★阿修羅♪ > 国際18 > 875.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
アサドへの懲罰攻撃で評価をあげたトランプ   天木直人
http://www.asyura2.com/17/kokusai18/msg/875.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 4 月 09 日 09:24:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

アサドへの懲罰攻撃で評価をあげたトランプ
http://kenpo9.com/archives/1243
2017-04-09 天木直人のブログ


 けさ7時半から始まったフジテレビの新報道2001で、在米特派員の古森義久記者が語っていた。

 今度のシリア懲罰攻撃でトランプは米国内の反トランプ派からも評価を得たと。

 就任以来はじめて点数を稼いだと。

 今度の攻撃に踏み切った理由をあれこれ解釈をするよりも、化学兵器の犠牲になった子供たちの画像を見たトランプの素直な感情から決まった攻撃だと考えるべきだと。

 この古森氏の発言が正しければ、そして私は正しいと思うのだが、トランプは、世界の警察官を止めると言った発言を撤回したのだ。

 撤回しただけでなく正しく世界の警察官になったのだ。

 ここで私が「正しく」という意味は、自国の都合で他国の政権を軍事攻撃して倒すという事ではなく、あくまでも、非人道的な見地から懲罰的軍事攻撃を来なって暴政を止めるという意味だ。

 その意味で、今度のトランプのシリア攻撃は、ブッシュのイラク攻撃とは根本的に違う。

 これまで国際社会は、アサドの非人道的な自国民弾圧を誰も止められなかった。

 オバマでさえも、化学兵器使用でレッドラインを越えたと言いながら、何もしなかった。

 そして事態を悪化させた。

 ひるがえってトランプは明言している。

 もしアサドが再び化学兵器を使うような事があれば更なる懲罰を加えると。

 米国が本気になって懲罰攻撃をおこなえばひとたまりもない。

 もはやアサドは二度と化学兵器を使えないだろう。

 米国は国際社会の誰もができなかったアサドの暴挙を阻止したのだ。

 この時に限って、文字通り正しい世界の警察官になったのだ。

 願わくばその世界の警察官の役割を公平、公正に行使してもらいたいものだ。

 イスラエルのパレスチナに対する非人道的な弾圧を止めさせてもらいたいものだ。

 それが出来ない米国に「正しい世界の警察官」になれない限界がある(了)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年4月09日 10:39:25 : 3ah459lR8Q : BQKXrt2t@gY[724]
今度アメリカがシリア攻撃したら、ロシアが船沈めるだろ。

2. 中川隆[7612] koaQ7Jey 2017年4月09日 10:47:49 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[8099]

天木直人みたいなマスコミに簡単に騙される知恵遅れが多いから解説しておくね

意図的な世論誘導報道で悪魔呼ばわりされているシリア アサド大統領

米支配層はオバマ政権の時代から化学兵器使用の濡れ衣をシリア政府へ着せて侵略を狙ってきた

アメリカ軍がシリアの空軍基地をトマホーク巡航ミサイルで攻撃した後、ニッキー・ヘイリー国連大使はさらにシリアを空爆する用意があると国連で発言した。例によってアメリカは証拠を示すことなく「自分を信じろ」と言うだけ。説得力はない。2013年にシリア政府が化学兵器を廃棄したことは国連の調査官も認めていることで、化学兵器を使用する理由もない。

シリア政府軍が化学兵器を保有していないことは西側の政府もメディアも承知しているはずで、今回のシナリオは嘘がばれることを承知で叫んでいる。2013年にも化学兵器の使用を口実にシリアへアメリカ/NATOは直接的な軍事介入をしようと試みたが、その時は攻撃から1週間ほどでアメリカ側の嘘が指摘されはじめた。今回、化学兵器使用が話題になってすぐにアメリカ軍は攻撃した理由はその辺にあるだろう。

シリアのバシャール・アル・アサド政権を倒すため、シリア国内で化学兵器を使用し、その責任をシリア政府になすりつけて軍事侵略を正当化しようという偽旗作戦をバラク・オバマ政権が許可したとイギリスのデイリー・メール紙が報道したのは2013年1月29日のことだった。
イスラエルのハーレツ紙は化学兵器を使ったのは政府軍ではなく反政府軍だった可能性が高いと報道、5月になると攻撃を調べていた国連の独立調査委員会のメンバー、カーラ・デル・ポンテも政府軍でなく反政府軍が使用した可能性が高いと発言する。

