★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK219 > 470.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
南京大虐殺と「従軍慰安婦」を否定するアパホテル元谷会長は、安倍晋三総理の秘密後援会「安晋会」の副会長。
http://www.asyura2.com/17/senkyo219/msg/470.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 1 月 21 日 17:31:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

南京大虐殺と「従軍慰安婦」を否定するアパホテル元谷会長は、安倍晋三総理の秘密後援会「安晋会」の副会長。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/ce43a51e71954655b372f93e4dd343bd
2017年01月20日 Everyone says I love you !




 私も知らずに一回だけ泊まってしまって、こんな右翼ホテルに金をやるなんて末代までの恥とばかりにほぞをかんだことのあるアパホテル。

 アパグループは近年、訪日観光客の急増で成長著しく、2000年末にはわずか20カ所だったアパホテルが、2016年時点で400カ所以上となり、総室数は7万室にも及ぶといいます。

 現在、インバウンド需要により、大都市部のアパホテルはどこも連日満室となっており、以前なら1泊1万円未満だった宿泊料金は、ハイシーズンには3万円台になることもあるとのこと。

 私も狭いビジネスホテルに1万5000円も取られて二重の意味でした唇をかみました。



 なぜ、そのアパホテルが右翼ホテルなのか。それは外資系ホテルなら聖書を置いてある場所にトンデモ歴史修正主義本が設置されているからです。

 2017年1月15日の夕方、中国版Twitter「微博」に、中国人男性と米国人女性の大学生カップルが動画を投稿して、この右翼本の存在が中国人に広く知れ渡りました。

 動画は、アパホテルに泊まったら南京大虐殺や「慰安婦」を否定する内容の書籍が室内に置いてあり、かつその著者がアパホテルを所有する元谷外志雄代表(筆名:藤誠志)だったというものでした。

 この動画では、『誇れる祖国 日本復活への提言W 本当の日本の歴史「理論近現代史学II」』の英語版の一部が朗読され、その内容が紹介されています。



 私はかつて宿泊したときに、本の目次を見て仰天。さらに藤という人のグラビア写真集かと思うほどのナルシストぶり満載の本の作りに唖然としたものでした。

 元谷氏は、日本では有名な“保守系財界人”で、2008年、アパグループが主催する「『真の近現代史観』懸賞論文」で当時現役の航空幕僚長だった田母神俊雄氏の論文が「最優秀藤誠志賞」を受賞しましたが、太平洋戦争の侵略性を否定したり、ルーズベルト陰謀論を下敷きにしていたこともあり、問題視した当時の政府は田母神氏を事実上更迭しました。

 そして、元谷氏は安倍晋三総理の秘密後援会「安晋会」の副会長も務めています。

 さもありなんという感じでしょう?

 南京大虐殺の存在自体については、安倍首相が提唱した日中共同研究でもこれを日本側の研究者も認めています。

 それなのに、1月18日に菅官房長官は

「過去の不幸な歴史に過度な焦点を当てるのではなく、日中両国が国際社会が直面する共通の課題、そして未来志向に向けて取り組んでいる姿勢を示すことが重要だ」

と指摘しました。

 中国側が南京大虐殺など日本の侵略加害行為に焦点を当てざるを得ないのは、今回のアパホテルのような歴史修正主義が日本で横行しているからなのに、日本から未来志向を提唱する資格はありません。

 この菅官房長官の発言について意見を聞かれた華報道官は、

「来た道を忘れないからこそ、未来の明るい道を歩ける。歴史を忘れるということは、罪と責任を否定し背くことであり重罪だ。間違った歴史に固執する日本の方に中国の南京大虐殺記念館の観覧を勧める。そこで良識を取り戻してほしい」

と述べたそうですが、菅氏ら日本側よりはるかに大人の対応であり、一本も二本も取られた感じです。

関連記事

「南京大虐殺」の存在は、最高裁が家永教科書裁判の判決ですでに認定している。

安倍政権が南京虐殺否定派の学者引用←東京地裁が「通常の学者ではない」「学問研究の成果に値しない」

菅官房長官が中国からユネスコに出された文書を見てもいないのに、分担金を払わないぞと脅している件。

南京虐殺を否定する安倍首相が、中国の「南京事件の政治利用」を招いた。

シベリア抑留記録を世界記憶遺産に登録させた日本が、南京事件については抗議するのが恥ずかしい。

日本の戦争責任。日本はアジア諸国を侵略し、植民地支配した。未来への責任は今の私たちが担っている。

南京大虐殺 日中の研究者が歴史共同研究報告

近いうちにまたDHCの吉田会長のことも書こうと思うのですが、どうも質の悪い右翼経営者が増えてきている気がします。


BUZZAP!

安倍首相が立ち上げた「日中歴史共同研究」が南京大虐殺を正式に認めていました
2017年1月18日14:38 by 深海 |


Photo by Wikipedia

2006年に安倍首相と胡錦濤国家主席(当時)が立ち上げた歴史共同研究の中で南京大虐殺が起こったことを正式に認めています。詳細は以下から。

2006年、就任したばかりの安倍首相は中国を訪問して胡錦濤国家主席(当時)と会談、両国は、相手側の「平和的発展」を評価するとともに、両国の責任は「アジア及び世界の平和、安定及び発展に対して共に建設的な貢献を行うこと」だと主張し、その一環として日中両国の研究者が未来志向の日中関係の枠組みの下で歴史共同研究を実施することになりました。

この歴史共同研究では日中からそれぞれ10名の研究者を選出、共同研究委員会を組織して古代・中近世史と近現代史の研究テーマを決定し、論文が執筆されています。

そして2010年1月31日に両国の研究者によって自国語論文(報告書)が発表されました。この際の日本語論文の270〜271ページには南京大虐殺についての記述が存在しています。少し長いですが引用します。

中支那方面軍は、上海戦以来の不軍紀行為の頻発から、南京陥落後における城内進入部隊を想定して、「軍紀風紀を特に厳粛にし」という厳格な規制策(「南京攻略要領」)を通達していた。しかし、日本軍による捕虜、敗残兵、便衣兵、及び一部の市民に対して集団的、個別的な虐殺事件が発生し、強姦、略奪や放火も頻発した。日本軍による虐殺行為の犠牲者数は、極東国際軍事裁判における判決では20万人以上(松井司令官に対する判決文では10万人以上)、1947年の南京戦犯裁判軍事法廷では30万人以上とされ、中国の見解は後者の判決に依拠している。一方、日本側の研究では20万人を上限として、4万人、2万人など様々な推計がなされている。このように犠牲者数に諸説がある背景には、「虐殺」(不法殺害)の定義、対象とする地域・期間、埋葬記録、人口統計など資料に対する検証の相違が存在している。

日本軍による暴行は、外国のメディアによって報道されるとともに、南京国際安全区委員会の日本大使館に対する抗議を通して外務省にもたらされ、さらに陸軍中央部にも伝えられていた。その結果、38年1月4日には、閑院宮参謀総長名で、松井司令官宛に「軍紀・風紀ノ振作ニ関シテ切ニ要望ス」との異例の要望が発せられたのであった。

虐殺などが生起した原因について、宣戦布告がなされず「事変」にとどまっていたため、日本側に、俘虜(捕虜)の取扱いに関する指針や占領後の住民保護を含む軍政計画が欠けており、また軍紀を取り締まる憲兵の数が少なかった点、食糧や物資補給を無視して南京攻略を敢行した結果、略奪行為が生起し、それが軍紀弛緩をもたらし不法行為を誘発した点などが指摘されている。戦後、極東国際軍事裁判で松井司令官が、南京戦犯軍事法廷で谷寿夫第6師団長が、それぞれ責任を問われ、死刑に処せられた。

第2章 日中戦争―日本軍の侵略と中国の抗戦 より引用)

この項の執筆は波多野澄雄 筑波大学大学院人文社会科学研究科教授(当時)と庄司潤一郎 防衛省防衛研究所戦史部第1戦史研究室長(当時)によって行われています。

南京大虐殺否定論を唱える歴史修正主義者は、安倍首相が立ち上げた歴史共同研究の中で、安倍政権に選出された日本人研究者が南京大虐殺を(犠牲者数に開きがあることを認めながら)事実として記述しており、名実ともに日本政府と中国政府が共有する歴史として厳然と存在していることをどう考えるのでしょうか?

