★阿修羅♪ > カルト20 > 715.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ノートルダム寺院の大火災は、やらせ(捏造)であり、マクロンが自分の人気の回復と…統制国家への道を進む、権力犯罪/副島隆彦
http://www.asyura2.com/18/cult20/msg/715.html
投稿者 仁王像 日時 2019 年 4 月 21 日 06:43:10: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

[2397]ノートルダム寺院の大火災は、やらせ(捏造)であり、「ショック・ドクトリン」である。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2019-04-20 21:54:47
http://snsi.jp/bbs/page/1/

 (一部のみ抜粋)

4月15日のノートルダム寺院(大聖堂、カテドラル)の大火災は、どうも計画的なやらせで、捏造(ねつぞう hoax )だったようだ。世界中に、今、「こんなのは、でっち上げだ」の声が湧き起こっている。

 私が、このノートルダム寺院の大火事を知ったのは、4月16日の朝の5時だった。イギリスのBBCのテレビ放送で知った。大火災が起きたのは、現地パリ時間で、4月15日の午後6時か7時である。現地は夕方だ。火災を見守る人々の映像からは、パリはまだ明るいようだった。 日本時間では16日の午前2時だった。 

 だから、私がテレビで最初の映像を見たのは、火災発生から3時間後ぐらいのときだ。 テレビ映像を見ながら、私は、何か奇妙な感じがした。

 フランス大統領のマクロンが、自分の人気の回復と、「フランス国民の団結」、「共和国防衛」を、掲げて、こういう 保守的な統合、国民への危機感の醸成(じょうせい)での、統制国家(とうせいこっか)への道を進む、権力犯罪(けんりょくはんざい power crime)をでっち上げたのだ。

権力者たちは、 自分たちがやった、という直接のあからさまな証拠さえ出なければ、ウソを付き続ける。居直って、これは、失火だと言い続けるだろう。だが、そう、うまくは行かないだろう。今度の、大火災は、あまりに、やり方が、幼稚だ。 原因も不明のまま、うやむやにするだろう。だが、これから、いろいろと、噂が立ち、ボロボロと妙な事実が出てきて、騒ぎになるだろう。フランス国民は低脳ではない。

 全く、よくやるものだな。フランス国も、イギリス同様、かなりのジリ貧で、どんどん落ちてゆく国力に対して、なんとか歯止めを掛けようと必死なのだ。

 火災から5日経(た)った、20日の今でも、誰も捕まっていない。工事現場の責任者を、業務上過失の容疑で、パリの警察が、取り調べることさえしていない。 誰も、何の追及もない。 何なのだ、一体、この様(さま)は? 仮設の工事用のエレベーターから出た火花が原因だろう、と バカことを言うな。 工事関係者たち自身が、火の気はなかった。自分たちが、その日の工事終わって、現場を離れたあとに、火災が起きた、と証言している。 

 (中略)

副島隆彦です。マクロンは、ただちに、「5年間で、ノートルダム大聖堂を、より立派に再建する」と演説した。きっとするだろう。 なぜなら、計画的なのだから。

 この大火災が起きる前は、5千万ユーロ(70億円)しか、修復のための寄付金が集まっていないと、放送していた。 私が、F2(フランス・ドゥ。フランス国営放送局)のテレビを、2週間ぐらい前に見たときに、尖塔(せんとう)の周りの12使徒(アポストルズ)のブロンズ製の像を、慎重に取り外すニューズを流しながら、言っていた。

 今や、寄付金は、急に、どこからともなく、10億ユーロ(1300億円)集まって、主に大企業からだろうが、この金額は、すぐに、20億ユーロ(2600億円)になるだろう。これで十分に再建できる。 もっと立派に作り直される。さっさと、どんどん、てきぱきと。

 大修復工事というのは、壊すだけでも大変なのだ。文化財の塊(かたまり)だから、丁寧に、丁寧に、壁の装飾とかを剥(は)がしていたら、それだけで、一体、何年かかるか、分からない。 だったら、「えーい、面倒だ。まとめて、燃やしてしまえ」だ。その方が、あとの再建築工事が、ずっと、やり易(やり)い。だったら、燃やしてしまえ、だ。

