★阿修羅♪ > 戦争b21 > 403.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
既に始まっている「日中戦争」に勝つための処方箋(ダイヤモンド・オンライン)
http://www.asyura2.com/17/warb21/msg/403.html
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 12 月 04 日 19:29:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

既に始まっている「日中戦争」に勝つための処方箋
http://diamond.jp/articles/-/151594
2017.12.4 北野幸伯:国際関係アナリスト  ダイヤモンド・オンライン


ここのところ改善されてきた日中関係。しかし、安心できる状況にはほど遠い。それどころか、すでに広義の意味での日中戦争は始まっていると考えるべきなのだ。(国際関係アナリスト 北野幸伯)

広義の「日中戦争」は
もう始まっている!


  
具体的な戦闘こそ起きていないが、「情報戦」は展開しており、日中戦争は実質的には始まったと考えるべき。今や米国に次ぐ軍事費大国になった中国と戦闘をせずに勝つために、日本は何をすべきなのだろうか? 写真:新華社/アフロ

 日中関係が、改善されてきている。安倍総理は11月11日、ベトナムで習近平と会談した。雰囲気は、きわめて友好的で、両首脳は関係改善への意欲をはっきり示した。

 日中関係が改善されるのは、もちろんいいことである。しかし、決して油断することはできない。中国は5年前、尖閣、沖縄を奪取するための戦略を策定した。「広義」での「日中戦争」は、もう始まっているのだ。

「日中戦争が始まった」――筆者がその事実を目の当たりにし、大きな衝撃を受けたのは2012年11月15日のことだった。

 私はこの日、「ロシアの声」に掲載された「反日統一共同戦線を呼びかける中国」という記事を読んだ(記事はこちら)。いままで連載では何度も触れたが、この記事には衝撃的な内容が記されていた。

 ・中国は、ロシア、韓国に「反日統一共同戦線」の創設を提案した。
 ・「反日統一共同戦線」の目的は、日本の領土要求を断念させることである。
 ・日本に断念させるべき領土とは、北方4島、竹島、尖閣および沖縄である。
 ・日本に沖縄の領有権はない。
 ・「反日統一共同戦線」には、米国も引き入れなければならない。

 これを読み、私は「日中戦争が始まった」ことを確信したのだ。

 しかし、普通の人がこれを読んでも「確かに衝撃的な内容だが、『戦争が始まった』というのは、大げさだ」と思うだろう。そう、日本人は「戦争」というと、バンバン撃ち合う「戦闘行為」を思い浮かべる。いや、それしか思い浮かべることができない。

 実をいうと、「戦争」は「戦闘」に限定されない。むしろ「戦闘」は、広い意味での「戦争」の「最終段階」で起こる。そして実際は、戦闘が起こった段階で、勝敗は決している場合がほとんどなのだ。

「戦闘」以前に起こる
「情報戦」や「経済戦」が重要


 どういうことか?

 J国とC国が、同じ物を欲している(例えば島など)。そこで、J国とC国は話し合いをするが、埒があかない。それで、C国の指導者の頭の中に、「戦争」という2文字が浮かぶ。そう、戦争は、まずどこかの国の指導者の「頭の中」「心の中」で始まるのだ。

 さて、「戦争」の2文字を思い浮かべたC国の指導者は、翌日J国に軍を送るだろか?そんな愚かなことはしない。まず彼は、「戦争に勝つ方法」(=戦略)を考える。

 次に、「情報戦」を開始する。情報戦の目的は、「敵国(この場合J国)は、悪魔のごとき存在で決して許すことができない」と、自国民や全世界に信じさせることである。

 まず、自国で「反戦運動」が盛り上がって戦争の邪魔をされないようにしなければならない。次に、国際社会で敵国の評判を失墜させ、いざ戦争(戦闘)が始まったとき、敵が誰からも支援されない状況をつくる必要があるからだ。

「情報戦」のいい例が、1930年代初めにある。満州問題で日本と争っていた中国は、日本の「世界征服計画書=田中メモリアル」という偽書を世界中にばらまいた。それで、非常に多くの人々が「日本は世界征服を企んでいる」と信じてしまったのだ。
 
 次に「外交戦」で、自国の味方を増やし、敵国を孤立させる。必要とあれば、「経済戦」を仕掛ける。わかりやすい例は、日本が石油を買えないようにした「ABCD包囲網」だろう。そして、最後に、必要とあらば「戦闘」し、望みのものを手に入れる。

 さて、筆者が「戦争がはじまった」と確信した12年11月15日、中国はどの段階にいたのか?

