★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK232 > 415.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
河野太郎外相、「核軍縮の政治的利用」だ、「後ろから鉄砲玉」だと東京新聞を非難。同新聞は、河野の変節を怒っているだけ…
http://www.asyura2.com/17/senkyo232/msg/415.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 9 月 17 日 03:58:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

河野太郎外相、「核軍縮の政治的利用」だ、「後ろから鉄砲玉」だと東京新聞を非難。同新聞は、河野の変節を怒っているだけに見えるけど
http://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/3d3de8bde3d3585374c3693256583bc5
2017年09月16日  のんきに介護


毛ば部とる子‏ @kaori_sakaiさんのツイート。



このツイートにある

「この件を聞いてそう思った」は、

東京新聞が引用している

第三者の

「高校生たちがスピーチで、禁止条約に触れることに危機感を覚えての対応ではないか」

という発言を指すのだろう。

実際、このコメントについては、

毛ば部とる子‏さんが指摘されるように皆がそう思った、

ということだろう。

誤った認識なんだろうか。

河野氏は、

「それが事実でないことを東京新聞は知ってしまっているから記者はそう書けないが、第三者が言ったコメントを載せるぶんには責任はないと考えたのだろうか」

と難詰している。

しかし、何がどう事実でないのかの説明がない。

その辺が

このおっさんの卑怯なところであり、品のないところだ。

河野君が

本心を書いていると思われるのは、

一か所だ。

タイトルに掲げた

「後ろから鉄砲玉」が飛んでくる恐怖だ。

しかし、「後ろから」

というからには

前を歩いているという自覚はあるということだろうか。

政府の方針は、

「核保有国もそうでない国も巻き込んで着実にこの脅威を減らす方向へ歩んでいくことを考えるべきだ」

(河野の大臣就任会見での発言)

という理解でいいのだろう。

しかし、こんな風に「核保有国」と「そうでない国」と

二人三脚で歩む意義は何だろう。

ビジョンがあるのだろうか。

とりあえず、

核兵器の使用禁止は、

「そうでない国」が「核保有国」に

なってからにしないか

という提案をするのが関の山だろう。

河野君は、

「一言もない」と

苦言を言うが、

「高校生のスピーチに反対した国の政府に対する批判」が

すべてを決定したかのような言い草だ。

しかし、

この指摘、事実に則っているのか――。

記事には

「政府間交渉の場で、専門家でない高校生が発言することへの疑義」と

書いてあるぞ。

もし、河野の言う通り、

「高校生のスピーチに反対した国の政府に対する批判」が

それほど重要だったのだとして、

それは、

政府の臆病ゆえにそう感じたに過ぎないんじゃないか。

高校生たちは、

被爆者の言葉に耳を傾け、

思うところを語るだけだろう。

その言葉の重み、説得力に恐れを抱く

国が

日本国政府にいちゃもんをつけた、

それで、

世界の軍縮運動の

旗振り役は止めたというだけではないか。

それで

果たして

まだ、「現実に核軍縮を進める」者同士という

位置づけができるのか。

河野君のブログを読んで明らかなのは、

高校生を政府代表団に加えるのに反対した国について

「反対した国がどこか、取材していればわかっているだろうはずだが」

などとしか

外務大臣でさえ言えないことに

国民として無念さを感じる。

河野君が

後ろから弾が飛んでくると感じるのは、

後ろで

封じ込められている

国民の息吹だ。

自分の保身欲のために

妙な色付けするんじゃねぇや。

臆病は罪だ、

という言葉を河野君に進呈しよう。



〔資料〕

「『異端児』『改革派』の印象強いけど 河野太郎外相 期待外れ?」

   東京新聞/こちら特報部(2017年8月23日)



〔資料−2〕

「後ろから鉄砲玉」

   ブログ「ごまめの歯ぎしり」/河野太郎・文(2017.09.16)

☆ 記事URL:https://www.taro.org/2017/09/%e5%be%8c%e3%82%8d%e3%81%8b%e3%82%89%e9%89%84%e7%a0%b2%e7%8e%89.php

