★阿修羅♪ > 戦争b18 > 315.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トルコでCIA二人が逮捕/プーチンがエルドアンの命を救った
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/315.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2016 年 7 月 25 日 05:07:37: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 


トルコのクーデター未遂事件については幅広い仮説が立てられていましたが、どうしてもいくつかの疑問点が残っていました(過去の記事)。しかしこの報告書によって、気になっていた点がほとんど理解できました。
 
アメリカのケリー 国務長官 とロシアのプーチン大統領が7月14日に会合をしていましたが(NY Times)、この会合では世界第三次大戦の開戦について話し合われていたのではないか、とも一部で考えられていました。そしてその翌日の7月15日に起きたトルコのクーデターの表面下でも、両国の間で熾烈な争いがあった可能性があるようです。
 
 
****
 
エルドアン暗殺未遂で二人のCIAパイロットが逮捕される:トルコ
CIA Agents Arrested In Turkey For Erdogan Assassination Attempt
7月20日【YourNewsWire】http://yournewswire.com/cia-agents-arrested-in-turkey-for-failed-erdogan-assassination-attempt/ より翻訳




昨年11月にロシア機を墜落させたとトルコ政府が主張する二人のCIA工作員が、エルドアン大統領の暗殺を試みて逮捕されたことがプーチン大統領に報告された。


在トルコのロシア連邦外務省(MoFA)によると、身柄を拘束された二人のCIAパイロットは、昨年シリア上空のロシアのスホーイSU-24m爆撃機を墜落させていただけではなく、数日前の失敗に終わった「クーデター」未遂の際にエルドアン大統領を暗殺しようとしていたという。


Whatdoesitmean.com の報道より


トルコの外務省は数時間前、このクーデター未遂事件の構想の背後にはフェトフッラー・ギュレン指導のテロリスト組織がいると発表していた。しかしロシアの外務省の発表によれば、オバマ政権はクーデター中にエルドアン大統領を殺害し、CIAが「指定した名目上の統治者」であるフェトフッラー・ギュレン氏を代わりに配置させる計画をしていたという警告を発している。
 


私たちの7月17日付の記事では、(今回のクーデターが)オバマ政権・CIAの「企み」の最新の失敗事例であることや、エルドアンが自らの命を助けてくれたとしてプーチン大統領を絶賛する一方で、オバマに対する「復讐」を誓い、さらにエルドアン大統領の命が救われたのも、プーチンがエルドアンの安全を保護するように命令していたロシア連邦のスペツナズ(ロシアの特殊任務部隊)のエリート兵士らの貢献によるものであったと報道していたが、このことはアメリカ人にはほとんど知らされていない。


以下、ロシア政府内に流布されたロシア連邦安全保障会議の報告書の内容:


7月15日にエルドアン大統領がCIA主導のクーデター勢力に対抗するためにイスタンブールに向かって飛行していた際、ロシアのSu24爆撃機を墜落させたのと同じ二人のパイロットがエルドアン大統領専用機を破壊しようと空対空ミサイルで連続追跡していた。
 
しかしエルドアン専用機に殺害目的でミサイルの標的を合わせていた二人のCIAパイロットに対し、オバマ政権の管理者らからその任務を「即座に中止」させ、インジルリク空軍基地に戻るように命令が下された。現時点で、トルコ勢力が捜索しているまさにその場所である。


CIAから任務を中止する命令が出されたのはこの二人のパイロットだけではなく、実際にはレヴァント戦闘地域全体のトルコ、NATO、アメリカの航空機の全機に対してそれぞれの基地に戻るように命令がなされていた。


上空からの援護を失ったCIA主導のクーデター勢力は、トルコ警察や普通の市民の力に圧倒され、エルドアン大統領は同政権の勝利を導くためにイスタンブールに安全な着陸に成功。
 


