★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK237 > 774.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
加害者としての記録が必要なのはナゼか?歴史改ざんは高くつく。(お役立ち情報の杜(もり))
http://www.asyura2.com/17/senkyo237/msg/774.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 1 月 01 日 00:20:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

加害者としての記録が必要なのはナゼか?歴史改ざんは高くつく。
http://useful-info.com/educating-war-of-aggression-is-important
2017年12月31日 お役立ち情報の杜(もり)


 アメリカ軍による東京大空襲や広島・長崎原爆投下という大量虐殺を犯罪として長く記録に残し、歴史的事実として後世に伝えていくことに反対する人はいないだろう。アメリカ側は、「原爆による死者はそんなに多くない」「原爆を投下したおかげで早く戦争が終わり、結果的に多くの人命を救った」などと見苦しい言い訳をしているが、まともに耳を傾けるのは一部の売国奴政治家くらいなものだ(主に自民党)。

 しかし、日本人が被害者ではなく加害者として関わった事柄が話題になると、途端に様相が変わる。旧日本軍の中国侵略行為の事実を、本多勝一氏が中国側から聞き取り実地調査を行い報告した下記著書はあまりにも有名だ。強姦・虐殺、略奪、放火・・・ 我々の周囲にいるごく普通の日本人が、侵略行為に加担した結果、悪魔に変わってしまった事例である。


中国の旅 中古価格¥1,021から (2017/12/31 11:05時点)

 1971年の8〜12月にかけて朝日新聞に掲載されたものを単行本としてまとめたもので、当時、大反響が起こった。どんな文章であれ、支持する人もいれば拒絶反応を示す人もいる。「よくぞやってくれた!」と支持する人の中には、戦争体験がある旧日本軍兵士が意外にも多かったという。

 ネトウヨ的な拒絶反応の例を以下に記す。

「国賊朝日新聞!」
「中国側のねつ造だ!買収されたのか?」
「でたらめだ!嘘を書くな!」
「この売国奴め!」
「悪いのは中国だ!」
「必ず天誅を加えてやるから覚悟しろ!」
「お前の家族は死に絶える!」

 これらの反応は予想通りなので参考にならない。参考になるのは、まじめな読者による真面目な反応だったと著者の本多勝一氏は述べている。

 明治から今日まで、国家権力が総力を傾けて実施してきた皇国史観教育は、問題意識を持てない奴隷的パーソナリティを育むのに役立ってきた。ブラック企業の跋扈、世界的にも稀な過労死の頻発、庶民から搾取して富める者に分配し続けても選挙で圧勝を続ける自民党、選挙での異常な棄権率の高さ、人間平等の思想を踏み潰す天皇礼賛、原発安全・安心神話の盲信・・・ 例を挙げればキリがない。根底にあるのは、「上の人たちは間違いを起こさない。言われたとおりにしていれば問題ない」という根拠なき信頼だ。自発的隷従という言葉でも表現できる。

 骨の髄まで権力の奴隷になって生きている人たちから見れば、権力側の犯罪を指摘する声は鬱陶しいに違いない。自分の考え方、感じ方、生きる姿勢、さらには自分の人生そのものを否定されているように感じてしまうのだろう。民主主義と対極の安易な姿勢に流されてきた人々は、権力への盲従以外に選択肢はないと信じ込んでいるのである。そんな亡国的な宗教に頼らないで、早いところ精神的に自立した方がいいのだが、どうしても出来ない。こういった「真面目な」人々の反論と、それに対する反論を以下に紹介する。

・「中には善良な日本兵もいた」
 大量の日本軍を中国本土に送り込み、財閥を太らせるための収奪を行い、その過程で千数百万人という中国人を殺害した事実は揺らぐことはない。文部科学省も認めていることだ。このような情況下で、一部の善良な日本兵の存在を持ち出しても意味がない。

・「中国軍だって日本人を虐殺した。」
 盧溝橋事件から間もない混乱時に、二百数十人の在留邦人が蒋介石軍によって虐殺された。非道な許されざる行為だ。だからといって、旧日本軍による中国全土への凶暴な侵略行為が正当化されるのか?すべての原因は、日本による侵略行為なのだ。

・「中国側の視点による一方的な報道だ。公平に報道しろ」
 日清戦争以来、権力の広報誌である新聞は権力側に都合の良いことしか報じてこなかった。日本軍の侵略を自衛と言い換え、中国の反撃を非道・鬼畜と宣伝していた。その一方で、日本軍の残虐行為は何一つ書いておらず、隠蔽してきたのだ。戦後二十数年経ち、ようやく中国側の視点で報道することが、どうして偏向なのか?むしろ、偏向を正す行為ではないか。日本の侵略行為の一切を隠蔽しろ!、という態度こそが偏向である。

・「中国人の証言なんて不正確だ」
 侵略した場所へ行き、現地の体験者の声に直接耳を傾けるのは、正確な情報を得るのに一番有効な方法だ。侵略側は侵略された側の発言に関して揚げ足取りを行い、「自分と主張が異なる「だから侵略事実はなかった」「すべてマボロシだ」「だから、旧日本軍は何も悪くない」という詭弁術を侵略側は良く用いる。それしか頼りになる方法がないのだろう。

