★阿修羅♪ > 経世済民126 > 192.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
日本はいま、不可解な「円高サイクル」に突入したのかもしれない(現代ビジネス)
http://www.asyura2.com/18/hasan126/msg/192.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 2 月 22 日 10:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


日本はいま、不可解な「円高サイクル」に突入したのかもしれない
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54566
2018.02.22 安達 誠司 エコノミスト  現代ビジネス


「金利差モデル」の崩壊

2月に突如として始まった主要国株式市場の大幅調整だが、その震源地は米国の債券市場だといわれている。

もともと、米国長期金利(10年物国債利回り)は昨年9月頃から緩やかな上昇基調にあったが、それでも2.5%を下回る低水準で推移していた。これが、今年に入ってから次第に上昇ピッチを強め、3%台をうかがう展開をみせたことが投資家に嫌気され、株価の下落につながったとされている。

米国長期金利上昇の背景には、このまま米国景気の好調が続くと、やがてインフレ率が上昇し始め、それがFRBの加速度的な金融引き締めにつながることを投資家が懸念し始めたためだと推測される。

このような長期金利の上昇(債券価格の下落)と株価の下落の同時進行は、金融引き締めの初期に典型的にみられる現象である。思い起こせば、日本のバブルが崩壊し始めた1990年にも同様のことが起こったと記憶している。

米国市場の混乱の影響を日本の株式市場も受けざるを得なかった。元来、日米の株価はある程度連動しており、米国株価が急落する中、日本株が無傷ということは想定しづらい。そのため、ある程度の下落は仕方がないことである。



だが、不思議なのは、この局面で為替レートが円高ドル安で推移していることだ。

一般論でいえば、ドル円レートは日米金利差で決まるといわれている。この一般論で考えると、米国金利の上昇はドル高要因のはずである。

さらにいえば、日本の債券市場は、日銀による「イールドカーブコントロール(YCC)政策」が効いていることもあり、安定的に推移している。そのため、日米金利差でみれば、円安ドル高が加速していてもおかしくない状況である。

従って、残念ながら、金利差モデルは「見るも無残に」崩壊しており、為替レートの動向を考える際に、これまでのように機械的に金利差を当てはめただけではどうしようもない。

最近の円高ドル安の原因を考えてみると、投資家が日米金融政策の差についての認識を変え始めているのかもしれない。

円高要因とドル安要因

そこで、日米の金融政策を「マネタリーベース」という「量的指標」でみてみる。

1月の日本のマネタリーベースは前年比+9.7%、季節調整済前月比年率換算で−4.1%と量的緩和のペースが目にみえて落ちてきた。その一方で、米国の1月のマネタリーベースは前年比+6.5%、季節調整済前月比年率換算で+0.5%と底堅く推移している。

この1月の日米のマネタリーベースの動きは、これまでの動きと比較するとわずかである。純粋に数字だけみれば、これが為替レートに影響を与えたようにはみえない。

だが、現行のQQE(量的質的緩和)政策が当面継続すると思われていた日本でマネタリーベースが予想外に減少したこと、そして、利上げがある程度進捗し、いよいよこれから資産圧縮によって、本格的な出口政策に向かうと思われていた米国でマネタリーベースが予想外に拡大したことは投資家にとって比較的大きなサプライズではなかっただろうか。

ここで、もし、日本の現在のマネタリーベース減少が、日銀による現状の国債買い入れを中心とした量的緩和の限界を露呈しているとすれば、今後、何か新たな量的緩和の枠組みを導入しない限り、マネタリーベースの拡大は難しいということになる。これは明らかに円高要因である。

一方、FRBがさらなる株価調整を回避するために、資産圧縮のペースを緩和させれば、米国のマネタリーベースはそれほど急激に減少しないかもしれない。これは、ドル安要因である。

従って、今回の株安局面によって、いままで投資家が描いていた日米金融政策のストーリーが壊れ始めた可能性がある。マネタリーベースでみたこれら日米の金融政策(すなわち、日本で減少、米国で横ばい)が今後も続くとすれば、円安への転換はなかなか難しく、為替レートには円高バイアスがかかりやすい展開が続くと考えざるを得なくなる。

