★阿修羅♪ > 戦争b21 > 117.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本の「核武装論」が最大抑止力(WEDGE)
http://www.asyura2.com/17/warb21/msg/117.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 9 月 11 日 15:19:10: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

日本の「核武装論」が最大抑止力
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10558
2017年9月11日 樫山幸夫 (産經新聞前論説委員長) WEDGE Infinity


 北朝鮮建国記念日の9月9日、ミサイル発射など”ありがたくない引き出物”はなかった。しかし、まだ油断はできない。

 金正恩があらたな挑発に出るのか、トランプ大統領の堪忍袋の緒が切れて軍事攻撃に踏み切るのかーー。北朝鮮の核危機は、一触即発の状態がなお続く。暴挙を押さえる手立てがない苦しい中、“劇薬”として、米国内で、日本や韓国の核武装論が台頭している。日本国内でも、自民党の石破茂元幹事長が、米軍の核の国内配備について議論すべきだという考えを示し、この問題に一石を投じた。わが国が核兵器を保有すれば、北朝鮮だけでなく、その“兄貴分”の中国も大きな衝撃を受けるだろう。

 中国は、北朝鮮に核を放棄させるための説得役として期待されながら、のらりくらりとして、各国の反発を買ってきたが、「日本が核武装」となると、その怖さに、本腰を入れて北朝鮮に圧力をかけるかもしれない。

■中国が怯える「強い日本」

 9月3日の産経新聞に興味深い記事が掲載された。黒瀬悦成ワシントン支局長の署名入りの記事は、米国内で、北朝鮮に核開発を断念させることは不可能という見方が強くなっていることに言及。その前提で、日韓の核武装を容認し、それによって北朝鮮の核に対抗するーという議論が勢いを増しつつあると伝えている。民主党系のシンクタンク「ブルッキングス研究所」の研究員による、「日韓の核武装を認め局地的な衝突も辞さない構えで、北朝鮮を封じ込める」との主張、米国の別な軍事専門家の「日本が自前の核兵器を持てば、すべての民主国家は安全になる。強い日本は中国の膨張を阻止する」という積極的な日本核武装支持論も紹介している。 

 反面、米外交界の長老、キッシンジャー元国務長官のように、北朝鮮の核脅威が深刻になれば、日韓だけでなく、ベトナムなど、核兵器で自らを守ろうとする動きが活発化するーーという「核ドミノ」への警戒感が存在することにも触れている。

 一方、石破幹事長の発言は、今月6日、民放テレビの番組で飛び出した。「米国の“核の傘”で守ってもらうといいながら、日本国内には(核兵器を)置かないというのは正しいのか」と現状に疑問を投げかけ、「持たず、作らず、持ち込ませず、議論せず、ということでいいのか」とも述べ、非核三原則の見直しに言及した。

 石破発言は、日本が自前で核開発を進めるという趣旨ではないが、国是としてきた三原則に疑念を呈した発言であり、波紋を呼んだ。案の定、管義偉官房長官は記者会見で「これまで(三原則の)見直しの議論はしておらず、これからもすることは考えていない」と明確に否定した。

■かつては安倍首相も言及

 「日本核武装」が台頭するのは、これが初めてではない。

 少し古い話だが、北朝鮮が枠組み合意を破棄して核開発を再開した直後の2003年1月、米紙ワシントン・ポストに、「ジャパン・カード」という見出しで、「日本の核武装が北朝鮮への対抗手段」というコラムが掲載された。筆者は保守派の論客、チャールズ・クラウトハマー氏だった。コラムは「米国が北朝鮮への武力行使に消極的である理由のひとつは報復を恐れているため」と指摘。

 「北朝鮮を外交的、経済的に孤立させようという手段も、韓国、中国が協力するかわからない状況では、効果を期待できない」と、当時のブッシュ政権(共和党、子)の政策を批判した。そのうえで、「こういう苦しい状況の中では、日本に自ら核武装させるか、米の核ミサイルを日本に提供して北朝鮮と、それを支援する中国に対抗させることこそ、唯一の有効なカードになり得る」と主張した。

 この議論が日本国内にどの程度の影響を与えたかは明らかではないが、その後、2006年には、日米の政府間で、表沙汰にこそされなかったが、議論されている。しかも、そのときは、第1次政権を担っていた安倍晋三首相が、コンドリーザ・ライス米国務長官(当時)に直接、提起したという。

 ブッシュ政権2期目で国務長官を務めたライス氏の回顧録によると、2006年10月に訪日、官邸を表敬した時のこと。

 安倍首相は「日本が核開発に手をつけるという選択肢は絶対にあり得ない」としながらも、「それを望む声も多いのは事実だし、しかも、その声は次第に大きくなっている」と日本国内の空気を伝えたという。

 回想録の中でのやりとりはそれだけで、ライス長官がどう答えたのかなどは明らかではないが、ライス女史は、「日本でそういう声があがることは意味がある。北の核開発を野放しにすれば大変なことになると中国も思い知るだろう」とコメントしている(『ライス回顧録』集英社)。

 そう、中国なのだ、日本の核武装論をもっとも気にするのは。中国が戦後ずっと恐れてきたのは、最近こそあまり口にしなくなったが、“日本軍国主義”の、復活だ。日本からみれば、軍国主義復活など、とんだ取り越し苦労だが、実のところ、「強い日本」を中国はもっとも恐れている。

 かつて、日中国交正常化前、中国が日米安保条約に必ずしも反対しなかったのは、この条約が存在することによって、日本が防衛費を抑制、軍事大国になることを防ぐことができると考えたからだ。“ビンのふた論”である。

 北朝鮮の核開発が深刻化した当初の1990年代はじめごろから、中国が、北朝鮮への影響力を行使して説得することへの期待感は強かった。その際の“殺し文句”として「核開発を続ければ、日本も核武装する。そうなったら、われわれにとって大きな脅威になる。それを避けるためにも中止しろ」というのが有効ではないかと考えられていた。

 中国が実際にそういう言葉を使って説得をしたかはわからないが、いずれにしても、国連の制裁に従わずに、密かに支援し続けてきた中国のいうことに、北朝鮮が耳を貸すはずがなかった。
今回、日米で再び日本の核武装論、核持ち込み論が展開されはじめたのだから、この機会を逃さず、議論を本格化すべきだろう。

■議論もせず、ということでいいのか

 石破発言に対する管官房長官の発言は冷淡そのものだったが、政府の立場としては当然だ。“無役”の石破氏は立場が違う。ここは石破氏同様、自民党内で議論を活性化させるべきだ。
第1次安倍内閣時代、安倍首相とライス米国務長官が日本の核武装論議を交わした、ちょうど同じ時期、自民党政調会長だった故中川昭一氏が、非核三原則の見直し論をぶち上げ、論議を呼んだ。非核三原則のもとで、核を持たずに北朝鮮の核開発に対して、どういう対抗措置をとることができるのか考えなければならないーというのが発言の趣旨だったが、日本国内の一部政治家や反核団体から激しい非難を浴びた。

 石破氏が今回、「議論もせず、ということでいいのか」と疑問を投げかけたのは、まさに、経緯があるからだろう。

 核に関する議論は、ある種タブー視されている。それだけに、石破発言に対して自民党内でもさまざまな議論があるようだ。中川発言の時のように、ごうごうたる非難の声が出るかもしれない。

 しかし、北朝鮮の核・ミサイルに日本国民が脅威を感じ、中国は強大な軍事力を背景に、南シナ海、東シナ海で暴虐の限りを尽くしている。そうした状況を考えれば、この時期に、議論を展開するのは、国民の理解を得やすいだろう。批判があったとしても、そういう議論が正しいことを国民に対して訴えかけ、説得すべきだ。そもそも、核武装論を展開することと、実際に核を持つこととは全く別の問題なのだ。

 日本政府は、非核三原則の手前、議論するには躊躇がある。党主導で大いにアドバルーンをあげ、賛否を含めて国民の間に議論を広げるべきだろう。

 米国内ではいま、在韓米軍への戦術核再配備に関する議論が展開されている。日韓両国での活発な議論によって、今度こそ日本は真剣だと思わせ、金正恩だけでなく、中国の習近平指導部の肝を冷やしてやるのも一興だろう。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2017年9月11日 16:23:33 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1852]
石破茂は 「議論くらいはするべでは」 と言っているのであって 「核を持つべきだ」 とは言っていない
結局 ウヨ連中は 都合の良い方にしか解釈しない 北朝鮮問題そのものを【煽って利用する】という魂胆に
まったく変わりは無い

まあ そんな議論を 始めるだけで 安倍政権の支持率は 下落する事間違いなし 石破茂の思うつぼ

日本国民が いったいどれほど 「核兵器」 というものに強烈な拒絶感を持つのか、石破なら
理解出来ない訳はあるまい 安倍政権への【揺さぶり】ですよ。


2. 戦争とはこういう物[2236] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2017年9月11日 17:09:06 : 9PG0M0b68Q : jKnbezZWN40[880]
>「日本が核武装」となると、その怖さに、本腰を入れて北朝鮮に圧力をかけるかもしれない。

つまりキタチョーセンがアメリカ同盟を脅すように、日本も他国を威せば良い、という主張。
キタチョーセンが核で強くなったから、僕らも核でキタチョーセンみたいに強くなろう、という主張。
他人に遣っては逝けないと言った事を、自分らは良いのだと遣る、という主張。


3. 2017年9月11日 18:33:26 : eeCdMkJo8c : EPUJBiCDW8Q[3]
>日本の「核武装論」が最大抑止力

確かに、北朝鮮が核武装すればこういう議論が出てきても不思議ではない。しかし、日本だけが例外的とはならないだろうから、行きつく先はどの国も対抗上核武装するということとなり、5大常任理事国だけの核保有特権であるNPT体制は崩壊してしまう。
つまり、日本が核武装と言い出した途端、中国だけでなく、常任理事国に共通する利益を害する主張となり、米国を含む常任理事国すべてを敵に回すことになる。
それでも頑張る(北朝鮮のように制裁何するものぞの気概など)という大きな国民の支持がなければ、そういう議論もあります程度の評論家論調程度にしかならないのでは。


4. 2017年9月11日 20:32:07 : IQNHBUkhl6 : 3T6PnME5Lyc[14]
>NPT体制は崩壊してしまう。

もう既に崩壊してる気がする。

現に北朝鮮は、発射如何は別として、核ミサイルを中国の方角に向け照準を合わせられると発言したし、その時点で、東アジアにおけるNPT体制は、実質的に崩壊してしまったと言えるのではないか。

この北朝鮮の発言について、ロシアは見てみぬ振りだ。別な言い方をすれば、旧共産圏の国々は、イランやパキスタンなどを見てもそうだが、NPT体制の維持には必ずしも固執していないとも言える。固執しているのはアメリカとイギリスだけだろう。実質、その2カ国だけだ。


>常任理事国に共通する利益を害する主張となり、米国を含む常任理事国すべてを敵に

既述の通り、常任理事国間での利害は共通していない。
文句を差し挟んでいるのは、アメリカとイギリスだけだ。

「敵にまわす」とはどういう意味だろうか?いまいち解せない。
対米同盟関係を破棄するという事か?
それとも、日本とアメリカが再び、何らかの軍事的な緊張関係に至るということだろうか?

