★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK231 > 589.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自由小沢代表、「前原氏は野党結集を打ち出す」と述べた真偽は?(かっちの言い分)
http://www.asyura2.com/17/senkyo231/msg/589.html
投稿者 笑坊 日時 2017 年 9 月 01 日 21:51:43: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://31634308.at.webry.info/201709/article_1.html
2017/09/01 21:06

民進の代表に、新聞の予想通りに前原氏に決まった。投開票をする前から、前原氏が代表に選出と断定的に書かれていた。

このブログでは、共産との野党共闘を見直すとした前原氏を批判し、枝野氏を推していた。民進の議員、党員、サポーターがダブルスコアまで行かないが、圧倒的な差で前原氏を推したことは、枝野氏よりはベターと考えたのだろう。これ自体にとやかく言えない。

ただ、自公の政治をなんとか、どうにかしてほしい、民進だ、共産だと、こだわりを持たない者として、前原氏によって野党共闘がどうなるかは、最大の関心事である。

共闘を見直して、共産と調整しなければ、共産はいつものように、全選挙区に候補者を立てるだろう。そうすると、野党票が割れて確実に野党候補者が減る。前回の衆院選挙がそのいい例で、野党は惨敗し、自公の秘密法、安保法、共謀罪などを許した。この辺のことを前原氏は、今後、野党第一党としてどう責任を感じているのだろうか?

民進代表選挙について、「オリーブの木」を強く提唱している小沢代表が、前原氏が代表になったことを想定して、意味深の話をしていて、気にかかっている。その出所が産経新聞であり、共闘を見直すと言っている前原氏が「野党結集を打ち出す」と小沢氏が述べている。


自由党・小沢一郎代表「前原誠司氏は野党結集を打ち出す」
http://www.sankei.com/politics/news/170824/plt1708240017-n1.html

 自由党の小沢一郎代表は24日、BS朝日番組の収録で、民進党の前原誠司元外相が党代表選(9月1日投開票)で勝利した場合、「念願の主張である野党結集を打ち出すと思う」と持論を述べた。

 小沢氏は、前原氏が否定的な民進党と共産党との連携について「野党全体で共産党を除いた一つの集団ができれば、その上で個別に選挙協力を行えばいい」と指摘した。


小沢氏は、敢えて「念願の主張である野党結集を打ち出す」と述べている。結集とは、共産は入っていなく、自由、社民が合体するのかもしれない。前原氏と小沢氏は、昔の積年の対立を解消したとも言われている。何かあってもおかしくはない。

もう一つ気に掛かっていたことは、小沢氏の国民の生活が第一の時代に落選して、民進から再度立候補し当選した、かつての仲間が、前原氏を推していることだ。小沢氏が提唱している野党共闘を推す枝野氏ではなく、見直すとしている前原氏を推している。この辺りに、小沢氏が言う伏線があるのかもしれない。

自民は、新潟5区の補選候補者に、原発再稼働反対で、反自民だった泉田前知事を担ごうとしている。このあたりが、自民の政権維持に対する、飽くなき追及心である。味噌も糞も、飲み込んで自党の増加を図る。それからすると、民進の共産嫌いなんかは、まるで書生の青臭い考えで、偏食児のように見えてしまう。

そう思いつつも、自公に対抗してもらわなくてはならない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年9月01日 22:14:45 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-4489]
2017年9月1日 / 19:50 / 2時間前
民進、野党共闘見直しを検討へ

http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20170901&t=2&i=1199565405&r=PN2017090101002097.-.-.CI0003&w=1280
 民進党は1日の臨時党大会で、前原誠司元外相(55)を新代表に選出した。前原氏は就任記者会見で、次期衆院選に向けた共産党との野党共闘について「私が選ばれたことを重く受け止めたい」と述べ、見直しを検討する意向を表明した。小池百合子東京都知事の側近が年内結成を目指す国政新党との連携に関しては「理念や政策に共鳴してもらえれば、協力するのは当然だ」と説明。枝野幸男元官房長官に執行部入りを要請する考えを示した。

 前原氏は執行部人事を来週前半の両院議員総会で決定する方針。会見で「この党をもう一度、政権交代の高みに持って行くことに力を注ぎたい」と決意を見せた。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2017090101002091


2. 佐助[4737] jbKPlQ 2017年9月01日 22:58:07 : FzZWrKYiSU : _me5YTx1i94[130]

チョット見る目を変えて見よう

民進党は共産党との共闘や野党結集のことより,政治的に対立する相手は自民党だよ。仲間に変な跋扈がいる。相手は共産党ではない,敵視し協議する相手は自民党と徹底的に戦うこと。協力ではない。共産党は思考サークルと思えばよい。

