★阿修羅♪ > 近代史3 > 120.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
天皇一族だけでなく日本人の大人の幼児化も進行している
http://www.asyura2.com/18/reki3/msg/120.html
投稿者 中川隆 日時 2018 年 12 月 28 日 08:31:11: 3bF/xW6Ehzs4I koaQ7Jey
 

(回答先: 天皇家では何時から知恵遅れや発達障害の子供しか生まれなくなったのか? 投稿者 中川隆 日時 2018 年 12 月 22 日 12:14:17)


天皇一族だけでなく日本人の大人の幼児化も進行している


重度の「ひきこもり」は、親が死んで腐っても何もできないほど悲惨だ2018.12.28
https://blackasia.net/?p=10704

2017年12月、札幌市中央区の築40年のボロボロのアパートの1階でふたりの遺体が見つかった。このアパートの一室に住んでいた母娘の遺体だった。母親は82歳。娘は52歳。母親が先に栄養失調で亡くなり、次に娘が餓死していた。

52歳の娘は20代からずっと「ひきこもり」で、母親の年金に寄生してひっそりと生きていた。

母親が室内で栄養失調で死んでも、52歳の娘は誰にも助けを求めなかった。救急車にも警察にも電話をしなかった。電話がないのであれば、ドアを開けて隣の人に「母親が死んだ」と伝えれば保護されたはずだ。

ところが、彼女はそれすらもしなかった。彼女はどうしていいのか分からず、死んだ母親を放置したまま部屋にこもり、やがて自分も栄養失調で餓死してしまった。

冷蔵庫は空っぽで、床にはお菓子の袋が散乱していた。調味料も空っぽになっていた。口にできるものはすべて口にして餓死してしまったのだ。

ところが、である。

部屋には現金が9万円残されていた。金が一円もなかったわけではない。彼女はそれを持って外に出て買い物をすれば食べ物を買えたのだ。しかし、彼女は部屋にひきこもったまま餓死してしまった。(鈴木傾城)


母親が腐っていくのを見ても何もしなかった

2018年8月。アパートで異臭がするという匿名のメールが寄せられて警察官が調べたところ、長崎市小島2丁目の小さなアパートの一室で76歳の女性が死んでいるのを発見した。そして、死体と同居していた48歳の息子が死体遺棄で逮捕された。

この48歳の息子は「ひきこもり」だった。母親の年金で細々と暮らしていたのだが、アパートのまわりには大量のゴミを放置して近所トラブルになっていた。部屋の中もゴミだらけで76歳の母親はゴミの中に埋もれた状態で死んでいたのだった。

この48歳の息子は、母親が死んでもやはり警察にも救急車にも連絡せず、近所の人が匿名でメールをするまで何もしなかった。

2018年11月5日。神奈川県金沢区の団地で49歳の男が死体遺棄容疑で逮捕されていた。この男は76歳の母親と一緒に暮らしていたのだが、母親が死んだのを2周間近くも放置して、ただ自宅にひきこもっていた。

この男には妹がいたのだが、妹に連絡を取ることもなかった。団地に住んでいたのだから、やはりドアを開けて隣の人に助けを求めればいいだけなのに、それもしなかった。この男は一度も働いたことがなかった。ずっと母親が面倒を見ていた。

母親が台所で倒れて死んだので、男は母親を部屋に運んだ。3日もすると腐敗臭がするようになったので、男は母親の鼻や口にティッシュを詰めた。

それから2週間、母親が腐っていくのをじっと見つめて何もしなかった。

この男は40年間ひきこもって誰とも話せなくなってしまっており、警察とも筆談でやりとりしなければならないほどひどい状況だった。その筆談の中で「母が死んだのは分かったが何もできなかった」と話した。

2018年12月26日。千葉市稲毛区で71歳の母親の遺体を10ヶ月も放置していたとして45歳の男が逮捕されていた。母親の遺体は白骨化していたが、白骨化するまでこの45歳の息子は何もしなかった。

この男もまた「ひきこもり」だった。

自分が餓死するとしても何もしない

「ひきこもり」の子供を抱えて、年老いた親が限界に達して子供を残して死ぬ。何もできない40代、50代の子供が後に残される。

こうした「8050問題」が日本のあちこちで次々と起きている。(ブラックアジア:親が高齢化して、ひきこもった子供の面倒を見ることができなくなっている)

失業、退職、挫折などで社会から逃げるように部屋にひきこもり、それを親が面倒を見る。10年経ち、20年経ち、やがて30年経つ。親は歳を経て動けなくなる。しかし、ひきこもりの子供はまったく何もしない。

社会に出て仕事をしようとする気力があるかないかの前に、あまりの長いひきこもりのせいで、もはや「何もできない人間」と化してしまっている。

その「何もできない」という度合いは私たちが考えている「できない」とはレベルの違う次元にある。本当の意味で「まったく何もできない人間」になってしまうのである。それが究極的な事件として現れているのが「死体遺棄」だ。

自分を養ってくれている唯一の存在である親が死ぬ。目の前に遺体がある。普通の人であれば、その瞬間に警察に電話するとか救急車を呼ぶとか、隣近所に助けを求めるとか、自分にできることを何とかしようとする。

ところが「まったく何もできない人間」は、本当に何もしない。助けを求めるというのはすべて外界と接触するということなので、それができないのである。

どうするのか。最後の最後まで何もしない。親の亡骸が腐り始め、凄まじい異臭を放つようになっても何もしない。途中で外の誰かが気づくと死体遺棄で逮捕されるのだが、そうでなければどうなるのか。自分が餓死するとしても何もしない。

それほど何もしない。いや、何もできない。数十年も社会と断絶し、接点が親だけになってしまった「ひきこもり」の救いのなさがここにある。

何もしない方向に自らを最適化

「ひきこもり」を許すというのは、子供の人生を破壊するばかりか、親の人生をも破壊することになる。

ひきこもりが長くなればなるほど、そして社会と断絶すればするほど、子供は人生がゆっくりと台無しになっていき、やがて回復不能になってしまう。

そういった意味で、ひきこもりを許すのは「子供を破壊する親の犯罪」であるとも言えるし、逆にひきこもるのは「親を破壊する子供の犯罪」であるとも言える。

親は何としてでも子供を自立させなければならないし、子供は親から自立しなければならないのだ。

親が子供の面倒を見てもいいのは子供が学業を終えるまでだ。社会に出た子供は家から放り出さなければならない。たとえ、子供がどんなに可愛くても自分の手元に置いておくというのは間違いなのである。

逆に子供が親に甘えてもいいのは社会に出るまでだ。社会に出たら、子供は親の家から出なければならない。どんな事情があったとしても、社会に出ても親の家から出ないというのは真に自立していることにならない。

自分が何もしなくても親が何かしてくれるようになると、子供はやがて何もしない方向に自らを最適化させていく。

中途半端に何かできるようになると「やればできる」と見なされて、家から放り出される危険がある。しかし、まったく何もできなくなると、逆に親が「この子を放り出したら餓死してしまう」と思うようになって至れり尽くせりで面倒を見る。

そうすると、ますます子供は自発的に何もしなくなる。何もできないことに最適化するというのはそういうことだ。何もできなくなればなるほど親が面倒を見てくれるので、何もできなくなる方向に成長する。

そうなれば、終わりだ。

最後には本当に何もできなくなってしまい、親が死んでも警察を呼ぶことも救急車を呼ぶこともできず、腐っていく親の亡骸と共に暮すことになる。重度の「ひきこもり」は、親が死んで腐っても何もできないほど悲惨なのだ。

今後、こうした「何もできないひきこもり」が大量に問題を起こす。そうした時代に日本は入っていくことになる。(written by 鈴木傾城)
https://blackasia.net/?p=10704  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 中川隆[-13388] koaQ7Jey 2018年12月28日 08:36:34 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22210] 報告

親が高齢化して、ひきこもった子供の面倒を見ることができなくなっている2018.12.22
https://blackasia.net/?p=10639 ひきこもり, 格差, 貧困

「8050問題が深刻化している」と、現場から声が上がるようになっている。8050問題とは何か。それは「80代の高齢化した親と50代のひきこもりの子供の共に困窮化し、共倒れになる問題」を指す。

1990年のバブル崩壊後、この頃の若年層は未曾有の就職氷河期にさらされ、うまく仕事を見つけることができなかった。

(ダークネス:1971年〜1974年生まれは、自分たちは過酷な時代に生きる世代だと認識せよ)


彼らの一部は仕事をするのをあきらめて、そのまま「ひきこもり」となっていった。そして、30代や40代になっても彼らは依然としてひきこもったままだった。そのひきこもった子供を親が面倒を見ていた。

しかし今、その親も高齢化して貯金も使い果たし、親子共に困窮化し、共倒れになりそうになっているのである。

これが「8050問題」と言われている。「7040問題」と言われることもある。これも構造的には同じで「高齢になった70代の親とひきこもる40代の子供」の困窮の問題だ。

本来であれば子供が親の面倒を見なければならないはずなのだが、ひきこもる子供は何もしない。最後の最後まで親に依存したままだ。そして、次々と事件が起きるのである。(鈴木傾城)

完全に「生活無能力者」になった子供たち

兵庫県明石市二見町で、76歳の母親が49歳の長男に殴り殺された事件があった。この長男は仕事もしないで家の中でぶらぶらして過ごし、母親の年金に寄生して生きていた男だった。

早い話がこの男も「ひきこもり」だった。働こうとせず、自立しようともせず、ただ老いた母親にすがっていた。それならば母親に恐縮して大人しくしているべきだが、それもない。母親を奴隷か家政婦のように思っていた。

この49歳の働かない息子は「食事を作らなかったので腹が立った」ので、76歳の母親の顔を拳で殴った。

働かないでぶらぶらしている息子が食べさせてもらっている母親を殴るのだから、頭がどうかしている。結局、それが元で母親は死亡した。

ところで、その1ヶ月前にはよく似たような事件があった。

奈良県香芝市で起きた事件だったが、81歳の母親の年金に寄生して生きていた55歳の男が、死体遺棄の疑いで逮捕されていたのである。

81歳の母親が台所で倒れて死んだのだが、55歳の無職の息子はそれをそのまま5日間放置して暮らしていた。

この男も完全にひきこもって母親に食べさせてもらっている子供だった。55歳にもなってずっと無職で社会から縁が切れていた。そして、死んだ母親をどうしたらいいか分からずに5日間も放置していたのだった。異常極まりない。

この55歳の男は、あまりに長いひきこもりで完全に「生活無能力者」になっていたことが分かる。実は、何をどうしたらいいのか分からずに逃げたという事件は大阪市西淀川区でも起きていた。

81歳の母親が布団の中で死んでいたのだが、無職の51歳の男は「どうしたらいいのか分からなかった。動転した」として、放置したまま逃げていた。

これが「8050問題」である。完全に「生活無能力者」になった子供たちの姿がここにあるのが見えてくるはずだ。

気が付けばひきこもりになっていった

日本は1990年のバブル崩壊を経て、急速に就職口が減っていったのだが、それが深刻化したのが2000年代に入ってからである。

企業は正社員として若者を採用するのをやめて、どんどん非正規雇用を増やしていった。それによって若者たちは安い給料で時期が悪ければすぐに見捨てられる「使い捨て要員」にされてしまった。

最初から仕事が見付からないまま、親に面倒を見てもらうしかない若者がまずひきこもり化し、次に非正規雇用で働いていて契約が切れて新しい職場が見付からない若者がひきこもりになっていった。

日本経済はバブル崩壊の痛手から抜け出せず、2006年以後は政治の混乱も重なってますます若者を追い詰めることになった。

不幸だったのは、この混乱をさらに加速させる民主党が2009年から2012年まで政権を取ったことだ。日本史上、類を見ないまでの無能政党と言われた民主党は、異常な円高を放置して日本企業が破滅していくのを知らん顔をして見ていた。

そのため、雇用環境はさらに悪化して、若者の貧困は決定的になってしまったのである。最初は正社員になれれば何とか勝ち組だと言われていたが、やがてその正社員ですらもリストラで放り出される時代が到来した。

そんな厳しい社会の中で、次の仕事が見付からない若年層も中高年も次第に心を病んでいき、気が付けば一部がひきこもりになっていったのだ。

20代のうちに生活を成り立たせる仕事や収入を得ることができず、そのまま親に依存したまま30代を迎えた人たちが40代に入った。この頃から親の高齢化と重なって「7040問題」となり、それがより進んで「8050問題」になっている。


依存して生きる方法は正しいのかどうか

ひきこもりになって社会の接点を失うと、年齢がいけばいくほど社会復帰は難しくなる。まったく働いたことのないまま30代や40代になった無経験・無資格の人間を雇う企業はなかなかない。50代に突入したら、ほぼ絶望的だ。

そのため、ひきこもりになった子供が親が高齢化したからと言って何かが変わるわけではない。仕事を探すこともないまま、親が死んでしまうまで親の家の一室にひきこもっているのだ。

こうした環境にいる40代、50代のひきこもりが少なくとも60万人から100万人の規模で存在する。

親としては厳しい社会に叩きのめされている我が息子を必死で守ってきたと考えているのかもしれないが、結局は何もできない子供になって行き着く先は「親子共倒れ」の世界なのである。

親は子供を突き放すべきだった。本当に子供を愛し、子供を守りたいと思っているのであれば、子供を自立させる以外に方法はない。

本当に子供のことを思っている親は、恐らく親を頼ってくる子供を突き放す。それは非情に見えるかもしれない。しかし、その非情は大きな目で見ると正しいことだ。

寄生させないというのは、親にとっても子供にとっても正しいことなのである。人はいずれ自立して生きていかなければならないのだから。

8050問題はいずれは親の死によって、また次の問題となる。それはひきこもったまま生活無能力者となった人間をどうするか、という問題だ。

彼らは自分で生きることができない。ひとりで何もできない。そのため、結局は私たちの税金で彼らを養い、死ぬまで面倒を見ることになる。子供を自立させなかった親の後を継いで……。(written by 鈴木傾城)

厳しい社会環境の中でひきこもりになった子供たちがいる。それを高齢化した親が支えきれなくなって「8050問題」が深刻化している。彼らは自分で生きることができない。ひとりで何もできない。
https://blackasia.net/?p=10639

2. 中川隆[-13387] koaQ7Jey 2018年12月28日 08:39:06 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22210] 報告

2016年 12月 17日
やはりこの国は随分と壊れて来ました


最近のニュース見ていると、誰もが異常さを感じていると思います。例えば、毎日起こる身勝手な殺人事件。ストーカー殺人や親の子供いじめ。母親が娘をわざわざアレルギーを起こさせる事件。福島から疎開している子供達に対する卑怯な差別。学校で起こる信じられないような劣化した教師の言動。

逆行するのは、老人ばかりではありません。問答無用に沖縄の訴えを門前払いをする最高裁。意味の無いTPP法案の承認、突然出て来たカジノ法案の強行採決。22兆円もかかる福島の廃炉費用の電気料金への上乗せ。東京電力の誰も責任を問わない司法判断。放射能が下がらないのに通行させる高速道路。福島の反省が全く見えない原発の再稼働。訳の分からない東京ガスの汚染土壌への魚市場の豊洲市場への移転。一週間も使わないオリンピック会場の百億円単位の会場設備。理由さえつけばばらまきを続ける公共事業の利権。

電車にのれば会話も全くなく、10人に8人は携帯で、メールやゲームをしている不気味に静かな車内。しゃべっているのは圧倒的に増えた外人観光客ばかり。レストランで会話も無く、黙々と別々にメールを送っている恋人達。道を歩いても、自転車に乗っていても、乳母車を押していても、携帯をやりながらです。夜の公園にひたひたと押し寄せてくるポケモンに夢中な老若男女。ゾンビの集会かと思いました。孤独を恐れるのか、何万人も集まり盛り上がるコンサートやスポーツイベント。評判を読ければ、何百万人も見に来るアニメ映画。夢中になれる物を探している若者。

日本中どこに行っても同じコンビニとスーパーとファミレスの同じ食事。消毒ばかりを気にするお客と食中毒を怖がるあまり、過剰な殺菌をするレストラン側。鳥インフルエンザが発生するたびに起こる、数十万単位のホロコースト。いつかは必ず発生する巨大地震と数分で襲ってくる大津波。大都市の地下空間の壊滅。いつ発生するかわからない活断層の上の原発。スーダンまで飛ばされる自衛官・・・・

こんなに、不安が蔓延しているのに、正しい道を示せず、空虚で実のない言葉を繰り返す、ぶつぶつに細切れになった首相の言葉。外遊ばかりは山ほど行くけど、国内、沖縄や福島には行かない政府首脳。そして、政権与党の思考を失った厚かましさ。自民党は自浄作用を失い、連立パートナーに根幹を押さえられています。対決するはずの野党のひ弱さ。大阪の知事の沖縄の警官の暴言に対しての助長発言。

極めつけは決して三権分立していない国家体制。最高裁が存在しないかのような、自らの立場を放棄した最高裁。高齢による退位もままならない象徴天皇。それに対し反対をする参考人たち。だからといって、日本は決して大統領制には馴染まないのは、今までの知事の貴族のような経費の無駄図解を見れば分かります。それを助長しているのが地方公務員の特権意識です。このような状態が続くと、極端な意見をいうポピュリズムの政治が台頭してくるのです。今の世界の流れを見るとそれが一番恐ろしいことにつながります。

戦後70年間、我々の年代は、奇跡のような平和の時代を過ごしてこられてきました。そして前期高齢者になって何年か経ちました。私自身はまだ仕事をしているので、年金にはご縁がないのですが、周りの公務員や大企業にいた友人を見ると、大企業や公務員の退職金や年金の格差を実感しますね。生活のレベルの差が拡大していきます。

それでも、時間ができたので、足腰が元気なら山登りや旅行に行く人も増えているのもうなずけます。車で、ゆっくりと日本の温泉を回っている人も多いとききます。余裕があれば、美味しい料理を出す旅館巡りも楽しいでしょう。しかし私達の年代の人は、生まれ育った環境が終戦後の貧しい時代だったので、それが身についていて、最近還暦を迎える10歳ぐらい若い人達とは、生活スタイルが違う様に思えます。贅沢をするのに一種の恐れを感じているのです。美味しい物を食べても、一度経験したらそれで充分なのです。

我々の時代は、ワーカホリックと言われますが、仕事は大変ですが、仕事を通じて他の人の役に立っているときが一番楽しいのです。その積み重ねが大事なのだと思っています。今の電車の中でゲームに熱中している人達は、人が作ったゲームの中だけで大切な自分の時間を使っています。自らがおもいこんでいた枠を外して、行動を起こして欲しいと思います。人生は大変なのは当たり前だけど、やればその分必ず何かを得ると言う事を知って貰いたいと思います。お隣の国でおこっている財閥や学歴での格差の拡大は日本でも起こっているし、将来より深刻な事態を引き起こすのではと懸念しているからです。

  
三日前に書いた記事ですが、それからプーチンが来て、北方四島は首相の空振りになって、FRBの金利引き上げも発表されて、大企業は輸出がやりやすいでしょうが、石油はOPECが減産をやめ、円も下がり物価が上がってますますます貧富の差が拡大していくでしょう。戦前のような不景気化が進んで来ました。不安定要素はお隣にもあります。
http://tannoy.exblog.jp/27308527/

3. 中川隆[-13386] koaQ7Jey 2018年12月28日 09:03:46 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22210] 報告

これ読めば、自分のどこが逝かれてるか良くわかるよ:


ダメダメ家庭の目次録
http://kinoufuzenkazoku.hariko.com/index_original.html

ダメダメ家庭 カテゴリー分類総目次
http://kinoufuzenkazoku.hariko.com/mokuji/sougoumokuji.htm

映画とクラシック音楽の周囲集
http://movie.geocities.jp/capelladelcardinale/index.html  

音楽・映画関係の超有名サイトでしたが、東北大震災後に更新が途絶え、リンク切れになり、ミラーサイトでだけ読める様になってしまいました。

消えない内に早くコピーを取って残しておいた方がいいです

4. 中川隆[-13385] koaQ7Jey 2018年12月28日 09:18:37 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22210] 報告

内縁30年…死んだ妻は誰? 無戸籍か、身元分からず 2018年12月16日 06時00分


 福岡県大野城市内で10月、アパート一室に内縁の妻の遺体を遺棄したとして、死体遺棄容疑で男が逮捕された。妻は「ユミコ」と名乗り、一時は仕事もしていたが、県警が調べても身元を特定できなかった。免許証や住民票もなく、「無戸籍状態」だった。30年連れ添った男も「今となっては、妻がどこの誰だったのか分からない」と話す。

 男は住所不定、無職奥田義久被告(74)。起訴状によると、昨年10月下旬ごろ死亡した氏名不詳の女性(妻)の遺体を遺棄したとされる。一部白骨化し、死因は分からなかった。

 被告によると、妻とは33年前、北九州市戸畑区にあったキャバレー「太陽」で出会った。妻には4歳ぐらいの子どもがいたが、数年後に駆け落ちしたという。妻の言う通りなら1963年11月27日生まれで、死亡時は53歳だった。

 春日署は、キャバレー関係者や区役所に聞き込むなど「手は尽くした」(署幹部)。キャバレー関係者は「似た人がいたかも」と話したが、身元は特定できなかった。取り調べの最終日、捜査員は被告にこう声を掛けたという。「奥さんのことは分からなかった。ごめん」

   ◇    ◇

 福岡拘置所(福岡市早良区)で今月11日に被告に面会した。

 被告は淡々と半生を語った。2人は大野城市に移り、パチンコ店に住み込みで働いた後に、事件現場のアパートに引っ越した。妻は「奥田ユミコ」として食品加工会社などで働いた。給料は妻の銀行口座に振り込まれていた。不可解なことは多かったが「詮索はしなかった」。

 一昨年ごろ、妻は仕事を辞め、被告の年金で暮らしていた。妻は一度も病院に行ったことはなかったが、昨年、目が少しずつ見えなくなり衰弱していった。ズボンや下着を脱がせてあげないと用も足せなかった。

 病院に連れて行くため「昔の住所を言ってくれれば身分証作ってくるけぇ。借金してもいい」と何度も説得した。だが、かたくなに拒まれた。

 その年の10月下旬。野菜ジュースを飲ませると「あぁ、おいしい」とつぶやいたのが最期になった。冷たくなった妻を前に「頭が真っ白になった」。遺体をベッドに移して消臭剤を置き、そのまま暮らした。大家には「妻は実家に帰った」とごまかした。

 アパートの取り壊しに伴う退去期限が迫った今年9月末、遺体を放置して逃げた。「30年も一緒にいた。嫌いになってしたわけではない。『わかってくれ』という気持ちだった」

 妻は一体誰だったのか−。捜査関係者は「無戸籍だったとは思うが、妻がうそをついていたかもしれない。真実は分からない」と話す。17日、福岡地裁で被告の初公判が開かれる。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/473413/

   ◇    ◇

妻の遺体放置の男に判決 身元知らぬまま30年 福岡地裁
12月26日 11:32毎日新聞

 福岡県大野城市の自宅アパートに内縁の妻だった女性の遺体を放置したとして死体遺棄の罪に問われた無職、奥田義久被告(74)に対し、福岡地裁は26日、懲役1年、執行猶予3年(求刑・懲役1年)の判決を言い渡した。女性の身元は不明で、奥田被告は駆け落ちして30年以上連れ添ったが、本名を知らないままだった。国分進裁判官は「あなたのできる範囲できちんと供養してあげてください」と説諭した。

 判決や奥田被告の供述などによると、奥田被告は1978年ごろキャバレーで女性と知り合い、駆け落ちした。女性は「由美子」と名乗ったが、身元を知らないまま同居した。

 女性に本籍地を聞いても教えてくれず「籍を入れよう」と持ちかけても拒まれた。過去に触れられるのを嫌がったため、奥田被告は関係が壊れることを恐れて詮索しなかった。女性は食品加工会社などに勤めたが、勤務先からマイナンバーカードの提出を求められ、戸籍がないことを理由に退職。その後は奥田被告の年金で暮らしていたという。

 女性は昨年9月に体調を崩して寝たきりになったが病院に行くのを拒み、同10月に死亡。奥田被告は「戸籍がない女性と長年暮らしたことが問題になる」「戸籍がないと火葬できない」などと考えて死亡を届けず、朝晩に線香をあげて暮らした。今年9月にアパートが解体されることになったため逃げ出した。

 事件発覚後の捜査では女性の身元を特定できず、戸籍がなかった可能性もある。判決の事実認定でも女性は「自称・奥田由美子、氏名不詳」と述べられた。

 国分裁判官は「長年連れ添った女性が死んだのに公的機関に相談せず1年近く遺体を放置した動機に酌むべき点はないが、事実を認めて反省している」と述べた上で、奥田被告に女性への供養を求めた。奥田被告は「はい」と答えて頭を下げた。
https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20181226k0000m040063000c.html

5. 中川隆[-13252] koaQ7Jey 2019年1月01日 18:23:09 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22210] 報告

「本当の世界はゲームの中」衰弱死1歳児の母親
1/1(火) 14:37配信 読売新聞


 親が、子どもに食事などを与えない育児放棄(ネグレクト)が深刻化している。警察庁によると、今年上半期の児童相談所への通告人数は過去最多の3795人で、4人の子どもが命を落とした。1歳の息子への保護責任者遺棄致死罪で懲役6年の実刑判決を受けた母親は拘置支所で読売新聞の取材に応じ、オンラインゲームが原因だったことを明かした。

 「本当の世界はゲームの中。現実世界は偽物だった」

 埼玉県桶川市のマンションの一室で昨年10月、1歳1か月の山辺晴(はると)ちゃんが衰弱死した事件で、今月14日に保護責任者遺棄致死罪で懲役6年の実刑判決を受け、期限までに控訴せず29日に刑が確定した母親(25)は取材に対し、そう話した。

 幼い頃から転校が多く、友人はほとんどいなかった。中学2年の頃からオンラインゲームを始め、家に引きこもりがちになった。

 2013年1月、オンラインゲームで知り合った夫(25)(懲役6年の実刑判決)と結婚し、3人の子どもが生まれた。

 自宅で四六時中、出会い系サイトやゲームに興じる夫の姿を見て、「自分もゲームにもっと時間を使いたい」と思うようになった。日中はスマートフォンのゲームをし、夜中に子どもたちが寝静まると一人で近くの実家に行き、パソコンでオンラインゲームをした。

 ゲームで知り合った人とチャットでやり取りをするようになると、スマホが近くにないと不安を感じるようになった。部屋の床にあった子どもたちの排せつ物も片づけずに放置した。

 生活は昼夜逆転し、食事を作るのもおっくうになった。4歳の長男と2歳の次男は冷蔵庫から自分で食料をあさって食べたが、1歳だった晴ちゃんには泣き叫んだ時にだけミルクを与えた。ゲームに課金しすぎて、ミルクを薄めて飲ませたこともあったという。晴ちゃんの死亡時の体重は約4キロで、標準体重の4割程度に痩せ細っていた。

 母親は、当時の心境について、「育児を誰も助けてくれず、心がぱんぱんだった。いつの間にかゲーム上の友人とのチャットの方が子どもより大切になっていた」と話した。

6. 中川隆[-12914] koaQ7Jey 2019年1月18日 09:33:34 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22225] 報告

皇族は全員幼児化している


旧皇族竹田宮恒徳王の三男 竹田恒和は自分では何一つできない意志薄弱で他力本願、頭が弱い完全なアホだった。


父は731部隊の参謀、かつ沖縄に師団を送らせなかった竹田宮恒徳(1964五輪のJOC会長)。
本人は2020五輪JOC会長の竹田恒和。
息子はご存知ネトウヨの竹田恒泰。

2019.01.16 JOC竹田会長 7分だけ会見
https://golden-tamatama.com/blog-entry-joc-takeda-7-minutes.html

さて、いよいよAKIRAっぽくなってきた世の中。

昨日、JOC竹田会長の記者会見をやったそうでした。
たった7分だったとか。

色々、載ってたので張っときます。


その昔、国際興業の小佐野さんが色々質問されて記憶にございません。
そのような名文句でしらばっくれたのが流行りますたが。

竹田さんの場合はなーんも質問も受けないで逃げたようです。
こういうのを逃げ恥作戦というそうです。知りませんですた。


日本では起訴のために捜査開始と報道されてますたが。
ぇえ?

海外では既に起訴されたと報道してます。

こういう場合、たいてい海外の報道が正しいのじゃないでしょうか。

FNNではこんな報道をしてますた。

竹田会長の疑惑を担当する予審判事はルノー・バン・リュインベック判事という人で、これまでにフランス国内の代表的な汚職事件を複数手がけてきた有名な判事だそうです。

で、本人が出廷を拒否した場合でも代わりに弁護士に出廷を求めたり、国際手配されるケースもあるそうです。

JOC会長が国際手配。
そんなオリンピックやるんでしょうかね。

やったとしても今後、フランスはオリンピックに出ないんじゃないでしょうかね。
他のヨーロッパの国も続いて出ないかもしれません。

なんとか開催できても、各国がボイコットする中で開催されるのでは?

このJOC竹田会長さんについて日刊ゲンダイさんがこのように書いてますた。
なんだか自分では何でもできない人と書いてますね。


東京五輪招致めぐる贈収賄で捜査 JOC竹田恒和会長の“正体”

来年に東京五輪を控える日本オリンピック委員会(JOC)と政府に衝撃が走った。

フランスの検察当局は11日、2020年の東京五輪の招致を巡る贈収賄疑惑でJOCの竹田恒和会長(71)の訴訟手続きに入った。

そもそも竹田会長とはどんな人物なのか。

1947年、旧皇族竹田宮恒徳王の三男として生まれた。慶大出身で72年ミュンヘン、76年モントリオール五輪は馬術の日本代表で出場。

ロスやバルセロナ、ソウル五輪は選手団コーチや監督を歴任。五輪との関わりは長いが、元JOC関係者は、「今回の疑惑は竹田会長の指導力不足が主因です」と、こう続ける。

「JOCは91年、体育協会から完全独立した。80年のモスクワ五輪は政治介入でボイコットをしたが、その悲劇を繰り返さないためでもあった。

独立時の国際委員会のトップは国際卓球連盟会長の荻村(伊智朗)さん。メンバーには国際アイスホッケー連盟理事の冨田(正一)さんら、国際通が集められ、五輪招致活動をリードするため世界を飛び回り、独自の人脈で情報を集めた。

結果、98年長野五輪招致に成功した。当時のメンバーで一番の若手は40代半ばの竹田さんだった。

オリンピアンといっても旧皇族の宮さまですからね。父はIOC委員でしたが、竹田さんは誰かがお膳立てしないと何も仕事ができなかった。

ソ連が崩壊して誕生した国にも情報集めとパイプづくりに人を出した。竹田さんはカザフスタンに行ったときもひとりでは何もできず、すべて職員が準備していたと聞きました」

■安倍首相にまったく頭が上がらない

そんな宮さまがなぜJOC会長になれたのか。

「全日本スキー連盟専務理事の八木(祐四郎)会長が亡くなり、皇室好きで知られる初代会長の堤(義明)さんが反対派を抑え、竹田さんを推したのです。

しかし、竹田さんはJOC会長として何がしたいのか、JOCは今後どうあるべきかというプランを提示できず、スポーツが平和貢献するための具体策もなかった。

20年東京五輪も招致委員会は広告会社に戦略を丸投げする形になり、国のバックアップで成功したようなもの。だから竹田さんは安倍首相にまったく頭が上がらないのです」

昨年11月にはこんなことがあった。都内で各国オリンピック委員会連合(ANOC)総会が行われ、世界206の国・地域、約1400人の委員が集結。冒頭の安倍首相の挨拶が終わると、次にスピーチするはずの竹田会長は安倍首相の“お見送り”で場内から消えていた。

IOCのバッハ会長が前倒しで登壇し、「JOCを代表しご挨拶します」と皮肉タップリに切り出して場内は大爆笑。

政治家にペコペコするJOC会長に多くの委員たちがあきれ顔だった。

勝利至上主義の病に侵された国内の競技団体に苦言を呈するどころか、ジュニア育成に多額の資金を投じ、それを煽るJOC。

存在意義さえ問われている今、こんな会長では組織が正常に機能しない。これからJOCはどうなるのか。スポーツライターの津田俊樹氏が言う。

「かつての自民党のように、JOCも昔は内部で意見のぶつかり合いがあった。

今の役員は自分の競技団体のことばかり考え、国際感覚も欠如している。スポーツと政治は別物といわれるが、それは建前。実際は切っても切り離せない関係です。

JOC会長は政治とケンカできるだけの器のある人物でなければいけない。しかし、今のJOCにそんな人物は見当たらない。東京五輪というビッグイベントが終われば、『いずれ日本スポーツ協会(旧体協)に戻るのではないか』という声もある。それも一つの手ではないか」

 10期目に入っている竹田会長は政治家にベッタリ。「昔よりレベルが上がったのは仕事力ではなく、英会話だけ」(前出の関係者)とも言われている。東京五輪が終わったらJOCは「店じまい」した方がいいかもしれない。

うーん。
以下ではここでもトリクルダウン理論と言ってますが、
本当に丸投げしてただけかもしれませんね。


この竹田会長の父親は731部隊の参謀だったそうです。
で息子さんは竹田恒靖さんという方のようですた。


なんか息子の竹田恒靖さんがしきりに父親をかばってるようですた。

フランスがゴーン氏の仕返しにやった。
フランスは民度が低いという論を展開しているようですた。


息子の竹田恒靖さんというとこんな本を出してる人ですよね。
これは結構売れた本だそうです。


ネトウヨと言われてるようですが。

なんかあの漫画家の小林よしのりさんが、珍しくこの竹田恒靖さんを散々に書いてるのが載ってますた。


https://yoshinori-kobayashi.com/11177/

「元皇族」はペテン師の嘘です。

竹田恒泰は「元皇族」じゃありませんから。
明治天皇の「女系の」玄孫です。
「女系」があるからこそ、明治天皇の玄孫を名のれるのです。
「女系」に足を向けては眠れないはずの男なのです。
なのに「女系」を馬鹿にしているのです。
無茶苦茶ですね。

肩書からして嘘つきなのだから、世間では、ペテン師だの、
皇族芸人だのという評価になるのでしょう。

けれど、そんな人に日本会議とか、産経新聞とか、
自称保守派とか、国会議員までが、すっかり騙されて
いるのですから、カルトの力って凄いですね。

https://yoshinori-kobayashi.com/11206/

泉美さんのブログで竹田恒泰の主張を見ると、「狂気」だと
感じるのは「常識」ある国民なら当然です。
(泉美さんブログ「女性皇族への侮辱をまき散らす竹田恒泰」)

オウム真理教の麻原や上祐は理屈が上手くて口数が多かった。
だが、あれに騙された一般人は多かったし、知識人もたくさん
騙されていました。
「上祐や青山は嘘を言っていない、不当にボロカスに描くな」
と、わしに抗議するはがきが多くて焦ったものです。

だが、「胡散臭い」という庶民感覚の
偏見の方が正しかった!

高森さんが出たMXテレビで、竹田恒泰の皇室入りの話が
出たとき、女性タレントが一斉に「ないないない」と騒ぎ出し、
「それはない!」と拒否していました。

わしは感心しました。やっぱり女性の方がえらい。
「朝ナマ」でも女性は全員、竹田に違和感を表明して
いましたしね。
女性の方が右半球で直感するから、嘘を見抜くのかな?
左半球だけの男は屁理屈にすぐ騙されるからダメですね。

皇統が「血統」なのは当たり前のことですが、恐らく今後は
「血統のみで権威なり」と主張しても国民は納得しないように
なるでしょうね。
そこを今上陛下は見抜いておられる。
ましてや「男系血脈のみが権威である」という理屈では、
国民は嘲笑するレベルに達している。

やはり「人徳」です。
今上陛下は本当に凄い!

