★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK238 > 581.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
民進と希望、統一会派結成を断念。民進の反対派が譲らず、希望は分党話出て、一致できず (日本がアブナイ!)
http://www.asyura2.com/18/senkyo238/msg/581.html
投稿者 笑坊 日時 2018 年 1 月 18 日 12:41:13: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://mewrun7.exblog.jp/26638609/
2018-01-18 07:00

全豪OPテニス男子、17日の2回戦は同じコートの1試合目で西岡良仁が2時間半、2試合めで杉田祐一が4時間半と計7時間余り近くを試合を継続。2人の試合が、朝9時から16時過ぎまで続いていて、まあ本たちはもちろんだろうけど、応援する方もめっ〜ちゃ大変で疲れることに。_(。。)_
 しかも、西岡は、相手が同型格上(最高18位)のセッピだったとはいえ、何か初戦より淡白な感じでプレーしているような感じで。1-6, 3-6, 4-6のストレートで敗れた。もうチョット工夫と粘りが欲しかったかな〜。
 まあ、でも、膝の手術から回復したのは確認できたし。まだフォアの感覚が戻っていないとのことなので、ここから試合を重ねて、昨年の58位を大きく上回って欲しい。o(^-^)o

 杉田は、38歳のカルロビッチと対戦。相手は身長210cmで、杉田より約40cm背が高くて、ビッグサーバー&ボレー主体の選手。杉田も今回はそこそこサーブがよかったので、お互いにサービスをキープし合うゲームが多く、フルセットにはいってからもなかなか決着がつかず。何と最後は10−12まで行ったのだが。<6-7 (3-7), 7-6 (7-3), 5-7, 6-4, 10-12>結局、最後は杉田が先にブレイクされて負けてしまった。 (ノ_-。)
 杉田は決して悪くはなかったけど、ファーストサーブがイマイチだったのと、1回戦めに比べて「ここぞ」という時にミスしてしまったのが敗因か。また最高齢のカルロビッチが、炎天下で5セットまでサーブの力を落ちなかったのも、スゴかったと思うです。<たぶん50本以上サービスエースをとられた。(-_-;)>
 
 残念ながら、男子シングルスは誰も3回戦に行けず。あとは女子の大坂なおみちゃんとダブルス勢に頑張ってもらうとしよう。o(^-^)o】

* * * * * 

 そして、これは『安倍、N平和賞の核廃絶団体の長と面会拒否+民進と希望が統一会派合意も、もめそうな感じ』の続報になるのだが・・・。

 日本の政界の方では、17日、民進党と希望の党が、朝から夕方までかけて、統一会派結成に向けて、それぞれの党で両院協議会などを開いていたのだけど。それぞれの党内で、意見が合わず。結局は、統一会派の結成自体を断念することになったという。(@@)

* * * * *

 希望の党の方では、超保守派の松沢成文氏や中山成彬・恭子氏らが、もし民進党と会派を組むなら分党すると宣言していたため、玉木代表と分党や党名の協議を具体的に進めていた。
 
『希望・松沢氏ら新党結成へ 執行部側、党名変更も

 希望の党の松沢成文参院議員団代表らが16日、民進党との統一会派結成に反発し、希望執行部と「分党」協議に臨む意向を固めた。松沢氏側は少なくとも5人に達し、国会議員5人以上との政党要件を満たして新党を結成する見通しで、同党の分裂が確実な情勢となった。「希望の党」の党名は松沢氏側が引き継ぐ方向で調整し、その場合は執行部側が党名を変更することになる。

 松沢氏側は中山成彬元国土交通相と中山恭子元拉致問題担当相、行田邦子参院議員、井上一徳衆院議員で、他に細野豪志元環境相らが加わる可能性もある。

 希望の党は16日の役員会で、民進党との統一会派結成方針を17日の両院議員総会に諮ることを了承した。玉木雄一郎代表は、松沢氏ら党創設メンバーが会派結成に反対していることを踏まえ、総会で「分党」を提案することも表明した。

 執行部と松沢氏側は総会後、政党交付金の分配などの協議に着手する。松沢氏と同じく創設メンバーの長島昭久政調会長、松原仁代議士会長、笠浩史衆院議員らは残る方向だ。)(産経新聞18年1月17日)』

