★阿修羅♪ > 戦争b18 > 398.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
傍若無人の中国、尖閣奪取作戦をついに始動 ガス田には新設備建設、力による支配を徹底へ(JBpress)
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/398.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 09 日 00:32:50: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

中国・北京で撮影された地図。中国が南シナ海で領有権を主張する海域が赤い点線で描かれている(2016年6月15日撮影)〔AFPBB News〕


傍若無人の中国、尖閣奪取作戦をついに始動 ガス田には新設備建設、力による支配を徹底へ
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47567
2016.8.9 森 清勇 JBpress


 東シナ海も風雲急を告げてきたと思うのは筆者だけではないだろう。

 日中中間線付近のガス田開発ばかりでなく、尖閣諸島周辺における中国の公船や軍艦、戦闘機などの動きをみると、明らかに「力の支配」に移行しつつあることが分かる。

 日本の対話姿勢を相手は話し合いのための「抑制」とは受けとらず、「意気地なし」と見るようだ。従って、「引く」以外に対処しない日本の行動を見て、中国はどんどん出てきている。毛沢東の「敵退我進」(日本が下がれば中国が出る)のセオリー通りである。

 日本の過剰な、いや異常な遠慮というか抑制が、相手に傍若無人の行動をとらせている。今や日本は中国に対して、毛沢東のもう1つのセオリーである「敵進我退」を思い出させる必要がある。

 仲裁裁判所は南シナ海における中国の九段線や人工島の主張には法的根拠がないとして認めなかったが、中国は国際社会を敵に回してでも、爆撃機を飛行させるなどして「力の誇示」による支配を強めている。東シナ海でも同様の力の支配を鮮明にしてきた。

 話の席に着かせ、合意を守らせるためにも、日本の主張を行動で示す必要があるようだ。そのためには、中国の挑発に乗るわけではないが、相手に文句を言わせないためにも中国的手法で押すことではないだろうか。

 中国が南シナ海で強引に灯台を次々と設置していった言い分、そして東シナ海の日中中間線でのガス田施設の一方的建設を援用して、日本は自国領である尖閣諸島に灯台などの施設を設置することである。

 同時に、比国の南シナ海における申し出を裁いた仲裁裁判所に、尖閣諸島の帰属を提訴するようにしたらいかがであろうか。

■中国の勝手すぎる行動

 中国は南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島のいくつかの人工島に灯台を設置するにあたって、「航行の安全と自由」及び「利便性」(「産経新聞」28年4月7日付)を挙げて進めてきた。

 石原慎太郎氏などは早くから尖閣諸島に灯台や船溜まりを設置するように注意喚起し、実際に行動もしてきた。その後、都知事時代には国が動かないので都が買い上げる動きをして賛同者から寄付を募った。

 実現する直前の段階で、政府(野田佳彦首相)が中国の反発を和らげ、「平穏かつ安定的な維持管理」をするためとして国有化した。その後も、日本は中国の顔色を伺うばかりで、実際は何もしないで、風前の灯とさえ言われる状況になってきた。

 日中は2008年6月に東シナ海の日中中間線付近にあるガス田の共同開発で合意しているが、2010年9月の中国漁船の巡視船への追突事案をきっかけに交渉は中断したままである。

 それをいいことに、中国は合意を無視して中国側ガス田に一方的にプラットフォームを建設してきた。2015年7月判明したプラットフォームは16基である。

 今年6月にはこのうちの3基にヘリパッドなどの上部構造物が設置されていることが分かり、また2基が連結されるなど、施設は拡大の一途である。天然ガスの生産活動を示す炎も見られている。

 萩生田光一官房副長官は「日中間の海洋境界が未だ確定できていない状況で、一方的な開発を進めていることは極めて遺憾だ」として、外交ルートで中国に抗議したことを明らかにし、「合意実施のため協議を早期に再開するよう求めていきたい」と述べている。

