★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK234 > 856.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本の核兵器廃絶決議案は米国と調整ずくと暴露した山田孝男  天木直人
http://www.asyura2.com/17/senkyo234/msg/856.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 10 月 30 日 13:15:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

日本の核兵器廃絶決議案は米国と調整ずくと暴露した山田孝男
http://kenpo9.com/archives/2780
2017-10-30 天木直人のブログ


 日本が国連に提案した核兵器廃絶決議案がすこぶる評判が悪い。

 それもそのはずだ。

 今度の核兵器廃絶決議案には、ノーベル平和賞の対象になった核兵器禁止条約への言及はなく、また、従来の「あらゆる(ANY USE OF)核兵器使用」を単なる「核兵器(THE USE OF)使用」に後退させている。

 そのあまりの対米従属ぶりが目に余るからだ。

 いくら、採択に参加した175カ国中144カ国という大多数の国が賛成したからといって、これまで賛成してくれた23カ国が参加しなかったなどということは、前代未聞の外交敗北だ。

 ところが、「日本の核外交は卑屈か」という見出しで、外務省を擁護している記事を見つけた。

 きょう10月30日の「風知草」で山田孝男特別編集委員がそう書いている。

 安倍首相と会食を重ねる御用記者だから無理もない。

 小泉元首相の脱原発をいち早くスクープインタビューして、その後小泉元首相と一緒になって脱原発を唱えている山田氏だが、それはあくまでも自分を売りつけるためでしかなかったことを、いみじくも告白したようなものだ。

 しかし、私がこの「風知草」で驚いたのは、山田氏が次のように書いていたことだ。

 「・・・米国と相談ずくの調整に違いないが、日本政府が核禁条約を敵視しているわけではない・・・」

 当たり前だろう。

 唯一の被爆国がなぜ核禁条約を敵視しなくてはいけないのか。

 米国への配慮がすべてである。

 それにしても、国連決議案文を米国と調整ずくに違いない、とは何事か。

 勝手な推測で、このような事を新聞紙上に山田孝男氏が書くはずがない。

 これは、外務官僚か、安倍側近政治家からの伝聞に違いない。

 核兵器廃絶の国連決議案まで米国と調整して起草する日本。

 外務省はここまで劣化してしまったのかと、暗澹たる気分にさせられた山田氏の「風知草」である(了)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年10月30日 13:23:58 : X6EJa8rCOc : twCxNKqCXKM[1]
風知草 日本の核外交は卑屈か=山田孝男
毎日新聞 2017年10月30日

 衆院選も既に昔。メディアは負けた野党の後始末報道に忙しいが、私は別の記事が気になった。

 日本が国連に出した核兵器廃絶決議案の採択(日本時間28日朝)と、それに対する評価である。

    ◇

 日本案は、採決に参加した175カ国中、8割を超える144カ国の賛成を得た。だが、日本の新聞報道を見渡すと−−

 「賛成23カ国減」

 「棄権・批判相次ぐ」

 「被爆者への裏切り」

 「表現 大幅に後退」

 「核禁条約に触れず」

 「日本の影響力低下」

 良識ある諸国が日本案を見放したというイメージを強調している。今年のノーベル平和賞受賞が決まった国際NGOネットワーク「ICAN」(核兵器廃絶国際キャンペーン)も「あまりに保有国寄り」と批判、「背景に米国の圧力」という報道が飛び交った。

 そうなのか? 被爆国日本の核軍縮外交とは、それほど卑屈で、受け身で、情けないものなのか。

 「核兵器保有国と非保有国の橋渡し役」という自負は、米国の「核の傘」を頼りつつ、国連では核廃絶の旗手として振る舞うための舌先三寸なのか?