誰が言うかが大事なんです。
皇室は国民という大海に浮かぶ船です。
今上陛下は信頼できます。
陛下より竹田を信頼する奴は単なる阿呆です。


良く知らないですが、この人のいとこは大麻所持で捕まった人のようです。
元電通社員だそうです。


竹田さん一家はなにか怪しげな人達ですね。
Wikiを見るとこんな風に載ってますた。


Wiki竹田恒泰

旧皇族であるかどうか
竹田は著作『旧皇族が語る天皇の日本史』などで自身が旧皇族であると自称してきたが、旧皇族という自称は詐称である。恒泰の父である恆和は、父の恒徳王が皇籍離脱した後に生まれているため、生涯で一度も皇族であったことはない。また、1920年5月19日に内規として裁定された「皇族の降下に関する施行準則」では「長子孫の系統四世を除く全ての王が華族に降下する」ことに定められている。竹田宮の場合、北白川宮能久親王が1世、竹田宮恒久王が2世、離脱した竹田宮恒徳王が3世、同じく離脱した竹田宮恒正王が4世であり、この世代以降は全て皇族ではなく華族となる。なお恆和は華族を襲爵することはない(華族は原則として長子が継承する)ため、この家系は旧華族でもない。

「竹田研究会」幹事長の逮捕
2016年(平成28年)9月27日、竹田が代表を務める「竹田研究会」の幹事長で「一般財団法人竹田研究財団」常務理事でもある前山亜杜武が虚偽の申請で国の助成金約4700万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で逮捕された。さらに同年10月18日、前山容疑者が架空の手数料を計上するなどの手口で法人税約1億2100万円を脱税したとして、脱税容疑で再逮捕された。小説家の泉美木蘭は、「竹田研究会」の東京事務局は、もともと前山容疑者が経営する株式会社「AT&BROTHERS」の中にあり、『東京竹田研究会の催すセミナーへの応募・問い合わせ先、会費の徴収先は、AT&BROTHERS内の東京竹田研究会事務局』になっていたと指摘している。さらに、前山容疑者は「NPO法人あきらめない」の理事長を務めており、同法人に竹田も“旧皇族”と肩書を詐称して名誉会長を務めていた。このことから泉美は、前山容疑者と竹田恒泰の関係、竹田研究会の内部事情、不透明な資金の流れなど、調査すべきであると指摘した。

旧皇族ってのは詐称だと書いてあります。
自分の研究会の幹事長がタイーホされたと書いてあります。
色々醜聞が出てくる人なんですが。

良く知らないですが、何か芸能人とも色々あったようです。

本当の詐欺師…華原朋美が竹田恒泰氏に辛辣コメントを連発してる
https://matome.naver.jp/odai/2141264115742037301

下衆の極み!下衆過ぎて人気爆発!竹田恒泰
https://matome.naver.jp/odai/2139780389415505001

大麻逮捕の竹田恒泰の従兄弟より悪質? 旧宮家の”権威”を利用したトンデモ事件簿! 竹田恒泰もマルチ商法関与
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0924/ltr_150924_6605365762.html

うーん。
その昔、旧皇族を語る有栖川宮詐欺事件というのがありますたが。
竹田さん一家はそういう方々なのでしょうか。
ちょっと醜聞が多すぎじゃないでしょうか。

良く知らない人を悪しざまにいうのも悪いですが。

とにかく今回の東京オリンピック。

高度経済成長期にやった前回の東京オリンピックとは全然違う。
人々の純粋な心が出てくるというより、見れば見るほど
怪しいカネに汚れた関係者が出てくるだけですた。

我良しオリンピックの末路。
まぁ、なんだかんだで開催されない方向だと見てます。
https://golden-tamatama.com/blog-entry-joc-takeda-7-minutes.html

▲△▽▼

東京五輪招致の裏金問題で“厚顔”答弁…JOC竹田恆和会長に自動車事故で女性を轢き殺した過去が!2016.05.18.
https://lite-ra.com/2016/05/post-2254.html

 2020年東京オリンピック招致に際しての裏金賄賂疑惑をめぐり、16日の衆議院予算委員会に、招致委員会で理事長を務めていた日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恆和会長が参考人として出席した。

 既報の通り、招致委員会はシンガポールにあるブラックタイディングス社の代表イアン・タン氏にコンサルタント料として2億円超の大金を支払っていた。しかし、イアン氏は国際陸連前会長で国際オリンピック委員会(IOC)の選考委員で、大きな力をもつラミン・ディアク氏の息子と深い関係にあり、この金がブラックタイディングス社を通じて賄賂として渡ったとの疑惑が浮上。フランスの捜査当局が捜査を開始する事態となった。

 これに対して、竹田会長はこの日の国会で、BT社への2億2000万円の支払いを「コンサルティング料」「正当な手続き」としたうえ、選考委員の息子との関係を知らなかったと言い張った。また、このブラックタイディングス社がペーパーカンパニーだという疑惑についても、完全否定した。

 しかし、その説明はとても納得できるものではなかった。そもそも、2億円というのはコンサル料として巨額すぎるし、BT社への支払いは、13年7月に9500万円、10月に1億3500万円と二回に分けて行われているが、そのうち、10月の支払いは IOCの総会で東京での五輪開催が決まった後のこと。名目は「勝因分析」と説明していたが、選ばれた後の分析に1億円支払うなんていうのは明らかにおかしい。これはどう考えても、招致の成功報酬として渡されたものだろう。

 また、ブラックタイディングス社の所在地は、築50年近く経った古い公営住宅の一室で、どこからどう見てもオリンピック招致に関する高度なコンサルティング業務を行えるような会社ではない、典型的なペーパーカンパニーである。

 これで「正当な手続き」などといいはるのだから、竹田会長の態度はもはや厚顔としかいいようがない。というか、そもそも竹田会長は、まともな調査などまったくしていないペーパーを朗々とした調子で読み上げているだけで、この問題に対する当事者意識も、疑惑をきちんと調査しようという姿勢もまったく感じられなかった。

 竹田恆和氏といえば、あのネトウヨタレント・竹田恒泰氏の父親ではあるが、旧皇族・竹田宮家の生まれで、明治天皇のひ孫、今上天皇とははとこにあたる。01年からJOCの会長を務め続けており、人望も厚いといわれていた。それが、まさかこんな不誠実な姿勢を示すとは……。

 しかし、この人の不誠実や厚顔はもともとのものなのかもしれない。その一端がかいま見えるのが、竹田氏が起こした不祥事とその対応だ。


実は、竹田氏は40年ちょっと前、若い女性を轢き殺す交通事故を起こしたことがあるのだ。

 当時、竹田氏は馬術の選手で、国体の試合に出るため会場に車で向かう途中のことだった。この事故について、1974年10月23日付の読売新聞夕刊が〈五輪馬術代表の竹田選手 女性はね死なす〉という見出しで記事にしているので、全文を紹介しよう。

〈茨城国体に出場する東京都の馬術選手の乗用車が、二十二日夕、会場近くの茨城県稲敷郡新利根村で歩行者をはね、死亡させた。このため、東京都は、二十三日以降の全馬術競技の出場を辞退した。

 二十二日午後五時ごろ、新利根村角崎の県道を歩いていた同村××××、会社員××××さん(二二)は、茨城国体馬術競技東京都代表、竹田恆和選手(二六)(東京都港区高輪三の一三の一)の乗用車にはねられ、頭を強く打って近くの病院に収容されたが、二十三日午前零時過ぎ死んだ。江戸崎署の調べでは竹田選手が対向車のライトに目がくらんだのが事故の原因。
 竹田選手はIOC(国際オリンピック委員会)委員の竹田恒徳氏の三男で、馬術のミュンヘン・オリンピック日本代表。茨城国体には、二十三日午後の一般飛越競技に東京都の代表選手として出場するため、会場の同郡美浦村の馬術会場近くの合宿所に行く途中だった。
 竹田選手の事故責任をとり、東京都チームは二十三日朝、この日以降の全馬術競技の出場を辞退することを決定、大会本部に連絡した。〉

 40年以上前の話とはいえ、こんな重大事故を引き起こした人物が、今、日本の五輪組織のトップに君臨しているというのも驚きだが、問題だと思うのはこの事故の後の竹田氏の身の処し方だった。

 新聞報道によれば、明らかに竹田氏側の過失だと思われるが、竹田氏は重い刑事責任を問われることもなく、ほどなく馬術競技に復帰。事故から2年も経っていない1976年に開かれたモントリオールオリンピックに出場しているのである。

 通常の会社勤務なら、死亡事故を起こすと解雇になるケースも多いし、スポーツ選手では、最近、バトミントン五輪代表選手が違法カジノに出入りしていただけで、無期限の競技会出場停止になり、リオ五輪の出場権を剥奪された。それらと較べれば、雲泥の差だろう。

「被害者と示談が成立したというのもあるでしょうが、竹田氏の場合はやはり宮家の威光というのが大きかったようです。周辺の政界人脈が動いて、事故の影響を小さくし、すぐに復帰できるようにお膳立てしたようです。復帰した時もほとんどマスコミには叩かれなかったようですね」(スポーツ関係者)


もちろん、交通事故は過失であり、人を死なせた人間にも人生をやり直すチャンスは与えられるべきだ。しかし、これだけの大事故を引き起こしていたら、やはり五輪のような華々しい表舞台からは身を引くのが普通の神経だろう。ましてや、竹田氏の場合は、事故の影響で東京チームが連帯責任をとって、国体の出場をとりやめているのだ。それが、本人がすぐに五輪出場とは……。

 しかも、竹田氏はこの後、1984年のロサンゼルス五輪で日本選手団コーチ、92年のバルセロナ五輪で日本選手団監督と、JOC内部でどんどん出世していくのだ。そして、2001年にはとうとう日本オリンピック委員会(JOC)会長に就任し、以来、16年という長い期間にわたって、JOCトップに君臨し続けている。

「JOCでの力は完全にコネですね。竹田さんの父である竹田宮恒徳王が戦後、JOC会長、IOC委員を務めており、JOCは以前から竹田家と縁が深かったんです。それで、父君の時代の側近たちがお膳立てして、息子の恆和さんのJOC会長への道筋をつけたんです」(前出・スポーツ関係者)

 つまり、竹田恆和という人物は、どんな不祥事を起こしても周りがカバーしてくれて、出世の段取りをしてくれるという環境の中で生きてきたのだ。そして、本人も無自覚にそれに乗っかっていく。

 そういえば、2020年のオリンピックの開催地を決めるIOC総会前の会見で、外国人記者から福島原発の影響を聞かれて、竹田会長は「福島は東京から250キロ離れており、皆さんが想像する危険性は東京にない」と発言。まるで福島を切り捨てるような、あまりに他人事な発言に批判が殺到した(といっても、海外メディアとネットだけで、国内マスコミはほとんど批判しなかったが)。

 ようするに、こういう人物だから、今回のような贈収賄に問われる重大事態が起きても、まったく当事者意識がなく、問題解決ができないのだろう。いや、今回のことだけでなく、これまで起きた国立競技場やエンブレム問題などもそうだ。竹田会長の当事者意識のない無責任な姿勢が森喜朗氏や電通の暴走を許し、さまざまなトラブル、不祥事を誘発してきたともいえるだろう。

 こんな人物がトップにいるかぎり、東京五輪の混乱がまだまだ続くであろうことは間違いない。
(井川健二)


▲△▽▼


竹田恒泰が父・恒和JOC会長の五輪汚職捜査に陰謀論全開!「フランスは皇室がないからひがんでいる」
https://lite-ra.com/2019/01/post-4495.html

2019.01.17 竹田恒泰が父の五輪汚職捜査に「フランスは皇室がないからひがんでる」 リテラ

    
    DHCテレビ『真相深入り!虎ノ門ニュース』1月17日放送回より


 質疑応答なし、たった7分間の会見を打ち切った竹田恒和・日本オリンピック委員会(JOC)会長に批判が集まっている。会見で竹田会長は“回ってきた稟議書にハンコを押しただけ”と主張。JOCの代表者であるにもかかわらず「いかなる意思決定プロセスにも関与してない」と断言するなど、その無責任ぶりが露わとなった。

 しかし、こうしたなかで注目を集めているのが、竹田JOC会長の息子で“ネトウヨ皇室芸人”と呼ばれる竹田恒泰氏だ。

 竹田JOC会長が五輪招致に絡む汚職にかかわった容疑でフランス当局が捜査を開始したと一斉に報じられた今月11日、恒泰氏はこうツイートした。

〈カルロス・ゴーンの逮捕に対するフランスの報復のように見える。フランスの民度の低さが見える。マクロンは相当追い込まれている模様。〉

 さらに、本日放送された『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)でも、恒泰氏はこのように吠えた。

「これ、どう見たって報復でしょ。間違いない。間違いないですね。フランスの民度が低いと言うことですわ」
「ゴーンをぽっとでも保釈すれば、話終わるんですよ、たぶん」

 何を言っているのだろう。疑惑は数年前から報じられており、竹田会長に対するフランス捜査当局の昨年12月の事情聴取の日程も、同年8月の段階で決まっていた。つまり、ゴーン前会長が逮捕される約3カ月前から決定していたことなのだ。それをいまだに「報復だ」と言い募るのは、これぞまさに“印象操作”だろう。しかも、言うに事欠いて「フランスは民度が低い」って……。

 だが、恒泰氏はこの『虎ノ門ニュース』で、「フランスという国はですね、ヨーロッパの中国と言われている」などと言い出し、フランスを罵倒しつづけたのだ。

「日本人って、フランスを良い国だと思ってるじゃないですか。フランス革命とか『人類の栄光』とか言ってるじゃないですか。あんなもの、人類史上の汚点ですからね、フランス革命なんて。あいつらのおかげで社会主義とか共産主義とかできたわけですからねえ」
「だいたい、パリの様子見たらわかるじゃないですか。自分のとこの治安も守れずに国がグチャグチャになってですよ、何がオリンピックの贈収賄、ふざけんなっていうんですよ」
「結局、フランスは敗戦国のくせにね、戦勝国ぶってるんですよ。ふざけんなっつうんですよ」

 五輪に絡んだ汚職に対して捜査のメスが入ることは健全性を守る当然の行為だが、それを非難するのにフランス革命まで持ち出してくるとは、まったく筋違いもいいところ。その上、恒泰氏はこんなことまで言い出したのだ。

「明治天皇のひ孫だどうのこうのとか言ってますけども、あいつら王様をギロチンで処刑して、皇室ないからひがんでるんじゃないですか? 絶対そうですよ」

 フランスは皇室がないひがみから父親を逮捕しようとしている(苦笑)。竹田会長の無責任会見にくわえ、息子がこんな程度の低い陰謀論を開陳するとは、どこまで恥を晒せば気が済むのだろう。

 さらに、会見に対しては産経新聞でさえ〈用意した文書を読み上げただけの一方的な会見〉と断じたのに、恒泰氏は「煽り立てているのは朝日新聞」とお得意の朝日バッシングをむりやり展開する始末。だが、このときに朝日新聞の鮫島浩氏のツイートを紹介したのだが、そこにはこんなことが書かれていた。

〈JOC竹田会長は旧皇族竹田宮家生まれで明治天皇のひ孫。1974年に若い女性を死亡させる交通事故を起こし2年後に馬術競技で五輪出場している。父は関東軍参謀でJOC会長、子はネトウヨタレント。JOCに君臨する竹田一族の「栄華」の背景を国民はもっと知る権利がある。〉

■竹田恒泰「仮にワイロのつもりで渡していたとしても合法」と驚きの擁護も

 この「1974年に起こした死亡交通事故」というのは、本サイトでも2016年に紹介した問題だ(詳しくはhttps://lite-ra.com/2016/05/post-2254.html)。当時の新聞報道によればこの事故はあきらかに竹田氏側の過失だと思われるが、竹田氏は重い刑事責任を問われることもなく、ほどなく馬術競技に復帰。事故から2年も経っていない1976年に開かれたモントリオール五輪に出場したのである。

 通常の会社勤務なら、死亡事故を起こすと解雇になるケースも多く、スポーツ選手ではバトミントン五輪代表選手が違法カジノに出入りしていただけで無期限の競技会出場停止になりリオ五輪の出場権を剥奪された。それらと較べれば雲泥の差だ。

 もちろん、交通事故は過失であり、人を死なせた人間にも人生をやり直すチャンスは与えられるべきだ。しかし、これだけの大事故を引き起こしていたら、やはり五輪のような華々しい表舞台からは身を引くのが普通の神経だろう。ましてや、竹田氏の場合は、事故の影響で東京チームが連帯責任をとって、国体の出場をとりやめているのだ。それが、本人がすぐに五輪出場とは……。

 しかも、竹田氏はこの後、1984年のロサンゼルス五輪で日本選手団コーチ、92年のバルセロナ五輪で日本選手団監督と、JOC内部でどんどん出世していく。そして、2001年にはとうとうJOC会長に就任。2003年にはそれまでJOC役員は無給だったが、竹田会長含め3人の役員に報酬を支給することが決定し、2011年に公表された竹田会長への報酬額は月額130万円(年間1560万円)だった。

 あらゆる面で異例の処遇を受けてきた、竹田JOC会長。一方、『虎ノ門ニュース』では交通事故の問題は読み上げられただけで言及されることもなく、恒泰氏も「意味不明ですね」「知る権利って(笑)」と漏らすだけだった。

 そもそも恒泰氏は、2016年にこの賄賂疑惑が最初に報じられた際も、『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)で「仮に百歩譲って意図的にお金をワイロのつもりで渡していたとしても合法。違法ではない」と驚きの主張をおこなっていた。父親を守るために金で五輪招致をすることまで肯定するとは、「民度が低い」のは恒泰氏にほかならないだろう。

 だが、恒泰氏はフランスを攻撃するだけでなく、こんなことも言い出している。

〈3年前、馳文科大臣(当時)は衆院予算委員会で「電通からブラック・タイディングス社が実績があるとして勧められ、招致員会が契約を判断した」と答弁している。電通から勧められた会社であることは、テレビでは触れないことが多い。電通に関するマイナスの話は、ご法度なのだろうか?〉(今月14日のツイート)

 きょうの『虎ノ門ニュース』でも、恒泰氏は電通の問題を取り上げ、有本香氏から「竹田さん、この番組だから名前をおっしゃったんだけども、電通が関わっているということは、みんな知ってることなんだけど、電通の名前って全然出てこないよね」と振られると、「まあ、それはスポンサーを束ねてるから、メディアとしてはねえ」と答えていた(ちなみに恒泰氏自身、『Abema Prime』(Abema TV)でこの問題について語った際は「電通」の名前は出さず、「ある大手広告代理店」などと日和っていた)。

 恒泰氏が父親を庇うために矛先を電通に向かわせようとしていることはあきらかだが、既報の通り、今回の賄賂疑惑は当初から電通が仕掛けた可能性がかなり高いと考えられてきた。しかし、メディアは電通タブーを恐れ、この問題の追及を避けてきた。疑惑の解明のためにも、恒泰氏はネット番組で吠えるだけではなく、地上波の番組でも「電通の問題を徹底追及すべき」と訴えてみてはいかがだろうか。無論、そうすれば、父上がいかに関与してきたかも掘り下げられることになるはずだが……。

7. 中川隆[-12913] koaQ7Jey 2019年1月18日 09:35:39 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22225] 報告

皇族は全員幼児化している _ 2


ID非公開さん 2018/9/17 00:09:43

秋篠宮って、学習院大学で、ビリの成績で本当は落第だったって本当ですか?

親父は学習院大学中退ですし、佳子さんが、どうやら高校時代から成績不振で親が呼ばれたり、ICUに行ったのは、学習院では、手に負えない ばかで、キリスト教の本部に頼んでICUに入れてもらったとか。

chi********さん 2018/9/17 18:29:14

友達のママがこの大学で、秋篠宮さまと同学年って言ってたので、間違いないと思います。

大学が、皇室に合わせて、皇室の人も単位を取れるようレベルを落としたそうです。

学食のカレーが大好きで、「カレーの宮」って呼ばれていたとか、「うちの婆さんまだ死なないんだよな」と話していたのは有名な話なんだそうですよ。

あと、秋篠宮さまの妹?が付属高校にいたらしいんですけど、赤点より下を取るので、赤点のレベルを彼女のために落としたそうです。

ここまでは、友達ママに聞いた話で、あとは友人に聞いた話ですが、佳子様の大学の英語クラスがレベル別に四段階あるらしいんですけど、

佳子様の英語力がトンデモらしく、でも一番下に入れるのは恐れ多いので、下から二番目のクラスで、成績かなりヤバイ噂だそうです。

まさかー!と思ってたら、こないだ佳子様の英語スピーチがテレビ放映されてて、大炎上してましたね。

あ、いや、お上手すぎて…。

彼女の高校時代の知り合いはいないので、何とも言えません。

弟さまも、成績がビリと聞きますよね、ネットだと。でも東大に推薦入学が決まっているって書いてありましたよ。

でも、愛子さまって頭がいいって聞きますよね。


kat********さん 2018/9/17 17:14:03

皇室ご一家はおつむは弱いかたが多いです。
一応大学を出してもらって、留学したり「○○の研究」とかなさってるけど、あれは全ておバカなのをかくすためです。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12196261492




▲△▽▼


kok********さん 2016/6/15 00:00:27

皇太子さまの弟は夜遊びがすごくて悪だったと聞いたのですが本当ですか?

gim********さん 2016/6/18 17:06:10

本当です。

あまりにも夜遊びが酷く帰って来ず、警護看の言う事も聞かないもんで、美智子さま自ら、スナックやらバーやらに電話して帰宅させること度々でした。

スナックのママが取材できちんと話してますので事実です。

タイの愛人問題もそうですが、隠し子がいるのではないかとまことしやかに囁かれていた時期もありました。

一時期は紀子さまと離婚するのは時間の問題とも言われてましたね…
宮邸の外にまで夫婦喧嘩の声が響いてたそうです。

それが、悠仁親王誕生によってガラッと変わりましたね。
将来の天皇がいるという事は、皇室内でもマスコミの世界でも強い力を行使出来るようです…。

今、秋篠宮家の真実を報道出来るマスコミなんて皆無ですよ。

その悠仁さまも、性別選別しての誕生は周知の事実です。

これはカトリックの世界からは非常に嫌われる所業です。これからヨーロッパ王室とどうつきあって行くのか、考えなかったんですかね??
愛子さまで良かったのに…

天皇陛下も美智子さまも、男系にこだわった為に招いてしまった事態です

雅子さまがいるのに
『私は将来、皇后になる人です!』って言える紀子さまが居るこれからの皇室が、スッゴい不安です

imp********さん 2016/6/16 11:35:37

過去の雑誌記事にこういうのがあったよ。↓

「噂の真相 1996年7月号 」

秋篠宮タイ不倫報道の“真相”と保守化強める宮内庁
都内にある秋篠宮の“隠れマンション”とタイ女性の接点とは・・・

コトの起こりはこの4月、来日したクリントン大統領を迎えての宮中晩
餐会に秋篠宮が欠席、単身でのタイ旅行を強行したことだった。
しかもこのタイ訪問、秋篠宮のかねてよりの趣味であるナマズ研究を目的とした
完全なプライベート旅行。

つまり、天皇、皇太子に次ぐナンバー3の皇族がナマズ見物を理由に、国賓の
もてなしというきわめて重要な公務をほっぽりだした形の旅行だったため、これには普段、 皇室に弱腰のマスコミからも批判の声が一気に高まったのである。
宮内庁担当記者が語る。

「秋篠宮殿下がクリントンの歓迎宮中晩餐会を欠席してタイに出掛けることは、
閣議報告の前日の4月4日に発表されたんですが、途端に記者の間から疑問の声があがりましたね。

大谷茂宮務課長は(タイ訪問が)あらかじめ決まっていたため日程は動かせなかった等、 理由にならない理由を強弁していましたが、報道陣は納得せず、一時、会見が紛糾したほど。

実際は宮内庁も秋篠宮の行動に困惑している様子がありありでしたよ」

もっとも、これだけなら単に「ナマズ好きが高じたわがまま」という批判だけで片付け られたかもしれない。ところが、秋篠宮がタイに出発する1週間前に発売された 『週刊新潮』(4/18号)が「秋篠宮殿下 度重なる『タイ訪問』に流言蜚語」と題した特集記事を掲載。

こんな噂を紹介したのである。「殿下には結婚前から親しくしているタイ人の女性がいて、 その女性に会うためにタイに行くのではないか」 そして同誌は「相手は身分の高い女性で、 エキゾチックなタイ美人」 「殿下の女好きは何とかならないかとずっと思っていた」

「今回の旅行だってタイ女性とプライベートビーチに行くんだと聞きましたよ」等の周辺 コメントを紹介したうえで、「タイに親しい女性がいることは間違いない」と断じたのだ。

実をいうと今回、タイ愛人報道が出た際の宮内庁周辺の反応は「まさか」「信じられない」と いったものではなく、「やっぱり」「殿下なら十分ありえる」といった声が大勢を占めていたのである。

▼根強く囁かれる秋篠宮の女性関係の噂


実際、秋篠宮の「女性好き」「プレイボーイぶり」を物語るエピソードはそれこそ枚挙に暇がない。

「居酒屋で隣り合わせた女性客をナンパした」「独身時代、学友に『恋人は7人いる』と豪語した」などなど、だ。

中でも象徴的なのが、学習院大学時代のエピソードだろう。当時、秋篠宮は
「パレスヒルズテニスクラブ」というサークルを主宰しており、キャンパスで気に入った 女子学生を見付けたら、必ず学友に命じてこのサークルに勧誘させていたのだ。

そして、その勧誘された女性の一人が紀子妃だった。 当時の同級生がこう話す。

「この『パレスヒルズテニスクラブ』というのは、殿下の恋人選びのために作られた クラブだったんですよ。

紀子様以前にも、複数の女性を勧誘してアプローチしていましたし、紀子様が入ってからも、同時進行していた女性がいたんじゃないかな。

お二人が婚約した際、 宮内庁は『自然文化研究会』というサークルで顔を合わせているうちに親しくなったと発表して いましたけど、おそらく体裁が悪いので嘘をついたんでしょう。『自然文化研究会』なんて お二人が付き合いはじめた後に作ったサークルですからね」

秋篠宮のこうした女性関係の噂は紀子妃と結婚した後も、なくなることはなかった。

「もうひとりの学習院出身の女性がいて密かに付き合っていた」
「一時期タカラジェンヌに夢中になり、深夜まで戻ってこず、警護官が大慌てした」などだ。

実は3年前、ある週刊誌が秋篠宮のこうした浮気問題を記事化しようと動いたことがある。
その週刊誌とは他でもない、当時、美智子皇后バッシングの中心的役割を果たしていた『週刊文春』だ。

「編集部は、当時、美智子皇后批判キャンペーンをやっていたんですが、
それが一段落したら次は秋篠宮の浮気の噂を追い掛けるつもりだったんですよ。

ところが、 宮内庁からの抗議、さらには社長宅に銃弾が撃ち込まれるという事件があって、 皇室批判そのものができなくなって頓挫してしまったんです。
(元『週刊文春』 関係者)


………つい数年前までも今度は「ニワトリの研究」と称してよくタイに行ってたね、あの殿下は。タイのソープランド見学と言うのもあった。
いまは皇位後継者とされる悠仁サマがあの宮家にできたから秋篠宮家の批判が殆どできない状態になってるけど人間の性根ってそう簡単に変わるもんじゃないと思うね。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12160496062

8. 中川隆[-12627] koaQ7Jey 2019年1月29日 09:45:57 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[-22231] 報告



「自分を破壊してしまうまでの不器用さ」を抱えた人が転がり落ちていく

世の中には、誰に言われるまでもなく自分に最も有利なように立ち回って要領よく生きていける人がいる一方で、自らの人生に降りかかった問題にうまく対処できなくてどん底にまで堕ちてしまう人もいる。

「スマートフォンが壊れて圏外になる」という些細な問題から、なぜか売春にまで身を落としてしまったという女性は、そうした「うまく生きられない」人の最たるものかもしれない。

(ブラックアジア:町田にいた野良犬の女。スマートフォンが圏外になってストリート売春)

知的能力が劣るわけではない。普通に日常生活を送っている。にも関わらず、いろんな部分で不器用さが露呈して問題を引き起こす。

例えば、口数があまりにも少な過ぎたり、感情表現がうまく行えなかったり、物事を考え過ぎてしまったりする人がいる。あるいは、融通が効かなかったり、パニックになりやすかったり、優柔不断だったり、想定外に弱かったりする人もいる。

普通の人であればうまく回避できる問題が回避できずに深刻化する。細かい部分で日常に多くの問題を抱える。そうすると、毎日がトラブルの連続になり、次第にうまく生きられなくなってしまうのである。

あなたのまわりにもそんな人が何人か見当たるはずだ。(鈴木傾城)


自分を破壊してしまうまでの不器用さ

問題があれば、解決するために自分の問題を説明したり、苦境を脱するために助けを求めたりする。しかし、「人に説明する」ということ自体が、苦手すぎてできない人も中にはいる。

以前、私はこの「人に説明する」というのがほとんどできない女性に会ったことがある。彼女は私が質問すると、常に答えに詰まって「私、中卒だから……」と口癖のように言って自分の説明下手を弁解した。

そして、ずっと沈黙したり、それを取り返すように早口に話したり、話が飛んだりして、最後には支離滅裂になって何が言いたいのかが分からなくなった。

彼女のことは電子書籍『デリヘル嬢に会う – 彼女はあなたのよく知っている人かもしれない』の中の「中卒であることを気に病む」という章に書いたのだが、今でも強く印象に残ってる。

(デリヘル嬢に会う – 彼女はあなたのよく知っている人かもしれない)


自分のことなのに、本当に説明ができない……。

実は、生活保護の現場や日雇労働の現場では、彼女と同じように「人に説明する」というのがうまくできない人が大勢いて、本当に困っているのに生活保護が受けられなかったり、日雇いの仕事が取れなかったりする。そのため、本当に困っているのに人に頼れないし、現状を打開できない。

本人も「自分は説明が下手で他人に分かってもらえない」というあきらめがあって、所持金ゼロになって街をさまよう最悪の事態になっても何もできない。

普通の人ならきちんと説明することで簡単に事態を打開できることができない。苦しんでいるのにそれが説明できない。このような「自分を破壊してしまうまでの不器用さ」を抱えた人は実際に大勢いる。

最後の最後になっても何もしない

こうした「自分を破壊してしまうまでの不器用さ」を抱えた人たちは、不器用であるがゆえに、状況を見て臨機応変に対応するということができない。

カネがない。そんな時に、よりによってスマートフォンが壊れた。そうであれば、普通の女性であれば、ショップに説明して何とかしてもらうとか、親や友人に修理代を立て替えてもらうとか、できることを片っ端からやろうとするはずだ。

しかし、不器用な女性は「カネがないのにスマートフォンが壊れた」という状況に追い込まれてしまうと、壊れたスマートフォンを握りしめて、事態を打開することができない。

いくつかの案を考えて、次々に試してみるということができない。融通が効かない。仮にもし何かを思いついたとしても、行動は遅く、作業も遅い。

困難に追い込まれた時、窮地を脱するために普通の人は自分にできるあらゆる手立てを片っ端から試して何とかしようと必死でもがく。

たとえば、生活苦に陥ってカードローンをして返済日が数日後に来て返せないと思ったら、親や同僚や友人に頭を下げてもカネを工面しようと動く。完全に万事休すであれば、消費生活センターや区役所や、その他どこかの相談所に駆け込むなり何とかする。

しかし、極度の不器用さを持った人は、ただ呆然と立ち尽くして事態が取り返しがつかないほど最悪の状況になるまで放置する。「返済日が来ても返せない。このままではマズイな」というのは分かっている。状況判断はできている。

ところが、返済日まで「何もしない」のである。そこで借金をしている先から取り立ての電話がきたり、誰かが「返せ」とやって来たりすると、そこではじめて「このままではいけない」と何かをするのだが、その時はすでに何ともならない。

借金だけではない。たとえば、虫歯や歯周病などがどんどん悪化していくと、次第に口臭が隠せなくなったり、歯がボロボロになって抜けていったりする。早めに治療をしていれば治る。しかし、手遅れになるまで何もしない。

「問題」は認識しているのだが、最後の最後になっても何もしない。決断をできず、できたとしてもあまりにも遅すぎる。

状況に流され続けて、最後に破滅

「自分を破壊してしまうまでの不器用さ」というのは、そういうことである。

彼らを見て何か知的能力に問題があるのではないかといぶかる人もいる。確かに、知的能力にも問題がある人もいる。

しかし、逆に知的能力に問題のない人もいる。よくよく話をしてみれば、いろんなことを考えていたりするのが分かるので、決して知的能力だけが問題の起因ではないというのを私は知っている。

中には、普通の人よりも思考が深い人たちもいるのだ。

そもそも、普通に日常生活を送っている人が必ずしも深い思考を持って生きているわけでもない。何も考えていなくても、器用に日常を送れる人もいる。逆に不器用な人の方が、いろんなことをむしろ深く考えていたりすることもある。

極度に不器用な人は、自分から何かを取りに行くという積極性が欠けており、人生は常に受動的だ。現代社会で最も重視されている基本的な行動パターンである「PDCA(計画・実行・評価・改善)」を自分の人生で回せない。

実行の前に計画を立てる段階でつまづく。計画がないから実行もない。追い込まれて助けが必要になっても、極度の不器用さが仇になって助けを求めるための説明もできない。そして、状況に流されて、流され続けて、最後に破滅に至る。

最底辺で生きている人たちの中には、このような「自分を破壊してしまうまでの不器用さ」を抱えた人たちが大勢いる。また、世界の売春地帯にも日本の風俗にも、こうした女性が誰の助けも求めることができないまま呆然と生きている。

「あの時にこうしていれば堕ちなかったのに、なぜそうしなかったのか」と責める人もいるのだが、それができたら堕ちていない。そして彼らは往々にして「もっと早く動いていれば大事にならなかったのに、そこで何もしないで堕ちたのだから自己責任だ」とも言われる。

しかし、彼らは自分を弁護する言葉が出せない。不器用だからである。

世の中には、そうした「自分を破壊してしまうまでの不器用さ」を抱えた人がいて、彼らがアンダーグラウンドに転がり落ちて、そこを転々と這い回っている。ここ最近、私は真夜中の暗闇の中で、そうした女性とばかり会っている。

(ブラックアジア:野良犬の女たち(ストリート売春、そして流れ者の女))


https://blackasia.net/?p=11125

9. 中川隆[-10308] koaQ7Jey 2019年5月20日 06:19:36 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[2021] 報告

不始末の尻ぬぐいをする善意の行動がアルコール依存者をより深刻化させる2019.05.20
https://blackasia.net/?p=12951


野生動物にエサを与えるようになると狩りを止めてしまい、エサに依存するようになる。ほぼ、すべての動物がそのようになっていく。

依存する方が生きる上で合理的であると思うと、動物は本能的に依存する方を選ぶ。狩りをするよりも、依存する方が楽だからだ。誰かがエサを与えてくれるのであれば、危険でつらい狩りをする必要などない。

しかし、野生動物が依存体質になると最後にどうなるのか。

エサを上げるのをやめても狩りをせず、そのまま餓死してしまうこともある。野生に戻れない。いったん「エサをもらう」ということに依存してしまうと、そこから抜け出せなくなってしまうのである。

実は人間でも同じことが起こる。いったん、引きこもりや生活保護に堕ちると、親や国に依存するようになる。そして依存に染まりきると、そこから抜け出せなくなる。

心身のどこが悪いわけでもないのに、働くことができなくなってしまうのである。働くというのは様々なストレスが充満する世界だが、他人に依存して暮らすようになると、そのストレスが耐えられない。

依存が深まると、そこから抜け出せないのである。(鈴木傾城)


「それ」なしには居られない気持ち

依存から抜け出すには、方法はひとつしかないと言われている。それは、徹底的にどん底にまで堕ちて、そこから本人が心から更生し、本気で助けを求めるようになることだ。

依存症と言えば誰もがドラッグ依存をまず思い浮かべるが、日本では何と言ってもアルコール依存が最も多いし、よく知られている。

アルコール依存症者に寄り添うNGO団体の統計によると、今の日本でアルコール依存症に苦しむ日本人は300万人近くおり、リスクの高い飲酒者も入れると1000万人を超えることが分かっている。

女性の依存症も急増している。アルコール業界は積極的に女性を取り込んでいるし、女性の飲む機会も昔に比べて爆発的に増えている。ワインのようなお洒落なアルコールを好む女性も多い。

アルコールは節度を持って飲んでいれば問題ないのだが、一部の人たちはのめりこみ、回数が増え、他の楽しみがなくなるまで飲み、最終的には「飲みたくない」と思っても飲むようになっていく。

それなしには居られないような気持ちになるのだ。そこからアルコールに対して精神的にも肉体的にも依存するようになっていく。

アルコールにのめり込み10年から15年経つと、生活が荒れていく。性格が変わり、孤立化する。飲みたいがために、平気で嘘をついたりするようになる。誰が見てもアルコールが問題だと分かるので、それを止めさせようとする。しかし、本人だけはアルコールが悪いと思っていないので、やめる気持ちにならない。

そして、飲むために嘘をつき、止めようとする人間に暴力を振るい、最後には開き直って、友人や家族を巻き込みながら破滅に向かって突っ走っていく。

泥酔して次々とトラブルを引き起こす。仕事に行かなくなる。行ってもミスも増え、まともに働けなくなる。責任を持つこともできなくなる。

近所から苦情を訴えられたり、通報されたり、逮捕されたりすることもある。あるいは、アルコールを手に入れるために、家族の金を盗んだり使い込んだりすることもある。


イネイブラー(後始末役)の登場

依存者はありとあらゆる問題を引き起こす。こうした依存者は、その対象に依存すると共にもうひとつ「別のもの」にも依存するようになる。何に依存するのか。それは助けてくれる「人」である。

具体的に言えば、親や妻や家族である。依存者を助ける人間を、治療の現場では「イネイブラー」と呼ぶ。日本語で意訳すると「後始末・尻拭いする役目の人」となるだろうか。アルコール依存で言うと、ほとんどが「家族」の誰かになる。

実は、この「イネイブラー(後始末役)」がいることによって、依存者は依存が治らなくなる。


・野生動物は、エサをくれる人がいると狩りをしない。
・依存者は、助けてくれる人がいると立ち直らない。

依存者は、自分を見失って失敗する。しかし、自分がどんな失敗をしても「イネイブラー」が後始末をしてくれるので致命的にならない。それを繰り返すうちに、依存者は対象物に依存すると共にイネイブラーにも依存するようになる。

トラブルを片付けてくれる。問題を起こしても代わりに謝ってくれる。金がなくなっても金を与えてくれる。それこそ失禁しても、それをきれいにしてくれる。何をしても、イネイブラーがすべて面倒を見てくれる。

だから、「何とかなる」と思って依存が治らないどころか、むしろ前よりもひどくなってしまうのである。

最悪のケースになると、「さっさと助けろ」とイネイブラーに八つ当たりしたり、暴力を振るったりするケースもある。助けられて当然という気持ちになり、自分の問題なのに助けないイネイブラーに問題があると思うようになるのだ。

イネイブラーがいなければ一瞬にしてどん底に堕ち、どん底に堕ちることによって逆に立ち直りも見えてくるのだが、どん底がどこまでも見えないので、立ち直ることもない。

依存者はいつまでも立ち直れない

何かに依存してボロボロになっていく人を見るのはつらいことだ。その人が家族の一員であれば、なおのことそうだ。しかし、そうした依存者を中途半端に助けると、依存者がイネイブラーに抱きついてより状況が悪化する。

しかし面白いことにイネイブラーになる人は、その状況が分かっていないことが多い。なぜなら、イネイブラーは忍耐強い人が多く、依存者を助けることは当然であり、義務であると心から考えているからだ。

依存者になっているのが家族であれば、それこそ自分を犠牲にしてまで依存者を助け、とことん問題の尻ぬぐいをする。

依存者はいったんどん底に堕ちて、そこから自分で立ち直ろうとしなければ依存は治らない。しかし、イネイブラーは全身全霊で依存者がどん底に堕ちるのを阻止する。つまり、依存者が自力で立ち直ろうとする「きっかけ」を奪ってぬるま湯に浸らせたままにする。

イネイブラー本人は善意で依存者を助けようとしているのだが、その善意がアダになって依存者はいつまでも立ち直れないという状況に陥る。

もっともイネイブラーがそうするのは、依存者が逮捕されたり、事件を起こしたり、自殺したり、殺されたりすることもあるからだ。

必ずしも依存者を助けないのが「正しい結末」を生み出すと約束されているわけではない。依存者は自暴自棄になった挙げ句、自殺してしまうことも往々にしてある。そうなれば「あの時に助けて上げていれば良かった」ということになる。

しかし、そうやって助けていると、依存者はいつまで経っても治らない。依存者が本当に依存から立ち直れるのかは誰にも分からないことである。

助けるべきなのかどん底に堕ちるまで見捨てるべきなのか、日本のみならず、世界中でジレンマに追い込まれ、ひどい状況の中で苦しんでいる人たちがたくさんいる。

この世には陥穽がたくさんあり、そこに堕ちる人は必ずいる。あなたの大切な人も、堕ちるかもしれない。そして、あなたは大切な人に同情してイネイブラーになってしまうかもしれない。(written by 鈴木傾城)

依存者はいったんどん底に堕ちて、そこから自分で立ち直ろうとしなければ依存は治らない。しかし、イネイブラーは全身全霊で依存者がどん底に堕ちるのを阻止する。つまり、依存者が自力で立ち直ろうとする「きっかけ」を奪ってぬるま湯に浸らせたままにする。イネイブラー本人は善意で依存者を助けようとしているのだが、その善意がアダになって依存者はいつまでも立ち直れないという状況に陥る。
https://blackasia.net/?p=12951