前原代表は野党結集するならば,労働貴族化した,労働協約と雇用賃金体系を破壊させ御用化した裏切り者,連合と縁を切れ,

そして,労働組合,連合が経営に参加し,産業革命を10年前倒し宣言するならば,今まで通り応援してやる。経営に参加し口出しすること,しない労働組合なら役立たずなのでいらない。

もし経営に参加するならば,保保革三大政党体制でもよい。保保や保革などの二大政党制は2030年まで絶対に機能しません。既成政党の腐敗と不信が永遠と続きます。

そして大企業の消失と大規模農業化と日本経済の活性化の具体的なビジョンを提案すべき。例えば,産業革命のエンジンレス化を加速させる具体的な開発と経営の提案,そして消費税廃止が望ましいが,いやなら社会保障に全額使うために,社会保障税として名前をかえろ。


3. 2017年9月01日 23:08:46 : ISS5yd7XyA : otMAXX4X8C4[5]
小沢さんは碁の布石のように、色々なところに人材を送り込んでいた。

民主党、維新、新党大地、それらが民進党に再度結集。

小沢さんを生理的に嫌っている枝野だったら、民進党のままで政権を取ろうとあがいただろうが、土台無理な話。

野党共闘ではダメ、共産党以外の野党再編がなければならない。

だから前原。

いよいよ政権奪取の賽は投げられた。


4. 2017年9月01日 23:48:38 : xschLYCR02 : 6Bb@F3oIfMg[24]
前原じゃ世論調査レベルで選挙大敗が見えてくるの見越して
伏線引いてるんだよ。
あらゆる状況からどの道そうせざるを得なくなると。

5. 2017年9月01日 23:53:22 : H47UgWcUsc : XwQYxmpZz_A[8]
連合切れ切れ言っているのは右派だよ
ついでに労働貴族と言う言葉は新自由主義者の使う言葉(組合はいらない正社員も不要)
安倍よりになっている連合を取り戻さなきゃいけないのに
連合と縁を切って安倍に進呈しろと言うのは
単に踊らされている人としか思えない

6. 2017年9月02日 00:38:01 : Qk0z0gVGLY : lQZkNLxHm_4[1127]
連合を取り戻すのはいいんだが、連合は非正規労働者をカバーしていない。

根本的な問題があるがいつ改善できるか。


7. 2017年9月02日 00:46:58 : H47UgWcUsc : XwQYxmpZz_A[10]
それは政治家の仕事だろうが

8. 2017年9月02日 07:07:09 : 3E5d2h6VWQ : eHnFFADRH3Q[9]
>民進だ、共産だと、こだわりを持たない者として

共産との共闘に拘りを持つ国民が多いから、レンホー以来凋落を続けているのではないか?
共産及び共産支持層は、逆に民進の支持層を吸い上げられるから賛成しているようだが、民進としてはデメリットしかない。


9. 2017年9月02日 16:50:18 : QFDsWIUmrw : lWZxy2ve5Rg[3]
小沢を総理の座に就かせない為に、敢行された民主党不正代表選挙
小沢への投票用紙を大量に抜き取る事と、開票以前に満面の笑みを浮かべていた
投開票現場で使用された不正集計装置と、安倍が野田から引き継いだ八百長不正
政権誕生の不正国政選挙のシステムが、すべてこの民主党代表選挙から取り入れられ
現在に至る状況下、前原が代表に選ばれたのも全く同一線上の茶番、東京都知事に
小池が選ばれた構図背景と併せ、野党共闘潰しのアジェンダが粛々と遂行されて
いるに過ぎない。小沢が政治生命を剥奪されたと、CIA御用達工作政党
清和会・森が記者を前に断言した当時から日本の国政は買弁売国亡国政治からに
乗っ取られたまま、小沢の地元が311東北関東人工災害テロのターゲットに
された真相を知っている筈で、こうした民主党代表選挙と後を引き継いだ安倍自公
政権が何度も繰り返している不正選挙の実態については、公に語ることを自ら禁じ手
にしている

10. 嫌韓[1392] jJmK2A 2017年9月02日 20:23:11 : lKDuLZzLEM : hpsOiTrJMLU[3]
小沢一郎先生は何としても民進党と合流したいのだよ。
その為には何でもする。
共産党の靴も舐める。
哀れな爺さんに成り下がったのだよ。

民進党が前何とかさんを代表に選んだのは、革マル・枝野を選べば、
民進党は分裂するとみていたからだ。
民進党を支える保守層が完全に逃げると読んだからだ。

前何とかさんは、決して共産党とは組まない。
共産党と組んだ瞬間に民進党から保守層の支援者が消え、
弱小政党になる事をよく知っているからだ。

民進党は崩壊する時期が少し先になったね。
まあ、前何とかさんの勝利はそれだけの意味しかない。

一郎先生は、涙の毎日だろうが・・・!


