニヴァーサリスム。トッドはイギリス贔屓でコミュノタリスム傾向。日本人はすぐトッドに飛びつく。これ自体が日本人特有のコミュノタリスムをよく表している。日本が外国人に開かれた社会ですか? 国家の理念に賛同する人に、出自を問わず日本国籍を容易にあげますか? (そもそも天皇制賛美でないと、日本国家の理念に賛同することにはなりませんよね?!)
「異教徒と不信心者は殺せ!」の「全体主義宗教」イスラム・テロを批判することが「排外主義」ですか?
※関連投稿 :
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/377.html
   『コーラン』における「異教徒」と「不信仰者」の扱い ⇒ 〈改宗/逃亡/死〉の三者択一のみ
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/378.html
   「宗教批判」としてのイスラム批判は「ヘイト」ではない

>>12
あなたはデマゴーグだ。頭にバイアスが掛かっていて正確な角度でものが見えないのだろうけれど、いい加減で偏った情報で手前味噌解釈すべきではない。
国民戦線は、テロ直後の1月11日デモに参加を許されなかったのですよ。マリーヌ・ルペンは参加を実現しようと粘ったけれど、オランドは許可しなかった。デモに参加することは、国民戦線にとっては自党が「共和政と自由と民主主義の擁護者」であることを証明する絶好の機会だった。だからこそ、フランスの左翼も保守派(右翼=中道右派)も国民戦線を拒絶した。
それから、このデモを最初に発案・主導したのは、議会では全くの少数派の「本来の左翼」。社会主義とは半世紀来縁を切っており単なる「中道左派」政党に過ぎない社会党オランド政権ではない。この「本来の左翼」とは、具体的には共産党と左翼党とエコロジストの一部。テロ発生から2時間後には、デモをしようという計画がこの「本来の左翼」の間で持ち上がった。他の諸政党は、それに後から乗っかっただけ。
なお、パリ郊外部で「私はシャルリ」に最も賛同率が高かったのは、共産党とかの「本来の左翼」の支持層。最も低かったのが「郊外部の低学歴の若い女」。つまり、ムスリム系移民と重なる層、ムスリム系移民と同じ生活空間で暮らしている層。(⇒この点については、細部は要確認。私は当時すでにコメント投稿している。出典はユマニテの記事。)


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c13

[政治・選挙・NHK209] 内田樹さん / 「天皇の生前退位問題について」 赤かぶ
11. 晴れ間[1136] kLCC6orU 2016年7月19日 22:42:25 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[258]
> これほど露骨に不敬な政権は近代史上はじめてでしょう。
⇒「これほど...不敬な...」という表現。この内田樹という方は、尊皇派ですか?「不敬」でもいいではないですか。自由な表現が「神格化」と「タブー」を打ち破るのです。天皇制が「国民支配のための装置」であることが露わになる方が、日本の民主化のためにもよいでしょう。


> 陛下のお気持ちとしては、天皇制を廃絶されたいのではないか、と思いますね。
⇒ 勝手な憶測は止めましょう。
それに、天皇制を廃止するのは「主権者国民」ですよ。天皇ご本人ではありません。
皇室で唯一の「まともな感覚の人」三笠宮も発言は控えているでしょう?


http://www.asyura2.com/16/senkyo209/msg/715.html#c11

[国際14] なぜフランスばかり過激派に狙われるのか フランス国内で起きた3件のテロ事件に触れて  軽毛
18. 晴れ間[1137] kLCC6orU 2016年7月19日 23:52:28 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[259]
>>14
> 私は空爆を中止すべしと主張しているが、君はダンマリを決め込んでいる。これは暗黙の裡に空爆を許容していると受け取るのが自然だ。

⇒ あなたはせっかちな人ですね。何かを書くにしても、私はきちんと「調べ物」をします。単なる「思いつき」や「衝動」では行動しません。「主観」は極力排して、「公正な見方」をするよう努めます。(「公正な見方」とは言っても、立場や利害により異なるのは当然。私は、弱者や勤労大衆や女性等々、被抑圧者の側に立ってものを見ます。だから、情報源は必要な範囲で明記します。)
日本には信頼できる情報はありませんから、全てフランス語(+たまに英語) の情報になります。政治的な立場により、媒体により、発言者により、主張は異なります。それらを満遍なくさらうのに時間はかかります。(他にもすることはありますから、そればかりするわけにもいきません。) いずれ私の見解が纏まれば、そして投稿しようかな、と思えば、そのときは投稿します。

⇒ それからね、私はあなたが「白人、白人」と言うのが、どうしても理解できないのですよ。何人でもいいのではないですか。肌の色は関係なし。国籍も民族も宗教も関係なし。
⇒ イスラム批判については、日本人が騙されないように「正しい」情報を伝えることは大事なことだと考えています。日本には、あなたのような「妙なイスラム贔屓」がいますからね。(「イスラモフィル」という言葉はあまり馴染みがないので使わないことにします。) 単に「無知」なだけなのでしょうけど。あなたは「危ない縁」に立っていますよ。(落ちたら、バイバイですけれど。)
⇒ このことはまだ言ってないし、言う必要もないと思いますが、私の知人の中には、イスラム過激派に親族を殺されたり、自身が亡命を余儀なくされたりした人もいます。高度の知性を持った人たちです。また、私が個人的に親しかった人たちの大半は、米国に「やられた」側の人たちです。しかし、彼らはあなたのような「イスラム贔屓」ではありませんでしたよ。宗教性はほとんどなし。宗教の話なんて、したことはありませんでした。社会主義者とか、共産主義者とか、カダフィの崇拝者...でしたからね。私は彼らのためにも、中東と北アフリカが平和になり、民生が安定し、社会経済が発展してくれることを願っています。(イエメンの女友達には、いつか会いに行きたいなぁ。)

*-------------------------------
>>15
⇒ 支離滅裂。キ○○○じゃないの?


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c18

[戦争b18] ロシア軍戦闘機、シリアの米英軍基地を爆撃か、米WSJ報道:なぜ1ヶ月前に大騒動にならない?たとえばISなどと同居の基地? あっしら
3. 晴れ間[1138] kLCC6orU 2016年7月23日 10:12:00 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[260]
2015年月パリ・テロの後、フランスが米英追随を止めて、ロシアとの協力に転じたことが奏功しているのかもしれない。それまでのフランスは、アサド政権壊滅に執念を燃やす英米に引きずられていた。
以後、ISに対するシリア政府軍の反攻が顕著になり、ISの支配地域が大きく後退することになった。

現地住民は、ISを支援していない。「恐怖心」から仕方なく従っていたに過ぎないことは、解放された町の住民の反応を見ても分かる。(ある男性は「早く髭を剃り落としたい」と吐き捨てるように述べた。)
ISにいるのは、先日死んだチェチェン人の Tarkhan Batirachvili, 別名 Omar のような、世界中から流れ込んだテロリストだけだ。
ISと同盟したイラクの「旧フセイン派」については、ロシアに仲介を頼めばよいだろう。「悪魔」とは手を切ることだ。

英国がEUから脱退すれば、英米戦争勢力の欧州への影響力は減衰するだろう。NATOを解体することだ。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/301.html#c3

[戦争b18] ロシア軍戦闘機、シリアの米英軍基地を爆撃か、米WSJ報道:なぜ1ヶ月前に大騒動にならない?たとえばISなどと同居の基地? あっしら
4. 晴れ間[1139] kLCC6orU 2016年7月23日 10:24:27 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[261]
オランドを、ロシアに接近するよう説得したのは、サルコジ。
少なくともサルコジは、欧米の空爆でリビアを崩壊させたことについては後悔し、反省している。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/301.html#c4

[議論31] 「平和の家」と「戦争の家」。 「イスラムは平和の宗教」の"嘘"。 晴れ間
1. 晴れ間[1140] kLCC6orU 2016年7月24日 16:35:29 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[262]
本文の訂正 
  ムスリムを棄教した「元ムスリム」→ イスラムを棄教した「元ムスリム」

※ハミド・ザナス Hamid Zanaz の著作の多くは、アラブ語に留まっている。(出版地はベイルートが多い。) 一部がフランス語でも書かれ、イタリア語にも翻訳されている。Amazon で入手可。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/381.html#c1

[国際14] なぜフランスばかり過激派に狙われるのか フランス国内で起きた3件のテロ事件に触れて  軽毛
22. 晴れ間[1141] kLCC6orU 2016年7月24日 23:48:30 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[263]
仁王像さんが私の主張に対してやけに絡んでくるのだけれど、仁王像さんと私とでは、思考の基盤と位相が異なっているのだと思う。
私は、人文社会や社会科学の思考法(作法) の基本を崩さない。この分野の思考の基本は、近代市民社会の原理の肯定なのだ。
同時に私は「事実」のみを重んじる。「主観」や「希望的観測」は極力排する。「勝手な解釈」をしない。ダーイシュないしISのような「過激カルト集団」を「被抑圧民衆」と見做すような「とんでもない勘違い」を犯さない。それは基本中の基本。
仁王像さんは、「人類の歴史の歩み」を完全に無視して、「西洋の白人」への「対抗心??」を前面に押し立ててくる。そういう「冷静さ」を欠いた「非科学的な態度」は、最も避けねばならないことだと私は考える。反ユダヤ主義の陰謀論者はよく「ユダヤ人ガ〜」と叫ぶが、仁王像さんは「西洋ガ〜」「白人ガ〜」と叫ぶ。歴史についての基本的な素養の問題だと思う。そこがしっかりしていないと、間違いを犯す。

ともあれ、前回のコメント以来、色々調べてはみたのだが、フランスの論壇というかWeb上の情報では、「空爆を止めればテロはなくなる」という単純な見方は皆無だ。少なくとも大きな政党や団体では見られない。(フランスには無数の極小グループや一人一派的な活動家は沢山いるから、そういうところでは事情は異なるであろう。)
例外的に、『ユマニテ』(共産党に近いが機関紙ではない) への投稿記事に「空爆を止めて国連(平和維持軍) を活用しよう」というのが載っていた。これは "Tribune" というタイプの寄稿記事であり、新聞の社説でも新聞常連ジャーナリストの署名記事でもない。共産党関係者(議員や党機関の幹部) の主張でもない。
しかも国連の現状では、即効的な有効性は乏しいだろう。国連常任理事国の全ての国(中国を除く)が空爆に参加している現状で、どういう新たな平和維持活動ができるのか? 本来、現地はイスラム圏諸国の「自治」「民族自決権」に任せるのが最もよい。しかし、各々、国内的にも「民主主義」とは言いがたい圧政や独裁や強権政治や宗教政治の国ばかりだ。そういう状況で、何がどうできるというのか。そこが駄目だから、今日の事態に至っている。(唯一合理的なのは、イラク戦争以前の、イラク・シリア両バアス党の統治を復権させることだろうが、私は現地政治の専門的なことは分からない。)
念のために共産党系の反核・反戦平和運動団体(「平和運動」) のサイトも見たが、そのコミュニケでも「即時空爆停止」という言葉も考え方も確認できない。そういうことは「論外」「問題外」なのだ。
同サイトの関連ページ(7月22日付のコミュニケ) → http://www.mvtpaix.org/wordpress/apres-le-massacre-de-nice-etre-solidaires-chercher-a-comprendre-et-defendre-tous-les-droits-humains/ (この記事の太字の部分を英語に翻訳すれば、大意は把握できるだろう。)


「即時空爆停止」の声が上がらないのは、フランスでは「テロ」の問題が「国内問題」だと捉えられているからだ。「テロ犯」に共通しているのは、「社会にうまく統合されていない移民系の若者」だということだ。「自分の居場所がない」「(自分の帰属先は) ここでもない、あそこでもない、どこでもない」というアイデンティティの不在ないし不確かさなのだ。フランス社会がこの社会的統合の問題を解決しない限り、テロの芽は消えない。
ISは、アイデンティティの不確かさに悩んでいる若者に焦点を絞って、Webを介してリクルートをかけてくる。ISに引き寄せられているのがムスリム系移民の若者だけでなく、キリスト教など非ムスリム系の若者や少女、特に未成年者に多いのも、そのためだ。ISは、思考がしっかりしている人間には接近しない。あくまでも脳弱者と精神的に不安定な者、犯罪者や非行者とその予備軍だ。そういう者でないと、自爆テロ要員にはならない。ISはカルト集団なのだ。



http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c22

[国際14] なぜフランスばかり過激派に狙われるのか フランス国内で起きた3件のテロ事件に触れて  軽毛
23. 晴れ間[1142] kLCC6orU 2016年7月25日 00:25:19 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[264]
今回のニース・テロについて、情報が少ないと思うので、若干書き足す。
当初、犯人は「単なる異常者」と見なされていた。フランスに来る前、チュニジア時代でさえ精神的におかしくて、親は精神科に通わせていた。フランスでも窃盗のほか妻子への暴行も繰り返し、2年前に離婚。酒は飲む、豚肉は食べる、男女を問わず乱交する、という自堕落な生活。しかしその後の調査で、今回の犯罪が計画的なものであったということも分かってきた。関係者5名が逮捕され、現在も取り調べ中である。犯人が犯行直前に 10万フランもの大金を実家に送金しているのも、何らかの組織的関与が疑われる。

*-------------------------------------------------------*
ニースは社会格差が非常に大きな町だ。富裕層が邸宅や別荘を構える保養地であり観光地であると同時に、南仏はアルジェリアからの帰還者(白人系) が多く住む町、そして北アフリカ等からの移民も多く住む町だ。この町が保守派と極右の牙城であるのは、そういう植民地的過去に負うところが大きい。(丘の上や海辺の高級住宅に住む) 富裕層と、低所得の民衆層とは、生活空間において交わることはない。

今回のテロ事件の犠牲者の名前を見て驚くのは、その出身地の多様性だ。世界各地から来た人々だ。しかしその多くは、一般の庶民。観光客も大金持ちではない。地元の人も庶民。北アフリカからの移民が多いのは当然だ。そもそも、この花火大会は、本来は観光客向けではなく、下町に住む低所得層の住民のために催されているものだった。

テロの犯人も、その元妻も、低所得の庶民が住む地区に住んでいた。近隣の人々は、テロによるショックだけでなく、世界中からやってきたマスコミの攻撃的取材にもショックを受けている。
テロ被害とメディアの取材攻勢で「二重の犠牲」になった地元の人々の言葉を、ここで二、三引用する。(和訳は付けないが、英語に翻訳すればいいだろう。)

(1) france2 のニュースより。
国民の安全を怠ったとして、国を告訴する 家族も。モスクでの葬儀。集団訴訟になるかもしれない。
http://www.francetvinfo.fr/faits-divers/terrorisme/attaque-au-camion-a-nice/attentat-de-nice-des-familles-portent-plainte-contre-l-etat_1554535.html

(2) ユマニテの記事より。
犯人の元妻の家の近隣住民 の話。(自分たちムスリム系住人を犯人と同一視しようとするマスコミや政治家への怒り。)
Aïda en pleure. « C’est reparti pour un tour avec les amalgames. Ils vont tout exagérer… Et les politiciens s’en serviront pour justifier les interventions militaires en Syrie et tout ça… » Sentiment partagé par un habitant du Juras, l’un des deux autres bâtiments du quartier. « Ce mec était un paumé, lâche-t-il, je ne sais pas comment le décrire. Un fou violent. Rien à voir avec la religion. Et là, avec le Raid, ce matin, et tous ces journalistes, c’est tout le quartier qui va être stigmatisé. Regardez comme Ciotti et Estrosi se la jouent déjà… »

(3) 同上。
テロ犯の近隣住民(建築塗装工) の話。同主旨。(犯人と一緒にしないでくれ。政治家への怒り。)
« Je suis peintre en bâtiment, explique-t-il. Sur les chantiers, il y a des gens de toutes origines. On bosse. On se respecte. On est réuni par le travail. Dans le quotidien, c’est la France qui devrait faire ce lien. Mais comment est-ce possible avec un président qui intervient une demi-heure après l’attaque, alors que personne ne sait réellement ce qui s’est passé, en parlant directement de terrorisme islamique ? » L’homme accuse les conséquences désastreuses des surenchères politiciennes et des présupposés socioculturels sur les relations sociales.
http://www.humanite.fr/dans-les-quartiers-la-peur-detre-deux-fois-victime-611979


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c23

[国際14] なぜフランスばかり過激派に狙われるのか フランス国内で起きた3件のテロ事件に触れて  軽毛
24. 晴れ間[1143] kLCC6orU 2016年7月25日 00:37:34 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[265]
オランド社会党政権の人気は地に落ちている。労働法改悪法案がたたり、首相ヴァルスの人気もない。共に支持率(人気率) は、直近で11-14%程度。7月18日に全国各地で、テロ犠牲者のための黙祷が捧げられた。ニース現地で行われた黙祷にはヴァルスが参加したが、会場を去る時、参列者たちから一斉にヤジが飛んだ。テロを防げなかった(十分な安全対策を取らなかった) ことで、国民の怒りは頂点に達しているようだ。(ただしニースは保守派と極右の牙城なので、現政権への反対派自体が多い。)

来年2017年は大統領選挙。人気がなさすぎる社会党政権の継続は不可能。極右政党「国民戦線」の政権奪取を妨げるために、全左翼が保守派(=右翼〜中道右派) に一致して票を投じる、という方法が採られるであろう。
7月18日の国営放送 france2 のニュース番組には、「共和党」(保守本流、旧ドゴール派) の国会議員で、同党の大統領予備選挙立候補者(12名) ) の一人、ブリュノ・ルメールが出演して、テロに関する話をした。(他の大統領予備選挙候補者が、今回のテロ後、特に治安面のことを強調しているのに対し、この人物が「政治イスラム」の問題をより強調している点に注意。)
ブリュノ・ルメールの見方は、私のそれと基本的には変わらない。おそらく(一部極左を除く) フランスの政界主流派の見解の最大公約数もこれに近くはあろう。(ただしこの人は、シリア空爆だけでなく地上戦も主張している。その主張が多数派であるか否かは、要確認。オランドは地上戦を否定している。)
なお、この人物はフランスの典型的な「政治エリート」。超エリート校(高等師範学校・パリ政治学院・国立行政学院)の卒業生で、外交官出身。番組では、テロ対策の方法云々の次元ではなく、「哲学」や「ヴィジョン」「世界観」「価値観」の次元で語っている。

以下、ブリュノ・ルメールの主張の骨子。
*----------------------------------------------------------------
・オランド政権のテロに対する対応は、全く不十分。
・テロとの戦いとは、「政治イスラム」との戦いである。
・「政治イスラム」l'Islam politique は、「表現の自由」を侵すものである。
  また、フランス社会の中で、女性を「見えないものにする」(=消す) ものである。
  そして 宗教的な規範を、[フランスの]国家と法よりも優位に置くものである。
 これは、(我々フランス国民にとって) 受け入れがたいことである。
・国民の安全を維持するためには、「政治イスラム」との戦い、及びISとの戦いが必要である。
・必要なのは「政治イスラム」に対する「文化闘争」である。
・ISを根絶しない限り、フランス国民の安全と平和は得られない。シリアでの地上戦も必要。
---------------------------------------------------------------*
http://www.francetvinfo.fr/faits-divers/terrorisme/attaque-au-camion-a-nice/attentat-de-nice-nous-avons-un-combat-culturel-a-mener-contre-l-islam-politique_1553187.html


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c24

[議論31] 「平和の家」と「戦争の家」。 「イスラムは平和の宗教」の"嘘"。 晴れ間
2. 晴れ間[1144] kLCC6orU 2016年7月25日 06:23:15 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[266]
前の投稿へのコメントを3件追加しておいた。

歴史の見方と、空爆に関して :
http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c22
ムスリム系移民が「無差別テロ」の犠牲になったこと。+近隣住民の反応 :
http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c23
テロへの政界の反応。大統領選挙候補者の一人(ブリュノ・ルメール) の発言 :
http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c24

上記コメント(c22) では空爆に関しては、中国を参加国から外したが、確か中国は艦隊を派遣してロシア空軍への支援を行っているはずだ。(∴要確認。)
コメント(c24) での「政治イスラム」に 関するルメール発言は、私の別投稿や従来のコメントとも関連している。特に、イスラムの「ミゾジニー」(女性嫌悪) 思想(⇒男女隔離) と、「シャリア支配」 が批判の対象となる。これらの問題こそが、近代市民社会の原理(人権・自由・民主主義etc.) とその否定に関わるものである。「名誉殺人」の問題も同様。
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/378.html
  (「宗教批判」としてのイスラム批判は「ヘイト」ではない)
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/381.html
  (「平和の家」と「戦争の家」。 「イスラムは平和の宗教」の"嘘"。)


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/381.html#c2

[議論31] 世界からテロを無くして行くには、西側諸国の国家の生き方を根本的に改める必要がある〜やる気がなければ根絶不可は明らか… 仁王像
5. 晴れ間[1145] kLCC6orU 2016年7月25日 06:24:06 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[267]
前の投稿へのコメントを3件追加しておいた。

歴史の見方と、空爆に関して :
http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c22
ムスリム系移民が「無差別テロ」の犠牲になったこと。+近隣住民の反応 :
http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c23
テロへの政界の反応。大統領選挙候補者の一人(ブリュノ・ルメール) の発言 :
http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c24

上記コメント(c22) では空爆に関しては、中国を参加国から外したが、確か中国は艦隊を派遣してロシア空軍への支援を行っているはずだ。(∴要確認。)
コメント(c24) での「政治イスラム」に 関するルメール発言は、私の別投稿や従来のコメントとも関連している。特に、イスラムの「ミゾジニー」(女性嫌悪) 思想(⇒男女隔離) と、「シャリア支配」 が批判の対象となる。これらの問題こそが、近代市民社会の原理(人権・自由・民主主義etc.) とその否定に関わるものである。「名誉殺人」の問題も同様。
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/378.html
  (「宗教批判」としてのイスラム批判は「ヘイト」ではない)
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/381.html
  (「平和の家」と「戦争の家」。 「イスラムは平和の宗教」の"嘘"。)


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/379.html#c5

[議論31] 「平和の家」と「戦争の家」。 「イスラムは平和の宗教」の"嘘"。 晴れ間
3. 晴れ間[1146] kLCC6orU 2016年7月25日 06:26:06 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[268]
管理人さんへ

>>2 のコメントは、別の投稿記事へのコメントです。投稿ミスですので、削除して下さい。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/381.html#c3

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
1. 晴れ間[1146] kLCC6orU 2016年7月25日 23:33:10 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[268]

この人物、ミシェル・コロンは、フランス語圏では代表的な「陰謀論者」ですよ。
陰謀論者(=大半は反ユダヤ主義者) にとっては「真実」を語る人かもしれないけれど、「理性」を重視する人や、客観性を重視する学術研究者から見れば、単なるキ○○○です。

フランス語版 Wiki の記述は、次の通り。

Wiki では、Réseau Voltaire の創設者 Thierry Meyssan 等の同類扱いされています。

寄せられている多数の批判」の中では、特に社会学者 Marc Jacquemain と Jérôme Jamin による批判に注目。(末尾に近い方の "Autres critiques" の欄。)

フランスの著名なジャーナリストである Caroline Fourest は、ミシェル・コロンを「ベルギー陰謀論者の帝王」と呼んでいます。

https://fr.wikipedia.org/wiki/Michel_Collon
  "Michel Collon"


陰謀論の監視サイトで検索すると、簡単に20件はヒットします。
http://www.conspiracywatch.info/search/Michel+Collon/

これらの記事をチェックしてから、信用できる情報発信者であるか否かを判断しましょう。


投稿者の HIMAZIN というのは「陰謀論者」だったのですね。ユダヤ人差別と歴修正主義がひどい辺り、そういうことだとは思っていましたが。

「陰謀論」に嵌まると、脳は回復不可能になります。まだ「陰謀脳」になっていない人は、しっかり勉強して「理性脳」をますます鍛えまょう。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c1

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
4. 晴れ間[1146] kLCC6orU 2016年7月26日 19:23:19 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[268]
上記の Wiki に「陰謀論者」ミシェル・コロンへの批判が色々書かれているので、それを読める人には重ねて説明するまでもないであろう。(日本語とは相性が悪いので、英語に翻訳するのがよい。) 読めない人のために、その一部を紹介しておく。

◆ ミシェル・コロンの「陰謀論」の例として、2015年1月のシャルリエブド事件に関しては、
「クワシ兄弟は、米国その他の多国籍企業の思い通りにならない一政府[=フランス政府] を戦争に向かわせるために、ファビウスとその一味に養成され武装されていた」という説を、この人物は立てて著書や講演で宣伝している。
つまり、テロ「偽旗説」、フランス政府(ないしその一部)の「自作自演説」、または「CIA=イスラエルの陰謀」説である。

◆ また、ミシェル・コロンは、まともな労働組合運動の活動家たちからは、「ファシスト」「極右」であるとして批判されている人物である。
具体的には、2011年、フランスの労働組合CGT(労働総同盟) は、「反ファシズムを唱える労働組合活動家たち」に押されて、ミシェル・コロンにパリの労働総同盟会館へのアクセスを禁止した。(CGTというのは、現在フランスで労働法改悪法案反対闘争を進めている、120年の歴史をもつ正統的な労働組合ナショナルセンターである。) (「アクセスを禁止する」とは、講演や討論の機会を与えない、という意味である。)
https://fr.wikipedia.org/wiki/Michel_Collon

◆ 2013年にもミシェル・コロンは、仏北部の町Lille で講演を行った際に、彼の「極右・ガス室否定論者・陰謀論者」との共謀を告発する「反ファシズムの活動家たち」から抗議行動を受けた。
http://www.nordeclair.fr/info-locale/roubaix-charlie-pretexte-a-developper-la-theorie-du-complot-ia50b12891n750168

このように、ミシェル・コロンというのは、札付きの「陰謀論者+反ユダヤ主義者(ユダヤ人への人種差別主義) 」なのである。
「陰謀論者」というのは、殆どの場合(まず例外なく)、(人種差別としての)ユダヤ人差別主義者(アンティセミティスト) 、そしてナチによるユダヤ人虐殺を否定する歴史修正主義者なのである。

即ち、投稿者HIMAZIN も、典型的な「反ユダヤ主義の陰謀論者」ということになる。(違うなら、証拠を挙げて反論せよ!)


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c4

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
5. 晴れ間[1147] kLCC6orU 2016年7月26日 19:27:22 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[269]

>>2 の HIMAZIN の指摘は、何のつもりであろうか。何が言いたいのであろうか。全く反論にも返答にもなっていない。
私を「欧米イスラエルの尖兵」「シオニスト=イスラエルの手先」と呼ぶのであれば、その「証拠」を示すべきだ。
私が「欧米イスラエル」の中東政策を支持したことが一度でもあるか? あるなら、ここのその証拠を示せ!
私がイスラエルとその政治を擁護したことが一度でもあるか? あるなら、ここにその証拠を示せ!
私がパレスティナの抵抗運動を批判したことが一度でもあるか? あるなら、ここにその証拠を示せ!

私がユダヤ人への「人種差別」を批判すると、直ちに「シオニスト」「イスラエルの手先」と反応する。あんたの頭は出来が悪すぎる。どういう脳の回路をしているのか? あんたは知恵遅れなのか? 低学力で、まともに勉強もしたことがないのか? 
あんたがするべきは、「ユダヤ人への人種差別を "批判" すること」が、どういう理由で「シオニスト」になるのか、「イスラエルの手先」になるのか、その根拠を挙げて証明することだ。「理由と根拠」「証拠」を挙げるだけでよい。
「基本的なこと」をしてから、一人前のことを言え! あんたは、日本の中学校・高校レベルの歴史の知識すら持っていないだろう。まず、そこからやり直すべきではないか。すぐに書店の「学習参考書売り場」に行き、勉強をやり直すべきだ。大人向けの本や専門的な本を読むのは、その後だ。しっかりとした「基礎学力」と「思考力」を身につけた人間なら、陰謀論などに引っかからない。


HIMAZIN とは違うが、別の投稿記事への別のコメント者にも、HIMAZIN の同類、「反ユダヤ主義の陰謀論者」がいる。
5syXLWFQTg : 1gUYFpcztug[22] だ。(http://www.asyura2.com/16/senkyo208/msg/834.html#c15
→同人の他の投稿コメントも見よ。http://www.asyura2.com/acas2/1gUYFpcztug.html )
驚くべき事に、この人物は、「反ユダヤ主義の陰謀論者」の立場に立ちながら、安倍政治を「ファシズム」などと、のたまっている!! 
この分裂症ぎみの人物にも言いたい。鏡を見てごらん。鏡に映っているその顔、それが「ファシスト」の顔だよ!、と。あんたらには「ファシズム」を論じる資格も能力もない。
ナチの党員や支持者も、あんたらと同じ程度には「民主主義者」だったのだよ。ナチはキリスト教徒の間にあった伝統的な「反ユダヤ主義」を腐葉土にして拡大した。あんたらの多くはキリスト教徒ではないはずだが、あんたらの「反ユダヤ主義」は、どこから来たのか? 「陰謀論」が「反ユダヤ主義」を拡散しているのだろうが。


そして HIMAZIN は、自分の投稿記事に「(拡散希望)」などと書いて、反ユダヤ主義を「拡散」している。その自分の役割に、何も恥じるところはないのか? 自分の行為と役割を「客観視」したらどうなのか?

「多国籍企業」や「金融資本主義」「アメリカ帝国主義」「(新/旧) 植民地主義」を批判するなら、日本の陰謀論者は、なぜ「資本主義」そのものを批判しない? なぜ資本主義を批判する政党や労働組合や非公式団体を基盤にして闘わない? 
フランスの労働組合運動の主体は、日本の連合のような「黄色組合」ではない。CGTの基本路線は「階級闘争」だ。結成以来「労働者の解放」を究極目標にしてきた。そのCGTの労働組合活動家たちが、ミシェル・コロンは「極右の反ユダヤ主義者でファシストだ」と言って、同人に対する抗議運動を繰り返している。
HIMAJIN のような日本の陰謀論者が、「反ユダヤ主義=極右=の陰謀論者」であるミシェル・コロンを賞賛して「(拡散希望)」などと吹聴している理由は何なのか? きちんと説明してもらおうではないか!