 一番、重要な宝物(ほうもつ)は、ほとんど、先に 移動させていたようだ。 かつ、貴重なパイプオルガンとかも、ほとんど無事に残っている。 何なのだ? このやり方は。

 権力者、支配者 というのは、本当に、こういうことをする。 何も知らない、気づかない、一般国民を、恐怖に陥れて、悲嘆に暮れさせて、そして、それを利用して、権力者の思い通りにさせる。 マクロンというのは、本当にワルい男だ。 アメリカの手先なのだ。

 だから、私、副島隆彦は、英語で、コンスピラシー のことを、「権力者による共同謀議(きょうどうぼうぎ、共謀、きょうぼう)」と訳せ、とずっと、主張している。 コンスピラシー conspiracy 「権力者たちによる共同の謀議」は、本当にあるのだ。こいつらは、本当に、こういう 大惨事(だいさんじ)を 計画的に、実行する。そして、国民を脅(おびや)かし、恐怖に叩き込み、青ざめさせて、自分たち権力者の言うことを聞かせる。

 これを、「ショック・ドクトリン」“ Shock Doctrine ” と言う。「恐怖で支配する」という原理(ドクトリン)だ。この考えは、カナダの優れた女性ジャーナリストの ナオミ・クライン が、2007年に出版した本の書名である。 

 (中略)

私は、この男が、去年の サッカーのワールド・カップの決勝戦で、フランスが勝ったときに、スタジアムの最高階の貴賓席から、立ち上がって、前面のテーブルの上に立ち上がって、片腕を天に突き上げているポースを見て、興ざめした。バカだ、こいつだ。ガキだ。じっと我慢する、ということを知らない。じっと我慢する、耐えに耐える、ということが、国民の苦しみを一身に背負った、政治家にとって一番、重要な資質だ、ということを分かっていない。長くは保(も)たないだろう。 ドイツの女帝、堅忍(けんにん)自重(じちょう)の人、メルケルとは大違いだ。

 今日は、書かないが、本物のフランス人の 愛国者、保守の民族主義者 たちは、ド・ゴーリスト 
de Gaullist という人たちである。ゴーリスト( Gaulle 1, Gaulliste ガリア主義者 )とも言う。本物の反(はん)アメリカ主義者だ。アメリカ何するものぞ、のフランス人の誇り高さを持っている。思想家のミシェル・フーコーが、いろいろと真実を書いていた。彼ら、ドゴーリストたちは、選挙の時に、必ず、追い詰められて、敗北させられる。1970年代から、西欧諸国も、アメリカの属国にされたからだ。それが、フランス現代史だ。

 (以下、略)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年4月21日 07:30:05 : XH4jjnMktE : NC51eEZ0aXc0RFU=[2] 報告
しかし、騙されない人より騙される人の方が圧倒的に多い。得にラジオやテレビ付けになっている人は。勿論、ネットだって例外では無いし、自分だって昔騙されていたから。

フランスはナポレオン詐欺や、ドゴール詐欺を今度こそ打破して欲しいものではあるが・・・。

2. 2019年4月21日 08:37:09 : fCZ83cf8p2 : YzI0bTRWZmk2Mms=[150] 報告
パリは燃えてるかね byジジイ 
 
 心がひとつに&寄付金バンバン、順調です // ケガにマキロン
3. 2019年4月21日 11:31:45 : F3XhRPLVtz : TTRCOWNjMDIzZDI=[1] 報告


19/4/7 ソルカ・ファール情報:謎めいた「黒い入り江から現れし化け物」による宇宙病で、世界中の科学者たちがどうしようもないほどの恐怖に縮み上がる
2019/04/20 6:00 PM EC(編集長おすすめ), Yutika, ソルカ・ファール / *陰謀, オリジナル記事, 世界全体, 宇宙, 社会, 陰謀