11. 2017年9月02日 22:06:14 : z0SQdjEyNM : pYIKdJH9r_s[92]
いつの間にかマフィアがトップに君臨しているアメリカの労組みたいな民進党。
その党首に相応しいのが前原君ね。

共産党を毛嫌いする貧乏な国民は延々と自民党及び補完勢力の食い物になっていればよろしい。
度し難い。まさに度し難い。朝三暮四のサルだ。


12. 2017年9月02日 23:06:42 : rLlWXq2dUA : G2hFj8Cl0w0[428]
>>10

ゴリゴリの石頭のノウガキは聞き飽きたよ。


13. 一主婦[2332] iOqO5ZV3 2017年9月03日 02:57:10 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[243]
>>3. otMAXX4X8C4 さま

あなた様の目の付け所は、ズバリ的を射ていると思います。
このスレッドの表題『 自由小沢代表「前原氏は野党結集を打ち出す」と述べた真偽は?』の「真偽は?」の答えは、まさしく貴方の↓のコメントが正解だと私も思います。


>小沢さんは碁の布石のように、色々なところに人材を送り込んでいた。
民主党、維新、新党大地、それらが民進党に再度結集。
小沢さんを生理的に嫌っている枝野だったら、民進党のままで政権を取ろうとあがいただろうが、土台無理な話。
野党共闘ではダメ、共産党以外の野党再編がなければならない。
だから前原。いよいよ政権奪取の賽は投げられた。

↑の貴方のコメントの中でも、特に「野党共闘ではダメ、共産党以外の野党再編がなければならない」と言うのが、ズバリその「答え」ですね。小沢氏も、同じ事を↓で発言しています。


・小沢氏「確固たる野党共闘(野党再編による新党)こそが、政権交代の確実な近道だ。「今の政権では将来の国が危うい、国民生活も危ういと思う人たちは「みんな一緒(一つの党)になって衆院選を戦えばいい」「そのために、自民党に代わる受け皿になる勢力をつくらなければいけない。(中小の勢力が)四つも五つもあったのでは、受け皿とは国民は見なさない。だから、『一緒にならなければダメだ』とぼくは言っている。かつて民主党と自由党が一緒になったように」


・問い 「その時はオリーブの木方式(枝野構想4野党共闘)か?」
・小沢氏「それは『次善の策』。『最善の策』は各政党が解散して『新党』を作ること(前原構想)だ」

・問い 「新党はなかなかすぐには?」
・小沢氏「いやいや。これも民進党次第だ。民進党の代表が、皆で一からやろう、出直そうということになれば、それは容易にできる」


・問い「また、民主党の名前に戻すとか?」
・小沢氏「民進党という看板では自公に代わる受け皿にはならない」 自由党にするわけにもいかない。「何でもいい。小池(百合子都知事)さんだって、都民ファーストの会という聞いたことのない名前をつけてあそこまで勝った」


・問い「次の衆院選に向けて、野党共闘の枠組みには共産党も入っていますか。」
・小沢氏「共産党はこちらと一緒になろうなんて思っていないし、こっちも思っていない。ただ、今の政権よりもマシな、国民の生活に目を向けた政権をつくらなきゃならない、という点では一致している」(共産党は党外協力と言う形になる) 


・問い 「共産党は政権交代後の連立内閣には入らないのか?」
・小沢氏「入らない。彼らも入りたがらないのでは。選挙協力の枠組みでは一緒にやろうということになっている」


↑の様に、小沢氏も、前原構想の「野党再編」による「新党」に、ここまで踏み込んで話されています。新党の党名にまで話が及んでいますね。ですから、このスレッドでの「真偽は?」の答えは、もう既に、小沢氏のこの発言によって出ていますね。前原氏と、小沢氏は、一年半前から、何度も会見を重ねていて、過去の無礼や裏切りを小沢氏に謝罪済みで、二人の仲も良好らしいです。前原氏も、以前の前原氏ではなくなって、一皮も二皮も剥けて、人間的にも変わられたそうです。ですから、二人の間では、この様な「野党再編」の話も進んでいるようです。↓の堀先生の呟きも、参考になると思います。載せます。


※堀 茂樹‏ @hori_shigeki
自公の与党共闘に挑むには、共産を含む野党共闘が不可欠。しかし、問題は「どういう形の共闘」か?です。前の参院選での様に、4党バラバラの政策で戦い、一人区に限って統一候補を立て、それで「一定の成果があった」と満足するようでは絶望的。その一人区だけ見ても民進は自民にダブルスコアで惨敗したのですよ。

