★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK231 > 245.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
不破哲三・日本共産党前議長「本当に日本の政治を変えるなら野党の連合戦線は避けられない」
http://www.asyura2.com/17/senkyo231/msg/245.html
投稿者 gataro 日時 2017 年 8 月 24 日 16:49:20: KbIx4LOvH6Ccw Z2F0YXJv
 

https://pbs.twimg.com/media/DH9w1FMUwAANoxD.jpg



 
野党共闘、他に道ない 共産・不破前議長に聞く
社会の格差拡大極端/自公こそ野合の典型


2017/8/24付
日本経済新聞 朝刊
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO2031482024082017PP8000/

 共産党が国政選挙や東京都議選などで議席を伸ばしている。野党第1党の民進党の支持率が低迷するなか、自民党への批判票が共産党に流れる構図だ。2006年に党中央委員会議長を退いた後も党運営に強い影響力を持つ不破哲三前議長に、民進党との野党共闘への向き合い方などについて聞いた。

 ――共産党結党から95年になりますが、政権にたどり着いていません。


 「1980年に社会党(現社民党)と公明党が連合政権構想で合意し、共産党排除を打ち出した。共産党との共闘はタブーとする時代が始まり、34年間続いた。過去の政権交代は共産党を排除した結果、失敗した」

 「2014年に基地問題で保守と革新が連携する『オール沖縄』という団結の旗が揚がり、翌年に市民と野党の共闘が始まった。安全保障関連法成立で共闘が始まり、政界に大きな変化を生み出した。本当に日本の政治を変えるなら野党の連合戦線は避けられない」

 ――政権獲得に意欲を感じます。

 「意欲は大いにあるが、慌てない」

 ――共産党が国会前の安保法反対のデモで「野党団結しろ」と言わせたとの見方もある。

 「知識人をバカにするもんじゃない。私たちが全戦線を動かしていることは絶対あり得ない」

 ――資本主義をどう見ていますか。

 「危機的な様相を強めている。社会的な矛盾が高まっている。一番大きいのは社会的格差の拡大だろう。資本主義が格差を拡大するのは昔からの法則だが、これほど極端になったことはない」


http://www.nikkei.com/content/pic/20170824/96958A99889DE0E2E1E3E6EAE0E2E0E6E2EAE0E2E3E58282EAE2E2E2-DSXKZO2031484024082017PP8000-PB1-3.jpg


 ――支持層を広げるため、党名や綱領を見直す考えはありますか。

 「党名はこれが一番魅力的だ。共産党という名前をなくしたら(支持率は)がくんと落ちる。党名をころころ変えるのは日本の政界の悪習だ。綱領改定は当面の中心任務とする(一定の政策合意で政権に加わる)民主連合政府が実現したような段階で出てくる性質の問題だ」

 ――安倍政権は野党4党の選挙協力を「野合」と批判しています。

 「自民党と公明党こそ野合の典型だ。公明党は都議選で都民ファーストの会に支持を切り替え、自民党候補が落ちても涼しい顔をしている。自民党も国政では平気で公明党を受け入れる。我々は綱領や世界観が異なっても、国民が求めている当面の一致点を共同して実現する。これが独立した政党の間の共闘の姿だ」

 ――民進党最大の支持団体の連合は共産党との協力を嫌がっています。

 「政党と労働組合の関係は『社会党イコール総評』という時代から続く問題だ。社会党は『労組依存主義』からの脱却を唱え続けたが、実行できずに終わった。そろそろ、政党と労組の双方が自主性を確立すべき時が来ているのではないか」

 ――民進党代表選に立候補した前原誠司、枝野幸男両氏のどちらが好ましいですか。

 「言わない方がいい。来るべき衆院選を考えるとほかに道はないように思う。共闘しかない」

 ――共闘の維持を掲げる枝野氏は共産党の政権入りを否定しました。

 「世の中すべて変化するものだ」

 ――国民連合政府は第1党から首相を出しますか。

 「内閣の顔ぶれまで予想するのは早すぎる。政権に共産党が入閣して参加するか、入閣しないで参加するかは未知数だ」

 ――政権交代を実現しても先が見通せません。

 「あまり細かいことを書いたってその図面通りにいくわけじゃない」

 ――野党共闘で経済はうまくいきますか。

 「安倍晋三さんより、はるかにうまくいく。安倍経済は国の借金をどこまでも増やして結構という経済学だ。そういう経済運営なら誰でもできる」

 ――将来的に自衛隊は解消する必要があるとの立場は変わりませんか。

 「この段階で国民は自衛隊をなくすことを認めない。新しい政府が平和外交に取り組み、アジアの平和環境を確立し『警察力だけで安心だ』となって初めて手をつける。それまで余分な軍備は縮小するが、日常的には災害などの対策を担い、軍事的危険が起きたら国の防衛任務にあたる。違憲状態が続くのはやむなし」


 不破 哲三氏(ふわ・てつぞう)東大卒、1947年に共産党に入党。鉄鋼労連書記、党書記局長、党委員長などを経て、2000〜06年に中央委員会議長を務めた。日米安全保障条約破棄の主張の一時凍結など現実路線への転換を主導した。
 1969年の衆院選で初当選し、2003年に引退するまで11回連続で当選した。自由党の小沢一郎共同代表とは当選同期。「党の理論的支柱」とされ、現在も党内で強い影響力がある。東京都出身、87歳。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年8月24日 16:56:48 : KFqjGg79Xo : uaxdAxlSuT8[149]
がちがちの共産主義者と言われた不破の方が前原よりはるかに柔軟な思考を

もっている。野党共闘なければ自公が喜ぶだけ。


2. 2017年8月24日 17:12:25 : fVDdz9A3SM : WHgabTgBq30[136]
野党共闘から共産党を外したら、共産党が野党第一党になる可能性が強い。

一人区で共産党が統一候補を優先して、野党協議によっては共産党の候補者を降ろすと云っているではないか。

このことが崩れたら共産党を除く野党は総崩れし共産党が躍進することは間違いない。

方や、党利党略で「共産党外し」を画策し、方や党利を捨てて安倍政権一強を止めようとする。どちらが正しいか、よく考えて貰いたい。



3. 2017年8月24日 17:24:26 : hKRNRNsg7U : ZKs9_WJa1ss[523]
共産党アレルギーのひとが多すぎていまだに暴力革命すると思ってるからなあ。
一般の企業での話。洗脳しすぎだよ。

まあそもそも一般企業プラス組合組織である連合なんかも反共組織だからなあ。
こぞって日本人全体を洗脳してりゃあそうなるか。


4. 2017年8月24日 18:05:49 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1573]
一般企業では、共産党員であることが会社にわかったら、もう一生昇進も昇給もない、という話をよく聞く。さすがにレッド・パージの時代ではないから、首にされることはないが。
それでもあえて労働組合の執行部の選挙に立候補する共産党の人もいるが、よほどの覚悟のある人だね。当然連合系の組合執行部は、会社と一体になってつぶしに来る。
日本に民主主義があるわけではないんだね。

確かに1980年の社公合意以来の、共産党を外すという習慣は、安保法制に反対する戦いの中で無くなった。これはやはり、市民による「野党は共闘」コールの影響が大きい。
もっとも民進党の前原は、またこの共産党外しを行おうとしている。そんなことをしたら、前原が市民から「帰れ」コールを浴びるだろう。


5. 2017年8月24日 18:29:53 : gLbHskX7ak : VE8bel4soaE[1]
4さん然り 
地方議会、地方公務員には共産党員が当たり前に居ます。
議会では情報を提供する側ですし単位労組の書記長職です。

いずれも実力者に間違いありません。
共産党員が参画しない組織は自民党のようになりますよ。


6. 2017年8月24日 18:59:16 : CCxAshFkOo : gwN8w0D3Pm8[5]
現行憲法を守ろうとしている共産党は保守。

憲法を内容を根本的に昔に戻したいのが自民党、革新と言うより復古政党。自民復古党。


7. 2017年8月24日 19:15:47 : yGx7DkbKBE : Q9xdL0FhjJg[144]
喝入れる 民進党の 迷走に

8. 2017年8月24日 22:18:00 : j5UTiJDezc : 8xTaYW_4TU8[8]

日本共産党を変節させた張本人・不破哲三はまだ出張っているのか?
――――本当に日本の政治を変えるのなら腑抜けてしまった日本共産党では絶対無理です!