・「戦争なんだから、異常事態なんだから仕方がない」
 そもそも、日本が中国に攻め込まなかったら戦争は起こらなかったのである。戦争を起こした側が、「戦争なんだから仕方がない」とよく言えたものだ。「侵略されても大人しく従っていればいいものを、抵抗するから戦争になるのだ。戦争になったのは中国が原因だ」とでも言いたいのか?この間抜けな論理にダマされる人は、現代の日本人にも多い。

・「こんな報道をするなんて、お前は日本人か?」
 「在日認定」という言葉がネトウヨの間で流行っているが、権力側に都合の悪いことを発言する者は日本人ではないということだ。日本人ならば皆で協力して、憎き中国を打倒しようと言いたいのだろう。日本国民全員が仮想敵国を批判してさえすれば、自国の悪政が批判されることもなく、内閣支持率は高止まりしたままで権力側は万々歳なのである。
 日本の庶民と中国の庶民は親密に交流し、協力関係を構築し、お互いの国の権力者たちを監視し暴走を防がねばならない。協力すべきお互いの国民同士が分断されたままでは、権力者の高笑いが終わることはないだろう。

 以上述べてきたように、自国の侵略行為事実に対する反応は、権力者に都合の良いトンチンカンなものばかりだ。原因は、知るべきことを知らない無知にある。長年に渡って、侵略戦争の事実を教えてこなかった亡国歴史教育の成果である。

 歴史の改ざんや隠蔽は高くつく。とくに、自国の過ちに関することは正しく記録し、世代を超えて丁寧に伝えていかねばならない。同じ過ちを繰り返さないためにも、絶対に必要なことだ。事実に対して目をつむれば、実害は必ずあなたに降りかかってくる。普通の一般人が強姦虐殺魔に変貌するのはフィクションの世界だけではないのだ。


政治家による靖国神社集団参拝(2017年)出典:朝日新聞

参考文献:
本多勝一・長沼節夫著「天皇の軍隊」(朝日文庫)の初版解説文「加害者としての記録の必要性」


天皇の軍隊 (朝日文庫) 中古価格¥1から (2017/12/31 13:52時点)


以上


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 中川隆[-5744] koaQ7Jey 2018年1月01日 00:48:21 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
昭和天皇の戦争犯罪の隠蔽と改ざんが一番高くついたね


日本人はみんな,天皇家は精神薄弱の家系で昭和天皇も自分では何一つ決められない意志薄弱の知恵遅れだと思い込まされてきた.

しかし,それは世を欺く仮の姿だったのだ:


ある60才代の風変わりな華族は、私に英語で以下のように告げた。

「もちろん、貴君は私をたぶらかそうとしていると思う。貴君は私に何を言わせたいのかね。

私は裕仁を子供の頃から存じている。

彼は、戦争好きの馬鹿ロマンチストだったし、たぶん今でもそうだと思う。

しかし、もう数十年もご無沙汰している。私は、自分の古い時代に乱されたくはない。もし、貴君が私の名前をあげるなら、私が貴君には会ったこともないことにする。」
http://www.retirementaustralia.net/rk_tr_emperor_04_choshakara.htm

昭和天皇は若いころから、宮中の書斎にはナポレオンの胸像が飾られていた(有名な話らしい)。パリを訪問したときに土産として自分で買ったもので、珍重していた。

「ナポレオンの軍隊は安上がりの徴集兵で」彼は「この軍隊を愛国心に燃える兵隊の群れに仕上げた。日本の軍隊は葉書一枚で徴兵された“民草”といわれる安上がりの軍隊で、ナポレオンの軍隊以上に愛国心に燃えていた。

ナポレオンは補給のほとんどを現地補給とした。天皇の軍隊はこれを真似た。

ナポレオンは参謀部をつくり、機動力にまかせて、波状攻撃を仕掛けた。天皇は大本営を宮中に置き、参謀部の連中と連日会議を開き、ナポレオンと同様の波状攻撃を仕掛けた。」

「あの真珠湾攻撃は、そしてフィリピン、ビルマ、タイ…での戦争は、ナポレオンの戦争とそっくりである。」と鬼塚氏は書いている。そう言われれば確かにそうだ。

 つまり、昭和天皇はナポレオンを崇拝し、彼にならって大戦争を仕掛けるという壮大な火遊びをやったのである。真珠湾攻撃が「成功した」と聞くと、狂喜乱舞したと言われる。2・26事件当時の侍従武官・本庄繁の『日記』には、天皇がナポレオンの研究に専念した様子が具体的に描かれているそうだ。

終戦の玉音放送が流れる日の朝、侍従が天皇を書斎に訪ねると、昨夜まであったナポレオンの胸像がなくなっており、代わってリンカーンとダーウィンの像が置いてあった、と…。