 日本をつぶす戦略は、すでに立てられている。そして、ロシアと韓国に「反日統一共同戦線」創設を提案しているので、すでに「情報戦」「外交戦」は開始されていたことがわかる。

 筆者は、決して「誇大妄想的」に「戦争が始まった」と思ったわけではない。実際、12年11月、「日中戦争」は開始されたのだ(その後、「反日統一共同戦線戦略」は、かなり無力化されている。そこに至るまでの経緯は、連載バックナンバー「安倍総理続投が日本の国益、辞めれば習近平が大喜びする理由」を参考にしていただきたい)。

「平和ボケ」左派の
あり得ない思考回路


 普通の国が「反日統一共同戦線」のような情報を得れば、即座に対応策を考え始めるだろう。つまり、対抗するための「戦略」を練るのだ。しかし、日本はそうならない。

 日本では、「平和ボケ病」に冒された左派寄りの人たちと、「自主防衛主義」、さらには「核武装論」を主張する右派寄りの人たちが議論を戦わせている。しかし、いずれも日中戦争に勝つ結果にはつながらない発想だ。
 
 平和論者の人たちは、「世界は第2次大戦後、平和になった」と主張する。しかし、新世紀に入って以降も、世界では以下のような戦闘が起きている。
 
2001年 アフガニスタン戦争が始まった。
2003年 イラク戦争が始まった。
2008年 ロシアージョージア(旧グルジア)戦争が起こった。
2011年 リビア戦争があり、カダフィが殺された。
2014年3月 ロシアがクリミアを併合。続いて、ウクライナ内戦が勃発した。 
2014年9月 米国を中心とする「有志連合」がIS空爆を開始した。
2017年4月 米国は、シリアをミサイル攻撃した。
そして現在、世界は「朝鮮戦争は起こるのだろうか?」と恐怖している。

 事実を見れば、「今の時代」は決して「平和な時代」ではなく、逆に「戦国時代」であることがわかるだろう。

「平和憲法があれば、戦争は起こらない」「平和主義を守れば、日本は安全」という神話もある。「平和主義なら日本は安全」というのなら、なぜ中国は、虫も殺さぬ平和主義のチベットを侵略し、100万人を虐殺したのか?

 このように「平和ボケ病」は、「戦略的思考」を停止させる。彼らによると、「何もしなければ戦争は起こらない」。だから、「戦争に勝つ方法」(=戦略)を考える必要は、まったくないという結論になってしまう。

右派の「完全自主防衛主義」は
日本を崩壊させる


 一方、右派寄りの人たちは、自国防衛の強化を主張する。しかし、もはや日本が多少がんばったくらいでは到底かなわないくらい、中国との間の格差は開いている。

 16年の中国の軍事費は2150億ドルで、米国に次いで世界2位だった。日本の防衛費は461億ドルで世界8位。中国の軍事費は、なんと日本の4.6倍である。さらに中国は、米国、ロシアに次ぐ「核兵器大国」でもある。

 今から中国に追いつくべく、大金を投じて軍拡するというのは、現実的ではない。「いや、そんなにたくさんの金はいらない。なぜなら核武装すればいいからだ」という意見もある。確かに、最貧国の北朝鮮が保有していることからもわかるように、核兵器は「もっとも安上りな方法」だろう。

 しかし、ここでも話は簡単ではない。核兵器の拡散を防ぐ「核拡散防止条約」(NPT)がある。NPTは、米国、英国、フランス、ロシア、中国以外の国の核保有を禁ずる、極めて「不平等」な条約だ。それでも、現在190ヵ国が加盟し、世界の安定を守る秩序として、機能している。

 世界には、「NPT未加盟」で「核保有国」になった国もある。すなわち、インド、パキスタン、イスラエルだ。NPTに加盟していたが、脱退して核保有国になった国も、一国だけある。そう、北朝鮮だ。

 日本が核武装を決意すれば、NPTを脱退せざるを得ない。つまり、核武装論者は、「日本は、北朝鮮と同じ道を行け!」と主張しているのだ。そんな道を行けば、国連安保理で過酷な制裁を課されることは、想像に難くない。
 
 日本の核武装論者は、「日本の立場は特殊だ」と主張するが、「アグレッシブな核保有国が近くにいる」のは日本だけではない。

 たとえば、核大国ロシアと戦争したジョージアは、自衛の為に核を持つべきだろうか?ロシアにクリミアを奪われたウクライナは、核を持つべきか?核大国・中国の脅威に怯えるフィリピンやベトナムは、核を保有すべきか?

「すべての国は平等」という原則に従えば、「持つべきだ」となるだろう。あるいは、「すべての国が核を廃棄すべきだ」と。しかし、これらは、いずれも「非現実的な議論」に過ぎない。

 結局、「自分の国を自分で守れる体制を今すぐ作ろう」という主張は、とても現実的とはいえない。では、中国に屈伏するしか道はないのだろうか?

一国で勝てなければ
仲間を集めろ!


 実をいうと、柔軟に考えることができれば、「中国に勝つ方法」を考え出すのは難しくない。
 
 日本には、世界一の軍事力を誇る米国という同盟国がいる。この事実について、「米軍に守ってもらうなんて日本は属国に等しい。恥ずべきだ」という意見がある。しかし、冷静に考えて、これは「恥ずかしいこと」なのか?

