★阿修羅♪ > 経世済民125 > 368.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「年金破たん」が言われなくなった理由…受給金額15%カットでも大丈夫(Business Journal)
http://www.asyura2.com/17/hasan125/msg/368.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 1 月 10 日 03:14:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

「年金破たん」が言われなくなった理由…受給金額15%カットでも大丈夫
http://biz-journal.jp/2018/01/post_21936.html
2018.01.10 文=山崎俊輔/フィナンシャル・ウィズダム代表 Business Journal


 


■主要メディアで年金破たん特集が減ったのには理由がある

「年金破たん」という言葉が、一時期はずいぶんメディアで踊ったものです。団塊世代、つまり戦後すぐに産まれたベビーブーム世代が引退して年金受け取り年齢に入り始めた頃、年金記録問題が取り上げられたことで、こうした悪いイメージに拍車がかかりました。あるいは「国の年金運用●兆円の損」という記事を見て、不安を抱いた人もいるでしょう。多くの人が、「国の年金制度は破たんするのだろう」「将来はどうせ年金はもらえないのだろう」と思っているのではないでしょうか。

 ところが最近、雑誌やテレビで年金破たんの特集を見かけなくなったと思いませんか。電車に乗っても、週刊誌の吊り広告に年金破たんの大文字は踊らないですし、テレビでも年金破たんの話題は減っているように感じます。

 実は、年金破たんはほとんどあり得ない、ということが明らかになってしまい、まともな学者やジャーナリストは恥ずかしくて言えなくなってしまったからなのです。

 2014年6月に、国は年金財政の検証結果ということで徹底的なシミュレーションと情報開示を行いました。内容はホームページでも公開されていますが、これを読めば、そう簡単に破たんはしない、完全に支払い不能になる恐れがない、ということが示されています。

 むしろ「経済成長の実現」「少子化対策の成果」「女性と高齢者の働ける社会づくり」が実現すると、むしろ年金制度の安定性が確保できることがはっきりと示されました。これは、もはや年金官僚だけがどうこうできるものではなく、国として取り組む課題そのものです。実は余計な保養施設を建てるなどの無駄づかいは、破たんにはほとんど影響はなく(もちろん、ないほうがいいに決まっているが)、国がやるべきことをしっかりやれば、年金制度の心配はないということです。

 メディアというのは「年金破たんとあのとき言ったけど、嘘でした」という特集はやりませんから、なんとなく私たちには悪いイメージだけが残ってしまっています。しかし、いまだに年金破たんの話をする場合、トンデモ理論で語られていると疑ってかかったほうがいいでしょう。株価がずっと下がり続ければ、●年後には年金積立金がゼロになるなど、あり得ません(計画的に取り崩す予定はある)。

 年金運用も同様で、もはや心配のいらないレベルです。なんとなくマイナス運用ばかり印象に残りますが、実はトータルでは62.9兆円のプラスです(2001年度以降、17年度第2四半期までの累積)。3カ月ごとに情報開示をするので、一時的に株価が下がると「ほらマイナスだ」とニュースになりますが、全体では手堅くお金を増やし、年金破たんリスクとはほとんど無縁の状態を維持できています。これも「年金運用、実は上手に増やす」というニュースはほとんどないので、悪いイメージだけが残っていることになるのです。

■日本の年金制度ほど潰れにくい制度はない

 実は、日本の年金制度ほど潰れにくい制度はありません。というのも、日本には他国にないいくつかの特徴があるからです。

・国としての対外債務がない

 世界では、外国に対して借金(対外債務)をしている国と、外国に対してお金を貸している(対外債権)国がありますが、世界で海外にお金を貸しているほうが多い国は数カ国しかありません。日本はそのひとつです。

 ギリシャが財政破たんした際に大きな問題となったのは対外債務の返済で、このため国は年金制度の支給額を無理矢理減らして対応せざるを得ませんでした。いきなり受給開始年齢を上げたり、いきなり給付額を下げることになります。

 日本の場合、年金制度の改正があっても、10年以上の経過期間を置くことができるくらい余裕があります。この点だけでも、日本と諸外国のどちらの年金制度にリスクが大きいかは明らかです。

・年金積立金がある

 日本の年金積立金は170兆円ほどですが(2017年3月末)、これだけの規模で年金積立金を有している国は日本とアメリカくらいです。日本より人口の多い国はたくさんあっても、日本より積立金を多く持っている国はアメリカしかないわけです。

