★阿修羅♪ > 原発・フッ素49 > 832.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
《気象兵器フクイチ》北イタリアの道路を雹の洪水が流れる - 100%禁忌の呪術、原子力 サイコ人類に明日は存在しない
http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/832.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2018 年 6 月 15 日 12:18:56: I6W6mAZ85McLw gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1
 


100%禁忌の呪術、原子力 サイコ人類に明日は存在しない




危険極まりない宇宙放射線の影響を上空に存在する何か(おそらくヴァンアレン帯)が最小限に食い止めてくれているから地球上の生命はその維持活動が行える。

このように、放射能環境下では、殆どの生物が生存不可能であるのは科学的に明白であるのに、未だそういう”真理”とも呼べる真実を放射脳とかいって揶揄する知識・思考の欠片も見られない権力の走狗が跋扈している。

また、70億人類が排出する恒常的な生活、工業排水を通じ、甚大な量の化学物質(空から見た美しく怖ろしい地球の汚染)(内分泌撹乱物質)や(マイクロ)プラスティック(ようこそ病気の海へ : 広大な海域一面が廃棄プラスチックで覆われたカリブ海のショッキングな光景・海のプラスチックごみは化学物質のカクテル)が環境中へと暴露され続けており、種の絶滅を招くような避妊化や不可逆的な深刻な環境汚染は、拡大の一途を辿っている。 しかもたちの悪い事に権力は、あたかも存在しない二酸化炭素による温暖化だけが危急の問題であるかのように事態を誤魔化している。

間違いなく現在の人類の日々の生活スタイルは、


”そこに必ず弱者への毀損ありき” = 全ての破壊行為


で、絶対に選択してはいけない方向に向かって突き進んでいる…。

その一つが100%禁忌の呪術、原子力であるのも言うまでもない。 サイコ人類に明日は存在しない。



オリジナル


********** 引用ここから **********


【気象兵器フクイチ】北イタリアの道路を雹の洪水が流れる 弁財天

























ドボン、ドボンw




二酸化炭素濃度、初の410ppm突破 ハワイ観測所 2018.05.04 Fri posted at

18:02 JST
マウナロア観測所が測定した大気中のCO2濃度は、4月の平均で410ppmを突破

(CNN) 地球温暖化の筆頭原因とされる二酸化炭素(CO2)の濃度が、ハワイにあるマウナロア観測所の測定で初めて410ppmの大台を超えた。
マウナロア観測所が測定した大気中のCO2濃度は、4月の平均で410ppmを突破した。60年以上にわたる観測史上、410ppmを超えたのは初めて。

米スクリップス海洋学研究所のラルフ・キーリング氏は、「このままのペースが続けば、あとわずか16年で450ppmに達し、その20年後には500ppmに達する。そうなれば気候系にとって危険な領域に踏み込む」と危機感を募らせる。

同氏の父チャールズ・キーリング氏がマウナロア観測所で観測を始めた1958年、CO2の濃度は315ppmだった。以来、ハワイで観測されたCO2濃度の変化を示す「キーリング・カーブ」は急激な上昇を続けている。
ただ、大気中のCO2濃度上昇は、1950年代よりずっと前から始まっていたことが分かっている。

CO2濃度は産業革命前も自然現象によって変動を続けていたが、過去80万年で300ppmを超えたことは1度もなかった

産業革命前は、自然現象によって何千年もの間、CO2濃度は変動を続けていた。それでも過去80万年で300ppmを超えたことは1度もなかった。
キーリング氏はCO2の上昇について、「化石燃料の燃焼によって大量のCO2が放出された直接的な結果」と指摘する。
2015年に採択された地球温暖化に関するパリ協定(トランプ政権は2017年に離脱を表明)は、温暖化ガス排出削減のための行動計画を打ち出し、世界の平均気温上昇を産業革命前と比較して2度未満に抑えるという目標を打ち出した。

キーリング氏は、「化石燃料に代わって風力や太陽光といった再生可能エネルギーが使われるようになり、(CO2上昇のペースが)10年以内に減速へ向かうことを期待する」と話している。


「ハワイのマウナロア観測所で測定している大気中の二酸化炭素(CO2)の濃度が4月、平均で410・31ppm(ppmは100万分の1)を記録したと」
ハワイw


うわー。このCO2増加率を見てると京都とかパリ議定書は無関係だ。赤道直下で汚染水の放射能が海水を分解し膨大な炭酸ガスが発生させ続けている。それがエルニーニョ現象とラニーニャ現象の原因だという話を思い出した。

フクイチの汚染水が太平洋を漂い、海洋生物の大量突然死現象である「ブロブ」になる。エルニーニョ現象を凌ぐ破壊力




ML15289A313にブロブ記事登場。
「Climate Change Has The Earth In Hot Water – Forbes」元記事はフォーブスのサイトから消滅。


しかし魚が死ぬのは地球温暖化で温かい海水には酸素が少ないからとしてあるw


酸素が少ないようにも見えるでしょうな。でもそれだけでは同時大量死が起きることを説明できない。 それでもブロブの中で窒息したように見えるとすれば、トリチウム水で急に細胞の代謝が急停止するときの死因て窒息なのかも。


The global-average sea surface temperature last year was the highest on record. The warmth was particularly notable in the North Pacific Ocean, the same region experiencing a drop in pH because of acidification from dissolved C02 - nothing to do with climate change, just increased C02 concentrations forming carbonic acid in seawater.