総じて、陰謀論者は低知能で低学力である。基礎学力がないのに、妙な陰謀論をかじって「何かを知った気になっている」から始末が悪い。その結果、まともな知識を吸収することができなくなり、まともに成長する可能性を失っている。子供は、こういう大人の真似をしてはいけない! 阿修羅の陰謀論者は、ファシストの同類か予備軍だ。

※それからね、ミシェル・コロンにしろ、ティエリ・メサンにしろ、陰謀論者というのは「人相」が悪いよ。悪すぎる。顔を見ただけで引かなきゃ。感度が悪い。精神がおかしい。

http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c5

[国際14] 欧州も警戒し始めた中国の独善  中韓だけじゃなかった! ヨーロッパでも歴史はねつ造されている 軽毛
2. 晴れ間[1148] kLCC6orU 2016年7月26日 19:51:25 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[270]
本文より引用。
> そこには大きな対独戦勝記念碑があり、フランス軍兵士の英雄群像が聳えていた。私はこの英雄群像が虚構であり「嘘っぱち」であることがすぐに理解できた。フランス軍はドイツ軍に対して組織的・持続的な戦闘をほとんどしていないからである。
> ところが第二次世界大戦については何も記録されていないことが多い。偶に記録されていても第二次世界大戦及びレジスタンス運動を併せて1名か2名であった。Le Puy出発以来そうした慰霊碑を数多く見てきたのでデカズビルの英雄群像が虚構であると直感したのである。」

またまた、おバカな記事。筆者は史実を知らないだけなのだろうけど、あまりにも無知、かつ悪質。
フランスの「正規軍」は、ナチ・ドイツ軍に抵抗しなかった。すぐに降伏して、ドイツ軍に協力した。(兵士は強制労働。)
抵抗したのは、レジスタンス(対独抵抗運動) の軍。(軍事グループは幾つもあるが、主にドゴール派の「自由フランス軍」と、共産党系の「義勇遊撃隊-パルティザン」。それから、都市でも農村でも、主力は地下活動とゲリラ戦。表だった都市戦は最後の最後。)
ドイツ軍に協力したくない人は、正規軍から逃亡してマキに入るなど、地下抵抗運動に加わった、見つかれば処刑! マキや地下活動家は、市民の協力がないと戦えない。レジスタンスの活動家とユダヤ人に対しては、密告と処刑。(ドイツ軍の軍人が1人殺されれば、ドイツ軍は国内の強制収容所に入れられている共産党員などレジスタンス派を50人ずつ処刑していった。) ユダヤ人狩りに会って捕まれば、東方の強制収容所に送られて殺された。「そのまま戻ってこなかった」。
つまり、占領中は、対独協力派と武装レジスタンス派との間の「内戦」だった。「英雄群像」というのは、あくまでも「レジスタンス軍」のこと。何十万人ものフランス人がナチに殺されたのだから、ドイツに協力した人(密告する側に回った人) が戦後「白い目」で見られたのは当然。


それから、第二次大戦とレジスタンスの「記憶」なら、フランス中の町々、至る所に記録されている。フランスの街路等には必ず人名が付いている。人名と生没年が記載された「銘板」が道路の角の壁面に固定されている。その中で無名の人がいたら、そして没年が1940-45年頃なら、対独レジスタンスで命を失った人やナチ・ドイツに殺された人。正規軍の「出征兵士」ではないから、「戦没者」にはならない。その代わり、戦後ずっと、市民がレジスタンスの功労者をそういう形で顕彰してきた。(街路には、市議会の決定を経て名前をつける。) そういうレベルで見ないと、「真実」はわからない。

書く人の頭が空っぽだと、こういう「虚構」が出来上がる。無知なバカ女を才女と持ち上げて、自説の展開に利用するのは下劣。
これが「歴史の捏造」? 「捏造」しているのは書いてる本人!
こんなゲスな嘘記事を投稿する人の気が知れない! 投稿者も歴史を「捏造」したいのか?


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/695.html#c2

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
6. 晴れ間[1149] kLCC6orU 2016年7月26日 20:18:39 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[271]
ミシェル・コロンは、ベルギー人。フランス人ではない。ジャーナリストと称しているが、自分で本を書いたり講演活動をしているだけ。フランスのメディアには、まず出ない。(陰謀論者は相手にされない。)

陰謀論者の巣「ヴォルテール・ネット」を作ったティエリ・メサンはフランス人だが、フランスに活動の場はない。(同じく、陰謀論者は相手にされない。) 中東に居住しているようだが、中東やロシアやイラン等の、陰謀論が盛んな地でしか活動の場はない。

>>4 で引用した新聞(仏北部の地方新聞)の記事(Wikiにも引用)は、ミシェル・コロンについて「メディア的・経済的・地政学的陰謀についてのパラノイア的テーゼに陥っている」と評している。
「理性脳」から見れば、ミシェル・コロンは「パラノイア」。これを有り難がる人も同類だろう。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c6

[国際14] なぜフランスばかり過激派に狙われるのか フランス国内で起きた3件のテロ事件に触れて  軽毛
28. 晴れ間[1150] kLCC6orU 2016年7月26日 21:34:47 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[272]

>>27
> 阿修羅でも皆無なはずだ

⇒ 阿修羅で皆無であろうと、多数派であろうと、私には関係ありません。
「多数派が正しい」とは限らないのですよ。少数派でも、正しいものは正しい。自分の「良心と「価値」に照らして判断すればよいことです。
それから、私は自分の「歴史の見方」には自信があります。

それから、中田孝とか、副島某とかも、私には関係ありません。「イスラム信者」というのは、理性の世界の住人ではありませんから、それだけでアウト。私は「来世」の存在を信じませんから、住んでいる世界が違うのですよ。

*-------------------------------*

私はテレビ受信機を持っていないので、仁王像さんがnhk のニュースをアップしてくれるのは嬉しいな! (nhkはやはり民法とは違う。基本的な要素は押さえていますね。)

アラブ人の住む地域に行きたいときは、私に相談してね! 友人を紹介してあげるから。
私が親しかった人たちは、イエメンとかチュニジアとかのテロの地ばかり。
今度のニース・テロの犯人は、スースという町の出身。ここは去年、観光ホテルを舞台に大規模なテロがあった。
私の友人はもっと田舎の出だけど、高校時代をここで過ごしている(寮生活)。私自身は「観光客としては来るな!」と釘を刺されているから、行かない。
イエメン人は、ほんとに歴史と文化を感じさせる人たち。昔は「緑の国」と呼ばれ、シバの女王もいたところ。

私は友人から直接聞く話なら、無条件に信じる。しかし、マスコミや日本人の「学者?」の話は、あまり信じないし、さほど興味もない。
自分の友人なら、互いに抱き合って、両方のほっぺたにビズをする。それだけで、互いに分かる。
私は、自分で直接経験したこと、自分で収集した「事実」だけを信じる。

でも、正直なところ、仁王像さんがどうして怒るのか、全く理解できない。意見が異なることは、怒るようなこと?

*------------------------------*
最近、とても興味深い事実を確認した。アルジェリアからフランスに亡命した人(女性)。共産主義者。つまり「議論ができる」相手。直接会って色々議論すると、沢山のことを知ることができるし、学べると思う。私の心は、そっちに行ってる! 
フランスは、多民族国家、多文化社会。それを素直に受け止めることが大事。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c28

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
10. 晴れ間[1151] kLCC6orU 2016年7月26日 23:52:07 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[273]
>>7
> いつもは饒舌なあんたがすっかり沈黙して逃げていることで、確信に変わった。
あんたは本来ならこの時に反論すべきだった。一歩遅かったね。」


⇒ あんたの「中身のないコメント」なら読んでいた。私の「反論」は「バカは無視する」ということ。
私の関心は他に(も)ある。やるべきことは他にある。バカな陰謀論者の相手ばかりはしていられない。
私がコメントしているのは、「陰謀脳」に陥っていない「まともな読者」のため。

「逃げている」などとうぬぼれなさんな。
あんたのような低知能のバカを私が本気で相手にしているなどと考える人はいないよ。
私はこのコメントも、他の(外国の)ニュースを聞きながら、「ながら」でやっている。あんたには「ながら」以外の時間は使えない。
バカを相手にするのは、時間がもったいない。
あんた、ちゃんとした社会人なの? 学生? 高校生? 基礎の勉強をきちんとしないさい!

それから、「饒舌」なんて言うけれど、私は「かな入力」だから、キーボードを打つのが早い。ローマ字入力よりも二、三倍は早く打てる。

しょうもないコメントを何度もコピーしなくて結構!
だれもあんたのコメントなんて注目していないよ!


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c10

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
11. 晴れ間[1152] kLCC6orU 2016年7月27日 00:02:09 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[274]
ティエリ・メサンと同様に、ミシェル・コロンが「いかがわしい陰謀論者」だということが、一般の読者に伝われば、結構。
ある程度の知力がないと、この手の「いかがわしさ」を識別することはできない。(投稿者のレベルでは無理。)

欧州知識人の間では「鼻つまみ者」の、この手の陰謀論者に騙されてはいなけい。
フランスでは、こういう陰謀論に引っかかるのは「中学生レベル」の知力の持ち主。
ジャーナリストや作家や知識人の世界では、全く相手にされない。
学校の教員なら、何らかの処分が待っている。教育現場から外され、研修を受けさせられる。それで直らなかったら、解雇か退職だろうね。子供の教育上悪いからね。
阿修羅の陰謀論クオリティというのは、そのレベル。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c11

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
12. 晴れ間[1153] kLCC6orU 2016年7月27日 00:18:23 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[275]
>>8

私が引用している Wiki の記事を読めばいいだろう? そちらで「反論」してよ!
あんたとは比較にならない知性と知識のレベルの人たちが、「陰謀論者」のミシェル・コロンには「正当な評価」を下しているの!

Wiki の評価に「異論」を述べるなり、記事の修正や訂正を求めればいい。加筆すればいい。
それが拒否されると、陰謀論者は「ユダヤ人ガ〜!」と叫んでいる。あんたも同じ事したら?

それからね、ユダヤ人といっても定義は様々なの。信仰を持っていない人、捨てている人も多い。混血も進んでいる。
そういうしょうもないことを私に言いなさんな。あんたの相手をするのは時間がもったいない。

妙な反ユダヤ主義者がまた出てきているが、こういうのも相手はしない。キ○○○の相手をするヒマはない。バカバカしい。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c12

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
13. 晴れ間[1154] kLCC6orU 2016年7月27日 00:31:05 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[276]
「反ユダヤ主義」というのは、antisémitisme のこと。直訳すれば「反セム主義」だが、実際には(アラブ人等は除外して)もっぱら「ユダヤ人差別」という意味で使われている。
「ユダヤ人」と「ユダヤ教徒」も、宗教離れが進んでいる今日、重ならない。
インテリは大抵、無神論者。

>>8 は、パリの労働組合会館に行って、なぜミシェル・コロンが「ファシスト」だとして抗議行動の対象になっているのか、聞いてくればいい。(英語のメールくらい送れるだろう?)
あんた、「ファシズム」の意味も中身もわかってないんだろう?
ミシェル・コロンを正しく理解したかったら、その批判者の意見に耳を傾けること。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c13

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
14. 晴れ間[1155] kLCC6orU 2016年7月27日 00:39:27 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[277]
>>13
> その批判者の意見に耳を傾けること。

⇒「耳を傾ける」くらいでは駄目だな。ファシズムや反ユダヤ主義関連の専門書(洋書) を何冊も読むくらいのことはしないとね。知力の差があり過ぎると「話」が成り立たない。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c14

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
21. 晴れ間[1156] kLCC6orU 2016年7月28日 00:39:31 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[278]

脳タリンは残念だったね! 何か意味のあるものを投稿したと思っていたら、とんでも陰謀論でしかないことが暴露された。
陰謀論者のサークルに引っ込んでいれぱよい。

次回からは「カルト板」に投稿すること。「国際板」はあんたの来るところじゃない。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c21

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
22. 晴れ間[1157] kLCC6orU 2016年7月28日 07:04:34 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[279]
資本主義や新自由主義を批判するにせよ、植民地主義や帝国主義を批判するにせよ、金融寡頭制や人種主義を批判するにせよ、その方法と方向性が建設的でポジティヴなものであればいいのですよ。

陰謀論はネガティヴでニヒリストです。建設的な思考を奪い、害悪を撒き散らします。陰謀論で「嘘」や「妄想」を撒き散らして、それが「問題解決」に資するところがありますか?

陰謀論は、欧米では「反ユダヤ主義」(ユダヤ人への"人種"差別) と結びついた「極右」と相場が決まっています。「反ユダヤ主義」とファシズムは、二つの車輪のように繋がっています。

現代の「反ユダヤ主義」は「反シオニズム」と「反イスラエル」「反CIA」を「表看板」にしています。前者と、後三者は、別のものです。知力の劣る陰謀論者には、それが分かりません。
イスラエルやCIAや国際金融支配体制を批判しても、それを人種差別にしてはいけません。大半のユダヤ人は「庶民」「一般人」です。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c22

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
27. 晴れ間[1158] kLCC6orU 2016年7月28日 20:23:47 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[280]
>>23
> ミシェルコロンが「言っていること」の何が間違っているのかを論理的に否定しないと [...]

あのね、ミシェル・コロンというのは、有名な陰謀論者なのですよ。私がリンクを貼っている Wiki にも、その陰謀論を批判するジャーナリストや学者の評価が幾つも載っています。それを見ればいいことです。
脚注も沢山ついていますから、それを辿れば、批判の根拠もわかります。

それから「陰謀論者」というのは、一種のキ○○○なんですよ。もともと頭がおかしい人たち。「議論は不可能」な人たち。

私のコメントはあくまでも、陰謀論を疑っている人たち、陰謀論に陥っていない人たちを対象にしています。想定している「読者」は、正常な理性の働きを保っている人たちです。

テロが起きるたびに「偽旗だ」「自作自演だ」「背後にはイスラエル/ユダヤ人/CIAがいる」と喚いている人たちというのは、すでに脳がおかしくなっています。
こんな人たちを相手にするヒマは、私にはありません。私は精神科医ではありません。なぜ私がキ○○○を相手にせねばならないのですか。

理性的にものを考える人たちが、陰謀論者の「嘘」や「デマゴギー」に気付いてくれれば、それでいいです。「陰謀論」が「現代の反ユダヤ主義」という事実を知ってくれればいいです。
大事なのは「気づき」なんです。

平気で「嘘」を一つつく人は、幾つでも嘘をつきます。
幻覚が一つ見える人は、いくつでも幻覚が見えます。

発言の中に「嘘」が一つでも混じっていれば、その発言全て、その発言者の発言全て、発言者自身を、その「人格全て」を、「嘘の塊」とみなしていいのです。
彼らの発言は「デマゴギー」でできています。

「反ユダヤ主義の陰謀論者」の一人である HJMAZIN なんかも、自分の正当性を証明しようと必死になっているのでしょうが、放っておけばよろしい。
ミシェル・コロンのような「札付きの陰謀論者」を持ち上げたことに対して、反省の欠片もない陰謀論者ですから。

彼らを擁護したいのであれば、あなたが勝手に慰めてあげて下さい。私は知りません。キ○○○とは関わりません。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c27

[議論31] 「平和の家」と「戦争の家」。 「イスラムは平和の宗教」の"嘘"。 晴れ間
5. 晴れ間[1159] kLCC6orU 2016年7月28日 20:55:58 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[281]
>>4

下らんことを言いなさんな。私は無神論者で左翼でフェミニスト。あらゆる宗教に反対している。特に「女を抑圧する宗教」には反対している。
日本には、イスラムについて幻想を持って入る人が多いようだから、事実を知らせるのがよい、と思っている。

知識人を中心に、棄教するムスリムも増えている。イスラム原理主義者に親族を殺されたり、自身も亡命を余儀なくされたりした人が、何十万人もいるからね。「こんな宗教、おかしい」と思わない方がおかしい。

イスラムを信仰したいのであれば、私的な領域に留めよ、というのが「世俗主義」の考え方。これ以外に、「社会の安全」と「個人の(思想信条・信教の) 自由」を調和させる方法はないだろう。

あなたやあなたの家族が、ムスリムの女と結婚しようと思えば、男は「強制的に改宗」させられるよ。子供も一家総出でムスリムにされて、「棄教は死罪」。
毎年何千人ものフランス人の男たちが、泣く泣くムスリムに改宗させられている。
あなたが女なら、キリスト教とユダヤ教のみ、大目に見られる。(改宗しなくてよい。) (イスラム圏の国々の法律がそうなっている。男女の扱いの違いは「女は男に従う」とみなされているから。「従わない女は叩け!」とコーランにも書かれている。)
まあ、あなたが「イスラム大好き」なら、どうぞ御勝手に!

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/378.html
  「宗教批判」としてのイスラム批判は「ヘイト」ではない


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/381.html#c5

[国際14] なぜフランスばかり過激派に狙われるのか フランス国内で起きた3件のテロ事件に触れて  軽毛
32. 晴れ間[1160] kLCC6orU 2016年7月28日 21:37:05 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[282]
>>30
(私 :「即時空爆停止」の声が上がらないのは、フランスでは「テロ」の問題が「国内問題」だと捉えられているからだ。→)
> これは丸っきりのウソだろう。
> オランドは再三戦争状態にあることを宣言している。ゲリラ戦を仕掛けられているという自覚があると言い換えても間違いではない。」

⇒ 仁王像さんは、「思い込み」と「独断」が強すぎる。もう少し「クールに」「軽やかに」考えられないのかしら? 「事実」だけを淡々と追えばよい。

フランスは「戦争中」ですよ。ただし相手は通常の「主権国家」ではなく、「イスラム国」という「カルト集団」。
そしてISに加わったり、引き寄せられているのは、「フランス人」「フランス国籍者」なのです。多くは未成年者で、学業成績が振るわず、非行や犯罪に染みやすい「脳タリン」たち。

カルトだから、思考や行動が「異常」になり、親族の手にも負えなくなる。
今回、教会に押し入り司祭を殺した犯人の一人もそう。親や親族は、その「変化」(急進化)をどうすることも出来なかったのだそう。そうやって、多くの親が子供の「急進化」を国に届け出ている。(親はそれを望んでいない。)
今回の犯人の場合もそう。その家庭は、きわめて普通。(父親は建設業界で働き、母親は教員。姉は外科医、兄は情報技術者。カルトに狂ったのは本人だけ。) 
http://www.francetvinfo.fr/faits-divers/terrorisme/saint-etienne-du-rouvray/saint-etienne-du-rouvray-une-famille-tout-a-fait-banale_1565817.html

テロ犯の捜査に当たった司法当局の責任者(検事)も、犯人について「フランス語を話すフランス人」という言い方をしている。あくまでも「国民」扱いですよ。「ムスリム」なんて一言も言ってない。
だから、「国内問題」なんです。

その「カルト集団」を、まるで「主権国家」扱いしているのが、仁王像さん。どこがどう狂っているのかしら?


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c32

[国際14] なぜフランスばかり過激派に狙われるのか フランス国内で起きた3件のテロ事件に触れて  軽毛
33. 晴れ間[1161] kLCC6orU 2016年7月28日 21:53:15 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[283]
>>32

今回の教会テロが起きたのは、人口3万人に満たない静かそうな町。1959年から、もう60年近くも共産党市政が続いているから、人種差別も比較的弱かったはず。(人種差別の強い町なら、共産党市政にはならない。)
両親、親族とも平凡でも穏やかで安定した暮らしをしているから、経済的に困っていたわけではない。
ただ、できのいい姉や兄と比べ、本人には何か(「非行」に走るような) 問題があったのかもしれない。(これは私の想像。マスコミは何も言っていない。)

仁王像さんは、オウム真理教なんかにも抵抗はないのですか?


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/609.html#c33

[議論31] エマニュエル・トッド「戦闘的無神論の拡大がイスラム恐怖症の拡大につながり」というのが目新しい 仁王像
1. 晴れ間[1162] kLCC6orU 2016年7月28日 22:56:52 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[284]

> B被支配的状況にあるそのグループの内部での反ユダヤ主義の台頭
⇒ これはね、パレスティナ問題と関連しています。パレスティナ人への共感や支援が、イスラエルへの敵意と「反ユダヤ主義」を産み出しています。
特に、インティファダを契機にしてるかな。
教育程度の低い「大衆」は愚かですからね。真の原因を見ない。阿修羅の陰謀論者たちも同じ。

> C [...] ユダヤ系の者にとって、身の危険が増大するのが必至であるということ [...]
⇒ これは現実問題です。ユダヤ人を狙ったテロが頻発しています。「ユダヤ人」というだけで殺されるのは「恐怖」ですよ。
シャルリエブド事件の際に「イペール・カシェール(ユダヤ食料品スーパー)」が狙われたのもその一例。(他にも多発。ベルギーでも頻発。)
フランスには東欧のユダヤ人差別を逃れてきたユダヤ人が多く住んでいますが、近年は「反ユダヤ主義」の高まりに身の危険を感じて、毎年1万人近くのユダヤ人がイスラエルに移住しています。
阿修羅の陰謀論者も声高に「反ユダヤ主義」を広めていますから、この動きを後押ししていると言えます。

トッド自身、東欧出身のユダヤ系。私はこの人には、あまり(ポジティヴな意味で)「フランス人らしさ」を感じないな。
コミュノタリズムではなく、ユニウァーサリズムだからこそ、フランスは東欧のユダヤ人も多く受け入れたのですよ。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/386.html#c1

[議論31] エマニュエル・トッド「戦闘的無神論の拡大がイスラム恐怖症の拡大につながり」というのが目新しい 仁王像
2. 晴れ間[1163] kLCC6orU 2016年7月28日 23:44:53 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[285]
> 「戦闘的無神論」 [...]
> このような勢力が [...] 何故、仏に誕生したのか [...]
> 世界史の中の新しい現象ではないのか。

ルネサンスから啓蒙思想、フランス革命と辿っていけば、必然的にそうなります。
「蒙昧」を排して「理性」を重視するということは、「神の否定」に至りますからね。
デカルト的な論理的思考が重視される国です。大真面目に思想を突き詰めるんですよ。
カトリック教会が王権という「中世的権力」と結びついていたことも大きいです。これを倒さねば、民主主義の大きな第一歩」フランス革命は成し遂げられなかったのです。「
「世界史の中の新しい現象」かどうかは知らないけれど、「こんなの、当然でしょう?」というのが、私の感想。
ウクライナ出身の急進的フェミニズムの団体 FEMEN (フェメン) が、パリを根拠地にして活動しています。その中心人物たちは、ウクライナでキリスト教の十字架を打ち倒したりしたので、フランスに亡命を強いられたのです。フランスは「涜神無罪」の国。
https://sanscompromisfeministeprogressiste.files.wordpress.com/2015/01/10834948_442431212574785_5493369711656655657_o.png
https://carolinefourest.files.wordpress.com/2013/12/inna-ok.png
https://filoulaterre.files.wordpress.com/2015/02/2278104.jpg
この人はフランスの切手のモデルになったと言われている人ですが、画家の方はその急進性に怖れをなして否定しています。なにしろ「これからは...は皆、手紙を送るのに私の尻を舐めなきゃいけないのよ」なんて、平気で公言する人ですから。

「自由」になるには、まず「思考」を自由にすること。自分を解き放つこと。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/386.html#c2

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
32. 晴れ間[1161] kLCC6orU 2016年7月29日 16:07:54 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[284]
>>28
> [...] あくまで「可能性」の問題だよね。あなたが必死に陰謀論で片付けようとしている事象は可能性ゼロか?違うだろう?

⇒私は以前から言っているが、きちんとペンネームを使って、追跡可能な一貫した主張をしている者しか、相手にしない。匿名の卑怯者など相手にしない。
⇒ 単なる「可能性」の次元では、私は考えない。
単なる「可能性」というのは「想像」や「空想」や「妄想」でしかない。
私は「事実」にしか興味はない。「「想像」や「空想」や「妄想」は事実ではない。そんなものに何の意味がある? そんなものにしがみつくのは、陰謀論者だけだ。

> 常識のある脳で考えたらCIA なんて悪いことしてるに決まってるだろう。
⇒ それで? 「決まっていて」もいいではないか。
その「悪いこと」を「空想する」のが陰謀論者。その「空想」に何の意味があるのか?
「事実」は「空想」とは別に存在する。証拠資料が残っている限り、「事実」はいずれ明らかになる。それまで待てばよい。(公文書というのは、簡単には消せないんだよ。)
⇒ 私はCIAもイスラエルも肯定したことは一度もない。
「陰謀論者」と一緒に「妄想」をたくましくして時間を潰そうとは思わない。「陰謀論者」とのお付き合いなど、真っ平御免。

「反ユダヤ主義者」が登場しているようだから、あんたらはお仲間どうしで時間を潰せばよい。

>>29 は、「ミシェル・コロンさん」だってさ。「さん」付けで呼ぶとは、ね。
私はミシェル・コロンには「抗議デモ」を掛ける側の人間。ミシェル・コロンを「ファシスト」視する側の人間。
あんたら「陰謀論者」とは、立場が違うんだよ。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c32

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
33. 晴れ間[1162] kLCC6orU 2016年7月29日 16:43:19 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[285]
>>32

一人の人間の言動を、その一部のみ、数頁の印刷物のみ、数分の話のみで判断してはいけない。過去から現在までの全ての言動、全ての著作物、全ての発言禄、社会にいかなる影響を与えているか、総合的に勘案して考察し評価せねばならない。

ヒトラーだって、安倍晋三だって、文言の一部だけを切り取れば「至極まとも」なことを言っていると思われる場合もある。しかし、文言のほんの一部だけで、その業績ないし悪行が評価されることはない。

私が親切にも材料を提示してあげているのだから、それを精査した上で、ミシェル・コロンの評価を下せばよい。
ミシェル・コロンに否定的な評価を下しているジャーナリストや学者や社会活動家というのは、「文言の断片」ではなく、「総合的な評価」に立って判断し、行動している。
プラスに評価するか、マイナスに評価するかは、評価する人の立場によって違う。
私はマイナスに評価する人たちと同じ立場に立つ。
投稿者はプラスに評価しているのだろう。そういう投稿者に共感するところは、私にはない。

陰謀論者のおかげで、近年、フランスのユダヤ人は、年間一万人ほどがイスラエルに移住している。「ユダヤ人」というだけで、命を狙われ、殺されているからだ。「テロの標的」になっているからだ。ユダヤ人を狙ったテロは頻発している。身の危険を感じて移住している。イスラエルの政策、云々の次元の話ではない。
労働組合の活動家たちがミシェル・コロンを「ファシスト」視している理由もそこにある。イスラエルの政策云々ではなく、「殺人」に繋がっているからだ。

あんたら陰謀論者は、ユダヤ人が「テロ殺人」の標的になっているのが、そんなに嬉しいか? おぞましい連中だ。
あんたらが、ナチが闊歩する時代に生きていれば、あんたらは間違いなくナチ礼賛者になる。
ファシストというのは、どんな詭弁でも弄するものだ。人道主義や反植民地主義のレトリックで粉飾するくらい、彼らのお手の物だ。ファシストはデマゴーグなんだよ。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c33

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
36. 晴れ間[1163] kLCC6orU 2016年7月29日 22:25:43 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[286]
>>34
> シャルリーエブドの件だってミシェルコロンの主張が間違ってる証拠があるのか?
⇒ 「偽旗説」に立った時点で、あんたは「陰謀論者」! 「陰謀論者=低脳」。
「偽テロ」ではなく、リアルのテロだよ。
最近、陰謀論者は「偽旗だ、偽旗だ!」と以前ほどには騒がなくなったね。どうしてだ? もう少し騒いで、バカぶりを発揮し続けてはどうだ?

> フランス語のwiki張ってこれ見りゃ分かるだろって、フランス語読めるのがどれだけか想像もできない
⇒ 私は「一般教養」のレベルの話しかしていない。フランス語が読めなきゃ、英語に訳せ、とまで教えてあげている。英語は義務教育で習わなかったのか?
脚注を見れば、どういうピストを追えばよいかくらいは分かるだろう。文献の探し方も知らないのか? あとは自分で調べろ!


*----------------------------------*
>>35
> 移住先がイスラエルである必要はない。
⇒ 移住にはカネがかかる。住宅を提供してくれる移住先がそう簡単にあるはずがない。
なお、一部はさらにフロリダに移住してるよ。イスラエルは狭くて息が詰まるらしい。

> 念のために記載するが、殺人を見過ごせとは言っていない。
⇒ 事実上「見過ごせ」と言ってるに等しい。責任は、あんたら「陰謀論者」にある。殺人を幇助している。
⇒ 殺人だけでなく、「墓荒し」も起きている。犯人は中学高校生。あんたらと同じレベル。中学高校生の情報源は、陰謀論サイト。これもあんたらと同じレベル。国民教育省が警告を発するレベル。低学力で、知的な水準が低い層。

良識ある人々は「ミシェル・コロンさん」なんて、決して言わない。
あんたは「ヒトラーさん」と呼ぶのだろうね。その時点で、アウト。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c36

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
40. 晴れ間[1164] kLCC6orU 2016年7月30日 09:55:41 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[287]
>>38
> またまた言い掛かり。>>8の反論ができないから、レッテル張りの繰り返し。この指摘何度目だろうか。
> もういい加減うんざりしているのだけれど・・・」

⇒ 「うんざり」は誰も同じ。読者もそうだろうよ。
私も阿修羅の陰謀論者という低脳者たちと話す気はない。時間がもったいない。なんでこの私がバカやキ○○○の相手をしなければならないのか、としか思わない。

⇒ 「>>8の反論」?
反論する価値はないよ。「反ユダヤ主義者」は必ずそう言う。あんたの大好きな「ミシェル・コロンさん」が言ってるのと同じことを言う。それは「反ユダヤ主義者」のお決まりのレトリック。「隠れ蓑」なんだよ。
じゃあ、なぜ「ユダヤ教徒」や「ユダヤ人」はあんたの大好きな「ミシェル・コロンさん」に賛同しないのか? 「仲良くしよう」と言わないのか? ユダヤ人が「誤解してるだけ」とでも言うのか?

なぜ私が「反ユダヤ主義者のレトリックとデマゴギー」をまともに相手にしなくてはいけないのか?
あんたの大好きな「ミシェル・コロンさん」も嫌というほど言われているだろうよ。それでも人権派と反ファシストは、あんたの尊敬してやまない「ミシェル・コロンさん」に対して「抗議デモ」をかけ続けるだろう。


*--------------------------------------*
>>35
> 殺人事件は痛ましいが、それはフランスの事件であり、フランス社会が裁くべき犯罪、フランスが克服すべき社会問題であり汚点である。」

⇒ あんたは言うだろうよ。「ナチのユダヤ人虐殺は痛ましいが、それはドイツと欧州社会の事件であり、ドイツと欧州社会が裁くべき犯罪、ドイツと欧州社会が克服すべき社会問題であり汚点である」とね。
だからこそ、フランス人と欧州人は、あんたの大好きな「ミシェル・コロンさん」に対して「厳しい態度」を取り、その「反ユダヤ主義」と「陰謀論」を批判している。
まともなジャーナリストや報道機関は、あんたの大好きな「ミシェル・コロンさん」を全く相手にしないし、労働組合運動の活動家たちは「抗議デモ」を掛け、労働組合は会館への出入りを禁じている。
あんたの大好きな「ミシェル・コロンさん」を賞賛しているのは、あんたら「反ユダヤ主義の陰謀論者」だけだよ。


> イスラエル正当化に利用するのは言語同断である。
⇒ 私はイスラエルを正当化したことは一度もない。いつそのようなことをした?
命を脅かされたユダヤ人は、大西洋にでも飛び込め、とあんたは言うのかね?
デマゴギーはあんたの「本性」だね。そういうところも、あんたの大好きな、そして欧州の良識派からは「総スカン」を食っている「ミシェル・コロンさん」にそっくり。

⇒ ここには、例の「マルコポーロ事件」の当事者である「反ユダヤ主義者」を賞賛する「反ユダヤ主義者」が出没している。あんたもこの「反ユダヤ主義者」と全く同類だよ。「反ユダヤ主義者」どうし、よく気が合うだろうね。同類どうし、仲良くすればよい。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c40

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
41. 晴れ間[1165] kLCC6orU 2016年7月30日 10:23:07 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[288]
欧州のユダヤ人が命を狙われてること、テロの標的になっていることは、一般の日本人も知っているだろう。

シャルリエブド事件が起きたとき、同時にパリ市東部の「ユダヤ食品店」が襲われた。あれは、偶然あの店がテロ被害に遭ったのではなく、「ユダヤ人」が狙われたのだ。

その前年に、ベルギーのユダヤ博物館が狙われたのも、単に博物館が狙われたのではなく、「ユダヤ」関係だからだ。

死者が出ないレベルの事件は、もっと頻繁に起きている。ユダヤ人学校は常に「厳重な警備」付きだ。治安警察が張り込んでいる。

あんたら「反ユダヤ主義の陰謀論者」たちは、そのことに気がつかないのか? そして「偽テロだ」「CIAとイスラエルの仕業だ」と叫び続けるのか?