※小沢「(野党結集は民進党の)今度の代表選でおのずと結果が出てくると思います」と言っている。やはり民進党代表は前原で「政界再編」も動き出している。
中途半端な野党共闘継続論の枝野氏選出は万年野党への道です。

※「前原さんが目指すのは野党を再結集して自民党に対抗できる政党をつくること。共産党との協力も必要だが全国レベルで一体化して選挙はできない。各選挙区の事情に応じて選挙協力」 アエラ


↑からも、今回の民進党党首選での「前原氏勝利」によって、確実な「政権交代」の形「野党再編」による「新党作り」が、スタートしたようですね。今回の党首選では、枝野氏と前原氏は、政策的にはどちらも「増税賛成」「原発再稼動賛成」「野党協力賛成」なのですが、マスコミによって「枝野野党共闘賛成」対「前原野党共闘反対」「枝野増税反対」対「前原増税賛成」「枝野原発反対」対「前原原発賛成」と言う風に、正反対に歪曲報道され、断然前原氏が不利な報道ばかりされました。

どちらの候補も、第二自民党といわれている民進党の中の二人の候補ですから、二人の候補のどちらも、今の政策では「リベラル」「99%の為の政策」などには程遠い政策であるのに、マスコミの洗脳報道によって「枝野リベラル」対「前原自民党亜流」と言う、コレも前原氏は不利なレッテル貼りをされました。やはり、枝野氏の後ろに付いた、推薦候補を見れば、菅直人、岡田、など等、政権交代を出来ればしたくない、今まで通りの万年野党に安住したいと言う、アチラ側に転んだクーデター組みメンバーが揃っていました。そして、マスコミも、枝野派の洗脳応援報道に力を入れていましたね。

それでも、前原氏が勝利した事に安堵しました。これで、野党再編による政権交代とその後の世直しの為のプロジェクトが、やっとスタートしたのですね。まさしく、貴方の〆のコメント「いよいよ政権奪取の賽は投げられた。」なのですね。
小沢氏の「最善策」を取られている「前原氏構想」が勝利して安堵しました。ですが、これからが勝負の時ですね。99%の為の器である「新党」誕生が無事に成就するように、私達有権者も応援しなければ、と思います。


14. 嫌韓[1399] jJmK2A 2017年9月03日 06:58:17 : OQkmqzI3EQ : B5XIoNHNyFU[1]
>>13.一主婦
>前原氏が勝利した事に安堵しました。これで、野党再編による政権交代と
 その後の世直しの為のプロジェクトが、やっとスタートしたのですね

良かったね、前何とかさんが代表になて。

所で、政務調査会長は誰がなったんですか?
おお、あの小沢一郎大先生を手ひどく裏切った階猛先生ではありませんか?

政界再編は有るかもしれないですが、
小沢一郎先生はカヤの外。

神は天にいまし、すべて世は事もなし


15. 2017年9月03日 07:51:54 : cYUI9c8YnU : k7HSxODb4Wo[2]
小沢一郎氏が心のどこかで、小政党で党首二人という形を気にしておられるのかも?

17. 2017年9月03日 09:03:08 : F1nvI58946 : ieGlqNci4BE[1]

心の何処かではなく^^

小沢センセは絶対的2大政党制論者である^^

今でも^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

18. 2017年9月03日 10:22:30 : fVDdz9A3SM : WHgabTgBq30[156]
都知事選の結果をもう忘れたのか?

民新惨敗、共産拡大、共産党の底力を甘く見てはいけない。

選挙協力は好き嫌いで決めることではない。

次期国会議員選挙で、共産党を排除した野党連合が惨敗、自公過半数、自民補完勢力拡大の中で共産が野党第一党、こんな結果はあり得ないことではないだろう。

それでも良いと云うなら勝手にしろ!

ただ、共産党を独自路線に追い込むことだけは避けてもらいたい。これは野党連合にとっては、決して得策でない。


19. 2017年9月03日 12:05:45 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1636]
>>13 一主婦さん

またまたヒスの原因になることを書いてしまったかもしれないから、
できるだけ部屋を涼しくし、いざと言うときは頭を氷で冷やせるように準備してから読んでね。

このスレのタイトルは、自由小沢代表、「前原氏は野党結集を打ち出す」と述べた真偽は?だね。

>このスレッドでの「真偽は?」の答えは、もう既に、小沢氏のこの発言によって出ていますね。

これは、小沢さんの言葉の真偽を、小沢さん本人の言葉によって判定するという間違いを犯している。本人だったら「真」と言うに決まっているではないか。
では前原氏本人はどういっているか?
IWJの岩上さんのインタビューでは、前原氏は「野党再編を党首選の公約には掲げていない」と言っている。もちろん公約になくても内心はそう思っている可能性はあるが、公約にないことを実行したら党内で猛反発を食らうだろう。前原氏は「党首は独裁者ではない」と言っていたから、強引に実行することはないと思う。

