★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK220 > 436.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
憲法をなんだと思っているのか! 稲田防衛相が「戦闘行為あったが憲法違反になるから衝突と言い換え」とトンデモ答弁(リテラ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo220/msg/436.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 2 月 09 日 13:16:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

                 稲田朋美HPより
 


憲法をなんだと思っているのか! 稲田防衛相が「戦闘行為あったが憲法違反になるから衝突と言い換え」とトンデモ答弁
http://lite-ra.com/2017/02/post-2905.html
2017.02.09. 稲田が憲法違反隠すため嘘ついたと白状  リテラ


 国民を愚弄するのもいい加減にしろ。そう言わずにいられない発言が、本日、稲田朋美防衛相の口から飛び出した。

 昨日8日の衆院予算委員会で、これまで防衛省が情報開示請求に対して「破棄した」としてきた南スーダンPKO派遣部隊の日報が、じつは保管されていた問題を追及された稲田防衛相。稲田防衛相は昨年10月の衆院予算委において、同年7月に南スーダンの首都ジュバで起こった大規模な戦闘について、「7月には『衝突事案』もありました」などと法律上の定義のある「戦闘行為」ではなく「衝突」だと繰り返し答弁。安倍首相も「『戦闘行為』という定義があるものについては、それにはあたらない」と稲田防衛相と同じ説明をおこなっていた。

 しかし、今回、明らかになった昨年7月11・12日の日報では、ジュバ市内で政府軍と反政府軍とに〈戦闘が生起した〉〈両勢力による戦闘が確認されている〉とし、〈市内での突発的な戦闘への巻き込まれに注意が必要〉と記載されており、「衝突」などではなく「戦闘」と明記されていた。同じように同月12日のモーニングレポートでは〈ジュバでの衝突激化に伴うUN(国連)活動の停止〉と、PKO活動の停止の可能性にまで踏み込んでいたのだ。

 このことによって、現場のPKO部隊が「戦闘」だと認めている事案を、稲田防衛相は「衝突」と言い換えて国民を欺いてきたという事実が明らかになったわけだが、稲田防衛相は壊れたテープレコーダーのように「法的な意味での戦闘行為ではない」と繰り返し答弁。さらに、こんなことを言い出したのだ。

「なぜ、法的な意味における戦闘行為があったかどうかにこだわるかと言いますと、これは『国際的な武力紛争の一環として行われる人を殺傷し又は物を破壊する行為』が仮におこなわれていたとすれば、それは憲法9条上の問題になりますよね? そうではない、だから戦闘行為ではないということになぜ意味があるかと言うと、憲法9条の問題にかかわるかどうかということでございます。その意味において、戦闘行為ではないということでございます」

 そう。稲田防衛相は「南スーダンでは殺傷行為はあったけど、憲法9条に引っかかるから“戦闘行為”ではなく“衝突”と言ってきた」と主張しはじめたのである。

 もう、無茶苦茶すぎて言葉を失ってしまう。「戦闘行為」と言うと憲法違反になるから「衝突」と言った、などという詭弁が通用するなら、どんな法律違反も言葉を言い換えれば罪を問われなくなる。稲田防衛相は弁護士出身だが、とても法を扱ってきた人物の答弁とは思えない。

 しかも、稲田防衛相は「(日報では)一般的な辞書的な意味で戦闘という言葉を使ったと推測している」と言いながら、「武器を使って人を殺傷したり、物を壊したりする行為はあった」と認めているのだ。

「武器を使って人を殺傷したり、物を壊したりする行為はあった」のなら、それは辞書的な意味云々ではなく、日本政府が「戦闘行為」と定義する《国際的な武力紛争の一環として行われる人を殺傷し又は物を破壊する行為》そのものだ。さらに、PKO参加5原則では〈紛争当事者間の停戦合意が成立〉していることが参加条件となっているが、停戦合意が崩壊していることは日報の文面からも明々白々である。

 つまり、新任務である「駆けつけ警護」を運用するために、戦闘状態であるという事実を覆い隠し、憲法上問題があることを認識しながら、稲田防衛相や安倍首相は「衝突」などと虚偽の説明を国民におこなってきたと「認めた」のである。明らかに違憲である安保法制を強行するなど安倍政権の憲法軽視はいまに始まったことではないとはいえ、ここまで堂々と開き直れるとは。

 今回の稲田防衛相の答弁は、まさしく辞職ものの大問題発言であり、南スーダンへの派遣を即刻見直すべきだが、それにしても問題なのは、こんな道理の通らない話を大臣が堂々と国会で言ってのけてしまう状況だ。

 今月6日には、法務省がマスコミに向けて、「共謀罪」の国会質疑について「法案を国会提出後に法務委員会で議論すべきだ」とする文書を配布。これは金田勝年法相が指示して作成したもので、批判が集まり金田法相は撤回したが、これは国会への圧力だけではなく、マスコミの言論を封殺しようとする蛮行だ。

 金田法相といい、稲田防衛相といい、安倍政権のやりたい放題ぶりはますます拍車がかかって凄まじいものとなっている。言葉を言い換えることで憲法違反を繰り返し、マスコミに圧力をかけ、国会での議論を抑え込もうとする。──こんな恐ろしい状況を、当たり前にしてしまってはいけない。
(編集部)


稲田氏がまだ見ぬ南スーダン日報“びっくり”な中身(17/02/08)









稲田防衛相「隠蔽には当たらない。武力衝突であり、戦闘行為でない」ジュバで戦闘を明記の南スーダンの日報【全】2/8衆院・予算委員会






 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 石爺[55] kM6W6g 2017年2月09日 13:49:17 : RU3sAuaixg : vuRW108KvSM[3]
「死ね!ロリロリ婆〜」と言うと、問題になるから、
「地獄に落ちろ」と言い換えます。

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い
2. 2017年2月09日 13:49:45 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[1834]
コレは、複雑で面白い話題ですねぇ…

木村草太氏
「稲田大臣の法解釈が誤っているというわけではありません」
「憲法9条では、日本国が『他の国、国に準ずる組織』に実力を行使することを禁じています。」
「南スーダン・ジュバで起きた殺傷行為は、内戦であって、国際的な武力紛争が起きているわけではない」
「だから憲法9条に違反するわけではないんですよ、というのが稲田大臣、日本政府の考え方です」
「稲田大臣は、『組織性』『土地の支配』がないので国に準ずる組織とまでは言えませんと」
http://www.tbsradio.jp/117518

結局、戦闘しているのが「国に準ずる組織」と解釈するかどうかによっていると…

微妙だよねぇ…
そして、「テロとの戦い」が「新しい戦争(国際紛争)」となっている現在、国に準ずる組織かどうかって、重要なんですかねぇ…
むしろ、憲法9条の禁止している範囲を解釈で広げたほうが現状とフィットするんじゃないかと…


3. 2017年2月09日 13:59:54 : lTyXA6m4QR : iagPfxb6muE[2]

おなごとハサミは使いようだ。


4. 2017年2月09日 14:05:28 : w7JdBlQ7tI : _8JW9H4aDEY[10]
 多摩散人です。

>「起きていることは戦闘だけど憲法9条に抵触するから『衝突』と言い換えている」と認めたようなもの。これがまかり通れば、言葉を変えさえすれば「何でもあり」になってしまう。(布施祐仁)

 あなたも含めて、日本国民全員が9条なんか守る気がないのに、よく言うよ。

 護憲派だって、9条には「戦争放棄」と書いてあるのに、「自衛戦争」を「専守防衛」と言い換えて、また、「戦力不保持」と書いてあるのに、「戦力」を「自衛力」と言い換えて、自衛隊の専守防衛は合憲だと言って来たではないか。今までもこれがまかり通って来て、言葉を変えて「何でもあり」でやってきた。

 憲法を守れというなら、1人の自衛官がいても、防衛費を1円使うことも反対しなければおかしい。

 9条は誰にも守れない悪法、今までも護憲派と改憲派が裏で手を組んで破り続けてきた。これからもみんなで破り続けよう。9条を破ることはいいことだ。改憲しなくても、誰も守る気がないから、実害はない。


5. 2017年2月09日 14:17:04 : 7YR7uvQtAg : 8bEsx3_oCqM[252]
なんだ違憲だと分かっているんじゃないか。
少し進歩したな。

6. 2017年2月09日 14:38:18 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[1835]
南スーダンの歴史と現状

6年近くの暫定自治を経て、2011年、南スーダン独立

最大の民族ディンカの出身 サルバ・キール大統領
二番目に大きい民族ヌエル出身 リーク・マシャール副大統領
この2人が対立している。

油田地帯には、米国と中国の石油企業が急速に進出している。
https://goo.gl/eQYCC6

マーシャル氏は、現在亡命中。

米国は「民族対立が虐殺につながりかねない」として昨年、南スーダンへの武器禁輸などの制裁を科す安保理決議案を主導したが、日本やロシアなど8カ国が棄権したことで廃案となった。(なぜ日本は棄権したのか?)
http://digital.asahi.com/articles/ASK2845PDK28UHBI012.html

これは「内戦」っていうか…
エスニック・クレンジングなんじゃないの?
こんなこと、「憲法9条が禁止してない」と言えるのかねぇ…
「禁止している」と思いたいねぇ…


7. 2017年2月09日 14:40:29 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[1836]
【訂正】マーシャル氏 → マシャール氏

8. 2017年2月09日 14:48:21 : w7JdBlQ7tI : _8JW9H4aDEY[11]
>6
 多摩散人です。

>こんなこと、「憲法9条が禁止してない」と言えるのかねぇ…「禁止している」と思いたいねぇ…

 「こんなこと」って、何だか分からないけど、「戦争放棄」が「戦争不放棄」と解釈出来て、「戦力不保持」が「戦力保持」と解釈できるんだから、どんな解釈でも出来るんじゃないですか。


9. 2017年2月09日 15:15:40 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[1837]
8氏

分かりにくくてすみませんでした。「2」のコメントを読むと、理解できるかも。
こんなこと…「エスニック・クレンジングに加担して武器を使用すること」
です。

木村草太氏は、稲田朋美氏を擁護している。
憲法9条が禁止しているのは、『国および国に準ずる組織』に対して武力を行使することを禁止しているのであって、それ以外の対象に対して、武力を行使することを禁じていない、としている。
(政府の解釈もそうなのでしょう)
だから、「内戦」で武器を使っても構わないでしょ、という論理だ。

次に「内戦」の定義が問題。
一口に「内戦」って言ったってそれが示す範囲は広い。取り方によっては、朝鮮戦争だってベトナム戦争だって、アメリカ独立戦争だって内戦だ。
しかしそれらは、内戦と呼ばないらしい。
稲田氏いわく、『組織性』『土地の支配』が決め手だ。それらがあれば国に準ずる組織の戦い。なければ純粋な「内戦」になると。

で、そもそも憲法9条が放棄している「国際紛争を解決する手段」の「国際紛争」ってナンダというお話しです。その意味の範囲はどこまでだ、というお話しです。

現代では、この「国際紛争」って「テロとの戦い」にスライドしてないか?
スライドしていれば、『土地の支配』など関係ない。
また、「エスニック・クレンジング」って国際紛争じゃないのか?
国際紛争に含めるなら、自衛隊の武力行使は違憲だということだ。

私は、自衛隊がエスニック・クレンジングに協力していると思うと悲しかった。
だから、稲田・木村ペアに挑んだというわけです。


10. 2017年2月09日 15:45:01 : w7JdBlQ7tI : _8JW9H4aDEY[12]
>9
 多摩散人です。

 今までも妙な理屈をこじつけて9条違反の自衛隊を増強し、その役割を拡大して来た。屁理屈のこね回しには興味はありません。また新しい行動が必要なら、また屁理屈をこねるだけだからです。

 自衛隊員が一人でもいれば9条違反、防衛費を一円でも使えば、9条違反です。

 日本人全員が、9条を守るつもりはない。これからも破り続ければよい。憲法を破りたくないなら、9条を廃止するのが最善策、それが出来ないなら、次善策は9条を今まで通り破り続けることです。


11. 2017年2月09日 16:11:36 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[1838]
10氏

9条が破りつづけられるのは、13条とか25条があるからではないですか?
そちらも憲法です。9条だけが憲法ではありません。ですので、9条以外の条文も守らなくてはなりませんね。

さて…
新しい意見もご紹介。

達増拓也氏
「国家間の武力紛争=「戦闘」でなければ大丈夫、なわけでもない。一部住民の武力行使と戦うのは「警察」行為だが、その国の合意なしに警察行為を行うのは「侵略」だろう。国のトップが合意していても実質的な国民の合意がなければ、かつて日本軍が大陸でやったのと同じ。」
https://twitter.com/tassotakuya/status/829558459049783296

住民が納得していなければ、住民からは「日本軍の侵略」と受け止められると…
確かにねぇ…


12. 2017年2月09日 16:47:20 : w7JdBlQ7tI : _8JW9H4aDEY[13]
>11
 多摩散人です。

 9条論とは離れるので、特に言うことはありません。


13. 2017年2月09日 17:30:18 : GCuQ1HVYfk : IXhdKzwWh7o[64]

こんな答弁を書いてる防衛省の官僚はチロル稲田おばさんを辞めさせたいとしか思えない。

これじゃあ自衛隊員が亡くなっても

「総括的に判断して、想定外の事象による死亡状態と思料される」とか言いそう。

ふつー止めるっしょ、チロルは。
防衛大臣がお花畑すぎて国民ガクブルよ



14. 知る大切さ[7155] km2C6ZHlkNiCsw 2017年2月09日 18:57:43 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[3171]
【云々】は【デンデン】
【パンツ犯罪】は【閣議決定で無罪】
【戦闘行為】は【武力衝突】

【美しい日本】では言葉を変えて使います。

by自民党憲法草案を愛する閣僚政権

選挙ではゴミ箱にポイして一般人になってもらいましょう。


15. 2017年2月09日 19:15:48 : SMJvR6DKEc : Uzsi4vFLS3o[1]
>>02

うん?いやいや、そもそも自衛隊は国外の紛争当事国に出せないようになってるんだよ。
つうかさ、木村草太氏が稲田を擁護するわけないと思うんだけど。
木村氏が9条解釈で国際紛争を国対国の紛争じゃないから戦闘とは言わないと言い張る稲田を擁護してるんじゃなく、読み替えようとした苦肉の策(屁理屈)を解説しただけなんじゃないの?