 この変わり身の素早さには驚かされる。つまりもう占領軍が来てもいいように、好戦的なナポレオンの像は撤去し、アメリカの受け(好印象)を狙って、リンカーンを飾り、自分は生物学に専念している(政治に無関心な)人間なのだとの印象を与えるためダーウィンを飾ったのであった。天皇は書斎からしてこうなのです…といえば、戦争責任が回避でき、マッカーサーに命乞いできるという思惑である。

戦後、天皇が海洋生物の研究家になったのは、ただひとえに自分が専制君主ではなかったというポーズであり、戦争中の責任を隠す念のいった方便だった。国民もそれに騙された。

 そして戦争指導の責任を全部、東条ら軍人(それも陸軍ばかり)に押し付けた。

大東亜戦争で米英と戦った主力は帝国海軍である。陸軍の主任務地は支那およびビルマやインドであって、太平洋を主任務地としたのは海軍であったから、あの太平洋での拙劣きわまる作戦で惨敗につぐ惨敗を喫し、国家を惨めな敗北に導いた直接の責任は、海軍にあった。

ところが、戦後は「海軍善玉論」がマスコミや出版界を席巻し、あの戦争は全部陸軍が悪かったという風潮が醸成された。多くの作家(阿川弘之ら)がそのお先棒を担いだ。

だから後年、阿川弘之が(あの程度の作家なのに)文化勲章を授賞したのは、海軍と天皇の戦争責任を隠してくれた論功行賞であったとしても不思議はない。

海軍の作戦を宮中の大本営で指導したのが、昭和天皇だったから、天皇としてはどうしても敗戦の責任を海軍に負わせるわけにはいかなかった。そこから「海軍善玉論」を意図的に展開させたのではないか。

佐藤氏は太平洋の作戦全般を大本営の服部卓四郎や瀬島龍三ら下僚参謀が勝手に指揮したと書いているが、知ってか知らずか、さすがに本当は昭和天皇が指導したとは書いていない。

東京裁判で収監された東条英機は尋問に答えて、

「我々(日本人)は、陛下のご意志に逆らうことはありえない」と言った。

これは当時としては真実である。

しかし東条のこの発言が宮中に伝えられると天皇は焦ったと言われる。責任が全部自分に来てしまい、自分が絞首刑にされる。

それで天皇は部下を遣わして、東条と軍部に戦争責任を負わせるべく工作をした。

 それから天皇は、なんと東京裁判のキーナン検事に宮廷筋から上流階級の女性たちを提供し、自分が戦犯に指名されないよう工作した。キーナンはいい気になって、しきりに良い女を所望したと鬼塚氏は書いている。

キーナンに戦争の責任は全部東条ら陸軍軍人におっかぶせるからよろしく、との意向を女を抱かせることで狙った。女優・原節子がマッカーサーに提供されたという噂は、噂ではあるが、当時から根強くあったのは有名である。おそらくそういう悲劇が多数あったのだろう。

みんな天皇一人が責任を回避するためであり、東条らが天皇を騙して戦争を指揮したというウソの歴史をつくるためであった。
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/bd61d9d5c3085df3fddc6adf68c4c7d2

私が会った皇室家族の二人は、私との会話に、1926年からの日本の支配者、裕仁天皇についての、いくつもの物語を滑り込ませていた。こうした物語は、印刷物として報じられたことはなく、私は最初、皇室内のゴシップとして聞き流した。
しかし、後にその全体の文脈で見ると、そこには取り上げるべき重要さが潜んでいた。

たとえば、真珠湾攻撃の夜、裕仁がマラヤからの短波放送を聞いていたとか、
彼はかって、息子をもつため、人工授精による出産をおこなっていたとか、
彼の誕生は、一般に言われているより一年早かったとのうわさがある、などなどである。


 こうした話から私が確信することは、裕仁が、少なくとも、そのように見せようとしているような、素直な歴史の被造物なぞでは決してないということである。

彼の侍従の話では、彼は、強力な独裁制の主唱者として登場してきたという。

彼は、卓越した知性の持ち主とも言われている。

1945年までは、彼は、政府のあらゆる詳細に明るく、すべての分野の官吏と逐一協議しており、常時、世界情勢についての全体的視野を保持していたという。

彼の、民事、軍事、宗教上の力は、絶対的なものと受け止められておりながら、
彼はそれをただ儀礼的に、かつ国務大臣の推奨を追認するのみで執行していたとも言われている。

また、どの話の中でも、彼は常に大臣の構想に遅れを取らずに助言を与え、
そして、彼が受け入れられるような推奨案へと舵取りしていたことが次々と語られている。

また、時には、反対する見解をも採用し、少数意見も受け入れ、あるいは、
ひとつの推薦案を丸々無視したとすらも認められていた。

裕仁天皇は、米国との戦争の布告に署名をしていた。それは、彼の意思にはそわずにされたものと言われていたが、戦争開始数ヶ月後の、近衛首相の退陣までに作成された記録には、そうした記述は残されていない。また、もし彼が戦争を差し止めようとしたならば、暗殺されたかもしれないとも言われている。しかし、こうした主張は、こじつけのようである。というのは、兵士も将校もすべて、天皇のために死ぬ備えをしており、彼を暗殺するほどにかけ離れた日本人は、戦争に反対の西洋化した銀行家や外交官だけであったからである。

