★阿修羅♪ > 原発・フッ素48 > 891.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
京都市バスの32歳運転手が失神し交差点に 通行人らが停車 (MBS NEWS) 
http://www.asyura2.com/17/genpatu48/msg/891.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2017 年 11 月 11 日 04:03:12: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 


「京都市バスの32歳運転手が失神し交差点に 通行人らが停車」
(MBS NEWS 2017/11/9)
http://www.mbs.jp/news/kansai/20171109/00000068.shtml

今年9月、京都市バスの運転手が乗車中に意識を失い、交差点に進入していたことがわかりました。乗客などが協力してバスを停止させ、けが人はいないということです。

 9月22日の朝、京都市北区の交差点で止まっていた京都市バス。信号が赤から青に変わったときに異変は起きました。

 「信号待ちをしていたバスは前方の車が進んでいったにもかかわらず止まったままで、その後ゆっくりと横断歩道の辺りまで直進していったということです」(宮本幸史記者リポート)

 当時、バスにいた乗客は若い男性が2人。バスは交差点を右折するはずでしたが、約40メートル直進しました。京都市交通局によりますと、バスを運転していたのは32歳の男性運転手で、信号待ちの際に突然意識を失ったため、ブレーキが緩みバスが動き始めたのでした。

 「異変に気付いた通行人が開いていたドアから車内に入り、運転席に向かいギアをニュートラルに入れたということです」(宮本幸史記者リポート)

 さらに後続のバスの運転手が自分のバスを止めてバスに乗り込み、サイドブレーキを引いて、バスが完全に停止しました。乗客2人にけがはありませんでした。男性運転手は年に2回の健康診断では異常はなかったということで、現在は自宅療養しています。

 「発作の原因はまだわかっていません。(当日も)いつも通り明るく会話して、異変は感じられなかった」(男性運転手の上司)

 バスやタクシーの運転手の体調不良が原因で、運行が中断されるケースは全国で多発しています。国土交通省によりますと、2015年に報告のあったバスとタクシーの運行中断事案は189件にのぼっていて、6年前の2倍以上になっています。

 全国的に運転手が不足し、今後高齢化が進む可能性もあることなどから、京都市交通局では「運転手の顔色や様子の変化により気を付けたい」としています。

--------(引用ここまで)--------------------------------

またまた危機一髪の事故が起きてしまいました。
これでは安心して交通機関を利用できません。

「男性運転手は年に2回の健康診断では異常はなかった」 
「(当日も)いつも通り明るく会話して、異変は感じられなかった」 
ここがポイントです。

32歳では高齢のせいにできません。間違いなく放射能被ばくの影響でしょう。

政府も原因はよくわかっているはずです。

食品を含め、放射性物質が汚染地域から出て行かないよう厳重に取り締まる以外に
対策はありません。

食品の汚染基準も放射性廃棄物並みの100Bq/kgから1Bq/kgに厳しくすべきです。

国民が被ばくしないよう対策を打たずに何をやっても無駄です。

被ばく防止策をしなければ、こういった事故は今後、激増するばかりでしょう。


(関連情報)

「重大な交通事故の多発は運転手の過労や高齢化では説明できない 主原因は放射能被ばくだ」
(拙稿 2016/1/19)
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/709.html

「路線バス 事故直前に運転手あおむけ状態 (NHK)」 (拙稿 2016/1/9)
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/667.html

「車、バス、電車の運転手を襲う強烈な睡魔! 居眠り運転多発! 大事故は時間の問題だ」
(拙稿 2015/8/14)
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/619.html

「バス運転手の居眠り・不注意による事故が多発」 (拙稿 2015/1/22)
http://www.asyura2.com/14/genpatu41/msg/693.html

「バス運転手意識失う事故 4年間で22人死亡 (NHK・NEWSweb)」 (拙稿 2014/8/26)
http://www.asyura2.com/14/genpatu39/msg/887.html

「もう公共交通には乗れない!国交省はバス運転手の「心筋梗塞や脳梗塞」の増加を織り込んでる」
(阿修羅・原発問題 2013/7/16)
http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/538.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年11月11日 06:09:07 : GZ08si63xI : O4OXg9zAXsk[1]
バカたれ魑魅魍魎男
板違い投稿だぞ

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:他のコメント者、投稿者への文句を書いてあるだけのコメント(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
2. 2017年11月11日 09:49:17 : jIl0lbCP2M : eZ86r9pZyds[108]
amaちゃんだ‏
@tokaiama
https://twitter.com/tokaiama/status/928874524128378880
2015年に報告のあったバスとタクシーの運行中断事案は189件にのぼっていて、6年前の2倍以上に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000068-mbsnewsv-l26
全国の幹線道路に東日本で放射能汚染された長距離トラックが走行し、放射能をまき散らしている
長時間労働運転手は西日本であっても放射能を吸い込むリスクが高くなる


ジョージ‏
@GeorgeBowWow
https://twitter.com/GeorgeBowWow/status/929009313544159232
返信先: @tokaiamaさん

