★阿修羅♪ > 国際21 > 636.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
なんとプーチンに密着取材!オリバー・ストーン監督が見た驚きの事実 西側の報道を鏡のむこう側から見る(現代ビジネス)
http://www.asyura2.com/17/kokusai21/msg/636.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 1 月 13 日 12:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


なんとプーチンに密着取材!オリバー・ストーン監督が見た驚きの事実 西側の報道を鏡のむこう側から見る
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54111
2018.01.13 土方 奈美 翻訳家 元日本経済新聞記者 現代ビジネス


2018年3月にはロシアの大統領選がある。ウラジーミル・プーチンが四度目の勝利をおさめて大統領になることは確実視されている。

そのプーチンにあのオリバー・ストーンが、1年8ヵ月かけて密着取材して撮影したドキュメンタリーが話題になっている(日本では3月1日から二夜連続でNHK「BS世界のドキュメンタリー」で放送)。

オリバー・ストーンはプーチンに何を見たのか? このドキュメンタリーを完全書籍化した『オリバー・ストーン オン プーチン』を翻訳した元日本経済新聞記者の土方奈美さんに、本作品の意義と読みどころを解説してもらった。


アメリカメディアによる「酷評」

2017年6月。一本のドキュメンタリー・シリーズがアメリカメディアの話題をさらった。

『プラトーン』や『JFK』で知られる社会派映画監督オリバー・ストーンが、2015年7月から17年2月まで約2年にわたってロシアのウラジーミル・プーチン大統領を追いかけた『オリバー・ストーン オン プーチン』である。

孤高の指導者を20時間以上インタビューし、生い立ちから大統領になるまで、そしてウクライナやシリア問題、2016年アメリカ大統領選への介入疑惑を含む米ロ関係までを語り尽くすという前代未聞の企画だ。


プーチン大統領(右)とオリバー・ストーン監督

しかし主要メディアの反応は総じて厳しかった。酷評と言うほうが妥当かもしれない。

ニューヨーク・タイムズ紙は、プーチンに対して「あきれるほど寛容な」インタビューと評した。ワシントンポスト紙は「ストーンは甘い球を投げつづけ、プーチンがそれを粛々と打ち返すだけ」、CNNは「ストーンの無駄話やへつらうような口ぶりに、歯ぎしりしたジャーナリストや反プーチン派は多いだろう」と書いた。

極めつけは人気トーク番組『ザ・レイトショー・ウィズ・スティーブン・コルベア』だ。ドキュメンタリーの放映直前にプロモーションのために登場したストーンを、司会者のコルベアは「20時間も彼(プーチン)と会って、嫌な面はひとつも見つからなかった? 愛犬でも人質に取られているのか?」と挑発し、観客が爆笑するなど、ストーンは完全に嘲笑の的となった。

主要メディアの論調は、ストーンはプーチンの言い分を一方的に聞くばかりで、突っ込みが甘く、まるでロシアのプロパガンダ映画のようだ、というものだ。

ただこの過剰なまでに否定的な反応こそ、アメリカの主流派が異なる視点への寛容さを失っている表れであり、それに一石を投じる『オリバー・ストーン オン プーチン』の価値を示すものと言える。

ロシア側から世界はどう見えているか

ドキュメンタリーの素材となった9回のインタビューを、ほぼそのまま書き起こしたのが今度出版される同名の本で、4時間という番組の枠に収まりきらなかったプーチンの肉声が盛り込まれている。

アメリカや日本をはじめ西側諸国の読者にとって、本書の最大の魅力は「逆の視点」から世界を見せてくれることだろう。

プーチン、すなわちロシア側から見る世界は、西側メディアが伝えるものとはまるで違うのだ。

1990年代初頭、ロシアは冷戦が終結したと信じ、アメリカを中心とする西側世界を信頼し、歩み寄った。

モスクワのアメリカ大使館に仕掛けてあった盗聴システムをそっくりアメリカ側に引き渡したのはその象徴で、2001年の同時多発テロ後はアメリカのアフガニスタン侵攻を情報・兵站面で支援した。

しかし、それが報われることはなかったとプーチンは苦々しげに繰り返す。

たとえばクリントン、ブッシュ政権時代の二度にわたる北大西洋条約機構(NATO)拡大と、それに続くアメリカのABM条約からの一方的脱退だ。

ドイツ再統一が決まった当時、アメリカや旧西ドイツの高官がそろって「NATOの東の境界が旧東ドイツの国境より東に行くことはない」と約束したにもかかわらず、東欧諸国は次々とNATOに加盟し、そこにABM(弾道ミサイル迎撃)システムが配備された。