 たとえば、欧州には、北大西洋条約機構(NATO)がある。これは、29ヵ国からなる「対ロシア軍事同盟」である。そして、内実を見れば、「NATO加盟国28ヵ国は、米国に守ってもらっている」状態だ。NATOの中には、英国、フランス、ドイツのような大国もいる。彼らですら、核超大国ロシアの脅威に対抗するため、米国に頼っている。
 
 ただ、日本とNATO加盟国の違いもある。NATO加盟国は、どんな小国でも「NATOに貢献しよう」という意志を持ち、実際に行動している。

 日本の場合、「米国が日本を守るのは当然だが、日本が米国を守ることはできない。なぜなら日本は平和主義国だからだ」というロジックを持っており、長らく、まったく貢献する意志を見せなかった(小泉総理時代から、少しずつ変わってきてはいるが)。

 これは、日本人に言わせれば「平和主義」である。しかし、米国からは、そう見えない。

「米国兵が日本のために何万人死んでも、それは当然だ。しかし、日本兵が米国のために死ぬことは、1人たりとも許さない」という大変狡猾なロジックだからだ。

日米安保は今でも
きちんと機能している


 それで、安倍総理は「安保法」を成立させ、「集団自衛権行使」が可能になった。日本は米国を守れるようになったので、もはや「属国だ」と卑屈になる必要はないのだ。

 また、「いざという時、米国は日本を守りませんよ」と断言する「専門家」も多い。そうかもしれないが、実際、日米安保は機能している。

 たとえば10年の「尖閣中国漁船衝突事件」、12年の「尖閣国有化」。これらの事件の直後、日中関係は大いに悪化し、人民解放軍は尖閣に侵攻する意志を見せていた。しかし、どちらのケースでも、米国政府高官が「尖閣は、日米安保の適用範囲」と宣言したことで、中国はおとなしくなった。

 そう、日米安保には、いまだに「中国の侵略を抑止する効果」が十分あるのだ。

 とはいえ、米国の衰退は著しい。引き続き、米国と良好な関係を維持するのはもちろんだが、日本は未来に備える必要がある。その「未来の同盟国」とは、将来中国に並ぶ大国になることが確実なインドだ。

 安倍総理は今、「インド太平洋戦略」を提唱し、トランプ大統領も乗り気になっている。これは、日本、米国、インド、オーストラリアで、中国を牽制するのが目的だ。

 とにかく日本が中国に勝つには、一貫した誠実さと努力によって、強い国々を味方につけていく必要がある。具体的には、最重要国家として、米国、インド。次に、EU、ロシア。そして、東南アジア諸国、オーストラリア。これらの国々との関係をますます強固にすることで、日本は守られる。


             
             「中国に勝つ日本の大戦略」――扶桑社刊、好評発売中!

「戦闘なしで日本が中国に勝つ方法」をより詳しく知りたい方は、一昨日発売になった筆者の最新刊、「中国に勝つ日本の大戦略」をご一読いただきたい。日本の進むべき道が、はっきり理解できるようになるだろう。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 中川隆[-5802] koaQ7Jey 2017年12月04日 19:43:27 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]

中国の最終兵器は移民爆弾だから、移民を入れた段階で開戦したんだよ


中国人移民に乗っ取られた50年後の日本地図 (日本人は放射能汚染された東日本に押し込められる)
http://blog.goo.ne.jp/hps777/e/ee6e8a91af4cf1c9b0adb452f1667b7e

共謀罪批判は中国・朝鮮工作員が扇動していた
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/711.html

護憲運動はCIA・中国・朝鮮工作員が扇動していた
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/703.html


改憲を阻止しようとする反日工作員はしらみつぶしに炙り出して処刑する必要がある


日本には中国・韓国・北朝鮮のスパイが大量になだれ込んできているのだが、日本人はまったく危機感がない。まるで自国が侵食されても構わないと言わんばかりだ。

しかし、こうした工作員を放置していたら日本は国の内部から侵食されて崩壊していくことになる。

どこの国でも「他国のスパイ」や「国を裏切る者」は処刑の対象になる。これは、当然のことだ。中国もアメリカのスパイを片っ端から暗殺しているのだ。(日本にも大量の中国人工作員がなだれ込んでいる事実を知れ)

中国人は有史以来、戦争に勝ったことが無い

漢民族は戦争にめちゃくちゃ弱いので、むやみに人数を増やして集まる。
それが始皇帝の兵馬俑で、北方の蛮族より弱かった。

引用:http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/62/20/97ae91cd74d02dab5763add74c395063.jpg


