★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK226 > 196.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
沖縄「第3の県紙」八重山日報、本島の報道に新風
http://www.asyura2.com/17/senkyo226/msg/196.html
投稿者 何て骨体 日時 2017 年 5 月 22 日 16:56:50: jhE9fc9kuCTuI ib2CxI2ckcw
 

政府による辺野古護岸埋め立て工事着手を1面トップで伝える4月26日付の沖縄県3紙(写真:産経新聞)

沖縄「第3の県紙」八重山日報、本島の報道に新風


5/22(月) 7:55配信

産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170522-00000063-san-pol


 沖縄県石垣島を拠点とする日刊紙「八重山日報」が沖縄本島版の発行を始めて2カ月近くになる。「反米」「反基地」「反自衛隊」路線を貫く「沖縄タイムス」「琉球新報」の2紙が君臨する沖縄にあって、「中立公正な報道の実現」を掲げる“第3の県紙”は硬直化する報道姿勢に風穴を開けた。沖縄県に変革の胎動をもたらした同紙の挑戦は、蟷螂(とうろう)の斧(おの)ではない。(高木桂一)

 不沈巨艦に竹やりで向かうような戦いは、蓋を開ければ沖縄本島の人々に予想を超える歓迎と期待で迎えられた。

 「新聞といえば2紙しか選択肢がなかった県民の多くが『魂の飢餓感』にさいなまされていると実感した」。八重山日報の仲新城(なかしんじょう)誠編集長(43)はそう語る。

 沖縄本島の読者に初めて届けられた4月1日の1面トップ記事は、「自民、翁長県政に攻勢−辺野古、前副知事で追及」という見出しだった。自民党沖縄県連が、米軍普天間飛行場(宜野湾市)辺野古移設と安慶田光男前副知事の口利き問題を軸に、翁長雄志知事への攻勢を強めていくという内容だ。

 沖縄タイムスのこの日の1面は「防衛局ブロック投下完了−辺野古工事岩礁破砕許可期限切れ 『違法』指摘避け続行へ」との見出しで、国の「違法行為」への翁長県政による対抗措置を伝えた。

 琉球新報は、朴槿恵前韓国大統領逮捕をトップで報じ、準トップで「辺野古座り込みきょう1千日」として、普天間飛行場移設の抗議行動で器物損壊、傷害、威力業務妨害などの罪で起訴された山城博治沖縄平和運動センター議長の「不条理、法廷から発信」というインタビュー記事を掲載した。

 3紙とも4月26日、辺野古沿岸の護岸建設埋め立て工事に政府が着手したことを伝えている。ただ、それぞれの記事を見れば、スタンスの差は明確だ。

 地元の辺野古移設容認論を捕捉してきた八重山日報は政府と県の主張を淡々と報じた。ほかの2紙は「辺野古埋め立て強行 県民は反発」(沖縄タイムス)、「辺野古護岸着工 国、砕石を海中投下」(琉球新報)と、政府批判を大きく繰り広げた。

 八重山日報の姿勢は特別ではない。本島に進出した背景には「反米・反基地イデオロギーに染まる2紙の扇動的、プロパガンダ的報道は異常だ。主張が異なる新聞が切磋琢磨(せっさたくま)するのが真の光景で、2紙しか知らない県民に事実を客観的に伝えたい」(仲新城氏)との思いがある。

 公称6千部にすぎない八重山日報の挑戦の反響は大きかった。年内に本島での新規購読5千部を目標にしているが、1カ月で2千部に達した。申し込みが殺到し「配達員の確保ができない」という悲鳴が漏れる。大半は2紙から切り替えた読者とみられる。

 記事を書く記者や配達員が取材相手、読者からお菓子や果物を手渡されたり、「頑張って」と激励されたり…。玄関先の新聞ポストに「一緒に沖縄を変えましょう」というステッカーを掲げる読者も現れた。

 八重山日報の本島進出について沖縄タイムス(経営企画室)と、琉球新報(総務部)は「特にコメントすることはない」と口をそろえる。

 しかし県内の新聞販売店のほとんどが2紙のみを扱っており、八重山日報への露骨な妨害行為も顕在化した。関係者によると、沖縄タイムスの読者局が4月3日、販売店に「重要なお知らせ」と題した「八重山日報の配達禁止」を通達したという。八重山日報に脅威を感じたようだ。

 「民意は一色ではない。2紙が『虚構の沖縄』の姿を流布し続ける現状の打破が、社会的責任だと痛感している。県民からの期待をしっかりと受け止め、全力で新聞を作り続ける」

 仲新城氏はそう言い切った。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 新共産主義クラブ[3981] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2017年5月22日 17:08:03 : fvowzPtg0w : MuLM6Hv6CqE[3]
 