あんたら阿修羅の陰謀論者たちは言うだろうね。「イスラエルが悪いのだから、ユダヤ人が命を狙われても仕方ない」「パレスティナ人を殺しているのだから、お互い様だ」とね。
そして「ユダヤ教徒とイスラム教徒とキリスト教徒と無宗教者の間に、いずれも平和と相互理解が可能になることを望んでいるのです」という「反ユダヤ主義者」、陰謀論者の大好きな「ミシェル・コロンさん」のデマゴギー言葉を宣伝するのだろうね。


*-------------------------------------*

※ロシアのメディアの情報には「陰謀論」が多いことは、知っておかねばならない。イランやトルコも「親陰謀論」だ。
これらの国々に共通しているのは、「民主主義後進国」だという点だ。民主主義が未熟だから、政府や権力が信用できないという「哀しい事情」がある。日本もそれと似たようなもの。
政権交代がきちんと行われる社会とは、状況が違う。民主的な手続きで政権交代が行われる国では、情報を隠し続けることはできない。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c41

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
42. 晴れ間[1166] kLCC6orU 2016年7月30日 10:36:01 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[289]
>>41
> ロシアのメディアの情報には「陰謀論」が多いことは、知っておかねばならない。イランやトルコも「親陰謀論」だ。

⇒ 「フランスの陰謀論者の親玉」ティエリ・メサンも、ロシアやイラン等「陰謀論の祖国」では歓迎されている。
「ベルギーの陰謀論者の帝王」で、HIMAZIN が大好きな「ミシェル・コロンさん」も、これと同じ扱い。
アメリカに対抗する上で、二人とも「使い道」があるのだろうね。

しかし、そうした事情と、そこに「真実」があるか否か、発言者が信用できるか否かは、全く別の問題。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c42

[政治・選挙・NHK210] 宇都宮健児氏に聞く 「なぜ鳥越氏の応援しないのですか」(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
51. 晴れ間[1167] kLCC6orU 2016年7月30日 12:24:52 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[290]
この国は本当に「後進国」。「女性問題」というのが一人歩きしている。
週刊誌もだが、この女性夫婦というのもおかしい。カネでももらっているのか。

だいたい20歳にもなった女が、男の別荘に一人でノコノコ出かけて行く方がおかしい。この年頃なら、幾重にも予防線を張るのが普通だ。
「傷ついている」という夫とかの言葉にも笑った。女はなぜ「真相」を直接話さない? 例の弁護士局部切断事件のように、女が夫に嘘をつくケースもある。
存外のことがあったのなら、なぜそのときに裁判に訴えるなり何なりしなかった?
一般論だが、女は「過去の男」のことなんて、簡単に忘れるよ。未練たらしい男とは違う。「夫の話」というのがまるで信用できない。

それから男と女にことは、全てフィフティ・フィフティ。どちらか一方が100%悪い、なんてことはあり得ない。(ただしストーカー行為に及ぶ場合は別。)

そして売買春は別にして、政治家に「女性問題」「男性問題」を問うべきではない。誰と恋愛しようと、婚外関係であろうと、婚外子があろうと、何回恋愛や結婚を繰り返そうと、生涯独身であろうと、それは本人にのみ関わることで、他人が干渉することではない。
政治家に求められる資質は、そういう所にはない。

なぜ日本人は、そういう他人のプライヴァシーに頭を突っ込みたがるのだろう。
政治も後進国だが、男女関係も後進国だ。
誰もが、もっと自由な生き方ができる社会を目指すべきなのだ。
離婚しても、独身でも、既婚でも、生活苦にあえぐことなく、女が自由に生きられる社会を目指すべきなのだ。
男女が縛り合うのではなく、恋愛も離婚も「人生の肥やし」にできる社会に、日本がなるのはいつの日だろうか。女々しいのは男だけでよい。


http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/367.html#c51

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
46. 晴れ間[1168] kLCC6orU 2016年7月30日 13:02:30 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[291]
私は、阿修羅の陰謀論者たちが日常的にばら播いている「反ユダヤ主義」という「人種差別主義」は、徹底的に糾弾せねばならないと考えている。

イスラエルの外交政策を批判するのはよい。
しかしそれをなぜ「ユダヤ人一般」と結びつけるのか。「ユダヤ人差別」、従って「特定人種の抹殺=殺戮」の肯定と再生産を繰り返すのか。
イスラエルもそろそろ米国離れをせねばならないことを自覚し始めている。ロシアに接近しようとしている。
それでも、阿修羅の陰謀論者たちは「ユダヤ人ガ〜!」と叫び続けるのだろうか。


>>43
> 私が言っているのは、パレスチナおよびアラブ・イスラーム世界に押し付けるなということ。
⇒ わたしがいつ「パレスチナおよびアラブ・イスラーム世界」に「何」を押しつけた?
私は「全体主義宗教としてのイスラム」は批判しているけれども、ユダヤ人差別をムスリムに押しつけたことは一度もない。
イスラム過激派がユダヤ人にテロ殺戮をかけていることは「事実」だけどね。

そもそも私は、全ての宗教に批判的だ。ユダヤ教もキリスト教も、肯定したことはない。
HIMAZIN は「突拍子もないデマ」をよく言うものだ。さすがに「札付きの陰謀論者」、西欧の良識派は誰も支持しない「反ユダヤ主義者」である「ミシェル・コロンさん」が大好きなだけのことはある。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c46

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
47. 晴れ間[1169] kLCC6orU 2016年7月30日 13:25:27 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[292]
陰謀論者というのは、世界基準、欧州基準では、「極右」に位置する。アンティセミティズム(ユダヤ人差別) というのは、西洋では伝統的に「極右」の思想だ。

欧州の左翼は、「ユダヤ人差別」を徹底的に批判するのが常である。(批判しない人がいれば、その人は「左翼」ではない。)
フランスのCGTの労働組合活動家たちは「左翼」で「反ファシスト」であることを自任しているから、HIMAZIN が大好きな「ミシェル・コロンさん」に対して抗議デモを掛けている。「ミシェル・コロンさん」が労働組合会館に出入りできないよう、組織的な措置を取っている。

HIMAZIN というのは、左翼と右翼の違いが分かっていないようだ。識別能力がないのかもしれないが、自分の「反ユダヤ主義=極右思想」を誤魔化すために、とぼけているのかもしれない。

やや「専門的な話」になるが、過去において欧州左翼にもアンティセミティズムは存在した。「ユダヤ人=カネ」というステレオタイプが存在したからだ。カール・マルクスの思想の中にもアンティセミティスムは存在する。(彼自身、ユダヤ系なのだが。)
しかしそれがナチによるユダヤ人虐殺につながった。だから今では過去の反省の上に立って、欧州左翼は「反ユダヤ主義」を強く批判している。これは左翼の「原則」なのだ。
「反省」を知らないのが、極右の「反ユダヤ主義」をばらまいている阿修羅の陰謀論者たちだ。

阿修羅読者は、十分注意されたい。陰謀論者がばらまく「反ユダヤ主義」を無批判に受け入れてはいけない。
私は「暇人」ではないので、HIMAZIN とのこれ以上の付き合いは御免こうむる。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c47

[政治・選挙・NHK210] 宇都宮健児氏に聞く 「なぜ鳥越氏の応援しないのですか」(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
54. 晴れ間[1170] kLCC6orU 2016年7月30日 14:04:54 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[293]
>>52

合宿って、教師と学生が二人きりでするものなの?
しかも私大でしょ?
国立で大学院クラスでないと、学生一名なんてことはないよ。
そういう場合は、別荘は使わない。


http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/367.html#c54

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
49. 晴れ間[1171] kLCC6orU 2016年7月30日 19:00:11 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[294]

ユダヤ人を襲撃するテロ犯には、黒人が多い、というのが私が以前より抱いている印象なのだが、単なる偶然なのだろうか。私の「思い過ごし」なのだろうか。
2015年1月にシャルリエブド事件とほぼ同時に起きた「ユダヤ食品店イペール・カシェール」での人質立てこもり事件(死者5名、負傷者9名) の犯人も黒人だった。
その翌月にニースで起きたユダヤ人センター襲撃の犯人も、黒人だった。(このときは死者は出ず、軍人3人が怪我をした。)

テロの犯人には、一般の犯罪歴(窃盗・暴力行為等) を持つ者が多いが、「反ユダヤ主義」という点で見過ごすことができないのが、黒人のお笑い芸人(コメディアン)デュドネである。 シャルリエブド事件の際に、お笑い芸人までがも警察の取り調べを受けたというので、日本のマスコミでは「過剰反応」視するような論調があったように記憶する。
しかし実際には、デュドネの場合は、決して見過ごすことのできない側面を有している。「ファシズム」との近似性があるのだ。
デュドネはムスリムではなく、キリスト教徒である。彼の娘の洗礼では、人種差別主義の極右政党「国民戦線」の創設者ジャンマリー・ルペンが「代父」の役割を引き受けている。(代父は、実父の代理として、子供の成長をずっと見守る役目をもつ。従って、家族同然の近さである。)

そのほかに、Wiki のデュドネの頁には、フランスの「陰謀論者にして反ユダヤ主義者の親玉」アラン・ソラルや、欧州議会議員選挙で共に立候補した「反ユダヤ主義党」の創設者にして「在仏シーア派ムスリムの指導者」という人物の写真も載っている。

そして極めつけは、「ラ・クネル」la "quenelle" と言う、彼が舞台でやる十八番のポーズである。このポーズを取りながら、彼は「イスラハイル」と叫ぶ。イスラエルと「ハイルヒトラー」を合わせた造語だ。このポーズは「反ユダヤ主義」だけでなく「男色」も表現していると言われる。(「尻に突っ込むぞ!」)

かつて舞台だけでなくテレビ番組でも人気者であったデュドネも、反ユダヤ主義を露骨に示すようになって以来、テレビ局からは完全に干された。(自分で劇場を所有しているので、出演はそちらで。) 
しかしインターネットで、この「クネル」のポーズは中学高校生の間で無数にダウンロードされているという。

Wiki には、この「クネル」のポーズの写真が載っている。(画面下の方)
https://fr.wikipedia.org/wiki/Dieudonn%C3%A9#Premi.C3.A8res_ann.C3.A9es_de_sa_carri.C3.A8re_d.27humoriste

別の記事(フィガロ)には、このポーズを取ったデュドネが、「反ユダヤ主義と陰謀論者の親玉」 アラン・ソラルと並んで写っている、「反シオニスト党」の選挙ポスターの写真(2009年欧州議会選挙) が掲載されている。(右端にいるのがアラン・ソラル。)
http://www.lefigaro.fr/actualite-france/2013/12/30/01016-20131230ARTFIG00404-d-o-vient-la-quenelle-de-dieudonne.php

お笑い芸人のたった一つのポーズからも、一つの「思想」が見えてくる。
「ファシズム」「ハイルヒトラー」「反ユダヤ主義」「人種差別」「陰謀論」「極右」は、全て繋がっているのである。
「陰謀論」と「反ユダヤ主義」は「同根」であり、共に「極右思想」なのである。

「反ユダヤ主義」を唱えながら、はしゃぎ、笑い合う。ユダヤ人の墓を荒らして遊ぶ、脳タリンの中学高校生だけではない。阿修羅の陰謀論者も同じである。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c49

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
50. 晴れ間[1172] kLCC6orU 2016年7月30日 19:29:47 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[295]

>>49 のコメントは、「議論板」に別途独立させて、投稿した。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c50

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
51. 晴れ間[1173] kLCC6orU 2016年7月30日 19:31:44 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[296]
>>50

⇒ http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/388.html
   黒人のお笑い芸人デュドネの「反ユダヤ主義」と「陰謀論」


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c51

[国際14] トルコ 外交官88人解雇「ギュレン教団に関与」〜職員の一人は日本に逃亡/nhk 仁王像
1. 晴れ間[1174] kLCC6orU 2016年7月30日 19:40:37 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[297]
「ギュレン教団」というのは、実体はあるのでしょうが、単なる表向きの口実のようです。
実際には、何ヶ月も前から、著名な人も含め、自由派ジャーナリストのパージが行われ、続いていたそうです。
この際、体制に都合の悪い「反対派」を一門打陣にする、ということのようです。
「独裁体制」に向かっていますね。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/742.html#c1

[議論31] 地球上にはさまざまな「特殊」があるだけで、「普遍」は存在しない。西欧文明もまた一つの「特殊」である/西尾幹二 仁王像
1. 晴れ間[1175] kLCC6orU 2016年7月30日 20:26:26 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[298]
「つくる会」の西尾幹二。長谷川三千子。ものすごい極右思想の持ち主のオンパレードですね。矢野暢って、あのセクハラ事件の?


> ≪to internationalizeの驚くべき意味≫ ???
⇒ あまり一般的な語ではありませんね。単なる国際協定用語? 日本の指導層か支配層が、意図的に引っ張ってきた語でしょう。
英語は、動詞の語尾に "-ize" を付けるだけで「...にする」という意味を付けられますからね。
こんな語の使い方をしたのでは、本来の「○○語」らしい表現はできません。
それに、単なる「上からの政策」で、人の心を開くことはできません。


私は "internationaliste" (国際主義者)。
日本でも有名な労働歌「インターナショナル」"L'Internationale" は、19世紀末に作られたフランスの「革命歌」です。(作詞・作曲ともフランス人。)
シャルリエブド事件で殺された漫画雑誌の編集長シャルブの葬儀では、「インターナショナル」がお別れの曲として流されました。
https://www.youtube.com/watch?v=8icXaMtT9lA

会場の人たちが「こぶし」を振り上げているのがわかりますか? 肘は曲げます。
これは「反ファシズム」のポーズなんです。(ナチやファシストの、ファシスト党指導者に敬礼する際の、腕を真っ直ぐ伸ばしたポーズに対抗。) 1930年代に、ドイツからフランスに逃げてきた反ファシストたちが、このポーズをフランスに伝えました。そして今では、世界中に広がっています。

私が好きなのは、この種の「国際主義」。
排外主義の極右は嫌ですね。「つくる会」はそういう集団です。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/387.html#c1

[国際14] トルコ 外交官88人解雇「ギュレン教団に関与」〜職員の一人は日本に逃亡/nhk 仁王像
2. 晴れ間[1176] kLCC6orU 2016年7月30日 20:41:31 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[299]
訂正  一門打陣  → 一網打尽


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/742.html#c2

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
59. 晴れ間[1177] kLCC6orU 2016年7月31日 05:45:12 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[300]
>>49

私は、ぼかした書き方をしたが、黒人がユダヤ人を狙う傾向があるのには、歴史的な背景があるようだ。(「ようだ」というのは、確信をもって書けるほどの文献資料を私が持っていないためである。「黒人」については私の専門領域に入ってこないので、十分よく知る機会がない。)

黒人は、欧州社会において、人種差別の階梯において、おそらく最下位に置かれてきた。白人からの差別対象であっただけでなく、アラブ人からも差別されていた。中東や北アフリカで、かつて黒人は「奴隷」だった。(フランスの旧植民地では、奴隷解放は1848年の二月革命の際に実施された。黒人を奴隷として使役していたのは、アラブ人[ないしトルコ人やマグレブ人等の現地人] である。それを「白人」のフランス人が解放した。)  サウジアラビアや湾岸諸国で、アジア出身の家事労働者が腕を切り落とされる等の残虐や待遇を受けることがあるのも、この奴隷制の過去があるためかもしれない。中東で奴隷制が廃止されているのか否かについては、私は知らない。少なくとも1980年代には奴隷制は存在していると聞いた。

これに対し、黒人芸人デュドネは、黒人を最上位に置く「上下逆の人種主義」を展開している。(平等に横に並べないので、人種差別主義であることに変わりはない。)  デュドネの主張では、欧州人がアフリカとアメリカ新大陸で奴隷貿易を行っていた時代に、ユダヤ人がこれに関わっていたという。商業活動で「奴隷」が貿易品目となり、ユダヤ人が貿易業務に進出していたのであれば、可能性として否定できないであろう。しかしそれが事実であるのか、どの程度の規模であったのかについて、「専門外」の私は知らない。

いずれにせよ、黒人芸人デュドネの「反ユダヤ主義」には、黒人差別の歴史が反映されているようだ。
そしてその「反ユダヤ主義」の言説が、「お笑い芸」という大衆文化や「陰謀論」によって、広がっていく。「憎しみ」が再生産されていく。
黒人にとって、「反撃することのない、弱いユダヤ人」は、白人以上に「攻撃しやすい」対象なのである。重層的な差別の構造が、そこにはある。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c59

[議論31] 黒人のお笑い芸人デュドネの「反ユダヤ主義」と「陰謀論」 晴れ間
1. 晴れ間[1178] kLCC6orU 2016年7月31日 05:50:38 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[301]
「国際板」での関連コメントを、以下に転載する。

*---------------------------------------*

私は、ぼかした書き方をしたが、黒人がユダヤ人を狙う傾向があるのには、歴史的な背景があるようだ。(「ようだ」というのは、確信をもって書けるほどの文献資料を私が持っていないためである。「黒人」については私の専門領域に入ってこないので、十分よく知る機会がない。)

黒人は、欧州社会において、人種差別の階梯において、おそらく最下位に置かれてきた。白人からの差別対象であっただけでなく、アラブ人からも差別されていた。中東や北アフリカで、かつて黒人は「奴隷」だった。(フランスの旧植民地では、奴隷解放は1848年の二月革命の際に実施された。黒人を奴隷として使役していたのは、アラブ人[ないしトルコ人やマグレブ人等の現地人] である。それを「白人」のフランス人が解放した。)  サウジアラビアや湾岸諸国で、アジア出身の家事労働者が腕を切り落とされる等の残虐や待遇を受けることがあるのも、この奴隷制の過去があるためかもしれない。中東で奴隷制が廃止されているのか否かについては、私は知らない。少なくとも1980年代には奴隷制は存在していると聞いた。

これに対し、黒人芸人デュドネは、黒人を最上位に置く「上下逆の人種主義」を展開している。(平等に横に並べないので、人種差別主義であることに変わりはない。)  デュドネの主張では、欧州人がアフリカとアメリカ新大陸で奴隷貿易を行っていた時代に、ユダヤ人がこれに関わっていたという。商業活動で「奴隷」が貿易品目となり、ユダヤ人が貿易業務に進出していたのであれば、可能性として否定できないであろう。しかしそれが事実であるのか、どの程度の規模であったのかについて、「専門外」の私は知らない。

いずれにせよ、黒人芸人デュドネの「反ユダヤ主義」には、黒人差別の歴史が反映されているようだ。
そしてその「反ユダヤ主義」の言説が、「お笑い芸」という大衆文化や「陰謀論」によって、広がっていく。「憎しみ」が再生産されていく。
黒人にとって、「反撃することのない、弱いユダヤ人」は、白人以上に「攻撃しやすい」対象なのである。重層的な差別の構造が、そこにはある。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/388.html#c1

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
60. 晴れ間[1179] kLCC6orU 2016年7月31日 07:19:10 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[302]
黒人のドュドネに、ジャンマリー・ルペンとアラン・ソラルその他の「反ユダヤ主義者」が繋がっている点を、再度確認しておきたい。
人種差別主義の極右政党「国民戦線」の創設者であるジャンマリー・ルペンは、「ガス室否定論」を唱えることで物議を醸した。
アラン・ソラルは、「平等と和解」Égalité et Réconciliation という、極右団体の創設者である。「平等」などと一見左翼的な言辞を使っているが、キリスト教徒と国粋主義者とムスリムの結束を訴えつつ、ユダヤ人を排撃する「反ユダヤ主義」の団体であることに変わりはない。政治思想の専門家も、一般知識人も、この団体を「極右」とみなしている。そのホームページはおどろおどろしく、正常な感覚を持った人間なら、思わず目をそむけたくなるほどである。この団体も「陰謀論者の巣」である。

フランスの代表的な陰謀論サイト「ヴォルテール・ネット」(フランス語では「レゾー・ヴォルテール」) の創設者であるティエリ・メサンもまた、フランスの陰謀論者の巨頭である。(同団体の組織自体はその後変わっており、フランスでは現在存在していない。活動拠点も、メサンと共に、中東に移っている。)  この団体も「自由」とか「解放」とかいう言葉が好きなのだが、陰謀論と「反ユダヤ主義=ユダヤ人差別」の流布拠点である。

メディア露出も著書も多いフランスの著名な女性ジャーナリスト、キャロリーヌ・フレストは、ミシェル・コロンを「ベルギー陰謀論者の帝王」と呼んだ。ミシェル・コロンが表向きどれほど「平等」とかの言葉を使おうとも、ユダヤ人への憎しみをばらまく「反ユダヤ主義者」である限り、ミシェル・コロンが「人種差別主義者」である事実に変わりはない。「"パラノイア的に" 陰謀論をがなり立てる陰謀論者」が「極右の反ユダヤ主義者」であることに変わりはない。

「左翼歴」を自慢しながら極右政党「国民戦線」創設者とも人的・思想的に近いアラン・ソラルも、ティエリ・メサンも、黒人芸人デュドネも、言葉でどのように「粉飾」しようとも、「反ユダヤ主義の陰謀論者」にして「極右」なのである。
だからこそ、フランスの主要メディアでは、彼らは事実上パージを掛けられている。ミシェル・コロンの場合は、労働組合組織からも公式に「出入り禁止」措置をかけられており、「ファシスト」であるとして、左翼的な反ファシズムの立場に立つ労働組合運動活動家たちからの抗議デモの対象になっている。
フランス語には「ファシスト」だけでなく「ファクシュー」(ファシズム傾向) という言葉があるのだが、これらの団体は「ファクシュー」であると(専門家から) 指摘・定義されている。(「ファシズム」「ファシスト」となると、もっと厳密な定義が要る。)

「人種差別」を唱える者は、口先でいくら「平等」や「和解」や「相互理解」を唱えようとも、政治的には「極右」なのである。
彼らの言う「平等」や「和解」や「相互理解」が、「自己正当化を図るための単なるレトリック」に過ぎないことを、専門家ではない者たちも認識せねばならない。「極右の反ユダヤ主義者」の「レトリック」に騙されてはならない。ナチがデマゴギーにより大衆を扇動したことを忘れてはならない。

そして「人種差別」としての「ユダヤ人差別」は、最も悪質な「差別の中の差別」なのである。ミシェル・メサンが本当に人種差別主義者でないのなら、「ユダヤ人を人種差別する,反ユダヤ主義者」でないのなら、当のユダヤ人がその主張を認めて彼に接近するであろう。しかしそうではない。逆に、ジャーナリストや学者からは冷たい目で見られ、「陰謀論のパラノイア」扱いされ、「反ファシズム」の立場に立つ労働組合活動家からは抗議デモを掛けられる存在である。そのことは、「事実」と「真実」がどこにあるか、ということを如実に示している。彼は明らかに「ファクシュー」なのである。
「陰謀論者」は「極右」であり、その脳(陰謀脳) は「パラノイア」的である。

阿修羅の一部の投稿者とコメント者の言動もまた、その「パラノイア」ぶりを証明している。

http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c60

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
61. 晴れ間[1180] kLCC6orU 2016年7月31日 12:31:38 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[303]
>>60

訂正   ミシェル・メサン  →  ミシェル・コロン


※ なお、ティエリ・メサンは、「9.11テロ陰謀論」を最初に唱えた人物で、「陰謀論界の超大物」、有名人である。



http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c61

[政治・選挙・NHK210] 宇都宮健児氏に聞く 「なぜ鳥越氏の応援しないのですか」(日刊ゲンダイ) 赤かぶ
64. 晴れ間[1181] kLCC6orU 2016年7月31日 16:40:35 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[304]
>>60
そもそも私は週刊誌なんてものは読まない。そういう「低級」な媒体を読む時間もなければ興味もない。だから、そんなものを読んで真偽を確かめよう、なんて発想がない。
あんたはなんでそんなつまらないコメントをするのだろうね。つまらないことに関心を持つのだろうね。



http://www.asyura2.com/16/senkyo210/msg/367.html#c64

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
62. 晴れ間[1182] kLCC6orU 2016年7月31日 17:12:05 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[305]
>>60

「ファクシュー」factieux, se の言葉についての説明追加。
フランス語の辞書(日本の仏和辞典) では、「秩序破壊をもくろむ」(adj.)、「叛徒」「破壊分子」(n.) 等の訳語が当てられている。
私は比較的新しい文献(20世紀以降のもの)を読むので、ファシクューの語源についてよく知らなかったのだが、 古くは15世紀に遡るようだ。

しかし、少なくとも20世紀の用法としては、政府に対して暴力的なやり方で立ち向かう傾向や集団、個人のことを指している。具体的には「ファシズム的な」「街頭で暴れ回る」"極右" のことである。
労働組合や左翼政党の活動家等の「左翼」に対しては、この語が使われることはない。
次のWeb.辞書では、フランスでは1937年に現れた用法がまず記載されている。ファシズムの時代、街頭で極右集団が暴れていた時代の用法である。
http://www.cnrtl.fr/definition/factieux

陰謀論に関するフランスの専門家の記述では、20世紀的な意味で、この語が用いられている。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c62

[国際14] ワシントンへの隷属ゆえ、ヨーロッパは絶望的なのだろうか?(マスコミに載らない海外記事) 赤かぶ
1. 晴れ間[1183] kLCC6orU 2016年7月31日 18:23:11 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[306]

Paul Craig Roberts ⇒ この人は、「マスコミに載らない海外記事」の書き手の中でも、最も良質の人だ。

> 数年前、EUは、CIAの構想だったことを証明するCIA文書が公開された。」

⇒ この部分は重要だ。陰謀論者は、よ〜く読むがいい。
「公文書」というのは、一定の時間が過ぎて時期が来れば、「公開」されるのだよ。全てが残らなくても、「後世のために」残すべきものは残される。
⇒ 私が「陰謀論者の妄想や空想」よりも、「当局」が集める情報とその記録の方を信用する、と言う根拠もそこにある。

妄想をたくましくするヒマがあったら、そして狂った脳になりたくなかったら、「公文書」を残す側、判断し采配する側に回って「真相」をつかめばよい。
テロ対策(対テロ戦争) の最前線は、火器を携えてドンパチやる場所ではない。情報工学を駆使した「情報戦」の空間である。情報の収集と分析には、文官的な能力が要求される。
しかし、陰謀脳のままでは、情報の分析官の採用試験には合格しないだろう。

⇒ ただし、「CIAの構想」と重なる部分もあったかもしれないが、一義的には欧州人の発意でもあった。(ドゴール派も旧親ソ派も、CIAに与するわけがない。)
欧州人は米国に支配されたくなんかない。ドルに支配されたくないから、ユーロを作った。
情報というのは、一つの情報ではなくて、多方面から収集せねばならない。
CIAの一文書は「一利害関係者」の単なる一文書に過ぎないのである。その有効性と信頼性は証明されていない。いずれ欧州人の文書が公開されるであろう。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/738.html#c1

[議論31] 地球上にはさまざまな「特殊」があるだけで、「普遍」は存在しない。西欧文明もまた一つの「特殊」である/西尾幹二 仁王像
3. 晴れ間[1184] kLCC6orU 2016年7月31日 19:29:10 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[307]
「つくる会」について、御存知の人には説明するまでもないでしょう。
「新しい歴史教科書をつくる会」。「自虐史観」の立場に立ち、日本で最右翼の歴史修正主義を展開している極右勢力です。
まともな歴史学者は一人も参加していません。ひどすぎるので、伊藤隆も距離を置きました。こういう歴史観を共有すると、日本の「進歩的な歴史学界」の中では居場所はありません。「日本会議」となら「親和性」が強いので、対話が成り立つでしょう。

どうすれば、こういう極右思想と同調するようになるのでしょうかね?
いすぜれにせよ、「時代についてゆけない者」は去りゆくのみ。
それとも、「自爆テロ」でもしますか?