 他方、民進党は、最初から議員たちの考えがまとまりそうになかったのに。衆院前に統一会派を組んだ方がいいと考えた大塚会長&増子幹事長が強引にコトを進めようとして失敗しちゃった感じ。(>_<)

 そもそも、岡田克也前代表らの衆院重鎮組(無所属の会)は、(もともと希望から排除されていることもあって)、希望の会と優先的に会派を組むことには大反対だし。
 参院議員の中には、もともと中道左派系で、希望より立民党に考えが近い人が十人以上いて、希望と組むなら離党すると公言していた議員も何人かいたほど。
 
 (排除が得意な?)希望の方は、考えが合わない人は別にした方がいいということで、分党の道を選んだわけで。
 だったら、民進党でも、「希望と組んでもいい」という人たちが分党して、一緒にやればいいのではないかと思ったのだけど。<そうなると、一時的に民進党が5つに分かれることになっちゃうね。^^;>

 すったもんだの挙句、それぞれが自分たちの意見を主張し続けたため、結論が出ず。民進党は、希望の党との統一会派結成の交渉を断念することになったという。 (・o・)

* * * * *

『<統一会派>民進と希望、分裂は必至 衆院・岡田氏ら反対

 民進党と希望の党は16日、幹部会合をそれぞれ開き、統一会派結成に向けた党内手続きを進めた。両党内で異論が噴出しており、衆院の民進系会派「無所属の会」は同日夜、東京都内で会合を開き、希望との統一会派を17日の両院議員総会で決めることに反対することで一致。希望の玉木雄一郎代表は統一会派に反対している参院側に分党を正式に提案した。両党の分裂は必至の情勢で、統一会派は頓挫する可能性も出てきた。

 民進は常任幹事会で、統一会派結成を17日の両院議員総会に諮ることを了承した。ただ、小川敏夫参院議員会長や福田昭夫幹事長代理(衆院議員)は「立憲民主党と先に会派を組むべきだ」と反発。福田氏は会合後「決定には従わない」と記者団に語り、統一会派への不参加を表明した。

 無所属の会には希望との統一会派に消極的な議員が多く、野田佳彦前首相も16日、統一会派には加わらない意向を周辺に伝達した。同会の岡田克也代表は16日夜の会合後、「拙速に決めて党内が分断されては意味がない」と記者団に語った。岡田氏と民進の大塚耕平代表は17日の両院議員総会前に、東京都内で会談する。(毎日新聞18年1月16日)』

* * * * * 

『(政治部・白川昌見記者報告)民進党の両院議員総会は現在も続いています。総会は、冒頭から不規則発言が飛び出す大荒れの展開になりました。

 民進党・小西洋之参院議員:「何、偉そうなこと言ってんだ!」

 この後もさらに異論が噴出し、「党が割れるような議論に走るべきではない」「希望との会派結成を一体、誰が望んでいるのか」などと、立憲民主党との話し合いを優先させるべきだという声が挙がっているということです。岡田氏が率いる「無所属の会」が反対に回ったことで、統一会派の結成を押し切っても、衆議院で立憲民主党の数を抜いて野党第一会派になる構想は実現しません。依然、複数の参議院議員が離党したうえでの立憲民主党入りを検討しています。

 こうした状況に、希望の党側の雲行きも怪しくなってきました。17日午後には、こちらも両院総会を予定していますが、民進党が了承しなければ、統一会派自体がはかられない可能性もあります。ただ、代代表が「分党」という提案をしてしまった以上、設立メンバーとの分党はもはや避けられないという見方が強まっていて、希望、民進党とともに再分裂の公算が高まっています。(TBS18年1月17日)』

 結局、希望の党は分党は保留になったのだが。

『希望の玉木雄一郎代表も記者団に「オリジナルの希望の政策理念と、後から加わった人たちの思いに多少ずれがある」と説明。小池百合子前代表(東京都知事)に近い党結成メンバーと、他の議員との温度差が解消できなかった(毎日1.17』と言っており、党内での分裂の溝はさらに深まった感じが。