 ある時点から突然、尖閣諸島を「核心的利益」として自国領と主張し、尖閣諸島を監視する「温州指揮総合保障基地」を尖閣諸島に近い温州市に計画していることも判明している。

 中国は戦力の増強とともに、本格的に尖閣諸島の奪取を意図しつつあるようだ。そのための勝手な言い分も目立つ。

 日中中間線交渉では大陸棚を持ち出し、海洋法に基づいて日本が主張する中間線を採用しようとしないが、ベトナムとの交渉では、ベトナムが大陸棚を主張するのに対し、中国は日本が主張する中間線を主張しているのである。

■中国の言行は矛盾だらけ

 ハーグの仲裁裁判所の判決以降の中国の動きを見ていると、国際社会で取り決めた法の支配を受け入れない中国であることがはっきりする。もはや顔色伺いだけで中国の動きを止めることはできない。

 中国は仲裁裁判所の裁定が出る前から岩や低潮高地での領有権主張ができないことを認識していたゆえに、埋め立てて人工島に仕立て「航行の安全性」と「利便性」を理由に灯台を設置していったとみられる。

 そこで、実効支配で示威していく以外にないと腹を決めていたようだ。人工島の構築、飛行場の設置、対空ミサイルの配備、航空機の発着などは、そうした証であろう。

 ただ、軍事一辺倒では従前の主席発言などとの兼ね合いから国際社会を納得させることができないため、航行の安全や利便性などを主張してカムフラージュいたに過ぎないとみていいだろう。

 仲裁裁判所の判決で、いよいよ法的に領有権の主張ができなくなった中国は、もはやカムフラージュしている段階ではないと思い始め、防空識別圏も念頭に入れつつ最新鋭の爆撃機を飛行させ始めたとみるのが至当ではないだろうか。

 また、中国には交渉の原則がない。いや、自国の勝利に向けた交渉スタイルしか採用しないと言える。先の日中・中越中間線問題もそうであるが、下記の合意無視もそうである。

 「中国と比国は1995年以来、南シナ海紛争を双方の話し合いで解決すると合意しており、海洋法も当事者間の交渉を優先する決まりなのに、その枠組みを無視した比国の提起は無効だ」

 「海洋法の調停は当事者全員が同意しないと始まらない規則で、中国が反対したまま調停が始まるのも無効だ。海洋法の調停は、領土紛争に踏み込めないと規定されているが、本件は領土紛争であり、海洋法機関は自らの規定に違反している」

 こう中国は主張する。

 中国は比国に対しては「話し合いで解決する」という合意にもかかわらず、裁判所に提起したのは無効であると責めるが、日本とのガス田開発の合意は無視して一方的に開発している。中国の言行には矛盾ばかりが目立つのである。

■力しか信じない中国への対処

 国際軍事情報IHSジェーンズは2013年7月、中国はフリゲート艦のミサイル発射台や艦載砲(口径100ミリ)の旋回砲塔を取り外し、前部の37ミリの機関砲だけを残して公船に改造していることを伝えていた。

 この改造フリゲート艦が2015年12月、尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域を航行していることが確認されている。

 香港の人権団体、中国人権民主化運動ニュースセンターは同時期、「3隻のフリゲート艦が既に改造を終え、ほかに2隻の駆逐艦が改造中で、計5隻が尖閣海域に投入される可能性があると明らかにした。中国が領有権をさらに強硬に主張しようとする姿勢の表れ」と述べている。

 2016年4月初旬、海上自衛隊の潜水艦1隻と護衛艦2隻がフィリピンのスービック湾に寄港した。15年ぶりの海自艦の寄港である。護衛艦はその後ベトナムのカムラン湾にも寄港した。