Facebook Google+ 印刷

 正直に申しますと私、宇宙飛行士の若田光一氏が最初にメディアに登場した頃から、あの満面の笑みが、どうにもこうにも苦手でした。なんでかな〜と疑問に思っていたのを多少解消してくれる記事が出て来たので、御紹介します。
 日本語版ウィキペディアによると、昨年4月からは宇宙航空研究開発機構(JAXA)の理事なのですね。しかも奥さんが名門ザクセン=アルテンブルク家の公女だそうで。

 ちなみに死に至るカンジダ・アウリス菌は、最初の発症例である日本人高齢女性の耳から発見されたので、「耳」を意味するラテン語の「アウリス」と名付けられました。2009年以降突如として世界のあちこちで同時多発的に出現し、既存のカンジダ菌とは全く異なることからカンジダの専門家が困惑しています。
 本記事に登場するチラー博士曰く、主に3つの点で特異なのです:
・特殊な機械を使わなければ特定できず、別の真菌だと判定されてしまいます。
・抗真菌剤は現在世の中に3種類ありますが、最低でも1種類に抵抗し、下手すると2種類、稀なケースでは3種類全てが効きません。
・何よりも変わっているのが、既存のカンジダ菌よりもバクテリアに近いということ。人から人へ、しかも病院から感染してしまうので怖いのです。

 まだカバール掃討作戦が展開される前の事件ですし、「南極」というキーワードで怪しさ100%なお話なのです。
 どうやら空気中に飛び交っているのは、ケムトレイルの散布物や放射性物質や黄砂や花粉や人工インフルエンザだけではないようで……誰か強力な空気清浄機を発明してください。おまけに電磁波5Gの問題もありましたわ……なんかもう現実逃避して宜しいでしょうか。
(Yutika)

注)以下、文中の赤字・太字はシャンティ・フーラによるものです。
————————————————————————
ソルカ・ファール情報:謎めいた「黒い入り江から現れし化け物」による宇宙病で、世界中の科学者たちがどうしようもないほどの恐怖に縮み上がる
転載元)
WhatDoesItMean.com 19/4/7
投稿者:ソルカ・ファールより、西洋の読者へ

Sister Maria Theresa

【※記事内には貼っていませんが、同サイト自己紹介頁からシスター・マリア・テリーサの写真です。】

新種のカンジダ菌がヤバすぎる

本日クレムリンに出回っている【ロシア連邦】安全保障会議(SC)は一見していつも通りに最初は思えたのですが、その議事録でカンジダ・アウリスという新たな真菌を扱った【ロシア連邦】保健省(MoH)の科学的研究に「特に重要」という国家安全上で最も高い【機密指定】レベルが付与されたとあっては、尋常ならざる事態と言わざるをえません。

――この謎めいた真菌症が初めて検知されたのは、2009年の日本。国際宇宙ステーション(【様々な】真菌【やバクテリア類】で溢れかえるあまり、【ステーション自体を】蝕み始めている【施設】)の宇宙飛行士、若田光一が母国を訪れた直後のことです。

――そして今では地球中に拡散し、人類にとって「切迫した脅威」の一つとして位置付けられるに至りました。あまりにも「侵襲性が高く、歯が立たない」【真菌で】、ヨーロッパの複数の国々や米国・インド・パキスタン・ベネズエラ・南アフリカで【この真菌由来だと】確認された発症例や死亡例が記録されています。

――アメリカ疾病管理予防センター【=CDC】真菌症部門のトップ、トム・チラー医学博士は、先日これを恐ろしいことにも「黒い入り江から現れた化け物」になぞらえました。
【※「黒い入り江から現れた化け物」:1954年に製作されたアメリカのSFホラー映画のタイトルなのですが、邦題があんまりなので、意訳しています。おそらくチラー博士が思い描いているのはこんな感じで、沼からぬらりと顔を出した謎の怪物かと。】

[註:この【英文】リポートで引用されている【ロシア語の】一部の単語およびまたは言い回しは、完全に対応するものが【英語に】存在しないため、そのロシア語に相当するおおよその英語【訳】となっております。]

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

カンジダ・アウリス
「薬が効かず、死に至らしめる真菌が、世界中の病院や養護施設で患者を蝕んでいる。この真菌は、一箇所から拡がったのではなく、同時期に複数の場所で出現したと思われる。」