 イギリスやドイツなどは、年金支払いに必要な金額の数カ月分程度分しか積立金を用意していません。「現役時代から集めた保険料をそのまま高齢者の年金に回す」というかたちになっています。実はそういう国のほうが多いのです。

 日本の場合、団塊世代が一斉に引退年齢を迎え、今後数十年間にわたり年金を受け取る期間のみ、負担が急激に増加し苦しくなることが予見されていたため、この期間の保険料が急増しないようあらかじめ保険料を多く徴収したのが、この積立金です。むしろ積立金を上手に崩すことで、若い世代の負担は減ります。

 年金積立金は、団塊世代がまだ現役時代のうちに多めに保険料を確保しておき、彼らの年金給付に回しているともいえます。これを上手に活用することで、年金破たんや保険料高騰を回避することができているのです。

■死ぬまでもらえることが、もっとも重要な「年金の価値」

 国の年金制度は、給付額が下がったとしても制度そのものは残っていたほうが私たちにとっては得策です。というのも、「死ぬまで何年でももらい続けられる」という条件が、国の年金では保証されているからです。

 老後資金の一番の難しさは、「あと何年生きるかわからない老後が、異常に長期化している」ことにあります。前世紀であれば、実は老後は10年から15年を見込めばよかったのです。簡単にいえば、「国の年金+退職金の10%」を年間予算にしてやりくりできました。1000万円の退職金をもらったとすれば年100万、毎月8万円使えます。

 今は、65歳男性はあと16年(平均寿命81歳)、女性は22年(同87歳)生きることになります。さらに4人に1人は男性は90歳、女性は95歳まで生きる時代なので、「老後は30年」ともいえます。そうなれば、退職金から使えるお金は年10%ではなく3.3%です。退職金が1000万円の場合、毎月2.8万円しか使えないわけです。

 しかし、「生きている限り無条件で、日常生活費相当くらいをずっと支払い続けてくれる」という条件のお金があります。それが年金です。

 長生きすれば納めた保険料以上の年金をもらうことになりますが、国が支給停止したり減額することはありません。民間の企業年金は長生きリスクに耐えられないので、10年ないし15年の有期年金で支払いをストップします。定期預金残高をコツコツ取り崩して長生きしたらゼロ円になるという可能性はありますが、年金支払いはストップしません。

 実は国の年金については、給付額が減っても、死ぬまでくれる約束さえ国が守ってくれれば、我々にとっては「価値あり」の制度なのです。

■つぶれないが、減るは減る

「適当」というと「いい加減」なイメージがありますが、本来の言葉の意味は「適切に」です。「適当」に年金制度を理解するとしたら、

「潰れはしない」
「死ぬまでもらえるのがいいところ」
「しかし、減るは減る」

ということになります。

 年金の受給開始年齢が上がっても、法律でその年齢まで働けるよう企業に義務づけされるので、心配はありません。「65歳から75歳まで国は無収入で生きろというのか」というようなミスリードにも踊らされないようにしてください。

 さて、「減るは減る」ですが、受給金額は今より15%くらいカットされることは法律上決まっています。現在の標準モデルは夫婦で月22.1万円ですが、これが18.8万円くらいになる感覚です。とはいえ、女性も会社員であった夫婦の場合は年金額がもう少しアップします(現在の標準モデルで月30万円弱、減額後でも月25.5万円程度)。また、年金生活者は税金や保険料負担がぐっと下がりますので、国に引かれるお金は多くありません。住宅ローンさえ返し終わっていれば、食費や日用品を買って日々生活するのには足りるはずです。

 国の年金は、最低限度の日常生活費くらいはなんとか保障してくれる、とイメージするといいでしょう。逆に言い換えれば、「自分でためるお金は老後に生活できないからではなく、余裕や趣味に回す予算確保のためである」ととらえてください。そのほうが貯める気も高まります。

 それが、マスコミやネットが教えてくれない、国の年金制度に関する「ちょうどいい」「適当な」理解だと思います。
(文=山崎俊輔/フィナンシャル・ウィズダム代表)

【参考情報】
http://www.gpif.go.jp/operation/highlight.html
http://www.kkr.or.jp/shikin/h28_4q_k.pdf
http://www.chikyoren.or.jp/sikin/pdf/joukyo_H28.pdf
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life16/index.html



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年1月10日 04:31:29 : ioi7C6Azq2 : xSYYRQ2mbpA[18]
デフレと年金減額は破綻を避けるために必要なことだ。