 裕仁天皇は、1937年、軍隊を華北へ送る命令に判を押した。これも後に、意思にそわずに行われたものと言われ、また、その二ヵ月後には、華中、華南へ出兵する命令にも判を押した。

彼は参謀本部の躊躇した「軍国主義者」の忠告に従い、華南の命令の執行を不本意に延期した。彼は、戦局を自ら掌握できるよう、皇居のなかに、大本営を設置した。

当時の首相が天皇のあまりな傾倒に苦言を呈しているように、彼は戦争計画に没頭するようになった。

そして遂に、彼の伯父は、中国の首都、南京攻撃の命令を引き受け、南京のあるホテルに居を移し、彼の軍隊が、10万人を超える無防備の軍民双方の捕虜を殺しているのを傍観していた。それは、第二次大戦でおこなわれた最初の集団虐殺で、この伯父が東京に戻った時、裕仁は、自らでかけて、伯父への名誉の勲章を与えた。

 それをさかのぼる1931年から32年、裕仁は、満州領有に許可を与えた。これも後になって、不承々々のものとされたが、彼は、自らが代表する天皇の統帥機関により生じた企ての全的責任を負うことに躊躇していた、と当時の記録は明確に記録している。そしてふたたび、この領有が完了した時、彼はその実行者たちに勲章をあたえ、その大将を自分の侍従武官兼軍事輔弼〔ほひつ:天皇への助言者〕の主席にさせている。

 こうした明白な諸事実より、天皇裕仁の行為と、後年、彼について語られた言葉との間には、大きな食い違いがあると結論付けうる。

私は、資料文献を読みながら書き留めたノートのすべてを見直しかつ再考察し、日本の近世の歴史は、第二次大戦以来提起されているように、一部、参謀本部の逆諜報専門家や、一部、皇室取巻きの上層部によって、戦争末期に捏造された幻想に巧に由来している、と確信するようになった。

 こうした日本の表向きの物語は、何度も、すでに生じていたことがその結果にように引き合いに出され、論理的に逆転している。偶然な出来事や自然発生した大衆行動が、高官レベルで、それに先立つ数ヶ月あるいは数年前に、実際に議論されていたことを、その時々の資料は、一度となく示している。天皇の主席政治輔弼、内大臣(訳注)は、慣例のように次期首相を任命し、現職首相の職が危ういような政府の危機の際には、それに先立つ数週間ないし数ヶ月間は、「彼の特務期間」と呼ばれた。そのやり取りは記録として残されてもおり、その中で内大臣は、続く二代の政府の組閣構成やその成果を、正確に見通している。

終戦時、オーストラリア、ニュージーランドそして中国の高官はすべて、裕仁天皇は日本の君主であり、日本の戦争責任者のリストの先頭におかれるべきであることに同意していたことを、キャンベラの書庫で発見して、私には心をやわらげられるものがあった。彼らは、その後、マッカーサー将軍の決定――天皇を国際法の下の戦争犯罪人とするより日本の復興のために用いる――(私自身、これは賢明な決定と思う)に従った。

私の調べた確証から浮かび上がる天皇の姿は、公式の伝記にあらわれる姿とは、まるで写真のネガとポジのように異なっていた。

私の見方では、裕仁は、献身的で、衰えを知らず、利巧かつ細心で、そして忍耐力を備えた、卓越した戦争指導者だった。

彼は、アジアから白人を追放するというその使命を、大祖父から引き継いでいた。だが、国民は無関心かつ後進的であったので、人々をそうした役務にかりだすため、戦争の20年前から、心理的、軍事的に準備を重ね、巧みにあやつっていった。

公式の人物像は、これとは逆に、裕仁を、魅力に乏しいところの多い、文化的な隠居した生物学者で、自らの公務は将官や総督にゆだね、そのすべてのエネルギーをおだやかに、きのこや小さな海洋生物につぎこむ人、と描いていた。

その年の一月、私の調査が終わろうとしていた時、原書房という東京の小さな出版社が、戦時中の陸軍参謀総長、杉山元〔はじめ〕大将が1940年から44年に書きとめた備忘録〔『杉山メモ』〕を出版した。これは、日本国家の最高位の軍事将校による歴然たる手書き資料である。杉山は日本が降伏した1945年に自殺しており、彼の記録を装飾する機会はなかった。記録のほとんどは、無味乾燥な軍事的詳細か、さらに単調な軍事用語で満たされていた。しかし、そのうちのいくつかは、裕仁との会話の言葉どおりの記述である。

それらは、裕仁が、真珠湾攻撃の数ヶ月前、軍事的、経済的計画について、詳細な質問をしていることを記していた。

それは、マッカーサー将軍が語ったという、裕仁が戦後将軍に告白した――1941年にはすべての軍事的、経済的事柄については無知であった――という発言と真っ向から食い違っていた。