意味不明である。


5. 2017年9月11日 20:38:33 : IQNHBUkhl6 : 3T6PnME5Lyc[15]
>日本の「核武装論」が最大抑止力
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10558
>2017年9月11日 樫山幸夫 (産經新聞前論説委員長) WEDGE Infinit


この記事の題は、核武装「論」の「理論」の部分が抑止力になると言いたいのだろうが、理論などは抑止力たり得ないことは、誰が見ても明らかである。

寝言は寝て言って欲しいものだ。


6. 2017年9月11日 21:25:44 : ZeK6Ht0u6A : sCHs8ig7imU[68]
どうしてこう基本的な部分で知能の足りないバカばかりが口を利くのか。

そんなもん自爆テロ犯や特攻隊員に銃を突き付けて脅せば自爆を思いとどまり、抑止力になると言っているようなものだ。


7. 2017年9月11日 22:14:55 : Q1AShcAlNU : YisAsbtyiYk[493]
日本の核武装は抑止力にはならない!
まずもって、日本独断で核兵器保有はできない。例えアメリカはOKを出しても、中国とロシアは真っ先に、次に世界各国が反対するだろう。それを無視して強行したら日本は世界から孤立し、経済破たんに陥る。その上、日本は核兵器保有を決定する前に「核不拡散条約を脱退」をしなければならないなど高いハードルをクリアする必要がある。

核兵器は保有しても使えない兵器。だったら一番手っ取り早い抑止力は「日本は敵を作らない」につきるだろう、

2,3日前、中国は北朝鮮問題で「米国が北朝鮮に先制攻撃をしたら北朝鮮側につく.北朝鮮が先制攻撃した場合は傍観する」とアメリカに通告した。

北朝鮮問題の解決方法は:
1.ならず者金の暗殺
2.サイバー攻撃。

1は希望の域を超えないが、2は実現可能だと思う。プーチン大統領も「未来の戦争は核ではなくサイバー攻撃になる」と確信しているし。実際、アメリカはイランのミサイル発射実験をサイバー攻撃(コンピュータ・ウィルス)で妨害(ミサイルの遠心分離器を大量に破壊)した実績をもっている(2010年と2011年)。北朝鮮に対しても試みをしているのだろうが成功した情報は流れてこない。

最近アメリカで、”日本は北朝鮮の攻撃に対応すべく集団避難訓練を計画」の記事を目にしたが、自分は全然危機感を抱いてない。確実なのは、在日米軍基地と原発がないところは安心ということです。



8. 2017年9月11日 22:59:28 : UE7ADXwYxM : OwuvQPniDM8[3]
>>6
>自爆テロ犯や特攻隊員に銃を突き付けて脅せば自爆を思いとどまり


喩えかたが、いまひとつだと思わないか?

じゃあ米軍ならどうするか?
アフガニスタンのパトロール地域で自爆テロが頻発すると聞けば、
巡回に使う車上の重機関銃を降ろすのか?w
当然、降ろすはずは無い。

狙撃手が居る場合はどうか?
航空支援か砲撃の要請をするだろう。
日本も外国には迷惑をかけずに、独自でそうすべきだと言っているだけの、至極単純な話だ。


9. 一式戦闘機「隼」[10] iOqOrpDtk6yLQIF1lLmBdg 2017年9月11日 23:51:14 : sZa8MSd17A : vsGJV5bq@Iw[4]
>>7
>日本の核武装は抑止力にはな

もう少し冷静になって頂きたい。
日本国自衛隊の装備する通常型の兵器は、敵国の同様な通常兵器による攻撃への抑止力には、当然なり得る。なり得るから毎年予算を付けて配備や訓練をしている。

核兵器はそれよりも、遥かに強力だ。
抑止力足り得ないハズがない。
軍事的な常識だ。

>>7
>アメリカはOKを出しても、中国とロシアは真っ先に、次に世界各国が反対するだろう。それを無視して強行したら日本は世界から孤立し、経済破たんに陥る。


感情的過ぎる。

中国やロシアが反対したとこで、金欠のロシアが何か外交的なアクションを取るとは到底思えない。日本のメディアや大衆文化は、今まで至るところでロシアをコケにし馬鹿にして来た。にもかかわらずロシア人は日本へのカネの無心に懸命だ。日本人が文句を大して言わないのは、内心でこうしたロシア人の態度を完全に軽蔑しているからだ。

中国の場合は、技術や人材で依存している日本に、また今まで大した争いごとも無く中国の経済発展に多大な協力をして来たにもかかわらず、大規模な戦略核戦力を持つ中国が、その程度のことで何らかの経済的アクションを取るとも思えない。平時には不利益が圧倒するからだ。日本の多少の核武装には、少し文句を言う程度で済ますだろう。ましてや核装備ごときで紛争などは望まぬはずだ。

もし日本が核武装で破綻する可能性があるとすれば、アメリカとの関係が拗れた場合だ。ご存知のように「頭隠して何とやら」と言えるぐらい、アメリカ系の息がかかった「反核論者」が日本には犇いていて、国民は皆彼らに感付いて辟易している。

核武装という強力な抑止力を持たねば、国家国民の存亡に関わる事態に差し掛かっている今の現状においては、これらの反核論者の工作は、百害あって一利もなく、日本国民の対米感情を悪化させるだけであろう。そして、それは米英ではなく、中露が望む変化だ。

核戦力は有益だ。日本の戦略核武装は、日本政府と自衛隊に核戦争の全ての想定を行うことを可能にさせ、核攻撃への防備(包括的な官民の電力公共インフラや電子機器へのEMP対策、民間用の核シェルター建設、攻撃時の非難手順や民間防衛の整備)も、「パッケージ」で利用可能とさせる。これら全てを行うことは、日本の核武装なくしては不可能なことだ。

こうた多大なメリットのある日本の核武装に、米国が何故、感情的に反対を続けるのか、むしろ日本国民の一人として説明願いたいところである。なぜなら、北朝鮮のミサイルへの防衛に干渉する行為自体、日本への核攻撃による損害を「手助け」「助長」していると、我々のような一般国民は受け止め始めているからである。以下:

>>7
>核兵器は保有しても使えない兵器。


間違った解釈であり前提だ。戦艦大和もそうだったが、全ての兵器は「使うために造られている」ことを知るべきだ。化学兵器同様に、造られた以上、「核兵器」も必ず使われる。


>>7
>だったら一番手っ取り早い抑止力は「日本は敵を作ら

これは誰の意見だ?悪ふざけではなく、アメリカ合衆国としての意見であるならば、そう明示されたい。



[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
アラシ

10. 2017年9月12日 04:08:41 : Qk0z0gVGLY : lQZkNLxHm_4[1149]
官僚独裁機構をつぶすのに核武装が有効なのはわかるが日本はまだむりだな。

理由はかんたん、アホがおおすぎる。

官僚独裁機構は他の方法でつぶすしかないよ。核がもてないことより
日本人が幼稚なことのほうが根本的問題。

何年かかっても教育して成長させないと。今まで島国でさぼってきたんだから。


11. 2017年9月12日 11:32:42 : Q1AShcAlNU : YisAsbtyiYk[495]
>9様
>7です。
ご意見を拝見いたしました。>9様の議論は別に新しいことではありませんが、尊敬いたしたいと思います。

私は冷静に発言したつもりです。
それと、私は米国100%寄りのトラ大応援者です。だからと言って米国の悪いと思うところは米国人たちと堂々と議論します。政治の専門家ではないので、いろいろな方の意見や情報を参考に学んでいます。敵をつくらないについては議論がつきないと思いますし、時間がとれないので止めときます。


12. 2017年9月12日 11:36:11 : pMw4AqaKKo : vREmJg4izDs[1]
>>10
>アホがおおすぎる。

アホはお前のような犬と、その飼い主がいる国の為政者どもだ。
日本国民ではない。

ゴミも分別できないのが地球温暖化に文句を垂れ、
核兵器を保持してきたからこそこうなった。

そんな事も分からんなら、ここにコメントすらする資格も必要もない。


13. 2017年9月12日 13:10:48 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1855]
>>10
日本国民が 本当にアホなのかどうかはさておき 仮に アホだったと仮定しよう

だが 日本国民を“アホ”にしたのは、軍国主義を作り上げた ウヨ連中の責任であるから
文句を言うなら そいつらに言って下さいな

当然だろう 日本国民は かつての戦争によって、【壮絶なる苦しみ】を味わっているのだ
軍アレルギーも 核アレルギーも すべては、元をただせば 馬鹿な戦争おっぱじめた連中に最大の責任がある