最初の攻撃から5カ月後、8月21日にダマスカスに近いゴータで再び化学兵器が使用され、アメリカをはじめとする西側の政府や有力メディアはシリア政府に責任をなすりつける宣伝を展開したが、29日にはサウジアラビアが化学兵器を反政府軍に提供したと報道されている。
その後も調査ジャーナリストのシーモア・ハーシュ、あるいは国連の元兵器査察官のリチャード・ロイドとマサチューセッツ工科大学のセオドール・ポストル教授たちがアメリカ政府の主張を否定する報告をした。

___


CIAがアメリカの主要メディアの全てを支配し、情報を操作・管理しながら、米国民だけでなく日本や世界の人々を騙してきた

アメリカの主要メディアはCIAのプロパガンダ・マシーンです。そしてアメリカのメディアの口パクでしかない日本のマスコミも同様にCIAから許可を得た記事やニュースしか報道できないようになっているのでしょう。CNNのニュースをそのまま報道しているのですから。。。

アメリカの主要メディアを支配しているのはユダヤ資本であり、CIAですから、NSAと同様にCIAもユダヤ資本(NWOの重要メンバー)に支配された機関ということになります。
メディアを通して報道されるニュースの全てがCIA及び関連の政府機関よって作成されたものです。つまり現在も主要メディアはCIAが作成する偽のニュースを報道するCIAのプロパガンダ・マシーンででり続けているということです。

アメリカの主要メディアはCIAのアジェンダに沿った偽のニュースを報道するこどでCIAのプロパガンダを行っています。例えば、ブッシュ政権はジャーナリストにお金を払って反キューバの記事を書かせました。

テレビに出演したドイツのジャーナリストであり政治科学の専門家(Dr.Udo Ulfkotte)は、彼の名前で諜報機関が書いた記事を寄稿するよう命令されたと告白しました。命令に従わなかったDr.Ulfkotteは職を奪われました。彼によれば、アメリカとドイツのメディアは共に連携してヨーロッパやロシアで戦争を勃発させるための報道を行っています。彼等は反ロシアのプロパガンダを行いドイツだけでなくヨーロッパ中の人々を騙しています。

2014年に明らかになったことは。。。多くのジャーナリストが定期的にCIAから情報を受けとったり、CIAのイベントに参加したり、ジャーナリストが書いた記事をCIAに手渡しCIAに情報を加えてもらったり書き直してもらたりしているということです。

__


CIAは他の全ての政府系諜報機関のトップに君臨している。
大統領令は極秘に扱われ、CIA以外の諜報機関には知らされることはない。
大統領の国際的な極秘事項に対してはCIA以外の諜報機関は部外者となる。
更に恐ろしいことは、CIAは、国際安全保障の名の下に大統領の上に立つことができるということだ。CIAは、米連邦議会、大統領、米国民よりも優位な位置に自らを置き、秘密裡に何でも行えるようになってしまった。CIAの絶大な権限で主要メディアはトランプ次期大統領に関するねつ造報道(ロシアのハッキングやロシアの脅迫など)を展開している。イギリスからこの国へ偽の調査書類が送られた。そしてCIAはトランプ次期大統領に対する組織的誹謗中傷キャンペーンを実施している。

Gold backed CIAはアメリカの国益のために海外で活動することになっているが、彼らは通貨市場、債券市場、株式市場に関与し世界中に影響をあたえている。

GB-CIAのメンバーは米財務省及びアメリカの経済政策を決めるESF経済安定資金に多く入りこんでいる。 ESFは通貨、債券、株式市場を操作し、FRBに金融政策を指示している。ESFはGB‐CIAにとってアメリカの金融市場を支配する上で最も都合の良いツールである。
GB-CIAこそがアメリカ経済を支配している。

GB-CIAは欲深く、世界中に戦争を仕掛けて富を強奪している。邪魔者は容赦なく殺害する。CIAは世界中で数々の残忍な犯罪活動を行っている。
ブッシュやクリントン周辺では、彼らに批判的な銀行のトップ、ブローカー、内部告発者が次々に不審死を遂げている。これまで数百人が殺害された。