特に安倍晋三の後援会「安晋会」の副会長を努めるアパグループ代表は、全力で支援する安倍政権が南京大虐殺という歴史を中国と共有していることが、自らの著書での主張との間に決定的な齟齬を生じさせていることについてどのように認識しているのでしょうか?非常に気になるところです。

外務省_ 日中歴史共同研究(概要)




南京大虐殺を否定する自著をアパホテル代表が全室に完備、中国で大炎上して国際問題に
2017年1月17日15:45 by 深海 |



有名ホテルチェーン、アパホテルの全室に南京大虐殺を否定するデマ本が設置されていたことが曝露されています。詳細は以下から。

アパグループ代表の元谷外志雄(ペンネームは藤誠志)が執筆した著書がアパホテルの全室に設置され、フロントでも販売されていることが曝露されました。もちろんこれだけなら特に何の問題にもならないのですが、その著書が南京大虐殺を否定する歴史修正主義全開のデマ本だったことから大炎上しています。

なお、元谷外志雄は2008年に田母神俊雄が航空幕僚長を更迭される田母神論文問題の原因となった『「真の近現代史観」懸賞論文』の主催者であり、さらには安倍晋三の後援会「安晋会」の副会長でもあるという筋金入りの保守論客として以前から知られている人物です。

事の発端はニューヨーク在住のアメリカ人女子大生Katさんと中国人男子大学生Sidさんによるユーチューバーコンビ「Kat & Sid」が1月15日に動画をアップしたこと。その動画では2人が1月に東京に旅行に行った際にアパホテルに宿泊、部屋にあったアパグループ代表の著作「理論 近現代史学II 本当の日本の歴史」を読み、衝撃を受けたことから撮影と公開を決めました。



動画の冒頭部分ではKatさんがアパホテルのフロントで同書を買い求めるところが撮されます。この著作は日本語と英語で記されており、ふたりは英語部分から「南京大虐殺」や「従軍慰安婦の強制連行」を否定する部分を拾い上げて紹介していきます。



また動画では、著作の中でホテルの収益を代表の政治的心情に基づき、安倍政権を可能な限り長く持続させるために用いる意志があることが指摘されます。



ふたりが動画の公開を決めた決定的なポイントはこの部分で、ホテルに泊まろうとする中国人や韓国人らが自分の払ったお金が何のために使われるのかを知るべきだと考えたためであると説明されています。

この動画の投稿を受け、人民日報はFacebookページ上のポストで、中国の旅行会社であるHuangWangグループが月曜日にアパグループ代表が著作をホテルの客室から撤去し、謝罪を行わない限りは今後アパホテルを利用しないというステートメントを発表したと伝えています。

南京大虐殺否定論という、明らかな歴史修正主義のデマを垂れ流している以上、中国の旅行会社からのこうした反応は十分に予測できるもの。また、既にこの動画はweibo上では7400万回以上視聴され、中国では大炎上状態となっています。以下は同内容のYouTube版です。
動画ではこの内容は日本や日本人を批判く拡散しようとするアパグループに向けられたものであるとの注意が冒頭でなされています。「Kat & Sid」は実際に、この日本滞在時のあれこれを全力で楽しんだ動画を多数アップしており、基本的に日本と日本人には好印象を持っています。

愚劣な歴史修正主義のデマがこうした日本に親しみを持ち、滞在を楽しむ観光客の目からどのように映るのか、歴史修正主義者はしっかり考えるべきでしょう。



中国外交部「間違った歴史に固執する日本の方、良識を取り戻してほしい」=菅官房長官の発言に反発―アパホテル書籍問題
2017年1月20日 12時20分 Record China



2017年1月19日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は同日の定例記者会見で、日本のビジネスホテル大手のアパホテルが客室内に南京大虐殺を否定する本を置いた問題に関する菅義偉官房長官の発言に反発した。中国外交部公式サイトが伝えた。

アパホテルの書籍問題に関して中国外交部は17日に「歴史に正視」するよう求め、翌18日に菅官房長官は「過去の不幸な歴史に過度な焦点を当てるのではなく、日中両国が国際社会が直面する共通の課題、そして未来志向に向けて取り組んでいる姿勢を示すことが重要だ」と指摘した。

菅官房長官の発言について意見を聞かれた華報道官は、「来た道を忘れないからこそ、未来の明るい道を歩ける。歴史を忘れるということは、罪と責任を否定し背くことであり重罪だ。間違った歴史に固執する日本の方に中国の南京大虐殺記念館の観覧を勧める。そこで良識を取り戻してほしい」と述べた。(翻訳・編集/内山)



世界に知れ渡った「歴史修正主義ホテル」APAの正体(後編)
「南京虐殺はなかった」アパホテル反論の“嘘と詐術”を検証する! そして、安倍首相とのただならぬ関係とは?


 アパグループHPより

 グループ代表自らが「南京虐殺はなかった」と主張する歴史修正トンデモ本を客室に設置していたことが海外で知れ渡り、大問題に発展したアパホテル。前回の記事では、その元谷外志雄・アパグループ代表の著書『理論 近現代史学II 本当の日本の歴史』のトンデモな内容と、ホテルを自分の思想宣伝に利用している元谷代表の私物化経営の実態を紹介した。

 だが、アパグループは全く反省する姿勢を見せず、17日17時頃、公式サイト上で、以下の“反論声明”を公開。書籍撤去を拒否し、歴史修正キャンペーンを正当化した。

〈本書籍の中の近現代史にかかわる部分については、いわゆる定説と言われるものに囚われず、著者が数多くの資料等を解析し、理論的に導き出した見解に基づいて書かれたものです。国によって歴史認識や歴史教育が異なることは認識していますが、本書籍は特定の国や国民を批判することを目的としたものではなく、あくまで事実に基づいて本当の歴史を知ることを目的としたものです。したがって、異なる立場の方から批判されたことを以って、本書籍を客室から撤去することは考えておりません。〉(アパグループ公式サイト、ニュースリリースより)

 続けて、開き直るかのように、〈末尾に本書籍P6に記載しています、南京大虐殺に関する見解を掲載いたしますので、事実に基づいて本書籍の記載内容の誤りをご指摘いただけるのであれば、参考にさせていただきたいと考えています〉と自信ありげに挑発すらしてみせた。

 ならば、それがいかにトンデモかを指摘しようではないか。ちなみに、ここでいう「本書籍」とは『理論 近現代史学 本当の日本の歴史』のことで、そこにはこんな見解が書かれていた。

〈中国は日本軍が南京で三十万人を虐殺したと主張しているが、そもそも当時の南京市の人口は二十万人であり、三十万人を虐殺し、その一ヶ月後には人口が二十五万人に増えていたなどあり得ないことだ。しかも国民党中央宣伝部に雇われていた二人を除いて、欧米人など第三国の人が虐殺を目撃した日記も手紙も写真も、記録したものが一つもないことなど、更には、上海大学の朱学勤教授が「いわゆる南京大虐殺の被害者名簿というものは、ただの一人分も存在していない」と論文で発表したにもかかわらず、辞職もさせられていないことなどから、いわゆる南京虐殺事件が中国側のでっちあげであり、存在しなかったことは明らかである。〉

 よくもまあ、こんな滅茶苦茶な理屈で〈事実に基づいて本当の歴史を知ることを目的としたもの〉などといえたものである。これこそ、歴史修正主義者、ネトウヨが使う詐術の典型はないか。

 たしかに、南京事件の被害者の人数の問題については数十万人から数万人、数千人まで諸説がある。当時の南京の人口は、元谷氏の言うように「20万人」ではなく、実際は、南京防衛軍および他所からの難民も含めて40〜50万人だったという推測もあるが、それでも中国側の主張する「30万人虐殺」というのは、なかなか考えにくい数字だろう。

 しかし、そのことをもって、南京事件自体を「存在しなかった」とするのは、完全に論理のすり替えだ。

 南京陥落前後に日本軍が中国人捕虜や民間人を虐殺したことは、中国側だけでなく複数の旧日本兵たちの膨大な日誌や証言が残っており、日本軍による市民を含む大量殺害行為があったことは、保守系歴史学者も認めている歴史的事実である。実際、歴史修正主義者たちもこうした資料には、ほとんど有効な反論ができず、一部のトンデモ学者以外「南京事件は存在せず、犠牲者は0人」とする主張はほとんどなくなった。

 しかしどうしても「南京事件はすべて中国のでっち上げである」と主張したい連中は、中国側の宣伝の「30万人」をもち出し、それを攻撃することで、「虐殺はなかった」「でっちあげだった」というイメージ操作を行っているのだ。

 元谷氏は、まさに保守系の歴史学者の間でも呆れられているこうした“南京事件まぼろし派”のトンデモ学者たちが口にしてきた詐術をそのまま使っているだけなのである。 

 それだけではない。もっともらしく並べている他の根拠も、インチキだらけだ。元谷代表は〈欧米人など第三国の人が虐殺を目撃した日記も手紙も写真も、記録したものが一つもない〉というが、実際には南京事件初期の時点で、アメリカのニューヨークタイムズのF・T・ダーディン記者やシカゴデイリーニューズのA・T・スティール記者の記事をはじめ、海外の多くの新聞や雑誌で日本軍の暴挙が報道されていた。また、当時南京に駐在していたアメリカとドイツの外交官も本国へ事件の報告書を郵送していたことも判明している。