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/387.html#c3

[議論31] 地球上にはさまざまな「特殊」があるだけで、「普遍」は存在しない。西欧文明もまた一つの「特殊」である/西尾幹二 仁王像
4. 晴れ間[1185] kLCC6orU 2016年7月31日 20:40:38 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[308]
欧州では基本的に、日本で言う「国際化」などという言葉は使われない。
長谷川三千子という籾井体制下NHKの経営委員でもある「極右思想」の持ち主が、"international" に "-ize" をつけただけの言葉に対して、偏狭な解釈を開陳している。
英語の言葉なんて、どんな風にでも「造語」可能なのである。言葉は生き物である。その意味は刻々と変化する。
同じ言葉は、フランス語では19世紀の半ばに出現している。"inter-" とは「〜間の」という意味である。つまりこの場合は「国民国家の枠を越えて」「国境線を越えて」 という意味になる。例えば、国際紛争等に関して、一国家の枠内で問題解決できず、複数の国家が関与せねばならない場合に、この "internationalize/internationaliser" という言葉が用いられる。
この言葉をして「他国の領土を二か国以上の共同統治または保護下に置く、がこの語の本来の意味である」として「西洋による国際支配」という限定解釈をしてみせたのが長谷川三千子であるが、自分の思想の枠に合わせた単なる「こじつけ」である。本来の意味はそんなに偏狭なものでも単純なものでもない。

典型的な用例としては、紛争等が一国内で済まず(/起きず/解決できず)、複数の国家・地域に関係する場合にも、この語は使われる。
次の Web 辞書は、キプロス、ジンバブエ、マレーシアで同時に起きた危機(1964年) を、用例として挙げている。(こちらの方が、言葉の用例としては適切であろう。)
http://www.cnrtl.fr/definition/internationaliser

この語は、国際関係の問題に関してだけでなく、モノや文化一般が一国の枠を越えて広がる場合にも使われる。例えば、日本料理が海外で独自に発展する場合にも、その広がりは「国際化」と呼ばれ得る。
言葉を「恣意的」「極右流」に解釈して、それのみを前面に押し出すのは、ある種のデマゴギーである。

日本文化と日本社会の中に閉じこもり、自画自賛を繰り返したいのであれば、「つくる会」や「日本会議」に参加すればよい。「尊皇攘夷」を叫んで日本刀を振り回したり、嫌韓デモで日の丸を振る人間は、いつの時代にもいる。「鎖国」の主張は、それと同類である。
現在の世界がどこに向かっているのか、人類がどの方向に歩んでいるのか、不安感に駆られる人もいるであろう。しかしだからといって、自国内に閉じ籠もって、他国や海外は見るな、というのは、どう見ても不合理である。健全で「前向き」の見方が不可能になる。問題解決も不可能である。
(ただし、自分の身の回り、半径数メートル程度の視野しか持たない人は存在する。)

ダーイッシュ、「イスラム国」に自分の幻想を託しても、所詮は「幻想」なのである。「真実」も「現実」も、そこにはない。
根拠のない「幻想」を抱いて生きるよりも、辛くても「事実」を「直視」する方がよい。
「辛い」などと思わず、積極的に立ち向かうことである。「異なること」「新しい発見」を楽しむことである。
そもそも、「異文化」と全身で格闘した人でなければ、「異なっていること」の意味は分からないのである。
自分が「本当は何者なのか」「本当は何を望んでいるのか」も分からないのである。「異文化」は自分にとって「試金石」なのである。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/387.html#c4

[議論31] 地球上にはさまざまな「特殊」があるだけで、「普遍」は存在しない。西欧文明もまた一つの「特殊」である/西尾幹二 仁王像
5. 晴れ間[1186] kLCC6orU 2016年7月31日 20:54:20 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[309]
>>4
訂正   ジンバブエ   →   ザンジバル

具体的には、1964年のザンジパル革命を指す。
同様に、キプロス紛争と、マレーシア紛争。 
詳細については、専門家ではないので、私は知らない(不詳)。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/387.html#c5

[議論31] 地球上にはさまざまな「特殊」があるだけで、「普遍」は存在しない。西欧文明もまた一つの「特殊」である/西尾幹二 仁王像
7. 晴れ間[1187] kLCC6orU 2016年7月31日 22:10:09 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[310]
>>6
「負け犬」って、誰のこと? 意味不明。仁王像さんの言うことには「普遍性」がないから。

フランス共産党が、中東問題(シリア・イラク情勢)に関して、国連の活用(国連改革も前提) を明確に主張し始めました。(でも、今は少数政党ですからね。国内政治を動かせねば、外交も動かせない。)

スンニ派の排除が間違っていることは、欧米人なら皆分かっているのですよ。排除しているのは西洋人ではなく、シーア派の中東人。

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/387.html#c7

[国際14] シリアの惨劇は続く 私の闇の奥 と そのアサド大統領インタビュー動画の挿入 お天道様はお見通し
1. 晴れ間[1188] kLCC6orU 2016年7月31日 22:40:16 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[311]
シリアのクルド人については、私はそう悲観していません。ロシアは、ロジャヴァの独立をクルド人に約束しています。
元々、YPG=YPJ は、マルクスレーニン主義の立場に立っていた勢力です。(旧ソ連亡き後、YPJ (女性防衛部隊) は「フェミニズム」と「エコロジー」を主張しています。) 本来、米国寄りの勢力ではなく、同盟は単なる戦術的なものでしょう。

こちらは、YPJ の女性兵士を養成する学校です。彼女たちの入隊の動機や、人生への希望や願いも語られいます。(英語字幕付き。必見です。)
https://www.youtube.com/watch?v=uqI0a4VgEs8

心配なのは、むしろ、トルコのクルド人ですね。PKKは「テロ組織」にされてしまって、国際社会から正当な扱いを受けていません。今回のトルコの「エルドアンのクーデタ」で、ますます弾圧が激しくなるのではないでしょうか。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/745.html#c1

[国際14] シリアの惨劇は続く 私の闇の奥 と そのアサド大統領インタビュー動画の挿入 お天道様はお見通し
2. 晴れ間[1189] kLCC6orU 2016年8月01日 06:33:41 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[312]
クルド人は、フランスにネットワークの拠点を持っています。
facebook のタイトル(フェイスブックページ) だと、「 Kurdistanews, l'actualité du Kurdistan 」や、「Conseil Démocratique Kurde en France - CDKF」で検索して下さい。近況ニュースがわかるでしょう。(内容は仏語→英語に翻訳すればよい。)

パリは、国際政治の情報の交差点ですから、政権外の反対勢力も拠点を置いています。(各国政府の大使館等への働きかけをしています。)
フランスの政界には、クルド人支援のネットワークも、超党派で存在しています。(祖国で何かあっても、亡命可能です。)

欧州在住の人は、9月にパリ郊外で開催される「ユマニテ祭」に行けば、クルド人のスタンドは必ずあります。
(フランス共産党には、中東の「友好勢力」との繋がりがあります。)

シリアとイラクの両バアス党は、ロシアとの繋がりが強いです。
内戦状態のイエメン(イエメン社会党)も、ロシアやフランス共産党との繋がりがあります。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/745.html#c2

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
66. 晴れ間[1190] kLCC6orU 2016年8月01日 23:55:24 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[313]

「陰謀論」について、ある程度正確に理解したい人のために、文献を若干紹介する。専門書ではなく、Web上で容易に閲覧でき、しかも内容がしっかりしたものだ。
前回(>>1 )は資料として「陰謀論を監視する専門サイト」を紹介した。(陰謀論は「有害」なので、「監視」の対象になる。監視しているのは当局ではなく、「理性的な思考」が社会に必要だと考える個人ないし団体である。サイトの運営者はジャーナリストではなく、政治思想等を研究する"専門研究者" である。)
今回は、 L'Obs/rue89 に掲載された記事を三つほど紹介する。L'Obs は、日本では『ヌーヴェル・オプセルヴァトゥール』として知られるフランスの「クオリティ週刊誌」を所有するグループである。(知識人向け・教養人向けであり、日本の一般大衆向けの読み捨て週刊誌とは全く性格が異なる。)  日本の多くの公共図書館や大学図書館ないし研究室で紙媒体の週刊誌は閲覧できる。Rue89 は、同グループ傘下のオピニオン+討論Webサイトである。

@ L'Obs/rue89 に、2015年1月、シャルリエブド事件の直後に載った記事。
「シャルリエブド。陰謀を語っているこれらのサイトは何者なのか?」
http://rue89.nouvelobs.com/2016/01/01/charlie-hebdo-sont-sites-parlent-complot-257284
フランスの陰謀論サイトについての概観。主要な8つの陰謀論サイトが取り上げられ、その性格等について簡単にまとめられている。各サイトの性格は、「反ユダヤ主義」に力点を置いたもの、オカルティズムのもの、カトリック的極右のもの、「ファッショ領域」のものと様々であるが、相互に影響し合っている。日本でも比較的知られたものとしては、Wikistrike, Egalit・et r馗onciliation, R駸eau Voltaire がある。
中でも、アラン・ソラルが創設したサイト 「平等と和解」Égalité et réonciliation は、自称「革命的社会主義」に「反ユダヤ主義」を合体させたものである。「国際シオニズムとアメリカ帝国主義」を前面に押し立てるあたり、一部の陰謀論者の典型的な言説を展開している。
阿修羅にもときどき病気の繰り返しのように載る記事のサイトが、「ヴォルテール・ネット」である。これは「9.11テロ陰謀説」を最初に唱えたティエリ・メサンが創設したサイトである。軍産複合体と軍事作戦を正当化するための「大衆操作」に注目している。

◇アメリカ帝国主義や軍産複合体を批判する「一見左翼的な」言説と、それに「反ユダヤ主義」を折衷したものが、これら「陰謀論」サイトの最大公約数的特徴と言えるだろう。「左翼的な」見かけを装いながら、「ユダヤ人への人種差別」を展開する手法である。

Aミシェル・コロンはベルギー人であるので、そのサイトは、上記の記事には含まれない。しかし同人については、その論理構成(というよりデマの作り上げ方という方が正確か?) の特徴を分析した記事がいくつか存在する。
まず、ミシェル・コロンの論立ての特徴を5点指摘した記事がある。
http://rue89.nouvelobs.com/blog/yeti-voyageur/2013/01/22/les-cinq-principes-de-la-propagande-de-guerre-selon-michel-asyuracom-229467
  「ミシェル。コロンによる、戦争ブロパガンダの5つの原則」
内容については、目新しいものではないので、ここでは説明しない。[原文を参照されたし。]

B http://rue89.nouvelobs.com/2015/12/31/jai-discute-pere-mediamensonges-262662
  「私は"メディアマンソンジュ"(メディアの嘘) の父と議論した」
「メディアマンソンジュ」(メディアの嘘) とは、陰謀論者がほぼ全ての話の糸口に使う "かばん語" である。ミシェル・コロンにあっては、この言葉は大のお気に入りで、絶えず連打される。西側諸国が世論動員に向けて戦争プロパガンダを行なうとき、「メディアマンソンジュ」は必ず使われるが、その組み立て方は常に同じである。歴史的、地政学的背景も、紛争の経済的利害も隠蔽される。敵を悪魔化し、情報を独占して議論を避ける、と。
ただし、この言葉を最初に発案したのは、彼とは別のベルギー人ジャーナリスト。後者によれば、ミシェル・コロンはこの語を歪曲して使っている。時も状況も選ばずに使っている、と[批判]。

[以下略。]

◇ミシェル・コロンが「パラノイア的」と評されていることはすでに指摘した通りである。すでにある「陰謀論の枠組み」に従って、同じ言葉で同じ事ばかりを繰り返す。その心的構造は "en boucle" とも形容される。永遠のループ。「同じ事」を永遠に繰り返すのである。
「テロ偽旗説」者も同様である。偽旗説を唱える者は徐々に減っているようではあるが、病気がぶり返すかのように、同じことを喚く者は後を絶たない。当人たちは「陰謀脳」になっていて、手の付けようがないが、それ以外の者は「つねに疑う」と言う姿勢を持ちたいものである。脊椎反射は無用である。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c66

[国際14] (拡散希望)メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘 HIMAZIN
67. 晴れ間[1191] kLCC6orU 2016年8月02日 00:01:26 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[314]
>>66
訂正というより、表示の不具合修正。

Wikistrike, Egalit・et r馗onciliation, R駸eau Voltaire

  → Wikistrike, Égalité et réconciliation, Réseau Voltaire

http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/688.html#c67

[議論31] 地球上にはさまざまな「特殊」があるだけで、「普遍」は存在しない。西欧文明もまた一つの「特殊」である/西尾幹二 仁王像
9. 晴れ間[1192] kLCC6orU 2016年8月02日 09:19:51 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[315]
仁王像さん、
基本的に、あなたは「国粋主義者」で「極右」なんですね。
以前、松原なんとかという、聞いたこともない女の著作からの引用を掲載していて、その内容(「西洋/白人」敵視の極右排外主義) があまりにもひどい ので、あなたが単に無知で「世界史」についての理解が足りないだけなのではないかと考え、コメントしたことがありました。私以外にもコメントして、あなたに(あなたの国粋主義傾向を) 注意した人がいました。
そして今回もまた、国粋主義の歴史教科書を作っている「新しい歴史教科書を作る会」の代表的な人物の主張を投稿して、「誠にもっともなことで異議を差し挟む余地などない」なとと評しています。

*-----------------------------------------------------------------
「作る会」については、一般論として次を参照の事。(グーグル検索でアットランダムに上位に来るものを引用。)
http://www.jca.apc.org/~p-news/kyoukasyo/kyokasyo050717.htm
  歴史事実ではなく、神話と戦争賛美を教える「つくる会」歴史教科書
http://toyokeizai.net/articles/-/81377
  採択相次ぐ!「育鵬社教科書」本当の問題点 「右・左」だけでなく、グローバル視点で課題 (東洋経済online)
http://himadesu.seesaa.net/article/4411112.html
  扶桑社「新しい歴史教科書」の問題点
[批判多数、以下略]
------------------------------------------------------------------*

あなたが「強い知識欲」を持って入ることはわかります。しかしあなたには、歴史一般や世界史、国際関係や異文化についての、基本的な素養が欠けています。「一般教養」と「学問的素養」の双方の基礎が欠けています。それでは、いくら本を読んでも、「正しい理解」に至ることはできません。
あなたは、自分の好みに合致した「極右」で「排外主義者」の日本人の著作物、しかも時代遅れで、「専門家」からは振り向きもされない類の本の引用に終始しています。(素人の「自慢史観」や「お国自慢」をくすぐるものでは駄目なんですよ。学問的な価値はありません。)
自分が読んでいる本のリストを持参して、誰でもいいですから社会科学や人文社会の専門家の意見を尋ねて下さい。そうすれば、私が言うのと変わらない返事しか返ってこないでしょう。「あまり感心しないね」と率直に言ってくれる人もいるかもしれませんが、大半は「君、こういう本を読むの?」「ふう〜ん・・・ 」で終わりでしょう。
それから、「国学者」や「東洋学者」を除けば、「研究のプロ」になるには、外国語の素養は絶対なんです。日本語では「必要な情報」は(絶対に) 手に入りません。
どんな分野にも当てはまることでしょうが、「プロ」と「アマ」を区別するのは、「真贋を見分ける能力」なんです。
「素人」には「真贋」の区別がつきません。それができるようになれば、「プロ」を自称できます。
「自分の好みに合うものを気ままに読む」というのは、単なる「趣味」「娯楽」に過ぎません。

あなたは「洋書」やその知識となると、「西洋イデオロギー」などと言って、頭から否定しています。そして「西洋の悪口」を言っては「溜飲を下げている」人たちの客観性不在の「雑文」や「駄文」を「真実」だとでも言わんばかりに奉っています。
その目的は何ですか? それで何を満足させているのですか? 「日本を自慢したい」だけですか? 誰に対して? 何のために? 
あなたは、全ての「知性」を「西洋イデオロギー」だと言って、拒否しているだけですね。あなたの「反知性主義」は何に由来しているのですか? 


私はあなたが「陰謀論」には批判的なので、阿修羅の投稿者の中では「マシな人」なのではないかと思って、接してきました。しかしあなたは「陰謀脳」ではなくとも「カルト脳」の持ち主です。「偏狭な精神の持ち主」「極右の排外主義者」です。
阿修羅で、殺戮カルト集団「イスラム国」(ダーイシュ) を支持しているのは、あなたくらいではないですか? その「異様さ」になぜ気付かないのですか?

あなたの別の投稿についても、コメントを書いておきました。
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/391.html
   「国粋主義者」が見る「西洋と白人」は正しい像なのか


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/387.html#c9

[戦争b18] モスル(イラク)の近況。ISに対する住民の武装抵抗運動始まる 晴れ間
2. 晴れ間[1193] kLCC6orU 2016年8月03日 11:28:30 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[316]
>>1

「武装抵抗運動」というのは、「レジスタンス」のことなの。フランスの反ナチ抵抗運動もこうして始まった。最初はビラを播くとかの小さな活動から。壁に落書きすることでさえも、見つかれば大変なことになる。通報され、捕らえられ、殺される。

IS支配下にあるモスルで、いきなり起ち上がれるはずはない。いきなり表に出ると、すぐに殺される。だから、SNSを使って、外部(ペシュメルガとか有志連合とか)と連絡を取り、攻撃してもらう。

内部にはまだ武器もない。外部からの軍事支援を待っている状態。
「モスル旅団」という呼び方は、スペイン内戦の際の「国際旅団」を想起させる。

それから、これは「内戦」。シーア派中心のバグダード政権に反発してISと同盟することを選んだ旧フセイン派のスンニ派住民と、IS支配から「解放」されたい住民との間の内戦。

ナチ占領下でも同じだけど、ナチに協力する人と、ナチに抵抗する人との間で、住民ないし国民が分裂しする。「抵抗派」は占領者(ナチ独軍/IS) と戦う。住民どうしが対立する。これが「内戦」。
コアな積極協力派も積極抵抗派も、共に少数。大半の人はじっと様子を見ているだけ。自分の保身を計っているだけ。
しかし、ある時点から、積極抵抗派が増え、立ち上がる人が増えてくる。

課題は、現地住民をいかにISから引き離すか。スンニ派にISから解放された後の納得のいく処遇と自治権を保証すること。そのことは誰でも分かっている。

ISは、殺戮カルト集団。これを住民が支持していると主張するのは、「過激イスラム大好き」のカルト脳の人だけ。
「内戦」であることを認識すれば、正しく理解できる。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/362.html#c2

[戦争b18] モスル(イラク)の近況。ISに対する住民の武装抵抗運動始まる 晴れ間
6. 晴れ間[1194] kLCC6orU 2016年8月03日 15:59:34 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[317]
>>3

問題があるどころか、そこがまさに問題。現イラク政権による旧フセイン派とスンニ派排除が、今日の事態を招いている。
ロシアとバアス党との繋がりが残っているのなら幸いだけど、どうかな。(シリアの方は今もつながっているようだ。)
イラク戦争前の状況に戻さなければ、話にならない。ISは隙間に咲いた寄生植物。
現地の状況は、外からは分からない。私は専門家じゃないし。

昔、旧政権派の人に会ったことがある。自分たちの国は「社会主義だ」と胸を張っていた。今はどうしてるのかな。
シリア人も、先代のアサドにそっくりな人に会ったことがある。(親類か、同じ部族だろう。)
(旧南)イエメン人とも「皆、社会主義者だね」と話していたんだけど。
旧ソ連の崩壊で、皆、旧ソ連という後ろ盾を失った。それが混乱の始まり。
(旧南)イエメンもリビアも同じ。(どういうわけだか、私が親しくしていた人たちは、米国と西側に「やられた」側の人ばかり。)

フランスがイギリスと完全に手を切って、英米に去ってもらうしかない。復興のためにはロシアとイランを頼るしかない。(ハイテク軍事技術の面で、フランスは米国に頼っているようだ。アサド政権転覆を計る英米がフランスを引き回していたが、昨年のパリ・テロでフランスは方針を変えた。)
ロシアが動けるようになったのは、ようやく最近。最近まで、ロシアの艦隊は錆び付いたまま海上に浮かんでいた。今は中国がロシアの空爆の後方支援に回っているようだ。

ISと同盟した人たちの逃げ場も要る。現地に残れるか、サウジに逃げるか。

http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/362.html#c6

[戦争b18] モスル(イラク)の近況。ISに対する住民の武装抵抗運動始まる 晴れ間
7. 晴れ間[1195] kLCC6orU 2016年8月03日 16:17:52 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[318]
>>4
> タイトルは間違い。 非武装抵抗である。 

⇒ 住民は「武装している」(武器を手にしている) と記事に書いてある。ISの兵士を個別的に射殺するくらいのことはできる。
レジスタンスというのはゲリラ戦だから、正面衝突ではなく、隠れてやる。歩哨に立っている者を殺す。そしてサッと逃げる。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/362.html#c7

[議論31] 「平和の家」と「戦争の家」。 「イスラムは平和の宗教」の"嘘"。 晴れ間
6. 晴れ間[1196] kLCC6orU 2016年8月03日 22:53:07 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[319]
先月末(7月26日)、ニース・テロの記憶も覚めやらぬ間に、フランス北部の町サンテチエンヌ・デュルーヴレで、カトリックの神父が狂信的なイスラム過激派に残忍なやり方で殺された。
以来、フランス各地で宗派を超えた連帯(「共に生きる」) の動きが相次いでいる。
神父を悼むカトリックのミサに、大勢のムスリムが足を運んでいる。

ここに来て、フランスのムスリムの中にも、イスラムの宗教改革を志向する動きが出てきた。ボルドーのモスクの導師は、中世に形成されたイスラムの教理を、世俗化した21世紀の社会に適合したものに変える必要を公然と語り始めた。

実は、2015年1月のシャルリエブド事件以来、フランス政府は「国家公認イマム」の養成課程を大学に設置するなど、フランス国内のイスラムの宗教的指導者をフランス共和国に統合する措置を取る試みに手をつけてきた。しかしムスリム自身が自ら変わらねば、効果は疑わしい。

一方で、フランスのモスクの建設費用が中東の神権政治の国から提供されている等の問題も存在する。
過激派イマムの説教がイスラム過激派の温床にもなってきた。(外国籍の過激派イマムは国外追放されることにはなっていたが、それが実行されたか否かは疑わしい。)
現在、フランスの政界は、国外からの資金援助の問題に手をつけようとしている。過去のキリスト教会の統制の経験が記憶にある。(カネも出すが、口も出す、か。カネは一切出さないか。)

政権が保守派や極右に変われば、もっと決然とした対応が取られるのかもしれない。それよりも先手を取って、フランスのイスラム界が自ら変わるか。
いずれにせよ、フランスのような先進社会では、ムスリムも世俗国家の中で、異教徒とも「連帯」して生きる以外に、生き残る道はないだろう。
他者が干渉して変えられるものではない。自ら変わる以外に「共存」はない。

殺された神父がいた教会の町は、何十年も共産党が市政を担ってきた町だ。市長(当然共産党員) がマイクの前で、ショックで泣き出した様が忘れられない。フランス共産党にはキリスト教徒もユダヤ教徒も沢山いる。ムスリムが共産党員になる可能性はあるのだろうか。
少なくとも、宗派を超えて、人々は手を携えはじめた。


※ france2 のニュースから
「イマムの養成」に関して(ボルドー・モスクの導師)
http://www.francetvinfo.fr/faits-divers/terrorisme/saint-etienne-du-rouvray/islam-de-france-la-formation-des-imams-doit-etre-appropriee-et-independante_1571331.html

ルーアンの大聖堂に、大勢のムスリムも参列
http://www.francetvinfo.fr/faits-divers/terrorisme/saint-etienne-du-rouvray/saint-etienne-du-rouvray-a-rouen-chretiens-et-musulmans-ont-rendu-hommage-au-pere-hamel_1571319.html

全国各地のミサでもムスリムが参列
http://www.francetvinfo.fr/faits-divers/terrorisme/saint-etienne-du-rouvray/messes-et-hommages-au-pere-hamel-la-fraternite-des-musulmans_1571309.html


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/381.html#c6

[戦争b18] モスル(イラク)の近況。ISに対する住民の武装抵抗運動始まる 晴れ間
10. 晴れ間[1197] kLCC6orU 2016年8月04日 16:15:33 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[320]

>>9 は典型的な「陰謀論」だね。「イスラム過激派」とアメリカとは、直接関係ない。過激派の思想の根拠はコーランにある。米英は、過激派を利用できるうちは利用する。利用できなくなったら捨てるつもりだった。しかし困ったことに「過激派」は統御できない。イスラムは「カルト」だからだ。
現状はそこ。

イスラムは衰退する運命にある。多少時間はかかるだろうが、宗教は衰退する。
まともな知性と理性を持った人間は、すでに「棄教」を開始している。
イスラム社会がどういう社会か、イスラムはどういう宗教か、棄教した元ムスリムたちの告発と暴露のおかげで、徐々に知られてきている。

「世俗化」以外に、イスラム文化圏の社会が発展できる可能性はない。
神がくれた石油なきあと、何を頼りに生計を立てるつもりか? 昨年来、オイルマネーは金融資産の換金売りをする一方だ。日本株にも多大の影響を与えている。米国はシェールガスの生産を止めないだろう。(シェールガスは初期投資にカネはかかるが、その後は自動的に低コストで生産可能なので生産量は落ちない。)

ラクダが「月の沙漠」を歩む上空を、西洋の航空機が飛ぶ。独裁体制を維持しようとすれば、 軍用機も民間機も西洋から買わねばならない。
航空機を眺め、「西洋」を恨みながら、生きていくつもりなのか?
イスラム社会が素晴らしいのなら、父祖の地に留まればよいだろう。なぜ移民は帰郷しない? 西洋に押し寄せる? 移住した元ムスリムは、徐々に「西洋人」になってゆく。棄教していく。

※関連投稿 :

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/377.html
  『コーラン』における「異教徒」と「不信仰者」の扱い ⇒ 〈改宗/逃亡/死〉の三者択一のみ

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/378.html
  「宗教批判」としてのイスラム批判は「ヘイト」ではない

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/381.html
  「平和の家」と「戦争の家」。 「イスラムは平和の宗教」の"嘘"。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/362.html#c10

[議論31] 「平和の家」と「戦争の家」。 「イスラムは平和の宗教」の"嘘"。 晴れ間
7. 晴れ間[1198] kLCC6orU 2016年8月04日 16:38:23 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[321]
以前コメントしたことと重複するかもしれないが、過去コメを探すのが面倒なので、ここにも書いておく。
シリア人で、米国西海岸で暮らす女性医師のワファ・スルタンが書いている。

米国にはかなりの数の中東出身の(現/元)ムスリムの人々が暮らしているらしい。それである地方(州)の「イスラム文化協会」といった類の団体で、一般のアメリカ人にも「コーラン」を配って、イスラム(文化) への「理解」を深めてもらおう、という企画が持ち上がったらしい。
ところが、企画した人たち自身が、印刷されたコーランの中身を見てびっくり。「血なまぐさい教え」が何箇所も出てくるので、コーランを配るのは中止されたそうだ。

アルジェリア人のハミド・ザナスは、イスラムは「宗教改革不可能」と断言している。
「イスラムが変わるのを待っていては、私の人生は終わってしまう」と考える人もいるだろう。

私は、仮にイスラムの宗教改革が起こるとしたら、フランスのムスリム界からだろうと思う。彼らは「世俗社会」と「宗教生活」の双方を知っているから、何らかの折り合いをつける必要があろう。
私は無神論者だから、何の期待もしないけれど。


※関連投稿
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/377.html
   『コーラン』における「異教徒」と「不信仰者」の扱い ⇒ 〈改宗/逃亡/死〉の三者択一のみ



http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/381.html#c7

[議論31] 「平和の家」と「戦争の家」。 「イスラムは平和の宗教」の"嘘"。 晴れ間
8. 晴れ間[1199] kLCC6orU 2016年8月04日 19:31:53 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[322]
>>6
> フランスのモスクの建設費用が中東の神権政治の国から提供されている等の問題 [...]
> フランスの政界は、国外からの資金援助の問題に手をつけようとしている。過去のキリスト教会の統制の経験が記憶にある。(カネも出すが、口も出す、か。カネは一切出さないか。)」

⇒ オランドは、イスラム団体にカネ(公金)を助成する考えはないことを即座に明言した。それはそうだ。「世俗」 がフランス共和国の第一原理。宗教支援は憲法の理念に反する。
そういう問題が提起されたのには、過去の経験がある。フランス革命の後、荘園や人頭税などカトリック教会の財源(封建的特権) を世俗国家は取り上げた。その代わり、その後1世紀ほど、僧侶の食い扶持を与え続けたのだ。これを完全に廃止したのが20世紀初めの政教分離法。

なお、日本は政教分離が徹底していない。天皇制を戴いていること自体、神権国家と言ってよい。「日本会議」や創価学会など「宗教勢力」の跋扈は、日本が「民主主義国」になれない最大の要因である。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/381.html#c8

[議論31] 「平和の家」と「戦争の家」。 「イスラムは平和の宗教」の"嘘"。 晴れ間
9. 晴れ間[1200] kLCC6orU 2016年8月04日 20:38:14 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[323]
>>6

ボルドーのモスクの導師(イマム) の発言に関して。
師は、(中世の)「教会法」という言葉を使って、イスラム法(シャリア)の現代的な見直しの必要性について言及している。
イマムの養成に関しても、イスラム圏の国々の宗教的・政治的な影響から逃れる必要を述べている。



http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/381.html#c9

[戦争b18] アレッポで反体制派が有毒兵器使用か 「7人死亡」と露国防省  AFP ダイナモ
2. 晴れ間[1201] kLCC6orU 2016年8月04日 20:59:51 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[324]
ダイナモはどうしたのかな。以前だったら、悪いのはアサド政権側だったんじゃないの? アサドとプーチンが悪いんだよね?

「シリア人権監視団」って、シリアの反体制派に近かったはずたげど、「反政府勢力」の悪事も隠せなくなったのかな?
200人くらいは情報提供者を抱えているらしいね。

ダイナモも頑張れ!


