★阿修羅♪ > 経世済民124 > 127.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日産の「無資格検査問題」が起こるべくして起きた意外な背景(ダイヤモンド・オンライン)
http://www.asyura2.com/17/hasan124/msg/127.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 10 月 12 日 18:19:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

謝罪する日産自動車部長ら。社長や役員ではない従業員に会見を任せたことは「危機意識の欠如」と非難された Photo:毎日新聞社/アフロ


日産の「無資格検査問題」が起こるべくして起きた意外な背景
http://diamond.jp/articles/-/145363
2017.10.12 井元康一郎:ジャーナリスト  ダイヤモンド・オンライン


日産自動車で無資格の社員が完成検査をしていた問題は、約116万台という大量リコールを出しただけでなく、同社の信頼とブランドイメージを損ないかねないほどの事態となった。そもそも完成検査とは何か、なぜ問題が発生したのか。根本的な理由や背景を探った。(ジャーナリスト 井元康一郎)

「好調ぶり」に水を差した事件
そもそも完成検査とは何か


 昨年秋に三菱自動車を傘下に入れ、今年9月にはロングレンジEVの新型「リーフ」を発売するなど、好調ぶりをアピールしていた日産自動車にとって、無資格者による完成検査の横行が発覚したことは、まさに好事魔多しと言うべき事件であった。

 9月29日に無資格者検査の事実を公表してから1週間後の6日には過去3年間に国内販売した38車種、106万台についてリコールの届け出を行うなど、早期の事態収拾を図っているが、「実態の把握と原因究明には1ヵ月ほどかかる」(日産自動車関係者)と、傷ついたブランドイメージの回復についてはまだ途上にある。

 完成検査とは、製造したクルマが公道を走る要件を満たしているかどうかのチェックで、いわば「0回目の車検」にあたる。スピードメーターの誤差は基準値以内か、ブレーキはちゃんと利くか、ライトの光軸は狂っていないか、警笛はちゃんと鳴るか等々、チェック項目も車検に準じたものだ。初めてクルマを登録するときに運輸支局にクルマを持ち込んで検査を受ける新規検査を、自動車メーカーが代行すると考えればわかりやすい。

 自動車メーカーは自社の製品について、エンジンや車体などの仕様が一定で、環境性能や保安基準などの要件を満たしているという認定、すなわち型式指定を国道交通省から受ける。

 その指定を受けたクルマについては、車検を行う運輸支局にいちいち持ち込まずともディーラーでナンバーをつけてそのまま走らせることができるのだが、それにはメーカーがちゃんとチェックをしましたよと証明する完成検査終了証が添付されていることが条件だ。ちなみに、この証書には9ヵ月という有効期限があり、ディーラーが売れ残りなどで未登録の新車をそれ以上長期にわたって在庫してしまった場合は、新車であっても運輸支局であらためて予備検査を受ける必要がある。

 完成検査はチェック項目こそ決められているが、やり方は自動車メーカーによって異なっている。国交省が唯一求めているのは、「公的な車検場における検査官と同等技量を持つという資格制度を社内で設け、資格があると認定された人物が検査を行え」ということだ。

 日産自動車が不正を行ったとされるのは、有資格者ではない人物が完成検査を行っていたということ。

「運輸支局にクルマを持ち込まなくてもいいという型式指定制度の信頼を揺るがす」(国交省関係者)と、国がおかんむりになっているのもむべなるかなで、日産の違法行為は糾弾されて当然である。

なぜ日産は初歩的な
不正をやってしまったのか


 ここで、どうしても解せないのは、なぜ日産がそんな初歩的な不正をやってしまったかということだ。筆者は日産の工場を何度も見学したことがある。日産は高級車ブランドであるインフィニティの世界展開を目指していることもあってか、品質検査を行う熟練職人の養成については、自動車メーカーのなかでもことのほか熱心な方だった。

 ライトを当てただけで、ほとんどわからないような小キズや塗装ムラを発見したり、手で触れただけで0.1mm単位のドア、ボンネット、トランクなどの取り付け誤差を検知できるような人材は、一朝一夕に育つものではない。その人材を育成するため、ベテランが若手を教育し、日々テストを行って一人前にしていくのである。最終到達地点は、数万点の部品の役割をすべて理解し、自分ひとりでクルマを組み立てられるというものだ。