「地球の平均海水温度は昨年(2014年)過去最高を記録した。 温暖化は北太平洋において特に顕著で、同地域では遊離CO2による酸化が原因でpH値の低下も観測された。 気象変動とは無関係だ。海水で炭酸が生成されCO2濃度が上昇したのだ。」
【北太平洋】w
ガーン。地球温暖化の原因とされるCO2はフクイチの汚染水が原因で海水の炭酸化が原因で増加しているのだ。


この人て原発推進派なんですけど。
どうりでフォーブスのサイトから記事が消えるわけですな。
But why is water so critical?
Because H2O has some amazing properties, properties that stem from H2O 's ability to form strong hydrogen bonds. The two hydrogen atoms are not symmetric (on perfectly opposite sides of the oxygen atom from each other) but both are sort of on the same side of the oxygen, skewing the positive and negative charges each to one side of the water molecule. This allows water molecules to stick to each other back-to-front and side to side, giving water a set of unique properties on planets such as Earth.


うーむ。この惑星の生物はH2Oの特性に最適化されている。 Hを水素、Dを重水素、Tをトリチウムとしたとき、 H2OがD2OとかDHOとかHTOとかDTOとかT2Oに変質してしまうと生きてられなくなるわけですな。 まぁ当然か。


雨の中で息苦しくなるのってトリチウム水が原因なのか?




「危険な領域に近づいている」…CO2濃度最悪 2018年05月07日 12時51分


 【ワシントン=三井誠】米カリフォルニア大スクリプス海洋研究所は、ハワイのマウナロア観測所で測定している大気中の二酸化炭素(CO2)の濃度が4月、平均で410・31ppm(ppmは100万分の1)を記録したと発表した。

 月平均で410ppmを超えるのは初めてという。

 同観測所が継続的な測定を始めた1958年時点では315ppmだったが、60年間で約3割増となった。地球温暖化をもたらすCO2の濃度上昇について、同研究所のラルフ・キーリング教授は「私たちは危険な領域に近づいている」と指摘した。







 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年6月16日 22:57:01 : TahLFcSGKA : szWPbF0ngpA[3]
意味不明な投稿だね、君がカルトなんじゃないか
カルトは滅亡だの国家の陰謀だの、神の怒りが、専門だものね。

>放射能環境下では、殆どの生物が生存不可能であるのは科学的に明白であるのに、未>だそういう”真理”とも呼べる真実を放射脳とかいって揶揄する知識・思考の欠片も>見られない権力の走狗が跋扈している。

はいはい、カルトだね君の方が
遮蔽してるとは言え国際宇宙ステーションに長期滞在してる飛行士の被ばく量は?
生存不可能なレベルなの訳?だいたい1日当たり0.5〜1ミリシーベルトの被曝だけどね

>しかし魚が死ぬのは地球温暖化で温かい海水には酸素が少ないからとしてあるw

魚は変温動物、恒温動物でないの・・・解る?
温度変化にも極めて弱いわけ・・理解はできないでしょうけど

>ハワイにあるマウナロア観測所の測定で初めて410ppmの大台を超えた。

ハワイは噴火してるね、過去の大量絶滅を引き起こした気候変動も
地球の地質活動である噴火が関与してるものは多数あるぜ?

もうちょっと真面な事を勉強したら


2. お天道様はお見通し[311] gqiTVpO5l2yCzYKojKmSyoK1 2018年6月17日 00:02:52 : KFXs3ZdaJs : aL7J8K_0eJ8[1]

本当に知識の欠片もない可哀想な人か、工作の人がわいてきた。

宇宙ステーションなんていばってるが、高々上空400キロ、ヴァン・アレン帯は、上空2000〜5000キロの内帯と10000〜20000キロの外帯からなる。

従って、宇宙ステーションは論理的にヴァン・アレン帯の庇護下にあり、宇宙放射線の影響は殆ど受けていないと考えられる。

アポロもでっちあげであるのも明白。 人類は未だ宇宙放射線に耐えるような素材すら開発できていない。


自分の愚かさをひけらかすヴァカの極み



▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素49掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素49掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素49掲示板  
次へ