9. やもめーる[-1030] guKC4ILfgVuC6Q 2017年8月25日 08:28:41 : blXCgLxbC6 : KU28p9SwFww[-41]
>>8
また糞の役に立にもないネトサポ=ネト軍師のネガキャン攻撃か?(笑)
ならばこのアへ政権の5年間でこの国が
良くなったかを一つでもいいから上げてみよ!!

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
10. 2017年8月25日 14:05:40 : j5UTiJDezc : 8xTaYW_4TU8[10]

≫8やもめーる 
>ならばこのアへ政権の5年間

ナントも、ぬけ作ドンコメ( ´艸`)

「アヘ政権」ではなく「アベ政権」でしょう?
「アベ政権」とは、自民党とそれに従属した公明党による“自民党・公明党政権”だが、
「自公政権」は、すでに1999年から始まっている、
そして「自民党政権」は、1955年から始まっている、

やもめーるは、
その「5年間」以外(民主党政権時代も含めて)、長期に及ぶ悪政を肯定するのかな?
「糞の役に立」つコメントをどうぞ書いてね


11. 2017年8月25日 17:06:17 : EIeltFDAJs : 0SytXJl29N4[1]
未だゴリゴリのマルクス・エンゲルス信奉者で「暴力革命」にロマンと未練とを持つ連中によれば、共産党なんてとっくの大昔に「暴力革命」を捨てた「右翼」だと w

12. 2017年8月25日 18:53:34 : jsGRXepjjF : j@_JE2WERDw[147]
>未だゴリゴリのマルクス・エンゲルス信奉者で「暴力革命」にロマンと未練とを持つ連中

いまどき、そんな人、絶滅危惧種

>共産党なんてとっくの大昔に「暴力革命」を捨てた「右翼」だと

それって、結構、褒め言葉になっているんだが、わかるかな


13. 2017年8月25日 20:02:07 : jsGRXepjjF : j@_JE2WERDw[148]
ちょっとお遊びで追加

いまどき、学者以外でマルクス・エンゲルスを理解できている人っているかな?
その昔だって、どうだったか?
資本論 読むの大変 私は挫折した


14. 2017年8月25日 22:54:37 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[827]
野党の連中は何が不満で共闘しないの?
さっさとしろよ

15. 2017年8月26日 10:02:09 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1582]
>>11
>未だゴリゴリのマルクス・エンゲルス信奉者で「暴力革命」にロマンと未練とを持つ連中

これは「レーニン信奉者」と言い換えるほうがいいと思う。
不破哲三氏は、今ではレーニンが「国家と革命」で主張した暴力革命不可避論を批判している。しかし不破氏はマルクス・エンゲルスを批判していない。むしろ彼らが晩年には多数者革命(選挙で勝利し議会で多数を占めることによる革命)を唱えた、と主張している。(「フランスにおける階級闘争」序文など)


16. 2017年8月26日 15:41:04 : jsGRXepjjF : j@_JE2WERDw[152]
>15
12,13です
なるほど。コンパクトにわかりやすいコメントです。

「資本論」を読破できずに書くのも何ですが
資本論を読んでいて、これは経済学の本でイデオロギーや革命の本ではないんじゃないかと感じていました。
あなたの
>不破哲三氏は、今ではレーニン、、、を批判、、、しかし不破氏はマルクス・エンゲルスを批判していない。むしろ、、、

---「資本論」 wiki---
『資本論』全3部の中で「共産主義社会」と記載されている箇所は第一部の「共産主義社会では、機械は、ブルジョワ社会とはまったく異なった躍動範囲をもつ」と第二部の「共産主義社会では社会的再生産に支障が出ないようあらかじめきちんとした計算がなされるだろう」のわずか2箇所である。
----------------------
から腑に落ちるものがあります
レーニン、毛沢東はマルクスを都合のいいように利用しただけか
今後の参考にします ありがとうございます


17. 2017年8月26日 18:00:04 : 6Y0gJ7EF9k : hAhwYAhWc2I[5]

マルクスとエンゲルスとレーニン^^

3者は、まったく異なる^^

先ず、レーニン^^

レーニンが目指した体制とは、その名の通り^^

communist international(第3インターナショナル)で^^

これが共産主義者による国際組織だ^^


これに対し^^

マルクスとエンゲルスが目指した体制とは^^

a socialist theory called scientific socialis(科学的社会主義)^^

社会主義者(エリート)による国際組織^^

ここが大きく違う^^


そして^^

マルクス(第1インターナショナル)と、エンゲルス(第2インターナショナル)の違い^^

エリートの合議=共和制によって目的を達しようとする指導者を決定するマルクス^^

民主制=加盟者の選挙選出によって目的を達しようとする指導者を決定するエンゲルス^^

この違いがある^^


エンゲルスが奉じた^^

加盟者の選挙選出によって目的を達しようとする指導者を決定する←方式は^^

エンゲルスを第2インターナショナルの開会宣言者とした第2インターナショナルの背後資本^^

イルミナティによって^^

ドイツ労働党=NAZI党が、ドイツの政権者となる際に、その手法が用いられた^^



[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

18. 2017年8月26日 18:06:56 : 6Y0gJ7EF9k : hAhwYAhWc2I[6]

第1インターナショナル^^

指導者は選挙なんかしない!指導者は決まっている^^


第2インターナショナル^^

指導者は、エリートによる選挙で選びましょう^^


第3インターナショナル^^

指導者は、共産主義者であればエリートに限らず全員の選挙で選びましょう^^

こう発展したのだ^^


不破は^^

不破の座を共産党の全ての党員が望まぬ場合^^

降りるか?^^

降りはしない^^

不破(神)の座は^^

不破(神)によって永遠と定められているからだ^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

19. 2017年8月26日 19:46:13 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1587]
>>16
ただしね、あえて言うけれども、レーニンの「国家と革命」と言う著書は、非常に魅力的であり、私の若いころの愛読書であった。これを「革命ユートピア小説」と言う人もいる。
今でも私は、「国家と革命」には非常に魅力があると思っている。

暴力革命不可避論は別にして。
それについては、資本主義としても十分に発達していないし、民主主義の伝統もない当時の帝政ロシアと、今の日本では、全然前提条件が違うのだ、と言うのがいいだろう。
しかしレーニンの未来社会のビジョンは魅力的だ。もちろんレーニンの死後のスターリンの時代のソ連の実情とは、全く異なる。

レーニンの「国家と革命」はネットでは、以下で読むことができる。それほど長い分量でもないし、記述はわかりやすい。
http://ciml.250x.com/archive/lenin/japanese/lenin_state_revolution_1917_japanese.html


20. 2017年8月26日 20:54:07 : G17iit0xDc : ujiG@np8aec[3]
>>13

むしろ最近は学者のほうが知らないのでは?
現役を離れた元教授世代はともかく。

90年以降、左翼的な連中はマルクスにはいかずフェミニズムとか
カルチャらるなにやらとかの路線に進んだからね。
それが最近の経済格差拡大に「サヨク」連中がうまく乗れていない一因でもあるけど。


21. 一主婦[2306] iOqO5ZV3 2017年8月27日 06:32:59 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[217]
>>19. LKXRYf922A さん

貴方に、こちらも読めと言われましたから、今、読んでいますが、私は、共産主義経済とか、共産主義社会には、興味がないのです。そして、読んでも分かりません。貴方は、共産主義の事になると、得々として口角に泡を飛ばすようにしゃべっていますが、今、この切迫したこの国の状態の時に「共産主義」がそんなに大切で、共産党の綱領の方が、国民の救済よりも一番に大切なのですか?