 さらに、唖然としたのは、〈上海大学の朱学勤教授が「いわゆる南京大虐殺の被害者名簿というものは、ただの一人分も存在していない」と論文で発表したにもかかわらず、辞職もさせられていない〉として、それを南京事件がなかったことの証明のように主張していたことだ。

 元谷氏のいう「朱学勤教授の論文」が何を指すのか、調べてみると、どうやら産経新聞2007年12月20日付記事が元ネタらしい。それによれば、南京事件70周年の翌日、リベラル系中国紙「南方都市報」に朱学勤教授の論文が掲載されていたという。その内容について、記事では〈パール・ハーバーの記念碑には犠牲者の姓名がしっかり刻まれていたのに、南京大虐殺記念館には30万人の犠牲者の名前はない〉と引用されている。

 この時点で、元谷代表の言い分がかなり歪曲されたものであることは自明だが、たしかにこの論文で朱教授は、南京事件の犠牲者の“名簿がない”ことについては言及している。しかし「南京事件は存在しない」と言っているのではない。逆だ。

ウェブマガジン「ChinaFile」12年6月12日付に、その論文と思われる朱教授の文章が、英訳で引用されている。これによれば、中国では、長らく大衆が南京事件について議論することを禁じられており、それが許されたと思ったら、地方自治体がすぐさま虐殺の記念碑を造りだして、大衆の前に“30万”という数字が出てきた。一方、真珠湾の記念館やベトナム戦争の記念館ではすべての犠牲者の姓名が刻まれており、とてもディティールに富んでいる。朱教授はこう述べる。

〈30万を殺すことは虐殺であるのに、20万から10万あまりであれば虐殺ではないのか? それが1人か2人ならば、命ではないのか? 私たちの目の前にある“30万”は曖昧な概念であり、(犠牲者個人が思い浮かぶような)ディティールのある数字ではない。そして、概念では人々を納得させることはできない。かわりに、人々に猜疑を芽生えさせ、日本に言い逃れのための口実を与えさえする。私たちは決定的な数字を使うべきであり、最も良いのは、具体的に個人の名前を刻むことだろう。そうしたときだけ、私たちは他者を畏敬させ、国際社会から敬意を得ることができる。〉(編集部訳)

 つまり、南京事件では多くの人が犠牲になって、追悼するに十分な理由があるのに、世界から敬意を払ってもらえていない。それは、中国政府がもち出す30万という数字だけでは、犠牲者ひとりひとりの人間像が表れないからだ。朱教授はそう指摘し、犠牲者の名前を掲載しない中国政府の態度を批判しながら、追悼のために犠牲者個人の名を刻むことを求めたのである。そして、上っ面の数字にこだわると、犠牲者の命という本質を忘れてしまい、歴史修正をされかねないと警告までしている。

 こんな発言で辞職にならないのは当然だろう。いったいどこをどう読めば、「南京虐殺はでっちあげであり、存在しなかった」という根拠になるのだろうか。

 元谷代表は続けて、日本軍による南京占領後に起きた市民の虐殺は、実は中国側の敗残兵の仕業だったという無茶苦茶な持論まで展開している。

〈上海事変で勝利した日本軍は、敗走する国民党政府軍を追撃し、国民党政府の首都であった南京を攻略し、同年十二月十三日に南京占領。このとき敗残兵が住民に対して略奪、虐殺を行った。それらの敗残兵が民間人の衣服を奪って便衣兵(ゲリラ)となったことから、日本軍は便衣兵の掃討作戦を行った。便衣兵(ゲリラ)の殺害は国際法上認められているものであり、一般住民を虐殺したのはこの敗残兵達(督戦隊が撃ち殺したのは、逃亡中国兵であった。)であった。しかし、こうした事実が歪められて、情報謀略戦として、「南京三十万人虐殺説」が流布されたのである。〉(『理論 近現代史学 本当の日本の歴史』より)

 いったい、このワンマン経営者はどういう妄想を書き連ねているのか。当時は日本兵が便衣兵と民間人を正確に区別することは困難で、保守派の歴史学者である秦郁彦氏も〈便衣兵の摘発に際しては、憲兵、通訳、中国人も加えて査問する建前になっていたが、実際には「良民ト便衣兵ノ区分困難ナリ」(歩三八連帯行動表)とか、「青壮年ハスベテ敗残兵又ハ便衣兵トミナシ」(歩六旅団の掃蕩要領)となってしまっていたようだ〉(『南京事件 増補版』中公新書)と書いている。

 また、陥落直後の南京で、撃墜された日本軍機の搭乗員の遺体捜索活動に従事した奥宮正武氏(第一三航空隊分長)は、「(南京陥落直後では)私の知る限り、彼ら(=便衣兵)のほとんどは、戦意を完全に失って、ただ、生きるために、軍服を脱ぎ、平服に着替えていた。したがって、彼らを、通常いわれているゲリラと同一視することは適当とは思えない」(『私の見た南京事件』PHP研究所)と記している。

 それを、全部、自分の都合のいい風に解釈しなおし、悪質なデマゴギーをふりまくのである。

 しかも、元谷代表は南京事件否定の延長で、「張作霖爆殺事件はソ連の特務機関の犯行である」とか「中華民国を操り我が国を陥れようとしたコミンテルンの策略が大東亜戦争の遠因で、日本は侵略をした加害者ではなく、戦争に引きずり込まれた被害者である」などというコミンテルン陰謀史観まで開陳している。

 前回の記事でも少し触れたが、アパグループ主催の懸賞論文の第一回最優秀賞を受賞した田母神俊雄氏の論文も、やはりコミンテルン陰謀史観満載で、今回の元谷氏の主張と瓜二つのものだった。このときは、保守系歴史学者の秦郁彦氏が徹底的に反論。“張作霖爆殺事件の犯人はコミンテルンの工作員”との主張に対しては「首謀者が関東軍の河本大作であることは99%確定的」とし、そのトンデモぶりをこう切って捨てた。

「コミンテルンの陰謀説が四つも五つも出てくる。歴史上の出来事はすべて特定の人間や団体の陰謀によって起きたという『陰謀史観』を唱える人は少なくないが、ふつうは一つか二つしか出さないものなのに(笑い)」
「(田母神論文は)『上杉謙信は実は女だった』というのと同じくらいの珍説です」(「週刊朝日」朝日新聞出版/08年11月28日号、田岡俊次氏との対談)

 いかがだろうか。元谷氏が「数多くの資料等を解析し、理論的に導き出した」などと大見得をきった主張がいかにトンデモかわかっていただけたはずだ。こんなシロモノが全世界に発信されたという事実こそが、日本の恥というべきだろう。

 しかも、強調しておきたいのは、これが、単に民間のネトウヨワンマン経営者の暴走、という話ではすまないことだ。元谷代表はこの国の政界に食い込み、日本の最高権力者である安倍首相ときわめて親密な関係にあるからだ。

 たとえば、2007年11月に盛大に催された元谷代表の次男夫妻の結婚式には、政界からも森喜朗元首相、中川秀直元自民党幹事長ら錚々たる面々が駆けつけていた。元谷代表は森氏と同郷の石川県小松市出身。1986年、元谷氏は地元の政治家や財界人を集めた会員組織「小松グランド倶楽部」を結成したのだが、そのとき最高顧問に就いたのが森氏で、2003年にはアパグループの機関紙「Apple Town」で対談も行い、元谷代表の著書の出版パーティの発起人を森氏が務めるまでになった。そして、アパグループは森氏との蜜月を機に政界に人脈を広げ、その子分である安倍晋三と関係を深めていったのだという。

 実際、05年10月12日、元谷代表の自宅で行われた「日本を語るワインの会」なる会合に、官房長官に就任する直前の安倍氏が出席していたことを、「週刊ポスト」(小学館)06年9月29日号が写真付きで報じた。また、元谷代表の妻でアパホテル社長の芙美子氏が旧森派議員のパーティに参加し、安倍氏とツーショット写真を撮っていたことも発覚した。

 そして極めつきは、安倍氏の秘密後援会「安晋会」の存在だ。当時メディアを賑わせていた姉歯・ヒューザーの耐震偽装事件で、耐震偽装マンションを販売したヒューザーの小嶋進社長が、国会証人喚問で国交省への事件もみ消しの働きかけを、当時官房長官だった安倍氏の秘書・飯塚洋氏に依頼していたことを暴露。そのとき、小嶋社長は「安晋会」に入っていたから、とその関係を説明したことがあった。「安晋会」には小嶋社長の他にも、吉村文吾・AIG株式会社会長や前田利幸・前田興産代表取締役社長、そしてライブドア事件にからみ沖縄で怪死を遂げた野口英昭氏が副社長を務めていた、エイチ・エス証券の澤田秀雄社長(エイチ・アイ・エス会長)など、実業界の実力者が集結し、様々な疑惑が報じられたのだが、実は、その「安晋会」の副会長を務めていたのがアパグループの元谷代表だったのだ。

