★阿修羅♪ > 戦争b21 > 553.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
トランプ大統領は戦後最悪の大統領ではなく、戦後初めてアメリカ軍産複合体が自ら担いだ大統領
http://www.asyura2.com/17/warb21/msg/553.html
投稿者 taked4700 日時 2018 年 1 月 20 日 17:41:00: 9XFNe/BiX575U dGFrZWQ0NzAw
 

トランプ大統領について、一般的な評価は、単なる実業家が有名になりたくて大統領選挙に出馬し、経済的な不満を募らせていた白人層の支持をたまたま受けて当選したというものでしょう。

しかし、そうでしょうか。

エリート層ではない白人の人びとの被害者感情に訴えて票を集める戦略はとても巧みなものでした。しかし、現在、その戦略の指揮を執った、トランプ大統領誕生の一番の功労者であるはずのバノン氏は政権から追いやられ、トランプ大統領自身がバノン氏をののしる始末です。

トランプ大統領こそが、戦後初めてアメリカ軍産複合体が自らの意志を実現させるために担いだ大統領であるのです。以下、その根拠:

1.大統領当選後に選んだ閣僚のほぼ100%はウォール街などの超エリートでした。トランプ氏自身は実業家であり、それなりに富裕層に属していたのは事実ですが、州知事を務めた経験もなく、共和党の組織内で政治活動をしたこともほとんどないはずで、閣僚の人選自体が出馬前のトランプ氏の人脈からは有り得ないほどの、金融や米軍幹部がそろっています。

2.大統領選自体がとても不自然なものでした。本来であれば、予備選で当選が出来ないはずであったのです。少なくとも本来の本命候補であったジェフ・ブッシュ氏はほとんど戦いをしないまま撤退をしました。

3.トランプ氏のスキャンダルは常にありますが、同時にまったく内容がはっきりしないものです。つまり、ロシアとの密約とかであり、一般人や外国政府にはほとんど内容を検証できない不祥事です。そもそも、第2次世界大戦終了後のソ連時代には、アメリカの情報組織がソ連内部に入り込んでいたはずであり、だからこそ、ゴルバチョフ氏がソ連のリーダーになった途端にチェルノブイリ原発事故があり、その後の混乱とエリチェン氏という、ある意味、典型的などんぶり勘定の大統領を生み出したわけです。現在のロシアの大統領であるプーチン氏は情報組織出身で、アメリカの情報組織との意思疎通は常にできてるでしょう。好きな時にロシアとのスキャンダルを過激化させたり、静穏化させたりできるのです。

4.温暖化に対する国際的な取組みであるパリ協定をアメリカは離脱しましたが、仮に温暖化が事実であるのなら、既に何度も巨大ハリケーンに見舞われて戦後最悪の被害を受けているアメリカはそれこそ、トランプ氏の罷免を求めて政治家が動くはずですが、そういった動きは全くないと言っていいはずです。カルフォルニア州などが温暖化対策のための規制をすると言っていますが、ガソリン車の禁止などであり、ある意味、寒冷化対策にもなっているのです。なぜなら、石油の消費を世界的に抑えることが出来、その結果、アメリカでの備蓄が出来るからです。

5.そもそも、シェール開発自体がまゆつばものです。特に、シェールオイルは有り得ないものであり、リビアからの密輸が組織的に行われているのは明らかです。

全ての背後にあるのが、アメリカ軍産複合体によるインターネットなどを通した情報操作能力の卓越さです。

しかし、このことは、同時に、非常に多くの人々を現実からかい離した世界に置くことを意味します。人間は誰でも、自分の周りの世界に反応して生きてるわけです。その世界を個人がどう認識するかを、アメリカ軍産複合体はあらゆる意味で自分たちに都合よくコントロールしようとしているわけですが、当然限界があります。

問題は二重です。

一つは、アメリカ軍産複合体によってコントロールされる側の人びとに生じるもの。

もう一つは、アメリカ軍産複合体側に生じるものです。

次のような警句があるそうです。

多くの人々を短期間騙すことはできる。少数の人びとを長期間騙すこともできる。しかし、多くの人々を長期間騙すことはできない。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. ニールセン[32] g2qBW4OLg1qDkw 2018年1月20日 21:37:33 : aC4yviaykg : 6LdY0pd2hIM[1]
何言ってんだ、お前は?

じゃあブッシュは軍産が担いだんじゃないのか?

トランプは初めて軍産を総体的に否定しようとした大統領なんだよ。

失敗したけどな。

阿修羅のレベル落とすなよ。


2. 2018年1月20日 21:48:23 : zLjlEx1NeQ : IBexkyAl1TI[20]
>>1
>トランプは初めて軍産を総体的に否定しようとした大統領なんだよ。

よくまあそんな馬鹿げた妄想を唱えられるものだ。

http://www.afpbb.com/articles/-/3100136
また、現在の軍は「とても弱体化している」と指摘。大幅な軍拡が必要だとして、
陸軍兵士の数を54万人に、空軍の戦闘機を少なくとも1200機に、海兵隊の大隊を
36部隊に、海軍の水上艦や潜水艦を350隻に増強する案を打ち出した。

選挙公約で「大幅な軍拡が必要」だと唱えて、具体的な軍拡案まで打ち出している
トランプが「軍産を相対的に否定しようとした」とは何かのジョークかね?

>阿修羅のレベル落とすなよ。

トランプが大統領選挙の公約に何を唱えたのか調べる程度の事もしない人間が
「阿修羅のレベル」だとするともう笑うしか無いな。


3. 2018年1月20日 21:55:28 : zLjlEx1NeQ : IBexkyAl1TI[21]
ついでだが軍事費に関してトランプはクリントンをこのように批判しているからな。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM08H2F_Y6A900C1EAF000/
トランプ氏は民主党のヒラリー・クリントン前米国務長官(68)が「(オバマ大統領とともに)軍事費を大幅に削減した」と批判。「中東に混乱をもたらした」とも指摘した。


この通りトランプはヒラリーが「(オバマ大統領とともに)軍事費を大幅に削減した」事を大統領選挙で批判している。
これは軍産に対する「ヒラリーでは無く自分を支持しろ」というメッセージに他ならない。
大統領選挙中から軍産に支持を求め、実際に軍事費の大幅増を行ったトランプは最初から紛れも無く「軍産のお友達」だ。


4. 中川隆[-5878] koaQ7Jey 2018年1月21日 00:01:30 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
もう知恵遅れさんのデマは沢山

ヒラリーがアメリカ軍産複合体の代理人

トランプは反アメリカ軍産複合体だから、みんなから嫌がらせされてるんだよ

[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数により全部処理

5. 中川隆[-5877] koaQ7Jey 2018年1月21日 00:14:50 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
2016.08.20
ハッキングされたメールからヒラリーがソロスの助言に従っていることが判明、侵略やTPPに執着か

電子メールのハッキングが続いている。今回は投機家で体制転覆に多額の資金を提供してきたジョージ・ソロスだ。彼がターゲット国の体制を転覆させるために使っているオープン・ソサエティ基金もハッキングされたという。そうした電子メールの中には、ソロスがヒラリー・クリントンに対してアルバニア情勢に対する対処の仕方をアドバイスするものがある。そのメールが書かれたのは2011年1月24日で、国務長官だったクリントンはソロスのアドバイスに従って動いたようだ。

 ヒラリー・クリントンは夫が大統領だった1990年代、マデリーン・オルブライト(国連大使から国務長官)やビクトリア・ヌランド(国務副長官の首席補佐官)と連携して政権をユーゴスラビアに対する先制攻撃へと導いているが、その背後にソロスがいたということだろう。国務長官に就任したオルブライトが主導する形で1999年3月にNATO軍は偽情報で環境作りをしながらユーゴスラビアを先制攻撃、ひとつの国を破壊した。