10. 中川隆[-10310] koaQ7Jey 2019年5月20日 06:34:02 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[2019] 報告

女性秘書に赤ちゃんプレイ強要、強制猥褻・セクハラ常習、強姦民主党(自称 立憲民主党) 青山雅幸


2017.10.26 19:00
【文春砲】立憲民主党・青山雅幸議員のセクハラを秘書が告発!「ハイハイしながら近寄ってきた」
http://blog.esuteru.com/archives/20020743.html

立憲民主党・青山雅幸議員の“セクハラ”を秘書が告発 - 「週刊文春」編集部

blogos.com全文を読む

記事によると

・週刊文春の取材より、衆院選において静岡1区から出馬し、比例当選した立憲民主党の新人、青山雅幸氏のセクハラ疑惑が明らかとなった

・青山氏は同じ東北大出身の枝野幸男・立憲民主党代表の盟友としても知られる

・セクハラ被害にあったとされるのは今年夏まで秘書を努めていた20代半ばの山田麻美さん(仮名)

・麻美さんの持参したB5のキャンパスノートには日付、場所、感想など、青山氏からの「セクハラ被害」の詳細が約40ページにわたって綴られていた

【最低男】週刊文春。静岡1区出馬で比例復活当選した立憲民主党・青山雅幸のセクハラ疑惑。

セクハラ被害を訴えた法律事務所20代元秘書

「(出張の際、旅館で)ハイハイしながら近寄て来た。頭を撫でられ身の毛がよだつほど恐怖だった。エレベーターでキスされそうになった。メールや音声も残ってる」
pic.twitter.com/1b4Rkmdfl2
— Mi2 (@YES777777777) 2017年10月26日

http://blog.esuteru.com/archives/20020743.html

11. 中川隆[-10248] koaQ7Jey 2019年5月21日 23:25:21 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[2089] 報告

富士山から「動けない」救助要請、捜索中に下山
5/21(火) 19:50配信 読売新聞オンライン

 山梨県側の富士山を登っていた20歳代男性が20日午後、「疲れて動けない」と富士吉田署に通報した。救助隊員6人が捜索を続けているうちに、男性は自力で下山。同日夜、東京都内の自宅に戻るまで、下山したことを同署に連絡しなかった。

 発表によると、男性は同日朝、単独で麓から登り始めた。アイゼンをつけていないなど軽装で、登山届も提出していなかったという。残雪に覆われた8合目付近で動けなくなり、午後0時40分頃、救助を求めた。

 曇天でヘリによる救助ができず、県警の救助隊員が5合目から現場に向かった。途中で男性と連絡が取れなくなり、捜索は午後9時半頃まで続けられた。その間に男性は麓まで歩き、電車で帰宅。男性から連絡があったのは午後10時頃だった。

 富士山の山開きは7月1日。県警は「この時期の富士山は残雪があり、非常に危険。下山中の滑落や、救助隊員が二次被害に遭うおそれもあった」と指摘している。

12. 中川隆[-10247] koaQ7Jey 2019年5月21日 23:26:44 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[2090] 報告

「お客様」登山遭難者が増加 タクシー代わりに救難ヘリ


御嶽山の噴火でも「国は賠償しろ」と言っていた人達が居た
引用:http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/9766/ontake-volcano-explainer_84211_990x742_600x450.jpg

「お客様」遭難者が増加

登山ブームと呼ばれて久しいが、登山者の事故や遭難も増え、登山者を問題視する声も上がっている。

問題その一は高齢登山が流行しているが、登山は高齢者や女性に向いているとはいえない。

問題その二は携帯電話やスマホが普及し、山の上でも繋がる事が多くなった。

そこで登山者は電話で救助を求める事が増えたのだが、最初から「遭難したら電話すればいい」と思っている人も居ます。

道に迷ったから電話をして、タクシー代わりに救難ヘリを呼ぶ「登山家」も存在すると言われています。

2017年8月には三重県の1,000級の山に地図を持たずに30代女性が登り、案の定道に迷って電話で救助を求めた。


登山靴や登山服も用意せず、登山届も出さず、救助に来た山岳警察に「サービスが悪い」と悪態をつき、SNSでも警察批判していました。

女性の言い分では「自分は被害者」で警察は「サービス業」なのに、お客様である自分に単独行や準備不足を説教した。

いったい山岳警察は何様のつもりなんだと書いているが、登山にサービスを求める人は増えていると思います。


例えば富士山のトイレ問題だが、山にトイレがあると思って登山するが、トイレなんかない(一部に在る)のでその辺で「野●」します。

山頂や途中には当然のように休憩所や食事場所があると思っているし、道に迷ったらヘリで送り迎えするのが当然だと思っている。

それが悪いと言うのではないが、観光地だと思って登山する人は増えているようです。


比較しては悪いかも知れないが、2014年9月27日に長野・岐阜県境の御嶽山が噴火し、58人がなくなりました。

この噴火で驚いたのが、「噴火を予知して知らせる義務があったのに、国や自治体はそうしなかった。噴火は国の責任だ」と主張した人が居た事でした。

被害に遭った本人や遺族の気持ちとして分からなくもないが、山が噴火するのは山の勝手で、人間が知るところではありません。

登山はサービス業なのか

ここでも登山を「サービス業」と考え、ディズニーランドで事故が起きた時と同じように、考える人が居たのが分かります。

昔の登山家は噴火や事故も含めて全て自己責任で、電話も無線も通じなかったし、たとえ通じても救難ヘリなど在りませんでした。

1985年(昭和60年)8月12日に日本航空123便墜落事故があった時、自衛隊はすぐに救助しなかったと散々叩かれていました。


墜落は午後8時だったのだが、当時の自衛隊には夜間に山岳地帯でヘリを飛ばす能力がなく、翌朝まで何も出来なかったのが真相でした。

全国に救難ヘリが整備されたのは平成になってからで、携帯電話が通じる山も増えて、登山者が気軽に救助を求めるようになりました。

もう一つ救難要請が増えた要因は、日本では山岳救難が無料だと思われていることで、事実無料の場合もあります。


自衛隊のヘリや活動は全て無料で、警察は請求する事もあるが大半は無料、民間救助隊の活動費は自己負担になります。

無料だから自衛隊を呼んでも、どれが来るかは来て見なければ分からず、もし民間ヘリだったら数十万円請求されるでしょう。

民間の救助隊が編成され、多くの人が救難活動に参加したら、後日数百万円が請求される場合があります。


気軽に救助を呼ぶ登山者に自己負担させるべきだという批判が高まったので、一部の自治体では、自己負担を求めるケースもあります。

警察や消防も基本的に無料なのだが、一方で救助に失敗したからと言って、救助隊や自治体を告訴する遭難者も居ます。

2013年12月に富士山で遭難した人を救助するため出動した静岡市消防局のヘリコプターが、遭難者を落としてしまい、遭難者はなくなりました。

遺族は静岡県を告訴し、約9000万円の損害賠償を求め、静岡県は今後3200m以上に救助ヘリを出さないと決めました。


空気が薄くなると揚力が減るので、ヘリは基本的に高山での救助に向いていません。

おそらく救助隊はヘリが墜落する恐怖から焦り、ミスを犯して落としてしまったのでしょう。


この遺族も「登山はサービス業」と考えていて、遊園地のジェットコースターが脱線したのと、同じように考えているようです。

遭難者を救助したからと言って静岡県にはなんのメリットも無く(遭難者は京都市の男性だった)、静岡県人でもないから救助する義務もない。

それでいて救助に失敗したときだけ訴訟を起こされ謝罪を要求されるのは、割に合わないでしょう。
http://www.thutmosev.com/archives/73456330.html

13. 中川隆[-9882] koaQ7Jey 2019年6月01日 13:31:44 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[2473] 報告
凶暴な殺人イデオロギーの暴発 川崎の小学生殺傷事件を考える 2019年5月31日
https://www.chosyu-journal.jp/shakai/11854

 川崎市で51歳の男が、スクールバスを待つ小学生たちに背後から2本の包丁を持って襲いかかり、小学校6年生の女の子と39歳の男性を死亡させ、子どもたち16人と母親1人に重軽傷を負わせた事件が世間を震撼させている。金が目的でも、個人的な恨みをはらすことが目的でもなく、何の関係もない人たちを襲って殺傷するこうした無差別大量殺人は、20年前のJR下関駅通り魔事件を契機にして池田小学校襲撃事件、秋葉原大量殺人事件、やまゆり園襲撃事件と何度もくり返されてきた。ある日突然、理不尽にも生命を奪われるというのは、本人にとっても肉親を奪われた家族にとっても許しがたいことである。そしてその残虐さや反社会性は、アメリカで頻発する銃乱射事件とも共通するものがある。なぜこうした悲惨な事件がくり返されるのか、社会的背景もあわせて記者たちで論議してみた。

 A 事件があったのは28日午前7時40分頃で、川崎市多摩区登戸新町の路上に小学生たちが並んでスクールバスを待ち、親たちが見送りにきていた。そこに2本の包丁を持った男が無言で近づき、背後から切りつけた。死亡したり重軽傷を負ったのは、2人の親のほかは小学校1年生から6年生までの17人だった。男に包丁で顔や首、肩、あごを切りつけられた子が多いという。付近は血の海になっていたようだ。突然のことで恐怖から泣き叫んだと思うが、それでもパニックになる友だちを「頑張ろうね」といって励ます小学生もいたという。その後、男は現場で自分の首を刺して自殺した。

 「死ぬんだったら1人で死ねばいいのに」とか、「まったく関係のない子どもを巻き込んで、親や家族はどんな気持ちだろうか」といたたまれない気持ちでみながこのニュースに怒り、釘付けになった。無抵抗の子どもたちが集まるところを狙った犯行で、包丁も4本準備し、すべらないように作業用手袋をつけていたというのだから、相当計画的だ。精神を病んでいたにせよ、いかなる理由があっても許されるものではない。子どもを失った親はやりきれない。外務省職員の家族だってそうだ。

 B 下関市の小中学生の子どもを持つ父親は、事件後にネットで「殺した男が悪いのではない」という書き込みがあったことに怒っていた。「親からしたら、朝、いってらっしゃいと送り出し、夕方には帰ってきて勉強や友だちのことを話し合う日常が突然断たれたのだから、理屈なんかどうでもいい。うちの子を返してくれと思う。しかも子どもを殺しておいて自殺したので、親は怒りをぶつける相手もいない。その気持ちはどれほどだろうか」といっていた。

 C 犯人の岩崎隆一(51歳)は、両親が離婚したあとは現在80代になる伯父、伯母の家で暮らしていたようだが、長期間にわたって働くこともなく、家の中に閉じこもるひきこもり状態だったという。同居する伯父や伯母とはほとんど会話がなく、手紙でやりとりするぐらいで、伯父や伯母が自宅に介護サービスを入れるときに心配して市に14回も相談するほど、腫れ物に触るように接していたようだ。一方当人は、伯父や伯母から食事や小遣いを与えられて生活している身分なのに、「ひきこもりじゃない」といって腹を立てたり、近所の人とトラブルを起こしたりしていたことが報道されている。

 中学校の同級生が「ささいなことでイライラし、腹を立てるが、自分より強い者にはけっして手を出さず、弱い者を狙う卑劣なところがあった」といっているのも気になる。直接の犯行の動機はよくわからないけれど、病気で動けないわけでもないのに50代にもなって自活する努力をするわけでもなく、それでも暮らしていけていた。社会的にはきわめて非力で軟弱な存在だったことがうかがえる。そこから人生に絶望して社会に腹を立てたのか、やっていることはきわめて凶暴で、他人の人生を平気で奪っていく傍若無人さがある。依存していた伯父伯母に介護が必要なまでになったということは、ひきこもり生活もそう長くは続けられないことを自覚していたかもしれない。

 D 殺された女の子と同じ6年生の子どもを持つ母親は、1人で死ぬのは嫌なので子どもたちを巻き添えにし、そうやって自殺してでも鬱憤を晴らして目立ちたいという自己顕示欲を問題にしていた。事件後、同じ川崎市内の子どもを対象に「次はお前たちをめった切りにしてやる」とSNSに書き込みがあったことも同じ性質だ。世間一般が嫌悪する反社会的なこと、無差別大量殺人をやってでも自分の内に秘めた怒りや鬱憤をぶちまけたい、目立ちたいというのは、まともな感覚ではない。あと、事件の数日前にも名古屋の繁華街であった殺人事件で、鉄パイプや刃物で何度も殴ったり刺したりする画像や、被害者の腹に刃物を突き立てている写真をネット上に投稿していた者がいた。助けに行くわけでもなく、携帯で動画を撮って傍観していたり、それをネットに配信して目立とうとしたり、世も末だなと思わせる。

無差別殺人が蔓延する社会へと変貌
https://www.chosyu-journal.jp/shakai/11854

 C 振り返ってみると、こうした無差別殺人事件が世間の注目を集めるようになったのは、1999年9月に上部康明(当時35歳)が起こした下関駅通り魔事件からではないか。上部は車で下関駅構内に突入し、ボンネットに人を跳ね上げ、倒れた人をひき、さらに停まった車から降りて包丁を手にホームを駆け上がりながら、すれ違う人を次次と切りつけた。死者5人、重軽傷者10人が出た。あのときは下関中が震撼した。当時、自分は高校生だったが、駅構内で必死に走って逃げた友人たちは学校でそのときの恐怖を語っていた。本当に信じられないような事件だった。

 上部は地元の進学高校を出て九州大学に進んだが、卒業後は人間関係が結べず、なかなか就職できなかった。その後、一級建築士になって設計事務所も開設したが、しだいに営業不振になり事務所を閉鎖。妻には離婚を迫られ、親には援助を断られ、ローンだけが残ると、「なにをやってもうまくいかない」「それは周囲に責任がある」「社会にダメージを与えてから死んでやろう」と思うようになり、大量殺人計画を立てた。下関の事件の3週間前に池袋通り魔殺人事件が起こっていたが、「池袋の事件のようにナイフを使ったのでは大量に殺せないので車を使った」「社会に不満があり、誰でもいいから殺してやろうと思った」と犯行後にのべている。両親ともに教師で、高学歴の自負もあるが、現実社会とかみ合わず、挫折の末に暴発した事件だった。

 E 次に社会に衝撃を与えたのが池田小事件(2001年6月)で、それまでの日本では例のない小学校での無差別殺人事件だった。宅間守(当時37歳)が、大阪教育大学附属池田小学校に刃物を持って侵入し、校舎一階にあった低学年の教室に押し入って子どもたちを次次に刺した。1、2年生の児童8人が死亡し、教員2人も含めた15人が重軽傷を負った。その後の裁判でも「幼稚園ならもっと殺せた」というなど、何の反省もなかった。

 宅間は父親が荒れ狂って母親に暴力を振るう家庭環境で育ち、工業高校中退後に自衛隊に入ったがこれもやめ、バス運転手、小学校用務員、トラック運転手、タクシー運転手と仕事を転転とした。その間、婦女暴行、暴行傷害、高速道路逆走、薬物混入などで15回逮捕されている。つまり仕事が長続きしないのは、社会の最低限のルールを守らず、他者への配慮がきわめて乏しいことが原因だったと、当時を知る人は語っている。

 死刑になる前、事件について「仕事を失い、働く気力もなくなって、どうせ死ぬなら無茶苦茶やったろう、同じやるんやったらエリート校や、と」「(子どもたちを殺傷している)途中で、もうやったらいかん、やめないかんと思ったが、勢いがあって止まらんかった。誰かに後ろから羽交い締めされたとき、やっとこれで終われるとほっとした」といっている。理性で感情を抑えることができないほどの精神状態で、医師は「問題を解決する能力は小学3年生レベル」だとのべている。きわめて幼稚であり、動物的で刹那的なのだ。高校の同級生も「教室のロッカー内に小便したり、突拍子もないことをやっていた。小学生がそのまま大きくなった感じで、わがままで自己中心的な男」といっている。

 D そして2008年6月の秋葉原事件だ。加藤智大(当時25歳)は2dトラックで日曜日の歩行者天国に突っ込み、歩行者5人をはね飛ばしたうえ、トラックを降りて、被害者の救護にかけつけた通行人ら17人を持っていたダガーナイフで次次と襲った。7人が死亡し10人が重軽傷を負った。

 加藤は携帯のサイトに「秋葉原で人を殺します。車で突っ込んで、車が使えなくなったらナイフを使います。みんなさようなら」と予告の書き込みをし、以後分刻みで計画の進捗状況をサイトに記録していった。幼稚だが自己顕示欲だけは強い。彼の心象風景はこの書き込みを見ればよくわかる。

 「どうして俺だけ1人なんだろ。望まれずに生まれて 望まれて死んで。待っている人なんか居ない 俺が死ぬのを待っている人はたくさんいるけど。みんな俺を敵視している 味方は1人もいない この先も現れない」「どーせおれなんて、中年になっても六畳一間のボロアパートで1人暮らしでしょう。勝ち組はみんな死んでしまえ。トラックのタイヤが外れてカップルに直撃すればいいのに。やっぱり他人の幸せを受け入れることはできません 知ってる奴ならなおさら。やりたいこと…殺人 夢…ワイドショー独占」

 教育熱心だった母親の下で育った加藤は、中学までは成績が常にトップクラスだったが、青森県で屈指の進学校に入ってからは成績が落ち、母が望む北大への進学を断念。その後、自動車整備士の資格もとれず、勤めていた警備会社もやめ、派遣社員として自動車工場を転転とした。職場で人間関係を結ぶことができず、無断欠勤、職場放棄、そしてそのまま退職、というのをくり返していたようだ。

 B 最近のことで強烈な印象を残したのが、2016年7月、相模原市の知的障害者施設「津久井やまゆり園」で起こった無差別殺傷事件だ。26歳の植松聖が、社会的弱者である無抵抗の知的障害者を次次とナイフで襲い、19人を死亡させ、26人に重傷を負わせた。

 この事件が他の事件と違って特異なのは、植松が犯行の前に衆議院議長公邸を訪れ、「生きていても意味がない障害者を殺傷することは日本国と世界のためであり、正義の行動」だとして、犯行後の身分の保証と金銭的支援5億円を求め、「安倍晋三様にお伝えください」などとしたためた手紙を渡していたことだ。植松は小学校の教員をめざしたが挫折し、大学卒業後は運送業など複数の職場を転転として「やまゆり園」に行き着いた。苦労の多い障害者施設のなかで耐えきれず、入所者に暴力を振るうなどさまざまなトラブルを起こしていたというが、その植松が障害者や高齢者、あるいは貧困層をお荷物とみなす、自己責任、弱者切り捨てという支配の側のイデオロギーを真に受けて、それで自己の凶暴な犯行を正当化し、挫折した鬱憤を晴らして悪びれていないところに異常さを感じる。

社会の犠牲者か? 荒んだ精神世界を肯定してよいか

 F こうした事件はどれも特異で、まさに気狂い沙汰の行為だ。しかし「精神異常」ということだけではすまないし、社会的な背景と無縁ではない。犯罪は社会を映し出す鏡であるといわれるが、身も知らぬ人間を皆殺しにしていくような凶暴な事件が身近なものになっている。極めて身勝手であり、未来ある子どもだろうが虫けらくらいにしか見なしていない。「自分だけ死んだらいいではないか、などといわないで」という主張もあるようだが、社会的に許容できるものでは断じてない。自分の恨みや鬱屈した感情を、手当たり次第に社会にぶちまけ、他人の生命を奪うような行為はいかなる社会であっても許されない。「社会が荒廃しているから仕方がない」という問題ではない。

 かつて高度成長期の日本には「一億総中流」という言葉があった。しかし今では、一部の大企業や富裕層への富の集中と大多数の貧困化という二極分化が顕著だ。非正規雇用は就業労働者の4割にのぼるが、そのうち平均年収が186万円の貧困層が930万人おり、この層が急速に拡大しているという。80年代にメディアが「自由な生き方」と持ち上げたフリーターはいまや50歳前後になり、続く就職氷河期にはさらに新卒者の非正規雇用が拡大し、正社員並みの長時間労働に駆り立てられるが賃金は少なく、結婚も子育てもままならない層が増えている。

 こうして働く者がきわめて生きづらい社会になっているのは事実だ。だが、そうした悪すぎる環境のなかでも、みんながみんな殺人鬼にはなっていない。両親が離婚したり貧乏だったりしても、多くの者は弱い者に襲いかかったりなどしない。こうした自己中心的な犯行に及んでいる者たちのイデオロギーに共通するのは、現実世界で挫折したり困難に直面したとき、自己の弱点を直視して克服するよう努力するのでなく、そうした厳しい社会の現実に打ちのめされ、逃避しながらもはけ口を弱者や社会全体に求め、何の関係もない人たちの人生を奪ってでも鬱憤を晴らすという反社会性だ。孤立してしまい、ひ弱で幼稚だが、己の思いは強く凶暴なのだ。強烈な自己中心イデオロギーが根底にある。この殺人イデオロギーが蔓延し始めていることについて社会全体が認識しないといけない。

 D 新幹線の中で注意されると逆ギレして相手を刺し殺したり、注意されたのにカッとなって煽り運転をしたあげく相手を事故死させたりする。社会的に自分の鬱憤を晴らすために他者を殺めるというのが大量殺人に限らず蔓延している。非常に動物的で短絡的で、刹那的だ。その幼稚版がバイトテロにも通底している。反社会的である、すなわち社会性が備わっておらず、人を殺すことへの躊躇がなくなっている。厳しい社会現実のなかで虫けらのように扱われた者が、今度は他者を虫けらの如く見なし、手を掛けていく攻撃性について、もっと突っ込んでイデオロギー的にも解明しないといけない。弱い者がさらに弱い者を叩く社会構造のなかで、精神世界の荒廃や崩壊はエスカレートしている。

 A この20年近くで頻発し始めた無差別大量殺人は、アメリカの銃乱射事件を彷彿とさせる。日本に先行して社会が荒廃するアメリカでは、学校を舞台にした銃乱射事件があいついでいる。1999年、コロラド州のコロンバイン高校で2人の高校生が銃を無差別に乱射して13人の高校生を殺し、直後に自殺した事件は、その後、銃規制をとりくまないブッシュ政府(当時)を追及する映画にもなり日本でも話題になった。昨年2月にはフロリダ州のマージョリー・ストーンマン・ダグラス高校で、19歳の卒業生が半自動ライフルで無差別に発砲し、17人の高校生を死亡させた事件が起こり、それを契機に銃規制を政治家に要求する高校生たちの全米規模の行動に発展した。

 それでも共和党も民主党も、犯人の精神疾患は問題にしても、銃規制に進もうとしない。全米ライフル協会をはじめとする軍産複合体が最大のロビー団体になっているからだ。銃乱射事件はここ数年、年間300件をこし、死者は1万5000人にもなっている。アメリカでは戦争や殺人を渇望する勢力と、高校生や米国民との激突になっている。

 C 銃乱射と日本国内で頻発しはじめた無差別大量殺人も同質のものだ。日本社会が抱える病巣について、アメリカそっくりな事態が進行していることについて考えないわけにはいかない。

 B 今回の事件で、ある落語家が子どもや父親を殺した犯人に「死にたいなら1人で死んでくれ」と発言したことに対して、ある学者が「その言葉は控えてほしい。社会はあなたを大事にしているというメッセージを発するべき」と発信したことが物議を醸した。秋葉原事件のときも、犯人が非正規労働者だったことから「自殺と同じで、社会全体から追い詰められた彼の怒りだ」などと大企業の犠牲者と見る意見があった。こうした意見はどちらかといえば進歩派といわれる部分に多い。荒廃した社会の犠牲者なのだから、彼らを責めてはならないという響きをともなって拡散される。しかし、社会がどのように荒廃して汚泥にまみれていようと、そのなかから他者を思いやりまっとうな人間として一人一人が生きていかなければどうしようもない。苦しいならなおさら抗うしかない。社会が腐っているから仕方がない…、僕がダメなのは社会がダメだからだ…といって敗北した末に、他人を殺めてもよいのか。よいわけがない。何をいっているのかと思う。社会的な問題はそれとしてあるが、よりよい社会を望むのであれば、無差別大量殺人のような身勝手な犯罪にはきっぱりとした立場をとらなければならない。腐った社会ではあるが、「社会が悪い」といえば何をしても正当化されるということにはならない。それで自分まで精神的に腐ってどうするのかと。

 F 世の中、人と人とが助け合って成り立っているし、幼児や高齢者はみんなで支え、相手を思いやることで成り立っている。だが、今のあらわれはきわめて凶暴で、動物的、刹那的であり、自分の感情の抑えがきかない。戦後はアメリカ型個人主義が持ち込まれたが、80年代から市場原理が徹底されるのにともなって、「今だけ、金だけ、自分だけ」のより強烈な個人主義イデオロギーが強まった。このなかで、一つには攻撃性が強まっているのが特徴だ。他者がどうなろうが知ったことではないし、自分の思いや感情が第一。気に入らなければ執拗に攻撃を加えたり、のぼりつめていくようなケースも珍しくない。それぞれが孤立した状況のなかで自己防御意識だけは高まり、同時に攻撃性が備わっている。

 A 今回の事件に対して、警備体制を強化したりするだけで解決にならないことははっきりしている。人を殺人者に駆り立てる凶暴なイデオロギーと、その社会的背景を明らかにして、まともな社会をとりもどす力を強める以外にない。
https://www.chosyu-journal.jp/shakai/11854

14. 中川隆[-9830] koaQ7Jey 2019年6月03日 06:14:02 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[2537] 報告

元農水事務次官逮捕 息子が日常的に暴力か - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=GTv9BgZkY3M


「勝手に親の都合で産んだ」と毒づく息子を殺す。引きこもり問題は広がる2019.06.03
https://blackasia.net/?p=13091

日本では、ここのところ刺殺事件が続いている。名古屋の路上でひとりの男が知人を執拗に殴打して最後にドスを突き立てる事件も起きていたし、新宿のマンションで女性がホストを刺して血まみれにする事件も起きた。

このどちらの事件も現場の生々しい動画や写真が撮られていて、インターネットに出回った。(ブラックアジア:名古屋で起きた刺殺事件と新宿で起きた刺傷事件でリアルを知る日本人)

さらに、間髪を入れずに川崎市登戸でひとりの男がスクールバスを待っていた小学生らを包丁で次々と刺さしていくという事件も起きた。犯人は「引きこもり」の男だった。(ブラックアジア:川崎連続殺傷事件。岩崎隆一の起こした凄惨な殺人は社会に対する復讐か?)

その興奮が覚めやらぬうちに、今度は東京都練馬区の住宅街で、76歳の父親が同居する44歳の息子を刺殺するという事件が起きている。

父親は熊澤英昭という農水省元次官であり、日本のエリートであると言えるが、その子供は家に引きこもってゲームばかりしており、とがめられると家庭内暴力を引き起こしていた。(鈴木傾城)

死ぬ最期の1秒まで子供に責任を持て?

「引きこもり」の問題が次々と表面化している。引きこもりは、親の死、親への虐待、親の子供殺害、子供の自殺、子供の衝動殺人、遺体放置、ホームレス化……等々、ありとあらゆる問題を引き起こす。

それは、引きこもりの子供の面倒を見る親が高齢化して、いよいよ引きこもりをしている子供が「終わり」を意識するようになっているからでもある。

引きこもりになってしまった子供を何もしないで放置していると、子供はもう自立することは不可能になってしまう。「社会が悪い、時代が悪い、親が悪い」とつぶやきながら、意味もなくずっと引きこもって出てこなくなってしまうのだ。

人生は自分の思う通りにいかず、誰もが何らかのハンディを持って生きなければならない。しかし、社会で挫折して引きこもりになってしまう人間もいる。

普通の人は、自分の食い扶持は自分で稼がなければならないので、否が応でも働いて稼ぐしかない。いつまでも打ちのめされている暇はない。

ところが、親が自分の子供を「一時的な措置」と思って自宅の一室に引きこもるのを許してしまうと、子供はその状況に依存する。このまま何もしなくても食べていけると思うようになるのだ。

そして、親の無償の援助に慣れていくに従って、引きこもりになった人間はそこから完全に抜け出せなくなってしまう。自ら「無力であり続けること」を選んでしまうのである。

すべての親は子供が自立し、自分の手で夢や希望や自分らしい生き方をつかみ取って欲しいと願っている。しかし、「一時的に」と思った援助に子供が依存し、それに慣れすぎてしまうと、すっかり自立する気持ちは失せる。

熊澤英昭が殺した引きこもりの息子は、ツイッターでこのように毒づいていた。


「勝手に親の都合で産んだんだから死ぬ最期の1秒まで子供に責任を持てと言いたいんだ、私は」

図らずも、この息子の父親は、死ぬ最期の1秒まで子供に責任を持ったことになる。

「援助を受け続ける」方向に最適化

ボディービルダーは、筋肉を強靱なものにするためには、筋肉に負荷をかけなければならないことを知っている。逆に筋肉を使わなければどうなるのか。

たとえば交通事故で半年寝たきりになった人は、うまく歩けなくなってしまう。うまく歩けないどころか、まったく歩けなくなってしまう人すらもいる。

なぜなら、半年も歩かなくなることで身体はその筋肉が無用であると判断して、足の筋肉が極度に衰えてしまうのである。

片足にギブスが入った人は、数ヶ月後にそれを取り外したとき、左右で足の太ささえも違ってしまうことに気付くだろう。ギブスで固められて使えなくなった筋肉は、明らかに退化して細くなってしまうのである。

リハビリをしなければ、二度と歩くことができなくなることすらもある。

「援助を受け続けると無力化する」というのは、言って見れば社会的に「寝たきりになっている」のと同じ状況である。

あまりにその状況が長く続くと心身は無意識に「何もしなくても生きていける」と判断するようになり、「援助を受け続ける」方向に最適化してしまう。

「援助を受け続ける方向に最適化する」というのは、要するに自立しない方向に最適化するという意味でもある。

自分がこうなったのはすべて「他者のせい」にして、「自分はその犠牲者や被害者である」と訴えることで自立しない方向が成し遂げられる。

「自分がこうなったのは親が悪い、学校が悪い、まわりにいる人が悪い、社会が悪い、国が悪い、環境が悪い、時代が悪いので、自分はその犠牲者であり被害者だ」

引きこもりが犠牲者や被害者になることに成功したら、このように続ける。

「勝手に親の都合で産んだんだから死ぬ最期の1秒まで子供に責任を持てと言いたいんだ、私は」


100万人以上の引きこもりが路頭に迷う

外部からの援助に寄生して自立をしない方向を決意した引きこもりは、徹底的に自分を弱者に見立ててそれを強調する。そして、自立を強制する親や社会に「理解がない」と攻撃する。

そうやって自立することを忘れると、最後には完全に自立できない人間になっていく。社会性を忘れると、社会に戻れなくなってしまうのである。自分で自分をそこに追いやってしまうのだ。

人間は、本来は自分の望む生き方を誰かに与えてもらうのではなく、自分でつかみ取らなければならない。つかみ取ろうと必死になって這い回り、泥の中でもがくのが人生だ。

しかし、親に依存し、寄生することに成功してしまうと、そうした本来の自分の可能性を自分で封じ込め、ただ無為に暮らして自分の可能性を自分で腐らせてしまう。

問題を抱えた子供を思いやり、支援し、援助するというのは、親にとっては「良かれ」と思ってする自然な行為だ。子供が食べていけなければ、ひとまず自分の家で傷が癒えるまで保護しようと思う。

子供の引きこもりが長引いても「しばらくは、そっとして上げよう」と考える。しかし、子供をいつまでもだらだらと引きこもらせて自立を喪失させてしまうのは、最終的には子供を台なしにしてしまう危険な行為でもある。

引きこもりを許すことによって当人の自立を奪い取るというのは大きな罪であり、社会的損失でもある。そうした状況は今すぐ打ち切って、自立に向けて対処すべきだ。

良かれと思って続けた行為が子供の将来を奪い取るというのであれば、親にも責任がある。

子供が自立できていた時、もしかしたら素晴らしい貢献が社会に対して為されたのかもしれない。しかし、子供が親の過剰な援助によって無気力化されると、その貢献は失われる。

そろそろ日本は引きこもりを生み出さない環境を整備すべきだ。たとえば、1年以上の引きこもりは行政が親から問題を引き継ぐような措置等を考えるべき時期に来ている。

これから親の経済的体力が消失していき、100万人以上の引きこもりが路頭に迷う時代がやってくるのだから……。(written by 鈴木傾城)

熊澤英昭。引きこもりの息子を殺して逮捕された。引きこもりの息子は、ツイッターでこのように毒づいていた。「勝手に親の都合で産んだんだから死ぬ最期の1秒まで子供に責任を持てと言いたいんだ、私は」
https://blackasia.net/?p=13091

15. 中川隆[-9859] koaQ7Jey 2019年6月04日 07:48:47 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[2549] 報告

2019.06.03
熊澤英一郎の母親の教育方法が酷い?生い立ちや学歴!
http://trend-journal.online/kyoiku

エリート人生を歩んでいた農林水産省の元事務次官である熊澤英昭容疑者が自分の長男である熊澤英一郎さんを包丁で刺し殺したとして現行犯逮捕をされました。

そんななんとも驚きの事件ですが、加害者よりも被害者の熊澤英一郎さんに注目が集まっています。

障害持ちで引きこもりニート噂が耐えないようですが、その熊澤英一郎さんが母親から受けてきた教育方法が「酷い」ということが言われているようです。

事件の概要や長男である熊澤英一郎さんの学歴などの情報、熊澤英昭容疑者の犯行動機などについてご紹介させていただきます。

熊澤英昭が殺害された熊澤英昭容疑者の事件について


農林水産省の元事務次官が同居している44歳の長男を包丁で刺したとして逮捕された事件で、死亡した長男は布団の上で胸などを複数回刺されていたことが分かりました。

この事件は1日午後、東京・練馬区の住宅で、この家に住む農林水産省の元事務次官、熊沢英昭容疑者(76)が同居している長男で無職の英一郎さん(44)を包丁で刺して殺害しようとしたとして現行犯逮捕されたものです。

英一郎さんは搬送先の病院で死亡しましたが、その後の捜査関係者への取材で、自宅1階の和室の布団の上で、胸などを複数回刺されていたことが分かりました。取り調べに対し、熊沢容疑者は容疑を認めているということです。

警視庁は、熊沢容疑者と長男の英一郎さんとの間にトラブルがあったとみて動機について詳しく調べています。(02日10:59)



殺害された熊澤英一郎さんの顔画像

こちらの熊澤英一郎さんの画像は19歳位のときの顔画像だということです。

逮捕された熊澤英昭容疑者について

熊澤英昭容疑者の顔画像



熊澤英昭の学歴や経歴がエリートすぎる


名前:熊澤英昭(読み方:くまざわひであき)

・年齢:76才

・出身地:岐阜県出身

・住所:東京都練馬区早宮4

・職業:元農林水産省事務次官

・家族構成:嫁と息子の3人家族

家族構成としては、長男の熊澤英一郎さんと長女、そして嫁の4人家族だったようです。

熊沢英昭容疑者は高学歴な超エリートです。

元次官の経歴としては、1967年に当時の農林省に入省した「エリート官僚」。

そして、農水省経済局長などを経て2001年に事務次官に就任しましたが2001年9月に狂牛病のBSE問題が発生し責任をとる形で2002年1月に事務次官を退官されています。

その後もチェコの大使館にも勤められていました。熊澤英昭容疑者の最終学歴は「東京大学法学部」です。

熊澤英昭容疑者は迷惑をかけたくなかった?川崎殺傷事件と関連?

エリート官僚でもあった熊澤英昭容疑者はどうしてこのような事件を起こしてしまったのか気になるところですが、「川崎殺傷事件」について供述をしていることがわかっています。


元農林水産事務次官の熊沢英昭容疑者(76)が東京都練馬区の自宅で長男(44)を殺害したとされる事件で、熊沢容疑者が警視庁の調べに対し、「長男は引きこもりがちで、家庭内で暴力を振るうこともあった」という趣旨の供述をしていることが同庁への取材でわかった。「周囲に迷惑をかけたくないと思った」とも話しているという。

元農水次官、自宅で長男刺した疑い 殺人未遂容疑で逮捕
事件前には「小学校の運動会の音がうるさい」と言う長男を注意した、と説明していることも判明。当日は朝から隣接する区立小で運動会が開かれていた。同庁は事件に至る経緯を詳しく調べている。

練馬署によると、熊沢容疑者は1日午後3時半ごろ、自宅で長男の無職英一郎さんの胸などを包丁で複数回刺したとして、殺人未遂容疑で現行犯逮捕された。英一郎さんは搬送先の病院で死亡が確認された。一家はこの2人と熊沢容疑者の妻の3人暮らし。妻は当時不在だったという。


東京都練馬区の民家で起きた殺人事件で、無職の長男(44)を刺したとして、殺人未遂容疑で逮捕された元農林水産省事務次官の熊沢英昭容疑者(76)が調べに対し、川崎市で私立カリタス小学校の児童ら20人が殺傷された事件を挙げ、「長男も児童らに危害を加えるのではないかと心配した」という趣旨の供述をしていることが警視庁幹部への取材でわかった。警視庁練馬署は、川崎の事件が長男を刺したきっかけの一つになったとみている。

捜査関係者によると、長男は約30年前の中学2年の時から家庭内暴力をふるっていた。実家を離れた時期もあったが、5月下旬に実家に戻ると再び、両親への暴力を繰り返すようになった。仕事はせず、家にひきこもって長時間、インターネットをしていたという。

事件前には、自宅に隣接する小学校の運動会の音がうるさいと騒ぎ出し、熊沢容疑者と口論になった。熊沢容疑者はその後、自宅にあった包丁で長男を刺したとされる。1階和室で倒れていた長男は胸や首など上半身を中心に10か所以上の刺し傷があり、搬送先の病院で死亡した。

殺害された熊澤英一郎さんのツイートなど

ツイッターでの熊澤英一郎さんのツイートが何とも恐ろしいという声が多くあがっています。

そんなツイートまとめについてです。

熊澤英一郎さんのツイートは「愚母」に対しての殺意とも受け取れる内容、そして周りの人間と自分を比較したような発言が目立ちます。



仕事をせず引きこもりとしてドラクエに没頭していたということが分かっています。

熊澤英一郎さんについて

名前:熊澤英一郎(くまざわえいいちろう)

ハンドルネーム:神崎弘海(かんざきひろみ)

生年月日:1975年3月20日

年齢:44歳

住所:東京都練馬区早宮4

学歴:代々木アニメーション学院アニメーター科卒HAL東京

職歴:元社会復帰指導員、パン職人(パン製造技能士2級取得済み)元ビジネスコンサルタント事務所職員

このようにプロフィールが判明しており、またドラゴンクエスト10の有名プレイヤーでもあったようです。

熊澤英一郎さんの学歴について

熊澤英一郎さんの詳しい学歴については現在情報がありませんが、「聖殻の神殿」というサイトには

代々木アニメーション学院アニメーター学科を卒業後、「HAL東京校を中退」というようになっているようです。

ネットではHAL東京校を卒業しているという情報もあり、どちらが正しいかは定かではありません。

また高校に関しては情報がありませんが、大学には進学せずにアニメ専門学校を転々としていたようです。

ドラゴンクエスト10の有名プレイヤー?廃人?

