★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK222 > 200.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
3/10 籠池会見 動画ノーカット版
http://www.asyura2.com/17/senkyo222/msg/200.html
投稿者 知る大切さ 日時 2017 年 3 月 10 日 20:03:21: wlmZvu/t95VP. km2C6ZHlkNiCsw
 


管理人さんすいません。200字規定を満たしてませんが、おゆるしを!
速報動画
https://m.youtube.com/watch?v=POIv1wj9qrg  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年3月10日 21:14:36 : XOU7hEFZRQ : bSvop4dgTpo[425]
憂国の士という連中がいて、彼らが国を滅ぼすのだ
勝海舟

2. 2017年3月10日 21:28:26 : JW4kQkOW9o : dSI7DqbtatE[-704]
 ???「・・・えーと理事長のご自宅の登記簿とか見ると全部担保に入っててね、抵当に入るともうカネ無いじゃないですか。このまま行ったら・・・」
籠池理事長「失礼じゃないですか」
   ???「無いじゃないですか」
籠池理事長「お金と言いなさい」
   ???「まどっちでもいいんですけど・・・」
籠池理事長「どっちでもええ事無いじゃないですか」
   ???「そんなん聞かへんから。で・・・」
籠池氏息子「ちょっとちょっと、今質問されてる方なんですけど」
   ???「菅野です」
籠池氏息子「あのー、どこの方ですか?」
   菅野完「フリーの菅野と申します」
籠池氏息子「フリーの?」
籠池理事長「あ!菅野さんかぁ〜wwwww」
籠池氏息子「あ菅野さんw菅野さんw」
籠池理事長「菅野さんかぁ〜wwwwwあなたが菅野さんかぁ〜wwwwwあなたちょっと悪いんじゃないの?ほんとに、今メガネかけてるけど」
   菅野完「いや僕ずっとメガネかけてます」
籠池理事長「何を言ってるんですかぁ〜」
籠池氏息子「菅野さんばかりの質問に対してお受けする訳にはいかないんで」
   菅野完「いやいやいや」
籠池理事長「菅野さん後にして下さい。菅野さん後、菅野さん後。はい他の方どうぞ」

27:35〜
https://www.youtube.com/watch?v=POIv1wj9qrg

菅野完noiehoieの性犯罪を書いた週間金曜日記事を広く広めようとした人たちへの誹謗中傷が酷い件
https://togetter.com/li/1001456

[32初期非表示理由]:担当:スレ違い多数により全部処理

3. 2017年3月10日 21:56:48 : N5sEgV5Lys : gJDc90AKsFQ[249]
17)このように、自分は愛国者のつもりでいるのに、いつの間にか国家を破壊することに手を貸していた、そんなことが起こるのである。左翼の国家破壊行動を批判するのは大事だが、伝統保守の側にも魔の手が浸食していることを自覚しないと危ない。

18)正面から来る「革命型」戦術は見えやすいので反左翼は多い。しかしステルスに遂行される「憑依型」戦術は見えにくい。だから偽装保守・カルト保守の批判はあまり多くないのが現状である。その結果が安倍極悪犯罪者仁風林ニセ内閣の横暴である。愛国心を利用した誘導の結果である。
http://chilledvodka.blog.fc2.com/blog-entry-438.html


4. 2017年3月10日 23:06:08 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[2291]
「日本みたいに素晴らしい国はない。選ばれてわが国に生まれてきた」

アホですな。おめでたい頭脳をされてます。
生まれる前に神に選ばれている存在であるかのような思想、思い込み、妄想…
と同時に他国を貶める思想、思い込み、妄想…
宗教でしょうけど、カルトっぽいです。

100%、間違いです。


5. 2017年3月10日 23:10:56 : G7aT9nJK0w : P1VTm39lyJs[37]
国家ではない。政権だ。左翼であろうが右翼であろうが何者による打倒であれ、打倒されるのは常に政権であって国家ではないのである。殺されるのは国民ではなく政権の構成員である。
そして政権は常に自らを国家と僭称する。
それは政権が国民を盾に利用して自分を護らせようとするからだ。

