★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK231 > 571.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
前原・民進党新代表で、小沢一郎の「政治生命」がひっそり終わる このまま静かに消えていくのか…(現代ビジネス編集部)
http://www.asyura2.com/17/senkyo231/msg/571.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 9 月 01 日 13:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


前原・民進党新代表で、小沢一郎の「政治生命」がひっそり終わる このまま静かに消えていくのか…
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52757
2017.09.01 現代ビジネス編集部


■前原・枝野双方にアプローチ

前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官の一騎打ちになった民進党代表選挙は、前原氏の勝利がほぼ確実な情勢だ。

今回の代表選で陰に陽に前原氏にエールを贈り、その勝利を強く望んできたのが、自由党の小沢一郎代表である。

そもそも枝野氏は大の小沢嫌い。その仲の悪さは筋金入りで、民進党の歴史を振り返れば、2003年のいわゆる「民由合併」の際も、小沢氏の政治手法への警戒感から「小沢氏と一緒になるくらいなら議員辞職する」などと、最後まで合併に反対し続けたのが枝野氏だった。

その後も、枝野氏は周囲に「小沢嫌い」を公言してきた。それだけに昨年末、野党共闘をめぐって2人が食事をとりながら意見交換したことが明らかになった際には、関係者は驚いたものだ。しかし、それでも結局は、枝野氏の小沢氏に対する警戒心は解けなかった。

一方の前原氏も、決して小沢氏と近かったというわけではなく、それどころかむしろ、小沢氏が民主党幹部だった時代には「犬猿の仲」として知られた。しかしここ数年は「小沢嫌い」の態度を改め、定期的に小沢氏と会食の機会も持つようになっていた。

そうした会合の席上では、前原氏は小沢氏が説く「野党再結集・共闘論」や、共産党との選挙協力の必要性にも理解を示していたという。昨年9月の代表選でも、小沢氏は自身に近い民進党議員に前原氏をサポートさせ、両者は急速に接近を始めていた。

今回の代表選でも、小沢氏は「前原氏が勝利すれば、野党結集を打ち出すと思う」などと発言し、明らかに前原氏に肩入れしてきた。また、小沢氏に近い松木謙公衆院議員や、元小沢チルドレンとして知られる小宮山泰子衆院議員らも、前原氏の推薦人に名を連ねている。

■「小池」で計算が狂った

小沢氏が、ともに関係の悪かった枝野・前原両氏にアプローチをかけ、最終的に前原氏にベットするに至った背景には、自身の率いる自由党を民進党に合流させたいという思惑があったからに他ならない。小沢氏ならではの政局の流れを嗅ぎとる「カン」を働かせた結果、民進党内のイニシアチブを握る可能性がより高い前原氏を選んだ、ということに過ぎないのだ。

ところがその前原氏の立場が、代表選が本格化するにつれてブレてゆく。小沢氏の考えとは逆方向の発言をすることが増えたのである。

代表選初日の8月21日の共同記者会見では、さっそく「理念・政策が合わないところと協力することは、私はおかしいと思う」と踏み込んだ表現で、次期衆院選での共産党との協力見直しを表明した。小沢氏からしてみれば、せっかく前原氏の「後ろ盾」となってきたにもかかわらず、梯子を外された格好だ。

かと思えば、前原氏は29日になると突如、小沢氏率いる自由党について「もっともわれわれの政策理念に近い考えを持っている」と再び持ち上げた。なぜ、かつてない蜜月とも見えた前原・小沢両氏の関係は、土壇場でこのように迷走を始めたのだろうか。

背景には、前原氏の選挙戦を支える民進党保守系議員の多くが「天皇制や安保・防衛政策へのスタンスが全く異なる共産党との選挙協力は自殺行為だ」として、野党共闘に強いアレルギーを示すようになったこと、そして小池百合子・東京都知事が実質的に束ねる「日本ファーストの会」がにわかに国政進出の道筋を具体化し始めたこと、これら2つの事情がある。

理念が大幅に異なる共産党と無理に共闘しても、広く国民の支持が得られるとは考えづらいし、下手をすると党が空中分解しかねない。より立場の近い日本ファーストの会が今後安定した勢力になるのなら、そちらと組んだほうがまだ可能性がある。

こう考える民進党保守派は、「もし共産党との協力を見直すことができないなら、先に離党した長島昭久氏や細野豪志氏らに続き、民進党を離れる」との構えを見せているのだ。

前原選対のある中核メンバーは、こう話す。

「前原さんは、民進党をこれ以上分裂させないということを第一に考えている。そのため、共産党が勝手に候補者を下ろしてくれるというなら野党共闘だって歓迎するが、そうでないなら、選挙協力路線は見直さざるを得ない。小沢さんの望む自由党の民進党への合流についても、党内にはまだ小沢アレルギーが根強いから、慎重にならざるを得ない」

■そもそも、なぜ共産党と?