熊澤英一郎さんは人気RPG作品「ドラゴンクエスト10」の超有名プレイヤーだったことがわかっています。

ドラゴンクエスト10とはオンラインにも対応したゲームでインターネットで様々な人と繋がれるというものです。


今度の最新作は、オンライン対応!
ネットワークにつなげれば、そこにはあなたと同じ、冒険者たちがいる世界です!

これまでにも、「ドラゴンクエスト」に登場してきた町の人たちは、本当に生きている人間のように、あなたに話しかけてくれました。
今度の「ドラゴンクエストX」では、なんとそれが本物の人間に!
まさに、みんなが”ドラゴンクエストの世界”の住人となって自由に遊ぶことができます。

このドラゴンクエスト10にステラ神として毎日のようにログインをしていたようです。

サービスが始まったときから毎日ログインをしており、亡くなった2019年6月1日にもログインをしています。

そして自分で熊澤英昭容疑者の息子だということを豪語していることからドラゴンクエスト10のステラ神が熊澤英一郎さんだと発覚をしたのです。

ニート?稼ぎはあった?

本人の話しによれば神崎弘海として「聖殻の神殿」というサイトでイラストを制作して数カ月に一度3万円ほどの収入があったようです。

月32万円も課金!

ドラゴンクエスト10はゲームプレイをするためには利用券というものが必要で、課金も必須となってきます。

そんなゲームに、月に32万円も課金をしていたことをツイッターで報告をされています。

熊澤英一郎さんは病気だった?

熊澤英一郎さんは自身のツイッターで「アスペルガー症候群」であることそして「統合失調症」であるということを告白されています。

アスペルガー症候群とは?


アスペルガー症候群は、広い意味での「自閉症」のひとつのタイプです。最初に症例を報告したハンス・アスペルガーというオーストリアの小児科医の名前にちなんでつけられました。アスペルガー症候群は、自閉症の3つの特徴のうち「対人関係の障害」と「パターン化した興味や活動」の2つの特徴を有し、コミュニケーションの目立った障害がないとされている障害です。言葉の発達の遅れがないというところが自閉症と違うところです。知的発達に遅れのある人はほとんどいません。

広い意味でのアスペルガー症候群
高機能自閉症・非定型自閉症などは、厳密にはアスペルガー症候群と区別されますが、「知的発達に明らかな遅れがないが、自閉症の特徴を有している」という点では共通しています。そのため一般的には「アスペルガー症候群」は、それらの人たちも含めて広い意味で使用される傾向があります。以下で述べる特徴等は、それらの障害にも当てはまります。

また「高機能」というのは「知的発達に明らかな遅れがない」ことを表し、自閉症状の程度(現れ方)とは無関係な用語です。「高機能」でも自閉症状の強い人々もいますので、決して支援が少なくていいわけではなく個人にあった支援が必要です。

アスペルガー症候群の特徴
アスペルガー症候群の人々には、「表情や身振り、声の抑揚、姿勢などが独特」「親しい友人関係を築けない」「慣習的な暗黙のルールが分からない」「会話で、冗談や比喩・皮肉が分からない」「興味の対象が独特で変わっている(特殊な物の収集癖があるなど)」といった特徴があります。このほかに身体の使い方がぎこちなく「不器用」な場合が多くみられます。

統合失調症とは?


統合失調症は、およそ100人に1人弱がかかる頻度の高い病気です。「普通の話も通じなくなる」「不治の病」という誤ったイメージがありますが、こころの働きの多くの部分は保たれ、多くの患者さんが回復していきます。
高血圧や糖尿病などの生活習慣病と同じように、早期発見や早期治療、薬物療法と本人・家族の協力の組み合わせ、再発予防のための治療の継続が大切です。脳の構造や働きの微妙な異常が原因と考えられるようになってきています。

熊澤英一郎の母親は?教育環境が悪かった?

今回、逮捕された熊澤英昭の妻であり、英一郎さんの母親である人はどのような人物だったのでしょうか?

中学校のときから家庭内暴力があったということが報道などでは明らかとなっており、また熊澤英一郎さんはツイッター上で母親のことを「愚母」と呼んでいます。

熊澤英一郎さんはこのようにツイートをされています。



勉強をしたくないのに、勉強をしていた。

そして勉強をしなければ愚母、つまり母親におもちゃを壊されるという教育を受けていたという旨の内容になっています。

またこれまでには勉強をしなかったことでおもちゃを壊されたことも告白されています。



「エルガイムMK-U」とは重戦機エルガイムの後期主人公となったA級ヘビーメタルのことです。



この「エルガイムMK-U」が壊されてしまったということですが、勉強をしなければおもちゃを壊されるという教育方法にも疑問がありますね。

教育環境に問題があった?

エリート官僚でもあった父親を持つ家庭に生まれた熊澤英一郎さん。

父親のその偉大さなどから世間体からもプレッシャーが大きかったのではないでしょうか?

「賢い親の子は賢いはずだ」「エリートの家庭の子供はエリートになるはずだ」と世間体の思い込みなどがプレッシャーとなり、また親自身も実際に間違った教育をしてしまうこともあるものです。

今回熊澤英一郎さんの両親がどのような教育をしていたかは不明ですが、勉強をしなければおもちゃを壊すというツイートを見る限り「毒親」ともとれてしまうでしょう。

もしかすると引きこもりで様々な噂をさらている熊澤英一郎さんだけでなく、両親にも問題があったかもしれません。

神崎ひろみ!pixivで特定!


まとめ

エリート人生を歩んでいた農林水産省の元事務次官である熊澤英昭容疑者が自分の長男である熊澤英一郎さんを包丁で刺し殺したとして現行犯逮捕をされました。

ドラゴンクエスト10の廃人であったことや、つぶやきなどを見ると被害者の方の情報が今後気になりますね。
http://trend-journal.online/kyoiku

16. 中川隆[-8762] koaQ7Jey 2019年8月20日 06:08:38 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[3981] 報告

宮崎文夫 あおり運転 - YouTube動画
https://www.youtube.com/results?search_query=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%96%87%E5%A4%AB+%E3%81%82%E3%81%8A%E3%82%8A%E9%81%8B%E8%BB%A2&sp=mAEB


独自取材で判明!「あおり運転暴行事件」容疑者らの“異様な関係性”と“二面性”
8/19(月) 20:29配信 FNN.jpプライムオンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190819-00010016-fnnprimev-soci



「逃げないから“出頭”させて」と必死の抵抗

8月10日、茨城県・常磐自動車道で起きた悪質なあおり運転と暴力行為。
全国に指名手配されていた宮崎文夫容疑者(43)が18日、傷害の疑いで逮捕された。

【画像】バレンタインには喜本容疑者から「ブランドバッグ」を…

「直撃LIVEグッディ!」のカメラは、宮崎容疑者拘束までの一部始終をとらえていた。


宮崎容疑者:
ちょっと待ってくださいよ。自ら出頭しますって今電話してますので。逃げも隠れも…ちょっと待って、今、生野警察署に電話してますので。逃げないんで、行きますから!


「逃げも隠れもしない」と大声で叫び続ける宮崎容疑者。「生野警察署」という言葉を繰り返し、管轄内の東住吉警察署に連行されることを頑なに拒んでいる。


宮崎容疑者:
ちょっと待ってください、本当に…逃げません!自分から出頭させてくださいよ、本当に。

警察官:
今まで話に来なかったんだから、そのままは信用できないから。

宮崎容疑者:
だからついてきてください、そのまま。

警察官:
じゃあ、車で行くよ。

宮崎容疑者:
車には乗りたくないんです。以前に自分にも不納得な理由で監禁が不起訴になりましたけど、恐喝尋問で…ちょっと待ってください!手で押さえつけるのだけはやめてください!逃げませんし、隠れません!


指名手配後も逃亡を続けていた宮崎容疑者に対し、「信用できない」と警察官は一蹴するが「逃げも隠れもしない」と抵抗を続ける宮崎容疑者。
報道陣のカメラに対して…


宮崎容疑者:
本当に逃げも隠れもしませんし、行為に関して悪い部分があれば、普通に会社としても個人としても責任を取る方向で考えてますので、生野警察署に出頭させてください!生野警察署に!
東住吉警察署は非常に苦い思い出があるので、嫌なんです!車の中にこんな時に入りたくありません。中で何されるか分からないんで!嫌です。そういう噂も聞きますし、自分から行くんで、後ろを張り付くようについてきてください。本当に。逃げも隠れもしません!


この時、宮崎容疑者がもみ合っている場所から道路を挟んだ先には、警察官と共にいる喜本奈津子容疑者(51)の姿があった。

宮崎容疑者が暴力行為に及んだ際、車を降り、携帯電話で撮影をしていた、喜本容疑者だ。
18日、犯人蔵匿・隠避の疑いで逮捕された喜本容疑者は、事件後宮崎容疑者を自宅マンションにかくまい、食事を提供していたとみられている。

すると、宮崎容疑者の口からは「そこに行かせてください、彼女の元に」との言葉が…さらに「喜本さん」と必死に呼びかけると、喜本容疑者は信号を渡り、宮崎容疑者の元へ向かった。


喜本容疑者:
生野署に連れてってくれるっていうから行きましょ。ちょっと押さえつけないでください、逃げませんから。手をつなぎたいんですけど、逃げませんから。


「手をつなぎたい」と訴える喜本容疑者。その後、グッディ!のカメラに向かって驚きの主張を繰り広げた。


宮崎容疑者:
カメラに向かってしゃべれ!

喜本容疑者:
私たち逃げも隠れもしないんで。元々そもそも相手方があおってきたんですよ。あそこの映像、途中から私たちの車入ってきたみたいになってますけど、違いますから、あれ全然。真実を話しますから。


その後、応援のパトカーが到着すると…


宮崎容疑者:
ちょっと待ってください。

喜本容疑者:
そんな興奮させないで。逃げるわけじゃないんだもん。

宮崎容疑者:
喜本!

リポーター:
車に乗らないと暴れています。

喜本容疑者:
暴れてない、暴れてない!なんでそんなに乱暴するの!生野署に連れて行ってください、必ず。絶対ですよ。


その後、茨城県警の取手署に車で移送。捜査員にフードを外されると…
「逃げも隠れもしない」と話していたが、手で顔を隠し、うつむいていた。
宮崎容疑者は「殴ったことは間違いない」と容疑を認めており、喜本容疑者も事件の際、一緒にいたことを認めているという。

喜本容疑者からは“のろけ”も…2人の奇妙な関係

宮崎容疑者と喜本容疑者、2人はどのような関係なのか?
喜本容疑者の高校時代からの友人は、そのなれそめを聞かされたという。


高校の同級生:
彼女は独身で、結婚したくて、それで出会い系のアプリあるじゃないですか。2月の下旬に会った時に「新しい人がこういう人で」「今この人と付き合ってる」とか、写真を見せてもらって。

――宮崎容疑者の話をしている時は幸せそう?

高校の同級生:
はい、うれしそうでした。初めて彼の話を聞いた時も、何度も電話がかかって来たり、まめな人だったので、それでやられちゃったのかなって。


出会い系のアプリで知り合ったとされる2人は、今年2月から交際を開始。知り合ってからまだ半年ほどしかたっていないようだ。
友人の前で、のろけていたという喜本容疑者。しかし、よく話を聞いていくと、衝撃的な話が飛び出したという。


高校の同級生:
2月のバレンタインの時に、彼女はチョコレートを用意してたみたいなんですよ。だけどどこかデパートの閉店ギリギリに連れていかれて、自分(宮崎容疑者)の欲しいものがあるって。これが欲しいんだって言って、30万円のヴィトンをクレジットで買ったって。「店員の前で『俺はホワイトデーに彼女に倍返しするから』って言ってたんだよ」みたいなこと言ってました。

でもせっかく買ってあげたのに、車の上だか横だかに置いて忘れて、その鞄がなくなっちゃったっていうのを聞いて。私は「えー!」って。30万円するものを付き合って間もない人に買ってくれって言うのもおかしいし、お金持ってるなら自分で買えばいいのにって思うのに。普通のOLなのにクレジットカードでローン組んで買ったんだって、そこまでするくらいのめりこんでたんだなって。

(喜本容疑者は)本当にこんなことするような子ではない。この半年で、何かが絶対あったはず。


その後、友人は喜本容疑者と連絡を取ろうとしたが、今年3月以降、音信不通の状態が続いているという。
一体何があったのだろうか。グッディ!は、この半年間に宮崎容疑者と喜本容疑者が訪れた飲食店を取材した。


長時間の“説教クレーム”もSNSには…

今年4月に来店した2人。その時、宮崎容疑者は「彼女に熱いお茶がかかり、やけどした」とクレームを入れてきたという。しかし、店主がやけどを確認しようとすると、それを拒み続けたという。


2人が来店した飲食店店主:
1回目が4月の中旬、10日過ぎかな。2回目が5月だったと思います。
どんな感じか見せてくれますか?って言ったら「ううん」って言ってね。見せてくれないんですよ。普通こぼしたら大変ですよ、拭いたりするんやけど、そこまでのことは確認できてないし、拒否された感じで。3時に入って、7時ちょっとまわったな。

――クレームで4時間ほどいたということですか?

店主の妻:
クレームというか、説教。うちが出したお茶が熱すぎて、それを置く場所が悪いんでこぼしてしもたやないかと。それが連れの女の人にかかった、どうしてくれるという内容でした。


宮崎容疑者のクレームまがいの説教は、なんと4時間も続いたという。
この飲食店は、クレームを機に防犯カメラを設置。その1カ月後、再び宮崎容疑者ら2人が来店したという。


その時の防犯カメラの映像に映っているのは、帽子にマフラー、サングラスにマスクを身に着け、顔を隠した状態の宮崎容疑者。喜本容疑者もキャップにサングラスをしている。

特に何事もなく、食事を注文した2人。しかし、食事を終えると…


店主:
「おい、やけど見したれ」と言うて、大きい声で女性に言うわけですよ。隣とかに座ってる人もびっくりしますよね。


突然、1ヵ月前のクレームを蒸し返して、店主を問い詰めたという。この時2人は「一筆書いてください」と、店主からの謝罪を求めたという。

度々店を訪れては、執拗に因縁をつけた宮崎容疑者。ところが、自身のSNSでは…


<4月16日、宮崎容疑者のSNS>
「ご馳走様でした。大変気さくな方で閉店間際だったにも関わらず温かく出迎えてくださり嬉しかったです!またお伺いしたいと思います」


店主:
なんか友達みたいに書いてあったんです。

――とても仲の良いご主人みたいに書かれていますが…

店主:
逆ですよ。うちはそれで何回も胃の痛い思いして、警察とか弁護士さんも初めて行ったし、飲食店組合とか防犯協会にも電話した。次は入店拒否をしようと思うんです。


独自取材では、宮崎容疑者の二面性が浮かび上がってきた。
.
(「直撃LIVE グッディ!」)

17. 中川隆[-8760] koaQ7Jey 2019年8月20日 06:42:25 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[3983] 報告

あおり殴打撮影「ガラケー女」と宮崎容疑者《そろってサングラスのまま飲食動画》 - YouTube 動画
https://www.youtube.com/watch?v=8GsXfK6oXkE


あおり殴打撮影「ガラケー女」と宮崎容疑者《そろってサングラスのまま飲食動画》
「週刊文春」編集部
https://bunshun.jp/articles/-/13476

 茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた「あおり運転暴行」事件で、宮崎文夫容疑者(43)とともに、犯人隠匿の容疑で逮捕された喜本奈津子容疑者(51)。犯行の一部始終を収めた被害者のドライブレコーダーの映像には、喜本容疑者がガラケーを片手に被害者の車へ近付いてくる様子が映っていた。喜本容疑者は8月19日(月)早朝、宮崎容疑者と同じ茨城県警取手署に移送された。


取手署に移送される宮崎容疑者 ©文藝春秋


 宮崎容疑者がオーナーでもある大阪市内の自宅マンションでは、今年5月頃から2人の姿が目撃されている。2人は交際関係にあったという。取手署に移送される際も宮崎容疑者は手で顔を覆っていたが、顔を隠すのは2人とって日常的な行動だったようだ。


取手署に移送される喜本容疑者 ©文藝春秋


「夜に宮崎と女性を何度か見かけたが、2人ともいつもサングラスをして、帽子をかぶっていた。近所づきあいはもちろん、挨拶すらない。むしろ威嚇してくる感じで近寄りがたかった」(地元住民)

 取材班が入手した映像でも、2人はサングラスをかけたまま食事をとっている。


サングラスをかけたまま食事する2人

 今年4月、2人が訪れた飲食店での映像だ。

 2人が起こしたトラブルや奇行は、東京〜大阪間の複数の地域で目撃されている。三重県伊賀市の精肉店でも高級伊賀牛を買い求める宮崎容疑者の姿が目撃されている。2人の活動拠点は大阪だけではなかった。

「宮崎の健康保険証の住所は小田原で、運転免許証の住所は名古屋になっていた。小田原には今年7月まで一軒家に住んでいて、名古屋は約1年前まで古いマンションを借り、会社の所在地にしている。どちらの場所でも、喜本容疑者も目撃されている。

 喜本は宮崎の恋人であると同時に、仕事のパートナーでもある。出会い系サイトで知り合ったようだ。ちなみに喜本の住所は東京・品川区のアパート。2人は車で全国を転々としていた。宮崎の潜伏先はいくつもあったため、県警の捜査も難航し、逮捕まで時間がかかったようだ」(社会部記者)

 品川区内の喜本容疑者のアパートでも奇行が確認されている。

「今年6月くらいから越してきて、留守の日が多かったが、朝方に男女で帰ってきて言い争っていたこともあった。男がいつも女を罵って、女が外に出て行く。その声が聞こえていた。男がいるときは決まって向かいの家の前に高級車を停めていた。先週、先々週くらいはうるさい日が多かったが、ここ何日間かは声が聞こえなかった」(アパート住民)


確保される宮崎容疑者。手前は喜本容疑者 ©文藝春秋

確保される宮崎容疑者。手前は喜本容疑者 ©文藝春秋

 喜本容疑者の親戚は、取材にこう答えた。

「ああいう人ですから10年以上前に縁が切れています。写真もない。他の親戚もみんな離れています。性格に難がある方でして……もう、関わりたくないんです」

 2人の容疑者は8月20日に送検される予定だ。
https://bunshun.jp/articles/-/13476

18. 中川隆[-8759] koaQ7Jey 2019年8月20日 06:44:49 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[3984] 報告

【大阪で逮捕】“あおり運転殴打”宮崎文夫容疑者 「話すのは車と女のことだけ」元同期男性が見た執着
清水 俊一 2019/08/18
https://bunshun.jp/articles/-/13443


 茨城県内の高速道路上で煽り運転を繰り返した末に、男性ドライバーを殴りつけた宮崎文夫容疑者(43)。

 警察は宮崎容疑者を全国に指名手配し、8月18日午前に大阪市内で逮捕した。

「名前を見て彼だと分かった時、ああ、やりそうだな、と思いました」

  こう話すのは、宮崎容疑者と同期入社した男性だ。

 関西の有名私大を卒業した後に宮崎容疑者が入社したのは、精密機器を製造販売する東証1部上場のキーエンスだった。

 同社は世界約50カ国に進出し、海外売り上げ比率が5割を超える超優良企業。社員の待遇が良いことでも知られ、上場企業の平均年収ランキングでは常に上位。2019年3月期の平均年収は、平均年齢35.8歳で実に2110万円に上る。

「今思えば彼が入社できたのは不思議ですが、キーエンスにはコネ入社は無いと言われます。筆記試験はありませんでしたが、適性試験があり、面接も3回か4回行いました」(同期入社の男性)

昔から「車」と「女」に執着

 この事件で特異だったのは、被害者の車に向かってくる宮崎容疑者と共に、車を降り、携帯電話で撮影しながら近づいてくる同乗の女の姿だった。「車」と「女」に宮崎容疑者は昔から執着していたという。

「同期は約40人でしたが、車を持っていたのは2人だけでした。その1人が彼。学生時代から、アルピナの濃紺のBMW5シリーズに乗っていました。話すのは車と女のことだけ。金のネックレスをしていて“女に貰った”と自慢していました。

 研修が終わった後、彼は名古屋に配属されました。キーエンスは待遇が良く、引っ越し代が支給され、車の所有者は専門の業者が運んでくれます。しかし彼は自分の車のハンドルを他人が握ることを嫌がり、“(本社のある)大阪から名古屋までなら自分で運転していく”と、人事部に最後までゴネていました。

 とにかくテンションが高い。しかし、話が面白くない。同期の中では浮いた存在でした」(同前)


仕事はできなかったという。

「入社後の新人研修では断トツでビリでした。ビジネスマナー講習の時には、白いワイシャツの下にハードロックバンドの黒のTシャツを着て、怒られていました。

 キーエンスには複数の事業部がある。彼は研修後、名古屋のMECT事業部に配属されてマイクロスコープ(デジタル顕微鏡)の販売担当になりましたが、辞めるまでに1台も売れなかったのでは?」(同前)

“オレはビッグになる”と言い残し、入社1年たたずに退社

 宮崎容疑者は、入社1年たたずに退社した。

「辞める時、“オレはビッグになる”と言っていました。田原俊彦のビッグ発言は5年も6年も前のことでしたけど(笑)。それに、“中古車屋でもやるわ”とも言っていました。


宮崎容疑者のSNSより

  同期に手を挙げるなどの暴力傾向は見えませんでしたが、上司に怒られても、まったくこたえていなかったのが印象的です。怒られた意味を理解していない、と思うほどでした。

 彼が辞めた2、3年後に未登録番号の着信があり、出てみると彼でした。“オレのこと分かる?”と聞いてきて“いや”と答えると、“冷たいなあ”と言って30分ぐらいネチネチと絡まれました」(同前)

 宮崎容疑者は事件後、大阪市内で食べた牛タン定食の画像を自身のインスタグラムに投稿するなど不可解な行動も見せていた。今回も、まったくこたえていないのだろうか。

19. 中川隆[-8754] koaQ7Jey 2019年8月20日 08:45:59 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[3990] 報告

“あおり殴打”宮崎容疑者を臨床心理士が分析 喜本容疑者との関係は?身柄確保時も“マウンティング”か
2019年8月20日 7時30分 AbemaTIMES
https://news.livedoor.com/article/detail/16952138/

 茨城県の常磐道であおり運転をしたうえ男性を殴ったとして、大阪市の会社役員・宮崎文夫容疑者(43)が傷害の疑いで逮捕された。また、宮崎容疑者の車に同乗しガラケーで様子を撮影していた交際相手の喜本奈津子容疑者(51)も、犯人蔵匿隠避の疑いで逮捕された。

 宮崎容疑者の身柄が確保される際の映像には、「無理やり乗せられてるやん。暴れてないって、自分から出頭するって言うてんねん。自分から生野警察署に出頭させてください」などと抵抗する様子や、喜本容疑者が「自分から出頭するって言っているのになんで押さえつけるの?ひどすぎる」と叫ぶ声も記録されていた。


 臨床心理士で心理カウンセラーも務める明星大学准教授の藤井靖氏は、宮崎容疑者の抵抗時の様子について「動物のマウンティングに近いなと。近くにいる相手に大きな声を出して、感情を揺さぶろうとしたり威嚇しようとしたりしている。内容はともかくとして、自分が優位に立ちたい、自分がこの場をコントロールしたいという気持ちが表れているように思う。自分で出頭するか否かはこの状況ではどうでもいいわけで、その主張を繰り返すのは、内容に意味があるというよりは少しでも自分の思い通りに事を運ばせたい気持ちの表れ。」との見方を示す。


 また、宮崎容疑者と喜本容疑者の関係性については、「一連の流れを見ていると親密な関係にあることは明らかだが、我々が一般的に考える親密さとは違うように思える。2人とも独特というか、我々が理解できる社会通念上の価値観とは別個のところで発言したりしているように感じる。独特な価値観を持っているということは、社会集団の中では孤立したり疎外されたりするので、その2人が組み合わさることによって、より結束感を強めて支え合う“共依存”のような関係にあったのではないか」と推察した。


 宮崎容疑者は2000年に関西学院大学を卒業後、半導体メーカーに入社。しかし、わずか半年で退社し、その後は仕事を転々としていたという。数年前にマンションと遺産を相続すると、不動産管理や賃貸業等を手掛けるように。宮崎容疑者が所有するマンションの管理会社で働いていた人の証言によると「自分より弱いものに対しては上からでものすごく威圧的。短期で爆発した時の暴れ方が異常」だったという。

 そうした情報から読み取れる宮崎容疑者の人間性について、藤井氏は「一般的には、いい大学を出て一流企業に入った人がなぜこんなことしたのかという見方があると思う」とした上で、「人の能力は、学力や面接を突破するための自己アピール力,コミュニケーション力だけではない。偏差値が高かったり社会的地位が上がると,比例して感情をコントロールしたり物事を客観的に見たりする『非認知能力』も高いレベルを求められるが、宮崎容疑者はそこにギャップがあったのでは。周りの人と比較される中で、仕事もうまくいかず不適応状態になり、結果として社会的に受け入れられない粗暴な部分や自己愛が肥大するに至った可能性があると思う」と話す。


 関係者への取材によると、宮崎容疑者はあおり運転に使った車で、先月21日から今月11日にかけて約2000kmを移動。その間、訪れたとされる飲食店などの様子をSNSに上げている。また、高級車や高級ブランド品などの写真も投稿していた。

 そうした心理について藤井氏は「高級車に乗ったり高級品を買ったり、会社を経営する立場を大っぴらにするのは、宮崎容疑者にとって一番率直に社会的承認の実感を得られる手段だったのでは。逆に言えば、自分自身の本質的な部分では認められる体験や居場所が得られないからこそこういったものに頼るわけで、自分がうまくやれていると手っ取り早く認識する手段としての投稿ではないか。もうひとつは、揉め事を起こしていることは自分でも当然認識していて覚えてもいるが、楽しく普通に生活して、人生うまくやれているんだと思い込みたい現実逃避という面もあると思う」と説明。一方で、「今回のあおり運転は宮崎容疑者の人柄の一端が象徴的に出ているだけであって、いろいろな社会的場面や人との関係の中でのトラブルも多かったのでは」と述べた。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)
https://news.livedoor.com/article/detail/16952138/

20. 中川隆[-8753] koaQ7Jey 2019年8月20日 08:52:41 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[3991] 報告


宮崎文夫の大学や会社〜常磐道あおり運転の犯人と同乗者まとめ!インスタやFacebookで驚きの私生活を披露 2019/08/19
https://newsmatomedia.com/miyazaki-fumio


2019年8月10日、常磐自動車道でBMWに乗ってあおり運転をした犯人・宮崎文夫容疑者が逮捕されました。

宮崎文夫容疑者の生い立ちや家族、出身高校と大学などの学歴や経歴、経営する2つの会社、同乗者の喜本奈津子、またFacebookとインスタや最近の私生活を総まとめしました。

この記事の目次 [目次を非表示]

宮崎文夫が起こした常磐道あおり運転&暴行事件について


宮崎文夫の生い立ちと家族


宮崎文夫の出身高校と大学・キーエンス勤務について


宮崎文夫の過去の前科や警察沙汰


宮崎文夫の経営する不動産会社「宮崎プロパティマネジメント株式会社」「株式会社オマス」


宮崎文夫の結婚歴や嫁・息子・彼女〜同乗者の「ガラケー女」喜本奈津子も逮捕される

宮崎文夫の結婚歴や嫁・子供について


宮崎文夫の同乗者・喜本奈津子の逮捕


宮崎文夫と同乗者・喜本奈津子は出会い系サイトを通じて知り合っていた

宮崎文夫のFacebookやインスタ・最近の生活ぶりについて


宮崎文夫について総まとめすると…


宮崎文夫が起こした常磐道あおり運転&暴行事件について

20190817-joban-aori-suv-2-768x426

出典:https://twitter.com/

常磐道“あおり”運転&暴行事件は、2019年8月10日、茨城県の常磐自動車道で、車を運転していた男性(24)が高級外車BMWにしつこくあおられ停車させられた上、BMWを運転していた宮崎文夫容疑者(43)に複数回、顔を殴られた事件です。


事件の映像は、連日テレビやネットで流れているが、改めて再現してみる。事件は今月10日の午前6時過ぎ、茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた。被害者の男性(24)が走行中、左側から割り込んできた白いBMWのSUVに進路を妨害され、サービスエリアの入り口付近で車を停めた。BMWからガラケーの携帯電話を手にした女と運転していたサングラスの男が降りてきた。男は、「お前は俺の邪魔をした。ぶっ殺してやるから出てこい」などと怒鳴り、男性の携帯電話を奪おうとした。そのため、男性はブレーキから足を離してしまい、車が前進してBMWに衝突。すると、男は男性に5発のパンチを食らわせた。ガラケーを手にした女は、暴行の瞬間も撮影を続けた……。

引用:【あおり運転】宮崎容疑者の経営する不動産会社は従業員は1人で、今年1月の決算では売上1300万円、利益250万円

maxresdefault

出典:https://twitter.com/

その後の捜査関係者への取材で、警察は、車を運転していた人物を宮崎文夫容疑者(43)と特定し、傷害の疑いで逮捕しました。

ドライブレコーダーの映像から捜査を進めたほか、BMWは神奈川県内のディーラーが貸し出していたものとわかり、ディーラーに返却された車を警察が詳しく調べたところ、宮崎文夫容疑者(43)の指紋が検出されたため、事件に関わったことが判明しています。

宮崎文夫の生い立ちと家族

img_9026

出典:https://twitter.com/

宮崎文夫容疑者のプロフィールをまとめると以下になります。

名前:宮崎文夫 (みやざき ふみお)

生年月日:不明

年齢:43歳

住所:大阪府大阪市

出身高校:大阪府立天王寺高等学校

出身大学:関西学院大学

職業:会社経営者(宮崎プロパティマネジメント株式会社、株式会社オマス)

宮崎文夫容疑者の生い立ちについてですが、祖父が資産家で、幼少期はなに不自由なく過ごしていたようです。


「宮崎容疑者のお祖父さんは資産家で、幼少期はなに不自由なく過ごしていました。現在の会社兼自宅となっている大阪市内のマンションに引っ越したのは30年ほど前です。高校は難関進学校に進み、母親もこの頃は『自慢の息子だ』と嬉しそうに話していました」(近隣住民)

大学も関西の有名私立へと進んだが、社会人になってから徐々に陰りを見せる。

引用:【あおり運転殴打】宮崎容疑者(43)過去にも逮捕歴 女性を監禁か ★6

宮崎文夫の出身高校と大学・キーエンス勤務について

6a08e4f4f0289c1c605c6107dc170a5f

出典:https://twitter.com/


宮崎文夫容疑者の出身高校は「大阪府立天王寺高等学校」、出身大学は「関西学院大学」とFacebookから判明しています。

宮崎文夫容疑者のFacebook

https://www.facebook.com/omasucafe

宮崎文夫容疑者の出身高校である天王寺高校は大阪の難関校として有名で、偏差値は75です。大阪府内の高校の偏差値では3位にあたる高校で、数々の有名人も輩出しています。

大阪府立天王寺高等学校 – Wikipedia

天王寺高校(大阪府)の情報(偏差値・口コミなど)

宮崎文夫容疑者の出身大学である関西学院大学の偏差値は学科によりバラつきがありますが、50-65の間です。高校よりも大学はレベルが一段と落ちています。

関西学院大学 – Wikipedia

関西学院大学/偏差値・セ試得点率|大学受験パスナビ

関西大学卒業後はウィルウェイ馬渕教育グループ 馬渕教室 高校受験本部の英語科講師をしていたようで、その後は株式会社キーエンスの総合職に勤務していたようです。株式会社キーエンスは平均年収2100万と高収入ですが、非常に激務なことで有名です。

年収ランキング1位の「キーエンス」驚きの年収と辞める社員のホンネ

しかしながら、会社員時代、職場での人間関係がうまくいかず、仕事も辞めてしまったそうです。


仕事はできなかったという。「入社後の新人研修では断トツでビリでした。ビジネスマナー講習の時には、白いワイシャツの下にハードロックバンドの黒のTシャツを着て、怒られていました。

キーエンスには3つの事業部がある。彼は研修後、名古屋のMECT事業部に配属されてマイクロスコープ(高性能顕微鏡)の販売担当になりましたが、辞めるまでに1台も売れなかったのでは?」(同前)

“オレはビッグになる”と言い残し、入社1年たたずに退社

引用:【大阪で逮捕】”あおり運転殴打”宮崎文夫容疑者 「話すのは車と女のことだけ」元同期男性が見た執着


「職場での人間関係がうまくいかず、仕事も辞めてしまい、その後は自動車販売などをやっていたが長く続かなかった。ご近所付き合いもなく、荷降ろしのためにマンション前に駐車する車に対して、大声で罵声を浴びせたりして怖かったのを覚えています。警察沙汰もたびたびあったので、正直、関わらないようにしていました」(同前)

引用:【あおり運転殴打】宮崎容疑者(43)過去にも逮捕歴 女性を監禁か ★6

仕事を辞めてからは私生活が荒んでいたようで、警察沙汰を度々起こすようになりました。

宮崎文夫の過去の前科や警察沙汰


1089

出典:https://twitter.com/

宮崎文夫容疑者は10年前に女性への監禁暴行事件を起こした前科があります。また、2018年には京都でタクシー運転手を監禁した前科もあるようです。


宮崎容疑者は約10年前にも事件を起こしていた。

「朝方に警察官が何人も家の前に着て、私たちの目の前で『○時○分逮捕』と宣告され、連行されていきました。『女性を監禁した』と後で警察官から聞きました。

連行されるとき、宮崎はワーワーとずっと騒いでいて、なかなか警察車両に乗ろうとせず、さらに応援で警察官が何人かやってきて、なんとか後部座席に乗せるような有り様だった。警察から戻ってきてからは、かえって夜に出歩くことが多くなったようでした。昨年は京都でタクシー運転手を監禁したという話も聞きました」(同前)

その後も懲りずに警察沙汰を繰り返していたという宮崎容疑者。

引用:【あおり運転殴打】宮崎容疑者(43)過去にも逮捕歴 女性を監禁か ★6

さらに逮捕はされなかったようですが、2019年1月にも危険運転をしていた疑いがあります。

他にも前科があるようで、前科4犯とも言われています。

宮崎文夫の経営する不動産会社「宮崎プロパティマネジメント株式会社」「株式会社オマス」


宮崎文夫容疑者の経営する会社ですが、仕事を楽しむWEBマガジン「B-plus」のインタビューで判明しています。

ECGoaLlUEAYiZ_i

出典:https://twitter.com/anztolchock/status/1162395616783163394

宮崎文夫容疑者は2018年2月26日から宮崎プロパティマネジメント株式会社を設立しており、会社は大阪に本店があり名古屋に事業部があるようです。

大阪本店

大阪府大阪市東住吉区桑津1-18-12

名古屋支店PS事業部

愛知県名古屋市西区上名古屋3-11-12

上名古屋マンション 402号室

会社のHPはありませんでした。会社の従業員は1人で、2019年1月の決算では売上1300万円、利益250万円となっていたようです。


東京商工リサーチ企業情報によると、宮崎容疑者は、昨年2月に大阪市で不動産会社の「宮崎プロパティマネジメント」を設立している。従業員は1人で、今年1月の決算では売上1300万円、利益250万円となっていた。

引用:【あおり運転】宮崎容疑者の経営する不動産会社は従業員は1人で、今年1月の決算では売上1300万円、利益250万円

さらには2018年8月にはグループ会社として株式会社オマスを設立し、経営などのあらゆる相談や、困りごとに応えるコンサルティング業務を手がけていたようです。

宮崎文夫の結婚歴や嫁・息子・彼女〜同乗者の「ガラケー女」喜本奈津子も逮捕される

宮崎文夫の結婚歴や嫁・子供について

宮崎文夫容疑者の結婚歴や嫁、そして子供(息子)の有無については明らかになっていません。

後述のように、宮崎文夫容疑者の現在の交際相手は同乗者の「ガラケー女」喜本奈津子(51)なので今までは結婚歴はなかったとみられています。

宮崎文夫の同乗者・喜本奈津子の逮捕

ECQhAF8UcAAS1Ko

出典:https://twitter.com/

ECHAY8eUwAUsKKn

出典:https://twitter.com/

宮崎文夫容疑者と車に同乗していた女性(ガラケー女)は交際相手のようです。スマホ時代では珍しく、ガラケー(黒色)をいじっていたことからネット上ではガラケー女と言われています。


宮崎文夫容疑者の車に同乗していたガラケー女って… もしかして?? pic.twitter.com/VUnx1biGoh
— paul-eiji (@eiji_paul) August 16, 2019


afr1908190002-p1

出典:https://www.sankei.com/images/news/190819/afr1908190002-p1.jpg

このガラケー女が後に逮捕され、喜本奈津子容疑者(51=大阪市東住吉区)と名前が判明しました。喜本奈津子容疑者が大阪市内の自宅に宮崎文夫容疑者をかくまっていたようで、犯人隠避容疑で逮捕されています。


茨城県警は一緒にいたスーツケースを持った容疑者の交際相手の喜本奈津子容疑者(51=大阪市東住吉区)も犯人隠避容疑で逮捕した。宮崎容疑者は日付が変わった19日午前0時5分過ぎ、移送先の茨城県警取手署に到着した。

喜本容疑者は、傷害事件時に宮崎容疑者の車に同乗し、被害者を撮影していた「ガラケー」の女だった。

引用:あおり男容疑認める「間違いない」ガラケー女も移送


喜本容疑者は同じマンションの自室で宮崎容疑者をかくまっていたといい、茨城県警は両容疑者の足取りなどを詳しく調べる。

引用:事件4日後、大阪の飲食店に=あおり運転の男、女と一緒

宮崎文夫と同乗者・喜本奈津子は出会い系サイトを通じて知り合っていた

宮崎文夫容疑者と喜本奈津子容疑者は出会い系サイトを通じて知り合っていたといいます。喜本奈津子容疑者は独身で結婚相手を探していたと報じられています。


番組では2人の関係にフォーカスを当てた。そして女の高校時代からの友人の話として「彼女は独身で結婚したくて。出会い系のアプリってあるじゃないですか。2月の下旬にあった時に『新しい人がこういう人で』って。『今、この人と付き合ってる』とか写真を見せてもらって」という話をプライバシー保護の音声で流していた。

引用:あおり運転逮捕の男女は「出会い系」で知り合っていた…フジ系「グッディ!」報じる

宮崎文夫のFacebookやインスタ・最近の生活ぶりについて


ECICG8_UYAAQftw

出典:https://twitter.com/

宮崎文夫容疑者はFacebookやInstagramもやっており、高級外国車を乗り回し、高級ブランドのアイテムを披露するなど、派手な私生活が公開されていました。

宮崎文夫容疑者のFacebook

https://www.facebook.com/omasucafe

宮崎文夫容疑者のInstagram

https://www.instagram.com/omasu2019/?hl=ja

https://www.instagram.com/omasu2018/?hl=ja

宮崎文夫容疑者は親族が亡くなり、その多額の遺産で豪遊をしていたようです。


ここ数年は自身の会社を経営し、神奈川、愛知など、拠点を移していた。宮崎容疑者の贅沢な暮らしぶりを証言する関係者も少なくない。

「親族が亡くなり、多額の遺産が入ったようです。実業家だと名乗り、同窓会にも顔を出すようになりました。初対面の人にも積極的に話しかけるようになって、SNSで『友達申請』を繰り返し、人脈を広げていると聞きました」(宮崎容疑者の同級生)

既報の通り、最近の宮崎容疑者は、高級外国車を乗り回し、SNS上で派手な生活を披瀝していた。サングラスに帽子という出で立ちが多く、同じような恰好をした若い女性と一緒にいるところも目撃されている。

引用:【あおり運転殴打】宮崎容疑者(43)過去にも逮捕歴 女性を監禁か ★6

宮崎文夫容疑者のインスタを見たネット上では「ダサいおっさん」「センス悪すぎ」などの声が上がっています。

宮崎文夫について総まとめすると…

・宮崎文夫は祖父が資産家で、幼少期はなに不自由なく過ごした生い立ちで育った。

・宮崎文夫の出身高校は大阪の天王寺高校、出身大学は関西学院大学。その後、株式会社キーエンスの総合職に勤務するも、職場の人間関係で悩んで退職。その後は道を踏み外して警察沙汰を起こすようになる。

・宮崎文夫は前科4犯。2009年には女性への監禁暴行、2018年にはタクシー運転手の監禁容疑で逮捕されていた。

・宮崎文夫は親族の遺産で近年は豪遊をしていた。2018年2月に宮崎プロパティマネジメント株式会社、8月に株式会社オマスを設立、近年は実業家を名乗っていた。
https://newsmatomedia.com/miyazaki-fumio

21. 中川隆[-8738] koaQ7Jey 2019年8月20日 14:42:31 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4006] 報告

あおり運転 逮捕の男 去年はタクシー運転手監禁の疑いで逮捕
2019年8月19日 19時06分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190819/k10012040931000.html


あおり運転をしたうえ、男性を殴ってけがをさせたとして逮捕された宮崎容疑者は去年、京都市内のコンビニエンスストアの駐車場にとめたタクシーの車内で、運転手を監禁したとして逮捕されていました。被害にあった兵庫県に住むタクシー運転手の男性(47)がNHKの取材に応じ、「何をしたいのか分からず、正気じゃないと思った」と振り返りました。タクシー運転手の証言です。


去年3月21日の午前5時半ごろ、大阪中心部の繁華街で宮崎容疑者と連れの男性を乗せ、1キロほど離れたJR大阪駅近くのホテルに送りました。

その際「荷物を持ってくるから待っていてくれ」といわれましたが、ホテル側とトラブルがあったようで、2時間近く待たされたといいます。

天王寺区のJRの駅で連れの男性と別れて1人になったあと、宮崎容疑者の様子がおかしくなったといいます。

百貨店や飲食店、車のディーラーなど20か所近くを次々に回らされたそうです。

その間に阪神高速道路の環状線をゆっくり走るよう指示され、環状線を2周する間、宮崎容疑者は追い抜いていく車のナンバーを1台1台メモしていたということです。

宮崎容疑者は途中で警察にひんぱんに電話をかけて「幅寄せされた」とか、「囲まれている、助けてくれ」などと話していたといいます。

乗車していた時間は半日近くにおよびました。

タクシーの運転手は、前日の夜から勤務していたため交代したいと申し出ても拒否されたそうです。

さらに、車載電話を取り上げられたうえトイレにも行かせてもらえなかったということです。

タクシーの走行経路が不審だったことなどから会社が110番通報してパトカーが駆けつけ、宮崎容疑者は逮捕されました。

その後、起訴猶予となったということです。

タクシー運転手は「何をしたいのか分からず。正気じゃないと思っていました。今回逮捕されたと聞いてほっとしました」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190819/k10012040931000.html

22. 中川隆[-8734] koaQ7Jey 2019年8月20日 18:54:37 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4010] 報告

「降りたら死ぬぞ」タクシー運転手監禁 大阪の40代男を逮捕 京都府警 2018.3.21
https://www.sankei.com/west/news/180321/wst1803210048-n1.html


朝から夕方まで乗車?