いつまでも現実を直視しないで、見果てぬ夢を見続けている今のバブル再生内閣は後で後悔することになる。


2. 2018年1月10日 08:11:00 : K2OfWaCP62 : 19ntmqJTF_U[1]
チョットもらうだけなら 破たんしたことと同じこと

仕事しながら 厳しい現実が待っている


3. ひでしゃん[1821] gtCCxYK1guGC8Q 2018年1月10日 10:46:01 : hjTsd0XdN2 : TcB2NvmzLxs[25]
日銀が放漫金融政策を続ける限り
年金財政の破たんは無いが
結局将来世代がババを引かされることになる
原発
国家財政
すべては
ユダヤの狡猾な陰謀が仕組まれているのではないか?
醜悪根性の日本民族は駆逐されつつある

4. 2018年1月10日 14:47:16 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[15]
そんなに余裕が有るのなら、さっさと支給開始年齢を引き下げ、支給額もアップしろよ。
そして1回でも年金を払った人にも相応の年金を支給しろよ。
100ねん安心の国民年金と言っておきながら、給付額を減らしたり、給付年齢を引き上げたのは詐欺だろう、まずは其れを正してから寝言を言えよ、バカヤロウ。

5. 2018年1月10日 14:58:27 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[4539]

何度もいっているとおり

>つぶれないが、減るは減る

当然、そういうことだw


6. 2018年1月10日 14:59:19 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[4540]

>>01 デフレと年金減額は破綻を避けるために必要

デフレではなくインフレね


7. 2018年1月10日 19:40:25 : uJRHiUIqDQ : rzZhDfLw80Q[3]
匙加減 話題にするも しないのも

言われなく なった理由も 「忖度」か?


8. 2018年1月11日 07:18:24 : tIyBA6KqJo : gwZIRFzSgEQ[1]
前提として「経済成長の実現」「少子化対策の成果」「女性と高齢者の働ける社会づくり」が実現すれば・・・

とおっしゃってるわけで、つまり年金はぜんぜん安心じゃない、と言ってる訳です。

ほとんどペテン師ですね。
     


9. 2018年1月11日 07:20:58 : tIyBA6KqJo : gwZIRFzSgEQ[2]
また、「国がやるべきことをしっかりやれば、・・・」とも言ってるわけで、つまり年金は危ないと言うことが分かります。


10. 2018年1月11日 09:40:55 : 4iVn4pwNTA : iIK1qhx4ItI[1]
>8.9
共感します

11. 2018年1月11日 09:49:40 : cH4jhM3bG2 : XqauBqrRDGo[378]
アベトモがラリってる時に描いた失笑ものの輝かしい未来をもってしても減額は避けられない

絵空事ですら損をする成り立たない事を率直に示したいい記事じゃないか


12. 2018年1月11日 09:52:50 : Ef9XtE4sqE : 4ewYW9SQmB0[1]
年金などねずみ講と同じだ。
さっさと掛け金全額返せ。

13. 2018年1月11日 14:53:04 : 0qZDOjot4w : zqHXmj1gvfY[25]
>>8さん

 まったく同感です。


14. 2018年1月11日 15:00:32 : 0qZDOjot4w : zqHXmj1gvfY[26]
 GPIFも「今の株価」が維持されているならば「少しづつ日本株を売る」べきです。かなり利が乗っている筈。

 昔の日銀(白川総裁の頃)も「極端に安い時に買い支え」て、ある程度上がって安心感が広がった時には売却して、日本経済の安定を図っていた、と記憶します。

 株で保有する限り「絵にかいた餅」ですから、そこは知恵を使い上手く立ち回ってほしいものです。

 当然、日銀も白川日銀時代に倣うべきです。

 


15. 2018年1月11日 15:32:30 : GiSRmxogK6 : XUdDdSwu3@o[3]
年金は破たんしないが生活は破たんする。

16. 2018年1月11日 16:56:40 : z0SQdjEyNM : pYIKdJH9r_s[247]
寝言は寝て言え。

17. 2018年1月11日 22:29:56 : 310iwidHdc : E1ofy4Ipqes[1]
経済成長してないし、少子化対策してないし、女性が働く社会も実現していない。政府はやることやってないからダメだということ。

年金破たんがいわれなくなったのは、本当にその可能性が高くなったのでヤバくて言えないか、言わせないよう圧力がかかっているとみるべきだろう。


18. 2018年1月12日 01:37:26 : 2IiDJiMwkM : ZfkHJiJ8IoY[5]
おかねのちえぶくろ

国民年金滞納で差押え??「時効」は実質なし…どうやって払う?