【※濃いオレンジ色が複数の発症例が確認された場所。記事に挙げられた国に加えて、北米のカナダや南米のパナマ、コロンビア、アフリカのケニアや中東のサウジアラビア、中国、ロシア、オーストラリアなど、2009年以降の新種なのに世界中に散らばっています。
薄いオレンジ色は単一の発症例が確認された場所です。】

» 続きはこちらから

南極の得体の知れない真菌

当該報告書によりますと、四週間前の2019年3月6日、【ロシア連邦】安全保障会議は保健省に対して、2016年から2017年に、とあるモスクワの病院で【突然】起こったカンジダ・アウリスのそれまで知られていなかったアウトブレイクの詳細な分析を世界の科学界へ発表することを許可しました。そのときの死亡率は、罹患した人の42.1%という衝撃的なものです。

――この歴史的に重要な科学的情報がロシアから世界に向けて公表することを許可されたのは、【ロシア】対外情報庁(SVR)が発見した内容のせいだ、と当該報告書は説明しています。【SVRは】世界中に拡散していっているこのカンジダ・アウリスという新たな病の発生源として、最も可能性が高いのは国際宇宙ステーションだ、との結論を下したのです。

この分析を支えるものとして、SVRの情報分析官らは2009年2月に国際宇宙ステーションに搭乗していたNASAの宇宙飛行士兼科学者たちが顕微鏡でしか見えない極小の真菌やバクテリアを追跡するため、【NASAで】開発した新たな装置を突然用いるようになったという点を指摘している、と当該報告書は詳述しています。

――その当時の国際宇宙ステーションには、南極のヴィクトリアランド南方のマクマードドライバレー【=氷河谷群】から採取した古代の謎めいた真菌二種類が船内にあったのですから、警戒すべき展開です。

―【この二種の真菌は】―2008年2月に宇宙に打ち上げられ、2009年9月12日に地球へ帰還しました。

Astrobiology Volume 15, Issue 12 / December 2015

【「国際宇宙ステーションに搭乗した、南極の多孔質岩内部に潜在する真菌類の火星シミュレーション状況下における生存」と題された『Astrobiology』【=宇宙生物学】誌に掲載の研究論文。】

そこまでメディカルチェックを避けまくるなんて、何を身体にくっつけて運びこもうとした訣?

南極の謎の真菌が国際宇宙ステーションに収容された期間中のことでSVRの情報分析官らが最も懸念を抱いたのは、NASAの宇宙飛行士でミッションスペシャリスト【=搭乗運用技術者】だった若田光一の今もって説明がなされていない諸々の飛行および活動である、と当該報告書は続けます。

――彼は2009年3月15日に打ち上げが予定されていた第18次長期滞在で、国際宇宙ステーションに行く筈でした。

――ですが直前ぎりぎりになって、NASAが言うところの“新たな装置”での訓練とやらで、この打ち上げ【チーム】から抜けさせられたのです。

――次に彼は2009年3月26日に打ち上げ予定の第19次長期滞在に、組み込まれました。

――ですがロシアのソユーズ宇宙船を使わねばならないことに気が付くと、NASAは不可解にもこれを延期してしまいます。【ソユーズでは】打ち上げ前に全ての宇宙飛行士が健康診断を受けることを義務付けているのです。

――若田は第19次長期滞在の搭乗員全員と共に、2009年7月31日に打ち上げ予定の第20次長期滞在に【組み込まれました】。

――ですが【この第20次長期滞在のため】ソユーズを使用した同じミッションの他の宇宙飛行士とは異なり、若田はNASAの宇宙船で国際宇宙ステーションに向かったのでした。

【※若田と同じく第19次長期滞在チームに入っていた残りの宇宙飛行士は、ソユーズで国際宇宙ステーションまで移動したというのに、何故か若田一人だけはメディカルチェックの義務付けられていないNASAの宇宙船を使っているのです。】

NASA宇宙飛行士若田光一の正確なミッションと飛行内容は、この一般報告書で発表することを許されているレベルよりも上位の機密なのですが、日本でカンジダ・アウリスの最初の症例が記録される直前、彼がそこに居た点は指摘しています。