日本で脱原発を唱える者や団体には二種類ある。

実際に脱原発を実現しようとして、一歩ずつでも前に進もうとするものと脱原発が実現するかどうかはどうでもよくて、脱原発を使って票や金、支持を集めようというものだ。

現実に脱原発を実現しようとするものは、同じ方向を向いているものすべてでスクラムを組んで前に進もうとする。

その一方で、脱原発を政治的に利用しようとするものにとっては、同じような主張をするものが邪魔になる。

だから少しでも主張が違ったり、現実的に妥協しながらでも前に進もうとしたりするものを徹底的に批判する。

残念なことに核軍縮に関しても同じようなことが起きている。

少しずつでも核軍縮を進めていくためにスクラムを組もうというものと、核軍縮を利用しようというものにやはり分かれる。

その一つの典型が、ジュネーブ軍縮会議で日本の代表部がとった行動に対する後ろからの鉄砲玉だ。

これまで日本政府は、高校生平和大使のうち一人を政府代表団として登録し、軍縮会議のなかで日本政府の代表としてスピーチをする機会を作ってきた。

しかし、そうした日本政府の行いを快く思ってこなかった国もあった。

そしてとうとう今年、日本政府に対して、高校生を代表団として登録することに明確に反対するという申し入れが行われた。

軍縮会議の運営は、コンセンサス、つまり参加国の全会一致で行われるため、もし、日本政府が高校生の登録を強行すれば、コンセンサスを与えないとまで主張してきた。

日本の代表部はやむを得ず、高校生平和大使の政府代表団としての登録をあきらめたが、それで終わりにはしなかった。

日本の軍縮大使は、代表部で高校生平和大使のために夕食会を開き、そこに核兵器国、非核兵器国で核兵器禁止条約に賛成している国と反対している国など立場の違う国の代表を招いて、高校生から話をしてもらった後、双方向の議論を実現させたのだ。

昨年までは、平和大使の中から一人だけ代表団に登録をして会議でスピーチをするだけだったが、今回は高校生平和大使全員が各国代表と双方向の議論をすることができた。

平和大使としてジュネーブを訪れた高校生にとっては、様々な考え方を聞き、考え、議論をする良い機会になったはずだ。

そしてこういう事実を外務省並びにジュネーブの政府代表部でメディアに説明をした。

その結果、何が起きただろうか。

例えば東京新聞は、8月23日付けの記事の中で、「高校生たちがスピーチで、禁止条約に触れることに危機感を覚えての対応ではないか」という第三者のコメントを引用している。

それが事実でないことを東京新聞は知ってしまっているから、記者はそう書けないが、第三者が言ったコメントを載せるぶんには責任はないと考えたのだろうか


さらに「夕食会の場で話すのと議事録に残る会議でスピーチをするのとでは意味が全く違う」というやはり第三者のコメントまでわざわざ載せている。

参加した高校生全員が立場の違う各国の代表と双方向で議論できるのと、一人だけが会議で一方的にスピーチをするだけなのでは、参加した高校生にとって意味合いが大きく違うはずだが、それを正確に伝えていない。

そして高校生のスピーチに反対した国がどこか、取材していればわかっているだろうはずだが、その国の政府に対する批判は一言もない

さらこの東京新聞の記事によれば、まるで核兵器禁止条約は素晴らしいが、「核保有国もそうでない国も巻き込んで着実にこの脅威を減らす方向へ歩んでいくことを考える」のはけしからんことでもあるかのようだ。

エベレストの頂上をヘリコプターで一気に目指すのもありかもしれない。

しかし、頂上付近にヘリコプターを着陸させるのは極めて非現実的だと思うならば、ベースキャンプから一歩一歩、着実に歩いて登るやり方もあるはずだ。

核軍縮をただ何かに利用しようというならば何を言おうが勝手だが、現実に核軍縮を進めるならば、同じ方向を向いている者同士、手を携えていかなければならない。

後ろから鉄砲玉を撃つ必要はない。


〔資料−3〕

「河野太郎外相、東京新聞を痛烈に批判 『核軍縮の政治的利用』『後ろから鉄砲玉』」

   産経新聞(9/16(土) 15:48配信 )

☆ 記事URL:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170916-00000534-san-pol

 河野太郎外相が16日付の自身のブログで、核軍縮をめぐる東京新聞の報道姿勢を痛烈に批判した。

 河野氏が取り上げたのは、8月にスイス・ジュネーブで開かれた軍縮会議に関する東京新聞の8月23日付の記事。2014年から軍縮会議で毎年行われてきた日本の高校生平和大使による演説が今年は見送られたことを東京新聞は批判的に取り上げた。

 国連で7月に採択された核兵器を違法化する核兵器禁止条約に、日本政府は「不参加」の立場を取った。記事では、このことと絡めて「高校生たちがスピーチで、禁止条約に触れることに危機感を覚えての対応ではないか」との第三者のコメントを引用し、日本政府が平和大使の派遣を意図的に控えたかのような印象を与えている。

 河野氏はこれに対し「全会一致で運営されている軍縮会議で、高校生の演説に反対する国があった」と反論し、平和大使が別途、自分の考えを表明する機会を設けたことを説明した。

