★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK238 > 141.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<東京新聞が一面トップで報じた> 安倍9条改憲阻止の最善、最強の戦略はこれだ!  天木直人 
http://www.asyura2.com/18/senkyo238/msg/141.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 1 月 06 日 11:20:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 





安倍9条改憲阻止の最善、最強の戦略はこれだ!
http://kenpo9.com/archives/3093
2018-01-06 天木直人のブログ

 きょう1月6日の東京新聞が一面トップで報じた。

 世界から戦争をなくすため、憲法9条支持決議を国連総会で採択させようと、埼玉県日高市に住むドイツ人の平和歴史学者とこれに賛同した日本の政治学者らが、昨年(2017年)秋に市民運動を立ち上げ、最初の活動として、世界各国の国連代表部や在日大使館に協力を求める趣意書を送ろうとしているというのだ。

 この記事を読んだ時、私は直感的に、これこそ、安倍9条改憲阻止の最善、最強の方策だと確信した。

 いうまでもなく、武力による威嚇を禁じ、紛争の平和的解決を求める国連憲章の精神は、憲法9条の原点だ。

 残念ながら国連は、安保理常任理事国という名の軍事大国が拒否権の応酬でその平和維持の機能をマヒさせてきたが、それに対抗して来たのが、多数決で決議を成立させることのできる国連総会だ。

 国連が今日までその存在価値を維持できているのは、安保理事会という一握りの強者の集まりの一方で、すべての加盟国が平等に一票を行使できる国連総会が、その対抗軸として存在し、見事にその存在価値を発揮しているからだ。

 その直近の例が、核兵器廃止条約の採択であったことは、いまでは世界中が知っている。

 つまり、世界の国民は圧倒的に平和を望み、その声に動かされた世界の多数の国、特に戦争の被害で苦しめられてきた弱小国は、大国の軍事覇権主義に反発している。

 そのことを、私は外交官として多くの国々に勤務し、その国の人たちと話して知っている。

 もし日本国民が、憲法9条支持決議を国連総会決議で採択するよう本気で働きかければ、間違いなく国連加盟国の多数の支持を得られるに違いない。

 そして、もし国連総会決議で憲法9条支持決議が採択されるようになると、あの核兵器廃止条約と同じように、それが世界的な圧力となって、軍事大国の覇権主義に影響を与えないはずがない。

 ましてや憲法9条を持つ安倍首相が、国連総会決議に反して憲法9条改憲を強行できるはずがない。

 安倍政権の9条改憲を阻止できそうもない野党とその政治家たちは、党利党略を超えて、この動きを支援しなければいけない。

 安倍首相にだけは憲法9条を改憲させたくないと考える有識者や国民は、いまこそこの動きに参加すべきだ。

 そして安倍首相に忖度するメディアも、東京新聞に続いて、この動きを宣伝すべきだ。

 新党憲法9条は真っ先に支援の声を上げる。

 憲法9条支持の国連総会決議が採択されるようになれば、その次は憲法9条を国是とする動きが必ず出てくるからだ。

 その時こそ、新党憲法9条は、私の手を離れ、日本国民の平和を願う世論の手で、この国の政治の中に誕生し、新風を起こすと思うからだ。

 今年中に、憲法9条支持の国連総会決議は採択されなければいけない。

 今上天皇が在位される最後の年である今年こそ、憲法9条支持の国連総会決議採択の年にしなければいけない。

 それが今上天皇退位に対する国民の最大の贈り物になる。

 それが、あのお言葉に対する国民の答えだ。

 繰り返して言う。

 安倍首相にだけは憲法9条改憲をさせてはいけないと考える政党、政治家、有識者、国民は、いまこそ立場を超えて憲法9条の下に結集すべきだ。

 メディアはそれを宣伝すべきだ。

 この運動を支援したいと思うひとたちは、いますぐ、発起人の大森美紀彦という日高市在住の政治学者(電話 042−978−9400)まで支援の声を届けよう。

 歴史的な動きに発展させよう(了)



9条支持、国連決議を 本紙報道きっかけ 埼玉の日独学者ら活動
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201801/CK2018010602000138.html
2018年1月6日 東京新聞


9条支持の国連決議を目指す市民運動を始めたクラウス・シルヒトマンさん(左)と大森美紀彦さん=東京・内幸町で(木口慎子撮影)

 国連総会で憲法九条の支持決議の採択を実現させるという壮大な目標を掲げ、埼玉県日高市に住むドイツ人平和歴史学者や日本の政治学者らが市民運動を始めた。最初の活動として、国連代表部や世界約二十カ国の非武装国の在日大使館に、協力を求める趣意書を送付する。「戦争の放棄と戦力不保持をうたった九条は、世界から戦争をなくす最強の『武器』だ。運動にぜひ参加してほしい」と市民らにも賛同を呼びかけている。 (安藤美由紀)

 ドイツ人学者はクラウス・シルヒトマンさん(73)。一九九二年に来日し、九条を評価する立場から幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)元首相を研究。幣原が四六年一月二十四日に連合国軍総司令部(GHQ)のマッカーサー最高司令官と会談した際、九条を発案したとの日本提案説に立つ。小学館の学習漫画「少年少女日本の歴史」は、九条発案者を幣原と紹介していたが、ある時からマッカーサーに変えた。シルヒトマンさんはそのことに気づき本紙は二〇一六年十一月六日朝刊で報じた。

 記事を読んだ日高市の政治学者大森美紀彦さん(65)がシルヒトマンさんと会い、意気投合。知人の大学非常勤講師阿部一智さん(65)、元東京都職員上原稔男さん(72)らも参加して、一七年秋に九条の意義を学ぶシンポジウムを開催し、市民運動を立ち上げることを決意した。「SA9(憲法九条を支持せよ)キャンペーン」と名付け、大森さんが代表幹事、シルヒトマンさんが顧問に就任した。

 設立趣意書では、トランプ米大統領らを念頭に「世界は『自国第一主義』の暗雲に覆われている」と懸念を表明。九条を、大戦の反省から誕生した国連の平和理念の「正当な後継者」と位置付け、日本人が世界に九条を発信する責務とともに、賛同国を増やして国連決議を採択する必要性を説いている。

 当面の送付先は、憲法で常備軍の保持を禁じるコスタリカをはじめ、アイスランドやモナコなど非武装国で、反応を踏まえ活動範囲を広げる考え。シルヒトマンさんは「九条と同じ平和条項は、スイスやスウェーデンといった欧州各国などにも見られる。国連が九条を支持すれば、加盟国が武装解除する大きな起爆剤となる」と訴える。問い合わせは大森さん方=電話042(978)9400=へ。

◆趣意書のポイント

 ・1945年から数年間の人類の振る舞いを範とする。各国は自国を守る権限の一部を国際機関に委譲し、その傘の下に入ることによってしか、自国の安全を守れないというのが国連の安全保障観。憲法9条は、この要求の正当な後継者。しかし、この流れは多くの国で滞っている。

 ・日本は自衛隊を保有しているが、9条のおかげで他国にない抑制的な運用が可能になっている。結果として諸外国と友好関係を築け、自由と安全のバランスがほどよく取れた国として存在感を示している。

 ・平和的手段により平和の達成を目指す国々に9条を発信することは、日本人の務め。国連総会で9条を支持する決議の採択を目指す。



























 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年1月06日 11:47:39 : EIHH4CSarE : ZNs6WKx@BdQ[1149]
新党憲法9条として、国連で憲法9条支持決議が採択されたことになれば、アメリカのトランプ大統領に置かれましては、軍産複合体ならびに、これにまんまと騙された隠れ多極主義者(親イスラエルのふりをした反イスラエル)を道連れに、多極化の捨て石となる道を選択させることで、この憲法9条を亡き者にしようとする魂胆が見え見えの安倍自民党政権による改憲クーデター勢力こそが、公共の迷惑でしかないことを、逆手に取れば、国連安全保障理事会で、この改憲クーデター勢力に対して、旧敵国条項に基づく制裁決議を発動して貰うのであれば、アメリカのトランプ大統領の言いなりになって、安倍自民党政権ならびに改憲クーデター勢力に置かれましては、正々堂々ど、どんどん涙を流しながら「感謝‼感激!雨あられ‼天皇陛下有難うございます」ということで、国際社会の表舞台で、どんどん輝いて頂くか、日本会議を道連れにして、国際社会の表舞台では、どんどん涙を流しながら「大日本帝国の大馬鹿野郎!」とでも、どんどん勝手に叫び続けるのか、どちらかを選択してください。どちらを選択しても、「お国のため、天皇陛下のため」だと思えば、幾らでも出来て当然のことだし、日本国民全体としては、天皇陛下と共に、そっと静かに暖かく見守りながら、国際社会にも、どんどんアピールして参りますので、どうぞ心置きなく、正々堂々と、もっともっと、どんどん涙を流しながら、意欲も熱意も全てを喪失し、どんどん譲歩して、どんどん弱体化し、どんどんへこみ、どんどん泣き寝入りすることになろうとも、そのまま、ひっそりと歴史の闇の中で、生きていくことにも深い意味もございますので、どうぞご安心ください」ということも、誇りとして、国際社会にも良いロールモデルとして、どんどん示していくことにすれば、自分がプーチン大統領ならば、「歯舞諸島と色丹島につきましては近いうちに日本に返還しますので、このまま、そっと静かに安定した海域として維持管理していくことが出来さえすれば、何よりのことかとも存じますので、日米両国民の皆様に置かれましては、どうぞご安心下さい」ということで、そっと静かに暖かく見守っていきたいくらいの心境とも、大いに共感してしまうところなのですが?


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:この投稿に対するコメントとしては場違い。別の投稿にコメントしてください。(アラシや工作員によくあるコメントはスレ主が処理可能)
2. 戦争とはこういう物[2539] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2018年1月06日 12:59:43 : 9PG0M0b68Q : jKnbezZWN40[1183]
 提案者が日米どちらであろうと、米占領がなければ実現しなかったのが民主主義と平和憲法。米国関与は日本人として残念だが、出来た物が良ければ良いのでは。

3. 地下爺[1330] km6Jupbq 2018年1月06日 14:02:46 : KxQj4V0v5Y : Sfgkhb6OGG0[270]

 
  私はこの女の子(ベアテ・シロタ・ゴードン)が創案したという憲法、好きだな。

 社会がめざすべき 理想が 書かれているように思う。 まさに 人類が身につける

 べき 誇りが そこにあるように思う。 なおすべきところもあるとは 思うが

 「 平和 と幸せ 」 を 希求する 理念 を曲げていはいけないと思う。


  参考URL https://ja.wikipedia.org/wiki/ベアテ・シロタ・ゴードン


4. 2018年1月06日 14:30:12 : SKm5YI2sjI : Fz9fvG7cVRM[146]
 東京新聞の一面トップ記事に賛同する。


 


5. 2018年1月06日 14:56:07 : Yt7iVfrFKQ : EA@aCyEEO6s[3]
CO2削減や原発核兵器削減と同じように、非武装国家を増やすことが重要である。賛成だ。

6. 2018年1月06日 16:17:14 : UsPMwJUGxI : ty2XIYCKLG4[119]
安倍総理に憲法改正など本当にさせてはならない、大多数の国民はこの運動に賛同すると思う。

7. 斜め中道[3285] js6C35KGk7k 2018年1月06日 17:04:05 : u12DNOjV8I : DpNsSI7B2fY[1793]
賛成、賛同する。

8. 新共産主義クラブ[5609] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月06日 17:39:57 : BG6PwnQYYI : cCtNrkgwKPE[13]
 
 この提案は、現在の国連憲章の下では、あまり説得力が無いと思う。
 
 その理由は、国連の集団安全保障体制が、各国の軍隊によって構成された国連軍・平和維持軍によって成り立っているからだ。
 
 全ての国が、自国に、日本の憲法9条の規定を厳格に適用すれば、国連軍の派兵もPKO活動もできなくなる。
 
 全ての国が自国に日本国憲法9条の規定を厳格に適用することは望ましいのであるが、そのためには国連憲章を改定し、国連の集団安全保障体制の仕組みを根本的に変えていく必要がある。
 
 私は、五大国を含めて各国の全ての軍には、自国の安全保障のために自国の領域内での武力行使だけが認められ、国際的な集団安全保障は、『UNEPS』のような、国連の独自の実力部隊が担うようにするべき良いと考えている。
 
 そのような議論を呼び起こす方向に向かうならば、この記事の提案は歓迎される。
 
 
◆ 国連緊急平和部隊 (UNEPS)
 
 国連緊急平和部隊(こくれんきんきゅうへいわぶたい、United Nations Emergency Peace Service:仮称)は、個人参加の民軍連携による新しい国際平和活動(Peace Operations)[1]の一つ。英語での略称はUNEPS。
 
 UNEPSは2005年 国際連合サミット報告書に明記された「保護する責任」と深い関係を持つ。既存の国際平和活動(国連平和維持活動を含む)を代替するのではなく補完する役割を担う。各国の軍隊が派遣されるわけではなく、個人単位で国連に直接募集される各国各分野のプロフェッショナルが国際連合安全保障理事会 直下に組織される。つまり国連独自の常設平和部隊が創設されることになる。 但し2008年現在、発展途上の構想であり、既存の組織は存在しない。
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%80%A3%E7%B7%8A%E6%80%A5%E5%B9%B3%E5%92%8C%E9%83%A8%E9%9A%8A
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
9. 2018年1月06日 17:50:51 : 17yo3W2TPh : WRLcUB2uRHw[7]
幣原喜重郎からマッカーサーに変わった経緯を知りたいです。
おしえてください。

10. 新共産主義クラブ[5610] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月06日 17:51:34 : 4ZLvLJ9Sxs : RH7x6Juh4HY[34]
>>8(訂正)
 
 私は、五大国を含めて各国の全ての軍には、自国の安全保障のために自国の領域内での武力行使だけが認められ、国際的な集団安全保障は、『UNEPS』のような、国連の独自の実力部隊が担うようにするべきだと考えている。
 
 そのような議論を呼び起こす方向に向かうならば、この記事の提案は歓迎される。
 
 また、『UNEPS』は、国際公務員によって全て構成されるべきだ。
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
11. 2018年1月06日 18:08:43 : LaJKRVWQpj : gy9RdUuHMjs[6]
> 国連が今日までその存在価値を維持できているのは、安保理事会という一握りの強者の集まりの一方で、すべての加盟国が平等に一票を行使できる国連総会が、その対抗軸として存在し、見事にその存在価値を発揮しているからだ。
その直近の例が、核兵器廃止条約の採択であったことは、いまでは世界中が知っている。
 
核兵器廃止条約の採択が行われたが、核兵器は廃止されていない。

> そして、もし国連総会決議で憲法9条支持決議が採択されるようになると、あの核兵器廃止条約と同じように、それが世界的な圧力となって、軍事大国の覇権主義に影響を与えないはずがない。
> ましてや憲法9条を持つ安倍首相が、国連総会決議に反して憲法9条改憲を強行できるはずがない。

例え採択されても恐らく殆どの国は憲法9条を自国の憲法には書き込まないだろう。

天木直人の目的は、国連総会で憲法9条支持決議の採択させ日本が憲法9条を改正できないようにすることが目的のようだ。

東京新聞や天木直人は中国から秘密の工作資金を貰っているのではないだろうか?

アメリカ、中国、ロシア、北朝鮮が憲法9条を自国の憲法に書き込んだときに、再度日本は憲法9条を書き込めば良い。


12. 日高見連邦共和国[5870] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月06日 18:10:53 : q2jdDwRDoU : dzCYBmhL02A[5]

>>08 『晋共産主義クラゲ』

今年もまたその臭い息で減らず口を語るのか?安倍が遣わしたかく乱要員よ。

一国が『憲法9条』のような理念を掲げて自国の独立と平和を守る事を選ぶのと、
国連が“集団安全保障”で世界の平和と安定を維持しよとする事とは全くの別問題だ。

いや、国連の名のもとに行使される“武力”があるからこそ、『憲法9条』が存在し得る。

更に国連憲章では、侵略戦争を禁じてい入るが、“武力の保有”そのものには言及していない。

国連が本来目指すべき姿に至っていない事実と、拒否権を持つ常任理事国が
国連の機能をマヒさせているのは事実だし、スレッド引用記事でも言及している。だからこそ、拒否権の及ばない“国連総会”を持ち出しているんだろうが!

国連が本来機能を発揮していないのであれば、それを改革して行くべきだし、
その為に日本は『常任理事国入り』を目指しているのではないのか?違うのか?

