★阿修羅♪ > 原発・フッ素49 > 175.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ルモンド「ロシアは放射能汚染を引き起こすと認める」→ロシア測定局で高濃度放射性物質検出、9月末に「極めて高い」数値AFP
http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/175.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2017 年 11 月 30 日 04:29:38: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 


ルモンド 「ロシアは放射能汚染を引き起こすと認める」 原発はいますぐ廃止せよ





引用
気象Rosguidrometのためのロシアの研究所は、月曜日11月20日を認め、濃度「非常に高い」ルテニウム106、原子力産業の核分裂生成物は、ロシアの多くの地域で後半9月に検出されました。モスクワはこれまでいかなる関与も否定していた。

「のRu-106放射性同位体は、観測所とArguaïachNovogornyによって検出された」 9月25日の間と1 回目 10月Rosguidrometは、いくつかのヨーロッパのネットワークの監視からの報告を確認し、声明の中で述べています放射能。

ロシア政府は、ルテニウム106がタタールスタンで検出され、その後はロシア南部で検出されたと発表した。これは9月29日から「すべての欧州諸国でイタリアからヨーロッパの北部 "と呼ばれる。

同様の情報源によれば、最も高い割合は、ルタニウム106の「非常に高濃度」が986回を超える「ウラル」南部のチェリャビンスク近くの村Arguaiachに記録されています前月に記録された濃度が検出された。

-----------------------------

やはりロシアでした ドイツを疑った私の推測は誤りでした 大変失礼致しました
謹んでここにご関係者一同におわびします。


------------------------------






ロシアに実験研究炉が6個ぐらい固まってあってそこでなにかいろいろ作っているようだというニュースがあったので、やはりロシアかと思った矢先の自白だった。

フランス監視部隊 お見事




追記


ロシア測定局で高濃度放射性物質検出、9月末に「極めて高い」数値

引用2017年11月21日 10:00 発信地:モスクワ/ロシア AFP


【11月21日 AFP】ロシアの気象機関は20日、9月末に同国の一部地域で「極めて高い」濃度の放射性同位元素ルテニウム106が検出されたことを認めた。これに先立ち欧州では今月、この汚染に関する報告書が発表されていた。


 ロシア水文気象環境監視局(Rosgidromet)によると、9月25日〜10月1日の期間に「同国アルガヤシュ(Argayash)とノボゴルニ(Novogorny)の監視測定局で収集された放射性エアロゾルの調査データに放射性同位体ルテニウム106が含まれていることが判明した」という。


 同局によると、最高濃度はアルガヤシュの監視測定局で記録された。ロシア・ウラル(Ural)地方南部チェリャビンスク(Chelyabinsk)州にあるこの村は、自然界のバックグラウンド放射線量を986倍上回るルテニウム106の「極めて高い汚染」状態にあったという。


 汚染物質の明確な発生源については特定されていないが、アルガヤシュの測定局はマヤク(Mayak)の核施設から約30キロの距離にある。同施設では1957年に史上最悪の原子力事故の一つが発生した。マヤクは現在、使用済み核燃料の再処理施設となっている。


 フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)は今月9日、同国内で9月27日〜10月13日にルテニウム106が検出されたとする報告書を発表。汚染の発生源はボルガ川(Volga River)とウラル山脈(Ural Mountains)の間のどこかで発生した事故の可能性が高いとした。一方で、欧州で測定された濃度は公衆衛生への脅威にはならないとしている。


 ルテニウム106は、原子炉内で生じる核分裂生成物で、自然界では発生しない。


 ロシア国営原子力企業ロスアトム(Rosatom)の当時の発表では「ロシア原子力インフラのあらゆる対象物の周辺における放射線量は基準値内で、バックグラウンド放射線のレベルにある」とされていた。(c)AFP



********** 引用ここまで **********


なんかロシアでやってる?


