★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK231 > 866.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
これでは北朝鮮と同じ発想 「日本も核武装」という暴論 いよいよこの国は狂ってきた(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/17/senkyo231/msg/866.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 9 月 08 日 20:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

 


これでは北朝鮮と同じ発想 「日本も核武装」という暴論
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/213160
2017年9月8日 日刊ゲンダイ 文字お越し


  
   「圧力」に効果ナシ(安倍首相と握手する韓国の文在寅大統領)/(C)共同通信社

「異次元の圧力を科す必要がある」。安倍首相は7日、訪問先のロシア極東ウラジオストクで韓国の文在寅大統領と会談。6回目の核実験を強行した北朝鮮への対応についてこう語気を荒らげたという。

 安倍は石油の輸出停止を含む国連安保理の追加制裁決議の早期採択に向け、中国とロシアの説得に努める方針も示したというが、「圧力」一辺倒では何も解決しないことは歴史が教えている。

 戦前の日本が典型だ。1941年8月に「ABCD包囲網」による経済制裁で対日石油全面禁輸が実施され、石油禁輸後の軍事力低下を恐れた軍部などで開戦論がわき起こり、4カ月後の12月に対米英の宣戦に踏み切った。北朝鮮も石油の全面禁輸が実施されれば、タダでさえ好戦的な金正恩朝鮮労働党委員長が大暴走する可能性は十分あり得る。しかも核兵器を保有しているのだ。開戦なんて最悪の事態に陥れば、東アジアは壊滅的な被害を受け、おびただしい数の犠牲者が出るだろう。

〈(選択肢は)北朝鮮との直接交渉だ〉〈安倍氏のタカ派的な勇ましい言葉は、ますます空虚に見える〉

 米外交専門誌「フォーリン・ポリシー」は、強硬路線を取り続ける安倍の外交姿勢をこう批判していた。ムキになるほど情勢が悪化するのは分かり切っているのに「勉強不足」なのか「真性のバカ」なのか、相変わらず拳を振り上げて前のめりになっている安倍に呆れ返っているのだ。

■軍拡競争、核武装の行きつく先は戦争だ

 国のトップがデタラメだからなのか、北朝鮮への対抗措置、抑止力として日本も核武装――なんて仰天意見も出てきた。5日の衆院閉会中審査で日本維新の会の足立康史議員が「非核三原則の見直し議論が出るのはあり得る」と言い出し、自民党の石破茂元地方創生担当相も民放番組などで「核の傘に守ってもらいながら『日本国内には置きません』というのは議論として本当に正しいのか」と発言。「非核三原則」見直しの必要性について言及した。石破は「感情的には『持ち込ませない』方がいいに決まっている。国民が反発するのは分かっている」とも言っていたが、要するに「北が持つのであれば日本も」という短絡的な発想だ。北朝鮮が米国に対抗するためにミサイル・核開発を続けている理屈と何ら変わらない。

「専守防衛の原則」を踏み越える発言をしたのが、安倍の側近である河井克行党総裁外交特別補佐だ。訪問中のインド・ニューデリーでの講演で「自衛隊が中距離弾道ミサイルや巡航ミサイルを持つ可能性を真剣に検討すべき時期に来ていると考える」と語ったのだ。戦後の日本が70年以上にわたって積み重ねてきた平和国家と軍縮化の努力を平気で踏みにじる妄言のオンパレードに唖然ボー然だが、これぞ、自民党政治家の本音なのだろう。政治評論家の森田実氏はこう言う。

「制裁を強化し続け、さらに軍拡競争に走った先に一体何があるのか。戦争の危険性が限りなく高まるだけですよ。北朝鮮問題は東アジア諸国が団結し、対話の場を設けて平和的に解決する以外、手段はありません。核武装なんて論外です」

  
   核弾頭の開発現場(C)朝鮮通信=共同

北朝鮮危機を奇貨居くべしのごとく利用する安倍政権

〈政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する〉

 言わずと知れた日本国憲法の前文だが、やはりというのか、壊憲をもくろむ安倍は一切無視だ。米国と一緒に北朝鮮への圧力を強めた結果、たとえ「戦争の惨禍」が起きても知ったこっちゃないのだろう。そもそも、石破の「非核三原則見直し」発言だって、本来であれば即刻、首相の否定談話が出ても不思議じゃない。小渕政権下の99年、当時の西村真悟防衛政務次官が週刊誌で核武装議論の必要性に触れた際、国会は「国際問題にも発展しかねない」とテンヤワンヤになり、西村は更迭された。だが、今回はほぼ完全スルーだ。

 安倍政権が北朝鮮危機を煽り、国民の注意をそらしているからだが、官房副長官時代の安倍も早大で開かれた講演で「核兵器の使用は憲法上問題ない」と発言していたから、本心では核保有を肯定しているのだろう。「戦後レジームからの脱却」を唱える安倍にとって、日本が独立国家としての地位を築くためには核武装が欠かせないと考えているのは容易に想像がつく。だが、日本が北朝鮮と競い合って核武装する必要は全くない。

「核武装なんて一言で言うならナンセンスに尽きる。現実離れした意見でイカれている」

 亀井静香元金融相も核武装論を一蹴した上で、こう続けた。

「安倍総理には電話で、トランプ大統領の尻馬に乗って北朝鮮を挑発し続けるのは絶対だめだと言い続けている。トランプはヘタなカウボーイがピストルを振り回しているようなもので、日本も一緒に振り回したら大変なことになりますから。北朝鮮と撃ち合えば、被害が出るのは日本や韓国であって米国じゃありません。現実を見ないで厳しい対応を取っても意味がありませんよ。日本は北朝鮮に対して圧力を強めるのではなく、拉致問題の解決を約束させつつ、それと引き換えに経済援助し、影響力を高めていくことだと思いますね」

 北朝鮮に何の外交ルートも持たず、存在感に乏しい日本が「圧力」を叫んだところで、北にとっては痛くもかゆくもない。ヤレ自衛隊のミサイル保有だ、ヤレ核武装が必要だ――というイケイケドンドンの声に押され、亀井氏のような冷静でマトモな言論がかき消されるのであれば、いよいよこの国は狂ってきたとみていい。元中国大使の丹羽宇一郎氏も7日付の朝日新聞で、北朝鮮情勢を口実に先鋭化する安倍政権に対してこう懸念を示していた。

