★阿修羅♪ > 経世済民122 > 876.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日銀もマスコミもなかなか説明しない「金融政策」のホント 究極的な目的は何なのか ドクターZ(週刊現代)
http://www.asyura2.com/17/hasan122/msg/876.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 8 月 06 日 07:28:10: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


日銀もマスコミもなかなか説明しない「金融政策」のホント 究極的な目的は何なのか 
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52444
2017.08.06 ドクターZ 週刊現代  :現代ビジネス


■日銀も忘れていた理論

日銀は政策に掲げているインフレ率の2%上昇の達成時期を「'19年ごろ」と1年先延ばしにした。

日銀は消費拡大を「緩やかに進んでいる」とポジティブに捉えているが、'13年の導入決定からなかなか達成できていないことから、これ以上目標を掲げ続けることに意味があるのかと疑問を呈する向きも多い。果たして「2%」という数字目標、そして今回の達成延期にはどのような意味があるのか。

そもそも、金融政策の究極的な目標はなんなのか。それは「物価の安定」ではなく、「雇用の確保」を達成することだ。経済理論では、インフレ率と失業率は「逆相関」の関係にある。インフレ率が高ければ失業率は低く、逆にインフレ率が低ければ失業率が高くなるのだ。

ただ、インフレ率がいくら上がっても失業率がほとんど下がらなくなる「限界」がこの逆相関にはある。経済政策を行っても失業率の改善に効果がなければ意味がない。

インフレ率の上限を定めているのは、失業率を無理やり下げるために極端な金融政策を実施しようとすることを自制させるためでもある。

安倍政権の経済政策によって、現在就業者数は200万人程度上昇し、失業率は3%程度まで改善している。

ここで重要なのは、なかなかインフレ率が上がらなくても、失業率が低下すれば金融政策の目的は達成されているということだ。

日銀はあまりこのような説明をしない。というのは、日銀自身「金融政策=雇用政策」という意識が欠けていたからだと筆者は考える。特に、民主党政権時代に任命された総裁、副総裁、政策委員会審議委員にはこのような成果基準を念頭に置かない人が多かった。

■金融緩和は継続すべき

'17年7月で民主党時代に審議委員に任命された木内登英氏と佐藤健裕氏が退任となった。両名は安倍政権の長期的な金融緩和政策に対して反対姿勢を貫いていたが、彼らの退任によって日銀は今後徐々に姿勢を変化させていくだろう。

日銀はこれまで構造失業率(いくら金融政策を実施してもこれ以上下げることができない失業率)は「3%台半ば」であるとしてきた。つまり、いまは「完全雇用」に近い状況で、これ以上の金融緩和を行う必要はないというスタンスだった。

しかし、おそらく今の日銀は構造失業率を「2%台半ば」と考えを改めているはずだ。そして、完全雇用を達成するためには、金融緩和は継続すべきだと判断した結果が今回の目標達成の延期である。

インフレ率上昇の達成時期を'19年としたのは、裏を返せば少なくともあと2年は金融緩和を続けるということ。それと同時に、失業率を「2%台半ば」まで下げていくとの宣言でもあるのだ。

たしかに金融政策は「物価の安定」を名目として実施されることが多く、今回の日銀のインフレ目標も例に漏れない。ただし、「物価の安定」は雇用が確保されてこそ成り立つものだ。

日銀もそのことに気づいて方針転換を図っているのだから、雇用の確保のために金融緩和を続けると説明したほうが国民に対して説得力もあるはずだし、これは報道にも同様のことがいえる。メディアにはもっと金融政策のリテラシーを持ってもらいたいところだ。

『週刊現代』2017年8月12日号より



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年8月06日 10:45:36 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[4077]

>金融政策の究極的な目標はなんなのか。それは「物価の安定」ではなく、「雇用の確保」を達成すること

そうではない

日銀の根本目標は物価(通貨価値)の安定であり

そのための2%目標

そして雇用の安定も要請されるのは、FRBの話であり

2%を目標するのは、過大なインフレとデフレへの下振れを防ぐため

そして当然のことながら2%目標は、0%目標より雇用を刺激する上では有効でもある


>インフレ率の上限を定めているのは、失業率を無理やり下げるために極端な金融政策を実施しようとすることを自制させるため

これも間違い

そもそも2%目標は、あくまで目途であって、上限ではない

例えば途上国では、高いインフレ率を許容することで経済成長を実現しているし

今後、愚民の自業自得で貧困化していく英国でも、高いインフレ率を許容せざるえなくなる可能性は高い


2. 2017年8月06日 12:00:06 : L0rIHg7EJc : bjucZOzoeqk[9]
本当に、金融緩和で失業率が改善されたのだろうか、どうなんだろう、
団塊の世代が流石に大量にリタイヤしだして、少子化の現在、失業率そのものは
自然と低下するのは当たり前ではないだろうか、金融政策で失業率が低下と言う
眉唾な解析は誰も信用はしないだろう。

もう、団塊のリタイヤは5年前以上前から始まっており、流石に70才を超えて
一気に加速したのではないだろうか。


3. 2017年8月06日 14:39:54 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[4083]

>>02 金融緩和で失業率が改善されたのだろうか

金融緩和政策の後で失業率が改善されるのは高い相関が見出される現象

そして相関関係と因果関係の区別は、時間相関から判断すべき問題だが

これに関しては言えば、ほぼ間違いないだろう


つまりQEとほぼ同時に、通貨安が誘導され、実質金利の下落と期待インフレ率の上昇が続く

そして外需やインバウンドを刺激され、企業利益と資産価格が上昇し

それが生産と投資を刺激し、まず非正規雇用が増え、その後、正規雇用が増え

労働参加率が高まり、スラックが減少して名目賃金が上がるという関係は

大部分のケースで確認されている


これは今回の日本の場合でも同様で、単なる少子高齢化要因だけでは

労働者の総数が正規・非正規ともに増えたことを説明できない


ただし少子高齢化要因があり、既に老人と女性の労働参加率は高いから、

日本の労働供給のスラックは、小さく、今後、名目賃金が大幅に上昇し

日銀のシナリオ通りに、2年以内程度にCPIが上昇していく可能性もまた、

完全には否定はできないというわけだ


4. 2017年8月06日 18:24:42 : hKRNRNsg7U : ZKs9_WJa1ss[501]
究極の目的は前から言っているがアメリカに送金すること。

もちろん国民にバレないようにいろいろなやり方を使う。しかしやっているのは送金。

最新の奴隷制度は奴隷自身が奴隷であることに気づかないようになってる。


5. 2017年8月06日 19:00:38 : qFLrcoO25I : IwCZRvTYQMk[206]
地獄絵図 だからできない 説明は

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民122掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民122掲示板  
次へ