 沖縄地方と一口に言っても、琉球文化圏と台湾文化圏とでは、安全保障や民族意識に大きな違いがあるようですね。
 

2. 2017年5月22日 17:30:29 : lO1dBRsOCs : C7JHowAP_XU[199]
さすが「中立公正な報道の実現を掲げる“第3の県紙”は硬直化する報道姿勢に風穴を開けた」と統一凶会系・産経が絶賛する沖縄紙だけのことはありますね。
沖縄の基地反対運動潰しには、幸福の科学が大量動員されているそうですが、幸福の科学も統一凶会のお仲間ですもんね。
●国境の島の「反日」教科書キャンペーン~沖縄と八重山の無法イデオロギー~ 仲新城誠(著)
内容紹介:こうして作られる沖縄「世論」 尖閣、米軍基地、自衛隊…。日本が抱える大問題に潜む闇≠八重山の小さな新聞社が告発する。
2011年夏、国境の島々、石垣市に属する「八重山諸島」で吹き荒れた無法イデオロギーの嵐は、教育の現場を混乱に陥れた。中学校公民教科書の正当な採択(育鵬社版)を覆そうと、県教委、マスコミ、住民運動が一体となって繰り広げた反対運動は、まさに法治国家に対する“クーデター"だった。事実を冷静に報じ続けた地元新聞社の記者が、ルールも前例も常識さえも無視した“暴挙"の数々を暴き出す。
本土からは決して見えない国境の島の真実! 子供たちの教科書が犠牲になった!
主な内容:第1章 石垣の政権交代 第2章 教科書と「反日」イデオロギー 第3章 暴走する県教委 第4章 沖縄世論〞はこうして作られる 第5章 法をねじ曲げる無法左翼たち
https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%BD%E5%A2%83%E3%81%AE%E5%B3%B6%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%8F%8D%E6%97%A5%E3%80%8D%E6%95%99%E7%A7%91%E6%9B%B8%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%B3~%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%81%A8%E5%85%AB%E9%87%8D%E5%B1%B1%E3%81%AE%E7%84%A1%E6%B3%95%E3%82%A4%E3%83%87%E3%82%AA%E3%83%AD%E3%82%AE%E3%83%BC~-%E4%BB%B2%E6%96%B0%E5%9F%8E-%E8%AA%A0/dp/481911204X
●沖縄を狙う幸福の科学、統一教会、生長の家が巣食うタブーの殿堂 次世代の党
八重山日報編集長の仲新城誠は、選挙で毎回応援演説をおこなうほど熱心な幸福の科学信者。 更に突っ込めば沖縄教育オンブズマンという組織自体が幸福の科学の下部組織で協会会長の惠隆之介は選挙の度に幸福実現党の候補を支持、推薦するという、わかりやすい人物。
恐ろしいことに、彼ら幸福の科学は、既に沖縄侵略の魔の手を伸ばしており、各種団体を立ち上げ、沖縄に深く浸透していた。 沖縄に関するデマは殆ど幸福の科学が発生源だ。
https://ameblo.jp/killc/entry-12010992161.html
●「幸福の科学」は、「ネトウヨ」のフレンズなんだねっ?
八重山日報編集長 仲新城誠の講演のチラシ 幸福の科学のガチ信者じゃねぇか(爆)
沖縄対策本部長 仲村覚は、幸福の科学
https://togetter.com/li/835121?page=2

3. 2017年5月22日 17:49:09 : NGUCbbAPlg : 3A1RfDro0A4[61]
幸福の科学じゃん

4. 2017年5月22日 18:12:25 : 7GB3ILmWPo : 3U1m7qEhqU4[23]
投稿者凄い必死なのは何故?

5. 2017年5月22日 18:33:00 : o5iUd2mmic : 0qKGYbCTS0k[1]
第二の創価新聞が出て、第二の公明党が出来る恐れと言う事ですか?

6. 2017年5月22日 21:40:55 : Zr1pTXUXzA : rXJnTZnoO0k[3]
正しくは、産経新聞八重山出張所新聞、だと思う、

沖縄県民ならタダでも読まない、飼い犬にされるから。


7. 2017年5月23日 02:09:27 : fjl2G9Zmro : eMcPigBWLHg[77]
八重山日報を天下の読売新聞は支援してやれよ。
それと一刻も早く沖縄読売テレビも開局しろよな。

8. 2022年2月10日 22:59:22 : EkLZD15jVs : TW11R2FxYmtrdUE=[1238] 報告
>>3

2022/02/10(木) 11:24:45.36ID:FoLtr/zf0
>28

パヨク「八重山日報は幸福の科学に買収された!編集長は信者!」

デマです。八重山日報が公式に否定しています。
h ttps://www.yaeyama-nippo.com/
本紙にデマ「宗教団体が買収」 基地反対派の精神性≠ニは― 本音のコラムG
14日 10月 2017
本紙は特定の企業や経済団体、宗教団体との関係は一切なく、公正中立を編集方針に掲げる新聞社。

デマソース
菅野完 SEE IT NOW
h ttps://youtu.be/rCFUKToYeFM?t=110

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK226掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK226掲示板  
次へ