★ 腐った魚を食べさせられて のた打ち回るような苦しみを味わった人間が その後 新鮮な魚すら
 一生 口にする事が出来なくなったとしても、誰がその人間を 責める事が出来ようか
 全ての責任は、腐った魚を食べさせた 思い上がった軍人たちと馬鹿ウヨ連中にある 仕方のない事である
 日本国民は それこそ トラウマになるほど のた打ち回る苦しみを 味わったのだから ★


たとえ 核武装が 本当に必要だったとしても 日本国民は 未来永劫 絶対に それを選択しない
アホと言おうが 馬鹿と言おうが 有り得ない事を論じても意味はない。


14. 一式戦闘機「隼」[11] iOqOrpDtk6yLQIF1lLmBdg 2017年9月12日 16:01:10 : KOm415Slyw : QflUTlgXNfY[1]
>>13
>だが 日本国民を“アホ”にしたのは、軍国主義を作り上げた ウヨ連中の責任であるから文句を言うなら そいつらに言って下さいな

いいや違う。甘ったれるな。


他人をアホにして得意になっている連中が、その他人をアホにした犯人であり、それ以外の誰でも何者でもない。世の中の全ての行動には、作用に対する反作用のように、必ず行動への責任が伴う。

他人をアホにした責任も、当然、その「他人をアホにして得意になっている連中」が全て負うことになる。決して逃れる事はできない、この世の常識だ。


(※どのように「他人をアホ(もしく利口)」にするかについてや、攻撃原理の簡単な説明などについては、カルト版:http://www.asyura2.com/17/cult18/msg/492.html
のコメント欄を参照のこと)


さて、我々の知る限りだが、こうした連中による、日本国民への連携した大規模な攻撃が開始されたのは、2015年3月が最初だ。それ以前の攻撃は散発的なもので、2014年4月頃から2015年1月にかけてだったが、陽動要員であり、出てくる度に我々が駆逐していた。


この技術を最初に開発したのは、我々日本陸軍の技術研究所であり、開発年は2007年である。


最初にこの技術を悪用し、反日活動を日本国内で開始した集団は、ヤフー掲示板などにたむろする犬どもと、その他、在日朝鮮系や韓国人(KCIA)やその手下、即ち、米英の犬、の連中である。時系列的には、まず当然、日本が最初であり、それ以降、アメリカ合衆国(カリフォルニア州サンフランシスコ)に伝播し、大陸欧州(仏独)、中国、タイ、インドネシア、そして、活用をし始めたこれらの国で、一番最後だったのはイギリスと思われる。(※中国では香港が上陸地点で指令の中心地となったと思われ、李国強を遠隔からコントロールしていた。)

この2015年3月の攻撃の際には、中華人民共和国や東南アジアを含む、アジア全域が攻撃対象となり、主たる攻撃のターゲットは経済的なもので、その年の中国上海の株価暴落は、この攻撃により引き起こされた。中国人民の一般所得が大幅に下落したのも、これ以降である。)なお、現時点で、中国人民解放軍がこの攻撃に関わったという情報はない。(※人民解放軍が、李国強を複数回暗殺しようと試みたという話は2016年後半にあった。)

従って、今現在も引き続いて、日本国民を頻繁に攻撃している連中というのは、お前ら>>13やその同類の犬どもと親米英の犬(お前の場合は、日本共産党などの左翼バージョン、右翼の左派は創価学会や公明党)の連中と、その飼い主(米英)だということだ。

>>13
>軍アレルギーも 核アレルギーも すべては、元をただせば 馬鹿な戦争おっぱじめた連中に最大の責任が


核アレルギーと、改憲に三分の二の議席が必要なのとの相関は全くない。
この議席数は、最初からアメリカ合衆国によって設定されたものだ。
これにより現憲法は、日本国民にとり、とんでもなく役立たずで迷惑な代物となっている。

大人な日本人はあまり言わないが、はっきり言ってしまえば、この憲法の"くびき"を解消する、道義的な責任もアメリカ合衆国にあるのであり、何らかの方法でその責任を負うべきであるか、少なくとも改憲の妨害は停止すべきである。

さもなくばアメリカ合衆国は、その弊害すらも一連托生に負わねばならなくなるだろう。現在の状況は、そのほんの一部が現実化したものにすぎない。

また、アレルギーで思い出したが、近ごろ世界中の人々の「アレルギー症状」が異常な頻度で悪化したのも、一般の人々の責任ではない。それも、お前らと、お前の飼い主(米英)の責任である。その他にもあるが、お前らがいつタヒんでも不思議ではない程の罪業であることだけは、付け加えておく。


ある行為の責任とは、その行為を直接行った人物や集団、そしてその攻撃を指示した人物と、そうした攻撃を行った攻撃集団に属している人物にある。この場合はお前と、お前の飼い主(アメリカ合衆国とイギリス)にある。

数ヶ月前に、真正の阿呆なのかどうかは知らんが、イギリスは我々に対し、イギリスが、創価学会/公明党の「飼い主」であると明示してきた。


従い、お前らがどんな言い訳しても無駄だ。

滑稽なだけなので、責任逃れの言い逃れはするな。

>>13
>腐った魚を食べさせられて のた打ち回るような苦しみを味わった人間が 
>その後 新鮮な魚すら 一生 口にする事が出来なくなったとしても、
>誰がその人間を 責める事が出来ようか

>全ての責任は、腐った魚を食べさせた 思い上がった軍人たちと
>馬鹿ウヨ連中にある 仕方のない事である
>日本国民は それこそ トラウマになるほど のた打ち回る苦しみを
>味わったのだから


ちゃんちゃら可笑しい。

実際の苦しみの意味を全然分かっていない、ぬくぬくと利息で育った連中の言いそうな、実感の全く伴っていない空虚な言葉だ。恐らくは、お前やその飼い主は、人生で腐った魚も一度も食ったことが無いのであろう。

一つアドバイスだが、魚料理一つ食えないことが事大な出来事と捉える程、勘違いした贅沢な生活に浸っている連中は、「のた打ち回る苦しみ」などという言葉は、軽々しく使うべきではない。今に目が覚める程味わうことになるだろうから。

>>13
>たとえ 核武装が 本当に必要だったとしても 
>日本国民は 未来永劫 絶対に それを選択しない
>アホと言おうが 馬鹿と言おうが 有り得ない事を論じても意味はない。


我々は日本国民だが、既にそう選択している。
知る限りでは、世論調査(ネット)も日本が核武装することに賛成なようだ。

言いかえるならば、お前の言うことは、お前らとその飼い主が、日本が核武装することを妨害すると宣言しているに等しい、ということだ。

ならば我々は、お前らとお前らの「飼い主」どもに忠告しておく。善意の忠告だ。

何れ分かるだろうが、日本に戦略核武装させるほうが、お前らの身のためだと。




[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
アラシ

15. 2017年9月12日 17:09:56 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1856]
>知る限りでは、世論調査(ネット)も日本が核武装することに賛成なようだ。

はいはい、ネット世論なんか 本気にしているようなパラノイアは 勝手にしてなさい
(カルト板なんかのリンクを 平気で貼り付ける事じたい 完全に妄想カルトの病人でしょうな)

だったらまず、自分の足で 街頭に立ち 自分の声で 自分の顔を出して 一般世間に訴えなさい
「日本は 核武装すべきであるから 賛同を願います」 とね  袋叩きに有っても知らんけどね
ネットで吠えてるだけじゃ 何も変わらないぜ世の中は 便所の落書きを信じる人なんかいる訳ない。


私は 核武装の是非を 否定している訳ではない 今の日本では絶対に無理であると言っているだけだ


そしてな 日本人の受けた苦しみが いかに壮絶であったのか パラノイアには理解出来ないようだな
これらを、「ちゃんちゃら可笑しい」 などとせせら笑うような人間など誰が信用してくれると言うのだ

● 道端の雑草を むしって食べなければ飢え死にしてしまう人達

● 街に溢れる、親を失った戦災孤児たち 彼らの大部分は栄養失調で命を落とした

● 米兵の娼婦 いわゆるパンパンとなってしか生きる事が出来ない女たち

● 手足を失い働く事も出来ず 物乞いをせざるを得ない傷痍軍人たち

こんな日本にだれがした
http://showa.mainichi.jp/photo/2008/08/post-a613.html


16. 2017年9月12日 17:48:03 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1857]
>この技術を最初に開発したのは、我々日本陸軍の技術研究所であり、開発年は2007年である。

↑ この行を見ただけで、病人だと ほとんどの人はそう思うでしょうな


17. 2017年9月12日 18:44:05 : Ew9cLCTedw : 5yqG@7Hd0RA[1]
>>16
5年前なら、あんたの言う通りだったよ。
残念だが、昨今はそうじゃない。
近親相姦、ホモ、クソッタレどもなんかによる、この技術のイカレた悪用が横行しててね。証拠なんてね、普通に歩いてるだけで、もうそこらじゅうあるから。

それに、このこと知らん連中に言ってる訳じゃないんだよ。


18. 2017年9月12日 18:49:46 : Ew9cLCTedw : 5yqG@7Hd0RA[2]
>>15
お前の飼い主にメッセージが届きゃそれでいい。

街頭に出る?出てもいいが、袋叩きにはできんと思うよ。

理由は、もう説明済みだ。


19. 2017年9月12日 19:39:00 : Ew9cLCTedw : 5yqG@7Hd0RA[3]
>>15
>道端の雑草を むしって食べなければ
>戦災孤児
>米兵の娼婦 いわゆるパンパンとなってしか生きる事が
>物乞いをせざるを得ない傷痍軍


それでお前は、お前の飼い主(アメリカ)が日本のそうした窮状を助けたとでも言いたいのか?