なお、小沢さんは「(前原氏は)念願の主張である野党結集を打ち出すと思う」と言った。「思う」がついているということは、確実な真理とは小沢さん自身も主張していないのだ。

他のスレでは、一主婦さんは、共産党のことも小沢氏の言葉によって判断するという間違いをしている。たぶん覚えていると思うが、私は不破哲三さんの発言を引用し、それが間違いであることを示した。

>今回の党首選では、枝野氏と前原氏は、政策的にはどちらも「増税賛成」「原発再稼動賛成」「野党協力賛成」なのですが、マスコミによって「枝野野党共闘賛成」対「前原野党共闘反対」「枝野増税反対」対「前原増税賛成」「枝野原発反対」対「前原原発賛成」と言う風に、正反対に歪曲報道され、断然前原氏が不利な報道ばかりされました。
>どちらの候補も、第二自民党といわれている民進党の中の二人の候補ですから、二人の候補のどちらも、今の政策では「リベラル」「99%の為の政策」などには程遠い政策であるのに、マスコミの洗脳報道によって「枝野リベラル」対「前原自民党亜流」と言う、コレも前原氏は不利なレッテル貼りをされました。

まず、この二人は「保守対リベラル」と言うほどの差はないのは確かだ。二人とも、将来のビジョンと言うことではほとんど同じだ。
ただしそこに至るプロセスに差がある。消費税については前原氏が「予定通り上げる」と言っているのに対し、枝野氏は「上げるべきだが上げられる状況にはない」としている。枝野氏は当面の財源として赤字国債を考えそれでもって保育士や介護士の給料の引き上げを主張しているが(これは同時に景気対策でもあるとのこと)、前原氏は赤字国債発行には反対している。
原発については、前原氏は「2030年代原発ゼロ」、枝野氏は「前倒し」。
共産党との連携でも二人の発言には温度差がある。
暇があったら、これでもどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=tLPN4nAEwUk

一主婦さんの言うとおり、この二人の政策が変わらないのであれば、
>それでも、前原氏が勝利した事に安堵しました。
なんていうのはおかしいではないか。どっちもダメ、と言うべきだろう。
やはり植草さんの言うとおり、政策を軸とした野党共闘を行うのが正しいと私は考える。
共産党との政策調整と言うことでは、枝野氏の方が成功する可能性が高いと考える。

当面私は、民進党からどの程度離党して小池新党へと向かう人が出るかにも注目している。
小池新党のファシスト的な正体は、だんだんと明らかになっている。こんなところとの連携なんて考えないでよ。「日本ファースト」の若狭勝も民進党との連携は否定しているしね。これは離党するならこっちにおいで、と言うことだろう。



20. 2017年9月03日 12:06:42 : O6K1gDN0i2 : Ob7Rb6kxPuI[6]


ムサシ選挙を采配しているのが日本キムチ会議。前原キムチ代表は既定路線だった。前原キムチ民進を自民の受け皿に政権交代させようとしている。それを知っている小沢は前原に媚を売っているのだ。自由党と自分自身の生き残りがかかっている。前原にたてつくことは日本キムチ会議にたてつくこと、次の選挙で消される。生き馬の目を抜く政治の世界、国民の生活は二の次だ。


21. 2017年9月03日 12:39:35 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[2099]
●国民は、「国民のための政治」をあきらめたわけではない。

あのとき国民は覚醒し行動しました。

国民は、小沢民主党政権の実現を期待し、熱狂し、行動したのでした。

「国民のための政治」が実現できるなら、どのような形であれ小沢さんはこだわらないと思います。

生き馬の目を抜く世界を、融通無碍に、清濁併せ呑んで前に進めるのが小沢流です。

民進党が小沢さんの力をどう活かせるかの一点に国民は注目しています。

納得のいく形が生まれたならば、あのときのように国民は行動することでしょう。

国民は、あのときの期待を忘れたわけでも、あきらめたわけでもない。

熱狂の灯火の火種は今も消えてはいません。


22. 嫌韓[1405] jJmK2A 2017年9月03日 13:57:32 : OQkmqzI3EQ : B5XIoNHNyFU[7]
>>21

国民が、国民がとうるさい事だ。
いいかい、民進党の支持率は7%弱、自由党に至っては1%もない。
どこの国民が民進党とか自由党に期待しているのだ。
かってに国民と言う言葉を使うなよ。

確かに民主党政権誕生の時期には、私も愚かにも、民進党を応援してしまった。
それが如何だ。
これ以上は無いと言うぐらい裏切られた。

二度と元民主党の議員のいる政党は応援しない。
二度と小沢一郎に期待しない。

もう一度言う。
国民とか市民とか言う言葉を気楽に使うな!!!