 スービック湾もカムラン湾も南シナ海に面しており、冷戦崩壊前は米海軍が常駐ないし利用していた港湾である。

 その当時はもちろん中国が今日のような人工島を構築し、ミサイルなどを持ち込むことはなかった。しかし、米軍が去った空白期間に中国が軍事力を投射するようになった。

 力しか信じない中国に対しては、法の支配とともにその裏づけとなる力を見せつけることが何より大切であることを教えている。

 日本は手遅れにならないためにも、米国はじめ、台湾、インド、東南アジア諸国および豪州などとも連携して、航行の自由作戦を行うことである。

 同時に、領海・領空侵犯に対しては国際慣習法などに基づき対処できる法体制を、早急に確立することである。

■おわりに

 東シナ海では日本が穏便に話し合いで物事を進めようと努力している間にも、中国は臆することなく示威行動で既成事実を積み重ねている。しかし、ことは東シナ海ばかりではない。

 北海道などで中国資本が買い占めているリゾート地や山林など、東京ドームの何十倍、何百倍もの敷地、山林では、誰が何をやっているかなど、一切、分かっていない。

 2008年4月26日、中国(オリンピック開催)のチベット支配に抗議して行われた長野トーチリレーでは、「街頭に林立する巨大な五星紅旗(紅旗)。ウンカの如く蝟集(注:報道では数千人)し、『中国、加油!』(チャングオ チャーヨウ)と大音声の北京語で怒声を浴びせてくる中国人留学生の大群・・・。(中略)日本の領土にいながら数の上では完全に中国人に圧倒されていた。沿道には長野市民の姿はほとんどなく、紅旗と北京語のシュプレヒコールを忌避して逼塞しているようだった」(関野英之『目覚める日本』)。

 旅行客増大や留学生受け入れで、どんどん中国人が日本にやって来ている。しかし、途中で行方をくらましたり、学業を放棄して所在不明になる者もいると聞く。

 もしかして、こうした人物が、先ほどの広大な敷地などにかくまわれ、日本の治安が悪化した場合などに蜂起するような特訓でも受けているのではないかと想像すると、身の毛が弥立つ。

 東シナ海や尖閣諸島で問題が発覚し、日本人の目がそちらに釘づけにされているところに、北海道などで特訓を受けた一団(それも100人も1000人もの軍事組織的な集団として)が狼煙を上げ、騒擾事案を起さないとも限らない。

 考えれば考えるほど不気味である。尖閣諸島に確固とした施設を建造し、日本人を常駐させて安定させなければ、いずれ、力の支配に飲み込まれてしまうのではないだろうか。

 中国の夢は日本の悪夢とは言いすぎであろうか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月09日 13:24:41 : E19faePbDH : PR8eMRCQA@8[4]
こうやって敵意を掻き立てるわけか。しかし残念ながら領土問題で日本を全面的に支持する外国はアメリカを含めて世界中どこにもない。

2. 大和狼[548] keWYYZhU 2016年8月09日 18:00:20 : tmUdaCHHuA : blgR0k5DmEo[10]
気違いに刃物とはまさにこの事よ。

話し合いも常識も通用しない。

譲歩すればさらに譲歩を強いて来る。

尖閣は乗っ取られると、桜井誠くんは言っている。
多分軍事的に敵わないだろう。

鬼畜中国共産党は日本の手出しを誘って待ち構えている。

棚上げなどある筈もない。

日米安保条約で何の為に沖縄に無理矢理米軍基地を置き苦労しているのか。

南シナ海で哨戒示威行動に当たっている米海軍に駆けつけ警護示威行動を安倍は要請すべきだろう。

米軍が不介入と言うなら日本国も集団的自衛権は断念し単独防衛軍事行動に転換するしかない。
メドベージェフの北方ロシア軍も北海道同時侵攻する可能性も想定ぢ国防を固めるしかない。

日本国民の犠牲も夥しいものになるだろう。

無抵抗で中国共産党の日本侵略を許せばもっと多数の日本人が殺戮処刑されるだろう。

これが戦争の現実だ。

第3次世界大戦のきっかけになりかねない。


3. 2016年8月10日 02:56:17 : AxDVKHkYBM : a@CmkeMSx4A[7]
2 ↑ は実際はネトウヨのおっさんか。

4. 2016年8月10日 17:35:33 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[763]
完全なる 「ウヨの妄想」  願望とでも言うべきか