それなら言うが、我々は2008年、我々の開発した「遠隔量子操作技術/遠隔マインドコントロール技術」を用い、主として日米欧の株式市場を操作し、主要投資銀行により延々と続いた空売りによる株価暴落を阻止した。

これについては機会があれば詳述するが、要は、我々は、お前が書いた、上記引用部分と同様の出来事(物乞い・飢死・バンバン)が、米国や西欧諸国で大規模に発生するのを未然に防止した。

従い、お前の言う「アメリカへの借り」は、我々が2008年とそれ以降の数年で、既に完全に返したと考えている。

恩着せがましい話はやめろ。終わったことだ。
お前の飼い主もそう思ってるだろう。


20. 2017年9月12日 20:02:24 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1859]
>>19
>それでお前は、お前の飼い主(アメリカ)が日本のそうした窮状を助けたとでも言いたいのか?

少なくとも、飢えた日本国民にとって連合国は 救いの神だった 旧体制の人間達は何ひとつ出来なかった
国民を騙して欺いただけに終わった
http://jacircle.blogspot.jp/2010/08/blog-post_05.html

そりゃそうだ 鬼畜米英と教え込まれていた国民は 子供たちが何の警戒もなく米兵に向かって
「ギブミーチョコレート」 と、食べ物をねだる光景を目の当たりに見たほとんどの人達は そこで
【俺たちは 騙されていた】 と、皆 気付いたそうだ

そして、嘘ばかり憑いていた大本営発表は 今では、嘘つき騙しの代名詞として広く使われているのは
よーくご存じのはずだ

全ては 旧国家体制の 馬鹿さ加減 愚かさからくる【自業自得】なのである。


21. 2017年9月12日 20:26:19 : Ew9cLCTedw : 5yqG@7Hd0RA[7]
>>20
>飢えた日本国民にとって連合国は 救いの


笑った。

「はっきり言って、だから何だ?」というのが、一般の日本国民の感想だろうな。

核爆弾2発を含む都市部の民間人居住区への無差別爆撃を敢行したのが、一体誰かを考えれば、お前の精神病まがいの「連合国礼賛」は、日本人には受け入れられない。笑われるだけだ。

もしそれでもと言い張るのなら、日本は、我々日本人は、アメリカの都市部を戦略攻撃する権利を有しているはずだ。

我々は、こうした権利の考え方には、原則「賛成」の立場だがね。

言ってる意味がわかるか?



22. じゃんだらりん[17] graC4YLxgr6C54LogvE 2017年9月12日 20:32:09 : 7tg97c4KUg : rTXn0WHh4js[1]
日本人の戦争アレルギー、核アレルギーは、大東亜戦争に破れたことにより、古来、
初めて「亡国」の瀬戸際まで行ったのだから、無理からぬ事だとも思うが、
正に「羹に懲りて膾を吹く」の例え通り、はっきり言って愚者か知恵足らずの小児。
世界の現実を見て憲法改正、自衛隊の国軍化、核武装を検討すべき。

>>7
>核兵器は保有しても使えない兵器。だったら一番手っ取り早い抑止力は
>「日本は敵を作らない」につきるだろう
「敵を作らない」ためには圧倒的な力で君臨するか、相手の要求を全て受け入れるか
どちらか。圧倒的な力を持つことは出来ないので、言いがかりでも捏造でも全て相手に
従属するしかないが、一世紀遅れて来た帝国主義的覇権国家や封建主義的な王朝国家
(両方とも上位者は下位者に何をしてもいい、恨みは未来永劫忘れないという行動規範
を持ち、その上、核武装している)を前にして、あまりに楽天的もしくは夢想的だろう。

国民の生命財産を護る為には、タブーを設けることなく、あらゆる手段を利用すべきだ。


23. 2017年9月12日 21:51:33 : x9okw8IZ77 : U3mF3uufXCo[1]
既に存在する核兵器で、地球を何十回も破壊出来るほどの量が存在しているのに、一体後どれぐらいの量の水爆や原爆を作れば気が済むんだよ?
もう充分だろ、我々が持つのならもっと違う、すべての核兵器を無力化出来るような
何か違うものにすべきだと思うよ。今更北朝鮮の後塵をはいしながらの核武装で力の均衡抑止力なんか声高に叫んだところで虚しさしか感じない。
ある日どこかの馬鹿が疑心暗鬼で発射した時に、ドミノ倒しのように次々周りの国からも発射されて地球もろとも終わってしまうのは、如何にも愚かで耐え難いと思わないか。

24. 19[1] glCCWA 2017年9月13日 01:01:31 : A4pruU1N2A : 0b_@3lht31w[8]
>それなら言うが、我々は2008年、我々の開発した「遠隔量子操作技術/遠隔マインドコントロール技術」を用い、主として日米欧の株式市場を操作し、主要投資銀行により延々と続いた空売りによる株価暴落を阻止した。

これが、人生最大の不覚だったな。

今までの人生で何か後悔があるとすれば、ただこれ一点のみ。


25. 2017年9月13日 01:14:48 : A4pruU1N2A : 0b_@3lht31w[10]
>>23
>ドミノ倒しのように次々周りの国からも発射されて地球もろとも終わって


そんなことじゃ地球終わんねぇから心配すんな、工作員。


26. 2017年9月13日 03:18:39 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1860]
>>21
誰も、アメリカおよび連合国に 感謝せよとは言うてない 日本の各都市を焼野原にしたのだから
そのくらいして当然と言えば当然 だが旧体制は その国家としての当然の義務さえ果たさなかった
だからほとんどの日本国民は 連合国に復讐心を抱かず その怒りと憎悪は 旧体制いわゆる軍国体制に向けられた
これが結果的に幸いし、たった2年で日本国憲法 7年で主権回復した

かつての戦争を経験した人達は、まず例外なく 「二度とあんな戦争やってはいけない」
口を揃えたようにこう言う その最大理由は 言うまでもなく戦後の壮絶な食糧難だ

そして 餓えた国民に対し 何一つ救えなかった体制側に変わり 日本国民を救ったのは連合国であった事実
_________________________________________

支援物資は1946年(昭和21年)11月から1952年(昭和27年)6月までに行われ、重量にして3300万ポンド余の物資と、乳牛や2000頭を越える山羊などもあり、全体の割合は食糧75.3%、衣料19.7%、医薬品0.5%、その他4.4%となった。[1]多数の国にまたがり、多くの民間人、民間団体からの資金や物資の提供であったためその救援総額は不明であるが、推定で当時の400億円という莫大な金額であったといわれている[2]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%A9%E7%89%A9%E8%B3%87
_________________________________________

アメリカが日本の各都市を焼野原にしたのも事実なら、飢えた国民に救済の手を伸ばしたのもアメリカだ
どちらも、事実であり 現実に有った事である

だがしかし、アメリカに感謝せよとは言わない なぜならばアメリカは マッカーサーは
日本を本気で植民地に 天皇を絞首刑にするつもりで乗り込んできたからである
だがそのマッカーサーの考えを 一変させたのは 昭和天皇の潔い態度であった
_________________________________________

 天皇は「私は、国民が戦争遂行するにあたって、政治、軍事両面で行ったすべての決定と行動に対する全責任を負うものとして、私自身を、あなたの代表する諸国の採決に委ねるため、お訪ねした」。
 「私は、この瞬間、私の前にいる天皇が、日本の最上の紳士であることを感じとったのである」。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~t-senoo/Sensou/kaiken/sub_kaiken.html
_________________________________________

昭和天皇を 迎えた時の マッカーサーの態度に アメリカの意図が すべて凝縮されている
モーニングで正装した仮にも一国の国家元首を、まるで俘虜の尋問でも行うかのようなラフな服装で
しかも、机に脚を投げ出した格好で迎えたという

つまり、当初 アメリカは 本気で日本を潰す気でいた
だが、この時からマッカーサーは 日本人に対する考え方を改めた 昭和天皇はマッカーサーに対して
「自分の身はどうなっても良いから 日本国民は救って欲しい」 と言ったのである 
この天皇との会見の後は マッカーサーの態度は一変し
日本の立場に理解を示し 日本を東西に分割統治せず 北海道を半分よこせというソ連の要求も突っぱねた

要するに 感謝すべき対象があるとしたら アメリカではなく昭和天皇であろう。


27. 2017年9月13日 13:47:57 : 2yVrvNxh62 : lENIiM1pknI[9]
>>28
>誰も、アメリカおよび連合国に 感謝せよとは言うてない
>だが旧体制は その国家としての当然の義務さえ果たさな


いや、遠回しに感謝しろって言ってるだろ。性格悪いな。
それに、お前は戦前の日本について、何も知らないんだな。

お前の飼い主が日本国内の交通インフラを空爆するまでは、大日本帝国は、出光のガソリンスタンドを中国大陸で数十ヶ所店舗展開できるほど、輸送インフラが整備され経済的に余裕のある国だった。

言ってる意味わかるか?