23. 2017年9月03日 14:30:33 : O8h0FKCOxY : TS4LBvaBovU[444]
このエア好景気で実際は不況真っただ中
それなのに貧民や子供からも法人税減税の穴埋めと軍事費増強に使う金を強奪する
消費増税を前面に出している党首に選んだ民主党に、やっぱりこいつら駄目だとの印象を更に深めた

24. 2017年9月03日 16:24:55 : deOqGi9AWc : rR@ethhSPe0[22]
小選挙区制とは2大政党を目指している。野党が自民党に騙されて分裂しているのは万年野党を固定するためだ。政策で選挙協力するのでなく統一候補を模索するのが共闘だ。小選挙区は1人しか当選できないのだ。自民党打倒のためによりベターな政治を目指せ。

25. 一主婦[2333] iOqO5ZV3 2017年9月03日 18:03:45 : 1Kw9HRFHJI : 8nTxYn3v8SQ[244]
>>19. LKXRYf922A さん

毎度、毎度の貴方ですね。一度くらいスルーをしていただきたいわ。もうウザイ!
今、クーラーの温度2度ほど下げたわ。万全の体制で↓行きます!

>このスレのタイトルは、自由小沢代表、「前原氏は野党結集を打ち出す」と述べた真偽は?だね。これは、小沢さんの言葉の真偽を、小沢さん本人の言葉によって判定するという間違いを犯している。本人だったら「真」と言うに決まっているではないか。では前原氏本人はどういっているか?IWJの岩上さんのインタビューでは、前原氏は「野党再編を党首選の公約には掲げていない」と言っている。(中略)なお、小沢さんは「(前原氏は)念願の主張である野党結集を打ち出すと思う」と言った。「思う」がついているということは、確実な真理とは小沢さん自身も主張していないのだ。


↑に反論。あ・の・ね、いくら小沢さんだっても前原氏と何の話し合いも、合意も無く、そんな大切な内容を、公共の場で独断で発言などしません。できるか出来ないか分からないから「思う」とおっしゃったのでしょう?
前原氏自身の口からも、しっかりと発言されていますよ。一般人の私でさえ、その前原氏の「野党再編構想」は、方々で報道されていますから、方々で読んで知っていますよ。「前原氏は、野党再編なんて言っていない」なんて主張している貴方こそ嘘つきです。

その内容は、方々の媒体で発表されています。ましてや、小沢氏は,前原氏と直接会って、いろいろな話し合いをしているのです。ですから、その内容は、前原氏の口から出たものを、小沢氏が、前原氏の構想として話しているのです。↓に、私が集めて読んだものの、ほんの一部を載せます。眼をカッピロゲて,しかと確認なさいませ。↓です。


※前原氏、野党再編に意欲=枝野氏は自主再建−民進代表選
民進党代表選(9月1日投開票)に立候補した前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官は22日午後、東京都内で開かれた日本記者クラブ主催の公開討論会に臨んだ。前原氏は、2003年の旧民主、自由両党合併が09年の政権交代につながったと指摘。「われわれが政権交代を担う軸になっていく足固めが大切だ」と述べ、「非自民」勢力結集による野党再編に意欲を示した。

前原氏は、小池百合子東京都知事についても「国民に対して分かりやすい政治を行ったことが都議選での大躍進につながったのではないか」と評価。小池氏に近い若狭勝衆院議員が結成を目指す新党については「与党なのか野党なのか、理念、政策はまだ分からない。しっかりと見極める」と語り、連携に含みを持たせた。(日経)


※前原氏が自由党の小沢一郎代表と和解したことも前原氏圧勝の原動力となった。
前原氏と小沢氏は、民主党政権時代に激しく対立。それが、近年は繰り返し食事をするなど関係改善を重ねた。代表選の最中にも「(小沢氏は)もっともわれわれの政策理念に近い考えを持っている」と持ち上げた。前原氏の推薦議員には、松木謙公氏や小宮山泰子氏など、かつての小沢グループの議員が名を連ねた。

前原氏の“変化”を歓迎したのは、小沢氏に近い議員だけではない。かつて反小沢グループに所属していた民進党のベテラン議員は言う。「政権を政権を再び取り返すには、政治家の“知恵”が必要。小沢さんにはそれがあるが、民進党の議員は持っていない。小沢さんだけではなく、離党した議員や小池百合子東京都知事らとの連携も考えて、野党の分裂を防がなければならない。そうしないと、民進党どころか、すべての野党が次の衆院選で消滅してしまう」(アエラ)