世界中が「自由主義・民主主義」を執っていて、そんな世界の中で、わが国だけ共産主義経済と、共産主義社会を執る政治を共産党さんは目指のが何よりも大切と言う事なのですか?世界中で、一度も成功した事のない、幻の、幻想のような共産主義。目の前の国民救済よりも、そちらの主義、綱領の方が大切と言う事ですか?
国民の崖っぷちの危機を救う為に、野党が全党解党し「新党」を造って、その大きな相手に対抗しなければ、政権交代をしても、直ぐにつぶされてしまう。バラバラのだから野党共闘ではその巨大な相手には抗しきれない。政権交代できても、それでは続かない、と言う事らしいです。だから、四野党共闘の形(オリーブの木)構想は「次善策」になるそうです。

小沢氏は、政権交代後にアチラに潰されずに、長期政権担当による「世直し」を考えている。そうしなければ、相手が大きすぎて対抗できないからだそうです。共産党さんはそんな危機的状況の現実よりも、自党の綱領や政策が大切なのですか?共産党の独自性が、国民救出よりも大切ですか?その危機に瀕している国民救済のために、全野党が解党し、野党再編によって一つの政党になれば、自民党は倒せるし、その背後の巨大な相手にも効する事ができ「世直し」が実現できる、小沢氏はおっしゃっています。

その構想にも、共産党さんは、自党の独自性を大切にしたいので加わるのは出来ないとおっしゃっているそうですが、その遠い将来しか実現できない共産主義を、そんなに大切にして、今、現在、目の前で苦しんでいる国民救済よりも、その自党の遠い将来の共産主義の独自性が大切と言う事なのでしょうか?今喫緊の国民の救済をするために、巨大すぎるアチラ側を倒す為に、その共産主義は、一旦横に置き、一つ野党に成る構想「新党」に加わって、野党側を大きくするために、そして国民救済をすると言う気持ちは無いのでしょうか?

国民の救済をした後で、共産主義の実現の為に、その後、共産主義のために党の再結成をしても良いではないかと思います。なんか、共産主義を得々と語る、貴方を見ていると、現実の国民の危機をよそ目に、理想だけ語っている独善者のように見えてしまいます。国民の目の前の危機救済よりも、共産党の「綱領や共産主義」が大切とおっしゃっているようにも見えます。「共産党が第一」と言う事よりも「国民の生活が第一」の政策実現のために、自分の党を犠牲にする覚悟で全野党と一緒になって国民救出をしていただけないでしょうか。共産党さんにも、そうなって欲しいと思ってしまいます。

小沢氏は「最善策」の野党再編による「一つの党の結集」、大きなウイングの「新党」による、政権交代をするのが一番手堅い方策と言っています。そうしないと、巨大すぎる相手に対抗できないと思っているそうです。巨大すぎる相手に世直しをするのですから、共産党さんも、その一つにまとまる構想に加わって下さったなら、鬼に金棒の新党の塊に成れると思います。どうぞ、ご一考をお願いしたいな〜などと思ったりしています。

長くなりました。ごめんなさい。


22. 2017年8月27日 06:40:06 : jsGRXepjjF : j@_JE2WERDw[155]
>>19
勉強になります。
>民主主義の伝統もない当時の帝政ロシアと、今の日本では、全然前提条件が違う
ですね。
蛇足ながらドストエフスキーの「悪霊」「罪と罰」の生まれた国だなーと納得。
ロシア(なぜかドイツ)の思想の底力の歴史の一端をみるようでもあります。
歴史的には思想の怖さも教えましたが。

日本共産党
他国や国内の難局にもまれて今に至る綱領のすばらしさや運営は
「奇跡の党」と言えますね。

私のイメージとして
修正資本主義=修正共産主義=国民第一主義
ですが
数式の漸近線のように資本主義に共産主義の良い点をブレンドしていく
限りなく似てくる、国民のためになる。
日本共産党の立ち位置(歴史のめぐり合わせでしょうが)いいですね。
私は 自由党+日本共産党 でいきます。


23. 一主婦[2307] iOqO5ZV3 2017年8月27日 06:43:12 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[218]
訂正

バラバラのだから野党共闘では(誤)

バラバラの政党のままでの四野党共闘では(正)

なんか、眠くて、間違いも多く、表現がくどくて、おかしい部分もありますが、推読してね。申し訳ありません。


24. 2017年8月27日 07:22:53 : jsGRXepjjF : j@_JE2WERDw[156]
>>21
22です。22をアップしたら、あなたのコメントが上にあって、ちょっとびっくり。

誤解があるように思います。
後で書きます。


25. 2017年8月27日 08:01:52 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1590]
一主婦さん
私はね、私のコメントを読んでくれ、と言ったわけではない。それにあなたが関心がないだろうこともわかっている。

私が読んでほしかったのは、不破哲三さんの言葉だよ。不破さんは、ここでは、特に共産主義について語っているわけではない。


26. 2017年8月27日 09:52:43 : jsGRXepjjF : j@_JE2WERDw[157]
>>25

そういうことですね。
ここ数年の動きを見ても、日本共産党は独自候補をおろして統一候補にして野党共闘を進めました。
小沢さん(結果的にオリーブの木構想)に最も協力的なのも日本共産党なのでは。

オリーブの木構想がどんなものかの共通認識が違っている可能性もありそう。
大ざっぱには、各党のゆるやかな結合と統一名簿でいいよね。
野党を全て解党して一つにするとお考えですか?


27. 2017年8月27日 09:55:56 : jsGRXepjjF : j@_JE2WERDw[158]
>>26共通認識が、、、野党を全て解党して一つにするとお考えですか?

一主婦さん 宛です


28. やもめーる[-1063] guKC4ILfgVuC6Q 2017年8月27日 13:46:53 : blXCgLxbC6 : KU28p9SwFww[-74]
>>10
出たー!!(笑)
痛いところ突かれて相変わらず詭弁と屁理屈で逃げ回る
典型的なバカウヨの無様で間抜けぶり。(笑)
本当は腸が煮えくり返ってんだろ!?(笑)

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理
29. 一主婦[2308] iOqO5ZV3 2017年8月27日 14:23:06 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[219]
27さん

今現在は、そうするのが一番の対処方法だと思います。
特に、小選挙区制で二大政党制という中での闘いで勝つことと、その後の政権運用を考えた時には、相手があまりにも巨大すぎる事からも、緊急どきと捉えたなら。それをするのが最善策だと思います。主義思想、よりもまず目の前の倒れかかっている国民救済が先だと思います。

共産党さんは、その辺りの国民救済の考え方が、独りよがりの独善的お考えの方がいつも勝っている政党に、私には映ります。以前よりはだいぶマシにおなり遊ばしましたが、以前は、国民の危機的状況を尻目に独善的な幻の主義、主張を掲げて、綺麗事をズラズラ並べて、自己満足に浸っているだけのワガママ政党に思えました。結局その独善性が自民党の一党独裁を長年支えてきた原因になっていました。いわゆる、自民党のガス抜き政党。自民党の補完政党になっていました。

現在は、その批判を気になさった様で、野党共闘には参加する様になられた様ですが、やはり、この危機的状況下ではそれでは足りないと思います。99%の国民の差し迫っている危機を救うには、その4野党共闘では力が足りません。なんとか政権交代までは行き着いても、そのあとが続かないと思います。すぐに潰されてしまいます。何しろ相手は、アメリカを含む官僚機構、マスコミ、一党独裁自民党、財界などなど、巨大すぎる敵なのですから