 2003年11月にはジョージア(グルジア)で「バラ革命」、04年から05年にかけてはウクライナで「オレンジ革命」があり、新自由主義体制になった。当然、一部のグループが不正な手段で国民の財産を奪って莫大な富を築き、その後ろ盾になっていた西側の巨大資本も利益や利権を手にした。こうした「革命」でもソロスはスポンサーとしての役割を果たしていた。

 言うまでもなく両国の庶民は貧困化、そうした状況への怒りからソロスたち西側の富豪や巨大資本にとって好ましくない方向へ動いた。そこで仕掛けられたのがキエフのクーデター。2014年2月22日、ネオ・ナチ(ステファン・バンデラ派)を主力とするグループがビクトル・ヤヌコビッチ大統領を暴力的に排除している。そのクーデターを現場で指揮していたのがヌランド国務次官補だった。クリントンは2013年2月に国務長官を辞めているが、ヌランドは彼女の同志だ。

 クリントンが長官に就任したのはバラク・オバマが大統領に就任した2009年1月のことだが、その年の6月にホンジュラスで実行されたクーデターでクリントンは黒幕的な役割を果たしたと言われている。約100名の兵士が大統領官邸を襲い、マヌエル・セラヤ大統領を拉致され、コスタ・リカへ連れ去られている。

 現地のアメリカ大使館は国務省に対し、クーデターは軍、最高裁、そして国会が仕組んだ陰謀であり、違法で憲法にも違反していると報告している。つまり、クーデター政権には正当性がないと明言した。このクーデター政権は翌2010年、最初の半年だけで約3000名を殺害したとも報告されている。そのクーデターの背後にクリントン長官がいたということだ。

 2011年にアメリカはサウジアラビアなどペルシャ湾岸産油国やイスラエルと新たな侵略戦争を始める。2月からはリビア、3月からはシリアだ。2011年10月にリビアのムアンマル・アル・カダフィ体制は崩壊、その時にカダフィが惨殺されている。その事実をCBSのインタビュー中に知らされたヒラリー・クリントンは「来た、見た、死んだ」と口にして喜んでいる。

 カダフィ体制が倒された直後、ベンガジでは裁判所の建物にアル・カイダの旗が掲げられ、その映像がYouTubeにアップロードされた。その事実をイギリスのデイリー・メイル紙でさえ、伝えている。リビアを侵略した軍隊は空がNATO軍、地上はアル・カイダ系のLIFGだった。

 リビアを破壊した後、侵略軍はリビア軍の倉庫から武器/兵器を持ち出してトルコへ運んでいる。勿論、戦闘員も同じように移動した。

 調査ジャーナリストのシーモア・ハーシュによると、輸送の拠点になったのはベンガジにあるCIAの施設。輸送にはマークを消したNATOの輸送機が使われたとも伝えられている。運び出された武器/兵器の中に化学兵器も含まれ、これをシリアで使い、政府軍に責任をなすりつけてNATO軍が直接、シリアへ軍事介入する口実にしようとしたと言われている。

 そうした武器や戦闘員の輸送をアメリカ国務省は黙認した。2009年1月から13年2月まで国務長官を務めたヒラリー・クリントンもこの工作を知っていたはず。しかも、クリントンの部下にあたるクリストファー・スティーブンス大使は2012年9月10日、CIAの武器輸送担当者と会談、その翌日には武器を輸送する海運会社の人間と会っている。勿論、武器はトルコ経由でシリアの侵略軍へ渡される手はずになっていた。

 その9月11日にベンガジのアメリカ領事館が襲撃されてスティーブンス大使が殺されている。議会が首相を指名する前日だ。その2カ月後にCIA長官を辞めたデイビッド・ペトレイアスはヒラリーと緊密な関係にあることで知られ、このルートからもシリアでの工作を知らされていたはずだ。

 クリントンは戦争犯罪人と言われても仕方のないようなことをしてきたわけだが、欧米の支配層はクリントンを支持してきた。ソロスも支援者のひとり。この支配層は軍事的に世界制覇を進めるだけでなく、巨大資本が国や国際機関を支配する仕組みを作り上げようとしている。それがTPP(環太平洋連携協定)、TTIP(環大西洋貿易投資協定)、そしてTiSA(新サービス貿易協定)の3点セットだ。

 世界的に見ると、その実態を多くの人が知るようになり、抵抗が強まっている。アメリカ大統領選では共和党の候補者であるドナルド・トランプや民主党の候補者選びに参加していたバーニー・サンダースもこうした協定に反対している。本ブログでは繰り返し書いてきたが、これらはファシズム化を目指すものだ。

 そうした中、クリントンは若干の手直しをするだけで協定を実現しようと目論んできたのだが、サンダース支持者の民主党幹部やクリントンに対する反発が強く、自分も反対だと言わざるをえなくなっている。

 しかし、クリントンは弁護士である。契約や法律に違反することなく約束を破る方法を考えることを商売にしている人物だ。先送りと言うことはありえるだろうが、ファシズム化という方針をアメリカの支配層が放棄するとは思えない。ソロスもクリントンに何らかの悪知恵を授けているのだろう。
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201608200000/


[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数により全部処理

6. 2018年1月21日 00:23:28 : zLjlEx1NeQ : IBexkyAl1TI[22]
>>4
https://www.jiji.com/jc/graphics?p=ve_int_america-kokubouyosan
【ワシントン時事】米政府は16日朝(日本時間同日夜)、トランプ政権として初となる2018会計年度(17年10月〜18年9月)予算教書の骨格を議会に提示した。国防費の基本予算を前年度比10%増の5740億ドル(約65兆円)とし、国境警備の予算も拡充。一方で海外向け援助や環境保護関連は大幅に削減し、トランプ大統領のスローガンに沿った「米国第一予算」を打ち出した。

https://mainichi.jp/articles/20171108/k00/00m/030/089000c
トランプ米大統領は6日、2018会計年度(17年10月〜18年9月)の国防予算について、北朝鮮の弾道ミサイルへの対処能力を向上させるため、40億ドル(約4550億円)の増額を検討するよう議会に求めた。


トランプは軍事費を大幅に増やした上で、なおかつ増額するように議会に求めているのに「反アメリカ軍産複合体」とは現実逃避もここまでくるものなのだな。
太平洋戦争で最後まで「神風が吹く」と言い続けたのもこういう人間だったんだろう。


7. 中川隆[-5876] koaQ7Jey 2018年1月21日 00:50:56 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
>>6
知恵遅れの妄想はもういいよ

トランプは景気対策で軍事費を増やしているだけで、実際に戦争をしている訳ではないからな。

そもそもアメリカ軍産複合体が支援していたイスラム国をトランプは潰したからな


トランプ氏は無能な大統領か?!2018年01月12日 長谷川 良

欧米メディアから配信されるトランプ米大統領と北朝鮮の独裁者、金正恩朝鮮労働党委員長の舌戦のやり取りを見ていると、「世界は大変だ。超大国の米国に稀に見るバカな大統領が選出され、日々、ツイッターで世界を威嚇し、北では核兵器をおもちゃのように扱う独裁者が君臨している」といった印象を受けたとしても仕方がないかもしれない。全てのニュースが根拠のないフェイクニュースとは言い切れないからだ。

▲親の代からの聖書の上に手を置き宣誓式に臨むトランプ新大統領(2017年1月20日、CNN放送の中継から)