〈最近、北朝鮮や中国への強硬論がまかり通っています。危ないことを格好いいことだと思っている。戦争の真実を知るべきです〉〈戦争の真実とは何か。それは、「狂う」ということです〉〈北朝鮮問題の解決については、すべての核保有国が2年間、核開発と使用を一切凍結する。その間に、唯一の被爆国日本が仲介し、米朝、米中で話し合う。これが唯一の道だと私は考えます〉

 これが極めてまっとうな見方だ。北朝鮮危機を奇貨居くべしのごとく利用して核武装なんて言語道断なのだ。

■武器爆買いで「米国第一」に協力

 そもそも、「米国は同盟国である日本と100%ともにある」なんて言っているトランプだって、怪しいものだ。亀井氏が指摘している通り、北朝鮮有事が勃発すれば最前線でコトを構えるのは日本や韓国であって、米国ではない。それでいて、トランプが北朝鮮危機を煽るほど、日韓で防衛システム構築の声が高まり、米国産の武器を売りつけることができるのだ。軍需産業がウハウハになれば雇用は拡大し、低迷している政権の支持率も回復する――。「米国第一」を掲げるトランプがこう考えていても不思議じゃないのだ。

 実際、すでに日本は米国の「言い値」で武器・装備品を売りつけられている。防衛省が2018年度の防衛予算として概算要求した金額は過去最大の5兆2551億円。特に増えたのが「ミサイル防衛」の経費で、17年度と比べて1142億円増の1791億円だ。防衛省内でも一時、導入中止が検討されていた無人偵察機グローバルホークも144億円が計上され、垂直離着陸機オスプレイも4機の取得費用などで971億円が盛り込まれた。いずれも米国が価格や納期などの決定権を握る「有償軍事援助」による購入だから、今後、青天井で増えていくのは確実だ。

「米国の中古兵器をどんどん高値で買わされる一方で、社会保障費などは大幅に削減されるわけです。日本国民にとってはこれほどバカげた話はありません」(森田実氏=前出)

 北朝鮮に対する挑発行為をエスカレートさせるほど、日本はメタメタになるだけだ。







  


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年9月08日 20:21:04 : ZeK6Ht0u6A : sCHs8ig7imU[46]
東京というタマゴを大盛りにした籠があるかぎり、原発が日本全国にあるかぎり、核武装は何の安全も保証しない。

2. 中川隆[-6459] koaQ7Jey 2017年9月08日 20:27:36 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
日本も今すぐ核保有を宣言して大量の核兵器を所有すべきだ


北朝鮮がなぜ日本側に向けてミサイルを撃つのか。もちろん日本が「最も弱い周辺国」だからだ。韓国がなぜ日本に常に謝罪と賠償を上から目線で要求するのか。もちろん日本が「最も弱い周辺国」だからだ。

日本が今のような状況になっているのは、報復外交を行わず、さらにミサイルを撃たれても撃ち返さず、先制攻撃も行わず、その能力すらもないからだ。

現実を見ると、日本は「最も弱い周辺国」なのである。だから、日本は足元を見透かされて、中国・韓国・北朝鮮に狙われている。

自然界は常に自分が生き延びるために「最も弱い個体」を狙う。たとえば野生のライオンがシマウマの群れを襲うとき、どの個体をターゲットにするのか。

それは、シマウマの中で「最も弱い個体」である。怪我をしていたり、子供だったり、老いて走るのが遅かったり、群れから外れていたり、妊娠して動きが鈍い個体を選ぶ。

なぜか。こういった個体は「弱いから、仕留めやすい」という単純な理由に過ぎない。

百獣の王だから、群れの中で最も若く強いシマウマと一騎打ちするようなフェアプレイなどない。最小の努力で、獲物を手に入れる。だから、最初から「最も弱い個体」を選ぶ。


理不尽な暴力に対する「抑止力」とは何か?

野生は常に「最も弱い個体」を選ぶ。百獣の王ライオンでさえ、戦う時は弱い個体を選ぶ。子供のシマウマが弱ければ、当然それを狙う。

そこに「子供だから可哀想」だとか「残酷」という発想はない。野生の世界では、「強い者がより弱い存在を仕留める」という冷徹な法則がそこにある。

「弱肉強食」という言葉はそれを意味している。

動物の世界だけがそうではない。たとえば、強盗がいたとする。この強盗が誰かを襲う計画を立てたとき、平和を愛する丸腰の人と、筋骨隆々で武器を持った人がいたとしたら、どちらをターゲットにするだろうか。

もちろん、丸腰の人を襲うだろう。最初から「最も弱いターゲット」を選ぶのだ。

そのターゲットが平和主義かどうか、憲法第九条を信奉しているのかどうかなどまったく関係ない。襲っている最中に相手が「私は平和主義だ、憲法第九条を守れ、暴力反対」と叫んでも関係がない。

襲いかかる側の強盗にとって、相手の主義主張など興味がない。ターゲットが弱く、単に「襲いやすい」から襲うのである。

「弱いターゲット」を襲うのは、相手が自分よりも弱ければ、確実に相手を仕留められるからだ。

では、強盗がうようよしているような場所で、身を守るにはどうしたらいいのか。治安の悪い場所に身を置かざるを得ない場合、多くの人は「自衛のために武器を持つ」と言うだろう。

武器を持つ……。

もちろん、それが正解だ。武器を持つことによって、相手を牽制することができる。そして、被害を抑止することが可能になる。つまり、武器を持つことは、理不尽な暴力に対する「抑止力」になるのである。


日本はどの角度から見ても「最も弱い国」なのだ

国と国の関係でも同じだ。日本のまわりには中国・韓国・北朝鮮のような野蛮で暴力的で恫喝外交を好む危険な国が存在している。

北朝鮮に至っては警告もなくミサイルを飛ばし、核実験を繰り返し、ついに核兵器を持とうとしている。では、北朝鮮がさらに暴走して核を落とすとしたら中国を狙うのか、アメリカを狙うのか、日本を狙うのか。