「剛腕」を誇った小沢氏の政治力も今は昔。かろうじて政党要件を満たす、所属議員わずか6人の小さな党を率いているに過ぎない。

その小沢氏の現在の唯一の「売り」が、共産党との親密な関係である。

小沢氏と共産党の志位和夫委員長は、近年たびたび会談を持っていることが知られているが、実は志位氏は「本丸」ではない。小沢氏が共産党対策に絶大なる自信を持ち、その一点をもって民進党に切り込もうとする背景には、今なお共産党内で圧倒的な影響力を誇る不破哲三前議長との「信頼関係」があるのだ。

小沢氏は、2009年の衆院選で極秘に不破氏と接触。小沢氏の説得を受けた不破氏の「鶴の一声」で共産党は候補者を大幅に減らし、反自民票を民主党に集めて大勝に導き、政権交代を実現したという経緯がある。

当時、この2人を引き合わせたのは、衆院事務局職員の時代から不破氏と親交があった、小沢氏側近の平野貞夫元参院議員だと言われている。

この時、小沢氏は「共産党が候補者を大幅に絞ってくれれば、政権交代は必ず実現する」と大見得を切り、不破氏の説得に成功した。衆院選で本当にそれが実現したことから、以来不破氏は「小沢はたいしたものだ。有言実行で政権交代を実現してしまった」と小沢氏を高く評価するようになった。

その不破氏に、小沢氏が再び接触を始めたのは今から2年ほど前のこと。小沢氏が志位委員長との関係の深化に成功したのも、不破氏からの絶大なる信頼があってのことだ。

■時流が味方しなかった

小沢氏は「共産党と候補者調整の話ができるのは自分しかいない」と各所で吹聴し、代表選に勝つと見込んだ前原氏にも「共産党との関係は私に任せてもらえれば大丈夫」と言い続けてきた。こうした小沢氏の自負そのものは、ある程度事実だろう。

ところが前原氏は、土壇場で共産党との選挙協力を見直すとともに、一方で手下の保守系議員たちが望む「都民ファーストの会」との協力関係構築を目指す考えに傾いている。小池新党の登場に関しては、これはもはや「時流が小沢氏に味方しなかった」としか言いようがない。

小泉純一郎元首相と同じ昭和17年生まれで、今年5月に75歳になった小沢氏。氏にとって、政治家人生の晩年になって築き上げた共産党との親密な関係は、再び政治の表舞台に立つための「最後の切り札」とも言えるものだった。だが、その道のりは極めて厳しいものになりつつある。

代表選の終盤、前原氏の側近からは、「小沢氏と一緒にことを進めれば、必ずその毒に侵されてしまう。やはり静かに消えてもらうしかない」との声も聞かれた。

既存野党の弱体化が限界に達し、「野党共闘」の夢が潰えるとともに、小沢氏の政治家としての寿命も尽きてしまうのだろうか。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 真相の道[2748] kF6RioLMk7k 2017年9月01日 13:13:27 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[1663]
  
> 代表選の終盤、前原氏の側近からは、「小沢氏と一緒にことを進めれば、必ずその毒に侵されてしまう。やはり静かに消えてもらうしかない」との声も聞かれた。
  
 
前原の側近もよくわかっているようです。

前原本人もその思いでしょう。
  
    
  


2. 2017年9月01日 13:34:38 : M624UWUzPU : jevXez2M@iY[71]
終わるのは小沢ではなく、民進党だ。
安倍のセリフじゃないが、支持率を見るがいい。

3. 2017年9月01日 13:36:19 : 34ezwitPAI : n8rObToHP9Y[75]
安倍自民党が国民の声に背を向けた結果が、惨憺たる現状支持率低下になっている。