トランプ氏はまもなく大統領就任1年目を迎える。この1年間でさまざまな出来事が生じ、メディア関係者には記事不足といった事態はなかった。トランプ氏は好きなゴルフ場に頻繁に通いながらも、夜にはツイッターで面白いコメントを発信するからだ。トランプ氏はワシントン政界に通じていないだけに、同氏の発言やその言動はワシントンのエスタブリッシュメントの規格外だ。そのため、メディア関係者はトランプ氏の失言や暴言を面白可笑しく報道できたわけだ。

トランプ氏は無能な大統領、なる資格すらない大統領、といった批判や中傷が野党勢力からだけではなく、身内のホワイトハウス関係者からも漏れてくる。欧米メディアが報じるように、トランプ氏は無能な米大統領なのか。米大統領に対してこのような問いはこれまで考えられなかったことだ。例えば、トランプ氏の最側近だったスティーブ・バノン大統領上級顧問はジャーナリストの暴露本「炎と怒り」の中でトランプ氏を「9歳児のような振る舞い」と酷評しているのだ。こんな話を聞くと、益々深刻とならざるを得ない。トランプ氏は小さな国の大統領ではないのだ。世界を軍事的、経済的に掌握している超大国の大統領だ。

オーストリア代表紙プレッセのコラムニスト、クリスチャン・オルトナー氏は「バカなトランプが蛮行を繰り返すイスラム過激テロ組織『イスラム国』(IS)にどのようにして勝利したのか」という見出しの興味深い記事を掲載していた。オルトナー記者はファクトチェックをすると意外なことが見え出すというのだ。

イスラム過激テロ組織「イスラム国」は昨年初めごろまでは飛ぶ鳥も落とす勢いで、占領した領土はヨルダンの国土に匹敵するほどだった。欧米から“聖戦兵士”をリクルートし、蛮行を繰り返してきた。世界はISの残虐性に恐れおののいていた。そのISは今、イラクの拠点を失い、至る所で敗走し、もはや消滅の危機に瀕しているのだ。

オルトナー記者は、「過去1年間で何が生じたのか」を検証する。そしてトランプ氏が米大統領に就任してから、ISは敗走し出したという事実に出くわす。米国嫌いの欧州ジャーナリストにとって、快い事実ではない。トランプ氏の出動ラッパを受け、米軍主導のイラク政府軍がISが支配していた拠点を次々と奪い返していった。米軍の支援がなくては考えられない軍事的成果だ。しかし、欧州の政治家やメディアには「トランプ氏は無能な大統領」というイメージがあるため、トランプ氏がIS打倒で功績があったという事実を理解できないでいる。

例えば、ISに支配されてきたイラク北部の最大都市モスルを解放したのは、米空軍の攻撃、それを受け、地上ではイラク政府軍のエリート部隊、そしてクルド系部隊の連携の結果だ。そしてイラク中部の要衝ファルージャを奪還し、ISが首都としていたシリアのラッカは昨年10月、解放された、といった具合だ。

オルトナー記者は、「米大統領に対する欧州人の意見は嫌悪感が先行し、正しいプロファイルを構築できないことが多い。今回が初めてではない。ロナルド・レーガン(第40代大統領、任期1981〜89年)の時もそうだった。『3流の映画俳優に何ができるか』といった思い上がった偏見があって、レーガン大統領の冷戦時の政治的功績を正しく評価できなかった」と説明する。レーガン氏は「最も評価の高い米大統領」といわれている。逆に、オバマ大統領が選出された時、欧州メディアは大歓迎し、高く評価したが、実際はオバマ氏は米国の歴史では「平均的な大統領」に過ぎなかった。

同記者はトランプ氏に対しても、「欧州は同じ過ちを犯そうとしている」と警告する。トランプ氏がエルサレムに米大使館を移転すると表明すると、欧州の政治家やメディアは一斉に「トランプ氏は中東の政情に無知だ」と辛辣に批判したが、それでは欧州は中東和平でどのような解決策を有しているのか。

オルトナー記者は、「欧州の政治家やメディアが主張していることと反対のことを考えれば間違いない」と皮肉ったイスラエル政府関係者のコメントを引用し、記事を閉じている。

トランプ氏は少なくとも無能な大統領ではない。たとえ、その言動が少々型破りで理解に苦しむことがあってもだ。就任1年目の実績からいうならば、大統領トランプ氏の実績は、就任早々ノーベル平和賞を受賞した前任者オバマ氏よりあると言わざるを得ない。
http://agora-web.jp/archives/2030504.html



[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数により全部処理

8. 2018年1月21日 09:19:24 : EyqlBE8bII : WdilkegkbLo[13]
最初にトランプの公約を調べもせず「トランプは軍産複合体と戦っている」などと
妄想してしまったのに自分の誤りを認められず、嘘を突き通すしか出来なくなったんだな。
なんとも滑稽なことだよ。

9. 中川隆[-5890] koaQ7Jey 2018年1月21日 09:41:43 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
>>8
知恵遅れの妄想はもういいよ


トランプの公約36:ISISの殲滅

トランプの公約37:ロシアとの協力(特にISIS関連)

トランプの公約38:ISIS活動地域でのインターネットシャットダウン

ISISは軍産複合体が軍事訓練して資金も出して反シリア政府と戦わせているんだ

ISISを殲滅するというのは軍産複合体を敵に廻すという事だ

だからトランプはアメリカで叩かれてるんだろ


[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数により全部処理

10. 中川隆[-5889] koaQ7Jey 2018年1月21日 09:44:35 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
誤記訂正:

誤:ISISは軍産複合体が軍事訓練して資金も出して反シリア政府と戦わせているんだ

正:ISISは軍産複合体が軍事訓練して資金も出してシリア政府と戦わせているんだ


米国務長官は自国軍をシリアから撤退させないと発言、不法占領を続ける意思を示した

​アメリカ軍はシリアに居座るとレックス・ティラーソン国務長官はスタンフォード大学でのスピーチで語った​。ダーイッシュ(IS、ISIS、ISILとも表記)が復活するのを防ぎ、中東全域で政治状況を変化させることが目的だという。ちなみに、ダーイッシュをほぼ壊滅させたのは、シリア政府の要請で2015年9月30日に軍事介入したロシア軍だ。

現在、シリアへ侵攻、占領しているアメリカ軍の数千名(正確な数は不明)と言われ、14カ所に基地を建設したと伝えられている。このうち12カ所は北部、2カ所は南部にある。中にはイギリス軍、フランス軍、あるいはクルド系の武装勢力も使用している基地も存在する。シリア政府軍やロシア軍の攻撃を受けていた地域からアメリカ軍、あるいはCIAが救出したアル・カイダ系武装勢力やダーイッシュの戦闘員の一部がそうした基地に運び込まれ、そこから出撃しているという情報もある。

シリアに対する侵略戦争が始まったのは2011年3月のことだが、その前の月にリビアでも戦闘が開始されている。​リビアにおける反政府軍の主力はLIFGだが、この組織はアル・カイダ系​。途中、NATO軍と連携していることも明白になった。

しかも、2011年10月にムアンマル・アル・カダフィが惨殺された後、反カダフィ勢力の拠点だった​ベンガジでは裁判所の建物にアル・カイダの旗​が掲げられ、その様子はYouTubeにアップロードされた。その事実を​デイリー・メイル紙​も伝えている。

2001年9月11日移行、「アル・カイダ」はテロリストの象徴になり、アメリカが軍事侵略する口実に使われていたが、元々は1970年代の終盤からアメリカが始めたアフガニスタンでの秘密作戦から生まれた代物。1997年5月から2001年6月までイギリスの外務大臣を務めた故ロビン・クックが2005年7月に指摘したように、​アル・カイダはCIAが訓練した「ムジャヒディン」のコンピュータ・ファイル​にすぎない。アル・カイダはアラビア語でベースを意味するが、「データベース」の訳語としても使われる。ちなみに、この指摘をした翌月、クックは保養先のスコットランドで心臓発作に襲われて死亡した。享年59歳だ。