 タクシー運転手を脅して車内に監禁したとして、京都府警南署は21日、監禁容疑で大阪市東住吉区桑津、自称・自営業の40代の男を現行犯逮捕した。男は「監禁したつもりはない。逮捕には納得いかない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は同日午後5時40分ごろから6時ごろにかけ、京都市南区のコンビニエンスストア前の駐車場に停車したタクシー車内で、兵庫県川西市の男性運転手(46)を「降りたら死ぬぞ」などと脅迫。運転手が降車できないよう、不法に監禁したとしている。

 同署によると、男は同日朝、大阪市内でタクシーに乗車。タクシー会社の「朝から客を乗せたままのタクシーと連絡が取れない」との通報を受け、大阪府警がタクシーの行方を探していたという。
https://www.sankei.com/west/news/180321/wst1803210048-n1.html

あおり運転 宮崎容疑者 運転手監禁も 被害者インタビュー 2019年8月20日
https://www.fnn.jp/posts/00422656CX/201908201222_CX_CX


宮崎文夫容疑者(43)は2018年、京都でタクシーの運転手を監禁した疑いで逮捕されていた。


被害に遭った運転手は、「何かに追われているとおびえていて、被害妄想のようだった」と、当時の様子を語った。


被害に遭ったタクシー運転手は、「怖がっているような、何におびえているのか、よくわからない」と話した。


運転手は2018年3月、大阪市内で宮崎容疑者をタクシーに乗せ、半日にわたり、およそ20カ所を転々と回らされたという。


タクシー運転手は、

「だんだん、命令口調。何かに追いかけられているというのか、被害妄想ですね。追い抜いてくる車が幅寄せしてきているとか、こっちを見てたとか。
『黒い車は絶対怪しい。こんなん刑事が、みんな乗ってんねん』とか」

と話した。


運転手は、交代も拒否され、トイレにも行かせてもらえなかった。


宮崎容疑者は、監禁の疑いで警察に逮捕され、起訴猶予となっている。
https://www.fnn.jp/posts/00422656CX/201908201222_CX_CX

23. 中川隆[-8733] koaQ7Jey 2019年8月20日 19:54:38 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4011] 報告

あおり運転暴行・宮崎容疑者 「神戸デートでタクシー運転手と警察沙汰に…」出会い系アプリで知り合った女性が告発
2019年8月20日 19時30分 文春オンライン

 茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた「あおり運転暴行」事件。指名手配されていた宮崎文夫容疑者(42)は、8月18日に茨城県警に傷害容疑で逮捕された。


 同時に犯人隠避の疑いで逮捕された恋人の喜本奈津子容疑者(51)とは「出会い系アプリで出会い、2019年2月から交際をスタートさせた」(捜査関係者)。

 喜本容疑者が勤めていた都内の大手AV機器会社の同僚が語る。

「喜本さんは会社に10年以上在籍していますが、社内ではあまり目立たず、親しい人もいなそうでした。最近は事務の仕事をしていましたが、今年2月から体調不良を理由に出社していません」


 宮崎容疑者は喜本容疑者と出会う以前から出会い系アプリを活用してパートナーを探していたという。昨年夏に出会い系アプリで宮崎容疑者と出会ったというのが、兵庫県在住の女性A子さん(40代)だ。

「アプリを閲覧していると、宮崎さんのプロフィール写真が目に留まったんです。大阪の景色を一望できるような景観のいい高級ホテルで、エルメスのネクタイを何個も広げている姿でした。それに対してコメントを残したら、宮崎さんからメッセージがきました。《仕事で全国を飛び回っていますが大阪在住です。よかったらご飯行きませんか?》というような内容だったと思います。その後も熱心なアプローチが続いたので、会うことにしました」

 初めて顔を合わせたのは、大阪の繁華街にある庶民的なしゃぶしゃぶ店だった。

「第一印象はなんとなく目が怖かったのですが、語り口は優しかったです。ただ“金持ちアピール”がすごかった。仕事については父親から受け継いだマンションの経営をしている、仕事で全国を飛びまわっている、起業した友人がパートナーでお互い手伝っているなどと説明していました。仕事の話以外だと、インスタに載せているモンブランのボールペンを自慢したり、好きなネクタイのブランドについて語ったり。ただ、食事中も運ばれてくる食事の写真をすぐにスマホで撮るし、食べ方も汚いから『成金くさいな』とは感じました」(同前)

 その日は平日だったため終電前には解散したが、翌週週末に再び会うことになったという。

「急に《今日、よかったら映画みて、スイーツを食べませんか?》とメッセージがきたんです。暇だったので承諾すると、近くまでタクシーで迎えにきてくれました。大阪のタクシー会社でしたが、どこか遠方から来たようで、料金メーターはすでに4、5万円になっていた。『トラブルがあって事務所を追い出された』と話していて、荷台にはたくさんの荷物が積み込まれていました」

 その後2人はタクシーで神戸の三宮へ向かった。

「連れて行かれたのは高台のカフェ。そこでは『以前に京都でタクシーがらみで誤認逮捕されて大変だったんだよ』なんて話していましたよ。悪びれることはなく、自分が被害者のような話しぶりでした」(※編集部注 2018年3月、宮崎は京都市内でタクシー運転手を監禁した容疑で逮捕されている)


 2人が歓談している最中も、タクシーは待たせたままだった。カフェを出たあとは同じタクシーに乗り込み、神戸市内へと向かった。

「彼が『やっぱり映画よりも車がみたい』と言い出したので、中古車ディーラーをまわることになった。熱心に外車を眺めはじめたので手持ち無沙汰になり、タクシーの運転手さんと話をしていました。運転手さんは『もう何時間も拘束されていて、ずっと自慢話ばかり聞かされていて辛い』『本当にお金は払ってくれるのか。これ以上いらないから早く帰りたい』とボヤいていました。そのときにはすでにメーター料金は6、7万円になっていました」

 結局宮崎容疑者は中古車ディーラーが閉店間際まで居座っていたという。夜も更けてきたのでA子さんが「帰りたい」と言うと、宮崎容疑者は「送っていく」とタクシーに乗り込みA子さんの自宅へと走らせた。

「それまで楽しそうに話していたのですが、運転手さんが道を間違えるといきなり豹変して激高したんです。『オマエわざと間違えているんだろ!』『謝るだけで済まさないぞ!』と怒鳴りだしたため、運転手さんは不憫なほど慌てていました。『大阪のタクシー会社さんだし、道がわからないだけですよね。宮崎さんも怒るのをやめてください』と私も必死でとりなしたのですが彼は聞く耳を持たず、とても怖かったです。運転手さんがSOSのサインを出したようで、しばらくすると複数のパトカーが駆けつけました」


 タクシーは国道沿いに停車し、宮崎は警察官に取り囲まれた。

「警察官は10人以上いたと思います。宮崎さんは今回逮捕されたときのように、警察官に囲まれても『今は彼女を送っていかないといけないから!後で行くから!』とひるむことなく言い逃れようとしていました。もちろん運転手さんに詫びることもありません。結局30分近く暴れ、警察に取り押えられました。運転手さんが『彼女は関係ないから』と庇ってくれたので、私はその場で解放されました。その後は彼が怖くて、すぐにLINEをブロックし、出会い系アプリも退会しました」


 現在宮崎容疑者は取り調べに対して「相手の男性に進路を妨害された。危険な運転をしたつもりはない」と供述しているという。

(「週刊文春」編集部/週刊文春)
https://news.livedoor.com/article/detail/16955408/

24. 中川隆[-8738] koaQ7Jey 2019年8月21日 04:24:17 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4006] 報告
「あおり運転」で指名手配、晒し者逮捕…警察を過剰対応に走らせたのは異常なワイドショー過熱報道と安倍政権の閣僚だった
https://lite-ra.com/2019/08/post-4912.html
2019.08.20 「あおり運転」警察の過剰捜査とワイドショーの異常報道 リテラ

    
    あおり運転をいち早く報じた『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)


 茨城県の常磐自動車道であおり運転をし、被害者を殴ったとされる宮崎文夫容疑者が18日、逮捕された。テレビのワイドショーは一斉にその逮捕の瞬間の映像を流し、「ようやく逮捕された」「これでモザイクが外せる」などと凶悪事件が解決したかのように大はしゃぎしている。

 しかし、考えてみてほしい。これ、本当にそこまで大騒ぎするような事件だったのか。たしかにドライブレコーダーに映し出されたこの男がやったあおり運転と暴行は犯罪だし、交通ルール上も危険な行為ではある。しかし、男は凶器を所持していたわけでも、殺人などの重大犯罪を犯したわけでもない。やったことはただの傷害なのだ。

 ところが、茨城県警はたかが傷害容疑のこの事件で容疑者を全国に指名手配し、さらには殺人や強盗事件を担当する捜査一課を投入。その後も大阪、名古屋、神奈川など男性の関係先に大量の捜査員を投入した。さらにこの宮崎容疑者の車に同乗し、ガラケーで暴行を撮影していた交際女性まで一緒に「犯人隠避」で逮捕してしまった。

 しかも、ひどかったのが、その逮捕の情報をマスコミに実況中継させたことだ。

「フジテレビや日テレなど複数の局が逮捕の現場にいて、その瞬間を映像に収め、放送していた。これは、事前に捜査当局から逮捕情報の日時や場所をリークされたとしか思えない。警察はマスコミ注目の事件を、格好のPRの機会にしようをと考えたんだろうが、こんな小さな事件で逮捕をショーにするというのは、明らかにやりすぎでしょう」(全国紙社会部記者)

 過剰としか言いようのない警察の対応だが、しかし、警察をこんな風に駆り立てたのは、明らかにマスコミ、特にワイドショーだ。

 そもそも今回の問題はテレビ朝日が被害者男性のドライブレコーター映像を入手、今月12日から13日にかけてニュースやワイドショーで放送したことが発端だった。この映像が大きな反響を呼んだのを受け、各局ワイドショーも一斉に後追い、連日、問題の映像を何度も繰り返し大々的に報道した。その報道時間は、35人もの死亡者を出した京アニ放火事件や、川崎市登戸のスクールバス襲撃事件を超える規模に思えたほどだ。

 報道量だけではない。コメンテーターたちも、まるで史上最悪の凶悪犯罪を語るような調子で、口々にこの暴行を働いた男を糾弾した。

 たとえば『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ)で安藤優子が「ここまで悪質なのは初めて見ました」「下手したら殺されてますよね」と大仰なコメントを発すれば、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)では玉川徹が「常識的じゃないっていうところを越えて、異常性を感じる」と猟奇犯のように糾弾。16日の『ひるおび!』(TBS)では、立川志らくが「どんな重い罪にしても、頭が悪いから理解できない」「人の心がないから、こういうのはどうにもなんない」「法律上ひどい目にあわせないと自分の身で痛い思いをしないと絶対にわからない」と、まるで“死刑にしろ”と言わんばかりのひどいコメントを垂れ流した。

 いや、暴行をはたらいた男に対してだけではない。同乗していた女に対しても、前出の志らくが「バカにバカがくっついてきて」、松本人志が「つがいでなんとか刑に処してほしい」と発言するなど、ヒステリックな糾弾が繰り広げられた。

 そして、こうしたワイドショーや世論の過熱に乗っかったのが、安倍政権の閣僚だった。15日、山本順三国家公安委員長が閣議後の記者会見で、この事件について「言語道断」「あらゆる法令を駆使した厳正な取り締まりを行い、抑止に努めたい」と発言。これを受け、翌日、茨城県警が豹変。「社会的影響の大きい事件」であるとして、異例の指名手配を行なったのである。

■安倍政権の不正を無視し、一般人の微罪を騒ぎ立てるワイドショーの裏

 あおり運転を取り締まることが悪いとは思わないが、しかし、一般人の殺人でもない犯罪に対して、ここまで私刑のような大量報道を展開するというのは、どう考えても異常だろう。

 しかも、この傾向は今回だけではない。このところのワイドショーやテレビのニュース番組を見ていると、一般コンビニの100円のセルフコーヒーで150円のカフェラテを入れて逮捕された男性のような、一般人の微罪や迷惑行為、ご近所トラブルを針小棒大に報道し、凶悪犯罪者のように糾弾するケースがやたら目立っている。一方で、安倍政権の不正や不祥事については、週刊誌が報道してもほとんど後追いしようともしない。これは、メディアの本来の責務を放棄しているとしか思えない。

 しかし、ワイドショースタッフに言わせると、これはむしろ表裏一体のものなのだという。

「一般人のどうでもいいような犯罪を集中的に取り上げるのは、タブーだらけで、ワイドショーがやれるネタが少ないからですよ。政治がらみは、政権や自民党がうるさいのでなるべくやりたくない。芸能スキャンダルも大手事務所所属が怖くて触れられない。そんな時に、一般人の微罪や迷惑行為で面白い映像や証言を入手して放送してみたら、視聴率が良かった。そうなると、一斉に『徹底的にやれ』となるわけです。我々も内心では、こんな必死でやるようなネタかよ、と思うんですが、しようがない」

 マスコミ、テレビの志の低さには呆れる他はないが、しかし、恐ろしいのはこうしたワイドショーの報道姿勢が確実に、国民世論に悪影響を与えていることだ。本当は政治腐敗や不正、貧困や年金問題など、国民が怒るべき問題は山ほどあるのに、身近でわかりやすい“悪”を大々的に騒ぎ立てることで、政治や権力チェックに対する関心がどんどん薄まっていっているのだ。

 しかも、今回のあおり運転報道が世論の支持を受け、視聴率も好調だったことから、ワイドショーの“一般人の犯罪糾弾”傾向はますますエスカレートしていくだろう。

 こうした状況に一体誰がほくそ笑んでいるのか。その異常な報道の裏に何があるのか。わかりやすい事件に単純に怒りを向ける前に、どうかそのことを冷静に考えてみてほしい。

25. 中川隆[-8737] koaQ7Jey 2019年8月21日 04:27:50 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4007] 報告

宮崎容疑者に“監禁”された12時間...「恐怖のドライブ」を被害者が告白 2019年8月20日
https://www.fnn.jp/posts/00047825HDK/201908201845_livenewsit_HDK


•あおり運転暴行事件の宮崎文夫容疑者、喜本奈津子容疑者が送検
•宮崎容疑者は2018年にタクシー運転手の監禁容疑で逮捕されていた
• 「妄想でしかない」被害者が語った宮崎容疑者の異常性とは

カメラを気にして...宮崎容疑者と喜本容疑者が送検


大阪市内の路上に向けられた防犯カメラ映像。歩いてきたのは自宅から出てきた、宮崎文夫容疑者(43)と喜本奈津子容疑者(51)とみられる男女だ。その後ろから走ってくるのは捜査員とみられる2人。そう、男女2人はこの直後...

宮崎容疑者:
自分から生野警察署に出頭させてください!

捜査員に囲まれ、連行された。


その宮崎容疑者は、8月20日午前7時ごろに茨城・取手署から、身柄を検察に送られた。うつむきながら車に乗り込み、カメラから顔を背けるそぶりを見せ、車に乗ったあとも前にかがみ込むなどカメラを気にする様子が見られた。


交際相手の喜本奈津子容疑者も、同じく20日に送検。こちらはフードをかぶり、表情をうかがい知ることはできなかった。

タクシー運転手“監禁”で逮捕の過去

宮崎容疑者が逮捕されたのは、今回が初めてではない。2018年3月、タクシー運転手を監禁した疑いで京都府警に逮捕されている。その被害者が今回、異様な言動を繰り返した宮崎容疑者との12時間を超える恐怖のドライブを語った。


被害にあったタクシー運転手:
「(ホテルに)出入り禁止になってどう思う運転手さん?」とかそんな話してて、なんか理不尽なことがあってクレームみたいなこと言ったら、出入り禁止になったみたいな話をされてましたね


運転手の男性が大阪中心部で、宮崎容疑者ともう1人の男性をタクシーに乗せたのは、2018年3月早朝5時半ごろのことだった。
途中、連れの男性を降ろすとなぜが行き先を次々と変え始めたという宮崎容疑者。
高速道路に乗ると、大阪環状線をまず2周するよう指示し、異様な様子を見せ始めたという。

運転手が証言した宮崎容疑者の異常性


画像は連行される宮崎容疑者の様子

被害にあったタクシー運転手:
抜いてくる車が幅寄せしてきてるとかこっち見てたとか、妄想でしかないですね。誰も何もしてないので...。自分で110番に電話して、こういうふうなことされている(車に)囲まれている、5台6台。怖いからはよ来て守ってくれとか、そういう言い方するんですね


自ら110番通報した宮崎容疑者は、通り過ぎる車のナンバーをメモしていたという。
しかし、警察が急行する前に今度は高速から降りるように指示。

被害にあったタクシー運転手:
アメリカ村、三角公園行ってくれと

記者:
その後は何を言われた?

被害にあったタクシー運転手:
とりあえず12周まわれと。何で12周なのか分からないですけど

約20カ所に及ぶ行き先変更を繰り返し、乗車時間は12時間を超えていた。


最後に京都市内のコンビニに立ち寄ったところで、監禁の疑いで逮捕された宮崎容疑者。運賃のおよそ5万円は後日に精算され、その後は起訴猶予となった。


被害にあったタクシー運転手:
1年ちょっとたって(宮崎容疑者は)またこんなことが発覚して...はっきり言って、今後そういうことをさせないためにも、被害者の方には気の毒ですけど、絶対に示談は受けないようにしていただきたい

あおり運転の被害者「示談などは全く考えていない」


今回、あおり運転をされたうえ顔を殴られ、怪我をした男性は、FNNの取材に対し「示談などは全く考えていません。お金の問題ではなく社会的制裁を受けてもらえたらと思います。これで社会が少しでも変わることを願っています」とコメントしている。

(「Live News it!」8月20日放送分より)
https://www.fnn.jp/posts/00047825HDK/201908201845_livenewsit_HDK

26. 中川隆[-8736] koaQ7Jey 2019年8月21日 04:31:07 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4008] 報告

あおり男の奇行や変装、ガラケー女と交際で変化の声[2019年8月20日20時14分]
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201908200000791.html


茨城県守谷市の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件で、傷害容疑で逮捕された大阪市の会社役員宮崎文夫容疑者(43)が、犯人隠避容疑などで逮捕された大阪市の会社員喜本奈津子容疑者(51)と交際するようになった今年初めから「奇行」や「変装」が目立つようになったことが20日、分かった。宮崎容疑者が所有する大阪市東住吉区の会社兼自宅マンションの住民や近隣住民が証言した。茨城県警は同日、両容疑者を送検した。

   ◇   ◇   ◇

同じマンションの、別々の部屋で暮らしていた宮崎容疑者と喜本容疑者。2人は周辺で迷惑行為を繰り返していただけではなく、たびたび「奇行」も目撃されていた。

マンションに住む住民は、宮崎容疑者について「今年に入り、あの女の人(喜本容疑者)を見かけるようになってから雰囲気が変わった。髪の毛を染め、サングラスをかけ、香水をつけるようになった。エレベーターに乗ったら、きつい香水のにおいが残っていて、(宮崎容疑者が)帰ってきたんだなと分かるほどだった」と話した。

住民らによると、宮崎容疑者は昨年の冬に母を亡くしたという。「それまでは普通にあいさつをしていた。母を亡くし、落ち込んでいる様子はなかったが、次第に雰囲気が変わっていった」。さらに今年に入って喜本容疑者と交際するようになり、「奇行」が目立つようになった。夜中に奇声を上げたり、住民との接触を避けるようになったという。

近所に住む男性(43)は「早朝や深夜に大きなキャリーバッグを押して、外出する姿を見かけた。夜なのにサングラスをかけて…」と振り返った。マンションの一室で暮らすようになった喜本容疑者について、住民は「真夜中にマンション玄関の植木をハサミで刈っていた。普通の時間ではないので怖かった」と話した。別の住民は「住民の玄関扉の前を水浸しにしたこともあった」と明かした。【松浦隆司】

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201908200000791.html

27. 中川隆[-8735] koaQ7Jey 2019年8月21日 04:48:31 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4009] 報告

“あおり殴打”宮崎容疑者を臨床心理士が分析 喜本容疑者との関係は?身柄確保時も“マウンティング”か 2019.08.20
https://abematimes.com/posts/7015596


 茨城県の常磐道であおり運転をしたうえ男性を殴ったとして、大阪市の会社役員・宮崎文夫容疑者(43)が傷害の疑いで逮捕された。また、宮崎容疑者の車に同乗しガラケーで様子を撮影していた交際相手の喜本奈津子容疑者(51)も、犯人蔵匿隠避の疑いで逮捕された。

 宮崎容疑者の身柄が確保される際の映像には、「無理やり乗せられてるやん。暴れてないって、自分から出頭するって言うてんねん。自分から生野警察署に出頭させてください」などと抵抗する様子や、喜本容疑者が「自分から出頭するって言っているのになんで押さえつけるの?ひどすぎる」と叫ぶ声も記録されていた。



 臨床心理士で心理カウンセラーも務める明星大学准教授の藤井靖氏は、宮崎容疑者の抵抗時の様子について「動物のマウンティングに近いなと。近くにいる相手に大きな声を出して、感情を揺さぶろうとしたり威嚇しようとしたりしている。内容はともかくとして、自分が優位に立ちたい、自分がこの場をコントロールしたいという気持ちが表れているように思う。自分で出頭するか否かはこの状況ではどうでもいいわけで、その主張を繰り返すのは、内容に意味があるというよりは少しでも自分の思い通りに事を運ばせたい気持ちの表れ。」との見方を示す。



 また、宮崎容疑者と喜本容疑者の関係性については、「一連の流れを見ていると親密な関係にあることは明らかだが、我々が一般的に考える親密さとは違うように思える。2人とも独特というか、我々が理解できる社会通念上の価値観とは別個のところで発言したりしているように感じる。独特な価値観を持っているということは、社会集団の中では孤立したり疎外されたりするので、その2人が組み合わさることによって、より結束感を強めて支え合う“共依存”のような関係にあったのではないか」と推察した。



 宮崎容疑者は2000年に関西学院大学を卒業後、半導体メーカーに入社。しかし、わずか半年で退社し、その後は仕事を転々としていたという。数年前にマンションと遺産を相続すると、不動産管理や賃貸業等を手掛けるように。宮崎容疑者が所有するマンションの管理会社で働いていた人の証言によると「自分より弱いものに対しては上からでものすごく威圧的。短期で爆発した時の暴れ方が異常」だったという。

 そうした情報から読み取れる宮崎容疑者の人間性について、藤井氏は「一般的には、いい大学を出て一流企業に入った人がなぜこんなことしたのかという見方があると思う」とした上で、「人の能力は、学力や面接を突破するための自己アピール力,コミュニケーション力だけではない。偏差値が高かったり社会的地位が上がると,比例して感情をコントロールしたり物事を客観的に見たりする『非認知能力』も高いレベルを求められるが、宮崎容疑者はそこにギャップがあったのでは。周りの人と比較される中で、仕事もうまくいかず不適応状態になり、結果として社会的に受け入れられない粗暴な部分や自己愛が肥大するに至った可能性があると思う」と話す。



 関係者への取材によると、宮崎容疑者はあおり運転に使った車で、先月21日から今月11日にかけて約2000kmを移動。その間、訪れたとされる飲食店などの様子をSNSに上げている。また、高級車や高級ブランド品などの写真も投稿していた。

 そうした心理について藤井氏は「高級車に乗ったり高級品を買ったり、会社を経営する立場を大っぴらにするのは、宮崎容疑者にとって一番率直に社会的承認の実感を得られる手段だったのでは。逆に言えば、自分自身の本質的な部分では認められる体験や居場所が得られないからこそこういったものに頼るわけで、自分がうまくやれていると手っ取り早く認識する手段としての投稿ではないか。もうひとつは、揉め事を起こしていることは自分でも当然認識していて覚えてもいるが、楽しく普通に生活して、人生うまくやれているんだと思い込みたい現実逃避という面もあると思う」と説明。一方で、「今回のあおり運転は宮崎容疑者の人柄の一端が象徴的に出ているだけであって、いろいろな社会的場面や人との関係の中でのトラブルも多かったのでは」と述べた。
(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)
https://abematimes.com/posts/7015596

28. 中川隆[-8734] koaQ7Jey 2019年8月21日 08:22:00 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4010] 報告
常磐道あおり運転、“ガラケー女”のヤバい正体が判明!
7時間のクレームと深夜の奇声…容疑者2人の異様な依存とは!? 2019.08.21.
https://tocana.jp/2019/08/post_108062_entry.html


どちらが主(あるじ)なのか――。茨城県の常磐自動車道で起きたあおり運転暴行事件≠ナ逮捕されたで宮崎文夫容疑者(43)と、同乗者の喜本奈津子容疑者(51)。被害者Aさんは車の窓越しに宮崎容疑者から計5発のパンチを受け、口の中を切るなどのケガを負った。

 一部始終がテレビで報じられるや大炎上し、警察は2人を全国指名手配。今月18日、大阪市内のマンションから出たところを確保した。社会部記者によると「この程度の事件で全国指名手配は異例中の異例。国民の関心が高いこともあり、警察も真面目に動くしかなかった。大阪市内のマンションは宮崎の住まいだったが、隠れていたのは喜本名義の別の部屋。2人は今年に入って交際を開始し、喜本が宮崎のマンションに越してきたようだ」という。

 気になるのは2人の関係性≠セ。「喜本容疑者は結婚願望が強く、昨年婚活サイトで宮崎容疑者と出会い、行動をともにするようになった。交際に発展したのは今年の初めごろ。宮崎容疑者のために30万円もするブランドバッグを購入するなど、金ヅル≠ニしか思えなかった」とは前出社会部記者。

 事件当時も、喜本容疑者は被害者を殴打する宮崎容疑者を制止するわけでもなく、手にした“ガラケー”で証拠動画を撮影していた。これを見る限り、”主”は宮崎容疑者のように思えるが…。

 マンションから出たところを複数の捜査員に囲まれ、パニックに陥った宮崎容疑者はしきりに「喜本さん!喜本さん!」と呼び、しまいには「喜本さん!手をつないで!」と懇願した。


現場取材するスポーツ紙記者によると「宮崎容疑者は近所でも有名なヤバい人≠セったが、拍車がかかったのは喜本容疑者と出会ってから。深夜に奇声を上げたり、街中を2人で徘徊し、クレームを入れられる場所を探していた。某喫茶店は宮崎容疑者に熱いコーヒーがかかったというだけで『大やけどした』とわめかれ、7時間近く説教された」という。

 その時も喜本容疑者は宮崎容疑者を止めることはなかったという。

「実は宮崎容疑者の実母が昨年冬に亡くなっているんです。それでまとまった遺産が入ってきて羽振りは良くなったのですが…。マザコンだった宮崎容疑者の心にポッカリ穴が開いた。それを埋めたのが年上の喜本容疑者。彼女は宮崎容疑者の唯一の理解者で、彼の言動を諫めるどころか、『あなたにはその権利がある』と鼓舞していた。宮崎容疑者は彼女に亡き母の姿を投影していたのかもしれません」(週刊誌記者)

 意外や、依存していたのは宮崎容疑者の方で、それが身柄確保時の「手をつないで!」に繋がったのかもしれない。期せずして日本一有名なカップルになってしまった2人。拘置所で自省の日々を送ってくれればいいが…。

29. 中川隆[-8732] koaQ7Jey 2019年8月21日 10:53:11 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4012] 報告


あおり殴打事件、容疑者の奇行 母親の死と女との出会いで変化?
2019年8月21日
https://news.livedoor.com/article/detail/16957406/


ざっくり言うと

常磐道のあおり運転殴打事件で逮捕された43歳の男について、東スポが報じた
男と同じマンションの住人は、男の母親が亡くなるまでは問題なかったと証言
ともに逮捕された女と知り合ってから、奇行や凶暴性が際立ってきたという


あおり殴打男を豹変させた2人の女


かつてマンション住民の駐輪場だったスペースは現在も宮崎容疑者の車2台が置きっぱなし


 母親の死後に年上の女と出会い、より凶暴になった――。茨城県守谷市の常磐自動車道で、あおり運転をしたうえ、乗用車に乗る24歳男性を殴打したとして傷害容疑で大阪市の会社役員・宮崎文夫容疑者(43)が逮捕された事件の背景が見えてきた。同容疑者は、犯人隠避容疑などでともに逮捕された喜本奈津子容疑者(51)と交際するようになった今年の初めから明らかに「おかしくなった」と近隣住民らが証言した。また、事件ではネットデマによる飛び火被害も拡大している。

 宮崎容疑者は以前からトラブルメーカーとして知られていた。

 近隣住民は「警察や消防が来てるのはしょっちゅう。近所の人にもカラんでたよ。でも、自分より怖そうな人には行かへん。お年寄りとかが車を見てたら『何、見とんねん』とか、相手を見てカラむタイプ」と話す。

 宮崎容疑者は昨年3月、京都市内のコンビニの駐車場で、タクシー運転手を監禁した疑いで逮捕(不起訴)されている。それ以前にも警察の“お世話”になっていた。

「10年くらい前、(宮崎容疑者が)中古車販売をやってたとき、警察が連行しようとして、2時間くらいマンションに籠城しとった。最後は警察官に『乗れ』って押し込まれてた。逮捕されたとき『東住吉署は嫌だ。生野署に出頭する』ってゴネたのも、それが原因ちゃうかな」(前同)

 もともとトラブルメーカーだったようだが、目に余る“奇行”が際立つようになったのは、今年に入ってからだという。

 宮崎容疑者の部屋がある大阪市内のマンション住人は「お母さんが亡くなるまでは目立った問題もなかった。前はもっと若い女の子を連れていて、ブランドの服を着たりサングラスをかけたりはなかった。それが今年になって、あの女の人(喜本容疑者)を見かけるようになっておかしくなった。香水をつけるようになったのもそれから。一方的に(宮崎容疑者が)マンションの住民用駐輪場を自分の駐車場にしたり、夜中に奇声を上げたりするようになった。女の人(喜本容疑者)が住人の部屋の扉の前を水びたしにしたこともあった」と語る。

 昨年冬に母親を亡くしたことがきっかけとなり歯止めが利かなくなったのだろうか。また、その後、出会い系サイトで知り合ったと報じられた喜本容疑者と交際を始め、見えを張りたかったのか、近隣住人が目を背けるほど、凶暴性が際立ってきたという。母と喜本容疑者の“2人の女”が、宮崎容疑者の人格形成に大きな影響を及ぼしていたのかもしれない。

 一方で、とんでもない“被害”を受けた人たちもいる。同じマンション1階の不動産店「スマイルコーポレーション」もひどい目に遭っている。

 同社代表取締役の矢野大樹氏は「店の前が駐輪場だったんですけど、宮崎容疑者が6月に突然『ベンツが故障した』と住人の自転車を撤去して置いた。『そんなところに置かれたら困る』と伝えたら『ちょっとの間だけ。2週間程度』と言われた。賃貸してる身なので受け入れたんですが、2週間たつとエルグランドまで置かれた」と語る。

 車2台が置ける広さだった駐輪場は人1人やっと通れるスペースに。矢野氏は管理会社を通じ抗議したが改善はなし。それどころか、宮崎容疑者はその2台の前に、今回の事件に使用された横浜ナンバーの白のBMWや、レンタカーも駐車するようになった。矢野氏は車が邪魔で荷物の搬出もできない状態で、移転も検討しているというが、見通しが立たず途方に暮れている。

 ネットデマによる嫌がらせも悩みの種だ。

「(宮崎容疑者が)指名手配されてから、多くの迷惑メールや電話が寄せられるようになった」

 暴行現場をガラケーで撮影した喜本容疑者の姿がボカシ入りで報じられると、ネット上では犯人捜しが始まり、無関係の女性の名前や勤務先、写真などがさらされた。間違えられた女性は法的措置を検討している。

 矢野氏のもとには「ヤクザのフロント企業」「法で裁けんのやったら、ワシが地獄見せたる」といった誹謗中傷メールや、電話で「宮崎に代われ」と言われ、無言電話も寄せられている。

「住所、建物が一致しているだけで、誹謗中傷にさらされている。従業員も心配だし、いい加減な情報でこんなことはやめてほしい」(矢野氏)

 事件の余波はまだまだ続きそうだ。

【薬物使用を疑う声も】宮崎容疑者の特異な言動をめぐっては、ワイドショー番組でコメンテーターから薬物使用を疑う声も上がっていた。あおり運転をした揚げ句に相手を5回も殴るなどといった常軌を逸した振る舞いに、ネット上でも「薬物検査をすべきでは」との意見がみられる。ウェブ媒体「AERA dоt.」はそんな宮崎容疑者について、薬物使用疑惑から「毛髪からの薬物の簡易鑑定も行われる予定だ」という警察庁関係者の情報を伝えている。

30. 中川隆[-8730] koaQ7Jey 2019年8月21日 11:45:37 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4014] 報告

常磐道あおり運転暴行事件の容疑者 マンション住民に迷惑行為、友人に不可解発言も
文春オンライン 2019年8月17日
https://www.excite.co.jp/news/article/Bunshun_13437/

【あおり運転殴打】宮崎文夫容疑者、所有マンションでもトラブル 友人には「狙われている」

『危ない人たちに狙われている』
『ホテルに泊まっていても向こう側から狙っているんだ』


 8月10日に茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた「あおり運転暴行」事件で全国に指名手配された宮崎文夫容疑者(43)が、所有する大阪市内のマンションでも住民に迷惑行為を繰り返していたことが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

 宮崎容疑者が所有する大阪市内のマンションの住民が証言する。


「10年以上前までは、宮崎の親族の女性がオーナーでしたが、宮崎が相続したようです。以降は管理会社がコロコロ変わり、トラブルが続いて大変です。なぜか電気が停められてエレベーターが動かない日もあった。本人も奇声を上げたり、警察沙汰を起こしたり、近寄りがたい人でした。