 そんなことから、当時、姉歯・ヒューザー事件に続いて発覚したアパホテルの耐震偽造事件では、偽装が発覚後も行政のメスが異様に鈍かったことから、政権とグルになった隠ぺい工作があり、そこに元谷代表と安倍首相の個人的な親密さが関係しているのではないかとの見方が広がったこともある。

 結局、このアパホテルの耐震偽造事件は、隠蔽疑惑が解明されないまま風化していったが、その後も元谷代表は、安倍首相の有力な支援者であり続けている。

 今回、アパホテルに設置してあることで問題となった著書『理論 近現代史学II 本当の日本の歴史』には、こんな一節がある。

〈安倍政権は十年以上続く長期政権を目指し、日本を立て直し、誇れる祖国・日本の再興を果たして欲しい。そして自ら招致に成功した東京オリンピックの開会式で、安倍首相が「君が代」と共に開会宣言を行うのが理想だ。中国、韓国にしっかり対応していくためにも、安倍政権が長期政権となるべく、私も最大限のサポートをしていくつもりだ。〉

 そして、アメリカのAP通信はこの一件を紹介する記事の中で元谷代表のことをこう紹介した。

〈元谷は、安倍の声高な支持者であり、与党自民党の超保守派と結びついている。彼は複数の講演を主催し、主要な歴史修正主義者やイデオローグ、政治家を招いて講師にしている。〉

 トンデモ陰謀史観に基づく極右歴史修正主義を世界に発信したのはただの企業経営者ではない。この国の総理大臣がその人物と深くつながり、その主張にも大きな影響を与えていることを、私たちはしかと認識するべきだろう。
(編集部)



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年1月21日 17:39:37 : MSByFocmuI : htFNkXHX9rg[3]
いけいけ!

この元谷とかいうウヨは、反論すると余計ムキになりそうだ。

面白そうだから、中国人は徹底的に使用拒否してやれ。

手を緩めるな。


2. 中川隆[6223] koaQ7Jey 2017年1月21日 17:41:15 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6674]

なぜ虐殺捏造派は捏造するのか?


核心さん、こんにちは。
いつも貴重な書き込みをありがとうございます。

ところで、基本的な質問で申し訳ないのですが、
なぜ捏造派は捏造するんでしょうね。

捏造して得をすることってなんなんでしょう。
あるいは逆に真実を暴露することのデメリットは…。

双方とも単に人間の感情の問題なのでしょうか。
それとももっと政治的なものなのでしょうか。
世の中の、この問題に関するケンカを見ていると、
まずは単純な感情問題なのかなとも感じられますが。
私が関わっている古い捏造文書(偽書)などには、
差別やその裏返しの民族的プライドが見え隠れします。
そして、底流する天皇の存在、宗教的軋轢…。
どれもあまり理論的ではなく、結局感情的にも感じられます。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2008.08.24 17:31


捏造派は基本的に日本の右翼と保守勢力です。

彼らの一義的目的は「憲法9条を変えずに、国際紛争において武力行使のできる国にする。」です。

自衛隊員が殺害されても1億円が支払われる世の中ですから、「南京」なんて、真実を知る機会の無い、多くの国民にはどうでもいいことなのです。
そんな手順で日本の武装化を進めているなんてことは夢想だにしないでしょうから。
投稿: 核心 | 2008.08.24 18:38

「南京」の否定は純粋にプロパガンダです。
プロパガンダと歴史学では歩み寄りの余地は全くありません。
プロパガンダは基本的に政界、経済界をバックにしてメディアが行いますから、無くなることはありません。
一般的な国民には実態が分かりませんから、子供の喧嘩のように見えるだけです。

私も東史郎氏の裁判の原告団団長が板倉由明氏と知るまでは、東氏を大いに馬鹿にしていましたから。
原告団団長が板倉氏であることをメディアはまあり伝えてませんでした。
板倉氏は父に何通もの手紙を寄こしている有名な「南京」の捏造家です。
板倉氏が原告団団長であることを知っていたら私の裁判の見方を変わっていました。
(東氏は最高裁まで行って負けています。)

百人斬り訴訟の原告団団長は我が家に三度は来られた、ゼンボウの捏造記事の阿羅健一氏ですから、捏造派は負けて当然です。

投稿: 核心 | 2008.08.24 20:13


私の父(栗原利一)は超貴重な証言を行なっています(ただ、正直なだけだったのですが。)。

一つは「あれほどのことは両角さんじゃなきゃできねえ。」。
大湾子の1万3千5百人の捕虜の処分は両角氏ほどの地位になければ指示できない、と言っているのです。

もう一つは「南京警察の服を着たのも2千人いた。」。
警察官はシビリアンです。
便衣兵もなにも関係ないのです。

これを全てを知った上で旧軍関係者や防衛省関係者が否定してくる、これが「南京」です。

投稿: 核心 | 2008.08.26 23:32


栗原証言は脅しや懐柔により、捏造派により捏造されまくります。
その結果、史実派は栗原証言が使えなくなります。

父は65連隊だったので洞富雄氏、藤原彰氏、本多勝一氏の指導と協力の下に小野賢二氏が、65連隊の下級兵士を中心に陣中日記の収集を行ないます。
そして栗原証言と符合する数々の日誌や証言を集めます。

平成16年に父が亡くなり、父の遺品から捏造派などの多数の手紙や資料が見つかり、捏造派が栗原証言を捏造したことが確定的になりました。

その他もろもろなのですが、それで今日、「南京」は日本軍による組織的大虐殺であったことが確定的になったのです。

戦史部では永久に認めないでしょうけど。
投稿: 核心 | 2008.08.10 18:22


昭和59年(1984年)の8月10日に本多勝一氏から父に電話があったときに、父に相談され「歴史的なことなので事実を正確に話しておいたほうがよい。」とアドバイスをしました。
それで父は正直に幕府山の捕虜の殺害について話をしました。

ただ、私は朝日ジャーナルの記事は仮名になっていましたので殆ど読んでいませんでした。

そうしたら捏造派が父を取り込もうとあの手、この手を使ったものですから家には捏造派と史実派の資料や書簡などが溜まってしまったのです。

基本的に全資料は中国側に寄贈する予定なのですが、両国の歴史認識を埋めるべく書き込みをしています。


投稿: 核心 | 2008.08.19 17:28
http://fuji-san.txt-nifty.com/osusume/2008/04/nnn08_b9e2.html


要するに、昭和天皇が虐殺の首謀者だとわかると困るんだよね

真実を証言した人は身元を明かすと殺されるから本当の事は言えなくなった

本多勝一も かつら被って変装しないと外を歩けなくなっていた

南京大虐殺や731部隊の生体解剖の首謀者は昭和天皇だったからヤクザを総動員して真実を語る人間を始末してたんだ

帝銀事件も731部隊の元隊員が犯人だったから冤罪事件をでっち上げて捜査を中止させたんだ

虐殺が捏造だという記事は殆どが文春・産経が流したデマでそれ自体が捏造されたものだから信じない方がいいよ


真実はこれだけ:

南京事件資料集
http://www.geocities.jp/kk_nanking/


3. 中川隆[6224] koaQ7Jey 2017年1月21日 17:43:02 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6675]

南京事件(南京大虐殺)の真実
http://www.nextftp.com/tarari/index.htm


「徹底した史料の読解によって、南京事件の真実を明らかにします」
「否定派の解釈の誤りと、捏造のすべてを明るみにだします」 by タラリ  



                        
阿羅健一著「『南京事件』日本人48人の証言」批判

 1.120人の報道員とカメラマンは何を見たか      2013.06/07 New
2. 軍人と外交官は何をみたのか               
いわゆる「便衣兵」について

 1.便衣兵なるものは 存在しなかった            2013.06/04 New
2. 東 中 野「反日攪乱」説のまぼろし(1)          2013.06/04 New  
 3.東中野 「反日攪乱」説のまぼろし(2)          2013.06/04 New      
スマイス調査を検証する
1.スマイスの市部における 被害調査は誤りである       2013/05/31 New
2.死者・行方不明者数聴き取 り方法の 問題点        2013/06/01 New