「標的はロシアではなく核開発を続けるイランだとアメリカは説明するが、それならなぜイランが軍事用核開発計画を放棄したのに配備を続けるのか」とプーチンは語気を強める。

ロシアと欧米の対立を決定的にした、2014年のウクライナ政変とそれに続くロシアによるクリミア併合についても同じである。

政変に至る経緯を説明しながら、親ロシア派のヤヌコビッチ政権の崩壊は、アメリカが支援したクーデターだったと言い切る。そしてロシア系住民が過半数を占めるクリミア地方が国民投票でロシア編入を決めたことに対する国際社会の反応については「ダブルスタンダードだ」と訴える。

旧ユーゴスラビアのコソボが独立するとき、国際社会はセルビア政府の同意は不要だと判断した。それなのになぜクリミアが独立するのに、ウクライナ政府の同意を必要とするのか、と。

いずれも西側から見れば、プーチンのプロパガンダにすぎないかもしれないが、立場が変われば同じ事象がこうも違って見えてくるというのは衝撃的であり、国際問題に対する認識が揺さぶられる。

プーチンの苛立ちと諦観

本書のもう一つの魅力は、ウラジーミル・プーチンという政治家の思考回路や人となりを知る貴重な手がかりとなっていることだ。

もちろん伝わってくるのはプーチンが国際社会に見せたい自画像であり、真実の姿ではないかもしれない。

しかし20時間のインタビューの記録からは、ふだんニュース映像で目にすることのない姿が浮かび上がってくる。

まず雄弁である。そして官僚や諜報機関からの報告書の要約に頼らず、資料はすべて原典を読むと言うだけあって細かな事実や数字に強い。歴史や文学に通じ、意外と流暢な英語を話す。

ストーンに「ロシアの主張をもっと積極的に伝えていくべきだ」と促され、「そんなことは土台無理なんだ。ロシアが主張する立場は世界のメディアから無視される。だから邪悪なロシアといった論調ができあがる」と答える姿には、国際社会に対する苛立ちと諦観がにじむ。

ともに映画『博士の異常な愛情』を鑑賞した後、ストーンがプレゼントと言いつつうっかり空のDVDケースを手渡すと「典型的なアメリカの手土産だな」と切り返すなど、頭の回転が速くウィットに富んだ一面もうかがえる。

2年にわたって関係を構築し、プーチンのさまざまな面を引き出したストーンの手腕はやはり評価に値する。

ストーンはプーチンから冗談交じりに「反アメリカ的」と言われたのに対し、「私は反アメリカでも親ロシアでもない。親・平和だ」と返す。

ベトナム帰還兵として、生きているあいだに平和な世界を見ることが望みだというストーンは、一国主義を強める母国への不安を募らせている。このドキュメンタリーを撮ったのも、アメリカの最大の仮想敵であるロシアとのあいだを橋渡ししたいという思いからだ。

無意識のうちにアメリカ側の世界観を内部化しがちな日本の読者にも、近くて遠い隣国ロシアに対する理解を深めるため、また世界情勢に対する新たな視座を得るために、ぜひ本書を手に取っていただきたい。


         



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年1月13日 13:37:53 : GqJ2H0Owmo : RXwOBIgI_zU[57]
マストの本だね
2人とも、興味のある人物
世界を見る目が変わる予感

たまたまのこの記事もリンクしておく
緊急会合で、ばつの悪い目にあったヘイリー大使(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/17/kokusai21/msg/633.html


2. 2018年1月14日 09:30:47 : 4tvXiB7YBY : aazgo_nmqYk[1]
西側メディアは偽ユダヤの宣伝機関なので、最早正義など無い。あるのはカネだけという構図は、日米とも同じようだ。

プーチンにしろ、習近平にしろ、「そこはちょっとおかしいよ」「納得出来ないな」と思うところはあっても、政治姿勢と悪者にされるところは、そうした西側既得権益層にとって目障りな存在だという事が判る。日本もリベラルな首相や政治家が下ろされ、小泉や安倍のような無能なアメポチばかりが持ちあげられるのも、そういう既得権益の偽ユダヤ共の為だ。