ダーイッシュは2014年に売り出された武装集団だが、その2年前、2012年8月にそうした勢力の登場は警告されていた。リビアのカダフィ体制が倒された後、リビアからシリアへ戦闘員と武器/兵器がシリアへ運ばれていることが発覚、バラク・オバマ大統領は「穏健派」をなるタグを持ち出して誤魔化そうとした。自分たちが支援している反シリア政府軍は「穏健派」だから問題ないというわけだ。

しかし​、DIA(国防情報局)は2012年8月、反シリア政府軍の主力はサラフィ主義者、ムスリム同胞団、そしてアル・カイダ系武装集団だと指摘​、つまりバラク・オバマ政権が宣伝していた「穏健派」は存在しないとホワイトハウス向けの報告書に書いているのだ。しかも、東部シリア(ハサカやデリゾール)にサラフィ主義者の支配国が作られる可能性があるとも警告されていた。つまり、ダーイッシュの出現を見通していたのだ。本ブログでは何度も書いてきたが、この報告書が作成された当時のDIA局長がマイケル・フリン中将。ドナルド・トランプ政権の最初の国家安全保障補佐官だ。

現在、アメリカ軍やCIAはシリア政府軍と戦う新たな戦闘集団を編成しているようだが、その中にはダーイッシュの戦闘員や幹部も含まれている。シリアでの不法占領を継続する理由としてダーイッシュを持ち出すのは笑止千万な話だ。

アル・カイダ系武装勢力やダーイッシュがシリア政府軍やロシア軍に敗北した後、アメリカ政府は新たな手先としてクルドを使おうとしている。それに反発、すでにクルド系武装勢力に対する攻撃を始めているのがトルコだ。

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は2016年6月下旬、15年11月24日のトルコ軍機によるロシア軍機の撃墜を謝罪してロシアへ接近している。そして2016年7月15日にエルドアン政権の打倒を目的とした武装蜂起があったが、これは失敗する。武装蜂起の直前、ロシアからクーデター計画に関する情報がトルコ政府へ伝えられたとも言われている。

このクーデター計画の背後にはアメリカでCIAに保護されているフェトフッラー・ギュレンがいて、アメリカ中央軍のジョセフ・ボーテル司令官やジョン・キャンベルISAF司令官が関係しているとトルコ政府は主張している。

アメリカ軍やCIAはトルコ軍とクルド勢力との軍事衝突を防ぎたいかもしれないが、アメリカ軍とトルコ軍、NATOに加盟するふたつの国の軍隊が衝突する可能性もある。このまま軍事的な緊張が高まった場合、周囲を敵に囲まれた形になるクルド勢力とアメリカ軍はどのように戦うつもりなのだろうか?
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201801190000/


[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数により全部処理

11. 2018年1月21日 09:53:48 : EyqlBE8bII : WdilkegkbLo[14]
軍産複合体に莫大な金を落として軍拡しているトランプが「軍産複合体と戦っている」
という根拠がなぜか「(軍事力で)ISを壊滅させたから」という異次元の論理しか
唱えられないのは、自分でもトランプが軍産複合体のお味方だと分かっていてそんな
無茶でもなんでも固執するしかないんだろうね。
「軍事力でISを壊滅させた実績」を挙げた事で、今後トランプ政権が軍事力増強に更に
金を費やすのは目に見えているし、これも大統領選挙の公約通り。
軍産複合体には実にありがたい大統領だね。

12. 中川隆[-5888] koaQ7Jey 2018年1月21日 10:04:38 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
>>11
軍産複合体とアメリカ軍とは別だというのがわからないアホなんだな

軍産複合体というのは兵器とかで金儲けしてる資本家の事だ

トランプは不動産屋だから軍事産業とは関係ない

[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数により全部処理

13. 2018年1月21日 10:56:17 : pRkPEprewU : VoM0vftwjJ8[6]
>>12
不動産屋で関係が薄いならなおさら軍産複合体と争う理由はない。
そしてそれまで関係が薄かったからこそ大統領選挙では大規模な軍拡をアピールして、
軍産複合体の支持を獲得し、実際に軍事費を拡大している。
何の不思議も矛盾もない。
そんな当たり前のことを考えられないから、トランプが軍産複合体と戦っている
という的外れな妄想にいつまでもしがみついているわけだ。

14. 中川隆[-5887] koaQ7Jey 2018年1月21日 11:00:48 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
>>13
だったらトランプがロシアと友好関係を結ぼうとする訳がないだろ

軍産複合体はロシアと戦いたくてウクライナでクーデターを起こさせたんだ



[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数により全部処理

15. 2018年1月21日 11:10:54 : pRkPEprewU : VoM0vftwjJ8[7]
あと軍産複合体を資本家と言っている時点で言葉の意味をまるで理解していないのが明らかだな。
軍産複合体は軍と軍需産業、政府機関の連合体のこと(だからこそ「複合体」)。
これを「資本家のこと」で「アメリカ軍とは別」と言っている時点で、軍産複合体に対する初歩的な知識がないのが丸出し。
まともな知識がないから陰謀論と妄想しか出来ないのだろう。

16. 2018年1月21日 11:18:10 : pRkPEprewU : VoM0vftwjJ8[8]
>>14
それでトランプ政権とロシアの友好関係とやらはどれほど進展したんだね?
クリミア併合に伴うロシアへの制裁は解かれていないどころかトランプ政権下でロシアの制裁は更に進んでいる(昨年も米国では新しいロシア制裁法案が可決され制裁が強化された)。
アサド政権には化学兵器使用を理由にミサイル攻撃した(オバマはやらなかった)事で、シリア情勢を巡っても険悪化した。

一方で軍事費は初年度から1割増。
トランプにとってロシアとの関係改善と軍事費拡大、圧倒的に軍事費拡大の優先順位が上だな。


17. 中川隆[-5886] koaQ7Jey 2018年1月21日 11:19:09 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
政府機関にも派閥が沢山あって、トランプがすべて取引っている訳じゃないからな

それだけの事

[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数により全部処理

18. 2018年1月21日 11:55:04 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[64]
トランプとしてはアメリカファーストを掲げ、世界に対しアメリカの取引を優位に進めるためには軍事の増強が必要だ。
これは決して戦争をする為の軍備では無い、あくまでもアメリカファーストの取引を優位に進めるための物。
そして経済を回す為にはロシアとも仲良くなろう、其のほうが良いだろ。

所が、軍事力を行使して世界を握りたい軍産は完全にトランプの意見には乗れない。
経済は後回し、とにかくロシア、中国を倒せば後はアメリカナンバーワンの経済が牛耳れる。

そういう状況の中お互いが、利用し合い、都合の悪いところはけん制していると言うことか?


19. 2018年1月21日 12:06:47 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[65]
トランプは馬鹿ではないから、米軍がガチンコの戦争を挑んだら、人類が破滅する。
だからアメリカファーストを優位に進めるための軍備、ささいな必要なドンパチはok、そして目一杯脅すのもOK、そのための軍備だ。

所が基地害軍産は其れが理解できない、我々は強いんだ連中を叩き潰すくらい訳が無い、と思いつつ、チマチマ、テロ攻撃を中東、ロシアに仕掛けて、米軍を動かしたい。

そんな所か?


20. 2018年1月21日 12:16:00 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[66]
これは諸刃の剣だな、もし軍備が増強されてトランプが倒れたら、基地害軍産により地球は破滅する。

私はこのどちらにも乗れないな。
力によらない平和がいい。
良いじゃない、人類で分け合えば、
プーチンはそんな考えでないか?