 ところが、完成検査は商品検査と違ってそういう“匠の技”のようなものではない。クルマが保安基準に適合しているかどうかを見るだけだ。

「ウチは完成検査はすべて有資格者がやるよう、昔から徹底してきた。ただ、完成検査はクルマの品質がちゃんとしているかどうかを見る検査とは違う。有資格者と言っても、車検レベルの検査能力を習得するのは難しくはないし、社内の認定基準もそう厳しいものではない。そもそも検査工程は正規従業員であろうと期間工であろうと、かなり経験を積んだ人材が配置されるという実情を考えると、日産さんも検査工程に振り向ける人材については早い段階でどんどん完成検査の資格を取らせればよかったのではないかと思う。なぜそうしなかったのか」

 生産に詳しいライバルメーカーの幹部は、日産の生産体制についてこう不思議がる。

 日産はこのところ、グローバルでの販売が好調で、生産台数を急激に増やしてきた。2017年上半期の国内生産台数は前年同期に比べて実に23%も多い53万2800台であった。リーマンショック直後、神奈川の追浜工場の様子を見たことがあるが、その時はクルマの売れ行きが悪く、生産ラインは止まっているのではないかというほどスカスカだったのだが、今はフル生産に近い状態だという。

「生産台数が急に増えた時というのが、制度にきしみが出るリスクがいちばん高まる時。品質がいい加減にならないようにするにはどうしたらいいかという点については、現場が一所懸命工夫するので、それほど大きな問題にならない。

 それに対し、必要な人材をどうしたら確保できるか、現有の陣容で生産増にどう対応したらいいかといった制度面については、経営者や工場をコントロールする生産担当役員、工場長などが現場ときちんとコミュニケーションを取り、やり方を現実に即したものに柔軟に変えてあげないと、現場の側の工夫だけではいかんともしがたい。

 ライバルのことなのであくまで想像ですが、品質ではなく完成検査なんかで問題を起こしたのを見ると、日産さんにはそこが足りなかったのではないでしょうか」(前出のライバルメーカー関係者)

「危機意識がなかった」と
非難されても致し方ない


 今回の不祥事は、日産にとってはブランドイメージの低下という点で痛い失点だ。昨年の三菱自動車買収の際、当時日産の社長だったカルロス・ゴーン氏は「ダメな三菱自動車を完璧な我々が再生させる」と言わんばかりであった。

 その日産が違法行為を行っていたというのでは失笑を買うことは避けられない。が、そればかりでなく、せっかく新しい企業統治体制を敷いた三菱自動車においても、「日産の言うことなど聞けるかと」いうレジスタンスが出てくる隙をみすみす見せてしまったのもいただけない。

 品質問題ではなく完成検査の問題ということで事態を軽く見すぎたのか、今回の問題で、日産は最初に西川廣人社長や生産担当役員ではなく、一般の従業員に会見を任せた。

 これはいくら何でも「危機意識がなかった」と非難されても致し方ない。

 実際には技能を持っている人材がやるのだからと、勝手な法解釈にもとづいてクルマづくりをやったというのは事実で、この件が露見した段階で同じように法運用や企業統治に乱れがあるのではないかと疑い、その部分も含めて速やかに対処法を出すのがトップの仕事だからだ。

昔のまま法や規則を
放置していた国交省の制度設計


 こうした日産個社の問題の一方で、国交省側の制度設計もあらためて問われる。

 昨年の三菱自動車の燃費不正問題では、本来はイコールコンディションで審査をすべき走行抵抗(燃費を計測するうえでの重要な項目)の計測をメーカー任せにしていたのが不正を許す要因になっていた。

 今回の完成検査については逆に「クルマの品質がごく低かった60年前ならいざ知らず、今の自動車工学の水準のもとでは完全に形骸化している。法は守るべきだが、昔のまま法や規則を放置していたのも問題」(自動車業界事情通)という側面もあるのだ。

 国交省はこのところ高速道路のトンネル崩落、耐震偽装、燃費不正、今回の完成検査と、まさに失態続きだ。前身である旧建設省、旧運輸省は、ともに許認可意識が非常に強いのが特徴であった。