また、GB-CIA は、彼らの性的異常行為、ピードフィリア(小児性愛犯罪)、悪魔崇拝の生贄儀式に多くの政治家や企業家を取り込んでいる。彼らは世界的な小児性愛犯罪ネットワークを構築させた。また、彼らは、難民のチャリティ団体を活用して世界最大の性奴隷の人身売買市場を運営している。また世界の麻薬密売も牛耳っており、イランーコントラ・スキャンダルやアフガニスタンのケシ栽培を行ってきた。

彼らは、麻薬、セックス、権力、支配、悪魔崇拝という通貨で絶大な権力を買っている。


___


第一次湾岸戦争時の「ナイラ証言」と「油まみれの水鳥」

アメリカ政府もメディアも、イラク攻撃の世論作りのために露骨な捏造と情報操作をおこなった。世界が、みごとに嵌められてしまった。

「ナイラ証言」というのは、完璧な捏造であることがはっきりしている。ナイラというクウェートの少女が、米公聴会で「イラクの兵士がクウェートの産院の乳飲み子を保育器からだし、次々と床に叩きつけて殺したのを見た」と涙ながらに証言した。

しかし、後にこの少女は、駐米クウェート大使の娘で、ずっとアメリカにいたことが分かった。つまり、証言は真っ赤なウソだった。この証言は、アメリカの広告代理店がシナリオを作り演出したものだった。リハーサルもきちんとしていた。もちろん、スポンサーはアメリカ政府以外にない。ただし、捏造がニューヨークタイムズで暴かれたのは、1年3ヶ月後のことだ。

この「ナイラ証言」が出るまでは、アメリカの世論は反戦が多数を占めていた。しかし、この証言で世論は一気に会戦へと転じた。周到に準備された、たったひとつの捏造が、世論を完璧に逆転させてしまった。しかも、素人の少女のウソ泣きによって。


クウェートから逃げてきたとされる少女の証言だ。そのクウェート人少女は、アメリカ議会の公聴会でこう証言した。

「サダム・フセインの軍隊が病院に乱入して、保育器から赤ん坊を取り出し、床に叩きつけて殺した。私はこの目で目撃した」

 と、少女は涙を流しながら証言した。

 ところが、この公聴会での少女の証言は、真っ赤なウソだった。
 事前にアメリカの広告代理店が綿密なシナリオをつくり、何度もリハーサルをした上での証言だった。当の少女が後に暴露した。


湾岸戦争のときの「油にまみれた水鳥」の映像

 石油の海と化した波打ち際に、全身石油まみれの真っ黒の水鳥が弱々しく立っていた。いや、呆然と立っていたといった方がいいかもしれない。

 当時、メディアはサダム・フセインの「環境テロ」だと大騒ぎした。フセインがわざと油田の油を海に「放出」していると報道された。

環境は破壊され、海の生物が犠牲になっていると。油にまみれた水鳥の映像は、大きな訴求力を持った。水鳥の映像は世界中をかけめぐり、繰り返し放映された。世界中がフセインを「狂気の極悪人」として認識した。このたったひとつの映像が、永遠にフセインのイメージを世界に決定づけたのだ。

 しかし、あの映像はヤラセだった。

 まず原油が海に流れたのは、米軍の爆撃機がイラクのタンカーを撃沈したからだ。アメリカは自分の爆撃の結果を、フセインの環境テロにすり替えたのだ。そしてメディアは、タンカーから流出した油の映像に、水鳥の映像を付け加えて、効果を高めた。日本のメディアは、その映像がおかしいと知りながら、アメリカの大本営発表に沿った報道をした。

 水鳥の命をダシに、イラク市民は爆撃された。
 クジラの命をダシに、日本が爆撃されたら、日本人は納得できるだろうか。

サダム・ フセインが自国民(クルド族)に化学兵器を浴びせた想像を絶する暴君だというイメ−ジを与える宣伝キャンペ−ンがあげられる。私自身もそう信じ込まされていたし、長い間彼のことを何をしだすかわからない怖い存在だと思っていた。

しかし、これもアメリカの巧妙な宣伝が成功したに過ぎない。イラン・イラク戦争の期にイラク領のハラブシャで、イラクとイランとが互いに化学兵器を使い合ったのは確かだが、クルド人を殺した毒ガスはイラン側が所有するシアン化物だった、当時イラクの毒ガスは、マスタ-ドけいのどくがすであっっという。
   検診したトルコの医者が証言している。