そしてCIA主導のクーデターを援護していた全航空機に対しCIAが着陸命令を下した理由は、度肝を抜くものであった。


つまりプーチン大統領がロシア国防省のクメイミム(Khmeimim)空軍基地に配置されているS-500プロメティ55R6M Triumfator-M防空システムを即座にアクティブにさせ、それにより120秒以内にトルコ、シリア、イラク上空の「敵対的な」航空機すべてを墜落させ、さらにレヴァント地 域上空の低周回軌道(LEO)内のアメリカ・NATOに属する軍事衛星を一つ残さず破壊するという「脅迫(公約)」をしたことが、CIAによる攻撃停止命 令の理由だったというのである。


西側の普通の市民にはほとんど知られていないことだが、S-500は防空システムとしては世界中でもっとも恐れられている兵器で、最高で10基の弾道ミサイルや極超音速ミサイルを同時に追撃し、最高で高度200kmの上空までの標的に交戦し、航空機や無人航空機を迎撃させるだけでなく、低周回軌道の衛星や大気圏外の破壊的な装置、軌道上の兵器を迎撃可能であり、特殊な不可聴無線チャンネルで稼動する能力のためにあらゆる防衛システムが検知できないシステムとなっているのだ。




エルドアン政権は今週あるいは来週には死刑制度を復活をさせた際には、現在身柄が拘束されているCIAパイロット二人、その他の指令官、クーデターのリーダーであったアキン・オズターク(Akin Ozturk)には死刑が宣告されるだろう。



(画像 Akin Ozturk、 EPA/STR)


同報告書によれば、プーチン大統領が、トルコで二人のCIAパイロットの身柄が拘束されたというトルコからの公式な通知を受領した際、ロシア連邦安全保障会議はロシアのアルカジー・ドヴォルコーヴィチ副首相に対し、トルコストリーム(TurkStream)というロシアからトルコへ天然ガスを送る海底のパイプラインを建設する計画を含む両国間の共同計画というアジェンダは変わらずに検討されることになり、将来に続くということを発表する権限が与えられていた。



http://hellenicinsider.com/the-eus-worst-nightmare-turkey-greece-and-russia-controlling-the-energy-flow-into-europe/ 「EUにとっての悪夢:ロシア・トルコ・ギリシャがヨーロッパへのエネルギー源の流入をコントロールすることに」)



オバマ政権によるガスをめぐる戦争の詳細については、次のリンクに詳しい。
 
http://thewealthwatchman.com/is-this-how-dc-plans-to-stop-the-turk-stream-pipeline/


 
 
 
 
(翻訳終了)
 
 ****
 
【関連記事】


ロシア機撃墜はトルコではなくCIAによる攻撃 ロシア国防省の内部報告書より

 

トルコ大統領息子とISが一緒にいる写真が流出・露パイロット一人は・・・

 

プーチン「テロリストの共犯、トルコの裏切り行為」ロシア機撃墜事件

 

ロシアが第三次大戦を阻止するとエドガー・ケイシーが80年前に予知・・・




トルコでCIA二人が逮捕/プーチンがエルドアンの命を救った 世界の裏側ニュース


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年7月25日 07:34:58 : DvQtnuTDsE : IxLYCqQnhWQ[1]
この投稿を読んでいると、不思議な感想を抑えきれない。それは

日本国民に対する現政権と財界と電通とマスコミの役割の
詳細を解説してみせられたような錯覚を起こさせる。


2. 2016年7月25日 10:03:38 : EHNodJa1EY : O2cxAGAJvyo[140]
お馬鹿な連中にはプーチンロシアが
世界平和に対してどれほどの貢献をしているのか理解できないだろうw
ウクライナもシリアもトルコも間一髪で世界大戦の勃発を阻止されたことを。
どんなに平和な国でも平和を叫んでいても
一瞬で戦争に引きずり込まれることは
ポケモンGOに振り回されるように簡単なことなんだと知るべきだね。