以上のような見立ては、実際のドル円レートの動きを購買力平価との対比でみた場合にも成立する。

「円高サイクル」が始まっている

そこで、企業物価で算出したドル円レートの購買力平価をみると、1月末時点で、1ドル=95円程度となっている。一方、1月末の実勢相場は1ドル=108.76円であり、1月末時点で、実際のドル円レートは購買力平価対比で約15%弱の円安水準となっている。

過去において、実際のドル円レートは概ね購買力平価を中心値として上下20%程度のレンジ内で推移してきた。すなわち、購買力平価から20%程度円安、及び、円高に乖離した場合、ドル円レートは、それぞれ円安、円高の天井圏を形成し、その後、トレンドは逆方向に転換してきた(図表1)。



そこであらためて、ここまでのドル円レートの推移を購買力平価との乖離率に注意しながら振り返ってみると、2016年10月以降の円安局面(1ドル=112〜113円程度の水準で一進一退)において、購買力平価との乖離率はずっと20%前後で推移してきた(図表2)。



このように考えると、ドル円レートは、昨年終盤の段階で、すでに円安の天井圏に到達しており、その結果として、ドル円レートのトレンドの転換点が近づいていた、との見方も可能である。

したがって、ドル円レートのサイクルでいえば、「円高サイクル」が始まりつつあるということになる。これは、ようやくデフレ脱却の光明がうっすらとみえてきた日本にとっては都合の悪いことである。

なんとかここから円安が再加速するシナリオはないものだろうか?

どちらに転んでも円高に…

そのような問いかけをした場合、多くの人は、「米国でインフレ懸念が急激に高まり、FRBが資産圧縮のペースを加速させれば、再び円安局面に戻るのではないか」と考えるだろう。

確かに当初は円安で推移するかもしれない。だが、注意しなければならないのは、FRBの資産圧縮が加速した場合、為替レートの「レジーム」が変わり、一転、「リスクオフ」による急激な円高がもたらされかねない点である。

もし、FRBが、インフレ率の加速度的上昇懸念から利上げや資産圧縮のペースを加速度的に早めた場合、世界の投資家は、リスク回避的な姿勢をより強める懸念がある。この場合、米国の長期金利は一転、低下基調に転じ、それと同時に金価格が上昇する可能性が高まる。

この場合、為替市場では、日本円、ないしは、スイスフランが買われる可能性が高い。例えば、リーマンショックなどの世界的な金融危機でも日本円やスイスフランが主要通貨に対して上昇した。

また、リーマンショック後のFRBによるQE(量的緩和)政策においても、「もはや危機は去った」という判断のもと、マネタリーベースを削減したことが数回あったが、いずれも世界的な株価下落と同時に円高が進行した。

筆者の考えでは、このような「リスクオフ」の局面が一旦始まると、経済状況などの「ファンダメンタルズ」を重視する投資家は投資を控え、チャートなどを用いて投機的な取引を短期的に繰り返す投資家が為替市場を席巻することになるのだろう。

例えば、為替ディーラーなどは、逆張り投資でリスクをとるよりも、そのときのマーケットの流れに身を任せる「順張り投資」を行う傾向が強いと聞く。そうすると、円高の動きが自己実現的に続き、急激かつ、大幅な円高局面が到来することになる。

このように過去の事例をみると、今後、米国FRBの金融政策において、投資家の現時点の想定よりも加速度的に金融引き締めが実施される公算が高まった場合、「リスクオフ」による円高リスクが高まる懸念がある。「リスクオフ」局面になれば、購買力平価を上回る円高(すなわち、1ドル=100円を切る円高)となるかもしれない。

そのように考えると、現状では、程度の差こそあれ、どちらに転んでも円高リスクがあるということになる。

最後の砦は日銀だが

FRBが景気や株価を壊さない形で利上げをどんどん進めていくことができれば、円安が進む可能性も出てくるが、過去、金融引き締めがそのような形で「ソフトランディング」した記憶はない。

従って、それを食い止めることができるのは、日銀しかいないのかもしれない。

これは筆者の私見だが、マイナス金利政策採用前の状況、および、最近の円高要因を考えると、円高回避の肝は、「量的緩和の限界論を打破する新たな量的緩和の枠組みの構築」にあるのではないかと考える。

だが、ここまで日銀はその「量的緩和限界論」に対する有効な反撃を行っていない。もし、それが本当に不可能であれば、日本経済は不安定な為替レートに身を任せるしかないのかもしれない。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年2月22日 10:54:55 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[4750]

