★阿修羅♪ > 国際22 > 251.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
8年前にロシアの刑務所から釈放されて英国へ渡ったロシア軍の元情報将校が毒薬で倒れた背景(櫻井ジャーナル)
http://www.asyura2.com/18/kokusai22/msg/251.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 3 月 13 日 10:15:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

8年前にロシアの刑務所から釈放されて英国へ渡ったロシア軍の元情報将校が毒薬で倒れた背景
https://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201803130000/
2018.03.13 櫻井ジャーナル


​3月4日にセルゲイ・スクリパリとその娘のユリアがイギリスのソールズベリーで倒れているところを発見された。神経ガス(サリン、またはVXだとされている)が原因で、重体だと伝えられている。

セルゲイはロシア軍の情報機関GRUの元大佐。スペインに赴任中の1995年にイギリスの情報機関MI6のエージェント、パブロ・ミラーにリクルートされ、99年に退役するまでイギリスのスパイとして活動した。MI6が支払った額は10万ドルだという。このミラーはロシアの治安機関FSBに所属していたアレキサンダー・リトビネンコともコンタクトをとっていたと言われている。

セルゲイ・スクリパリがイギリスのスパイダと発覚、逮捕されたのは2004年12月のこと。2006年に懲役13年が言い渡されたが、2010年7月にスパイ交換で釈放され、ソールズベリーで本名を使って生活を始める。身の危険を感じていなかったということだ。妻は2012年に死亡、娘のユリアは14年にロシアへ戻っている。イギリスの政府はセルゲイがロシアで釈放されてから8年後、ロシア当局によって殺されたと示唆、有力メディアはロシアを犯人視する宣伝を始めた。

ソールズベリーから13キロメートルほどの場所にあるポートン・ダウンにはイギリス政府の化学兵器テスト場があり、今でも化学兵器が製造されているという。そのソールズベリーへ移住した後、元MI6オフィサーのクリストファー・スティールに雇われたとも報道された。セルゲイがMI6にリクルートされた頃、スティールは身分を隠してロシアで活動していたとい言われ、両者はその頃から知り合いだった可能性が指摘されている。スクリパリと同様、MI6の仕事をしていたリトビネンコをMI6時代にスティールは動かしていたとも言われている。

スティールはFBIの協力者でもあり、アメリカ下院の情報委員会でアダム・シッフ議員が2016年の大統領選挙にロシアが介入したとする声明を17年3月に出した際、その根拠とされた報告書を作成したことでも知られている。その報告書はフュージョンGPSという会社の依頼で作成されたもので、そのフュージョンの雇い主は事実上、DNC(民主党全国委員会)とヒラリー・クリントンだ。その声明が出される前からスティールはFBIの幹部だったブルース・オーと接触、フュージョンは同じ件でブルース・オーの妻、ネリー・オーも雇っている。ネリーはCIAの仕事をしていた人物だ。この報告書の作成にセルゲイ・スクリパリが関与していた可能性がある。

アメリカやイギリスをはじめとする西側諸国はロシアを悪魔化して描くプロパガンダを展開してきたが、アメリカではロシアゲート事件が司法省/FBIゲートへ変化しつつあり、中東ではアメリカ、イスラエル、サウジアラビアの三国同盟を中心とする侵略計画がロシアに妨害されている。

アメリカのネオコンはウクライナのクーデターでEUとロシアとの関係を断ち切ろうとしたが、思惑通りには進んでいない。ロシアからドイツへ天然ガスを運ぶためのパイプラインがバルト海に敷設され、ノード・ストリームと呼ばれているが、これと並行してノード・ストリーム2が建設されようとしている。現在、アメリカはポーランドを使い、この計画を妨害している。スクリパリ父娘の事件もこの計画を壊すために使われ始めた。

セルゲイ・スクリパリだけでなく、娘のユリアが一緒に倒れていたことに注目する人もいる。セルゲイが「手土産」の情報を持ってロシアへ戻ろうとしていたのではないかと推測する人もいる。アレキサンダー・リトビネンコの場合、ロシアに住む彼の家族によると、アレキサンダーはロシアへ帰ろうとしていた。ちなみに、リトビネンコを雇っていた富豪のボリス・ベレゾフスキーもイギリスで経済的に苦しくなった後、ロシアへの帰国を目論んでいたと言われている。ベレゾフスキーは2013年3月、バークシャーの自宅で死亡した。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年3月13日 12:11:04 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[4865]

ロシアの工作員が何を言ったところで、現実はこうなるw

https://jp.reuters.com/article/britain-russia-idJPKCN1GP05U?il=0
ワールド2018年3月13日 / 11:04 / 28分前更新
英首相、元スパイ毒殺未遂にロシア関与の可能性「極めて高い」
1 分で読む