偽ユダヤという人類の恥であり、放射性廃棄物並みの汚物共と戦うプーチン達は、まさにヒーロー。


3. 2018年1月14日 17:30:38 : 8q3qeXT2cg : LR5ucA3lcb8[-3200]

>極めつけは人気トーク番組『ザ・レイトショー・ウィズ・スティーブン・コルベア』だ。ドキュメンタリーの放映直前にプロモーションのために登場したストーンを、司会者のコルベアは「20時間も彼(プーチン)と会って、嫌な面はひとつも見つからなかった? 愛犬でも人質に取られているのか?」と挑発し、観客が爆笑するなど、ストーンは完全に嘲笑の的となった。

オリバー・ストーンは、言っておくべきだった。___
子ブッシュが2度も大統領になったのは、メディアぐるみの不正選挙の結果であり、
2016大統領選挙でも軍産の手先であるヒラリーを大統領にでっち上げようとしていたこと。
911はブッシュ政権下の自作自演であり、目的はイラクの石油資源略奪と植民地化であったこと。中東で殺戮を繰り返してきたISは、オバマとヒラリーが育ててきたヤラセ部隊だったこと、
そして資金と武器を提供し、シリア政権を崩壊させて植民地にしようとしていたこと。
それらの全てをプーチンは知っており、トランプが犯罪者たちを裁判にかけようとしていること。
これらの事実をメディはどうして報道しないのか、この場で報道すべきだ、と。
_________________________________________

>日本が追従する? 米国不正選挙の呆れた実態
http://deeksha777.blog88.fc2.com/blog-entry-271.html
>米大統領選に欧州から選挙監視団 2004.08.09- CNN
http://www.asyura.com/0406/war58/msg/353.html

>屋外競技場(?)のトランプ(数万人) VS 小さな集会所のヒラリー(100人?)
https://twitter.com/trump2016donald/status/646456684106391554
>不正選挙=電子投票数の操作(巨大な犯罪)は今行われている@
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=320897
腐り果てているアメリカの大メディアのうちでも、2社だけが、米大統領選挙について、本当の、候補者支持率の世論調査(Polls 、 ポール)を、書いている。それは、週刊誌の Time タイム誌 が、 「トランプ 89% 、ヒラリー 11%  」と書いていることだ。 もうひとつは、ケイブル・テレビの Fox Channel フォックス が、「トランプ 85.54% 、 ヒラリー 12.63% 」と公表していることである。この2社だけが、真実の 世論調査の結果を発表している。
>トランプ大統領 大統領選不正投票調査の大統領令に署名 5月12日 6時15分
https://jp.reuters.com/article/usa-trump-voting-idJPKBN187356

>ロシアが911の真相に関する情報(核爆発)を大量放出。
〜ロシアが広め、スノーデンが正当性を立証し、NSAの証拠がその真実性を裏付ける
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11934143762.html

>響堂雪乃 著「略奪者のロジック」第6章 戦争・・・イラク戦争とは何だったのか?
http://www.asyura2.com/15/senkyo189/msg/182.html#c22〜24

>「イスラム国を作ったクリントンとオバマ!」トランプ次期大統領
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/a6c13c0400dab84d67f6313f4a3daf21
>ISISのボスはモサドのエージェント 〜マケインとバグちゃんはお友達!
http://ameblo.jp/002ameblo/entry-11913964100.html

>フルフォードレポート英語版(11/14) https://jicchoku.muragon.com/entry/159.html
国防総省情報筋は、下のヒラリークリントンと米上院議員ジョン・デーイッシュ・マケインが足首のGPSブレスレッドを隠すために整形外科のブーツを履いて監禁されていることを示す写真を送ってきた。

>ブッシュ、オバマ、クリントンはネバタ裁判所で起訴された!
https://jicchoku.muragon.com/entry/194.html
トム・へネガンは信じられないほど良いニュースを発信した。ネバタ州北部地区の合衆国地方裁判所では、深層国家による米国に対する汚れた9/11作戦に関与した人々に対する刑事訴訟が起こっている。以下の人々は刑事訴訟で名指しされている。元不正大統領ジョージ・W・ブッシュ、ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ、リチャード・チェイニー、ジョン・ブレナン、ジョン・アシュクロフト、ロバート・ミュラー、バラク・オバマ、ジョン・マケイン、ポール・ウォルフォウィッツ、リチャード・パール、ピーター・モンク、コンデレザ・ライス、ジョージ・ソロス、ジョン・ケリー、ヒラリークリントンと他の人たち!・・・
_________________________________________