私はこの東京新聞の提案は、最善(最高)かどうかは別にして素晴らしいと思う。

では、とオマエに2点問おう。

@安倍改憲に抵抗すべき戦術(野党の大同団結の方法も含めて)はどうあるべきだと思うか。

A日本の国防の有り方として、国連中心主義で行くのか、対米従属で行くのは、非武装で行くべきか、
 それともそれ以外の“第4の道”があるのか、具体的に提案してみてくれ。

オマエが恥ずかしげもなく使っているその御大層なペンネに相応しい、真正面からの素晴らしいご意見を待つ。

質問をハグラかしたり、逃げたりすれば私の指摘(安倍工作員認定)を追認する事にもなるのでご注意を。



13. 新共産主義クラブ[5611] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月06日 18:47:23 : jkRmbYEVIQ : jTLu756LwDM[4]
>>12さん
>オマエに2点問おう。
>@安倍改憲に抵抗すべき戦術(野党の大同団結の方法も含めて)はどうあるべきだと思うか。
>A日本の国防の有り方として、国連中心主義で行くのか、対米従属で行くのは、非武装で行くべきか、
>それともそれ以外の“第4の道”があるのか、具体的に提案してみてくれ。
 
@ 憲法改正
 
 憲法改正は、最終的には、国民投票でおこなわれます。
 
 各党は、各党の立場で、憲法改正案が発議された場合には、それぞれの姿勢を決めれば良いと思います。
 
 立憲民主党の枝野代表が指摘するように、現行の国民投票法には、宣伝や広告に規制がないので、それを規制するための国民投票法の改正のために、与野党が大同団結したら良いと思います。
 
 
◆ 立民 枝野代表「多くの国民が望む改憲項目はない」
(NHK,2018/1/4)
 
 枝野氏は、憲法改正の手続きを定めた国民投票法について「宣伝や広告に規制がなく、今のままで国民投票を行った場合の弊害は相当、深刻なものが指摘されている」と述べ、改正案の提出も視野に入れて検討していく考えを示しました。
 
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180104/k10011279111000.html
 
A 日本の国防について
 
 自衛隊の武力行使の範囲は、日本の領域内に限定すれば良いと思います。
 
 日本だけでなく、各国の軍隊も、武力行使のできる範囲を、各国の領域内に限定するべきです。
 
 国連の集団安全保障を担う実力部隊は、各国の軍隊を単位として構成するのではなく、国連が直接に実力行使のための部隊の人員を国際公務員として雇用して組織するのが良いと思います。
 


(参考)
◆ 『新共産主義クラブ』 日本国憲法 第九条 第三項(案)
 
 第一項の目的を達するため、
 
 我が国に対する外部からの武力攻撃が発生した事態又は我が国に対する外部からの武力攻撃が発生する明白な危険が切迫していると認められるに至つた事態、
 
 我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生した事態若しくは我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態、
 
 又は我が国が国際連合憲章上定められ、又は国際連合安全保障理事会で決議された等の、各種の安全保障措置等に参加する場合において、
 
 我が国は、我が国の領土、領海及び領空の領域外において、武器の使用、武力による威嚇又は武力の行使をおこなわない。
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。

14. 新共産主義クラブ[5612] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月06日 18:55:51 : jkRmbYEVIQ : jTLu756LwDM[5]
>>12. 日高見連邦共和国さん
>その為に日本は『常任理事国入り』を目指しているのではないのか?違うのか?
 
 
 少なくとも私は、日本の『常任理事国入り』を、まったく望んでいません。
 
 また、日本は小泉政権時代に『常任理事国入り』を目指して活動して失敗し、現在は『常任理事国入り』は、国としても、もう諦めていると理解しています。
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
15. 新共産主義クラブ[5614] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月06日 19:31:18 : EvL0oZeFt2 : LdCKHkZgIKM[1]
>>14(補足) 
>日本は小泉政権時代に『常任理事国入り』を目指して活動して失敗し、現在は『常任理事国入り』は、国としても、もう諦めていると理解しています。
  
 
 『日本の常任理事国入り』という目標は、小沢一郎氏や小泉純一郎氏など、自衛隊の海外での武力行使に積極的な政治家たちが、国連軍・多国籍軍への参加や、武力行使を伴うPKO活動などの、自衛隊の海外での武力行使を正当化するために、掲げられて、利用されてきた経緯がああります。
 
 小泉政権時代に、『日本の常任理事国入り』を目指して外務省の代表として国連で活動していた北岡伸一氏は、小沢一郎氏によって発掘された人材です。
 
 人選を間違えたために、『日本の常任理事国入り』は、挫折しましたが、それで良かったと思っています。
 
 
◆ (外務省)北岡伸一国連次席大使寄稿論文
「国連大使、現場からの提言:常任理事国入りは日本が果たすべき責任である」
 
2004年春、東京大学教授から外交の最前線に転身した
国連大使が、常任理事国入りの大義と道筋を描き出す
(中央公論新社刊「中央公論」2005年1月号より転載)
 
平成17年1月
 
http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/iken/05/0501.html
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
16. 新共産主義クラブ[5615] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月06日 19:37:25 : xFZ3A1MwHU : MNysA44CA5s[18]
>>15(補足)
>小泉政権時代に、『日本の常任理事国入り』を目指して外務省の代表として国連で活動していた北岡伸一氏は、小沢一郎氏によって発掘された人材です。
 
 
 小沢一郎(著)『日本改造計画』(講談社,1993年)に書かれている外交・安全保障論については、北岡伸一氏が、ゴーストライターの役割を果たしたと言われている。
 
 
◆ SHIRATORI Junichiro‏ @jshiratori
  
 「小沢さんの『日本改造計画』をつくった連中というのがいるんです。ここにはぼく[御厨]も入っていましたけれども、政治の部分はぼくと飯尾(潤)が書いて、外交と安全保障は北岡伸一、経済は竹中平蔵と伊藤元重が書いたんですよ」御厨貴・芹川洋一『日本政治 ひざ打ち問答』72-73頁
 
 反響が大きいので他の部分を少し長めに引用。ひどい話。
 
 「余計な話ですけれども、『日本改造計画』を出版するときに、ぼくは小沢さんの歴史観を彼に成り代わって書くことになったんですね。それで、どういう内容がいいかという話になったときに、ぼくは暗殺された政治家をもってくるのがいいと言ったわけです。
 
 すると小沢さん、「オレを殺す気か」と言うから、「あなたも死ぬつもりでやりなさい」と言ったんですね。
 
 そうして西郷(隆盛)を選びたいという彼を説得して、大久保(利通)にしたの。大久保、伊藤(博文)、原(敬)ともってきたの。…あの本が出たときに、「小沢の歴史観はすばらしい」と書いた歴史学者がたくさんいたんだけれど、そういう評価になるのかと思ったけどね。(笑)」
 
御厨貴・芹川洋一『日本政治 ひざ打ち問答』日経プレミアシリーズ http://bit.ly/1x7hsAn 89-90頁。
 
https://twitter.com/jshiratori/status/492575108569919488
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
17. 日高見連邦共和国[5874] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月06日 19:47:02 : GVaulKUN1g : Un_BaJcRrks[2]

>>13 『晋協賛主義クラゲ』

@についてのオマエの回答は極めて不足だ。私はオマエの見解を問うているんだ。はい、やり直し。

Aについてのオマエの回答だが、いつオマエの憲法改正案が出されたんだ?経緯と出典を示してはくれまいか?

また、『2項』はどうする?2項そのままの『3項加憲』なのか?何れにしても言葉足らずだ。

それに、そのオマエの言う国防の有り方が、現状の日米安保体制の中で“許される”と思うか?

逆に言うと、『有事の際に日本は自衛隊の指揮権を米軍から独立して発揮できるのか?』という問題だ。

もっとはっきり言えば、アメリカが日本のそういう限定され抑制された防衛の有り方は絶対に許してくれない。

一見まともなことを言っているようにも見えるが、それは空念仏に過ぎないと断言させて頂く。

>国連が直接に実力行使のための部隊の人員を国際公務員として雇用して組織するのが良いと思います。

そんな事を言ってたら、“国連軍”など金輪際永久に出来ないことだけは断言させて貰う。


18. 新共産主義クラブ[5616] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月06日 19:48:55 : xFZ3A1MwHU : MNysA44CA5s[19]
>>15(補足)
> 小泉政権時代に、『日本の常任理事国入り』を目指して外務省の代表として国連で活動していた北岡伸一氏は、小沢一郎氏によって発掘された人材です。
 
 
 北岡伸一氏は、集団的自衛権行使を容認する安保法制の制定に向けて、第一次安倍内閣、第二次安倍内閣の安保法制懇で、座長代理を務めている。
 
 
◆ 北岡 伸一
 
 北岡 伸一(きたおか しんいち、1948年(昭和23年)4月20日 - )は、日本の政治学者・歴史学者。国際協力機構(JICA)理事長。政策研究大学院大学客員教授、東京大学名誉教授、法学博士(東京大学、1976年)[1]。元国連次席大使(2004年4月から2006年8月まで)。前国際大学学長。専門は、日本政治外交史。
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E5%B2%A1%E4%BC%B8%E4%B8%80
 
  
◆ 安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会(コトバンク)
 
 集団的自衛権と憲法の関係など、日本を取り巻く安全保障の法的基盤を研究するために設置された内閣総理大臣の私的諮問機関。平成19年(2007)の第一次安倍晋三内閣時に発足。後継内閣では開催されず、平成25年(2013)第二次安倍内閣下で再開。安全保障有識者懇談会。安保法制懇。
 
https://kotobank.jp/word/%E5%AE%89%E5%85%A8%E4%BF%9D%E9%9A%9C%E3%81%AE%E6%B3%95%E7%9A%84%E5%9F%BA%E7%9B%A4%E3%81%AE%E5%86%8D%E6%A7%8B%E7%AF%89%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%87%87%E8%AB%87%E4%BC%9A-685381#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
19. 大慈大悲[130] keWOnJHllN8 2018年1月06日 19:52:24 : IWmgLHK9gE : mucKOv22Tjs[18]
画期的な発想ですね。賛同します。

20. 日高見連邦共和国[5875] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月06日 19:54:45 : GVaulKUN1g : Un_BaJcRrks[3]

>>14>>15>>16 『晋協賛主義クラゲ』

>現在は『常任理事国入り』は、国としても、もう諦めていると理解しています。

安倍の最近の発言を聞いていないか?オマエのその理解は“恣意的な誤解”だ。

>少なくとも私は、日本の『常任理事国入り』を、まったく望んでいません。

そこはオマエの意見など聞いてはいないのだが、余計なことはベラベラ喋のは
オヤビンの安倍とホント一緒だね、と言わざるを得ない。

安倍が、とは言わない。歴代の自民とその総理大臣が『常任理事国入り』を目指してたのは
『何をしたいからだ?』と再度、問い直させて頂こう。逃げず、ハグラ貸さず、きっちり答えて欲しいものだ。


21. 日高見連邦共和国[5876] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月06日 20:02:13 : GVaulKUN1g : Un_BaJcRrks[4]
『新共産主義クラブ』よ。

https://newsphere.jp/politics/20140926-6/
安倍首相、常任理事国入りに意欲 “中国が最大の壁”と海外メディアは悲観的

https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20160903/Recordchina_20160903036.html
日本の国連安保理常任理事国入り、強硬に反対する中国、安倍首相のTICAD演説にも敏感に反応し批判

喋れば喋るほどボロを出すのは仕方がない。も少しなんか喋ってみろ。(笑)


22. 新共産主義クラブ[5617] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月06日 20:04:05 : xFZ3A1MwHU : MNysA44CA5s[20]
>>17. 日高見連邦共和国さん
> 一見まともなことを言っているようにも見えるが、それは空念仏に過ぎないと断言させて頂く。
 
> そんな事を言ってたら、“国連軍”など金輪際永久に出来ないことだけは断言させて貰う。 
 
 
 武力を伴う国際紛争や内戦を防ぐことが本命であり、“国連軍”を作ることは本来の国際平和の目的ではありません。
 
 
 『無量寿経』には、
  
 「アスラ(阿修羅)や、教えを聞くのみの修行者たちは、仏の徳を知らない。」
 
 と書かれているそうです。
 
 
 これは「アスラ(阿修羅)掲示板」に書かれている戯言(ざれごと)よりは、空念仏(からねんぶつ)の方がまだ有り難い、という意味かもしれませんね!
 
 
 
◆ 中村 元 訳註 , 早島 鏡正 訳註 , 紀野 一義 訳註 『浄土三部経 上』(岩波書店,1990年)
 
p.135.
   
 『ただ仏のみが、仏の徳を明らかに知る。
 
 神々・竜・アスラ(阿修羅)・ヤクシャ(夜叉)や、教えを聞くのみの修行者たちは、(知ら)ない。
 
 仏の智が説き明かされても、独居する修行者たちは、
 
 これを知るいかなる道があるであろか。』
 
https://www.iwanami.co.jp/book/b246315.html
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
23. 日高見連邦共和国[5877] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月06日 20:08:00 : GVaulKUN1g : Un_BaJcRrks[5]

>>19 『大慈大悲』さん

私もそう思います。『日米指揮権密約』や、現状のがんじがらめの『日米安保体制』の中では、
“一種の飛び道具”ではあるでしょうが、その実、堅実で有効的な手段かもしれませんね。

それに、さらにその先の“国連改革”にも繋げることができる点が素晴らしいと思います!


24. 日高見連邦共和国[5878] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月06日 20:16:57 : GVaulKUN1g : Un_BaJcRrks[6]

>>22 『晋協賛主義クラゲ』

だから、そういうハグラかしはやめろ、って言ってる。

>武力を伴う国際紛争や内戦を防ぐことが本命であり、“国連軍”を作ることは本来の国際平和の目的ではありません。

もう、自分で何を言ってるのかも分からなくなって来たんだろ?(笑)

【目的】 戦争・紛争・内戦の防止。(あるいはその早期の終結)
【手段】 集団安全保障。(武力行使はその最後の決然たる手段)

これが国連の目指す平和維持だ。誰も『国連軍を造る事が目的だ』なんて言ってねーだろ!?

はい、やり直し!(笑)


25. 日高見連邦共和国[5879] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月06日 21:12:58 : GVaulKUN1g : Un_BaJcRrks[7]

『新共産主義クラブ』さんへ。

うん、時間はイッパイあるから、真面目なお答えを期待させて頂く。

なんなら2、3日待ったって構わない。真摯なレスのみお願いしたい。


26. 2018年1月07日 00:02:14 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[984]

>投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 1 月 06 日
>天木直人氏 東京新聞が一面トップで報じた
>安倍9条改憲阻止の最善最強の戦略
>9条支持 国連決議を
>これだ!

天木氏は大器晩成型の逸材だったんですね。政治分析の鋭さが徐々に増してくるのが分かる。

立憲議会制民主主義の法治国家日本で新党憲法9条が世界の日の目を見て活躍する時は近い。

しかし最大の難関もまた日本国内に存在する事実を正しく見なければ反憲勢力の目の敵です。

日本国憲法第9条が世界平和の為に貢献することこそ日本国民の誉れとなるのは自然の摂理。



[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

27. 2018年1月07日 02:37:22 : asSeS7snQs : Bgw2Y_MYN70[4]

日本は、国連の常任理事国を目指している^^

其れは、憲法前文にも隠用された日本の建国目的でもある^^


28. 2018年1月07日 08:07:36 : kY5e4TlAYc : zcH58Wt@9U0[13]
【日本は独立国ではない】
独立国の要件:裁判権・関税自主権・最恵国待遇、一つでも欠ければ独立国ではない。
戦後72年、GHQの権益を引き継ぐ米軍占領継続状態の弊害、
【1】軍事と外交はコインの表と裏の関係で、外交を米国に委ねています、
米軍がイニシアチブを取る日米合同委員会が霞関官僚に指令を出す間接支配、
それによって、霞が関官僚が政策を作り、それに伴う政令を作る根拠は、
『日本国憲法英文草案(73条6項)を訳す時に「cabinet」を「内閣」をと訳しておきながら、「cabinet order」が「内閣令」でなく「政令」と『官僚が意図的に誤訳』したことが、政治が機能しない原因であり、官僚が政策を作り、それに伴う政令・省令・通達・行政指導を作る根拠となっています、政策や政令は内閣に提出されるが、議論することも無く、盲判を捺し、花押を署名するだけの儀式に過ぎず、官僚から立法権を取り戻す必要があります。
【2】日米安全保障条約体制で日本国憲法は死んでいる、
1959年3月30日、東京地裁伊達秋雄裁判長は、
米軍は戦力に当り憲法9条2項に違反する、依って被告人は全員無罪とした。
砂川事件伊達判決の翌日、『マッカーサー二世駐日米大使が藤山外相と会談』、
その日の閣議で同大使の提案である、跳躍上告が決定、
その後、『マッカーサー二世駐日米大使と田中耕太郎最高裁長官の間で談合』が行われて、以下の判決となった、
田中耕太郎・最高裁判所判決(判決に外国政府の意向が反映)抜粋、
最高裁判所(大法廷、裁判長・田中耕太郎長官)は、『1959年12月16日』、
日米安全保障条約のように高度な政治性をもつ条約については、
一見してきわめて明白に違憲無効と認められない限り、
その内容について違憲かどうかの法的判断を下すことはできない」
(統治行為論採用)
この結果、米国と結ばれている『日米安全保障条約、日米原子力協定が、日本国憲法の上位に君臨』して、治外法権を許し、基地問題、原発問題の解決を阻害しているのです。
【3】自衛隊と海上保安庁の指揮権を米軍が握っています、(指揮権密約の存在)
サンフランシスコ講和と日米安全保障条約の経緯
第9章 サンフランシスコ講和会議・軍事同盟には、
1.平等で相互的な同盟関係(米と英、仏)、
2.通常兵器で完全武装している相互援助関係(米と西独)、
3.実質上、占領の継続である保護国(米と日本)、の3つがある。
アメリカは当初、日本に2のオプションを求めたが、
吉田がこれを蹴って、3の名誉あるタダ乗りを要求した。
1952年1月28日、日米行政協定交渉始まる、
2月8日、ラスクレポート14号:「日本軍指揮は米軍の安全の為」
2月28日、岡崎国務相とラスク国務次官補が日米行政協定に調印、
4月26日、海上保安庁と海上警備隊発足、
4月28日、S・F平和条約、日米安保条約発効、
4月28日、日米合同委員会(米軍が日本を統治する機関)発足、
5月7日、日米行政協定に伴う刑事特別法公布、
7月23日、吉田首相、クラーク極東米軍司令官と指揮権密約に口頭合意、
【4】国民主権・基本的人権の尊重・平和主義(世界99カ国が掲げている)9条1項は不変の原則として変えるべきではありません。
しかし、現状では米軍に利用されて戦争に巻き込まれる可能性が大であり、
それを回避するためには、9条2項を改正して、自衛隊を軍隊として認めて交戦権を付与、その任務を国土の防衛に限定して歯止めをかけ、違憲状態を解消すると共に国家主権を回復、日米安全保障条約・日米地位協定・吉田アチソン交換公文・すべての密約を破棄して、米軍に撤退して頂き、自主独立の第1歩とすべきです。