    ◇

 世界の核兵器の9割以上は米露にあるという。露が7000発、米が6800発。核軍縮はオバマ米大統領時代に進んだが、2014年春、ロシアがウクライナのクリミアを併合して以来、米露対話は停滞。その間に北朝鮮の核・ミサイル開発が加速した。

 今年7月、国連は非核保有国122カ国の賛成で核保有の全面禁止を盛り込んだ核兵器禁止条約を採択。条約には拘束力があり、日米同盟と矛盾をきたすので日本は参加を見送った。

 そこへ「ICAN」のノーベル平和賞。無条件全廃に乗らぬ日本に不信が広がり、日本の決議案支持が減る伏線になった。

 日本が国連に核廃絶決議案を出すのは1994年以来、連続24回目。毎年採択されてきたが、今年の案にはこんな批判が出た。

(1)北朝鮮情勢を強調、安全保障重視に固執している

(2)核禁条約に言及がない

(3)従来の「あらゆる(any use of)核兵器の使用に懸念」という強調が消え、「核兵器使用(the use of)を懸念」へ後退−−

    ◇

 米国と相談ずくの調整に違いないが、日本政府が核禁条約を敵視しているわけではない。念のため、河野太郎外相(54)に確かめると「核軍縮の重要性を再認識させた意味は大きい。条約と日本の決議案は車の両輪ですよ」と答えた。

 外相は「ICAN」のノーベル平和賞受賞に対しても即日、自分のフェイスブックで祝意を表明。

 核保有国、非保有国の両方を眺め、「外交官の最高レベル」と評判の英語を操り、日本の立場を動画で発信。各国外相に電話と手紙で支持を訴えた。

 その結果、核保有国の米英を含む77カ国が共同提案国に。核保有国の一角・フランスも賛成。核禁条約に賛成した非保有国のうち、86カ国が日本案賛成へ回ったのである。

 問題の根は米露英仏中にのみ核保有を認める核拡散防止条約(NPT)の不平等性にある。122カ国が賛成した核禁条約で世界は核廃絶を思い出したが、大国との関係を背景に実際の署名国は53にとどまる。

 海外からの批判に縮こまらず、振り回されず、自ら国際世論をリードする器量が問われている。=毎週月曜日に掲載

https://mainichi.jp/articles/20171030/ddm/002/070/072000c


2. 2017年10月30日 13:36:07 : 6vxxoipsf3 : hnrWqDl5FX8[6]
>1

 多摩散人です

 だいたい賛成です。近い立場から私が書いたコメントにリンクします。私の方が核廃絶に批判的ですが。

http://www.asyura2.com/17/senkyo234/msg/759.html#c16


3. 2017年10月30日 14:07:42 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[4341]

>日本の核兵器廃絶決議案は米国と調整ずくと暴露した山田孝男

ま、調整しようがしまいが

いずれにせよ核兵器廃絶など、ただの夢想に過ぎず

現実の日本と世界の安全保障上、無意味な話

つまり、どうでもいいことだ




[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
アラシ

4. 地下爺[736] km6Jupbq 2017年10月30日 14:38:32 : F8wPZQzmYo : F4K4j5cqXzU[408]
成 大 作 さ ん の 言 葉 を 転 載 し ま す。


 平和憲法

 戦争放棄をうたう日本国憲法に掲げられた
 平和の理念と精神を、
 全世界に広げることが日本の使命である。
 戦争を放棄するためには、不信を信頼に、
 憎悪を友情に変え、
 戦争など起こさない友好関係を、
 すべての国々と築いていく以外にない。


 アジアのなかの日本

 日本はもっと、アジアに人々から信頼されるよう、
 真剣に誠実に努力していかねばならない。
 だからこそ、互いの文化の根底をなす思想や哲学に光を当て、
 共に理解し合い、学び合っていく対話が重要である。


 核兵器の廃絶へ

 核兵器の存在を抑止のための”必要悪”
 としてきた「国益」優先思考から、
 核兵器使用をいかなる理由があろうとも認めない
 ”絶対悪”の立場、「人間益」
 を優先させる思考への脱却を図らなければならない。


池田大作名言100選より

[32初期非表示理由]:担当:重複コメント

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK234掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK234掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK234掲示板  
次へ