★阿修羅♪ > 自然災害22 > 194.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
2017年09月09日震度5強の秋田県内陸南部で収まらない地震、震度4含む15回発生で更に強い地震は(地震ニュース)
http://www.asyura2.com/17/jisin22/msg/194.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 9 月 09 日 16:03:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


2017年09月09日震度5強の秋田県内陸南部で収まらない地震、震度4含む15回発生で更に強い地震は
http://jishin-news.com/archives/2713
2017/09/09 地震ニュース


9月8日の22:23にM5.3・震度5強を記録した秋田県内陸南部での地震が収まりを見せておらず、今後の強い地震への懸念が強まっているようだ(画像は気象庁より)。

9月8日22:23のM5.3・震度5強以降、9月9日14時までに同震源で発生している有感地震の数はなんと15回。地震の規模自体はそれほど大きくないが、9月9日の11:42には震度4も起きるなど揺れが続いている。

09月08日22:23 M5.3 震度5強 秋田県内陸南部
09月08日22:35 M2.4 震度2  秋田県内陸南部
09月08日22:37 M1.7 震度1  秋田県内陸南部
09月08日22:40 M1.6 震度1  秋田県内陸南部
09月08日22:45 M1.4 震度1  秋田県内陸南部
09月09日01:40 M1.8 震度1  秋田県内陸南部
09月09日01:50 M1.6 震度1  秋田県内陸南部
09月09日05:30 M2.0 震度1  秋田県内陸南部
09月09日05:58 M2.6 震度2  秋田県内陸南部
09月09日07:09 M1.8 震度1  秋田県内陸南部
09月09日08:57 M2.1 震度1  秋田県内陸南部
09月09日11:07 M1.8 震度1  秋田県内陸南部
09月09日11:42 M3.2 震度4  秋田県内陸南部
09月09日11:46 M1.8 震度1  秋田県内陸南部
09月09日11:52 M1.9 震度1  秋田県内陸南部
09月09日13:19 M1.7 震度1  秋田県内陸南部

これらの地震の殆どが震度5強と同じ「北緯39.5度/東経140.4度・深さ10km」で発生しており、9月8日22:45のM1.4・震度1の深さが20kmだったこと、そして9月8日22:37のM1.7・震度1の東経が140.5度であったこと以外は同一である。

9月8日のM5.3・震度5強の際に言及したが(関連記事参照)、今回の震源と1914年3月15日の仙北地震(M7.1)との位置関係については気象庁が示した上記の図の通り、ごく近い場所であったと言えるため、今回の震源では非常に強い地震が起き得る、という点からは更に強い揺れの可能性も否定出来ないが、相次ぐ地震は今後の「本震」の存在を意味しているのだろうか。

また、M7クラスとまでは行かなくとも、同規模程度の地震が起きる可能性があることについては過去のデータからも示すことがで出来そうだ。

2011年4月19日に秋田県内陸南部でM4.8・震度5弱の地震が発生した際には、今回と同様余震が相次いでいたが、徐々に減ってきたタイミングである5月27日に再びM4.5・震度4の地震が起きていたためである。

秋田県を中心とする東北地方では今回のM5.3・震度5強が仮に前震であった場合や同程度の規模が再発する場合にも備えておいたほうが良いだろう。



2017年09月08日秋田県内陸南部でM5.3・震度5強が発生、活発化する地震活動への厳重な警戒を
http://jishin-news.com/archives/2710
2017/09/08 地震ニュース



9月8日の22:23に秋田県内陸南部でM5.3・震度5強の地震が発生した(画像はYahoo!天気・災害より)。

日本国内でM5以上の地震が発生したのは同日未明9月8日2:27の小笠原諸島西方沖M6.1・震度3以来20時間ぶりで、同じ日にM5以上の地震が2回以上起きたのは7月28日の鳥島近海M5.6・震度1と茨城県沖M5.0・震度1以来約1.5ヶ月ぶりである。

また、震度5強以上を記録した地震としては7月11日の鹿児島湾M5.2・震度5強以来約2ヶ月ぶりで、2017年に入ってからの震度5強以上としてはこれが4回目。

秋田県内陸南部での有感地震としては8月25日のM1.9・震度1から2週間ぶりのことだが、同震源はそれほど頻繁に地震が起きる場所ではなく、2017年としては今回が6度目である。

今回の震源位置が正確に特定されてから改めて検証する必要があるが、近い場所で過去に記録されていた地震としては1914年3月15日の仙北地震(M7.1)があるようだ。この時の揺れは最大震度7相当と推定されており94名の死者が出たといわれている。

また多少離れているとみられるが、付近には横手盆地東縁断層帯が南北に走っており、ここではM7.2〜M7.3程度の地震が起きる可能性があるとされている。

今後の強い地震への警戒が必要だが、メキシコでM8.1、熊本で震度4、そして秋田県で震度5強と9月8日に地震活動が活発化した背景にはX9.3の大規模太陽フレアが影響しているのだろうか。

因果関係ははっきりしないものの、日本全国で今後数日は地震への厳重な備えが必要であることは間違いないだろう。




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. taked4700[6384] dGFrZWQ0NzAw 2017年9月10日 09:16:26 : l27nfLzf4M : y1SBun5buAY[10]
>相次ぐ地震は今後の「本震」の存在を意味しているのだろうか。

は有り得ません。

311直前の岐阜県飛騨地方での群発がありました。

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/list/?e=430&sort=0&key=1&b=1

で分かるように、

2011年2月27日 2時19分ごろ 岐阜県飛騨地方 M4.9 4

があり

2011年2月27日 5時38分ごろ 岐阜県飛騨地方 M5.4 4

が後続しています。

今回の秋田県内陸南部地震は、岐阜県飛騨地方の群発に比べて多少大きめで推移している印象があり、そのため、かなり危険ですが、どちらにしても、秋田県内陸部でのM7地震の発生につながるものではなく、茨城県北部から福島県南部でのM7以上地震の前兆と考えるべきです。

なお、岐阜県美濃東部の地震が起こりましたが、飛騨地方が北、美濃東部が南に属し、結果として、飛騨地方の地震が東北、美濃東部が関東での大地震の先行指標となっていると思います。
https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/20170715020000.html?e=430
発生時刻 2017年7月15日 1時59分ごろ
震源地 岐阜県飛騨地方
緯度 北緯36.0度
経度 東経137.3度
深さ 10km
マグニチュード 3.0

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/earthquake/20170909072944.html?e=431
発生時刻 2017年9月9日 7時29分ごろ
震源地 岐阜県美濃東部
緯度 北緯35.3度
経度 東経137.2度
深さ 50km
マグニチュード 3.1

を比較してください。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害22掲示板  
次へ