29. 2018年1月07日 08:55:52 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[996]

>>29. さん、日本の自主独立を実現しよう。多くの国民が一度は考えたことのある問題です

その為に政策論より権力体質を正しく認識して国民に正しい判断ができる環境を整えるべき。

現実は与野党が入り乱れて表面的な批判の応酬と潰し合いに終始する楽しいモグラ叩きだよ。

野党ほど政治を放り出して小さな理念にこだわり熱中症になるまで夢中になってるようです。

日本は独立国ではないとする目線が狂っている。そのように政治を行う権力に問題がある話。

そうゆう意味で仮に政権を倒して交代するという二大政党論など権力の性質とは無関係な話。

ましてや批判を強めて主張を繰り返しても正しい価値観が伴わなければ所詮は人情沙汰の話。

権力体質の議論を避けて仮に独立国でないとしたら正しく在るべき権力体質こそ知るべきだ。

正統な日本人を自覚するならば天皇を殺した逆賊の権力体質を踏襲してきた権力を否定する。

まるで独立国ではないほどの政治を行っているのは思想的に逆賊権力体質に洗脳された人間。

それを正しく見抜き主張しても現実は変えれない。意識変革をもたらす環境づくりが大切だ。

逆賊権力を否定して日本があるべき国造りを現在の国民主権が行うことで自主独立がかなう。



[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

30. 2018年1月07日 08:57:37 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[997]

>>29.

>>28. さんでした。



[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

31. 2018年1月07日 11:00:22 : 6GtQVk4Hrw : vwMsqTCZMu0[438]
スイスは永世中立国だが、自衛権(自然権)は放棄していない。
自国の防衛をしない政策なんて夢の中のこと。
現実は、もっと厳しい。

自衛隊がアメリカン軍の指揮下にある事は、現実(自明の理)である。
また、ミサイルの避難訓練も核シェルター無しで滑稽である。

立憲よ・共産党よ・社民党よ 日本独立の絵を示してから言え。  

お前らが絵空事に夢中になっている間は、俺は信用しねぇ。


32. 日高見連邦共和国[5880] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月07日 11:33:10 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[2217]

>>27 『文末^^』くん

>日本の建国目的でもある^^

それって“桓武天皇”まで遡るお話し?(笑)

冗談はさておき、国連の安全保障の役割としての“マッカーサー理念”が空念仏化した事は認めざるを得ない。

でも、だからこそ、『9条を変えるか』、『国連を変えるか』の選択はしなければならないと思う。

安易で危険なのは『9条を変える』方だ。極めて困難だがやり甲斐のある仕事は『国連を変える』こと。

そういう意味においてなら『日本の常任理事国入り』を私は支持する。

そうでなければ、安保理で『米国の2票目』になるだけだから反対だ。

こんな単純な話しを、『日本の建国目的の隠用』などと煙に巻くなヨ。(笑)


33. 日高見連邦共和国[5881] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月07日 11:42:40 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[2218]

>>31

本気で自主防衛を考える事と、アメリカ追従で極めて危険な軍拡にひた走ることは別ですよ?

>日本独立の絵を示してから言え。  

つまり貴君は、『現在の日本は実質的に独立していない』と言う認識をお持ちって事ですか?

では貴君はどのような『日本独立の絵』をお持ちなのでしょうか、と問うのは失礼ですかね?

現在の日本は独立国の体を成してはいますが、実質は貴君が思うように様々なレベルでアメリカの支配下にあります。

殊更安全保障分野では、『日米安保体制』と『指揮権密約』の存在下では“自主防衛”など夢の又夢、でしょう。

そういう一見“どうにもならないように見える”状況下では、愚直に9条を守る事は極めて有効な“抵抗手段”なんです。

世界から“つまはじき”になりつつあるアメリカとべったり一体こそが“安全保障上の危機”と言わせて頂きます。

再度お聞きしますが、その『自衛隊がアメリカン軍の指揮下にある事は、現実(自明の理)である。』な状況で
“自主防衛”ができますか?叶いますか?ぜひその”絵模様”をお教え頂けないかと希望します。


34. 日高見連邦共和国[5882] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月07日 11:55:32 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[2219]

『新共産主義クラブ』さんへ。

賢明に“沈黙”を守っていることは素直に評価します。時間はどれだけ使って頂いても構いません。

私の真面目な問題提起に、真っ正面から真面目に答えて頂けるならば、1週間でも待ちましょう。

但し、貴方が >>13 で語った貴方の憲法改正案(3条加憲案?)を見させて頂く限り、
私や小沢一郎との“憲法観”あるいは“防衛観”とさほど隔たりがあるとは思えないのです。

それなのに貴方は馬鹿の一つ覚えのように『安倍と小沢の改憲案は一緒だ』とくり帰えなさる。

様々な考えを持つ野党が『合一した改憲案』を示せないのは当然の話しで、最低限度の部分で
“合意できる点”を模索し、そこで政策協定を結び、国会では統一会派、選挙では選挙協力を結ぶ。

それが“当たり前”であり“唯一現実的な戦い方”なんだが、貴方の理論では細部まで合意できなければ
それは “野合”であるという言になる。その論法こそが“巨大与党を利する行為”だと断罪しているのだ。

ここでは東京新聞が『9条改悪阻止の最善手はコレだ!』という素晴らしい問題提起に対して所感を記す場だ。

貴方の改憲論のような“極めてまっとうで穏健”な主張だけでは、安倍改憲スキームには対抗し得ないのかもしれないのだ。

・・・とまあ、こういった所感を含めて、貴殿の“真摯で丁寧な回答”を待たせてもらう。


35. 2018年1月07日 14:02:35 : V0plG5TNmw : COu_DFCk8ms[463]
村を守る、国を守る、自民党を守る、相撲協会を守る。

「守ることが大好きな」日本人は他国はすべて敵だ。
「しっかりしろ、うかうかしていると追い抜かれる、
そんなに甘いもんじゃない。」
そういう言葉がたまらなく好きだ。

一度としてロシアや中国との融和政策に向け、核廃絶に向け、
戦争ではない道を開くことに向け、政治オタクは努力を傾けたことがない。

北とのムンジェイン氏の南北統合に向けて、協力し会合を開くことを応援
すべきだが。
北の核の準備が気に入らないなら、世界の核廃絶運動の先導者となり、
リーダーシップをとって、国連でフランシス法王と同様平和のメッセージを
発信するはずだが。

長崎も広島も市長以下、節子さんのメセージを受け更にそれを拾い上げて、

核廃絶の機運に持ち込まない。

「米国は世界の恥」だと。



36. 新共産主義クラブ[5619] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月07日 14:24:00 : jkRmbYEVIQ : jTLu756LwDM[7]
>>34. 日高見連邦共和国さん
>但し、貴方が >>13 で語った貴方の憲法改正案(3条加憲案?)を見させて頂く限り、
私や小沢一郎との“憲法観”あるいは“防衛観”とさほど隔たりがあるとは思えないのです。 
 
 
 『新共産主義クラブ』が提案している「日本国憲法 第九条 第三項(案)」は、具体的には、政策として以下の項目を実行することを意味しています。
  
 ● 自衛隊法における、集団的自衛権行使に関する、第七十六条第一項に記載の「二 我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態」における防衛出動についての条文の削除。
 
 ● 朝鮮半島有事などで、公海上での米艦防護や米艦への補給、米兵の救助などを目的として制定された「重要影響事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律」(重要影響事態法、旧周辺事態法)の廃止
 
 ● 国連のPKO活動への参加を定めた「PKO国際平和協力法」(PKO法)の廃止
 
   
 『新共産主義クラブ』が「日本国憲法 第九条 第三項(案)」で示している憲法改正・安全保障政策の方向と、小沢一郎氏や安倍晋三氏が求めている憲法改正や安全保障政策の方向とは、大きな隔たりがあります。
 
 

<参考>(再掲 >>13
 
◆ 『新共産主義クラブ』 日本国憲法 第九条 第三項(案)
 
 第一項の目的を達するため、
 
 我が国に対する外部からの武力攻撃が発生した事態又は我が国に対する外部からの武力攻撃が発生する明白な危険が切迫していると認められるに至つた事態、
 
 我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生した事態、若しくは我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態、
 
 又は我が国が国際連合憲章上定められ、又は国際連合安全保障理事会で決議された等の、各種の安全保障措置等に参加する場合において、
 
 我が国は、我が国の領土、領海及び領空の領域外において、武器の使用、武力による威嚇又は武力の行使をおこなわない。
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
37. 新共産主義クラブ[5620] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月07日 14:37:27 : jkRmbYEVIQ : jTLu756LwDM[8]
>>36(訂正)
 
 ● 国連のPKO活動への自衛隊の参加を定めた「国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律」(国際平和協力法,PKO法)の廃止
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
38. 日高見連邦共和国[5883] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月07日 15:32:21 : aHWVlOTDNw : 5HZVlt@QlZw[1]

>>36>>37 『珍共産主義クラゲ』

だから、何だ?何の答えにもなってないって、分かって書いてるだろ?

はい、やり直し〜!(笑)



39. 新共産主義クラブ[5624] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月07日 15:39:23 : VhRRauTzDS : L8bEapkEsGA[15]
>>36(補足)
>『新共産主義クラブ』が「日本国憲法 第九条 第三項(案)」で示している憲法改正・安全保障政策の方向と、小沢一郎氏や安倍晋三氏が求めている憲法改正や安全保障政策の方向とは、大きな隔たりがあります。
 
  
 日本の政治家の中で、最も、自衛隊を海外に派兵して、自衛隊に海外で武力行使させたがってきたのが、小沢一郎氏と安倍晋三氏だ。
 
 自由党(小沢一郎代表)の憲法改正案にも、自衛隊の積極的な海外派兵、自衛隊の海外での武力行使が書かれている。
 
 小沢一郎氏らは、野党を撹乱して、野党の結束を乱そうとしているのだろうが、今の小沢一郎氏には、もう、その力は無いよ。
 
 
●「憲法についての考え方」発表 (自由党)
 
第二章(戦争の放棄)関係
 
1 自衛権及び自衛隊
 
・自衛権及び自衛隊については、現行の規定を維持した上で、下記の解釈を採る。
(1) 外国からの急迫かつ不正な侵害及びそのまま放置すれば我が国に対する直接の武力攻撃に至るおそれのある事態等我が国周辺の地域における我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態に限って、我が国の独立と平和を維持し国民の安全を確保するため、やむを得ず行う必要最小限度の実力行使は、個別的又は集団的な自衛権の行使を含めて、妨げられない。それ以外では武力行使しない。
(2) 上記の自衛権を行使するために必要な最小限度の「自衛力」として、自衛隊を保有することができる。
 
2 国際協力
(1) 国連の平和維持活動に自衛隊が参加する根拠となる規定を設ける。
(2) 国連の平和維持活動への参加に際しては、実力行使を含むあらゆる手段を通じて、世界平和のために積極的に貢献する旨を規定する。
 
その他関係 
・緊急事態
(1) 緊急事態に際し、対応策を迅速かつ強力に推進することができるよう、内閣による緊急事態宣言の根拠規定その他の緊急事態に関する事項について規定する。その際は、法律で定めるべき事項についても、併せて検討を行う。
(2) 大規模テロなどにより、内閣総理大臣を含む全国務大臣が欠けたとき等の臨時代理について、憲法上の根拠規定を置く。
(3) 緊急事態中に国会議員の任期が満了したが物理的に選挙を行うことができず、国会議員が不在となって国家機能の継続に支障を来す場合等を想定し、緊急時における国会議員の任期延長等について検討する。
  
http://www.liberalparty.jp/activity/diet/act0000062.html
 
● 【第二章(戦争の放棄)関係】(自由党)

《9条改正をどう考えるか。》
9条3項として、国連の平和維持活動に自衛隊が参加する根拠となる規定及び国連の平和維持活動等への参加に際しては、実力行使を含むあらゆる手段を通じて、世界平和のために積極的に貢献する旨の規定を設けるべきと考える。
 
《国連決議による自衛隊の海外派遣と集団安全保障との関係如何。》
国連決議にもとづく自衛隊の海外派遣は、国連による集団安全保障の一環として認められるべきである。

《自衛隊を憲法に位置付けるべきではないか。》
現行の自衛隊を、必要最小限の自衛力として憲法上明記すべきとすることも、一つの考え方ではある。
 
《9条と集団的自衛権の行使をどう考えるか。》
外国からの急迫かつ不正な侵害及びそのまま放置すれば我が国に対する直接の武力攻撃に至るおそれのある事態等我が国周辺の地域における我が国の平和及び安全に重要な影響を与える事態に限って、憲法9条に則り我が国の独立と平和を維持し国民の安全を確保するため、やむを得ず行う必要最小限度の実力行使は、自衛権の行使として、それが個別的であると集団的であるとを問わず、妨げられない。それ以外では武力を行使しない。
 
《集団的自衛権を認めるのか。》
我が党は、「我が国の独立と平和を維持し国民の安全を確保するため、やむを得ず行う必要最小限度の」という厳しい限定を付して、自衛権の行使を認める。そのため、許容される自衛権の行使は、ほとんどの場合個別的自衛権の行使にあたるものと考えられるが、この限定の枠内にある限り、集団的自衛権の行使を否定するものではない。

《集団的自衛権の行使を解釈により認める理由は何か。なぜ明文改憲によらないのか。》
集団的自衛権と個別的自衛権を細かく区分しようとする議論や、そのような議論に基づいた規定を設けるための憲法改正を行うべき実益はない。

《集団的自衛権の範囲(アルジェリア事件のような邦人保護も入るのか。地球の裏側まで行くのか。》
立法論的には、自衛隊が邦人の救出輸送を行うということは考慮すべき事項であるが、その場合の武器使用のあり方は、自衛権の議論とは別に考えるべきことである。
  
http://www.liberalparty.jp/activity/diet/act0000089.html
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。

40. おじゃま一郎[6509] gqiCtoLhgtyI6phZ 2018年1月07日 15:48:40 : ElrYv8cA8Y : nzy9B13QJE4[1]
>世界から戦争をなくすため、憲法9条支持決議を国連総会で採択させようと

世界の戦争史観は、世界大戦の反省から大きく変わって来た。

19世紀は自己保存権による正義の戦争、第一次世界大戦後は、
「戦争は違法」、第二次世界大戦後は、「武力不行使原則」。

もし憲法9条を国連で支持を得るには、第三次世界大戦後の
生き残りがやるだろう。



[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。

41. 日高見連邦共和国[5885] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月07日 15:54:57 : aHWVlOTDNw : 5HZVlt@QlZw[3]

>>39 『晋協賛主義クラゲ』

だからソレ、ここでの議論の内容や、私がオマエに問いかけた内容と関係ねーから!