小沢氏の国民の生活が第一は、いつの世にも活きて真実を伝えて、政治家の進むべき方向を明示している。

この原点を誤ると、ついには安倍自民党の二の舞を演ずるのみ。

小沢氏をここまでおとしめたのは、司法を使った日米合同委員会の指示によるもので、国民の目の届く位置にあらず。

小沢氏の主張は、アメリカ第一のTrump大統領に通ずる政策である。

この最善策に都合が悪い支配層は、この両者をことあるごとに批判するが、真の国家とは、国民が第一なのである。

国民奴隷化を進めた結果の安倍終焉の目を覆うばかりのこの現状、この二の舞を、各政党は、決して演じてならない。

小沢主義の政策の旗、今も活き未来も活きる。

偉大なる大統領Trump誕生の原点も、ここにある。

各政党は、この原点を実行せよ。



4. 2017年9月01日 13:44:05 : T7XxuflkDE : y15aH2L0YQ4[7]
残念だが消えるのは自民党だ。

公明党が小池につき民進党も合流。

小沢の剛腕で共産党も裏でしっかり協力する。

笑いが止まらないとはこのことだ。

政権交代近し。


5. 2017年9月01日 13:54:11 : XeKNvwvvJ6 : tyKFepPmJuk[2]
小沢にエールを送っているのは
前原の方じゃないの
バカの上に情弱かよw

いい加減「虚言の道」に改名したら?


6. 2017年9月01日 14:03:54 : z0SQdjEyNM : pYIKdJH9r_s[91]
小沢とか前原とかはそもそもなぜ自民じゃないのか。

憲法どうとかは置いといても、やらんとしていることは党名・党首だけが違う自民党じゃんか。


7. あおしろとらの友[667] gqCCqIK1guuCxoLngsyXRg 2017年9月01日 14:05:32 : cJE5ixTe86 : _oR9eqqLGQI[1]
小沢さんの政治生命は制度に移転されたんだ。あとはこの制度が機能するだけなんだ。今更、小沢はなんだ、かんだなんていってももう遅いんだ。

8. 2017年9月01日 14:53:29 : TMRZ8Fyxf2 : HgiQLpe0NcA[22]
>小沢氏と一緒にことを進めれば、必ずその毒に侵されてしまう。
 ここまでは、まあ、いいのだが。

>やはり静かに消えてもらうしかない。
 民進党議員がこの発言はどうか。自民党が消える話ではない。
 自民党より小沢氏が重要なのか?
 国民のため何をどうするのかという話もないしな。
 


9. 2017年9月01日 15:24:09 : dYpTIBpsAQ : 8lIsYGyYv@k[18]
>>2
支持率云々いうならほぼゼロの小沢自由党のほうが先だろうが
民進党の支持率を揶揄してる暇があったら小沢のほうを心配しろ盲目信者

10. 2017年9月01日 15:31:44 : cTLSXLlyRU : w99LAI6CMds[2]

 民進党保守派

本来なら、おかしな表現だと思う。

 民進党保守派 = 隠れ自民

と解釈する。

前原はこれからどういう立ち位置をとるつもりなのだろうか。



11. 2017年9月01日 15:32:58 : fVDdz9A3SM : WHgabTgBq30[152]
一人区で共産党の協力なしに野党分裂でのぞめば、自公に勝てるわけがない。

野党の惨敗は免れない。安倍一強は続くことになる。

今や自公の補完勢力は共産党でなく前原・民進党だと云うことになる。


12. 2017年9月01日 16:07:23 : sXxBFDoOwQ : sOECURrn4oo[286]
>理念が大幅に異なる共産党と無理に共闘しても、広く国民の支持が得られるとは考えづらいし、下手をすると党が空中分解しかねない。

うなづけない論理だ。
公明党なしの保守勢力が、自民党・公明党以上に国民の支持を得るとは思えない。むしろ、民進党が保守的な立場をとればとるほど、党が空中分解するのではなかろうか。
とはいっても、現実にサポーターも議員もそれぞれに前原氏支持が多かった。国民は、それについていけないのではなかろうか。


13. 真相の道[2754] kF6RioLMk7k 2017年9月01日 16:09:50 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[1669]
              
>>11さん
> 一人区で共産党の協力なしに野党分裂でのぞめば、自公に勝てるわけがない。
          
              
前原新代表の元、民進党の支持率がグンと上がるかもしれませんよ。
  
前原も彼の側近も彼を支持する議員の多くも、共産党との連携には反対しています。

前原が圧勝した以上、その流れで進むことになります。

民進党に限らず、リベラルは瀕死状態ですね。
  
  
  
  