もちろん、攻撃しても反撃できない弱い国「日本」をターゲットにするに決まっている。

北朝鮮は当初「グアムに向けて弾道ミサイルを発射する」と言っていたが、それをせずに日本の上空を横切るようにミサイルを発射した。

なぜグアムを狙わなかったのか。分かりきった話だ。「グアムを狙ったら報復する」とアメリカのトランプ大統領ははっきり明言していた。そして、アメリカは本当に北朝鮮を壊滅的打撃を与える軍事的能力を持ち合わせている。

アメリカは反撃できる強い国なのである。北朝鮮は中国を狙うこともまったくないが、これも中国を狙ったら完全に報復されるからである。

だから北朝鮮は「最も弱い個体」を狙った。それが日本だったのである。日本なら何をやっても報復してこない。「遺憾の意」だか何だかで抗議するのが関の山だ。

さらに国民の中には「みんな仲良く」「北朝鮮と対話しろ」というお花畑の勢力が未だに存在していて、中国・韓国・北朝鮮のプロパガンダ紙みたいになってしまっているマスコミが、そうした声だけしか取り上げない。

日本はどの角度から見ても「最も弱い国」なのだ。だから北朝鮮は「弱いから、仕留めやすい」という単純な理由で、まずは弱い国「日本」を血祭りに上げようとしている。

日本は完全に舐められている。日本は外向的な問題が起きるとすぐに謝罪と賠償をして、それでも解決できなければ問題を先延ばしし、その過程で問題をうやむやにして事なかれ主義でやってきた。そのツケが返っている。

叩き潰しておくべき国を放置して、問題が巨大化して為す術もなく右往左往している。未だに報復外交もできなければ、防衛のための核兵器を検討もしない。こんな「弱い国」は見たことがない。


日本も「防衛のために核を保有する」と宣言せよ

人間の歴史は戦争の歴史だ。これが現実だ。私たちは誰もが平和主義でありたいと願うが、自分だけが平和主義であってもまわりが暴力主義なのであれば平和になり得ない。

世の中には暴力が渦巻いている。

中東では超暴力テロリスト集団ISISが残虐な暴力で広大な地を破壊し、アフリカでも中南米でも血みどろの暴力が各地を覆い尽くしている。

そして、東アジアでも中国が膨張主義を取るようになっていて、チベット、新疆ウイグル自治区、モンゴル、インド、ミャンマー、ベトナム、フィリピン、台湾、香港、日本と、次々と衝突するようになっている。

そして、北朝鮮が凄まじい勢いでミサイルを飛ばし、核保有に向けて邁進している。

すでに、世界は対立と衝突が渦巻くようになっており、グローバル化が加速することによってこの傾向はさらに広範囲に広がっていく。

何しろ「世界はつながってしまった」のだ。世界が暴力化したら、70年以上も平和ボケしていた日本もこの暴力の渦に巻き込まれれるのは必然だ。

そうであれば、日本が何をすべきなのかは明白だ。

日本は襲われないように「抑止力」を持たなければならないのである。抑止力とは、言うまでもなく「敵を攻撃し得る軍隊」のことであり「防衛のための核兵器」のことである。

「日本を攻めたら、自分たちも無傷でいられない」
「日本を攻めたら、自分たちがやられる」

「弱い個体」は真っ先に襲われる。これは、小学生にも分かる簡単な論理だ。だから日本はこれから「北朝鮮が核を保有するというのであれば、日本もまた防衛のために核を保有する」と宣言しなければならない。

座してやられるわけにはいかない。

核に対抗できるのは核しかないのだから、日本も今すぐ核保有を宣言し、北朝鮮を10回でも20回でも石器時代に戻せるくらいの核兵器を所有すべきである。

「最も弱い個体」はやられるのだから、日本は核武装で「強い個体」にならなければならない。そうしなければやられるのだから何を躊躇しているのか。日本の政治家は国民を守る気持ちが本当にあるのか?

日本人は現実をよく認識し、これから「防衛のための核保有」を訴え、核保有の世論を盛り上げ、政治家に「早く核を持て」と突き上げる必要がある。

核に対抗できるのは核しかないのだから、日本も今すぐ核保有を宣言し、北朝鮮を10回でも20回でも石器時代に戻せるくらいの核兵器を所有すべきである。「最も弱い個体」はやられるのだから、日本は核武装で「強い個体」にならなければならないのである。
https://darkness-tiga.blogspot.jp/2017/09/20170905T1659170900.html


[32初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数、規定違反多数により全部処理

3. 2017年9月08日 20:42:11 : 2yVrvNxh62 : lENIiM1pknI[3]
>>2
そうだね。

立派な軍隊も技術もあるのに、ちっちゃな法律(憲法)程度で、大切な人命も、多くの伝統文化や歴史を無駄にしちまうなんて、何て愚かな生き物なんだろうと。

せっかく久しぶりに(改憲)できそうな国家元首が登場した途端、全力で邪魔と足を引っ張ることしかしない連中。

そこまで愚かな生き物が、自らを助けようとも努力もせず、それで他人が助けの手など差し伸べるのだろうか。アメリカは条約云々で参戦し反撃の一つもするのかも知れないが、俺なら遠慮したいね。

そんな弱っちいのが生き残るなんて、自然の摂理に反している。


4. 佐助[4765] jbKPlQ 2017年9月08日 20:48:31 : FzZWrKYiSU : _me5YTx1i94[158]

自民党・民進党の一部・維新には,北朝鮮の核武装化と核実験で表面化し,戦争待望論者が殆どである。

平和憲法を変えて核武装し、世界の憲兵の仲間入りをしたいという流れが、いまや多数派であることは非常に残念だ。

そして戦争が世界的信用,金融恐慌を救うという妄想について
米国は三分の一以下に激減した1929〜32年の経済指標(生産・販売・雇用・投資・貿易)に戻れたのは、12年後の、日本の真珠湾攻撃で、第二次世界大戦に参戦した1941年になってからだが,ナチスドイツと軍国?義日本は、1935年頃には、軍需景気により、金融恐慌の打撃から脱出していた。