トラックを使った輸送ルートが大陸から日本国内に至るまで、万遍なく大規模に存在していたんだよ。食い物?農産物?日本で製造した工業製品を、お前らに頼まなくても中国大陸や満州の遠方まで余裕で提供できてたよ。

戦前の日本はね、戦後の焼け野原なんかからは程遠い、満州のような理想郷を造れるだけの経済的な余裕のある国だった。でも、お前ら工作員のアタマの中じゃどういう訳だか、

戦前の日本 = バンバン・物乞・戦災孤児

なんだろうが、そんなのは歴史的に見てもほんの一時的で、戦争で日本国内の輸送インフラが完全に破壊された為にそうなっただけの話。要するにお前らの飼い主のせい。それらが復旧したとたん、日本国内の食糧不足も途端に解消した。

日本人が飢えなかったのは、別にユニセフのおかげじゃないんだからなw



28. 2017年9月13日 16:40:05 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1863]
>日本国内の食糧不足も途端に解消した

やっぱり パラノイアの妄言だな 戦後の食糧難が途端に回復だなんて 頭がいかれている
どうせ 日本国民の壮絶な苦難を 「ちゃんちゃら可笑しい」 とかって笑い飛ばす人間など
誰が信用してもらえると思っているのか

そもそも、食料事情が 極端に悪化を見せたのは 昭和12年の日中戦争からであり
翌年の国家総動員法を制定するための理由の一つとなった
_________________________________________

支那事変の激化に伴い、当時の日本経済では中国で活動する大軍の需要を平時の経済状態のままで満たすことが出来なくなっていたため、経済の戦時体制化が急務であった。
     (中略)

概要は、企業に対し、国家が需要を提供し生産に集中させ、それを法律によって強制することで、生産効率を上昇させ、軍需物資の増産を達成し、また、国家が生産の円滑化に責任を持つことで企業の倒産を防ぐことを目的とした。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E5%AE%B6%E7%B7%8F%E5%8B%95%E5%93%A1%E6%B3%95
__________________________________________

そしてこの食糧難は、戦後にさらに極端な悪化を見せる そしてその影響は 昭和30年ごろまで続く
要約すると 足かけ 18年くらいは、この時代の人達は 食糧難に苛まれるのだ
__________________________________________

日本への食糧・物資援助と貸与[編集]

第二次世界大戦後、日本本土では燃料不足や交通および流通網の損害、さらに友好国や占領地を含む諸外国からの輸入が途絶えたことなどによる食糧不足が進み、海外からの食料援助や貸与を受け入れることを余儀なくされた。日本が受けた支援は、ユニセフからの援助と、ララ物資、ケア物資の民間団体などである。アメリカ政府からはGARIOA2、EROA3に代表されるGHQを経由した物資輸出(貸与)が挙げられる。アメリカから食料支給は、日本が輸入禁止を解きアメリカの要望を受け入れたことへの見返りでもあり、1954年(昭和29年)に施行されたアメリカの余剰農産物処理法の最大対象先に日本が指定されたためである[22]。しかし間もなく農業や漁業、交通網が復興したことでこのような援助は必要なくなった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E5%90%88%E5%9B%BD%E8%BB%8D%E5%8D%A0%E9%A0%98%E4%B8%8B%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC
__________________________________________

そして、政府による配給制も 昭和26年まで続けられていた
「もはや戦後ではない」 と、流行語のように宣言されたのは ようやく昭和31年になってからである。
http://www.showakan.go.jp/events/kikakuten/past/past20110723.html

あんた このリンク先を よーく読んで御覧 それでも そんな軽々しい事を言えるか?
(それとも、ウヨは 都合の悪い事には 絶対に目を瞑るか?)

戦後の食糧難は 1にも2にも 軍国体制の 愚かさと無能さからくる自業自得であるという事
アメリカのせいにするのは ただの責任転嫁である。


そしてあんた、何か反論があるなら その論拠となる情報源(ソース)くらいは示したらどうだ
すべて自分の脳内妄想ばかりではないか。


29. 2017年9月13日 16:52:37 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1864]
私はね 核武装を 絶対に否定している訳ではないのだよ もしかしたら本当に必要なのかもしれない
だが 今の 日本国民の感情では そんな事、議論の余地すらないのだよ 絶対に無理だ
安保法制だけでも、あれほど高かった安倍政権の支持率が急落した事実が物語る
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/aa4fb768a648c7af81fb4926ef0b918e

憲法改正が あまりにも ハードル高過ぎて 解釈変更に頼らざるを得なかったというのに
核武装うんぬんなんて、50年早すぎる


一言で言うなら 「食い物の恨みは かくも恐ろしい」 という事だな。


30. 2017年9月13日 20:16:18 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1865]
そして 日本は ロクな輸送力も持たない内に 無謀な戦争を始めたと 「海上護衛戦」 という本まで出して
糾弾している人物は、元 海軍大佐 大井篤 である

この大井篤は、開戦時 軍令部という 文字通り海軍の中枢で勤務し 軍令部次長 伊藤整一中将の
直属の部下だった人物である 『無謀な戦争であった』 と言っているのは 当事者である海軍軍人なのだ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BA%95%E7%AF%A4
https://www.amazon.co.jp/%E6%B5%B7%E4%B8%8A%E8%AD%B7%E8%A1%9B%E6%88%A6-%E5%AD%A6%E7%A0%94M%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%A4%A7%E4%BA%95-%E7%AF%A4/dp/4059010405

>輸送インフラが整備され経済的に余裕のある国だった

↑ なんてのは 完全に 妄想なのだよ。


31. 2017年9月14日 15:00:41 : Ew9cLCTedw : 5yqG@7Hd0RA[9]
>>28
>やっぱり パラノイアの妄言だな 戦後の食糧難が途端に回復だなんて 頭がいかれて
>誰が信用してもらえると思っているのか

残念ながら、そう思い込んでるのは、お前ら米英の犬工作員どもだけだよ。

その辺のサラリーマンや主婦や女子生徒はそうは思ってはいない。
何しろ、お前らの下半身の緩い犬どもが、節操も無く乱用しまくってるからな。
日々、この前代未聞のイカレた現象に苛まれているんで、そこらじゅう証拠だらけだ。

そして、悪いのはこうした一般人の被害者ではなく、お前らのような米英の犬っころ共だと言ってる。単純な話だ。

しかも、お前もカネで雇われてるんだろう?だから無駄に駄文を何行もコピペしている。

お前は、そういう連中の肩を持ってハシタガネのためにこの恥知らずな活動しているんだと、はっきりと認識したほうがいい。

お前の父親や祖父が聞いたら、なんと言うやら。
墓の中で、きっと泣いているだろうな。

あと言っておくが、今後の投稿は「30行以内(空行除く)」で簡潔に返信しないと、荒らしやスパムの類と見なし、管理に通報するからそのつもりで。


32. 一式戦闘機「隼」[13] iOqOrpDtk6yLQIF1lLmBdg 2017年9月14日 15:03:06 : Ew9cLCTedw : 5yqG@7Hd0RA[10]
>>28
>そもそも、食料事情が 極端に悪化を見せたのは 昭和12年の日中戦争からであり
>翌年の国家総動員法を制定するための理由の一つとなった
>そしてこの食糧難は、戦後にさらに極端な悪化を見せる そしてその影響は 昭和30年ごろまで続く
>要約すると 足かけ 18年くらいは、この時代の人達は 食糧難に苛まれるのだ


お前の発言は矛盾している。

上を見る限り、戦前の大陸有事の食糧不足と、戦後の飢えを比較したいようだが、まず交通インフラがきちんと維持されてた戦前の貧困と、それらが破壊され尽くしてた戦中後半や戦後の"飢え"を比較しても意味がない。お前が何と言おうと、それらは圧倒的に異なる。

お前はそれら2つを同一視させたい(詭弁を弄したい)のだろうが、稚拙だからやめたほうがいい。その違いは、お前のような犬以外は、読んだ奴は誰でも理解できるからだ。

当時の大陸の状況は、お前ら米英の犬どもの先祖にあたる犬ども(蒋介石の中国国民党軍)が、日本陸軍が、大陸から苦難の末にロシア人を駆逐し勝ち得た正当な権益である満州国に、不当な攻撃を繰り返し行っていた。

それに、蒋介石の国民党軍は、自国民でも平気で殺すチンピラゴロツキ連中で有名だった。上海租界や南京市での狼藉行為も、かなりの数は国民党の兵士によるものだ。日本陸軍が自国民(や租界住民)を防衛する目的で出動するのも当然だ。

陸軍は、中国本土まで陸軍を進出させざるをえなかった。

従って、そんな状況下で陸軍の用命で米が入用になり、政府が農家から米を買い取る行為は同然のことであり、当時の日本国民も当然理解していたし当たり前のことだ。今の言い方をすれば、権益=海外の日産やトヨタの工場が、チンピラゴロツキに襲撃されているようなものだ。実際に、そのような事例が当時の満州の日産コンツェルン傘下の企業でも発生していた。

ちなみに、戦前の日本国民の栄養事情は、お前ら犬の飼い主が輸送インフラを爆撃するまでは、比較的良好だ。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/0280.html
このリンクのグラフが裏付けているように、悪化したのは戦中戦後のみで、その後急回復しているし、実際にそうした証言も数多くある。

お前らの飼い主の日本国内の輸送インフラへの戦略攻撃(鉄道・橋梁・道路など)により、石炭や米や農産物の輸送が滞りがちになり、1945年冬の推定餓死者は数百万人とも想定されたのが、夏に終戦した経緯でもあることは有名な話だ。

>>28
>しかし間もなく農業や漁業、交通網が復興したことでこのような援助は必要なくなった。

その通りだ。わかってるなら最初からそう言え。からかってるのか?w

この栄養事情の話は上リンクのグラフでは、当時お前の飼い主の国では生産していなかった、日本産の米の消費量での話だ。お前のファンタジーである「ユニセフUSAID製の小麦や乳製品」の当時の消費は、国産の米や芋類の消費に比較し、完全無視できる程度のものでしかない。(上リンクのグラフ参照)

従って、戦前の動員時の食糧事情など、チンピラゴロツキの蒋介石に裏で軍事支援をして、その後日本の交通輸送インフラを破壊しまくったお前の飼い主の犬たるお前に、恩着せがましくとやかく言われる素性の話ではない。

>>28
>あんた このリンク先を よーく読んで


その私設サイトが何だ?
単なる古いものをかき集めて、誰かの主観にもとづく説明を付けただけの左翼の宣伝サイトのような代物だ。なんの証明にもならない。

>>28
>戦後の食糧難は 1にも2にも 軍国体制の 愚かさと無能さからくる自業自得であるという事
>アメリカのせいにするのは ただの責任転嫁である。


いいや違う。デタラメ言うな。

お前も自分が提示したリンク先の引用で言ってるように、「交通インフラ」を破壊したのは、だれであろう、お前の飼い主の米英の攻撃機や爆撃機である。

その結果も当然、お前らの飼い主の米英の責任だ。

そしてその行為を追認肯定し当然のことのように正当化しているお前ら犬っころ共にも、その責任の一端は当然あることを忘れるな。




[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
アラシ

33. 一式戦闘機「隼」[14] iOqOrpDtk6yLQIF1lLmBdg 2017年9月14日 15:06:45 : Ew9cLCTedw : 5yqG@7Hd0RA[11]
>>30
>>輸送インフラが整備され経済的に余裕のある国だった
>↑ なんてのは 完全に 妄


無知だな。お前は本当に日本人か?