ここはオマエの“エムは発表の場”ではない。明瞭適格、臨機応変に意見を交わしあう場だ。

その主張全てが“為にする議論”、そのグダグダのコメント態度そのものがオマエの“正体”だ

権力側の工作員だという・・・。私があれだけ警告を与えたっていうのに・・・。ご愁傷さまです。(笑)


42. 新共産主義クラブ[5625] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月07日 15:57:43 : 5jcicNH08c : Km4AgCVfYPk[30]
>>40. おじゃま一郎さん
>もし憲法9条を国連で支持を得るには、第三次世界大戦後の生き残りがやるだろう。
 
 
 第三次世界大戦後の生き残りは、「石と棍棒」で第四次世界大戦を戦い、その生き残りが、文字の発明からやり直すので、憲法9条が国連で支持を得るのは、そのずっとずっと先のことでしょう。
 
 
 
◆ アインシュタインの予言
 
「第二次世界大戦では原子爆弾が兵器として利用されましたが、第三次世界大戦が起こったら、どのような兵器が使われると思いますか?」というインタビューを受けたアインシュタインが「第三次世界大戦についてはわかりませんが、第四次大戦ならわかります。石と棍棒でしょう。」と答えたというもの。
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E4%BA%88%E8%A8%80
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
43. 日高見連邦共和国[5886] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月07日 16:00:01 : aHWVlOTDNw : 5HZVlt@QlZw[4]

>>39 『晋協賛主義クラゲ』

だからソレ、ここでの議論の内容や、私がオマエに問いかけた内容と関係ねーから!

ここはオマエの“エムは発表の場”ではない。明瞭適格、臨機応変に意見を交わしあう場だ。

その主張全てが“為にする議論”、そのグダグダのコメント態度そのものがオマエの“正体”だ

権力側の工作員だという・・・。私があれだけ警告を与えたっていうのに・・・。ご愁傷さまです。(笑)


44. 新共産主義クラブ[5626] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月07日 16:05:39 : 5jcicNH08c : Km4AgCVfYPk[31]
>>38さん
>だから、何だ?何の答えにもなってないって、分かって書いてるだろ?
 
 
 わかっていると思うけれども、私は、貴方のために、ここでコメントを書いているのではない。
 
 それから一つ言っておくが、日高見連邦共和国さんのことは、この掲示板を閲覧するほとんどの読者が、もう信用していないと思う。それを、自分で、わかっていないんだろ?
 


 
 
 

[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。

45. 新共産主義クラブ[5627] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月07日 16:08:27 : 5jcicNH08c : Km4AgCVfYPk[32]
>>34. 日高見連邦共和国さん
>それなのに貴方は馬鹿の一つ覚えのように『安倍と小沢の改憲案は一緒だ』とくり帰えなさる。
 
 
 小沢一郎と安倍晋三の安全保障論に違いがあるとすれば、
 
 小沢一郎が、「朝鮮人の命を守るために、日本人、なかんずく自衛隊員は命を捨てろ!」と言っているのに対して、
 
 安倍晋三は、「台湾人の命を守るために、日本人、なかんずく自衛隊員は、命を捨てろ!」と言っていることだ。
 
 
 朝鮮人の命も、台湾人の命も、日本人から見れば、大差ない。
 
 日本人の命を、朝鮮人の命や台湾人の命よりも軽んずる、安倍氏と小沢氏を一緒に分類することは、真に正しいと思う。
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
46. 日高見連邦共和国[5889] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月07日 18:46:48 : aHWVlOTDNw : 5HZVlt@QlZw[7]

>>45

ホラもう、言ってること支離滅裂。“お里が知れる”とはこの事だよね。(笑)

私は真面目な問題提起をしただけなのに、こんな“オチ”じゃ興覚めもイイとこだヨ〜。

キ印の相手はホント疲れる(笑)。まさに、ザ・徒労。アっざ〜ス!!


47. 2018年1月07日 18:47:45 : HYhL7NFvHo : 7s5bRag6Txw[1]
つうか、韓国と和解の用意。アメリカと対話の用意と報じられてて、
安倍は『きゃっちょーせんがどうこう』と憲法に絡めて批判しずらくなってきてるが
残念だな

48. 新共産主義クラブ[5637] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月07日 19:10:19 : DvqcTzF2dW : 2RUPFSpqtEA[4]
>>45(補足)
> 小沢一郎が、「朝鮮人の命を守るために、日本人、なかんずく自衛隊員は命を捨てろ!」と言っているのに対して、
> 安倍晋三は、「台湾人の命を守るために、日本人、なかんずく自衛隊員は、命を捨てろ!」と言っていることだ。 
 
 
 国連の集団安全保障活動と、集団的自衛権行使とは、互いに対立する概念ではない。
 
 韓国贔屓の小沢一郎は、自衛隊の国連の集団安全保障活動への参加を推進を、
 
 台湾贔屓の安倍晋三は集団的自衛権行使を推進し、日本の自衛隊の海外派兵の推進を分担している。
 
 小沢一郎が集団的自衛権行使に反対しているわけでないし、安倍晋三が国連の集団安全保障活動への参加に反対しているわけではない。
 
  
 朝鮮半島有事の際には、既に1950年の朝鮮国連軍派兵の国連決議があるので、それを自衛隊の朝鮮半島派兵の根拠に使える。
 
 そのため、日本人の命を犠牲にしてでも、朝鮮人の命を守ることを第一としている小沢一郎は、国連中心主義を掲げて、自衛隊の国連の集団安全保障活動への参加を叫んでいる。
 
 一方、台湾有事の際には、拒否権を持つ常任理事国である「一つの中国」における国内の内戦であるので、国連決議による海外派兵は難しい。
 
 そのため、日本人の命を犠牲にしてでも、台湾人の命を守ることを第一としている安倍晋三は、集団的自衛権行使を重んじて、自衛隊による『台湾島』(たいわんとう)の“島嶼防衛”(とうしょぼうえい)を叫んでいる。
 
  
 『朝鮮人の命が第一』の小沢一郎と、『台湾人の命が第一』の安倍晋三は、自衛隊の海外派兵のために、お互いに協力して分担し、補完し合っていると言って良い。
 
   
 
◆ 小沢一郎氏と安倍晋三とは天地ほどの差がある。その一つとして、野党の質問時間についての考え方
投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 10 月 29 日
  
7. 小沢一郎の影武者[201] j6yR8ojqmFmCzIlllZCO0g 2017年10月30日 16:37:09 : qTWMuk9ywc : mUBgaOujBbY[287]
 
 >> 新共産主義クラブ
 >北朝鮮に対する安全保障政策では、小沢一郎と、安倍晋三とで、天地ほどの差は無い。 どちらも、北朝鮮に対して「断固、撃つべし」という、主戦派であることに違いはない。>
  
     ↑
  いちいち相手にするつもりは無いが、小沢一郎の考え方を国民に浸透させるため
  に利用する。
 
   □ 安倍晋三・・・アメリカの指示に従って、北朝鮮と戦う。
 
   □ 小沢一郎・・・国連で「北朝鮮を撃つべし」の決議があれば、国連軍に
            自衛隊を参加させ、北朝鮮と撃つ。
 
   もちろん、北朝鮮が誤射であれ先に日本国土にミサイルを撃ち込んだら、米国
   および国際社会と協力して北朝鮮を殲滅させる。
     ⇒個別的自衛権
  
8. 日高見連邦共和国[5748] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2017年10月30日 17:30:01 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[2182]
 
 
一応補足すると、朝鮮米朝軍は国連決議の結果“国連軍としての権限を保有したまま”であり、
朝鮮戦争は“休戦状態”にあるに過ぎず、“米朝国連軍”は思うがまま北朝鮮を武力で制裁する権限を有する。
 
『新たな国連決議』など一切必要なくね〜。これが不都合な現実。皆に『思い出して欲しくない』ネ。
 
  
http://www.asyura2.com/17/senkyo234/msg/838.html#c7
http://www.asyura2.com/17/senkyo234/msg/838.html#c8
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
49. 新共産主義クラブ[5638] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月07日 19:23:41 : DvqcTzF2dW : 2RUPFSpqtEA[5]
>>47さん
>安倍は『きゃっちょーせんがどうこう』と憲法に絡めて批判しずらくなってきてるが残念だな
 
 
 細野、前原、小沢、玉木、小池らは、さらにガッカリしているだろうね。
 
 「やったー! ついに、待っていた朝鮮半島有事だぁ〜!!」と、
 
 興奮して飛び上がり、護憲派を排除までして、新党を作ったわけだから。
 



[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。

50. 日高見連邦共和国[5891] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月07日 20:17:09 : aHWVlOTDNw : 5HZVlt@QlZw[9]

>>48 『晋協賛主義クラゲ』

知ってて言ってるとは思うが、こと半島情勢に限って言えば、国連決議は必要ない。

すでに“米韓軍”は『朝鮮戦争国連軍』だからだ。

でも日本がその戦争に正面武力で加担したんだったら、新たな国連決議が必要になる。

オマエは安倍の『対米追従』と小沢一郎の『国連中心主義』を同列に並べる。

それが“説得力のある論法”かどうかは、私やオマエが決める事ではない。

ここのコメント欄を読んでくれている方がただから、安心してよろ。(笑)

そして、野党合同の足並みを乱そうとしているのが、
私か、小沢一郎か、オマエか、を決めるのも、私やオマエではない。

それともやっぱり不安か?その“安倍並み”の安っぽい詭弁が・・・。

心からオマエを案じて言うのだが、そろそろ黙った方はイイぜ?(笑)


51. 2018年1月07日 20:34:34 : s4D9Q7eK8c : zHT_mzE4S6g[-232]
昨年の総選挙と東京都議会選挙は不正でした。
開票所で撮影した不正の証拠動画です。
外国人に書かせたニセ票です。

20171022衆議院議員選挙_開票状況
https://www.youtube.com/watch?v=XtWe4bblRT8&t

20171022衆議院議員選挙_開票状況−2
https://www.youtube.com/watch?v=eaak9ts5VWk&t

20171022衆議院議員選挙_開票状況−3
https://www.youtube.com/watch?v=fRHojYX4ecs&t

20170702東京都議会選挙_開票状況
https://www.youtube.com/watch?v=jmP-8NPfda8&t



[12初期非表示理由]:管理人:意味なし多数のため全部処理

52. 日高見連邦共和国[5894] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月07日 21:03:41 : aHWVlOTDNw : 5HZVlt@QlZw[12]

◆『新共産主義クラブ』の詭弁@

>>13>>36 ◆『新共産主義クラブ』 日本国憲法 第九条 第三項(案)

『1項はそのまま』と言ってるが、私が『2項はどうした』と聞いても答えない。
『1、2項はそのまま』かどうかも不分明で『3項(案)』を示されても説得力はない。
これは件の工作員のいつもの“手”。議論を煙に巻き、“為にする議論”に持ち込む為の手法。

日本国憲法 第9条
=============================================
【戦争放棄、戦力及び交戦権の否認】

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、
武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。(第1項)

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。(第2項)
=============================================


◆『新共産主義クラブ』の詭弁A

>>36 のコメントでの『廃棄すべき法案』への言及。

そこで挙げている一連の“戦争法案”の廃棄・無効化を“反対だ”と、いつどこで
小沢一郎や自由党が主張しているのか?自由党の“公党”としての責任ある見解と、
『新共産主義クラブ』の無責任な意見がいつの間にか差し替えてられている不思議。(笑)

また、小沢一郎の政治家としてのブレない“個人見解”と、昨今の危機的状況を踏まえた
“野党共闘”に対する最低限度の『認識共有』を故意にごちゃ混ぜにした悪意溢れるコメント。


53. 2018年1月07日 21:13:08 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[1009]

>>40. おじゃま一郎
>世界の戦争史観・・・
>もし憲法9条を国連で・・・
>第三次世界大戦後の生き残りがやる・・・

そんな戦争は日本の不戦敗ということになる。歴史を繰り返す愚かな日本ではない。

もし日本が防衛費相当額を世界貢献に使えば地球上の子供達が不戦勝となるだろう。



[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

54. 日高見連邦共和国[5895] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月07日 21:21:38 : aHWVlOTDNw : 5HZVlt@QlZw[13]

◆『新共産主義クラブ』の浅墓な論理

>>13>>36
>第一項の目的を達するため、(中略)我が国は、我が国の領土、領海及び領空の領域外において、
 武器の使用、武力による威嚇又は武力の行使をおこなわない。
(引用終わり)

『新共産主義クラブ』氏は、『領土・領空・領海』のみを“武力行使可能な範囲”とお考えのようだ。

戦争勃発前の“緊張時”ならいざ知らず、既に“有事”が発生している場合、
空対地、艦対地ミサイルの射程が100キロを軽く超える性能を持つ昨今で、
自衛隊の武力行使可能範囲をそのように規定してしまうと効果的な防衛などできない。

勿論一定の条件下ではあるが、排他的経済水域圏及び防空識別圏は“活動範囲”とせねばならない。

もう、こんな程度の奴と、真面目に国防や安全保障の話しなど出来ないのは当然だよネ。(笑)

それにしても、阿修羅の一コメンター『小沢一郎の影武者』のコメントを、
小沢一郎の見解だと引用する(>>48)コイツって、どんなお笑い芸人?

おやすみ、『晋協賛主義クラゲ』くん。


55. 日高見連邦共和国[5896] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月07日 21:28:19 : aHWVlOTDNw : 5HZVlt@QlZw[14]

>>53

>もし日本が防衛費相当額を世界貢献に使えば地球上の子供達が不戦勝となるだろう。

ほんとにそうですね、同意します。今は国レベルでの“勝ち負け”を競い合う時代ではありません。

ところが安倍やトランプときたら『ぼくちんが偉い』だけを喧伝する事だけにご執心で・・・


56. 2018年1月08日 12:05:42 : hyEQL9xgYu : k5UBbXQ5ICI[425]
敵国条項と憲法九条はリンクしているのでは(・・?
日本が他国に脅威を及ぼすようなことが1mmでもあれば、どこからミサイルが飛んできても正当化されるのでは・・
日本とドイツは潜在的脅威としての立場は不変なのか(・・?
両国とも米国の属国だが、周辺国は安全弁として考えているだろうが、日本はどのような属国離脱をするのか、その時に世界は許容するのか、昨今の状況は逆を行っているような感じだが。
世界の敵国である日本は憲法九条の保険は必要であろうと考える。
本音を云えば、世界の戦争屋の米国と安全保障を結んでいれば、唯一の攻撃国が我が国を守っているのから安心だ。
脅されて、集団的云々をやろうとしているが、愚の骨頂だ。
カネだけ出せばお釣りが来る世界だろう。
サウジアラビアと同じなんだから米国に軍事予算の半分を渡して、対等な関係を築くべきだ。
安全保障以外の指図は止める前提で、日本政治は国内の復活に手をつけるべき時だ。
どうせ属国離脱は先のことだから割り切って、本音と建前のずれを失くす方向に行くべきではないだろうか。
そうでもしなけりゃ、その前に国がなくなってしまうよ。
日本は本音(真実)と建前(虚飾)のズレが訳の分からない状況に陥っている。
時限爆弾の生活がつづいていることを認識して、社会のあり方を変えるべき時が来ている。
他国からやられる以前に内部崩壊が心配だ。

57. 日高見連邦共和国[5900] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月08日 12:29:46 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[2220]

>>56

まず一点、『敵国条項は死文化されている』という人が居ますが、それは“嘘”である。

確かめる方法がひとつあります。領空・領海侵犯してきた中国軍機・艦に発砲してみればいい。

それで中国がどう対応するのかを見れば一目瞭然です。勿論、お勧めはしませんが。(笑)

2点目。少なくともドイツに関しては『実質的に敵国条項対象国から外れている』これは事実。

EU・ユーロが“ドイツ抜き”では成り立たない。フランス、イギリスは“運命共同体”ですから。

そして第3点。敵国条項と憲法9条とアメリカとの軍事同盟の関連性。

20世紀までの『アメリカの国益=日本の国益』という世界であれば、
アメリカの股座に入って、隷属的に“守って貰う”こともまた有りだったでしょう。

これからの世界は違う。アメリカが前提条件抜きで、日本に対する“集団的自衛権”を発動すると思います?

>他国からやられる以前に内部崩壊が心配だ。

首都圏を襲う大災害・・・そんなきっかけが無ければこの国は変れないのかもしれません。

その“危機”を乗り切る為にも、統治機構を大変革し、あらゆる機能を地方へ分散させねばならない。

正面装備(人殺しの兵器)を揃える事だけが国防ではありません・・


58. 新共産主義クラブ[5639] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月08日 15:54:11 : RjQm7u1QrM : ZRqGd4OHSdM[5]
>>52. 日高見連邦共和国さん
>『1項はそのまま』と言ってるが、私が『2項はどうした』と聞いても答えない。
>『1、2項はそのまま』かどうかも不分明で『3項(案)』を示されても説得力はない。 
 
 
 もちろん、『新共産主義クラブ』の憲法改正案は、日本国憲法 第九条の第1項と第2項を、そのまま残して、新たに第3項を追加するという改憲案です。
 
 私は、日高見連邦共和国さんのコメントには、あまり知性を感じないないので、普段、あまり丁寧に読んでいません。
 
 すっかり読み飛ばしていました。
 
 また、私がここにコメントを書く主たる目的は、日高見連邦共和国さんに読んでもらうことではないので、日高見連邦共和国さんからの質問は、私は、基本的には無視しています。
 
 
◆『新共産主義クラブ』 日本国憲法 第九条 改正案 (再掲)
 
 
第二章 戦争の放棄
 
〔戦争の放棄と戦力及び交戦権の否認〕
 
 第九条
 
(第1項と第2項はそのまま残す)
 
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
 
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
 
 
(新たに第3項を追加する)
 
3 第一項の目的を達するため、
 
 我が国に対する外部からの武力攻撃が発生した事態又は我が国に対する外部からの武力攻撃が発生する明白な危険が切迫していると認められるに至つた事態、
 
 我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生した事態若しくは我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態、
 
 又は我が国が国際連合憲章上定められ、又は国際連合安全保障理事会で決議された等の、各種の安全保障措置等に参加する場合において、
 
 我が国は、我が国の領土、領海及び領空の領域外において、武器の使用、武力による威嚇又は武力の行使をおこなわない。
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
59. 新共産主義クラブ[5640] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月08日 15:55:39 : RjQm7u1QrM : ZRqGd4OHSdM[6]
>>58(訂正)
 
 私は、日高見連邦共和国さんのコメントには、あまり知性を感じないので、普段、あまり丁寧に読んでいません。
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
60. 日高見連邦共和国[5904] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月08日 16:24:12 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[2224]

>>58 『晋協賛主義クラゲ』

>私は、日高見連邦共和国さんのコメントには、あまり知性を感じないので、普段、あまり丁寧に読んでいません。

それは“褒め言葉”だと受け取っておこう。(笑)

あのサ、キミ。そういうW減らず口”はいらないからサ、私が指摘している
『対地ミサイルの100キロ以上問題と国土防衛』に対して、なんか反論ないの?