しかし、スタンフォ−ド大学フ−バ−研究所特別研 究員松原久子も「アメリカは戦争を望んでいた」(文芸春秋一九九一年五月号)と題した寄稿文でこのことはっ きり書いているが、これに対する反証は出されておらず、今では 定説となっているのである。湾岸戦争後に、米軍は、降参したイラク軍のクウェ−ト陣地に少しでも化学
兵器が残っていないかと躍起になって捜したというが、ついに化学兵器は少しも見当たらなかった。イラクは国家存亡と岐路に立たせられたあの湾岸戦争でも科学兵火は使っていなのである。
http://www.freeml.com/ctrl/html/MessageForm/chance-forum@freeml.com/6841/;jsessionid=0m2cs06w21

今こそ合州国の正体直視を  本多勝一

この一文が出るころ、アメリカ合州国の体制主流は、イラク侵略を開始または開始寸前にあるだろう。

 国連安保理外相級会合に米英ら3国が今月7日提出した修正決議案は、国連安全保障理事会で11日に採決にかけられる見通しだが、ここで否決されても、合州国は単独で開戦・侵略に踏み切る構えである。

 あたりまえだ。アメリカ合州国の歴史は、こういうことの連続の末に今日の地球史上最強・最悪の帝国となった。ワシントン初代大統領以来の二百余年間は、手段を選ばぬ詐欺・脅迫・テロ・虐殺による侵略史にほかならぬ。そのことはこれまで機会あるごとに触れてきたが(注)、目前でまたしても超大軍事力によって同じことが強行されようとしている今、「正確な合州国史」にうといままその正体に気付かぬ例が多い日本人のためにも、このさい改めて正面から指摘しておきたい。

 ただし、こんどのイラク侵略が開戦されてもされなくても、これはコロンブス以来のヨーロッパによる世界侵略500年史の中で、ベトナム戦争とともに画期をなす歴史的事件となるかもしれない。

米西戦争などで世界制覇競争に勝った合州国は、それまでに北米大陸での先住民族侵略をウンデッドニー虐殺によって終了していたが、以降そのままハワイ・グアム・フィリピンへと「西部へ西部へ」を進めた。朝鮮戦争につづくベトナム戦争で、合州国軍隊はワシントン初代大統領以来初の敗戦を喫したものの、侵略のための巨大軍需産業や体質に傷はつかなかった。その成りゆきとしてのイラク戦争(12年前も今回も)である。ところが、合州国の正体に気づき始めた人々の世界的盛上りによって、開戦寸前での中止か、開戦してもベトナム以上の反戦の広がりで帝国の没落となるかもしれない。この500年来の画期をなすゆえんである。


合州国は“民主主義”をタテマエにしている。実態はともかく、民意を完全・明白に無視した侵略は支持されない。そこで開戦のとき必ずといえるほど使われるテこそ、相手が先に攻撃したとみせかける捏造事件である。これは先住民族への侵略以来イラクまで一貫してきた。

戦艦メーン号爆破事件(米西戦争)をみよ。トンキン湾事件(ベトナム戦争)をみよ。真珠湾(太平洋戦争)をみよ。その他その他。

これを書いている9日の朝日放送(サンデープロジェクト)は、イラクのクウェート侵入(これも裏に合州国あり)にさいして、イラク兵が乳児を哺育器から出して次々と放り投げた様子をクウェートの少女に証言させたこと、これが繰り返し放送されて世論を憤激させ、開戦に有利になったこと、ところが後に、この少女は駐米クウェート大使の娘で、証言は捏造だったこと等を放映した。

 こんどはどんな捏造が、いいように操作されるマスコミによって“報道”されることだろうか。

 開戦寸前の今、このテーマは「未完」としておく。
http://www.kinyobi.co.jp/KTools/fusoku_pt?v=vol451



[32初期非表示理由]:担当:要点がまとまっていない長文

3. 2017年4月09日 11:09:35 : A01LGxpiWo : q2na1DgcXFQ[1]
古森義久の話でこんな記事を書いてしまう天木。

そしてこんな記事をアップする赤かぶ。

アホの極み。


4. 2017年4月09日 11:53:25 : G1VwPQG2yM : avEKLjieKHQ[2]