 希望の党の超保守派の中には、むじろ維新と組みたいという声も出ているとのことで。改めて、分裂や移籍騒動が起きる可能性が大きくなったように思われる。 (・・)

* * * * *

 他方、民進党では、岡田克也氏率いる無党派Gのほか、小川参院幹事長、杉尾議員なども希望との統一会派には絶対反対の立場ゆえ、すぐにでも離党する姿勢を示していた。^^; 

『民進党では現在、杉尾参議院議員ら少なくとも5人が離党して立憲民主党入りを検討している。
 民進党・杉尾参院議員「このまま曖昧な政策合意のままで、希望の党との会派結成を強行した場合には、私は最後のタイミングなので、離党しますと」(NNN18年1月17日)』

 統一会派の話が見送りになったので、杉尾氏は離党を保留したものの、近い将来、立民党に移りそうな感じ。

『民進党と希望の党の統一会派結成に反発し、離党の意向を示していた参議院長野県区選出の杉尾秀哉議員は、会派結成が決裂したことを受け、離党の結論を先送りしました。

 杉尾議員は、統一会派の是非を議論する民進党の両院議員総会に離党も辞さないとの立場で臨みました。
 総会では、ほかの党より先に希望の党と統一会派を結成する執行部の方針に理解が得られず、結論は見送られました。今後、立憲民主党も含めた3党による統一会派を目指し交渉を続けることになりました。
一方、希望の党は、信頼関係が崩れたとして民進党との統一会派の交渉は決裂しました。これを受けて、杉尾議員は民進党からの離党を保留し、「今後は、立憲民主党を核にまとまっていくことになると思う、民進・立憲、どちらの立場にいるとしても橋渡し役となりたい」と述べました。(S信越放送18年1月17日)』

* * * * *

 さらに岡田前代表らの無所属の会は、立民党と統一会派を組むことを検討し始めており、枝野氏も前向きな姿勢を示しているようだ。 (・・)

『民進党と希望の党の統一会派構想が頓挫したことを受け、立憲民主党の枝野代表は17日夜、民進党の衆議院側から正式な提案があれば、統一会派の協議に前向きに応じる姿勢を示した。
立憲民主党の枝野代表は「(『無所属の会』から)正式にボールが投げられれば、真摯(しんし)に受け止めて、党内で議論することになる」と、述べた。
枝野氏は、民進党籍の議員らによる衆議院会派「無所属の会」から、正式に統一会派の提案があれば、党内で検討する考えを示した。(FNN18年1月18日)』

* * * * *

 安倍一強体制の下、野党が数合わせの勢力争いを長々とやっていたら、また国民不信を招き、自民党政権の長期化を導くことにつながるわけで。
 まずは、みんな胸に手を置いて、どの党にいれば、自分の一番大事な思想や政策を思いっきり訴えて、周囲と協力して活動できるのか。政治家の初心に戻って、どうしたらいいか決めて欲しいと
そして今度こそ、国民にわかりやすい政党作りをして欲しと思うmewなのだった。(@@)

  THANKS 



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年1月18日 12:55:26 : qNApj6abVo : pmR1FMr_lBA[2041]
長島、松原が残っては、ダメだろう。

追い出し、自民党に行ってもらったら?

戦争家さんですからね。


2. 2018年1月18日 13:00:15 : qNApj6abVo : pmR1FMr_lBA[2042]
前原戦争家は、どうするの?

こいつも、自民党に追い出すしかないでしょう。


3. 2018年1月18日 13:03:23 : qNApj6abVo : pmR1FMr_lBA[2043]
野田はどうするの?

