★阿修羅♪ > 原発・フッ素49 > 278.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
伊方原発差止直前、テロの危険性を無視した規制委員会の会見が! 泉田前知事も「原発の稼働を停止すべき」と明言せず :政治板
http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/278.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 12 月 28 日 13:08:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

政治板リンク

伊方原発差止直前、テロの危険性を無視した規制委員会の会見が! 泉田前知事も「原発の稼働を停止すべき」と明言せず(リテラ)

http://www.asyura2.com/17/senkyo237/msg/655.html


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年1月06日 21:39:50 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2969]
「カルデラ噴火」原発停止に基準…規制委策定へ

2018年01月06日 17時36分 読売新聞

「カルデラ噴火」原発停止に基準…規制委策定へ
https://news.nifty.com/article/technology/techall/12213-20180106-50055/photo/

 原子力規制委員会は、原子力発電所の周辺の火山で破局的噴火の可能性が高まった場合に備え、原発を止めるための判断基準を作成することを決めた。

 火山活動の状況に応じて段階的な目安を定める。1年後をめどに一定の方向性を示す。

 破局的噴火は火砕流が数十〜100キロ・メートル以上の広範囲に到達するような噴火で、巨大なくぼ地「カルデラ」が生じることから「カルデラ噴火」とも呼ばれる。

 広島高裁は昨年12月13日、四国電力伊方原発3号機(愛媛県)の敷地に、約9万年前の阿蘇山(熊本県)の火砕流が到達した可能性が「十分小さいと評価することはできない」として、運転差し止めを命じた。

 規制委は、広島高裁の決定が出る前から、判断基準作りの準備を進めていた。規制委は、原発の敷地内に火砕流が到達する恐れがあると判断した場合などに、原子炉等規制法に基づいて停止命令を出せるが、停止を命じる際の具体的な基準はまだない。

https://news.nifty.com/article/technology/yomiuri/12213-20180106-50055/

[12初期非表示理由]:管理人:宣伝多数により全部処理

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素49掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素49掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素49掲示板  
次へ