14. 2017年9月01日 16:24:56 : nct2yTSh3M : dQRPPSC2LAk[57]
この記事、署名がありませんね。最初から「飛ばし」だと言っているような物です。

15. あおしろとらの友[668] gqCCqIK1guuCxoLngsyXRg 2017年9月01日 16:27:06 : K5355Wi1L6 : 5hXyPjunBK8[1]
民進党が日本共産党の選挙協力を断り政権奪取に失敗した場合、その責任は重大となる。もう一度チャンスを下さいはなくなるのだ。

16. 2017年9月01日 16:38:57 : E2XU9GSMKp : H596dpxKc_0[32]
>前原・民進党新代表で、小沢一郎の「政治生命」がひっそり終わる このまま静かに消えていくのか…

前原か枝野かとは無関係に、小沢氏の政治生命はひっそり終わるんじゃないか?
羽田氏が亡くなられた時の、小沢氏の下記お言葉に偽りは無いでしょうが。
「羽田さんの分も含めてもうちょっと頑張っていく」


17. 2017年9月01日 16:56:57 : yFghn63H2k : lfvxI7BaWPc[6]
前原が例の東大卒弁護士の民進党女性議員と共に訪米、安倍の仲介で日本を牛耳る
シオニストNWOグローバリストに忠誠を誓っている。不正選挙で米国大統領の座
に就く段取りだったヒラリーとも親密な関係にあり、日本国民の側に立つ政治など
端から遂行する気など皆無、読売がこれは日本会議・小池が枡添都知事追い落とし
工作にマスコミが血道を上げていた頃既に、次期東京都知事に就任するシナリオで
ありことが日本を牛耳る米国関係者らに通達されていたのと同様、国籍問題で蓮舫
民進党代表辞任に追い込み、米国シオニストNWOグローバリストの御用達前原に
スイッチするという小沢の進める「野党共闘潰し」の為の茶番シナリオであったこ
とは読売がいつもながらのプロパガンダ・フェイク報道で前原をプッシュしていた
ことから明らかである。つまりいつもながらのCIA御用達マスコミを使った茶番
である。「創価学会信者大量の組織票」というイメージで不正選挙の結果を享受し
ている公明党もCIAの御用達組織に過ぎないということが、創価学会信者前原の
民進党代表就任ではっきりとした。自民党は日本会議(統一教会)、公明党は創価
学会、どちらも宗教という名の御用達従順下僕集団がシオニストNWOグローバリ
ストの日本国日本国民搾取のシステムづくりに大量動員されており、戦争ビジネス
推進、貧困化推進、日本国憲法破棄による人権剥奪民主主義破壊推進がこの両政党
の政策の柱である。

18. 2017年9月01日 17:28:07 : aDnSvZ9mUA : eeYmw@idcu8[-1264]

【民進党】

前原誠司「小沢一郎や共産党と共闘するのをやめる!小沢は静かに消えてくれ」

1 :Ψ:2017/09/01(金) 15:11:22.53 ID:Ff1YOTVE

前原選対のある中核メンバー

「前原さんは、民進党をこれ以上分裂させないということを第一に考えている。
そのため、共産党が勝手に候補者を下ろしてくれるというなら野党共闘だって歓迎するが、
そうでないなら、選挙協力路線は見直さざるを得ない。

小沢さんの望む自由党の民進党への合流についても、
「党内にはまだ小沢アレルギーが根強いから、慎重にならざるを得ない」


前原氏の側近
「小沢氏と一緒にことを進めれば、必ずその毒に侵されてしまう。小沢氏には
やはり静かに消えてもらうしかない」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52757?page=2


だってさ♪

[32初期非表示理由]:担当:ネトウヨ論法多数のため全部処理 http://www.asyura2.com/17/senkyo225/msg/687.html#c28

19. 2017年9月01日 17:33:44 : TsaEP5gcmE : ZeRoKEgHUoU[1]
現代ビジネスその他のクソメディアは例の9年前の小沢疑惑のときももう小沢一郎は終わりだ、検察審査会の強制起訴なるときもこれで小沢一郎は完全に終わる、とか繰り返して報道した。

そのような報道を何十回もやってその予測が一度でも当たったことがあるのかな。
お前ら、どこまでもクソだな。


20. 2017年9月01日 18:54:34 : SQPQ1xE4qc : iDzFbXgOO9A[2]
前原さんは、国民のことをどれだけ考えているのか?
私には不信感がある。できれば代表になってほしくない。

21. ワニ[44] g4@Dag 2017年9月01日 19:10:40 : UiOd73SM7Q : qQyRgFPQKS0[175]
民進リベラル派は束になって離党して自由党に合流したらいいんでないの?