そのため、バブルから早期脱出する手段は戦争であるという妄想をもつ人はビックリするほど多い。なにしろ日本は、朝鮮戦争特需やベトナム戦争特需を体験しているため、戦争による景気回復を待望する妄想は、鍵もかけないで放置されたままである。

ナチスドイツと軍国日本が、第一次世界金融恐慌から早く脱出できた決定的で、普遍的な要因は、世界の金融システムから隔離された「経済鎖国」のセイである。「経済鎖国」とは何か? それは、貿易と外国からの投資を制限することだ。

そのためにジレンマと経験則では「戦争以外に世界信用収縮恐慌から脱出できない」ということになる。経済学者は腹の中で、そうは思っているが、倫理観に束縛されて、そう主張する人はマレである。だが、朝鮮戦争とベトナム戦争の特需で、劇的に景気を回復した日本と、戦争ごとに景気を回復する米国の軍需産業の指導者には、戦争景気待望論は根強い。

本当の原因が分かれば、解決できない問題は一つもない。

ドルが即時に第三次金本位制採用を宣言すれば、ユーロや円の追随時期も早まります。又、ユーロや円がドルよりも早く第三次金本位制を採用すれば、世界の信用恐慌は、三年で収束します。

そして次期産業革命へ大胆にシフトすることです。


5. 地下爺[365] km6Jupbq 2017年9月08日 20:54:55 : F8wPZQzmYo : F4K4j5cqXzU[37]
「清く 正しく 美しく」生きよう!!

 世界は きっと 評価してくれる。


-------------------------------------------

清く 正しく 美しく
作詞:玉置浩二 作曲:玉置浩二
https://www.youtube.com/watch?v=uVVnVSJ-HhA

悲しいときは空を見て
誰も悪くないと言おう
淋しい時は海に来て
もう自分を責めなくていいと言おう
うれしい時は風になり
麦を鳴らしてたたえよう
やさしい時は「あの人」に
「ゴメンネ」 「ありがとう」と言おう

くるしい時は山を見て
もう逃げたりしないぞと言おう
虚しい時はふるさとの
母(だいち)を想い泣けばいい
何もできなくなってしまった時は
清く 正しく 美しく
清く 正しく 美しく
ただきみの手を握りしめていよう

ダイスの目は決まってる
はじめからそれと決まってる
ひとつコロがすと1〜6まで
終わりのないひとり旅
ふたつでコロがせば1はない
6と6で12になって
時計の針が0時で重なるように
きみがいてくれるなら

悪いものなんてない 悪いものなんてない
この世にあるものはいいものばかりに決まってる
胸を張れ高らかに 希望の光を見たはずだ
あの日の自分を思い出せ 心の闇に立ち向かえ
誰も助けちゃくれない 誰もわかっちゃくれない
自分は自分でしかない
良き人たちのピンチを救えるのは
汚れた者たちの最期のチャンスなのだから
足を半歩前に出せ必ず誰かが見てるから

もっと笑って笑ってもっと
ぼくらの愛が清らかだとわかるように
もっと手を振って手を振ってもっと
ぼくらの愛が正しいところに
向かっていけるように
もっと涙を流して涙を流してもっと
まだ見ぬ母のぬくもり頼りに
泣きじゃくる赤子のように
いつか知らないどこかの誰かが
涙をぬぐってくれるくらいに
ぼくらの愛が美しいと言えるように

清く 正しく 美しく
清く 正しく 美しく
きみだけの きみだけの きみだけの
愛を受けとめていよう

清く 正しく 美しく
清く 正しく 美しく
きみだけを きみだけを きみだけを
黙って抱きしめていよう

清く 正しく 美しく
清く 正しく 美しく
清く 正しく 美しく
ぼくらは一つになれる

清く 正しく 美しく
清く 正しく 美しく
清く 正しく 美しく
ぼくらは一つになれる
いつか一つになれる
http://www.asyura2.com/17/senkyo231/msg/844.html#c16


6. 2017年9月08日 21:10:36 : 2yVrvNxh62 : lENIiM1pknI[5]
>>5
>清く 正しく 美しく
>作詞:玉置浩二 作曲:玉置浩二

玉置(たまき)→環(たまき/かん)→韓(かん)→チョン


核シェルターが東京に存在しないのには、コイツの責任もありそうだなw

バ韓国人ネット工作員ども全員!

とっとと核の炎で蒸発しちまえ!




[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

7. 2017年9月08日 21:44:26 : ImXvLQspMM : zD3PraAYsiM[59]
すごいの湧いてるな

8. 2017年9月08日 22:01:38 : CWRzBxbTpA : DF2_UEkk8vA[1]
 多摩散人です。

 日本が核武装すれば、日本国民は全員それを支持する。「核武装反対派」を丸め込む方法など、とっくの昔に分かっているのだ。

 核兵器と呼ばず、「侵略抑止装置」と呼べば、反核派は反対しない。「軍隊」と呼べば9条違反で反対だが、自衛隊なら賛成するのと同じだ。

 また、核武装しないで核武装する方法もある。ミサイルのボルトを一本だけ抜いておけばよい。核ミサイルは完成していないのだから、核武装しているとは言えない。必要な時に、その一本のボルトを締めればいいのだ。これも反核派は大喜びで賛成するだろう。護憲派は、今までずっと、そういう論理で口では憲法破りに反対しながら、政権のごまかしに騙されたふりをして、憲法破りに協力して来たではないか。


9. 2017年9月08日 22:12:09 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[954]
でも全部アメリカの為なんだよね

10. 2017年9月08日 22:17:49 : IQNHBUkhl6 : 3T6PnME5Lyc[9]
>>9
うるっせえチョンは黙ってれ

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い
11. 2017年9月08日 22:21:50 : Pmdoo3TaqU : Z9B55EzDwDY[4]
>>2 >>3 >>6 >>8 >>9

>>1 


12. 2017年9月08日 22:23:58 : Pmdoo3TaqU : Z9B55EzDwDY[5]
>>11 のアンカー訂正
>>9>>10 の間違い

13. めんたいこ[1924] gt@C8YK9gqKCsQ 2017年9月08日 22:50:10 : EYoNh2U0kU : UxxYocJRAcM[4]

