★阿修羅♪ > 戦争b18 > 369.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
リムパックで海上自衛隊を露骨に侮辱した中国海軍 海軍の信義を再びないがしろに(JBpress)
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/369.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 04 日 00:23:50: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

              リムパック2016の参加艦艇(写真:アメリカ海軍、以下すべて)


リムパックで海上自衛隊を露骨に侮辱した中国海軍 海軍の信義を再びないがしろに
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47516
2016.8.4 北村 淳 JBpress


 2年ごとにアメリカ海軍が主催してホノルルを拠点に開催される世界最大規模の多国籍軍合同海洋軍事演習である「リムパック(RIMPACK)」が8月4日に閉幕した。


 今年のリムパック2016には、前回に引き続き中国海軍が参加するということで、一部のアメリカ海軍関係者たち(対中強硬論者たち)の間では、中国海軍の参加(というよりはアメリカ政府が招待したことに関して)活発な論議が交わされていた。


 しかし、前回と違って、メディアは中国海軍の2回目の参加に高い関心を寄せてはいなかった(中国海軍からは、2012年にまず観戦武官だけが参加し、2014年から艦艇・部隊が参加している)。


■対中融和派に押し切られた対中強硬派の「反対」


 リムパック2014では、中国海軍はリムパックに参加していた4隻の艦船(駆逐艦、フリゲート、補給艦、病院船)以外にも情報収集艦(スパイ艦)を演習海域に派遣した。(本コラム2014年7月24日「ホノルル沖に出現した招かれざる客、中国海軍のスパイ艦『北極星』」http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41297)この情報収集艦「北極星」は、主としてアメリカ海軍空母に寄り添うようにして執拗に多国籍海軍の電子情報の収集に努めていた。

 合同演習参加国が、参加艦艇以外の軍艦それも情報収集艦を派遣して、演習“仲間”の各種情報をスパイするという行動は前代未聞の挙であったため、多くのアメリカ海軍関係者たちが怒りをあらわにした。アメリカのメディアも取り上げ、「中国海軍のリムパックへの参加は、今回が最初で最後となるであろう」という声を上げる対中強硬派の連邦議員もいた。


 このスパイ艦派遣事件にもかかわらず、アメリカ政府は2016年のリムパックにも中国海軍を招待することにしたため、一部のアメリカ海軍関係者や連邦議員などからは強い疑義が呈された。


 しかし、中国海軍招待はオバマ政権の意向でもあるし、アメリカ海軍内部にも「中国海軍とアメリカ海軍による軍軍関与(mil-mil engagement)を深めることは両海軍の相互理解を促進し不測の衝突を避けることにもつながる」といった声も少なくなかった。そのため、対中強硬派の反対は対中融和派に押し切られてしまったのである。


■表面的には問題を起こさなかったが・・・


 さすがにリムパック2016では、5隻の演習参加艦船(駆逐艦、フリゲート、潜水艦救難艦、補給艦、病院船)以外の中国海軍艦艇がホノルル沖に出没することはなかった。



リムパック2016に参加した中国海軍フリゲート「衡水」



リムパック2016に参加した中国海軍駆逐艦「西安」



リムパック2016に参加した中国海軍潜水艦救難艦「長島」



リムパック2016に参加した中国海軍病院船「和平方舟」



リムパック2016に参加した中国海軍輸送艦「高郵湖」


 ただし、中国スパイ艦に代わって、ロシア海軍駆逐艦が合同演習を監視し情報収集活動を実施していた。ロシアは2012年にリムパックに参加したが、前回も今回も参加していない。よって、このロシア駆逐艦は2014年の中国情報収集艦とは意味合いが全く違う。


 中国海軍情報収集艦「北極星」が問題になったのは、多国籍演習参加国が“海軍仲間の信義”を踏みにじってスパイ艦を派遣したからである。参加国でないロシアが公海である演習海域に駆逐艦を派遣しようが情報収集艦を派遣しようが、海軍演習には織り込み済みの事態であり、目くじらを立てる問題ではない。