稲田の言い分は憲法9条で禁じられているのは国際紛争という国と国の紛争で、国内の紛争とは書かれていないから戦闘ではなく衝突だと強弁してるわけね。
でもこの強弁自体、ぜんぜん理屈になってない。
だって憲法9条は自衛隊が国外で交戦権(戦闘、戦争といっても差し支えない)を行使することを禁じているので、派遣された国の国内の紛争であろうが国家間の紛争であろうが基本的に自衛隊は国外で戦闘行為してはいけない。
自民党の自衛隊合憲論の土台は今も昔も9条の国外でのいかなる紛争にも武力(戦力)と同じく交戦権を禁じるという条文を逆手に取った、国外はダメ(集団的自衛権=×)だが日本国内に限っての最小限度の武力(防衛力=個別的自衛権は○及び△)は許されると読み替えた芦田修正を基調にしている。

現に安倍は集団的自衛権を9条二項の芦田修正を解釈にしては、従来の自民党(内閣法制局も含む72年見解が基調)の解釈として合憲とはできないと自ら認めてる。
今回自衛隊が改正自衛隊法を使って後方支援(かけつけ警護込み)に入ったわけだが、改正自衛隊法は当然ながら憲法9条を改正要件の解釈にしておらず、この法律の関係条約はもっぱら日米安保と国連憲章を解釈に用いているわけ。

だから稲田の言い草は憲法に照らすとまったく整合性を保てないことは明らかであるが、憲法解釈ではない改正自衛隊法について憲法との兼ね合いで質問を受けたらそう答えるしか逃げ道がないから、そう答えたと言うだけのもの。
改正自衛隊法の矛盾(あらゆる法律は憲法条文を基調とし解釈援用されなければならないという憲法98条に違憲)が曝け出された今こそ、野党は憲法違反として稲田を徹底追及し安倍内閣を問い詰めなければいけない。
改めて集団的自衛権論議がなんだったのか振り返ってみるべき。


16. 2017年2月09日 19:55:44 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[1840]
15氏

リンク先の音声を聴けばすぐ分かりますよ。(6分15秒あたりから)

木村草太氏
「結論から述べますと、今回の答弁は、稲田防衛大臣が『変なことを言っている』とか『法解釈が誤っている』ということではありません。報道なんかを見ますと、稲田議員に気の毒な形で引用されたり、報道されてるなというのが率直な感想です」

稲田氏の答弁は憲法に沿っているそうですよ。ぜひお聴きください。
(私はその上で、稲田・木村ペアは間違っているという意見です)


17. 2017年2月09日 20:47:18 : SMJvR6DKEc : Uzsi4vFLS3o[3]
>>16

聴きましたよ。

なるほど、木村氏は基本的な勘違いをしてるんだね。

そもそも国連PKOブルーヘルメットは国際間の紛争を調停している間の警察活動を主眼にしたもので、国内の紛争に対しては出さなかったがそれが変わったのがセルビアを始めとするユーゴ紛争、ボスニア・ヘルツェゴビナ戦争、そしてコソボ紛争にNATOが介入したあたり。
ここから国連PKOも国際間だけでなく国内紛争も介入していこうと方向性を変えて行った。

ただね、自衛隊のPKO参入に関しては五原則という決まりがあるんですが、>>15でも触れているが改正自衛隊法のPKOの新五原則もそうだが、PKOに派遣される自衛隊が現地に送り込まれる条件は現地においてそれが国際間であろうが政府対武装勢力の内紛であろうが、基本的に戦闘停止の調停が成され戦闘状態が止んでいることが絶対条件なんですわ。

今回首都ジュバで戦闘があったと自衛隊の日報に書かれてあったことは、稲田の見解が憲法に照らして妥当であると木村氏が擁護すればいい問題ではなくて、調停通りに戦闘が止んだ状態ではない、つまり前提条件が壊れていることを稲田が認めないということが問題なわけ。
木村氏は戦闘なのか武力衝突なのか憲法と国際法では解釈が違うからと稲田を庇っているが、言葉の問題ではなくPKO五原則に照らして問題なのだということを見誤ってるね。

そのてんさすがに伊勢崎賢治氏は国連でPKOに関わってきたエキスパートだから、南スーダン派遣も含め従来の自衛隊PKO派遣五原則の危うさをずっと指摘してきたし、今回の稲田発言もその延長線上から発した言葉だと問題の基本線は自衛隊のPKO派遣にあるとツイッターでも指摘している。

伊勢崎賢治
‏@isezakikenji

稲田防衛相の発言、そりゃ、問題ですが、たぶん民主党政権が続いて同じ状況になっても、同じ答弁になっていただろうと思う。だって、PKO派遣5原則に違反しているのが問題なのではなく、PKO派遣5原則そのものが問題だから。: http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49799 … #現代ビジネス
https://twitter.com/isezakikenji/status/829355803228336129

木村草太氏は本職の憲法に比べて、自衛隊法のほうは目を配らせていなかったね。
残念だな。


18. 2017年2月09日 22:15:23 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[1843]
17氏 お聴きいただきましてありがとうございます。

では、17氏と木村氏は、「稲田氏の答弁は憲法には沿っている」ということで一致したようですね。
そのうえで、問題は憲法じゃなく、PKO5原則違反なんだと。
(私はあくまで憲法で稲田・木村ペアは問題だと主張しています)

さてさて、新たな問題です。
伊勢崎氏と17氏の意見も少し違いますね。

伊勢崎賢治氏
「PKO派遣5原則に違反しているのが問題なのではなく、」

17氏
「言葉の問題ではなくPKO五原則に照らして問題なのだ」

では、何で違うのでしょう。

伊勢崎氏は自衛隊が撤退できない理由として
「できません。遅すぎます。…日本は、危機に瀕した無垢な住民を見放す非人道的な国家として烙印を押されます。外交的な地位が失墜します。」
「じゃあ、今、我々が直面する南スーダンの危機をどう乗り切るか? 神様に祈るしかありません。」

つまり、PKO5原則が守られないのは、外交的な地位が失墜するからということですね。地位失墜を恐れながら、国会では「問題ない」を繰り返しながら、神に祈る…

これしかないと。そのうえで、PKO5原則を変えろと主張されてます。与野党協力しろと。

稲田朋美氏も同じように考えたのでは?
PKO5原則に違反するけど、日本の地位失墜はマズイ。だからとにかく国会では「問題ない」を繰り返して乗り切るしかない! そう考えたのではないでしょうか。
稲田朋美氏と伊勢崎賢治氏は同意見なんじゃないでしょうか?

そして17氏だけ「PKO5原則違反は許さん! 稲田朋美はけしからん!」


19. 2017年2月09日 22:23:13 : TfI3WomM66 : WUcS3qMxxj8[4]
 多摩散人です。

>憲法をなんだと思っているのか! (この投稿の標題)

 日本国民全員、憲法9条は、何だもヘチマもない、何とも思っていないよ。


20. 2017年2月09日 22:48:17 : piS4tj6jjs : LrlWm_@8vtE[67]

国民が自公靖国カルト政権が行う憲法違反の政教一致を追求しないのが最大の敗北です。

もはや後の祭りになってから言うだけ番長やっても政策実行を許したではありませんか。

国民が政権交代を決断する以外に何の取り消しも取り返しもつかなくなってるんですよ。

トンデモ答弁などと我が目と常識を疑ってばかりでは現政権が負けることはないだろう。

こうやって過去に辿った道へと国民は引きずり込まれ敗戦まで経験したんですね日本は。

日本国民よ一切の世事を止めて正統な日本人の自覚を持て。正法の剣で謗法と戦うべし。


21. 2017年2月10日 00:25:59 : HrxhGpdfBY : lLQ1H5OevjA[8]
多摩散人です。

憲法を守れと言うなら、自衛隊員が一人でもいれば9条違反、防衛費を一円でも使えば、9条違反だと主張すべきだ。自衛隊が一人でも必要だと認めれば、護憲派とは言えない。


22. 2017年2月10日 01:22:30 : aWXey0OID2 : CJC8W4aWBHU[1]
偽極右CIAカルト「日本会議(統一教会)」メンバー
日本国憲法を無視してやりたい放題
ナチスに学ぶ暴政自民党・安倍の奥様「教育勅語」を教え込む
小学校の土地も十分の一の価額で国がアシスト


玉木雄一郎 ‏@tamakiyuichiro 7h7 hours ago

安倍総理夫人が名誉校長を務める「瑞穂の國記念小學院」への国有財産の売却に関して、本日、財務省から話を聞きましたが、なぜ周辺の土地の値段の約10分の1の超格安価格で売却したのか、納得できる説明は全くありませんでした。極めて不自然です。

https://pbs.twimg.com/media/C4Nrdq3VYAARWOM.jpg


http://www.asahi.com/articles/ASK264H4YK26PPTB00J.html

「日本初、神道の小学校」開校の予定

 森友学園が買った土地には、今春に同学園が運営する小学校が開校する予定。籠池理事長は憲法改正を求めている日本会議大阪の役員で、ホームページによると、同校は「日本初で唯一の神道の小学校」とし、教育理念に「日本人としての礼節を尊び、愛国心と誇りを育てる」と掲げている。同校の名誉校長は安倍晋三首相の妻・昭恵氏。

[32初期非表示理由]:担当:スレ違い

23. 悪は必ず亡びる[275] iKuCzZVLgriWU4LRguk 2017年2月10日 01:33:09 : QbWK77RxCY : l_UasrDvEfE[9]
この人、司法試験に合格したと思えませんね。
去年か一昨年に試験問題を作成していた教授が、教え子に試験問題を漏洩した事件があったが、議員の中に同類が大勢居る様子。

国会の答弁で自分が言ってることが何を意味するのか、理解していない。
こんな体たらくで合格できるほど司法試験は生易しくない。
いつまでも大臣職にしがみついてないで、これ以上の恥を晒す前に辞職することを
強くお勧めする。


24. 2017年2月10日 03:49:11 : M0qHsvovBY : wFCTBOjgX90[28]
 多摩散人です。

 9条など守る必要はない。現に、護憲派も改憲派も裏で手を組んで、70年以上破り続けてきた。

 だから、今の日本がある。

 憲法違反がいかんというなら、自衛隊員ゼロ人、国防費ゼロ円を主張しろ。

 戦争放棄、戦力不保持と書いてあるじゃないか。


25. 2017年2月10日 04:33:21 : Qk0z0gVGLY : lQZkNLxHm_4[809]
もっと正直にさあ、戦争がしたいんです、兵器を売りたいんです、って言えばいいやん。
そうすれば国民もリアクションとりやすいでしょ。

26. 2017年2月10日 05:20:59 : M0qHsvovBY : wFCTBOjgX90[29]
>25
 多摩散人です。

 9条を破って戦力を持ち、戦争の訓練をしてきたから、70年以上平和な日本が維持できた。護憲派もそれに賛成しているじゃないか。戦争なんかしたくないから、9条を破っているんだ。

 あなただって、9条を破ることは賛成なんでしょう。


27. 2017年2月10日 07:13:10 : eytBgWzM32 : W11e0C2rC70[4]
>26
 さもしい多摩散人は何ゆえここで粘着しているのか。>11の反応を見れば憲法の話をする能力が無いのは確実であるし。やはり、「誰も最高法規たる憲法を守っていないのだから、その下の刑法を破ることも問題ないことに同意せよ」という犯罪者指向丸出しの本音が隠れているのであろうか?放射線関係の法令はすでに破られ放題なので決して望みがないわけでもない。
 というわけで、さもしい多摩散人の
>あなただって、9条を破ることは賛成なんでしょう。
という問いには実は「だったら刑法を破ってよいことにも賛成しなさい」というのが隠れているのであろう

 で、やはり憲法を変えるのなら、「新しい種族」の出現を促進し、さもしい多摩散人のような地獄の餓鬼亡者を生物として扱わないことを確認する方向でないと意味ないよな。なので、そのような方向での改正が行われない限り今の憲法いじる必要なし


28. 未来のTOW[39] lqKXiILMVE9X 2017年2月10日 07:37:22 : i4xauyCsQw : H@OQqbQ7xfg[132]

>>27
あんた大丈夫か?
特定個人を人として扱わないだと?

天賦人権説とか、個人の権利とかを全否定するような物言いだな。
そういう差別的な言動が、人種差別とか、部落差別、在日差別を生んできたのではないか。
ケンポ―ケンポ―と叫んでるやつが、そんなことを言って本当に大丈夫なのだろうか。
基本的人権の尊重もクソもないと思うが。

今の憲法上、民主主義の否定さえも言論の自由として認められる。
暴力団や極左、極右、オウム真理教の後継団体が解散されていないのもそういう理由がある。
護憲だとか、憲法守れとか言うなら、基本的人権とか、憲法11条とかを尊重しようとは思わないのだろうか。

傍から見れば、ただのファシストか、スターリン大好き野郎に見えるのだが。


29. 斜め中道[1007] js6C35KGk7k 2017年2月10日 07:41:53 : u12DNOjV8I : DpNsSI7B2fY[296]
>>19
お前さんが一人で騒いでる分にゃいいが、
全国民を代表しているような言い方はやめろ・・・って、
前から言ってるだろうが。

“日本国民全員、憲法9条は、何だもヘチマもない、何とも思っていないよ。”

馬鹿か??
色々思ってる人が、色々発言してる中で、
何を言ってるんだね。


30. 2017年2月10日 08:07:04 : M0qHsvovBY : wFCTBOjgX90[30]
>27
 多摩散人です。

>で、やはり憲法を変えるのなら、「新しい種族」の出現を促進し、さもしい多摩散人のような地獄の餓鬼亡者を生物として扱わないことを確認する方向でないと意味ないよな。なので、そのような方向での改正が行われない限り今の憲法いじる必要なし

 やはり、今の9条は実は破るのはしかたないんだと、言葉の裏で認めている。

 9条を守るべきだと、なぜ主張しないのか。


31. 2017年2月10日 08:41:21 : buOG1wdmaE : doKYEPg@tug[153]
「違憲もクソもない。安保と戦争が第一」だという方向性ですすむ政権が色々な場面で説明する用語が「大本営発表」的になるのは予測されます。「敗北を転進」「敗戦を終戦」「侵略を、積極的平和主義或いは、東洋平和のため。」と言い換えてきた。稲田大臣だけでは有りません、日本の伝統文化「やまとことば?」だと思います。幕藩時代も戦争に明け暮れた時代も現在も権力側はうまく詭弁を使うのが日本の流儀でした。庶民は「逆らえば幕藩時代は全財産没収の上、打ち首。獄門。晒し首」。戦時中は特高警察の手で逮捕。投獄や裁判無しでの虐殺も。今後も特定秘密保護法と「共謀罪も成立すれば」武闘派に拡大解釈されて適用されて、クロを白と言われても市民は隷属と沈黙以外抗議するは方法の全くない社会になることは、第2次大戦当時ナチス政権下でゲシュタポに逮捕されベルゲンハウゼンやダハう強制収容所へ収容されたマルチン牧師の詩を読めばよくわかります。現代はIT、AI時代なので監視の網の目が超細かいので、当時の10倍ぐらい迫害されると見ています。

32. 2017年2月10日 08:45:47 : buOG1wdmaE : doKYEPg@tug[154]
31>下から三行目「マルチン牧師〉は「マルチン、ニーメラ牧師」に訂正。

33. 2017年2月10日 09:48:56 : zgeYaVkxlE : kBbC@cXg@QM[21]
>31
 多摩散人です。

 護憲派だって、「戦力」を「自衛隊」と呼び変え、「戦争」を「専守防衛」と呼び変えて、平気で9条を破っているじゃないか。


34. 2017年2月10日 10:13:50 : zgeYaVkxlE : kBbC@cXg@QM[22]
 多摩散人です。

>憲法をなんだと思っているのか!(この投稿の標題)

 9条に関しては、日本国民全員が、破るのが当然だと考え、しかも70年間破り続けている悪法だと考えている。


35. 2017年2月10日 13:13:59 : piS4tj6jjs : LrlWm_@8vtE[71]

多摩散人や同類項の輩が二度と人間に生まれて来なければいい。

それは当の本人の生涯において決まることだから心配なーーい。

多摩散人よ
生きてるうちに己の主張を纏めて正当性を証明しないと地獄に落ちるぞ。

これほど慈愛に満ちたコメントは阿修羅のどこにもないからな。別かる?

