★阿修羅♪ > 自然災害22 > 825.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
DEWによるカリフォルニア火災(Walk in the spirit)(DEWによるカリフォルニア火災の実写動画)
http://www.asyura2.com/17/jisin22/msg/825.html
投稿者 こーるてん 日時 2021 年 5 月 06 日 23:41:31: hndh7vd2.ZV/2 grGBW4LpgsSC8Q
 

https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202009100001/より転写


DEWによるカリフォルニア火災の実写、
​https://twitter.com/dmahara/status/1303896012944269313​


これは45秒の短い長さのビデオです... オレゴン州の上空から放出されたエネルギービーム(私の意見では宇宙の衛星からの可能性が高い)...カリフォルニア州に向かうビームは、昨夜9月8日、直接火に向かっています。​



(ビデオの後半からビームのような線がみえますbyこーるてん)


コメント欄より



Julie Day


so.... not a ''conspiracy theory'' (陰謀論) もう陰謀論ではないのでしょうか?指向性エネルギー兵器、この場合は赤外線スペクトルに現れます。このような意図的な火災によって被害を受けた人々、ペット、野生動物に祝福を。イングランドより愛をこめて xxxxxxx



ジョージア・レインズ


すべての人々、すべての野生生物。 家も会社もなくなってしまった。 信じられないほどの身勝手さ。 去年も同じことをしていたと思います。 その悪は取り除かなければならない


シャノン


これは絶対に心が折れる。私はこの病気の悪魔の種には我慢できません。涙が出てきました。実際に見ると...レベルが違います。😭


ブリッツ・ビット


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━! 狂気のオランダ人。友人にも見せているが、何事もないように振る舞っている。目で見て、耳で聞いて!



スー・フート


もし政府が何もしなければ、彼らはこの件に加担しているに違いない。 大きな鏡があれば、それが返ってくる?



WebSight


もしこれが本当なら、我々の「リーダー」たちがそれを知っていて対処できないなら、我々は大変なことになる。でも、もしかしたら彼らもグルなのかもしれませんね...最近はわかりませんが。



idont thinkso


オレゴンでは どこもかしこも火の海です。これは大変だ。新しい火事がリアルタイムで出てきています。



InThe Matrix?


インザ・マトリックス?


みんな屋根にミラーをつけよう!



www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


                          記事続き⇊
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. こーるてん[771] grGBW4LpgsSC8Q 2021年5月06日 23:50:59 : AUjLr1EJ72 : c2FMZllMTlBVT2s=[1147] 報告
https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202009100001/より転写

http://img.asyura2.com/up/d13/221.jpg

現在のライブビューを見るためのリンクは、ここです。

​サンフランシスコエリアビュー-->https://weather.cod.edu/satrad/?parms=subregional-SanFran-06-200-0-100-1&checked=map&colorbar=undefined

2. こーるてん[772] grGBW4LpgsSC8Q 2021年5月06日 23:53:29 : AUjLr1EJ72 : c2FMZllMTlBVT2s=[1148] 報告
https://plaza.rakuten.co.jp/555yj/diary/202009100001/より転写

直近の​AOLニュースサイトのスクリーンショット集からです、
正面の火災の惨状に注意してください、背景の木々とその葉は無傷です。

https://twitter.com/jamesperloff/status/1303891387310649344

​目新しい光景ではないが、
改めて、相変わらずだなDEW、と言うことで、

http://img.asyura2.com/up/d13/220.jpg

3. アホ草[14] g0GDepGQ 2021年5月09日 14:51:59 : Td0N6QHNrk : TFc4MFpuckFEY3M=[1] 報告

その情報または情報操作は、dutchsinseさんという方のもので、

Qanon支持派との説がある点は別としても、

「中国やロシアによる攻撃」を示唆しています。

コメントの多くも追随しています。

その点について伏せているのは「政治的配慮」によるものですか?

♯日本では自衛隊機墜落等の事故の際に囁かれる情報系。


ただ、引き合いに出されたエスパー長官の発言は、

中国やロシアのDEW開発はアメリカの軍事的優位を脅かしている、

というもので、山火事には言及していないようです。

さすがのトランプ前大統領も言っていないようです。

牽強付会の可能性があり、dutchsinseさんの指摘は再検討を要します。


たとえば、

火勢を増悪しているようには見えない、衛星からという根拠は?

二つ目のは海の上からオレゴンへ向かっているというのは本当か?

過去の、あるいは現在の、Lidar観測の可能性についての検討は?