 2015年12月01日 2017年04月13日 お金の悩み
https://おカネちゃん.com/national-pension-arrears/

scrambleweb

国民年金を滞納すると送られてくる「特別催告状」 これが届いたら無視せず必ず相談に行くべき!

2016/8/23 2016/9/21 お金
http://scrambleweb.com/nenkin-tainou-tokubetusaikokujou(一部引用)


(略)

上にも書きましたが、●私は住民税と国保の滞納で銀行口座の差し押さえを経験しているので、「差し押さえだけはマズい」ということを身に染みて分かっています。●それまでは「差し押さえなんて半分脅しで、よっぽど稼いでいる人じゃない限り実際には差し押さえなんてされないだろう」と高をくくっていまいした。●ところが、実際に自分の口座が差し押さえられたのを目の当たりにして、「そんなに大きい金額じゃなくても、役所はやるときはやる」ということを痛いほど理解したのです。

●そして、この「特別催告状」までが、いわゆる支払いの猶予期間だと言えるでしょう。これ以降の「最終催告状」「督促状」「差し押さえ予告」は、最後の「差し押さえ」という最終手段に出るための手続きにすぎないのではないでしょうか。

●というのも、「特別催告状」の段階で支払いが厳しいという旨の相談をすると、まず提案されるのが「免除申請」だからです。免除申請をすることで、本当に所得が少なくて支払えないのか、それとも所得は十分にあるけれど支払う意思がなくて払わないだけなのか、年金機構が把握することができます。そして、本当に払う余裕がないと分かれば、年金機構のお墨付きで支払い額を少なくできたり、滞納分も分割にして払える範囲で支払いを進めていくことができるわけです。

差し押さえされて、銀行に振り込まれたお給料が全額持っていかれることを考えると、こちらの方が100倍くらい優しい措置です。

まずは相談、そして免除申請を!


●年金事務所に行って特別催告状を見せて、「一度に支払うことができない、どうしたらいいか」と相談すると、担当の方はものすごくやさしく相談に乗ってくれました(涙)。

(略)


19. 2018年1月12日 01:51:12 : 2IiDJiMwkM : ZfkHJiJ8IoY[6]

年金未納で障害者になったらどうなりますか?

nnjs1pさん

2011/12/1916:14:56
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1277702767


20. 2018年1月12日 02:06:28 : 2IiDJiMwkM : ZfkHJiJ8IoY[7]
Yahooニュース

「年金支給開始年齢の引き上げ」と「年金受給の選択可能年齢の引き上げ」は全く別物


室橋祐貴 | 日本若者協議会代表理事

2017/7/20(木) 9:35
https://news.yahoo.co.jp/byline/murohashiyuki/20170720-00073501/


21. 2018年1月12日 09:28:35 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[28]
年金給付の年齢を引き上げる。
年金支払いの年齢を引き下げる。
年金の支払額を引き下げる。
支払う人の意思に関係なく無理矢理に年金を引き剥がす。
そんな事をやれば、年金を貰う前に死んでいく国民多いはず。
死ぬ直前にやっと貰えたと思ったら自由に老後を満喫出来る余裕もなく、
介護だ医療だで全部右から左。

加入の可否の自由な意志も示せず。
勝手に条件を変える。

そらー潰れはしないかも知れない、破綻もしないかも知れない。
連中の都合でいえば。

しかし世間一般で同じ事をやれば契約不履行で訴えられて事業継続は不可能。
契約不履行ならまだかわいい、国家詐欺と訴えられても何の不思議も有りません。

そんな詐欺連中が言っている破綻しないって、結局は詐欺口上でしかない。
年に1円でも支払いをしていれば連中はちゃんと年金は支払いを続けています、
だから年金は破綻していませんと言うだろう。

原発があれ程酷い事に成っても、総ての都合の悪い情報を隠蔽して、
原発安全宣言、食べて応援、復興促進で税金の横流し横行、被災者の支援をまともにしないまま、時間が来たからといって支援を打ち切る。

こんな国家がやっている国民年金なんて詐欺に決まっているじゃないか。
詐欺師がいくら破綻しないといった所で国民は誰も信用はしていません。
国民の自由意志に任せてみろ、たちまち皆んな逃げるわ。
其れが現実だろ、寝言を言うなよ。


22. 2018年1月12日 13:48:44 : i3Ndt2rWYq : S_Vy_E9Efhw[758]
カットしないと支給できないってのは既に破綻しているのだけどなあ。
「誰か一人に1円でも出れば破綻じゃない」って言われて納得する人なのかな?