>不可解な「円高サイクル」に突入

全然、不可解ではないだろw

金利差だけで為替が決まるわけではない

金融経済見通しに基づく投機が、為替水準を決める主因であることは常に同じ


>日銀はその「量的緩和限界論」に対する有効な反撃を行っていない

当然だろう

輸出企業の円高への耐性は高まり、株価も、まだ十分高い


そもそも現在の水準はトランプ政権誕生以前の100円を切る水準よりは上だし

その時は、今より、景気不安定でデフレリスクもあったが、特に円安誘導することはなかった


政府や日銀に最も必要なのは、為替や株価に一喜一憂することなく、きちんと

企業や社会システムの効率を高めるための改革を行うことであり

財政支出やQEなどの金融政策は、その補助手段に過ぎない


2. 佐助[5327] jbKPlQ 2018年2月22日 11:25:22 : 4Fjr6lspqo : ZbxUOxT@wVA[63]

初歩的な常識
日本の商品が世界的に君臨しており,円安では世界市場は成り立たないし,今回は切り上げしても還流させても,ドルの暴落は止められない。

産業革命に大胆にシフトさせ加速させるしかんないが,キンとのリンクさせる方法もある,日銀のみのプレミヤムつけて買上げを実施すると円安で安定するために株価は高値に向かう。この時紙幣をばらまくとデフレが解消するが,日本政府と日銀は既得権益や利権を失うので絶対にやらない。

ニクソンに、ドルとの交換を拒絶されたキンは急上昇し、世界の75%のキンを温存したドルはキンとみなされ、かえって「ドル本位制」は強化された。キンの束縛から開放された通貨は、世界の信用を膨張させる。その膨張したエネルギーが出口を求め、石油や外債や株式にバブルを発生させた,しかし

金融緩和で使い道のない円がばらまかれ,ユーロもドルを上回ってきた,しかも基軸通貨の交代期周期に入り,ドルのみの支配がまもなく終焉します。どうせドルは新興国にも抜かれるので,戦争屋が叫んでも,どうにもならずドル暴落は避けられない。

米国はドルを切り上げ,なんとか凌ごうと粘るが,多極化の波は阻止できません,こうして、ニクソンのキン離れによる為替フロート制は終わる。そして、世界の為替システムは、まず、ドルとユーロ通貨に各国がリンクする固定レート時代へ移行する。次に、国家がキン買いの主役となるキン獲得競争の勝者が三極目&四極目の世界通貨となる。


しかし経済学の常識では、キンの希?性と通貨慣習だけが強調される。そのため、キンの助けを借り、世界の金融システムは一時的に安定させざるをえなくなる。

日本政府が、日本国民のキンの輸出入と売買を禁止し、日銀のみのプレミヤムつけて買上げ実施。世界の保有キンは、ドルとユーロと円に、ほぼ三分割され、世界通貨は三極支配体制となる!?・・・・

キンを大量に保有する国の通貨が世界通貨であることは、それ自身矛盾し、信用の膨張が避けられない。キン返りによって、キンが世界通貨の信頼を直接支え、為替を固定化することに成功しても、時間とともに、キン相場とキンの公定相場との乖離が再発する。その結果、再びキン離れへの移行が不可避となる。

だから世界の金融システムは、キンに代わって厳格な通貨発行のルールを構築しなければならない。そうしなければ、バブルの発生を根絶することができない。これが半導体紙幣と半導体コインの登場の必然性です。ピットコインはその前兆になる。

電子マネー化で一万円札は,いらなくなるでしょう。世の中はすっかり変わります。遅れると日本は地獄化する。



3. 2018年2月22日 15:13:10 : FUJr7RAAHQ : 6P2tGu2kYy8[1]
マネタリーベースは長期的に為替に影響を与えるものなので

短期的な上げ下げにはほぼ関係しませんよ。

円高に振れるのは株安になると円を好む投機家の円高性向があるからそうなるんです。

癖みたいなもんですね。

今では誰も従うものが居なくなった有事のドル買いみたいなもんですよ。

有事の意味は違いますが有事の円買いがあるんです。


4. 2018年2月22日 16:14:54 : DebL8fyH6c : 7lI6W4Whhds[5]
統計数値ってね、いくらでも捏造される。
全くの嘘だとさすがにバレルが、所詮国が作る数字だからな。
統計数値に基づいたテクニカルに限界があるのはそのためだ。
安倍がやってるのは通貨切り下げによる経済回復に過ぎないのだから、周辺国を黙らせておけなくなれば終わりだ。
リーマン以降、各国が持ち回りの為替操作でひと息ついているが、日本はそろそろ時間切れだ。
戦争のような特例イベントが欲しいだろうな。