河 村市長の事件否定発言をめぐって
1.20万人しかいないか ら30万人殺せない、というのはウソ 2012/03/05 
幕 府山事件の真相
1.平林証言の検証
   a.鈴木明聞き取り 版 c                   2003/09/05
   b.田中正明聞き取 り版 c                2003/09/11
   c.阿部輝郎聞き取 り版 c                2003/09/08
 2.両角回想ノートの検証                    2003/09/07
     附 幕府山事件資料の改竄者たち           2003/11/05
 3.幕府山の捕虜は何人 か                  2003/09/15
      附 二つの収容所                   2003/09/25
 4.幕府山の捕虜殺害は 何人か               2003/09/15
 5.両角回想ノートの 内容批判
a.民間人 の解放はあったか               2008/01/07
   b.捕虜の逃亡はあったか                  2003/10/05
c.軍命令 に反して捕虜開放                2003/10/21
6.栗原証言
   a.栗原証言 聞き取り阿羅版批判 2006/12/14 
 7.大湾子への連 行が処刑目的であったことの証明  2008/08/06
 8.解放説の捏造の 証明                    2008/06/30
 9. 幕府山事 件―「軍命令説」の迷妄を排す  2014/01/21 reeviced
北 村稔「『南京事件』の探求」批判
 1.『探求』序論 に示された枠組みの問題点         2003/09/19
 2.『ティンパリーの謎』 を嗤う−その1             2003/10/21
 3.『ティンパリーの謎』 を嗤う−その2             2003/11/07
 4.空前の大姦淫の否定を批 判する              2003/09/25

『南京戦−閉ざされた記憶を尋ねて』にあわてふためく人たち
 1.ネット右翼の妄説批判                     2003/10/21
 2.「正論」阿羅雑文 を批判する                 2003/09/18

百 人斬りとはなにか
 1.テキスト解析                             2006/07/29
 2.報道された○○人斬り                       2006/07/29
 3.「ホラ」と「冗談」                         2008/06/30
 4.野田回想メモを検証する                     2003/11/03
 5.向井・野田証言vs記者 証言                  2003/11/05
 6.二少尉の主張の変遷                       2006/06/17
 7.グースの百人斬り否 定論を反駁する     2008/08/01
 
「プロパガンダ写真研究家」松尾一郎の目の節穴度
 1.ニセ 写真攻撃−斬首編                   2004/01/10
  附. 「影はウソをつかない、か?」              2004/01/10
 2.ニセ写真攻 撃−凌辱編                   2004/01/16
 3.写真判定の杜 撰−村瀬守保撮影写真編         2004/01/14
 4.写真判定の杜 撰−総集編                  2004/01/22
 5.ニセ写真 攻撃−斬首解決編                2004/01/27
 6.東 中野氏のむなしい「証拠写真の検証」を論駁する   2006/12/27 
 上海南駅爆撃の写真判定をめぐって
 1.妄 想的解釈が支える「やらせ写真」判定          2008/02/04
 2.オ リジナル写真は何を物語っていたか           2008/02/04
  グース愚論を解剖する
1.ドツボには まった「東京裁判によるでっち上げ」説 2008/02/26
2.便衣兵なる ものは存在しなかった            2009/06/27
3.幕府山事件ーグース板 での討論            2013.6.1 New
  資料
1.世界に知られていた 南京事件−当時の報道 2007/02/09


「南 京大虐殺否定論」に反論し、精密な資料批判によって虐殺・暴行の実在を明らかにします。


4. 2017年1月21日 18:11:54 : pZKwMYxz2E : fLscBE_0s7o[8]
中国の方が老練で手管も日本とは比較にならない、それが判らず、未だにアメリカの虎の威を借る狐どころか、駄犬の日本だから勝負はやる前から着いてるようなモン。南京以外の問題もほじくり返されれば、日本はひとたまりも無いよ。

泊まった事は無いけど、こんな質も環境も悪いクソホテルに泊まりたいとも思わない日本人も増えた事だろう。どんどか吊し上げるべし。


5. 2017年1月21日 18:20:54 : HGCqdRDBks : lHVHAvmuoIw[3]
「安普請の会」とはよく名づけたものだ

6. 2017年1月21日 18:34:12 : 9cDZ5auBU2 : 1HLnO1LdbGA[21]
南京大虐殺があったかどうか知らない。東京裁判では裁かれていない。
本多勝一が朝日グラフの写真を嘘のキャプションで慰安婦だと紹介したのは知っている。
中国が大挙して小笠原で赤サンゴを盗んだのも聞いた。
「戦争法案」等と法案の名称を偽り国会前で、お金もらって動員されてデモしていたのも知っている。
中国船が尖閣でぶつかってきてその動画を当時の政府の仙谷が隠し通したのも知っている。
神田の古本屋で中国人が古い歴史資料を大金払って買い漁り、日本から歴史を奪おうとしているのも聞いた。
長野五輪で中国国防法の動員実験が行われたのも中継で見た。

要は自分の歴史の中で、信頼できる情報を紡いでいけばいいだけであって、立つ位置を右とか左とか変えて自分自身でディベートしてみれば真実がわかる。


7. 中川隆[6227] koaQ7Jey 2017年1月21日 18:43:19 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6678]
>>6
>南京大虐殺があったかどうか知らない。東京裁判では裁かれていない。

デマ流すなよ
松井岩根は虐殺の責任を取らされて死刑になったんだ


>本多勝一が朝日グラフの写真を嘘のキャプションで慰安婦だと紹介したのは知っている。

嘘でなく間違った写真を使っただけだろ


本を書けば小さな間違いくらい無数に出て来るというだけだ

小さい間違いを必死に探して、それをもって全体を否定しようとするのが虐殺否定派の詐欺の手口なのさ


8. 2017年1月21日 19:56:39 : jrAG6G5mLg : De@GZVcOVTE[5]
30万人という数字には疑問があるが、虐殺があったことは事実として認めねばならない。

数百人でも虐殺行為は許されない。
許されないと言っても、ほとんどの戦争の場合起きている。

また、南京事件以外に、731部隊がナチス以上の謀略の限りを行っていたことも事実。
相対的に、非難をされればごめんなさいという内容である。

ただし、政治の世界で恣意的にこれを取り上げるならば、日本の方でも、アパ代表のような奴が出てくるのも当然のこと。

30万人虐殺も慰安婦問題も、多分に政治が動いている。
政治であれば駆け引きすればよい。

戦争による虐殺を言うならば、蒙古が襲来して壱岐対馬の民衆を無残に殺し、手に穴をあけ数珠つなぎにして連行したそうだ。
人数がたとえ数千人でも許せない蛮行。

歴史とは、そういう事件の上に成り立って現在がある。
相手が言うなら言い返せばよい。
ただしね
同時に原爆を落としたアメリカへの非難もするべきである。
公式に言うのに憚りがあるなら、一民間人として言えばよい。
日本人の気持ちも打ち出せばよい。
何でも感でも政治的に動く必要はない。

アメリカの大衆の多くは原爆を肯定している。
言うべきは言い、反省すべきは反省するべきだ。

昔の右翼に比べれば、今の右翼など、右翼自体が腰抜けである。
私は南京事件はあったと思うが(数字は別として)、アパ代表の言葉を痛快に思う。

右翼なのかな!


9. 2017年1月21日 20:12:38 : noiqdrSPHK : 9NnU7AehWMU[1]
有史以来、最も中国人を殺したのは、間違いなく共産党政権である。
     《井沢元彦 諸君!2005/6月号》


中国がチベットに行ってきた弾圧の凄まじさは筆舌に尽くしがたい。
生爪をはがしたり、逆さ吊りにして鞭打つなど珍しくもない。
凄惨な拷問と弾圧で、これまでに120万人が殺害されたと報告されている。


チベットには今でも労改と呼ばれる強制収容所が多数あり、中国に反抗するチベット人が捕らわれている。逮捕・拘束され拷問を受けているチベット人の数は、その実数さえわからない。(ペマ・ギャルポ氏)


見せしめのための処刑が当たり前のように横行し、尼僧の強姦、女性に対する強制的な不妊・堕胎手術まで、ありとあらゆる方法でチベット人の抹殺が図られた。


ペマ・ギャルポ教授…「中国のチベット弾圧は侵略そのものですから”戦争犯罪”といっていい」
           《週刊新潮2006/11/3》


中国がどんな国か、よく勉強してから物を言いましょうね。


10. 2017年1月21日 20:26:19 : vXjXlwCdYI : odohtbcmMO4[4]
ネトウヨのチベット支援は反中だからに過ぎない。

フリーチベットとかいう胡散臭い運動にネトウヨどもが集るのもそれ。

ちなみにチベット問題は中国が一方的に悪いというような聖域問題ではない。

ぺマ・ギャルポは反中派に阿ってチベットを持ち出せば中国に反論させる余地なしとタカを括っているようだが、ぺマらの告発に疑問を呈する声や異論もちゃんとある。

そのひとつがここ。

西蔵資料館 〜チベットの本当の歴史〜
- The True History of Tibet -

当サイトはチベットの本当の歴史とチベット問題の真実を、何も知らない日本の情弱ネットユーザーに広く伝えるためのサイトであります。チベット民主改革から54周年を迎えた2013年3月28日に公開開始。

そこの貴方、チベットについて本当に正しい知識を持っていますか?ダライ・ラマ一味(以下ダライ集団)が流す歴史捏造プロパガンダに騙されてはいませんか?