 これまでは責任問題に発展しかねない事件が起きるたびに、華麗に批判をかわしてきた同省だが、そろそろ謙虚に、時代に即した制度設計に抜本的に取り組む柔軟性と謙虚さを持つべきだろう。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年10月13日 00:13:00 : s3PFqLVDvc : tGa7K0a0tu4[2]
宣伝リンク認定29010273.html
軍事企業と自衛隊の存在・拡大が日本経済を寄生経済構造に変えてしまい社会の根幹を腐敗させモラルは崩壊してしまった。
終戦の悲惨の中で我われは、他国の市民に銃口を向けるような人間のクズである軍人と腐敗寄生の軍事企業を社会から断固として排除するという未来を誓った。
その誓いは反故にされ人間のクズと軍事企業という犯罪会社は増え続けて来た。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-19/2012031915_01_1.html

例えば陸上自衛隊の装甲兵員輸送車(73式)の装甲板は神戸製鋼所と三菱製鋼が製造している。
そして平成26年には陸上自衛隊東部方面混成団の副団長が顧問として天下っている。
宣伝リンク認定29003588.html
腐敗を極める日米の軍事金融資本と軍事財閥が、日本が世界に誇った一流企業群を拳銃密造のヤクザ企業以下の犯罪企業に変えてしまった。
世界が日本の大企業の余りの腐敗振りに呆れ返っている。
三菱財閥(三菱自動車)や東芝、タカタやオリンパス、電通、挙げれば切りがない。
そして今度は第一勧銀グループ・三和グループの一員であり日経平均株価を構成する神戸製鋼所の不正である。
大学を出たての頃の世襲政治屋安倍晋三の面倒を見ていた神戸製鋼所がアルミ・銅製品の検査データで、10年以上前から組織ぐるみで改ざんを行っていたのだ。

日本経済、日本のモラル、日本の社会を根底から破壊して来た軍事企業
宣伝リンク認定28986628.html

軍需経済と軍人と軍事施設・軍事基地は存在するだけで社会が荒み腐敗して行く。
経済が、生活が、醜く凹んで行くのだ。
戦後、基地・自衛隊・米軍が日本国民の資産・自然・人命を奪い続けて来た。
http://vn-hochiminh.seesaa.net/article/166055185.html
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2012-03-19/2012031915_01_1.html


2. 2017年10月13日 07:30:54 : u3ndRMPYbk : MNXPdRHySko[219]

素人が見ても意味がないな。自動車の法制度は見直した方が良い。今の自動車は昔と

違って電子機器のお化けである。ベルトをチェックする車検も意味がない。これだけ

車が増えれば天文学的な車検費用が国に入る。二年に一回は義務付けられているから

安定した財源である。

携帯電話の電波税も、いまほど携帯が増えることは予想していなかった時の税制度で

ある。何もかもウハウハの特別会計である。一般会計と違って国会審議も無い。

消費税がどうのこうのと言っているが、特別会計、一般会計に大幅なメスを入れたら

どうか!!



3. 2017年10月14日 09:34:05 : jIl0lbCP2M : eZ86r9pZyds[47]
昔のままの法とか規制と言う面については、日本国内においてなかなかドアミラーが認可されなかった歴史的事実があるよ。

#1059. Isuzu asso di fiori italdesign 1979 (Prototype Car)
https://www.youtube.com/watch?v=aLBUYecToEc

●イタリアの著名なインダストリアル・デザイナーのジョルジェット・ジウジアーロ氏が、いすゞ自動車の依頼でデザインした試作車です。

1981(昭和56年)いすゞピアッツアJR130型 ISUZU PIAZZA typeJR130
https://www.youtube.com/watch?v=6ajt8RMd14w

●これが量産車として新発売になったのですが、当時の運輸省がドアミラーを認可しなかったことから、デザイナーのジウジアーロ氏は激怒されたそうです。この問題、激化していた日欧貿易摩擦が泥沼化。この問題、日本側が折れてドアミラー認可で落ち着きました。

いすゞピアッツァJR130型の動画
https://www.youtube.com/watch?v=vlEarsoYOjk

●翌年からドアミラーが採用されましたが、登場時のつまづきが結局、最後まで尾を引いて売り上げは不振なままでした。

★日産に話を移しますが、今回の不正問題発覚で、欧州側の突込みに対して日本側は防戦にさらされることは必至です。欧州側が強く出るのは、かつてのドアミラー認可が通った前例があるからです。

日産については、支配しているフランスのルノーの力がますます強まるでしょう。支配されている側は、このように「隙が出る」のはまずいのです。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民124掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民124掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民124掲示板  
次へ