ですから、小沢氏は、4野党共闘は「次善策」と言っているのです。小沢氏の願いは、99%の国民の危機を救済する為には、自分の政党などいつでも壊せる、政党よりも国民の生活が第一と思っているのです。でもそれを見て、政局だけと言って非難なさる共産党支持の方がいる事は、大変残念です。自分の政党よも、目の前に迫っている国民救済が大切だと思います。ですから、小沢氏は、巨大すぎる相手には「最善策」で抗したいと長年思っているのです。

その考えから二大政党制をとったのだと聞いています。今回目指す政権交代も、政権を取った後を考えたなら「最善策」の形、自公独裁に終止符を打つ為にも「国民の生活が第一」の政策を進めて、目の前に迫っている国民救済と世直しを完了させる為にも、「最善策」で当たりたいと思っているのです。共産党さんも、その「最善策」での世直しに参加してくださったなら、世直しも救済も確実なものになると思います。遠い遠い共産主義が、目の前に迫っている国民の危機の救済よりも大切ですか?と問いかけたくなります。

数年前から、共産党さんは、独善性の部分を改善し一歩を踏み出ししてくださいました。この逼迫した国民の危機回避の為に、もう一歩を踏み出していただけないのでしょうか?
小沢氏の、この国民を思う考えを、政局だけど高みの見物の様に罵しる共産党ではなく、国民救済を第一に考えで下さる共産党さんになって欲しいと願っています。主義、思想よりも、目の前の国民の救済にを現時点だけでもなって頂けたら有難いと思っています。


30. 2017年8月27日 15:10:33 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1595]
>>26
>野党を全て解党して一つにするとお考えですか?

私は、野党を一つにする必要はない、と思っている。各政党とも綱領を持ち、独自のビジョンを持っている。それを放棄せよ、と迫ってはいけない。
とはいえ、目の前の安倍政権の悪政をやめさせなければいけない。これは、政策合意に基づく統一戦線の考えでいいだろう、と思っている。
古くは、1930年代のフランスとスペインで、人民戦線が政権をとったこともあった。


31. 一主婦[2314] iOqO5ZV3 2017年8月27日 17:21:00 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[225]
>>30. LKXRYf922A さん

ハイ、分かりました。

やはり貴方は、この国民の崖っぷち危機を目の前にしても、共産党という政党と、共産党の綱領が国民の危機よりも大切と言う事ですね。残念!


32. 2017年8月27日 22:12:27 : jsGRXepjjF : j@_JE2WERDw[159]
>>30 >>31
>野党を全て解党して一つにすると考え

私も反対
・「野党を全て解党して一つにする」はオリーブの木構想ではないのでは
・一つにすると共産党の存在を受け入れない人の票の損失
・本来のオリーブの木構想なら上記の損失は最小限にできる
・共産党は選挙協力で実質的にオリーブの木構想に参加できる
・一人区の調節と統一名簿が最大の恩恵になる

民進党、自由党、社民党を解党して、ふるい分けする考えには賛成
これは民進党をふるい分けするのと同義

自由党と日本共産党を支持する立場からの意見です
自由党と日本共産党が最善の策を選択するよう応援します

もう少し意見がありますが、共通の背景がないと平行線になるのでパスします


33. 一主婦[2315] iOqO5ZV3 2017年8月28日 00:36:06 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[226]
>>32 さん

お返事ありがとうございます。
なんか、私達、認識にずれがあるために、かみ合いませんね。
私も、今日は疲れましたので、簡単に返答します。(と、言っても、簡単に書けないのが、私の長文病なのです)では、一つずつ行きます。


ですから、↓にある、オリーブの木は「次善策」になります。
「最善策」は、前党解党して一つの新党を作ることになります。

・「野党を全て解党して一つにする」はオリーブの木構想ではないのでは

↑、「最善策」は、野党が一つになり「新党」を造って、大きなアチラ側と闘うと言う形です。その方が勝ち易いそうですし、政権を執った後の「政権運営」も一つの政党なら運営し易いそうです。前回の民主党のように、自分の出世のために、首相の座をぶら下げられて、大臣の人参をアチラからぶら下げられて、アチラ側に転んだ菅直人や野田佳彦・岡田・などの様な人が出ないように、今度の新党では、シッカリと、政権交代の意味相や政権運営の困難さを、政権内部で硬く確認をし合う事と、全員のその辺りの合意を執って、シッカリとしたスクラムを組む必要はあると思います。


・一つにすると共産党の存在を受け入れない人の票の損失

↑のアナタの心配。これは「新党」になる訳ですから「共産党」と言う党名は消えて「新党ナ二ナ二党」に変わって「政策」も、今現在、どうしても解決しなければならない「喫緊の政策」を「新党の政策」に制定しますから、共産党さんの党と、政策を誤解して、とても嫌いな人でも、難なく投票できる政党名と政策になるはずですから、そのご心配は無いと思います。


・本来のオリーブの木構想なら上記の損失は最小限にできる

↑、本来のオリーブの木は、どうしても一つにまとまることが出来ない場合の「次善策」です。既成政党が、本来の自分の党の主義主張を張り合いますと、選挙協力までは出来ても、政権交代がめでたく出来た後の政権運営で、それぞれの党の政策や、主義主張、綱領などがぶつかり合い、アチラと抗する力が分散するのだと思います。やはり、それぞれバラバラな主張を張り合っていたら、力が分散して、政権運営が弱まると思います。ですから、一つの政党になって大きな相手に屈せずに世直しが出来るわけです。その力の結集の為の最善策が「新党」だと言う事になると思います。


・共産党は選挙協力で実質的にオリーブの木構想に参加できる

↑これも、共産党さんの勇断次第に掛かっているのだと思います。後一歩の踏み出しでもって「新党参加」になってくだされば野党側の力も倍増すると思います。あの数年前の共産党さんは、協力体制は「皆無」でしたが、その後の勇断で、野党選挙協力に踏み出してくださいました。ありがとうございます。でも、ご覧の通り、その「次善策」では、約半数以上いると言われる「棄権組み」「無党派層」が投票に参加してくださいません。これでは、今までの負け戦の続きになります。

ですから、この崖っぷちを乗り越える為には「最善策」の超党派による「野党再編」での「新党」での政権交代が、必須に近い状態で望まれている現状なのだと思います。共産党さんの「共産主義や綱領」も、確かに大切ですが、今回の政権交代は、危機迫る「国民救出」の意味合いがある「政権交代」ですので、共産党さんも、その共産主義や、綱領を一旦横に置き、救国の為の「新党に」に参加していただければ、それが国民救済の「最善策」になります。今一歩の勇断をお願いしたい気持ちでいっぱいです。


・一人区の調節と統一名簿が最大の恩恵になる

↑、これも、ですから、新党になる訳ですから、選挙のたびの、各党の統一名簿のスリ合わせや調整は要らなくなると思います。ひとつ野党での、全員のお話し合いと、有権者による指名投票などで、あらかじめ立候補者が決められますね。だって一つの政党に成るのですから。調整もすりあわせも要らなくなります。そして、いつ抜き打ち解散があっても、一選挙のたびにゴタゴタする政策のスリ合わせや、候補者の調整はあらかじめ決めておけば良いのです。ひとつの政党に成っていれば、めき打ちの解散等にもあわてなくて済みます。


>民進党、自由党、社民党を解党して、ふるい分けする考えには賛成。これは民進党をふるい分けするのと同義。

↑も99%国民の為の「新党」を造ると言ったなら、当然、隠れ自民党議員は、居場所がない事を察して「新党」には参加しないと思います。特に民進党の隠れ自民党議員は。自然に振るいがかけられますね。その減った分は、百合子党でくすぶって不満な議員や、自民党で不満を持っている議員、維新に埋もれている国民派議員、そして市井の有能な立候補者、たとえば、植草氏や、小林節氏、元官僚の前川氏などのような専門家も立候補していただければ、こちらの有力な戦力になると思います。民進党のダメ議員の代りは、他からいくらでも調達できると思います。、