――【この若田の行動の】後には、地球の最上層大気圏で真菌が生存可能なのかを判明すべく、アメリカ勢が行った複数年度に渡る科学的取り組みが続きました。

――その結果【報告】の第一弾は2009年8月に公表され、真菌胞子や其の他の生物学的粒子は、原生熱帯雨林の空気中においても、農村部や都市部の環境においても、エアロゾル粒子質量の大部分を占めている可能性があると示していました。

――そのタイプの研究では初となる2013年1月の発表では、上空3万フィートもの高さですら驚異的な量のバクテリアや真菌が存在することが発見されました。そしてこういった微生物は天候に影響を及ぼしている可能性があるだけでなく、地球上に【様々な】病気を拡散することにも貢献しているかもしれないのです。

Atmosphere Chapter 11 Notes slide_3 / SlidePlayer

大気中の可変成分 ●以下の気体が時間と共に変化していく:
−水蒸気
−二酸化炭素:0.028%から0.039%へ上昇
−オゾン
 ・上層大気圏では:紫外線放射から保護【する役割】
 ・下層大気圏では:汚染物質【と化す】
−粒子:
 ・チリ、塩、氷、真菌、バクテリア

突然大幅に変異して世界各地で大発生する怪奇現象

ロシアの科学者らは1986年の初期のミール宇宙ステーション打ち上げ以降、真菌やバクテリアの成長を阻止することが如何に不可能となってしまったか、既にNASAへ詳しく説明済みなのですから、南極で発見され、国際宇宙ステーションへと送られた謎の古代の真菌が過酷な宇宙環境で生き延びただけでなく、繁殖までしてみせたのは驚くにあたらない、と当該報告書は述べています。

――この古代の真菌が国際宇宙ステーションの外部にまで拡散してしまい、今やその胞子が地球に降り注いでいるのではないか、との【ロシア側の】最大の懸念が現実となった可能性が疑われているのです。

――当該報告書曰く、国際宇宙ステーションの外部から急激に増殖したカンジダ・アウリス真菌の胞子が地球の大気圏の中に今や入り込み、この惑星の既存の真菌類を様変わりさせたのではないかとの懸念を裏付ける内容として、ゲノム・シーケンシング【=ようはDNA解析】テストが、この真菌には4つの際立ったタイプが存在することを示しました。相互の違いがあまりにも深刻なことから、これらの株は何千年も前に枝分かれし、その無害だった環境株が、同時に4つの異なる場所で耐性病原菌となって出現した可能性を示唆しています。。

――この発見はあまりに衝撃的で、恐怖にかられたCDC【=アメリカ疾病管理予防センター】の感染症の専門家スニグダ・ヴァラバネニ医学博士が恐ろしくも以下のように宣言したほどです:

「どういう訣だか、世界各地で同時多発的に【この真菌は】飛躍【的な成長】を遂げ、拡散し、薬に抵抗力を持つに至った訣で、こんなことは理解の範疇を越え、愕然とさせられます。」

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

【カンジダ・アウリス、危険なスーパー耐性菌のアウトブレイク】

危険過ぎて病院名や患者名が次々匿名に

宇宙生まれのカンジダ・アウリス真菌症について何より壊滅的で恐ろしいのは、死を招くこの【真菌が】世界中へ拡散を続ける中で、どうにも阻止不能だという点だと当該報告書はまとめています。

――特に何よりそれが病院や介護施設にいる最も重篤な人間を餌食にするのですから、欧米で見られる急速な広がりについて“隠蔽する風潮”が存在するのも頷けます。

――【感染した人間は死にますが、ベッドや窓や床や天井にまで拡がったカンジダ・アウリスは生き残るので】感染が確認された全ての物はほぼ完全に破壊せねばならず、【被害が】拡がりつつあるアメリカ合衆国では、医師や看護師が感染した患者の部屋に入ることですら恐れるようになり、家族にとって最愛の存在である患者は放置され、自ら世話をするより他なくなっているのです。