ユーラシア大陸の真ん中に陣取っている中国とロシアは、有史以来ほとんど戦争に勝った事が無い。


勝てないロシア

中国とロシア(ソ連)は外国に出て行って戦争に勝ったことが一度も無い。

もしかしたら紛争程度の小競り合いでは勝っているかも知れないが、国同士の戦争ではない。

その代わり内陸の領土に敵を誘い込んで、補給を絶って包囲するような戦いを得意としている。


1979年にソ連は国ですらないアフガニスタンの武装勢力に惨敗し、10年後の1989年に撤退しました。

この敗戦はチェルノブイリ事故や大韓航空撃墜とともに、ソ連崩壊の原因になった。

この時アメリカが結成した武装勢力が「アルカイダ」で2001年にNYで9.11テロを起こし、現在も活動している。


「アルカイダ」はさらに湾岸戦争時に米軍グリーンべレーの軍事訓練を受けて「イスラム国」へと進化しました。

アメリカが軍事訓練したのはイラクのフセイン政権と戦わせるためでしたが、今はアメリカが「イスラム国」と戦っています。

こういう理由でソ連が戦ったアルカイダは、今考えるとかなり強く、もしかしたら当時の米軍でも負けたかも知れない。


ロシアの領土はもともとアイヌ人のような北方民族の土地で、彼らを追い出して住み着き、国を作った。

以来千島樺太を含めて、領土化したのは全て北方民族の土地で、その領土を守る事に掛けては強い。

だが日露戦争など他の列強と呼ばれた国には、ほぼ勝った事がない。


勝てない中国

中国も同様で、秦の始皇帝が初の国家を作ってから、その領土を守っているだけで、対外戦争で勝った事はほぼない。

モンゴル帝国は強かったが、あれは「モンゴル」が植民地にしたので、中国は植民地側でした。

局地的には朝鮮半島で勝利を得たりしているが、必ず朝鮮の統治者に追い出されています。


ベトナムなどインドシナ半島には何度も侵攻しているが、やはりほとんど勝った事が無い。

台湾にすら負け、日本軍にはコテンパンに負け続け、何度も植民地になっています。

清国はイギリスとの戦争に負けて植民地化したが、その清国がそもそも中国を植民地化し征服した国です。


清国は女真族といい、いわゆる中国人とは別の人種で、満州人、満州民族とも言います。

だから辛亥革命で清国を倒したとき、中国人たちは異民族による植民地支配が終わったと言って喜んでいた。

さらにその前には、「中国人」とは北京周辺に住む黄河文明起源の人たちの事で、長江周辺の長江文明とは別な国だった。


今日「中国が発明した」と言っている文字とか火薬とか印刷とかは、ほとんどが長江文明の発明で長江こそ先進地域でした。

黄河文明はただの植民地、蛮族という位置づけで日本や半島と比べても先進地域ではなかった。

この黄河文明起源の「現在の中国人=漢民族」は粗野で教養が低く、戦争に弱いという特徴を持っています。


戦争に勝てなくても領土を増やす方法

そんな漢民族がなぜ中国を支配できたかというと、長江文明や半島や日本よりも、圧倒的に人口増加率が高かったからでした。

稲作によって大量の食料を得て、子作りに励んでついに女真族やモンゴル族、長江人を数で圧倒して吸収したのでした。

長江文明の子孫である長江人は、漢民族に押し出されるようにして、現在のインドシナ半島に住んでいると言われています。


漢民族の戦略はまず人口を爆発的に増やし、歩いて敵国に侵入して住み着き、その国を支配して領土化します。

これなら戦争に勝つ必要がなく、例えば女真族が住んでいた旧満州では、人口の99%は漢民族になったとされています。

女真族は戦争では圧倒的に強かったが、人口を増やさなかったので漢民族の侵入で吸収されてしまいました。


チベット、ウイグル、内蒙古、旧満州など多くの周辺民族をこの方法で倒してきました。

半島に住んでいる朝鮮民族も最初は中国の東北部に住んでいたが、漢民族が移住してきて追い出されて、歩いて半島にやってきた。

台湾島も島民が住んでいた場所に、多くの漢民族が移住してきて、今では人口の95%以上を移住者の子孫が占めている。


このように中国からの移民や移住者を受け入れるのは、他の国の住民を受け入れるのとは、重大さがまったく違う。

中国の場合は移住は軍事戦略であって、住民を移住させて国を乗っ取り、それから軍隊で占領するのです。
http://thutmose.blog.jp/archives/66023396.html


戦争しなくても移民さえ送り込めれば日本を簡単に乗っ取れるんだな:

「外国人参政権」 を認めると沖縄が中国に編入される


なぜ「外国人参政権」を認めると、沖縄が中国に編入されるのか 2017.10.07 
by 北野幸伯『ロシア政治経済ジャーナル』
http://www.mag2.com/p/news/287616


かねてから外交政策の観点から安倍政権支持を明言している無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で国際関係研究者・北野幸伯さんですが、希望の党の政策についても一部評価しているようです。

今回は、小池氏が「外国人参政権に反対でなければ希望の党には入党できない」と表明したことについて絶賛するとともに、その理由をわかりやすく解説しています。


小池さん、「外国人参政権反対」を踏み絵に

選挙戦盛り上がっています。私は、「外交が素晴らしい」ということで、安倍続投を願っています。しかし、安倍さんの政策をすべて支持しているわけではありません。

たとえば「消費税引き上げ」に反対しています。小池さんは、「消費税引き上げ凍結」を宣言している。この方面では、是非がんばっていただきたい。もう一つ、小池さん、こんなことを宣言しています。

毎日新聞10月3日から。


◇民進党からの入党希望者に、「政策協定書」署名を義務づけ


希望の党の小池百合子代表は「寛容な保守」「ダイバーシティー(多様性)社会」を掲げている。その一方、民進党からの入党希望者には、外国人への地方参政権の付与に反対する「政策協定書」への署名を義務づけた。

希望の党に入りたければ、「外国人参政権に反対でなければならない」そうです。毎日新聞は、この決定を批判しているわけですが、私は、「素晴らしいじゃないか!」と思います。皆さんはどうですか?