>自由党と日本共産党を支持する立場からの意見です
自由党と日本共産党が最善の策を選択するよう応援します

↑、私も、自由党と共産党の政策は大好きです。そして、社民党も、亀井党も好きです。もしかすると、百合子党にだって、維新にだって、自民党にだって、私達99%の国民のために働きたいと言う議員が埋もれているかもしれません。前原さんは、チョット怪しい部分も残っていて全部は信用していませんが、小沢氏が目指していると言う「最善策」、大きなウイングでの「野党再編」による「新党」での「政権交代」を語っていますので、その可能性に賭けたいと思っています。

アレッ、ちっとも、「簡単に」にはならなかったですね。長くなって済みません。


34. 2017年8月28日 01:22:17 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1598]
>>31 一主婦さん
誤解だよ。
当面の目標と、未来社会の展望は区別しているということ。
今やることは、当面の喫緊の課題で合意することであるが、だからと言ってはるか将来の未来社会について語るのは自由だろう。


35. 一主婦[2317] iOqO5ZV3 2017年8月28日 01:32:03 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[228]
>>34. LKXRYf922A さん

>誤解だよ

↑、ハイ、分かったわ。了解。


36. 2017年8月28日 07:47:15 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1601]
一主婦さん
そもそもこのスレへ案内した目的をちゃんと書かなかった。以下に書く。

不破さんは
「内閣の顔ぶれまで予想するのは早すぎる。政権に共産党が入閣して参加するか、入閣しないで参加するかは未知数だ」
と言っている。
「入閣する」とも「入閣しない」とも言っていない。「入閣しないで参加する」とは閣外協力のことだろう。最低でも閣外協力と言うことだね。それなら与党のうちに入る。

小沢さんは、共産党は政権に入りたがらない、と言っているけど、これは小沢さんの一方的な想像で、共産党はそんなことは言っていないからね。


37. 2017年8月28日 14:45:00 : fYRFloGSgY : KHtz1TT@vb8[1]

共産党が入閣するとか^^

そんな起こりもしない現象を前提で^^

取らぬ狸の皮を数えるような真似は誰もしないんだよ^^


野党連立とは^^

消えゆく野党のうちより^^

野党の幹部のみは議員に止まれるよう^^

集票談合して、談合参加者のみの議席を守ろうという^^

浅はかな無責任エリートが^^

無責任エリートのみを守るため^^

星の回しあいをしましょうということ^^


そこに有権者の意思は無い^^

有権者とは^^

支持政党に指定された候補者が^^

有権者の意思に叶わぬ政治家であっても^^

支持政党の干渉で^^

意に添わぬ候補者であっても投票せねばならないとする^^

単純な自由選挙違反に過ぎない^^




[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

38. 2017年8月28日 14:47:42 : fYRFloGSgY : KHtz1TT@vb8[2]

この自由選挙妨害行為に^^

小沢一郎さんは^^

「本来、野党は解党して1つの政党に成るべき」という^^

いたって真面な自論を述べただけのことである^^




[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

39. 一主婦[2319] iOqO5ZV3 2017年8月29日 04:06:33 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[230]
>>36. LKXRYf922A さん

アラまだごねているの。
小沢さんがおっしゃっている事は、私も、どこかで確かに聞きました。
一つの党に入らない。野党全党が解党して造る一つに成った政党に、共産党さんは主義・主張、政策が一致しないので、ご一緒しないとおっしゃいませんでしたか?これは、前原氏が言った事と同じ事でしょう?そして、共産党を除く野党核とが解党して、一つになって「新党」になった場合のね共産党さんの協力は「党外協力」になる。そして、場合によっては「閣内協力」もあり得ると言う事でしたよね?

上の事は、前原氏も、野党再編による「新党構想」を元に発言していますから、政策や、主義主張、政策理念の違う所とは、協力できないと思っている。問い発言は、共産党さんと瓜二つですね。そして、共産党さんは新党の場合は「党外協力」になる。と言っていますね。前原氏も、ある記者会見では、ありとあらゆる所とも、話し合い上、協力する考えだ。とも言っています。これは、矛盾している、ふらふらした発言と、私は誤解しましたが、コレも共産党さんの発現と同じときが付きました。

前原氏は「新党」を組む場合は、その新党には、共産党さんの様な、主義主張,政策が違い過ぎる政党とは新党としてご一緒できないが(共産党さんと言分は同じ)、新党を造った後での、協力はドコとでも協力したい。これも、共産党さんがおっしゃっている「党外協力」というのと同じ。「閣内協力」まで、前原さんは含んでいるのかは分かりませんが、共産党さんが望む場合は、前原氏も了承するのでは無いかと思います。何しろ、小沢党や、社民党、亀井党も、その新党には加わると思いますから、きっとそうなるはずと思います。

アナタ、なんか、ひねくれ過ぎに見えますよ。
今までの様な「4野党選挙協力」だけでは、やはり、巨大なアチラ側を相手に戦い、政権奪取後の政権運営の事も考えると、それでは力不足のようですよ。何しろあの巨大な既得権益に抗して、世直しを進めるのですからね。4野党の選挙協力では共産党さんも仲間に入るので、アナタは、必死で「一押し」していると言う事なのですね。

でも、新党には入れない場合(共産党さんの都合で入らないのですね)では、仲間はずれにされると思って、あなたは僻んでいるようですけれど、共産党さんが入っていない「新党」での政権交代であっても、絶対に共産党さんを仲間はずれになどしないそうですよ。新党の場合は、今までの共産党さんとの協力体制では無くなりますので、前原氏は「見直す」と言っているのだそうです。

そして、新党での戦いでは、共産党さんは「党外協力」を申し出て下さっていますから。きっと前原氏や小沢氏などは、それを喜んで、受けると思います。そして、共産党さんは、政策が合えば「閣内協力」もなさると言う申し出のようですから、その共産党さんの申し出も、喜んで受け入れると思います。仲間はずれのご心配は無いのです。心配ご無用。

ところで、マスコミの「リベラル枝野」「亜流自民党前原」の、誤誘導と洗脳工作が汚いですね。その事を、他のスレッドで書きましたので。マスコミの誤誘導に騙されない様にしていただきたいと言う、心配する姉心から、↓のURLを貼ります。読んでね。

http://www.asyura2.com/17/senkyo231/msg/394.html?c16#c16


40. 一主婦[2320] iOqO5ZV3 2017年8月29日 04:19:03 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[231]
あ、半分眠っている頭で、返事を書いたら。スゴイ数の間違いが・・・
昼、ほっつき歩いていたので、こんな時間しか、パソコンの前に座れないの。


訂正

共産党を除く野党核とが解党して、一つになって「新党」になった場合のね共産党さんの協力は「党外協力」になる。(誤)

共産党を除く野党各党が解党して、一つになって「新党」になった場合の共産党さんの協力は「党外協力」になる。(正)

問い発言は、共産党さんと瓜二つですね(誤)→と言う発言は共産党さんと同じ事ですね。(正)

間違いだらけで、ごめんね。


41. 2017年8月29日 12:58:49 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1613]
一主婦さん 
もうちょっと整理するね。
連携するにしても、次のような種類が考えられるね。
1.新党に合同
2.連立政権 入閣する  これは今の自公政権と同じ形
3.閣外協力 入閣しない
4.選挙協力のみ
  (1)相互推薦
  (2)選挙区すみわけ
5.選挙協力もしない