5. 2018年2月22日 19:39:00 : m63I8f3XGU : IFPw4tEmD4U[1]
なんでも最後に戦争で解決するみたいな脳筋バカのバカすぎるバカウヨが居ますが
そういうバカがそこら中に居て困りものなんですが
バカだからその程度のバカな発想にしか至れないのでしょう。
バカな発想に騙されるバカもいて迷惑なのでそういうバカな思いつきは日記帳にでも書いててください。

まず第一に戦争で経済問題が解決された事はただの一度もないですよ。
むしろ悪化して今に至ってることが多い。
戦争しても借金取りは追ってきます。戦費がかかれば今ある借金に上乗せして襲ってきます。

日本が日露戦争の借金を完済したのは昭和になってずいぶん経ってからです。
その間国は滅んで国土はボロボロにされました。でも借金取りは許しません。
つまりそこまで追ってくるのです。国土がボロボロになってもチャラにはしてくれません。

だいたい借金取りが戦争ごときでチャラにするわけないじゃないですか。
何調子の良いこと考えてるんですかね。


6. taked4700[6848] dGFrZWQ0NzAw 2018年2月22日 19:51:18 : mgWtQlP7U2 : VfHbPM3iOhE[1]
まず、円高というよりもドル安なのです。ドルが他の通貨のほとんどに対して安くなっています。

しかし、金利が高い通貨が高くなるのが本来の姿であり、ドルが安くなるのは何らかの人為的な操作が大規模にされているということになります。

基本的に今の世界を動かしているのはアメリカ軍産複合体ですから、彼らの狙いは何かを考えることが今後の動きを予測するための第一歩です。

2001年のアメリカ同時テロから2010年のアラブの春に至る動きを考えると、今回のこともそれに関連性があると思わざるを得ません。(あそこまでおおがかなりなことをやるからには、今回も絡んでいて当然)

サウジアラビアが中東支配の鍵であるのは明らかですから、サウジアラビアでの大きな出来事は何かと考えると、サウジアラムコの上場をニューヨークにやらせようという意図があると思えます。

今年の後半には上場が予定されているはずで、株価が下がっているところにカツを入れるためと言って上場を誘い、株価を上げ、かつ、ドル高にすれば、サウジ政府は相当に儲けを得て喜ぶでしょう。

狙いは、当然、その利益による武器の購入です。これだけ儲けたのだから武器を買って、敵対する勢力を攻撃し、サウジの立場を強くしてほしいというわけです。

結果的にサウジはイランなどとの対立を深めることになります。また、濡れ手に粟の儲けを手にした政権幹部が堕落し、先日汚職で逮捕された王子たちから恨まれる可能性もあります。更に、ISなどの武装勢力がサウジ内部でテロを起こす可能性さえあります。サウジは、今までの石油の富に依存した社会から脱却し、普通に市民が労働して稼ぎ、政府がその儲けに課税して行く社会へ移行しようとしているわけで、一般市民と王族との対立が起こり易いのです。

リビアは地域対立が内戦の口実でした。サウジは王族の中での分裂、そして、市民と王族との対立が使われていくと思います。


7. 2018年2月22日 21:05:56 : 0URAHOb0AM : WNqZFRhkQhU[188]
>「円高サイクル」が始まりつつあるということになる。これは、ようやくデフレ脱却の光明がうっすらとみえてきた日本にとっては都合の悪いことである。

誰にとって都合が悪いのか?
払戻し税で喰ってる連中だけじゃはないの?
日本国内だけで仕事している者にとって、原料は安くなり国内の客先にモノが売れれば万々歳じゃないの?

外国と競合する製品だって日本製品が安くなれば、アセアンや中国、韓国の製品を買わずに、性能が良い(と今でも信じられている)日本の製品を買うようになるんじゃないの?


8. 2018年2月23日 20:47:45 : vMo3WR47xU : eGWDBKAoKvI[27]
円高が 怖いメッキが 剥げるから

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民126掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民126掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民126掲示板  
次へ