関連記事


《欧州の放射性核種汚染でロシアが原子力事故を否定》ヨーロッパをたびたび襲う「発生源不明の放射能」の推定発生地が判明。そ…



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年11月30日 16:02:35 : 3WiiXcwRdk : 8oBoDJ0imS0[4]

ロシアはニポンより余程健全国家だ。
ロシア政府が放射能漏れを否定しても、ロシアの気象機関は政府の言いなりにならずに自国からの放射能漏れをきっちり認めてるからな。
改めてニポンは世界最低国家だと判る。


2. 2017年11月30日 18:33:56 : 7CTCG3KKpU : ot5@l2aedNQ[7]
何らかの作業ミスをやらかしたものと思う。何をやっているのかはともかく、現実にこういう放射性物質を利用しようとすることそのものが事故を産む。何もしなければ何も起きない。

3. 2017年12月01日 14:02:49 : MHlSE0ZDUI : uZ_OYZ97U8k[3]
ルモンドが、DECODEXを開始した時点で、CNNと同じように、フェイク、ニュース・サイトと断定した。

> Le Décodex est un outil pour vous aider à vérifier les informations qui circulent sur Internet et dénicher les rumeurs, "fake news",

http://www.lemonde.fr/verification/

以下の投稿のコメント欄で、この問題について詳細に記述している。(コメント3、6、7、8、9を参照して下さい。)


http://www.asyura2.com/17/genpatu48/msg/891.html

簡単に言うと、このルモンドの記事は、フェイクニュースだ。


4. 2017年12月14日 10:23:49 : x1de3a0WOY : w0xzookyZhs[1]
APが、再び、フェイク・ニュースを作成し、WPなどのフェイク・メディアが、これを、垂れ流す事態になっている。

見出しだけでは、認めたような印象を受けるが、事実は、全く逆だ。

> Russian nuclear plant says it emits nuclear isotope

http://abcnews.go.com/Technology/wireStory/russian-plant-admits-emits-nuclear-isotope-leak-51762608

マヤークのアドバイザー、モクロフ氏が、言っていることは、使用済み核燃料の再処理工場であれば、そのすべてに当てはまることだ。

> Yuri Mokrov, adviser to Mayak's director general, said in a webcast press conference Wednesday that ruthenium-106 routinely emerges during the processing of spent nuclear fuel.

ヨーロッパだけで、どの位の再処理工場があるか、調べて見れば、直ぐ分る。(セラフィールド、ハーグは有名だ、しかし、ベルギーにもドイツにも再処理工場がある。)

一般論を述べた後で、モクロフ氏は、Ru−106の汚染源が、マヤークであることを、明確に否定している。

> Mokrov insisted, however, the plant was not the source of any major leak, saying it does not produce the isotope on purpose and that the emissions that the plant makes are so insignificant "we can only see it in the chimney."

マヤークから、環境中に漏れている程度のRu−106は、他のヨーロッパの再処理工場からも、漏れている。

> "There is ruthenium in spent nuclear fuel, and Mayak during its activities routinely comes across this isotope," Mokrov said, adding that "actual emissions are hundreds times lower the permitted levels."

本文を注意深く読まず、拙速に見出しだけを見て、理解した気になっている、あなた、フェイクニュースに踊らされる「アホン人」と言われること、請け合いだ。


5. 2018年2月01日 13:15:38 : JHv2KwavR2 : I9N0jCdJ_2I[2]
CRIIRADのサイトでは、その報告が、まだ示されていないが、フィガロ紙が、他のフランスのメディアによって行われた、マヤーク再処理施設周辺の土の放射能の分析結果を、報道している。

それによると、確かにルテニウム106は検出されたけれど、その濃度は、マヤークが発生源の場合の100倍以下であることが、示された。

> Nuage radioactif au ruthénium : enquête internationale attendue en Russie fin janvie  Publié le 19/01/2018 à 18:45  

L'originalité des enquêtes a été, dans les deux cas, de prélever des échantillons de terre, à proximité du site de Maïak qui est soupçonné d'être à l'origine des fuites. Du ruthénium a bien été retrouvé dans les six prélèvements, mais avec une concentration 100 fois inférieure à celle qui aurait dû être présente si le nuage avait été formé dans l'usine de retraitement de combustible Russe.

http://www.lefigaro.fr/sciences/2018/01/19/01008-20180119ARTFIG00309-nuage-radioactif-au-ruthenium-enquete-internationale-attendue-en-russie-fin-janvier.php


▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素49掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素49掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素49掲示板  
次へ