ある国に住む他民族は、独立を目指す

•コソボ
•南オセチア
•アプハジア
•クリミア
•クルド
•カタルーニャ

このリストは、何でしょうか? これは、(ゆっくり、何度も読んでください)

「ある国の特定の地域に、他民族が多数住んでいたので、分離、独立した、あるいは分離、独立を目指している例」

です。例を一つ一つ見てみましょう。

・コソボ

コソボは、セルビアの一部でした。しかし、アルバニア系住民が、圧倒的に多い。それでコソボは08年2月、セルビアからの独立を宣言しました。

・南オセチア

南オセチアは、ジョージア(旧グルジア)の一部。しかし、オセット人が約9割を占めている。1992年に住民投票が行われ、圧倒的多数で「独立派」が支持を得ました。しかし、「事実上の独立」を達成したのは08年8月のロシア―グルジア戦争後です。南オセチアを国家承認しているのは、ロシアを含む4か国だけ。それでも、「事実上の独立国家」である。

・アブハジア

アブハジアもジョージアの一部です。ここは、アブハジア人が、5割強を占めている。1994年に主権宣言しています。しかし、南オセチアを同じく、事実上の独立を達成したのは、08年8月のロシアーグルジア戦争後でした。アブハジアを承認している国は、ロシアを含む4か国だけ。

・クリミア

クリミアは、ウクライナの一部だった。ここは、ロシア系住民が6割を占めている。2014年3月に、住民投票が実施されます。97%がロシアへの帰属を望んだとされ、ロシアに併合されることになりました。

・クルド(イラク)

イラク北部のクルド自治区は、当然クルド人が大半を占めています。ここでは9月25日、「独立の是非」を問う住民投票が実施されました。9割が「独立を支持」ということで、緊張が高まっています。

・カタルーニャ

スペインのカタルーニャ州では10月1日、「独立の是非」を問う住民投票が実施されました。結果は、92%が独立支持。カタルーニャ州の人は、「俺たちはカタルーニャ人。スペイン人ではない!」と考えているのですね。スペインも、大混乱が予想されます。


外国人参政権付与で、沖縄は中国に吸収される

というわけで、「ある国のある地域に、他民族が密集して住んでいると、独立の機運が高まる」ことをご理解いただけるでしょう。例えば、外国人参政権が与えられたとしましょう。その後、どんな動きが懸念されるのでしょうか?

たとえば、中国が沖縄南部の〇〇市に狙いをつけます。そこに中国人労働者を集中して住まわせる。市の過半数は、「参政権を持つ中国人」になってしまいました。彼らは、「独立の是非」を問う住民投票を実施。圧倒的多数で独立が承認されました。日本政府は自衛隊を投入して、実力で独立を阻止しようとします。

すると中国政府は、「わが国の同胞が、日本軍国主義に大量虐殺されようとしている。これを座視することはできない! そもそも、日本には沖縄の領有権はない! 日本は、中国固有の領土である沖縄を長年不法占拠してきた。いまこそ、歴史の正義を取り戻す時だ!」と大軍を沖縄に送り込みます。かくして、沖縄は中国に編入されることになりました。

このシナリオ、「米軍は何やってたんだ!」と思いますね。確かに。ただ、長期的に見ると、米軍だっていつまでいるかわかりません。

「ある国のある地域に、他民族がたくさん住んでいると、独立を主張し始める」

これは、世界のあちこちで起こっている事実です。中国人が、ある地域に密集して住み、過半数を超えた。将来彼らが「独立」を主張することは十分ありえます。そこまでいかなくても、住民投票で次々と反日的政策を進めていくことでしょう。

私は、どの国の人も差別しません。しかし、「外国人参政権を与えるかどうか」は差別とは関係ありません。私はモスクワに27年間住んでいますが、もちろん参政権はありません。私は「外国人」なので、参政権がなくて当然なのです。そして、日本国内に住む外国人も、参政権がなくて当然なのです。

そういった意味で、「外国人参政権反対」を踏み絵にする小池さんの決定は素晴らしいと思います。
http://www.mag2.com/p/news/287616  

外国人参政権の問題点について

国会で話題になっていた「外国人参政権の問題点」は、対象者のほぼすべてが「在日韓国・朝鮮人」であることです。
この法案を積極的に推し進めている政党(賛成派)を知っておいたほうが良いでしょう。


「外国人参政権法案」の国会提出回数


公明党   27回(賛成)
民進党   15回(賛成)
共産党   11回(賛成)
自民党   0回(反対)
国民新党 0回(反対)
みんな   0回(反対)


※外国人参政権にもっとも積極的に賛成なのが公明党(創価学会)

※民主党(現在:民進党)は韓国民潭からの要請を受けて提出
※社民党・共産党も賛成 →共産党は被選挙権(立候補する権利)まで要求
※「自民党、国民新党、みんなの党、維新の会」は”反対”


(最後に/移民・難民問題)


日本国内で失踪する外国人(中国人)が増加
失踪目的で、技能研修を受けるものもいる

在日の犯罪の件数は多いのか、多い地域、どこにある?川崎市


その一方で日本には、イスラム圏からも多くの外国人が難民申請をしています(現在は多くが却下されている)
今後どのようになるかは分かりません。
http://www.geocities.jp/tokua33/


共産党と立憲民主党は既に在日と中国人に乗っ取られているんだ




[32初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数、規定違反多数により全部処理

2. 2017年12月04日 20:03:20 : dxkTl1vUxc : 4Qp9Icj8RwM[209]
この中川〇鹿の投稿なんとかしてください管理人さん。誰も読まない!! 怒り!!