 今回、中国海軍はスパイ艦を派遣しなかっただけではなく、各種演習でも何のトラブルも起こさなかった。そのため、米中海軍の軍軍関与を重視しているアメリカ海軍関係者たちは「やはり中国海軍をリムパック2016に招いたことは成功であった」と公言している。主催者側の公式記者会見などでも、中国海軍が何らかのトラブルをもたらしたとの発表はなかった。


 しかしながら、少なからぬアメリカ海軍関係者たちの間からは、中国海軍が再び“海軍仲間の信義”を踏みにじる事件を引き起こしていたとの指摘がなされ、「中国海軍には軍軍関与の意義など当初から眼中にない」との声が上がっている。


■再び海軍の信義をないがしろにした中国


 アメリカ海軍の公式発表や報道などで取り上げられなかった「中国海軍による“海軍仲間の信義”を踏みにじる事件」というのは、海上自衛隊に対するきわめて無礼な態度である。


 20カ国以上もの海軍が参加する大規模な多国籍海軍演習であるリムパックには、各種海洋軍事作戦能力の研鑽という目的に付随して、対中融和派が強調するように米中間のみならず様々な参加国間の軍軍関与を進化させるという役割も存する。そのため、およそ1カ月にわたるリムパック開催期間中に、各国の軍艦では参加国の代表たちを招いてのレセプションを開催したり、参加国の将兵だけでなく一般の人々にも軍艦を公開する“オープンハウス”を実施したりする。



リムパック2016でアメリカ軍艦を訪問した海上自衛隊真鍋海将補


 このような交流・親善の機会を設けることにより、わだかまりのある国家間といえども、少なくともリムパック期間中には“海軍仲間”として友好的に振る舞うのが当然とされている。


 例えば、リムパックの常連である日本と韓国の“仲の悪さ”を、主催者であるアメリカ海軍は気にしているが、海上自衛隊と韓国海軍はレセプションや“オープンハウス”などでもきわめて友好的に交流を続けている。


 ところが、今回のリムパックでは、中国海軍が海上自衛隊に対して露骨に侮辱的な態度をとった。


 アメリカ海軍関係者が問題にしているのは、少なくとも2件の“海軍儀礼上あってはならない”事件である。


 その1つめは、海上自衛隊軍艦で参加国代表者たちを招いて開催されたレセプションに招待された中国代表団が欠席したという、リムパックでは前代未聞の出来事である。


 そして2つめは、中国軍艦で開催されるレセプションに海上自衛隊を招待しなかったというこれまたこれまでのリムパックでは起こりえなかった事態である。


 後者のトラブルに関しては、中国海軍が公式レセプションから海上自衛隊を排除しようとしているとの情報を得たアメリカ海軍が、主催者として中国側に警告を発したため、結局は海上自衛隊も招待されることになった。


 このほかに、中国艦で開催されていた“オープンハウス”を訪問した海上自衛官たちが乗艦を拒否されたケースもあったといい、少なからぬアメリカ海軍関係者たちは中国海軍の非礼を非難している。


■公式には聞こえてこない中国による対日侮辱


 このような、一部のアメリカ海軍関係者たちから見ると“海軍の信義”を踏みにじった中国海軍による海上自衛隊への侮辱的態度は、主催者であるアメリカ海軍の公式報道でも、アメリカのメディアの報道でも取り上げられることはなかった。


 以前よりリムパックへの中国海軍の参加に疑義を呈していた米海軍関係者たちは、次のように声を荒げている。


「中国海軍による海上自衛隊に対する無礼な振る舞いが、中国政府の意向に基づいていることは明白である。中国にとって、露骨に侮辱しても反撃してこない日本は、今後も格好の標的に違いない。この事例から見ても、中国に対して軍軍関与の効果など期待しても無駄なことは今や明白だ。南シナ海での人工島軍事基地群の建設をはじめとする中国の軍事進出という現状に直面しているにもかかわらず、中国に対して融和的な態度に終始していると、とんでもないことになる」


 しかしながら、このような対中強硬論的な声は米海軍関係者の中でも少数派である。そのため、なかなか公式声明などには反映されない。


 リムパックでの中国による日本を侮辱した事件を問題にする勢力が、アメリカ海軍の中でも少数派にとどまっているのが現状であることを、我々は肝に銘じなければならない。



リムパック2016に参加した海上自衛隊ヘリコプター空母ひゅうが



リムパック2016に参加した海上自衛隊駆逐艦ちょうかい



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月04日 05:19:14 : Qk0z0gVGLY : lQZkNLxHm_4[533]
JBpressも中国を挑発したくてしたくてしょうがいないのはわかるんだが。
でも攻めてこないよなあ。