4. 2018年1月14日 19:55:26 : w7SikJBrCI : DM3x@Az4RSM[483]
ストーンへのアメリカメディアのバッシングは常規を失っている。NYTはじめ西側メディアは殆どCIAの道具になり、IT大企業もマイクロソフトは勿論、Snowden事件の時には市民への監視に批判的なことを言っていたGoogleのEric Smithはじめ、Facebook、Twitterなどがアチラ側につき始めた。

RT編集長マルガリータ・シモニャンはアメリカではRTの記事や論文、取材に協力する人が、家族まで含めて冷戦時代よりもひどい、激しい迫害にあっているという。ストーンやP.C.Robertsもそうだ。
https://jp.sputniknews.com/opinion/201801114460769/

ストーンのプーチン取材の後、RTのソフィー・シュワルナゼがストーンにインタビューをしている。(トランスクリプトつき)
https://www.rt.com/shows/sophieco/411832-putin-interview-stone-russia/
彼女はゴルバチョフの外相だったシュワルナゼの孫らしいが、ゴルバチョフの話をしても、日本のインタビューならばからなずある「あなたのお祖父さんは、、」というような追従が全くない。

一年前の雨宮塔子のちゃらちゃらしたインタビューも、日本の番組の中で比較すれば悪くは無かったのだが、シェワルナゼやシモニャン、マリア・シノフィナとは比べ物にならない。
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/380.html

いずれ時間がたてば彼我の差がバレてくるだろう。


5. 2018年1月14日 19:59:53 : uJRHiUIqDQ : rzZhDfLw80Q[92]
冷戦が 終わり求める 次の敵

6. ごーたむ市[34] grKBW4K9gt6Ocw 2018年1月14日 22:56:27 : 8F1fU0M5bY : RK2R6nhJZSc[1]
プーチン氏が自分で車を運転しながら、オリバー・ストーン監督のインタビューに

気軽に応えるWebsiteがあり見ました。

オリバー・ストーン監督が願うのは“平和”というのは真実ですよ。

日本の基地の現状を世界に知ってほしいとどこの馬の骨か分らない人間の願いを

ある教授(も)を通じ、2度も叶えて頂きましたから。

懐の深い、アメリカ人が今も生きています。

海外の方に頼まなきゃいけない日本はほんとに情けない!

ラテンの国々も野党政治家、民衆もジャーナリストも命をかけて

自分達の自由を守る為、闘っているというのに!

沖縄の人々も命をかけて闘っていますが。


7. 2018年1月14日 23:45:02 : x4SD1Zk57E : 7uWsLigaK_Y[108]
上の文章で私なりに重要だと思ったところ。


★ストーンに「ロシアの主張をもっと積極的に伝えていくべきだ」と促され、「そんなことは土台無理なんだ。ロシアが主張する立場は世界のメディアから無視される。だから邪悪なロシアといった論調ができあがる」と答える姿には、国際社会に対する苛立ちと諦観がにじむ。


かつてソ連時代、アメリカのVOAに張り合って大規模に国際短波ラジオ放送をしていたモスクワ放送。使用言語数も放送出力も放送時間もアメリカのVOAに迫るものでした。ところがソ連崩壊でロシアとなり、「ロシアの声」に改組したものの、規模は年々縮小。スプートニクに移行し、国際短波ラジオ放送を全廃してしまいました。

あれだけの放送をしていたソ連のモスクワ放送でしたが、膨大な費用ばかり使って結局、何の効果もなかったことが判明したからでしょう。それでスプートニクやRTと言ったネットメディアに移行したのです。

一方のアメリカですが、VOAを縮小する一方で、BBG傘下のプロパガンダ放送は強化される一方。ラジオ・リバティ、ラジオ・フリー・ヨーロッパ、ラジオ・フリー・アジアなど多くの放送が行なわれています。このうち、ロシア向けがラジオ・リバティです。


8. 2018年1月15日 01:22:49 : hyEQL9xgYu : k5UBbXQ5ICI[433]
オリバー・ストン氏ならではの仕事であろう。
氏の水平思考は世界の良識と汚れた権力との対峙であるが故、常に緊張の連続であろう。
しかし、彼のほほえみには救いがある。