 その上で「第三者が言ったコメントを載せるぶんには責任はないと考えたのだろうか」と批判を展開し、「後ろからの鉄砲玉」「核軍縮の政治的利用」などと東京新聞への怒りをあらわにした。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年9月17日 05:10:43 : TLF7qW7EjA : UkJIa1ilZU4[24]
日本国と日本政府は全く別の法的人格だ。
日本人は日本国民とも言う通り日本国に属している個人であって、日本政府に属しているのではない。
従って日本人だからといって日本政府を無条件に支持するとは限らない。

日本国に仇なす存在と判断すれば、日本人は日本政府を後ろからでも構わず撃つ。
その判断は常に日本国民の先決事項である。
決して多数決では決まらない。
日本国民である各個人が主権者の一人として個別に決めるものである。


2. 2017年9月17日 05:55:38 : ZyGhaf3hMk : a88skuChnyU[277]
この人は何を言っても、

「朝日新聞の従軍慰安婦誤報に乗っかって馬鹿やらかした河野洋平の息子w」

と、右からも左からもまともにとりあってもらえない政治生命しか残ってない。

子は親を選べない。
哀れだね。


3. 2017年9月17日 06:52:59 : P8793qnoZU : cHcCl@yJy3w[3]
人柄が信用できない
コイツの一族全部そう。

4. 2017年9月17日 07:54:35 : UQJ9d5SLn2 : l74Lp42vfCs[56]
こいつは、原発はやめないそうだよ、なんか変だな

5. ピッコ[1415] g3ODYoNS 2017年9月17日 11:08:43 : GjQU2CJbNE : qzxo1eCfKpQ[1]
↓ これも重大なニュースだ。

GPIF年金運用 軍事上位10社の株保有 本紙調べ(9月17日 東京新聞朝刊)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201709/CK2017091702000126.html

*公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、軍事部門の売上高が世界で十位以内に入るすべての企業の株式を保有していることが、本紙の調べで分かった。国民が支払う国民年金や厚生年金の保険料の一部が、武器の製造で収益を上げる世界の主要な軍事関連企業を支えていることになる。


6. ピッコ[1416] g3ODYoNS 2017年9月17日 11:27:19 : GjQU2CJbNE : qzxo1eCfKpQ[2]
>日本で脱原発を唱える者や団体には二種類ある。実際に脱原発を実現しようとして、一歩ずつでも前に進もうとするものと脱原発が実現するかどうかはどうでもよくて、脱原発を使って票や金、支持を集めようというものだ。 ブログ「ごまめの歯ぎしり」/河野太郎・文(2017.09.16)
        
安倍政権こそ核軍縮などどうでもいいのだ。 国民年金や厚生年金の保険料を世界の軍事関連企業に投資して、世界の平和を脅かす手伝いをしているではないか。 河野元首相も、本当にろくでもない息子を持ったものだ。

7. 2017年9月17日 12:36:58 : nct2yTSh3M : dQRPPSC2LAk[94]
安倍政権が「核保有国もそうでない国も巻き込んで着実にこの脅威を減らす方向へ歩んでいくことを考え」ていると言うのですか?とてもそうは思えませんが。むしろ、自分も核兵器を持ちたくて仕方がないように見えますが。

8. 2017年9月17日 15:29:18 : 0DAKvJfnR2 : Y8H5VmNM4zQ[7]
核兵器は一番安価で効果的な軍事的抑止力。持って当然でしょ。

9. 嫌韓[1477] jJmK2A 2017年9月17日 15:57:34 : iJynXVPgGM : Fw9nR_bIN8I[10]
ジュネーブ軍縮会議日本政府代表部の高校生平和大使の演説は
毎年必ずやると決まっているわけではない。
特例なのだよ。

特例を恒久化するのは嫌と言う国があり、協調性の観点から、辞めたのだろう。

何が何でも安倍が〜安倍が〜と叫びたいパヨクが火病っただけ。

東京新聞は事情を知っているのに、パヨクほに受けるように、
記事を作った。

東京新聞改め、パヨクアジびら新聞が・・・


10. 2017年9月17日 17:03:43 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[1035]
父親が泣いてるな

11. 2017年9月17日 19:28:55 : Qt5ZQ0MjUs : qxq3Eo@kWso[98]
安倍に似る 口先だけの 威勢良さ

12. おじゃま一郎[6241] gqiCtoLhgtyI6phZ 2017年9月17日 19:41:17 : LuPXvelorU : 3OFltw4zuzo[3]
核軍縮は、核不拡散条約で核保有国に果たされた
義務である。この義務の遂行をさせる権利が非核保有国に
あり、その代表である世界で唯一の被爆国日本は
その権利を放棄してきた。

つまり、高校生が核軍縮の演説を取りやめたのは
日本が核保有国の核拡大に賛成するというシナリオに
基くものである。そうすれば対中国の日本の核抑止力が
増大するからである。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK232掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK232掲示板  
次へ