そりゃアメリカと日本の軍産複合体は中露が攻めてきてくれれば大喜びというか
大もうけというか、生活に困りかけてる昨今あれだもんなあ。

でも攻めてこない。そこまで頭悪くないつうことだな。


2. 2016年8月04日 19:55:23 : M0vBK9n6zo : nfeg6IWsVl4[1]
 んなぁ事はどこの国でもやってるよw
勿論日本もやってる
中露が合同で会場演習をやれば海上自衛隊の情報収集艦がピタリとついてる。
別に露中が文句をつけると言うことはない。
お互い様だからだよ。

この盆暗は話を捻じ曲げることばかりだなw


3. 2016年8月05日 20:45:21 : EAn9Jw1JNA : ZkKr4Cr_6z4[17]
>>2
海自に情報収集艦がいたとは驚きだな。
しかしあなた、このリムパックでの件に関して「中露二カ国の演習に海自も付きまとうもん」って言っても的外れことがでしかない、ってことがわからないの?

4. 2016年8月05日 23:12:22 : 7hmq8OkPl2 : @B2Mc0_x6eU[18]
中国海軍が、米国の属国海軍に敬意を表さないのは当然だろ。
海上自衛隊艦隊など第七艦隊の一護衛部隊にすぎない。どこに国防軍の誇りがあるのか。
そんな植民地海軍でも現状では、空自と一体となれば、コピー装備だらけの中国空海軍に勝つ実力を備えている。本当に武力衝突を恐れているのは中国の方だよ。
でも、中国は安心して日本を挑発している。なぜって? 米軍が自衛隊を羽交い絞めしているからさ。どんなにおちょくっても日本は手も足も出せない。最大の貿易相手国である中国が日本軍に撃破され、大混乱に陥れば米国も大きな被害を受ける。
米国は在日米軍の出動をチラつかせて日本政府を脅しまくる。
中國攻撃は、まず日本から米軍をたたき出してからだ。
しかし、中国を攻撃したくてうずうずしている連中は、米国崇拝・追随者ばかりだ。かくして、日中戦争はありえない。軍事費稼ぎのための「中国脅威論」が宙を舞うばかりだ。


5. 2016年8月06日 23:59:09 : jBXdBvcmPY : loViQ5cnqVw[242]
世界中、海軍同士で仲良くやってる方がキモいとおもわんか。世界の海軍がお仲間なら敵は誰なんだ?軍事費(軍隊の利権)をケチる各国の一般市民か?71年前のように。

大体、アメリカ人と違って日本人は中指を立てられたら自動的に激高して殴りかかるような人種ではない。もし屈辱に耐えられず侮辱に対して激高する民族なら見所もあるが、それなら今頃アメリカと同盟など結んでいないだろう。原爆をはじめとした爆撃で全国を焦土にされ、小学校に爆弾を落とし女子供を艦載機が12.7mm航空用M2重機関銃6丁で撃ち殺して回る残虐行為を目の当たりにしていながら、アメリカのケツメドを嘗め回して喜悦しているような変質者を首相に選ぶ民族に、わが海軍が中国に侮辱されたから激高しろって?

俺の知る限り、アメリカ人を虐殺した憶えはない。中国人を虐殺した憶えはある。中国は日本を侮辱する理由がある。日本がアメリカを侮辱する理由があるようにな。中国は当然の反応を示しているだけだ。それよりもアメリカに対して当然の反応を示さない日本にこそ強い不満がある。

今日は71年前、広島に原爆が投下された日だ。
毎年憎しみを新たにせよ。


6. 2018年6月03日 10:09:45 : UlvZ6m7OdQ : U@b8oM0XgEk[4]
チクショーナメやがってー
こうなったら戦争だー

とかないからwww

防衛費増額だー、もないぞ
つうか倒産して死ねよ、武器屋w


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b18掲示板  
次へ