映画「スノーデン」で日本に取って非常に重要なことを述べていた。
米国の属国を離れた瞬間に、すべてのインフラに忍ばせたマルウェイが作動すると・・9.11、3.11の再来であり、それは6.11になるのだろうか。
本当のところは、どうなんだろう。
そうであるなら、対処のしどころはあるのだろうか。
彼らに取って日本人は頭の痛い問題であろうから、やる時は徹底的にやって来るだろう。
国内の人間にもマルウェイを仕掛けているからたちが悪い。

しかし、オリバー・ストン氏の業績は評価の息を超えている。
彼のような人を人類というのだろう。


9. 2018年1月15日 07:52:14 : 4hjLftqlys : xObCzZp8da8[1]
コメント欄に投稿された皆様へ。
素晴らしい良識で真実を洞察されている皆様方の御存在に感動しました。

日本も世界も、邪悪な偽者が善人面して跋扈しています。
マスコミや権威を疑わない、普通に好い人ほど騙されております。かつての私がそうでした。でも歳を取るにつれ、段々「あれ?ちょっとおかしいぞ?」と感じることが増え自分なりにできる範囲で勉強し始めたら、この世にはあらゆる分野で、色々と恐ろしい真実が隠されていることに気付きました。
私一人だけではなく、気付かれた方々がどんどん増えて世に発信されたら、きっと世の中、まっとうな世界に変わるはずと信じます。

プーチン氏を初めて見た頃は、冷酷そうな目付きをした、見るからに悪党ぽい人相の悪さが不快でした。
ところが、いつの間にか、そうです。いつしか、プーチン氏の表情から温もりのある豊かな人間味を感じるようになっていました。

彼はロシアの国民を精一杯守ろうとしている信頼に足る政治家だと感じます。
少なくともアベちゃん仲間達のような売国奴ではない。ロシア国民が羨ましいです。

会ったこと無いから細かいことはわかりませんが、善人か悪人かは、人相風体にそこはかとなく滲み出るものです。私はほ乳類として危険を回避するために備わっている己の直感を信じます。

余談ですが、世の中小泉フィーバーが吹きまくっていた時分、あの人物は(好き嫌いではなく)政治家としてのみ最初から信頼できませんでした。本人が当地で演説して帰る際、大量に集まったおばさま達が「純ちゃーん♪」と黄色い声で大声援を送って駅まで見送りしている所に出くわし、偽者に溺れる異常さに呆れたものでした。
やがて、売国奴の正体が囁かれてきて、私は自分の直感に自信を持つことが出来たのでした。

これは一例にすぎません。



10. 2018年1月15日 09:02:40 : 9AXSDqZ2Yc : 1yjm0T4YLmk[1]
昨年末にナショジオで連夜放送された番組だろうが
今年3月放送予定の安倍様のNHK版では
天皇陛下のお言葉をカット編集しまくったように
彼方此方カット編集されていることだろう

11. 2018年1月15日 09:28:49 : 8q3qeXT2cg : LR5ucA3lcb8[-3195]

>>8さん  

良かったら、覗いてみてください。Jim Stone氏は、スノーデンかもしれません。

>Jim Stone 氏(元アメリカ国家安全保障局)による内部告発!
〜『311大震災はアメリカとイスラエルの裏権力が核兵器を使った!』
http://www.youtube.com/watch?v=ZCEmFIMrRVE&index=5&list=PLSw_43GgaOJdB3gQ7bx3cv9xis8ZxUBHk
@福島についてのページ(和文あり)http://www.jimstonefreelance.com/fukushima.html
A写真と説明http://www.jimstonefreelance.com/frontview.jpg
http://www.jimstonefreelance.com/fukushimatoptext.jpg
http://www.jimstonefreelance.com/containment.jpg
http://www.jimstonefreelance.com/camera.jpg
Bオリジナル動画http://www.youtube.com/watch?v=MzQM6x...
Cフロントページhttp://jimstonefreelance.com/
DAmerican Freedom Radio http://www.americanfreedomradio.com/


12. 2018年1月15日 11:49:14 : rrhrFN6JLd : C6EI10g_Gy4[3109]
プーチンはアメポチでアル中のエリツィンのアメリカネオコン支配からロシアを取り戻した大統領だから国民に人気が有るのは当然だ。安倍のようなノータリンのアメポチ売国奴と比べるのは失礼だ。