22. 真相の道[2760] kF6RioLMk7k 2017年9月01日 19:19:40 : T8iD3fD606 : kQK1OSr0eCg[1675]
>>21さん

支持率1%の泡沫政党に行くことはあり得ないでしょう。

自由党には「連合」のような支持母体もないし。
  
   
    
  


23. 2017年9月01日 19:36:07 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[159]

小沢一郎の政治活動がひっそり終わるような日本国なら永遠に日の目は見ないだろう。

それほど民主主義が滅びるようなら国旗も旭日旗も落書き同然で国家を象徴できない。

現代ビジネスの主筆ども、お前らは政治とカネの問題に終止符を打つ気がない国賊だ。

よくも営利目的で出鱈目を書いて飯が食えるもんだ。阿修羅を見習え。真実は無料だ!




[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

24. 2017年9月01日 19:51:16 : JBfGMqDe9w : 196knTt24cA[8]
> 小沢氏の政治手法への警戒感

よく言われるのが小沢氏の剛腕だが、自主自立の正攻法が警戒されているのでは。
つまり、本当に日本を取り戻すのは小沢氏だが、そうすると欲深い米国や官僚が
面白くないので、例の冤罪の罠を隷属する検察や大手マスコミが卑怯にも
やってしまう。

小沢氏の正攻法、国民のための政治をする。小沢氏に同調する議員は、検察や
マスコミに叩かれやすくなるので小沢氏を警戒するわけだ。
逆に、小沢氏をきっぱり否定すると検察や大手マスコミの受けが良くなる。
叩けばほこりの出る議員が圧倒的だが、そうはなりたくないので小沢氏を否定するのだ。


25. 2017年9月01日 20:25:09 : uF17EjSOMg : Ar_SJj9mGwE[74]
前原にはオーラが無い。あるのは暗い雰囲気。出自の暗さ? こういう男は政権交代実現などできず、さらに民進党を衰退させる。

26. 2017年9月01日 20:41:22 : BRtaeCm5qA : 5NnwHRC0gVY[11]
既存の政治家、政党を利用して、新党を作ろうとするから、期待されない。
自由党や社民党が、少数だからこそ、新たな人材を発掘して、もっと汚れてない新しい人材でスタートさせて欲しい。
経験豊富でも、今の政治家、政党は、腐りきっている。
前川さんなんてのは、口説くに大いに値する方、あのような方に政治家になってもらうなら、国民も納得して、大応援団になっていく。

27. 2017年9月01日 20:52:16 : sAykuuF5dA : v0dvxMfUJTc[209]
目指す社会が一緒であるならば、多少の違いにかかわらず、協力できるのではないか。

そもそも、安倍・麻生とは目指す世の中が異なるのだと思うよ。


28. 2017年9月01日 21:58:08 : BaAxQ9Z9HQ : uNIPIp3R0ug[61]
前原…2006年、永田メール問題で代表辞任→2017年、2度目の代表就任
安倍…2007年、参院選惨敗で総理総裁辞任→2012年、2度目の総理就任

何だこれは(怒)


29. 2017年9月01日 22:38:08 : ISS5yd7XyA : otMAXX4X8C4[4]
東洋ビジネスなどのクズメディア、珍相の道が血まなこになるということは、

小沢一郎を最も恐れているということ。

小沢一郎を中心に共産党以外で野党再編して、共産党とは選挙協力すれば、

デンデンの悪政も終わり、日本会議の戦前回帰の野望も潰える。


30. 未来のTOW[179] lqKXiILMVE9X 2017年9月01日 23:03:53 : oYkBLenl5w : aEDv5fuIjeQ[1]

小沢信者たちはグズグズ言わずに、さっさと「前原支持」を打ち出せばいいのに。
小沢氏は完全に前原氏の応援に入っている。
ならば、小沢信者どものすることは一つ。小沢氏の意向を鑑み、前原氏の応援をすればよい。