日本の土木建築技術は世界有数で江戸時代から凄かったが、大日本帝国でも変わらずそれは有名な話だ。太平洋の小島から満州国に至るまで、大日本帝国域内では、舗装された交通網が整備されていたのは周知の事実。

議論の余地が無いんで、リンクを貼っとくだけにする。以下:

滿蒙道路網圖 (2/7) 総延長6万キロの道路網
http://opac.lib.takushoku-u.ac.jp/kyugaichi/htmls/pages/2011_02.html

満洲国の都市とインフラ 
https://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n187047

言わずと知れた満鉄には、全長750メートルを超える貨物列車があり、満鉄以外にも中国資本の鉄道網があった。当時は鉄道敷設ブームだったそうだ。また広大な農地には、日本原産の米が持ち込まれ栽培されていた。

満州の経済
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BA%80%E5%B7%9E%E5%9B%BD%E3%81%AE%E7%B5%8C%E6%B8%88

これらに比べたら、戦後の日本国内に整備された道路インフラなど、その残りカスを煎じたお茶みたいなものだ。

ちなみにお前らの飼い主の場合は、太平洋の土人の島に舗装道路があるのは「生意気だ」とのことで、戦後、ブルドーザーで舗装を全部引っ剥がしてったって話だ。

たいした飼い主だなw

>>30
>ロクな輸送力も持たない内に 無謀な戦争を始めたと 「海上護衛戦」 という本まで


話があっちこっちに飛ぶ奴だな。

シナ事変と陸上輸送路の話をしている最中に、今度はあの役立たず海軍の話か?

海軍の輸送力(と護衛)がクソなのは、周知の事実だ。誰でも知ってる。役に立たない(裏切り者)だから戦後も残されたんだよ。あいつら海軍は重油をケチってアッツ島守備隊を見捨てた。

海軍(と軍令部から上)は、今でも守備隊の英霊たちから恨まれてるよ。



[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
アラシ

34. 2017年9月14日 17:35:27 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1869]
>>32
珍しく リンクなど貼ってきたと思ったらそれかい

戦前の日本の供給量が高かったのは イモ 米 野菜 雑穀 ではないか どこ見てるんだ?
肉類 魚介類 果実 に至っては、戦前と戦中なんて大して変わらぬほど粗末じゃねえか
鶏卵 乳製品 みそ しょうゆ に至っては ほとんど無きに等しい

ある程度回復したのは昭和30年あたり 戦後10年近く掛かった事に違いはないじゃないか

しかも、戦前の日本人の食生活が豊かだったなどとは ↓ どこにも書いていないぞ?
_________________________________________

「 これ以降、1960年にかけては、大正・昭和戦前期、戦後復興、高度成長期前期を通じ、たんぱく源として魚介類の重要性が大きく浮上した。「魚介類」からのたんぱく質摂取は「米」に次ぎ、「大豆・みそ・しょうゆ」を上回る3本柱の1つを構成するに至った。「戦時・戦中の食糧難、とくに動物性蛋白質の量的不足は、国民に魚種選択の余地を与えなかった。水産物もヤミ・配給を問わず、手に入るものは何でも食用とせざるを得なかったので、どんな魚でも食べる習慣がついた。」(平沢豊「日本の漁業」NHKブックス、1981年)かまぼこなどのすり身製品や今となっては奇妙な食品ともいうべき魚肉ソーセージなど水産加工品の消費が拡大し、鯨油が主目的だった鯨についても「鯨肉生産が大きな比重を持つようになったのは食糧難の戦後であり、鯨肉は国民の生活に広く浸透した。」(同前)(図録0290参照)」

「明治・大正時代までは食べ物をうまく食べる工夫というよりも腹いっぱい食べることのための工夫が大きかった。しかもそのような工夫に苦しんだのは町に住む人たちではなく、食べ物を作る農民たちであった。作った米の多くは租税としてとられるか、または生活費を得るために売らねばならず、米作をあまり多く行わない畑作地では生活するための経費を得ようとして農業以外の仕事に携わり、自分の家で食べるものは畑で作った雑穀やイモ類が多かったのである。しかもそういう生活が昭和三十年頃まで続いた。」
__________________________________________

↑ これ、あんたの張ったリンクの一文ですぞ 戦前が豊かな食生活なんて表現は 一言もない
そして 昭和30年ごろまで食糧難の影響が続いたと このサイトでも言っているではないか


そしてな 満州へ 日本が莫大な投資をしてインフラ整備をした話は知っているが
それは満州だけの話じゃないか しかも、満州のインフラを整備して 日本国民が豊かになったという話など
聞いた事がないぞ 日本国内の話をしている時に、なんであんたらウヨが独立国家と言い張る満州国の話を
持ちだすんだ? 日本国内の食糧事情に 僅かな貢献しか果たしていないではないか
むしろ、満州の話を 持ってこざるを得ないのは、日本のインフラ整備が 満州と外地だけに偏ったせいで
日本国内は 哀れなほど置き去りにされた事を 物語っているではないか

インフラが破壊された? 満州はB29の爆撃 ほとんど受けていないぞ?
むしろ無傷のまま 関東軍は逃げ出しているではないか

しかも、日本国内の食糧難の話に 満州の話を大威張りで持って来るとは
満州が日本による【事実上の植民地】であると、認めるんですかな?


さらにあんた なんか勘違いしているようだが 食糧難が起った主原因は インフラ破壊ではない
インフラ破壊も一因ではあるものの 主原因とは言えない
「輸送」 ができないのではなく 「生産」 が出来なくなったためだ
輸送が出来ないだけならば 当然 地方の農村では有り余っていなければおかしいが
そんな話も聞いた事はないぞ

つまり、農家の担い手を 次から次と召集して 生産力を削いでしまった事にある
農家どころか、軍需工場の技術者まで召集し戦場へ送り その穴埋めを女学生にさせるというお粗末さ
要するに 国家体制の無能さ 国力の総動員が主原因であり インフラが破壊されたのは終戦間際になってから
食料供給はとっくに壊滅的になった後の 昭和20年中盤以降だ
(B29のメクラめっぽうな焼夷弾よりも 空母艦載機の襲撃が遥かに打撃だった)

● 日米の開戦が始まる前から 東條英機は 各家庭のごみ箱を覗いて 無駄に食料を捨てていないか
 視察して回ったエピソードは有名だ ●

長期戦と物資不足が懸念されていた日中戦争及び太平洋戦争(大東亜戦争)において、国民の戦意昂揚のために「欲しがりません勝つまでは」「ぜいたくは敵だ!」「日本人ならぜいたくは出来ない筈だ!」「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」「遂げよ聖戦 興せよ東亜」「聖戦だ 己れ殺して 国生かせ」「進め一億火の玉だ」「石油(ガソリン)の一滴、血の一滴」「全てを戦争へ」などの戦時標語を掲げ、女性や子供を含む非戦闘員の国民にまで耐乏生活を強いた[3]。この頃には、飯の真ん中に梅干しを1個乗せただけの「日の丸弁当」奨励、「パーマネントはやめましょう」、国民服やモンペ姿を男女の制服として推奨した教化運動なども叫ばれた[4]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E6%B0%91%E7%B2%BE%E7%A5%9E%E7%B7%8F%E5%8B%95%E5%93%A1

つまり、インフラが破壊される頃にはもう とっくに壊滅的な食糧事情だった という事だ。


35. 2017年9月14日 19:21:04 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1870]
食料の配給性は 昭和16年から始まっている


太平洋戦争が開戦する直前の1941(昭和16)年4月に米の配給制が始まり、消費量が制限された。やがて戦争の長期化や不作で米不足となり、イモや大豆などが代用食として配給されるようになった。配給制度は戦後も続き、配給以外のやりとりは「闇取引」として取り締まられた。
https://kotobank.jp/word/%E9%85%8D%E7%B5%A6%E5%88%B6%E5%BA%A6-891132


そしてそれは 概ね 昭和26年まで続いている


交通 輸送インフラが破壊されたのは 終戦の年の昭和20年になってから
もしも、それ以前は食糧事情が良好だったなら 統制する必要すら元々ない
つまり、米軍の空爆だけのせいにするのは 言い逃れでしかない


ただ、一つだけ あんたと同意できる部分がある 「海軍などクソだ」 という部分だけである
あの戦争を負けにした原因の大部分は 海軍の責任であり、むしろ陸軍の方が戦略的に正しかった

※ 資源地帯を首尾よく占領できた後 陸軍は 守勢に転じて長期自給体制を作るべきと主張したが
 海軍はそれを聞き入れず、調子に乗って豪州攻略まで主張し 妥協案としてガダルカナル島周辺の
 豪州分断作戦を言い出して、これが敗戦の主原因となった ※


36. 2017年9月15日 02:32:47 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1871]
さらに 当方は 北海道在住である 私自身は戦争は経験していないが、父母 祖父母 親類 知人
戦争を経験した周りの人達から、子供の頃から何度も何度も 嫌というほど教えられてきている

日本で唯一 食料自給率100%以上と言われ 食糧生産基地とまで言われる北海道でさえ、
深刻な食糧難に見舞われている(ただし、戦時中の食料自給率がどこまであったかは定かではない)
戦争を経験した人達は すべて判で押したように 「あの時代 食べる物がほとんど無かった」
ほとんど例外なく こう言っている 

ちなみに 北海道は 函館 室蘭 釧路など、一部の港湾都市で 空母艦載機による空襲が有ったが
本州の各都市に比べれば被害は限定的で
物資の輸送に深刻な影響を及ぼすほどの 大規模な輸送インフラの破壊は 起ったりしていない
大部分の鉄道や道路は 健在なままで終戦を迎えている

それでも、深刻な食糧難は 起っている インフラ破壊は 主原因とは言えない。


37. 一式戦闘機「隼」[15] iOqOrpDtk6yLQIF1lLmBdg 2017年9月15日 09:28:03 : stiUxTbmis : KPFncJUP2Z4[2]
>>34
>戦前の日本の供給量が高かったのは イモ 米 野菜 雑穀 ではないか どこ見てるんだ?
>肉類 魚介類 果実 に至っては、戦前と戦中なんて大して変わらぬほど粗末じゃねえか
>鶏卵 乳製品 みそ しょうゆ に至っては ほとんど無きに等しい

よく見ろ犬。大豆や味噌の摂取量は、今も昔も大した変わってないだろ?