――コミュニティを襲う【カンジダ・アウリスの】恐ろしげな様子は、自国に被害が出たことを暗澹たる様子で嘆いたインペリアル・カレッジ・ロンドンの感染症の専門家ジョアンナ・ローズ医学博士の言葉が最も的確に表しているかもしれません:

「私たちにはこれがどこからやって来たのか皆目見当がつかないのです。こんなのは聞いたこともありません。ひたすら野火のように拡がっていくのです。」

画像はシャンティ・フーラがツイートに差し替え

各州のカンジダ・アウリス
「アメリカ合衆国の症例の大半はニューヨーク市、シカゴ、ニュージャージーの介護施設で発生」
阻止不能のカンジダ・アウリス宇宙病が、アメリカ全土で死の行進を開始しました



[スレ主【仁王像】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)無関係

4. 仁王像[2690] kG2JpJGc 2019年4月21日 17:39:42 : 90VtDfnKb6 : aUtDZ0piTVFURUU=[1] 報告
 知人からの情報によると、「仏国国民性として1000年も続く重要な寺院をわざと燃やすのは絶対有り得ない」とあった。「マクロン政権の間に復元できるとも思えない」そうだ。

 寄付はあっという間に集まったようだが、アルノー家やTotal石油の経営者とか超富裕層が1億ユーロ単位で出した」ようだ。パリ市民にも、貧困層に回せおいう話はたしかにある、と。

 副島の考え過ぎだろう。マクロンのような若造が、そんな大それた決断をするとも思えないし、こんな大規模な仕掛けはどこからか漏れるだろう。されらばマクロンは歴史に残る大犯罪人になる。

5. 知的上級者さん[151] km2TSY_ji4mO0oKzgvE 2019年4月21日 21:49:30 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[71] 報告
修繕費用が工面できずに募金詐欺を行った説もあるけど
それがデモ沈静化を狙ったものなら、逆にデモが激化して
面白い展開になってきました

人類には狩猟民族と農耕民族がいて
狩猟民族は、農耕民族のように、動物を狩ることから自分で育てて食う遊牧民になった
それが馬賊になって人間を襲うようになり、世界に広がって人間を家畜として飼うようになった

奴らには獲物を騙す、罠にかけるという思考がある
世界各地で自演テロや戦争を起こしている
そして日本の元高句麗馬賊は何をしているかと目を移してみれば
これがまた酷い自演テロと自演の小芝居だらけだ
広島原爆も、東京裁判も、国会も、地下鉄サリンも、北拉致に北ミサイル、韓国慰安婦も・・
もう本当に嫌になるほど自演しまくりで、
もし世界の馬賊あがりの連中を粛清できたら、どんだけ平穏な世界になるんだって感じですよ

6. 2019年4月21日 22:03:07 : 9bESHEjuhs : QVFFUC5pOVljWk0=[245] 報告
ちょっと、陰謀に満ちすぎて、文章力に欠けていて
いただけない。

ほんとに、副島という人の文章力なのか。マクロンは確かに

今の政治的混乱を打破するために、黄色いベスト運動への沈静化を図ってはいるが、

私は、この、西欧社会のあり方を強力に非難し早く、終わらせたいと思う、

バンクシーのような考えの人たちの狂信的な行動が

放火という結果になったと見ていますが。


あちこち、教会の放火は今までもあったようですし。

何よりも、失うというショックによって、人類の意識に変化があることのほうが

成長し、進化し、変わる事が出来て望ましい。

こんな事でもないと、人は前には進まない。フランスだから出来た事だが、

日本では、同じことが起きても、成長は余り望めない。

 


7. 2019年4月21日 22:56:35 : HXeGDiJPGo : RE9sdk9NbDdlUWM=[4] 報告
副島はマッチポンプ詐欺の運びや。

8. 2019年4月22日 08:02:01 : UukkcTToeg : d05sUXJOOXIxOWc=[4] 報告
米国宇宙飛行士が月面着陸、、、、というのがNASA詐欺だと、既に相当昔に断言されていた