何の知恵も知性も学力も無く、まして政治力などアリの脳味噌程もない安倍が

コソコソと動き回っても世界中の指導者から嘲笑されるだけ。無能脳無しの

安倍はおとなしく脳天気・大麻昭恵のお守りでもしとけ。世界を徘徊しても

無用な騒ぎを起こすだけ。無脳のくせして小さなチョッカイ出して大きな国際

紛争になるど!お前がウロチョロすると収まるものも騒ぎになり戦争になる。

既にA級戦犯に成りつつある薄汚いDNAの保菌者。


14. 2017年9月08日 23:22:10 : xxEDax1S0M : OB7VCEukQjI[71]
日本までがそんなに核が持ちたいなら、世界の国は、国の大小にかかわらず、アメリカだろうと、ツバルだろうと、とりあえずどの国も核を1個づつ持つ事にしたらどうだろう。
そしてもし、どこかが理不尽をしたら、報復したい国はその国へ向けて一斉に核をぶっ飛ばせばいい。
その代わりもう二度と核は持てない。

もし全世界で全部の国が一斉に核を使えば、地球はそれで終わる。

ってのはどう?

アメリカは自分だけは何千発も持っていて他の国が持ったら攻撃するだなんて理不尽じゃないかい?

イラクは持ってなかったのにね。


15. じゃんだらりん[16] graC4YLxgr6C54LogvE 2017年9月09日 00:17:27 : i10BoOYQEg : fXaL@aNXMT4[51]
「対話で平和的に解決する」それが実現すれば一番良いことであることは言を
俟たない。ただしこの「解決」がどのような形になるかが問題。

すでに北朝鮮は160Ktの威力をもった核兵器を保有した。米国に届き、大気圏再突入
でも弾頭が保持できるロケット技術をほぼ完成したという事実を認識すべき。

国連決議で圧力をかけ、国民の多くが飢えに苦しもうと、国家として全力を注いだ
核武装の能力を、手放すと思うのか?

外交交渉では100%はない。どこかで落しどころを探り、合意することになる。
このとき、北朝鮮は核を放棄するとは思えない。良い所米国には届かないように
ICBMは止めるのが関の山。

話し合いの結果、日本は核武装した独裁国家(基本反日の)が出現する。しかも
日本中が核ミサイルの射程圏内なのは言うまでもない。

戦争は軍備があるから発生するのではない。力のアンバランスがあると発生する。
民主主義国家より独裁国家は戦争に踏み切るハードルは低い。

今の憲法九条は、攻撃されることを想定していない。相手からすれば幾ら侵略
しても、反撃してこないから、侵略し放題。
「相手が国家ならば戦いません。」「私の生命財産は他人任せです」という
究極の夢想的、無責任憲法を持っている我が国は、核ミサイルの使用をほのめか
されて、本当に防衛可能なのか? 米国は自国の都市を危険にさらしてまで、
他国を護るのか?

少なくとも「自分の命だけはなにより大切な」独裁者に攻撃を思いとどまらせる
には、攻撃したら自分の命が危なくなることを理解させる必要である。

もし北朝鮮が核を放棄しない限り、憲法九条の2項を削除して、国防軍の保有
明記。非核三原則の廃止、核武装を宣言するしかない。
一番大切なのは、2度と核兵器を自国内で使われないこと。国民の生命・財産
を護ること。日本の独立を護ること。
憲法を守っても国が滅んだら意味はない。


16. 2017年9月09日 01:44:32 : CWRzBxbTpA : DF2_UEkk8vA[3]
>15
 多摩散人です。

 核武装とアメリカからの独立、自主防衛は遠い目標で、30年くらい先を考えざるを得ない。その時、軍事力でアメリカと対等になるのは考えられる未来においては不可能だが、仕方がない。しかし、日米安保のような不平等条約ではなく、法的に対等な軍事同盟を目指すべきだ。

 日本の核武装はアメリカとの関係で難しいが、「核シェアリング」という考えもあるそうだ。簡単に言えば、アメリカの核を借りるのだ。アメリカに核の傘を差しかけてもらうのではなく、アメリカから核の傘を借りて、自分の判断で差せるようにする。

 そのような長期的目標が達成されるまでは、日米安保堅持が基本だ。まともな政治家はみなそう考えていると思いますよ。


17. 2017年9月09日 05:38:37 : Q7Xo3PPOrk : CNPmh385SmA[5]
「アメリカは自分だけは何千発も持っていて他の国が持ったら攻撃するだなんて
 理不尽じゃないかい?
 イラクは持ってなかったのにね。」


 米国は正しい、われは正義なり だろね。

 核抑止力が完全に機能するものか、だれかが引き金を引く可能性

 がある限り、それは破綻する、核戦争の可能性はあるね。


 核廃絶をめざすべし、オバマサンでてこいや。


18. 国連の正常化・民主化を[9] jZGYQYLMkLOP7Ym7gUWWr47libuC8A 2017年9月09日 06:56:11 : hLupbvniF6 : Wx1XR7P4dco[8]

日刊ゲンダイさんへ 

「これでは北朝鮮と同じ発想」の言葉は余計です。

北朝鮮の核・ミサイル問題を生み出してきた根源がどこにあるのか正しく認識・把握出来ているのであれば、軍事独裁化する安倍政権を非難するのに良心の呵責もなく無神経に北朝鮮を引き合いに出したり、同列視できようはずがありません。

孫崎享さんのツイートにも 今日の写真『三〇〇トリオ』とありました。 

過去から目を逸らしつづけてきた帰結とはいえ情けないです。未来世代に対して申し訳ないです。


19. おじゃま一郎[6220] gqiCtoLhgtyI6phZ 2017年9月09日 09:02:15 : XXN7NFDttY : M1fpWvg3uQs[5]
憲法では核兵器の保有は禁止されていない。これは
内閣法制局、横畑長官の答弁である。

核拡散防止条約があるため保有国は米国、ロシア、イギリス
フランス、中国の5カ国しか保有はできない。しかしこれは
NATOに加盟しているドイツ、ベルギー、オランダなどの米軍基地に
核があるように、このようなNATOと米軍の共有という形をとれば
回避できるであろう。

国内的には非核三原則があるが、これは米国との核共有を条約化
すれば、条約の履行は国内法に優位となるのでこの点もクリアできる。

しかしながら核保有国である北朝鮮に対抗して日本が、米軍との
共有という形であるにせよ、核を持てば他の非核保有国に脅威を
あたえてしまうのは間違いない。


20. 2017年9月09日 11:36:24 : s58A23rdwg : IW_1@lHp7ko[21]

>>19
日本国名義の核保有は憲法9条1項で放棄されている^^

^^

Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.