自動車もそうだが、そもそも内燃機関が普及しだしたのが1930年代からだ。日産やトヨタが自家用車を生産し始めたのもその頃だ。海産物なんて日本に船舶エンジンが普及するまでまともな量が獲れなかったなんてのは常識で、時代が来れば必ずそうなってただけって話だ。どこの国だって統計とりゃグラフの推移なんで同じようなもんだよ。

>>34
>しかも、戦前の日本人の食生活が豊かだったなどとは ↓ どこにも書いていないぞ?

今の食生活が豊か?

どこの米英のプロパガンダのテレビ放送が、お前の頭に染み付いてるんだ犬?

せいぜい肉が多く食える程度しか違いはないよ。

日本の大都市近郊のスーパー行っても、旬の農産品や海産物が置いてないとこだっていっぱいある。全国展開してるスーパーで、田舎にある店舗に行ってみろよ。真夏でも、その土地の旬の農産物なんて置いてないから。代わりに茨城や群馬辺りのありきたりな野菜とかが置いてあるだけだ。地域の小規模な店潰して大規模店を展開したと思ったらこれだ。

これのどこが豊かな食生活だって?

大日本帝国が今ごろスーパー展開してりゃ、確実に、今よりも国民のことを考えた、遥かに多様で豊富な種類の旬の食材が店頭に置いてあるだろうね。昔は戦後の日本も一時期はそれっぽいこともやっていたようだが、お前のような犬どもが台無しにした。

お前らが何やってんのか分かってんのか犬?

>>34
>昭和30年ごろまで食糧難の影響が続いた

頭悪いな犬。

お前らの飼い主が交通輸送インフラ爆撃したから、完全復旧までそりゃ「影響は続く」だろ?日本語読めないのか?それともお前ら、韓国原産の犬か?w


>>34
>満州のインフラを整備して 日本国民が豊かになったという話など聞いた事がない


人口と天然資源、耕作地が大幅に増えれば、豊かになるに決まってるだろ。経済学の常識だ。日本の工業がこれほど発展したのは、戦争もあるが、それ以前に大陸でのとてつもない規模の有効需要が発生してたからだ。日本で物品を作れば作るほど大陸でそれが売れた。

鉱物や石炭などの天然資源や農産物の生産量もそうだが、満州の諸都市の1930年代の人口の推移を見てみれば、その経済成長が凄まじかったのがわかる。中国本土から大量の人口が流入していた。

実際、満州獲得後の時期の日本のGDP成長率は50%程だったとも言われている。

これが事実なんだよ。

今は何%だ?

いいかげんに目を覚ませよ犬。

>>34
>なんか勘違いしているようだが 食糧難が起った主原因は インフラ破壊ではない
>インフラ破壊も一因ではあるものの 主原因とは
>「輸送」 ができないのではなく 「生産」 が出来


お前はキチガイか?


言っとくけど、ガソリン/重油タンクや製油所や発電所や、石炭輸送用の線路を爆撃されたら、トラックもトラクターも脱穀機も、発電機さえも動かせないからな。輸送船舶だって油が必要だ。化学肥料だって農薬だって作れなくなる。そりゃ生産にも影響出るのは当然だ。

そんなことは常識だ。その上で、お前の飼い主の連合国軍による、日本の交通輸送インフラを対象とした戦略攻撃が原因だったと言ってる。そして、それは動かしようもない事実だから、当の連合国の連中に聞いたってそう答えるよ。

だからいい加減あきらめろ、キチガイ犬。

何度も同じ事言わせるな。


>>34
>つまり、農家の担い手を 次から次と召集して 生産力を削いでしまっ


それが戦後の食糧難の原因だって?

じゃ、その召集された人は戦後みな帰ってきて、たぶん他に仕事もないから農業また始めただろうけどさ、なんでその後、何年も食糧難が続いたのかな?なぜすぐに生産活動に従事しなかったのかな?

事実は、農家の担い手なんて女子供でも、やろうと思えばできたし、年寄りのジイイも居たし、担い手が全く居なかったわけじゃない。それに召集されたのも農家の男手全員なんかではない。生産は十分できてたし、道路や線路が修復された途端に、首都圏の食糧事情が大幅に改善したなんて証言は山ほどある。

だからさ、犬、あまり知りもしないこと知ったぶらない方がいいよ。

この掲示板、年寄り多いし呆れられるだけだせ。

「また肥し臭い、米英の売国奴の犬人間か。」ってね。

>>35
>それ以前は食糧事情が良好だったなら 統制する必要すら
>つまり、米軍の空爆だけのせいにするのは 


現実逃避してないで公式統計を見ろよバカ犬。

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/0280.html
※農水省と外郭団体が出典の統計資料だ。

このグラフでは純食料供給量が1939年までに上昇している。その後に急降下だ。それの原因が「不作」などということはない。下降幅が「大飢饉」のレベルだからだ。

考えられる一番の要因は、輸送路や鉄道網などへの攻撃による輸送インフラの破壊だろう。あとは電力や石油保管精製施設への攻撃などによるガソリン不足などか。

米などの供給量は1944年までは比較的良好だったのだろうと推測される。

>>35
>ただ、一つだけ あんたと同意できる部分がある 「海軍などクソだ」 という部分だけである


プッw


事実を聞いてショックを受けなきゃいいが、日本でのお前の飼い主はな、そのクソ海軍のなれの果てだよw




[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
アラシ

38. 2017年9月15日 13:10:53 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1872]
>>37
おやおや とうとう 頭に血が上ったようだな キチガイとか バカとか 口汚く罵るしか出来なくなったな

肝心な事に答えていないぞ 米軍が日本の輸送インフラを破壊したのは 終戦近くの昭和20年だろ
それ以前から完全に食料事情は悪化している事実 食料の配給は昭和16年から始まっている事実
時系列がまったく辻褄あわないぞ これらは まったく無視かい?

そして、輸送インフラは終戦時ほとんど健在だった北海道でも 深刻な食糧難 これまた無視
輸送が出来ないせいなら、生産地で有り余っていなければおかしいだろうし 食料の配給も昭和20年後半から
その辺でやっと始まるのが当たり前だろう  都合の悪い事実は触れない ウヨの典型だな

インフラ破壊が 食料難への一因だった事は否定していないだろう 主原因とは言えないといっているだけだ

「考えられる一番の要因は、輸送路や鉄道網などへの攻撃による輸送インフラの破壊だろう」

って、↑ あんた一人でそう思っているのは自由だが 誰も本気になどしないぞ

● 少なくとも あの戦争を経験した人達はすべて、戦後の食糧難は アメリカなんかと戦争始めたせいだと
 軍国体制の愚かさ そう認識している事だけは動かしようのない事実だ
 私は 戦時経験者 戦前戦中世代を大勢知っている 何十人も話を聞かされている ●


「この技術を最初に開発したのは、我々日本陸軍の技術研究所であり、開発年は2007年である。」

そもそも ↑ こんな与太話をいけしゃあしゃあと吹く人間の言う事、信じろと言う方が無理だろう
眉に唾つけなければ マトモに聞く事できないぞアンタの話は


そして、やたらと 満州に話を振りたいようだが 満州での庶民の暮らしがいかに過酷だったか
私は 満州帰りの伯父から 直接聞かされている 子供の頃から何度もな
この世の春を謳歌していたのは 軍人達と満鉄関係者および一部の特権階級だけだ

満州の話なら、あんたらウヨの 【耳の痛い話】 いくらでも聞かされているぜ
ソース付きで 全部 ぶちまけたっていいんだがな あまりにも長文になるから今度にしとくけど
満州の話は やぶ蛇にしかなりませんぞ。



39. 2017年9月15日 15:43:13 : p9CxGZ3tUo : iST52WKsivs[6]
>>38
>それ以前から完全に食料事情は悪化している事実 食料の配給は昭和16年から始まっている事実 時系列がまったく辻褄あわないぞ これらは まったく無視かい?

戦時下で食料供給を予め制限したからって、最初から政府側の食料備蓄の在庫が枯渇してるって訳じゃない。開戦時から食料在庫が枯渇してたら戦争なんて始めないだろ?