民主党を破壊し国民を裏切った犯罪人を、、、、

立憲には入れてはいけませんよね。


4. 真相の道[3445] kF6RioLMk7k 2018年1月18日 13:08:22 : lKEz1hlf2w : 2zbd@nB2O7U[9]
 
今の野党はメチャクチャですね。
  
選挙直前に罵り合って分裂。

つまり別政党になったかと思えば、選挙直後にまた寄せ集まろうとする。

これでは選挙詐欺と批判されてもしかたがないでしょう。
  
こんな野党をまともな国民が支持するはずもなく、野党の支持率は低迷しています。
  
野党がこの体たらくなら、自民党政権は今後も延々と続きそうです。
   
   


5. 新共産主義クラブ[5754] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月18日 14:16:45 : yLe170fVic : P2MWXPYVcG8[72]
 
 民進と希望の統一会派結成の試みは、安倍首相の差し金でおこなわれた。
 
 総選挙を終えたばかりの今の時期、安倍首相が最も心配していることは、政権交代の心配でなくて、通常国会で首尾よく憲法改正の発議ができるかということしかない。
 
 公明党は、憲法改正の際には、野党第一党を含む合意形成を求めている。
 
 立憲民主党が野党第一党のままであると、野党第一党との、憲法9条を含む憲法改正の合意形成が難しい。
 
 そこで、安倍首相は、民進と希望に統一会派を作らせて、立憲民主党の代わりに野党第一の規模の会派にさせることで、安倍首相が「野党第一会派との憲法改正の合意形成ができたので、公明党も早く憲法改正に賛成しろ!」と、公明党に対して憲法改正を強く迫ろうとした。
 
 そもそも「希望の党」そのものが、小池百合子氏が安倍首相と協力して、総選挙で野党の内部の護憲派を国会から排除し、憲法改正に前向きな「野党第一党」をつくるために自民党支持者が立ち上げた政党だった。
 
 民進と希望の統一会派結成の断念は、安倍首相の対・野党工作の失敗である。
 
 安倍首相は、序盤から野党工作に失敗し、安倍首相の企む憲法改正は幸先悪い。
 
 
◆ 衆院選2017 改憲論議、野党第1党がカギ 希望、立憲で変化
(毎日新聞,2017年10月20日)
 
 衆院選(22日投開票)で自民党が堅調な勢いを保つ中、選挙後の憲法改正論議を巡り、希望の党と立憲民主党のどちらが野党第1党になるかに注目が集まっている。改憲論議では野党第1党が合意形成のうえでカギを握るからだ。
  
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171020/ddm/001/010/124000c 
 
◆ 安倍首相、改憲勢力で前進の構え=立憲など置き去りも【17衆院選】
(時事ドットコム,2017/10/23)
 
 衆院選で自民党が大勝したことを受け、安倍晋三首相(自民党総裁)は憲法改正に向けた環境整備に着手する。自民、公明両党の獲得議席は国会発議に必要な3分の2を超えたが、改憲に積極的な希望の党、日本維新の会を含む改憲勢力で論議を前進させる構え。安倍政権と対決姿勢を見せる立憲民主党などは置き去りになる可能性もある。
 
 「合意形成の努力は、(野党の)第1党であろうと第2、第3、第4党であろうと行わなければならない。しかし、政治だから全ての理解をいただけるわけではない」。首相は23日の記者会見でこう強調した。
 
 今回、野党の獲得議席は多い順に(1)立憲(2)希望(3)共産(4)維新−だった。一方、与党と希望、維新の改憲勢力は全議席の8割超を占めた。首相が会見でわざわざ第4党まで言及したのは、幅広い合意形成に努める姿勢を見せつつ、場合によっては与党と希望、維新で改憲を前に進める狙いがあるとみられる。
 
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017102301424
 
◆ 首相改憲へ加速 立民と合意こだわらず
(東京新聞,2017年10月24日)
 
 安倍晋三首相(自民党総裁)は二十三日、衆院選を受けて党本部で記者会見し、自民党が衆院選公約の重点項目に掲げた改憲について、野党第一党となった立憲民主党との合意には必ずしもこだわらない考えを表明した。公明党は野党第一党を含む合意形成を求めており、与党内で考え方の違いが浮き彫りになった。
 
http://www.tokyo-np.co.jp/article/senkyo/shuin2017/zen/CK2017102402100023.html
 

6. 2018年1月18日 14:21:34 : yLCnH8doIY : A3_mOl2rKdU[33]
延々と に笑った
細かいニュアンスとかはネット辞書には載っていないからね