誰がどう考えたって、尖閣を軍事侵攻 電撃占領したって なんのメリットもないし
尖閣を占領する前に 台湾を軍事的に支配下に治めなければ話にならない
米軍と密接な協力関係にある台湾を なんとかしない内に 尖閣を占領しても すぐに背後を突かれ
それこそ かつての第二次大戦の 「ガダルカナル島の再現」 となってしまう

常識的に考えれば、さらにその前に フィリピンを攻撃するのが順序というもので
いきなり世界最新鋭の装備を持つ日本の自衛隊を相手取るほど 馬鹿が揃っているとは考えにくい
組み易い相手から倒していくのが兵法の常道、ましてや中国は 孫子の兵法の 本家ではないか。

まあ、本当にやるなら 中国の 国家としての自殺行為 しかし、ネトウヨ諸君の期待に応えるほどの
結果には なりそうもありませんな

それに、どう考えても やるなら日本が 民主党政権だった時期が最大のチャンスだったはずですが
(これは ネトウヨ連中が 必死に喧伝していた事ですけど^^;)


5. 2016年8月11日 01:22:43 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[87]
ネトウヨって朝鮮語だろ。

よって朝鮮の希望的観測かね。

もちろん尖閣有事には北朝鮮はトンする韓国に同時侵攻だろ。


6. 大和狼[549] keWYYZhU 2016年8月11日 16:29:39 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[89]
私はここでネトウヨと呼ばれた者だがね。

今回の顛末は悪ガキ集団のにらみ合いよりマンガ的だったね。

北朝鮮も人寄せパンダ。吉本興業お笑い劇場。

無駄なカネ使わないで人民の幸福と安寧の為に還元しろ!

戦争を止め核廃絶し日本近海のアラブの3倍の埋蔵量ともいう石油ガス資源を世界に配分し、水素発電燃料電池で日本が世界の平和を売ってやるぞ。

中国は尖閣で南シナで何が欲しいのかはっきり言え!

塵芥霞を欲しても何になる。

以上ネトウヨと言われる日本人オヤジの心意気だ。

恥ずかしく無いのか!? (笑)
俺は平和に暮らしている。


7. 2016年8月11日 16:35:53 : hy55y1MCkU : h4GysCZjF7o[90]
↑ 歳のせいか暑さのせいか明るい顛末のせいか
今回の顛末、始末書のコピーを忘れた。

:のっぺらー ★@\(^o^)/:2016/08/11(木) 11:15:19.86 ID:CAP_USER.net
米 尖閣諸島周辺の中国公船の活動に懸念表明
沖縄県の尖閣諸島の周辺海域で、中国当局の船による活動が活発化していることについて、アメリカ政府は懸念を表明したうえで、「尖閣諸島の日本政府の施政権を損なわせようとする、いかなる行為にも反対する」として、中国の動きをけん制しました。

尖閣諸島では今月5日以降、中国当局の船が領海侵入を繰り返し、10日も久場島と魚釣島の沖合の接続水域で航行しているのが確認されました。この問題について、アメリカ国務省のトルドー報道部長は10日の会見で、「尖閣諸島周辺で中国当局の船が増えていることを懸念している」と述べ、中国側の動きに懸念を表明しました。

そして、トルドー部長は尖閣諸島は日本の施政権下にあり、日米安全保障条約の適用範囲だという立場を改めて示したうえで、「尖閣諸島の日本政府の施政権を損なわせようとする、いかなる一方的な行為にも反対する」と述べ、中国の動きをけん制しました。トルドー部長は前日の9日の会見でも、「日本政府と緊密に連絡を取りながら状況を監視している」と述べ、尖閣諸島についてのアメリカの立場を強調していました。
http://hosyusokuhou.jp/archives/48206323.html
DQN ★:2016/08/11(木) 13:41:09.54 ID:CAP_USER9.net
中国当局の船 すべて尖閣諸島沖の接続水域を出る
今月に入り、中国当局の船の活動が活発化している沖縄県の尖閣諸島の沖合では、11日午前9時までにすべての中国当局の船が日本の領海のすぐ外側にある接 続水域を出たのが確認されました。領海内にも中国当局の船は確認されておらず、海上保安庁は引き続き警戒を続けています。