など。

♯米軍によるテストか実験説はUFO問題の本質と絡みます。

4. アホ草[15] g0GDepGQ 2021年5月09日 16:46:00 : XYBzcWjzkI :TOR MFNoLmkzSkF3Vy4=[4] 報告
♯Lidarによる山火事・森林火災観測の一例。


LiDARの開発と応用(第2回) | TOKYO EXPRESS
http://tokyoexpress.info/2020/04/11/lidar%e3%81%ae%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%81%a8%e5%bf%9c%e7%94%a8%e7%ac%ac2%e5%9b%9e/

CATSは、2015年1月に打上げられ、ISSに搭載され、運用は2017年10月30日に終了した。このミッションの期間、CATSのLiDARは雲とエアロゾルの垂直方向の構造の測定が行われた。対象としては、火山の噴火、中国およびインドにおける人工的な汚染、北米の山火事の煙、中東の砂嵐などである。

CATSは、ISSが同じ場所を一日の異なる時間において観測できるため、昼と夜での雲とエアロゾルの変化を知ることができる。また、データを6時間以内で得ることができ、砂嵐、山火事、火山噴火の正確な予測が可能である。


ASCII.jp:オーストラリアの森林火災、NASA衛星画像が捉えたその被害規模
https://ascii.jp/elem/000/002/003/2003505/

人工衛星は僻地で発生した森林火災を最初に発見する手段となることが多い。

カメラやライダー(LIDAR:レーザーによる画像検出・測距)、赤外線センサーを使用して火災の規模を把握し、正確な発生位置や、火災によって生じる煙の方向などを捉えるのだ。

NASAは地球観測用の人工衛星群を擁しており、静止軌道上にある衛星が5分〜15分ごとに画像を提供している。

広大な領域を通り過ぎながらスナップショットを撮り、一度に最大1キロメートルの地域を観測。アルゴリズムが赤外線データを使って火災の有無を検知し、1キロメートルごとに調査した上で「火災」「非火災」「雲」「水」「データ不明」「未詳」といったグループに分類する。

このデータは世界中の火災管理当局へ送られ、消火活動や被害規模の評価に使用されている。


lidar-dial山火事検出応用のためのCO2レーザシステムによる煙後方散乱係数のセル内測定
| 文献情報 | J-GLOBAL 科学技術総合リンクセンター
https://jglobal.jst.go.jp/detail?JGLOBAL_ID=201102242963339570&rel=1

大気の水分濃度は森林火災の煙検出に影響する。ここでは,水分濃度のために誘起される系統的誤差を定量化するために,二種の植物燃料(ユーカリと針葉樹)からなる吸収セルを用いて,煙の後方散乱係数を測定した。

10R20と10R18のCO2レーザ線に対して測定を行い,植物燃料の煙による水蒸気濃度の増加を評価し,これらの波長と煙の間の相互作用を一次近似によって定量化した。

実験結果から,レーザビームは植物の煙と強く相互作用し,選択した波長において測定された後方散乱係数は,標準条件の大気後方散乱係数より2桁以上大きくなることが示された。

大気中の水蒸気による系統的誤差は,100g/sの低い燃焼速度においても無視できると推定される。

5. アホ草[16] g0GDepGQ 2021年5月09日 16:49:08 : XYBzcWjzkI :TOR MFNoLmkzSkF3Vy4=[5] 報告
♯Lidarによる山火事・森林火災観測の一例、その2。


太平洋岸北西部で2017年に発生した山火事に基づいて、
上空における煙プルームの影響を再評価する
| EurekAlert! Science News
https://www.eurekalert.org/pub_releases_ml/2019-08/aaft-5_4080719.php

新しい研究によると、2017年の夏に太平洋岸北西部で発生した大規模な山火事では、巨大な煙プルームが生じ、それが急上昇して成層圏に達し、8ヵ月以上そこに留まったという。

この史上最大規模の山火事は、いくつもの地上および衛星のプラットフォームから観測されており、現行の理論モデルを評価するうえで、また核戦争が地球の大気と気候に及ぼしうる影響について見識を得るうえで、絶好の機会となった。

engfei Yuらは、「Stratospheric Aerosol and Gas Experiment III(SAGE III-ISS)」と「Cloud-Aerosol Lidar and Infrared Pathfinder Satellite Observation(CALIPSO)」の衛星プラットフォームから直接観測を行うことで、2017年の山火事の火災積雲を特徴づけ、現行モデルの仮定を評価した。

著者らによると、核兵器の爆発が引き起こす都会の火災旋風のモデルでは、自己上昇する煙が予測されており、今回の観測結果はこれが発生したことを示唆しているという。

6. アホ草[17] g0GDepGQ 2021年5月09日 17:21:36 : jJejLUVTkY :TOR M1RTcnRaZnVDY2M=[1] 報告
♯いささかでも古き良き陰謀論の"風情"を備えている問題提起は以下。
♯もしかしたら、鳥の群れ∽ドローンの群れ、としての標的ということ?