3. 雅則[491] ieuRpQ 2017年12月04日 20:27:09 : errDkKPP5U : OTeDwSKm@7E[17]
色々理屈は書いてあるが、日本は中国にはかなわないからアメリカ合衆国と戦争させる。そうすれば勝てる。ただそれだけだ。憲法9条戦争の放棄の平和憲法を守り自衛隊が国を守る。其れが最高の戦略です。近隣諸国を大切にして助け合って生きる。戦争で勝てると思う事が間違っている。

4. 2017年12月04日 20:38:09 : zYQhP04yNA : iufaC7RN9d0[286]
 
 北方4島は 明らかに ロシアの領土だよね〜〜 返してくれなんて言っても 返さない

 竹島も 韓国の物だね〜〜 今の人は 李承晩ラインなんて知らないかもしれないけど〜〜

 勝手に 韓国が引いた線だが アメリカが 認めちゃってるから 勝負あっただよね〜〜

 ===

 さて 尖閣だが 日中国交回復で 田中角栄とケ小平が グレイだと 決めたのに

 日本は 尖閣を 日本の物だと 中国の了解を得ずに 言い張ったのが まずかった

 ===

 あの バカ石原と ウヨが 駄々っ子のように 尖閣を 国有化してしまった

 ===

 日本が 日本の領土だといえば 中国は 中国の領土だと いうしかないではないか
 
 <だれが 考えてもそうなる> 

 中国が どうぞ あそこは 日本の領土です って 言うはずがないではないか!!

 ===

 中国が 納得しないかぎり この戦いは続く

 だれが この戦いに 誘導したのかというと ウヨと石原と 日本政府だ

 ばかたれが〜〜〜
 
 ===

 今後の 予想も しておこう 

 日本が 実行支配をするのなら 中国も 実効支配をすることになる

 中国は 領海侵犯を 繰り返すことになる

 ===

 戦争というのは 強いほうが勝つに 決まってるのだが

 中国が 日本より 圧倒的に 強い

 戦争とは 強いほうが 弱い国を 戦争に引き込んで 勝利を挙げることだ〜〜

 日本は 確実に 負けることになる

 ===

 唯一 力の均衡を保てるのは 中国 vs アメリカ だが〜〜

 この アメリカが 頼りにならない 

 中国は 一帯一路 作戦で 日本はずしをしてくる 

 アメリカは 経済面で もう 中国に 完敗しているのであって

 ===

 いまだに バカの一つ覚えで アメリカの「核の傘」なんて 

 70年間も 同じことを 言ってるのが 自民党と ウヨだろう!!

 ===

 アメリカは 尖閣列島を 中国に 売り飛ばすのは 火を見るよりも明らか だぞ〜〜
 


5. 2017年12月04日 22:31:42 : 1hFwhl5XF6 : A44FqszPm3Y[504]
「中国に勝つ方法」を考え出すのは難しくないと言っている北野幸伯のほうが平和ボケしている。
本を売りたいだけなのだろう。
帝国が大陸でやった失敗を分析せずに、日米安保があるからなどと戯言を吐いている。
過去に、どれくらいの兵隊を大陸に送り込んだか知っているのか。

燃料プールに使用済燃料棒を溜め込んでいる「平和ボケ右派」を説得してからでないと、ただの妄言だ。


6. 2017年12月04日 22:35:02 : 1pl8z4h1OQ : nAvHYKVs9UM[202]
戦争を 暢気に煽る 評論家

7. 2017年12月04日 23:56:44 : zYQhP04yNA : iufaC7RN9d0[287]
 
 東京なら 通常のミサイル 核兵器でないを 防衛省に ピンポイントで

 爆撃すれば 片が付くだろうね〜〜〜

 ===

 中国は 「核兵器など使わない」 

 ===

 日本は 広い中国の 「どこを狙ったらいいんだ」 

 


8. 未来のTOW[255] lqKXiILMVE9X 2017年12月05日 02:04:18 : AkkOyvAmUI : pqpZNVMmjJo[10]

>>3
9条は「戦争の放棄」でしょ?
自衛戦争であろうが戦争なのだから、憲法違反ではないのかな?

一応いうが、憲法9条には自衛権とか一切書かれていない。
9条1項には「戦争の放棄」「武力による威嚇の禁止」。
9条2項には「陸海空軍保持禁止」「交戦権否定」。

自衛隊が国を守るとか言ったって、自衛隊はまごうことなき軍隊なのだから、憲法違反の存在。
憲法違反の自衛隊が、憲法違反の自衛戦争なんてしていいとでも思っているのかね?
あんた、憲法の意志を無視するつもりか?