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/372.html#c2

[議論31] ISは「過激カルト集団」、「悪」であるやイスラム教(徒)にまで憎悪を煽る行き着く先は何か〜ゲリラ戦(テロ)が常態化した 仁王像
2. 晴れ間[1202] kLCC6orU 2016年8月05日 02:31:40 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[325]
> イスラム専門家の誰一人として、ISを悪しざまに言う者はいない。

⇒ 仁王像さんは、いつまでバカなことを言い続けるのだろう。呆れてものも言えない。
仁王像さんのいう「専門家」って、日本語で書いている人のことだろう? それは「世界基準の専門家」ではない。日本語で書いている「専門家」というのは、本当の専門家ではない。単に西洋の印刷物をタネ本にして、インチキ仕事(オリジナル性皆無のセコハン仕事) をしている人がほとんど。

しかし彼らは、実名でイスラムを批判すれば、自分が殺戮テロの対象になることを知っている。現に「悪魔の詩」の翻訳者は日本国内で殺された。日本のイスラム専門家? は、本当のことを言えば自分が殺される可能性を自覚しているから、イスラムを批判しないだけだ。単なるポジショントークで、黙っている。本当のことを言わない。あるいは、最初から「真実」を追求する意思皆無。

最近のダッカ・テロでも、元留学生で立命館大学の元教員が加わっていたことが、パキスタン政府から発表された。日本国内にも、(現/元)留学生を中心に、相当数のISメンバーかシンパが潜伏していると想定するのが正しい。
彼らは潜在的なテロ要員であり、いつ殺戮行為に及ぶか分からない。日本の「専門家」は自分がテロの標的になることを怖れて、本当のことは言わないし、書かない。
この極めて常識的なことを認識しない仁王像さんは、本当に脳タリンだと思う。


*-----------------------------------------
ISについて知りたいのなら、欧州から情報を得なければならない。そこでないと、本当の情報は得られない。
因みに、主要な媒体の記事を検索して紹介しておこう。
これらの記事を虱潰しに読んでいけば、ISがどのようなものか分かる。それもしないで、「専門家」云々は止めてほしい。


ユマニテ(フランス共産党に近いが、機関紙ではない) :
http://www.humanite.fr/etiquettes/etat-islamique-ei

ルモンド(フランスを代表する高級紙) :
http://www.lemonde.fr/recherche/?keywords=%C3%A9tat+islamique&qt=recherche_globale

フィガロ(保守系紙、財界人などハイキャリア層が読む) :
http://recherche.lefigaro.fr/recherche/%C3%A9tat%20islamique/

他にも情報源は無限にある。
忘れてはならないことは、フランスは「アラブ世界研究」の世界的な中心地だ、ということだ。
念のために、パリの「アラブ世界研究所」のサイトのリンクを貼っておく。
ここは、研究センターであり、高等教育機関であり、文化紹介の発信地だ。フランスのジャーナリストには、アラブ語が母語の人や、母語ではなくともアラブ語が堪能・流暢な人や、アラブ世界に関する研究で学位を取った人は多い。
日本の「まねごと学者」とはレベルが違う。
https://www.imarabe.org/fr#

それから、毎年9月にフランス共産党の「ユマニテ祭」があるが、ここには世界110カ国からの出展がある。
パリには、世界中の政権政府の大使館だけでなく、反政府派や亡命政府の代表部、亡命者の団体がいる。どの勢力にとっても、情報活動の中心地なのだ。そういうところが一斉にユマニテ祭の「国際村」に集まる。そこで直接人と出会ったり、コンタクトを取ることもできる。
ISについての正確な情報を得たかったら、そういうところで得るべきなのだ。
ISが「殺戮カルト集団」ではないのなら、そこでも歓迎されているはずだ。しかし実際には逆なのだ。ISと死闘を繰り広げている「クルド人」のスタンドもある。シオニストではない「進歩派ユダヤ人」のスタンドもある。中東の「共産主義者」や「世俗派」も大勢集まる。
http://fete.humanite.fr/Le-Village-du-monde


仁王像さんの情報源は、話にならないほど小さ過ぎるし、公正さを欠いているし、質量ともにお粗末すぎて、参考にもならない。
日本語では、必要な情報を集めることはできない! このことを知っていないと、話にならない。

なお、日本語でも出ている簡便な媒体としては、「西側」のものではあるが、AFPがある。(中川隆さんの情報には、AFPからのコピペが多い。)
ISを弁護したのなら、少なくともAFPくらい読んでからにしてほしい。そこに出ている記事を逐一批判すればよいだろう。「事実」を批判の対象にすればいいのだ。「事実」ではないというのなら、反証すればよい。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/392.html#c2

[議論31] ISは「過激カルト集団」、「悪」であるやイスラム教(徒)にまで憎悪を煽る行き着く先は何か〜ゲリラ戦(テロ)が常態化した 仁王像
7. 晴れ間[1203] kLCC6orU 2016年8月05日 22:32:40 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[326]
思想と思考が狂っているのは、仁王像さん自身です。異教徒を殺戮し、屋外で捕らえてきた女を「性奴隷」にし、捕らえた子供に異教徒の「処刑」や「自爆」行為を強制しているISを、なぜ仁王像さんは支持しているのですか。
仁王像さんには、「人間としての理性や良心」「人間性」が欠けていると思います。これこそは、「人権」と「人道」の問題なのですよ。
仁王像さんは「西洋デモクラ」などと言いますが、仁王像さんが「人間性」と「人権」と「人道」を全て否定する理由は何ですか。
無差別の「殺戮」を行っている時点で、ISに「大義」はありません。ISの賛同者にも「大義」はありません。
イラクやシリアでの「正義」なら、政治的に主張し行動すればいいことです。それは「西洋デモクラ」の方法ですよね。「西洋デモクラ」に「殺戮」を対置するのですか。(パレスティナ人が残虐行為を繰り返していますか? パレスティナ人には「正義」があるから、支持を得たのですよ。)
「東洋人」だから、人権を無視して簡単に殺戮する「東洋(/東方)的専制」でよい、と考えるのですか? そういう「特異な思考」の持ち主とは、対話は成り立ちません。
ダイナモは、ロシアやシリアを批判するときでも、「人権」や「人道」といった、きちんとした思想的な軸を持っています。
しかし仁王像さんには、そういうものはありませんね。無差別の「殺戮」を正当化できるのは、仁王像さんのような「カルト脳」の人だけでしょう。「滅びに至る道」です。

それから、仁王像さんはもう少し上品になれないのですか。人品は簡単に変えられるものではありませんが、それにしてもあなたは下品すぎます。野蛮人なんですね。「IS大好き」も頷けます。

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/392.html#c7

[戦争b18] モスル(イラク)の近況。ISに対する住民の武装抵抗運動始まる 晴れ間
13. 晴れ間[1204] kLCC6orU 2016年8月05日 22:49:06 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[327]
>>12 のHIMAZIN は投稿する板を間違えている。「反ユダヤ主義の陰謀論者」は「カルト板」へ行け!

HIMAZIN が賞賛して止まない「ミシェル・コロンさん」=「ベルギー陰謀論者の帝王」は、フランスのジャーナリストからは「パラノイア」と呼ばれ、左翼で「反ファシスト」の労働組合運動の活動家たちからは、抗議デモをかけられている。左翼の労働組合からは建物への「出入り禁止」をかけられている。「ユダヤ人への人種差別主義者は「ファシスト」なのだ。
欧州人、中でもフランス人は、過去も現在も、それほどまでに「ファシズム」と闘っているのだ。
モスルでの反IS派の戦いは、反ファシズムの「レジスタンス」の記憶と重ねられて報道されている。フランス人の意識では「IS=ナチ」なのである。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/362.html#c13

[戦争b18] モスル(イラク)の近況。ISに対する住民の武装抵抗運動始まる 晴れ間
14. 晴れ間[1205] kLCC6orU 2016年8月05日 23:24:49 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[328]
「レジスタンス」について、一言。
レジスタンスとは、ナチ・ドイツ軍の占領下にあったフランスで、軍人ではない一般の市民が立ち上がって抵抗したものだ。最低限の武器は使うが、ほとんど素手である。一斉蜂起は最後の最後になって、「友軍」が到着してからである。
バリの街路名には、その「レジスタン」の記憶が多く留められている。

地下鉄の駅名にもなっているが「コロネル・ファビアン」(ファビアン大佐)は、本名ピエール・ジョルジュ。当時22歳。共産党員。1941年8月1日に、パリの地下鉄バルベス駅で、ドイツ軍の軍人を射殺した。これが武装抵抗運動の第一号である。

都市に潜めなくなると、レジスタンス派は山間部で野営した。農民の協力が要る。
皆、兵役を体験しているので、武器の使い方は知っていた。
フランスの「第二の国家」と言われる歌「パルテザンの歌」は、レジスタンスの歌である。(ドゴール派はこの曲をロンドンからの放送時に使った。)
https://www.youtube.com/watch?v=sUZWlf_vuKg
  (レジスタンが独軍に処刑される写真があるので、閲覧注意。)
https://www.youtube.com/watch?v=7oFUlFLYndE


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/362.html#c14

[戦争b18] モスル(イラク)の近況。ISに対する住民の武装抵抗運動始まる 晴れ間
15. 晴れ間[1206] kLCC6orU 2016年8月05日 23:35:53 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[329]
>>14
> 訂正   パルテザンの歌  →  パルティザンの歌

「自由」のために戦う/闘う、というのが、フランス人の精神。
7月14日の「国祭日」(仏革命記念日) 等、国家行事でも歌われることが多い。
https://www.youtube.com/watch?v=vAUwU_QGNKg


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/362.html#c15

[議論31] 「イスラム国」は国家として承認される可能性を示唆している二人の外国人専門家 仁王像
2. 晴れ間[1207] kLCC6orU 2016年8月06日 14:20:02 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[330]

「二人の外国人専門家」??
二人とも「ジャーナリスト」だよね? 「学者」とは言い難い。
まあ、Loretta Napoleoni の著作については、欧米のamazon のサイトでも多少の「読者コメント」は出ているが、その主張が読者の全面的賛同を得ているわけではない。「興味深い情報をありがとう」「知っていて悪くはない」という程度のものだろう。

一方的にISの主張を述べても、それが「正しい」ことにはならない。「正当性」を持つことにはならない。
ISが「独立国」になれるとしたら、その領域内の住民の圧倒的多数が独立を主張して、中央政府に対して独立闘争を始める場合だけだ。
ところが、ISは住民を「恐怖で支配」しているだけで、住民自身が自らの自由意志で支持しているのではない。現に、ISの支配から「解放」された町の住民は、「解放」を喜んでいる。
まだ「解放」されていない地域の住民は、「解放」を待ち望んでいる。

これは「内戦」なんだよ。一部の住民は、ISとの「同盟」を選んだ。
他のほとんどの住民は「IS独裁者」から殺されることを怖れて、じっと息をつめて耐えている状態。(すでに殺された者も多くいる。)
一部の住民は、IS支配を覆すために密かに策を練っている。

この「恐怖支配の体制」を持ち上げているのが、「カルト脳」になってしまった仁王像さん。「造反有理」ではないが、「西洋」への反逆は全てが「正義」だとでも錯覚している。「人権」と「民主主義」は「西側イデオロギー」だから否定すべきだ、というのがその「屁理屈」。
そして何百万人ものシリア人や中東人が、その「西洋」に押し寄せている。ISが極楽浄土を作ってくれるのなら、西洋に来る必要はないだろうに。ISの作る国は「地獄」でしかないから、住民は逃げ出している。

*---------------------------
それから、Loretta Napoleoni の本は、主要メディアでは黙殺、無視の状態。(一昔前のアルカイダ、ザルカーウィに関して、僅かに出てくる程度。)
Abdel Bari Atwan というのは、媒体により発言が変わるらしいね。西側メディアに対しては、自分の原理主義、テロ賛同傾向を隠しているそうだ。(イエメン人ジャーナリストの指摘。)


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/393.html#c2

[戦争b18] モスル(イラク)の近況。ISに対する住民の武装抵抗運動始まる 晴れ間
17. 晴れ間[1208] kLCC6orU 2016年8月06日 14:53:17 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[331]
>>15

「バルティザンの歌」の動画をもう一つ、追加する。
実は、この動画には問題がないわけではない。今年初めから、フランスの労働組合運動は、労働法改悪法案に対する反対・抗議行動を繰り返しているのだが、それを写した動画に添えた音楽として、この歌が使われているのだ。
批判者の批判点は、警官は現在、テロから国民を守ってくれているのに、この曲を使うことで、警官を「ファシスト」扱いするのは何事か、というもの。

まあ、確かにその通りだ。テロ対策に当たる警官は「共和国とその国民」を守っているのであって、「ファシスト」ではない。フランスでは、テロ犯や「反ユダヤ主義者」は「ファシスト」扱いされるが、共和国の守り手は「ファシスト」ではない。
しかし、この曲がいかにフランスの民主主義、フランス共和国、「自由と民主主義」の理念を体現し、それが国民にどのように受け止められているかの証明にはなろう。
解像度はよくないが、撮影の角度がよいので、ここにリンクを貼っておく。(通常のニュースでは見れなかった映像だ。)
https://www.youtube.com/watch?v=PPxqYah4YwY

この歌で、なぜ「自由」(リベルテ) の語が強調されているのか。そこに、近代以降のフランス人の「魂」があるからだ。
そしてISなど「宗教過激派」や「テロ犯」も、「反ユダヤ主義という人種差別主義者」も、労働者を搾取する「資本家」や「新自由主義者」も、フランスの左翼的労働組合運動の活動可たちにとっては、自分たちの「自由」を阻害・抑圧する「ファシスト」にも等しい奴らだからだ。闘わずにはおれないのだ。


*------------------------------------
「反ユダヤ主義者=陰謀論者」と「IS宗教過激主義のシンパ=カルト脳」がコメント欄に出没しているが、許してやってくれ。「脳タリン」「脳弱者」「カルト中毒患者」というのは存在する。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/362.html#c17

[戦争b18] リビア暫定政府軍 IS支配都市奪還へ激しく衝突〜シルト奪還にはなお時間がかかるという見方も/nhk 仁王像
2. 晴れ間[1209] kLCC6orU 2016年8月06日 17:27:32 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[332]
米軍の空爆は、暫定政府軍の要請を受けて行っているもの。
ロシア軍が、シリアのアサド政権の要請で爆撃しているのと同じ。
要するに、内戦。住民の支持が大きい勢力が、最終的に勝つ。

ただし、ISは外部勢力なので、ISが勝てば、現地は地獄になる。欧州への亡命者と難民がますます増えるだろう。

france2 のニュースが伝えている映像 :
http://www.francetvinfo.fr/economie/emploi/metiers/armee-et-securite/etat-islamique-l-armee-americaine-lance-l-assaut-en-libye_1576939.html


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/368.html#c2

[議論31] ISは「過激カルト集団」、「悪」であるやイスラム教(徒)にまで憎悪を煽る行き着く先は何か〜ゲリラ戦(テロ)が常態化した 仁王像
9. 晴れ間[1210] kLCC6orU 2016年8月06日 18:26:18 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[333]
最近ネット上で広がっている情報によれば、「イスラム国」はすでに世界中で数千名の殺害対象者リストを作成しており、その中には数十名の日本人も含まれているそうだ。
上述した通り(>>2) 、ダッカ・テロの犯人の中に、元留学生で立命館大学の教員であった者が加わっていたことは、すでにパキスタン政府により発表されている。
日本国内には、留学生や元留学生を中心に、すでにかなりの数のISメンバーやシンパが潜んでいると考えるのが適当である。
日本にも、ISの「第五列」は存在するだろう。

IS等、イスラム過激派の思想は、「異教徒は殺す」、特に「イスラムを批判する者は殺す」という考えに貫かれている。「世俗主義者」が殺害の対象になる。フランスがテロの標的になっているのは、フランスの国家原理が「世俗主義」だからだ。
阿修羅の「イスラム国シンパ」の思考にも、ISの思考のクセと体質に通じるものがあるようだ。あの「カルト脳」は、すでに「第五列」の構成員なのかもしれない。

「古代奴隷制」の時代に生まれたイスラムは、現代の「人権思想」とは相容れないものがある。その点は、決してゆるがせには出来ない。「西洋」との対立点の要は、西洋で生まれた「近代民主主義」と「人権思想」にある。イスラムは「神権政治」をめざす宗教である。「世俗/非宗教」的な現代世界・現代社会の原理とは相容れない。

*------------------------------------------------
http://www.akb48matomemory.com/archives/1058783470.html
【訃報】イスラム国の処刑リスト、日本人の名前が流出…名簿にあった名前がヤバすぎると2ch騒然www
http://arcanaslayerland.com/2016/06/24/isis/
イスラム国のリスト公開に日本人の名前と住所も!誰が狙われてる?
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/news/1466646192/
ISが殺害リストを公開 日本人69名記載、身バレ 該当の日本人「なぜ自分の名前が・・・」 [無断転載禁止]c2ch.net
[他にも、関連サイト多数]


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/392.html#c9

[議論31] ISは「過激カルト集団」、「悪」であるやイスラム教(徒)にまで憎悪を煽る行き着く先は何か〜ゲリラ戦(テロ)が常態化した 仁王像
14. 晴れ間[1211] kLCC6orU 2016年8月06日 21:08:06 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[334]
私はボランティアだ。「カルト」や「陰謀論」の犠牲者が一人でも少ないことを願っている。
イスラム過激派のシンパや、陰謀論者の妄想に対して、明晰な意識でいる必要性を、一人でも多くの人に訴えたい。

私の主張は、「自明の理」に属すること。私一人の考え方ではない。学校の教科書にも書かれているような、「基本のキ」のレベルの一般教養。
「カルト脳」や「陰謀脳」になった人は、この基本が崩壊しているので、倦まず弛まず語ることが必要。

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/392.html#c14

[戦争b18] モスル(イラク)の近況。ISに対する住民の武装抵抗運動始まる 晴れ間
19. 晴れ間[1212] kLCC6orU 2016年8月07日 07:59:31 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[335]
>>18
「パラノイア暇人」の HIMAZIN は「カルト板」へ行け! 
同人は、「ユダヤ人への憎悪」を煽っている「反ユダヤ主義者にして陰謀論者」だ。あの「マルコポーロ事件」の当事者を賞賛して出没している「反ユダヤ主義者」と同類だ。

HIMAZIN が自分の投稿記事で賞賛した「ミシェル・コロンさん」は「ベルギー陰謀論者の帝王」。「ユダヤ人への人種差別」を煽る「反ユダヤ主義者」であるとして、フランスの左翼的労働組合運動「労働総同盟」CGT の「反ファシズム」活動家たちからの抗議行動の対象になっている。

著名なジャーナリスト、キャロリーヌ・フレストを始めとする欧州のジャーナリズム界では、HIMAZIN が賞賛して止まない「ミシェル・コロンさん」は「陰謀論のパラノイア」という評価を受けている。まともな人は、だれも相手にしない。
(HIMAZIN 自身も「パラノイア」ぶりを発揮しているが、私は精神科医ではないから、よそへ行け!)
欧州で、「陰謀論者」は「公共の利益」に奉仕するメディアからは「締め出し」を食っている。「公共の利益」特に「青少年の育成」にとって「有害」だからだ。
フランスの労働総同盟(労働法改悪法案の反対運動を展開中) は、ミシェル・コロンが同盟の会館に立ち入ることを禁止した。「人種憎悪」を煽る「許せない存在」なのだ。

「ファシスト」は、どのような「嘘」もつく。デマゴギーは彼らの常套手段だ。彼らが「ユダヤ人とも仲良くしたい」などと言っているのは「真っ赤な嘘」だ。ユダヤ人自身がそれを見抜いている。フランスの「反ファシスト」や左翼労働組合活動家もそれを知っているから、HIMAZIN が大好きな「ミシェル・コロンさん」は批判の対象になっている。

アカデミズムとの繋がりが強い、「フランスの陰謀論監視サイト」でも、HIMAZIN の大好きな「ミシェル・コロンさん」は監視対象だ。(同サイトの管理人は、民主主義と人道主義の立場に立つ「ジャン・ジョレス基金」の関係者だ。)

「陰謀論者」以外は、HIMAZIN のような「パラノイア」を相手にしてはいけない。HIMAZIN は、よほど暇人と見える。もうすこし有意義なことに時間を使ったらどうだ。遊んで暮らしているのか? 忙しい人たちの時間を奪う迷惑行為は止めるべきだ。

阿修羅は、ヤフー掲示番のように、「無視リスト」の機能を備えるべきだ。現状では、健全に育つべき中学高校生にとって「有害サイト」になっている。(そのうち、小学生の読書感想文に、マルコポーロ事件の当事者と同じことを書く子供が現れるのではないか。)
「真実」は「陰謀論者の妄想」の中にはない。

「陰謀論者」がばらまく「ユダヤ人への人種憎悪」は、ナチによるユダヤ人の大量虐殺を招いた「反ユダヤ主義」と「全く同質」のものだ。
だからこそ、陰謀論者はメディアから閉め出されている。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/362.html#c19

[議論31] ISは「過激カルト集団」、「悪」であるやイスラム教(徒)にまで憎悪を煽る行き着く先は何か〜ゲリラ戦(テロ)が常態化した 仁王像
18. 晴れ間[1213] kLCC6orU 2016年8月07日 09:45:59 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[336]
>>10
>フランスがテロの標的になっているのは、フランスの国家原理が「世俗主義」だからだ。
> これも素人の独断に過ぎない。西側言論人を引っ張り出して論証しなさい。貴公以外誰も言ってはいないだろう。」

⇒ これは「常識」。フランス社会で広く共有されている「一般的な認識」のレベルのことだ。
私の好きな政治家ではないが、現首相のヴァルスも、事ある毎に、そう言明している。ヴァルスに限らない。大抵の政治家がそう言っている。閣外の左翼勢力や保守勢力も同じ認識だ。

フランス共産党を含め、人道主義の立場にたつ人々は、「バルバリー」(野蛮)という表現で、ISらイスラム過激派の「残虐行為」に嫌悪感を表明している。そして「民主主義」と「人道主義」を対置している。「民主主義」と「世俗主義」を守らねばならない、と決意を固めている。
ただし、共産党は国際主義なので、一般のムスリムへの差別にならないように、「排外主義」にならないように注意している。(そこが極右政党「国民戦線」との違い。)


*-----------------------------------------
>>17
> 「「第五列」の構成員なのかもしれない」などという卑劣な脅しは、 [...]

⇒ 私はイスラムへの「宗教批判」のポイントを、コーランに明記された「教義」に置いています。「反ユダヤ主義者」のような「人種憎悪」は一度もしたことはありません。私の批判の対象は「教義」です。「人種」ではありません。

仁王像さんは、ISのようなイスラム過激派が、「異教徒と不信心者」を殺害することを、一度も批判したことはありませんね。殺害行為に「嫌悪感」すら表明したことはありませんね。賛成しているのですか?

仁王像さんは、ISのようなイスラム過激派が、女を誘拐したり無差別に捕らえてきて「性奴隷」にしていることを、一度も批判したことはありませんね。「性奴隷」の風習と行為に、「嫌悪感」すら表明したことはありませんね。
(預言者ムハンマドも、例のバグダディも同じ事をやっているのですよ。イスラムは最後まで奴隷制を廃止しませんでした。)
彼らが実践している「性奴隷」の風習に賛成しているのですか?

仁王像さんは、ISのようなイスラム過激派が世界中で展開している「残虐行為」を一度も批判したことはありませんね。「残虐行為」に「嫌悪感」すら表明したことはありませんね。
それどころか、ISを「民衆の意思」の体現者であるかのように讃えましたね。「残虐行為」にも賛同しているのですか。

仁王像さんは、IS心酔者によるダッカ・テロも批判しませんでしたね。
テロで日本人が殺されることも「仕方がない」と考えているのですか?
空爆を止めてISを放置すれば、テロは消えると主張していますが、その保証がどこにありますか? 仁王像さん自身が、どうしてその保証ができますか?
空爆がなくても、オウム真理教は殺人を犯しましたよ。「カルト」とはそういうものだからです。仁王像さんは、オウム真理教も擁護しているのですか。

なお、私は国際主義者なので、日本人さえ殺されなければ、それでいい、とは考えませんよ。中東の人は、IS支配下で「地獄の苦しみ」を味わえ、とも考えませんよ。
仁王像さんは、ISなどイスラム過激派がやりたい放題をしても仕方がないから放っておけ、という立場ですね。
やりたい放題にさせておけば、欧州でもテロは起きない、日本人も殺されない、と考えているようですね。
その間、日本でも脳弱者たちがイスラムに入信し、テロの温床がますます厚くなっていきますよ。
イスラムは「異教徒は殺せ!」の殺戮宗教なのですから。コーランの文言と教理を変えない限り、殺戮は続きますよ。
殺戮が起きても、仁王像さんは批判もしなければ、嫌悪を感じることもありませんね。そこにあなたの人間的本質があるのではないですか?

*------------------------------
※参考投稿(+コメント) :
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/377.html
 『コーラン』における「異教徒」と「不信仰者」の扱い ⇒ 〈改宗/逃亡/死〉の三者択一のみ
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/381.html
 「平和の家」と「戦争の家」。 「イスラムは平和の宗教」の"嘘"。
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/378.html
 「宗教批判」としてのイスラム批判は「ヘイト」ではない
-------------------------------------------*

元イスラム教徒でさえ、イスラムを棄教しています。
現役のイマムでさえ、イスラムの教義を変えねば時代変化に適応できない、と発言しています。(ただし、棄教派によれば、イスラムに宗教改革は不可能。)
それなのに、「西洋と白人」を敵視するあまり、仁王像さんは「イスラム賛美」を止めません。
自分は「西側」ではなく「東側」の立場に立つ、なんて言ってますが、「東側」って何ですか? 東欧の社会主義体制の復活ですか? (古代ペルシアやオスマントルコ帝国に代表される)「東方的専制」のことですか? それとも「新しい歴史教科書を作る会」の面々や長谷川三千子のような極右思想家が賞賛する「天皇制・復古主義の日本」のことですか?
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/387.html#c1
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/387.html#c3
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/387.html#c4
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/387.html#c5
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/387.html#c9

日本国憲法から「人権宣言」に代表される「西洋近代の思想」(仁王像さんの言う「西洋デモクラ」) を取り除けば、「十七条の憲法」と「五箇条の御誓文」しか残りません。奇しくも、聖徳太子の時代と予言者ムハンマドの時代は、ほぼ同じ時期ですね。当時のアラビア半島は「野蛮な部族争い=略奪戦争」に明け暮れていました。「略奪戦争」(ジハードも同じ) で略奪された「戦利品」の女は「性奴隷」にされていました。その中で生まれた宗教が「日本人の人権」を守ると考えるのですか? (「人権思想」自体が、仁王像さんの嫌いな「西洋デモクラ」ですね。)  「アラー」の代わりに「天皇」を讃えますか? 「個人の人権」を認めず、「最高者への忠誠」を強要する「独裁体制思想」である点では同じですね。
仁王像さんが、なぜ「新しい歴史教科書を作る会」の面々や長谷川三千子に共感を寄せるのか、仁王像さんの「政治思想」の本質を見る思いがします。仁王像さんの「イスラム賛美」もそれの延長ですね。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/392.html#c18

[国際14] 仏 テロ事件影響で夏のイベント相次ぎ中止〜観光への影響がさらに広がることが懸念/nhk 仁王像
1. 晴れ間[1214] kLCC6orU 2016年8月07日 10:12:55 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[337]
> 北部のリールの市長は5日、毎年200万人以上が訪れるヨーロッパ最大級のフリーマーケットを取りやめると発表しました。

⇒ この「市」は中世から続いている歴史あるものだそうです。フリマへの商品の搬入に大型のトラックが使われるので、治安当局による規制の対象になったようです。
なお、路上での商売が禁止されただけで、建物の屋内での販売は禁止されていません。

因みに、リル市長は、マルティーヌ・オーブリー。社会党内左派の有力政治家で、元社会党第一書記。以前は首相候補者で大統領選挙の有力候補者でしたが、オランドに敗退。元EU委員長ジャック・ドロールの娘。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/805.html#c1

[議論31] ISは「過激カルト集団」、「悪」であるやイスラム教(徒)にまで憎悪を煽る行き着く先は何か〜ゲリラ戦(テロ)が常態化した 仁王像
24. 晴れ間[1215] kLCC6orU 2016年8月07日 17:25:41 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[338]

追い詰められているのは、西欧ではなくISの方。最後まで頑張ろう。

*---------------------------------------
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160802-OYT8T50024.html
  続発するテロから読み解く「イスラム国」の広報戦術
   by 中東調査会上席研究員 高岡豊

(一部抜粋)
「ところが、15年以降、イラク、シリアへの密航はかつてほど容易ではなくなった。そうなると、これまで資源の調達・送り出しを任務としていたグループが、送り出し国の内部での攻撃に転じる可能性や、密航希望者たちが地元で摩擦を起こす可能性が上昇することになる。
最近、“イスラム国のテロ”が発生した国のほとんどは、多数の人材を送り出してきた実績がある。これらの諸国で事件が起こることは、「イスラム国」が国際的に拡散・拡大した結果ではなく、これまで「イスラム国」のための資源供給を放任してきた諸国が国内での取り締まりを強化した結果といえる。現在生じている現象は「イスラム国」の拡大ではない。」
----------------------------------------*

*----------------------
仁王像さん、
血圧が上がらないよう、注意してね。自分と異なる意見は、怒ったりせずに聞き流す。(記憶には残るけど、時間が経てば熟成して蘇る。)
熱中症にならないよう、水分もこまめに摂って。
今年はレモンが沢山採れたから、塩レモンを作った。イエメン人の友人がいつも料理に使っていたレモンの調味料はこれだったのだ、と今更ながらに気付いた。
シークアーサーの塩漬けも作ろうかな。
日が落ちたら、うちのワンちゃんを連れて、買い物に出かけてきます。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/392.html#c24

[議論31] ISは「過激カルト集団」、「悪」であるやイスラム教(徒)にまで憎悪を煽る行き着く先は何か〜ゲリラ戦(テロ)が常態化した 仁王像
26. 晴れ間[1216] kLCC6orU 2016年8月07日 23:37:06 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[339]
>>25

仁王像さん、くだらない抵抗はお止めなさい。

テロ犯の多くは、「社会的な外れ者」や「脱落者」ですよ。勉強についていけなくて、職業生活にも入れず、失業と犯罪の間を行き来していた層。窃盗や麻薬密売や暴力行為の犯罪歴があることが多い。
そもそも知能が劣っているケースも多い。(シャルリエブド事件の際の、クアシ兄や、パリ11月テロで自爆に失敗した兄の方は、「知恵遅れ」だったと言われている。)
確かに弱者なんです。社会の犠牲者。勉強をしっかりさせて、仕事に就けるようにする。社会の中で「居場所」を与える。それが「社会的統合」。

ISは、社会に統合されず、精神的に不安定な者を狙ってリクルートをかけてくる。それは確認されていることです。


*-------------------------------------------------*
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160731-OYT1T50039.html
  「イスラム国」精神状態につけ込み戦闘員勧誘か

【ブリュッセル=横堀裕也】オランダ・ハーグの欧州警察機構(ユーロポール)は7月中旬に発表した報告書で、イスラム過激派組織「イスラム国」が移民らの精神状態につけ込んで戦闘員を勧誘している可能性を指摘した。
 報告書は、2000〜15年にかけて起きた単独型テロについて「最近の学術研究によれば、犯人の約35%が何らかの精神疾患を抱えていた」と強調。「イスラム国」に加わる外国人戦闘員の多くが「精神を患っていた」としている。その上で、「潜在的な精神状態がテロ行為に及ぼす影響を過小評価してはならない」と各国政府に警鐘を鳴らした。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/392.html#c26

[国際14] 米 対IS軍事作戦開始2年 新たな対応迫られる〜専門家「ISの思想は拡大」〜空爆 多くの民間人も巻き添え/nhk 仁王像
2. 晴れ間[1217] kLCC6orU 2016年8月08日 23:27:02 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[340]
「カルト脳」の持ち主、仁王像さんの「妄想」が止まらない。「妄想」というよりも「妄執」と呼ぶ方が正しかろう。
「母系社会」さんの妙な説に依拠して、自分の妄説の正しさを主張しようとしている。

まず、「母系社会」さんの説自体が、妙ちくりんである。それを分かりやすく分解すれば、次の3項に整理できよう。
@思想を物理的に抹殺することは不可能である。
A思想は思想でしか消滅させることはできない。
Bイスラム原理主義を消滅させられるとしたら、同じスンニ派のイスラム教徒だけしか、消滅させられない。

この@ABのいずれも正しくない。正しくは、次のようになる。
@' 思想は、肉体と共に(即ち物理的に) 滅ぶ。思想を短期間で滅ぼす方法は、思想の持ち主を物理的に抹殺することである。ただし、これは「人道的に」許される方法ではない。
通常は、思想を宿す肉体が生きる所与の「社会」によって、思想は規定される。「社会」とは歴史的に変化するものであり、その歴史的な社会が思想を規定する。宗教とは歴史、即ち「歴史的社会」の産物である。
先進社会では、「歴史的な社会変化」によって、「宗教離れ」(脱宗教家, 非宗教化) が起きた。
人は死ぬ。そして人の世には世代交代がある。一人の人間が大きくその宗教観を変えることはなくとも、人の入れ替わりにより、人々の宗教観(生死観) は変わる。
時代が移るにつれて、古い宗教は捨てられ、別の宗教が採用される。あるいは、どの宗教も捨てられる。
時間の経過を妨げることはできない。人間は、物理的な時間の経過に抗することはできない。

A' 「思想は思想でしか消滅させることはできない」というのは、部分的にしか当てはまらない。
まず、それが間違いであるのは、思想は時代による制約を受けているからである。@' で述べた通り、時代に合わなくなった思想や宗教は捨てられる。思想が存続する条件が消えると共に、思想も消え去る。
部分的に当たってるのは、「転向」や「宗旨替え」「改宗」というものがあるからである。人個人や集団が、転向や改宗をするということは、別の思想や宗教を新たに採用するということである。これは起こりうる。

B' イスラム原理主義は「イスラムの本義」であるから、それ自体として存続する。しかし、時代変化によって、それを受け入れる人が減少し、消滅すれば、イスラム原理主義自体も消える。
「原理主義」はスンニ派の専有物ではない。
イスラムは「宗教改革が不可能な宗教」と言われる。「改革」がなければこの宗教自体が捨てられるであろうが、「改革」があり得るとしたら、どこで起きるか、という問題になる。少なくとも、現時点では、中東や北アフリカで起きるとは考えられない。

C'' 仮にイスラムの「宗教改革」が可能だと仮定すれば、「イスラム原理主義」を消すものは、一つはイスラムの「宗教改革」。もう一つは「脱イスラム」(棄教) である。「スンニ派」云々ではない。
私は、「宗教改革」よりも「棄教」の方が現実的だと思う。そしてそれは、社会層としては知識人を中心として起こり、地域的には西欧に移住した者たちの間で起きる、と思う。

20世紀後半から本格化した「イスラム原理主義」のテロリズムは、イスラム教徒の間で多くの「棄教」を生み出している。サウジアラビアでさえ、無神論者の割合は5%に上ると言われている。サウジアラビア出身の無神論者アブドゥッラー・アル・カシミ(故人) は、サラフィストとして出発しながら、無神論に至った。祖国で死刑を宣告され、逃亡生活を余儀なくされるも、その著作は地下出版物として中東各地で読み継がれた。
20世紀末からのアルジェリア内戦では、サラフィストにより20万人が殺され、多くの人が(主にフランスへの) 亡命を余儀なくされた。この宗教的殺戮の経験が、特に知識人の間で棄教を促した。棄教した人々にとって「宗教改革」など意味がない。
しかし、宗教を必要とする一般民衆にとっては、「宗教改革」も意味がなくはないであろう。ただし「改革勢力」は中東にも北アフリカにも生まれないであろう。万一生まれるとしたら、フランス在住のムスリムの間でかもしれない。(宗教改革の必要を説くイマムが例外的に存在する一方で、棄教した知識人は「改革は不可能」と断言する。)

「母系社会」さんの主張には、歴史のダイナミズムへの考察が欠けているし、それ以前に、イスラムの出現自体が「歴史的」「人為的」「政治的」なものであったことが忘れられている。
そもそも一神教を創設したのは、歴史上存在した政治的人間(アメンホテプ4世) なのである。天から神が降ってきたわけではない。
また、一般民衆の間では「まじない」や「迷信」や「呪術」も存在し続けた。


http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/813.html#c2

[議論31] ISは「過激カルト集団」、「悪」であるやイスラム教(徒)にまで憎悪を煽る行き着く先は何か〜ゲリラ戦(テロ)が常態化した 仁王像
33. 晴れ間[1218] kLCC6orU 2016年8月09日 00:19:30 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[341]
悪いけど、仁王像さんと話すことは、私にとってはあまり生産的なことではないんですよ。はっきり言って、繰り返しはつまらない。私が書いていることをしっかり読んで理解してくれれば、無用な議論はしなくて済むんですけどね。


*-------------------------------------------
>>3
> 肝心なことは、貴公の方法論ではゲリラ戦(テロ)と共存するほかない、という仁王像の主張だ。これを真正面から反論して見たまえ!