13. 2018年1月15日 13:59:28 : V0plG5TNmw : COu_DFCk8ms[475]
プーチンや正恩氏が正しいとは言わないが、

長い間、侵略し続けてきた、米国が国連で大手振って支配してきたのは、
おかしいと声を上げなければ。

金持ちは楽しい、だから人々は西側に近づこうとする。

西側の洗脳された情報や、米国によって仕掛けられたTEROと殺戮、
いかがわしい情報で、すぐ感情が湧く。

冷たい目で見る、自分の同胞ではなく、他者を対等の価値で見る。

決してフセインやカストロ、アラファトやチャベスが、米国には劣っていない
はるかに能力の高い政治家だということは、北の正恩を見ても感じる。

地球という惑星で、米国の白人が棒を振り回して、日本を従えて
暴れているに過ぎない。

一度も誠実に他国家に対等に向き合ったことのない米国が、
間違った鏡を見続けていることに気付く日は来るだろうか。


14. 2018年1月15日 14:10:32 : ONuvPMOrxk : yEMnCYL1F_c[2]
ストーンの問いかけにプーチンはこう答えている。

「旧ユーゴスラビアのコソボが独立するとき、国際社会はセルビア政府の同意は不要だと判断した。それなのになぜクリミアが独立するのに、ウクライナ政府の同意を必要とするのか」

コソボ独立と、ロシアによるクリミア併合は比較できる筋合いのものではない。

コソボ独立には、民族主義者で当時のセルビア大統領ミロシェビッチが、セルビア人による国家支配を目論んで1989年にコソボに軍部隊を投入し、厳戒下でセルビア共和国憲法を修正し、自治州の権限を奪って共和国に集中させたことが背景としてある。

それまではセルビアとコソボには平等の権限が与えられていたのだ。しかし、ミロシェビッチはアルバニア人政党幹部を「分離主義者」として更迭し、抗議運動を武力弾圧した。1990年7月には自治州政府と議会を実力で解散させ、コソボの自治権を事実上剥奪している。

こうした状況からコソボで独立運動が拡大したのだ。コソボ独立にはこうした背景があることをわきまえなければならない。

しかし、クリミアではロシア系住民の権利が剥奪されていたり、めぼしい独立運動が存在していたりという状況では全くなかった。こうした状況にもかかわらず、プーチンはロシア軍をクリミアに侵攻させ、武力を用いてクリミアをロシアに併合したのだ。

プーチンによるクリミア併合には何の正当性もない。クリミア併合にはウクライナ政府の同意を必要とすることは自明である。

ロシアによるクリミア併合を正当化するために、コソボ独立を持ち出すのは、プーチンのごまかしに過ぎない。

プーチンが権力の座につく前、ついた後、自らの権力を獲得し維持するために、どれだけ謀略を仕掛けて人を殺害し、政財界に深く巣食っている贈収賄のシステムを利用して莫大な経済的利益を手中に収めてきたことか。

プーチンはクレムリンの囚われ人である。

クレムリンから退けば、過去の悪行があばかれ、自らが逮捕されたり、殺されたりする危険のあることをプーチンはよく知っている。
死ぬまでプーチンはロシアの権力者の座にあり続けようとするだろう。


15. 2018年1月15日 14:17:16 : ABPExKQ6Vk : WkKEBT_l450[462]
>7. スプートニクを見て思うこと

いつみても安倍が出てくる それも正義を行っているかのような印象での記事だ
プーチンと五月に会談する予定だか日程調整しているだかが最近の記事だ
そのような印象を持って以来スプートニクを見無くなった

安部が日本国民に何をやっているか阿部一派がどのような振る舞いをしているか
われわれ日本人の目を狂わせているとしか受け取れない

何かロシアの目的があるのだろう 所詮ロシアの主帳だろう

従って いまでは滅多にしかみない
何ヶ月に一回開いてみてこれはだめだと思うくらいだ


16. 2018年1月15日 14:41:31 : JmZBzyjm72 : 1lsxy7xbl3o[1]
北朝鮮ミサイルと金正恩・安倍晋三 いつも安倍晋三を助ける金正恩
アメリカは安倍政権を長生きさせたいのだ なんでも言う事を聞くからだ
つまり安倍政権は日本人など考えてないのである。
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/43/32/14acf160b9c602f7032d34fe8e9e5f71.jpg

http://blog.goo.ne.jp/j4goocast/e/263d7470537de750a1950adfd9e8b4fa

17. 2018年1月15日 14:57:24 : V0plG5TNmw : COu_DFCk8ms[477]
思うに、プーチン氏は米国には二つの政府があり、
地下組織があり、数々の転覆を企て、世界に恐怖をもたらしている
「存在」を知っているはず。

