★阿修羅♪ > 国際22 > 378.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
わが国はこうして失われてゆく(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/18/kokusai22/msg/378.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 4 月 05 日 17:44:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

わが国はこうして失われてゆく
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2018/04/post-ff03.html
2018年4月 5日 マスコミに載らない海外記事


2018年4月1日
Paul Craig Roberts

今日は復活祭で重要なキリスト教の祝日だ。ところがアップル・ラップトップ・コンピュータに入っているアップル・ソフトウエアの一部であるカレンダーでは印がついていない。今日は4月バカの日でもあり、それはアップルが提供するカレンダーに載っている。アップル社プログラマーたちにとっては、4月バカの日の方が復活祭より大事なのだ。

アメリカ企業のアップル社が、1862年のプエブラ戦争で、メキシコ軍がフランス軍に勝利したメキシコの記念日、シンコ・デ・マヨ(5月5日)の印をカレンダーにつけるのを忘れないのに、復活祭を忘れてしまうというのはどういうことだろう?

ユダヤ教の祝日、12月13日のハヌカは載せるが、復活祭は載せないとは?

アフリカ系アメリカ人の祝日、12月26日のクワンザは載せるが、復活祭は載せないとは?

2月2日のグラウンドホッグの日(聖燭節)は載せるが、復活祭は載せないとは?

アイルランドの祝日、3月17日の聖パトリックの日は載せるが、復活祭は載せないとは?

4月22日の環境保護の日は載せるが、復活祭は載せないとは?

イスラム教の祝日、ラマダン初日、5月15日は載せるが、復活祭は載せないとは?

ラマダン最終日、イド・アル=フィトルの6月15-17日は載せるが、復活祭は載せないとは?

イスラム教の犠牲祭、イード・アル=アドハーの8月20日は載せるが、復活祭は載せないとは?

ロシュ・ハッシャナ、ユダヤ教の新年祭、9月10日は載せるが、復活祭は載せないとは?

ユダヤ教の祝日、贖罪の日、9月19日は載せるが、復活祭は載せないとは?

イスラム教の祝日、アーシュラーの9月20日は載せるが、復活祭は載せないとは?

ディワリ、ヒンズー教の灯明の祭り、11月7日日は載せるが、復活祭は載せないとは?

こういう具合に、我々の文化は奪われ、我々の記憶が曖昧にさせられるのだ。私が若かった頃には、春休みは復活祭の祝日として知られていた。現在では、春休み、フロリダ海岸での酒浸りの乱交騒ぎの時期として知られているのだ。

アメリカ合州国は、キリスト教国家として建国された。これは、国民はキリスト教徒でなければならないとか、そうでなければ懲罰されたり、亡命するよう海外に追いやられたりするのを意味するわけではない。単に、他者を思いやり、朝自分を鏡の中で正視できるようでなければいけないことを意味している。キリスト教は、アメリカ文化に、道徳感を付与した。もちろん多数の偽善者がおり、多くの悪事が行われたことを私は知っているが、判断するための基準があった。21世紀におきた、ウソを基にした、ワシントンによる無数の国々丸ごと、何百万人もの人々の破壊を判断するための基準は、今一体どこにあるのだろう? ごく少数の人々を除けい、ワシントンの大規模な継続中の戦争犯罪に批判的なことは何も語られない。アメリカのマスコミは戦争犯罪を慶賀する。

今では、アメリカ人、つまり大都市で暮らす人々は、人を疑おうとしない人や無力な人や、そうした複数の人々をだますことなしに、鏡の中の自分を見ることはできない。21世紀だけでも、アフガニスタン人、イラク人、リビア人、シリア人、パキスタン人、ソマリア人、セルビア人や、イスラエルとサウジアラビアを支持して、パレスチナ人やイエメン人に対し、アメリカ人が行っている大虐殺から判断して、自分たちの善悪の概念を逆撫でせずに、徹底的に追い込むことが可能な、どうということもない、いなくても良い人々として以外、他者のことを考えるのを、アメリカ人は辞めたのだ。
実際、アメリカ“外交官”は他国政府に“俺の言うとおりにしないと、お前たちを爆撃して石器時代にするぞ。”と言っている。

キリスト教で二番目に重要な祝典の復活祭が、アップル・コンピューターのカレンダーから消え、一人か二人の無神論者と、ごく少数のユダヤ人が、クリスマスを、もはや公的な祝典でなくするのに成功したのも不思議なことではない。現在、クリスマスは、消費の時期におとしめられている。

共通の道徳文化がない国は、もはや国ではない。それなのに国のふりをしているアメリカは、本当の国であるロシアに対する戦争へと導かれつつある。来たるべき戦争で、アメリカが勝つ可能性は皆無だ。

Paul Craig Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼 の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Orderが購入可能。

記事原文のurl:https://www.paulcraigroberts.org/2018/04/01/how-our-country-was-stolen/
---------


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年4月05日 22:05:31 : hesCGq807o : As0RjqNJN@0[139]
>共通の道徳文化がない国は、もはや国ではない。

最近、しみじみ感じる。
文明と分化の逆比例。


2. みずほ[-92] gt2CuILZ 2018年4月06日 14:57:34 : CjGYIrX9yM : HW6FCFPn_hQ[-90]
古代ローマも国全体としては共通の神もなく文化もない国でしたが賢明な皇帝のもと繁栄をしました。ローマでは各地の宗教は尊重されていましたし文化も壊すようなことはしませんでした。アメリカという国にも自由と寛容があり立派な世界帝国になる素養が十分あります。国民は勇敢で努力を惜しまぬ人が多いです。確かに一部に問題はあるかも知れませんがそれでもアメリカの全体としての雰囲気は古代ローマに民主的素養をつぎ込んだような素晴らしい国であるように思えます。ただロシアと戦争をすべきかどうかは私にはわかりませんが。

3. 2018年4月06日 19:59:11 : hesCGq807o : As0RjqNJN@0[143]
>>2

私の意見というか、結論だけ
戦後の歴史を振り返れば米国は「悪の帝国」
最近は、それを隠すことさえしなくなった
「偽善の国」と言ってもいい

>ただロシアと戦争をすべきかどうかは私にはわかりませんが。

どことも、戦争をすべきではない。
これ以上、戦争の種をまかないでほしい


▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際22掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際22掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際22掲示板  
次へ