 何より迷惑だったのは、駐輪場として住民が使用していた1階の共有スペースに何の通達もなく自分の自家用車を置いていたこと。住民は自転車が置けなくなってしまった。オーナーなので文句も言えず、泣き寝入りするしかなかった」


 その共有スペースには、今回の事件で使われたと思われる白いBMWも駐車されていたという。


「最近はサングラスに帽子という芸能人みたいな格好で毎日出歩いていました。同じような格好をした女性もよく一緒に見かけました」(同前)


 宮崎容疑者は関西の有名大学 関西学院大学出身だ。約1年半前に再会したという大学の同級生はこう証言する。


「突然、『今度、新規事業を立ち上げるので相談に乗って欲しい』と高級ホテルに呼ばれ、食事をしました。羽振りは良さそうでしたが、精神的に参っているように見えました。

『危ない人たちに狙われている』
『ホテルに泊まっていても向こう側から狙っているんだ』

など、理解しがたいことを言っていた。同級生の間でも彼の体調を心配する声は出ていました」


 8月16日(金)の深夜、大阪市内にある宮崎容疑者のマンションを茨城県警の捜査員が訪れた。数名の捜査員が防刃チョッキを着用しており、現場には緊張が走った。だが、宮崎容疑者がマンションから出てくることはなかった。


(「週刊文春」編集部/週刊文春)
https://www.excite.co.jp/news/article/Bunshun_13437/

31. 中川隆[-8729] koaQ7Jey 2019年8月21日 11:55:26 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4015] 報告

覚醒剤中毒者が経験する被害妄想と恐怖体験はこの動画に上手く描写されています:


【ホラー】 コワイ女 - YouTube動画
https://www.youtube.com/watch?v=o-e-V4O90WM
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%9B%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%80%80%E3%82%B3%E3%83%AF%E3%82%A4%E5%A5%B3&sp=mAEB

32. 中川隆[-8728] koaQ7Jey 2019年8月21日 12:07:36 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4016] 報告

玉川徹氏、喜本奈津子容疑者が宮崎容疑者に夢中になったのは「ある種、逆転ホームランみたいなところがあったかも」
2019年8月21日 スポーツ報知
https://news.livedoor.com/article/detail/16957698/


 21日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月〜金曜・前8時)では、茨城県守谷市の常磐自動車道で今月10日、男性会社員(24)があおり運転を受け、車を停止させられた上、殴られた事件で、傷害容疑で茨城県警から指名手配された宮崎文夫容疑者(43)が18日に大阪市内の自宅マンション近くの駐車場で県警に身柄を確保され、逮捕された事件を特集した。

 番組では、宮崎容疑者の交際相手でともに逮捕された喜本奈津子容疑者(51)が宮崎容疑者に夢中になった理由について喜本容疑者の知人から取材した。その中で喜本容疑者の男性のタイプは「高収入」「年下」「高身長」「イケメン」で30年来の知人によると「宮崎容疑者はピッタリ自分のタイプでのろけて熱を上げちゃっていた」と証言した。

 コメンテーターで同局の玉川徹氏は「喜本容疑者のご友人のインタビュー全部見たんですけど、何十人ってそれまでに会っているみたいですね。1、2回会って終わりだとか、せいぜい続いても1か月ぐらいなことをずっと繰り返してきたみたいです。ある種、逆転ホームランみたいなところがあったかもしれないです」と指摘していた。

33. 中川隆[-8727] koaQ7Jey 2019年8月21日 13:52:28 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4017] 報告


喜本奈津子は宮崎文夫を洗脳し、クレーマーへと教育していた?
https://brandnew-s.com/2019/08/19/kimotonatsuko2-tr000/

茨城県の高速道路であおり運転をした上、男性を殴った疑いで指名手配されていた宮崎文夫容疑が逮捕された事件で、事件当日あおり運転の車に同乗していたとされる喜本奈津子(きもと なつこ)容疑者が逮捕されました。

今回は、喜本奈津子容疑者のインスタアカウントがデマの可能性、さらには経歴から、クレーマー体質などの気性の荒さや性格の悪さなどについて迫ってみたいと思います。

同乗のガラケー女・喜本奈津子も逮捕される

TBSニュースほか、メディア各局が以下のようなニュースを報じ、話題となっています。


茨城県の高速道路であおり運転をした上、男性を殴った疑いで指名手配されていた宮崎文夫容疑者(43)が逮捕された事件で、あおり運転をしたとされる車に同乗していた喜本奈津子容疑者(51)の身柄が、取手警察署に移されました。

宮崎文夫容疑者の交際相手の喜本容疑者(51)も宮崎容疑者を自分のマンションの部屋にかくまうなどした疑いで18日の夜に逮捕され、大阪から移送されていましたが、茨城県警・取手警察署に入りました。

喜本容疑者は容疑を認めていて、「常磐道で事件があったときも同乗していた」と話しているということです。

出典:TBSニュース

喜本奈津子について

こちらが、逮捕された喜本奈津子容疑者のプロフィールです。

名前:喜本奈津子(きもと なつこ)

年齢:51歳

職業:会社員

在住:大阪府大阪市

喜本奈津子容疑者は、茨城県の常磐道であおり運転の末に男性を殴ったとして指名手配されていた宮崎文夫容疑者が逮捕された事件で、宮崎容疑者を自分の部屋にかくまったとして逮捕された人物です。

喜本奈津子容疑者は、宮崎文夫容疑者の交際相手であったと見られており、会社を経営する宮崎文夫容疑者のお金目当てで交際をしていたのかもしれません。

喜本奈津子の素顔の画像が公開される

昨今のニュース映像では、喜本奈津子容疑者はサングラスにバケットハットという格好で、素顔については公開されておりませんでしたが、ついに素顔が公開されました。

それがこちらです。

出典:Twitter

一見すると普通の50代相応の顔をしておりますし、決して恫喝したりあおり運転をする車に同乗してガラケーで撮影するようには思えないのですが、人は見た目によらないと言うことになります。

さらに、宮崎文夫容疑者がハゲているとネットでイジられておりましたが、喜本奈津子容疑者に関しても頭頂部が薄くなっており、「お前もハゲてるじゃねーか」とイジられてしまっております。

出典:Twitter

スポンサーリンク

喜本奈津子のインスタとfecebookアカウントはデマ?

ネット上では、こうした炎上案件などの際に、インスタやFacebookなどのSNSアカウントを特定し、烈火のごとく誹謗中傷するコメントをするのが通例となっております。

喜本奈津子容疑者の場合も同じで、すでにネット上ではインスタとFacebookの喜本奈津子容疑者のアカウントらしきものが特定されており、そこには誹謗中傷のコメントが多数寄せられているのです。

しかしながら、この喜本奈津子容疑者のそれぞれのアカウントは、ソース(情報源)がはっきりしないものが多く、デマやガセである可能性も高いため、拡散するには慎重な姿勢を見せなければなりません。

こちら情報に関しては、信頼できるソースからの発表を待って正式にお伝えしていこうと思います。

ですが、一部では、宮崎文夫容疑者のインスタグラムのアカウントがフォローをしていたという情報もありますし、同じアイコンでフェイスブックも運用し、そこには川崎市出身(喜本奈津子容疑者は関東出身との情報がある)という情報や、ポルシェの背景画像もあることから、インスタやフェイスブックは本人のものであながち間違っていないのかもしれません。

スポンサーリンク

喜本奈津子の経歴が判明し、性格はクレーマー気質で気性が荒い

喜本奈津子容疑者の知人の話によれば、喜本奈津子容疑者は宮崎文夫容疑者の右腕であるそうで、私生活をも共にする交際相手兼、ビジネスパートナーだったと言うことです。


「彼女は宮崎の右腕で、仕事を手伝いながら私生活もずっと一緒だった。宮崎より随分年上で、独身だと聞いている。関東出身で、見た目は若作りでお洒落だが、気性は荒く、クレーマー体質。昔から彼女の周りではトラブルが絶えなかった」

出典:文春オンライン

さらには、気性が荒くてクレーマー気質であったということで、トラブルが絶えなかったということです。

こうした経歴や性格を考え、さらには43歳と51歳という年齢差を考えると、喜本奈津子容疑者が率先して宮崎文夫容疑者に対してあおり運転をするように支持したり、横柄な態度を取ったりクレーマーとしての素質を開花させたのではないかとも思われるのです。

スポンサーリンク

喜本奈津子の使用していたガラケーの機種が判明

喜本奈津子容疑者や宮崎文夫容疑者はガラケーを使用していることが大きな話題となっているのですが、一体どのような機種を所持していたのでしょうか?

出典:Twitter

2人が使用しているガラケーは、ガラケーと同じ見た目・操作性を持たせた見た目はガラケー・中身はスマホというガラホの一種であり、2019年2月8日にSHARAPから発売された「SH-02L」という機種であるそうです。

出典:NTT docomo

こちらのカメラの有効画素数は800万画素ありますから、それなりに質の良い映像を撮影できると思いますし、スマホよりも手の平に収まることができるため、撮影しやすいのではないでしょうか?


スポンサーリンク

喜本奈津子は宮崎文夫を洗脳して操っていた?

そんな喜本奈津子容疑者ですが、宮崎文夫容疑者とは長年にわたって交際を続けていたということです。

しかしながら、宮崎文夫容疑者の異常な行動から精神的に参っているのではないかという情報もあり、精神病を患っていた可能性があるのです。


「突然、『今度、新規事業を立ち上げるので相談に乗って欲しい』と高級ホテルに呼ばれ、食事をしました。羽振りは良さそうでしたが、精神的に参っているように見えました。『危ない人たちに狙われている』『ホテルに泊まっていても向こう側から狙っているんだ』など、理解しがたいことを言っていた。同級生の間でも彼の体調を心配する声は出ていました」

出典:文春オンライン

さらに宮崎文夫容疑者は「誰かに見張られてる」という趣旨の発言をしていることからも、もしかすればこの元凶が喜本奈津子容疑者にあるのではないかと推測されるのです。

その可能性について以下のようにまとめましたので、ご紹介します。

・捜査員に連行される際「キモトさん!」と名前を何度も連呼していた

・宮崎文夫容疑者にとって喜本奈津子容疑者は自分を擁護してくれる唯一の存在

・常磐道のあおり運転でBMWのX5から真っ先に降りてきたのは喜本奈津子容疑者

・宮崎文夫容疑者のマンションに同居している

・宮崎文夫容疑者は、不動産所有者の資産家であり、経営者としての顔をもつ

もともと、宮崎文夫容疑者は天王寺高校から関西学院大学に進学し、関西地区では、極めて優秀な人材が集まると言われている企業である株式会社キーエンスに就職をしております。

ここまで聞ければ、一般的にはエリートのような立ち回りでありますが、馬渕教室の英語科講師として働いていた頃に転落をし、そこから不動産会社を経営するまでどん底を味わったのでしょう。

不動産会社である宮崎プロパティマネジメンで再起を果たしたのですが、この頃から喜本奈津子容疑者が右腕となっていたとすれば、喜本奈津子容疑者に頭が上がらないのは当然で、徐々に喜本奈津子容疑者の意のままに宮崎文夫容疑者を操っていたのではないかと推測されるのです。

その証拠に、交際相手であるにも関わらず喜本奈津子容疑者のことを「キモトさん!」とさん付けで呼んでいることがあげられるでしょう。

また、あおり運転の際に真っ先に車から降りてきてさらに、ガラケーを撮影モードにしていたということも考えると、喜本奈津子容疑者側が宮崎文夫容疑者を洗脳して、あおり運転をするように仕向けていったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

喜本奈津子の勤務する会社は宮崎プロパティマネジメントか?

宮崎文夫容疑者の右腕として働いていたという喜本奈津子容疑者ですが、そうなれば宮崎文夫容疑者が経営する宮崎プロパティマネジメントで働いていたのではないかと推測されます。

会社の経理や事務的なことをやっていたのかもしれませんし、代表である宮崎文夫容疑者のスケジュールを管理するなどのマネージャーや秘書的な立ち位置であった可能性も十分に考えられます。

宮崎プロパティマネジメントは大阪府大阪市東住吉区桑津1-18-12にあるマンションの一室でありますから、そこまで大きい事務所を構えているわけではなく、少数精鋭でやっているのとみて間違いないでしょう。

スポンサーリンク

喜本奈津子には家族がいた?

喜本奈津子容疑者は51歳ということで、家族がいてもおかしくはないと思うのですが、家族はいるのでしょうか?

この年齢になっても43歳の宮崎文夫容疑者と交際をしているということは、現在独身である可能性が考えられます。

しかしながら、過去に結婚をして離婚を経験するなどのバツイチだったのかもしれませんし、そこには子供がいるのかもしれません。

こうした犯罪に加担するような人が家族にいること自体非常に不愉快でありますし、もしかりに家族がいたとしても名乗り出たくはないでしょう。
https://brandnew-s.com/2019/08/19/kimotonatsuko2-tr000/

34. 中川隆[-8726] koaQ7Jey 2019年8月21日 14:12:57 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4018] 報告

知人男性が重大証言 あおり暴行の宮崎文夫容疑者には入院歴あり
2019年08月21日 日刊ゲンダイDIGITAL
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12136-377930/


キレた理由は…(宮崎文夫容疑者のインスタグラムから)


茨城県守谷市の常磐自動車道で「あおり運転」をし、停車させた車の運転手に暴行を加えたとして、傷害と犯人隠避の疑いで茨城県警に逮捕された会社役員の宮崎文夫(43)と交際相手で会社員の喜本奈津子(51)両容疑者。宮崎容疑者は18日、自宅マンション近くの路上で大勢の警察官に取り囲まれた際、大声でこうまくし立て激しく抵抗した。

「自分から出頭させてください。車には乗りたくないんです。以前に自分にも不納得な理由で監禁が不起訴になりましたけど、恐喝尋問で。手で押さえつけるのはやめてください。東住吉警察署には非常に苦い思い出があるので嫌なんです。車の中にこんなときに入りたくありません。中で何をされるか分からないんで嫌です」

 本人が言うように、宮崎容疑者は昨年3月、京都市内でタクシー運転手を監禁した疑いで逮捕されている。

「朝、大阪市内でタクシーに乗車し、運転手に行き先を告げ、複数の場所を転々とさせた。運転手は逃げようと思えば逃げられる状況だったそうですが、車を捨てて逃げるわけにもいかず、指示に従っていた。本人は『車から降りたら死ぬ』とか、訳の分からないことを言い、夕方、京都市内のコンビニで逮捕されるまで、運転手に罵声を浴びせ続けたそうです。『組織に追われている』とか『降りたら殺される』と、強迫観念を抱いていました」(捜査事情通)

 その後、運転手と示談が成立し、宮崎容疑者は不起訴処分となったが……。

「処分後、すぐに精神科病院に入院しました。10年ほど前から情緒不安定で、ハイテンションの時には人に対して威圧的な態度を取ることがあった。これまでのトラブルは一度や二度ではありません。大阪市東住吉区の自宅と同市中央区で自身が所有するマンションの賃貸業とコンサルタント会社を経営していましたが、今年7月にはコンサル会社の登記を自宅に移転した。賃貸業以外の業務はあまり順調ではなかったみたいで、ほぼ家賃収入で生活していたようです。喜本容疑者とは半年ほど前に知り合ったらしく、自分の会社の従業員にして、同じマンションの別の部屋に住まわせていた」(知人男性)

 2人は「あおり運転」だけでなく、大阪の飲食店などでも従業員に因縁をつけ、脅していたことが次々と明らかになっている。とんでもなくタチの悪いクレーマーカップルだ。
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12136-377930/

35. 中川隆[-8725] koaQ7Jey 2019年8月21日 14:35:27 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4019] 報告

実は身近にいるかも? 突然キレる「ヤバい人」の特徴
8/21(水) 11:25配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00012903-toushin-life


各地で異様な「あおり運転」を繰り返し、特に茨城県の常磐自動車道では20代の男性会社員の車を一方的にあおった上で暴力行為に及び、先ごろようやく逮捕された宮崎文夫容疑者の事件。この一件は、あまりの理不尽さ、不可解さから世間に衝撃を与えましたが、同容疑者の知人や仕事関係者などの証言が数多く集まってくるにつれて、どうやら彼が普段から「ヤバい」一面を持ち合わせていたようだとわかってきました。

もしかしたら、みなさんの周りにも、そういった性格を隠し持っている人物がいるかもしれません。この記事では、そうした「突然、暴力的な行動に走る可能性が高い人」の特徴を紹介していきます。
.

知人が暴露した宮崎容疑者の「ヤバい」一面

宮崎容疑者の知り合いや元同僚がメディアに口々に話したコメントからは、彼は普段から少し危うい性格の持ち主であったことがうかがえます。

「名前を見て彼だと分かった時、ああ、やりそうだな、と思いました」(文春オンライン)
「ハンドルを握ると人格が変わるという話がありますが、宮崎容疑者はまさにそんな感じでした」(AERA dot.)
「新人研修中に黒いパンクロックのド派手なTシャツを着てきたり、金のネックレスをつけてきたりして、人事担当者から“ビジネスマナーがなってない”とさっそく怒られた」(週刊女性PRIME)

普段からこうした一面をのぞかせていた宮崎容疑者。ハンドルを握ったとたんに、いら立ちを抑えることができず、暴力的な言動・行動をしてしまう姿や、彼のプライドの高さとそのプライドが傷つけられたときの暴力的な反応が、周りの人たちには多少なりとも想像できていたようです。

宮崎容疑者のインスタグラムのアカウントも特定されているようです。彼の投稿には、BMWやポルシェなど高級車の写真や、ルイ・ヴィトンなどの高級ブランドの写真、窓際でサングラスをかけてポーズをとっている自身の写真などが含まれていました。元同僚は「普段から車と女の話ばかりしていた」と話していたそうですが、プライドや虚栄心、自己顕示欲の強い人物であったことがわかります。

また、元同僚によると、彼は怒られてもまったくこたえないような人物だったようで、「怒られた理由を理解していないのではないか」と思ってしまうほどだったといいます。


年をとるほど性格はなかなか変わらない!?

心理学的な見地から人間の性格を捉えた場合、性格は大きく分けて「遺伝的要因」と「環境的要因」の二つから成り立っているとされます。「遺伝的要因」とは、生まれつき備わった感情の傾向であり、先天的なものです。これに対して「環境的要因」とは、現在まで触れてきたさまざまな出来事や経験によって形づくられたものです。

環境的要因を変えれば、性格の変化を期待することはできますが、特に社会人になり、壮年から中年と歳を重ねるにつれて、周りで注意してくれる人も自然に減り、環境的要因の変化は青年期や少年期と比べてどうしても少なくなってきます。そのため、普段から特に「変えよう!」と意識していない限りは、性格はそう簡単に変わらないといわれます。

実感としても、「ヤバい人」のまま壮年期に入った人は、性格を変える何か大きな出来事がなければ、「ヤバい人」のまま中年期に入っていくことが多いのではないでしょうか。

では、そうした「ヤバい人たち」は、どんな特徴を持っているのでしょうか?  そもそもあおり運転や暴力行為が、どんな心理状態から発生するのかから考えてみましょう。
.

「心理的な負荷」への耐性がない人ほど暴力的になりやすい

心理学の世界には、何らかのフラストレーション(欲求不満)が攻撃衝動を生み出すという「フラストレーション-攻撃仮説」と呼ばれる考え方があります。これは1930年代末に、米イェール大学の人間関係研究所にいた心理学者ジョン・ダラードとニール・E・ミラーによって唱えられたものです。

この説によれば、自分が望んでいる状況や行動を阻止されることによって生まれる「フラストレーション」が、今回の事件であればあおり運転や暴力的な行動などにつながる「攻撃衝動」を生み出しているとされます。

こうしたフラストレーションによる不快な気分は、攻撃的な行動をすることによって心理的な緊張をほぐす「カタルシス効果」を得ることで解消できます。つまり、他人の行動などによって自分の欲求が制限されると、そのストレスを「暴力的な行動をすること」によって解消しようとするのです。

たとえば、自分の思うように運転をすることができなかったり、物事が進まなかったりという「心理的な負荷(ストレス)」への耐性がない人ほど、攻撃行動を起こしやすく、あおり運転や暴力的な行動をしやすいということです。


キレやすい人の特徴

ストレスへの耐性が弱い人というのは、普段からキレやすかったり、常にイライラしたりしています。自らに与えられたストレスを周りにぶつけることによって解消しようとするからです。

こうした人の特徴として、たとえば次のようなことが挙げられます。

「プライドが高く、常に体面を保とうとし、周りの評価が気になる」
「自分の考え方や主張はいつも正しいと思っている」
「目上の人間と目下の人間とで接する態度がまったく違う」
「自分のことが大好きで、常に話題の中心になりたい」

このような特徴を持っている人は、ストレスへの耐性が低く、キレやすい人であることが多いようです。たとえば自分に関することだとちょっとした冗談も笑って流せない人、取引先と会食などをした際に取引先と話すときは丁寧なのに店員にはやたら偉そうな人などは要注意です。また、「ストレス耐性」とはちょっと違った観点では、食生活が乱れている人、特に甘い物をよく食べて血糖値が乱高下している人も、血糖値が低くなった場面でアドレナリンなどの興奮物質が分泌されることで攻撃性が高くなり、キレやすくなるといわれます。

宮崎容疑者の事件は、ちょっと常軌を逸していますが、あおり運転や暴力行為に至ってしまうようなキレやすい人の特徴は、思ったより身近なものではないでしょうか。「自分にも当てはまる……」という人は、ストレスに対処する自分なりの方法を探しておくべきでしょう。また、もし周りに当てはまる人がいたときには、少し距離をとったほうがいいかもしれませんね。

36. 中川隆[-8721] koaQ7Jey 2019年8月22日 03:50:59 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4025] 報告

宮崎文夫|三重県の飲食店はどこ?孝一店長かわいそう!クレーム酷い! 2019年8月20日
https://japanation.jp/miyazaki-mie/


あおり運転の常習犯で連日話題の宮崎文夫容疑者と喜本奈津子容疑者の新情報です!

逮捕前の普段から態度が悪くて非常識な人間で、飲食店に3〜4時間も言い掛かりのクレームをつけていた事実が発覚しました。

三重県の飲食店での出来事だそうですが、どこのお店か調べてみました!

宮崎文夫 三重県の飲食店で言いがかりのクレーム!


 あおり運転したうえ、男性を殴った疑いで逮捕された宮崎容疑者が、三重県の飲食店で、「やけどをした」と執拗なクレームを繰り返していたことが分かりました。

「(宮崎容疑者が)自分でお茶をこぼして(女性が)やけどをした。どうしてくれると。
(宮崎容疑者らは)長時間いた。
3時間くらいはいた。店内でもサングラス。
(その後)宮崎容疑者から電話がかかって来た。『やけどがひどくなったどうしてくれる』と」
(うどん店の経営者)

こう話すのは、三重県内でうどん店を経営する男性。

ことし4月、この店で、「彼女にお茶がかかってやけどした」と3時間にわたって執拗にクレームする男女が。あおり運転の末、傷害の疑いで、18日に逮捕された宮崎文夫容疑者(43)と交際相手の喜本奈津子容疑者(51)でした。

引用元:https://hicbc.com/news/detail.asp?id=0004B5FC


これも立派な犯罪です。


やっぱり宮崎文夫は精神異常者なんだな。牢屋と病院に一生閉じ込めておいた方がいい。

⇒サングラスを外した喜本奈津子の顔写真やばっ!

宮崎文夫 再来店して店主の孝一さんを恫喝!一筆要求!


そして5月、再び来店した2人の姿を今度は、防犯カメラが捉えていました。

「ノートみたいなものを持ってきて『一筆書け』と。
『お前のやけど見せたれ』と。
全然見せてくれないですけどね。
警察が来る前にタクシーで立ち去った」

引用元:https://hicbc.com/news/detail.asp?id=0004B5FC

警察が来たらヤバいっていうのは本人もわかっていたんですね。

店に来るなり店長を呼び出して「あの一か月前の火傷どうするんだ!」と恫喝したようです。そして、その後店内で食事をするという異常っぷりをみせています。

そしてノートを持ってきて一筆要求してきたそうなんですが、こういう言いがかりのクレーマーから一筆要求などをされた場合は絶対にしてはいけません。すぐに警察を呼んだ方がいいです。

一度目の来店の時から呼べばそんなに長時間掛からなかったかもしれませんが、クレーム対応かわいそうですね。

堂々と「警察呼べや!」って言ってくるクレーマーもいますが、前科持ちで逮捕歴もある宮崎文夫容疑者は警察呼ばれたら不利だってわかっていたんでしょうね。

さすが頭がいいwww

⇒クレームの内容を説明している動画あり

宮崎文夫クレームで警察呼ばれて逃走後のインスタが異常!


伊賀市 九庵さん 今日も美味しかったです!
ご馳走様でした★ 店主の孝一様は大変気さくな方で閉店間際だったにも関わらず暖かく出迎えて下さり嬉しかったです!
またお伺いしたいと思います★
ありがとうございます

これは宮崎文夫容疑者のこの日のインスタグラムへの投稿です。

完全に頭おかしいですよね…。意図が掴めません。

この日再来店した時の防犯カメラの映像

三重県の飲食店うどん屋はどこの店?

〒518-0873 三重県伊賀市上野丸之内23にある「久庵」というお店です。

11:00〜15:00まで営業しているうどん店なんですが、宮崎文夫と喜本奈津子がクレームを執拗に入れてきた日は19:00頃まで店に居座られたそうです。かわいそすぎますよね。
https://japanation.jp/miyazaki-mie/

37. 中川隆[-8719] koaQ7Jey 2019年8月22日 04:33:21 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4027] 報告
宮崎&喜本容疑者に恫喝されたタクシー運転手が語る人格破綻
2019.8.21 週刊朝日
https://dot.asahi.com/wa/2019082100078.html?page=1




「テレビ見てあれっと思い、手帳にあった名刺をみて宮崎とあり、こいつらやと確信しましたわ」

 こう話すのは、大阪市内のタクシー運転手のKさん(47)。

「こいつら」とKさんが言うのは、あおり運転トラブルで会社員男性を殴り、逮捕された宮崎文夫容疑者(41)と喜本奈津子容疑者(51)のことだ。

 Kさんが宮崎容疑者、喜本容疑者と遭遇したのは今年5月ごろのことだった。大阪・ミナミの繁華街から、お客として乗せたのが、宮崎容疑者と喜本容疑者だった。

「2人は手をつないで、仲睦まじそうに乗ってきた。宮崎容疑者が茨城県警に逮捕された現場、東住吉区の自宅を行先に告げた」(Kさん)

 宮崎容疑者の指示通りに車を走らせたると、車内で2人は、両手で握りあったり、ハグしたりと「熱々カップル」(Kさん)という様子だった。

 宮崎容疑者は、黒いサングラスに帽子と常磐道であおり運転した時とそっくりのいでたちだったという。2人はブランドものや外車を買うなどと話もしていた。

 車があと、信号2、3つで宮崎容疑者の自宅付近に到着するかというところまで、来た時だった。歩道から突然、自転車が飛び出して、急ブレーキを踏んだ。すると宮崎容疑者がこう怒鳴り始めたという。

「こら、おまえどこみて運転してるねん」
「このアホが、大事な(ルイ・)ヴィトンのカバンが床におちたやないか弁償せんかえよ」

 喜本容疑者も一緒になって、「この運転手、どうなってるの」などと合いの手を入れ、加勢する。

 だが、ルイ・ヴィトンのカバンが破損したわけでもなく、Kさんは危険回避で急ブレーキを踏まざるを得なかったのだ。そう説明するが、宮崎容疑者と喜本容疑者は納得しない。「こら、弁償するか110番するか、どっちやねん」と凄み続ける宮崎容疑者。

「お客さん、カバン、どこも破損してないし、床に落ちたのは自転車が飛び出してきたからです。ご勘弁くださいよ」とKさんが言うが、自分の主張を繰り返す宮崎容疑者。

 そこで、Kさんはタクシー会社に緊急の合図を送った。すると、近くにいた同僚が駆け付けてくれた。それを見た宮崎容疑者は「なんで、他のもん呼ぶねん。卑怯やないか」とごねはじめる。


同僚がきたので、外に出たKさんに対して宮崎容疑者は激高して、襟元あたりを掴みかかろうとした。同僚が間に入って、引き離す。近所の人も、大声が聞こえたのか集まってきた。そこへ、たまたま、パトカーが通過。同僚が呼び止めたという。

「警察の人に間に入ってもらおうと思いました。宮崎容疑者に掴みかかられ、殴られかけたことまで事情を説明。警官は宮崎容疑者を呼び、カバンを見ながら、『席から落ちたくらいで大きな破損などないだろう』『酔って、自分で落としたことはないの』などと話した。すると宮崎容疑者は『運転手がわざと大回りの道を行こうとしていた』『殴りかかってきたのは運転手や』『カバンが落ちたのは喜本さんも見てた』などという始末。喜本容疑者は『運転手が悪い』などとわめいていた。結局、警察の人のおかげで、解放されました。30分ほどかかり、タクシー代はもらったが、営業には大きな支障となった。私がタクシーに乗り込み仕事に戻ろうしたら『ええ加減にしろよ』と文句を言いはじめ、警察になだめられていた。人格破綻していますよ」(Kさん)

 警官に言われて、万が一のことがあってはともらったのが宮崎容疑者の名刺だったという。宮崎容疑者は、茨城県警の事情聴取に殴ったことは認めているが、「あおり運転はしていない。前を行く車の速度が遅くて、妨害されたと腹が立った」などと供述しているという。

 宮崎容疑者と同じ関西学院大学の同級生はこう話す。

「宮崎容疑者は昔からなんでも人のせいにする性格ですねん。大学時代にレポートの提出があり、参考にしたいと本を貸した。返せというと『母親を病院連れて行ったから』という。しばらくして催促すると『今日は電車が遅れて急いでいた』とか自己弁護するばかりですわ。実は大学時代にあいつの外車に一度、乗せてもらったことがある。車の自慢話をしながら運転していた。信号にかかり、黄色から赤にかわりそうなタイミングで前の車が止まった。すると宮崎容疑者は『こら、いかんかい』と血相かえて怒っていた。誰でも止まるような信号の変わり方。そういう性格があおり運転につながったのかもしれません」(今西憲之)

38. 中川隆[-8716] koaQ7Jey 2019年8月22日 12:31:35 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4030] 報告

死神に憑依された男・宮崎文夫 2019-08-20
https://xuzu0911.exblog.jp/27736515/


★今の日本の大スターは宮崎&喜本のバカップルである。彼らは日本中を驚かせ、日本中を敵に回している。その方が二人のラブは燃え上がるのだろうか?しかしまだ二人は半年しかつきあってない。明らかに喜本奈津子はつき会う男を間違っているが、盲目のラブの最中は誰が何を言っても無駄ということか?


★宮崎文夫は「 良い学校から一流企業への就職コース 」の洗脳を子供の頃、強く受けて、就職まで上手く行っている。しかし年収2000万も貰えるキーエンスは半年も続かず、後はアイディンティティ(自己同一化)崩壊し続けて「 黒い組織に命に狙われている 」という妄想を頭に侵略されて、それをマジで心底信じていたらしい。彼の自己崩壊はずっと前に起きていただろう。

★子供の頃、親や世間から洗脳された「 良い学校、一流企業就職コース 」からドロップアウトすると、ずっと精神的な崩壊現象が続く者は多くいる。なんとなく宮崎文夫がリチャードコシミズに似ていると思うのは「 黒い組織に命を狙われている 」とマジで思っていることである。コシミズの場合は「 俺は正しい、世界が間違い! 」という頭の病気になっているわけだが、宮崎文夫も同じ病気であろう。「 俺は正しい、世界が間違い 」という考えこそが「 死神 」に殺される理由である。


★コシミズだけでなく元農林事務次官を父に持つ息子もタブン子供の頃の親と世間からの洗脳を受けたコースからドロップアウトしたがために、両親に依存しながらいつまでも引きこもりで両親に反逆するという子供を44歳までやっていた。そして肉体の父に殺されることになる。立花隆志もNHKに勤めてたのに今は「 NHKをぶっ壊せ 」である。結局はNHKで食ってしくしかできないのに「 依存しながら反逆 」という病気である。


★たぶん宮崎文夫に対する世間の分析はありふれている。鷲は「 上のワニに乗った男のカード 」から説明したい。ワニに乗った男の頭上には黒い丸と赤い丸がある。黒い丸は死神である。死神は数字の六の者を殺す太陽神である。赤い丸は数字の9と合体する太陽神である。


★上は将棋の「 歩兵 」と「 裏と 」である。「 歩兵 」は死神に殺される存在である。「 裏と 」は赤い太陽神と合体する存在である。宮崎文夫は死神に常に責められている。だから「 黒い組織に命を狙われている! 」とマジで友人に語ったのである。コシミズも同じ。天動説で生きるから常に内なる「 鬼である魂 」に責められるのである。


★常に「 死神 」に責められるのは生き方が間違っているからだ。常に「 死神 」から攻撃されるのは≪ 自分中心の天動説 ≫で生きているからである。裁きは太陽系の価値観に照らし合わせて来る。宮崎文夫は誰がみても間違っている。しかし彼が警察に逮捕された後「 煽り運転はしてない 」と発言している。完全に自分の行動を冷静に見ることができない。そして「 死神に憑依され他人を殺そうとしている 」のである。彼はテレビには出てはいけない人間であるが、彼が日本の全てが目撃したのも「 時の意味を知れ! 」という太陽神からのメッセージであろう。

★上のエジプシャンタロットの頭上が「 紅白 」である。頭上が「 紅白 」な人間が正常な人間である。六道に堕ちている人間には、死神は一日24時間攻撃を続けてくる。それは宮崎文夫のように≪ 生き方が間違っている ≫からである。天動説人間であるからだ。さて仏教は懺悔から始まる。芸能人の土下座謝罪ブームは「 太陽神に懺悔せよ! 」というメッセージであるのだ。そして懺悔しなければ宮崎文夫のように壊れてしまう。1日24時間「 黒い組織に命を狙われる 」という妄想が頭に侵入することになる。

★宮崎文夫の煽り運転騒動を見えたことは「 死神に憑依された人間は他人を殺そうとする! 」という現象である。宮崎文夫は「 黒い太陽神 ☛ 死神 」に24時間命を狙われるのである。彼はそのように心底思っている。黒い太陽神(死神)に勝利するには自分を天動説から地動説に変えることである。「 6から9に転換して13と一体化すること! 」である。日々学び、性エネルギー昇華を実践することである。死神に憑依されている人間は全て性的退廃者である。バカップルの≪ 性 ≫は性的退廃だと決まっている!

Comments(6)


Commentedby 百軒 at 2019-08-21 03:40 x

コシミズは学歴至上主義で、末は博士か大臣かという価値観を未だに抱いている人物です。(いつの時代だよ笑)
独立党員も、そういう知的コンプレックスが強い信者も一定数存在します。

なので、浪人をしてでもいい大学に入学しろ!という考えです。
愚息が、早稲田大学を入学したのですが、一浪して合格しています(その後、遊び過ぎで、留年)

これは個人の価値観だからいいとか悪いとか第三者の私が口を出す権利はないんですが、学費や入学金は独立党員からのお布施だったり、詐取したお金です。
(だから問題視しています)
愚息も無事、卒業して、地元の会社に入社してコシミズとは縁を切っています。

娘さんは、現在も交流が続いています。
祖母に似ていて、ずっと陸上をしていたんですよね。



1 +1

Commentedby xuzu9851 at 2019-08-21 07:47

> 百軒さん

宮崎文夫は関西大学を卒業しキーエンスに就職しますが半年で退社。それからは全くダメで今の破滅男に堕ちています。そして「 黒い組織が命を狙っている 」とマジで友人にかたります。リチャードコシミズは青山学院大学を卒業して、どこに就職したのか?わかりませんが、自己破産してますから宮崎同様に低空飛行で「 〜〜団に命を狙われている 」とマジで講演してますね。どっちも妄想の闇の組織に命を狙われているとマジで思ってます。

どっちも高学歴コースをドロップアウトした途端に精神的な破綻がみられます。そしてどっちも「 俺は正しい、世界が間違っている 」という考えで謝罪しませんから狂ったと思いますね。自称ネットジャーナリストで一瞬成功したように思えましたが、妄想とウソの講演だと正体がバレて裁かれてます。宮崎文夫と輿水正の共通点がかなりありますが、一番は「 黒い組織に命を狙われている 」とマジで考えている発狂妄想です。

これまでの自分のアヤマチを謝罪しないと「 黒い組織に命を狙われている 」と思うようですね。宮崎ほどコシミズは暴力的ではないかな。宮崎はウルトラのバカ杉ですから。コシミズより一段階、宮崎の方が発狂しているように思えますねwww で、こういつ奴らは良いことは一切できず、他人を巻き込んで破滅するんですね、勉強になりましたwww


1 +1

Commentedby あかね at 2019-08-21 10:37 x

宮崎容疑者と喜本容疑者の関係は、コシミズ大将と党員さんの関係に似ていますね。まさに「共依存」。

喜本は宮崎にファッションも合わせているようですし、宮崎や宮崎で彼女がいるとますます狂暴になり、講演会で荒唐無稽でつまらない内容をシャウトして拍手喝さいを浴びている大将と党員を思い出します。

どんなバカげた行為も、相手が受容(後押し)してくれるので、どんどんエスカレートしてきたのでしょう。

車から降りてくるふてぶてしい態度を見ると、貴本の方がマウントをとっているように見えましたし、連行される際の「貴本さ〜ん!貴本さ〜ん!」と叫んでる姿は「ママ〜!ママ〜!」と叫んでいるように聞こえました。

大将同様、宮崎も母親に猫かわいがりされてきたのでしょう。そんな母親が亡くなり、どんなバカげた行為も無条件に認めて甘やかしてくれる女性を探していたところ、『渡りに船』という感じで彼女が現れた。

どんな甘えん坊でも、犯罪さえおかさないような男性なら、「苦労するのも自己責任」だったのに、彼女もつくづく運が悪いですね。

亡くなった人を悪く言いたくないですが、親の責任は大きいでしょうね。


1 +1

Commentedby xuzu9851 at 2019-08-21 19:42

> あかねさん

コシミズのエキサイトブログが閉鎖されました。宮崎文夫も逮捕されましたし、コシミズも終わりですね。コシミズも宮崎文夫も謝罪できないのです。自分は正しい、自分以外の者たちが悪者。そのような天動説で生きてきました。親が悪い、先生が悪い、上司が悪い、社会が悪い、ユダ金が悪い、朝鮮人が悪い、カルトが悪い。しかし悪いのは明らかにコシミズと宮崎文夫なんです。

コシミズの上司はコシミズのためを思って精神科の診断を薦めました。しかしコシミズは妄想で会社の上司たちを「 創価の保険金殺人詐欺グループ 」と断定してネットで顔をさらけ出しました。それを反省し謝罪しないで、いつまでも「 創価の保険金詐欺集団 」があたかも存在するようにいまだに云っています。そこが宮崎文夫と同じ頭の病気となった原因です。

ウソと妄想を信じる者たちは「 四散・放浪・差別・迫害・隔離・追放 」と成ります。コシミズは2回離婚して息子も離れました。住むところも安定しなく、これから放浪でしょう。そしてエキサイトブログから追放されました。差別と迫害はコシミズが会員にやってきたことですが、これからコシミズの身に降りかかります。

宮崎文夫は逮捕され刑務所に行くか?精神病院に隔離されるか?やはり「 四散・放浪・差別・迫害・隔離・追放 」となるでしょう。反ユダヤ主義とは実は非常に深いのです。しかしコシミズは浅はかで表面的な次元で捉えました。反ユダヤ主義も反朝鮮人主義も自分を正義の者に置き換えるために利用したにすぎませんでした。

1985年のロス疑惑の三浦和義にヨシエという女性がいたように、ダメ男を守る女性が出てきます。カルト教祖の全て「 ニセの正義 」を演じ、信者たちはニセの正義に心酔します。その結果は、現人神天皇を信じた戦前の日本人のように「 一億総玉砕 」となります。カルト教祖をいつまでも信じる者たちは「 集団自殺 」となります。肉体は死ななくても本質的には集団自殺です。

誰が見てもインチキ男に心酔する女性という存在は興味深いものがあります。エキサイトブログを追放されたコシミズは、長野の山荘からも追放されるのではないでしょうか?コシミズは間違った思想を多くの人々に伝染させました。そこがコシミズの最大の悪業です。そしてその結果が今来ています。宮崎文夫のようにハッキリとダメだ!と解る次元まで行きます。コシミズは今のところでハッキ


1 +1

Commentedby 百軒 at 2019-08-22 00:22 x

>>誰が見てもインチキ男に心酔する女性という存在は興味深いものがあります。エキサイトブログを追放されたコシミズは、長野の山荘からも追放されるのではないでしょうか?