21. 2018年1月21日 12:19:46 : pRkPEprewU : VoM0vftwjJ8[9]
>>19
軍産複合体だって目的は利権なのにそんなどこぞの悪の秘密結社みたいに考えて
いたら実態を見誤るぞ。
連中はもっと俗物だ。

22. 2018年1月21日 13:19:56 : 0CejVRban6 : urcdmA9xc1s[6710]
アメリカのトランプ政権が2年目を迎えた20日、全米各地では政権に対する大規模な抗議デモが行われました。
「大統領は訳もなくツイートをし、何の成果もあげず、女性も移民も大事にしない」
http://www.mbs.jp/news/national/20180121/00000018.shtml

何の成果もあげてないそうです。方向があっても絶対値はゼロ。


23. 中川隆[-5885] koaQ7Jey 2018年1月21日 13:54:51 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-8523]
軍産複合体がマスコミを使ってトランプ引き降ろしを図ってるからな

[12初期非表示理由]:管理人:混乱したコメント多数により全部処理
24. けろりん[3375] gq@C64LogvE 2018年1月21日 17:22:08 : uADQoSUQsE : 6EJ6kHTAjNY[84]

徴兵制の復活 相次ぐ「 安全のタダ乗り許されない 」
フランスは1カ月 安倍首相の憲法改正で徴兵制は?

【 フランス 】

スウェーデンに続いて、フランスも――。冷戦終結後、徴兵制が相次いで廃止された欧州で徴兵制を再び採用する国が目立ち始めている。2001年に廃止された徴兵制(ナショナル・サービス)を大統領選での公約通り、18歳から21歳の若者( 約60万人 )を対象に1カ月に限って復活させることにも言及した。1カ月だけ徴兵制を復活しても、あまり軍事的な意義はないが、・・・。

【 スウェーデン 】

中立政策を採る北欧の大国スウェーデンはロシアを刺激するのを怖れてNATOには加盟していない。冷戦終結後、NATOの活動に参加するようになり、2010年に徴兵制を中止した。しかし、クリミア併合でNATO加盟論議が再燃。今後5年間で国防費を17%増強する方針。2018年1月から徴兵制を再開、1999年に生まれた1万3,000人の中から4,000人の男女が徴兵義務に就く。今春には、有事に備える非常事態対応マニュアルを全470万世帯に配られる。


【 日本 】

念願だった、北朝鮮と中華をこの際に、徹底的に痛め付けられる。
米軍さんは、極東の戦争には後方支援で、
ニッポンジンのピチピチした若人に
最前線で頑張ってもらわなければ_ならない。

引きこもり、しているバアイじゃないんだ。パソコン・スマホを
銃に持ち替えて、死ぬ気でガンバル必要がある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


18歳〜21歳の奴隷兵隊の徴用。
選挙権を、わざわざ18歳に引き下げたのは、
この、『 奴隷兵隊の徴用 』のため。

18歳は選挙権もあり、
大人だから、引っ張れるんだな。
米軍のように、一ヶ月の高卒訓練兵を、いきなり中東へと派兵していく。
専門的な軍事兵器技術者は、後方での戦闘要員で、
新卒・新兵からいきなりの最前線へと投入されていく・・・。



<  戦争 >は勝ち負けでヤルんじゃないんだ。
戦争経済政策で、兵器がどれほど、消費され
兵隊がどれほど死んでくれたか・・・?

これが、近代戦争での『 戦争の目的 』だ。
ガンバロウ_ネトウヨ国民は。
「 安全のタダ乗りは許されない 」__らしいからな。


ガンバロウ。
とにかく、兵器バンバン使いまくって”死んでくれ”。
・・・ニッポンのために、そうしてくれ。

ワシからもお願いするわ。
ネトウヨ種族が整理されると、とにかくスッキリする。


異論ある?


25. 2018年1月21日 17:47:48 : SuMCoEZT1k : TdW61izsLEY[26]
>>24. けろりん
> <  戦争 >は勝ち負けでヤルんじゃないんだ。
戦争経済政策で、兵器がどれほど、消費され
兵隊がどれほど死んでくれたか・・・?
ワシからもお願いするわ。
ネトウヨ種族が整理されると、とにかくスッキリする。

>異論ある?

でも、実際の戦争では兵士の何十倍、何百倍の市民が殺されています。
馬鹿でただ粋がっているネトウヨ種族が徴兵により、死の恐怖を身近に感じて
普通の青年に成るならいいのではないか。
自動車免許講習でグロい事故の写真を見せて交通事故の恐ろしさを教えるように、
徴兵により、自分の死と戦争のグロさ、を教え込んでくれるなら賛成。

使い捨てで殺すつもりなら、楽しいよーー、ゲームの延長でリアルで人殺せるよー♪♪などと教えるのだろうな。


26. taked4700[6782] dGFrZWQ0NzAw 2018年1月21日 17:57:52 : Ox4rk81wgA : 5WVMM0qE9sA[13]
>>10

>このクーデター計画の背後にはアメリカでCIAに保護されているフェトフッラー・ギュレンがいて、アメリカ中央軍のジョセフ・ボーテル司令官やジョン・キャンベルISAF司令官が関係しているとトルコ政府は主張している。

これ、カバーですよ。ベトナム戦争でホーチミンが司令官として戦績を挙げ、その上で米国兵にアヘンを流すことをベトナム軍に提案したのと同じ。背後にあるのは、第2次世界大戦で戦功をあげた黒人兵を軍隊内に残したくない米軍の意向があった。

つまり、トルコでのクーデターを主導したのはアメリカ情報機関であるということをカバーするために、自らが保護しているギラン氏が犯人だとトルコ政府に言わせている。そうすれば、トルコ政府とアメリカ政府が敵対関係にあることになり、トルコ国内で何が起こっても、無関係と言い募ることが出来る。しかも、クーデターの犯人はギラン氏だとトルコ国内では宣伝できる。

常に先を読むアメリカ軍産複合体。それは確かに巧妙な作戦ですが、反面、巧妙であればあるだけ、現実が捻じ曲げられ、世界は矛盾に満ちていく。

これがアメリカ軍産複合体が抱えた原罪。


27. 2018年1月21日 18:15:30 : SuMCoEZT1k : TdW61izsLEY[27]
>>26
>・・・・・・・アメリカ中央軍のジョセフ・ボーテル司令官やジョン・キャンベルISAF司令官が関係しているとトルコ政府は主張している。

トルコ政府ははっきりと米国が関与していると言い切っているのではないのでしょうか。


28. 2018年1月21日 19:28:53 : G81FhICrU6 : bwD9KWw5a50[1]
中川に大体同意。
そんなかんじじゃねーのー。
田中宇とか桜ジャとかもそんなかんじだな。

29. けろりん[3377] gq@C64LogvE 2018年1月21日 22:52:23 : uADQoSUQsE : 6EJ6kHTAjNY[86]
>25.

