★阿修羅♪ > 戦争b18 > 890.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
欧州でISのテロ切迫か? モスル奪還への報復と陽動戦術(WEDGE)
http://www.asyura2.com/16/warb18/msg/890.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 10 月 28 日 13:03:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

                 モスル市内(GettyImages)


欧州でISのテロ切迫か? モスル奪還への報復と陽動戦術
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/8082
2016年10月28日 佐々木伸 (星槎大学客員教授) WEDGE Infinity 


 過激派組織「イスラム国」(IS)に対するイラク・モスル奪還作戦が続く中、欧州でISによるテロが切迫しているとの懸念が高まっている。追い詰められたISの報復と陽動戦術だが、米国はこうしたテロを阻止するためISの首都、シリア・ラッカの制圧作戦も「数週間以内」(カーター国防長官)に開始する考えだ。

■イラク駐留米司令官が警告

 米軍支援の下、イラク軍のモスル奪還作戦が始まって10日。ISは自爆テロなどで激しい抵抗を見せているものの、拠点にしていたモスル周辺の村々が次々に陥落、すでに「900人の戦闘員が死亡」(仏メディア)と、その劣勢は覆いがたい。イラク軍がモスル市内へ突入するのも時間の問題だろう。

 しかしこうした奪還作戦が進めば進むほどフランスやベルギー、ドイツなどこれまでISのテロ攻撃を受けた欧州各国の懸念は逆に強まる一方だ。軍事的に追い詰められたISがモスル攻撃に対する報復や、攻撃の矛先を鈍らせる陽動作戦のため、欧州でテロを起こす危険性がそれだけ高まるからだ。

 イラク駐留米軍タウンセンド司令官はこのほど、具体的な内容の言及は避けながらも「西側に対するISのテロが切迫している」と警告した。ドイツでは9月、米情報機関からの情報に基づき、ベルリン空港で爆弾テロを計画していたシリア人難民を拘束。男の自宅から大量の爆発物を押収して未然にテロを防いだが、欧州の治安当局者はモスルの奪還作戦の開始でテロに一段と警戒を強めている。

 治安当局はISが既に欧州全体に多数の工作員を“休眠細胞”として潜入させており、ネットや携帯を通じてテロ指令を出す恐れがあると見ている。またISが劣勢になってからは、さまざまなルートでシリアから欧州に舞い戻る戦闘員が増加する傾向にあることも大きな懸念要因だ。

 欧州からシリアやイラクに渡航してISに加わった戦闘員は約5000人。「こうした戦闘員をすべて殺害するわけにはいかない。どうしても一部は網の目をかいくぐって帰国し、テロを起こす」(ベイルート筋)。モスル奪還作戦の開始直前に同市から逃走した者もいる上、今後の戦闘で発生が予想されている100万人規模の難民に紛れて脱出を図る戦闘員が増える危険性がある。

 テロの脅威の高まりの中、米主導の有志連合国防相会議が10月25日パリで開かれ、モスルに続いてラッカの制圧を目指す方針を決めた。米国はすでに制圧作戦を策定しており、数週間以内に作戦を発動したい考えで、シリアに配備されている特殊部隊が準備を開始している。

 作戦は第1段階としてラッカへの空爆を強化、ISの指揮管制センターなどを破壊。第2段階はラッカの孤立化をさらに進め、第3段階としてシリア人武装勢力が市内に突入するというのが大筋のシナリオだ。

■立ちはだかるトルコ

 しかしこの作戦にとって大きな難題が2つある。1つは突入作戦の主戦力とされるシリア人武装勢力の力不足だ。米軍は地上戦闘部隊を投入しない方針なので、対IS地上戦はこれまでこのシリア人勢力とクルド人武装組織(YPG)による「シリア民主軍」(3万人)が担ってきた。

 だが、シリア人勢力は約3000人と少ない上、練度や士気が低く、ISとの戦いはYPGが中心。米国はYPGに武器を供与するなど支援し、最も信頼できる組織として協調関係にあるが、YPGはラッカへの突入はあくまでシリア人勢力の任務として、一歩引く構えを示している。

 YPGがラッカ制圧に消極的なのは「ラッカはあくまでもアラブ人の町。クルド人にとっては血を流す意味がない」(同)からだ。その上、YPGを力で封じ込めようとするトルコの存在がある。これが2つめの難題だ。

 トルコのエルドアン大統領はクルド人の勢力拡大を自国の安全保障上の脅威として断固容認しない考え。8月にシリアに軍を侵攻させ、YPGと砲火を交えた。米国はYPGとの関係を見直すようトルコを説得しているが、うまくいっていない。

 トルコ軍はシリアだけではなく、イラク北部にも1年前から進駐。同北部に拠点を持つトルコの反体制クルド人組織PKKににらみを利かせている。しかも同大統領は、モスルが第1次世界大戦前、オスマン・トルコの支配下にあったことから「トルコはモスルに歴史的な責任を持っている」と主張。モスル奪還作戦へ介入する意向をあらわにし、これに反発するイラクとの緊張が激化している。

 モスル奪還作戦の混乱の中、ISが人間の盾にしていた「住民約200人を虐殺した」(国連)など凄惨な面も明らかになりつつある。住民数千人が人間の盾として連れ去られたとの情報もある。今後、戦闘が激化すれば、子供を含めた住民の被害は甚大なものになるだろう。

 情勢はトルコとクルド人、イラクとの対立など複雑化しているのに加え、欧州でテロが起きるようなことがあれば、事態はさらに混沌としたものになるのは必至だ。「モスルやラッカはパリやブリュッセルと直結していることを忘れてはならない」(ベイルート筋)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b18掲示板  
次へ