⇒ フランス(フランス人)は、「テロとは断固戦う」と言ってますよ。中世的権力(王権)と戦い、宗教勢力(カトリック教会) と闘って「近代市民革命」を成し遂げた国民ですからね。 ナチ(ファシズム) の「野蛮」とも闘って「解放」を成し遂げた国民ですからね。イスラム原理主義の過激派なんて、ナチよりも恐くない、と思いますよ。
⇒ 「真正面から反論」って、どういう意味? テロリストから「尻尾を巻いて逃げる」ことが「唯一の解決策」と仁王像さんは言ってるわけですね。「冗談じゃない!」というのがフランス人の感覚ではないですか。相手は「バルバリー」なんですよ。「歴史なき民」とまでは言いませんが、少しは進歩しなきゃ!


*-----------------------------------------
>>10
> (>フランスがテロの標的になっているのは、フランスの国家原理が「世俗主義」だからだ。)
> これも素人の独断に過ぎない。西側言論人を引っ張り出して論証しなさい。貴公以外誰も言ってはいないだろう。

⇒ 以下、>>18 に追加します。
誰もが知っている分かりきったことを「論証しなさい」なんて言われてもね。フランスでは、党派を問わず、皆が認識していること。ISが「バルバリー」(野蛮) の勢力であり、その「残虐行為」が、フランスの「ユマニスム」の伝統と相容れないのですよ。
⇒ と、思っていたら、「西側言論人」を引っ張り出さなくても、当のIS御本人が言ってくれていました。しかも阿修羅に投稿がありました。(私もこれと同じことを、ISの教宣ビデオで聞きましたよ。このことはすでにコメントしたことがありますが、探すのが面倒なので、他人の投稿記事を拝借します。)

http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/811.html
  「国家警備隊」創設でテロとの戦いに挑むフランス 「国のために命を捧げる」志願者たち(JBpress)
(元記事の筆者は山口昌子。産経の記者のようです。)
[以下、引用]  「IS」は「シャルリ・エブド襲撃事件」直後に広報誌「ダル・エル・イスラム」(2015年2月12日号)で、「アラーはフランスを呪う!」と宣言し、西欧諸国の中でもフランスが「一番の標的」であることを強調した。
フランスの国是である「自由、平等、博愛」と「非宗教」の原則がイスラム教の価値観と真っ向から敵対すると指摘し、フランスに粉砕作戦を仕掛けると宣言。 [...] 」[以上、引用終わり]

「自由・平等とか、非宗教の原則が気にくわない」と、ね。IS 御本人がはっきりとそうおっしゃってます。「貴公」だけではありませんよ。


*--------------------------------------------------------
別のところでも、仁王像さんのコメントを批判しておきました。そちらは、「母系社会」さんの見解への批判でもあります。すでに私が語ったこととも重複しますが、念のために。
http://www.asyura2.com/16/kokusai14/msg/813.html#c2


イスラムに「入れ込む」のは仁王像さんの勝手ですが、仁王像さんの姿勢は、中東や北アフリカに住む人々のためにはならないと思いますよ。「世俗化」以外に、この地の人々が「西洋に勝つ」方法はないのです。
知識人は、そのことを知っています。知らないのは、ISに騙される「脳タリン」たちだけ。

私は仁王像さんのような「妙ちくりんなイスラム贔屓」よりも、中東や北アフリカの「無神論者」や「世俗派」との方が、はるかに話が合うなぁ。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/392.html#c33

[議論31] ISは「過激カルト集団」、「悪」であるやイスラム教(徒)にまで憎悪を煽る行き着く先は何か〜ゲリラ戦(テロ)が常態化した 仁王像
39. 晴れ間[1219] kLCC6orU 2016年8月09日 20:08:14 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[342]
>>36
> 読んでもらいったかったら、西側でも良い、権威ある言論人・専門家を引用したまえ。

⇒ 別に読んでほしいとまでは思いませんが、御所望なら著名な人物の簡単な紹介を。
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/394.html
  サラフィズムから無神論へ。アブドゥッラー(フ)・アル-カシミの思想


フランス語の文献(ハミド・ザナス) はすでに紹介しております。全文を読みたければ、ご自分で読んで下さい。
英語のものはAmazon で探して下さい。ポビュラーなところでは、Robert Spencer なんかどうですか? 講演なら、Youtube でも見れます。


*---------------------------
> 貴公は西側に心を売った人間だ。東側から見れば、いわば「裏切り者」ということになる」

⇒ 私は「普遍主義者」で「国際主義者」だから、「西側/東側」なんて区分はしません。
ところで、仁王像さんは「東側」の意味を一度も説明していませんね。説明しやすいように、わざわざ分類してあげたのに、その後もダンマリ。@〜Bのうち、どちら?

@東欧の旧社会主義圏の体制(の復活)
Aマルクスも論じた「東方的専制」の国々(例: 古代ペルシア、オスマントルコ帝国 etc.)
B極東の極右政治体制の国々(例: 「新しい歴史教科書を作る会」のような歴史修正主義の勢力が賞賛する日本の戦前の体制。天皇制国家神道カルトの国。)

仁王像さんは、Bの勢力には大変な共感と親近感をお持ちですね。西尾幹二とか長谷川三千子もベタ誉め。好きなんでしょ?


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/392.html#c39

[議論31] ISは「過激カルト集団」、「悪」であるやイスラム教(徒)にまで憎悪を煽る行き着く先は何か〜ゲリラ戦(テロ)が常態化した 仁王像
45. 晴れ間[1220] kLCC6orU 2016年8月10日 23:01:52 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[343]
仁王像さんは、少しは他人の意見を真正面から受け止めたらどうですか。

あなたは基本的に、日本の極右勢力と同じ思想を持っているのですよ。
松原久子、長谷川三千子、西尾幹二、、、、。あなたが賞賛する著者や言論人は、名だたる「極右」ばかりではないですか。
「新しい歴史教科書を作る会」や「日本会議」が、戦前の日本の体制の復活を志向し、天皇制を賛美する勢力だということは、誰でも知っていることです。
仁王像さんは、そういう「極右」勢力が大好きなんでしょ? 好きでなきゃ、わざわざ駄文を投稿まではしませんよ。

あなたがまず自覚すべきことは、自分の思想が、そういう極右勢力と基盤を同じくしているという事実です。

あなたの「アラブ好き」にもあきれます。アラブ人の多くは、あなたが大好きな「イスラム国」、あの「過激カルト集団」を嫌っていますよ。本気で潰したいと考えています。
シリア人はロシアに頼んで、空爆をしてもらっています。
イラク人とリビア人は、アメリカに頼んで空爆をしてもらっています。
別に、頼まれもしないのにロシアやアメリカが空爆をしているわけではありませんよ。
アラブ人ではありませんが、クルド人も、ISとの戦いの最前線で、死闘を続けています。なぜですか?

阿修羅で、「日本会議」や「作る会」のような極右勢力を賞賛しているのは、仁王像さんくらいではないですか? (勿論、極右勢力の工作員や投稿者もいますよ。怪傑とかね。でも、極右は、自分が極右だという自覚は持っています。)

阿修羅で、ISのような「過激カルト集団」を賞賛しているのは、仁王像さんくらいですね。時間はかかるかもしれないけれど、ISは必ず殲滅されますよ。ナチみたいにね。残党は残っても極小勢力になります。


*------------------
それから、
> 日本男児としての「潔さ」 [...]

とかいうのにも、笑った。「潔さ」って何よ? ISみたいに、「異教徒と不信心者」を殺しまくったり、知能の低い青少年を騙して「自爆テロ」要員にしたり、女を捕らえて「性奴隷」にすること? 残虐行為や犯罪行為を繰り返すことが、「日本男児としての『潔さ』」" になるわけ? 
「日本男児」というのは、弱者虐めが好きなの? 人権蹂躙が喜びなの? 「ならず者」の集団なの?

仁王像さんに言わせれば、「人権」なんて、「西洋イデオロギー」そのものなんだよね? だから「人権」も「人道主義」も嫌いなんだ!

それに、私は生まれてこのかた「日本男児」であったことはない。(そんなものになりたいと思ったこともない。)
幼い頃は日本刀や自動車のおもちゃを持ってたよ。それは普通のことだと当時は思っていたけど、大人になってから気付いた。私の父親は男の子が欲しかったんだ、って。それで私と妹にそういうおもちゃを買い与えていたんだ、って。
ま、お人形やおままごとの道具も持っていたけどね。でも、絵本や積み木や、どろんこ遊びの方が好きだったな。

ISのような暴力と殺戮に執念を燃やす「ならず者」ではなくて、人権と人道のために闘う人の方が、本当の勇者なんだよ。
仁王像さんには分からないことだろうけど。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/392.html#c45

[議論31] Re: 落胆するには及ばない。旗色を鮮明にすれば、問題は基本的に解決する。 仁王像
1. 晴れ間[1221] kLCC6orU 2016年8月12日 23:22:00 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[344]
仁王像さん、
私、今時間がなくて、前回のコメント以来、あなたの投稿もコメントも読んでいません。あなたが何か喚いているのだろう、ということは想像しています。でも、別に気にしていませんよ。
私は落胆も何もしていません。あなたに、私を論破することはできませんよ。あなたと私とでは、知識の基盤(素養) が違います。
また時間ができたら、コメントします。

今日、ふっと、あなたは石川五右衛門の世界に生きているのではないか、と思いました。ISは「義賊」ではありませんよ。
あなたは子供の頃「紙芝居」が好きだったのではないですか?
夏休み、時間があったら「岩波少年文庫」なんかを読んで、子供の頃に戻りましょう。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/395.html#c1

[議論31] デモクラシーの反対はシオクラシー(神聖政治)である/小室直樹 仁王像
1. 晴れ間[1222] kLCC6orU 2016年8月12日 23:34:18 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[345]
> デモクラシーとは「代議制民主政体」(民主政)と訳さなくてはいけない。

⇒ これ、間違いです。デモクラシーとは、「デモス」(大衆) の「支配」。
つまり、君主制や「寡頭支配」の反対概念です。
「代議制」というには、「直接民主主義」に対する概念。「間接民主主義」のことです。
「大衆」は議会の中にいるのではありません。

仁王像さんは、高校の社会科(特に世界史、倫理社会、政治経済/現代世界の分野)の復習をしっかりして下さい。(教科書レベルではなく、副読本や受験用参考書+一般社会人向けの本。)
私は、自分が昔使った教科書は今も持っていますよ。地理学の地図帳や世界史年表はとても便利。何しろ、国境線は常に変わっていますからね。昔のものは、今では手に入れるのは困難です。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/396.html#c1

[議論31] デモクラシーの反対はシオクラシー(神聖政治)である/小室直樹 仁王像
2. 晴れ間[1223] kLCC6orU 2016年8月12日 23:44:07 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[346]
>>1 は、タイプ・ミスによる誤字あり。 (小指と薬指で打つキー。)

「代議制 = 議会制民主主義 = 間接民主主義」です。
議会外の「大衆行動(デモ・集会etc.) = 院外闘争」 は直接民主主義的な要素を持っています。だから、フランス人はデモ行進をするのですよ。
それから、非公式の様々な活動。それに際限はありません。

それから、ISが目指しているのが、テオクラシー。「テオ=神」の「支配」です。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/396.html#c2

[戦争b18] クルド人勢力、補給拠点を制圧 ISに大打撃与える 米軍主導の有志連合が空爆でシリア民主軍を支援  朝日新聞 ダイナモ
2. 晴れ間[1224] kLCC6orU 2016年8月14日 13:04:00 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[347]
>>1

「シリア民主軍」は「統一戦線」組織。ISという共通の敵と戦うための軍隊。
クルド人の組織「クルド防衛隊」YPG と「クルド女性防衛隊」YPJ は、「クルド民主統一党」PYD の軍事部門。
この政党は、トルコの「クルディスタン労働者党」PKK を母胎として出発している。(PKK はトルコでは「テロ組織」として弾圧の対象。)
PKK、 PYD とも、冷戦期にマルクス-レーニン主義の政党として出発している。
なお、冷戦後の今日、YPJ は「フェミニズム」と「エコロジー」をスローガンに掲げている。

YPG と YPJ の基本は、今でも左翼で、世俗主義だ。
「シリア民主軍」には、「反アサド派」ではあっても、イスラム原理主義ではない「世俗派」が加わっている。これが「統一戦線」。

ISと最も果敢に戦ってきたのが、クルド人の組織。
アメリカの援軍を得たのは、ISと戦うために必要だった。
米国も一枚岩ではない、と知るべし。「反米」一辺倒だと、判断を誤る。
ロシアも、(ISと戦う) 反政府派にも支援を申し出ている。

https://www.youtube.com/watch?v=GWtN6JHy0Wg
https://www.youtube.com/watch?v=IMNlr0Ujpj0
https://www.youtube.com/watch?v=nMZvgte3l3w

https://www.youtube.com/watch?v=aftoBdrjm7Q
EXCLUSIVE - On the frontline with the Syrian Democratic Forces fighting islamic state group


コバニでISと戦って勝利したクルド人の女たちと、ISと戦いもせず、欧州に逃げてきて、ケルンで痴漢行為に及んでいるシリア人の男たちと比ればよい。何が違うのか?


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/439.html#c2

[戦争b18] クルド人勢力、補給拠点を制圧 ISに大打撃与える 米軍主導の有志連合が空爆でシリア民主軍を支援  朝日新聞 ダイナモ
3. 晴れ間[1225] kLCC6orU 2016年8月14日 13:13:07 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[348]
IS の敗退が見えてきたね。リビアでも敗退だ。リビアの「統一政府」には国連も加担している。
予想では、あと1年半くらいでIS打倒は可能、と見られている。

http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/418.html
リビアのIS拠点制圧=統一政府、米軍支援で戦果  時事通信
http://www.afpbb.com/articles/-/3097122
リビア統一政府勢力、シルトのIS本拠を制圧 AFP


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/439.html#c3

[戦争b18] クルド人勢力、補給拠点を制圧 ISに大打撃与える 米軍主導の有志連合が空爆でシリア民主軍を支援  朝日新聞 ダイナモ
4. 晴れ間[1226] kLCC6orU 2016年8月14日 13:22:37 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[349]
戦況の変化というか、転換をもたらしたのは、ロシアの参戦。
その後、2015年11月のパリ・テロを期に、フランスがロシア敵視を止めて、対露協調へと、方針を転換したことも大きい。
それに引きずられて、米国もアサド打倒を押し出しにくくなった。

「IS=ナチ」とみれば、「統一戦線」の意味が分かる。
米国も、建前上、IS=ナチ=「全体主義」と戦わないわけにはいかないのだろう。いつまでも「反アサド」を続けていれば、ロシアに完全に主導権を奪われるからね。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/439.html#c4

[議論31] デモクラシーの反対はシオクラシー(神聖政治)である/小室直樹 仁王像
7. 晴れ間[1227] kLCC6orU 2016年8月14日 14:53:55 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[350]
>>2
>>3
> 副島解釈を否定しているようだが、どこをどう否定しているのかさっぱり分からんよ。

あなたは、「代議制」とは何かが、全くわかっていないのですよ。
少なくとも、
@直接民主主義と、間接民主主義の違い;
Aブルジョワ民主主義と、プロレタリア民主主義の違い
B政党と、労働組合、協同組合、市民運動団体の違い。各々の目的と役割の違い
について、正しい理解をしなさい。

それが理解できたら、
C「議会制」議会主義」以外の様々な民主主義の形態についても理解しなさい。
ex. 「評議会」運動。(「評議会」は、ロシア語では「ソヴィエト」、ドイツ語では「レーテ」、フランス語では「コンセイユ」。)

D院内闘争と、院外闘争の違い。
Eストライキ運動
Fデモ行進、街頭行動
G暴動(特に都市暴動)
etc.

あなたは、「民主主義」を「西洋デモクラ」などと呼んで、それに背を向けているから、「何が何だかさっぱり分からない」という状態になっているのです。
一言で言えば、社会科学的な素養、特に社会思想の知識が欠けています。まず、そこを埋めましょう。

*-------------------------------------
「テオクラシー」と「シオクラシー」は、同一物。theo- をどう発音するか、の違い。
「テオ」はギリシャ語の「テオス」(神) に由来。「神」の反対概念は「人間」。
つまり、テオクラシーとは、「人間の支配」(=民主) ではなく、「神の支配」という意味。
実際上は「神」は実在しないので、「神を奉った神官層」や「宗教団体」「教団」の支配、ということになる。

*------------------------------------
ISの敗退が見えてきた。
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/439.html
上記、ダイナモの投稿記事に寄せた私のコメント(2,3.4) を読んで、仁王像さんは自分の滅茶苦茶ぶりを確認しなさい。
次のビデオもよく見ること。
https://www.youtube.com/watch?v=aftoBdrjm7Q
EXCLUSIVE - On the frontline with the Syrian Democratic Forces fighting islamic state group
英語だから、何回か見ていれば意味はわかるだろう。地上で死んでいるのがISの兵士。「異教徒と不信仰者」を殺せば「天国」に行けると信じているので、悔いはないだろう。これが「カルト脳」。カルト支配=「神権支配」がテオクラシー。
仁王像さんは、カルトに親近感を抱いている。

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/396.html#c7

[議論31] デモクラシーの反対はシオクラシー(神聖政治)である/小室直樹 仁王像
8. 晴れ間[1228] kLCC6orU 2016年8月14日 14:57:08 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[351]
>>7
   訂正   「西洋デモクラ」 → 「西洋イデオロ」


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/396.html#c8

[戦争b18] クルド人勢力、補給拠点を制圧 ISに大打撃与える 米軍主導の有志連合が空爆でシリア民主軍を支援  朝日新聞 ダイナモ
5. 晴れ間[1229] kLCC6orU 2016年8月14日 15:49:33 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[352]

http://www.afpbb.com/articles/-/3097421
IS、「人間の盾」数百人を解放 依然多数が行方不明 シリア

トルコ国境に近いマンビジに最後まで残っていたIS戦闘員は、戦闘に敗北した後、12日に同市を放棄した。米国防総省はこの状況をISが「窮地に追い込まれている」証拠だと述べた。2014年にマンビジを制圧していたISにとって、同市からの撤退は米軍の空爆支援を受けるクルド人とアラブ人の合同部隊「シリア民主軍(SDF)」との戦闘における最大の敗北となった。

SDFの戦闘員は、マンビジには「IS戦闘員は残っていない」と述べた。クルド系テレビ局の映像には、ISの撤退に大喜びする市民の様子が見られ、中には(ISに着用を強要されていた)女性用ベールをはぎ取って笑顔を見せる母親や、SDF戦闘員に抱きつく女性たちもいた。

http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/439.html#c5

[議論31] デモクラシーの反対はシオクラシー(神聖政治)である/小室直樹 仁王像
11. 晴れ間[1230] kLCC6orU 2016年8月14日 16:10:01 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[353]
>>9

仁王像さんは、私を「男」にしないと気が済まないんだね。
ISの戦闘員に似てるね。IS戦闘員は「カルト脳」だから、「女に殺されると天国に行けない」と本気で信じている。そう言って、クルド人の女たちは笑っていた。
これが「カルト脳」の特徴。理性が入り込む余地はない。

>>7 で挙げた YouTube のビデオの中では、クルド人だけでなくアラブ人の女も、銃を取って戦うようになっている。黒い布を被って壁の中に隠れていたのでは、ISには勝てないからね。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/396.html#c11

[議論31] デモクラシーの反対はシオクラシー(神聖政治)である/小室直樹 仁王像
12. 晴れ間[1231] kLCC6orU 2016年8月14日 16:18:30 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[354]
>>10

私は、デモクラシーとは「代議制」=「議会制」のみに還元(単純化) できない、と言っている。「議会制」以外にも民主主義のあり方は多様に存在する。
「表現の自由」もその一つ。

仁王像さんは、「表現の自由」も「西洋イデオロ」だから気に入らないんだよね。
それで残ったのが、IS流の「カルト」だけ。
「日本会議」や「天皇バンザイ」の日本極右も、カルトだよ。
天皇制も一種のテオクラシーだからね。


http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/396.html#c12

[経世済民111] 夫婦2人で月19万円の年金、半分以下に削減か…受給開始年齢も75歳へ引き上げも 社会保障体制の崩壊の構図 赤かぶ
6. 晴れ間[1232] kLCC6orU 2016年8月15日 13:32:07 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[355]
書いている人のビジネス・トークだね。不安を煽って、自分の顧客を増やす。自分のカネ儲けしか考えていない人のやりそうなことだ。

記事本文の中に、いくらでも嘘はある。例えば、

> 3〜4割も労賃をピンハネする労働者派遣業の全面禁止
⇒これ、全くの嘘。派遣会社の決算書類を見ればよい。売上高利益率は3-4%くらいだと思うよ。派遣労働者が受け取る賃金が8割だとして、残り20%のうち、8-9割は販管費等の経費に消える。派遣仕事を探したり、労使双方の顧客の世話といった裏方の仕事をするにも諸経費はかかる。
(私がある会社の決算書類を偶々見たのは一昔前のことだから、数字は要確認。しかし実態はそう変わっていないと思うよ。)

公的な年金制度は、近代国家としては破綻させられない、と思う。先進国なら、公的な年金から「ペーシックインカム」に徐々に移行していくほかない。一挙にベーシックインカムを実現できなくとも、年金の補填という形でせざるを得ないだろう。
そもそも他の先進国(西欧・北欧) では、社会保障は日本よりもずっと手厚い。その上、教育費・学費や医療費は無料。その気があれば、日本でもできるはずなのだ。
それができないとうのなら、「政治革命」をやるしかない。議員歳費をゼロにし、官僚特権を剥奪し、公務員も減らすことだ。
年金の減額は、その後の話。


http://www.asyura2.com/16/hasan111/msg/867.html#c6

[戦争b18] クルド人勢力、補給拠点を制圧 ISに大打撃与える 米軍主導の有志連合が空爆でシリア民主軍を支援  朝日新聞 ダイナモ
6. 晴れ間[1233] kLCC6orU 2016年8月15日 15:20:04 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[356]
>>2 でリンクを貼った4本の YouTube 動画のうち、上から3本目はミス。別の動画を貼るつもりだったが、違う動画と入れ替わってしまった。
まあ、見てもらって構わないから、修正はせずに、このまま放置しておく。

「Syrian Democratic Forces」で検索すれば、最新のものがいくらでも出てくると思う。

*--------------------------------
「戦後」を見据えれば、「ロジャヴァ」の独立は、大いに期待期待できると思う。少なくともロシアは、ロジャヴァの独立に同意している。最悪でも「自治区」にはなれるだろう。

YPJ には、フェミニズム思想が深く浸透している。YPG の指導的な男性も、「男女の関係がこんなに変わる(=友人のようになれる) とは思っていなかった」と語っている。
https://www.youtube.com/watch?v=2EnWzbQ-qok
(YPJ の女性兵士を養成する学校を描いたビデオ。RTが制作。訓練兵の大半は非常に若い。日本の高校生くらいである。)

*---------------------------------
>>2 で挙げた4本目の動画は FRANCE24 の英語版だが、アラブ人の若い女性は「自分の権利と女性の自由」のために戦う」と語っている。

>>2 で挙げたクルド人の動画(ベラ・チャオの歌)の冒頭には、簡易墓地の場面が出てくる。本来の墓地はIS支配下にあるため、戦死者は臨時に別の場所に葬られている。クルド人の女性兵士の多くは10代後半の未婚女子が入隊してくるのだが、既婚女性でも夫が戦士したために、夫の銃を引き継ぎ、乳飲み子を母親(祖母) に預けて入隊してくる若い母親がいる。動画に出てくる女性は、そうしたケースである。

親族関係で繋がっている場合、西洋流のフェミニズムとはかなり事情が異なっているかもしれない。しかし長期のスパンで見れば、「変化」は確実に現れるだろう。

クルド人の女性兵士は、皆、自決用の銃弾を身につけている。ISに捕まれば、強姦を含め残虐な仕打ちをされた上で殺されることが分かっているので、その前に自決するのである。街路や建物内によく肖像が掲げられているが、戦闘や拷問で亡くなった「殉教者」の肖像である。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/439.html#c6

[戦争b18] クルド人勢力、補給拠点を制圧 ISに大打撃与える 米軍主導の有志連合が空爆でシリア民主軍を支援  朝日新聞 ダイナモ
7. 晴れ間[1234] kLCC6orU 2016年8月15日 21:41:18 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[357]
マンビジュの「解放」直後の様子を、france2 のニュースが伝えました。
「信じられない」と喜びを叫ぶ女性。普通の生活に戻れるのは、2年ぶりです。
脱ぎ捨てたニカブを公然と路上で燃やす女性。
男達は、ISに強制されて伸ばしていた髭を剃り落としています。
http://www.francetvinfo.fr/politique/en-syrie-manbij-est-liberee-de-daech_1590267.html

>>2 で挙げた FRANCE24 の映像でも、男たちは公然とタバコを吸っています。ISに押さえつけられていたものが一挙に出てきた感じです。
こういう「ささやかな自由」さえも奪っていたのが、ISです。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/439.html#c7

[戦争b18] ボコ・ハラムに拉致された1万人の少年たち イスラム系過激派の「聖戦」に巻き込まれた彼らのその後  軽毛
2. 晴れ間[1235] kLCC6orU 2016年8月15日 22:12:06 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[358]
ボコ・ハラムとCIAは関係ない。「西洋式の教育」を否定するイスラム原理主義の組織。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140519-00000017-wordleaf-m_est
「ボコ・ハラム」の少女拉致 ナイジェリアの人身売買の実態は?
THE PAGE 2014年5月19日(月)17時22分配信

http://www.moj.go.jp/psia/ITH/organizations/africa/boko_haram.html

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%A9%E3%83%A0

「反西洋」だから、CIAに動かせるものではなかろう。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/450.html#c2

[経世済民111] 夫婦2人で月19万円の年金、半分以下に削減か…受給開始年齢も75歳へ引き上げも 社会保障体制の崩壊の構図 赤かぶ
15. 晴れ間[1236] kLCC6orU 2016年8月16日 00:23:48 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[359]
>>10
> そんなに多くの割合を受け取ってはいないだろう。
> せいぜい半額程度が相場だな。

企業の決算書類を見れば分かることだよ。私が見たのは、上場されていた当時のインテリジェンスの決算書類。当時はUSENの子会社だったかな。その後、上場廃止になり、外資の傘下に入り、今はテンプHDの子会社になっているはずだ。(その後は決算書類は見ていない。)
5割もピンハネできるんだったら、売上高営業利益率は20-30%にはなるだろう。
派遣といっても、単純労働の派遣と技術者派遣では賃金水準も違うだろうが、インテリジェンスは技術者派遣の大手だと思うよ。

景気の動向を見るには、人材系の会社の決算書類を見るのがよい。もっとよいのは景気ウオッチャー調査。時系列的に追っていけば、景気の「趨勢」は分かる。


http://www.asyura2.com/16/hasan111/msg/867.html#c15

[戦争b18] クルド人勢力、補給拠点を制圧 ISに大打撃与える 米軍主導の有志連合が空爆でシリア民主軍を支援  朝日新聞 ダイナモ
8. 晴れ間[1237] kLCC6orU 2016年8月16日 07:03:56 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[360]
>>7

ISが支配地の住民に強制していることは、男なら髭を伸ばす、女なら(外出時に) 真っ黒のニカブで全身を覆うこと。
ISに限らないが、アフリカでもサラフィスト原理主義者は、音楽やスポーツを楽しむこと、酒やタバコ等の嗜好品を禁じる。
特に男女の自由な交際や婚外関係に関しては、「石打ちの刑」で死に至る処刑を行う。(この種のニュースは、AFPなど西側メディアがよく伝えている。)

2015年11月のパリ・テロでは、スポーツと音楽と「酒を含む楽しい食事」が狙われた。サッカー場、バタクラン劇場(コンサート会場)、カフェテラスに集う人々がテロの対象になったのは偶然ではない。