小沢信者なのだから、教祖小沢氏の意向に反することは許されんだろう。
小沢信者は小沢信者らしく、何も考えず小沢氏に従っていればよい。
それが信者というものだ。

確かに、前原氏は民進党保守派筆頭であり、かつて小沢氏と反目しあったこともある。
消費税増税にも前向きで、共産党との共闘にも見直しという考えを示している。

だが、小沢氏が前原氏を推しているのだ。
小沢信者たちがこれに反してはいけないだろう。いつものとおり、小沢信者たちは小沢氏に犬のように忠実でなければならん。

小沢信者どもも、前原氏にブツブツ文句を垂れず、さっさといつものように小沢氏につき従えばよい。
小沢信者は、「前原支持」を打ち出すのだ。


31. 2017年9月01日 23:10:46 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[169]

>>30. 未来のTOW
>小沢信者たち・・・
>小沢信者・・・

なーに馬鹿なこと言ってんだよ共産カルト風情が!

おととい来てくんなましだろ 阿修羅の不発弾が!



[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

32. 2017年9月02日 00:15:01 : NiLsXobCRk : kjcaRYW2xFI[29]

今回ばかりは菅も野田も落選です そうそうムサシソフトも使えないだろうし

前回と前々回は論功褒賞で腐敗権力に拾ってもらったが今回は完璧にアウトです

政権交代を台無しにしたのはこの二人 衆参で絶対多数を持っていたにも拘らず

菅は参院選直前に消費税増税を宣言し まず参院を少数に導き

次に野田が人類史上最大の原発事故であるにも拘らず再稼働容認し

あえて1年任期を残し大惨敗自爆解散選挙に突入したのである

万死に値する。


33. 2017年9月02日 00:53:57 : y464Kq9ecU : 0Q6ZSLVNPgQ[1]
現代ビジネスは、ウェッジと同じ原発推進のクソ野郎です。
講談社なんですけどね。
講談社モーニングの島耕作も保守支持のウンコ君ですよ。
まあ食べたい人は別に止めません。

34. 2017年9月02日 01:14:01 : qNApj6abVo : pmR1FMr_lBA[1269]
分裂しないと民進党は沈没です。

前原は第三自民党。連合が、支援。

これでは、国民幸せになりません。

前原・民進党には投票しないことにした。

岡田、野田、、、と同じことしますよ、見ておきなさい、自民党に陰で塩を送る政治です。又こんな政治やられると、頭にきます! 首だ!政治家どもは、、、

政治家は、金にまみれ腐りきっている。

正直で、国民・国を思う政治家の出現は、いつになると来るのでしょうか?


35. 2017年9月02日 07:10:41 : vVC18eLFPE : tUlZgQCV7dk[2]
>>31

未来のTOWはネトウヨですよ。

この掲示板でわざわざしょーもないハンネをつけてるのは8,9割方はネトウヨ。

自分の書き込み仕事を雇用者にわかりやすく示すためですよ。


36. みずほ[-113] gt2CuILZ 2017年9月02日 15:09:19 : CjGYIrX9yM : HW6FCFPn_hQ[-112]
2軍と3軍の主導権争いなんてつまらんからもういいよ。

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html
37. 2017年9月02日 18:02:04 : nFQxGBN3vQ : PqplwwiyKv4[40]

小沢一郎が今考えていること。

森、加計疑獄解明で世論を味方につけ、「安倍内閣打倒」に絞って、民進党、共産党、

自由党、社民党、その他で「野党共闘」を実現させる。

その後は野党各党を結集した統一会派を結成し、共産党との連携を強化して、

野党再編を促す。

これが小沢一郎のシナリオらしい。


38. 2017年9月02日 21:22:28 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1633]
>>37
>民進党、共産党、自由党、社民党、その他で「野党共闘」を実現させる。

その「その他」と言うのが問題なのだ。
野党4党以外なら、維新と小池新党しかない。こんなところとの連携を考えるようでは、確かにスレタイトル通り「小沢一郎の『政治生命』がひっそり終わる」と言われても仕方がない。
いつもながら、政局がすべてであって、どんな政策を基軸に結集するのかを語らないところにこの人の限界がある。



39. 2017年9月03日 14:24:03 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[2101]
今の民進党は、支持率でも明らかな通り「もぬけの殻」状態であることは、誰もが感じていることです。

しかしながら、民進党には貴重な人財が少なくないのもまた事実です。

「もぬけの殻」に見えるのは、優れたトップがいないことが原因です。

優れたトップ層をどう形成するかが見えてくれば期待は持てますが、それは民進党単独では無理です。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK231掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK231掲示板  
次へ