知性の持ち主でありながら、人工地震に関しては、まだ神のご託宣がないからなのか、到達できて

いらっしゃらないところが、残念である

聖書が創作物語の寄せ集めに過ぎず、中でもシオ二ストNWO狂信カルト支配権力層のバイブル

「黙示録」が、悪魔教、悪魔を神と讃え信奉するカルトの教則本、この世の終わり、終末演出テロ

の台本であるという、事実に関しても、まだ気付いておられないのではないか

その台本に乗っ取って、311に続く、南海トラフ大地震を、子飼のマスコミや御用学者そして

カルト洗脳狂信者工作員を動員して、執り行っているわけなのだから

[スレ主【仁王像】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

9. 2019年4月22日 16:02:58 : hHRyrQsPsY : Nk5rVnVxSUM2Vk0=[84] 報告
あり得ない話ではない。これが真実なら、これだけ疑いを持った人々が増えてしまったのだからその人達が少しづつ証拠を積み上げていって、あと数ヶ月のうちにはっきりしてくるだろう。911のように。

昨年3月(と6月)の「ノビチョク事件」もテレザメイが、ブレグジットでニッチもサッチも行かなくなっていた状態で、国民の自分への失政批判の目を逸らすために、「ロシアが〜」に目を向けさせるために行ったのだから、Gilet jauneなんて23週目でなお衰えないのだから、マクロンがテレザメイやブッシュと同じことを考えたとしても何ら不思議ではない。誰かが、「国民の目を逸らすためにこんな大それたことをするはずがない」なんて書いているが、アホか。テレザメイやブレア、ブッシュのやったことを考えてみろ。

もし本当ならこれからイロイロな不思議な事実が出てくるに違いない。

[スレ主【仁王像】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

10. 2019年4月22日 16:54:41 : dtw4tsGRuo : RGI0Q0lWZ0ZGUTI=[7] 報告

マクロん主犯の自作自演。正解。主犯といっても真犯人は背後のハザール。マクロんは安部と同じロボットにすぎない。事前に演出を聞かされていてシナリオを演じているに過ぎない。副島さんの指摘は当たっているが遅すぎる。4さんはあちら側のお方のようね。6と7さんには難しいサブジェクト。




[スレ主【仁王像】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

11. 無段活用[2048] lrOSaYqIl3A 2019年4月22日 20:25:32 : 64y3dvuvl2 : ZGRnellKTENUQ1U=[1] 報告
やっぱりそう思う?

燃えるノートルダムを見て、WTCを思い出したのは私だけじゃ無いはず。

何も燃やさないだけ、安倍氏はまだ立派なのかも。

まあ、日本には天子様が心棒に御座すから、政治家も極端には走れまい。

12. TondaMonta[882] gnOCj4KOgoSCgYJsgo@CjoKUgoE 2019年4月22日 21:57:24 : iPpc4z6gug : TUYvVGdIODBTUk0=[1] 報告
Could you give me more information about Notre Dame?
13. TondaMonta[883] gnOCj4KOgoSCgYJsgo@CjoKUgoE 2019年4月22日 22:15:52 : iPpc4z6gug : TUYvVGdIODBTUk0=[2] 報告
まああ、ワタチたちは日本人だから、日本のことを考えるのが良いんでねえの。
目くらまし作戦でフランス国内では'Gilets jaunes'運動を鎮静化させる狙いがあた。一方で国外では,選挙の争点隠しに役立つだろう。但し、マクロンが意図したことではないが。

デモクラの『佐高×早野のジジ放談】元号・紙幣・むのたけじ20190416』が おもろいだろう。

14. 2019年4月23日 05:31:13 : ipHcINxeUc : Sk9Lb1JxUkxuZEE=[3] 報告
ノートルダム大聖堂はフランスでも7箇所以上あるんですね 一箇所かと思ったら
なんとなんと...紛らわしい ベルギーにも有るし なんなんだこれは...
マクロンが如何のって言うのは判らないけど、
ニュースを見て世界遺産で防火消火システムも無いのかいと思ったものです
消防士がホースで消火してたような なんだろうなと思ったけどフランスだからと
思いましたとさ。 

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト20掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > カルト20掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
カルト20掲示板  
次へ