プーチンはトランプと対峙しているのではなく、眼中にすらないのではないか。

その背後に動いている、米国を操作し、欧州のプロパガンダを牛耳っている、
支配組織に決して屈しないスタンスをとっているように思う。

クリミア併合も目には目であからさまな形をとり欧米に対峙することで、
気づかせようとしている。

プーチンが北朝鮮へ逃げ道を作ることもとてもよいことだ。

イスラムや北朝鮮が無駄に存在することはない。

人類への警告が何かを気づかせようとしている。

たぶん、プーチンはUFOの警告も知っているはずだ。


18. 2018年1月15日 17:21:00 : FumULPG9iA : d4hLuGNAdak[37]
>>15

スプートニク 日本版を担当していた編集長が暗殺されてます。

そしてそのスプートニク 日本版と提携しているのが戦前戦中 

の諜報機関、戦後はGHQ現在はCIA配下の共同通信であり

電通と同根。

ロシアとの交渉窓口は戦前戦中、戦争屋の工作員、戦後やはり

GHQ現在のCIAの雇われ工作員・岸が半島経由で日本での

普及布教に務めた「統一教会(現・日本会議も同根)」原理研

出身・世耕。

そうした戦争屋の背後関係はすべて見越した上で、日本政府との

関係構築を、地政学的戦略展開と位置づけ敢えて遂行している

のが実情でしょう。


19. り寺ろひんぎゃCIA[3] guiOm4LrgtCC8YKsguGCYoJogmA 2018年1月16日 05:57:40 : kxk7MnCbWU : S0swXCpT_BE[-296]
>投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 1 月 13 日 12:00:05
>2018.01.13 土方 奈美 翻訳家 元日本経済新聞記者 現代ビジネス
>2017年6月。一本のドキュメンタリー・シリーズ

>ロシアのプロパガンダ映画のようだ

日刊ゲンダイ(CIAの機関紙)では7カ月もたったステイルニュースを
いまさら取り上げられないですね。

NHK「BS世界のドキュメンタリー」叩きかな?

マスゴミの内紛には、もう、うんざりなんだがな。

どうせなら「ストーンはKGBの工作員だった」くらいのスクープとして
表題を付けたらみんな読むんだろうけどな?



[18初期非表示理由]:担当:多数のアラシコメントが確認されているため内容にかかわらずすべて初期非表示

20. 騙し脅し殺しのCIA[0] 6XiCtYu6grWORYK1gsyCYoJogmA 2018年1月16日 06:12:45 : kxk7MnCbWU : S0swXCpT_BE[-295]
>>10

>昨年末にナショジオで連夜放送された番組

赤かぶサンは今頃気がついたんでしょうかね。

しかし・・・

>誰によって情報が流されているか?なぜ今流されているか?(情報操作の7原則)

現代ビジネスは売り上げが落ちているからね。

CIAゲンダイのために・・・



[18初期非表示理由]:担当:多数のアラシコメントが確認されているため内容にかかわらずすべて初期非表示

21. 2018年1月16日 10:15:34 : 8q3qeXT2cg : LR5ucA3lcb8[-3189]

歴史をたどれば複雑すぎるウクライナ・クリミア問題。西欧とロシアのどちら側に正義があるのか?
アラブの春・オレンジ革命などは、資本によるヤラセの民主主義で、その後は植民化が推進される。
2014年の住民投票では西側選挙監視団のもと、圧倒的多数によってロシアへの併合が決まった。

>「ウクライナ情勢をわかりやすく」。欧米とロシアがクリミア半島にこだわる本当の理由!
https://matome.naver.jp/odai/2139520028804232001
>複雑すぎるウクライナ情勢 https://matome.naver.jp/odai/2139325644156189801?&page=3
クリミアが独立とロシアへの編入を問う住民投票を実施