ゲームからリアルへ。
ネットから現実へ。
・・・これが大事だろうね。

< 大艦巨砲主義 >
これをリアル現実でヤラせればいいんだ。
バ〜チャルより、溜飲が下がるんじゃないか?
かの、湯川遥菜ちゃんに見習ってだな___
現実世界で、ウヨウヨと暴れる場所を作ってやれば、いいんだ・・。


異論ないだろ?
文句は無いハズだ。
チャンやシナや反日をボロクソにヤレるんだから・・。
まずは、徴兵制__から、だな。
米軍のように、銃さえ持てればいいからな・・。



30. 2018年1月22日 00:55:46 : DuWp6G79SH : gIMPlHQf04w[229]
現在トランプ政権がどちらに向かっているか断定はできないが、事実としてTPP離脱、地球温暖化詐欺離脱、シリアへのパトリオットミサイル攻撃はロシアへ予告済み且つ廃止された兵器置き場への攻撃。
アメリカファーストとは、従前のアメリカ覇権第一から資源資本をアメリカ国内雇用、経済策に注ぐ。NATOや日本韓国は米軍が負担している自国防衛のためのカネを負担しろとうもの。CIA元上級職員のKevin Shipp氏の暴露情報に拠れば、議会を篭絡してきたディープステートはトランプの存在に危機を抱き始め、弾劾であろうが罷免であろうがペンスに政権交代させるべく工作中であるとか。マイケルフリン元DIA局長をロシアゲート疑惑によって葬ったのはディープステートでありオバマである。トランプ政権の評価はまだ早いだろう。

31. 2018年1月22日 01:06:17 : DuWp6G79SH : gIMPlHQf04w[230]
軍産複合体とは軍事産業と議会と行政。
軍は議会、大統領によりコントロールされる客体。

32. 2018年1月22日 07:26:44 : 5eZpS9HcSE : PIQtB6vzGqc[10]

22日は大安。大雪だそうです。日本のキムチISは「新幹線の雪中閉じ込め」と

か「架線切断」とか「大停電」とかやらかすんでないかしら。アメリカの分断、内

戦と関係ない? ホントに関係ない?



33. 2018年1月22日 13:41:59 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[68]
>>30
>NATOや日本韓国は米軍が負担している自国防衛のためのカネを負担しろとうもの。

落ちていく米国がそれを言うのは分る、
しかし米軍の支配力を残し金だけだせと言うのは、
当事者から反発が出るのではないか?

其れならば米軍の支配を減らせとか、返せという国が出てくるかも知れない。
中には、其れならば出て行って下さい、必要なときには連携しましょう。
という事に成るのではないか、日本は当てはまらないと思うが。

これからどういう流れが出てくるのか?
相変わらず裏から脅したり、策略を仕掛けてくるのか?


34. 2018年1月22日 20:38:10 : cBsa7VvteI : 1nyFbfQaI8c[3]
トランプはヒラリーやFBIがグルになって、日本の特捜や検察審査会が
小沢追い落としのために仕掛けた捏造スキャンダルと同様の、捏造ロシアンゲート
による大統領弾劾裁判(→トランプを引きずり下ろした後、ユダヤ・シオ二スト、
米国影の政府の操り人形マイク・ペンスを大統領の座に据える段取り、仏国シオ二スト企業に日本の水道資源維持管理利権を献上した、仏国ロスチャイルドの縁戚麻生が、その計画をトランプ大統領誕生直後にマイク・ペンス本人から言い渡されている)

その弾劾裁判を潜り抜けるために、シオ二ストNWO陣営の命令を受け入れながらも依然として、対立抵抗を続けていること、それは一連の動き、イスラエル
の首都エルサレム移転の発言などにも顕れているが、それに業を煮やしたシオ二ストNWO陣営が、大々的なトランプ大統領批判プロパガンダを米国のみならず日本でも展開しているというわけである。

米国戦争屋ネオコン軍産複合体の操り人形に過ぎない、という投稿主の批判も
やはりこのシオ二ストNWO陣営のトランプ糾弾キャンペーンの一環であろう。
北朝鮮が極東でのイスラエルという立ち位置である事実に目を向ければ、北朝鮮
のキムがトランプを挑発罵ることの裏が透けて見えるというものである。
北朝鮮はロシアや中国を囲い込むための東の三日月帯に位置しており、要はシオ二ストNWO陣営の大事な陣地である。

イスラエルと兄弟盃を酌み交わした、祖父同様CIA戦争屋の御用達工作員安倍
を、北朝鮮がミサイル発射で幾度と無く援護しているのは、裏でシオ二ストNWO
陣営を通じ繋がっているからに他ならない。
五輪の期間中、ミサイル発射や核実験を停止するという約束が果たして守られる
のかどうか、とにかくそうした一時的でも米国との衝突を控えることを約束した
のは、ロシアによる説得によるものである。

下記のリンク先でバチカンの法王が、これはスイスの世界一のトンネル(実際は
山の中に作られた核戦争シェルターや気象兵器操作などを行う地下秘密基地)完成
祝いと称し行われた「黙示録・獣の刻印・666ダンスショー」のミニチュア版、
女性の獣のいでたちは、シオ二ストNWOの奴隷支配の家畜を象徴している、つまり
ナチスのヒトラーや幹部らの国外脱出を幇助したバチカンは、スイスと共にシオ二ストNWO
の中心的存在だということである。

そして米国は、マイク・ペンスがシオ二ストNWO陣営の手駒、トランプ糾弾キャンペーン
に乗じるより、このマイク・ペンスの小児性愛スキャンダル追及、そして日本の
水道資源維持管理利権を仏国シオ二スト企業に献上した麻生との繋がりをこそ、追及すべきであろう。
フランシスコとマイク・ペンス、顔立ちも目のくぼみ方も、まるでマフィアのボス
そのものの雰囲気を湛えており、この二人似ているではないか。

https://lh4.googleusercontent.com/proxy/OyDBwq24pX2BJCrJfSV22trAeNwOIDs5NeaGfxdiNinN5Eo_Hm0ynb7ay0nDk0q_rAChOgwn-LKnqjl80Bsz_xFBNMdaZbK80pZnkR3GryGUwgW6EeMNPwjFjezdKWmYVg7Pyug=s0-d

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52021225.html

1月22
フランシスコ法王 セクシーダンスを観賞
バチカンが聖職者の衣装をまとった嫌らしい爺のたまり場かということが分かる記事です。
バチカンは何世紀も前にイルミナティに乗っ取られてしまい、地下室には彼らの神であるルシファー(悪魔)の像が祀られていると言われています。地下室では悪魔崇拝儀式も行われいるとも言われています。ここの司教たちの多くが小児性愛犯罪者でもあり、乱交を好んでいるようです。バチカンも王族もみな人身売買、小児性愛犯罪、殺人、生贄儀式、乳児や児童虐待、虐殺に関わっていると言われています。
バチカンではこのようなセクーダンスが好まれています。神に近づくために美しいダンスを観ているんですって。
カトリック教会(バチカン)とセクシーダンスは非常に深い関連があるということが分かります。

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52021219.html

1月22
米政府機関の閉鎖 10日間の暗闇
1月14日にハワイに向けてミサイル発射の誤報が流れたと報道されましたが、実際は、太平洋を潜航していた潜水艦からミサイルがハワイに向けて発射されました。しかしミサイルは迎撃され破壊されたためハワイは無事でした。潜水艦は破壊されたとの噂が流れています。
一方日本でも1月16日にJアラートがミサイル発射の誤報をしたとニュースで流れました。わずか2日間にハワイと日本でミサイル発射の誤報が?
以下の2番目のビデオ記事(Qの情報)によれば、これは偶然の一致ではないようです。日本にも実際にミサイルが発射されたそうですが、これももちろん迎撃されたのでしょう。どちらも北朝鮮のせいにしようとしていました。北朝鮮は第三次世界大戦を始めるためには都合のよい存在のようです。
CIAやディープステートの多くが北朝鮮に潜伏し様々な秘密作戦を行っているようです。
以前から私は北朝鮮に拉致された日本人は北朝鮮に利用されたのではなく、その背後にいるCIAやディープステートに利用されたのではないかと思います。その中にはスパイとして利用されたり、悪魔儀式に利用されたり、性奴隷になったり、殺害されたり。。。という事実があるのではないかと懸念しています。拉致された日本人が無事に全員帰国できれば一番良いのですが、背後にCIAがいると。。。