 最も驚くべきことは、1941年1月、対米戦勃発の11ヶ月前、裕仁が独自に、真珠湾への奇襲攻撃のフィジビリティー調査を命じていることを、『杉山メモ』が記録していることである。

それ以前では、欧米の歴史家は、少なくとも1941年11月までは、裕仁は真珠湾奇襲攻撃計画については何も知らなかった、と信じていた。1941年当時の侍従長、鈴木貫太郎は、戦後、裕仁は真珠湾攻撃計画については、それが実行されるまでは知らなかった、とはばかることすらなく記している。

 『杉山メモ』はまた、裕仁は、真珠湾計画に、彼の公式軍事輔弼がそれを告知される丸六ヶ月前の段階で、参加していたことを明らかにしている。極東国際軍事法廷の連合軍判事たちに提示され、また、宣誓のもとでの目撃証言や緻密な調査によって検証された証拠は、裕仁を戦争にまで引きずり込んだとされる「軍国主義者」の誰もが、1941年8月まで、真珠湾計画を知らなかったと結論ずけている。


国際軍事法廷は、日本人指導者に「侵略戦争への陰謀」との判決を下し、1928年から1936年の間の日本を運命付けた少なくとも八件の主要陰謀を明白とさせた。また、陰謀は、日本文化においては、古くから、由緒ある地位に置かれてきた。戦前の日本の領土軍〔植民地配属軍のことか〕は、公式に「謀略部」と称する参謀チームを設けていた。

私は、その連合国判事が判明させたリストに、さらに六件の陰謀を加え、それらのすべてを、裕仁を中心とする皇室がからむ陰謀とした。裕仁は、秘密裏に少数派に働きかけ、最初は日本を欧米との戦争に導き、そしてそれに敗北すると、その記録を隠蔽した。

欧米の歴史家は、日本人をえがくにあたって、集団ヒステリーの産物という考えでもってあまりに懲り固まっているようだった。

日本経済の記録は、そうした思い込みが誤りであることを示している。わずか一世紀昔の1868年、日本の経済発展は、1485年にヘンリー七世が王座にあった英国に相当すると見られていた。

過去一世紀の変貌は、常軌を逸した不可解な人々によって成し遂げられたのではなく、もっとも勤勉で知的な人々によってなされたのである。

私は、これまでの生涯、日本人に畏敬とそれを知ることの喜びを感じてきた。日本の指導者たちが、欧米の指導者たちと同様に、極めて賢い人たちであるということは、この著作の基本的前提である。

1945年、連合軍がドイツを制圧した際、何百万ページもの国家文書が発見された。これに対し、連合軍が取り決められた日本の占領を始めた時、戦争終結からまだ2週間しかたっていないにもかかわらず、アメリカ人の手に入ったもので、何らかの重要性をもつ文書は、日本人によって自発的に提供されたものであった。

1937年より1945年まで皇居において天皇が議長を勤めて行なわれた天皇本部の会議議事録は、すべて焼却されたと言われている。陸軍参謀本部、海軍参謀本部、特高警察のファイル類の大半も、同様であった。
http://www.retirementaustralia.net/rk_tr_emperor_04_choshakara.htm


東京から80キロメートルほど海岸線沿いに下った山間に、節くれだった松林に囲まれ、等身大以上の観音像――慈悲の仏教の女神――が立っている。 観音の衣の背後の草むらの中に、1.2メートルほどの空地を見つけることができる。下部の通路からは見えないそこに、七枚の灰色に変色した無塗装の細板が地面に突き立ててある。

それぞれには、墨で書かれた以下の名前が見られる。

東条英機、板垣征四郎、土肥原賢二、広田広毅、木村兵太郎、武藤章そして松井岩根。

彼らは、日本のヒットラー、ヒムラー、ゲーリングとして、二年間の審問の後の1948年、連合軍によって絞首刑に処せられた者らである。

その近く、数百メートル下った海を見晴らす高台に、小さな神社がある。その軒先には、色とりどりの紙で飾られたしめ縄がかけられている。その周り廊下の端に置かれた台の上に記名帳があり、そうした絞首刑にあった者の家族らが、1950年初め以来、毎月一回ないし二回、そこに記名している。

おおくの日本人にとって、彼ら七人は、そう罰した国際法廷が言う意味での有罪犯ではなかった。彼らは、日本を戦争へと導いた悪い陰謀者でも、ヒットラーやその一味のような狂った者らでもなく、むしろ、天皇への忠誠な奉仕者であり、政府の責任ある官吏であり、西洋式法廷の要求を満たすため、支配階級によって白羽の矢が立てられた象徴的身代わりであった。

 日本人のほとんど誰もが、1948年の戦争犯罪法廷での判決を非難するが、だからといって、日本人は、多数の選択として戦争を行ったとも、その兵隊たちが公式の指令なくして強姦や殺人を行ったとも思っていない。
http://www.retirementaustralia.net/rk_tr_emperor_10_1.htm