[ロンドン 12日 ロイター] - メイ英首相は12日、英南西部ソールズベリーで今月、元二重スパイのロシア人男性とその娘が軍用神経剤にさらされ、意識不明の状態で発見された事件にロシア政府が関与している可能性が「極めて高い」との見方を示した。

首相は議会で、ロシアが神経剤を使った襲撃に直接関与したか、神経剤が他者の手に渡ることを容認したかのどちらかだと述べた。

英政府はロシア政府に対し、13日夜までに神経剤の用途について説明するよう求めている。メイ首相は、14日にロシア側の返答について詳細に検討すると述べた。

メイ首相によると、英当局者は事件で使用された神経剤が1970─80年代に旧ソ連軍が開発した神経剤「ノビチョク」だったと特定した。

ロシアと英国の二重スパイだったセルゲイ・スクリパリ氏(66)と娘のユリア・スクリパリ氏(33)は今月4日に意識不明で見つかった後、現在も重体で入院している。

メイ首相は「信用できる返答がない場合、今回の事件をロシアによる英国への違法な武力行使に値すると結論付ける」と発言。襲撃は「無謀で卑劣だ」と非難した。

首相はまた、英国は従来よりも「はるかに幅広い措置」をロシアに対して講じる用意があると述べた。

ロシア外務省はすぐに反論し、メイ首相の発言は政治的な動機に基づくものだと主張した。

一方、ティラーソン米国務長官は、米政府はロシアが関与した可能性が高いとする英政府の見解を「十分信頼している」と表明。「犯罪を実行した人物もそれを指示した人物も重大な結果に向き合う必要があるとの見解に同意する」とした。

これに先立ち、ホワイトハウスのサンダース報道官は、米国は「最も緊密な同盟国」を支援すると表明したが、この事件を巡りロシアの責任を追及することはなかった。


2. 2018年3月13日 13:57:53 : ImMeWnbJbA : xP5Wpdn95Mg[2]
やったのは、間違いなくイギリスだ。

こんな見え見えの、ロシアがやりました、みたいな手口でやるわけないだろ、やるんだとしても。
大体、軍が作る化学兵器は、大量殺人目的にしたものであり、わざわざ個人のために使うわけないだろ。