まあどうせ、自民党政権の解釈改憲を追認して、「自衛権」とかほざき出すのだろうが、
言ってることは過去の自民党と同じだし、憲法解釈の変更をした岸首相とか中曽根首相にバンザイしているようなもんだ。

「平和憲法を守る」とか言ってるやつが、自民党政権の解釈改憲を追認しているのは、
まったく悪い冗談だね。憲法を壊す片棒を担いでいるくせに、よくそんなことが言えると思うよ。


9. 2017年12月05日 02:26:28 : GkyIzxht6Q : G5TDdWOf3mk[4]
成長軌道に乗った人口13億人を越える国と戦争をする。アホ丸出し。面と向かって中国人とけんかもできない人間が何をぬかす。

10. 雅則[492] ieuRpQ 2017年12月05日 08:21:21 : errDkKPP5U : OTeDwSKm@7E[18]
自衛隊は軍隊では無い。殺人放火破壊など戦闘行為行わない。命を粗末にする戦前の様な軍隊では無い。命を大切に人々と助け合って行く公務員の組織戦争には加担しない。物事を話し合いで解決する。自然災害や人災を防ぐ為に働く組織。

11. 2017年12月05日 22:23:18 : stucR79kUo : gfnaLeb9I7s[6]
中国がアメリカに踊らされている。
ネオコンが中国に上から目線を振付けている、
中国に踊らせ、日本をビビラセ、
日本がアメリカにすがる、
日本と中国の直接軍事対決となれば、
日本が勝つだろうが、
ワザワザ戦争してやることはない。
そんな事より、中国も日本も、
もっと大人になることが先だ!



12. 未来のTOW[257] lqKXiILMVE9X 2017年12月06日 00:11:45 : AkkOyvAmUI : pqpZNVMmjJo[12]

>>10
は?あんた何言ってんの?

自衛隊は純然たる軍事組織。英訳も「japan self defence force」。
「force」とは軍隊のことだ。米空軍も「US Air Force」という。

軍隊でないと言うのなら、隊員一人一人に小銃を配備し、最新鋭の戦車、装甲車を持ち、
一隻数百億の護衛艦を持つ自衛隊とは何なのだ?

そもそも、自衛隊の主任務は自衛隊法にもある通り、日本国の防衛。
防衛行動には当然殺傷が伴う。まさか、おもちゃの鉄砲で撃ちあうとでも思っているのか?
昔、共産党の政治家が「自衛隊は人殺しの訓練をしている」と言っていたが、まさにその通り。
自衛隊がしている演習は、すべて人殺しの訓練なのだ。

あんたによれば、

””10. 雅則[492] ieuRpQ 2017年12月05日
自衛隊は軍隊では無い。殺人放火破壊など戦闘行為行わない。命を粗末にする戦前の様な軍隊では無い。命を大切に人々と助け合って行く公務員の組織戦争には加担しない。物事を話し合いで解決する。自然災害や人災を防ぐ為に働く組織。””

だそうだが、自衛隊が殺人放火破壊のための銃や戦車、戦闘機等を持ち、使用する訓練もしている。
戦傷者が出たときのために医療施設を整備し、有事関連法により有事には警察や海保と調整もする。
国家との外交は外務省のおしごとで自衛隊は関係ないし、自衛隊法には「直接侵略及び間接侵略に対し我が国を防衛することを主たる任務」と明確に書かれている。

あんた、本当に自衛隊の事知っているのかね?あんたの言ってること、嘘八百なのだが。
少しは勉強しておいた方がいいと思うよ。


13. 2017年12月06日 01:01:34 : 1arMvjF8sE : 0Suuu9PQjkE[31]
>>12.

あんたこそ勉強すべきだと思うけどね

自衛隊は専守防衛、積極的に相手を攻撃する立場にはない
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/189/touh/t189140.htm
純然たる事実


>軍隊でないと言うのなら、隊員一人一人に小銃を配備し、最新鋭の戦車、装甲車を持ち、
>一隻数百億の護衛艦を持つ自衛隊とは何なのだ?

自衛隊って何なの、自衛隊です、日本語ですよ
軍って言葉にこだわる理由が有るの、ぞんな言葉遊びはどうでもいい事です。

>自衛隊が殺人放火破壊のための銃や戦車、戦闘機等を持ち、使用する訓練もしている。

自分達や守るべきものが攻撃を受けた時、決して殺人放火破壊のためじゃない
つまり、西部劇と同じ、相手が抜いた時だけ攻撃権が有るだけ
あんたに様に気に食わんから殴るような真似はしないのが自衛隊でしょうが

>日本国の防衛。防衛行動には当然殺傷が伴う。

自衛隊は相手の攻撃に対して、同程度の攻撃を与えるだけ
君みたいにむやみにやる訳じゃないの

頭おかしいの、どの国でも同じことを何シャカリキになっ言ってるの
米国でも敵対行為を取るまでは攻撃権は無いよ、軍にしても同じことです

君こそ世界を見ずに、力=軍って単純思考で言ってるだけです。


14. 2017年12月06日 02:25:00 : 47BKURti5A : q6j_c0G_o3Y[2]
自衛隊は基本的に公務員だから、命令拒否ができるのだよね。