東京オリンピックもテロの対象になる可能性は高い。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/439.html#c8

[戦争b18] クルド人勢力、補給拠点を制圧 ISに大打撃与える 米軍主導の有志連合が空爆でシリア民主軍を支援  朝日新聞 ダイナモ
9. 晴れ間[1238] kLCC6orU 2016年8月16日 07:23:04 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[361]
>>2

ISと命がけで戦っているクルド人の女に対し、ISと戦いもせず欧州に「難民」として逃げてきている百万人単位の「壮健な男たち」に関して。

幾つもの疑問がある。本当に「難民」なら、なぜ周辺のアラブ諸国は受け入れないのか? 特にサウジやカタール、湾岸諸国は経済的にも豊かなはずなのだ。「政治的な理由」があるらしいが、「アラブ人(アラブ語を話す人々)の統一国家建設」というアラブ民族主義はどこに行ったのか。それは単なる虚構だったのか。

私は当初、彼らは単なる「経済移民」なのではないか、と思っていたが、そういう単純な問題ではないらしい。
ロバート・スペンサーは、これは「ヒジュラ」(移住) であり、予言者ムハンマドの業績に倣っているのだと言う。
全てのイスラム教徒は、シャリア(イスラム法)が支配する国家を世界的な規模で建設することを目標にしているという。(ハミド・ザナスは、この目標についてはイスラム過激派も穏健派も同じで、違いはない、と言う。)
つまり、ロバート・スペンサーは、「移住」自体がムスリムの宗教的な実践である、と言う。

戦火を避けたい女や子供や老人、病人には保護を与えるべきだ。しかし「壮健な男たち」がISと戦いもせず、欧州に逃げてくるというのは、どう考えてもおかしい。
しかも、「難民」の多くは、シリア以外からも来ているのだ。



http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/439.html#c9

[戦争b18] クルド人勢力、補給拠点を制圧 ISに大打撃与える 米軍主導の有志連合が空爆でシリア民主軍を支援  朝日新聞 ダイナモ
11. 晴れ間[1239] kLCC6orU 2016年8月16日 21:56:30 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[362]
>>10

> 話は変わるが [...]
⇒ 私は自分のコメントにレスをつけているというよりも、コメントの延長をしている。(私にとっては、メモ代わり。) レスの形を取っているのは、文脈を明らかにするため。それに、この問題は、私にとってはマイナーなことなの。主たる関心事ではない。思いついたときにパッと書いとかないと、すぐにどうでもよくなってしまう。

> この考えは甘くない[?]
⇒ 甘いだろう、と私も思う。メモ代わりなので、私は単に米当局の見解を参考にしただけ。(2016年6月末の米政府高官発言では「14ヶ月以内」という「希望的予測」。http://www.afpbb.com/articles/-/3092190 ) 単にイラクとシリアのISに関することなのだろう。
⇒ しかし司令塔がなくなることは、戦術的に非常に重要。指令が来なくなれば、後は「勝手に」ホームグロウン・テロが中心になる。そうなると、各国の「内政問題」。

⇒ もう一つ重要なのは、ISに引き寄せられているのは、主に十代の「子供」だということ。フランスの場合、参加者には、移民系の単親世代の子供か多い。低所得・低学歴層。親はオロオロして警察に届け出たり、脱洗脳教育を行う機関に相談したりしている。未熟で低学力の子供には、インターネットから「シレーヌ」の声が聞こえてくる。(シレーヌというのは、ギリシア神話に出てくる海の精のこと。セイレン。その美声に魅入られた水夫は舵取りを誤り、船は難破する。ローレライと同じ。)
女の子は、シリアに行けば「素敵な戦士」と出会えると思って期待して行くのだけれど、現地で強制結婚させられ、使い回されて、最後はレバノンの売春業者に売り飛ばされる。(そういうケースは、モロッコ系移民の女の子に多いらしい。)
ISはテロ要員を探しているだけなので、最初から頭の弱い層に狙いを定めてくる。これは「カルト問題」であると同時に「少年少女の非行問題」。(フランスにとっては、まさに内政問題。そして社会問題。)


> ISはW国(国土)Wを保持する事を半ば諦めて、方向転換を図っていると言う分析もあるようだが・・
⇒ 2014年末にISのリビア訓練基地が観測され、2015年2月以降、関連記事が急増する。その頃にはもう転換が始まっていたのだろう。(シリアには来ないでリビアへ行けとか、自分の国でテロを起こせ、という指令が出るようになった。)
⇒ 今後は、IS兵士というかテロ犯の出身国でのテロが多くなる。同時に、アジア等、中東・北アフリカ以外の地で、テロは増えるだろう。その結果、世界中の国が何らかの対応を迫られるだろうが、有効な策があるかどうか。何しろ「異教徒と不信心者の殺害」はコーラン(神の声) が命じている。これを誰が否定できるのか。
「不況」と「失業」という問題を抱えた社会では、テロの種は尽きない。(問題の根本は社会経済問題。イスラムというカルトは、単に「テロで発散する口実」を与えている。)
⇒ ただ、ISがシリアとほぼ同時にリビアで敗退したことは、やはり「転換点」だと思う。「戦争」には、そういう局面が必ず訪れる。「給料目当ての兵士」は所詮「傭兵」だから、四散するときは速い。


私が注視しているのは。現地住民の意向がどこを向いているか、ということ。
リビアでは、元カダフィ派の住民(部族) がISを支持しているのであれば、統一政府に正当な「大義」はない。しかし実際には、元カダフィ派の部族が、ISに敵対して戦っているようだ。米軍の空爆を依頼したのは統一政府の側。ISの兵士というのは大半は「よそ者」。(チュニジア人は多いみたいだけれど、部族社会では所詮「よそ者」。)

現在のイラク政府も、(有志連合をはじめとする)外国軍が自国領土で勝手に地上戦をすることは拒否している。それを認めれば、自分たちが欧米の「傀儡」だということになり、「正統性」を失う。
「有志連合」はもう「空爆してお手伝い」するだけの存在。単独で行動すれば「侵略」になる。ただ、通信傍受等は、アメリカの技術力頼み。
欧米が「お手伝い」の線で引けば、「ロシア=イラン=トルコ」のラインで仕切ることになるのかもしれない。しかしロシアの力はまだ弱い。それに私は、クルド人を攻撃しているトルコを信用することはできない。イランも所詮は神権勢力の国。世俗派が出てこないと、社会経済的な発展と本当の問題解決(民生の安定) は見込めない。やはり国連頼みかな。
イラクのISについては、その支配地域から、アラブ人の兵士はほとんどいなくなっている、という話もある。残っているのは、チェチェン人とかの外国人ばかり、とか。
ISと「旧フセイン派」の離反が進めば、戦争終結は早い。工作はしているのだろうが、外からは不明。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/439.html#c11

[戦争b18] 各地で敗退、見え始めた終焉、追い詰められたIS、テロ激化か(Wedge) 赤かぶ
3. 晴れ間[1240] kLCC6orU 2016年8月16日 22:54:39 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[363]
確かな「転換点」だよ。「司令塔」としての ISは消える。あとは、各地で様々な「残党」が活躍する。
不況と失業と社会格差がある社会では、不満のはけ口をテロに求める層は消えない。
「異教徒と不信心者は殺せ」のイスラムは、テロに「狂信的な大義」を与えている。単なる無差別殺人が「天国への切符」になる。イスラム自身はそれに対処できないだろうから、世俗政治権力の政策以外に、テロを防ぐ手立てはない。
結局は、社会経済問題に帰着する。失業と格差を極小化して、社会の統合力を強めるしかない。

ただし、唯一フランスでは、イスラムの宗教改革の可能性はゼロではないかもしれない。(期待しない方がよいだろうが。)
カルトに引き寄せられた青少年の「脱洗脳教育プログラム」には、穏健派のイマムたちも協力している。

関連投稿コメント :
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/439.html#c3
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/439.html#c11

http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/457.html#c3

[戦争b18] ロシア、イラン基地からシリアへ出撃 露国防省発表 (AFP) 晴れ間
1. 晴れ間[1241] kLCC6orU 2016年8月17日 00:46:17 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[364]
「戦後」を見据えて、この地での、ロシアと米国の主導権争いが本格的に始まった可能性があります。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/462.html#c1

[戦争b18] 私が一番怖いのは、母さんの涙です 18歳の回天特攻隊員の遺書 赤かぶ
5. 晴れ間[1242] kLCC6orU 2016年8月17日 00:59:35 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[365]
> 私はあと3時間で祖国のために散っていきます。 胸は日本晴れ。 [...] 少しも怖くない。

「洗脳」って、恐いね。カミカゼ精神は、今もIS「イスラム国」の自爆テロ犯たちに受け継がれている。
カミカゼ(カミカーズ) は欧語にも採用され、広く使用されている。

「理性」がないと、「疑問」は湧かない。

http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/456.html#c5

[経世済民112] ≪事実≫「フランス⇒バカンス30日、日本⇒夏休み3日」フランスの2倍以上働いている日本のGDPがフランスより低い件 赤かぶ
3. 晴れ間[1243] kLCC6orU 2016年8月18日 23:20:44 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[366]
フランスのヴァカンスは、「お上」がくれたものではなく、勤労大衆が選挙で左翼政権を作り、ゼネストをしてその勢いで勝ち取ったものです。もう80年も前の昔の話。
日本は今年から「お上」が「国民の祝日」を1日増やしてくれたんですね。「お上」がやってくれないと、自分では何にもしない国民だから。

年金だってそう。フランスは国民(老人たち自身) が何度もデモ行進をして実現させました。(年金制度は幾度も改変がありましたが、国民皆保険になったのは、左翼政党と労働組合を中心とする国民自身の行動の賜です。)
日本は、「官僚様」が西欧先進国の制度を輸入して、まねて作ってくれたのですよね。皆さん、官僚様に感謝しましょう。

対米従属もそうですよね。政治を従米派官僚にお任せして、国民自らは何もしないから、米国の言いなり。
アベノミクスもそうなんだそうですよ。あれを構想しているのは、安倍本人や自民党ではなく、従米派の財務官僚なんだそうです。早く景気をよくして消費税を10%に上げたいのだけど、シロアリ官僚特権は手放さず、国民生活を犠牲にすることしかしないから、GDPは低空飛行。このままではどこに突っ込むやら。

憲法だって、そうですよね。「憲法九条」は、防衛は米国にお任せします、という条項。それで「国民主権」とは聞いて呆れる。
「天皇」と「お上」が大好きで、自分では何にもしない国民。自立する気がない国民。いや臣民。それとも「公民」?

http://www.asyura2.com/16/hasan112/msg/194.html#c3

[戦争b18] 内戦下のシリア、拷問で1万7723人が獄中死か 人権団体 多数の被害者へのアムネスティの聞き取り調査で  CNN ダイナモ
5. 晴れ間[1244] kLCC6orU 2016年8月19日 19:32:49 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[367]
この手の話は繰り返し出る。昨年秋にも出た。
フランスの場合、france2 のテレビニュースと、ルモンド紙も伝えた。万枚単位の証拠写真があるとか言って、その一部は公開されたが、それ以外は「事情があって」公開できないとか言って、この二つの媒体ともそれ以上は公表しなかった。
「事実」なら堂々と公開すればいいのに、そうしなかったので、私は「怪しいな」と思って、媒体の意図と情報の正当性自体を疑った。その後、ロシアの空爆が始まると共に、この話はウヤムヤになった。
当時、フランスに対しては、イギリスがしきりにアサド政権転覆の話を持ちかけていた。これをネタに国際問題化して、揺さぶろうということのようだった。

今回も、ロシアと米国の主導権争いが本格化しつつあるので、劣勢に追い込まれた米国が、何らかの「情報戦」に出た可能性はある。

ただし、中東やアフリカに「西洋流の民主主義や人権」が存在しないのも事実。この地の政権は、どこも独裁政治で、反対派は投獄されたり、処刑されたりするのは当たり前。西側流の民主主義は、平和が訪れない限り難しいだろう。人々は、食べるために争っているのだ。皆が食べられる社会を作ることが先だ。

「拷問」があるといっても、アサド政権から見れば、相手は「イスラム原理主義」勢力なのだろう。戦争をしている相手で、即座に銃殺せずに、口を割らせて「情報」を得ようとするのは当然のことだ。
「イスラム原理主義のテロリスト」は住民と一体化しているのだろう。「地縁・血縁」で繋がっているのだろう。そうでなければ、市街地を占領はできない。

とにかく、戦闘を早期に終了させることが重要だ。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/472.html#c5

[戦争b18] 内戦下のシリア、拷問で1万7723人が獄中死か 人権団体 多数の被害者へのアムネスティの聞き取り調査で  CNN ダイナモ
9. 晴れ間[1245] kLCC6orU 2016年8月19日 21:13:02 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[368]
>>7
> =敵前逃亡男=論戦(理)能力ゼロ男=二枚舌男=卑劣漢。

あなたは罵詈雑言以外に、使う言葉がないのですか? 私は人を罵ったことはありませんよ。(たまに面白がって、からかうことはありますがね。)
私は「敵前逃亡」したことはありません。時間を費やしたくない相手は、放っておくことはあります。時間がもったいないですからね。
時間が出来たときに、きちんと話す気になるかもしれませんので、そのときを楽しみにしておいて下さい。

それから、これは一般論なのですが(あなたにも該当するか否かは不明ですが)、「議論」においては「感情的になった方が負け」なのですよ。私はあなたに対しては、一度も感情的になったことはありません。理性を失ってか、罵詈雑言を繰り返しているのは、仁王像さん、あなたですよ。
私に相手をして欲しければ、私の反論を気長に待って下さい。

なお、「議論では、感情的になった方が負け」というのは、私自身がマグレブ人の友人(男)から言われたことです。すぐに「感情的になる」日本人の性格は困ったものです。理性で勝負しましょうよ。

「敵前逃亡男」ねぇ。「女に逃げらる」というのは我慢できませんか? 女に負けることを受け入れられないから、「男」だの「○○漢」だのと言っているのでしよう。もう少し軽やかに、クールに構えられませんか? あなたは重すぎます。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/472.html#c9

[戦争b18] 内戦下のシリア、拷問で1万7723人が獄中死か 人権団体 多数の被害者へのアムネスティの聞き取り調査で  CNN ダイナモ
16. 晴れ間[1246] kLCC6orU 2016年8月20日 01:06:10 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[369]
>>11
> さっそくだが、「戦争をしている相手で、即座に銃殺せずに、口を割らせて「情報」を得ようとするのは当然のことだ」とはよく抜け抜け言ったものよ。
> 戦争の相手を捉えれば捕虜だ。捕虜は人権を尊重して丁重に扱わねばならない。

⇒ 私は「アサド政権から見れば」と書いたでしょう? 私がそう考える、と言ったのではありません。
物事を見る時には、各当事者の立場に立って考えることも大事です。どちらにも「言い分」があるんですよ。
仁王像さんは、国語力がある人だと思っていたけれど、私に対しては、やけに「言いがかり」をつけてきますね。「冷静さ」を欠いていますよ。

*---------------------------

中東でも北アフリカでも、米国に「やられた」のは、冷戦期に親ソ派だった国ばかりです。それらの国は、ソ連という後ろ盾を失ったために、米国(資本)の世界支配のために蹂躙されたのです。
イラクもシリアも(南)イエメンも同じです。バアス党以外に、共産主義者もかなりいました。
リビアも独自の社会主義を実現しようとしていました。
ロシアが復活して世俗主義に戻れば、米国支配のクビキが弱まり、少しはよい社会(弱者に優しい社会) が出現します。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/472.html#c16

[戦争b18] 内戦下のシリア、拷問で1万7723人が獄中死か 人権団体 多数の被害者へのアムネスティの聞き取り調査で  CNN ダイナモ
17. 晴れ間[1247] kLCC6orU 2016年8月20日 01:23:53 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[370]
>>13
> 中東・北アフリカの長期独裁・親米政権は、一連の民衆放棄で倒れたのです。

⇒ そうとは言い切れないようです。確かに「はじまり」は民衆的なものでしたが、すぐに従来の支配層に取って代わられたのだそうです。(少なくともエジプトはそのようです。)
その後、本当の改革派は皆刑務所の中。実権は資本家層と特権富裕層の手中に握られたまま。
「イスラム原理主義」勢力というのは、支配層にとっては都合がいいそうです。
どんなに問題が山積していても、すべては「イスラム」が解決する、という論理。だから、絶対に社会問題にはならない。決して改革には至らない。
不満はすべてイスラムの信仰が吸収する。
テオクラシーは、支配階級にとっては都合のよい体制です。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/472.html#c17

[戦争b18] 内戦下のシリア、拷問で1万7723人が獄中死か 人権団体 多数の被害者へのアムネスティの聞き取り調査で  CNN ダイナモ
23. 晴れ間[1248] kLCC6orU 2016年8月20日 14:37:07 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[371]
>>18
> 17.「「イスラム原理主義」勢力というのは、支配層にとっては都合がいいそうです」だと?
> 伝聞のようだな。どこかの権威筋が言っているのか? 伝聞のように見せかけて実は自分の主観を言っているのはミエミエ。だから説得力ゼロ。ボケタワケ。

⇒ 伝聞ですよ。中東の人です。それが誰かは言いません。(教えません。) 自分で探して下さい。その人の講演は、YouTube に沢山アップされています。英語のもあります。

*----------------------------------
> 「テオクラシーは、支配階級にとっては都合のよい体制です」だと?
> これも君(素人)の主観を言っただけ。説得力ゼロ。ボケタワケ。

⇒ 私の見解です。しかしまともな思考力のある人なら、容易に理解、賛同できることでしょう。
テオクラシー国家の代表的なものは、サウジアラビアを初めとする湾岸諸国でしょう。一級市民だけが富の恩恵にあずかり、他は貧しい国からの移民労働者ですね。テオクラシーは、「神の名において」人々を抑圧する体制です。その神権政治体制に反抗すれば、死刑が待っています。
仁王像さんは、そういう国が大好きなんですね。あなたは立派な「極右」ですよ。「人間の平等」という理念を憎んでいますから。極右の特質は「排外主義」と「格差=身分制」の擁護です。
「右翼」とは何か、「左翼」とは何かについても、自分の思考を一度整理してみるのがよいでしょう。

「神の名において」、「支配の構造」と「格差と差別」を被抑圧者に押しつける。そしてそれに反抗する者には、死を含む懲罰を科す。それが神権政治です。

>>12 さんは、私の言うことが分かっています。
ダイナモも、私の言うことが分かります。
仁王像さんだけが、理解できずに、屁理屈をこねているのです。
社会観、世界観の問題なんですよ。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/472.html#c23

[戦争b18] シリア軍がクルド人部隊を空爆、有志連合戦闘機が緊急発進 クルド人勢力の支配拡大に焦るアサド大統領  AFP ダイナモ
3. 晴れ間[1249] kLCC6orU 2016年8月21日 11:38:44 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[372]

「終戦」もしくは「停戦」が見えてきたからだよ。IS亡き後、国境線が新たに引き直される。どの勢力も、自分たちの領土を最大化したいはずだ。

クルド人の独立=ロジャヴァの成立は、もはや否定できない。(内陸国家だって、存続可能だ。) クルド人の戦いこそが、対IS戦の決め手となったからだ。
だいたい、民族的にも均質な人口が3000万人もあって、国土を持てないというのがおかしい。単一の国民国家を形成するのが道理だろう。ロシアも、ロジャヴァの成立を認めている。
クルド人とアメリカの同盟は、互いに戦術的なものにすぎないだろう。米国は反アサド政権派を支援したい。クルド人は、戦い抜くために、軍事的な援助が欲しかった。ただ、両者は、イデオロギー的には相容れない。少なくとも合致しない。クルド人勢力は、かつてはマルクスレーニン主義。今でも、資本主義万々歳にはなれないだろう。

シリア政府も、自力ではISを打ち負かすことはできなかった。国家存亡の危機に陥った。ロシアの空爆で、ようやく反撃に転じることができた。
シリア政府としては、国土が縮小してでも生き残りたいと思っているはずだ。であるならば、周囲のどの敵対勢力に対しても攻勢に出て、終戦/休戦後の自国領土を少しでも大きく確保したい、というところなのだろう。
そもそもアラウィー派は少数派で、一時期は追い詰められて洞穴暮らしさえ余儀なくされていたという。
周りのイスラム原理主義者(スンニ派)に対する軍事的攻撃が過酷すぎるというので国際的に非難されているが、アラウィー派自身がスンニ派に殺され抹殺されかねないという恐怖心(+現実的可能性)もあるのだろう。

私は、スンニ派もシーア派もクルド人も、一度別々の国ないし自治区として相互に独立するのがよいと思う。
植民地支配者が引いたのではない、昔からの勢力線に従って国境線(ないし自治区の境界線)を引けばよい。国民国家を作ればよい。
そして必要なら、複数の自治区からなる連合(連邦)国家を作ればよい。

「アラブ人の単一国家」が虚構でしかないことは、はっきりした。
同時に、ムスリムは「シャリア支配の国家」を作るという「妄想」を捨てないだろう。

「世俗派」は、自分たちの世俗国家を作ればよい。少数民族は世俗国家でしか安心して暮らすことはできないだろう。しかし、世俗原理で纏まれば、本当の自律的国家ができる。
「異教徒と不信仰者は殺せ」の全体主義宗教勢力に対しては、世俗主義の原理を対置して自分たちを守ることだ。そうすれば、社会経済的にも発展できる。社会経済的な発展を実現して、世俗主義の優位性を証明すればよい。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/479.html#c3

[戦争b18] 内戦下のシリア、拷問で1万7723人が獄中死か 人権団体 多数の被害者へのアムネスティの聞き取り調査で  CNN ダイナモ
29. 晴れ間[1250] kLCC6orU 2016年8月21日 13:08:00 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[373]
内容的には別の板(議論板?) の方がいいと思いますが、流れがここなので、ここに書きます。

*-------------------------------------
>>27
> イスラム教や教徒に対して、外側からあれこれ指図するのも間違い。
> イスラム教になにか問題があるとしてもそれを解決するのはイスラム教徒自身ででしか行えない。余計なお節介であり思い上がりである。

⇒ 誰も「指図」なんかしませんよ。「カルト脳」に「理性的思考」は不可能。「カルト」と「理性」は相容れない。
しかし、イスラムが「無害な宗教」ではないという事実は、「異教徒や不信心者」は知っておく必要がある。
⇒ イスラムの問題は2点に要約される。
@「異教徒と不信仰者は殺せ」という殺戮を説く宗教であること。
 (ただし、イスラムに改宗しさえすれば、「神の愛と慈悲」に包まれるという「有り難い」宗教なのだそうだ。)
A「服従しない女は叩け」というミゾジニー(女性嫌悪) の宗教であること。
 (ただし、女が男に服従すれば、それ以上は叩くな、というのが神の慈悲深さなのだそうだ。)

これを「愛」と解釈するか、「憎悪」と解釈するかで、イスラムの評価は分かれる。
しかし、殺されるのは「異教徒と不信仰者」であり、叩かれるのは「女」である。どちらの側に立つかで、イスラムとの関係は異なる。(改宗しない異教徒の女なら「性奴隷」にされることもあるのは、周知の事。)

*-------------------------------------------------
イスラム(+アラー・コーラン・預言者) を批判する者は、「殺す」という脅迫を受けるし、実際に殺されている。「悪魔の詩」の作者その他や、シャルリエブドだけではない。欧米では、24時間警察の護衛付きの人が何人もいるそうだ。
イスラムは、一切の批判と、「表現の自由」(自分の考えを述べる自由)を許さない。異論には「死」で報復しようとする。

本来は国連が、イスラムの「宗教改革」を迫るか、「異教徒と不信仰者は殺せ」と説くコーランの文言を肯定する国には国権加盟を拒否すべきなのだ。
ところが、60カ国近いイスラム圏の国々は、一致団結して「イスラム批判を許さない」という方向で行動しているらしい。それが奏功しているのが現状である。

イスラムは「近代民主主義の原理」とは相容れない。
イスラムの内部にも、過去、宗教改革を試みた人が一部にはいたらしいが、悉く殺されたそうだ。(処刑か暗殺かは知らないが。)  つまりイスラムの「宗教改革は不可能」であることが実証されている。

その「事実」(イスラムを批判すれば殺されるという事実) を無視して「イスラム擁護」に励む仁王像氏は、「人権」と「民主主義」をなんと心得るのか?
と、普通なら考えるところであるが、仁王像氏は「西洋イデオロギー」であるとして、「人権」も「民主主義」も大嫌いなようだ。 (反対に、「新しい歴史教科書を作る会」や「日本会議」の面々のような、日本の「排外主義」+「歴史修正主義」の極右勢力が「大好き」らしい。「民衆」志向である点が普通の極右とは違うが、「反西洋」でありさえすれば、見境なく賞賛している。「思想的な軸」が不在なのだ。)
仁王像氏の「反西洋」感情が何に由来しているのか知らないが、氏の「イスラム称賛」「ISへの信頼」がその延長にあることは疑いない。
IS亡き後、氏はどこに「自分の妄想」を寄せるのか、と思っていたら、いたのだ。氏と同じ思想の持ち主が。その名は、ボコ・ハラム。
ボコ・ハラムという名称は、ナイジェリア北部で話されるハウサ語で「西洋の教育を禁じる」ことを意味するのだそうだ。まさに、仁王像氏の思想とぴったり符合するではないか。

「反西洋」という「近代民主主義の否定」の帰結が意味するところは、そういうことなのである。
「反西洋」が単なる「ボタンの掛け違え」で済まないのは、それが民主主義と人権の否定に至るからだ。
民主主義と人権は、西洋に独占されるべき思想ではない。万民のものにすべきなのだ。私が「普遍的価値」というのは、そういう意味なのだ。
「西洋」にこだわることはない。「西洋」を外しても、民主主義と自由と人権は擁護されるべきである。世俗主義がそれを保証する。テオクラシー(神の支配) はそれに敵対する。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/472.html#c29

[戦争b18] 内戦下のシリア、拷問で1万7723人が獄中死か 人権団体 多数の被害者へのアムネスティの聞き取り調査で  CNN ダイナモ
33. 晴れ間[1251] kLCC6orU 2016年8月21日 21:14:53 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[374]
>>30
> これまでと全く同じ内容をエンドレスに繰り返しているだけ [...]

仁王像さん、
「エンドレス」はあなたです。私は最初から首尾一貫しています。自分の基軸を変えたことはありません。
一言で言えば「見解の相違」、そして「立場(/観点)の相違」なんですよ。だから交わらないのです。

私がイスラムを批判する理由は一貫しています。しかしあなたは、「理解する」以前に、それをまともに読もうともしませんね。あなたは自分の都合のよい論者だけを集めて、悦に入っています。しかし「イスラム贔屓」に偏したその論の立て方には「客観性」も「説得力」もありません。
「見解の相違」以前の「立場の違い」なのだから、議論しても無駄です。
互いに、これ以上無駄な時間を使うのは止めましょう。

仁王像さんが優しい人であること、心が温かく、芯が熱い人であることは、私にも分かります。
しかしそれだけでは、問題の解決にはならないし、この地の人々のためにもならないと思います。
時間ができたら、そのうちまた、議論板の方に投稿するつもりです。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/472.html#c33

[国際15] トランプの劣勢に胸をなでおろすフランスメディア 「永遠の同盟国」は米大統領選をどう伝えているか(JBpress) 赤かぶ
1. 晴れ間[1252] kLCC6orU 2016年8月22日 21:48:16 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[375]
この山口昌子とかいう人、いつも妙なことを言いますね。「永遠の同盟国」なんてことはないですよ。
フランスの「保守本流」である「ドゴール主義」というのは、米国や英米には追随しない、自主独立路線ですからね。
ナチ・ドイツの占領からの「解放」だって、米国との主導権争いになったのです。(米国頼りで独立が危うくなることを、フランス人は嫌った。)

イラク戦争開戦の際も、フランスは反対しました。(国連安保理でのドビルパン演説は有名。)

ドゴール派(現在のLR共和党) よりも、どちらかというと社会党の方が、対米従属傾向が強いです。

基本的に、英米流の自由競争、新自由主義と、フランス流の「ラ・ソシアル」(社会革命=格差縮小路線) は方向性が違います。オランド政権の「不人気」も、根本理由はそこにあります。(マクロンは消えると、私は見ています。)


http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/108.html#c1

[戦争b18] クルド人勢力、補給拠点を制圧 ISに大打撃与える 米軍主導の有志連合が空爆でシリア民主軍を支援  朝日新聞 ダイナモ
12. 晴れ間[1253] kLCC6orU 2016年8月22日 22:27:34 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[376]
メモついでに、もう一件。

>>9
> ロバート・スペンサーは、「移住」自体がムスリムの宗教的な実践である、と言う。

⇒ コーランで確認したが、その通りだ。コーランは、移住を推奨している。生活が困難であったり、苦境にあれば、移住せよ、と。それが「アッラーの道のために奮闘する」ことだ、と。移住先は全て「アッラーの国土」なのだ、と。
これでは、故郷を顧みるよりも、移住の方が優先されるわけだ。今いる場所での「殖産興業」なんて発想は、初めからない。これはやはり遊牧民の発想なのだろう。やはり「歴史なき民」か。

以下、コーランの章句。「4-100」が中心だが、その前後を読む方が、意味が解り易い。

*------------------------

4-95.信者の中、これと言った支障もないのに(家に)座っている者と、財産と生命を捧げて、アッラーの道のために奮闘する者とは同じではない。アッラーは、財産と生命を捧げて奮闘する者に、座っている者より高い位階を授けられる。アッラーは(信者の)それぞれに、良い報奨を約束なされる。だがアッラーは奮闘する者には座っている者よりも偉大な報奨を授けられる。

4-97.自分自身を損っているところを天使に召された人々に(天使は)言う。「あなたがたはどうしていたのか。」かれらは(答えて)言う。「わたしたちは地上で弱く、痛めつけられていました。」その時かれら(天使)は言う。「アッラーの国土は広大ではなかったのか、あなたがたはそこに移り住めたではないか。」これらの者の住まいは地獄であろう。何と悪い帰り所であることよ。

4-100.アッラーの道のために移住する者は、地上に広い避難所と、豊かさ(居住地)のあることを知るであろう。凡そアッラーとその使徒の許に、家郷から移り住み、その後(例え)死に捕えられても、そのものの報奨に就いて必ずアッラーが請け合われる。アッラーは寛容にして慈悲深くあられる。

4-101.あなたがたが地上を旅する時、もし信仰のない者たちに、害を加えられる恐れのある時は、礼拝を短縮しても罪はない。誠に不信者は、あなたがたの公然の敵である。

4-102. [...] 不信者たちは、あなたがたが武器や行李をゆるがせにする隙に乗じ、一挙に飛びかかって襲おうと望んでいる。ただし雨にあい、またはあなたがたが病気の時、自分の武器をおいても罪はない。だが用心の上に用心しなさい。アッラーは不信者のために恥ずべき懲罰を備えられる。
--------------------------*