^^

放棄された3権利とは^^

⑴日本国政府による戦争の選択と告知する権利
war as a sovereign right of the nation

⑵威嚇
the threat

⑶国際紛争を解決する手段としての軍隊
use of force as means of settling international disputes

であるため、核兵器の日本国所有とは、この⑵に違反する^^


国連憲章第51条^^

^^

この憲章のいかなる規定も、国際連合加盟国に対して武力攻撃が発生した場合には、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持に必要な措置をとるまでの間、個別的又は集団的自衛の固有の権利を害するものではない。この自衛権の行使に当って加盟国がとった措置は、直ちに安全保障理事会に報告しなければならない。また、この措置は、安全保障理事会が国際の平和及び安全の維持または回復のために必要と認める行動をいつでもとるこの憲章に基く権能及び責任に対しては、いかなる影響も及ぼすものではない。

^^

このように国連憲章は^^

自衛権について「個別的」「集団的」の2属性を認めている^^

「自衛」とは「交戦」「兵站」の2属性を以って構成されている^^


9条2項は斯の様に続く^^

^^

2) In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air forces, as well as other war potential, will never be maintained. The right of belligerency of the state will not be recognized.

^^

「交戦」 The right of belligerency は^^

of the state 「個別的」に限定され放棄された^^

すなわち^^

「集団的自衛権」において^^

日本は「交戦」「兵站」の2属性の自衛権を放棄していない^^

また「個別的自衛権」においても^^

「兵站」の属性について放棄はしていない^^


すなわち日本は^^

国連軍名義でさえありさえするならば^^

その軍備は青天井に保有することが可能なのだ^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

21. 2017年9月09日 11:42:37 : s58A23rdwg : IW_1@lHp7ko[22]

在日米軍は^^

緊急事態に極東地域の国連統合軍となり、その統合参謀本部である^^


日本国憲法により^^

日本国民は^^

在日米軍の指揮命令下であることが前提でありさえすれば^^

憲法前文の精神に則り^^

全ての国費を^^

世界から脅威を取り除くため傾注することで^^

国際社会の名誉ある地位を望むのだと宣誓した^^


貴様ら!^^

自ら宣誓した憲法に従い^^

緊急事態における極東国連統合軍である在日米軍の充実に尽力せよ^^

出来ぬなら、憲法違反で日本から出て行け!^^

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

22. 2017年9月09日 17:54:37 : xxEDax1S0M : OB7VCEukQjI[75]
>>17.さん
>だれかが引き金を引く可能性がある限り、それは破綻する、核戦争の可能性はあるね。
>核廃絶をめざすべし

同感です。
たとえどこの国が最初に核を使おうが、どこかが使えば必ずその報復に又核を使う事になるだろう。
核に対抗する手段は確かに核しかないのだから。

核の応酬。

それは地球の終わり、宇宙の終わりを意味する。
そんな事をしていったい誰が得をする?
核など最初に考えた出した人が一番悪い。

要するにきゅうりが一番悪いのだー!


23. 2017年9月09日 18:48:28 : CeWnsEg4yY : idfphlbYVbk[27]
>制裁を強化し続け、さらに軍拡競争に走った先に一体何があるのか。戦争の危険性が限りなく高まるだけ

>米国の中古兵器をどんどん高値で買わされる一方で、社会保障費などは大幅に削減される

極東地域に紛争をおこして欧米連中の金儲けが目的だもの
なるべくしてなった状況。

どっちの国民にとっても堪ったものではない


24. 2017年9月09日 18:49:37 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[2198]
  コオロギを狭い籠に入れて飼うと、最初は良いが次第に共喰いを始めるようになる。
  地球も愈々、人間が繁殖し過ぎて遥か遠い惑星からテレパシーを使って、いわゆる共喰いをするように仕向けているのかも知れない。
  地球上の生命体は全て酸素呼吸であり、核物質は受け付けない体質である。だからこそ、人間でも動物でも、鼻がひとつ、口が一つ、耳が二つ等々、大体似通った造作であるのは、酸素を生きる糧とする地球の生命体であるからだろう。
  大分前だが、宇宙人というのが想像され頻繁に取り上げられたが、体毛が全く無く手や足が何本もあり、現代の人間から見れば異様な格好であったが、良く考えて見れば、核物質に汚染されたものの、何千年か経てようやく核が有っても生きられるようになった、いわゆる変化した未来の人間の想像図だったのではないか。
   いずれにしても少なくともここ200年や300年は、核物質が放出されれば生きられない生命体が地球に生存しつつ、核放出を待望しているのだが、やはり人間が繁殖し過ぎて地球が余りにも窮屈となり今後は食料も水も奪い合いとなるであろうところ、無意識に淘汰の段階に入っているのだろうか。
   核を他国への脅迫に使おうという考え方は今地球に生きる以上は尋常では無いのは確かであり、特に原発の核燃料などはマフィアの資金源にもなっているくらい、原発イコール核である。
   ミサイルでは無くても、核燃料を持っているだけで自爆装置を持っていると同様であるから、日本も核保有国になろう、などは今更何をかいわんやである。
   列島をぐるりと核燃料が取り巻いていれば充分である筈だが、単にミサイルという飛ばす道具も欲しくなったとすれば、相当低能であろう。
   核ミサイルを飛ばすぞと他国を脅すのと、わが国にミサイルを当てれば列島を取り囲んだ原発という自爆装置が機動するぞ、と脅すのとは、周辺国ないしは地球全土に核汚染による影響が及ぶのである故殆ど結果は変わり無いのである。
   北の将軍も含めて、日本やロシアの原発事故や過去の保有国による核実験で、人類は脳内に何等かの影響を受けているかもしれず、認知機能の低下も考えられるのであるところ、脳内物質に異常をきたしているからこそ、日本の要人が、これだけ脅威の自爆装置を持っていながら、それに加えて核ミサイルも買おうという異常心理なのであろう。
   もしくは、宇宙の果てから、進化した宇宙人がテレパシーを使い、傷ついた地球を治そうと人類を共倒れさせるべく、彼らが選んだ特定の人間の脳内に、核戦争をしたいという願望、錯乱を植え付けているのかも知れない。
   もしかしたら、核保有をしきりに求める者は、宇宙からのテレパシーによって人類淘汰を仕掛けられている首謀者であろう。キム将軍、安倍首相、石破氏、丹羽氏などは、テレパシー照射を受けて認知機能が変化したため、冷静さを捨てて自暴自棄にさせられているのではないだろうか。
   このままでは地球はリセットされ、新たに酸素の代わりに核物質を呼吸する生命体が、地球には棲息することになるのではないか。
   