>【クリミア発】 日本の選挙にも国際監視団をhttp://tanakaryusaku.jp/2014/03/0008969
「ロシアへの併合」の是非を問うたクリミアの住民投票(16日実施)には、世界23ヵ国から126人の選挙監視団が現地に入った。アメリカ、イタリア、フィンランドなど西側諸国からの監視員が目立った。親露派による出来レースではなかったのだ。
________________________________________

2014年7月17日、オランダのアムステルダムからマレーシアのクアラルンプールに飛行中のMH17便が、ウクライナに墜落。西側は根拠を示さず「犯行はロシアだ」との声明を出したものの、「ロシア側から出された10の質問」には一切答えようとせず、黙殺を続けている。機体の破片には銃撃の跡があり、ウクライナが所有するu-25戦闘機からMH17便にミサイルが発射された模様だが、その後u-25も撃墜されたと見られる。ボイスレコーダーはオランダに持ち込まれたが、その後詳細な説明がなされた形跡はない。

MH17便の撃墜は、プーチン暗殺を狙ったものだとの観測も流れたが、搭乗者には「エイズ研究第一人者ら約100人が搭乗していた」ことが明らかになっている。エイズは、エボラと同様に、米軍が中心となって開発した遺伝子操作による生物兵器の一種であると考えられている。そして何と、エボラはすでに特許も出されているのだ!!それら不都合な事実を公表されることを阻止したとの見方もできる。

西アフリカで突如発生したエボラ騒動では、なぜか米軍が派遣された。エボラに感染させられたアフリカの人々の悲惨。加えて湾岸戦争でも実験材料にされた兵士のように、何も知らされず、意図的に感染させられた若い兵士は米国へ帰還し、モルモットとして研究材料にされたことだろう。

世界は邪悪な者たちに支配され続けているという現実を見せつけられる。

>ウクライナにて墜落したマレーシア航空MH17便¶
https://matome.naver.jp/odai/2140566009750718001?&page=1
>ロシア軍:ウクライナ・アメリカへの10の質問 −その1−
http://rockway.blog.shinobi.jp/%E6%88%A6%E7%95%A5/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E8%BB%8D%EF%BC%9A%E3%82%A6%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%B8%E3%81%AE10%E3%81%AE%E8%B3%AA%E5%95%8F%E3%80%80%EF%BC%8D%E3%81%9D%E3%81%AE%EF%BC%91%EF%BC%8D
________________________________________
>エボラやAIDSは生物兵器として開発されました。
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1871441.html
>これがエボラウィルスの内部構造だ!:エボラは人造ウィルスか?長すぎますナ!
http://quasimoto.exblog.jp/d2014-08-22/

>エボラ欧州上陸。アフリカは道に遺体、アメリカは政府がエボラ特許
http://www.gizmodo.jp/2014/08/post_15233.html
>【おススメ】疑惑のSTAP細胞の特許、エボラ出血熱ウイルスの特許
http://blog.goo.ne.jp/syokunin-2008/e/f80a921decfbe2a820827df5a931acf2
________________________________________


22. 2018年1月16日 12:41:51 : z0SQdjEyNM : pYIKdJH9r_s[249]
最近世界は指導者に糞野郎を選ぶ傾向がある。
プーピンも例に漏れない。あたかも糞であることが条件のようだ。
世界は糞つぼ化している。

23. 2018年1月16日 18:16:31 : sQxTG4NVjU : km@9bgG5e_E[1]
プーチンが日本の首相なら日本国民はずいぶんと幸せになることだろう。
ムサシソーリ安倍晋三は北豚とのミサイル茶番(=外患誘致)で死刑にすべし。

24. 2018年1月16日 23:52:35 : Gz7Vd8PJr2 : wjYKcervt_g[15]
>>23
プーチンはどっちかと言うとかなり厳しく国民に対処するだろうな。
と言っても今の安倍よりは数倍ましかもしれないけど・・・・・・。

25. 2018年1月18日 20:24:52 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[43]
911と311によって世間は如何にウソにまみれた情報に満たされていた、また満たされている、のかが解かって来た人達が増えてきたのは良い事だと思います。

如何にアメリカがウソにまみれ、如何に日本がウソにまみれた国であるのかを人々は知りつつある、理解しつつある。

アメリカや日本の出鱈目さが暴かれて北朝鮮に対するアメリカの暴発が防げるように願う。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際21掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際21掲示板  
次へ