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/439.html#c12

[政治・選挙・NHK211] (杉田水脈のなでしこリポート(12))慰安婦問題がいかに深刻か…ニュージャージー在住の日本人女性の 排日への悲痛な訴えに 怪傑
7. 晴れ間[1254] kLCC6orU 2016年8月23日 21:56:28 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[377]
> 日本から明星大学の高橋史郎教授と私が講師で参加します。

Wiki 高橋史朗 :
 日本会議役員。
【米国の日本占領政策】米国の戦後の日本占領政策について、米国が「日本が二度と立ち上がれないような政策」を行い、それがその後の日本人の「自虐意識」を育てることになったと主張している。
【教育・男女共同参画】日本教職員組合(日教組)を敵視し、日教組が中心となった学校教育に憂慮を抱き、日教組が否定的に捉えていた戦前や祖父母世代の(=教育勅語に基づく)教育や文化を再評価している。また、子どもの自由主義や男女共同参画や選択的夫婦別姓を「行き過ぎ」と考え それらに疑問を呈し、また学校における現在の性教育については、行き過ぎていて「性器教育に走っている」と主張している。さらに「戦後教育ですすめられた男女差別の解消はGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)による日本人の精神的武装解除だ」と主張している。
【親学】 [...]
【憲法】 [...]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E5%8F%B2%E6%9C%97


http://www.asyura2.com/16/senkyo211/msg/631.html#c7

[戦争b18] トルコ軍とシリア反政府勢力 IS支配の町制圧〜24日、北部の町、ジャラブルスを/nhk 仁王像
5. 晴れ間[1255] kLCC6orU 2016年8月26日 21:53:38 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[378]
「自由シリア軍」って、有名無実化してたんじゃないの?
ISの敗退が見えてきたので、米国はクルド人を必要としなくなったかな? もともと互いに異質な存在なんだから、そろそろ亀裂が見えてもおかしくない。クルド人は、米国と手を切って、ロシアに接近する方がよい。ロジャヴァが独立できれば、トルコのクルド人も独立志向を高めるかもしれない。

トルコもイランも、イスラム勢力が権力を握っている限り、信用はできない。民主主義は進展しない。
世俗派の台頭を待つことだ。世俗派なら、シリアとも協調できるだろう。少数民族も、安心できるだろう。


http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/512.html#c5

[国際15] 地域の大量虐殺(マスコミに載らない海外記事) 赤かぶ
1. 晴れ間[1256] kLCC6orU 2016年8月27日 16:12:31 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[379]
米国が、全てのユダヤ人に、米国市民権を与え、米国への移住を支援するプログラムを実施することだ。欧州諸国も、人口規模に応じて、同様のプログラムを実施することだ。それ以外に解決策はあるまい。

ただ、現在の欧州では、イスラム過激派のテロにより、ユダヤ人は本当に命が危ない。「ユダヤ人」というだけでテロ犯に狙われ、殺されている。
当面、欧州より米国の方が安全なら、米国が受け入れるべきだ。

移住を許可するだけでは足りない。移住の資金と生活を新規に立てる手段が必要だ。そこまで面倒を見ないと、移住はできない。

米国は、第二次大戦後の中東の混乱の責任を取るべきだ。
戦費を削れば、移住支援の費用くらい出せるだろう。

イスラム過激派のテロが下火になれば、ユダヤ人も自分の好む国に移ることができよう。現に、EU離脱後の英国からドイツに移住する(帰還する)ユダヤ人も出始めている。ナチがいなくなれば、ユダヤ人も戻ってこれるのだ。

民主主義派と人権派にとって、現在、最大の敵は「異教徒と不信仰者は殺せ」のイスラム過激派である。陰謀論者に多い「反ユダヤ主義者」も悪質な敵であるが、実際に殺人を犯す率は前者よりも低い。
イスラム過激派も反ユダヤ主義であるが、殺戮に及ぶ可能性はより高い。


http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/139.html#c1

[国際15] フランスのビーチを揺るがす「女性用水着」問題の理不尽 なんでこれがいけないの?「ブルキニ」とは何か 軽毛
1. 晴れ間[1257] kLCC6orU 2016年8月27日 16:59:30 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[380]
ブルキニは好ましくない。「宗教性(イスラム性)」の誇示になるからだ。「女を社会から消せ!」「女の身体を見えないものにせよ!」というのが、イスラムの教理だからだ。「女性の人権の尊重」とは、相容れないイデオロギーだ。

どうしても身体を隠したければ、競泳選手が着るような水泳着を着て、頭には水泳用のキャップを被ればよい。ワンピース水着にパレオを重ねてもいいだろう。既存の水着で、いくらでも対応可能だ。

それを、いかにもブルカのような、ブカブカの上着と、ヴェールを連想させる肩まで続く被り物を被るというのは、世俗主義国家社会への挑発行為だ。

フランスのイスラム教徒は、学校給食でハラル食を提供させるだけでは足りず、学校の体育(水泳)の授業まで男女別々に行え、と圧力をかけている。(実際に、一部の町ではその圧力に屈するところまで出ている。)

イタリアでは、同性婚を認めるのなら、一夫多妻も認めろ、という声まで、ムスリムからは出ている。

近代市民社会の原理(男女平等もその一つ) と近代市民国家の法に従わず、シャリア支配の国家を(世界的規模で)実現する、というのが、全てのムスリムの義務であり願望である。
「ヴェール」も「ブルキニ」も、その理念の表現であり、「シャリア」を実践することである。

「郷に入っては郷に従う」という常識は、ムスリムには通用しない。
(積極的に「移住」(ヒジュラ)し、移住先でも「シャリア」を実践するのが、彼らの宗教的な義務だからだ。)

コーランは「異教徒と不信仰者」(=非ムスリム)への敵意で満ち満ちていることを、「非ムスリム」は知るべきである。「知らなかった」では済まされない。


http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/144.html#c1

[国際15] フランスのビーチを揺るがす「女性用水着」問題の理不尽 なんでこれがいけないの?「ブルキニ」とは何か 軽毛
2. 晴れ間[1258] kLCC6orU 2016年8月27日 17:15:08 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[381]
投稿記事の写真では、ブルキニの特徴がわかりにくいようだ。
グーグル画像検索では、こちら。
https://www.google.co.jp/search?q=bourkini+images&biw=1183&bih=617&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0ahUKEwit4Ovvh-HOAhWGFJQKHUvsDpYQsAQIGw
被り物が僧兵の頭巾のようなものであるところが、ポイント。

因みに、アラブ人やムスリムの男の服も、肩から足先までストンと落ちて、ダブッとしているが、その意味は「体の線」を隠すところにあるそうだ。体にピッタリしていると、性徴が露わになるからだそうだ。だったら、男も西洋式のズボンを穿くのを止めればいい。そんなことばかり言ってるから、ケルンの集団痴漢・強姦事件のようなことが起きる。


http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/144.html#c2

[国際15] イスラム過激派に走る若者たち−−「疎外」が生む若者の"心の隙"とメディアによる過激思想の蔓延/原貫太 仁王像
1. 晴れ間[1259] kLCC6orU 2016年8月28日 14:56:18 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[382]
この記事の筆者は、底が浅い。まだ若年で十分な知識もなく、未熟なのだろう。

バングラデシュと西欧とでは、イスラム過激派のタイプは同じではないだろう。
バングラデシュ・テロ犯が高学歴で恵まれた階層の出身者だというのなら、日本のオウム真理教と同様のタイプ。

しかし西欧などの先進国のホームグロウン・テロリストの場合は、年齢が低く(未成年者が多い) 学力も低い、社会の落ちこぼれ、ないしその予備軍タイプ。窃盗や麻薬売買や暴力行為等の犯罪歴がある者も多い。精神不安定であるだけでなく脳弱なので、ISからのテロ要員のリクルート対象になっている。(しっかりとした思考力を持つ者は、自爆テロ要員にはなれない。)

北アフリカ等では、両者の中間的な層も存在するだろう。高等教育ないし十分な学校教育は受けたのに、失業か不本意な仕事しか得られず、不満をため込んだ層。日本の秋葉原無差別殺人事件の犯人に近いかもしれない。(情報が少ないため、この点は要確認。)

しかし、上記3グループとも、共通している点がある。彼らを自爆テロや無差別テロ等の過激殺戮行為に向かわせているのが、イスラムという宗教であるということだ。(ほかに、そういう宗教があるか?)
イスラムは「異教徒と不信仰者は殺せ!」「異教徒と不信仰者を殺せば天国に行ける」と説く、死と殺戮の宗教だ。イスラムの神は、信者には「神の慈悲と愛」で報いるが、「異教徒と不信仰者」には徹底した差別と憎しみを向ける。
その結果として、イスラム過激派は「異教徒と不信仰者」を殺しまくっているのが現状だ。信者に対しても、シャリアに反しているという口実で「厳罰」を科す。婚外関係に走った男女を投石で殺し、同性愛者は屋上から突き落として殺す。捕らえられた異教徒の女は「性奴隷」にする。

ISは「モンスター」ではない。ISも他のイスラム過激派も、コーランやハディースに忠実な「真のムスリム」だ。それこそが、本当のイスラムなのだ。
それが嘘だというのなら、コーランをひもとけばよい。
コーランの文言を変えられるというのなら、変えてみるがよい。なぜ、イスラム界の誰も、どのイスラム国の宗教的指導者も、コーランの文言を否定しないのか?
「背教」と「棄教」には「死」で報いるのがこの宗教だから、誰も変えられないのだ。


※関連投稿 :
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/377.html
『コーラン』における「異教徒」と「不信仰者」の扱い ⇒ 〈改宗/逃亡/死〉の三者択一のみ


http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/152.html#c1

[議論31] イスラムの教義が「移住」を促し、「移住」したムスリムはシャリアを実践する 晴れ間
1. 晴れ間[1260] kLCC6orU 2016年8月28日 18:25:35 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[383]
私はこれまで、棄教した「元ムスリム」の言説しか信頼しなかった。「無神論者」は宗教的にニュートラルであり、かつ大抵は理性的頭脳の持ち主であるので信頼できるが、「キリスト教徒」の場合は主張の客観性に相対的な問題があるので、あまり参考にすべきではない、と考えてきた。そもそも、西欧の人権派左翼は、「差別」になることを怖れて、イスラムについては口を閉ざすことが多い。「何も語らない」ことで、保身を図っている、とも言える。

ロバート・スペンサーについては、キリスト教徒だというので、私はこれまで多少警戒してきた。しかし彼の先祖は代々、現在のトルコに居住するムスリムであったというので、彼も「棄教者」の範疇に含めてよいだろう、と考える。彼の祖父母は中東で「暴力」を体験した後、第一次大戦直後にキリスト教(東方教会) に改宗した上で、米国に移住してきたのだそうだ。
米国に住むアラブ人の8割近く(77%) はキリスト教徒で、中にはイスラムから改宗し、名前も完全に変えて暮らしている人もいるそうだ。(イスラムでは「棄教」は「死」を意味するので、自分と家族の安全のためには、そうせざるを得ないらしい。)

シリア難民の中に、ドイツでイスラムからキリスト教に改宗した一団の人たちがいたことを、私は昨年ニュースで知った。この人たちもまた、「棄教」の機会を待っていたのであろう。キリスト教の教義、云々の問題ではない。「刺客」の手を逃れるために、出来るだけ「安全な受入先」を探したのだろう。

http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/405.html#c1

[国際15] フランスのビーチを揺るがす「女性用水着」問題の理不尽 なんでこれがいけないの?「ブルキニ」とは何か 軽毛
5. 晴れ間[1261] kLCC6orU 2016年8月28日 19:10:33 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[384]
関連投稿 :
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/405.html
  イスラムの教義が「移住」を促し、「移住」したムスリムはシャリアを実践する

⇒ ヴェールもブルキニも、シャリアの遵守と実践。
男女隔離と女性差別を肯定すること。そして「世俗主義」(近代民主主義の理念) に反対して「神権支配/宗教支配」を支持すること。


http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/144.html#c5

[国際15] イスラム過激派に走る若者たち−−「疎外」が生む若者の"心の隙"とメディアによる過激思想の蔓延/原貫太 仁王像
4. 晴れ間[1262] kLCC6orU 2016年8月29日 00:23:45 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[385]
>>2
>>3

仁王像氏の主張には一貫性がない。
ISを「反西洋」の民衆的抵抗の象徴であるかのように持ち上げていたのに、形勢が悪くなると、単なる「モンスター」扱いにして、自分の主張を有耶無耶にする。

ISを「モンスター」視するのは、間違いであり、真っ赤な嘘だ。彼らは、コーランに書いてある通りのことをしているにすぎないからだ。「異教徒と不信仰者」の殺害も、異教徒の女を「性奴隷」にすることも、コーランに書かれていることだ。そしてそれをISは、そのままに実行している。(イスラムが奴隷制を肯定する宗教であることも、知っておかねばならない。そもそも「男の信者」自身が「神の奴隷」なのである。)

ISの残虐行為を不問にしたまま、仁王像氏はイスラム過激派との「共存」を説く。
私は、ISの残虐行為がコーランに由来していることを指摘しているのに、その事実を見ようともしない。(そもそも、その見方は私独自のものではない。一般に言われていることだ。ネット上にはいくらでも情報がある。ただし、主に英語情報だ。)

仁王像氏がムスリムでないとしたら、イスラム過激派から見れば、氏自身が殺戮の対象になる。「イスラム好き」の仁王像氏のことだから、自分の首を差し出す覚悟ができているのだろう。殺害者がそれで天国に行けるのなら、氏も本望なのだろう。
およそ「人権」というものには無頓着な氏のことだ。人権などという「西洋イデオロ」など、蹴飛ばしてせいせいするのだろう。
「西洋イデオロ」を否定したところから、氏の無間地獄への転落が始まった。ISへの撞着も、日本会議や「新しい歴史教科書を作る会」の面々への「共感」も、根は一つなのである。「反西洋」でありさえすれば、殺戮宗教も「神権政治=テオクラシー」も、氏には「許せる存在」なのである。


http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/152.html#c4

[国際15] イスラム過激派に走る若者たち−−「疎外」が生む若者の"心の隙"とメディアによる過激思想の蔓延/原貫太 仁王像
5. 晴れ間[1263] kLCC6orU 2016年8月29日 00:35:56 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[386]
投稿原稿の書き手(原寛太氏)が、イスラム過激主義の原因を「若者の疎外」に見ていることは、基本的に正しい。
パレスティナ問題や中東や北アフリカでの政権崩壊は、その(過激テロの) 直接の原因ではない。崩壊した政権や政治の立て直しなら、政治的な手段でしか解決できない。テロでは解決できない。

問題は、若者たちが自分の「不満」をテロ殺戮で晴らすことに、イスラムの教義が「大義名分」を与えていることなのだ。殺戮も、無差別殺人も、自爆テロも、「天国に至る道」であるとして宗教的な正義に転化されていることだ。


http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/152.html#c5

[国際15] フランスのビーチを揺るがす「女性用水着」問題の理不尽 なんでこれがいけないの?「ブルキニ」とは何か 軽毛
8. 晴れ間[1264] kLCC6orU 2016年8月29日 12:21:08 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[387]
「ヴェール」の問題と、個々の女の「体型」は関係ない。
コメント者の体型など、誰の感心も引かない。コメント投稿する板を間違えているのではないか。

http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/144.html#c8
[政治・選挙・NHK212] 南スーダンPKOに欧米部隊の姿なし!!  赤かぶ
2. 晴れ間[1265] kLCC6orU 2016年9月03日 10:39:59 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[388]
南スーダンは、こういう状況だ。
かつては、シャリアを実施しようとする北のアラブ系住民の支配に、キリスト教徒その他の黒人系住民が抵抗して、内戦の末に2011年に独立。
しかし独立後は石油利権もからみ、民族的に異なる大統領派と副大統領派が対立。政府軍だけでなく武装した民兵勢力も入り乱れて、すさまじい内戦へ。

女性数千名が捕らえられてレイプ・キャンプが作られている、という報道は記憶に新しい。記事は沢山あるけれど、とりあえずこちらの記事を参照。
http://www.afpbb.com/articles/-/3066876
【AFP記者コラム】「レイプキャンプ」の衝撃、南スーダン内戦
 2015年11月20日 18:53 発信地:南スーダン


イスラム(コーラン)も異教徒の女を「性奴隷」にすることは制度化しているけれど、キリスト教徒になってもこれではね。
かつての日本軍も、旧ソ連軍の兵士も同じだけれど、これが「文明」の違いなのか、「民度」の違いなのか。
やはり「人権思想」というのは、大事だよ。(仁王像は「人権」など「西洋イデオロ」であり「青臭い」と言うがね。)
「遠くの平和」よりも、まず「近くの人権」。

今の自衛隊の内部にも「虐め」があるようだけど、「人権」教育のいい機会ではないか。どのみち、安部内閣が戦争への道を開いた以上、日本の自衛隊には「派兵しない」という選択肢はないだろう。少なくとも現地の女子供は守ってほしい。


http://www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/262.html#c2

[国際15] 形勢は変わりつつある: 公式説明こそ、今や陰謀論(マスコミに載らない海外記事) 赤かぶ
1. 晴れ間[1266] kLCC6orU 2016年9月09日 22:40:00 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[389]
Paul Craig Roberts という書き手は、「マスコミに載らない海外記事」の中ではマシな方だと思うが、それでも「陰謀論者」だね。
陰謀論的な発想に囚われると、真実を見失うよ。

ニース・テロは偽旗ではない。権力が仕組んだのではない、リアルのテロ。
犠牲者の名前も判明している。そのうち84名は次の記事で確認できる。名前だけでなく、どういう状況で現場に居合わせたかも記載されている。親族等と連れだって花火見物に行ったのだから、証人はいくらでもいる。
(先月、治療中の重傷者の中から、85人目が亡くなった。)

http://www.huffingtonpost.fr/2016/07/19/victimes-attentat-de-nice-identifiees-terrorisme_n_11068092.html

テロ(特に2015/11月テロ) の結果、フランスは英米の画策を振り切って、対露関係修復に乗り出した。テロによって、米国に一層擦り寄ったとか、従属度を深めた事実はない。
どうしてこういう「空想」ができるのか、摩訶不思議。


http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/245.html#c1

[国際15] パリ ガスボンベ積んだ不審な車 女3人を拘束〜代表的な観光名所、ノートルダム大聖堂の近くで/nhk 仁王像
3. 晴れ間[1267] kLCC6orU 2016年9月09日 22:53:42 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[390]
>>2

⇒ 「マスコミに載らない海外記事」で Paul Craig Roberts が書いていることは、フランスに関しては「根拠のない憶測」「単なる空想」の次元のもの。「陰謀論」にはまると、こういう「嘘」を平気で唱えるようになるんだね。
基本的な点だけ、別記事にコメントしておいた。

http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/245.html#c1


http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/246.html#c3

[国際15] パリ ガスボンベ積んだ不審な車 女3人を拘束〜代表的な観光名所、ノートルダム大聖堂の近くで/nhk 仁王像
4. 晴れ間[1268] kLCC6orU 2016年9月10日 15:54:50 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[391]
> 仏が世俗主義化したのは今世紀に入って急激にか? 前世紀までに大規模なテロに見舞われなかったのは、世俗主義化していなかったからなのか?

@ ⇒ いつの時代にも、テロは散発的に起きていた。極右のテロ(特にアルジェリア戦争中) 、極左のテロ。
イスラム過激主義のテロは、特に1990年代からだが、死者が出なくともちょっとした爆破事件は1980年代にもよくあった。2000年代以降は、テロと言えばもっぱらイスラム過激主義のテロ。
逆に言えば、今日の世界では、イスラム過激主義以外に、テロを起こす勢力はいない。
イスラム以外では、極左も極右もテロを起こす勢力は、現在はいなくなっている。この点を、まず確認すること。

A ⇒ 21世紀に入ってからのイスラム過激派テロの隆盛には、1928年に結成された「ムスリム同胞団」の活動が関係している、と言われている。今では、全ヨーロッパに同胞団の支部が作られ、組織のネットワークが張り巡らされている。何十年にも及ぶ活動の結果として、同胞団は、それだけの組織を築き、そしてその「成果」が今現れている、と言われている。

「ムスリム同胞団」も「イスラム国」も所謂「穏健派」も、表向き「穏健」を装っていようと、言行とも「過激」であろうと、究極の目標は同じ。「世俗法」に基づいた「世俗国家」ではなく、シャリア(イスラム法) が支配する「イスラム国家」(テオクラシー=神権支配国家) を樹立すること。この点を、しっかりと認識しておく必要がある。
イスラムでは、政治と宗教は不可分。イスラムは(既存の国境を無視して)「シャリア支配国家」 の樹立を目指す「政治的宗教」なのである。
「シャリア」抜きに、イスラムは存在し得ない。
従って、仁王像氏は、シャリアについて自分がどういう立場を取るかを明確にしておかねばならない。


なお、(1) イスラムは「ムスリム」と「非ムスリム」(異教徒・不信仰者)を明確に区別し、後者を徹底して差別する。コーランは「異教徒と不信仰者は殺せ!」とまで命じている。
「異教徒」の中には、いわゆる「啓典の民」(ユダヤ教徒・キリスト教徒) として存在を許される者もいるが、しかし両者ともイスラム社会の中では徹底して「差別」されてきた。イスラエル建国以前には、ムスリムもユダヤ教徒も「仲良く暮らしてきた」などというのは、「真っ赤な嘘」。
(2) また、イスラムは女性を徹底して差別・抑圧する。「服従しない女は叩け!」がコーランの教え。さらに婚外関係を持った女は、「石打ちの刑」で死に至らしめられる。(即死しないくらいの石を多数投げつけ、ジワジワと殺される。) (現代のインドネシアでは、石打ちで殺すことまではしなくとも、公衆の前で鞭打ちの刑は行われている。)
(3) そしてイスラムは、イスラム(特にアッラーとムハンマド) への批判を一切許さない。批判した者は「死の宣告」を受けるし、殺された者は多い。棄教も「死刑」である。
上記、(1) 徹底した異教徒差別、(2) 徹底した女性差別と抑圧、(3) 思想信条・言論の自由の否定が、「シャリア支配宗教=イスラム」の三大特質である。(他にも問題は数多いが、世俗主義者が特に問題視しているのが、この3点。)

仁王像氏は、「イスラム好き」(「イスラム=アラブ」ではないので注意!) を公言して憚らないが、上記3点について、まず、その賛成理由を述べるべきである。



http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/246.html#c4

[国際15] パリ ガスボンベ積んだ不審な車 女3人を拘束〜代表的な観光名所、ノートルダム大聖堂の近くで/nhk 仁王像
5. 晴れ間[1269] kLCC6orU 2016年9月10日 15:59:34 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[392]
いわゆる「有志連合」の空爆についても、仁王像氏は、正確な理解をしていないようである。

基本的な事実の指摘。
イラク戦争後、オバマ政権は、イラクからの撤退を試み、実際に一度撤退した。
2010年8月、米軍のイラク駐留戦闘部隊が撤退。残っていた一部、即ち新生イラク軍の訓練のために残留していた軍人も、2011年末までには、完全撤退していた。仁王像氏は、この点をよく確認すること。

現在の米軍と「有志連合」の軍事行動は、イラク戦争からの延長上にはない。別の新たな文脈で起きていることである。
簡単に言えば、2014年夏(6-7月) にイラクの一部を占領支配したISが、支配地域で「異教徒の少数民族」(特にヤジディ教徒) に対して「民族浄化」「ジェノサイド」(大量虐殺) を開始したからである。
イスラムでは、「改宗しない異教徒は殺せ!」「改宗しない異教徒の女は捕らえて性奴隷にする」というのが「シャリアの定め」である。ISは、それを忠実に実行しているだけである。

欧米を中心とする「国際社会」は、この「ジェノサイド」を座視することはできなかった。過去に、ナチ・ドイツによるユダヤ人のジェノサイドを経験した欧米には、大量虐殺が再び起きるのを許す、という選択肢はなかった。
(この点も、阿修羅の「反ユダヤ主義」の陰謀論者たちは無視しているようだが、「独裁宗教=イスラム大好き」の仁王像氏も全く頓着していないようである。「人権」は「西洋イデオロ」に過ぎない、という考えからなのか?)
ISは「異教徒や不信仰者」に留まらず、欧米出身のジャーナリストや人道支援活動家等を次々と処刑していったから、日本人一般の目には、何が本当の問題なのか、わかりにくいのかもしれないが、「空爆」の直接の契機はそこ(特にヤジディ教徒に対する大量虐殺) である。
「クルド人」への軍事支援も、「少数民族」に対する支援という位置づけ。(戦略的な意図もあったのではあろうが。)
その証拠に、有志連合は、ISと闘うシリアのアサド政権は全く支援しなかった。ISの捕虜になったジャーナリスト等の個別の被害者に対しても、積極的な救出行動には出なかった。「空爆」は、あくまでも限定的な行動だったのである。


事実経過のみ、簡単に整理しておこう。
*-------------------------------------------------
◇2014年8月8日、国連安保理が緊急会合、イラク支援を各国に要請
同日、オバマは「大量虐殺」を阻止するために、イラク空爆を承認。
翌日、米軍の空爆開始。
◆2014年08月13日、国連、イラク北部の少数派に「大量虐殺」の危険性、と警告
◆2014年09月2日 、アムネスティ報告書 :「イスラム国がイラクで民族浄化」
2014年9月4日、米国は、対ISでの国際連携を呼びかけ。英仏は軍事行動を示唆。
2014年9月15日、フランスは、米国の空爆を支援するための偵察飛行を開始。
2014年9月20日、仏軍、ISへの空爆開始
◆2014年09月22日、イスラム国、米と有志連合市民の殺害を呼び掛け
◆2014年10月14日、イスラム国、ヤジディー教徒の女性たちを「奴隷化」
---------------------------------------------------*


仁王像氏は、「空爆」さえ止めればテロはなくなる、などと「呑気」かつ「的外れ」なことをよく唱えるが、そういう単純な問題ではない。
近年、ISなどイスラム過激派が勢いづいてきたのは、1928年以来一貫して「シャリア支配国家建設」を目標にして活動を続けてきた「ムスリム同胞団」の活動が、実を結び始めたから。ムスリム系移民が多く住む欧州には、モスクも林立している。(例えばフランスには現在約2500ものモスクがある。) イスラム過激思想が広がる土壌は整っている。
「ムスリム同胞団」もISも、基本的な思想は同じ。同胞団は「慈善事業団体」ではない。「イスラム国家」という「テオクラシー国家」の樹立が究極目標。
仁王像氏は、自分がなぜ「シャリア支配国家」=「イスラム国家」を支持するのか、「親近感」を観じているのか、それを明らかにすべきだ。そうした「神権政治」の「宗教支配国家」と正反対のもののが、「世俗国家」。非宗教の近代民主主義国家。
「宗教国家」と「世俗国家」、「神の支配」と「人間中心の民主主義」。両者は相容れない。
イスラムが既存の国境を無視して世界的規模で「シャリア支配国家」を作ろうとしている以上、国家体制は住民の「自由な民主的選択」の対象にはならない。ムスリムが無制限に世界中に「移住」(ヒジュラ)を行いし、そこでムスリム人口を多産で殖やし、住民の多数派がムスリムになれば、シャリア支配国家社会が生まれる条件は整う。(フランスでも、ムスリムが集住する地区からは、非ムスリムが逃げ出している。) (なお、なぜムスリムが貧困でも多産かと言えば、女の地位が低いからである。女は多産で子供を支配して、自分の立場と境遇を守ろうとする。)
その「衝突」の現れが、ヴェールやブルキニの問題であり、モスクの乱立であり、イスラム過激派のテロである。(「異教徒と不信仰者は殺せ!」がコーランの教えだから、必然的に殺戮テロは起きる。) イスラムは「平和の宗教」ではない。「差別と暴力と戦争と死の宗教」である。(コーランを読めば解る。)

欧米では現在、イスラムとは「思想信条の自由」を許さない「全体主義の宗教」、「ナチと同じ」、という見方が益々広がっている。
仁王像氏は、イスラムを無批判に称賛するヒマがあったら、イスラムに固有の性格である「全体主義」について考察してはどうか?


http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/246.html#c5

[国際15] パリ ガスボンベ積んだ不審な車 女3人を拘束〜代表的な観光名所、ノートルダム大聖堂の近くで/nhk 仁王像
13. 晴れ間[1270] kLCC6orU 2016年9月10日 21:19:14 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[393]
>>5
> なお、なぜムスリムが貧困でも多産かと言えば [...]

⇒ 自明のことを書き落としていた。ハミド・ザナズ(アルジェリア人の棄教者、作家、元大学哲学教師)が、エジプトの「ムスリム同胞団」メンバー(学生)へのインタビューを自著で引用している。ムスリム同胞団(ひいては他のイスラム原理主義勢力一般)の考えでは、女は職業生活を持つのではなく、家庭にいて子産み子育てに専心するのが努めだ、とこの学生は主張している。 出来るだけ多産であることは、ムスリム同胞団の「ムスリム人口増加策→シャリア支配国家の樹立」「ムスリム人口増加によって欧州を征服する」という戦略に合致しているわけだ。
この学生はまた、古代エジプトの遺跡についても「イスラム以前のものは無価値」と断言している。タリバンも、ISも、マリのサラフィストも、古代遺跡や古代の文物を破壊している。
サウジアラビアのワッハーブ主義以上の広がりをもつ「ムスリム同胞団」が現在のイスラム原理主義諸集団の母胎となっていることを、ここで確認できる。
思想的には、ISも「ムスリム同胞団」も大きな違いはないのである。


http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/246.html#c13

[国際15] パリ ガスボンベ積んだ不審な車 女3人を拘束〜代表的な観光名所、ノートルダム大聖堂の近くで/nhk 仁王像
16. 晴れ間[1271] kLCC6orU 2016年9月10日 23:52:57 : xni5yVaf3k : Fxfse0RTtHo[394]
>>6>>12
>>14>>15

仁王像氏がまた「発狂」している。正直なところ、私は同氏と議論するつもりはない。話に発展性がないから、退屈でつまらないのだ。
いつも同じ事の繰り返し。つまらない論者の引用。それも「日本会議」や「作る会」レベルの「極右」の主張。「学べるもの」がない。


*------------------------------------
> 君の言う通りイスラム教が「悪」で「危険」な宗教なら、何故難民を拍手で迎えたのだ? 
⇒ 欧州流の(つまりキリスト教倫理をベースとした)「博愛主義」のためでしょうね。それに、欧州人でイスラムの本質を知る人は極一部なんですよ。

> さらに先立ち中東・北アフリカなどのイスラム圏から数百年にわたって多くの移民を何故大量に受け入れてきたのだ?
⇒ 「数百年」ではありません。北アフリカからの移民を導入していたのは、第二次大戦後の一時期(1950-60年代)だけです。オイルショック以降は停止していましたが、北アフリカ人の方が押しかけてきて、居着いてしまって、帰らないのです。
イギリス(バキスタン人等)のことは知りません。ドイツ(トルコ人)も一時