いいから早く逝け。この世で役立たずのタマ散人。NHKに入ってろ天然ボケ!


36. 2017年2月10日 20:29:32 : dnmugLJQfo : pHYsHZAK1b0[-82]
>35
 多摩散人です。

 訂正です。

×別かる?⇒〇分かる?


37. 2017年2月10日 23:58:20 : PGRwrnKkIQ : I_Ci77DJESg[4]
>>12に端的に現れているように、そもそも憲法に関する議論をする気がないさもしい多摩散人が「9条が破られている」事のみに執着するのはどういうことなのか。「正義の右翼たる自分が刑法を破ってお縄になったのに、邪悪な左翼が国の最高法規たる憲法を破ることが黙認されているのは不公平だ」というようなことなのだろうか?

>>28
「生物」を「人」に矮小化したり「スターリン大好き野郎」なんて連想が出てくる辺りに、わかってない&使えねぇ感が漏出しまくっております


38. 2017年2月11日 03:55:28 : EPuhZ9KA7k : V7c2bSL4KaI[4]
>37
 多摩散人です。

>「正義の右翼たる自分が刑法を破ってお縄になったのに、邪悪な左翼が国の最高法規たる憲法を破ることが黙認されているのは不公平だ」というようなことなのだろうか?

 9条を破ってお縄になっている人なんて一人もいないよ。裁判官も、日本が9条を破っているのは同調している。「自衛隊は9条違反だ」なんて判決は出していないじゃないか。

 左翼は、自分たちの9条違反は合憲だが、政権側の9条違反は違憲だと言っているのだ。これはおかしいと私は言っているんです。


39. ボケ老人[1291] g3uDUJhWkGw 2017年2月11日 12:13:49 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[667]
多摩散人クンよ
原発板ではすぐに逃げ出すのに、ここではよく頑張っているじゃないか。
あまりにもバカバカしい幼稚な議論なので静観していたが、一つ反論してみようか。

憲法9条は戦争放棄をうたい、戦力の保持を禁止している。
これを小学生の純真無垢な頭で解釈すると、多摩散人の言う通りだ。
多摩散人のコメの底意はもっとどす黒いものが流れているように思うが。

日本国憲法は敗戦前の戦争至上主義に対する痛切な反省から
幣原喜重郎の発案による戦争放棄の概念が生まれ、日本の軍事的な再興を恐れる米国の意向と相まって生まれた。
この時唯一共産党だけが自衛のための軍隊を持つことは当然だとして反対した。
これに対し、当時の吉田首相は、戦争は常々自衛のためと称されて始まるとして共産党の意見を一蹴した。
ところが、冷戦が激化、朝鮮戦争がはじまり、米国陣営に日本を引き留めるために、日本の再軍備を米国が押し付けた。(日本側にも軍国主義復活を望む勢力も存在した)
この時の理屈が
米軍が朝鮮に出払ったあとの日本の空白を埋める治安維持組織としての警察予備隊である。
これを保安隊、自衛隊と呼び名を変え軍隊化してきたのはCIAの資金によって作られた自民党である。
小泉純一郎に至って、遂に平和主義路線をかなぐり捨て、自衛隊を軍隊と呼び海外派兵した。
日本国憲法成立以来、小泉の海外派兵に至るまで、数々の米国からの圧力に抗して、曲がりなりにも平和を維持してきたのは憲法9条のおかげである。
朝鮮戦争(当時は戦争という言葉を使わず動乱と呼び今と同じく実態を隠した)に派兵を要求されたが、軍隊組織が無いため、旧軍の兵隊を徴用、米軍の下請けとして使役、仁川港では50名を超える戦死者を出し、日本海の機雷除去でも死亡者を出している。
ベトナム戦争では日本は参戦を免れたが、韓国は自国の安全に何の関係も無いのに出兵を強要されて、最強(?)の青竜師団を派遣して、戦後金大中大統領がベトナムにお詫びする羽目となった。
ブッシュが派遣した日本提督として振る舞い、イラク派兵した小泉純一郎でさえ、後方支援の派遣であって派兵とは言えず、サマワへの少数部隊にとどめることができた。
憲法9条は空念仏だとウヨクは攻撃するが、それでも日本の平和の礎であることは上記の事例からも証明されている。
ここまでが歴史だ。

なぜ自衛隊が合憲なのか
自民党政権とそれにひれ伏す司法の牽強付会な解釈もあるが
ソモソモ人には自然権としての生存権が備わっている。
これは何人<ナンピト>にも侵されない権利である。
国家に生存権があるかどうかは議論のあるところではあるが、人の集合体としての国家を考えると、この生存権が準用されるとして差支えない。
であるならば、生存権としての自衛は許されることであり、人が作った法律に制約されるものではない。
自衛隊が自衛に徹する限りにおいて合憲とするのは法律論として問題ない。
自衛という言葉を拡大解釈して集団的自衛権(暴力団の縄張り争いと同じ)にまで広げるからおかしくなるのであって、憲法9条がおかしいわけでも、日本人全員が憲法破りをしているなどとトンデモ論を展開する多摩散人は小学生の理解力か?

そこで
木村草太の稲田朋美擁護についてだが、ソモソモの前提条件が冷戦期のままの時代遅れの解釈に立脚しているところに問題がある。
長くなるのでこの辺でやめるが、多摩クン反論があるならどうぞ


40. 2017年2月11日 14:03:33 : alxHZRORvY : QSicxERGGms[26]
>39

>ソモソモ人には自然権としての生存権が備わっている。
>これは何人<ナンピト>にも侵されない権利である。
>国家に生存権があるかどうかは議論のあるところではあるが、人の集合体としての>国家を考えると、この生存権が準用されるとして差支えない。
>であるならば、生存権としての自衛は許されることであり、人が作った法律に制約>されるものではない。

 その自然権というのは、どこにどう書いてあるのか。その本文を紹介してくれませんか。

 それから、9条は自衛権を放棄しているが、自然権は自衛権を認めているから、自衛隊は合憲だと言うんですか。


41. 2017年2月11日 14:56:07 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[1476]
  撚りによって、事務方が現地自衛隊に、報告書を戦闘から衝突と書き換えさせるなどの注意を促したようだが、現地に派遣されている部隊からすれば、憤懣やるかたない、というところだろう。
  たった7時間だかを滞在して直ぐに帰った防衛大臣を含めた内閣が、視たいものしか視ない挙句に取った行動が「戦闘」を「衝突」と言い張る小細工であり、今後実戦も有り得るとの勢いで派遣したにもかかわらず、今更憲法に触れるも何も、最初からあれだけ国会で憲法違反として糾弾されたにもかかわらず、強情に聞く耳を持たなかった安倍内閣であったのだから、今更、法的に言えば、も何も無いのである。
  こうしたその場しのぎの矛盾した対応を繰り返すのが大政翼賛会改めた政財官護送船団集団の特徴であり、最終的には結果責任は雲散霧消して行き、残るのは惨憺たる事態であることは、火を視るより明らかである。
   何よりも、現地に居る部隊の感覚が最も現実に近いのであるから、或る意味プロである部隊が戦闘と称したのであれば、戦闘状態以外には表現の仕様がない筈である。
   それを、遥か遠く離れた国会で「衝突」と言い換え、返す刀で、部隊に対して「二度と戦闘と日報に書くな」など、集団的自衛権行使で海外のどこにでも出向き武力行使する契約すら行っていない自衛隊員に、どの口で言えるのか、という事である。
   あまりにも取り繕いが過ぎるのが防衛官僚集団であり、それを諫めることもせずに、一度憲法違反を貫徹したにも拘わらず、急に、憲法に触れる、などと言い出す出鱈目な内閣の、二重の間違いが混乱の元である。
   内閣を拝命したら自民党とも行政機構とも独立した中立であり、全国会議員とそれを支持する全国民の代表であるところ、現地隊員が「戦闘」と認識して日報に記した以上、議会で撤収、撤退を決断、内閣が、行政の長として国民納税者を代表して防衛関係者に命じるのが義務である。
   政府の都合で衝突とするなら、衝突の段階でさっさと引き揚げるよう命じるのは今しか無いのであり、これが戦闘に至るまで放置していることこそが憲法に触れるだろう。
   それとも、戦闘に移行しても「衝突」だと認識していたからどうにもならない、と言い訳し、愈々本格的な軍事活動をさせるつもりなのか。
   だが、国会でこれだけ紛糾したら、無かったことにはならないだろう。
   とにかく、憲法云々で内閣が衝突だと言い張るなら、撤収は戦闘に至らない今である。

42. 2017年2月11日 15:12:34 : alxHZRORvY : QSicxERGGms[27]
>40 追加。
 多摩散人です。

 それから、「自然権」と「生存権」の関係も教えて下さい。生存権の本文もどこにどう書いてあるか教えて下さい。

 自然権の中に、生存権があるなら、自然権の中には他にどういう権利が列挙されているんですか。例えば一例だが、「排泄権」(排泄を無理に我慢しなくてもいい権利)とか、「瞬き権」(目をパチパチしたくなったら、我慢しなくてもいい権利」とかもあるんですか。

 


43. ボケ老人[1292] g3uDUJhWkGw 2017年2月11日 16:22:37 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[668]
>40.42.多摩散人:その自然権というのは、どこにどう書いてあるのか。その本文を紹介してくれませんか。それから、9条は自衛権を放棄している……

多摩クンは物を考えるのではなく、どこかに書いてあればそれを鵜呑みにするのかい?
わたしは生存権=自然権=天賦人権説をとっている。
片山さつきのように天賦人権説を否定する輩もいるがね。

(9条は自衛権を放棄している)とはどこから来るのかね。
自然権には放棄するとかしないとかの概念は無い。

「排泄権」だの「瞬き権」だのもう少し大人の議論をしたらどうかね。
生存権、自然権の概念をもう少しお勉強してからコメすべきだと思うな。

原発板で教えてくれというから少し教えてあげた勉強はチットは進んでいるかい?
原発板での三つの質問の答えを待っているよ。


41.Tp0IihGPIW0 さん
あなたの意見は至極真っ当であり、多数の国民が撤収を望んでいると思うが
最早、既に時機を逸しているのではないだろうか。
中国軍部隊では既に死者が出ている。
米軍の代わりにノコノコと日本の国防とは無関係の地に出かけ
危険になったからと撤収したらそれこそ世界の笑い者になるだろう。

一刻の汚名の恥を忍んでも撤収し、世界に平和国家をアピールするだけの勇気は安倍には無いだろう。それどころか自衛隊に死者出ればその責任を取るどころか、激高して見せて、追加派兵を口にするのではないかと想像される。

     


44. 2017年2月11日 17:10:44 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[1477]
   42氏の言い分は尤もであると思う。
   我々は当然ながら日本国憲法制定には関わっていないが、確かに武装解除という方向性が全面的に出ているのに全く正反対の実態には、おかしいな、と思いつつも、権力機構に抗うだけの気力も無く放置して来たと思う。
   戦勝国米国のせいにする訳にも行かないが、やはり天皇制を残したり自衛隊を残したりと、完全な武装解除をしないままに現憲法が据えられたのである。
   戦勝国としての統治上の思惑が米国には有ったろうが、自衛隊を残した結果、米軍産複合体が日本の高度経済成長の成果であるところの膨大な税収入に目を付けて防衛官僚のロビイストとなり、法外な金額で様々な兵器を購入契約させた結果の、第三位の軍事大国の出現であろう。
   高度経済成長期のドサクサは、政と財と官とを一体化し、真の民主主義的手続きを取ることなく、行政主体の通達主義を疑似法律として社会を規制して行ったのであり、国民は、依らしむべし、知らしむべからず、として、長時間労働の無休状態に置き、労働が全て、という、24時間会社に忠誠を尽くす企業戦士であることが奨励された結果、憲法上の武装解除と自衛隊との矛盾した関係への対処はウヤムヤになっていたと思う。
   そこで、自衛隊とは自衛のために水際に置くもので、他国軍隊が上陸したらそこで食い止める、という理屈が、自衛なら可、であろうが、他国が強力な軍備であれば水際でも止められないから一層の軍事化を進めることになり、その内に自衛では間に合わないから先制攻撃だ、などという理屈も表れているのである。
   従って、憲法9条の有無に関わらず、やはりどんな事が有っても軍事力は持たないというのは主張すべきであるが、実際は正反対を行っているのだから、小学生でも、まともなら、やってられないな、と思うだろう。
    憲法9条が武装解除しているのに、実際は世界三位の軍事大国であることの矛盾が、日本の、本音と建て前、裏と表の使い分け、という風土を形成しているのは間違いないようであり、こうした二重基準が跋扈している社会は大変な害悪である。
   だが、だからと言って、守れないなら積極的に破るんだ、という論法にはならないのではないか。売春が合法化されれば売春を楽しめば良いとはならず、やはり喜ばしくないのは変らないのと同様である。
   憲法に実態を合わせることを心掛けるのは、家訓として、思いやりを持った家庭つくり、を挙げたならば、常に振り返って実行に務めるのと同様であろう。
   ここへ来て、大型兵器により国家を相手にした軍事攻撃で、住居を破壊し非武装住民を武装兵士に変えてテロリストを生み出し、難民が欧州に溢れ出ていることから、今や武装解除は世界を股にかけて空爆を繰り返す他国籍軍産複合体にこそ必要となっているのであり、国家間戦争より、テロ対策(武力解決とは限らない)と、地球温暖化による異常な大規模災害にこそ一丸となって対処するべき事態になっている。
   よって、日本に於ける憲法9条は、カビ臭がしようとも持っていた方が良い家訓のようなものであり、欺瞞だとして放棄するか、常に事有る毎に引き出しから出してカビと埃を払い、高く差し伸べて世界に示すか、と言えば、後者で有るべきだと思う。
   個人であれば、したくない喧嘩は拒否出来るが、国家の軍事行為は個々の国民の意志が尊重されずに嫌でも赤の他人を殺さねばならない。
   そこで、個人がカビと埃を払いつつ憲法9条を引き出しから出して時に掲げることにより、個人の集積である国家が、かろうじてでも躊躇するであろうことは確かだと思う。
   
  

45. 2017年2月11日 17:37:53 : alxHZRORvY : QSicxERGGms[28]
>43
 多摩散人です。

 自然権だ生存権だと言っても、本文がなければ議論できない。

>わたしは生存権=自然権=天賦人権説をとっている。

これがあなたの「生存権=自然権=天賦人権説」の本分なんでしょう。これはあなたの本文ですね。

>「9条は自衛権を放棄している」とはどこから来るのかね。

 戦争を放棄しているんだから、自衛戦争も放棄している、つまり自衛権を放棄しているんでしょう。自衛戦争は戦争ではないんですか。では、女の人は人ではないんですか。


46. 2017年2月12日 00:40:06 : i10BoOYQEg : fXaL@aNXMT4[29]
憲法前文と9条を見ると、国家および政府が国民の生命財産を護ることを
放棄している。 字義通り解釈すれば、自衛隊は違憲となる。

これは米軍による占領下で、国家の安全保障は米軍が担うから、日本国は
何もしなくてよかったという現実からきているが、占領中にその国の法律を
換えることは、国際法に違反する行為だ。