3. 2016年7月25日 13:32:51 : FoozYI3PZF : 0W@FLm@Cvms[211]
プーチン氏の強さは、米国やNATOの強さとは別物ですね。
米国NATOのやり方は嘘、脅しが主であり、弱者への攻撃と分断工作ばかり。

それに、対しロシアプーチンのやり方は、真実、守り、弱者を守る為の攻撃と強い者にも絶対に折れない胆力と強さ。そして分断では無く融和を主としている。

北風より太陽の方が強いのは自明。
北風が何をやろうとプーチンが一枚も二枚も上手であり、最終的には脅される事に疲れた欧州諸国は自国経済の為に、徐々に米国離れが進み、親露へと向かう事でしょう。

そして、断末魔のようにネオコン好戦派が暴れれば暴れる程、より王様が実は裸であるという事を皮肉にも王様自身が世界にその姿を示す事になるでしょう。

その時、王様は裸だと指摘するのは、シリア、イラク、パレスチナ、リビア他、これまで大人達の武力により甚大な被害を受けながら純真な心を失っていない各国の子供達にこそ、それを言う権利があると思いますし、米国の欺瞞に気付いた各国は、今度は彼等を守る側に立たなければならないと思いますね。

平和が何より求められていると思います。

都民


4. 2016年7月25日 13:33:19 : PHNzra2nfg : hCR9cF7fCag[1]
エルドアンはシリアを無茶苦茶にした糞野郎だが、保険のかけ方(ロシアとアメリカEU,NATOを両てんびんにかける)のセンスは抜群に上手いことだけは認めざるを得ない。

もちろん、この記事が真実ならばという前提でだが。


5. 2016年7月25日 17:04:46 : 4wnaEWkfPM : Xyeda77IoQY[121]
納得。すべて辻褄があう。

6. 2016年7月25日 19:01:44 : M6P7nhoK5E : Np5dffau2SU[275]
ロシア軍のスホイを落したのはCiAの人間か
ホントなら、こりゃあすごいニュースですね

想像だが、プーチンはエルドアンに「トルコストリームの利権をやるから、きっぱりと西側の連中と手を切れよ」みたいな懐柔策をとったのかもしれんな
厳しくても優しい人、プーチンにはそう感じさせるものがある

世界支配層が紅白に別れて戦っているヤラセだ、なんてハナシもある
でも、ロシアや他の新興国に対するイヤガラセを見ると、結構マジな感じがする
今回の件もそうだが、よりマシな方を応援し、良い事があれば素直に喜ぶ位いいだろう
最初はその気はなく、ヤラセだったとしても、世界のマトモな人々から応援され続けたら、本当に頑張っちゃう可能性だって、人間誰しもあるのだから


7. 2016年7月25日 20:25:08 : vWH0Fy7bYc : mIoLdZotStw[15]
シリアのアサド大統領もシリアの侵略を受けて人間が変わったみたいな話を聞いた、どこまでが嘘でどこからが本当なのかは知らないけども。
エジプトやサウジアラビアもそうやって変わってくれたら良いのですが、彼らは無理っぽい感じがする。

8. 2016年7月25日 21:10:37 : hynQAM2ChA : vsEz3OLWJF4[38]
板挟み 腹をくくった エルドアン

9. 2016年7月26日 11:26:21 : 4XSCoZsTKk : 7wnzgWh_QoU[1]
戦術大国トルコ、2枚舌3枚舌のアメリカ、それらの上をいく超軍事大国ロシア、「寸止め」ルールの試合のはずが、「マジ」になったバカが出てきちゃ迷惑だわな。

10. 2016年7月26日 13:24:31 : OYl0Rcim3o : ki5NZagVuZk[3]
プーチンさんはやるね。武士道の精神を持ってる。

11. 2016年7月26日 20:50:36 : 2d12j79VS6 : 4z0Dfh1CCaw[114]
この話はとても面白い。興味がわく。
だが、トルコはNATOの一員だ。
この先どうするべ〜。

もっともNATOもEUが抜ければアメリカと、イギリスのみ。トルコもいた。だがトルコはロシアについた。
EUはそれぞれの国が、陸海軍を合併させているね。
ドイツはオランダの陸軍を合併させ、海軍はオランダに合併させる。
この形がどんどん加速しているようだ。
EUは内部で軍事協定を行ってイギリリス排除に成功したんだがこの先は。
戦争をしない方向へ行くことは間違いないだろう。

排除されるのはアングロサクソン。そしてアメリカだろう。
アメリカの飼い犬のちんころ日本はどうなるんだ。
日本院よ、確りせい、世界を見てみろ!