3. 2018年3月13日 19:05:16 : AKy7wQKxDc : k1Ny2VH_N4M[331]
●メイ英首相、スパイ事件で最後通牒をつきつける
予想されるように、何度聞いても読んでも、実は英政府には、この事件がロシア政府のせいだ、あるいはロシアから来た誰かがやった etc.という証拠は何もない。にもかかわらず、首相がこれはロシア政府がやった可能性が非常に高い、と議会で言いきっている。つまりこれは、自分で嫌疑をつきつけるも証拠はなく、相手方に無実を証明しろ、さもなければ有罪だ、と言っているという恰好ですね。悪魔の証明が流行り出した模様。みなさん、the West を近代法制の国とかいうのはもう止めた方がいいかもしれませんね(笑)。
それに対してロシア側は、プーチンは、「まず自分で片づけて、それから話に来い」と言い、外務省のザハロワ報道官は、イギリス議会でサーカスが行われているとか言って非難。
問題のスクリパリという男性は1995年にイギリスのMI6にリクルートされて、ロシアというかソ連の軍の機密を売った。その後それが判明してロシアで何年か刑務所に入っていたが、2010年のロシアとアメリカの間で行われたスパイの交換で、この人は要するに西側に引き取られた、と。で、この8年イギリスに住んでいた。このリクルートしたMI6のグループを率いていたのではないのかというのが去年トランプを嵌めたロシアでの調査報告なるものを書いたクリストファー・スティール。
ということで、これって何か、プーチンじゃないけど、まさしく「そっちで解決しろ」という問題ではなかろか。というか、そもそも、誰でも気づく通り、もしロシア政府がどうしてもこの男を殺したかったとしたら、なんでそんな悪目立ちするようなところで、悪目立ちするような方法で行う必要があるんだよ、でしょう。もちろん、メイが大見えを切ったということは、制裁をかける気なんでしょうが、まさかこのぐじゃぐじゃなケースを国連に持っていくわけにもいかないだろうから(それでも行くかもしれないけど)、イギリスが制裁しても他国はついて来る義務はない。しかしここでアメリカが加わると、押しになる。で、もしそれが来るとしたら、私としてはこの件は、折からのノードストリーム2の問題こそテーマではなかろかという気がしてしまう。つまり、EUを絡めとって、ロシアと関係するなんて、まぁなんてことでしょう、と制裁に持っていきたい。どうなるのか。メイの最後通牒が36時間だったので、今夜あたりがヤマね。
続報:米のティラーソンがメイを支援して参入。誰がやったかわからないが、イギリス政府の調査を信じ、これはロシアに責任がある可能性が高い(likely responsible)だそうだ。この人が出てくるとますますノードストリーム問題のような気がするわけだが、しかし、成り行きからみるにロシア政府がスルーしそうな雲行きなので、何か返答させようとして買って出たという線もありそう。であればそれは何? 話をこじらせるためなのか、それとも別の展開なのか。楽しみだ。
続報2:一方、米下院議会は、トランプとロシアの癒着があったか否かみたいな訳のわからない調査の結果、証拠は見当たらないと結論したらしい。
https://blog.goo.ne.jp/deeplyjapan/e/1b02424c7f2d885938d284963109d88b
●ロシア・スパイへの毒ガス攻撃:ノルド・ストリーム2が、より大きな標的なのか?
イギリスにおける元ロシア・スパイに対する謎めいた明らかな殺害の企みの影響は、ヨーロッパ全体に広がっている。
イギリス人テロ対策当局者たちは、使用された化学物質は特定せずに、二人は猛毒の神経ガス攻撃の犠牲者だと明らかにした。
ロシアが関与しているというこの論理は錯乱している。だが示唆に富んでいる点は、モスクワに対するより広範な敵対的対応にヨーロッパを巻き込むという意図された効果だ。
先週、アメリカが率いるロシア-EU ノルド・ストリーム2プロジェクトを駄目にする政治キャンペーンは、新たな弾みを得た。110億ドル、1,200キロのガス輸送パイプラインは、来年の完成が近づいている。ポーランド、エストニア、リトアニアとラトビアの外務大臣が、ワシントン DCを訪れ、ノルド・ストリーム2と、どうすれば潰せるかいう特定の話題で、ティラーソン国務長官と会談したとボイス・オブ・アメリカが報じた。ポーランドとバルト諸国は、伝統的なヨーロッパへのエネルギー源ロシアを置き換えるアメリカによるガス供給を主張している。この問題は戦略的重要性が非常に大きい。ヨーロッパ消費者にとってずっと高価な結果となるにもかかわらず、ヨーロッパ諸国が、アメリカ・ガス輸出に切り替えることへの支援を、トランプ大統領は強く主張している。ノルド・ストリーム2プロジェクトは、ロシア国営企業ガスプロムと、五社の私営エネルギー会社イギリス、ドイツ、フランスとオランダのパートナーシップだ。しかし、プロジェクトは、ウクライナ、クリミアに関して、そして、アメリカとヨーロッパの選挙への“干渉”とされるものに対するロシアに対する非難を巡る政治的影響に晒されている。猛烈な反ロシア・イデオロギー政治が傑出しているポーランドとバルト諸国は別としても、EU政権内部には同様にノルド・ストリーム供給に反対する分子もいる。彼らは、そのような仕組みは、ヨーロッパ内政に対する余りに大きな影響力をモスクワに与えてしまう。そのような主張をする連中は、親NATOで、親ワシントンであることが多い。要は、ロシア-EUガス・パートナーシップを駄目にするためのキャンペーンに、先週のポーランドとバルト諸国政府閣僚代表団ワシントン訪問で見るように新たな弾みがついていることだ。もちろん連中はドアを押し開けているのだ。アメリカの国益は、ヨーロッパへのガス供給国としてのロシアを打ち負かすという目的と深く結びついている。すると、ロシアをはめるよう仕組まれた、イギリスにおける暗殺の企てのタイミングは、ヨーロッパの世界的エネルギー市場を巡る戦略的闘争の好都合な時期のものだ。亡命ロシア・スパイ殺人未遂とされるものを巡り、モスクワに対して“より強硬”となるよう、巨大な圧力がEUにかけられているように見える。求められている“より強硬な”対応は、ノルド・ストリーム2ガス・プロジェクトのキャンセルである可能性がある。もしこれが、EU-ロシア関係を切り裂くための最近の取り組みの動機なのであれば、実行犯らしきものとして絞られるものは以下のものへと変わる。モスクワを排斥する狙いで、セルゲイ・スクリパルと彼の娘を殺害しようと、おそらくイギリスや東ヨーロッパの共犯者と協力したアメリカ国家機関だ。
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/2-a2d4.html

4. 2018年3月13日 19:49:42 : kzOysq5j9Y : vmgUs2Bz@QM[7]
金正男は、マレーシアのクアラルンプール国際空港で、VXガスによって、暗殺された。