まさかGHQで憲法制定に関わった人々も、この憲法が独立回復後も使われる
など夢にも思わなかっただろう。
ところがこの内容が、日本人の穢れを避ける心(平和を愛する心とは異なる)
に合致したため、施行後70年近くたっても、全く改正されてきていない。

国家を取り巻く状況が変化したならば憲法は改正すべき。
現行日本国憲法は人命軽視の欠陥憲法である。


47. 未来のTOW[41] lqKXiILMVE9X 2017年2月12日 02:25:31 : i4xauyCsQw : H@OQqbQ7xfg[134]

>>44  のように、
憲法を家訓や理想理念のようなものだと解釈したい人は多いだろう。
特に、「自衛隊は憲法違反だが、それには触れたくない」という思いが根底にあるのだと思う。

だが、決定的に忘れていることがある。
憲法は法律であり、国の最高法規であるということだ。
国の目標や非核三原則のような原則ではなく、国会で議決され、天皇が公布した紛れもない憲法である。

法治国家を標榜する以上、法律とは守るために存在する。
守られない法律など、法律ではない。違反があれば、遵守するように努めさせるか、改正するかのどちらかだ。
「立憲主義」が唱えられている以上、憲法とは守るために存在する。

自衛隊が憲法違反であることは、誰の目にも明らかだろう。
憲法学が戦後一貫してその立場をとり、日本社会党もそれに追従した。
まあ、社民党と共産党は「当分、違憲性は放置」に右傾化したが。

>>39 のような、「生存権が認められているから、自衛隊は合憲」という主張は、説得性に欠ける。
なぜなら、生存権とは、個人が「国家に対して積極的な配慮を求める権利」であり、国家に生存権があると認めるのは矛盾しているからだ。

生存権など持ち出さずとも、国連憲章その他の国際慣習法によって国家の自衛権は認められており、わざわざ生存権だと言い出す必要性を感じない。
まあ、日本はその自衛権を9条によって否定しているのだが。

立憲主義だと国会前で叫んだ人たちがいるが、
彼らが立憲主義を守ろうとしているかは怪しいものだ。
「自衛隊は違憲だが、当分の間考えないことにする」
これを立憲主義だと言えるのか。憲法を軽視しているのはどちらだと言いたい。

国民誰もが憲法を守っていないと言われれば、その通りだろう。
憲法解釈は戦後変更され続け、9条の限界が何なのか誰もわからなくなっている。
警察予備隊に始まり、保安隊、自衛隊、災害派遣、PKO、イラク派遣.....そして今回の集団的自衛権。
9条の「歯止め」は年々ずらされていき、止まる気配はない。

憲法を国の最高法規として考えるなら、ここまで解釈の余地が広がっている憲法は危険だ。
現在の政府解釈では、「核兵器の保有は憲法上禁止されていない」とまでなっている。
自衛隊の法的位置づけも不明確で、権限の所在も明らかでない。

このようになってまでも、「憲法は守られている」と一体だれが思うのか。
国民のほとんどが、自衛隊の合憲性について説明できないだろう。
憲法を「死文化」させていくのは、もうやめにしたい。


48. 2017年2月12日 02:38:19 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[1481]
  46の、国家を取り巻く状況が変化した、というのは個々の主観によりかなり違う筈であるから、主観を強要することが有ってはならない。
  安倍首相も言っているような戦略的互恵関係の構築に務めるならば、軍拡の必要性よりも対立国との交易、外交の方に比重が行く筈である。
  片や、軍事ビジネスを展開し、常に兵器や武器の展示会を開催しガラスケースに口紅のように銃弾を飾ってセールスに励んでいる軍需産業関係者からすれば、国家を取り巻く状況の変化とは軍事に関するものである、という方向に傾くだろう。
  例えば中国から押し寄せる爆買いの国民に日中戦争の危機感は無く、販売店の店員やホテルの従業員にもそれは無い。
  あるとすれば、国防関係の職に就いている、軍事ビジネスで飯を喰っている者と、租税主義である限り予算の現実を視て戦略を立てるというマネージが軍事にも求められるという観念が全く無い者である。
  軍事戦略には、当然撤収、撤退、停戦、休戦、捕虜などの選択も含まれ、それを臨機応変に冷静に選択、損害を最小限にしなければならないところ、先の大戦では、とにかく勝つまでは負ける訳には行かない、などというギャンブル精神とメンツが先に立ち、銃も馬も食糧も途絶えた中でも参謀は進軍しか命じることが無かったのである。
  ついには病と餓えで敵軍に遭遇する前に玉砕に至ったのであるが、こうしたマネージの欠陥について、全く自戒、自省することなく、次なるリベンジへと気持ちが先に立っているのが、自民党と防衛官僚機構である。
  どんなスポーツ試合でも負け試合への自戒、自省なきチームは同じことを繰り返すのであるが、まさしく大政翼賛会改めた政財官護送船団の、大型兵器を相場の何倍もで買い込み、国民福祉を疎かにしている様は、餓えと病を放置し、撤収撤退を考えず、捕虜になることさえも禁止した軍と政府の、国民への甘えの結果である。
  戦前の憲法下で行った大政翼賛方式によるアジアへの侵入と、結果的に侵略と化した、戦略を欠いた暴走こそが、内外の人命軽視の最たるものであったのだ。
  戦地でも銃後でも、上官の苛めや官憲による迫害に恐怖した国民が、未だ生存してトラウマとなっているのである。
  例えば今回のスーダンにても、撤収も撤退も恥ずかしくて出来ない、などという面子優先の戦略無視が相変わらずである以上、9条の存在が有ろうと無かろうと、先の大戦に懲りている国民が懸念していることは確かである。
  変化している周辺状況とは、国家間の軋轢より、世界に拡散する、多国籍軍の中東への空爆に始まり、非武装住民が武装兵士となって空爆への怒りのあまりに銃を取る、テロリズムへの対処の必要性である。
  もう一つ、日本の周辺状況の変化とは、隣国の襲撃の可能性や尖閣をのっとられる可能性でも無く、今この時にも、原発の核爆発で融けた燃料が地下に潜り、一分で人が死ぬような環境に直面している事態である。これが地下水脈にぶつかれば再度の核爆発の恐れもある、これこそが日本が直面している周辺状況の変化であり、いわば「核燃料との戦争状態」なのである。

49. 2017年2月12日 08:40:26 : piS4tj6jjs : LrlWm_@8vtE[86]

>>40. 2017年2月11日 14:03:33 : alxHZRORvY
>その自然権というのはどこにどう書いてあるのか
>その本文を紹介してくれませんか

馬鹿かお前は! それが愚問というものだ。

個別の権利を総称して既に共有されている。


50. 2017年2月12日 08:45:01 : piS4tj6jjs : LrlWm_@8vtE[87]

>>36. 2017年2月10日 20:29:32 : dnmugLJQfo
>多摩散人です
>訂正です
>×別かる?⇒〇分かる?

お前は本当に何も分からない天然バカだな。

お前が告られたんだろ。意味分かる?

無駄口を叩くなタマサンジンの天然バカ



51. 2017年2月12日 08:52:22 : nT0SlGFSUc : C46M5ACMEq4[2]
>49
 多摩散人です。

 内容を確認するための本文もないのに、共有されてるってか。

 あなたは「自然権」の内容をどう理解してるのかなあ。

 今はボケ老人さんと議論中なので、感想のみ。


52. ボケ老人[1294] g3uDUJhWkGw 2017年2月12日 10:06:31 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[670]
>45.多摩散人:戦争を放棄しているんだから、自衛戦争も放棄している

あまりおバカなことは言わない方がいいよ。

>45.多摩散人:自然権だ生存権だと言っても、本文がなければ議論できない。

自然権も生存権も語彙の意味から使用法まで解説した書物は山ほどある。ネット情報は玉石混交でwikiもあまりあてにはならないが、少しはお勉強したらどうかな。
では伺おうか
『その自然権というのは、どこにどう書いてあるのか。その本文を紹介してくれませんか』
わたしはこんなバカなコメはしたくないが(49.50.さんの言う通り)
敢えて多摩クンを真似してみよう。
『9条など守る必要はない。現に、護憲派も改憲派も裏で手を組んで、70年以上破り続けてきた』
これはどこに書いてあるのかな。

自分で造語したり(原発板では多摩クンの造語があったネ)、一般とは異なる意味を持たせる場合に語彙の意味説明は必要だが、一般に使用される語彙の説明からしなくてはならないようなら議論にならない。顔を洗って出直した方が良いよ。


>46.fXaL@aNXMT4:占領中にその国の法律を換えることは、国際法に違反する行為だ。

これは罵愚が得意とする文言で、こっぴどくやっつけられて逃亡したときのコメだ。
ヒョットしてあなたは罵愚なのかな。
どの国際法にどのように違反しているのか明らかにしたまえ。

>46.fXaL@aNXMT4:国家を取り巻く状況が変化したならば憲法は改正すべき。

一般論としては正しい。
冷戦期から共産ドミノ論、ソ連の崩壊、パラノイアのブッシュジュニアによるテロ戦争の醸成
石原、野田による尖閣での中国に対する挑発による危機の煽り、北朝鮮の先軍思想
いろいろと変化はある。しかし憲法を改正しなくてはならない変化とは具体的に何か?
憲法を改正することでその危機は解消されるのか?

>46.fXaL@aNXMT4:現行日本国憲法は人命軽視の欠陥憲法である

アジテーションでなく論理的にコメするのだよ、わかったかね。


>47.未来のTOW:国家に生存権があると認めるのは矛盾している

『生存権とは、個人が「国家に対して積極的な配慮を求める権利」
これは絶対王政あるは独裁国家における解釈であって、民主制法治国家におけるものではない。
生存権とはもっと広く、求めなくては与えられない権利などではない。
正当防衛の根拠概念ともなる、存在するものである。
わたしが国家に生存権があると準用するのは議論のあるところと書いたのは、国家とは何ぞやということから議論しなければならないためであり、阿修羅の掲示板で憲法9条と自衛隊を議論するうえで、国家の生存権を持ち出してもそう不都合は無いと考えている。
矛盾するとは、何かと何かの対立概念である。国家に生存権あると考えるのは何と矛盾するのかな?

>47.未来のTOW:生存権など持ち出さずとも、国連憲章その他の国際慣習法によって国家の自衛権は認められており

わたしは大国のご都合主義でなんとでもなる国連に根拠を求めるよりも、論理的な正しさを求める。
その他の国際慣習法とは具体的に何か?
これこそが自然権、生存権の概念ではないのかね
多摩クンもよく考えてネ

>47.未来のTOW:9条の「歯止め」は年々ずらされていき、止まる気配はない。憲法を国の最高法規として考えるなら、ここまで解釈の余地が広がっている憲法は危険だ。

文脈の前後が逆だろう。とんでもないプロパガンダだ。
憲法が危険なのではなく、≪9条の「歯止め」は年々ずらされていき、止まる気配はない≫政権の施策が危険なのである。
現に自衛隊の諸君は命の危険に曝され日本人へのテロの危険性も増し、
現実に安倍の無策により日本人が殺害された。

もっと根本的なことを聞こう
多摩散人、fXaL@aNXMT4、未来のTOW
稲田朋美の言う
人が死のうが戦車で破壊されようが、衝突であって戦闘ではないというのは正しいのかね。
憲法を改正して戦争できる国にすれば自衛隊員の安全は保障されるのか?
それよりも、憲法9条の枠内で国境線より外に出ない方が安全だと思うよ

そこで問題となるのは
先にも触れた、木村草太の見解だ
本当は、これについて議論したいのだが、その前段階のくだらない議論に終始しているようでは、とてもとても難し過ぎるだろう。

    


53. 2017年2月12日 10:08:09 : piS4tj6jjs : LrlWm_@8vtE[90]

>>51. 2017年2月12日 08:52:22 : nT0SlGFSUc
>多摩散人です
>自然権の内容・・・
>今はボケ老人さんと・・・

お前は既に死んでいる。

浄土ではなく地獄にいるぞ。



54. 未来のTOW[42] lqKXiILMVE9X 2017年2月12日 22:25:17 : i4xauyCsQw : H@OQqbQ7xfg[135]

>>52
法より、論理的な正しさを求めるのは結構だが、
それは法律学ではなく、哲学だろう。
「この刑罰は気に食わないから、破ってもいい」と言っているようなものだ。
法律論を語るなら、条約その他の法律に基づき、法解釈をするのが法律学というものだろう。

生存権や自衛権といった法律学の範疇の分野を扱ううえで、国連憲章や戦時条約は無視できない概念だ。
国家の自衛権については、パリ不戦条約、国連憲章2条および51条によって認められている。
あくまで、「戦争は違法だが、その例外」として。
当然、日本も批准しており、国連加盟国なので守る義務がある。
気に食わないなら、国連脱退でも言い出せばいい。

この自衛権について、憲法成立直後の政府、日本社会党、そして現在の憲法学者は、
「日本は自衛権を持つが、憲法9条によって否定されている」
という立場をとった。
「憲法9条は、すべての戦争(自衛戦争も含む)を放棄したのであり、かつ、あらゆる軍事力の保持を禁止している」、という解釈だ。

わかるとは思うが、今の「護憲派」でこんな事をいうやつはほとんど皆無だろう。
自衛隊の存在に目をつぶったり、災害派遣をいいことだと思ったり、安保条約を黙認したり。
皮肉なことに、吉田内閣や過去の自民党内閣の方がより「護憲的」なのだ。

「護憲派」とは言うが、その実態は「過去の自民党と言ってること同じ」という現状がある。
日本社会党を知る人なら、今の「護憲派」が自衛隊容認、安保条約容認だと聞いて泡を吹いて倒れるだろう。
「護憲派」といいながら、守りたいのは「解釈改憲された憲法」なのだ。
「俺は憲法違反しているが、あいつはもっと憲法違反している」と言っているに過ぎない。


55. 2017年2月13日 00:19:42 : pYDk7jczvI : 7@mOZ8z2SBY[10]
>52
 多摩散人です。

>9条など守る必要はない。現に、護憲派も改憲派も裏で手を組んで、70年以上破り続けてきた(多摩散人)

>これはどこに書いてあるのかな。(ボケ老人)

1950(昭和25)年、軍隊は必要だが、9条が保持を禁止しているので「警察と呼びたい」と言って警察予備隊と言う名の軍隊を作って以来、9条は破り続けてきた。護憲派は軍拡の度に「9条を壊すな」と反対しながら、後にはこっそり黙認し続けて来たではないか。今でも自衛隊は合憲だと言っている。はっきり合憲と言わなくても、必要は認めて自衛隊の解散は言わない。これは改憲派も同じ。(護憲派の方が陰湿で欺瞞的だが、その比較はここで議論しても仕方ない)。70年以上は間違いだが、70年近く破り続けて来たではないか。


56. ボケ老人[1295] g3uDUJhWkGw 2017年2月13日 09:42:47 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[671]
>55.多摩散人:1950(昭和25)年、軍隊は必要だが、9条が保持を禁止しているので……

まず、警察予備隊は1950年マッカーサーによる「日本警察力の増強に関する書簡」により、日本国民の意思とは関係なく否応なしに創設されたものだ。むろん歓迎する一部の人間もいたが。
憲法よりも上位の存在であるGHQに対して9条を守ろうとしたが故に日本軍の参戦とならずに後方での治安維持部隊となったのである。
ところで
『どこに書いてあるのかな』という回答にはなっていないと思うが。

>54. 未来のTOW:法より、論理的な正しさを求めるのは結構だが、それは法律学ではなく、哲学だろう。

おいおい、日本語が解っているのかな。これこそ矛盾したコメではないかい。
理論的な正しさ=法律論  哲学=法律論の枠に捉われないもの   だと思うが。

>54. 未来のTOW:法律論を語るなら、条約その他の法律に基づき、法解釈をするのが法律学というものだろう

成文法の範囲でなら、という注釈が必要だがね
国連を世界政府と考えているようだが、第二次大戦の戦勝国連合であり、日本は1956年に加盟したが、敵国条項の対象のままである。
国連条項を尊重するのは結構だが、それは金科玉条足るものではない。
中露はもとより米国といいイスラエルといい、都合が良ければ利用し、都合が悪ければ無視する。
その程度のものが国連だ。
しかも、わたしは国連条項を否定しているわけでもなく、尊重しないと言っているわけでもない。
それらを超越する、自然権であり生存権であると言っているのだよ。
あなたの方に理解力が無いというだけのことだろう。

>54. 未来のTOW:「俺は憲法違反しているが、あいつはもっと憲法違反している」と言っているに過ぎない。

だからどうなのよ
戦闘を武力衝突に言い換えて、自衛隊員を命の危険に曝すことが正しいとでも?