Birds Falling from The Sky by The Hundreds of Thousands? | coreysdigs.com
https://www.coreysdigs.com/health-science/birds-falling-from-the-sky-by-the-hundreds-of-thousands/

鳥の死の最初の報告は、NMのホワイトサンズミサイル範囲でした

すべての報告によると、最初の鳥の群れが死んでいるのが発見され、8月20日にホワイトサンズミサイルレンジとホワイトサンズ国定記念物で行われ、300羽以上の鳥が「不思議なことに」空から落ちて死んだ。これを考えると、以下の情報は特に鳥に関連する場合と関連しない場合がありますが、最も確実に報道価値があります。

2019年10月、国防総省は、プライムタイムに近づく指向性エネルギー兵器に関するプレスリリースを発表しました。

2019年7月1日、Military&Aerospace Electronicsは、「指向性エネルギー兵器が大きく前進している」と報告し、空軍によって開発およびテストされている高エネルギーレーザーであるホワイトサンズミサイルレンジのデモンストレーターレーザー兵器システムの写真を示しました。研究所。彼らはまた、ホワイトサンズでレイセオンの高度な高出力マイクロ波と高エネルギーレーザーを展示しました。

この報告書は、米国、中国、ロシアがすでに本格化している指向性エネルギー兵器の使用状況と、ホワイトサンドが実施していた実験に関するかなりの情報を網羅しています。

高エネルギーレーザーは、電力網、高価値のインフラストラクチャ、および移動中の車両を攻撃するための特殊作戦で使用できます。

...


First Report of Bird Deaths Was at White Sands Missile Range in NM

All reports state that the first cluster of birds found dead, took place at White Sands Missile Range and White Sands National Monument on August 20, where over 300 birds “mysteriously” fell from the sky to their death. Given this, the following information may or may not be relevant to the birds specifically but is most certainly newsworthy.

In October 2019, the DOD published a press release about directed energy weapons moving closer to prime time.

On July 1, 2019, Military & Aerospace Electronics reported on “Directed-energy weapons taking big steps forward” and showed a photo of The Demonstrator Laser Weapon System at White Sands Missile Range which are high energy lasers being developed and tested by the Air Force Research Laboratory. They also showed the Raytheon advanced high-power microwave and high-energy laser at White Sands. This report covers quite a bit of information pertaining to where the US, China, and Russia are with direct-energy weapons use, which already in full swing, and experiments that White Sands had been running. High-energy lasers can be used in special operations to attack power grids, high-value infrastructure, and moving vehicles.

In August 2020, the DOD published a press release about the framework for advancing directed energy weapons, along with their initiatives.

On August 20, 2020, the day the birds “fell from the sky” over White Sands Missile Range, it isn’t known as to whether they were running directed-energy experiments that day. One report shows that one of the tests they were running was intercepting high-speed tactical ballistic and cruise missiles.

On September 16, 2020, Defense Secretary Mark Esper announced that China and Russia have weaponized space through killer satellites and directed energy weapons designed to exploit and weaken the US military.

While it is suggested that the fires may have something to do with the birds dying from smoke inhalation and flight confusion, aside from actual police arrests of arsonists starting some of the fires, is it plausible that directed energy weapons may have played a role as well? There is certainly enough evidence to raise this question. And, if a few hundred birds really did “fall to their death” at White Sands, what tests or experiments may have been running around that timeframe, as it seems quite odd that White Sands would be ground zero.


'Beijing & Moscow Weaponized Space Through Killer Satellites,
Directed Energy Weapons': Defense Sec
https://sociable.co/technology/beijing-moscow-weaponized-space-through-killer-satellites-directed-energy-weapons-defense-sec/

「北京とモスクワは、キラー衛星、指向性エネルギー兵器を通じて宇宙を兵器化した」:国防長官

マイケル・グリフィン博士が2018年にまだ研究とエンジニアリングの国防次官であったとき、彼は指向性エネルギー兵器がドローンの群れに対する非常に強力な防御になる可能性があると述べました。

「彼らに対する防御[群れ攻撃]について、私が最も有望だと思うことの1つは、何らかの形で指向性エネルギーです。私たちは指向性エネルギーを大きなレーザーと考えることがよくあります。私は確かにそのいくつかに何十年も関わってきましたが、非常に効果的な高出力マイクロ波もあります」とグリフィン博士は2018年に述べています。

DARPAの高エネルギー液体レーザーエリア防衛システム(HELLADS)プロジェクトのブリーフィングによると、「有人および無人航空機に対する敵の地対空脅威はますます高度化しており、この増大するカテゴリの脅威に迅速かつ効果的に対応する必要があります。

「高出力レーザーは、光の速度と出力を利用して複数の脅威に対抗するため、この課題に対する解決策を提供できます。レーザー兵器システムは、攻撃的な任務にも追加機能を提供し、巻き添え被害の可能性が低い正確なターゲティングを追加します。」