天皇の7人の最も「忠実な下僕」が絞首刑に、18人が占領の間中の投獄、そして、天皇自身は皇位から退位もせず、「立派な自由主義的な紳士」となった。

1948年12月22日、絞首台に向かおうとする東条、松井ほか5名の男たちは、全員で天皇に「万歳」――裕仁朝廷の永世を誓う――を唱和した。

その処刑に立合う責を負った連合軍の外交代表は一列となって、死刑判決を受けた者らの冷徹なユーモアとも映る行動を、深い印象と共に目撃していた。

裕仁のみが生き長らえ、そして記憶にとどめられていた。

戦争後の四年間、彼は戦前からの擦り切れた背広のみを着て、人々とみじめさを共有する姿勢を表した。

そして1949年、アメリカの新聞が彼をぼろを着て散歩していると報じたと家臣が告げたことを契機に、彼は、彼の結婚25周年を記念して、背広を新調することを受け入れた。

その数年後、作家、小山いと子が、皇后良子について小説を書いた時、その新しい背広について書いて話を終わらせていた。

天皇はイソップやアンデルセンを好み、この作家は、彼女の「天皇の新しい服」という喩えが、彼の好感をさそうだろうことを予期していた。

 「天皇の新しい服」は、喩え話として、1950年代を飾った。1940年代の西洋の判事と報道記者の執拗な疑念は忘れ去られた。
http://www.retirementaustralia.net/rk_tr_emperor_13_3_4.htm



[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
アラシ。

2. 日高見連邦共和国[5820] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月01日 01:22:04 : J73iKIGkbk : Mxk5VQ6OORU[6]

アシュラーの皆さん、明けましておめでとうございます!今年もヨロシク!!

確信を持って言いますが、本多さんのルポルタージュは最高の“本物”です。

でも、その全てを“事実”として受け入れられるものでもありません。

その上で再度言いますが、本多さんのルポルタージュは“本物”です。


3. 2018年1月01日 02:03:23 : rwgORSmgTI : ySbarMWNCPU[287]
お役立ち情報の杜さんの様なまっとうな意見が言えるような社会がいつまで続くか心配せざるを得ない昨今の社会情勢です。

まともな考えをあらゆる場面で表現し多くの人々に理解してもらうよう行動することがより大切な年となったようです。

よりよい社会となることを目指し頑張りましょう。


4. 2018年1月01日 06:16:27 : pYM2EmRmeM : v105yL5kfJc[1]
終戦時、「戦犯追及を恐れて」部隊や役所の公文書はもちろん、個人の日記に至るまで根こそぎ焼却処分を命じて証拠隠滅をやってた、という大量の証言を知っていれば、身に覚えありまくり、やましさで一杯だったんだなとわからんほうがおかしい。

文書の現物がなければ証拠はないそんなものはなかったとしか思えない、と抜かすのは、拉致して殺害した仮谷清志さんの遺体を徹底焼却して湖に撒いたオウム真理教の犯罪などなかった、証拠はない、証言は証拠じゃない、だからオウムはみんな無罪だと言い張るようなものだ。

逆に、あるべきものを残していれば、もしも戦犯裁判であらぬ疑いをかけられても、有力な反証として提出できたはずだ。どこかに隠してこっそり保管してても良かったんだ。ところが、それじゃ安心できなかった。全部徹底的に焼いてしまえ、と命じてたんだ。現場の将校が勝手に暴走してたんじゃなく、陸軍省や内務省の組織的命令で。

今残ってるのは、焼却が間に合わなかった、あるいは末端の人に単なるものぐさや「こんな文書を闇に葬っちゃいかんだろ」と感じた人がこっそり持ち出して保存してくれた、あるいは手違いでたまたま焼却命令が届かなかったとかで、軍や役所が将来へ真実を残すために意図的に保存していたものじゃない。

名探偵は、「ないはずのものがある」他にも「あるはずのものがない」ところからも推理や捜査を進めるものだ。
私は、そういう人間でありたい。断じて、犯罪者の側には立ちたくない。


5. 知る大切さ[11370] km2C6ZHlkNiCsw 2018年1月01日 06:36:39 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[2096]
今の政権に目を移してみよう。

記録がない、記録を残さない、会議は非公開、
決定の過程が不明瞭。

今の安倍政権の周辺も全く同じ構図。

一点の曇りも無いと言い張るのみ!


何度も何度も騙されるのを是としたくないでしょ?

誰もが声をあげれる今、そのチャンスを活かすか?殺すか?

仕方が無かったと後悔する人生てつまらなくないか?