人が死のうが戦車で破壊されようが、衝突であって戦闘ではないというのは正しいのかね。
憲法を改正して戦争できる国にすれば自衛隊員の安全は保障されるのか?
それよりも、憲法9条の枠内で国境線より外に出ない方が安全だと思うよ

これへの回答がないね
     
    


57. 未来のTOW[48] lqKXiILMVE9X 2017年2月14日 00:25:37 : i4xauyCsQw : H@OQqbQ7xfg[141]

>>56
日本を戦争のしない国にしたい思いは結構だが、
憲法9条の解釈の幅の広がりを歴代政権は利用し、自衛隊の権限強化、海外派遣に努めてきたことを忘れてはならない。

日本社会党も崩壊し、非武装中立論など誰も唱えなくなった現在、
自衛隊は「認めざるを得ない」状況にあるのは間違いない。

理解できないのは、「憲法を大事にする」と大層なことを言っておきながら、
自称護憲派が憲法9条の「解釈改憲」の片棒を担いでいることだ。
憲法が壊れると騒ぎながら、10年20年たったらそれこそが正しい解釈だと言わんばかり。

立憲主義を考えるなら、憲法を改正し、自衛隊の法的地位・任務・指揮権者を明記することだ。
「自衛隊は、日本国の防衛のために存在する」とでもいいだろう。
戦争をしたくないなら、より実質的な歯止めを作る方が大事だろう。
少なくとも、解釈改憲を繰り返しを追認し続ける事の方が何倍も危険だ。

憲法を大事にしているという観点から見れば、「護憲的改憲派」の方が評価できる。
リベラルの観点から憲法を変えようという主張だ。

なぜ、「自称護憲派」は、解釈改憲の繰り返しでほとんど死文化した憲法を、後生大事にしているのかがわからない。
今の「自称護憲派」の解釈は、日本社会党が猛烈に嫌っていた、過去の自民党政権と同じだ。
憲法9条の死文化の一翼を担っているのが、「自称護憲派」という皮肉がある。

憲法とは国の最高法規であり、国のあり方を定めるものだ。
不磨の大典でもないし、恣意的な解釈が繰り返されていいものでもない。
今の憲法は、自衛隊という存在を前提に作られておらず、何が限界なのかも考えられていない。
だから、いいように解釈されるし、より難解になり、国民が理解できなくなる。

立憲主義的で、実質的な意味を持つ憲法を再び生み出すため、私は憲法改正を主張する。


58. 2017年2月14日 07:01:21 : w2eYW5DgUs : mY2voC2ReG8[18]
>56
 多摩散人です。

>9条など守る必要はない。現に、護憲派も改憲派も裏で手を組んで、70年以上破り続けてきた(多摩散人)

>これはどこに書いてあるのかな。(ボケ老人)

 変な質問だな。誰かがどっかに書いてあるかどうか知らないし関係ないけど、私の意見だからここに書いたまで。「自然権・生存権」の本文(あなたの心の中にある定義でもいい)はどこにどう書いてあるのかを見せてほしいという私の要望とはまったく性質の違うことだ。

>日本軍の参戦とならずに後方での治安維持部隊となったのである。

 軍隊ではなく治安維持部隊だから憲法違反ではないというのは間違い。警察以上の戦力を保持した治安部隊は軍隊であり、戦力である。治安維持は、軍隊の重要な仕事である。スイス、スエーデンなど、戦争をしていない国はいくらもあるが、軍隊が治安維持をしていない国はない。朝鮮戦争に参戦しなかったから、警察予備隊すなわち治安部隊が戦力ではないというのは、明確に間違っていると思うがどうですか。

 ところで、その後自衛隊は「治安維持」だけではなく「専守防衛」をも担うようになったと説明されている。多分あなたもそれは認めるだろう。専守防衛は自衛戦争であり、9条違反ではないのですか。

>それよりも、憲法9条の枠内で国境線より外に出ない方が安全だと思うよ

 国境線より外に出ないと初めから決めている戦争なんてないよ。太平洋戦争の「本土決戦」つまり沖縄線は追い詰められて国境の外まで攻撃する力がなかっただけで、だからこそ目茶目茶にやられた。「国境線より外に出ない方が安全だ」というのは完全に間違っている。真珠湾を攻撃していた時は、本土は安全だった。国境線の外で戦っている時の方が安全なんです。

 「国境線より外に出ない」戦争なら、戦争ではないんですか。


59. 2017年2月14日 07:14:50 : w2eYW5DgUs : mY2voC2ReG8[19]
>58 訂正。
 多摩散人です。

 私の誤解からボケ老人さんに無駄な労力を煩わせたくないので、

「軍隊ではなく治安維持部隊だから」以下4行は削除します。すいません。


60. ボケ老人[1297] g3uDUJhWkGw 2017年2月14日 09:28:47 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[673]
>57.未来のTOW:憲法9条の解釈の幅の広がりを歴代政権は利用し、自衛隊の権限強化、海外派遣に努めてきたことを忘れてはならない。

その通りだよ。

>少なくとも、解釈改憲を繰り返しを追認し続ける事の方が何倍も危険だ。

本末転倒していないかい?
危険なのは解釈改憲を繰り返す方の勢力で、弱小勢力のため追認させられてきた勢力が危険とはどんな頭の構造なんだ。
「護憲的改憲派」差し詰め、小林節あたりを指しているのかと思うが、それはそれで結構。わたしも評価している。」

>死文化した憲法を、後生大事にしているのかがわからない。
>憲法とは国の最高法規であり、……恣意的な解釈が繰り返されていいものでもない。

恣意的な解釈改憲で死文化させ、戦闘を衝突と言い換えて自衛隊員の命を危険に曝す安倍政権に対しては口を閉ざし、護憲派を攻撃する。
あなたの主張が支離滅裂でハチャメチャなのがわからないのかな。

先にも触れているように
吉田政権以来、CIAの資金で創られた自民党と言えども、米国の再軍備強要、米国の戦争への参戦要求を撥ね退け、憲法9条を守る努力はしてきた。
その証が、朝鮮戦争にもベトナム戦争にも参戦せずに済んだことだ。
ブッシュの恫喝により、それを破ったのが小泉純一郎である。
安倍はさらに戦前の軍国主義を目指して戦争法、秘密隠蔽法、平成の治安維持法を進め、海外で戦闘行為に参加しようとしている。
憲法9条があるにもかかわらず。

>立憲主義的で、実質的な意味を持つ憲法を再び生み出すため、私は憲法改正を主張する。

一番大事な一点。安倍政権の下で憲法を改正して日本人の安全は今以上に確保されるのか?



61. ボケ老人[1298] g3uDUJhWkGw 2017年2月14日 10:02:36 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[674]
>56.多摩散人:変な質問だな。

だから、52.で予め断っていただろう。『敢えて多摩クンを真似してみよう』と

治安維持部隊については途中で気が付いたらしいからこれ以上追及しない。

>専守防衛は自衛戦争であり、9条違反ではないのですか。

専守防衛に徹する限り、9条違反ではない。生存本能の発露である。あなたは正当防衛を否定するのか。

>>ボケ:それよりも、憲法9条の枠内で国境線より外に出ない方が安全だと思うよ
>多摩:真珠湾を攻撃していた時は、本土は安全だった。国境線の外で戦っている時の方が安全なんです。

わたしが上司なら、「このうすら馬鹿」と怒鳴りつけただろう。
その結果がどうなったか。
戦闘(battle)のみを考え、戦術も戦略もない大馬鹿野郎だ。

もう少し歴史を勉強してごらん
日本が攻められて防戦したのは鎌倉期の元寇のみだ。
それ以降は悉く、日本が外へ攻め込んだ。

安倍と蜜月ぶりを大きくアピールしたトランプは事前に習金平と下打合わせを済ましている。
安倍とお追従マスゴミだけが有頂天に喝采を叫ぶ。
フィリピンのドゥテルテは米国と中国を天秤にかけて両方から実利を得る。
このスケールの違いが判らないようだな。

    


62. 2017年2月14日 13:26:20 : sRUdqEoFKE : Xhh0sSVXmws[19]
>61
 多摩散人です。

>専守防衛は自衛戦争であり、9条違反ではないのですか。(58 多摩散人)

>専守防衛に徹する限り、9条違反ではない。生存本能の発露である。あなたは正当防衛を否定するのか。

私は正当防衛を否定などしない。9条には「戦争放棄」と書いてあり、正当防衛の自衛戦争も放棄している。専守防衛は自衛戦争であり、だから、9条に違反すると言っているのだ。あなたはウソをついている。「自衛戦争は戦争ではない」というのは、「女の人は、人ではない」と言うのと同じであり、間違っている。

「戦争放棄」と書いてある9条をどうしたら「自衛戦争は放棄しないが、侵略戦争は放棄する」と読めるのか。


63. ボケ老人[1302] g3uDUJhWkGw 2017年2月14日 14:06:18 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[678]
>62.多摩散人:私は正当防衛を否定などしない。……9条をどうしたら「自衛戦争は放棄しないが、侵略戦争は放棄する」と読めるのか。

やれやれ
だから最初から言っているだろう。私のコメを読み返してごらん。
>>39.:ソモソモ人には自然権としての生存権が備わっている。
これは何人<ナンピト>にも侵されない権利である。
国家に生存権があるかどうかは議論のあるところではあるが、人の集合体としての国家を考えると、この生存権が準用されるとして差支えない。
であるならば、生存権としての自衛は許されることであり、人が作った法律に制約されるものではない。

    


64. 2017年2月14日 21:14:14 : hJ9tKaTuTM : z3HSHCaJAvM[7]
>63
 多摩散人です。

>専守防衛は自衛戦争であり、9条違反ではないのですか。(多摩散人)

>専守防衛に徹する限り、9条違反ではない。生存本能の発露である。あなたは正当防衛を否定するのか。(ボケ老人)

専守防衛というのは、専守防衛戦争だと認めるんですか。専守防衛戦争は9条違反ではないと言うのですか。イエスかノーか分かるように説明してもらいたい。

それから、

>ソモソモ人には自然権としての生存権が備わっている。これは何人<ナンピト>にも侵されない権利である。(中略)であるならば、生存権としての自衛は許されることであり、人が作った法律に制約されるものではない。(39 ボケ老人)

 「自然権としての生存権」とは、憲法に規定された権利より上位の権利と言うことですか。人が作った法律(例えば日本国憲法)に制約されない権利ということですか。イエスかノーか、結論だけでも良いが説明があっても構わない。


65. ボケ老人[1303] g3uDUJhWkGw 2017年2月15日 08:10:55 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[679]
>64.多摩散人:専守防衛というのは、専守防衛戦争だと認めるんですか

まず、このコメが間違い。
専守防衛と専守防衛戦争は別物なのです。言葉遊びをしているのではなく。
正当防衛とは具体的な暴力を受けてその被害を最少に抑えるため、被害が拡大しないようにすることです。
専守防衛とはこれと同じです。
ところが、専守防衛戦争という言葉を切り取ると、自衛のためと称して満州に攻め込んだり、ハルノートに追いつめられて止むを得ず日米開戦に踏み切らざるを得なかったということになるのです。

>64.多摩散人:人が作った法律(例えば日本国憲法)に制約されない権利ということですか。

何度同じことを言わせるのかな
日本国憲法はおろか他国と結んだ条約よりも、国連憲章よりも
そんなものを超越したものが自然権、生存権なのだ。

念のため付け加えるが
大日本帝国が唱えた生命線だとか中国の言う第一、第二列島線とは全く異なるものだよ

     


66. 2017年2月15日 13:17:55 : LZ9eQcCQzs : 497itcZ1ArI[3]
>65
 多摩散人です。

>言葉遊びをしているのではなく。

 言葉遊びをしていると思うが、言葉遊びか言葉遊びでないか言葉遊びの論争をしてもしょうがないので、言葉で質問しよう。

>ところが、専守防衛戦争という言葉を切り取ると、自衛のためと称して満州に攻め込んだり、ハルノートに追いつめられて止むを得ず日米開戦に踏み切らざるを得なかったということになるのです。

 「自衛のためと称して満州に攻め込んだり、ハルノートに追いつめられて止むを得ず日米開戦に踏み切」るのは、もちろん専守防衛ではないと私は考える。また、もちろん専守防衛の戦争でもないと私は考える。また、「専守防衛戦争と言う言葉を切り取ると」というその「切り取る」の意味が分からない。それはそれとして、質問しよう。

 外国の軍隊が日本の領土(領海・領空)内に攻めてきて、日本の領土内で大砲やミサイルを撃って侵略を開始した。そして日本の国民に被害が出た。そこで自衛隊が反撃のため、大砲やミサイルを外国軍に対して撃った。

 この場合、日本のやったことは専守防衛だが専守防衛の戦争ではないんですか。これが戦争でないなら、専守防衛のために単に軍隊が警戒して待機している状態と区別してどう呼ぶのですか。「専守防衛の武器使用事態、専守防衛の自衛隊出動事態である。戦争と言わなければ戦争ではない。だから、専守防衛の戦争ではない。ゆえに戦争ではない」とでも言うんですか。軍隊を呼ばず自衛隊と呼べば軍隊ではない。戦車と呼ばず特車と呼べば戦力ではない。戦争と呼ばず事変と呼べば戦争ではない、と同じ。

 やはり言葉遊びだと思うけどなあ。その上、自民党内閣が専守防衛は戦争ではないと誤魔化して来たのと同じだと思うがなあ。あなたは専守防衛は戦争だと知っているが、騙された振りをしているんじゃないの。

>専守防衛というのは、専守防衛戦争だと認めるんですか。(64 多摩散人)

>専守防衛と専守防衛戦争は別物なのです。(65 ボケ老人)

 別の質問の仕方をしよう。

 専守防衛は戦争だと認めるんですか。


67. ボケ老人[1305] g3uDUJhWkGw 2017年2月15日 14:34:01 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[681]
>66.多摩散人:専守防衛は戦争だと認めるんですか。