※前原誠司氏が当選したことで野党再編が加速することになりそうです。前原氏は小池新党との前向きな協力を検討していると明かしており、小池百合子都知事の方も「手をつなげるところは、国会の場で連携していかれればいいのではと思います」とコメントしました。東京都という大きな票を抑えていることから、小池新党と民進党が本気で選挙協力をすれば、自民党の過半数割れも視野に入るでしょう。TBS系(JNN)


※もともと前原氏は共産党を除く野党再編に前向きだ。代表選に立候補する前には「民進党の旗にこだわらない」と話した。小池知事の都政運営を評価し、側近の若狭勝衆院議員の新党構想についても「理念や政策が一致する全ての勢力と協力する」と連携に含みをもたせ、野党再編については「理念・政策を高く掲げて、まずは党の再生に取り組みたい」と述べ、その後の野党再編にも含みを持たせた。(日経)


※松野元官房副長官「野党再編進むのでは」
前原元外務大臣を支持した松野元官房副長官は記者団に対し「新しい顔が誕生し、大変よかった。党勢がずっと低迷しているので、なんとかもう1回立て直して、政権交代が可能な状況まで持って行く必要がある。また、前原新代表になり「野党再編」は進んでいくと思う。どういう形になるかわからないが、共産党以外のすべての野党は再編や連携という形をとるべきだ」と述べました。


※前原氏『目指すのは野党を再結集して自民党に対抗できる政党をつくること。共産党との協力も必要だが全国レベルで一体化して選挙はできない。各選挙区の事情に応じて選挙協力」 (アエラ)


※青木愛(事務所)‏認証済みアカウント @aoki12ku ·
前原氏は新党名に「『民進党』の名前にこだわらない」とも語るようになった。


では、次↓いきます。

>他のスレでは、一主婦さんは、共産党のことも小沢氏の言葉によって判断するという間違いをしている。たぶん覚えていると思うが、私は不破哲三さんの発言を引用し、それが間違いであることを示した。


↑間違っていませんよ。小沢氏の言葉も、私が小沢氏の発言からこちらでコメントした内容も間違っていません。小沢氏発言だけでは無く、私は、小沢氏と同じ内容を方々で読みました。共産党さんは「共産主義や、日米安保条約破棄」など、多くの政策で、他の野党とは相容れないものが多いので、野党が解党して「一つの政党」に成る事は出来ない。従って「党外協力」の形での共闘ならできる。そして「閣内協力も難しい」と言う風な内容は、いろいろな媒体で読みました。小沢氏の発言は間違っていません。ハイ、次↓行きます。


>まず、この二人は「保守対リベラル」と言うほどの差はないのは確かだ。二人とも、将来のビジョンと言うことではほとんど同じだ。

↑、違いは、殆ど有りません。これでよろしい?面倒だから、これは、これではしょります。違いは無い!以上。ハイ、次↓。


>一主婦さんの言うとおり、この二人の政策が変わらないのであれば、
「それでも、前原氏が勝利した事に安堵しました。」なんていうのはおかしいではないか。どっちもダメ、と言うべきだろう。やはり植草さんの言うとおり、政策を軸とした野党共闘を行うのが正しいと私は考える。共産党との政策調整と言うことでは、枝野氏の方が成功する可能性が高いと考える。


↑、行きます。それは、あなたが、私のコメントを読み違えているのです。
前原氏と枝野氏の政策に殆ど違いが無いにもかかわらず、マスコミの歪曲情報操作によって「枝野リベラル」「前原自民党亜流」と言う前原派に不利な報道をされたにもかかわらずに、前原氏が党首選に勝ったと言う意味でコメントしました。もっとシッカリ読んでね!

それから、植草先生の政策中心の野党の「器」造りは、今でも植草先生の案に賛同しています。そして、今回の民進党党首選では、前原氏と枝野氏の、どちらの政策も、増税、原発再稼動、ですから、私は、政策ではどちらも反対です。ですが、前原氏は「野党再編」の考えがあり、野党再編によって、今度の「衆院選」を戦い「政権交代」をする為に立候補したと発言しています。ですから「新党」を造るのであれば、今掲げている前原氏の民進党の政策は、そこで「リセット」されますので、私は、再編後の「新党」の政策が重要だと思っています。

植草先生が唱えている、政策中心の新党にもなり得ます。だってその新党には、小沢氏や、志位氏、亀井氏、福島氏などが、加わって一緒に新党の政策を作る事になるのですから。そこで99%の為の新党の政策に作り変えられるはずと思います。消費税増税や原発再稼動、TPP賛成で、自民党に勝てるわけが有りませんもの。政権交代をする為に立候補したと前原氏は発言しました。ですが、あの自民党とそっくりの政策では自民党には勝てません。従って政権交代も成りません。