できるだけの事はする。今年もそんな1年を当方の内心に元日に掲げよう。


6. 阿快[495] iKKJ9Q 2018年1月01日 09:14:08 : N3oQcGCttk : nkcl5MAalbc[3]
本多勝一とは一度会ったことがある。
おれの住んでいたある家にわざわざ東京から会いにきてくれた。
そのときの印象では、本などから受ける真摯な正義感ではなく、

    傲慢でウソつきで冷酷な男

だった。

当時、本多は『週刊新潮』の社長で編集長だった。
本多はサヨクだからとうぜん組合を容認しているとおもって
いたが、わたしには憎々しげに

   組合なんかつくりやがって

と怒っていた。わたしへの用事というのがまたふざけていて、
『週刊金曜日』の社員(編集者)からわたしに来た手紙を見せてくれという。
この編集者とは懇意にしており、電話でもひんぱんに情報を交換し、
また手紙も多数、いただいていた。
ところがこの編集者と本多が社内で対立していたらしい。
そこでこの社員の欠点を探してわたしにたどり着いたらしいのだ。
もちろんわたしは人様から来た手紙を本人の同意もなく見せられないと
断った。あたりまえの常識である。

すると本多は突然不機嫌になり、礼もいわず立ち去った。
なんと傲慢な男かとおもった。
わたしの年齢はもちろん本多の孫のような年齢である。
その孫のような若者相手に、信じられないような要求をつきつけ、
わたしが拒否すると、ふくれツラで出ていったのである。

こんな男の著作をわたしはほぼすべて家に置いていたが、
その事件以来、信用できなくなってすべて捨てた。笑

おまいらは、もうすこし、人を疑うということをしなくていけない。
本多勝一の書いたものなど、おれは信用しない。ばかばかしいよ。笑


7. 阿快[496] iKKJ9Q 2018年1月01日 09:15:28 : N3oQcGCttk : nkcl5MAalbc[4]
訂正『週刊新潮』の社長兼編集長→『週刊金曜日』の社長兼編集長

8. 知る大切さ[11373] km2C6ZHlkNiCsw 2018年1月01日 09:33:38 : R9FCqA2vYc : rrJKS_dywEM[2099]
>6・7
作り話でないと仮定での話しでね
当時のお主が今のお主と同じ感性の持ち主なら、
無駄な一期一会だったろうね。


貴殿が組合作れる程他人に己の時間を費やせる人とは
想像もできないんだがね。


9. 2018年1月01日 09:50:01 : cSnLLMIpyQ : WExoZmiQ1_s[4]
新年早々スマホ回線より失礼
>6
これはTwitterで呼ばれるところの「嘘松」というやつであろうか?
案外、どこかに元ネタが転がってるのではないか?

10. 2018年1月01日 10:01:04 : Cf7mQU56Hc : Oen0@P872zA[64]
阿ホ快は自分は白人の下請けであることを理解しているのか。お前の外見とセリフならアメリカの貧困層に馬鹿にされるだけだよ。

アジア人の阿呆が何か言ってるとか、ただ阿ホ快ではコミュニケーション暴力もないか。


11. 2018年1月01日 11:37:04 : UvtqEt4E0Q : 94bjpXqVTZ4[12]
ネトウヨってのは犯罪予備郡の集まり。まあ犯罪者ってのは、自分が悪い子としてる自覚無いもんね。

12. 2018年1月01日 16:08:02 : z1m4h6lSws : Z3xrqsztbmY[3]
原発板の嫌われ者大切さがここでも嫌われてる

[12初期非表示理由]:管理人:意味なしコメント多数により全部処理
13. 2018年1月01日 17:13:31 : A4AvZivHZs : VNftEPmtM9w[43]
ネトウヨと言うのは、日本人の恥晒し 南京大虐殺の被害者人数が たとえ大袈裟であろうと、日本が
大陸を侵略して 非人道的行為を そこいらじゅうで働いた事実には、何ら変わりがないという事である

そして、南京の人数についてだけ必死にあげつらうネトウヨは、広島長崎の原爆被害者数にだって
そうとう大袈裟や誇張が混じっている事には なにも言及しない、東京大空襲についても同じである

広島の被害者数は当初 数万人と言われていたが 時代と共に被害者数は増え続け、現在では 
「広島の原爆死没者名簿には8月6日現在、29万7684人の名前が記されている」
とされている、いくら原爆の後遺症があったとしても 二十何万人がすべて原爆後遺症で死んだとは
普通は考えにくい事だろう どう考えても 被ばくした人が 自然死した場合でも 「原爆症で死んだ可能性」
として、すべてカウントしている事は確実だが ネトウヨは南京の事しか言わない
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/7702.html


戦争犯罪と言うのは 「二度と繰り返してはいけない」 というバイアスが働くために
大袈裟や誇張が どうしても入り易い、またそれに対して寛容になる傾向があるのは仕方のない事
それは、南京でも広島長崎でも まったく同じ構図なのである。


14. 2018年1月01日 18:19:45 : LaJKRVWQpj : gy9RdUuHMjs[2]
> 「国賊朝日新聞!」
「中国側のねつ造だ!買収されたのか?」
「でたらめだ!嘘を書くな!」
「この売国奴め!」

本多勝一は自分の生年を著書によって1931年、1932年、1933年の3通りを記しており、どれが正しいのかは不明である[1]。
普通の日本人で自身の生年を3通りに記すことはあり得ない。
日本の戸籍を持っていない可能性が高い。

案の定、本名が崔泰英と云う在日朝鮮人だとする記事がある[2]。
これが正しければ、「中国側のねつ造だ!買収されたのか?」ではなく、自身で捏造したのだと思われる。
嘘を吐くのは息を吐くように嘘を吐く朝鮮人の得意技である[3]。