もっと言えば加入時の条件で支給できないと既に「破綻」。
本来は詐欺にも成りえるけど、「破綻」したが故に責任の免除を頼んでいるのだろ。
破綻でないってのなら全加入に対して加入時の条件でキッチリと支給しろ。

「日本の財政が破たんしていない」って奴も同様。
破綻していないのなら増税するな。


23. 2018年1月12日 22:43:14 : QTi2Medl5D : xlXk6OuOVik[1]
嘘つく報道に、秋田、

嘯くにも、いいかげんにしろ。


24. 2018年1月13日 08:14:22 : riIXB3ZqNI : H4VJAn1esy0[17]
年金減額はしないで国債・政府貨幣で調達すればよい

GDPも増えるし経済成長にも繫がる


25. ダイビング[413] g1@DQ4Nyg5ODTw 2018年1月13日 08:19:11 : lcx6C0s5I2 : FxJ43svnm_8[45]

発災から7年を超えようとしている東日本大震災とフクイチ過酷事故。

津波に巻き込まれた多くの人々も、年金支払っていたよね。

50代60代でガン死する多くの人々も、放射能の影響は考えにくい

といわれながら、、年金支払っていたんだよね。

そういった早期に死亡してしまう事例の積み重ねが、年金需給の

一時的な猶予を生み出しているのだと思います。


26. 2018年1月13日 19:01:18 : cH4jhM3bG2 : XqauBqrRDGo[381]
財政出動で問題が解決するなら年金に拘らず国民にばら蒔けばよい
徴税も全て国債で賄えば消費は爆発的に増えるよ

27. 2018年1月14日 17:28:59 : Fvg2i2TFug : pwreRymSOsM[1]
金持ちのほど多く分配する年金の利息を、
私達一般庶民から税金で奪った金で払うのをやめろ!

年金保険料として集めた金で利益が1円も出なかったとしても、
それは年金機構が詐欺事件(刑事事件)を犯したらからであって、
今、年金の利息として払われているのは、あくまで年金詐欺の被害者への補償です。
年金詐欺の補償を「これはあくまで利息なんだ」と言いくるめるのはやめろ!
現役時代に月々の年金保険料を普通の人の100倍払っていた人は、
払った額が全額戻って来た上に、
国からの補償を、普通の人の100倍もらっている。払った額が全額戻って来た上に。

こんなことが許されるのなら、
「満期が来たとき利息を600%付けます」「6万%付けます」「6億%付けます」といくらでも大きくできる。
年金と関係なく好きなだけ大きな率にできるのだから。
私達から税金として奪って渡す口実にしてるだけだから。

みなさん、騙されてはいけません。
年金給付で元金に付加されてるのは、あくまで、被害者を救済するための補償。年金機構が利息を払わない被害への補償。

補償は、補償らしく、年金給付額の少ない人にだけ、生活費として毎月必要な額への不足分だけ渡せばいいだろう。

このやり方なら、実は、大半の人は年金の利息してもらえる額が増える。
それほどまでに、今、
私達一般庶民から消費税等で奪った金の大半を、金持ち連中が、年金の利息名目で独占しているということです。
ただの補償なんだから、金持ち連中には、元金を返すだけでよく、利息に相当する額を補償してやる必要はない!
金持ちにほど多く渡すなど、言語道断!

これでもまだ甘い。
金持ち連中には元金でさえ、全額返す必要は無い。
なぜなら、年金への加入は国による強制だから。年金保険料は実質税金と同じなのです。
税金として許される使い方は、社会保障、つまり金の無い人を救済すること。
この国では、社会保障とは、一旦取った税金を金持ちに返納することを言うのか?

年金への加入が国による強制である限り、金持ちに元金を全額返すことは許されないのです。税金として徴収した金なのだから。

年金は、社会保障なのか、利殖なのか、一体どっちなんだ!
社会保障なら、
金の無い人を救済するために付加する額を、利息として金持ちにほど多く付加する、という暴挙は許されない。
利殖なら、加入を強制するな! 利息を、年金と関係ない私達から奪って渡すなど、言語道断! 利殖なら。

利息を払うときは「利殖だから金持ち(現役時代の月々の支払い多かった人)にほど多く渡すのは当然だ」と言って、
利息の原資を、私達から税金で奪って行くときは「社会保障だから年金と関係ない国民が負担するのは当然だ」と言う。
自分達の都合のいいように、コロコロ変えるな!
こんなダブルスタンダード、許されてたまるか!


▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民125掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民125掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民125掲示板  
次へ