例えば、

「チベットは古来より独立国家としての体をなしていた」
「チベットは中国に支配される前は素晴らしい社会と文化を持つ国であった」
「チベットは歴史上一度も他国を侵略したことのない平和国家であった」
「中国によるチベット併合は違法な侵略行為である」
「中国統治下のチベットでは中国政府によって120万人以上ものチベット人が大量虐殺され民族浄化された」
「中国統治下のチベットでは中国政府によって多くのチベット人が強制断種・避妊手術を施されている」
「中国統治下のチベットでは漢族が大量に流入してチベット族が少数派に追い込まれている」
「中国政府はチベットの自然や文化を破壊している」
「チベットを中国の領土と主張しているのは中国共産党政府だけ」
「ダライ・ラマ14世は暴力を用いない平和の使者である」
「『大チベット』と呼ばれる地域こそがチベットの本来の版図である」
「パンダはチベット固有の動物である」


…などなど、驚くべきことにこれら全て、ダライ集団その他による歴史捏造プロパガンダなんです。なぜこれらが嘘なのかは当サイトを読んでいけばわかることです。ちなみに未完成のコンテンツも随時アップデートしていく予定。

現状の日本におけるチベット問題関連の情報はあまりにも偏り過ぎていると言わざるを得ません。右派はもちろんのこと、一部の左派ですらダライ集団の歴史捏造プロパガンダばかりを鵜呑みにし、ダライラマ側が絶対善であるかのように思い込まされ洗脳されています。

当サイトはそういったダライ集団の有害極まりない歴史捏造プロパガンダを暴き、中国のチベット平和解放は本当に侵略行為なのか、中国が解放する以前のチベットはどのような社会であったのか、中国が統治した結果チベットはどれほどの発展を遂げたのか、中華民国(台湾)政府や西側諸国の政府はチベットの帰属について公式にはどういった見解なのか、フリーチベット運動とはどのような勢力に支援されている運動なのか、いわゆる「チベット大虐殺」は本当に実在する出来事なのか、などを明らかにしていきます。

このサイトで真実をしっかりお勉強して、ダライ集団のチベットファンタジーによる洗脳をしっかり完治させてくださいねダライカルト信者の日本人の皆様w

初めての方はまず「概略:チベット問題とは?」と「チベットの歴史沿革」をお読みください。

2015年からは以下の欄に更新履歴を記録。

2017年1月9日更新
「写真で見る平和解放前と平和解放後のチベット」にある旧チベットの政教一致の封建農奴制についての説明に少し加筆。


2016年12月22日更新
トップページのリンク集に「中国関連のデマを検証するサイト」を新設。ここでは主にチベット関連以外の反中・嫌中デマを取り上げていく予定。
「「チベット大虐殺」は反中勢力が捏造した嘘」の「第1章:チベットで大量虐殺と呼べる出来事があった客観的証拠はない」の節に「大量虐殺の証拠」とされる証言や写真の信憑性の低さについて大幅に加筆。


2016年11月20日更新
約1年ぶりの更新。「世界が評価した中国のチベット統治の真実」に新しい記事を3つ追加。


2015年11月23日更新
「中華民国の版図でもチベットと新疆は中国の一部」の「中華民国(台湾)の公式見解でもチベットと新疆は中華圏」の節に加筆。
「CIAとチベットの関係」に「王柯『多民族国家 中国』(岩波新書)より」の節を追加。
トップページのリンク集に「チベット問題の本質」のリンクを追加。


2015年10月17日更新
「中国のチベット平和解放は侵略ではない」の「第2章:中華民国時代もチベットは一貫して中国の一部であった」の節と「中華民国の版図でもチベットと新疆は中国の一部」の「昔の日本の中国地図でもチベットと新疆は中国の一部」の節に1914年の米国のアジア地図「usa1914.jpg」と1932年のドイツのアジア地図「germany1932.jpg」、およびそれらの地図についての説明を加筆。


2015年9月23日更新
「中華民国の版図でもチベットと新疆は中国の一部」の「中華民国(台湾)の公式見解でもチベットと新疆は中華圏」の節に1936年の中華民国地図「roc1936.jpg」とその説明を加筆。不要な重複画像数枚を削除。
「オウム真理教とチベットの関係」に「ペマ・ギャルポとオウム真理教の関係」の節を追加。


2015年9月16日更新
チベット自治区成立50周年を記念(とは言え記念日の9月1日はとっくに過ぎたが)して旧記事の「ダライラマも合意していた中国によるチベット解放」を統合する形で特集記事「中国のチベット平和解放は侵略ではない」を作成。
これまでトップページにのみ掲載していた「中華民国の版図でもチベットと新疆は中国の一部」を個別記事化した上で加筆。
トップページのリンク集に「bogus-simotukareのブログ」のリンクを追加。


2015年8月26日更新
「外国人が記録した旧チベットの実態」に日本軍のスパイである西川一三が記録した旧チベットに関する情報を加筆。
「世界が評価した中国のチベット統治の真実」に新しく発掘した記事をいくつか追加。また、中国のチベット統治を評価した著名人9名の写真を追加。
「「チベット大虐殺」は反中勢力が捏造した嘘」の「補足:「チベット120万人大虐殺」の嘘に気づいた西側諸国の人々の例」の節にパトリック・フレンチの写真を追加。
「西側メディアによるチベット関連の虚偽報道」に「ドイツテレビ局がラサ暴力事件の報道に誤りと認める」の節を追加。


2015年8月10日更新
「チベットおよびチベット族の人口推移」の「チベットおよびチベット族の人口推移まとめ」の節に2010年の人口統計を、「参考1:新疆ウイグル自治区のウイグル族の人口推移」の節に1982年と2010年の人口統計をそれぞれ追加し、画像「populationoftibet.png」と「populationofuyghur.png」を更新。また、「チベット、常住人口が300万を上回る」の節を追加し、「補足:反中勢力も中国の人口調査を「追認」」の節に少し加筆。
「「チベット大虐殺」は反中勢力が捏造した嘘」の冗長すぎる部分を思い切って削りつつも新たな情報を少し加筆。


2015年8月2日更新
トップページのリンク集に「新疆の歴史と発展」と「新疆の発展と進歩」のリンクを追加。
「チベットおよびチベット族の人口推移」に「参考:新疆ウイグル自治区のウイグル族の人口推移」の節を追加。また、「ダライ集団と櫻井よしこが中国の人口調査を「追認」」の節に加筆して「補足:反中勢力も中国の人口調査を「追認」」に改名。資料画像として「populationofuyghur.png」と「tibetananduyghur2000.jpg」を追加。
「「チベット大虐殺」は反中勢力が捏造した嘘」の「「チベット大虐殺」は反中勢力が捏造した嘘である」の節が長すぎるので複数の節に分割した上で加筆。中国がチベット族絶滅など画策していない証拠の一つとしてチベット族の肖像画が載った中国人民元紙幣の画像「5yuan.jpg」を追加。


2015年7月22日更新
「平和解放前のチベットの写真」を「写真で見る平和解放前と平和解放後のチベット」に改名。節を「政教一致の封建農奴制下にあった平和解放前のチベット」と「中国によって近代化された平和解放後のチベット」の二つに分割し、それぞれの節に写真を新しく6枚ずつ追加して枚数を増やした。また、中国がチベット語を弾圧などせずに保護している証拠としてチベット語に関する写真も11枚追加。
「河口慧海が記録した旧チベットの実態」に河口慧海が実在した人物である証拠として本人の写真「kawaguchiekai.jpg」を追加。
トップページの「中華民国(台湾)の公式見解でもチベットは中華圏」の節に蒙蔵委員会と中華民国憲法第120条に関する説明と「mtac.jpg」を追加。


2015年5月8日更新
「「チベット大虐殺」は反中勢力が捏造した嘘」の「「チベット大虐殺」は反中勢力が捏造した嘘である」の節に一部の南朝鮮人が唱える「朝鮮人800万人大虐殺」説に関する説明を加筆。また、パトリック・フレンチの「チベット120万人大虐殺の証拠はない」発言が掲載されたニューヨーク・タイムズ記事のバックアップとしてキャプチャ画像「nytpatrickfrench.png」を追加。
「中国の少数民族政策と西側諸国の少数民族政策」に当サイト管理人による検証記事として「中国と西側諸国の少数民族言語政策の違い」の節を追加。
「平和解放前のチベットの写真」に河口慧海が記録した旧チベットについての記述をさらに詳しく加筆。