他人に“知性”がドーコー言ってるお方が、その貧相なコメントじゃ〜、悲しくのネ?(笑)


61. おじゃま一郎[6510] gqiCtoLhgtyI6phZ 2018年1月08日 16:42:59 : maLE8XXLdE : PBzKet8orWQ[2]
国連の強制措置とPKOを同一に論じてはいけない。

強制措置とは、国連憲章39条の平和の脅威・破壊に対し
41条で制裁措置を取ることであり、PKOは同意、
公平、武器不行使の三原則に基くものである。しかしながら
ルワンダの大虐殺の反省から国連PKOは交戦権をもつことに
なった。


62. 2018年1月08日 16:54:28 : J0EfR5l7E6 : Pg8W7GUPCkg[1017]

59. 新共産主義クラブ

9条改憲阻止と現政権に対し真っ向から勝負を挑もうとするところ荒らしの前の静けさですぞ。

逆に知識まる出しで議論もろとも粉々に吹き飛ぶほどの知性は返って逆効果という場合もある。

何故なら現政権が相手なんだから言論における主砲の威力を撃滅しない限りは万年の弓矢など。

正攻法を考えるなら自民党と公明党の9条に関する温度差が弱点と認識を共有するべきだろう。

だから相手の一撃をもって勝敗が決するような論戦を形成したり挑んだりすれば安保の二の舞。

事実上の争点はそう多くない。皆んな本分を忘れて枝葉の小難しい知識欲の満足に終始してる。

現政権の下で今の憲法を変えるのか否か国民に訴え野党間の協力関係を醸成できるかどうかだ。

それを最初に確認して協調性を発揮することと最後まで粘り強く仲間を増やすことだけが大事。

あまりにもありふれた作戦だから難しくて分からないだろ。




[12初期非表示理由]:管理人:カルト宗教コメント多数により全部処理

63. 新共産主義クラブ[5641] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月08日 16:59:33 : EDX5mKFSTc : kKdakYEc5J4[3]
>>50. 日高見連邦共和国さん
> 知ってて言ってるとは思うが、こと半島情勢に限って言えば、国連決議は必要ない。
> すでに“米韓軍”は『朝鮮戦争国連軍』だからだ。
> でも日本がその戦争に正面武力で加担したんだったら、新たな国連決議が必要になる。
 
 
 小沢一郎氏は、第二次朝鮮戦争への自衛隊が戦闘に参加する法的根拠として、第一次朝鮮戦争のときに決議された「国連安全保障理事会決議84」と、日本の集団的自衛権の行使との二本立てで考えています。
 
 「国際連合安全保障理事会決議84」には、朝鮮国連軍に参加する具体的な国名は記載されておらず、日本の自衛隊が朝鮮国連軍に参加するために、新たな国連決議は要りません。
 
 日本の憲法上、自衛隊の朝鮮国連軍への参加が認められるかどうかは、日本の国内問題です
 
 小沢一郎氏の主張通りに仮に自衛隊の朝鮮国連軍への参加が憲法上認められたとしても、政策判断として実際に朝鮮国連軍に参加するかどうかは、日本と、統一指揮をおこなう米国を始めとする朝鮮国連軍参加国との協議で決まります。
 
 (1950年の朝鮮戦争開戦時には、日本はまだ独立しておらず、米軍の占領下にありました。開戦当時に国連軍の占領下にあった日本は参戦国に算入されていませんが、国連軍の要請(事実上の命令)により特別掃海隊などを派遣、死者も出しています。)
 
 
◆ 阪口,規純『湾岸戦争後の日本の安全保障論議に関する一考察 : 小沢一郎・自由党党首の安全保障論を巡って』
(国際公共政策研究,第4巻1号)
 
 小沢は同調査会答申では、多国籍軍への協力は後方支援までとの政策判断を示すのであるが、新生党期以降は、武力行使を伴う多国籍軍であっても積極的に参加すべきとの見解を強く主張するようになる。
 
 その契機となったのは1994年春の北朝鮮の核開発疑惑を巡る朝鮮半島危機であったものと思われる。
 
 新進党解体に伴い1998年1月、小沢は自由党を結成する。
 
 この時、小沢の安全保障論が、そのまま党の基本政策として打ち出される。
 
 自由党は、「わが国は、日本国憲法および国際連合憲章に規定される国際協調主義の理念に基づき、国際連合の総会または安全保障理事会において国際連合平和活動に関する決議が行われた場合、これを尊重し当該活動に積極的に参加する」ことを安全保障3原則の一つに掲げ、今日に至るのである。
 
 1996年2月、新進党安全保障基本法プロジェクトチームの東祥三座長が寮法9条は国連加盟国の武力行使を禁じた国連憲章第2条と同義であり、国連憲章が国連の集団安全保障措置を補充するため、各国に個別的、集団的自衛権を認めている以上、憲法上も集団的自衛権の行使が認められると解釈できる、との私案を発表した。
 
 小沢は、この東私案の論理に同調する考えを示すと共に、「日本は国連に加盟するとき、あらゆる手段をもって国連に協力すると表明した。その国連は集団的自衛権を認めている。これまで私は憲法上は制約されるのではないかと考えていたが、論理的には認められると思う」と述べ、小沢調査会以降、一貫して否定的見解を示していた集団的自衛権の憲法解釈を転換する。
 
https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/9248/
https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/9248/5-13_n.pdf
 
 
◆ United Nations Security Council Resolution 84
 
Adopted by the Security Council at its 476th meeting, by 7 votes to none, with 3 abstentions (Egypt, India, Yugoslavia), on 7 July 1950
 
The Security Council,
 
Having determined that the armed attack on the Republic of Korea by forces from North Korea constitutes a breach of the peace,
 
Having recommended that Members of the United Nations furnish such assistance to the Republic of Korea as may be necessary to repel the armed attack and to restore international peace and security in the area,
 
1. Welcomes the prompt and vigorous support which Governments and peoples of the United Nations have given to its resolutions 82 (1950) and 83 (1950) of 25 and 27 June 1950 to assist the Republic of Korea in defending itself against armed attack and thus to restore international peace and security in the area;
 
2. Notes that Members of the United Nations have transmitted to the United Nations offers of assistance for the Republic of Korea;
 
3. Recommends that all Members providing military forces and other assistance pursuant to the aforesaid Security Council resolutions make such forces and other assistance available to a unified command under the United States of America;
 
4. Requests the United States to designate the commander of such forces;
 
5. Authorizes the unified command at its discretion to use the United Nations flag in the course of operations against North Korean forces concurrently with the flags of the various nations participating;
 
6. Requests the United States to provide the Security Council with reports as appropriate on the course of action taken under the unified command.
 
https://en.wikisource.org/wiki/United_Nations_Security_Council_Resolution_84
 
◆ 安保理決議第84号 大韓民国への侵略に対する非難
 
 安全保障理事会は、
 
 大韓民国に対する北朝鮮からの武力攻撃は平和への侵害であると見なし、
 
 国際連合加盟国が武力攻撃を撃退し当該地域における国際平和と安全の回復のために大韓民国への支援に必要と思われる措置を講じることを勧告し、
 
 
1.国際連合の諸政府及び民衆が1950年6月25日付決議第82号・6月27日付決議第83号に従い大韓民国を支援し武力攻撃から防御し当該地域における国際平和と安全を回復するための迅速かつ力強い支援を歓迎する。
 
2.国際連合加盟国は大韓民国からの支援要請を国際連合に移管したことに留意する。
 
3.前述の安全保障理事会決議に従い軍事力及びその他の支援を拠出するあらゆる加盟国はアメリカ合衆国による統一された指示系統の下に部隊や支援を形成することを勧告する。
 
4.アメリカ合衆国に対しそのような部隊の司令官を任命することを要請する。
 
5.同時に様々な国家が参加している北朝鮮に対する軍事行動において統一された指示系統にあることを示すため国際連合旗を使用することを承認する。
 
6.合衆国に対し、統一された指示系統の下で為された行動について必要に応じて報告を提出することを要請する。
 
http://www.issue.net/~sun/sc/1950/0084.html


◆ 憲法についての考え方 Q&A 自由党(小沢一郎代表)
 
《集団的自衛権を認めるのか。》 ⇒「集団的自衛権の行使を否定するものではない。」
 
 我が党は、「我が国の独立と平和を維持し国民の安全を確保するため、やむを得ず行う必要最小限度の」という厳しい限定を付して、自衛権の行使を認める。そのため、許容される自衛権の行使は、ほとんどの場合個別的自衛権の行使にあたるものと考えられるが、この限定の枠内にある限り、集団的自衛権の行使を否定するものではない。
 
http://www.liberalparty.jp/activity/diet/act0000089.html
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。

64. 日高見連邦共和国[5906] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月08日 17:41:19 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[2226]

>>63 『晋協賛主義クラゲ』

そこオマエまだ続けんの?(笑)

>小沢一郎氏は、第二次朝鮮戦争への自衛隊が戦闘に参加する法的根拠として、
 第一次朝鮮戦争のときに決議された「国連安全保障理事会決議84」と、
 日本の集団的自衛権の行使との二本立てで考えています。
(引用終わり)

それは何時、何処で、小沢一郎が言った見解だ?オマエの拙いコメントを読むと、只の妄執と決め付けじゃね?(笑)

それに、小沢一郎が“一般論とそて国連の平和維持活動への参加”を主張している事と、
『朝鮮戦争に一枚噛んで自衛隊を出兵させたい』という事との間には太平洋程の隔たりがあるが?

そして、小沢一郎の発言は何も出せずに、阪口なんたらという軽薄な評論家の違憲を引用するのは、知恵足らずも甚だしい。

聞いてるコッチが恥ずかしいから、もう止めたら、って何度も助言してるのに・・・。(笑)

>「国際連合安全保障理事会決議84」には、朝鮮国連軍に参加する具体的な国名は
記載されておらず、日本の自衛隊が朝鮮国連軍に参加するために、新たな国連決議は要りません。
(引用終わり)

ふ〜ん。過去の国連決議に『具体的名国名』が記載されていないから、何十年も後になってもそこへの参加は“フリー”だと?

その認識自体が“お粗末”と言わざるを得ない。国連決議84によって集った“多国籍軍”は“米韓半島軍”に移行し、
その実体は解体されている。故に、かつて朝鮮戦争時に集った国の軍隊であれ、再度半島に終結することは出来ない。

ましてや、かつての“半島多国籍軍”に参加した実績のない日本の自衛隊が、国連決議84を根拠に“国連軍の一翼”は名乗れない。

これは“法解釈上”の論理と言うよりは、拒否権を持つ“常任理事国間”のパワーバランスのお話しだ。

それに、自衛隊が“半島多国籍軍”に参加する為に“新たな国連決議が必要かどうか”など、話しの本筋には一切関係ない。

そうやって議論の隘路の深みに引きずり込み、論点をズラして“為にする議論”に終始する工作員よ、もう去れ!(笑)



65. 日高見連邦共和国[5907] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月08日 18:15:27 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[2227]

>>63 『晋協賛主義クラゲ』

ちっとだけ補足。

>「国際連合安全保障理事会決議84」には、朝鮮国連軍に参加する具体的な国名は
 記載されておらず、日本の自衛隊が朝鮮国連軍に参加するために、新たな国連決議は要りません。
(引用終わり)

この見解を否定する理屈はいくつかあるが、その中のひとつだけ記しておく。

安保理決議83、84号が決議されたのが1950年、つまりサンフランシスコ平和条約の締結前で、
当時の日本は連合国の“占領下”であり、独立国ではなく、ましてや国連加盟国でもなかった。

故に、安保理決議83、84号が成された1950年、その議決に規定される国連加盟国に日本は該当しない。

また日本が国連に加盟するのは1956年であり、それ以前に“半島多国籍軍”の各国と結んだ
“地位協定”が、朝鮮戦争と半島多国籍軍に対する日本の“立ち位置”を明確に表している。

故に、日本は『安保理決議83、84号』に規定された“国連加盟国”の要件を満たしていない、
ゆえに新たな国連決議がされなければ日本が“半島多国籍軍”に名を連ねることは出来ない、と断ずる。

米韓以外の当時の多国籍軍を構成した国々が新に参集するのでさえ、高いハードルが幾つもある。

また朝鮮戦争が“継戦状態”であれば、その後国連加盟国となった日本も多国籍軍に名を連ねる資格を持つかもしれないが、
朝鮮戦争は “休戦状態”であり、ましてや決議が60年以上にもなる現実を踏まえれば、
そもそも“アメリカが授権した国連軍司令部としての権能”の有効性すらも“疑問視”されるのだ。

法律や国連決議は『文言を素直に読む』事はとても大事ではあるが、国連の武力行使と
安保理決議に関わる限りは『文言をそのまま読むことはできない』のは当然の事である。

それでも『新たな国連決議が必要ない』と強弁するのであれば、国連決議とそれを執行する実例を以って
オマエ『新共産主義クラブ』の主張が正しいという言をご証明されるが宜しい。期待して待つ!


66. 新共産主義クラブ[5644] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月08日 18:47:08 : Us7pWSQqqQ : UI271IUQMnM[18]
>>65. 日高見連邦共和国さん 
 
> 国連決議84によって集った“多国籍軍”は“米韓半島軍”に移行し、その実体は解体されている。
 

 朝鮮国連軍は、現在も存続しています。
 
(参考) 国連軍 (朝鮮半島)
 
 朝鮮半島における国連軍(こくれんぐん、英: United Nations Command, UNC)は、1950年に勃発した朝鮮戦争において組織された多国籍軍である。2017年現在も組織は存続しており、日本の横田基地に後方司令部を置く。朝鮮国連軍とよばれることもある[1]。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%80%A3%E8%BB%8D_(%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E5%8D%8A%E5%B3%B6)
 
 
> ゆえに新たな国連決議がされなければ日本が“半島多国籍軍”に名を連ねることは出来ない、と断ずる。
 
 
 朝鮮国連軍地位協定の改定に、国連決議は必要ありません。
 
 基本的に、朝鮮国連軍については、国連から米国に指揮権が授権されています。
 
 日本が朝鮮国連軍に参加する場合には、統一指揮をおこなう米国を中心とする『国連軍派遣国会合』で決まります。
 
 現在、日本も『国連軍派遣国会合』のメンバーです。
 
  
> 故に、日本は『安保理決議83、84号』に規定された“国連加盟国”の要件を満たしていない、
 

 現在の日本は、国連加盟国です。
 
 
 