あなたの方が言葉遊びをしているのでは?
専守防衛=戦争と、なぜ戦争を結び付ける必要があるのですか?
専守防衛にはいろいろな施策を含むもの、不幸にして日本に攻め込む部隊(国家とは限らない)が現実に出てきたときに、結果として戦争になるだけの話です。

日本国憲法の言う国際紛争を解決する手段(国策)としての戦争でもなければ、交戦でもないのです。

わたしの回答をどこへ誘導しようとしているのかわからないが
仮に、尖閣へ中国軍が上陸作戦を決行するとしよう(下らないネトウヨの扇動だが)
事前に米国と手打ちが済んでいるとは思わないかい?
安保理事会に緊急上程されるされないように、必要な諸国に手を打っているとは思わないかい?
日本にどこまで反撃能力があるか(第一撃に対しての話ではない)検討済みだろう。

こういった諸々の施策が完了して戦略が出来上がっていなければ
中国の侵攻はあり得ない。

冷戦が崩壊した現在、戦争とはそれほどに重いものだ。

尖閣だけを獲ったとして、中国にどれだけの利益があるのか。
韓国は竹島を武力占拠したがこれを守るコストを考えるとどれだけの実利があるか?偏狭なナショナリストの自己満足に過ぎない。
中国はそれほどバカではないだろう。
中国が本気で日本と対峙するときには安倍のような跳ねあがり政権が世界から見放された時だ。
その時に日本の武力がどれほどの役に立つのか。

     


68. ボケ老人[1306] g3uDUJhWkGw 2017年2月15日 14:39:07 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[682]
>冷戦が崩壊した現在、戦争とはそれほどに重いものだ。

戦争の前に「国家間の」が必要だった。

されるとかされないようにとか変な日本語があるが、修正して読みこなしてくれ
   


69. 2017年2月16日 07:23:51 : NwkvDpbqZA : xIofcnaU2Wo[8]
>67
 多摩散人です。

>専守防衛にはいろいろな施策を含むもの、不幸にして日本に攻め込む部隊(国家とは限らない)が現実に出てきたときに、結果として戦争になるだけの話です。

 外国の軍隊が(例え戦闘機一機でも)日本の国境に近づいてきた時、自衛隊機がスクランブルをかければ、国境を越えることなく、引き返して行く。こういう場合は戦争とは言えない。それは当たり前だ。

 しかし、大量の軍隊が国境を越えてきて武器を使って、日本人に被害が出る。そこで自衛隊に出動命令を出して外国の軍隊を国境の外に排除するための行動をする。「結果として戦争になるだけの話です」とあなた自身が書いている。戦争になることがある、つまり専守防衛は「戦争」を含むのだと、あなた自身が言っているではないか。外国軍が攻めてくれば戦争をするのは当たり前のことだ。ところがあなたは、「結果として戦争になるだけの話だから戦争をするのではない」と辻褄の合わない言葉遊びで誤魔化している。しかし、これは誤魔化しにもなっていない。あなたは、「結果として戦争になる」ことは認めているではないか。戦争に総理大臣の出動命令があって初めて自衛隊は戦争をするので、命令がないのに自然に戦争になるわけではない。まさか、満州事変みたいに、軍隊が勝手に始めた戦争なら戦争ではないから9条には違反しないなんて言わないだろうね。

>日本国憲法の言う国際紛争を解決する手段(国策)としての戦争でもなければ、交戦でもないのです。

 日本国憲法の言う国際紛争を解決する手段(正しくは、国権の発動たる戦争)としての戦争であり、交戦でもあると私は思うが、どうですか。

 あなたは、政府が中曽根内閣のころ打ち出した「専守防衛は9条の禁じる戦争ではない」に騙された振りをして、嘘をついて9条をかばっている。ウソ発見器の前で、「専守防衛は戦争ではない」と言えますか。


70. ボケ老人[1308] g3uDUJhWkGw 2017年2月16日 10:13:23 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[684]
>69.多摩散人

あなたと言葉遊びはしたくないんだよ。
>>67.ボケ:専守防衛=戦争と、なぜ戦争を結び付ける必要があるのですか?

まず、これに応えてもらおうか。
次に、あなたは「62.:私は正当防衛を否定などしない」とコメした。
あなたの好きなコメを真似ると正当防衛が合法だとどこに書いてあるかな?

これこそが生存権であり、自然権なのだ。
この正当防衛に正当防衛実力衝突とくっつけた言葉でしか語れないのがあなたのオツムだ。
専守防衛の先に生存権の発露として戦争となる場合があるかもしれない。
これを戦争と云おうと武力衝突と云おうと、戦前の日本のように事変と呼ぼうとそんなことはどうでも良い。
わたしは自衛権という言葉は好きではないが、生存権の発露としての結果としての戦争が自衛戦争だ。これを9条は禁止していないと考えるが、字面だけを金科玉条のように捉える(小学生頭の)馬鹿者に対しては
生存本能に由来する自然権は憲法を超越するものだと答えている。

ところで
言葉尻を捉まえてのお遊びにはご執心なようだが
このスレの根本に帰って、多摩散人自身の考えはどうなのだ。

    


71. 2017年2月17日 23:11:03 : VpRMpLLhaA : lFi4RNdbzq0[8]
>70
 多摩散人です。

 もう言葉遊びはやめよう、と言っても…。

 あなた自身、専守防衛・専守防衛の戦争・自衛・自衛戦争などの言葉が「戦争」と言う行為を含む、そして9条に違反することを認めているんですよ。

>生存本能に由来する自然権は憲法を超越するものだと答えている。

 9条は戦争を放棄しているが、自然権は9条を超越するから9条があるにも拘わらず戦争をしてもいいんだと、あなた自身が言っているではないか。

 自然権を持ち出して否定しなければならないような9条が、間違った憲法条項だとなぜ言わないんですか。戦争(自衛戦争だろうと専守防衛戦争だろうと自衛だろうと専守防衛だろうと)を放棄している9条は欠陥憲法条項だと知っているからこそ、自衛権があるからいいんだと取り繕わなくてはならないのではないか。

 戦争をすることは、自然権では認められているが、9条では放棄されている。9条は自然権に適合しない無効な憲法条項なのだとなぜ言わないのか。

 仮にあなたが言うように自然権が存在するとしても、戦争が合憲になるわけではない、合自然法だからしてもよいとは言える。ただし、9条は自然法に違反した出鱈目憲法である。

 仮に日本国憲法に「人を殺してもいい」と書いてあっても、「自然権には人を殺してはいけないと書いてあるから、人を殺してもいいと書いてある憲法はそのままでいい、つまり正しいんだ」とでも言うんですか。


72. 2017年2月17日 23:15:32 : VpRMpLLhaA : lFi4RNdbzq0[9]
>71 重大な訂正
 多摩散人です。

×>戦争(自衛戦争だろうと専守防衛戦争だろうと自衛だろうと専守防衛だろうと)を放棄している9条は欠陥憲法条項だと知っているからこそ、自衛権があるからいいんだと取り繕わなくてはならないのではないか。

〇>戦争(自衛戦争だろうと専守防衛戦争だろうと自衛だろうと専守防衛だろうと)を放棄している9条は欠陥憲法条項だと知っているからこそ、自然権があるからいいんだと取り繕わなくてはならないのではないか。


73. 未来のTOW[51] lqKXiILMVE9X 2017年2月18日 06:40:51 : i4xauyCsQw : H@OQqbQ7xfg[144]

あら、まだ続いてたのねこの議論。

>>70 によると、国家の生存権によって専守防衛は憲法、法律に縛られないが、
憲法9条により国土外の戦争は禁止されるらしい。

ただ、刑法にもある正当防衛だが、自身による正当防衛だけでなく、他者のための正当防衛も認められている。
他者のための正当防衛.....国家に言わせれば、集団的自衛権のことだ。

国家にも生存権はあるというのなら、
「密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある」
場合には、防衛行動は認められるのではないかな?
認めちゃったら、安倍政権と考え方同じだが。

そもそも、「専守防衛」だから国境外に出てはいけない理由が不明だ。
国家の生存権は憲法を超越するのだろう?
「国家の生存権があるので、攻撃してくる敵のミサイル基地、飛行場を攻撃します、9条は無視していいです」
と言われたら終わりだと思うね。

国家の生存権とやらは、憲法や法律、条約を超越するなら、
「防衛目的の核兵器」もオッケーになってしまう気がするが。
それこそ、専守防衛のみに使う核兵器を禁ずる根拠はないわけだし。

憲法を超越する「国家の生存権」だが、憲法9条による制約を受けるとでも言うのかな?
矛盾してはいないのかね?


74. 2017年2月18日 08:34:18 : alxHZRORvY : QSicxERGGms[31]
>73 未来のTOWさんへ。
 多摩散人です。

 そういう所に議論を持って行こうとしていたんです。あなた、やって下さいよ。私も少しはやるが、忙しいんです。


75. ボケ老人[1313] g3uDUJhWkGw 2017年2月18日 08:57:38 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[689]
馬鹿な2人を相手にするのも厄介だが
『そして9条に違反することを認めているんですよ』………私のコメをよく読め
武力侵攻を受けた時に、応戦することにより結果的に戦争となることは生存権の発露として、憲法を超越するものだと言っている。
9条に違反するとは一言も言っていないし、馬鹿なお前さんと違って言葉を大事に使っているんだよ。
『自然権を持ち出して否定しなければならないような9条』
これがそもそもの間違い
お前さん自身が正当防衛を認めているのだろう?
それの論拠は刑法36条1項だとでも言うのかい。バカバカしい。
《未来のTOW》のような、おまえさんよりさらに理解力の無い御仁が言う刑法は
事後に人を罰するときの規範である。
同様に専守防衛、防衛のための応戦と言えども、それが妥当であったかどうかの検証は必要だ。

>多摩:戦争をすることは、自然権では認められているが、9条では放棄されている。9条は自然権に適合しない無効な憲法条項なのだとなぜ言わないのか。

言葉の使い方を知らないのか、敢えて、意図があってミスリードしようとしているのかは知らないが、《戦争をすることは、自然権では認められている》これが間違い。
戦争をするとは自発行動であり、自然権ではない、だから9条で禁止されている。
防衛戦争とは戦争するのではなく、させられる(応戦しなければ滅亡するから)のである。
これは、決して言葉遊びではない、大きな大きな概念の違いである。
この辺がわからないから、多摩散人はまだまだお寝ん寝のままなんだよ。
もう一度付け加えるが、為政者が防衛戦争と叫んだらそれが防衛戦争になるのではないからね。
《未来のTOW》はこの辺の理解がさっぱりのようだが。


>73.未来のTOW:あら、まだ続いてたのねこの議論。

オマエガ途中で逃げ出しただけのことだろう。
多摩散人クンへのコメで回答は済んでいるが
生存権によって、止むを得ずさせられる戦争とは、直接的反撃行為である。
反撃であって、先制攻撃ではない。
作用の無いところに反作用が生じないことは小中学校の理科である。

>73.未来のTOW:他者のための正当防衛も認められている。他者のための正当防衛.....国家に言わせれば、集団的自衛権のことだ。
>73.未来のTOW:そもそも、「専守防衛」だから国境外に出てはいけない理由が不明だ。国家の生存権は憲法を超越するのだろう?

パラノイアのブッシュジュニアのドクトリンを信奉する大馬鹿者
生存権とは何ぞや自然権とは何ぞや
基本事項を理解した上でコメすることだな。

   


76. 2017年2月18日 10:33:33 : alxHZRORvY : QSicxERGGms[32]
>75
 多摩散人です。

>防衛戦争とは戦争するのではなく、させられる(応戦しなければ滅亡するから)のである。

 すると、外国が攻めてきた時、総理大臣は、自衛隊に「自衛戦争をせよ」と命令すると9条と生存権に違反、「自衛戦争をさせられよ。応戦しなければ滅亡するから」と命令すれば生存権の行使(をさせられる)のか。それにしても9条には違反する。なぜなら、9条には「戦争は放棄する」と書いてあるからだ。

 それとも、総理大臣は出動命令を出さず、自衛隊が勝手に自衛戦争をさせられるならいいと言うのか。自衛隊員は戦争を始める時、総理大臣の命令を聞くのではなく、敵に尋ねるのか。「あなた方は、戦争を仕掛けているんですか。もしそうなら、私たちは戦争させられます」と言って、応戦する、じゃなかった、応戦させられるのか。

 あなたの言っていることが言葉遊びなんだよ。あなたは、「こういう風に言葉を使えば、9条と現実の矛盾を取り繕える」と言っているんです。


77. ボケ老人[1314] g3uDUJhWkGw 2017年2月18日 10:47:20 : FROtKapa6o : PWiwayoRns0[1]
>76.多摩散人

物事の本質を捉えて議論せず、言葉面だけでコメするからそうなる。

もう一度確認したい。
あなたの言う正当防衛の論拠はどこに書いてあるのかな。
あなたも、自然権、生存権の概念から勉強仕直した方が良さそうだ。

さらに、議論の先をどこに持って行こうとしているのか
あなたの主張はなんなのだ。
このスレの根本に戻って、主張してごらん。

   


78. 2017年2月18日 16:59:40 : DZsa16Mr2P : 0YBR_SX9Xw4[4]
>77
 多摩散人です。

 先日の「安保法制」の騒ぎの時、憲法学者を国会に読んだとか、マスコミが憲法学者にアンケートをとったとか、色々話題になったが、「自然権」とか言う話は聞かなかった。憲法学者だから自然権は無縁なのかな。それなら、自然権学者とか自然法学者とかがいるのかな。

>あなたの言う正当防衛の論拠はどこに書いてあるのかな。

 答えやすいように、過去に書いたことでも繰り返して貼りつけて下さい。申し訳ない。

>あなたも、自然権、生存権の概念から勉強仕直した方が良さそうだ。

 だから、どこに本文があるんですかと聞いている。本文がなければどうやって勉強するんですか。


 


79. ボケ老人[1315] g3uDUJhWkGw 2017年2月18日 22:12:26 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[690]
>78.多摩散人

自分で書いたコメもわからないほどにボケているのかな。
62.で正当防衛を否定しないと書いているね。
あなたが否定しない正当防衛は何に論拠して否定しないのかなと返したのだよ。

誰かが言ったから、どこそこに書いてあるから、だから何でも正しいと思うのかね。
木村草太は憲法学者であり、大学教授でもある。私なんかと比較できないほどに権威のある方だ。しかし、2.urcdmA9xc1sさんが指摘した《稲田大臣の法解釈が誤っているというわけではありません》という木村草太の発言は一部だけを見た偏った見方であると考えている。
このスレのコメで誰も論理的に追及しないから、そこへ踏み出そうとすると、その前に議論にならなない、実にくだらない前座段階で足踏みさせられているところだ。

生存権も自然権も言葉の意味も解しないような輩とは議論にならないね。
これだけ懇切丁寧に説明してやっているのに。

わたしはあなたの教師ではないよ。言葉の理解はほかでやっとくれ。
何度も言っているが、あなたの主張はどうなんだよ。

    


80. 2017年2月18日 22:50:33 : 43RWMbiYak : LekJMlEwNRs[4]
>79
 多摩散人です。

なるほど。ところで、69の質問だが、

>ウソ発見器の前で、「専守防衛は戦争ではない」と言えますか。

のお答えはどうでしょう。


81. ボケ老人[1316] g3uDUJhWkGw 2017年2月19日 08:40:51 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[691]
>80.多摩散人:ウソ発見器の前で、「専守防衛は戦争ではない」と言えますか。のお答えはどうでしょう。

その前に正当防衛の論拠を挙げるべきではないかな。
回答は61.で述べているし、その後でも縷々解説している。
ダメ押し的に解説を加えると
専守防衛とは政策であって、戦争という実行行為ではない。
専守防衛=戦争などとはヨッポドのノータリンか底意のあるプロパガンダである。

原発板でもそうだったが、あなたは他人のコメにケチをつけ、《どこに書いてある?》が口癖のようだな。
チットは自分の頭で考えることをしてみたらどうかな。

自分の頭で考えると
『日本国民全員、憲法9条は、何だもヘチマもない、何とも思っていないよ』
『9条に関しては、日本国民全員が、破るのが当然だと考え、しかも70年間破り続けている悪法だと考えている』
というおバカ発言しかできない。
これについて、どこに書いてあるんですか?などとおバカな屋上屋を重ねるようなバカバカしいことはしない。
あなたは自分のこのコメを説明することもできなければ
反論に対してはスピンした質問ではぐらかすことしかしない
これがおバカ発言とした理由だ。

日本国民は日本国憲法制定以来60年間、この憲法を守り、朝鮮戦争にもベトナム戦争にも参戦せずに済んだ。
9条を無視して再軍備を強要して、海外派兵を強要しているのは日本国民ではなく、米国軍産複合体だ。
ブッシュの圧力に屈し、小泉純一郎がイラク派兵を行ったが、それでもまだ憲法9条を守ろうとしてあがいていた。
ところが、安倍晋三は平和主義をかなぐり捨てて、戦争する国に向かってまっしぐらであり、現実に自衛隊員の命を危険に曝している。
これがこのスレの本旨である。

    


82. 2017年2月19日 09:36:31 : piS4tj6jjs : LrlWm_@8vtE[132]

日本国憲法を何だと思ってるんだ!