新党には、政権交代の重鎮が数名はせ参じるのですから、あの悪政策は「変える様に導かれる」と思います。だって、あの政策では、自民党と同じ政策ですから、自民党が嫌で政権を交代させたい99%の有権者に、あの政策では「投票してもらえない」ですから、絶対にあれでは「政権交代」など出来ません。

前原氏も、今は、一人ぼっち状態です。経験豊かで胆力もあり、力量もある先輩議員の後ろ盾がない状態ですから、連合や官僚、アメリカなどに睨まれる99%の為の政策を掲げてしまうと、青二才の自分だけではアチラ側の圧力に勝てない事を知っていて、今のままの悪政策を掲げているのだと思います。そうしないと、今回の党首選にも勝てなくなり、政権交代の為の「野党再編」までたどり着けませんもの。

ですけれど、前原氏は、小沢氏と陰であって、政策や政治の考えを詰めているそうですし、小沢氏の考え方に「賛同」しているとも聞きましたから、新党が誕生し、小沢氏や、亀井さん、福島さん、共産党さんの後ろ盾や、協力が有れば、前原氏も抵抗力が付いて、政策も、きっと変えるのではないかと想像しています。陰での小沢氏との会談で、小沢氏の考え方に賛同していると言う事は、その可能性は大だと思います。では、ラストの文落↓行きます。


>当面私は、民進党からどの程度離党して小池新党へと向かう人が出るかにも注目している。小池新党のファシスト的な正体は、だんだんと明らかになっている。こんなところとの連携なんて考えないでよ。「日本ファースト」の若狭勝も民進党との連携は否定しているしね。これは離党するならこっちにおいで、と言うことだろう。

↑、小沢氏は、何しろ、政権交代の名人ですから、あの2009年時の様に、そんな小池氏も上手に仲間に引き込んで、政権交代の為の一翼にしてしまうかもしれません。橋下氏も仲間に引き込んで政権交代をしようとした小沢氏ですから。引き込まれたら最後、小池氏もガラッと考えを変えて、私達99%の為の政治と政策に変わるかもしれません。そして、小池国政党は、まだ何も政策が見えていません。こちらに引き込んで、こちらの政策に染められる小沢氏と志位氏、亀井氏、福島氏であって欲しいと思っています。何も分からない小池党を初めから弾く必要もないと思っているのでは無いかと思います。

あれれ、毎度毎度長くて、ごめんなさい。
何とか、ヒス起こさないで済みましたです。では、また。
もう、当分絡まないでね。


26. 2017年9月03日 20:00:49 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[1639]
一主婦さん

>では、また。

>もう、当分絡まないでね。
では、一見矛盾するように見えるけれど、この2つを総合したら、
「2〜3日ぐらい空けたら、また絡んでいいよ」
ということなのだと、解釈することにします。

では、また。


27. 2017年9月03日 21:35:00 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[187]

>>26. 2017年9月03日 20:00:49 : LKXRYf922A
>2〜3日ぐらい空けたらまた絡んでいいよ・・・
>ということなの・・・

バーカ! ボケ老人!! 

お前は下らないコメントを阿修羅に垂れ流すな!

いつもいつもチマチマと腐った女の言うことより下らない




[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

28. 2017年9月03日 22:26:45 : TMRZ8Fyxf2 : HgiQLpe0NcA[25]
>>22

支持率、支持率とうるさい事だ。
連日阿修羅に登場しておいて、何がマスコミの支持率だ。
偏向報道、選挙不正誘導のマスコミであることぐらいここでは常識だろ。
安倍の政治が支持に値するのか。それだけで十分だ。
それに、7+1%=8%でも8百万人くらいになるだろ。
あんたは1人にすぎん。
 


29. ボケ老人[2040] g3uDUJhWkGw 2017年9月04日 14:30:11 : 08Tt0uxL56 : JtD17GQWPAo[491]
〔自民は、新潟5区の補選候補者に、原発再稼働反対で、反自民だった泉田前知事を担ごうとしている。このあたりが、自民の政権維持に対する、飽くなき追及心である。味噌も糞も、飲み込んで自党の増加を図る。それからすると、民進の共産嫌いなんかは、まるで書生の青臭い考えで、偏食児のように見えてしまう。〕

村山を担いだ自民党もそうだった。
あくなき政権への追及心、野党もこれを見習わねば

最近中川隆他がメディアの偏向報道、朝日を中心とした倒閣運動と声を揃えて騒ぎ出した。
安倍政権が追いつめられている表れだろう。
野党は足を引っ張り合うことなく、自民の一部を引き込んで打倒安倍一派に進むべきだ。
理念が合うとか合わないとかは当選してから言え

    



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK231掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK231掲示板  
次へ