★阿修羅♪ > カルト20 > 233.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ディープステートの前身 西本願寺とアステカ帝国の人身御供
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/233.html
投稿者 れめく 日時 2019 年 1 月 16 日 14:25:49: 2a13jxQagsSNg guqC34Kt
 

「2月には多くの子供を殺した。山の頂やいろいろな場所で子どもをいけにえにした。雨の神々に対し、水や雨をもたらしてくれるようにと願って心臓を取り出したのである。殺しに連れて行くため、生贄となる子どもたちに立派な衣装を着せて彼らを花や羽で飾った輿に乗せた。人々は子どもたちの前で笛を吹き、歌い、踊りながら遊んだ。子どもを連れて行くとき、子どもが泣いて大きな涙をこぼすと雨が多い年になる前兆だとして人々は喜んだ。」アステカ文明の謎より

アステカ帝国で優れた青少年、女、子供を惨殺した人身御供の神官の名はまったく伝わっていない。しかし、人身御供を開催していた見付神社の関係で考えると、アステカの人身御供の神官は、静岡県を〆ていた今川氏が勤めていたと考えるのが自然だ。今川氏歴代の当主の肖像画がひとつもないのも考えさせられる。アステカの殺人神官の正体は今川氏だった。

静岡西部(見付神社の辺り)の子どもには「首ちょんぱ」という遊びがある。「首ちょ〜んぱ」と言ってたんぽぽなどの花を落とすのだ。それだけのことだが。

アステカの人身御供の犠牲者はピラミッドの頂上で殺されたが、日本の人身御供の犠牲者は小高い山の上に築かれた神社で殺された。アステカのピラミッドと日本の山頂に築かれた神社は同じ理由で築かれ、同じ人々が使用した。
大谷は、長い階段がある寺社を人身御供の神殿に見立てていたのだ。そういうわけで、長い階段がある神社は、大谷が子どもを食べる目的で惨殺した現場であると考えてよい。小高い山の上の神社が心霊スポットと呼ばれるのも道理。

今川の名の由来は何だろうとずっと考えていたが、やっとわかった。アマカオだ。アマカオとはマカオ(澳門)の古名である。アマカオ=アマガオ=今川となる。ということで、今川氏の正体は南宋の王族だったことがわかった。南宋の王族はモンゴル軍に追い詰められ「崖山の戦い」で皆殺しにされたのだ。崖山はマカオにある。今川氏は、マカオから命からがら逃げてきたのでマカオの古名アマカオを由来に「今川」を称したわけだ。

大谷は、ガリアのドルイド教時代からシルクロードを駆け巡り、東西を自在に往来していた。そして、大宛を拠点にウイグル汗国を築いた。大谷は仏教を侵略の道具として使い、インド(アショーカ王)や中国(中国仏教)に進撃した。その結果が南宋の建設だった。
南宋の王族はウイグルから来たのだ。南宋時代、ウイグル人は中国を掌握したわけだが、一方ではコラズム帝国を築き、コラサン地方〜イラン、イラクをも掌握していた。
しかし、モンゴル軍の進撃によって南宋が滅亡したように、コラズム帝国もモンゴル軍によって滅亡した。そのとき、コラズムの王族は対岸のマスカットに逃げ、そこから日本へ逃げてきた。そして同じウイグル人を祖とする今川氏と合体した。更に、コラズム帝国王族と今川氏は共同で新天地を求めてメキシコに行き、メシコ族となった。メシコの由来はマスカットである。

マスカット=メシコ(メキシコ)=見付、益城。

今川義元などは、信長にやられたと見せかけて潜伏し、見付神社の殺人神官を務めていた。正体を知られないように猿の扮装をし、気に入った娘がいると白羽の矢を射り、生贄として惨殺し、食べたり、美しい娘には子を生ませた。人を殺してばかりいる大谷は顔が悪い。そのため、美人の遺伝子を取り入れ、悪い人相を改善することを行う。しかし、時が経つと世耕のように美人の遺伝子の効力は薄れ、顔が悪くなっていく。

今川氏は、准如(西本願寺)の祖でもある。そして、近代西本願寺の系統(広如、大谷光尊、大谷光瑞、大谷光照、大谷光真)がディープステートを生んだ。ディープステートの連中は子供を拉致し、陵辱し、拷問し、殺し、食べるという。これはアステカ帝国で行われていたことが継承されていると考えたい。ディープステートが子どもにどういうことをやっているか、アステカ帝国を例に見てみよう。

「2月には多くの子供を殺した。山の頂やいろいろな場所で子どもをいけにえにした。雨の神々に対し、水や雨をもたらしてくれるようにと願って心臓を取り出したのである。殺しに連れて行くため、生贄となる子どもたちに立派な衣装を着せて彼らを花や羽で飾った輿に乗せた。人々は子どもたちの前で笛を吹き、歌い、踊りながら遊んだ。子どもを連れて行くとき、子どもが泣いて大きな涙をこぼすと雨が多い年になる前兆だとして人々は喜んだ。」アステカ文明の謎より

殺される直前の子どもが泣くと喜んだ。狂ってる。こいつらの子孫が大谷(西本願寺)だし、ディープステートでもある。どうりで宇宙人が益城に地震を起こしたわけだ。

人身御供はタナトスが発明したものだ。人身御供により、タナトスは自分たちの悪意を隠し、殺人を正当化することができた。「生贄は我々ではなく、神が所望している。だから仕方がない」ということだ。アステカの人身御供は特に子供を殺して食べることが目的だったといえる。
タナトスは自分たちより弱い人間には平気で残虐な正体を見せる。反撃される恐れがないからだ。日本には武士や海賊などの強い人々が多くいたので隠れていたが、アステカには戦うことを知らない人々が多くいたため、今川氏は嬉々として正体を見せた。大谷が世界中の人間を弱体化したいのは隠れないで子どもを惨殺して食べたいからだ。隠れて悪いことをするのは多大な労力がかかるからな。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト20掲示板 次へ  前へ

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト20掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
カルト20掲示板  
次へ