上のうち、1〜3までが与党、
4なら与党とは言えない。「ゆ」党的存在だね。(2)なら野党かもしれない。
5なら野党

不破さんの言っていることは、2か3だが、どちらになるかまだ未知数だ、と言うことだね。
さて、小沢さんが言っているのは
http://www.asyura2.com/17/senkyo231/msg/172.html
 野党共闘とは、民進党、自由党、社民党……。そして共産党?
「共産党は中には入らない。アウトサイダーではないが、選挙の協力政党だ」
 共産党は政権交代後の連立内閣には入らないのか?
「入らない。彼らも入りたがらないのでは。選挙協力の枠組みでは一緒にやろうということになっている」
(引用終わり)

私の分類では、小沢さんは4だね。おそらく(1)だろう。去年の参議院選で自由党が共産党の公認候補のうち何人かを推薦していたから。
ここで、小沢さんの言葉で注意するのは、「彼らも入りたがらないのでは」だ。ここで「のでは」がついているのは、共産党に確かめたわけではなく、小沢さんが推測で言っているということ。これは明らかに不破さんの発言とは違う。

さて枝野氏と前原氏は、前回に紹介した動画では、はっきりした違いがあり、枝野氏は4の(1)か(2)、前原氏は5だと解釈できる発言をした。
さっき聞いた以下の動画
https://www.youtube.com/watch?v=JAASIAjEIrI
これでは、2人の差が少なくなっている。ともに共産党とは政権をともにしない、と言ったが、枝野氏の方は選挙での連携に含みを残すというところだ。強いて言えば枝野氏は、4(2)ではないかと想像する。前原氏ははっきりしない。
もっとも、特に前原氏は「言うだけ番長」と言われている人だから、今後どのように変わるかはわかったものではない。

だから一主婦さんの言う、
>そして、共産党さんは、政策が合えば「閣内協力」もなさると言う申し出のようですから、その共産党さんの申し出も、喜んで受け入れると思います。
これはありえない。小沢さんも前原氏も枝野氏も、上記の2と3は否定している。

なお、前原氏が新党結成を考えているのかどうかははっきりしない。
小沢さんは、
>民進党の前原誠司元外相が党代表選(9月1日投開票)で勝利した場合、「念願の主張である野党結集を打ち出すと思う」と持論を述べた。
と言っているが、前原氏自身の言葉としては見つけられなかった。また小沢さんの言葉には「思う」がついているので、これも推測で言っていると思われる。

大体、ウイングを広げた新党の場合、対象になるのはどこ?
今までの共闘の枠組みは野党4党であるが、共産党は対象外。そうしたら、広げる先は維新と百合子新党しかないではないか。日本ファーストの若狭勝はそれを否定しているし、成功するとは思えない。
仮に成功しても、極右の人もいるこの組み合わせで政策合意ができるの?


42. 2018年6月12日 11:13:39 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-2047]
2018年6月12日(火)

「資本論」の中の未来社会論 縦横に

不破社研所長が講演

労働者教育協会 学習会

 日本共産党の不破哲三社会科学研究所所長は10日、労働者教育協会の第58回総会に続いて東京都内で開かれた学習会で、「『資本論』のなかの未来社会論」と題して約2時間にわたり講演しました。総会の代議員ら約80人が参加しました。


https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-12/2018061206_01_1.jpg
(写真)「『資本論』のなかの未来社会論」を講演する不破哲三社研所長=10日、東京都文京区

 主催者あいさつした労働者教育協会の山田敬男会長は、現在作業中の同協会の教科書改定で「最大の目玉が未来社会論」だと述べ、この問題を深めるために不破氏に講演を依頼したと述べました。

 不破氏は、マルクスの経済学研究の中心テーマの一つであり結論が未来社会論だと強調。マルクスは「資本論」全巻にわたって未来社会にさまざまに言及していると述べ、該当箇所のすべてを資料として紹介しながら、マルクスの未来社会論の豊かな内容を語りました。

 不破氏は、資本主義の運動の根本原理は「利潤第一主義」であり、社会によって強制されるのでなければ労働者の健康と寿命になんらの顧慮も払わないこと、それにもかかわらずその中で新しい社会の土台を否応なしにつくり上げることを指摘しました。これに対して、「生産手段の社会化」が実現した未来社会では(1)生産者が主役の社会となり(2)人間の自由な発展が経済発展の主要な目的となるなど経済活動のあり方が変わり(3)資本主義時代の浪費と無駄が一掃され、経済の飛躍的発展の新しい時代が始まる―ことなどを、「資本論」の関係箇所を紹介しながら詳しく解明しました。

 その中で不破氏は、マルクスが未来社会では人間の能力の発展が経済発展の動力になると解明していることに「未来社会の核心」があると強調しました。そして、マルクスが人間の自由な時間という問題を「資本論」を執筆する中で「1本の糸のように追求」した到達点が「必然性の国」(社会を維持するために必要な物質的生産に従事する時間)と「自由の国」(物質的労働という義務から解放された自由な時間)という問題だと指摘。「資本論」の叙述を示して詳しく解明し、未来社会では労働時間の短縮によって「自由の国」が拡大され、人間の力の発達が保障されるという大きな展望を語りました。

 また、不破氏は、格差、原子力、地球温暖化、生産のロボット化など現在の資本主義社会がぶつかっている問題に話を進め、こうした危機と矛盾の中から「未来社会の足音が聞こえてくる」と述べ、未来社会になってこそそれらの問題も解決されると強調しました。

 不破氏は参加者からの質問に答えて、日本における「生産手段の社会化」について、日本共産党の綱領では「多様な形態をとりうる」と幅のある見方を明記していることを紹介し、「どういう形で実現するかは、われわれや次の世代が実地にぶつかって探求する問題」だと語りました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-06-12/2018061206_01_1.html

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

43. 2018年10月11日 18:54:17 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8472] 報告
2018年10月11日(木)

「『共産党宣言』と日本共産党の発展」

『共産党宣言』170周年を記念する『中国社会科学報』への回答

日本共産党・社会科学研究所所長 不破哲三

 今年7月、中国の社会科学院から、『共産党宣言』170周年を記念するアンケートが、日本共産党の不破哲三社会科学研究所長に寄せられていました。そのアンケートへの回答が、中国社会科学院の社会科学報『馬克思(マルクス)主義月刊』9月27日号に、「『共産党宣言』と日本共産党の発展」という表題で掲載されました。そのさい、インタビュー形式にしたり、質問の順序を変更するなど、編集の手が若干加えられていますが、本紙では回答の原文を紹介します。(見出しは編集部)


日本共産党の創立と『共産党宣言』


https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-10-11/2018101105_01_0.jpg
(写真)『中国社会科学報』不破哲三社研所長インタビュー

 第一に、『共産党宣言』と日本共産党との根源的な関係についてお聞かせください。

 すなわち、『共産党宣言』がどのように日本に伝わってきたのか、後世の人々が振り返るのに値する、かつハイライトとなる歴史を重点的に語ってください。日本共産党員にとって、『共産党宣言』に初めてふれた時、この著作をどのように認識したのでしょうか。当時の日本共産党員の思想状況はどのようなものだったのでしょうか。

 不破 社会主義運動の先覚者たちは、20世紀早々から、『共産党宣言』を読んで発言していますが、その日本語訳が最初に刊行されたのは、1904年11月でした。社会主義者の堺利彦と幸徳秋水の共訳で、日露戦争反対の論陣をはっていた平民新聞に掲載しました。しかし、この号は政府によってただちに発売を禁止されました。

 堺利彦は、その2年後の1906年、雑誌『社会主義研究』を創刊、その第1号に『共産党宣言』の全文を掲載しましたが、発行部数の少ない研究雑誌だったためか、これは発売禁止の弾圧をうけず、戦前の日本で、『共産党宣言』が合法的に刊行された唯一の日本語訳となりました。