現在、しろまじょことカワシマさんという女性が、コシミズの世話係をしています。
それから、九州の党員、母うさぎという正真正銘の信者もいます。
山荘は管理センターの利用規約に抵触するとしても、賃借権(建物利用権)を得ているので、追放は流石に難しいかと思われます、

コシミズはゆうメンタルクリニックでゆう先生に診て貰ったらいいんじゃないですかね?

話が合いそうです。


1 +1

Commentedby あかね at 2019-08-22 10:05 x

>誰が見てもインチキ男に心酔する女性という存在は興味深いものがあります。

ほんとですね。興味深いです。「インチキ男」に心酔してしまう女性は、最初は男のスペックに群がるのではないでしょうか。ロス疑惑の三浦も高スペックをちらつかせ、女性たちに近づいていたような気がします。大将の場合は、「知性と正義感だけで裏社会と闘うタブーをおそれないネットジャーナリスト/青山学院大学卒」のキャッチフレーズです。

幼馴染によると喜本容疑者の好きな男性のタイプは、「高身長、高収入、イケメン、年下」ということで、(宮崎がイケメンかどうかは私にはわかりませんが、)彼女の好みにはピッタリ合う男性だったのでしょうね。

また彼女はバレンタインデーに30万円のバッグをプレゼントしたらしく、宮崎もホワイトデーに倍返しをすると約束していたそうです。このあたりも「どっちもどっち感」が否めません。

宮崎は飲食店でも横柄というよりクレーマーに近く、普通はここで注意して改めさせるか嫌気がさして距離を置くものなのですが、彼女の男性を選ぶ基準が「スペック<人格」なので、意見してふられるのが嫌でどうしても合わせてしまうのでしょう。(クレームが楽しくて一緒にやっていた可能性もありますが。)

ちなみに、大将を良く知る方の話では、大将も飲食店でのスタッフに対する態度は最悪だそうです。次に来た時には、トイレの前の席を案内されるタイプです(笑)

九州の女性信者、母うさぎさんは

>私めが思うにこれは裏社会のRKに対する“マウンティング行為”ですね。ドーブツが自らの優位性を表す威嚇行為。つまり今話題の宮崎あおり運転みたいなものです。意味はないけどオラオラ〜って言いたいんでしょう。斜部中は知性ゼロだからどうしようもないね〜(笑)。

このようなことを言ってますが、彼女の行動は、喜本容疑者にそっくりなんですよね。ただ携帯電話の動画がパソコンのキーボードに変わっただけ。こういう女性たちが、大将を一時的に元気づかせ、結果、「 四散・放浪・差別・迫害・隔離・追放 」の道を辿らせるということがわからないのでしょうか。

https://xuzu0911.exblog.jp/27736515/


39. 中川隆[-8700] koaQ7Jey 2019年8月22日 18:51:45 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4046] 報告
あおり運転・宮崎容疑者 年上恋人はクレーマー母と瓜二つ
https://www.news-postseven.com/archives/20190822_1436232.html

 逮捕の瞬間の映像を見た男の知人は興奮気味にこう話す。

「暴行する様子をガラケーで撮影したり、逮捕の時には捜査員に“何すんのよ!”と食ってかかる“年上恋人”の姿をニュースで見ていたら、文夫のおかんのことを思い出したわ。近所でも有名な“クレーマー”やったで!」

 あおり運転をし、相手運転手に暴行を加えたとして8月18日に逮捕された宮崎文夫容疑者(43才)。“仲よく” 犯人蔵匿・隠避容疑で逮捕されたのが、交際相手の喜本奈津子容疑者(51才)だった。

「喜本は神奈川県出身。この2月に出会い系アプリで宮崎と知り合い、交際に発展。以後、行動を共にしています。宮崎には複数のあおり運転の余罪がありますが、その何件かで喜本が助手席に座っていた。喜本があおり運転をそそのかした可能性も視野に入れて捜査を進めている」(捜査関係者)

 宮崎容疑者は大阪市生野区で生まれ、子供の頃は成績優秀で「神童」と呼ばれていた。府内でも屈指の進学校である天王寺高校に入学。関西学院大学を経て、「平均年収日本一」で知られるキーエンスに入社した。だが、1年もせずに退社。税理士だった祖父の遺産を相続する形でマンションを所有したことで、2018年に不動産会社とコンサルティング会社を起業した。

 そのマンションの一室が自宅兼オフィスだったようだが、マンションの住人たちは「目が合っただけで威嚇された」「住民への宅配で止まっているトラックに“どけや! コラ!”と怒鳴っていた」など、宮崎容疑者の凶暴ぶりを証言する。

 その気性の荒さは母親譲りだったようだ。

「文ちゃんの母親は近所でも恐れられていました。“給湯器の音がうるさいから風呂に入るな!”って怒鳴り込んでくるんやから。ごく普通の生活音の範囲なのに。なかには『静かにしろ』と書いたチラシを玄関に何回も貼られた家もあった。スーパーに行けばトラブルを起こしてパトカーで帰ってくることもしょっちゅう。自転車を猛スピードで飛ばす人で、ぶつかると“お前が悪いんや!”と凄まれたり。

 その一方で、自分の家の犬がワンワン吠えて近所迷惑なのに何もしない。区役所から注意を受けても知らんぷりやった」(近隣住民)

 その母親が溺愛していたのが宮崎容疑者だった。


「あれだけ攻撃的な母親が文夫には甘かった。文夫がキーエンスをすぐに辞めた時も咎めなかった。友人の少ない文夫のよき理解者やった。逮捕される時、恋人が必死に文夫を庇ったけど、あんな行動ができるのは母親ぐらい。あの恋人は母親とそっくり、瓜二つ。

 数年前に母親は亡くなったと聞いた。文夫は恋人に亡き母を重ねているのかもしれへんな」(前出・知人)

 宮崎容疑者の現状の逮捕容疑は傷害のみだが、数多くの余罪があるとみられており、「すべて立件・起訴されれば長期の懲役も考えられる」(法曹関係者)という。

 母親や恋人という味方だけに守られた身勝手な生活は、ついに終わりを告げる。

※女性セブン2019年9月5日号

40. 中川隆[-8703] koaQ7Jey 2019年8月23日 08:43:39 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4043] 報告

あおり運転殴打事件“ガラケー女”喜本容疑者の正体とクレーマーぶり

【あおり運転殴打事件】宮崎文夫容疑者と喜本奈津子容疑者、うどん屋でトラブルか
2019年08月22日 22時25分 日刊ゲンダイDIGITAL
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12136-378270/


あおり運転殴打事件で、会社役員の宮崎文夫容疑者は傷害容疑で逮捕された
交際相手の喜本奈津子容疑者は、宮崎容疑者と出会い系サイトで知り合ったという
三重県のうどん屋で「置いた茶の位置が悪い」と因縁をつけ4時間店に居座ったとか

傷害容疑で逮捕された会社役員の宮崎文夫容疑者(43)は先月21日、横浜市内のディーラーで白のBMWのSUVを当初3日間の予定で代車として借りていたが、3回にわたって返却予定日を引き延ばし、「8月13日の午後3時に必ず行く」と電話してきた。

 しかし暴行事件の翌日11日になって突如、暴行現場をガラケーで撮影していた交際相手の会社員、喜本奈津子容疑者(51=犯人隠避容疑で逮捕)ら代理人を名乗る男女3人が訪れ、代車を返却。そこに宮崎容疑者の姿はなく、東京都内でレンタカーを借りて逃走を続け、その後新幹線で大阪に向かった。

 常に宮崎容疑者の傍らに寄り添い、逃亡を助けたは喜本容疑者何者なのか。

「会社員といっても、会費を支払うことで会員に福利厚生のサービスを提供する組織に所属していて、会員が会員を紹介するネットワークビジネスをしていたようです。だから毎日会社に行く必要もなく、比較的時間が自由だったみたい。喜本さんは川崎市の出身で、宮崎容疑者とは出会い系サイトで知り合い、半年ほど前から交際を始めたそうです。喜本さんの名刺には宮崎容疑者の会社の総括マネジャーと書かれていた」(知人)

 次々と明らかになる2人のクレーマーぶり。異常としか言えないが、誰も彼もというわけではなく、相手を見て因縁をつけていた。三重県のうどん屋で、こんなことがあった。4月13日、閉店間際の午後3時前だった。店主が2人に食事を出してしばらくすると、宮崎容疑者がすくっと立ち上がり、いきなり「オイ」と怒鳴り声を上げた。何のことか分からず、店員たちが唖然としていると、「お茶をこぼして連れの女にひっかけてもうたやないか。何度のお茶を持ってきてるんや。どないしてくれんのや。置いた茶の位置が悪い。(閉店間際で)はよ、帰れ的な圧を感じるんや」とまくし立てたという。

 店主が当時の様子を振り返る。

「誰もこぼしたところを見てませんでしたので、『ちょっと手を見せて下さい』って言うたんです。そしたら首を振って見せてくれず、『氷が欲しい』とだけ言った。男性はずっと怒鳴り散らしていましたが、女性はその間、店の者に『食べ物に興味があって、酒の肴的なものをブログにアップしているんですよ』と話しかけていた。男性が店中に響き渡る大声でひとり、わめき散らしているのに、まったく動じないというか、女性の態度にものすごく違和感を感じました」

 2人は約4時間、店に居座り、数日後、宮崎容疑者が「やけどがひどくなったんやけど、どうしてくれるんや」と電話をかけてきた。

 そして5月中旬、再び店に顔を出し、食事を終えた際、喜本容疑者がカバンからノートを出し、宮崎容疑者が「一筆書かんかい」と言いだし「警察でもなんでも呼べ」と言ったため、店主が「警察を呼びますので待っていて下さい」と告げると、さっさと会計を済ませ、タクシーで逃げたという。

 とことんダメダメなカップルだ。

41. 中川隆[-8692] koaQ7Jey 2019年8月23日 10:54:23 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4055] 報告
精神科病院に2カ月入院の過去…「あおり暴行男」は実刑に問えるか
2019/8/23 09:26 日刊ゲンダイDIGITAL
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190823-77851004-a_aaac


「力を込めて殴った。やり過ぎたと反省している」

 あおり男は調べに対しこう供述し始めた。

 傷害と犯人隠避容疑で茨城県警に逮捕された宮崎文夫(43)と喜本奈津子(51)両容疑者に新たな疑惑が浮上した。

 6月8日深夜、宮崎容疑者が運転するポルシェ・カイエンは新東名高速でトラックと接触事故を起こした。トラック側のドライブレコーダーにはポルシェがあおり、蛇行運転を繰り返し、幅寄せをしながら急ブレーキをかけ、火花を散らして衝突する映像が残されていた。宮崎容疑者は逮捕の1週間ほど前、SNSに「事故発生当日から起算して2カ月経過するも相手方及び相手方保険会社から何らの連絡等一切無し」と投稿。県警は宮崎容疑者と同乗者の喜本容疑者から、事情を聴く方針だ。

 逮捕以降、メディアは2人の生い立ちや私生活を報じ、本人たちのSNSには一般人から誹謗中傷の書き込みが殺到。厳罰を求める声が上がっているが、果たしてどうなるのか。

「一般論として軽傷で前科もなければ示談にならなかったとしても罰金刑の可能性が高い」と前置きした上で、弁護士の浦上俊一氏がこう続ける。

「全く落ち度のない相手に対し危険運転をし、通り魔的で一方的に因縁をつけて何度も顔面を殴打している点は悪質です。あおり運転での暴行罪や『殺すぞ』と言った脅迫、代車の横領、詐欺罪の可能性もあり、追起訴となれば懲役1、2年の求刑になってもおかしくない」

 宮崎容疑者は昨年3月、大阪でタクシーに乗り、約12時間も運転手を連れ回し、京都府警に監禁容疑で逮捕されている。この時は精神鑑定はされなかったものの、検察と京都府の判断で不起訴処分が決定。宮崎容疑者はその後、京都府長岡京市内の精神科病院に約2カ月入院していた。

 そして退院から約半年後の昨年冬、母親が亡くなり、その数カ月後に喜本容疑者と出会い、交際が始まった。宮崎容疑者はその頃から「変装」をしたり、言動がおかしくなり、全国各地でトラブルを起こすようになった。

「仮に統合失調症などの精神障害が疑われても、軽度のものでは心神耗弱の認定事例は少ないのが実情で、減刑にはなりにくい。ただ、執行猶予を得るための情状事由にはなるので、検察側が懲役刑を求刑したとしても、精神疾患などの情状をもって、裁判所が執行猶予の判断をする可能性も十分ある」(浦上俊一氏)

 こんなクレーマーがすぐにシャバに出てくると思ったら、被害者たちは気が気ではないだろう。

42. 中川隆[-8691] koaQ7Jey 2019年8月23日 10:57:34 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4056] 報告

喜本容疑者はどっち?50代独身女性の恋愛“二極化”のリアル 2019/08/22
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/lifex/260617

 ワイドショーが連日あおっている「あおり運転男&ガラケー女」。茨城県警に逮捕された会社役員の宮崎文夫(43)と会社員の喜本奈津子(51)の両容疑者は、今年2月に出会い系サイトで知り合い、交際を始めたとされる。

「宮崎容疑者はバツイチで、喜本容疑者はずっと独身だったようです。2人とも出会う前から奇行を繰り返し、周囲から疎まれていた。妙にウマが合ったのかもしれませんね……」(捜査事情通)

 とはいえ、8歳年上の喜本容疑者は「曲がったことが嫌いな性格だった」という情報もある。中高年の恋愛事情にも詳しいメノポーズカウンセラーでライターの日々晴雨氏は、「女性の方が相手に合わせていたのかもしれません」とこう続ける。

「50代の独身女性になると、たとえ出会いがあっても“おじいちゃん感”が出てきた初老の男性が多くなります。自分より若いか、若々しい同世代の男性と出会うと〈次はない〉と思い込み、相手に気に入られよう、合わせようと考えたとしても不思議じゃない。ただ、それも“二極化”しています。40代まで仕事も恋愛もバリバリこなしてきた50代女性は『もう恋愛や結婚は面倒』と考え、女性同士でいる方が楽しくなってきます」

■性器にレーザー照射

 一方で、長く独り身で結婚願望を持ち続けている女性は、50代になって老後が見え始めた途端、独りでいることに震えがきて、必死に出会いを求め、婚活するようになるという。

「ある婦人科医から聞いたんですが、50代以上の女性の恋愛が変わってきたというのです。顔のリフトアップやたるみ改善に使用されるレーザーを性器に当てる『モナリザタッチ』を受けに来る女性が増えているそうなんです」(日々晴雨氏)

 厚みと潤いを取り戻せるというのだが、要するに「自分は閉経を迎えて性欲がない。もうセックスしたいと思わないが、相手はしたいはず。そんな時できないと失望される」から、「何とかしたい」と望む女性が増えているというのだ。

「モナリザタッチは痛くはありませんが、保険外なので1回数万円と高額です。それでも受けたいという女性がいて、それだけ相手を逃したくないわけです。かつては50代になれば『年齢的に仕方がない』と半ば諦めていたかもしれませんが、最近はそういう感覚が薄れてきている」(日々晴雨氏)

 喜本容疑者が宮崎容疑者に対してどんな感情を抱いていたのか、それは不明だが、もし捨てられたくない一心で犯罪に加担したのだとしたら、悲しい。

43. 中川隆[-8684] koaQ7Jey 2019年8月23日 15:00:20 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4064] 報告

あおり宮崎文夫の中学時代の自画像が怖すぎる!「両手にナイフ」「裸で目や鼻から……」2019.08.23
https://entamega.com/22113
.

 常磐自動車道でのあおり運転殴打事件で逮捕された宮崎文夫容疑者。学生時代の様子について、23日発売の「フライデー」(講談社)が伝えている。

 裕福な家庭に生まれた宮崎は、地元大阪の公立小学校に入学。当時はヤンチャで喧嘩っぱやく、万引き行為をすることも。小学校の卒業文集に書かれた将来の夢は「げいのう会に入って、有名になりたい」だったという。

 中学に入ると一転して勤勉になり、大阪屈指の名門高校に進学。陸上部に所属していたが、地味な存在だったため同級生はほとんど印象に残っていないという。

 中学時代はメガネをかけ、坊主頭だった宮崎。同誌は、中学の卒業アルバムに描かれた宮崎の自画像と思しきイラストを掲載。筋肉隆々の宮崎と思しき男が、パンツ一丁で両手にナイフを持ち、目と鼻から血にも見える液体をダラダラと垂れ流している。片足は大きく上げられ、誰かを追いかけ走っているようにも見える。

「中学生の絵に、凶暴性の片鱗をうかがわせるといったら言いすぎかもしれませんが、こんな危ない絵を卒業アルバムに寄せるとは、やはり昔から変わり者だったのでしょう。大学卒業後に資産家の祖父のコネで入った会社でも、同僚の女性につきまとい、クビに。人をあおって迷惑をかける人生は20年前から始まっていたようです」(記者)

 逮捕時の「きもとさん! きもとさん!」の連呼を、爆笑問題・太田光をはじめモノマネする芸人が相次ぐなど、独特すぎる言動がある種のブームになっている宮崎。しかし、これまで迷惑を被ってきた被害者たちにとって、素直に笑える男ではなさそうだ。
https://entamega.com/22113

44. 中川隆[-8679] koaQ7Jey 2019年8月25日 15:35:43 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4070] 報告


あおり運転・宮崎容疑者 コンビニでの奇行と高級車で眠り続ける女
8/24(土) 8:01配信 FRIDAY
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190824-00000001-friday-soci


「接客をしていたらいきなりお前の本名、住所、電話番号を全て俺の名刺の裏に書けと、30分ほどクレームと理由がわからない説教を受けたんです。今にも殴りかかりそうなすごい剣幕でした。そんな宮崎容疑者が後日、全身黒ずくめにサングラス姿で再び来店した時は、冗談ではなく僕をボコボコにしに来たんだ、と思いましたよ」

全国のドライバーを震撼させた、常磐自動車道での「あおり運転暴行」事件。宮崎文夫容疑者は、8月18日に茨城県警に傷害容疑で逮捕されている。犯人隠避の疑いで逮捕された恋人の喜本奈津子容疑者(51)も、宮崎容疑者の暴行をガラケーで撮影するという理解しがたい奇行から関心を集めた。

宮崎容疑者の”あおり人生”には、これまでも多くの女性達が関わっている。

近隣住民によれば、約10年前にも女性監禁で警察沙汰を起こしており、以前の勤務先でも年上女性へのストーカー騒動で同様にトラブルとなっていた。元勤務先の上司が語る。

「彼が22、23歳の頃。事務職の年上の女性を気に入り、定時で仕事が終わったあと、女性の帰り道で待ち伏せしてしつこくつきまとっていたんです。女性は精神的に参ってしまって、彼女から『もう限界で、これ以上は無理です。ただただ怖い』という相談を受けていました。それで私が宮崎を注意すると、突然逆ギレしだして、『俺は悪くない、生野署へ行く』と声を荒げて本当に生野署へ行ったんですね。どういうわけか私も生野署で取り調べを受けましたよ。生野署のカウンターで、無言で鋭い眼光をしながらこちらを睨みつけていました。仕事も全くする気がないし、女性トラブルを起こす。ほとんど職場放棄状態です。人からの紹介なので多少は我慢していましたが、さすがに半年でクビを言い渡しました」

三重県の飲食店でも、「彼女(喜本奈津子容疑者)がやけどをした」と執拗なクレームをつけていたが、更に別の女性を連れて起こした驚愕の奇行が、本誌の取材により明らかになった。冒頭の発言は、宮崎容疑者を接客したスタッフの訴えだ。

昨年10月、場所は、愛知県名古屋市西区の某コンビニ。早朝5時頃、金髪にジャケット姿で立ち寄った宮崎容疑者は、店内を物色した後、突然店員に話しかけてきたという。

「よく話しかけてくるお客さんだな、と思っていたら急に名刺を渡してきたんです。『俺はこういうもんや』と。名刺には、宮崎プロパティマネジメントという会社名が書かれていました。社長なんですね、すごいですねー、というような世間話をしていたら、急に『ふざけるなよ!』とブチ切れ始めたんです。こちらが何か怒らせるようなことをしたわけでもなく、本当に突然です。そしてお前には責任を取らせると言って、名刺の裏に本名、住所、電話番号を書けと脅し口調で言われたんです。個人情報なので無理です、とこちらが断っても全然引かない。目も血走っていましたし、その時間は僕1人だったので、怖くてどうしようもなくてパニック状態に陥ってしまって……。こちらに非がない状態で、こういう解決策がないタイプのクレームを受けたのも初めてだったので」

その後もそんな押し問答が30分ほど続いた。結局、スタッフが折れ、住所以外の情報を半ば強制的に書かされた。気を良くした宮崎容疑者は、自身が保有するシルバーの高級車に戻っていった。応対したスタッフは恐怖のあまり、勤務終了後すぐに携帯電話の番号変更手続きをとったという。

だが、悲劇は再び訪れる。2ヵ月後の12月、ポルシェのカイエンで宮崎容疑者がコンビニに再訪してきたのだ。全身黒ずくめにサングラスにニット帽。時間は図ったかのように同じ時間帯だった。

「入ってきた瞬間に、ザ・犯罪者のような服装なのでこちらも強盗だと思い警戒したんです。そして、背格好から2ヶ月前クレームをつけてきた人だ、と気づきました。一回目に応対した内容の支離滅裂具合から、『今度は、僕を殺しにきたんだ』と本気で思いました。その時は店長がいたので、店長に対応してもらったんです。彼は車の雑誌を1冊買い、新しいポイントカードを作って古いポイントカードとポイントを統合したいと話していました。そんなリクエストはほとんどないので、店長も少し時間がかかっていたんですが、彼は『なんでそんな遅いんや!ダメ店長が』とキレて罵倒しまくっていました」

ポイントカードの統合が終わると、スタッフを名指しで指定して領収書を車の中に持ってきて欲しいというオーダーがあった。車の中で何をされるのかわからない、と恐れていたというが車中には就寝中の女性の姿があった。黒髪ショートカットの20代半ばと思われる女性で、清楚系の整った顔立ちが印象に残った。

一通りのクレームをつけ終わり、気を良くしていたのか、宮崎容疑者はスマホのフォルダ内の写真を見せて、滑らかな口調で車自慢を始めたという。

「『この間の車と今回も違うやろ。(写真を見せながら)ほれ、他にもこれだけ持っとるんや、俺はすごいやろ』と話しながら高級車の写真を僕に見せてきました。それよりも僕が気になったのは一緒にいた女性の存在でした。車中では結構な大声で数分間話していたにも関わらず女性は全く起きる気配がないんです。怖くなった僕は、『女性は大丈夫ですか?』と聞いたんです。すると彼は、『こいつ寝とって起きへんけど、決して俺が睡眠薬を飲まして眠らせてるわけじゃないから。ちゃうからな』と話していました。その言動で、この人はクスリをやってる人だと思い、凄いですね、とだけ言って車から出て急いで店内に戻りました。警察に通報するか迷ったんですが、これ以上嫌がらせを受けるのがホントに怖くて……。店長と相談した結果、警察沙汰は避けることにしました。今思えばですが、あの時の様子と今回の事件の立ち振舞いは重なる部分が多く、本当に怖かった」

すでに東京〜大阪間で多数の目撃情報が出ている宮崎容疑者。更なる余罪や、新たな奇行が明るみになるのも時間の問題なのかもしれない。

取材・文:栗田シメイ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190824-00000001-friday-soci

45. 中川隆[-8606] koaQ7Jey 2019年8月29日 09:03:16 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4146] 報告

喜本奈津子容疑者を“あおり事件”の凶行に駆り立てた「歪んだ母娘関係」

"あおり運転"宮崎文夫容疑者の交際相手、喜本奈津子容疑者 母とは険悪な仲とも
2019年08月27日 21時35分 週刊女性PRIME
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12283-383941/


あおり運転殴打事件で逮捕された宮崎文夫容疑者の交際相手、喜本奈津子容疑者
小・中学校の同級生は「まじめで曲がったことが嫌いなタイプだった」と語る
事情通によれば、約10年前に父親が肝臓がんで亡くなり、母娘関係が険悪になったとも


「■なっちゃんのお母さんが3年前に施設に入るまで、母娘はよくケンカしていた。家を閉め出されたお母さんをうちに泊めてあげたことも。さすがに迎えに来るだろうと思っていたら、なっちゃんは知らんぷり。でも、まさか、こんな事件で有名になるなんて」

 と近所の女性は話す。

 なっちゃん、とは犯人蔵匿・隠避の疑いで茨城県警に8月18日に逮捕された会社員・喜本奈津子容疑者(51)のこと。

 常磐自動車道であおり運転をし、24歳男性ドライバーを殴って傷害の疑いで同日逮捕された宮崎文夫容疑者(43)の交際相手だ。

 助手席に乗っていた喜本容疑者は高速道路上をつかつかと歩いて被害者の車にガラケーのレンズを向け、宮崎容疑者が暴力をふるっても、制止しようとしなかった。

 冒頭の女性は「なっちゃんはスマホは持っていないのかしら?」と、いぶかしがりながらも、喜本容疑者と母親の関係について話を続ける。

「■お母さんは家に入れてもらえず近所の大型商業施設のベンチによく座っていた。営業時間が終わっても動こうとせず、通報されてパトカーに乗って帰宅したこともある」

■「まじめで曲がったことが嫌いなタイプだった」

 喜本容疑者は神奈川県川崎市出身で2人姉妹の長女。地元関係者らによると、自宅兼店舗でパン・菓子店を営む父親は厳格な性格で、母親はそれに従順だった。

 近所の事情通は、

「■父親は毎朝4時に起床して店の前に水をまき、午後8時には寝る。近所のピアノの音がうるさいといって母親を使って抗議させたことも。喜本容疑者はそんな家庭で育った普通の女の子」

 と振り返る。

 地元の小・中学校で同級生だった男性は、「■むしろ、まじめで曲がったことが嫌いなタイプだった」と記憶の片隅にある人物像をたぐり寄せる。

「■僕らの中学は荒れていて、不良グループが教室で消火器を振り回すなど学級崩壊寸前だった。喜本はそういうグループには近づかなかったし、まじめな女子生徒と仲よくしていた。優等生でもブリっ子でもなかった」(同級生)

 県立高校を卒業後、地元で就職。病院の食堂など長続きしない仕事もあったが、周囲からは意欲的に働いているようにみえた。約10年前、父親が肝臓がんで亡くなり、母娘ふたりで暮らすようになってから母娘関係は険悪に。

「■母親は数年前から軽い認知症を患っており、それも喜本容疑者を苛立たせたのではないか。隣宅の自転車が自宅前にはみ出すのを許さず、直接言わずにすぐ警察を呼ぶことが何度もあった」

 と前出の事情通。

 閉め出しという陰湿な虐待を受けた母親もまた、やられっぱなしではなかった。

「■ある日、なっちゃんがカギをなくして家に入れなくなったことがあった。自宅のお母さんは玄関のドアを開けてくれず、頼まれて別の出入り口のワイヤーを切断してあげたことがありました。翌日、“おかげで助かりました”と本人がわざわざお礼に来ました。基本的には礼儀正しい人なんです」(前出の女性住民)

 母親は、すっかり有名になった娘の悪行をどう思っているだろうか。
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12283-383941/

46. 中川隆[-8605] koaQ7Jey 2019年8月29日 09:47:50 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4147] 報告

43歳あおり男、宮崎文夫と喜本カップルは【シャブ中】異様な言動は【覚せい剤だろう】
裏の犯人は【麻薬密売】の元締=安倍晋三一家!
日本成人の40人に1人が覚醒剤、合成麻薬乱用者=13年調査!
2019-08-21
https://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/96c41bbd9314a066f50e87f6ae8b65d1

43歳あおり男、宮崎文夫と喜本カップルは【シャブ中】異様な言動は【覚せい剤だろう】裏の犯人は【麻薬密売】の元締=安倍晋三一家!日本成人の40人に1人が覚醒剤、合成麻薬乱用者=13年調査!宮崎容疑者には逮捕歴がある!


43歳あおり男の凶暴歴 近隣トラブルや監禁事件での逮捕も|日刊ゲンダイDIGITAL(記事は下記に)

宮崎・喜本カップルのおかげで、世直しが! : richardkoshimizu's blog(記事は下記に)

麻薬密売の元締は【安倍晋三一族】覚せい剤、コカイン、大麻、合成麻薬 !政権危機隠しに著名人を逮捕する!安倍一族は明治維新からブッシュ一族と戦争・麻薬・武器【死の商人】満州国で安倍の祖父・岸信介もアヘンで大儲けし、巨大な富を築いた!日本成人40人に1人が覚醒剤、合成麻薬乱用者=13年調査!- みんなが知るべき情報/今日の物語

閲覧、現在できずに、真実だからでしょう。
宮崎・喜本カップルのおかげで、世直しが! : richardkoshimizu's blog

宮崎・喜本カップルのおかげで、世直しが!

richardkoshimizu's blog

2019年 08月 20日

「とにかく社会的影響が大きい事件。傷害罪を固めてから、道路交通法違反、暴行罪、代車を返却しなかったことによる横領罪の適用も視野に入れる。挙動不審で薬物摂取疑惑も浮上しており、毛髪からの薬物の簡易鑑定も行われる予定だ」(警察庁関係者)

傷害罪、道交法違反、暴行罪、横領罪、そして、薬物摂取。

希代のお騒がせカップルの奇行には、お薬が起爆剤になっていたと国民が知る。

51歳叔母ちゃん、毛髪鑑定対策で、断髪、毛染めしてた?

いいですね。斜部公への怒りが、国民間に湧き上がる。一気に、斜部公への関心が高まる。

ついでに、宮崎さんが親の資産を相続した経緯にも注目が!親の死に方に不審な点は?HKKNはいくらおりた?

宮崎・喜本変態カップルのおかげで、HKKNSJN団裏社会への包囲網が!

■>保険会社へ HKKSJN団裏社会の手口を 知らせないといけませんね。 保険会社の損出を防止の為に イヒヒヒヒ。 : richardkoshimizu's blog

richardkoshimizu's blog

>保険会社へ HKKSJN団裏社会の手口を 知らせないといけませんね。 保険会社の損出を防止の為に イヒヒヒヒ。

2019年 07月 31日

>保険会社へ HKKSJN団裏社会の手口を 知らせないといけませんね。 保険会社の損出を防止の為に イヒヒヒヒ。

そうですね。保険会社は、疑惑のある契約事案でも、証拠がないとなかなか動けない。

KMR−母のケースでも、旦那の生命保険が下りるのに7年掛かったけれど、結局は、おりている。まあ、ヤクザの圧力もあったのでしょうけれど。

裏社会直属のHKKSJN団の存在と概要を業界が知ることは、「調査」に大きな武器となるでしょうね。保険会社の審査部は、自社の扱う個々の案件には情報を持っていても、横のつながりはなかなか解明できないはず。それが、一気につながれば、業界全体で動き出すかも。

特定の保険外交員、保険会社、保険代理店、医師などが浮かび上がってくる。HKKSJNリングが見えてくる。"(-""-)"

面白いですね。なにか気に入らないことや不穏な動きがあったら、即座に、この業界にアプローチしましょう。どこからはいったらいいかな?諸氏のお知恵拝借。

ま、あんまり、拙速でやると面白くないので、ゆっくり、じわじわね。

43歳あおり暴行犯の“凶暴歴” 近隣トラブルや監禁事件での逮捕も - ネタりか

43歳あおり暴行犯の“凶暴歴” 近隣トラブルや監禁事件での逮捕も

逮捕された時、あおり男は帽子を目深にかぶり、サングラス姿でマスクを着け、スカーフで首元を隠し、背中にはリュックサック、手提げカバンを持っていたが、変装したつもりだったのか――。

  ◇  ◇  ◇

 茨城県守谷市の常磐自動車道で起きた「あおり運転暴行事件」で茨城県警は18日、指名手配していた住所、職業不詳の宮崎文夫容疑者(43)を傷害の疑いで逮捕。

 車に同乗し、暴行の模様を携帯電話で撮影していた交際相手で会社員の喜本奈津子容疑者(51)も犯人蔵匿と隠避の疑いで逮捕した。

 午前11時前、捜査員が自宅マンションから出てきた宮崎容疑者に声を掛け、本人であることを認めたため、警察車両に乗せようとしたが「出頭させてください」と懇願し、約30分にわたって抵抗を試みた。2人で高飛びするつもりだったのか、「ガラケー女」の喜本容疑者もすぐにスーツケースを持って現場に現れ、「ひど過ぎる」とわめいていた。抵抗むなしく、宮崎容疑者は捜査員によってワンボックスカーに押し込まれ、取手署に移送された。

 宮崎容疑者のあおり運転をめぐっては、これまで数々の目撃情報が寄せられていた。茨城以外にも大阪、神奈川、愛知、静岡で会社名義のポルシェ・カイエンターボと代車のBMWのSUVで少なくとも5回、危険運転を行っていた。さらに6月8日には新東名高速を走行中、カイエンがトラックと追突事故を起こしている。

■タクシー運転手を車内に半日…

 各地であおり運転を繰り返した宮崎容疑者は、いったいどんな男なのか。本人のものとみられるSNSなどによると、大阪市の超難関進学校の天王寺高、関西学院大を経てキーエンスに就職。すぐに退職し、塾の英語教師、自動車販売業などを行っていた。

 その後、祖父所有のマンション一棟を相続してから、生活が一変。2018年2月、東住吉区に不動産会社を設立すると、同8月には大阪市中央区にコンサルタント会社を立ち上げ、派手な生活を送るようになった。それなりの賃貸収入があったようで、カイエンは新車価格で2000万円弱。その他、SNSにはフェラーリやベンツなど高級外国車を乗り回し、高級ブランドを買い漁り、一流ホテルに宿泊して豪華な外食をする様子や、元プロ野球選手とのツーショット写真が投稿されている。

 近隣住民がこう言う。

「今年6月、宮崎容疑者が所有するマンション1階部分の駐輪場が突然、駐車場になり、高級外車を何台も止めるようになったんや。住民からは『何の説明もない』いう不満が挙がったんやが、『オレのマンションや。何しようと勝手やろ』みたいな感じやったそうや。車が道路へはみ出しとったり、通り掛かりの人に『邪魔なんじゃ、このボケが』と悪態をつくこともあった。近所のモンもイチャモンつけられたらかなわんから会うても目を合わさんようにしとった。マンション最上階の7階部分に住んどったんやけど、数年前、2階から隣の家の屋根に飛び降りて、逃げたことがあったそうや。警察かなんかに追われとったみたいや」

 実際、宮崎容疑者には逮捕歴がある。

「昨年3月、朝、大阪市内でタクシーに乗り、そのまま夕方までタクシーに乗り続け、運転手を車から降ろさへんかったんや。タクシー会社から警察に通報があり、京都市内のコンビニにおるところを見つかり、監禁容疑で逮捕されたんや。あんな何をしでかすか分からんようなヤツに狭い密室で半日も閉じ込められたら、そら怖かったはずやで」(捜査事情通)

 相手に恐怖を与える宮崎容疑者のあおり運転は、周到で計画的、手慣れたものだった。相当の余罪が出てくる可能性がある。

43歳あおり男の凶暴歴 近隣トラブルや監禁事件での逮捕も|日刊ゲンダイDIGITAL


麻薬で安倍自民、政治資金を調達!893麻薬資金をカルト創価学会・統一教会が裏社会の麻薬利潤の運用を委任され自民・公明議員に配る!安倍晋三は麻薬密売家系!これが日本の真の構造!トランプ氏を攻撃するのは麻薬密輸業者である!薬物汚染が蝕む米国!薬物業界=1%オリガーキ・ユダヤ人– richardkoshimizu official website - みんなが知るべき情報/今日の物語


売国奴【安倍晋三一族】明治からの死の商人!武器、麻薬密売人!祖父・岸信介は満州でアヘンで巨万の富!悪魔の生体実験【細菌兵器731部隊】の指揮官!東日本大震災、福島原発事故の主犯!人工気象兵器の一味!世襲した暴力団人脈とパチンコ御殿!謀略工作や裏社会との関係を先代から受け継いでいるのだ!オウム真理教サリンテロの黒幕!不正選挙ムサシの株主は父・安倍晋太郎! - みんなが知るべき情報/今日の物語


高齢者交通事故、薬害と麻薬ヤク中も多いのではないか!薬で眠気、意識を失う程の副作用!飲酒運転のように!降圧剤、睡眠導入剤、花粉症薬、風邪薬、鎮痛剤など、麻薬ヤク中!薬好きの日本人、麻薬ヤク経験者は日本成人40人に1人!- みんなが知るべき情報/今日の物語

【睡眠薬の甘い罠】睡眠薬・睡眠導入剤、その一錠が病気をつくる、脳をダメにする!睡眠薬による眠りは麻酔薬と同じ!高齢者交通事故や殺傷事件の一部は薬の副作用か!薬を使わない薬剤師が教える本 /宇多川久美子著- みんなが知るべき情報/今日の物語

https://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/96c41bbd9314a066f50e87f6ae8b65d1

47. 中川隆[-8604] koaQ7Jey 2019年8月29日 09:50:07 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4148] 報告
2019-08-22


DS裏社会が、RKブログを必死なって消した理由!
https://plaza.rakuten.co.jp/richardkoshimizu/diary/201908220001/

実は、宮崎・喜本煽り運転カップルに対するRKの分析が、ディープ・ステート裏社会残党にとって非常にまずい事態を呼び起こしているから、緊急避難的に、ブログ抹消に動いたと見ます。
https://ameblo.jp/kinakoworks/entry-12510120440.html

1.宮崎・喜本の夏の盛りの厚着とマフラー:覚醒剤が切れたときに、体温の調整機能が働かずに、非常に寒く感じることがある。(覚せい剤が利いているときは、逆に厚く感じて、薄着になる。新陳代謝が激しくなり、痩せているのに、冬でも発汗する。)


2.高速道路で、追い抜かれると「発病」して、煽り運転:酷い被害妄想。常に、誰かに追われているという妄想。覚せい剤中毒が酷く進んだ患者の典型的症状。タクシーに乗車して、十数時間もあちこち回らせて、逮捕?された時も、追われているという被害妄想。


3.宮崎は、母親の不動産を相続して、マンションのオーナーになったらしい。家賃収入がどれだけあるか?派手な生活には、足りないのでは?母親は、半年前に死亡したというが、死因は?保険金はおりているのか?「保険金殺人」組織の関りは?