[1] 本多勝一
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E5%A4%9A%E5%8B%9D%E4%B8%80
生年月日[編集]
本多の生まれは長野県下伊那郡大島村上新井であるが、生年は著書によって1931年、1932年、1933年の3通りを記しており、どれが正しいのかは不明である。たとえば『中国の旅』ハードカバー版(1972年、朝日新聞社)によると1931年であり、同書文庫版(1981年、朝日新聞社)によると1933年であり、『殺される側の論理』(1982年、朝日新聞社)によると1932年であるという。生年月日を記した唯一の資料『現代日本人名録98』によると、1932年1月28日生まれだが戸籍上は1931年11月22日生まれであるという。ただし殿岡昭郎『体験的本多勝一論』(2003年、日新報道)によると、1987年3月3日、京都地裁で開かれたベトナム僧尼団焼身自殺をめぐる民事裁判の原告本人質問にて、本多は「1933年4月28日生まれである可能性がある」と発言しており、生年月日は未だに明らかでない。『しんぶん赤旗』では1931年生まれと自ら語っている[9]。

[2] 南京大虐殺の記事が朝日新聞の本多勝一(本名が崔泰英と云う在日朝鮮人)が捏造していた事を知っていましたか? 2014年9月30日 00:49
https://textream.yahoo.co.jp/message/1009405/dabffcjfcaw/1/2823
このような、朝日新聞の報道姿勢をどのように思いますか?
朝日新聞は1970年頃から中国共産党のプロパガンダ機関としての立場で反日キャンペーンを展開してきました。
その一つが1971年の連載『中国の旅』で、朝日新聞記者、本多勝一氏が戦時中の「日本軍国主義の残酷行為」を証言者の話として発表しました。
ところがそれが全く根拠の無い仕込まれた内容で、中国のプロパガンダだったと云う事が近年になって明らかになってきたのです。
しかも、本多記者は本名崔泰英と云う在日朝鮮人だと云う事も判明しました。
朝日による反日キャンペーンは成功し、中国共産党と在日朝鮮人による捏造によって、戦後の日本は自虐史観が広まり、結果的に土下座外交を招き、それに乗じて中韓からの精神侵略を受け、反日左翼の台頭を許して来たのです

[3] 【週刊新潮】南京大虐殺捏造の本多勝一、陥落!【朝日新聞】
https://ameblo.jp/bj24649/entry-11927325293.html
 朝日新聞の歴史捏造で代表的なものは、目下で大炎上している慰安婦問題である。
 そしてこの度、朝日新聞のもう1つの代表的な歴史捏造である南京大虐殺が、その根拠を失おうとしている。
 南京大虐殺を捏造した当事者である本多勝一が、実質上、これが捏造であることを認めたのである。
 現在発売中の「週刊新潮 平成26年9月25日号」のスクープである(18,19ページ)。

週刊新潮 2014年 9/25号 [雑誌]/新潮社
¥400Amazon.co.jp
「【水間政憲】南京大虐殺陥落!本多勝一、写真捏造を認める![桜H26/9/18]」 YouTube2014年9月18日


15. 2018年1月01日 20:11:26 : t09dumgomc : _QSLFc9uuag[496]
加害者の 立場になると 口つぐみ

言えないよ 巨悪の闇が バレるから


16. 2018年1月02日 16:26:37 : GqJ2H0Owmo : RXwOBIgI_zU[22]
よくまとまった書き込みですね
たしかに、本多勝一氏は信用に足る人物です

ところで
保阪正康氏の「昭和とは何だったのか」ほぼ読み終えた
井上寿一氏の「戦争調査会」読んでる最中 変わり種の本

戦争と平和について考えています
現在から振り返って愚かと思える過去の行為の原因はどこで始まったのか
歴史から学ばない権力者の系譜はなど

書き込む価値の情報があれば、また、書き込みます


17. 2018年1月02日 17:14:53 : A4AvZivHZs : VNftEPmtM9w[44]
16さん ならばぜひ 半藤一利 「日本の一番長い日」 も、読んでください

戦争というものが、始まるのは簡単な事でも 終わらせるというのは かくも難しく 壮絶なる葛藤を要する
極めて困難な作業である事を、全国民は知るべきであると思います。


18. 2018年1月04日 21:45:51 : DcYRyD2WFQ : yg9aozpnhaE[115]
 本多氏の一連の著作は、「虐殺される側の論理」で公言している通り、「権力側に都合の良いこと」の報道のカウンターを意図していて、プロパガンダ色のつよい物でもあります。それは事実の取捨選択の段階で行われます。私は、その事を ベトナム戦争に関する本多氏の著作を先に読み、後に近藤紘一の一連の著作、開口健のベトナム戦争関連の著述を読むことによって理解しました。
 ベトナム戦争について言えば、米軍は確かに「虐殺する側」であったのですが、南の庶民には、暗殺やテロ行為を専らにする北、コンさんを恐怖する感情も強くあったのです。が、本多氏の著作からは その部分が綺麗さっぱり削除、捨像されています。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK237掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK237掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK237掲示板  
次へ