25. 2017年9月09日 20:51:43 : qFLrcoO25I : IwCZRvTYQMk[516]
安倍が「北」 けしかけ煽る 核武装

26. 2017年9月10日 00:31:17 : EFwmXo8lzg : wPpazEWgnMI[1]
>>22.23.24.25
 多摩散人です。

 核を廃絶すると核戦争が起きるという考えもあるんですよ。

 核があるから核戦争は起きないという考えもあるんですよ。

 核を廃絶することが目的なのか。核戦争を廃絶することが目的なのか。

 核を廃絶したために核戦争が起きて、人類が滅びることもある。

 核があるために核戦争が抑止されて、人類は滅びなくて済むこともある。



27. 2017年9月10日 01:22:21 : EFwmXo8lzg : wPpazEWgnMI[3]
 多摩散人です。

>いよいよこの国は狂ってきた(日刊ゲンダイ)

 日刊ゲンダイと言うこの新聞は、発刊以来、何十年だか知らないが、「いよいよこの国は狂ってきた」を一面トップで繰り返してきているのではないか。

 今日、日本が「いよいよ狂ってきた」と書くなら、日本は昨日までは正常だったのだ。

 一年後に、日本が「いよいよ狂ってきた」と書くなら、今から一年後までは正常なのだ、つまり昔から今まではずっと正常だったのだ。

 三年後に、日本が「いよいよ狂ってきた」と書くなら、今から三年後までは正常なのだ、つまり昔から三年後まではずっと正常なのだ。

 未来永劫、日本が「いよいよ狂ってきた」と書き続けるなら、昔から未来永劫まで、日本はずっと正常なのだ。

 私は朝日新聞を「監視するために」購読しているが、日刊ゲンダイは、監視する価値もない。新聞紙ではない、まさに紙くずだ。


28. 2017年9月10日 02:24:32 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[2200]
  26、いずれにしろ、地球上の生命体は今のところ核物質は受け付け憎い身体特徴であるところ、核戦争で地球の現生命体が生き残れる保証は全く無い。
   抑止力にするなら、誰かもコメントされていたように世界中の全ての独立国が核兵器を一個づつ平等に持つことだろう。
   ただし、個人であっても銃を所持すれば他人と交流する際の閾値は高くなり疑心暗鬼が先に立ち、次第に好き嫌いも激しくなり、挙句の果てには些細なことで引き金を引くことになるのではないか。
   現に銃所持が州によっては許されている米国で発砲事件が多いのは、他人と上手くやるより銃で決着を付けたくなる割合が高くなるからではないのか。
   国民全員が一家に一個銃を持っていれば互いに喧嘩をしないかと言えばそうでは無く、我慢の出来ない紛争もあり、その場合に銃が無ければ何とか折り合おうと努力するが、銃があれば、使う事も考えながら付き合うようになるだろう。
   見解の相違だが、飛び道具を全独立国が持てば抑止力になるかと言えば、今でも核は無いが通常兵器や武器を何処の国も一応持っているが抑止力にはなっておらず内戦が絶えないのは、我慢が出来ない時に我慢をせずに飛び道具を使うからであろう。一旦どちらかが使えば、互いに信頼し合えないからこそ武器や兵器を使う故に、相手が全滅するまで安心出来ず、戦はほぼ終わらないのである。
   核使用も同様であり、核を各国が保持すれば抑止になるかと言えばそれは全く未知数であり、通常兵器の保持状況から想像するに、相手が武器や兵器を持っているからと言って抑止にはなっておらず、それどころか自暴自棄になり易いのは、旧日本軍が負け戦の中でも前線を伸ばし、最後は玉砕という自爆行為で無茶苦茶に突っ込んで行った軌跡でも明らかであり、抑止するなどの選択は、いざとなればできないからこそ飛び道具は恐いのである。
   兵器や核を持てば抑止になるくらいの冷静さが有れば良いが、そうはならないからこそこれだけ世界が紛糾しているのであり、個人でも国家でも、飛び道具を持つ場合には楽観より負の側面を先ず想定するべきである。
   第一、核のボタンを持つのは国家の内の誰であるか、彼が平和主義者であればボタンは押さないだろうが、統治者には側近や取り巻きが存在するのは安倍首相の周辺に世耕氏だとか萩生田氏や菅氏など、夥しい重鎮が侍っているのであるところ、相談し合うのは必然で、だとすると逆に責任意識が分散し無責任が勝つことは、先の大戦時の政府と軍部の大政翼賛コラボによるマネージでも明らかである。
   26は、自分が核のボタンを押す役割になれば抑止して押さない自信があるのか、疑心暗鬼でも相手より先に押さないと言い切れない筈だ。
   例えば漁船が漁をする際に獲り過ぎれば枯渇すると言われていても、他国の漁船が獲るかも知れないと思えば協定も破るであろう、人間は意志が弱いのであり、動物と違い、人間は文明の発展と共に本能を捨てて来たため、抑止が困難なのではないか。
   個人であれば喧嘩に巻き込まれたくない者は贈答品で相手を懐柔するなどキナ臭い生き方は避けるが、国家単位となると、一部の抑止など出来ないような好戦型で自尊心の強いトップにより、核のボタンが押される可能性がある。
  少なくとも租税主義、国民主権主義の理念を持つ限り、国家単位での他国との武力抗争には、統治機構のトップに国民個々を尊重する気持ちが有れば、参加を拒絶する必要が有る。
   なおかつ、我慢が出来ないような国があれば結果の悲惨を説明するなど、自発的な抑止では無く賢明な他国による説得が不可欠であり、核を持つ国に自動的に抑止効果が出ることなどは有り得ないのである。
   他国を制することにより、核のボタンを押す権限を持つ自らも襟を正し抑止意識を持つ可能性は無いとは言えず、やはり国を代表するトップによる徹底した話合いでしか、核使用を避けられないのである。
  