「偽旗って便利だな」トランプはひとつ賢くなった。



5. 2017年4月09日 12:10:14 : BrD3U4nArU : iH1hTOj5NMI[66]
安倍総理によるNHK日曜討論への電波ジャックがあったな。
トランプとは大した話をしておらず、国会答弁では自分の答弁中に野次が飛ぶと腹を立てるのだから、他者の討論の邪魔をしないでもらいたいものだ。

6. 2017年4月09日 12:59:09 : 3ah459lR8Q : BQKXrt2t@gY[726]
トランプと今日電話したということは打撃前に連絡がなかった。プーチン、習には事前に伝えた。

7. 仁王像[1436] kG2JpJGc 2017年4月09日 13:08:57 : xnwwnuHOGU : 2arvXsiuTYY[1]
・軍産と正攻法で戦うのをやめたトランプのシリア攻撃〜トラ大統領が戦争したがるほど、軍産の人々は戦争したがらなくなる/田中宇
 http://www.asyura2.com/17/warb20/msg/104.html
 投稿者 仁王像 日時 2017 年 4 月 09 日 13:04:11: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc

8. 2017年4月09日 16:31:02 : no31X615y2 : MLXvQrwDTgc[413]

>>2:まったくその通り。

私は中川隆さんを見直した。w


9. ニールセン[6] g2qBW4OLg1qDkw 2017年4月09日 18:14:05 : FA6s12NRgw : MIYJdzTeoUg[1]
>>2
全く同感です。
しかしこれだけ叩かれても性懲りも無く馬鹿な記事を書き続ける天野という男はやはりただの馬鹿ではなく、あちら側のエージェントと考えるべきだろうな。

10. 2017年4月09日 19:45:12 : Ns2JBRgFnI : oIDT3yHl9HY[14]
トランプの 変節天木 歓迎し

11. 2017年4月09日 21:04:53 : cvJYLJbD8I : KPB9Vpucf0I[1]
どこまでダホなんだかなあ天木は、バカ川にまで突っ込まれるとは。

トランプは本気でアサドを潰す気は無いし、プーチン相手に喧嘩する気は無い。マスゴミ信用するな!というくせに、一番マスゴミに頼ってる説得力なし。

天木は冷戦やブッシュ時代の呪縛から未だ脱却できない。売国長州役人らしいよ、そして、トランプがシリア攻撃や喧嘩を止めたら「やっぱりトランプは愚かだ!」なんて抜かすんだろうな。

所詮安倍のオトモダチだ。まあ、安倍からはガス抜きと、風評拡げて野党共闘邪魔してくれる工作員という事で大目に見られてるだろうが。


12. 2017年4月11日 04:53:10 : OdXyAMzp92 : CrE4L2tJ0Ug[104]
トランプの目論見

トランプは最初からアホらしかったわ。

トランプと共和党(リバタリアンたち)が、
自分たちはタックスヘイブンで税金を払っていないくせに、国民から税金を徴収しながら、
その税金を社会保障費や環境保護など国民のために利用するのではなく、
軍費や金融に恐ろしく振り向けているのは周知の事実・・。

そして今回シリアへ向けて狂ったようにミサイルを飛ばして75億円を使い果たしたトランプ。

そのミサイル会社のストックをトランプは持っているんですわ。株はあがってどれだけ儲かるんですかね。

https://www.palmerreport.com/opinion/tomahawk-missiles-were-wrong-choice-for-syria-attack-but-donald-trump-owns-stock-in-the-company/2224/

とにかく最低な大統領だと思うよ。


13. 公房[14] jPaWWw 2017年4月11日 07:15:19 : KdwTef6QdQ : grJ6ai8V420[1]
自称外交評論家
情報源:新聞と週刊誌を隅々まで毎日読む。それだけ。それで自分はすべてを知っていると思ってしまう驕り。無知の驕りというやつ。昔、参院選に出た時、どのくらい取れるか予想を聞かれ、100万票と答えたが実際は3万ぐらいだった。自信過剰は当時から。だからこの人の言うことは、話し半分ではなく話し100分の3ぐらいで聞いたほうがいい。つまりほとんど無視するということ。
昔、寄付した1万円返してほしい。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際18掲示板  
次へ