アメリカでは政府機関の一部閉鎖が始まっていますが、Qの情報では、政府機関が再開される1月30日まで水面下では激しい戦いが起きるそうです。(トランプ 対 CIA、ディープステート)
アメリカには2つの政府があります。一つは表の政府、もう一つは裏(影)の政府です。アメリカを実行支配してきたのは影の政府であり、彼らは独自の資金源と軍隊を持っているそうです。核爆弾やHAARPを使って日本に大地震を発生させているのは影の政府の軍隊でしょう。東日本大震災でも太平洋上に待機していた影の政府の海軍によって攻撃されたということなのでしょうか。

1月30日のクライマックスに何が起こるのでしょうか。主要メディアは報道しないのでしょうけど。。。

http://exopolitics.org/the-secret-navy-behind-the-ballistic-missile-attack-on-hawaii/
(一部のみ)
1月20日付け


誰がハワイに向けて弾道ミサイルを発射したのか。。。

中国でもイスラエルでもありません。CIA、ディープステートの仕業です。
1987年にハワイの故イノウエ上院議員が語った内容から:
アメリカには表の政府以外に影の政府が存在し、(米軍ではない)独自の空軍、海軍、資金集め機構を持っています。影の政府は国益と称する彼らの利益のためなら何でもできる立場にあります。また、彼らが資金をどのように集めどのように使おうとも自由であり法の適用を受けません。アメリカには独自に資金を調達、拠出している極秘機関が存在し、政府軍の指揮下にない独自の空軍、海軍を持っています。彼らは秘密の軍艦(ダークフリートと呼ばれている)や軍用機、戦闘機を所有しており、それらはディープステートが実行している秘密の宇宙プログラムに使われています。

Goode’s confidential Earth Allianceによれば、影の政府はNATOの防衛軍事演習やヨーロッパの諜報機関とも関連しています。そして影の政府を運営しているのがCIAです。
ダークフリートは彼らの目撃を達成するために開発されました。

http://beforeitsnews.com/alternative/2018/01/q-announces-tendarkdays-dont-be-afraid-of-the-dark-video-3589594.html
(概要)
1月21日付け

10日間の暗闇の日々:怖がらないでください。

Qは、米政府機関の一部閉鎖を予測していました。つまり、政府機関が再開するまでに様々なことが実行されることになると思います。2015年にトーリー・スミス氏がマイク・ペンス氏は小児性愛犯罪者だと語っていました。。その後、スミス氏は殺害されました。

You Are Free TV によると:

米政府機関の閉鎖により、最後の審判の日がくるとQは伝えています。来週は闇となるでしょう。しかし様々なことが起こります。・・・

(概要)
今日から、1月30日まで暗闇の日々(米政府機関の一部閉鎖)が続きます。トランプは米国民に「1月30日は最後の審判の日である」と伝えました。
皆さん、暗闇を怖がらないでください。ディープステートは、トランプ・チームを操るために、アメリカ合衆国を復興させ世界を開放しようとしているQチーム(Q アノン)の書き込みをトロールしています。やるべきことをやるためにはこの期間を暗闇にする必要があるのです。
Qの情報によると、暗闇の10日間に様々な事が起こります。来週(30日に向けて)はさらに大きな出来事が起こることになります。
ネット上に出現した複数のP(トロールの犯人?)が誰なのか分かりました。Pはオバマ政権下で使われていた個人サーバーと繋がっています。当時、誰もが個人サーバーを使っていました。
最初のPはヒラリーとポデスタであり彼らが司令塔となっています。2番目のPは副大統領のマイク・ペンスです。彼の使っていた個人サーバーは司法省に引き渡されました。インディアナのバノンとも繋がっています。
インディアナ、フロリダ、ミネソタ、ミシガンでは児童人身売買と小児性愛犯罪の巨大スキャンダルが浮上するでしょう。
ひょっとしたら、30日に副大統領は辞任するかもしれません。そしてトランプ大統領就任2年目に新しい副大統領が任命されるかもしれません。そうなることを祈っています。マイク・ペンスのスキャンダルの証拠がそろいすぎていますからこのままホワイトハウスに居残るのは難しいでしょう。

さらに、パム・ボンディさんがツイッター上で流した情報によると、
多くのツイッター・アカウントが削除されました。なぜなら、ツイッターを利用していた多くの人たちが起訴・拘留されたからです。

ネット上に投稿されたメモによると、セス・リッチ氏の殺害事件の真相についても明らかになるでしょう。殺害されたリッチ氏の身の潔白が晴らされるべきです。また、リッチ氏だけでなく、ブッシュ政権〜オバマ政権下では、多くの人々が殺害されています。

アメリカを敵視している独裁国家の北朝鮮に関して、アメリカ人のエリック・シュミット氏(Googleの元CEO。現在は持株会社であるアルファベット社会長)はどのようにして北朝鮮に入国できたのでしょうか。独裁国家の北朝鮮に入国できる人は限られています。
しかし、実は、北朝鮮は世界から孤立した独裁国家ではなく、ディープステートやCIAによって管理・運営されている国なのです。北朝鮮国内では数多くの秘密作戦が実施されています。ですから、エリック・シュミット氏が北朝鮮に行ったということは、ディープ・ステートやCIAと悪巧みをしようとしているのでしょう。彼は、現在、ロボット軍隊(すでに存在している)用のAIについて集中的に取り組んでいます。

先日、ハワイと日本に向けて潜水艦から核ミサイルが発射されました(ミサイルは迎撃、破壊されたましたが)。
日本の福島原発事故により世界中が汚染されました。あれは事故ではなかったのです。グローバリストは世界中を汚染したいのです。

過去の偽旗はその後に起こることによって立証されます。9.11偽旗テロ事件やISISに対する資金援助も全て明らかになっています。多くの真実が明かされることで世界は和解できるのです。

私は毎日酷い肩痛に苦しんでいますが、昨日からC60(バックミンスターフラーレン)を飲んでいます。そのためか、今朝、目覚め時には肩痛がほとんどなく、気分も爽快でした。元気が出ましたし活動的で集中力もあります。
C60は、宇宙の生命の誕生に関わっていると思います。これは黄金時代(ギリシャ神話)に使われた物質です。
私がビデオを投稿すると必ず攻撃されます。

以下省略

エスタブリッシュメント側によるオルターナティブ・メディアの妨害、遮断工作が続いています。オルターナティブメディアは成長・拡大を続けており主要メディアを追い出し行き詰まらせる勢いです。
EUがソーシャルメディアサイトの検閲を要請したことで、Reddit、フェースブック、その他の有名サイトが Fusion Laced Illusions や他のオルターナティブ・メディアをブロックしています。
オルターナティブ・メディアは、言論の自由を巡る戦争が進行中であることを認識しています。


2018年01月22日13:47


35. 2018年1月23日 04:06:41 : IXP8eKUhLM : Y_t1FrpbgD0[37]
https://www.youtube.com/watch?v=sSjrXK4NmQI

MIKE PENCE - LUCIFERIAN TRAITOR? #Q #QANON

Published on Dec 30, 2017

CIA/FBI/THE US AIR FORCE BABY SALES SEX TRAFFICKING

Mike Pence has raped hundreds of children

ritually murdered a child.

If Donald Trump is assassinated

If President Trump is assassinated

Mike Pence becomes the president.


