★阿修羅♪ > 戦争b18 > 561.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
命のやり取りの最中に1億4000万冊を戦地に届けた国 
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/561.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 03 日 01:05:55: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

命のやり取りの最中に1億4000万冊を戦地に届けた国
http://79516147.at.webry.info/201609/article_15.html
2016/09/02 21:05 半歩前へU


 知らなかった。初めて知った。敵と命のやり取りをしているさなかに1億4000万冊もの本を戦地に送り届ける国と、戦って勝てるハズがない。ジヤーナリスト高瀬毅の投稿を、丸ごと転載する。

****************

 書評の新聞「週刊読書人」に、『戦地の図書館 海を越えた1億4000万冊』(モリー・グプティル・マニング)の書評を寄稿しました。

 第二次世界大戦の欧州と太平洋の各戦線に、アメリカは、兵士の気持ちを慰め、士気を鼓舞する「思想の武器」として、計1億4000万冊もの本を、送り届けていました。

 「兵隊文庫」と言われる、ポケットサイズのペーパーバック。新作、旧作を、わざわざ「兵隊文庫」用に編集し、国家プロジェクトとして戦地の隅々まで届けていたというのです。

 タヒチにボラボラ島というリゾート地がありますが、あんな遠隔の地(行ったことがあるので実感としてわかります)にまで、「兵隊文庫」を届けていました。

驚くべき企画力と実行力。「兵站」の力の凄みを思い知らされます。

 第二次世界大戦の転換点となったノルマンディー上陸作戦の最激戦地、オマハビーチ。第一陣がほとんど死亡するという中で、後続の部隊が崖下に取りついた時、負傷した兵たちが衛生兵を待つあいだ、「兵隊文庫」を読んでいたというエピソードには驚愕します。

村上春樹が愛するF・スコット・フィッツジェラルドの「グレート・ギャツビー」は、出版当初評判にならなかったのに、「兵隊文庫」で火が付き、不朽の名作として今も読み継がれています。

 一方のドイツは、1億冊もの本を焚書で葬り去りました。日本は厳しい言論統制下にありました。この二つの国が米国に敗れたのは偶然なのでしょうか。

知らない事実満載の本でした。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 健奘[144] jJKa9w 2016年9月03日 09:28:34 : tFL2MRk2C6 : tiIsY6S3pbY[1]
当時は、「義」を掲げていたし、兵隊も、それを支持してた。
ところが、ベトナムでは、「義」をなくし、イラク、リビアでは、「反・義」、「偽旗」に陥った 。。。

2. 2016年9月03日 12:10:31 : 62QaAmZ1Pg : F9H@HWLLFJE[212]

ほとんど無視あるいは忘却されているが

 公共図書館制度と学校図書館の普及は  

  占領時のGHQ/SCAPによる強い指導がなければ 日本に根付かなかった

  帝国陸海軍の解体 財閥解体も農地解放も

   いまとなってはそれほど意味のあることではなかった

    公共図書館制度は敗戦がなければ成立しなかった事実を

    CCC/蔦屋グループによる全国の公共図書館の乗っ取り

      商業主義的民営化策動が進む現在だからこそ

       その事実を読書家は忘れるべきではない


3. 2016年9月04日 00:09:00 : p89tTOrwZw : yCDb5PM1lfg[2]
その手の本は愛国心を鼓舞し命令に従うように洗脳するのに役立つ本ですよ。当時はネットもテレビもなかったんで本だったというだけ。

4. 2016年9月04日 03:37:16 : rsddb1OldE : fofP_2nukw0[1]
この手のアメリカの自慢話も行き過ぎれば陳腐になるな。
本土が焼けてなければ何だって出来る。
あの戦争で負けたのはアメリカ軍が強かったと言うよりも
日本軍が滅茶苦茶弱かっただけ。
今の大本営を見てれば指導部がキチガイすぎて戦争なんか
出来るレベルじゃないのは一目瞭然。
今の大本営はあの時の大本営の孫たちがやってるコピー品。
フィリピンやベトナムにすら勝てるわけがない。
もって5年がいいところだろうし結果もそのようになった。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b18掲示板  
次へ