例えば防衛大学校を卒業して自衛隊での勤務を拒否する事ができるから、医学部を卒業して罰金を払えば開業医なり自分のオヤジの病院なりへ行って就職できる。
原発事故の時放射能防衛装備がないから福一での任務を拒否したヘリ部隊があったとか。
しかし旧軍と違って自衛隊員は戦死しても軍神などの特典は無いし遺族年金とかもない。だから命令拒否を非難する事はできないだろう。


15. 2017年12月06日 02:35:45 : 47BKURti5A : q6j_c0G_o3Y[3]
明治維新前は、例え多少の衝突はあっても基本的には日本と中国の仲は悪くなかったのだよな。まぁ中国はあの通りの腐れ中華主義さえ認めてやれば自分の事で手一杯で周辺国を侵略する余裕もなかったし。

明治維新後はアジアに欧米列強の干渉が入ってから日本と中国の仲は歴史上最悪と言えるほど悪くなったのだ。まぁ今さら分割統治なんたら言っても始まらない。他人に操縦された人生は結局は惨めだとだけ言っておこう。


16. 2017年12月06日 20:44:29 : T4UtPXIs4k : SQMhYIjFeD8[16]
ところで

何のために中国と戦争しなければならないのかね。戦争とは殺し合いだ。そんなことをしなければならない理由は現在どこにもないだろう。尖閣なと対立をあおるために騒ぎ立てているだけ。誰も住んでいない。沖縄返還までその存在などほとんど誰も知らない島だった。今でもヤギが住んでいることさえほとんどの人が知らなかった。

日中の交易ではお互い大きな利益を得ている。多少の意見の違いは国が異なるのだから当たり前だがそれが戦争につながるほどのものだというほどの理由はどこにもない。


17. 2017年12月06日 22:58:06 : 4m8n2Vmm96 : 5HvfKJT_29c[1]
戦後既得権の飼い主の命令だろう。

中国の本音を言えば尖閣なぞ通行出来ればそれで良く、日本領だろうが中国領だろうがどちらでも構わないのでは。実際昔はお互いそれでやってたし。
中国の本当の狙いは台湾だろうな。台湾付近での作戦の自由を確保するためには日本がしゃしゃり出てくると面倒だ。そこで先ず尖閣で日本と白黒つけようと。

なぜはっきり白黒つけなければならなくなったのか、石原がちょっかいを出したあたりからだろうな。日本企業だって大勢が中国国内でビジネスしていたのに、何の警告もなくいきなりあれだし。しまいには中国に進出する日本企業なんか潰れてしまえとか、とても「日本の」政治家の発言とは思えないおっしゃり様でw


18. 2017年12月07日 10:35:15 : 7CTCG3KKpU : ot5@l2aedNQ[26]
もし既に始まっているなら、日本は既に負けている。
1941年12月8日にそうであったように。

19. 2017年12月08日 00:37:16 : 7R0WPiXGcs : mbW0FIqjYSk[2]

>私はこの日、「ロシアの声」に掲載された「反日統一共同戦線を呼びかける中国」という記事を読んだ(記事はこちら)。いままで連載では何度も触れたが、この記事には衝撃的な内容が記されていた。

はじめ日本が中国包囲網作ろうとしてたんだろ。
それを忘れて「反日統一共同戦線を呼びかける中国」に衝撃なんか受けるなよ。

だいたいそんなのロシア側の「解釈」だろう?
どれだけ中国側の真意かは不明。

>「平和憲法があれば、戦争は起こらない」「平和主義を守れば、日本は安全」という神話もある。

そんなこと聞いたこともない。
少なくとも日本が戦争に参加する「確率」は減る、程度の話は聞くが。
まずは他人を平和ボケ呼ばわりする前に、他人がどういう主張をしているか正確に知ることだな。

チュウゴク嫌いのくせにロシアは大好きなんだから、こいつも白人崇拝者だな(笑


20. 2017年12月08日 16:58:09 : t4vrIrw97o : TfyHhkXmlVM[4]
何も難しく考えることはない。
中国が日本に向けて核ミサイル五十発
同時にデコイを二百発打てば済む話だ。
核兵器でガタガタになった日本の味方をする国なんかなくなるw

21. 2017年12月09日 15:48:44 : Q7Xo3PPOrk : CNPmh385SmA[170]
4.7.のバカ 何が言いたいんだ 君の考え行ってみろ

 なんでも日本が悪い 日本が謝れ、日本が譲歩すればいい

 すべて日本が悪いんだ と言いたいのか このバカ。、

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

22. 2017年12月09日 15:54:21 : Q7Xo3PPOrk : CNPmh385SmA[171]
4.7.>>おまえ、何が言いたいんだ 日本が悪い 日本が譲歩すればいい

   中国に日本の領土やればいいじゃん か バカ

   何が言いたいんだ。

20>> お前の家に核ぶちこんでもらいな、スキリするぜ。

[32初期非表示理由]:担当:言葉使い

23. 2017年12月10日 07:56:26 : hHE6YPbnHo : ujc@8bCiUZU[4]
アフガンもイラクもリビアもグルジアも実際アメリカが一方的に起こした戦争。何が戦争はなくならないだと。阿呆丸出し。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b21掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b21掲示板  
次へ