★阿修羅♪ > 戦争b21 > 894.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
シリア軍と同盟軍、ハマ北西部,イドリブ北西での大作戦準備 (Russia News Now ) ・英文注意
http://www.asyura2.com/17/warb21/msg/894.html
投稿者 絶(PC) 日時 2018 年 5 月 06 日 19:16:56: UZDGrfgAJeWkw kOKBaVBDgWo
 

Russia News Now


Syrian Military Is Massing Troops In Northwestern Hama Ahead Of Upcoming Advance In al-Ghab Plains


https://www.therussophile.org/syrian-military-is-massing-troops-in-northwestern-hama-ahead-of-upcoming-advance-in-al-ghab-plains.html/


This post was originally published on this site
southfront.org


Donate


Syrian soldiers in Tel Rifaat city, Illustrative image


On May 5, local sources said that the Syrian Arab Army (SAA) deployed several well-equipped offensive units at a base in the village of Jurin in the northwestern Hama countryside. According to Syrian opposition activists, the SAA and its allies are preparing to launch a large scale military operation to capture the al-Ghab plains in the northern western Hama countryside and Jisr al-Shughur city in the northwestern Idlib countryside.


Over the last week, warplanes of the Russian Aerospace Force and the Syrian Arab Air Force (SyAAF) have conducted several airstrikes on positions of the militants in the al-Ghab plains and the town of Jisr al-Shughur.


On March 1, Russia warned local opposition leaders and Free Syrian Army (FSA) commanders in the town of Qalaat al-Madiq and the areas around it in northwestern Hama that they will face a military operation if they didn’t hand over all of their positions to the SAA(https://southfront.org/russia-syrian-army-threaten-militants-in-northwestern-hama-with-military-operation/). Back then, the FSA reject Russia’s demands.


During the last three years, the al-Ghab plains and Jisr al-Shughur have been the heartland for radical groups like Hay’at Tahrir al-Sham (HTS) and the Turkistan Islamic Party (TIP). Moreover, militants have used these areas as a foothold for attacks against the Russian Hmeimim airbase with Grad rockets and armed drones on several occasions.


Local observers believe that the SAA and its allies will be able to launch a large-scale operation in the area once the reconciliation agreement in northern Homs is fulfilled.(https://southfront.org/rastan-pocket-deal-militants-hand-over-more-weapons-hts-members-to-withdraw-sooner-than-expected/)


Donate


from https://southfront.org/syrian-military-is-massing-troops-in-northwestern-hama-ahead-of-upcoming-advance/






 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年5月06日 20:51:10 : E31kzT5n96 : mUKnOBu5Ss0[8]
(自動翻訳)
5月5日、現地筋によると、シリアのアラブ軍(SAA)は、浜辺の北西部村のジュリン村にある設備の整った複数の攻撃ユニットを配備したという。 シリアの野党活動家によると、SAAとその同盟国は、北西部の浜川郊外のアル=ガフ平野と、Idlib北西部の城西のJisr al-Shughur市を捕獲する大規模な軍事作戦を開始する準備を進めている。

先週、ロシア航空宇宙軍とシリアのアラブ空軍(SyAAF)の戦闘機は、アル=ガフ平原とジスル・アル・シュフールの町の武装勢力の位置について数回の空爆を実施した。

3月1日、ロシアは、カラアット・アル・マディク(Qalaat al-Madiq)町の地方野党指導部とフリーシリア軍(Free Syrian Army、FSA)の司令官、および浜辺北西部の周辺地域に、軍隊のすべてを渡さなければ軍事作戦に直面すると警告したSAAへのポジション 。 当時、FSAはロシアの要求を拒否していた。

ここ3年間で、アル=ガホン平原とジスル・アル・シュフールは、ヘイアット・タフリール・アル・シャム(HTS)やトルキスタンイスラム党(TIP)のような過激派グループの中心地となっています。 さらに、武装勢力は、これらの地域を、グラッドロケットと武装した無人機を備えたロシアのハメイム基地に対する攻撃の足場としていくつかの機会に使用してきた。

地元の観察官は、 ホムス北部の和解合意が成立すれば、SAAとその同盟国はこの地域で大規模な活動を開始できると考えている。


▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b21掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b21掲示板  
次へ