このボケ総理! そうゆうことではないんですか!


83. 2017年2月19日 19:35:08 : njvHFXRdAI : LdLZ12gJ3fM[15]
>82
 多摩散人です。

 自然権だとか自然法だとかいう「超越的観念法」を勝手に持ち出されると、いくら破られても文句が言えない、ただの紙くずみたいなものだとボケ老人さんが教えていると思いますがね。


84. ボケ老人[1321] g3uDUJhWkGw 2017年2月19日 20:35:19 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[696]
>83.多摩散人:自然権だとか自然法だとかいう「超越的観念法」を勝手に持ち出されると

またまた自分勝手な造語をする。
言葉を弄ぶのはいい加減にしたらどうかな
自然権も生存権も自然法も、まともな辞書なら見出し語となって解説されている。
ところが
「超越的観念法」とは何ぞや
わけの解らない「超越的観念法」を誰が勝手に持ち出したのか。

もう少し真面目に議論しようネ

     


85. 2017年2月19日 20:39:46 : piS4tj6jjs : LrlWm_@8vtE[141]

まあ何と言うんでしょうか、主義者は馬鹿マジメだから。

自然権とは固有の権利ぐらいの意味に考えるといいだろ。

自然権に含まれる権利の種類はたくさんあるらしいけど。

法律を勉強すれば必ず出てくるし一応は分類するんだろ。

まあ、主義者はたどたどしく使うからぎこちない感じ・・、


86. 2017年2月20日 00:43:23 : v4tlNdnxiM : yfeWfYp0ekA[9]
>84
 多摩散人です。

>自然権も生存権も自然法も、まともな辞書なら見出し語となって解説されている。

 生存権は私の辞書には出ていなかったがそれは安い辞書だからだろう。自然権と自然法は確かに私の辞書に出ていて、語義は書いてある。しかし、その条文つまり本文は出ていない。

 憲法は辞書に語義は出ているのは勿論だが、条文つまり本文はちゃんと六法全書に書いてある。

>「超越的観念法」とは何ぞや

 質問に感謝して、私の定義をここに書いておこう。「超越的」とは、あなたの言う「生存本能に由来する自然権は憲法を超越するものだ」と言うその「超越」である。「観念的」とは、条文がなく、各人の観念の中にしか存在しないという意味である。

 あなたが、これが自然法・自然権の本文だというものを見せてくれなければここでの議論の対象にならないだろう。辞書には語義しか書いていない。

>ソモソモ人には自然権としての生存権が備わっている。これは何人<ナンピト>にも侵されない権利である。(中略)生存権としての自衛は許されることであり、人が作った法律に制約されるものではない。自衛隊が自衛に徹する限りにおいて合憲とするのは法律論として問題ない。(39)

 とあなた自身が書いている。自衛隊が自衛に徹する限り、自衛戦争をするのは自然権・生存権の行使としては正しい。しかし、戦争を放棄している9条に照らして「合憲」ではなく「違憲」であるのは明らかである。

 簡単に言えば、自然法だろうと神の声だろうと天の声だろうと、それを持ち出して自衛戦争を肯定することは出来ても、自衛戦争が憲法違反であるという事実は否定できない。なぜなら、9条には、「戦争を放棄する」と書いてあるからだ。

 あなたは、なぜ自然法と背反する9条を廃止しようと言わないのか。

 9条には「戦争放棄」と書いてある。69に

>ウソ発見器の前で、「専守防衛は戦争ではない」と言えますか。(69)

と私は書いたが、別の表現で繰り返そう。

 あなたは、ウソ発見器の前で9条を朗読して「専守防衛は戦争を含むが、9条違反ではない」と言えますか。


87. ボケ老人[1323] g3uDUJhWkGw 2017年2月20日 08:48:39 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[698]
>86.多摩散人:しかし、戦争を放棄している9条に照らして「合憲」ではなく「違憲」であるのは明らかである。

造語をして言葉遊びをすることがお得意だね。
生存権については、憲法25条に照らし合わせて訴訟が提起され10年間争われた。
どこに書いてある云々(デンデンと読むらしいが)の問題ではなく、あなたの知識不足を露呈しているだけの話だろう。

>86.多摩散人:自然権と自然法は確かに私の辞書に出ていて、語義は書いてある。しかし、その条文つまり本文は出ていない。

馬鹿もここに極まれり状態だな
自然権、自然法の辞書にある語義すら理解できないようだ
成文法でなく慣習法に法律条文が存在するのかね
それと条文と本文とは語義が異なるからね
だから多摩クンのコメが理解しにくかったのだ。
本文=条文と解していることがわかって、ようやく文意が理解できた。

もう少しお付き合いしてあげると
超越的も観念的も立派な日本語だ
ところが、超越的観念法となると、そんな法律も無ければ、あなたの定義そのものも存在しないものを勝手に定義するという誤りを犯している。
だから、超越的と観念的を別々に説明して終わりとなるのだ。

>86.多摩散人:ウソ発見器の前で9条を朗読して「専守防衛は戦争を含むが、9条違反ではない」と言えますか。

わたしがこんなバカなことを言うはずがないではないか
専守防衛という言葉の中心は戦争ではない。
つまり、あなたは超越という言葉の意味すら理解できてないのだネ

あなたのために一つ弁護してあげよう。
憲法9条を小学生の頭で素直に読むと、あなたの言う通りだ。
これはこれで大事なことであり、尊重されなければならない。
では日本国は
弱肉強食の大侵略時代を引き摺る世界状況と
ブッシュによるテロの醸成の中で
平和主義を掲げて憲法25条を達成しなければならない。
そのための自衛隊であり、自然権としての生存権の発露である自衛(専守防衛)に徹する限りにおいて9条に制約されるものではない。
専守防衛に徹するとは
領土領海内においてはということだ。
安倍が防衛といえば防衛になるというNHK前会長のミギヒダリ論ではないからネ
この辺のところが『未来のTOW』にも理解できなようだが。

    


88. 2017年2月20日 13:57:58 : ITXemROTZQ : xloJ6nXrwco[10]
>87
 多摩散人です。

>86.多摩散人:ウソ発見器の前で9条を朗読して「専守防衛は戦争を含むが、9条違反ではない」と言えますか。

>87(ボケ老人)わたしがこんなバカなことを言うはずがないではないか

 「ウソ発見器の前で9条を朗読して「専守防衛は戦争を含むが、9条違反ではない」とは言えない」という意味でいいのですか。

>87 専守防衛という言葉の中心は戦争ではない。

 中心は戦争ではないが、戦争を含むのではないか。専守防衛は戦争を含まないんですか。

 では、別の聞き方をしよう。

ウソ発見器の前で9条を朗読して「専守防衛は、9条違反ではない」と言えますか。

>つまり、あなたは超越という言葉の意味すら理解できてないのだネ

 どんな論理矛盾も無視するのが「超越」というなら、それは超越ではなく「出鱈目」と呼ぶ方がよい。宗教に名を借りたペテン師が「超越」を振り回して信者を騙すのと同じだ。

>憲法9条を小学生の頭で素直に読むと、あなたの言う通りだ。これはこれで大事なことであり、尊重されなければならない。

 専守防衛は9条に違反するという私の考えを、全面的に否定できないと言っていますね。

>では日本国は弱肉強食の大侵略時代を引き摺る世界状況とブッシュによるテロの醸成の中で平和主義を掲げて憲法25条を達成しなければならない。

 自然権で言い分が通らないので、今度は憲法25条か。憲法25条は関係ないと思うが、仮に憲法25条が専守防衛を肯定するとしても、9条が専守防衛を肯定していることにはならない。なぜなら、9条には「戦争を放棄する」と書いてあるからだ。

 あなたは、なぜ憲法25条と背反する9条を廃止しようと言わないのか。

>そのための自衛隊であり、自然権としての生存権の発露である自衛(専守防衛)に徹する限りにおいて9条に制約されるものではない。専守防衛に徹するとは領土領海内においてはということだ。

 領土領海内なら9条は戦争を認めているとあなたは言っている。9条は戦争は認めていない。だって、「戦争放棄」と書いてあるじゃないか。「領土領海内の戦争は例外とする」なんて書いてないじゃないか。

 それとも、専守防衛は戦争を含まないんですか。戦争を含まないなら、自衛隊なんて要らないじゃないか。あなたは、自衛隊解散を主張するんですか。


89. 2017年2月20日 14:09:06 : ITXemROTZQ : xloJ6nXrwco[11]
>88 忘れないうちに追加。
 多摩散人です。

>そのための自衛隊であり、自然権としての生存権の発露である自衛(専守防衛)に徹する限りにおいて9条に制約されるものではない。(87)

 「自衛(専守防衛)に徹する限りにおいて9条に制約されない」と言うのは、9条が自衛における戦争をも放棄していることを認めているんでしょう。自然権は9条に制約されないというのは、自然権と9条が背反する点があることを認めているから、わざわざそう言うんでしょう。9条が自然権に照らして何も背反する点がないなら、あなたがわざわざこんなことを言う必要もないわけではないのか。


90. ボケ老人[1326] g3uDUJhWkGw 2017年2月20日 18:05:02 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[701]
>88.多摩散人:どんな論理矛盾も無視するのが「超越」というなら、それは超越ではなく「出鱈目」と呼ぶ方がよい。

わたしのコメのどこに論理矛盾があるのか指摘してごらん。
専守防衛とは政策であって戦争とは実行行為であると何度言わせるのだ。
よって立つ土俵が違うのだよ。

>88.多摩散人:専守防衛は9条に違反するという私の考えを、全面的に否定できないと言っていますね。

多摩クンが右も左もわからない小学生であったらネ
ニュートン力学しか解しない人に相対性理論を解説しても無駄だし、さらにひも理論やトンネル効果を小学生に説く愚がわからないとは!!

>88.多摩散人:仮に憲法25条が専守防衛を肯定するとしても、9条が専守防衛を肯定していることにはならない。なぜなら、9条には「戦争を放棄する」と書いてあるからだ。

どういう頭の構造をしているのかな多摩クンは
生存権が多摩クンの持つ辞書になく意味が判らないというから、勉強したら良いよと憲法25条と生活訴訟(朝日訴訟)を教科書として例示してあげたのだよ。
憲法25条が9条の戦争放棄を肯定するとかしないとかは一切論じていない。

>88.多摩散人:なぜ憲法25条と背反する9条を廃止しようと言わないのか。

さては憲法25条を読んだことも無いのだな
9条と25条が背反することについて説明してくれ。

>88.多摩散人:領土領海内なら9条は戦争を認めているとあなたは言っている。

馬鹿なことを言わないでくれ
わたしのコメのどこに《領土領海内なら9条は戦争を認めている》があるのか。
多摩クンの読解力が無いために誤った理解をしているだけのことだ。

>89.多摩散人:9条が自然権に照らして何も背反する点がないなら、あなたがわざわざこんなことを言う必要もないわけではないのか。

わたしがわざわざ言っているのではない。
多摩クンの理解が無いから《自然権は9条に制約されない》と言わざるを得ないんだよ。
一番最初から言っているだろう!!!!
自然権生存権というものは何人(ナンピト)にも制約されないと
何人とは人によって作られた法律や条約も含むのだよ。

もう少し日本語を勉強したらどうかね

    



91. 2017年2月20日 18:49:05 : piS4tj6jjs : LrlWm_@8vtE[141]

たまちゃん! いい加減になさい! 