 もちろん、「国連決議に基づいて、自衛隊を朝鮮半島に派兵して国連軍とともに武力行使するべきだ」というのは、小沢一郎氏の主張であって、『新共産主義クラブ』は、この小沢一郎氏の主張に強く反対しています。
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
67. 2018年1月08日 18:53:27 : MJuPXuumTc : OLeP8lQ5tI0[1]
●2013.9.28 08:32
【中高生のための国民の憲法講座 第13講】
平和は汗して勝ち取るものだ 百地章先生
http://www.sankei.com/life/news/130928/lif1309280017-n1.html
◆9条で平和が守れる?
護憲派は、日本が戦後、平和を維持できたのは9条のお蔭だといいます。もし9条で平和が維持できるなら、それほど楽なことはありません。国連など不要ですし、各国とも競って9条を採用し、軍備を撤廃することでしょう。しかし、そんな国はありません。
9条があったから外国が攻めてこなかったわけではありません。
戦後わが国が外国から戦争をしかけられず、平和を維持できたのは、自衛隊と日米同盟に基づく米軍および核の傘のお蔭です。
冷戦時代、ソ連は北海道に侵攻しようとし、しばしば軍用機がわが国領空を侵犯しました。そんな時、スクランブル(緊急発進)をかけて、ソ連機を退去させたのは自衛隊です。
平成11年、海上警備行動を発動して北朝鮮の工作船を追跡したのは、海上自衛隊の護衛艦でした。現在、尖閣諸島を奪い取ろうとしている中国の公船や軍艦と対峙(たいじ)し、わが国の領土・領海を守っているのも海上保安庁や自衛隊です。そして、その背後に同盟国アメリカがいるから、わが国の平和が守られてきました。
したがって、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼し」(憲法前文)、戦争を放棄すれば平和が維持できるなどと考えるのは、ただの夢想にすぎません。
護憲論者たちは、9条改正はわが国を「戦争をする国」に変えるものだから反対だといいます。しかし、もし軍隊を保持するだけで戦争が始まるなら、世界中で戦争が勃発しているはずでしょう。ここにも、日本だけを危険視する護憲派の独断と偏見が見られます。
◆軍隊は「戦争抑止力」
彼らに欠如しているのは、軍隊は「戦争抑止力」であり、外国の侵略の意図をくじき、独立と平和を守るものであるという、国際常識です。だから「武器ではなく、憲法9条こそが、私たちを守ってくれます」などと無責任なことをいうのです。
具体的にどのようにして国を守っていくのか、という肝腎の疑問には答えようとしません。ただ不安をあおっているだけです。
9条改正で、徴兵制が敷かれるといった放言も、まさにその類いです。自民党案には、徴兵制度などありませんし、志願制が世界の流れです。それに国民の意思に反して徴兵制を敷くことなどできません。
軍隊や戦争をめぐって、これまで護憲派は多くのウソや偏見をまき散らしてきました。今こそ、国際常識を踏まえた防衛論議が必要ではないでしょうか。

●2013.12.7 12:00
【中高生のための国民の憲法講座】
第23講 なぜ憲法に軍隊明記が必要か 百地章先生
http://www.sankei.com/life/news/131207/lif1312070030-n1.html
安倍首相は現在の自衛隊は国際法上は「軍隊」とされながら、国内では「軍隊ではない」とされており、この矛盾を解消する必要がある、とも言っています。まさにそのとおりです。
しかしなぜ自衛隊を「軍隊」としなければならないのか。より本質的な理由は、次の点にあります。つまり戦力の不保持を定めた憲法第9条のもとでは、法制度上、自衛隊は軍隊ではなく、警察組織にすぎないとされているからです。
◆軍隊と警察の違い
それでは、軍隊と警察の違いは何でしょうか?
軍隊の権限は「ネガティブ・リスト」方式で規定されています。つまり行ってはならない事柄、例えば、毒ガス等の非人道的兵器の使用禁止や捕虜の虐待禁止などを国際法に列挙し、禁止されていない限り、軍隊の権限行使は無制限とされます。だからネガティブ・リスト方式といいます。
なぜなら、国際社会ではもし武力紛争が発生した場合、国連安保理事会が対処することになっていますが、それができない時は、各国とも自分で主権と独立を守るしかないからです。
これに対し警察の権限行使は、「ポジティブ・リスト」方式です。つまり、国家という統一秩序の中で、国民に対して行使されるのが警察権ですから、制限的なものでなければなりません。だから行使して良い権限だけが法律に列挙されており、これをポジティブ・リスト方式といいます。
それゆえ、もし自衛隊が法制度上、軍隊であれば、領海を侵犯した軍艦や潜水艦に対しては、国際法に従って、まず「領海からの退去」を命じ、それに従わない時は「警告射撃」を行うことができます。さらに、相手側船舶を「撃沈」することさえ可能です。現に、冷戦時代、スウェーデン海軍は領海を侵犯したソ連の潜水艦を撃沈していますが、ソ連は何もいえませんでした。
◆尖閣諸島を守るために
ところが、自衛隊は「軍隊」ではありませんから、自衛隊法に定められた「防衛出動」の場合を除き、武力行使はできません。また、自衛隊法には領域警備規定がありませんから、もし中国の武装漁民が尖閣諸島に強行上陸しても、防ぎようがないのです。相手が発砲してくれば、正当防衛として「武器使用」ができますが、場合により過剰防衛で起訴されかねません。
したがって速やかに憲法を改正して、自衛隊を「軍隊」とする必要があります。そうしなければ尖閣諸島も守れませんし、中国の軍事的脅威を前に、わが国の主権と独立を保持することは難しくなります。

●安全保障 「積極防衛」へ転換を急げ 北朝鮮の核危機は重大局面に
http://www.sankei.com/column/news/180105/clm1801050001-n1.html
◆≪現憲法の副作用眼前に≫
安倍晋三首相が年頭会見で
「従来の延長線上でなく、国民を守るため真に必要な防衛力強化に取り組む」
と語ったのは妥当だ。
独裁者による核の脅しにおびえながら暮らす状況は、容認できるものではない。事態を打開し、それを回避することこそ、政治に課せられた最大の責務である。
しかも脅威は北朝鮮にとどまらない。軍拡を続ける中国は、東シナ海で尖閣諸島を奪おうと狙い、南シナ海では覇権志向を強めている。戦後日本の繁栄の前提条件となった、世界秩序に対する挑戦者としての行動もみられる。
戦後の日本は、日米安全保障体制と自衛隊の存在によって、長く平和を謳歌してきた。選択は成功したといえるだろう。
だが、急速に悪化する状況を傍観していれば、平和も国民の安全も守れない時代になった。その自覚が必要である。
今までは「想定外」としていた危機をあえて想像し、知恵を最大限にめぐらせ、国難を乗り越える心構えを持ちたい。
戦後の選択には副作用も大きかった。現憲法には軍や自衛隊によって国を守る規定が一切ない。平和を保つには、血のにじむような努力が時に必要である現実から、目をそらす風潮を生んだ。
その帰結が、北朝鮮の核の脅威にさらされ、中国の傍若無人な振る舞いを目の当たりにしても十分な対応をとれない現状である。
独立後まもない時期に、日本が憲法を改め、現実的な外交・安全保障政策をとる国に生まれ変わっていたらどうだったか。
米国の庇護の下、日本は長くアジアの平和に積極的に関わってこなかった。直接の脅威にさらされるにもかかわらず、北朝鮮の核・ミサイル開発、中国の軍事的台頭を事実上、見過ごしてきた。
たとえば、1994年の第1次北朝鮮核危機である。日本の政界では選挙制度改革に議論が集中していた。現憲法の制約に縛られ、平和のために建設的な役割を果たす発想は出てこなかった。
当時と異なり、今の日本は集団的自衛権の限定行使を柱とする安保関連法を整えた。北朝鮮に核・ミサイル放棄を迫ろうと外交的にも積極的に動いているのも、強化した同盟という背景がある。
◆≪国民守る論理的思考を≫
安倍政権と与党が、日本の平和と国民の生命を守ろうと努めていることは評価できる。
それでも現憲法がもたらす安全保障上の不合理な制約が日本を危うくしている。さらなる努力が欠かせない。国民を守るには何が適切かという「必要性の論理」を足場として安全保障を考えるときだ。
真っ先に見直すべきは憲法9条の精神に由来するとされる「専守防衛」である。周辺国を脅かす意思は皆無だという姿勢を示す意味を込めたにせよ、そのような善意が北朝鮮に通用することはなかった。専守防衛は先の大戦でもとらなかった「本土決戦」に等しい危険な政策そのものである。
北朝鮮は、自国を標的とする米国の懲罰的・報復的抑止力は恐れる。その力を持たない日本の頭上へは平然とミサイルを撃つ。現代の空襲警報である全国瞬時警報システム(Jアラート)は、昨年、何度も鳴り響いた。
ところが新たな備えをとろうとするたびに専守防衛を持ち出して妨げる動きがある。長距離巡航ミサイルの装備やヘリコプター搭載護衛艦「いずも」の軽空母化への反対論がそれである。
防衛力整備の遅れは抑止力の低下を招く。専守防衛は平和にあらがう概念といえる。
日米同盟のもと侵略国に対する一定程度の反撃力を整える「積極防衛」に転じ、具体的に抑止力を高めていかねばならない。

●わが国では愚かにも
「戦力誇示」

「周辺諸国の脅威になる」
として実行しない。
ところが自衛隊が
「周辺諸国の脅威」
とならねば抑止力は発揮できない。
「戦力誇示」
は日本が韓国に学ぶ数少ない軍事常識だろう。
だが
「戦力誇示」
だけで抑止力の発揮は完結しない。 
北朝鮮&中国のように
《戦争したい国》

《戦争をする国》
に対抗するべくわが国は
《戦争ができる国》
にならなければいけない。
《戦争ができない国》
では、抑止力が効果的に機能しないからだ。
わが国は北朝鮮や中国をにらみ、平和を乱し戦争を誘発する専守防衛や非核三原則を見直し・廃止しなければならない。
健康オタクは
「健康のためなら死んでも良い」
と考えるが戦後平和主義オタクも
「専守防衛堅持のためなら死んでも良い」
と思っているのだろうか。
戦後平和主義オタクとの無理心中なぞ真っ平御免だ。

●2017.12.18 22:12更新
【産経・FNN世論調査】
憲法9条改正 肯定意見6割強も…自民党で割れる意見 幹部が協議も
http://www.sankei.com/politics/news/171218/plt1712180048-n1.html
産経新聞社とFNNの合同世論調査では、憲法9条改正に肯定的な意見が6割以上に達し、国民の理解が進んでいることがうかがえる。
ただ、自民党の憲法改正推進本部幹部は18日、年内の
「中間取りまとめ」
に向けて詰めの調整を行ったが、党内でも9条改正に関する意見は分かれており、協議は難航しそうだ。
「9条は、安倍晋三首相(党総裁)の提案がわが党の提案とイコールでない。どういう条文にするのか慎重に対応していく」
自民党の萩生田光一幹事長代行は18日の記者会見で、そう強調した。
安倍首相は9条1、2項を変えず自衛隊の存在を盛り込むことを提起したが、党内では国防関係議員を中心に、2項を削除して
「国防軍」
を明記する平成24年の党改憲草案を支持する声が根強い。
戦力不保持をうたう2項を残したまま自衛隊の存在のみを盛り込んでは自衛権の位置づけなどが不明確になるからだ。
合同世論調査でも、首相の提案のほか、
「9条に自衛隊の役割や制約を明記すべきだ」
「『国防軍』と位置づけるべきだ」
などの意見に分かれた。
自民党は20日に推進本部の全体会合を開き、9条を含む改憲4項目に関する
「中間取りまとめ」
を公表する。
推進本部の細田博之本部長ら幹部は18日、党本部で協議し、9条改正案について首相提案と党改憲草案などを併記し、それぞれ解決すべき課題を列挙する方針を確認した。
自民党は当初、年内に改憲条文案を示す方針だったが、
「来年以降に本格的な議論になる」(萩生田氏)
という。
世論と党内の動向を見極めながら進める構えだ。
野党の立憲民主党などは安倍首相が進める改憲に反対の立場を鮮明にしており、改憲スケジュールはじりじり遅れている。(千田恒弥)

●2017.12.18 22:50更新
【産経・FNN世論調査】
憲法9条改正、自民党支持層も割れる
http://www.sankei.com/politics/news/171218/plt1712180054-n1.html
産経・FNN合同世論調査で、憲法9条改正の考え方を支持政党別にみると、改正に積極的な自民党支持層でも具体的な改憲案については意見が分かれている実態が分かった。
自民支持層で最も多かったのは
「条文を維持し、自衛隊を明記する」(34・7%)
だ。
この考え方は安倍晋三首相(党総裁)が示した1、2項を変えず自衛隊を明記する案に近く、連立を組む公明党の加憲も同様といえる。
一方、
「条文を改正し、自衛隊の役割や制約を明記する」
も28・6%に上り、全面改正論は根強い。
2項を削除して自衛隊を
「国防軍」
と位置づけた自民党の平成24年改憲草案に近い
「自衛隊を他国と同様の『国防軍』と位置づけるべきだ」
に賛同したのも20・4%あった。
政府が導入を検討する長距離巡航ミサイルの使途については、
「場合によっては、敵のミサイル発射基地などの攻撃に使用してもよい」
とする自民支持層が46・7%で、
「離島防衛などに限るべきだ」
の37・9%を上回った。
主要支持政党別で敵基地攻撃を容認する回答が最も多かったのは、日本維新の会で50・0%に達した。
逆に
「導入の必要がない」
は共産党が最も多く60・5%、立憲民主党の50・4%が続いた。
■「長距離巡航ミサイル」と「憲法9条」の主要支持政党別内訳
▲巡航ミサイルの使い方は?
@離島防衛などに限定
A場合により敵基地攻撃も
B導入は必要ない
C他
・全体:@34.3%A34.2%B28.7%C2.8%
・自民党:@37.9%A46.7%B13.3%C2.1%
・立憲民主党:@28.1%A18.0%B50.4%C3.6%
・希望の党:@30.4%A30.4%B39.1%C0%
・公明党:@31.7%A29.3%B39.0%C0%
・民進党:@33.3%A27.8%B33.3%C5.6%
・共産党:@9.3%A20.9%B60.5%C9.3%
・日本維新の会:@41.7%A50.0%B8.3%C0%
▲憲法9条改正の考え方は?
@条文を維持し、自衛隊の存在を明記
A改正し、自衛隊の役割や制約を明記
B改正し、自衛隊を「国防軍」に
C改正に反対
D他
・全体:@27.7%A23.8%B12.3%C33.3%D2.9%
・自民党:@34.7%A28.6%B20.4%C12.5%D3.7%
・立憲民主党:@19.4%A10.8%B1.4%C68.3%D0%
・希望の党:@13.0%A39.1%B13.0%C34.8%D0%
・公明党:@26.8%A31.7%B14.6%C24.4%D2.4%
・民進党:@11.1%A22.2%B5.6%C50.0%D11.1%
・共産党:@14.0%A9.3%B7.0%C69.8%D0%
・日本維新の会:@25.0%A29.2%B29.2%C16.7%D0%

●2017.12.18 22:25更新
産経・FNN世論調査 質問と回答(12月分)
http://www.sankei.com/politics/news/171218/plt1712180053-n1.html
【問】政府が導入を目指す離党防衛などのための長距離巡航ミサイルの使途について、どの考えに近いか
離党防衛などでの利用に限るべきだ34.3
場合によっては、敵のミサイル発射基地などの攻撃に使用してもよい34.2
長距離巡航ミサイルの導入は必要ない28.7

【問】憲法改正について
《憲法改正に賛成か》
賛成53.5
反対39.6
他6.9
《9条改正について、どの考えに近いか》
9条の条文を維持した上で、自衛隊の存在を明記するべきだ27.7
9条を改正して自衛隊の役割や制約を明記するべきだ23.8
9条を改正して自衛隊を他国と同様の「国防軍」と位置づけるべきだ12.3
9条改正には反対だ33.3

《テロや戦争などの有事や、大規模災害時に政府に強い権限を与えたり、国会議員の任期延長を一時的に認める「緊急事態条項」を憲法に設けることに賛成か》
賛成59.8
反対31.9
他8.3


(注)数字は%。カッコ内の数字は11月11、12両日の前回調査結果。「他」は「わからない」「言えない」など。

■世論調査の方法
調査エリアごとの性別・年齢構成に合わせ、電話番号を無作為に発生させるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)方式で電話をかけ、算出した回答数が得られるまで調査を行った。調査対象は全国の18歳以上の男女1000人


68. 新共産主義クラブ[5645] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月08日 18:57:03 : Us7pWSQqqQ : UI271IUQMnM[19]
>>66(参考)
> 現在、日本も『国連軍派遣国会合』のメンバーです。 
 
 
◆ 米国務長官提案の「国連軍対話」に日本は拒否 対北圧力に「有害無益だ」
(産経新聞,2017.12.5)
 
 北朝鮮問題をめぐって米国、カナダ両政府が呼びかけている国連軍派遣国会合をめぐり、日本政府が両政府に不快感を伝え、12月中の開催の打診を拒否していたことが4日、分かった。複数の政府関係者が明らかにした。
 
 日本政府が国連軍派遣国会合を警戒するのは、開催を主導するティラーソン氏が北朝鮮との対話への意欲を隠さないからだ。
  
 国連軍は朝鮮戦争の際に編成されたもので、米加両国や韓国、英国など計17カ国で構成される。現時点では朝鮮半島情勢に深い関係を持つとは言い難いエチオピアやコロンビア、南アフリカなども含まれる。
 
http://www.sankei.com/politics/news/171205/plt1712050010-n1.html
 
 
◆ 国連軍派遣国会合、日本の難色で年内見送り
(中央日報,2017年12月06日)
 
 米国とカナダが共同で推進している国連軍派遣国会合の開催を日本が拒否していたことが分かった。

 この会合は韓国戦争(朝鮮戦争)で国連軍に部隊を派遣した国や日韓など関係国が北朝鮮の核・ミサイル問題について協議するものだ。
 
日本政府はこの会合を主催するティラーソン氏が北朝鮮との対話への意欲を隠さないことから、難色を示している。

 日本は対北圧力を最大限まで強めると日米首脳会談で合意しているためだ。

http://japanese.joins.com/article/185/236185.html
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。

69. 新共産主義クラブ[5646] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月08日 19:33:11 : IqN5UImTvo : XS8erZCcIWg[2]
>>34. 日高見連邦共和国さん
>但し、貴方が >>13 で語った貴方の憲法改正案(3条加憲案?)を見させて頂く限り、
私や小沢一郎との“憲法観”あるいは“防衛観”とさほど隔たりがあるとは思えないのです。 
  
 
 『新共産主義クラブ』が提案している日本国憲法第九条第三項(>>39)を追加することにより、以下のように、明確に違憲となる法律が廃止されたり、改正されるように促されます(>>36)。
 
 まず、「自衛隊法」は、集団的自衛権行使を容認する条文が削除されるように改正されます。
 
 「重要影響事態法」(旧・周辺事態法)およびPKO法は、廃止されます。
 
 
 しかし、自由党(小沢一郎代表)は、「集団的自衛権の行使を否定するものではない」と発表しています。
  
 また、「周辺事態法」は、小沢一郎氏ら旧自由党が、小渕政権で連立内閣を組んでいたときに成立した法律です。
 
 さらに、PKO法は、自民党の宮沢内閣で、小沢一郎氏らが主導して提出され成立した法案でした。
 
 その上に、小沢一郎氏の支持者の中には、「日高見連邦共和国」や安倍晋三氏のように、「戦争勃発前の“緊張時”ならいざ知らず、既に“有事”が発生している場合、空対地、艦対地ミサイルの射程が100キロを軽く超える性能を持つ昨今で、自衛隊の武力行使可能範囲をそのように規定してしまうと効果的な防衛などできない」(>>54)という主張をしている人もおります。
 
 
 本当に、小沢一郎氏は、『新共産主義クラブ』が提案している日本国憲法第九条第三項(>>39)を追加する案に、賛同していただけるのでしょうか?
 