4.喜本は、結婚願望のある女。8歳年下の宮崎と結婚をしたかった?自分よりかなり年上で魅力があるとも思えない喜本を、宮崎はなぜ交際相手に選んだのか?近い将来の「籍を入れて保険金殺人」が視野にあったのではないか?


5.宮崎・喜本は、逮捕前、宮崎所有のマンションの喜本の部屋に潜伏していた。警察は、所在を把握していなかった?一番、注目すべき自分所有マンションにいたのに?覚醒剤は、摂取後、数日間たてば、尿検査では検出されなくなる。警察は、「その筋」の指示で、両名に「シャブ抜き」の機会を与えたのでは?また、喜本が髪を短く切り、染色しているように見える。覚醒剤の毛髪検査の結果が出にくい。


6.当初、警察関係者は、両名が覚せい剤を使用している可能性に言及。だが、、以後は、テレビ報道でも、シャブに一切触れない。強い違和感がある。警察関係者も、過去の経験から「シャブだ!」と分かっているはず。宮崎は、喜本に30万円の高級バッグをプレゼントさせて、すぐに置き忘れてなくしている。シャブ代欲しさに、鞄を現金化したのでは?


以上から、宮崎・喜本が、安倍晋三一味に近い、保険金殺人団・覚醒剤常習リングに属した「正規構成員」であるため、組織を防衛するために、両名の「単純な煽り運転事件」であったと偽る工作が行われていると見ます。政府、警察、メディアが総動員で、真相隠蔽に駆り出されていると。


安倍の周囲には、クズとカスしかいません。

https://ameblo.jp/kinakoworks/entry-12510120440.html

48. 中川隆[-8556] koaQ7Jey 2019年8月31日 13:26:32 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4197] 報告

最凶ドライバー・宮崎文夫容疑者 43年の「あおり人生」
8/30(金) 11:01配信 FRIDAY


8月20日午前、宮崎容疑者は茨城県警取手署から送検された。逮捕前の騒々しさが消え、意気消沈していた


「10年ほど前、午前中のまだ早い時間に警察官が自宅マンションに現れて、宮崎さんを連行していったんです。彼は意味不明なことをわめき散らしていましたね。後から聞いたところによれば、女のコを部屋に監禁していたとか。彼は近所でも腫(は)れ物扱いでしたよ」(近隣住民)

【写真13枚】宮崎文夫容疑者の半生
https://friday.kodansha.co.jp/article/62063/photo/d3c8c61a

常識外れの危険運転で世の中を震撼させた宮崎文夫容疑者の半生は、自己中心的な、まさに「あおり人生」だった。

宮崎は大阪市生野区生まれ。母方の祖父は税理士で、母はその一人娘。教員だった父は婿養子として宮崎家に入った。

祖父は会計事務所を成功させて7階建てのマンションを建てるなど、地元では知られた資産家だった。宮崎は姉とともに何不自由なく育ったという。

「文夫は地元の公立小学校

に通っていました。小学校のときは短気でヤンチャなイメージでしたが、中学に入ったら、突然、猛烈に勉強する子に変わったんです」(実家の近隣住民)

この頃の宮崎は優等生だった。

大阪でも屈指の名門、府立天王寺高校に進学。

だが、高校では暗い学生生活を送っていたようだ。

「正直、ほとんど印象に残っていません。陸上部に所属していましたが、目立たない存在でした。勉強ができたり、スポーツができたり、明るいタイプでもなかった。唯一、覚えているのは、実家がお金持ちだったということだけ。宮崎のことを陰で『ボンボン』と言うクラスメイトもいたくらいです」(同級生の男性)

宮崎は関西学院大学総合政策学部に入学。卒業後は、大手メーカーのキーエンス、インテリア商社、会計事務所、学習塾など職を転々とする。ある職場で一緒に働いた元上司が語る。

「20代前半の頃から高級車を乗り回していて驚きましたね。彼は祖父のコネでウチに入ってきました。まったくヤル気がなく、女性トラブルも起こしたんです。

会社を出た後に、年上の女性職員を待ち伏せし、しつこくつきまとったんです。私が彼を注意すると、逆ギレ。宮崎はいきなり『自分は被害者、生野警察署に行く』と言い出した。私も警察署に呼ばれて、事情聴取を受けたんです。その後、彼は職場を放棄し、私は半年でクビを言い渡しました。その時も鋭い眼光で私をにらみつけていましたね」

まともに仕事もせず、宮崎は祖父の遺産であるマンションの家賃収入をもとに不動産管理会社を経営しながら、悠々自適に暮らしていた。だが、数年前、自分を溺愛してくれた母親が亡くなる。

「その頃から宮崎さんは変わりました。スーツを着ることが減り、金髪にサングラスといった、ますます近寄り難い雰囲気になりました」(近隣住民)

親しい友人はほとんどいなかったようだ。大学時代の同級生はこう証言する。

「去年3月に学生時代に親しいわけでもなかったのに、突然SNSで連絡をしてきたんです。急にお土産を持って、私の会社を訪ねてきたこともあった。人とのつながりに飢えていたんでしょうね。

同年3月末には宮崎は『降りたら死ぬぞ(自分が殺される)』と言って、12時間もタクシー運転手を車内に監禁して逮捕されました。そのときも弁護士を通じて、『面会に来てほしい』と頼まれました。他の同級生にもお願いしていたようですが、誰も行っていないでしょうね」

そんな中、今年2月に出会い系サイトで、宮崎は喜本奈津子容疑者(51)と出会う。自分を常に立てて褒(ほ)めてくれる交際相手ができたからか、宮崎は周囲に対してさらに威圧的な態度をとるようになったという。二人は全国各地で「あおり運転」を繰り返し、ついに茨城県の常磐道で「事件」を起こし、逮捕された。

刑事事件に詳しい「弁護士法人・響」の坂口香澄弁護士が解説する。

「一連のあおり運転行為によって、暴行罪が成立する可能性も十分にあります。さらに殴打により被害者の方が全治3週間を超える怪我を負い、宮崎容疑者に何らかの前科・前歴があれば、懲役1年の実刑もあり得ると思います。行政処分に関しては6ヵ月の免停となるでしょう」

罪を償(つぐな)ったとしても、宮崎は二度とハンドルを握るべきではない。それが日本中のドライバーの総意だろう。

『FRIDAY』2019年9月6日号より
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190830-00000008-friday-soci

49. 中川隆[-8555] koaQ7Jey 2019年8月31日 13:28:57 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4198] 報告

あおり運転・宮崎容疑者 コンビニでの奇行と高級車で眠り続ける女 2019年08月24日
https://friday.kodansha.co.jp/article/61893


「接客をしていたらいきなりお前の本名、住所、電話番号を全て俺の名刺の裏に書けと、30分ほどクレームと理由がわからない説教を受けたんです。今にも殴りかかりそうなすごい剣幕でした。そんな宮崎容疑者が後日、全身黒ずくめにサングラス姿で再び来店した時は、冗談ではなく僕をボコボコにしに来たんだ、と思いましたよ」

全国のドライバーを震撼させた、常磐自動車道での「あおり運転暴行」事件。宮崎文夫容疑者は、8月18日に茨城県警に傷害容疑で逮捕されている。犯人隠避の疑いで逮捕された恋人の喜本奈津子容疑者(51)も、宮崎容疑者の暴行をガラケーで撮影するという理解しがたい奇行から関心を集めた。

撮影:蓮尾真司

宮崎容疑者の”あおり人生”には、これまでも多くの女性達が関わっている。

近隣住民によれば、約10年前にも女性監禁で警察沙汰を起こしており、以前の勤務先でも年上女性へのストーカー騒動で同様にトラブルとなっていた。元勤務先の上司が語る。

「彼が22、23歳の頃。事務職の年上の女性を気に入り、定時で仕事が終わったあと、女性の帰り道で待ち伏せしてしつこくつきまとっていたんです。女性は精神的に参ってしまって、彼女から『もう限界で、これ以上は無理です。ただただ怖い』という相談を受けていました。それで私が宮崎を注意すると、突然逆ギレしだして、『俺は悪くない、生野署へ行く』と声を荒げて本当に生野署へ行ったんですね。どういうわけか私も生野署で取り調べを受けましたよ。生野署のカウンターで、無言で鋭い眼光をしながらこちらを睨みつけていました。仕事も全くする気がないし、女性トラブルを起こす。ほとんど職場放棄状態です。人からの紹介なので多少は我慢していましたが、さすがに半年でクビを言い渡しました」

三重県の飲食店でも、「彼女(喜本奈津子容疑者)がやけどをした」と執拗なクレームをつけていたが、更に別の女性を連れて起こした驚愕の奇行が、本誌の取材により明らかになった。冒頭の発言は、宮崎容疑者を接客したスタッフの訴えだ。

昨年10月、場所は、愛知県名古屋市西区の某コンビニ。早朝5時頃、金髪にジャケット姿で立ち寄った宮崎容疑者は、店内を物色した後、突然店員に話しかけてきたという。

「よく話しかけてくるお客さんだな、と思っていたら急に名刺を渡してきたんです。『俺はこういうもんや』と。名刺には、宮崎プロパティマネジメントという会社名が書かれていました。社長なんですね、すごいですねー、というような世間話をしていたら、急に『ふざけるなよ!』とブチ切れ始めたんです。こちらが何か怒らせるようなことをしたわけでもなく、本当に突然です。そしてお前には責任を取らせると言って、名刺の裏に本名、住所、電話番号を書けと脅し口調で言われたんです。個人情報なので無理です、とこちらが断っても全然引かない。目も血走っていましたし、その時間は僕1人だったので、怖くてどうしようもなくてパニック状態に陥ってしまって……。こちらに非がない状態で、こういう解決策がないタイプのクレームを受けたのも初めてだったので」

その後もそんな押し問答が30分ほど続いた。結局、スタッフが折れ、住所以外の情報を半ば強制的に書かされた。気を良くした宮崎容疑者は、自身が保有するシルバーの高級車に戻っていった。応対したスタッフは恐怖のあまり、勤務終了後すぐに携帯電話の番号変更手続きをとったという。

だが、悲劇は再び訪れる。2ヵ月後の12月、ポルシェのカイエンで宮崎容疑者がコンビニに再訪してきたのだ。全身黒ずくめにサングラスにニット帽。時間は図ったかのように同じ時間帯だった。

「入ってきた瞬間に、ザ・犯罪者のような服装なのでこちらも強盗だと思い警戒したんです。そして、背格好から2ヶ月前クレームをつけてきた人だ、と気づきました。一回目に応対した内容の支離滅裂具合から、『今度は、僕を殺しにきたんだ』と本気で思いました。その時は店長がいたので、店長に対応してもらったんです。彼は車の雑誌を1冊買い、新しいポイントカードを作って古いポイントカードとポイントを統合したいと話していました。そんなリクエストはほとんどないので、店長も少し時間がかかっていたんですが、彼は『なんでそんな遅いんや!ダメ店長が』とキレて罵倒しまくっていました」

ポイントカードの統合が終わると、スタッフを名指しで指定して領収書を車の中に持ってきて欲しいというオーダーがあった。車の中で何をされるのかわからない、と恐れていたというが車中には就寝中の女性の姿があった。黒髪ショートカットの20代半ばと思われる女性で、清楚系の整った顔立ちが印象に残った。

一通りのクレームをつけ終わり、気を良くしていたのか、宮崎容疑者はスマホのフォルダ内の写真を見せて、滑らかな口調で車自慢を始めたという。

「『この間の車と今回も違うやろ。(写真を見せながら)ほれ、他にもこれだけ持っとるんや、俺はすごいやろ』と話しながら高級車の写真を僕に見せてきました。それよりも僕が気になったのは一緒にいた女性の存在でした。車中では結構な大声で数分間話していたにも関わらず女性は全く起きる気配がないんです。怖くなった僕は、『女性は大丈夫ですか?』と聞いたんです。すると彼は、『こいつ寝とって起きへんけど、決して俺が睡眠薬を飲まして眠らせてるわけじゃないから。ちゃうからな』と話していました。その言動で、この人はクスリをやってる人だと思い、凄いですね、とだけ言って車から出て急いで店内に戻りました。警察に通報するか迷ったんですが、これ以上嫌がらせを受けるのがホントに怖くて……。店長と相談した結果、警察沙汰は避けることにしました。今思えばですが、あの時の様子と今回の事件の立ち振舞いは重なる部分が多く、本当に怖かった」

すでに東京〜大阪間で多数の目撃情報が出ている宮崎容疑者。更なる余罪や、新たな奇行が明るみになるのも時間の問題なのかもしれない。

取材・文:栗田シメイ

https://friday.kodansha.co.jp/article/61893

50. 中川隆[-8517] koaQ7Jey 2019年9月04日 09:08:10 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4249] 報告
あおり運転・宮崎文夫容疑者が元取引先にかけた「怪電話」の中身
週刊新潮 2019年9月5日号掲載
https://www.dailyshincho.jp/article/2019/09040558/?all=1

 あおり運転で逮捕された宮崎文夫容疑者(43)の次々と報じられる凶暴な振る舞いに加えて、また一つ、彼の常軌を逸した行動が明らかになった。「あおり男」が丑(うし)の刻にかけた、怪電話の中身とは……。

 あるITコンサル会社の社長は、宮崎容疑者逮捕の報に誰よりも驚いたことだろう。

「逮捕の映像を見て、ようやく彼だとわかった。それまでは、同姓同名の別人だと思っていました」

 この社長が知人の紹介を受け、宮崎容疑者と初めて会ったのは2013年。宮崎容疑者はかつて塾講師として英語を教えていた経験から、学習塾を開こうとし、HPの制作を依頼してきたのだった。

「当初、こちらが提示した数十万円の制作費に対し“そんなに払えない”と言うので、彼が払える金額まで値下げしました。最初に会ったとき、“リースでベンツを借りていて、その代金が何十万円にもなる”と話しており、金銭感覚が特殊な人だと思ったものです」

 14年初頭にHPを公開して以降、運営も担った。

「運営費の請求は月5千円ほどです。それでも1年弱が経った頃に、“もう払えない”と言ってきたので、HPは閉鎖しました」

 塾はその名も「宮崎学習研究所」。高校受験を視野に宮崎容疑者が個別指導で英語を教える予定だった。

 HPでは、〈お子様の進路(扉)を共に考え、(中略)イメージできるよう支援していきます〉と謳った。

 先の社長が言うには、

「HPからの問い合わせはありませんでした。塾に生徒はいたんでしょうか……」

「狙われているんです」

 その後、没交渉となっていた社長のもとに、再び宮崎容疑者から連絡があったのは昨年3月のこと。

「突然、深夜1時半頃に、電話がかかってきたのです。彼の番号を消していたためわからず、私が“誰?”と聞くと“ご無沙汰しています”とだけ言い、電話は切られてしまいました」

 直後にまた着信があり、

「“宮崎です”と言われて、彼だとわかったのですが、“かけ直します”と言われ、電話はまた切られました」

 すぐに社長が折り返すと、

「“いま(大阪市内の)桜川のロイヤルホストにいます。身の危険を感じているので迎えに来て欲しい”とか“管理会社の営業から狙われているんです。脅されてます”などと支離滅裂なことを言う。咳が止まらず、明らかに様子が変でした」

 電話口からは、女性の声も聞こえたという。

「“誰かと一緒なんでしょう”と聞いても、激しく咳き込むばかりで電話は切れた。事件にでも巻き込まれたかと不安でしたが、彼からの連絡は二度とありませんでした」

 意味不明の錯乱した物言い。社長が気味悪さに身震いしたこの電話から1年半後、男は全国に指名手配された。

 元東京地検特捜部副部長で弁護士の若狭勝氏が、宮崎容疑者の今後を解説する。

「逮捕容疑の傷害罪だけでは罰金刑で済むかもしれません。あおり運転について暴行罪での立件も検討されているものの、ハードルが高い。ただ、単純横領罪は懲役刑しかありませんので、借りた車を返さずにいた横領罪と先の傷害罪をあわせて起訴し、実刑を求刑することは考えられます。執行猶予がつく可能性も否定できませんが」

 当の宮崎容疑者本人は、被害者男性を殴打したのは“やり過ぎた”というものの、“危険な運転をしたつもりはない”などと供述しているという。

 先の電話は、そんな男の知られざる一面であった。

51. 中川隆[-8487] koaQ7Jey 2019年9月06日 10:13:16 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[4283] 報告

子供用コンテンツの世界観が、現実を生きる上での足かせになっていく理由2019.09.06
https://blackasia.net/?p=14574

最近、30代どころか40代を過ぎても自室に引きこもる人たちを「子供部屋おじさん」と呼ぶようになっている。彼らは厳しい社会の犠牲になったのは確かだ。現実に対応できず、自ら家に引きこもって世間の荒波を渡ることを諦めた。(鈴木傾城)


子供用コンテンツの真逆の現実

子供向けのテレビやアニメ番組は、正義の味方やヒーローが出てきて、超人的な力で悪をバタバタなぎたおすのが定番になっている。主人公は何らかの驚異的で不思議なパワーを持っており、どんな危機に陥っても必ず最後は驚異のパワーで勝つ。

しかし、現実はそうではない。誰も超人的な力など持っていない。

現実では、往々にして悪人がのさばり、善人が打ちのめされている。善人は、誰も驚異的なパワーを持っていない。そして、正義の味方など待てど暮らせど、どこからもやって来ない。

やって来るのは詐欺師だけだ。

現実は残酷で醜悪だ。優しい、気の良い人間が報われるわけではない。悪人が懲罰されるわけでもない。その逆に、悪人がちやほやされ、善人が嘲笑される。

努力も必ずしも報われるわけではない。夢も叶うわけではない。親から財産や人脈を世襲した人間が楽して頂点に立ち、何も持たない人間は底辺でもがいて苦しむのが一般的な姿だ。

悪いことをしたら捕まるどころか、金持ちになることすらもある。良いことをしたら報われるどころか、悪人の踏み台にされてさらに奪われることもある。子供用コンテンツの真逆の世界が現実世界で展開されているのである。

薄汚い現実にアレルギー反応が起きる

こういった現実の姿は、子供用コンテンツでは表現されることはない。正義の味方が勝ち、主人公が決して傷つかないのは、子供の世界の「夢うつつ」であると言える。

もちろん、そうは言っても、子供用コンテンツが無用であると言っているわけではない。「正しいことをしなければならない」「優しさや助け合いや正義は重要である」ということを学ぶには、むしろ、これほど良い教材はない。

子供用コンテンツに、悪人が正義を駆逐するような番組があれば、それは恐ろしい。そんなものは「子供に相応しくない」ことになる。

しかし、勧善懲悪の明るくハッピーな子供向けコンテンツに染まりきって、そこから抜け出せなくなってしまうと、それはそれで問題になる。身体に良い食べ物でも、食べ過ぎると有害になるのと同じだ。

子供用コンテンツも、その世界に染まりすぎると、現実に直面できなくなってしまう。ピュアな世界から抜け出せず、薄汚い現実にアレルギー反応が起きる。

現実社会に出ると、誰もが自分が無力であることを思い知らされる。子供用コンテンツの主人公のように、自分が超人的な力でもって物事を次々と解決するような都合の良い話にはならない。

自分の人生では自分が主人公なはずだったのに、現実に出ると、自分が誰かに隷属しなければ生きていけないことに嫌でも気付く。自分の無力さを思い知らされる。

人生は子供用コンテンツのように楽しくない。次から次へと、自分の思う通りにならない問題が発生して、そのつど妥協をしなければならなくなる。

「狡猾な大人」にいいように利用される

子供用コンテンツの単純な世界観のままでは、現実に太刀打ちできないのだ。正義の味方も、愛の化身も、「狡猾な大人」にいいように利用され、叩きのめされてしまうのである。

子供用コンテンツが口当たりが良すぎるので、現実の苦々しさには拒絶反応しか生まれない。そして、現実が受け入れられなくなる若者も生まれて来る。

そうなると、現実から引きこもり、社会から自分を隔絶して、家の中で安心な子供用コンテンツに浸るしかなくなる。現実に対応できなくないから、余計にそれに没頭してしまう。

子供用コンテンツは、それ自体に問題があるわけではない。子供たちには「良いもの」でもある。しかし、それは「子供用」なので、いつかは決別しなければならない。

決別できなければ、いつまで経っても精神が大人になることができない。「身体は大人になっても、精神性が子供のまま」で成長できなくなってしまう。

最近、30代どころか40代を過ぎても自室に引きこもる人たちを「子供部屋おじさん」と呼ぶようになっているのだが、彼らはまさにそのような人たちの一例であるとも言える。

彼らは厳しい社会の犠牲になったのは確かだ。現実に対応できず、自ら家に引きこもって世間の荒波を渡ることを諦めた。

現実社会に出て、泥まみれになってもがき、まったく思う通りにならない人生の挫折を受け入れながら、なおも生きていくのが「大人の世界」だが、自ら脱落するのである。

そして、「引きこもり」と化した人たちの多くが、引きこもった部屋の中で「子供用コンテンツに浸っている」とされている。本来は、卒業しなければならない子供用コンテンツから卒業できないまま、身体だけが大人になってしまったのだ。

現実を生きる上で真っ先にすべきこと

世の中は子供用コンテンツとはまったく違う残酷なルールで成り立っている。それは、本来であれば子供のうちから知っておかなければならない常識である。

子供の頃から外に出て、社会でいろんな人と交流し、いろんな世界をあらかじめ知っている子供だけが、いざ社会に出ても現実に対応できる。

逆に言えば、子供の頃から社会に接していなければ、社会に出たときに対応できない。当たり前だと言えば当たり前のことでもある。

子供の頃から、額に汗して働く大人の背中を見つめ、どうにもならないことで戸惑う大人の姿を発見し、いろんな大人がいることを知り、誰もが生きることに苦労している姿を見ていれば、子供でも子供用コンテンツが子供っぽく見える。

逆に、そういった社会的体験がまったくないまま大人になると、どんなに「いい年」になっても、精神的な幼児性が抜けきれずに子供用コンテンツにしか行き場がない。

社会情勢が悪化し、日本を取り巻く現状が厳しいものになっていき、国際社会でも激しい軋轢が生み出されている。

つまり、日本人はひとりでも多く「温室」から抜け出して、大人になって現実に対応していかなければならない。日本人は今までよりも早めに子供用コンテンツから脱しなければならない時代になっている。

人間は超人的な力はなく、正義は負け、声の大きな悪人が勝ち、悪が征伐されず、多くの人たちの夢は挫折し、生きるのは楽なことではない。

そんな現実に乗り出すには、真っ先にしなければならないのが、子供用コンテンツの「夢みたいな世界観」を一刻も早く捨て去って、現実の方に自分を最適化させるということである。

私たちは超人的なヒーローではないし、何でも便利なものをポケットから出してくれる都合の良い何かが隣にいるわけではない。それは子供の世界だ。

しかし、私たちのポケットから金を奪っていく悪人ならどこにでもいる。これは、現実の世界だ。

『大人のひきこもり(本当は「外に出る理由」を探している人たち)』。現実社会の厳しさに対応できなくて、置き去りにされている40歳以上は推定100万人もいる。日本の大きな社会問題でもある。
https://blackasia.net/?p=14574

52. 中川隆[-9980] koaQ7Jey 2019年9月15日 12:48:57 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[2809] 報告

「私はあおり運転犯に監禁された」40代女性、“恐怖の4日間”を告白
「週刊文春」編集部 2019/09/15
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%80%8c%e7%a7%81%e3%81%af%e3%81%82%e3%81%8a%e3%82%8a%e9%81%8b%e8%bb%a2%e7%8a%af%e3%81%ab%e7%9b%a3%e7%a6%81%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%8d40%e4%bb%a3%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%80%81%e2%80%9c%e6%81%90%e6%80%96%e3%81%ae4%e6%97%a5%e9%96%93%e2%80%9d%e3%82%92%e5%91%8a%e7%99%bd/ar-AAHiBQh?ocid=ientp#page=2

「一緒にコンビニに入った際、領収書の書き方で店員とトラブルになり、彼は怒って喚き散らし始めた。すでに店長に警察を呼ばれているのに、私に『110番しろ!』と。パトカーが到着して別々に話を聞かれることになったのですが、そこで彼は『由美子! 手を繋げっ!』と叫んだんです」

 そう語るのは、常磐道でのあおり運転と暴行で逮捕された宮崎文夫容疑者(43)と恐怖の4日間を過ごした、岐阜市在住の由美子さん(40代・仮名)である。


宮崎容疑者(茨城県警提供)© 文春オンライン 宮崎容疑者(茨城県警提供)
◆ ◆ ◆

 宮崎は8月18日、大阪で確保された際、そばにいた交際相手の喜本奈津子容疑者(51)に「喜本、手繋いで。喜本さん!」と叫んだ。その様子をテレビで見た由美子さんは、昨年9月に味わった悪夢が甦ったという。

 由美子さんが、宮崎と過ごした4日間を告白する。

マッチングした日に奈良から岐阜へ飛んできた

「9月の日曜日の午後、出会い系サイトでマッチングした途端に、『夜ご飯どうですか』とメールが来たんです。向こうは『今、奈良にいます』というので『無理でしょう』と返すと『いやいや、向かいます』と」

 岐阜駅近くの喫茶店で午後5時に待ち合わせた2人。1時間ほど遅れて現れた宮崎は、黒いジャケットに紺のYシャツ姿で、サングラスとマスクをしていた。

「会った途端、矢継ぎ早に『不動産をやってるんだ』と喋り出し、名刺を渡された。『岐阜ならではのものが食べたい』というので飛騨牛のお店に行きました」

 すると宮崎は女性の店員にも「奈良から飛んできたんです」と名刺を渡し、「自分はこういう者です」と喋り出す。食事後、「帰る」と言う由美子さんに対し、宮崎は「せっかく岐阜に来たんだから案内して欲しい」とせがみ、黒のランドクルーザーに乗せられた。

 ここから4日間にわたる“監禁”生活が始まった。

宮崎のアパートで一睡もできないまま過ごした1日目の晩

 1時間ほど市内を回った後、車は突然、名古屋方面に。「ちょっと、こっち名古屋じゃん」と由美子さんが驚くと、「西区にアパートを借りたばかりで、プリンターとファックスを繋ぐので手伝ってくれ」と宮崎。

 連れられた4階の1LDKの部屋には新品のソファとテーブル、布団のみ。そこで宮崎は途中のコンビニで買った酒を飲み出した。

「ちょっと、(車で)帰れないじゃん!」

「わかった、アルコールが抜けるまで待ってくれ」

 宮崎はそう言うと、由美子さんに抱きつき、そのまますぐに寝てしまう。

「夜中なのに大音量で洋楽をかけっぱなしで、一睡もできないまま朝になった。この時点で『ヤバイな。言うことを聞いたほうがいいのかな』と思い始めました」

「いつ刺されてもいいように」着込んだジャケットは塩が吹いていた

 翌日、車に乗り込むと、宮崎は「俺の秘書になって」と、携帯のアプリを使い、勝手に由美子さんの名刺を作り出した。その後、車は名神高速道路を走り出す。

「どこ行くの?」「大阪や」

 車間距離を詰めてパッシングを繰り返し、前に出ると小刻みに曲がったりブレーキをかけたりする宮崎。常時140キロのスピードを出しながら、時折ウトウトも。電気グルーヴの曲が大音量で流される車内で、彼のジャケットは汗で塩が吹いていた。

「なんで着込んでるの?」

「商売関係の人に妬まれたり警察に狙われているから、いつ刺されてもいいように」

 夕方に大阪に到着。由美子さんが「もう帰りたい。最寄りの駅に送って」と告げると、宮崎は「そんなもん、帰さへん!」と激高。

「私がボロボロと涙を流すと、宮崎はニヤニヤ笑って『ごめん、ごめん。俺が悪かった』と。その後、うどん屋に寄ると、彼はぜんざいを平らげた後、うどんと揚げ物を食べていました」

 大阪の自宅マンションに着くと、今度は由美子さんに三重への同行を要求。現地で頼まれた用事を済ませると、その日は車中泊した。

領収書の「株式会社」を略しただけで激高

 翌日は大阪のオフィスに向かい、銀行員との打ち合わせに同席させられる。

 終わると「BMWの故障を直したい」と郊外の店舗に向かった。「秘書っていうことにするから、傍(そば)についていろ」と命令し、由美子さんが車を見ていると「傍にいろっ!」。そして店員に「前の秘書は車を擦ったからクビにした。新しい秘書や」。

 店を出た後、今度は近くのパスタ屋へ……。

「宮崎は接客した学生風のバイトの子に『会計時に、これで領収書を切って』と名刺を渡しました。ところが領収書は用意されておらず、凄く怒り出した。『店長出せ!』『会社に謝罪の文面を出させろ』と1時間ぐらいゴネ続けたんです」

 その後に寄ったコンビニで、冒頭の騒動を起こす。

「領収書の宛名に『“株式会社”と書いて』と言うと、店員が(株)と略してしまった。そこでまた怒り出し、店長が警察を呼びました」

 駆けつけた警官に、店長は「大声を出すから営業妨害だ」と訴え、宮崎は「店を出ようとして足を踏まれた」などと主張。結局、暴行はないということで、警察は引き上げた。

母親に婚約者として紹介

 4日目の朝、宮崎は由美子さんを母親が入居する大阪の介護施設に連れて行く。そこで突然、「俺の婚約者だ」と母親に紹介した。

「高齢のお母さんに色々話しかけるのですが、ほとんど反応はなかったです。宮崎は、お母さんの成年後見人の弁護士にも電話していた。所有する不動産の賃料収入のことで揉めている様子で、『あんな奴、クビにしてやる』と怒っていた」

 宮崎家の財産分与の相談に乗っていた顧問弁護士は、小誌の取材にこう答えた。

「確かに母親には成年後見人の弁護士が付いていました。先代から相続した不動産の賃料収入を、本来は母親が2分の1、宮崎さんと姉が4分の1ずつ分けなければならないのに、それを宮崎さんが独り占めしてトラブルになっていたのです」

「後ろめたさで警察には…」

 ようやく岐阜に向かった宮崎は、由美子さんを自宅で解放。4日の間、2人に性的関係はなかったという。

「すぐに連絡先はブロックしました。警察に行くことも考えましたが、出会い系サイトで会った後ろめたさもあり、自己責任かと思って踏み切れなかった。暫く体調も崩しました」

 そして今年2月、宮崎は同じく出会い系サイトで喜本と出会う。同月深夜、2人は渋谷に出現。目撃した50代の男性が語る。

「路肩に車を停めていると、サングラスを掛けた男性が、携帯でこちらを撮影する女性と歩み寄ってきて、『前のパーキングに停めた車を出せないから、どけて貰えませんか』と大声で言ってきた。バックさせようとすると、今度は女性がすぐ後ろに回り込んで退かない。当たり屋かと思って警察を呼び、こちらも彼らをスマホで撮影しました。今回のニュースを見て、『あの2人だ!』と驚きました」

なぜ宮崎は野放しになっていたのか

 喜本の友人が明かす。

「彼女は『今度できた彼氏が高収入で外車に乗っていて』と嬉しそうだった。『留置場に入ったことがある』とも言っていたので少し心配していました。彼女は私の知る限り、30代まで男性ときちんとした交際をしたことがなかったはず」

 だがなぜ、宮崎のような人物が野放しになっていたのか。捜査関係者が語る。

「宮崎は地元の大阪でも警察が駆けつけるレベルの揉め事は複数あるが、多くが“トラブル”で済んでいた。昨年に起こしたタクシー運転手の監禁事件も起訴猶予で終わっている。起訴に至らなければ前科にならず、見過ごされてきた面がある」

 今回の事件で宮崎にどのような処分が下るか、捜査の行方が注目される。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年9月5日号)
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e3%80%8c%e7%a7%81%e3%81%af%e3%81%82%e3%81%8a%e3%82%8a%e9%81%8b%e8%bb%a2%e7%8a%af%e3%81%ab%e7%9b%a3%e7%a6%81%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%8d40%e4%bb%a3%e5%a5%b3%e6%80%a7%e3%80%81%e2%80%9c%e6%81%90%e6%80%96%e3%81%ae4%e6%97%a5%e9%96%93%e2%80%9d%e3%82%92%e5%91%8a%e7%99%bd/ar-AAHiBQh?ocid=ientp#page=2

53. 中川隆[-14919] koaQ7Jey 2019年11月14日 18:52:03 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[-2011] 報告

あおり運転をする人の卑屈な日常 2019/11/14


逮捕時の状況を楽しむ宮崎容疑者。(AFLO=写真)© PRESIDENT Online 逮捕時の状況を楽しむ宮崎容疑者。(AFLO=写真)

宮崎容疑者はアドレナリンジャンキー

2019年8月、茨城県の常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件。県警は監視カメラから容疑者を全国指名手配し、傷害・強要容疑で住所不定の宮崎文夫容疑者(43)と同乗者の女を逮捕した。この事件は、被害者の車載カメラに暴行の映像が残っていたこともあり、世間で大きな話題となった。宮崎容疑者は新東名高速道路でも同様のあおり運転をした容疑など、余罪が多くあると見られている。このような過激なあおり運転をする人間にはどのような特徴があるのだろうか。精神科医の樺沢紫苑氏はこう分析する。

「逮捕時の映像を見る限り、あおり運転をしている際も、逮捕される際も、その状況を楽しんでいるように見えました。私の作った言葉にアドレナリンジャンキーという言葉があります。これこそ、まさにアドレナリンジャンキーの症状と言っていい。アドレナリンは、本来自分が死に陥りそうになったときに平常時以上の力を発揮する効果をもたらす分泌物のこと。格闘技ではアドレナリンが出ると痛みを感じにくくなり、戦闘意欲が高まることが知られています。宮崎容疑者は、危ない運転に快楽を見出しすぎる、アドレナリンが出た状態にあったと思われます」

感情が一時的に増幅

樺沢氏によれば、宮崎容疑者は怒りの感情が一時的に増幅され、その勢いであおり運転や暴力を振るった可能性が高いという。

「ただし、アドレナリンは一瞬で分泌され、約6秒でピークの値から下がるといわれています。つまり、カッとなっても10秒だけ深呼吸して時間の経過を待てば、事態を冷静に見つめ直すことができる。彼にはそれができなかったのでしょう」

激昂している人というのは、自らが怒っているという自覚が持てない。それがもっとも問題だという。

「怒りを鎮めるための効果的な対策は、怒りを自分で認識すること。『いま自分は怒っている』と客観視できれば、一時的な感情で極端な行動に走ることはなくなります。例えば、シリコンバレーを中心に今流行っているマインドフルネス(瞑想)は、自らの感情を自覚する行為です。いま自分は楽しい、いま自分は落ち込んでいるなどと自覚できれば、感情をコントロールできます」

また、樺沢氏によると、宮崎容疑者は怒りの感情を抑えられない病を患っている可能性も否定できないという。

「怒りが爆発しやすい、間欠爆発症という病気があります。いくつかの診断基準があるのですが、宮崎容疑者は、あおり運転と怒りのトラブルを繰り返していたことから、その特徴を備えている可能性もあります」

さらに、こうしたアドレナリンジャンキーの場合、日常生活の中でも自動車の運転はトラブルを招く可能性が高いと樺沢氏は指摘する。

「よく、車に乗ると性格が変わる人がいますが、それは車が自分に全能感・万能感をもたらしやすいからです。車はスピードや方向など自分でコントロールできる領域が大きいので、卑屈だったり、自己肯定感が低い人は相手に悪気がなくても、割り込みをされたと思い込みやすい。クルマを体の延長線のように捉えていると、自分が邪魔されたように勘違いしやすいのです」

では、自己肯定感を高めるためにはどのようにすればよいのだろうか。

「人からほめられるだけでなく、自分で自分をほめるのも自己肯定感の向上につながります。いまの自分でいいじゃないか、追い越されてもいいじゃないかと考えることです」

最後に、万が一、自らがあおり運転被害に巻き込まれた場合は、どのように対処すればいいのだろうか。

「何より相手の挑発にのらないこと。感情は伝染します。自分まで怒ってしまうと相手の怒りは増幅してしまう一方なのです。それを避けるために、相手がどれだけ怒っていても、必ずゆっくり話しましょう。ゆっくり話す行為は、副交感神経が優位に働き、深呼吸と同じ効果があります」

売られた喧嘩は買わない。それがアドレナリンジャンキーから自らの命を守る最大の策である。
http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%e3%81%82%e3%81%8a%e3%82%8a%e9%81%8b%e8%bb%a2%e3%82%92%e3%81%99%e3%82%8b%e4%ba%ba%e3%81%ae%e5%8d%91%e5%b1%88%e3%81%aa%e6%97%a5%e5%b8%b8/ar-BBWJ1W5?ocid=ientp

▲上へ      ★阿修羅♪ > 近代史3掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 近代史3掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
近代史3掲示板  
次へ