12. 2016年7月27日 04:39:47 : uiEqbT9sWg : kkgNcpCl1Jg[139]
戦争を起こしたがってる連中は政府に多数の同胞を送り込む、
それも組織の中の上層部を狙う、それらの連中は勿論国民の為に
仕事をする能力や才能や性格ではない、元々戦争をしたがってる者達に囲われ
育てられた又は弱みを握られた者達でそれら操り人形は組織の中で出世し
上層を占有する、
そしてそれら連中はやがて組織を乗っ取り意のままに国なり宗教なり
会社なり報道なりそれら組織を動かすことになる。
そして国は戦争になり膨大な人員と国の資産が奪われる。

13. 2016年7月27日 05:40:43 : rhTKrtiHTM : @usiDImVKSA[4]
世界政府からハシゴをはずされた?

安倍晋三一味、

不正選挙もロシアに情報は握られているんだよね♪

騙されるのはマスコミ程度だよね♪

マスゴミ諸君、

不正選挙補助はやめないか! 

良心が痛まないか?

ロシアにびれて


14. 2016年7月27日 05:43:43 : rhTKrtiHTM : @usiDImVKSA[5]
マスゴミ諸君、

不正選挙補助は有罪だよね♪


15. 2016年7月27日 07:18:26 : fpt8itpB5Q : zW@YYVl31Kw[860]
中東の極悪トリオ、イスラエル・サウジ・トルコが
プー様のお導きで良い子に改心しつつある
EUの極悪トリオ、英・独・仏がアメリカから逃げ出そうとしている
安倍一味が中国包囲網として、フィリピンやベトナムをけしかけてるが
バングラディシュでは返り討ちに合う始末

安倍一味の朝鮮人だけがアメリカに追従している
アメリカが崩壊したら日本もお終いという考えがあるのか知らんが
実に情けない


16. 2016年7月27日 08:36:27 : riwgxq1iJ6 : Bd5Q3wVbe7A[446]
この現状からみてもはやアメリカ軍の用心棒理論は破壊されたようなもの。もう不必要なアメリカ軍ではないか。トランプが大統領となれば、きな臭い匂いは薄れていくだろう。ヒラリーはアナログ思考でプーチンに対峙し、戦争に勝てると米国民をだまして、戦争経済を続行させる。もはお沖縄での吉は無意味なもので、中国もこのロシアの技術と同等の戦闘兵器を開発している。中国には負けるであろうアメリカの軍事力はもはや世界からは相手にされなくなって行く。騙し続けて70年。日本国民が目覚める時が到来し、沖縄での米国軍の無駄に撤去運動が過熱していくことだろう。当てにならない用心棒。気が付けば、戦後以来進歩していないアナログ兵力で、はったり軍事力だったということである。もし中国軍と戦わば、5日で日本軍は殲滅される。いまこそ外交力が試されているのである。

17. 2016年7月28日 00:36:41 : tWOLq2luWk : R@9oZd0MDLU[8]
ほぼ辻褄が合う。アメリカが有効な宣伝が全くできないことがアメリカ・CIAの苦境を物語っている。

もはやウクライナ傀儡政権すら風前の灯なのではないか。また破綻国家とされるギリシャは中国からの金で当座の資金不足をしのいでいるようだ。

イギリスが抜けたEUはもうそれほど打つ手はない。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b18掲示板  
次へ