尖閣諸島沖では、9日まで3日連続で中国当局の船が日本の領海に侵入するなど活動が活発化していて、海上保安本部によりますと、10日の午後3時の時点でも、領海のすぐ外側にある接続水域で中国当局の船合わせて7隻が確認されていました。

その後、中国当局の船は接続水域に入ったり出たりを繰り返していましたが、11日午前9時までにすべての船が接続水域を出たことが確認されたということです。領海内にも中国当局の船は確認されておらず、海上保安庁は引き続き警戒を続けています。

マスク剥ぎ(東京都)@\(^o^)/:2016/08/11(木) 12:34:33.26 ID:gSkcoa2M0●.net
報道発表
中国漁船とギリシャ籍貨物船の衝突事案の救難救助
http://hosyusokuhou.jp/archives/48206028.html
平成28年8月11日
1 本11日午前5時32分頃,ギリシャ籍貨物船から,尖閣諸島魚釣島北西約67キロメートル(約37海里)の公海上で中国漁船と衝突した旨遭難通信を受けたところ,海上保安庁の巡視船及び航空機が現場海域に急行し,漂流した中国漁船船員6名を救助しました。現在も現場海域にて行方不明者の捜索・救助にあたっています。

2 これを受け,日本政府から中国政府に対し,東京及び北京の外交ルートで通報したところ,先方からは謝意が表明されました。


8. ボケ老人[633] g3uDUJhWkGw 2016年8月13日 20:18:28 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[41]
大和狼 さんが頑張って書き込んでいるけれど。
尖閣問題の落としどころをどう考えているのだろうか?
まさか山本五十六の真珠湾強襲、損害に驚愕した米国民の厭戦気分とソ連による仲介などという夢物語を考えているのではないだろうな。
いやそこまですらも考えていないだろう。

まず南シナ海を統一的に占有したのが日本だということを知っているかい?
中国はその真似をしているだけだ。
日本が占有する前は周辺漁民の入り会いの海であった。
さらに中国が乗り出すよりも先にヴェトナムが西沙諸島の一部を占領しているのだ。

次に尖閣問題は口先右翼で逃げ足の速い石原慎太郎が、実効支配している側が騒いでも何の得にもならないにもかかわらず、偏狭なナショナリズムを煽って火を付け、米国がHotな紛争を望まないことが分かると新東京銀行の失敗もあって知事職を投げ出しスタコラと逃げたのだ。
尖閣が純粋軍事的には何ら意味がないことはプロである元海上自衛隊艦隊司令官香田洋二が
『我が国の安全保障上の価値、および一方的に領有権を主張する中国にとっても国民感情上のメリットはあっても、純粋の安全保障上の価値はほとんどない』
と述べています。

要は日本が挑発し、中国が過剰反応しているのである。
中国脅威論を振りかざすのでなく、問題の発端が日本にあることを認めて謝罪し、中国に大人の対応を望むことだ。
中国にへりくだるのではなく、このまま挑発の応酬となると中国にとってもデメリットが多いことを辛抱強く説くしかない。

宗主国アメリカ様はHotな紛争となることを望まないが、それ以上に日中が組むことを忌避することに留意しなければならない。
これがアングロサクソンの常套手段だ。

     


9. 大和狼[551] keWYYZhU 2016年8月14日 02:05:02 : 1hTYD6Y7o6 : OvL5FO82O2o[53]
↑ こういう人は沖縄も戦略的価値はないと言いかねないな。

あくまでも白旗を掲げて戦線に話し合いに行くのが平和的な大人の対応だったほ高説ね。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b18掲示板  
次へ