2015年4月17日更新
「西側メディアによるチベット関連の虚偽報道」を作成。


2015年4月8日更新
「河口慧海が記録した旧チベットの実態」に「チベット人以外の民族がチベットに長期滞在していると血を吐くことがある」の節を追加。
「漢族がチベットで多数派民族になり得ない理由」を作成。


2015年3月28日更新
チベット民主改革56周年とサイト開設2周年を記念して特集記事「「チベット大虐殺」は反中勢力が捏造した嘘」を作成。トップページにも「「チベット大虐殺」は反中勢力が捏造した嘘」の節を追加。
トップページのリンク集に「真実の西蔵とは」と「ラサ 3.14事件の真相」と「Friendly Feudalism: The Tibet Myth」のリンクを追加。
「チベットの歴史沿革」を作成。
「チベットおよびチベット族の人口推移」に「ダライ集団と櫻井よしこが中国の人口調査を「追認」」の節を追加。
「CIAとチベットの関係」に「1959年、チベット武装勢力反乱の真相」の節を追加。
「オウム真理教とチベットの関係」に「ダライ・ラマの称賛を“金で買った” 上祐氏が古巣・オウムに爆弾」の節を追加。


2015年3月12日更新
「平和解放前のチベットの写真」の「参考:中国によって近代化された現在のチベット」の節に写真を新しく6枚追加、合計18枚に。それに伴いトップページにもその中から写真を9枚選抜して追加。


2015年2月26日更新
トップページを微修正し「西側諸国も公式に認める中国のチベット領有」の節を追加。
「平和解放前のチベットの写真」に旧チベットの人口関連の説明を加筆。
「西側諸国にも見捨てられたチベット独立派」を「西側諸国も公式に認める中国のチベット領有」にリニューアルして内容を微修正、「インド 国内でのダライ・ラマの政治活動を認めず」の節を追加。
「CIAとチベットの関係」に米国側資料として「ダライラマグループがCIAから金銭を受け取ったと述べる」と「動画:CIA とチベット:関係者の証言」の節を追加。
「統一教会とチベットの関係」の「touitsu2.jpg」の画像をキャプション付きのものに差し替え。


2015年2月10日更新
「中国の少数民族政策と西側諸国の少数民族政策」を作成。


2015年2月3日更新
トップページを微修正し新たに更新履歴と、「平和解放前のチベットに関する公文書資料」、「河口慧海が記録した旧チベットの実態」、「チベットおよびチベット族の人口推移まとめ」、「チベットの平均寿命の推移まとめ」、「世界が評価した中国のチベット統治の真実」の節を追加。
「概略:チベット問題とは?」を微修正。
「河口慧海が記録した旧チベットの実態」に「旧チベットが軍隊を持たない国だったというのは嫌中ネトウヨの嘘」と「参考:旧チベットは日韓併合前の朝鮮と比べても近代化が遅れていた」の節を追加。
「平和解放後のチベットの社会・経済発展データ」を微修正、「チベットおよびチベット族の人口推移まとめ」と「チベットの平均寿命の推移まとめ」の節を追加。
「1964-2008年 チベット総人口とチベット族人口の変化」を「チベットおよびチベット族の人口推移」にリニューアルして内容を大幅に加筆。
「チベットの平均寿命の推移」を作成。
「世界が評価した中国のチベット統治の真実」に「チベットの未来」(外部サイト)のリンクを追加。

公開開始日:2013年03月28日
最終更新日:2017年01月09日


http://xizang.is-mine.net/


11. 2017年1月21日 20:30:58 : jrAG6G5mLg : De@GZVcOVTE[6]
資料↑

20世紀の民衆殺戮の中では中国共産党による民衆殺戮3,870万2千人はソビエト連邦による6,191万1千人に次ぐものであり、ナチスの2,200万人より多い。中国国民党による民衆殺戮1,021万4千人がこれにつづく。

戦争がない時代はなかった中国

 中国ほど戦争をしてきた国はない。また、自国民を含めた殺戮を行ってきた国もない。

 共産主義の中国になってからでさえ、チベット侵攻(一九四八─一九五一)、中印戦争(一九六二)、中ソ国境紛争(一九六九)、中越戦争(一九七九)を行い、加えて南シナ海の東沙諸島、西沙諸島を略奪し、現在は南沙諸島を自国領土に編入しようと目論んで、フィリピンやベトナムと衝突を繰り返している。『共産党黒書』(ステファヌ・クルトワ、ニコラ・ヴェルト著、恵雅堂出版)によれば、二十世紀において中国の共産主義によって犠牲になった人々は六千五百万人にのぼるとされている。

 しかし、それはなにも二十世紀にかぎってのことではない。台湾の歴史家であり作家でもある柏楊(はくよう)氏は、中国史上「戦争のない年はなかった」とまで言っている。

 中国はそもそも、歴史が連続した国ではない。現在の中華人民共和国は一九四九年の成立だが、その前は清朝であった。中国は秦の始皇帝による統一から、易姓革命(皇帝の姓が変わる、つまり王朝交代)を何度も繰り返してきた。元、清のように異民族によって支配された時代もあった。「万世一系」の日本人にはわかりづらいかもしれないが、易姓革命ということは、まったく違う国に取って代わられるということだ。それは改革でも変化でもない。だから「革命」という言葉が使われる。

太古から資源や領土の奪い合いを繰り広げてきた中国は、現在もなお、他国領土に対する侵略を続けている。東シナ海、南シナ海での中国の身勝手な振る舞いはその典型である。

 もちろん戦争は一騎討ちから総力戦に至るまで、戦争の型はさまざまである。後述するが、唐の玄武門の変のように兄弟の戦争から、明の靖難(せいなん)の変の叔父と甥、漢の武帝と皇太子との長安の都での親子の決闘もある。無辜の「難民」も出る。

 私の小学生のころに国共内戦後に追われた中国から数十万人の難民と学校の教室を生活の場として共有共生したこともあった。決して遠い昔々の話ではない。

 自国民虐殺だけでなく、異民族虐殺も中国では現在進行形の「犯罪」である。儒教の国である中国では、中華の民とそれ以外の民を厳しく峻別(しゅんべつ)してきた。中華以外の国は夷狄(いてき、未開の野蛮人)であり、獣と等しいと考える。そのため獣偏や虫偏をつけて「北狄」「南蛮」などと呼んできた。これを中華の徳によって文明人に変えることが「徳化(王化・漢化ともいわれる)」なのである。そして、儒教の発展理論である朱子学や陽明学では、天朝(中華の王朝)に従わない異民族は天誅を加えるべしという論となり、正当化されている。

 十九世紀末から現在に至るまで延々と続くイスラム教徒(ウイグル人)の大虐殺、十六世紀の明末から十九世紀の清末に至るまでの西南雲貴高原の漢人による少数民族のジェノサイド、辛亥革命後の満洲人虐殺、通州(つうしゅう)事件などの日本人虐殺、人民共和国時代の文革中の「内モンゴル人民革命党員粛清」に象徴されるモンゴル人大虐殺、チベットに対する数百万人の虐殺と文化抹殺、台湾人に対する二・二八大虐殺など、近代中国人によって行われた民族浄化の大虐殺……近代中国では、こうした人類に対する犯罪がまかり通っているのである。


12. 2017年1月21日 20:40:18 : vXjXlwCdYI : odohtbcmMO4[5]
>>10の続き

西蔵資料館 〜チベットの本当の歴史〜
- The True History of Tibet - より抜粋

中華民国の版図でもチベットと新疆は中国の一部
ダライ集団の主張では「チベットは1913年から1951年まで独立国であったが中国に侵略されて滅亡してしまった」とされ、チベットは中華民国時代には中国から独立した地域であったとされているが、それは嘘である。

中国によるチベット平和解放以前からもチベットと新疆(しんきょう、現在の新疆ウイグル自治区)が中国の一部であったことは昔の日本で発行された世界地図および中国地図によっても裏付けられており、その上現在は台湾に存在している中華民国ですら公式見解でチベットと新疆を中華圏としているのである。

目次
1. 中華民国(台湾)の公式見解でもチベットと新疆は中華圏
2. 昔の日本の中国地図でもチベットと新疆は中国の一部

中華民国(台湾)の公式見解でもチベットと新疆は中華圏

チベットと新疆を中華圏としているのは中華人民共和国政府だけではない。中華民国(台湾)政府も今以ってチベットと新疆を中華圏としているのである。

これら中華民国の公式領土地図では、チベット自治区に「西蔵地方」が、新疆ウイグル自治区に「新疆省」が置かれている。チベットおよび新疆が中華圏であることは中華人民共和国政府だけでなく中華民国政府にも共有されている中華民族の公式見解である。