 とくに、1922年に日本共産党が創立されて以後は、言論・出版面での弾圧はいよいよ強烈となりました。1928〜35年に、多くのマルクス主義研究者の協力によって、『マルクス・エンゲルス全集』(全32冊)が発行され、世界的にも戦前唯一の全集となりましたが、ここでも『共産党宣言』だけは、収録を許されませんでした。

 しかし、言論弾圧のこの体制のもとでも、非合法での『共産党宣言』の出版はくりかえしおこなわれ、手から手へという方法で流布され、そこに記された革命理論は、多くの先進的な人々の共有財産となりました。このことが、1922年7月の日本共産党創立への大きな力となったことは、いうまでもありません。

党の理論建設における『宣言』の役割

 第二に、『共産党宣言』は日本共産党に対してどのような理論建設の意義をもっているのでしょうか。すなわち、『共産党宣言』の中にあるマルクス主義思想の観点、方法が、日本共産党の思想・理論の建設にどのように影響したのでしょうか。

 不破 日本共産党の綱領は、党の創立とその意義を、冒頭につぎのように規定しています。

 「日本共産党は、わが国の進歩と変革の伝統を受けつぎ、日本と世界の人民の解放闘争の高まりのなかで、一九二二年七月一五日、科学的社会主義を理論的な基礎とする政党として、創立された」

 そのことは、党規約でも、第二条に明確に規定されています。

 「党は、科学的社会主義を理論的な基礎とする」

 ここに表明されているように、私たちは、党全体として、思想・理論の建設においても、各分野での党活動の推進においても、科学的社会主義の立場を貫く努力をしています。

 私たちは、この理論を表現するのに、公的には「科学的社会主義」という用語を使っています。それは、マルクス自身が自分の理論的立場を表現するさい使った言葉で、内容的には、マルクス主義と同義語だとご了解ください。

 『共産党宣言』は、マルクスにとっても、科学的社会主義者としての理論的発展のいわば起点であって、マルクスは、ここを出発点に、理論の全領域でその学説を発展させるために、あらゆる努力をつくしました。マルクスが、剰余価値の学説に到達したのは、『宣言』から20年近くを経た後でしたし、社会主義・共産主義の理論にも、革命運動の理論と路線にも、多くの発展がありました。そのマルクスの理論を学ぶさい、私たちは、「マルクスをマルクス自身の歴史の中で読む」ことをスローガンにしています。

理論学習では古典の全体を重視する

 第三に、世界に影響を与えた革命的著作として、日本共産党は党員に対してどのように『共産党宣言』を利用して、理想教育、学習を展開しているのですか。すなわち、書物上の理論から行動理論まで、『共産党宣言』のどのような思想的内容が日本共産党員に深く影響を与えているのでしょうか。

 日本共産党員はマルクス主義理論の思想的武器をどのように理論的に学び、つかんでいるのでしょうか。またどのように思想的武器を運用して日本社会を分析し、さらには日本共産党の建設事業を推進しているのでしょうか。

 不破 私たちは、先の質問にお答えした立場から、『共産党宣言』だけに限定せず、マルクス、エンゲルスの古典の全体の学習を重視しています。日本共産党の中央委員会内部でも、『資本論』のゼミナールを1年間(21回)実施したり、古典講座と綱領講座を並行して1年間おこなったりしてきました。この並行講座は全国でインターネット中継をおこない、また講義内容を冊子にして、学習を全国的に広げています。古典の講義のなかでは、もちろん、マルクス、エンゲルスが『共産党宣言』で展開した革命理論や社会主義・共産主義の理論が、その後の理論的発展をふくめて、解明されています。また、青年組織である民主青年同盟では、日本共産党の幹部がその学習集会でおこなった講義『マルクスと友達になろう』をテキストにした学習活動がひろがっています。

 現実の情勢や直面する運動の課題の分析では、古典を教条にし、その物さしに現実を当てはめるような態度ではなく、科学的社会主義の核心、その科学的・革命的精神を体得して、21世紀の日本と世界を分析することを重視しています。

『共産党宣言』における未来社会論

 第四に、日本共産党自身の発展の実際と結びつけ、『共産党宣言』が刊行されて170年後に、今日の日本共産党および未来の日本にとって、どのような意義があるのかを語ってください。

 不破 『共産党宣言』が、科学的社会主義の学説の起点としての意義をもっていることは、すでに述べました。

 設問の中に、「未来の日本」という言葉がありましたが、この点でも、『共産党宣言』には、現代の世界で重要な意義を持つ命題があります。それは、私たちの運動の、世界的にも共同の目標となるべき未来社会についての、つぎの命題です。

 「階級および階級対立をもつ古いブルジョア的社会の代わりに、各人の自由な発展が、万人の自由な発展の条件である結合社会(アソツィアツィオーン)が現われる」

 マルクスの死後のことですが、エンゲルスが、イタリアの一社会主義者から、「来たるべき社会主義時代の理念を簡潔に表現する標語を示してほしい」という依頼の手紙をうけたことがありました。この質問に対して、エンゲルスが回答の言葉としたのが、『共産党宣言』のこの言葉でした。

 マルクスは、『資本論』のなかでも、未来社会について語るとき、「自由な人々の連合体」(第一部第一篇「第1章 商品」)、「各個人の完全で自由な発展を基本原理とする、より高度な社会形態」(第一部第七篇「第22章 剰余価値の資本への転化」)など、「自由」あるいは「自由な発展」という言葉を、必ずといってよいほどくりかえしました。「自由」は、それほどに未来社会の決定的な特徴とされました。

 では、その「自由」とはなにか。

 政治的抑圧からの自由、経済的搾取からの自由、これが、未来社会における「自由」の重要な内容をなすだろうことは、当然のことです。

 さらに、マルクスは、その後の研究、とくに『資本論』への取り組みのなかで、「自由」という言葉のもつ、未来社会にとっての特別の意味を明らかにしました。

 それは、未来社会では、すべての人間に「自由な時間」、どんな外的な義務にも拘束されず、自分が自由に活用できる時間をもつことが保障される、ということです。

 搾取階級が消滅し、すべての人間が生産活動に参加することによって、労働時間の抜本的な短縮が実現され、すべての人間に「自由な時間」が保障される。選ばれた特別の人間だけではなく、すべての人間に、自分の能力を発達させる条件が保障されるのです。資本主義社会は、剰余価値の拡大を徹底的に追求する利潤第一主義が経済発展の原動力となりましたが、未来社会では、自由な時間を得た人間の発達が社会の発展の原動力になります。これは、まさに、人類社会の歴史の新しい時代の始まりだといってよいでしょう。

 マルクスは、資本主義社会の終末をもって人類社会の「前史」が終わると書きましたが(「経済学批判・序言」)、それは、社会主義・共産主義の未来社会をもって人類社会の「本史」が始まる壮大な展望を示した言葉でした。

 私たちは、2004年に改定した新しい党綱領で、このことを含め、未来社会の新しい姿を全面的に明らかにしました。

古典研究の今日的な意義

 第五に、日本共産党の理論家として、あなた自身はどのように『共産党宣言』を学習し、理解し、認識しているのでしょうか。このマルクス主義の古典の著作は、あなた自身にとってどんな意義があるのでしょうか?