必ず一定量の食料を確保してから始めるのが普通だ。従って政府の食料備蓄には限りはあったが、米などは内地外地含めて毎年結構な量が生産されてたので、それを備蓄とともに遠征先の外地に送ったり内地で消費する分に用いたはずだ。

東南アジアなどの外地への食料供給や、満州や朝鮮半島などの植民地からの収穫分は、開戦から年が進むにつれ、それぞれの目的地に到達しづらくなってはきてたが、遠征先にはどうしても追加で輸送し続ける必要があったため、備蓄や新規生産分からそれらに充当した量は減らなかったと仮定した場合、その皺寄せが一般に広がって国内の食料事情が徐々に悪化していったことは容易に推定され得る。ただ、交通輸送インフラがめちゃめちゃに破壊されるまでは、飢餓状態にまでは至っていなかったと考えられる。

>>38
>そして、輸送インフラは終戦時ほとんど健在だった北海道でも 深刻な食糧難 これまた無視 輸送が出来ないせいなら、生産地で有り余っていなければおかしい

北海道は戦略爆撃されていなかったし東北も同様。それ以外の農家も食料は余っていた。戦後すぐの東北への首都圏からの食料の買出しの事実などは、調べればすぐ出てくる。

終戦前の北海道なんて本州に送る大量のジャガイモが、輸送手段が破壊されたため倉庫に大量に積み上がってたって話だ。よって、田舎が食糧難だったなんてのは、どっかの犬の恥知らずでいい加減な法螺話だ。


お前は、米英が大好きなクサレ役立たず海軍の犬ッコロなんで、こういうお話がお似合いだろうね。以下:


【飢餓作戦】
 または「餓死作戦」は、太平洋戦争末期にアメリカ軍が行った日本周辺の機雷封鎖作戦の作戦名である。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%A2%E9%A4%93%E4%BD%9C%E6%88%A6


米英の犬っころ売国奴共よ。せいぜいあの世で英霊たちに軍刀でメッタ挿しにされて来いよ!



40. 一式戦闘機「隼」[16] iOqOrpDtk6yLQIF1lLmBdg 2017年9月15日 16:50:11 : nTs1HGbjqI : 5lDK_E9M8NM[1]
>>38
>この世の春を謳歌していたのは 軍人達と満鉄関係者および一部の特権階級だけだ


お前の親は共産党員か何かだと思ってたが違ったのか?w
話を聞いてると、戦後成り上がって途中で米英に犬にされちまった、在日の左翼にしか思えんがなw

うちの叔父は満州従軍者だ。拝領した満州事変従軍記念メダルもちゃんと残っている。お前の話が本当なら、お前の親戚をチンピラゴロツキの蒋介石国民党軍や共産八路軍から守る役割だったはずだ。家は代々日本陸軍で今現在もその関係だ。

>>38
>こんな与太話を


それは現実逃避というものだ。
まあ、お前のようなのは、どうせそう考えるよう操作されてるんだろうが。

少し前まで日本の世間一般人の脳は、動物のサルのそれに設定されてた。だからバカみたいだった。判断力も思考力も、特定方向だけに考えを向けるよう操作されてた(厳密に言うと今でもされてる)。これが遠隔マインドコントロールというものだ。

お前のような犬(マインドコントロールされた工作員)が、2013年辺りに我々からこの技術を盗み(ヤフー掲示板経由で、当時使ってたiPhone→車上荒らし、家宅侵入、窃盗)、結果、その不正使用による遠隔からのこうした操作を行ってると推定されるが、現状では世界中に連中の工作員が存在しているため、その全体像を把握するまでには至っていない。

2014年の春先には、ネパールから一般日本人全員に対し、脳への攻撃が行われた。

こいつらは多国籍の国際ネットワークを持ち、パトロンはジョージソロスのような金持ちで、流出元は右翼サイトのヤフーだが、ネットワークの構成員が多国籍なことからも、概ねグローバリスト多民族主義を信望する左翼主義者で構成され、今までこのサイトなどで「イルミナティ」とか{メーソン」などと呼ばれてきた連中の少なくとも一部から、経済的なサポートを受けていると思われる。

ちなみに、スノーデンが言っていたiPhone使用者への警告は、概ね的を得ているだろう。電子レンジに入れて無線を遮断する効果があるかは疑問だが。



[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
アラシ

41. 2017年9月15日 17:47:15 : P2AG6YYKE2 : WthZ@AGQtd8[6]
[訂正] 日付の訂正。

>>40
[誤]>2014年の春先には、ネパールから一般日本人全員に対し、脳への攻撃が
>>40   ↓
[正]>2015年の春先には、ネパールから一般日本人全員に対し、脳への攻撃が


42. 2017年9月15日 17:52:44 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[1873]
>>40
おやおや またしてもその妄想カルト与太話はじめるのか?

>2014年の春先には、ネパールから一般日本人全員に対し、脳への攻撃が行われた。

↑ なんだこの訳の判らん法螺話は? やっぱり 病人じゃねえか 文章が滅茶苦茶だぞ

病人相手に 何度言っても無駄なようだから これ以上は言わんが 一度だけ念を押しておく

私は、戦後の食糧難が 米軍の攻撃のせいではないとは言うておらん 他にも要素は沢山あるぞと
言っているだけだ 食糧事情の悪化は 日中戦争時から始まっているのは事実
正確に表現するならば、ただでさえ常在 慢性化していた食糧難が
「米軍のインフラ攻撃によって より一層悪化した」 これが正確な表現だろう

現実に 食糧事情は悪化していたが s20年までは餓死者が続出するほどではなかった(戦地を除いてだが)
それにいっそうの拍車をかけた より悪化させたのが 米軍のインフラ破壊であると
最初からこう表現するなら 私は何も文句は言わんのだよ

それをあんた、最初から 米軍による破壊オンリーで押し通そうとするから矛盾するのだ
「より一層悪化させた」 これが正確な表現だ 違うか?

※ 戦地への物資輸送を最優先する戦時統制

※ 働き手を徴兵することによる生産力の低下

※ 米軍の空襲による インフラ破壊

※ 敗戦による 行政の混乱

これら全てが 総合的に絡んで 食糧難は極めて深刻になった という事だろう。

>うちの叔父は満州従軍者だ。拝領した満州事変従軍記念メダルもちゃんと残っている。お前の話が本当なら、お前の親戚をチンピラゴロツキの蒋介石国民党軍や共産八路軍から守る役割だったはずだ。


おお そうかそうか ならば あんたの叔父御に敬意を表して 関東軍の悪口はやめておいてやるが
関東軍が 満州の居留民を 本当に守ったかどうか 自分で調べて御覧よ。


43. 2017年9月15日 20:07:52 : P2AG6YYKE2 : WthZ@AGQtd8[7]
>>38
>輸送インフラは終戦時ほとんど健在だった北海道でも 深刻な食糧難


これの返答どうした法螺犬?w 

何で北海道のジャガイモが本州に輸送できなかったんだったっけ?w

それともまた遁走するか?w

蒋介石国民党のヘタレ兵士みたいに?w

それで街に帰って民間人でもまた虐殺するか?w

卑怯者のチンピラゴロツキ野郎は、今に軍刀で真っ二つにブッた切られるぞ>カス犬!w

>>42
>戦後の食糧難が 米軍の攻撃のせいではないとは言うておらん
>それをあんた、最初から 米軍による破壊オンリーで押し通そうとするから矛盾


矛盾してるのはお前だバカ犬。

団塊のお前は相当の痴呆症で聞いた先から忘れてくんだろうから、今思い出させてやるよ。以下:


>>13
>★ 腐った魚を食べさせられて のた打ち回るような苦しみを味わった人間が その後 新鮮な魚すら
> 一生 口にする事が出来なくなったとしても、誰がその人間を 責める事が出来ようか
> 全ての責任は、腐った魚を食べさせた 思い上がった軍人たちと馬鹿ウヨ連中にある 仕方のない事である
> 日本国民は それこそ トラウマになるほど のた打ち回る苦しみを 味わったのだから> ★


全て日本軍の責任って言い出したのはテメエだろサル犬。

ウスラボケてんじゃねぇのかお前?w


こっちはこっちの立場を返信してるだけだ。そしてその立場は微動だにしてない。


全て「連合国のシワザ」だ。


あえて言えば、戦前からな。戦後の混乱も。そしてそれは全て事実だ。

ワカッタか?

お前との議論はな、お前のホラを指摘するための事務作業と会話の堂堂巡りで、完全に時間の無駄なんだよ。

だから、ワカッタらとっとと失せろよアホ犬!


>>38
>関東軍が 満州の居留民を 本当に守ったかどうか


関東軍が満州にいなかったら、お前の親戚は満州事変以前のとうの昔に国民党やら地元の軍閥のゴロツキ連中に殺されてただろうね。これでも関東軍の悪口いっぱいあるって吹かすとか、ちょっと日本人には信じられない理解を超えたキチガイっぷりだよな>犬

まあ、コイツのことだから、満州に親戚いたなんて、どうせまた法螺の類なんだろうけどね。まあしかし、左翼って人種は、今も昔も、嘘と減らず口と文句だけなんだな。

その意味では、全くブレてないことが確認できたが、いい加減、バカの相手するのに辟易してきたわ。



44. 2017年9月23日 13:59:25 : bCYGNWGcSk : LMol_OYeXmM[19]
>日本の「核武装論」が最大抑止力
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/10558
>2017年9月11日 樫山幸夫 (産經新聞前論説委員長) WEDGE Infinit


この記事の論旨では、核武装「論」の「理論」の部分が抑止力になると言いたいのだろうが、理論などは抑止力たり得ないことは、誰が見ても明らかである。核兵器が抑止力となるには、核弾頭と運搬する弾道ミサイルの両方を開発製造し、それを組み立てて実戦配備して、ようやく"核"抑止力となる。

よく「3ヶ月で開発できる」とかいう話があるが、発射まで3ヶ月かかる"兵器"は、兵器とは到底呼べない。核兵器は実戦配備して初めて役に立つのであり、ようやく戦略的抑止力たり得るのである。



45. 2017年9月26日 20:57:18 : ydXHnG4FMk : 5BkjPlicP@4[6]
安倍自民党のの議員、日本会議の考え、八紘一宇に皇国ニッポン。教育勅語の推奨。

もはや完全に戦前と同じ考えだよ。どこの国もつまり中国も韓国もアメリカとて懸念するよ。何しろ知性など何もない。アメリカ、イギリス、旧ソ連、中国を敵に回して戦争をして勝てると考えて本当にそんなことをした国なのだ。誇大妄想であることすらわからない。

安倍政権の主要人物や宣伝屋はそのときの考え方を今また持ち上げているのだよ。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b21掲示板  
次へ