沖縄のタクシーは運転死亡そのまま走行正面衝突してます。
国際通りという那覇市内の有名な通りでです。早朝のことでベテラン高齢運転手だったことから、心筋梗塞か脳溢血かと噂されましたが、会社は調べもせず通常運行です。ひと月に3人亡くなったと同会社の人に聞きました。


●先日も動画で紹介しましたが、オソロシア化が日本でも進んでいますね。ロシアでもトラックやバスの事故が多いです。


buu‏
@buu34
https://twitter.com/buu34/status/928964699495923713
https://fr.news.yahoo.com/nucl%C3%A9aire-lirsn-soup%C3%A7onne-un-accident-russe-ou-kazakh-200124241.html … 
欧州の大半の国で9月末〜10月にかけて大気中にルテニウム106が検出され、IRSNの調査によると、ロシアかカザフスタンで核事故が起こったのではと。欧州では環境や健康に影響のないレベルだが、事故発生地では重大であろうと。現在はもう欧州でルテニウムは検出されていない。


●ロシア人が母国に帰らない訳です。
むかし…共産体制から逃れる。
いま…放射能から逃れる。


3. 2017年11月11日 12:31:07 : SMzzx2vDrg : KnN3REy1_UU[9]
>>02
> 欧州の大半の国で9月末〜10月にかけて大気中にルテニウム106が検出

Ru−106は、9月27日から10月13日まで、検出された。

Ru−106の想定放出量は、100−300テレベクレル。

フランスの基準では、発生源から数キロ圏内に住む人には、放射線防護措置が、必要となる。(数十キロ圏では、避難が必要。)

IRSNのシミュレーションによれは、発生源は、ボルガ(川?)とウラル(川?)の間に、ある地域。

発生源は、原子力発電所ではなく、「核燃料リサイクルセンターないしは医療施設」。

https://jp.sputniknews.com/world/201711114265533/


http://www.irsn.fr/FR/Actualites_presse/Actualites/Pages/20171109_Detection-Ruthenium-106-en-france-et-en-europe-resultat-des-investigations-de-l-IRSN.aspx


http://www.irsn.fr/FR/Actualites_presse/Actualites/Documents/IRSN_NI_Ruthenium-106-en-Europe_20171109.pdf

多分、IRSNは、シミュレーションによって、かなりの精度で発生源を、特定している。と思われる。

当方の予測では、発生源は、マヤーク核技術施設である、と思われる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%82%AF%E6%A0%B8%E6%8A%80%E8%A1%93%E6%96%BD%E8%A8%AD

マヤーク核技術施設の位置情報は、「55.716270, 60.831760」



4. 2017年11月11日 13:32:26 : hMrr1JLn7A : xDwzKM6@hX8[21]
運転手 ゾンビになって 走るバス

次は地獄の 一丁目です


5. 2017年11月14日 22:23:31 : Gzt3jPvtg7 : u3bFktvGksc[15]
馬鹿たれ魑魅魍魎男の板違い投稿にコメントするバカはアクセス禁止にしろ
組織的な荒らし行為

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い
6. 2017年11月19日 13:57:11 : yOHMuu8vIw : Ok5t84Yef2M[4]
>>03続き
ロシアのサイトに、「ルテニウムをめぐるスキャンダルに関してIAEAが見解を提示する」と称するラトビアの物理学者ボリス・マルツィンケビーチの( Борис Марцинкевич )一文が、載せられている。

> МАГАТЭ ставит точку в скандале вокруг рутения

http://geoenergetics.ru/2017/10/19/magate-stavit-tochku-v-skandale-vokrug-ruteniya/

サイトで、ソースが提示されている、IAEAの文書は、次の2点。

> Status of Measurements of Ru-106 in Europe

http://geoenergetics.ru/wp-content/uploads/2017/10/Summary_of_Ru-106_measurements_in_Europe_at_2017-10-13_at_1900_UTC.pdf


> Technical Attachment Status of Measurements of Ru-106 in Euro(測定値一覧表)

http://geoenergetics.ru/wp-content/uploads/2017/10/Summary_of_Ru-106_measurements_in_Europe_at_2017-10-13_at_1900_UTC_UTC_Technical_Attachment-2.pdf

サイトの結論は、簡単に言うと、ドイツの連邦放射線防護庁が、行ったシミュレーションに批判的で、Ru−106の発生源が、南ウラルにあることを、否定する内容となっている。

発生源が、原子力発電所は、他の、例えば、Cs−137が検出されていないので、否定。

さらに、マヤークのような再処理工場が、発生源である可能性も、Ru−103(半減期39.3日)が、同時に検出されていないので、否定。

残りの可能性は、医療施設か、Ru−106単体の製造所のみ。

ロシア国内では、10月2日から6日にかけて、サンクトペテルブルクで、微量のRu−106が検出されているけれど、他の地域では全く検出されていない。(測定値一覧表では、10月4日に、名前が出てくる。)

福島原発事故以来、原因不明の放射性物質が、たびたび発生するようになったように、思える。



7. 2017年11月21日 19:46:28 : Wf3VVDhRQk : mlU3QZ5hZsw[1]
以下のニュースが流れたので、分かった事実のみ、報告する。

> ロシア測定局で高濃度放射性物質検出、9月末に「極めて高い」数値

・・・・ロシア・ウラル(Ural)地方南部チェリャビンスク(Chelyabinsk)州にあるこの村は、自然界のバックグラウンド放射線量を986倍上回るルテニウム106の「極めて高い汚染」状態にあったという。・・・・

http://www.afpbb.com/articles/-/3152030?pid=19572155

ロシアの測定局で、測定したのは、ルテニウム106単独ではなく、全ベータの測定値だ。

試料は、正確に言うならば「9月末」ではなく、9月26日から10月1日までの大気サンプルである。

大気サンプルのみ示す。

>  Аргаяш 26.09-1.10 買タ: 7610 х 10-5 Бк/м3.

