★阿修羅♪ > 経世済民123 > 640.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国からのレアアースでもうけてきた日本、でもこの先はそうはいかない?―中国メディア
http://www.asyura2.com/17/hasan123/msg/640.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 9 月 16 日 02:24:55: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

14日、中国のポータルサイト・経理人分享に、中国のレアアースでもうけてきた日本もこの先はそうはいかないとする記事が掲載された。資料写真。


中国からのレアアースでもうけてきた日本、でもこの先はそうはいかない?―中国メディア
http://www.recordchina.co.jp/b190621-s0-c20.html
2017年9月15日(金) 7時20分


2017年9月14日、中国のポータルサイト・経理人分享に、中国のレアアースでもうけてきた日本もこの先はそうはいかないとする記事が掲載された。

記事は、中国のレアアース輸出量は世界の95%以上を占めており、安価で輸出してきたため利潤は低く、しかも環境汚染を招いてきたと指摘。一方の日本は、中国からレアアースを大量に輸入しており、その備蓄量は100〜300年分にも上ると指摘。しかもレアアースを加工してできた製品を輸出することで、10倍以上の利潤を得てきたとした。

しかし、ここ数年の中国による輸出制限で、資源が極度に不足している日本は海に目を向けるようになったという。少し前に、日本は排他的経済水域である南鳥島でレアアース泥を発見。その埋蔵量は中国の埋蔵量を上回っているとされている。

ところが、このレアアース泥は水深数千メートルの海底にあり、日本の掘削船は水深50〜100メートルのところでしか作業ができないと記事は指摘。海底資源の掘削には、高い水圧、資源が集中しておらず分散していること、高い採掘コストなどの問題があり、深海掘削船の建造には高い造船技術と完全な工業システムが求められるが、日本はこれらを備えていないのだという。

この点、記事によると中国は難題を克服して世界最初の深海掘削船の建造に成功したという。4.5万トンのこの船は、水深2500メートルの海底で作業を行うことができ、日本の海洋でのレアアース採掘に非常に適していると主張した。

これに対し、日本は早速この深海掘削船を購入する意向を示してきたと記事は紹介。日本は直ちにこの掘削船と核心技術を日本に売るべきだと考えているようだが、これまでレアアースでもぼろもうけしてきた日本へ、中国は簡単に売るようなことをするだろうか?と疑問を呈し、日本をこれ以上もうけさせることはしないとの考えを示した。(翻訳・編集/山中)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年9月16日 10:03:16 : jXbiWWJBCA : zikAgAsyVVk[722]
>中国からのレアアースでもうけてきた日本
>日本は直ちにこの掘削船と核心技術を日本に売るべきだと考えている

妄想が多いようだが

価格が折り合えば買うし、そうでなければ独自開発になる

それに、これまで多くの場合、中国に限らず、生産国が輸出拒否や売り惜しみで利益を独占しようとする場合、

他国からの輸入が増加するか、代替品の開発が進むことになり、そうした権益ビジネスは、あまり長続きしないことが多い



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民123掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民123掲示板  
次へ