 
(参考)
 
【1】自衛隊法からの、集団的自衛権行使を容認する条文の削除
 
自衛隊法における、集団的自衛権行使に関する、第七十六条第一項に記載の「二 我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険がある事態」における防衛出動についての条文の削除。
 
 ◆ 憲法についての考え方 Q&A 自由党(小沢一郎代表)
《集団的自衛権を認めるのか。》 ⇒「集団的自衛権の行使を否定するものではない。」
 
 我が党は、「我が国の独立と平和を維持し国民の安全を確保するため、やむを得ず行う必要最小限度の」という厳しい限定を付して、自衛権の行使を認める。そのため、許容される自衛権の行使は、ほとんどの場合個別的自衛権の行使にあたるものと考えられるが、この限定の枠内にある限り、集団的自衛権の行使を否定するものではない。
http://www.liberalparty.jp/activity/diet/act0000089.html 

 ◆ 阪口規純『湾岸戦争後の日本の安全保障論議に関する一考察 : 小沢一郎・自由党党首の安全保障論を巡って』
(国際公共政策研究,第4巻1号)
 
 1996年2月、新進党安全保障基本法プロジェクトチームの東祥三座長が寮法9条は国連加盟国の武力行使を禁じた国連憲章第2条と同義であり、国連憲章が国連の集団安全保障措置を補充するため、各国に個別的、集団的自衛権を認めている以上、憲法上も集団的自衛権の行使が認められると解釈できる、との私案を発表した。
 
 小沢は、この東私案の論理に同調する考えを示すと共に、「日本は国連に加盟するとき、あらゆる手段をもって国連に協力すると表明した。その国連は集団的自衛権を認めている。これまで私は憲法上は制約されるのではないかと考えていたが、論理的には認められると思う」と述べ、小沢調査会以降、一貫して否定的見解を示していた集団的自衛権の憲法解釈を転換する。
https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/9248/
https://ir.library.osaka-u.ac.jp/repo/ouka/all/9248/5-13_n.pdf
 
 
【2】「重要影響事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律重要影響事態法」(重要影響事態法,旧・周辺事態法)の廃止
 
◆ 周辺事態法
 
《「周辺事態に際して我が国の平和及び安全を確保するための措置に関する法律」の略称》日本の周辺地域で平和と安全に重要な影響を与える武力紛争などが発生した時に、日米安全保障条約を効果的に運用し、日本の平和と安全に役立てるのを目的とする法律。米軍への後方支援活動を合法化し、自衛隊が日本の領土の外で活動することが可能になった。平成11年(1999)成立。平成27年(2015)、安全保障法制の整備に伴い改正され、重要影響事態法に改称。周辺事態安全確保法。
https://kotobank.jp/word/%E5%91%A8%E8%BE%BA%E4%BA%8B%E6%85%8B%E6%B3%95-176516
 
◆ 小沢一郎代表講演「安全保障及び自衛権行使のあり方について」
(総合政策会議,2014年4月7日)
 
 日本が、9条の表現で言えば「国権の発動たる武力の行使」、すなわち自衛権の行使は、今まで俗に言われていたものは急迫不正の侵害が日本に対してあった時、すなわち日本が攻撃を受けた時。それからもう一つは、周辺事態法に言う、放置すれば我国が攻撃を受ける可能性のある事態ということであり、これは私どもが自由党の時に政府自民党の案に、強硬に主張して付け加えさせた文言である。
 
http://www.seikatsu1.jp/activity/party/20140407ozawa-talks.html
 
 
【3】 国連のPKO活動への自衛隊の参加を定めた「国際連合平和維持活動等に対する協力に関する法律」(国際平和協力法,PKO法)の廃止
 
◆ PKO国会 (法案は当時自民党幹事長だった小沢一郎が主導)
 
 PKO国会(ぴーけーおーこっかい)とは PKO法案をめぐる国会審議のこと。
 
 1990年の湾岸戦争で日本はアメリカ合衆国などの多国籍軍を支持して資金援助を行ったが、資金を出すだけの態度に、戦時中から戦後にかけてアメリカ・イギリスを中心に批判が巻き起こった。
 
 これをきっかけに、国際協調主義の流れに沿って自由民主党政権(海部俊樹〜宮沢喜一内閣)が法案を提出した。
 
 法案は当時自民党幹事長だった小沢一郎が主導となり、公明党書記長の市川雄一、そして米沢の3人で毎晩話し合い、寿司屋やカラオケなどに各党のうるさ型を呼んで説得もした。
 
https://ja.wikipedia.org/wiki/PKO%E5%9B%BD%E4%BC%9A
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。

70. 新共産主義クラブ[5647] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月08日 20:00:13 : AunViA415o : KWTqJkPHvKw[1]
>>54. 日高見連邦共和国さん
> 『新共産主義クラブ』氏は、『領土・領空・領海』のみを“武力行使可能な範囲”とお考えのようだ。
> 戦争勃発前の“緊張時”ならいざ知らず、既に“有事”が発生している場合、
> 空対地、艦対地ミサイルの射程が100キロを軽く超える性能を持つ昨今で、
> 自衛隊の武力行使可能範囲をそのように規定してしまうと効果的な防衛などできない。
 
 
 核戦争を想定した殲滅戦での現在の兵器体系では、核兵器を搭載した潜水艦発射ミサイルが最終兵器で、この場合に、発射元の潜水艦を攻撃する有効な手立てはありません。
 
 地上の空軍基地や、地下のミサイルサイロに格納された核ミサイル基地への、ミサイルによる敵基地攻撃は、旧式の兵器体系への対抗措置であって、現代の核戦争には対処できません。
 
   
 専守防衛の立場からも、31さんが指摘するような、核シェルターの構築を、国民生活が圧迫されない範囲でおこなう方が、敵基地攻撃能力を高めるよりも、国民の人命を守るためには効果的だと考えられます
 
 隣国との核戦争を想定しながら、核シェルターの構築を殆ど全くしない国は、日本くらいのものかもしれません。
 
 自衛隊の武力行使の範囲としては、自国の領域内で、敵国が容易には占領統治できない程度の備えがあれば、戦争を抑止する効果はあると考えられます。
 
 
(参考)
 
◆ 北朝鮮の「潜水艦発射弾道ミサイル開発計画」 衛星写真で
(BBC,2017年11月20日)
 
 北朝鮮の動向を分析しているウェブサイト「38ノース」が16日、新たな衛星写真を公開し、北朝鮮が「弾道ミサイル搭載可能な初の実戦用潜水艦の建造と配備を、積極的なスケジュールで進めている」と分析結果を明らかにした。
 
 衛星写真は、北朝鮮が陸上からの大陸間弾道ミサイルだけでなく、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発をここ数年、進めてきたことを強くうかがわせている。
 
http://www.bbc.com/japanese/42048236
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
71. 日高見連邦共和国[5908] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月08日 20:50:46 : M4L4TFEWo2 : 1P92llnsVs8[1]

>>66 『晋協賛主義クラゲ』

はいはい。またまた、お得意の詭弁、苦し紛れの“言い換え”のオンパレードだな!(笑)

>朝鮮国連軍は、現在も存続しています。

ンな事は分かってるよ!“多国籍軍”は事実上解体され、朝鮮国連軍の実態は“米韓国連軍”になってる、って言ってるの分からね?

>朝鮮国連軍地位協定の改定に、国連決議は必要ありません。

誰が地位協定の改定に国連け決議が必要だって言ってるって?

日本に於ける“半島国連軍”の各国との地位協定が、日本の隷属的立場を象徴しているって言ってるんだ。

独立国としての“主権”もない、“敵国条項の対象国”としての“被支配的地位”を。

私は、日本が現在の“半島国連軍”に名を連ねるには、新たな安保理決議が必要だ、と言ってるのだ。

>現在、日本も『国連軍派遣国会合』のメンバーです。

はい、そうですね。だから何?その立場が、自衛隊が『UN』の旗を立てて朝鮮半島に行ける根拠になるの?

なぜそう言えるのか、具体的に説明してみてくれたまえ。できるなら。(笑)

>現在の日本は、国連加盟国です。

オマエ私の >>65 の書き込み、ちゃんと読んでる?(笑)

安保理決議83、84号の決議時に“国連加盟国”ではなかった日本には“意味論的”にいって
その安保理が呼びかける“国連加盟国各国”の対象国では“ない”って言ってるんだがね。

勿論ココには“解釈の違い”が存在することは認めるだからこそ、異論があれば、
具体的な事例を下に反論してくれ、とお願いしてるんだ。分かる?ボクぅ?(笑)

はい、またまたやり直し!!


72. 日高見連邦共和国[5909] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月08日 21:10:34 : wrli3stH7o : IPrxZaHjvO0[1]

>>68>>69 『珍共産主義クラゲ』

ここでは全く“意味のない落書き”なのでスルーする。

>>70

>核戦争を想定した殲滅戦での現在の兵器体系では、核兵器を搭載した潜水艦発射ミサイルが最終兵器で、
 この場合に、発射元の潜水艦を攻撃する有効な手立てはありません。
(引用終わり)

はい、ここでも私の的確な“反論”に答えを窮して、醜くも愚かな論点ズラシを繰り返す。

誰はが核兵器の使用や、地下核兵器サイトへの攻撃の事を言ってる?それは最悪の想定ではあるが極論だ。

オマエのその想定では、領土・領空・領海内で防衛の為の武力行使を認める事に何の意味もなかろう。

“通常兵器”の運用・使用に対する防衛の基本を疎かにして、国の平和や安定が守れるのか?

も一度問い直すぞ?
せめて、射程150キロの艦対地、空対地のミサイルへの防御を考えると、
(この場合は既に戦争状態に至っているとの大前提で、射程ギリギリでミサイルを
放とうとしている航空機、艦船、潜水艦へのミサイル発射前の攻撃・反撃)
ミサイルを発射する前に敵の航空機・艦艇・潜水艦への攻撃をしなくてはならない。

そういう戦争の常識をオマエは理解しているか?それをわかって、自衛権の行使を
『領空・領海・領土に限定するって言ってるのか?って問いかけだ。分かるか?

さあ、オマエ自身の名誉挽回の為だ。やり直し!(笑)


73. 日高見連邦共和国[5910] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月08日 21:49:52 : wrli3stH7o : IPrxZaHjvO0[2]
>>65 セルフコメントへの追記。

日本が“半島国連軍”へ名を連ねる事が出来ないというのは実は“些末時”であり、
そもそも日本は一般論での“国連軍”への参加資格がない、というもう一方の極論を紹介しよう。

この見解が板垣さんのものだからといって笑って済ませる事は出来ないと思うゼ?(笑)

板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/c3d66ee56912aea1b1334352ccc06acf
============================================

◆「安倍首相の勘違い」日本は国連憲章上「敵国」、国際紛争に「介入できず」、
NATOのパートナーでもない(抜粋)

この状態の下、つまり「敵国」のままで日本が、「集団的自衛権行使容認」の「憲法解釈変更」を
「閣議決定」して、「平和維持活動(PKO)」の枠を越えて、「多国籍軍に参加」したり、あるいは
「国連平和維持軍(PKF)に参加」したりすることは、「敵国条項」に真っ向から衝突することになる。
もし、日本を「武力行使可能な国」にしたいなら、何をさておいても、「敵国条項」による「敵国」から
日本を正式に外すか、「敵国条項」そのものを削除してもらうことが、先決である。
=============================================

繰り返すがこれは極論の一種である。だが一笑に付すことも出来ない問題提起である。


74. 日高見連邦共和国[5911] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月09日 01:05:35 : vDwwLSWtHY : Nw9PWR3wdHc[1]

『新共産主義クラブ』氏、またまた“長考”に入りました。(笑)

今度はどのように目先の議論をハグラかすか、一所懸命ネタ探ししてるんだろうな〜。

『撤退すべきときに撤退できない』のは“旧日本軍”と一緒か。(笑)

こんな“負け筋”の戦場で逃げられないのも“工作員”に悲哀なのか・・・

ま、ガンバレや。


75. 日高見連邦共和国[5914] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月09日 11:18:59 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[2230]

ヤツ、さすがにもう逃げたかな?

私としてはもう少しここで続きを語りたいと思ってマス。

邪魔者が居なければ、それはそれで結構。(笑)


76. 新共産主義クラブ[5653] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月09日 12:49:33 : 1arMvjF8sE : 0Suuu9PQjkE[40]
>>72. 日高見連邦共和国さん
>ここでは全く“意味のない落書き”なのでスルーする。
 
 
 あなたは、少しでも賢くなれるように、『新共産主義クラブ』が書いた、68(>>68),69(>>69)のコメントを、しっかり読みなさい。
 
 安倍晋三や小沢一郎の、本当の正体が、あなたにも、よくわかりますよ。
 
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
77. 新共産主義クラブ[5655] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月09日 14:59:23 : iNZdZzf4xw : 6PdteuHxKno[58]
>>71. 日高見連邦共和国さん
> 安保理決議83、84号の決議時に“国連加盟国”ではなかった日本には“意味論的”にいって
> その安保理が呼びかける“国連加盟国各国”の対象国では“ない”って言ってるんだがね。 
 
   
 安保理決議83、84の決議をおこなった時に、日本は国連加盟国ではありませんでしたが、
 
 日本は安保理決議83、84を支持し、安保理決議83、84は、日本に対しても適用されています。
 
  
 朝鮮戦争中(1950年〜1953年)の1951年に、安全保障理事会は、「『大韓民国への侵略に対する非難』という項目を安全保障理事会が取り組むべき問題の一覧表から削除することを決定する」という安保理決議90を決議していますが、
 
 安保理決議83、84は、現在も有効で、朝鮮国連軍地位協定は、安保理決議83、84に基づいて締結され、朝鮮国連軍は現在も機能しています。
 
 
 日高見連邦共和国さんが知っているような、任侠団体(やくざ)の世界では、
 
 「新入りの『やくざ』が、『組』に入る前から決められていた、『組の掟』(くみのおきて)は、
 
  新入りの『やくざ』には適用されない」
 
 のかもしれません。
 
 しかし、『やくざ』の社会と一般社会では、違っています。
   
 日高見連邦共和国さんは、
 
 お父さんお母さんや、学校の先生、周りの大人の人たちに、
 
 「ボクが生まれる前から決まっている法律は、ボクにも適用されるの?
 