米国政府が閉鎖されたのは、予算の問題であるというのはどうも表向きの理由
のようで、オバマとヒラリーとFBI内部のエージェントによる、反トランプ
キャンペーン、それも不正選挙やロシアゲート、更には小児性愛スキャンダルや
子供の人身売買組織の背後関係など、オバマやヒラリーやFBIが関係している
おぞましい犯罪の証拠としての「メモ」をトランプ大統領が公開したことが原因
のようで、政界もマスコミも完全にパニック状態にあるというのが現状のようです。

やはりトランプ糾弾キャンペーンは、米国悪魔教信奉ディープ・ステートが組織
的大々的に行っている、トランプ追い落としキャンペーンである事がはっきり
しました。

仏国ロスチャイルドの縁戚・麻生に、トランプ大統領追い落としスケジュールを
伝達した副大統領、マイク・ペンスはブッシュ陣営のスパイ工作員であり、この
マイク・ペンス自身が小児性愛売春シンジケートの犯罪を権力を使い、隠蔽して
きた過去を有し、更にはこのマイク・ペンスが多くの小児性愛強姦犯罪を実行し
てきていること、そしてそうした子供を殺害もしている、その証拠がトランプ
大統領陣営により調査押収されたという情報も公開されている始末。

外遊している間に、こうした一連の犯罪を立証する証拠押収が自分の事務所で
よもや行わているとは、トランプ追い落とし弾劾or暗殺工作の後、大統領として
ディープ・ステートの操り人形の座におさまる段取りのマイク・ペンス
は考えてはいなかったのではないでしょうか。

この副大統領の「副」を現わす「vice」、「悪」を現わす場合にも使用される
ようで、ケネディ大統領暗殺の実行組織に加担しながら、その暗殺の究明と称し
FBIの長官と共に真実隠蔽工作を働いたジョンソン副大統領との関係の再現を、
行うべくディープ・ステートが現在狂ったように米国で日本でトランプ糾弾キャン
ペーンを展開していることになります。


36. 2018年1月24日 08:24:30 : NOfhLCt896 : LKA17awjbyk[8]
そもそも「戦争しとけばバカスカ儲かる」時代が終わったから
「おいジャップ金出せや」とユスリタカリするようになったのだし

トランプなんかもっと進めて
「なんで俺たちが戦わなきゃならねーんだ」
とまで言ってるんだから
死の商人としては旨みないじゃない


37. 2018年1月24日 09:50:28 : NHD9m4NL8Y : CRESSaYTo3Y[1]
あーペドフェリアのおぞましい話はガチっぽいな。
日本のメディアが連日トランプ叩きしてるのも不自然だしなあ。

ホワイトハウス公式サイトで年始1発目に
トランプ政権は世界的な人間売買の撲滅の年になる。
1月を「国家的な奴隷・人身取引防止の月」とすることを公表してる。

プレスリリースは追記でこう記している。
トランプ氏は子供奴隷という悪を根絶するための委員会を再開すると約束。
「この人身売買は最も古く、最も野蛮な搾取の形の現代版である」

「それは我々の世界にあってはならないものだ。
この月(1月)、我々はこの戦慄的な現実を、単に反省するだけでなく、
全力で、世界中の罪のない犠牲者たちを苦しめている子供売買を、
心胆を寒からしめる習慣を、終わらせることを約束する。」

現在のところ地球上には2500万人の
成人と子供のセックス、労働奴隷が存在し、
そこにエリート階級がこれを利用して人間を奴隷化している等々。

つまりアメリカで反トランプキャンペーン張ってる人達、
それも上のエリートはかなりペドに関わってると自ら明かしてる訳だ。

トランプ氏は就任前からペドファイルは死刑にするって発言してたからね。
目障りこの上えないだろうな。
そういや法王もトランプ嫌いだったね。

エリートペドファイル集団から子供を開放すると明言してるトランプ。
日本のメディアはこういった発言を認識してるはずなのに、
暴言、失言集めとか電通のなせる業だよなあ。


38. 2018年1月25日 15:38:12 : qNApj6abVo : pmR1FMr_lBA[2094]
トランプになって、アメリカは戦線拡大したか?

してない。

答えはこれだ。簡単だろう、事実をしっかり見て討論するのだな。

戦争家・クリントンを否定して出てきた大統領だ、と忘れてはいけません。


39. 2018年1月26日 01:46:11 : FFx5Pca1eM : vVbJeI6TLIE[71]
>>2

白根山と北朝鮮の「白頭山」が呼応しており、先日ハワイで行われた潜水艦から発射したミサイル
を北朝鮮からのものだと濡れ衣工作自演テロと同様に、北朝鮮に対して軍事作戦を展開する為の
やはり濡れ衣工作自演テロの準備、或いは実践訓練が行われていたという見方も十分に成り立つ
ようです。
米国国家予算の通過が果たせず審議は先送り、次の期限が冬季五輪が開催される2月9日の前日
ということから、五輪開催前に、北朝鮮がミサイルを発射したという濡れ衣工作自演テロを契機
として、軍事攻撃を仕掛けようと画策している可能性は十分に考えられます。

2018年1月25日3:20 PM

北朝鮮からの偽装ミシャイルに関連して、
先日の草津白根山噴火がらみの妄想を3つほど。

噴火の現場に自衛隊がいたということで、ますますあらぬ疑惑が膨れ上がっていますが、

@
「訓練」中に「被害」にあったというのが第12旅団ということで、この旅団が管轄する群馬・栃木・新潟・長野エリアのどこかに、北のミシャイルが予定飛来するだろうという妄想が、まず沸いてしまいました。

そのため今回の「訓練」も、山岳地帯の多いこの4県エリアにおけるミシャイル着弾対処訓練と考えれば、草津白根山あたりの山岳は格好の訓練場所になりそうです。

A
噴火自体がほぼ一回で終息し、その後に続く目立った噴火の様相がないことから、これはやはり噴火を偽装した人工的な爆破実験(およびそれに対処するための訓練)だった可能性が強いと妄想することができます。
ガイガーカウンター等での環境測定が必要かもしれません。

B
なぜ厳冬期の山岳訓練だったかというと、近いうち(この冬)に予定されている北朝鮮有事をにらんで、山岳地帯と積雪が想定される「白頭山」あたりへの自衛隊派兵を考えての、山岳雪中シミュレーション行軍訓練だったのではないかと妄想することもできます。


40. 2018年1月26日 03:26:53 : zLjlEx1NeQ : IBexkyAl1TI[25]
>>38
トランプ政権ではオバマ政権が進めていたキューバやイランとの関係改善も
おじゃんになり、南シナ海では中国を刺激する活動を繰り返しているし、
シリアではアサド政権軍をミサイル攻撃し、何よりクリントンが進めていた
軍事費削減をトランプは大統領選挙で非難し、自分の政権では軍拡した。
どっちがより「戦争屋」なのかと言えば明らかにトランプだな。

41. 2018年1月26日 05:39:53 : xoZRRVcLe6 : fJllcFY9JLk[1]
現在において行われていないと言う事は、将来において行われないと言う事の保証にも証明にもならない。

42. 2018年1月26日 08:38:18 : O4VFWbaAo2 : 55jJ_vebuVw[1]
日本のメディアなんかアメリカ人の0.01%も見てないから。
見てても99%は日本語理解なんかしないから。
あまり恥ずかしい事言うのやめてくれ。
大統領選の時もそうだったが
日本の言説が大統領選に影響を与えるみたいに思ってる
ネトウヨ陰謀論者が居て
今でも居るということが確認できて
日本がアメリカに影響するみたいな妄想を語ってるのを見るたびに
恥ずかしくて脱糞しそうになるわ。
んなわけねーだろヴォケが。

43. 2018年1月28日 14:41:44 : qkcqIoYWMk : E_7X2H4LPho[32]
トランプのDNAは南スラブ民族の特徴を持つ。
所謂ラストベルトの白人労働者はその系列とか東欧系の北スラブ系であり
金融を生業とするグローパリズムの白っぽい系とは異なる。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b21掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b21掲示板  
次へ