   

29. 2017年9月10日 17:16:29 : KilsDYWheM : duAfHXIZN4I[3]
>28
 多摩散人です。

 これを私が読むと、グタグタと無駄口を並べているが、結局私と同じことを言っていると私は受け取る。このコメントの結論は最後の三行だろう。

> 他国を制することにより、核のボタンを押す権限を持つ自らも襟を正し抑止意識を持つ可能性は無いとは言えず、やはり国を代表するトップによる徹底した話合いでしか、核使用を避けられないのである。

 これは核兵器の保持を否定していないし、その上での理性的解決を求めている。私の26に対する反論ではなく、26と結論を共有するものだと私は受け取る。


30. 2017年9月10日 18:09:05 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[2202]
  29は、グダグダと無駄口を並べていると私を批判しているが、それこそが先の軍参謀の如くの拙速であり、逡巡が無い点で他者とは違うのである。
   無論、最初にも述べたように、核保有国がこれだけ存在する以上北が核を持ちたいという願望を非難することは出来ず、最悪、全ての独立国が核を一つずつ持ち、互いに牽制し合うという考え方もあると述べているではないか。
   銃所持が禁止されているのは、主に国民に銃を持たせれば国家転換の恐れが有るための、統治エリートによる刀狩りとも言えるのであり、本来は身を護るためには個人でも銃の保持が有ってしかるべきだという考え方もおかしくは無い。
   核も同様、個人に銃を持たせたら、必然的に国家単位では核を持ち、互いに牽制しながら、疑心暗鬼を中心にして緊張状態を保ち、親愛の閾値を高くして一触即発の厳しい状況で生きて行くのも有りだろう。
   だが、例えば動物の世界では飛び道具は持たず自分の身体能力のみを頼りとし、かつまた種の保存と言う意味からも、敵を追うが致命的なほどに追い詰めないのであり、敵が死ぬまで攻撃することは補食以外には無いのである。
   となると、人間のみが持つ銃や通常兵器や核兵器は、明らかに殺傷を目的としているため、相手を殺傷すると同時に殺傷される可能性も高く、人間は感情を共有し被殺傷側に同情する性質もあるからこそ、今世界でも、グダグダとあーでもない、こーでもない、と紛糾しているのであろう。
   29のように、核を持って悪の枢軸国を痛めつければ何の問題も無い、との短絡は、過去からも、中東での近代戦からも学んでいないのではないか。
   数千万の難民が出て欧州を困惑させ、折角の住処を瓦礫の山とし、破壊と建設が利益になるビジネスも当然あるが、破壊と建設の繰り返しで利益を上げる軍産複合体関係者以外は、損失の方が大きいのである。
   租税主義システムは徴税した資金で軍備をするのであり資産家が私費を投入する訳では無いところで、株主同様に納税者の総意を取りまとめる議会の役割が肝心である。かつまた多数決に漏れた少数の権利保証としての司法の存在も欠かせないのであり、司法による裁定が出るまでにもグダグダと、29にすれば無駄口を労することになるだろう。だが一気に何百万もの人間を殺傷するからにはそれは当然だろう。
   人間以外の動物が個の身体能力しか頼らず、かといって敵が全滅するまで追い詰めないのは、長い歴史的なグダグダを繰り返した結果に他ならない。
   飛び道具を手にし、かつまたそれをビジネスとして普及させたい死の商人が出ている人間界は動物に学ぶべきである。
   最後の結論であるところの、全独立国家が核を平等に一個ずつ持ち、その代り通常兵器は一切放棄し、軍事組織も解体するに至るとすれば、私自身は概ね賛成であるが、それとても国際会議に於いて、29の言うグダグダの理屈の応酬は不可欠であるところ、結局は話し合うことがベスト、に帰結するのである。

31. 2017年9月10日 23:29:26 : KilsDYWheM : duAfHXIZN4I[5]
>30
 多摩散人です。

 これを私が読むと、28と同じでまたグタグタと無駄口を並べているが、結局私と同じことを言っていると私は受け取る。このコメントの結論は最後の二行だろう。


>結局は話し合うことがベスト、に帰結するのである。

 これは核兵器の保持を否定していないし、核の必要性を認めた上での話し合いによる解決を求めている。私の26に対する反論ではなく、26と結論を共有するものだと私は受け取る。


32. 2017年9月11日 03:42:29 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[2207]
  31は反論と見做しているようだが、別に31に反論している訳では無く、君に触発されて考えているんだよ。
   いずれにしろ、通常兵器を持ち軍事組織を持ち、核まで持つのは大いなる無駄だ。
   核を持つなら通常兵器を捨て、軍事組織を解体することが条件だ。
   核のボタンは国民代表が持てば良く、使うかどうかは国民代表が集う国民議会で決めるのは予算審議と同様であり、代表の一存では不可能とする。
   しかも、大統領の資質を国民が充分に吟味し厳しい審査を経て当選させることが必要だ。かつまた大統領のブレーンたる閣僚や幹部公務員の資質も、国民議会で審査し承認をするシステムが必要だ。
   通常兵器の廃棄、軍事組織の解体、そして大統領制として候補者は厳しい国民審査を受ける、かつまた大統領に近い閣僚や幹部公務員も、議会が厳しい審査の後に承認する。
   かつ、多数決主義の不備を補うべく、デモや訴訟など、少数の意志の反映を義務付ける。
   このような条件で各国平等に一個だけ核を保有することは、通常兵器による不毛な破壊を抑えることになるのではないか。
   
   
  


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK231掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK231掲示板  
次へ