6. 2017年3月10日 23:18:15 : TUIZhjkAQM : Sdsd_FMGEKU[38]
記者会見の途中、安倍の妨害ニュース(南スーダンから自衛隊撤退)が入ったので
もしや籠池のおっちゃん、洗いざらいしゃべりよるんかと思いきや
期待外れでしたわ。

ただわかったことは、
籠池親子は、読売と産経がとってもお気に入りのようです。(笑い)
これって、報道機関として恥ずかしいよな。

菅野さんと朝日、嫌われてた。あっぱれです。


7. 知る大切さ[7706] km2C6ZHlkNiCsw 2017年3月10日 23:58:23 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[3653]
アホな弁護士が消えて、長男が手綱を引いてましたね。

少しは頭が働く人物がついたみたいですね。稲田の旦那かな?

看板メッキだったのかな?

さて、、、、佐川理財局長役として、他の人物が出て来て、
知らぬ存ぜぬ資料が無い、とい消したので役所へ提出する
義務は無い、その内資料は処分しました、な展開になりそうだね。

詐欺師ならやるだろう。あんたら見せて説明する義務ないでしょ?
てな具合かな?


8. 2017年3月11日 00:19:09 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[2294]
ワイドショーの皆さん、この息子(新キャラ)もかなり数字取れるタマですよ!
https://twitter.com/I_hate_camp/status/840173373460160512

嘲笑いがとれる…
大阪芸人魂を感じます。


9. 2017年3月11日 01:09:23 : TsiOQlHXQQ : WpaUV1cuBgY[5]
 多摩散人です。

 この山本太郎曰くの「アッキード事件」、結末が政治に影響がある事件なのかどうか。そこがポイントです。

 私は現在多忙なので、知る大切ささんの投稿を参考にさせてもらってます。一か月後はどうなるかな。


10. 知る大切さ[7707] km2C6ZHlkNiCsw 2017年3月11日 05:42:18 : rXmQVSTR26 : wmfWUboB@Eg[3654]
>9
「デマ散人」君には絶対見えないよ。目と心を閉じている人間は
何も見えない。
籠池親子や保守の会に集う人々と「デマ散人」は、よーーーーにとる

原発コストも見えない、健康被害も見えない

そんな【デマ散人】には何も見えんて。


11. 2017年3月11日 06:33:39 : TEVfFbaXhU : x7OvJZsy7gs[21]
>10
 多摩散人です。

 見えると信じ込んでいる人には、何でも見えるように思えちゃうということですね。次の中にこの阿修羅の全投稿が並んでいる。この中の福一事故の放射能に由来する健康への直接被害を書いた投稿の中で、事実と確認されたものが一つでもあったら、教えてください。

 一つも確認されていなくても、あなたは、阿鼻叫喚はあると言えるんでしょう。

 http://rank.asyura3.com/genpatu/999/1/

[スレ主【知る大切さ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
デマ散人の毎度毎度のルーチンワークなので ゴミ箱のポイ!

12. 2017年3月11日 07:23:57 : TEVfFbaXhU : x7OvJZsy7gs[21]
>11 追加。
 多摩散人です。

 阿鼻さんなんか、ラーメンの壊滅も、歌舞伎の壊滅も、電車の中の阿鼻叫喚も、道路の阿鼻叫喚も、その他何でもかんでもの壊滅も阿鼻叫喚も、全部見えるって言ってますよ。

 本当は壊滅と阿鼻叫喚はあるけど、全部隠蔽されてるんだって。

 そういうの、どう思いますか。

[スレ主【知る大切さ】による初期非表示理由]:この投稿に対するコメントとしては場違い。別の投稿にコメントしてください。(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK222掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK222掲示板  
次へ