中華民国公式領土地図の中国語版

http://xizang.is-mine.net/rocmap-zh.jpg

中華民国公式領土地図の英語版

http://xizang.is-mine.net/rocmap-en.jpg

ちなみに中華人民共和国成立以前である1936年の中国で発行された中華民国地図でもチベットと新疆は中国の一部とされているため、当時から中華民国政府は両地域を中国の一部として扱っていたことがわかる。

1936年の中華民国地図

http://xizang.is-mine.net/roc1936.jpg

また、中華民国政府には「蒙蔵委員会」(モンゴル・チベット委員会、Mongolian & Tibetan Affairs Commission)という機関がある。これは名目上、チベットとモンゴルを統治する機関であり、中華民国政府が今以って公式にチベットとモンゴルを中華圏としている証拠の一つである。

そして中華民国憲法の第120条には「西蔵(チベット)の自治制度は、保障しなければならない」とある。これも同じく中華民国が公式にチベットを中華圏としている証拠の一つである。

ちなみに王柯『多民族国家 中国』(岩波新書)には以下の記載がある。

出典:王柯『多民族国家 中国』(岩波新書)のP50

一九一二年三月に公布した「中華民国臨時約法」は、「中華民国の領土は二二の行省、内外モンゴル、チベット、青海から構成される」(第三条)となっており、一九一四年五月に公布した「中華民国約法」は「中華民国の領土は、以前の帝国の領域に基づく」(第三条)となっていた。そして、一九三一年六月に公布した「中華民国訓政時期約法」は、「中華民国の領土は各省及びモンゴル、チベットである」(第一条)となっていた。

補足しておくと現在の新疆ウイグル自治区は中華民国時代には「新疆省」であったため、ここでは「二二の行省」に含まれている。

このように現在は台湾に存在している中華民国ですらチベットと新疆の独立を認めていないので「中国共産党政権を打倒すればチベットとウイグルは独立する」などと考えていたらそれは大きな間違いである。

http://xizang.is-mine.net/roc.html


13. 暴論有理[164] llyYX5dMl50 2017年1月21日 20:43:56 : OZPDY69YsE : zrInmHCOcRQ[4]
勇猛果敢な皇軍にとって30万でも少ないぞ。秦邦彦の3.8万-4.2万人も、欺瞞に満ちた譲歩戦術だ。

このサイトを見ろ。

第3帝国極厚列伝 
http://wolf.adolf45d.com/xxxx.html

二線級の警察大隊でさえ、2日で2万人ぐらい練習なしに殺した。一個大隊でも10日で20万ぐらい虐殺できる。

ましてや凶暴さで抜きん出る皇軍将兵がナチの二線部隊になんぞ劣るはずがないのである。100人斬りを否定したら1937年当時の皇軍やマスコミに逆に国賊扱いを受けるぞ。ネトウヨと稲田朋美よ。わかってるのか恥知らずの糞婆政治家。

南京を否定して日本人とその歴史への侮辱と考えるクソ右翼は人類への冒涜者。悪行と虐殺に人種や国籍は関係ない。否、同国人に対してこそ、保守が言うように民族の矜持を保つならむしろ厳しくする必要がある。


14. 2017年1月21日 23:13:41 : JW4kQkOW9o : dSI7DqbtatE[285]

【国際】韓国軍が数千人ベトナム女性を強姦し、慰安婦にしていた…米国メディア「日本より先に謝罪すべきだ」★11

beチェック
1 :豆次郎 ★:2017/01/21(土) 10:37:37.44 ID:CAP_USER9.net[1/2]

 ご存じの通り、日韓両政府は一昨年末の合意で慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決されたことを確認した」との認識で一致。

 日本側はこの合意に基づき昨年、元慰安婦支援などに10億円を拠出するといった合意内容を着実に履行しました。

 ところが韓国側はソウルの日本大使館前の慰安婦像は「地方自治体の責任」などと主張し、撤去に動かなかったどころか、釜山の日本総領事館前に2つ目の慰安婦像が設置されたことを容認したのでした。

 こうした韓国側の一連の行為や対応は、外国公館前での侮辱行為を禁じたウィーン条約を無視する立派な国際法違反に当たります、なので当然ながら日本政府は駐韓大使を一時帰国させるといった対抗措置に出ました。

 これに対し、当の韓国側や日本在住の反日勢力、そして、なんちゃって左翼の連中が、真面目に反論するレベルに至らない低レベル過ぎる屁理屈を並べ立てています。

 こう書くと反日勢力などから「偉そうなことをほざくな」と言われそうですが、当の韓国政府を含め、こうした連中は、この問題に対して意見できる立場にないのです。なぜか。理由は簡単。少しばかり世界の物事の裏を分かっている人々の間では既に有名な話なのですが、慰安婦問題について国際社会に深く深く謝罪せねばならないのは、実は韓国の方なのです。今回の本コラムでは、その理由についてご説明いたします。

■13歳少女をも韓国軍が強姦…“ライダイハン”混血児は約3万人

 今年1月で5年目に突入した本コラムのネタ探しで海外メディアの電子版を巡回していて、このニュースを見つけたときは、本当に驚いたのと同時に、自分のモノの知らなさに恥じ入ったものでした。そして“いつか絶対このコラムで書いてやる!!”と思っていたのですが、遂にその日が来ました。

 2015年10月13日付の米FOXニュースのオピニオン面(電子版)です。見出しはこうです。「朴(槿恵=パク・クネ)大統領は韓国がベトナムで行った性暴力について公に謝罪すべきである」

 どういうことかと言いますと、このFOXニュースのほかにもさまざまな欧米、そして当の韓国のメディアが報じているのですが、ベトナム戦争(1960年代後半から1970年代初め)時、米の同盟軍としてこの戦争に参戦した韓国軍が多くのベトナム女性を強姦(ごうかん)し、彼女たちを韓国兵のための慰安婦として強制的に働かせていたというのです。

 前述のFOXニュースによると、約40年前、現(韓国)大統領の父親で(当時の軍の)司令官、朴正煕(パク・チョンヒ)は32万人以上の米同盟軍(つまり韓国兵のことですね)をベトナムに派兵したといい、この戦争の間、韓国兵は13歳から14歳(の女性)を含む数千人のベトナム女性に対し激しい強姦または性的暴行を行ったと明言。

 そして、強姦されたことによって多くの女性が妊娠・出産し、彼女たちが産んだ混血児が現在、ベトナムには5000人から3万人存在すると説明します。

 そして、韓国軍がベトナムで行ったこうした極悪非道な行為に対し<朴大統領は世界で最もパワフルな女性の1人である。父親が率いた兵士たちが膨大な数にのぼる罪のない女性たちに対し、犯した犯罪を公に謝罪することは、間違いなく彼女の権限の範囲内にある。なのに、そうした謝罪をしないで、日本に対し、第二次世界大戦時の韓国の慰安婦に対する性的暴力について謝罪を求めることは、朴大統領の道徳的権威を傷付けるだけである>と警告しています。

 平たく言えば“日本に謝罪を求めるなら、自分たちもベトナムでやらかした残虐行為について世界に向けて謝罪しろ”ということですね。

 ちなみにこのFOXニュースのオピニオン記事の投稿者であるノーム・コールマン氏(67)は2003〜09年に米ミネソタ州選出の上院議員(保守・共和党)を務め、現在、国家安全保障や外交政策の専門家らで組織する米のNGO(非営利団体)「米グローバルリーダーシップ連合(USGLC)」で要職を務めています。

http://www.sankei.com/smp/west/news/170120/wst1701200001-s1.html

★1の立った日時:2017/01/20(金) 11:49:33.59
※前スレ
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1484924338/

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1484962657/


15. 2017年1月21日 23:36:14 : 35EuUW7jDw : yWf3pgdtr88[42]
デビ婦人 やるね。

https://www.youtube.com/watch?v=5Dn4ncmB0Tk


みてね、デビ婦人言うね  中国スパイジャ−ナリストとの論争

よくやった、デビさん 


16. 2017年1月21日 23:53:49 : vXjXlwCdYI : odohtbcmMO4[6]
チベットで言い負かされて今度はライダイハンか。

ネトウヨはなにかってえと争点ずらしで逃げを打つんだなw



17. 2017年1月22日 00:26:28 : hDP1OmWlrc : _Fbz_Z9baVE[1]

木卯正一は、コメントが一通り終わりかけた頃をみはからって

いつも、犬みたいに小便かけていくんだな。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK219掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK219掲示板  
次へ