Новогорный 26.09-1.10 買タ: 5230 х 10-5 Бк/м3.

Волгоград 26.09-1.10 買タ: 2146,6 х 10-5 Бк/м3

Цимлянск 26.09-1.10 買タ: 1478,3 х 10-5 Бк/м3.

http://www.meteorf.ru/product/infomaterials/91/15078/?sphrase_id=134576

便宜のためにmBq/㎥に、換算する。

アルガヤシュ 76.1mBq/㎥

ノボゴルニ  52.3mBq/㎥

ヴォルゴグラード 21.466mBq/㎥

ツィムリャンスク 14.783mBq/㎥

記事の言うように、アルガヤシュは、チェリャビンスク州にある。

次に>>06に、挙げた測定値一覧表を見てみよう。

> 2017-09-30 12:00:00 Bucuresti 145mBq/m3

2017-09-30 12:00:00 Craiova 106.27mBq/m3

2017-09-30 12:00:00 Bechet 127.5mBq/m3

ルテニウム106の濃度が、最も高かったのは、ルーマニアのブカレストで、他の都市も、3桁台の濃度を、9月30日に、記録している。

付け加えるならば、イタリアの最高値は、54.3mBq/㎥、同じようにウクライナは、40mBq/㎥、スロベニアは、37mBq/㎥である。

記事は、発生源をロシアに特定したいようだけれど、当方には、謎は深まった感がある。


8. 2017年11月23日 18:58:22 : Fyv0I7T5CE : C8RKQ1pdosk[3]
Michaël Van Broekhoven氏のブログに、Ru−106に関して、興味深い事実が、述べられている。

氏が要約したことを書いてみる。

@ チェコでは、Ru−106が検出された、同じ時期に、Ru−103、I−131、cs−134、Cs−137Pb−210、Na−22、Be−7を検出していた。

A スイスとノルウェーでは、R−106が、検出される前後の時期に、I−131
Na−22、Cs−137を検出していた。

B フィンランドでは、Ru−106を検出していた時期に、何か所かの観測点で、不自然なデータの欠損が見られた。

C 10月第一週に、ヨーロッパ、米国、日本で、ガンマ線のスパイクが見られた。

D 6月あるいは7月中旬に、(ヨーロッパの?)どこかの原発で、大きな放射能漏れ事故が起きた可能性がある。Ru−106の検出は、その名残である。

> A Lot More than Ruthenium-106 in that Radioactive Cloud (DATA)

https://allegedlyapparent.wordpress.com/2017/11/12/a-lot-more-than-ruthenium-106-in-that-radioactive-cloud-data/


9. 2017年11月26日 21:14:40 : kSzud78LvQ : athtuVxG184[2]
>>08続き
ロシア科学アカデミー核安全研究所が、ロシアとヨーロッパの専門家たちからなる、独立委員会を、立ち上げて、発生源を調査することになった経緯を捉えて、西側のメディアが、発生源はロシアで決まりであるかのような、印象操作を、行っている。

ロシア科学アカデミー核安全研究所の声明を、引用して、その真意を明らかにしたい。

@ Ru−106は、初めに、ヨーロッパで検出され、その後、ロシアでも検出された。

> Напомним, сначала европейские службы экологического мониторинга обнаружили в воздухе следы радиоактивного изотопа рутения-106, а затем аналогичные результаты были получены и на территории России.

A Ru−106の出現とロシアにおける核関連事業には、関係がないことが、ロシア国内、あるいは外国のすべての、必要な検証によって、確認されている。

> Отсутствие связи между появлением рутения-106 и деятельностью российских предприятий атомной отрасли подтверждено всеми необходимыми внешними и внутренними проверками.

B @とAにもかかわらず、独立調査委員会を設けて、原因究明を行うと言う。

> Ученые-атомщики создают комиссию для установления источников происхождения следов рутения-106, обнаруженного европейскими и российскими системами экологического мониторинга в атмосфере

http://en.ibrae.ac.ru/newstext/867/


10. 2018年2月01日 13:25:39 : JHv2KwavR2 : I9N0jCdJ_2I[3]
>>09続き
ルテニウム106のロシア発生源説は、極めて怪しくなってきた。

ロシアでは、IRSNのシミュレーションが、非常にいい加減なものだとの指摘があった。

詳しくは、以下のコメントで。

http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/175.html#c5


▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素48掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素48掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素48掲示板  
次へ