  それとも、ボクが生まれる前から決まっている法律は、ボクには適用されないの?」
 
 と、尋(たず)ねてみては、どうでしょうか?
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
78. 新共産主義クラブ[5656] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月09日 15:08:36 : ZZRN8DfbzY : YLOyQZg@BC4[126]
>>77(参考)
> 朝鮮戦争中(1950年〜1953年)の1951年に、安全保障理事会は、「『大韓民国への侵略に対する非難』という項目を安全保障理事会が取り組むべき問題の一覧表から削除することを決定する」という安保理決議90を決議していますが、
> 安保理決議83、84は、現在も有効で、朝鮮国連軍地位協定は、安保理決議83、84に基づいて締結され、朝鮮国連軍は現在も機能しています。
 
 
◆ 国際連合 安全保障理事会 決議
 
《朝鮮戦争》
 
  決議  採択日   概要
 
SC/RES/82 1950/06/25 大韓民国への侵略に対する非難
SC/RES/83 1950/06/27 国際連合による韓国支援を決定
SC/RES/84 1950/07/07 合衆国が司令部を統括することを承認
SC/RES/85 1950/07/31 統一指令部の命令系統を整備
SC/RES/88 1950/11/08 国際連合朝鮮司令部の討議に中国が参加
SC/RES/90 1951/01/31 韓国への侵略問題を問題リストから削除
 
http://www.issue.net/~sun/sc/Area_Korea.html
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
79. 新共産主義クラブ[5657] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月09日 15:35:09 : pcYjiIQx8E : V8vP453JPKA[2]
>>77(補足)
 
 安保理決議83、84の決議をおこなった時に、日本は国連加盟国ではありませんでしたが、
 
 現在の日本は、安保理決議83、84を支持し、安保理決議83、84は、日本に対しても適用されています。
 
  安保理決議83、84号は、現在も有効で、朝鮮国連軍地位協定は安保理決議83、84号に基づいて締結され、朝鮮国連軍は現在も機能しています。
 
 
 自衛隊が朝鮮国連軍の武力行使に参加する計画を、日本政府がこれまで立案してこなかった理由は、国連憲章第43条第3項の「各自の憲法上の手続に従って」という条文を準用することで説明することができます。
 
 安倍政権での憲法解釈の変更後や、憲法改正後に、朝鮮半島有事において日本がどのような軍事行動に参加するかは、日本政府と『国連軍派遣国会合』の合同会議での決定に委ねられています。
 
 日本以外の『国連軍派遣国』によって、朝鮮半島有事に自衛隊の実力部隊を朝鮮国連軍に組み入れて、自衛隊を朝鮮半島やその周辺海域で戦闘させる計画が、既に立案されている可能性があります。
 
 一方で、法的根拠としては米国や韓国に対する日本の集団的自衛権行使として、自衛隊を朝鮮半島やその周辺海域で戦闘させる計画も、日本以外の『国連軍派遣国』によって、同時に立案されている可能性があります。
 
 自民党の片山さつき議員は、朝鮮半島有事における、横田、厚木、横須賀の各基地からの爆撃機等の出撃について言及していて、報復攻撃を受けて「かなりの犠牲は覚悟せざるをえない」と述べています。
 
 日本国内の世論が、日本政府と『国連軍派遣国会合』の合同会議での軍事行動の計画の決定に影響する場合もあるでしょう。
 
 
◆ 片山さつき『朝鮮戦争における「国連軍」との1954年地位協定は今も生きており、集団的自衛権の解釈変更と平行して早急に詰めなおすべき!』
(BLOGOS,2014年04月01日) 
 
 1954年に日本が、朝鮮戦争における「国連軍」と結んだ協定は、今も生きています。
 朝鮮戦争は、国際法的に休戦であり、南北両国は今でも戦争状態です。朝鮮戦争における国連軍には、当時の常任理事国のソ連も中華民国も、当然、入っていません。この協定の根拠となる国連決議は、1950、51年の2本で、あらたに安保理決議をとりなおす必要は、協定上は、ありません。中ロが常任理事国にいる現状でも理論的には、この国連軍は、機能しうるのです。
 
 朝鮮戦争における国連軍は、国連憲章の7章にそった正式の手続きで組成されていませんが、国連軍の名称を許され、国連軍の旗の使用も認められています。国際法上は、多国籍軍に近いものですが、その構成国と日本は1954年に、再発に備えて協定を結び、横田基地他には、今でも国連軍の旗が翻っています。
 
 この協定では、朝鮮戦争が再燃すれば、日本は在日米軍の主要基地を国連軍に使用させ、出入国を認め、兵站調達に便宜をはかることになっています。
 
 もちろん「合同会議」で話し合って、日本がものによっては拒否することも想定はされていますが。。。
 
 私は、今日の北朝鮮の38度線を越えた発砲や、国内における粛清などの不安定性に鑑みると、数%の暴発危険性はある、と見ているので、万が一のために、国連軍という名で横田等に駐留している米軍、オ−ストラリア軍がどういう作戦を想定しているのか、日本にどういう協力を求めるのか、日本としてどこまで協力できるのか、を早急に詰めておいたほうが良いと常々考えています。
 
 16防衛大綱当時も、横田等の米軍基地司令や、いまや横田の中に総体司令部を置いている、航空自衛隊幹部と、そういう話もしたことがあります。
 
 「そうなったら国連軍=実質米軍からの協力要請は特に航空自衛隊については相当強いでしょう、そもそも部分的にでもことわれるかどうか」 
 
 1950年から53年までの朝鮮戦争では、今の憲法の下であるにもかかわらす、国連軍が弱かった掃海について要求があり、日本の海上保安庁の8000人の特別掃海部隊が、朝鮮半島近海の「戦闘地域」を含めた海域で掃海を行い、死傷者も出しています。
 
 朝鮮半島が本格的に有事になったとき、いまや首都圏の人口密集地域となった横田、厚木、横須賀から爆撃機等を出撃させるような協力をするのか、するなら、それを集団的自衛権と呼ぼうが呼ぶまいが、「後方支援」でさえも、かなりの犠牲は覚悟せざるをえないと思います。
 
http://blogos.com/article/83489/
 
◆ 朝鮮国連軍地位協定
(1)朝鮮国連軍は,1950年6月25日の朝鮮戦争の勃発に伴い,同月27日の国連安保理決議第83号及び7月7日の同決議第84号に基づき,「武力攻撃を撃退し,かつ,この地域における国際の平和と安全を回復する」ことを目的として7月に創設された。また,同月,朝鮮国連軍司令部が東京に設立された。
(2)1953年7月の休戦協定成立を経た後,1957年7月に朝鮮国連軍司令部がソウルに移されたことに伴い,我が国に朝鮮国連軍後方司令部が設立された(当初キャンプ座間に置かれたが,2007年11月に横田飛行場に移転した。)。
(3)現在,在韓朝鮮国連軍は,朝鮮国連軍司令部本体と同司令部に配属されている軍事要員からなっており,在韓米軍司令官ブルックス陸軍大将が朝鮮国連軍司令官を兼ねている。
(4)横田飛行場に所在する朝鮮国連軍後方司令部には,ジャンセン司令官(豪空軍大佐)他3名が常駐しているほか,8か国(豪,英,加,仏,トルコ,ニュージーランド,フィリピン,タイ)の駐在武官が朝鮮国連軍連絡将校として在京各国大使館に常駐している。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/na/fa/page23_001541.html
 
◆ 日本国における国際連合の軍隊の地位に関する協定
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/pdfs/B-S38-P1-3_1.pdf
  
◆ 国連憲章テキスト(国際連合広報センター)
第7章 平和に対する脅威、平和の破壊及び侵略行為に関する行動
第43条
1.国際の平和及び安全の維持に貢献するため、すべての国際連合加盟国は、安全保障理事会の要請に基き且つ1又は2以上の特別協定に従って、国際の平和及び安全の維持に必要な兵力、援助及び便益を安全保障理事会に利用させることを約束する。この便益には、通過の権利が含まれる。
2.前記の協定は、兵力の数及び種類、その出動準備程度及び一般的配置並びに提供されるべき便益及び援助の性質を規定する。
3.前記の協定は、安全保障理事会の発議によって、なるべくすみやかに交渉する。この協定は、安全保障理事会と加盟国との間又は安全保障理事会と加盟国群との間に締結され、且つ、署名国によって各自の憲法上の手続に従って批准されなければならない。
http://www.unic.or.jp/info/un/charter/text_japanese/
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
80. 新共産主義クラブ[5658] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月09日 15:38:34 : FuIF27KsDQ : KclKzVVj6Yw[2]
>>73. 日高見連邦共和国
>この見解が板垣さんのものだからといって笑って済ませる事は出来ないと思うゼ?(笑)
 
 
 板垣英憲は、「日本会議」だろ。
 
 野党の味方をするフリをして、野党を撹乱し、反共勢力を拡大するのが、奴の狙いだ。
 
 日高見連邦共和国も、「日本会議」板垣英憲の仲間だろ。
 
 
 
◆ 板垣英憲
 1989年、安西愛子が党首のミニ政党「太陽の会」公認で第15回参議院議員通常選挙の千葉県選挙区に立候補し、落選した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BF%E5%9E%A3%E8%8B%B1%E6%86%B2
 
◆ 安西愛子
 1989年、自民党の参議院比例代表候補の70歳定年制に従わず、離党して太陽の会を旗揚げ。その後、第15回参議院議員通常選挙に比例区から立候補したが落選した。同年勲二等宝冠章受章[要出典]。
 1995年より日本福祉党顧問、1997年より日本会議副会長。
 2017年7月6日、老衰のため、死去。100歳没。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E8%A5%BF%E6%84%9B%E5%AD%90
 
◆ 日本会議 国民運動の歩み
 平成13年9月 日本会議の女性組織「日本女性の会」(安西愛子会長)設立
http://www.nipponkaigi.org/activity/ayumi
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
81. 日高見連邦共和国[5918] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月09日 17:54:46 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[2234]

>>76 『珍共産主義クラゲ』

お、お早う。少しは寝て元気になったか?(笑)

重ねて、まったく意味が無いので、オマエの >>76 及び >>68>>69 のコメントはスルーする。


>>77 『晋協賛主義クラゲ』

>日本は安保理決議83、84を支持し、安保理決議83、84は、日本に対しても適用されています。

で、その“根拠”は?『敵国条項』との関連も合わせて挙証してくれ。

>安保理決議83、84は、現在も有効で、朝鮮国連軍地位協定は、
 安保理決議83、84に基づいて締結され、朝鮮国連軍は現在も機能しています。

だから、誰がその安保理決議が無効になってるって言ってる?朝鮮国連軍が機能していないって言ってる?

もう、ホント、いい加減ばかばかしいから、そういう論点でない事を書き連ねるの止めてくんね?(笑)

>「ボクが生まれる前から決まっている法律は、ボクにも適用されるの?
 それとも、ボクが生まれる前から決まっている法律は、ボクには適用されないの?」

うん、そういう反論をしてくるってのは十分予想がついていたよ。

でもその論を言ってくるのに一晩かかるとは思っていなかったが。(笑)

私は既に言ってるゾ?“普通の法律解釈ならば”その通りだけど、
事が『国連』、『安保理決議』、『敵国条項対象国』という条件が揃うと、
ことは単純な“常識論・法理論”は適用されないんだ、ってね・・・

せっかく沢山時間を費やして、その程度の反論しか出来ないって、とても悲しい事だね。(笑)


82. 日高見連邦共和国[5919] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月09日 18:09:30 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[2235]

>>78 『偽共産主義クラゲ』

だから、誰も“朝鮮国連軍”が機能していない、なんて言ってないので、無意味な反論、故にスルー。(笑)


>>79 『晋舐め主義クラゲ』

>安保理決議83、84の決議をおこなった時に、日本は国連加盟国ではありませんでしたが、
 現在の日本は、安保理決議83、84を支持し、安保理決議83、84は、日本に対しても適用されています。
  安保理決議83、84号は、現在も有効で、朝鮮国連軍地位協定は安保理決議83、84号に基づいて締結され、朝鮮国連軍は現在も機能しています。
(引用終わり)

ンで、何度も同じ文章を書き連ねるのはなんで?ぱっと見何か反論してるっぷうに見える以外の効果なし。(笑)

そして、う○こ臭い片山さつきの見解を長々と引用する、無意味&ハグラかし&論点ズラし。

私の主張はごく単純、『日本が、少なくとも朝鮮国連軍に参加することはできない、新しい国連決議がない限り』だ。

なのになんでその反論に、『地位協定』や『集団的自衛権の行使』が関わって来るんだ?

『国連派遣軍合同会』と『朝鮮国連軍』は一緒なのかよ?まずそれをちゃんと説明してみ?(笑)


>>80 『嘘共産主義クラゲ』

ほう、板垣さんが“日本会議”のメンバーで、私もそのお仲間で、さらに拉致被害家族の眷属だと?(笑)

オマエが必死になってそう “がなり立てれば建てるほど”、オマエ自身の“お里”を皆さんに知らしめることになるゾ?

気をつけた方がいいんじゃね?と気づかいつつ、で、反論はそれで終わりぃ?(笑)


83. 新共産主義クラブ[5664] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月09日 18:31:02 : WaVXLoe4tM : AlBDThYRgQk[10]
>>82. 日高見連邦共和国
> 気をつけた方がいいんじゃね?と気づかいつつ
 
 
 それは、「ヤクザに殺されないように、気をつけた方がいいんじゃね?」という意味かね。
 
 忠告のつもりか?
 
 脅迫だろう?
 
 
◆ 拉致問題 救う会に住吉会系右翼団体「日本青年社」の重要人物が関わっているのは本当ですか?
(YAHOO知恵袋)
http://www.asyura2.com/18/senkyo238/msg/252.html#c5
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
84. 日高見連邦共和国[5921] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月09日 20:37:43 : kqFrx1QTyw : rtm0@DLNCq8[1]

>>83 『珍共産主義クラゲ』

その劣化して腐臭を放つコメントはなんだ?まともな議論の応酬は“放棄”ってことでオケ?(笑)

私は、『オマエのお里が知れ渡っちゃうから、気を付けたら?』って言ってるんだが、
(それは普通の日本語の読解力があれば理解できる)
どこからヤーさんや“脅迫”が出てくるんだ?オマエの頭はパラダイスか?(笑)

それとも、何か脅迫や迫害を受けるような“覚え”があるのか?(爆笑)

そしてまた『YAHOO知恵袋』なんてところからヘンテコなネタを拾ってくる・・・

知性が薄弱というか、そもそも白痴というか、まあ“恥の上塗り”の典型だな〜。

で、朝鮮国連軍への日本の参加の可否に関しての議論はオマエの“ギブアップ”って事で終了だ。お疲れ!


85. 新共産主義クラブ[5674] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月10日 11:30:10 : 7vPTbPEehw : 3hxZ@YEU9XA[2]
>>84. 日高見連邦共和国
>そしてまた『YAHOO知恵袋』なんてところからヘンテコなネタを拾ってくる・・・ 
 
 「Yahoo!掲示板」が気に入らないなら、「阿修羅掲示板」の記事をどうぞ。
  
◆ 北朝鮮拉致問題の背景 「森派−住吉会−金正男」の親密な関係と談合 
 
阿修羅掲示板
投稿者 松浦
日時 2006 年 8 月 24 日
 
http://www.asyura2.com/0601/senkyo25/msg/653.html 
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去に多重コメント、場違いコメント、デマ、工作コメント多数でアラシ認定。
86. 日高見連邦共和国[5924] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月10日 12:18:01 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[2237]

>>85 『晋協賛主義クラゲ』

私は“ネタ元”を問題にしているのではなく、オマエの“コメント態度”を言ってるのだが?

そうやって本筋と関係のない隘路に議論を誘導している以上、『降参だな?』って聞いてるの!

それも、ほぼ丸1日経った後の、その情けない書き込みは・・・。キミ、羞恥心ねーべ?(笑)


87. 日高見連邦共和国[5933] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年1月11日 10:29:08 : pYBiRhRShY : JUWRjmwQc1E[2245]

>>85 『安倍協賛主義クラゲ』

も少し待てばいいか?それとも“終わり”か?


88. 2018年1月11日 10:38:02 : i3Ndt2rWYq : S_Vy_E9Efhw[750]
安倍政権に憲法改正はさせてはいけないってのは同意(自分は改憲派だけどね)。

でも元々日本国ってか自民党政権って国連決議も自分の都合で平気でダブスタするからねぇ。
北朝鮮には国連決議を守れと言いながら、エルサレム問題では国連決議はサラっとスルー。
人権問題の指摘なんて毎年スルー。

他国にクレーム付けたり国内でゴリ押しする時に都合が良ければ採用するって程度だろ。


89. 2018年9月15日 17:08:13 : Hv8iieDs0Y : boJCxZAfZow[1] 報告
政経ワロスまとめニュース


ほんこん「安倍さんに頑張ってもらって憲法改正とかの話も国民が盛り上がって、ええと思う!舐めすぎちゃうか?安倍さんやったらできる!」


2018年09月15日
マスゴミ
http://seikeidouga.blog.jp/


(動画)


ブルー @blue_kbx

●ほんこん「安倍さんに頑張ってもらって憲法改正とかの話も国民がやって盛り上がって、日本変わったぞって、やりにくい国になってきとんなって思わした方がええと思う。全部YESじゃなくて1回突っぱねて向こうにお前らちょっと考えろよ舐めすぎちゃうか?日本をって。安倍さんやったらできると思う」

10:36 - 2018年9月15日


【ほんこん「安倍さんに頑張ってもらって憲法改正とかの話も国民が盛り上がって、ええと思う!舐めすぎちゃうか?安倍さんやったらできる!」】の続きを読む
http://seikeidouga.blog.jp/archives/1072319883.html#more

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK238掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK238掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK238掲示板  
次へ