高エネルギー液体レーザーエリア防衛システム
- Highland Range (Lincoln County) - Wikipedia
https://nipponkaigi.net/wiki/High_Energy_Liquid_Laser_Area_Defense_System

歴史

大型冷却システムを備えた液晶レーザーは、固体状態で連続ビームを発射できますレーザービームはより強力ですが、通常、過熱を防ぐためにパルスで発射する必要があります。 (熱伝達要件が満たされている限り、固体レーザーは継続的に実行できます。)これまで、両方のタイプのレーザーは、これらの巨大な冷却システムが必要なため、非常にかさばっていました。それらが収まる唯一の航空機はジャンボジェットのサイズでした。

このようなシステムの必要性は、2006年のレバノン戦争の間に強化されました。イスラエルは過去にモバイル戦術高エネルギーレーザー(MTHEL)に資金を提供することで同様の作業に参加していました。このシステムは2004年8月24日にテストされ、実際のシナリオでモルタルの脅威を中和するのに効果的であることがわかりました。ただし、このテストは20kmの短い射程ミサイルで実施されました。
開発

プログラムの最初の数年間は、General Atomics のフォトニクス部門が元請業者でした。この設計は、固体レーザーの高エネルギー密度と液体レーザーの熱管理を組み合わせたものです。 「HEL兵器」と呼ばれる最初のプロトタイプは、穏やかな1キロワット(kW)のビームを発射することを実証しました。 2007年のプログラムのフェーズ3は、実験室で15 kWの電力を実証し、2008年の終わりに、General Atomicsの入札により、ロッキードマーティンが兵器システムインテグレーターとして選ばれました。 Wikipedia site:nipponkaigi.net

(アドオン訳)

7. アホ草[18] g0GDepGQ 2021年5月09日 23:06:36 : Tb1nmsx8MI :TOR RS9yQXJzNzFVMXM=[1] 報告
>>2.
>正面の火災の惨状に注意してください、背景の木々とその葉は無傷です。

北米には火に強い木が生えているそうです。

火が着いても燃えずに残る場合が報告・研究されています。

また、宅地周りの立地、風の向きなどから山火事の状態を考慮する必要がある、と指摘するサイトがあります。


セコイア物語
http://kigiyamabo.my.coocan.jp/test/sequoia.htm

セコイアと山火事

セコイアの森に立つセコイアの幹には黒く焼け焦げた跡がたくさん見られます。

これは山火事に耐えて生き残ってきた証拠です。

セコイアの森では普通20年に一度ぐらいの 頻度で落雷等による自然発生的な山火事が起こっているそうです。例えば2000年を生きてきた樹ではなんと 100回もの山火事を経験していることになります。

我々の常識では考えられませんが、なんとセコイアの樹種が生存を続けるためにはこの山火事が不可欠な環境条件 であることが解ったのです。山火事は森の地表に密生した小さな植物や、地表に積もった枯れ葉を焼き払って、覆われていた地面に陽光を与えてくれます。種子以外から発芽をしないセコイアは山火事の熱で球果をひらけ、 種子を地面に落として発芽させるのです。

セコイアの樹皮は厚さ60cmにもなり多量の水分とタンニンやその他の有機物を多く含んでいて、もともと燃えにくく腐敗にも強い特性をもっているため、下草が燃える程度の山火事は災難ではなく逆に種を 残す必要条件だったのです。

国立公園として管理するようになった当初は山火事に対して消火活動を行っていた そうだが、おせっかいに気付いた今では山火事は放置するどころか、人工的な下草焼きまでが行われています。

8. こーるてん[788] grGBW4LpgsSC8Q 2021年5月12日 22:06:48 : AUjLr1EJ72 : c2FMZllMTlBVT2s=[1157] 報告
火消しお疲れさん。
9. 2021年5月20日 10:46:32 : 1hFwhl5XF6 : dXZTY1pyS01GUXM=[1184] 報告
日本では廻りを海水面に囲まれているので湿度が高く、春から秋の期間は、火災でなく降雨や台風で災害を起こしています。

数年前からメディアで盛んに宣伝している線状降雨帯を、気象庁が作り出してきました。
311の時に、「津波3mの気象庁詐欺」を目の当たりにしてしまったので、人工線状降雨帯も気象庁が作り出しているものと考えられます。
風向きに合わせて海水面から水蒸気を発生させ、地上に来た時に水蒸気を雨にする人工的な手口です。

ダムの水位も監視しましょう。
梅雨前のこの時期に、ダムの満水は、やる気満水みたいな感じですから。

気象庁と国交省の発表には、事実が隠されるかもしれないと考えておきましょう。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害22掲示板  
次へ