喋りゃいいって訳じゃないんだよ。

分からないなら素直に聞けばいい。

そうゆうことだよ。


92. 2017年2月21日 09:38:47 : Y3bHJ6Mh2M : aV92jCWrQSE[10]
>90
 多摩散人です。

>わたしのコメのどこに論理矛盾があるのか指摘してごらん。
>専守防衛とは政策であって戦争とは実行行為であると何度言わせるのだ。
>よって立つ土俵が違うのだよ。

 自分でここに矛盾があると知っているから、「指摘してごらん」と言いながら自分で正しく矛盾する箇所を指摘している。

政策と実行行為は別物だと当たり前のことを言っても、専守防衛の政策を国家が実行した時、戦争に至ることがあり、自然権はそれを認めるとあなたは言っている。その戦争を9条は放棄しているのだ。

>専守防衛の先に生存権の発露として戦争となる場合があるかもしれない。
>これを戦争と云おうと武力衝突と云おうと、戦前の日本のように事変と呼ぼうとそんなことはどうでも良い。
>わたしは自衛権という言葉は好きではないが、生存権の発露としての結果としての戦争が自衛戦争だ。これを9条は禁止していないと考えるが、字面だけを金科玉条のように捉える(小学生頭の)馬鹿者に対しては生存本能に由来する自然権は憲法を超越するものだと答えている。(70 ボケ老人)

「専守防衛の先に生存権の発露として戦争となる場合があるかもしれない。」とちゃんと戦争をすることがあると認めている。

「これを9条は禁止していないと考える」根拠は、禁止していると考える人の頭が小学生並みだからだと勝手に決めつけて、理由を書いていない。ただ「自然権は憲法を超越する」と書いてある。

 「日本は専守防衛の戦争をしてもいいというあなたの9条解釈は9条の条文と矛盾する」という私の主張に対する反論になっていない。私のことを「小学生並みだ」と言っているだけ。私の解釈が小学生並みだとする理由が書いてない。ただ「超越」という言葉を持ち出して出鱈目を誤魔化しているだけ。インチキ宗教の教祖と同じだと言っているんだよ。「超越」が通用しなくなりそうになると、ニュートン力学、相対性理論、さらにひも理論やトンネル効果まで、相手が知らなそうな事柄をめったやたらにバラまいて煙と共にドロンを決め込む。インチキが見え見えですよ。

>さては憲法25条を読んだことも無いのだな

 事実上初めて読んだが、25条の話に深入りすると話がそれるので、議論の進め方は(私に間違いがあるなら)陳謝して、これ以上はやめておこう。

>一番最初から言っているだろう!!!!
>自然権生存権というものは何人(ナンピト)にも制約されないと。何人とは人によって作られた法律や条約も含むのだよ。

 人によって作られた9条が、自然権生存権が認める専守防衛を否定しているんです。

 「人によって作られた法律」である9条は間違っているが、『何人(ナンピト)にも制約されない自然権生存権』があるから9条はあってもいいんだ」とあなたは言っている。

では、別の聞き方をしよう。

「人によって作られた法律」である9条は間違っているが、『何人(ナンピト)にも制約されない自然権生存権』があるから9条は間違っていない」とあなたは言うんですか。もう一つ、再質問。

ウソ発見器の前で9条を朗読して「専守防衛は、9条違反ではない」と言えますか。

 あっ、予告ですが、この議論が一段落したら、「専守防衛」で国を守ることはまったく不可能だという議論を予定しています。一段落したら、ね。マスコミでもよく話題になっていて、みんな知っているから、議論しないかも。


93. ボケ老人[1329] g3uDUJhWkGw 2017年2月21日 11:00:56 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[704]
>92.多摩散人:人によって作られた9条が、自然権生存権が認める専守防衛を否定しているんです。

グダグダと詰まらない言い訳を
自然権、生存権について理解が足りない、否、理解できないのだろう。
多摩散人お得意の言葉で返そう
上記の文章の正当性を補強する人、書物はあるのかい。
権威ある補強を示せなければ
《憲法9条は自然権、生存権としての専守防衛を否定しているか?》
というスレ建てでもイイヨ

自然権とは何ぞや
生存権とは何ぞや
これを勉強してから出直して来いや

遂に最後まで、このスレの本旨に対する多摩ちゃん自身の主張は無かったネ

>92.多摩散人:「専守防衛」で国を守ることはまったく不可能だという議論を予定しています。

面白いじゃない
新たにスレ建てやってみれば!!
お付き合いしてあげるよ
既に読者が訪れなくなったスレより、新しいスレの方が多摩ちゃんもやりがいがあるだろう。

    


94. 2017年2月21日 15:29:15 : VpRMpLLhaA : lFi4RNdbzq0[10]
>93
 多摩散人です。

>《憲法9条は自然権、生存権としての専守防衛を否定しているか?》

 またまたあなたは誤魔化している。主語と目的語を意図的に入れ替えている。正しくは、

 《自然権、生存権としての専守防衛は憲法9条を否定しているか?》

だよ。答は私の考えと一致する。

 《自然権、生存権としての専守防衛は憲法9条を否定している》つまり9条の戦争放棄は間違っている、ということだ。

>遂に最後まで、このスレの本旨に対する多摩ちゃん自身の主張は無かったネ

 上の記述の結論の中にある「9条の戦争放棄は間違っている」これが私の主張だよ。何度も何度も言っているから、あなたがそれに気づかないはずはない。しかしそれに気づけば自分の誤りを認めなくてはならないから、気づかない振りをして出鱈目を並べて煙幕を張り続けて来たんだ。再質問。

あなたは、ウソ発見器の前で9条を朗読して「専守防衛は、9条違反ではない」と言えますか。

 誤解がないように断っておく。「専守防衛」で国を守ることはまったく不可能だという議論をあなたとするなんて、約束はしていないよ。議論する相手を間違えると、時間と知的エネルギーの無駄になるからね。知る大切ささんで懲りてますから。


95. ボケ老人[1330] g3uDUJhWkGw 2017年2月21日 19:22:26 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[705]
>94.多摩散人:「専守防衛」で国を守ることはまったく不可能だという議論をあなたとするなんて、約束はしていないよ。

段々と支離滅裂になってきたね
予告をしておいて、受けて立つよと返せば上記のように逃げるのだ。
誰に対する予告だったのかな
関係の無い第三者に向けてなら、私に向けてのコメの中で仰々しく予告する必要も無かろう。
ボケと言われようがカス、馬鹿あほうと言われようが全く気にならないが
まともそうなコメを装って意味の通らなない場違いなコメに出会うと腹が立つのだよ
いい加減にしな


>>ボケ:《憲法9条は自然権、生存権としての専守防衛を否定しているか?》
>多摩:《自然権、生存権としての専守防衛は憲法9条を否定しているか?》

日本語の勉強をやり直した方がいいね
ナゼ私が主語をひっくり返したか
自然権や生存権が何かを否定するなんて言うことはあり得ないんだよ。
《専守防衛は憲法9条に違反するかどうか》
なら正しい日本語だ。
この違いが判らないからあなたの主張はハチャメチャになるんだよ。

人には生きる権利がある。この権利は誰かに与えられたものでもなく
年寄りにも若者にも金持ちも貧乏人も等しく有している。
自然権というものだ。
人が国を作り法律を作る。
この生きる権利は国の命令や法律によって制限されない。
ところが、国は戦争行為によって、あるいは犯罪者を処罰するという理由で生きる権利を阻害する。
これが正しいことなのかどうかは、哲学をも含んだ議論が必要だ。
憲法9条は、国が国権の発動として戦争を選択することを否定している(放棄ししている)
戦争を選択するということと、他国(国とは限らない)が国内に攻め込んできたときに武力で抵抗して、結果として戦争になることは憲法9条に違反することではない。
これが自然権の概念だ。
もし、ここで侵略に対して抵抗することを禁止するということは、自国民の生きる権利を阻害することになる。
人の作った法律よりも自然権生存権が優先するからこうなる。

     


96. 2017年2月21日 20:29:59 : 4kCj1t5qxw : GTRPDafD2gY[13]
>95
 多摩散人です。

 お尋ねします。

ウソ発見器の前で9条を朗読して「専守防衛は、9条違反ではない」と言えますか。


97. 2017年2月21日 21:30:05 : piS4tj6jjs : LrlWm_@8vtE[146]

>>96. 2017年2月21日 20:29:59 : 4kCj1t5qxw
>多摩散人です。お尋ねします・・、
>専守防衛は9条違反ではないと言えますか。。、

馬鹿多摩くん! お前はもう喋るな! 極右共産主義者か!!

主義者が日本の政治に口出しするのが日本が纏まらない原因だったんです

目覚めましたかか? 



98. ボケ老人[1331] g3uDUJhWkGw 2017年2月21日 22:32:14 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[706]
>96.多摩散人:ウソ発見器の前で9条を朗読して「専守防衛は、9条違反ではない」と言えますか。

五月の蠅のような奴だな
ウソ発見器などと見たことも触ったことも無いようなものを持ち出して
わたしの若い頃、知り合いが警視庁で刑事をやっていた。
この時に触らせてもらったが、そんなものの前ではなく
神の前でも仏の前でも、木村草太の前でも言ってやるよ

《憲法9条よりも生存権の方が優先する》

「専守防衛は、9条違反ではない」この論理建が間違っていることがどうしてもわからないのだね。
オ・バ・カ・サ・ン
専守防衛という政策と憲法9条とは直接的には関係しない。

    


99. 2017年2月21日 23:18:07 : b5eqgPsup6 : ZgM7bKRYe8k[1]
>98
 多摩散人です。

再度お尋ねします。

ウソ発見器の前で9条を朗読して「専守防衛は、9条違反ではない」と言えますか。


100. ボケ老人[1333] g3uDUJhWkGw 2017年2月22日 08:42:09 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[708]
多摩散人の小学生頭に理解できるようにと考えていたが
小学生頭どころか鸚鵡頭であった。

「専守防衛は、9条違反ではない」これは日本語として意味が通らないから
ウソ発見器とは関係なく、こんなバカなことは言わない。
わたしは一応まともな日本語教育を受けて老境に達したつもりだから
まともな日本語でないものを宣誓することはできない。

オウムアタマでは理解できないだろうが小学生頭なら理解できる言葉で述べてあげよう。

《専守防衛は憲法9条を体現する国の姿である》

これなら異論を述べる人はいるかもしれない(人それぞれだから)
しかし、日本語としては何の問題も無い。
ウソ発見器の前であろうが、自分の良心に従って宣言することができる。

憲法9条を規範として、弱肉強食の世界状況の中で、国家国民の安寧を保全するためには専守防衛が必然となる。こういう意味なのだよ。

専守防衛の語義も教えてあげなくてはネ
守ることを専ら(モッパラ)とし、衛(国境)を防ぐということだよ
平安、鎌倉時代の防人(サキモリ)だな

日本の千年を超える長い歴史の中で防人が出動したのは蒙古(元・高麗)の来襲の時だけである。
これ以外は、中大兄皇子による朝鮮出兵、秀吉による大陸侵攻、日清日露から日米戦争で敗北するまで、常に日本による侵攻が始まりであったことを忘れるべきではない。
幣原喜重郎はこの日本が平和国家へと出立(シュッタツ)するために、戦争放棄という概念を打ち出したのだ。

     


101. 2017年2月22日 09:31:14 : 7ImxSLWmxs : W@jJvXMUbbA[6]
>100
 多摩散人です。

 あなたは、憲法が出来たときから、「専守防衛・自衛隊合憲」を信じていましたか。それとも、「非武装中立・自衛隊違憲」を信じていましたか。1970年ごろ、政権が「専守防衛・自衛隊合憲」を打ち出してから、それに乗り替えて、それに騙された振りをし出したのではないですか。

>専守防衛という政策と憲法9条とは直接的には関係しない。(98)

 なぜ「専守防衛という政策と憲法9条とは関係ない」と言わないで「直接的には」と言うんですか。


102. ボケ老人[1334] g3uDUJhWkGw 2017年2月22日 13:59:46 : FROtKapa6o : PWiwayoRns0[2]
>101.多摩散人

残念ながら日本国憲法施行の日には未だこの世に生まれ出(イ)でてなかったんだよ

多摩ちゃんヨーッ
言葉遊びはしたくないと言っただろう!!!!!
屋上屋を重ねるような議論はしたくなんだよ。

《専守防衛は憲法9条を体現する国の姿である》

異論があるなら正々堂々と開陳してみなよ。
人それぞれ異論があると認めているのだから。

それとも、どうしても底意のある一つの結論に導こうとしているのかな
そうでない限り101のような意味の無いコメは出てこないだろう。

  


103. 2017年2月22日 15:08:00 : MBibxEo7is : B4sEiVgWtZ0[6]
>102
 多摩散人です。

>言葉遊びはしたくないと言っただろう!!!!!

 言葉に厳密な議論はいやで、超越論で議論したいんじゃないですか。

あなたは、1970年ごろ、確か内閣法制局が「専守防衛・自衛隊合憲論」を打ち出すまでは「非武装中立・自衛隊違憲」を主張していませんでしたか。そして、それ以降は「専守防衛・自衛隊合憲」に乗り替えて、政府に騙された振りをし出したのではないですか。私はその時、あ、また政府はウソを言っているなと思いました。

>専守防衛という政策と憲法9条とは直接的には関係しない。(98 ボケ老人)
 なぜ「専守防衛という政策と憲法9条とは関係ない」と言わないで「直接的には」と言うんですか。

 言葉遊びではない。論理の問題です。


104. ボケ老人[1336] g3uDUJhWkGw 2017年2月22日 18:08:28 : FROtKapa6o : PWiwayoRns0[4]
>103.多摩散人:言葉遊びではない。論理の問題です。

1970年ごろというと45年以上昔のことだな。
その頃の私を知っているとは大したものだ。

このように自分都合の良い推測でしかものを言わない
とんでもない輩であることを自白したのだな。
お前さんのコメはすべて《ウソ発見器》の前で検証しないといけないな
バカバカしい。

論理の問題のまえに人間性の問題だな

    


105. 2017年2月22日 19:52:10 : PWp7TVAHpm : GKUK2kGEljg[8]
>104
 多摩散人です。

>その頃の私を知っているとは大したものだ。

 知らないから、よかったら教えてくれと言っているんですよ。何か言えない理由でもあるんですか。

>お前さんのコメはすべて《ウソ発見器》の前で検証しないといけないな バカバカしい。

 私はあなたに「ウソ発見器の前で検証しないといけない」なんて要求はしていないよ。

>ウソ発見器の前で9条を朗読して「専守防衛は、9条違反ではない」と言えますか。(99)

 と質問しているだけだよ。嘘をつこうと超越しようと、あなたの自由だよ。


106. ボケ老人[1337] g3uDUJhWkGw 2017年2月22日 22:36:31 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[709]
>105.多摩散人

あまりにもバカバカしいことは言わないでくれ。
そこまで執拗に、パラノイアの如く
で、あるならば、ご自分の45年前からの歴々を述べるべきではないのかな
わたしは
《専守防衛は憲法9条を体現する国の姿である》
と明確に述べている。
しかも反論を拒絶しているわけでもなく
多摩クンが勝手に持ち出した
「専守防衛は、9条違反ではない」
などという誤れる日本語にお付き合いしなければならない理由は無いと思うが。
お前さんの指図に従って9条を朗読しなければならない理由も無い。
25条も読んだことが無いようなお前さんよりははるかに多く9条を読んでいるだろう。

>94.多摩散人:議論する相手を間違えると、時間と知的エネルギーの無駄になるからね。知る大切ささんで懲りてますから。

わたしも議論する相手を間違ったようだ。大いに時間を無駄にした。
知的エネルギーについては私の場合は消耗するのではなく、ボケ防止になるので無駄とは考えていない。
原発板では都合悪くなる逃げて姿を消すことが複数回あったが
多摩散人がこんなにバカだとは思わなかった。
    
    


107. 2017年2月22日 23:15:22 : PWp7TVAHpm : GKUK2kGEljg[9]
>106
 多摩散人です。

 お後がよろしいようですね。これ以上続けると見苦しい罵り合いになって、知的エネルギーどころか、痴的エネルギーの消耗になるから、お互いの老体をいたわって、この辺でいったんお開きといたしましょう。

 また、お会いしましょう。


108. ボケ老人[1340] g3uDUJhWkGw 2017年2月23日 08:16:46 : DPIHWzSy2A : ryp5mYY74JA[712]
多摩が逃げることには慣れているからどうぞご勝手に

結局、多摩は自分の主張を明確にすることができなかった
原発板と同様教えてくれの一辺倒で
原発板では親切にも教えてやったらそのままドロン

今回はその轍を踏むまいと多摩に反論しやすいように
《専守防衛は憲法9条を体現する国の姿である》
とまとめてやったのに一切反論なく
ウソ発見器だなんだのと実にくだらんバカ話を
さらにさらに
次の議論の予告をしておいて
受けてやるよと返したら
わたしとは議論の約束をしていないとほざいた。
なんだろうこの男は

    


109. 斜め中道[1067] js6C35KGk7k 2017年2月25日 13:51:14 : u12DNOjV8I : DpNsSI7B2fY[356]
>>108

多摩川に散ったのかも知れない・・・。

今度仕事のついでに、花でも手向けてくるかなぁ・・・



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK220掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK220掲示板  
次へ