 不破 私たちは、『共産党宣言』の理論と運動の起点としての意義とともに、そこで取り上げられている問題の全領域にわたって、マルクスの学説の歴史的発展を探究してきました。

 国際的には、スターリンとその後継者たちによって、マルクスの理論と学説がゆがめられ、変造されたりしてきた論点が無数にありました。スターリンは、その初期の著作『レーニン主義の基礎』で、「レーニン主義」とマルクスの理論を対比し、マルクスの理論を帝国主義以前の時代の理論、すなわち、過去の理論と意義づけ、「マルクス・レーニン主義」の名のもとに、実質的にはマルクス主義とは無縁の理論体系をつくりあげてきました。私たちは、20世紀の60年代から、この誤った理論体系を克服し、科学的社会主義の本来の立場を復活させ、日本と世界の新しい諸条件のもとで、それを現代的に発展させる努力をつくしてきました。もちろん、それには、古典の徹底した研究が不可欠でした。私たちは、いまでも、その努力を続けています。

『宣言』と日本共産党綱領

 第六に、日本共産党は、『共産党宣言』のような著作、例えば、「日本共産党宣言」と直接名づけた理論的著作はあるのでしょうか。もしあるのであれば、それは『共産党宣言』との間にはどんな区別や関連があるのかを語ってください。もしなければ、将来こうした著作を著すことはできるでしょうか。すなわち、日本共産党がどのようにマルクス主義、社会主義の道にそって党を建設するのかということです。

 不破 私たちにとって、そういう意義をもつ文書は、日本共産党綱領です。この綱領は、1961年の第8回党大会で決定した綱領に、2004年の第23回党大会で抜本的な改定をおこなったものです。そこには、私たちの党の理論的発展、なかでも、半世紀にわたる古典研究の成果と、スターリン時代以後の誤った遺産を根こそぎ清算した成果が結実しています。

 党綱領は、五章からなり、第一章では、戦前の日本社会の情勢とそこでの党活動の歴史を概括し、第二章で、現在の日本社会の情勢を分析して、その大局的な特質を明らかにし、第三章で、20世紀をへて到達した21世紀の世界情勢の特徴を分析し、第四章で、日本の当面する革命を、対米従属と大企業・財界の支配を打破する民主主義革命と規定して、それを成し遂げる道筋と統一戦線の方策を明らかにし、第五章で、社会主義・共産主義の社会、すなわち未来社会の目標とそこに至る道筋を解明すると同時に、21世紀の世界的展望を示す、という構成になっています。

 私たちは、そういう言葉は使いませんが、質問者の言葉を借りてあえて言えば、党綱領、これが、科学的社会主義の党として、日本共産党が、どんな日本、どんな世界をめざすかを語る、「日本共産党宣言」に該当すると思います。

「私的所有の廃止」の意味をどう理解するか

 第七に、『共産党宣言』の中に、「共産主義者は、自らの理論を一つの表現に総括することができる――私的所有の廃止」という言葉があります。あなたはこの話をどのように理解していますか。

 不破 『共産党宣言』は、引用された文章にすぐ続く部分で、社会の共同所有に移るのは、「資本」であることを強調し、のちの、「労働者革命」が実現したときに、実行される変革の内容を具体的に説明した部分でも、変革の内容を、「すべての生産用具を国家の手に、すなわち支配階級として組織されたプロレタリアートの手に集中」することだと、説明しています。『共産党宣言』が「私的所有の廃止」という場合、それが「生産手段の社会化」を意味することは、明白だと思います。

 マルクスは、『資本論』で、未来社会の経済関係を問題にしたときにも、共同で生産する生産物について、生産手段はひきつづき社会の共同所有として残るが、生活手段は各個人に分配される、つまり個人の私有財産となるという説明をしています。これが基本態度でしたから、インタナショナルの時代に、反共派が、“インタナショナルは勤労者の個人財産を廃止しようとしている”という攻撃を加えてきたときにも、エンゲルスは、断固とした反撃をくわえたのでした。

革命論――マルクス自身の理論的発展を探究

 第八に、『共産党宣言』の中で、「プロレタリアートは暴力によるブルジョアジーの転覆によって自らの支配を打ち立てる」と述べています。あなたは、この話が正確だと考えますか。それはなぜですか。

 不破 当時は、ヨーロッパの主要国で、普通選挙権が保証され、国民の選挙によって議会や政府が選ばれるという民主的な政治体制は、どこにも存在しませんでした。そういう条件のもとでは、反動的な体制を変革する革命は、人民の決起による以外にありませんでした。それが、当時のマルクスの革命論にも反映しています。

 その情勢が変わり、いくつかの国で民主的な政治体制がうまれはじめたとき、もっとも早くこのことに注目して、そういう条件をもった国ぐにでは、議会での多数者の獲得を通じての革命の展望があることを、初めて指摘したのも、マルクスでした。この点では、1870年代のマルクスの次の二つの発言が、特に注目されるべきだと思います。

 一つは、インタナショナルのヨーロッパでの活動を終結させたハーグ大会ののちに、アムステルダムの大衆集会でおこなった演説(1872年9月)です。マルクスは、「労働者は、新しい労働の組織をうちたてるために、やがては政治権力をにぎらなければならない」と述べた後、その方法について、次のように語りました。

 「われわれは、この目標に到達するための手段はどこでも同一だと主張したことはない。われわれは、それぞれの国の制度や風習や伝統を考慮しなければならないことを知っており、アメリカやイギリスのように、そしてもし私があなたがたの国〔オランダ〕の制度をもっとよく知っていたならば、おそらくオランダをもそれにつけくわえるであろうが、労働者が平和的な手段によってその目標に到達できる国々があることを、われわれは否定しない。だが、これが正しいとしても、この大陸の大多数の国々では、強力がわれわれの革命のてことならざるをえないことをも、認めなければならない」

 もう一つの発言は、1878年、ドイツのビスマルク政府が、ドイツの労働者党を非合法化する弾圧立法を持ち出したとき、その議会討論の記録を読みながら、ノートに書き付けた次の文章です。一部の国ぐにでの革命の平和的発展の可能性についてのマルクスの考えが、アムステルダムでの演説よりも、さらにくわしくより立ち入った内容で説明されています。

 「当面の目標は労働者階級の解放であり、そのことに内包される社会変革(変化)である。時の社会的権力者のがわからのいかなる強力的妨害も立ちはだからないかぎりにおいて、ある歴史的発展は『平和的』でありつづけうる。たとえば、イギリスや合衆国において、労働者が国会(パールメント)ないし議会(コングレス)で多数を占めれば、彼らは合法的な道で、その発展の障害になっている法律や制度を排除できるかも知れない。しかも社会的発展がそのことを必要とするかぎりだけでも。それにしても、旧態に利害関係をもつ者たちの反抗があれば、『平和的な』運動は『強力的な』ものに転換するかも知れない。その時は彼らは(アメリカの内乱やフランス革命のように)強力によって打倒される、『合法的』強力に対する反逆として」

 マルクスの革命論は、こうして、資本主義諸国での政治制度の変化、とくに国民主権の民主主義の政治体制の進化に応じて、発展をとげてきました。そして、その発展は、多数者革命の路線として結実してゆきます。

 私たちは、革命論の問題では、『共産党宣言』での規定を当時の歴史情勢のなかで位置づけ、マルクスの革命論のその後の発展とその方向性を正確にとらえることが、きわめて重要だと考えています。

 この問題では、レーニンが、その見地に立たず、20世紀に入った段階で、強力による革命を革命の普遍的法則と意義づけ、いわば『共産党宣言』段階の革命論を固定化してしまったことは、マルクスの理論的発展に逆行したもので、たいへん残念なことでした。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-10-11/2018101105_01_0.html

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

44. 2019年9月21日 09:20:07 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[2949] 報告
〖頭脳革命〗「新・資本論」を学べば、日本の米国追従・親米ケツ舐め外交の事実がひもけるー不破哲三「日本共産党」元議長2019 09 20
.
日仏共同テレビ局France10
2019/09/20 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=9l_IS_NUVc4

〖頭脳革命〗「新・資本論」を学べば、日本の歪な構造が分かるー志位和夫「日本共産党」委員長2019 09 20
.
日仏共同テレビ局France10
2019/09/20 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=Tc_FfxUbKcQ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK231掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK231掲示板  
次へ