VXガスを製造したのは、記事にあるポートダウンのイギリス政府の研究所だ。

> Nerve agents. VX,・・・was developed by chemists at a British government facility in 1952.・・・・

https://www.britannica.com/technology/VX

しかし、イギリスが、最初にVXガスを製造したことを、理由として、金正男暗殺には、イギリス政府が関与していると主張することは、何の根拠もない。

イギリスのメイ首相が、ロシアの関与を主張した事情も、上と、全く同じだ。

イギリス政府は、使用された神経剤が、有機リン化合物系のノヴィチョク(Novichok agent)と主張しているけれど、詳細な分析結果などは、公表されていない。

旧ソ連、ロシアが開発していたノヴィチョクの存在を、初めて西側に明らかにしたのは、ロシアの化学者、ミルザヤーノフ(Vil Mirzayanov)だ。

彼は、逮捕されて裁判を受けるけれど、ノヴィチョクの存在は、ロシアでは知られていて、国家機密の曝露には当たらないとして、無罪放免になった。

彼は、それから、米国に移住して、ずっとそこにいる。

イギリス政府が公表している事実を、以下に挙げる。

娘のユリアは、ロシアから、イギリスの父の元を訪ねていた。

神経剤の痕跡は、自宅、二人が寄ったレストラン「Zizzi」から、検出された。

自宅に立ち入った警察官が、神経剤の影響で入院した。

数は、20人前後で、一定しないが、神経剤の影響が見られた。

ただ、奇妙なことは、スクリパリ父娘を手当てした、女医には、神経剤の影響がないらしいことだ。

一般的に、二重スパイは、その恩恵を享受していた国にとっても、諸刃の剣だ。

記事にもある、リトヴィネンコは、ポロニウム210によって、暗殺されたけれど、弟のマキシムは、兄の暗殺の動機は、よりイギリス政府側にあると、発言している。

> Britain had more motivation to kill Aleksandr Litvinenko than Russia, brother claims

https://www.rt.com/news/329804-litvinenko-brother-britain-murder/

西側メディアでは、スクリパリ父娘暗殺に関して、事件の内容が、それほど明らかになっていない段階から、ロシアの関与を仄めかしていて、非常に不可解だ。


5. 2018年3月13日 20:22:35 : AKy7wQKxDc : k1Ny2VH_N4M[335]
ロシア外相ラブロフが、スクリパルの件に関する証拠にアクセスできるよう公式に英国に対し要求したが、拒否された!
https://twitter.com/trappedsoldier/status/973507439474614272
スクリパルの件に関して、ロシアが英国大使を呼びつける
https://twitter.com/trappedsoldier/status/973514273262419968
スクリパルの件について、ロシアは無実を自ら証明しなさいと最後通告を発した英首相テリーザ・メイ。しかし攻撃に使われたとされる物質の証拠をもらわない限り、返答もできないと露外相ラブロフ
https://twitter.com/trappedsoldier/status/973514800742346752

6. 2018年3月13日 21:10:35 : AKy7wQKxDc : k1Ny2VH_N4M[336]
「ロシアがスクリパルに毒を盛った。それは明らかだ。ロシアは無実だと自分で証明しない限り、これを英国への攻撃だとみなす」―テリーザ・メイ首相。「じゃあ、証拠物質を見せて」とラブロフが正式に要求したが、メイの回答は「ノー!」
https://twitter.com/trappedsoldier/status/973529268251537408
トランプがモスクワのホテルで売春婦とゴールデンシャワー。正気の人間が書いたものと思えない元Mi6スティール文書。この文書作成に協力したのがスクリパル。ロシアは2010年にこの二重スパイを赦免しており、英国に住む元スパイを怖れる必要もない。むしろMI6やFBIに彼を消したい動機があるのでは?
https://twitter.com/trappedsoldier/status/973528014397911040

7. 2018年3月14日 03:21:49 : 34rPVG5FYs : YivPwRncLaY[5]

毎度おなじみ、CIAによるデッチアゲ偽旗ですわ。騙されるとこだった。

FBIとロンドン警察もお仲間。フロリダの高校銃乱射と同じ自作自演。

偽旗のメッカは英国とフランス。メイ首相の名演説ゴクロウサマ。

米上院のロシアゲートの調査終了したとたんに出来過ぎた事件だよ。

ティラーソン電撃解雇で毒ガスニュースが飛んじゃったな。トラが塩贈った?



8. 2018年3月14日 07:01:01 : CjUuebCLSE : ihs3JhOYJL4[1]
イギリスのポートンダウンの化学兵器施設にはノビチョクを真似て生産した神経ガス(薬で言えばジェネリック医薬品のようなもの)が常に保管されている。(イギリス人化学兵器専門家)
そしてソルズベリーはポートンダウンの近く。

9. 2018年3月14日 21:14:05 : KxJBJ5kYmg : 7wuyORc_t1M[41]
イギリスも 痺れ切らして 事起こし

ためらわず ロシアに着せろ 濡れ衣を


10. 2018年3月15日 07:30:27 : pyubokmwnI : t5HpTiErO4Q[14]
そうだよね。ロシアができることはアメリカもイギリスもやってると思わないと。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際22掲示板  
次へ