7. 新共産主義クラブ[5755] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年1月18日 14:24:49 : yLe170fVic : P2MWXPYVcG8[73]
 
 ま、いつかは幸福実現党が、自民党に代わって、政権を獲りたいというニュアンスでしょうか。
 

8. 22A[188] glGCUUE 2018年1月18日 23:11:09 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[2001]
鵺の党と鵺の党の合流が失敗,双子の鵺がともに残ってしまう。

これだけでは訳が分からんが,今回失敗したのは,民進党の中で立憲民主にシンパシーを持つ人たちおよび希望の結党メンバー(極右思想の持ち主)の反対があったからだろう。
これらの人が,片方は立憲民主に移り,他方は希望の党から離脱する(ただし党名は希望の党をひきづぐ)ようになれば,合流を妨げるものがなくなり,めでたく鵺の一体化に成功するのではないだろうか。

もちろん目的は,新共産主義クラブが書くように,自民党が改憲発議をしやすくするために鵺の党を野党第一党にすることだ。
改憲発議は次の参議院選の前に行われるので,鵺の第一党はそこまで持てばいい。選挙の洗礼を受けた後も残存している必要はない。

これは自民党にとって非常にメリットがあるので,今回失敗したからと言って断念されることはない。
上に書いたように,両党内の左右の純化勢力がいなくなったらまたこの合流の動きが進むだろう。
なお右の純化勢力は維新と合同することもありうる。これも自民党の改憲発議に大きな助けになる。

以上の自民党の動きを阻止するためには,民進党から立憲民主党へ移る人を増やして立憲民主党に野党第一党の座を維持し続けてもらうすしかない。
これは次の参議院選挙の前の話だから,選挙で勝利するという手段は使えないのだから。


9. 一主婦[2507] iOqO5ZV3 2018年1月19日 06:02:07 : m2xtojMaOc : ZMg6u_Z8b6w[67]
>>8. 22Aさん

貴方、イヤに、嬉しそうね。野党分断がそんなに嬉しいの?政権交代阻止がそんなに嬉しいの?やはり貴方は、と言うよりも、やはり共産党は野党分断部隊政党だったようですね。その任は、今回だけでなく、ずーッと前から継続してその任を担っていた。今回は、政権交代実現一歩手前まで言ってしまっていましたから、その動きがあからさまになったようですね。私でも見抜けましたから。大失敗ですね。今回に限らず、共産党はずっと以前から自民党政権継続の為の別働隊の役割を果たしていましたね。

全国区に、勝てもしない候補者を乱立させ、自民党が勝つ様な手助けのやり方を長年実行して「自民党別働隊」をやっていました。最近は、それが有権者にバレ始めたので、急に目くらましの「左だけの4野党共闘」作戦に切り替え、共闘する振りに変えたようですね。巧妙な野党と協力するフリで、絶対に政権交代出来ない左2割だけの野党共闘と言うずる賢い手ですね。その共闘では「政権交代」は無理と言う方法の自民党バックアップ作戦。

ところが、前回の衆院選では、左右に翼を広げた器の「希望の党」中心での大きな器が出現。百合子人気もあって、最初は自民党危機説が流れ、自民党議席が100に届くか?と言う事も言われました。そこで慌てて、共産党は「立憲・枝野のリベラル煽り・エダノン祭り」作戦で「野党分断」をさせました。枝野は、リベラルとは程遠い考えと政策の人です。抱き込むには無理すぎるのです。今、その無理が出始めていて、枝野の発言が支離滅裂、右往左往しています。だってリベラルでも、左派でも無いのですから。枝野自身が[リベラルではない。保守だ]といっているのですから。

あの希望の党の器だと「政権交代」が可能だった為に、あわてふためいて「立憲リベラル煽り作戦」になったのでしょう。マスコミもそれを後押ししましたから、その「分断作戦」は「大成功」でしたね。マスコミ、アチラ側、そして共産党との共闘咲くんだったのですね。立憲をチョットだけ勝たせて、自民党300議席超えの大圧勝に持ち込みました。さぞかしアチラからお褒めいただいたことでしょう。今回の衆院選は、戦争がかかった選挙だったのに、自民党を圧勝させても、共産党は立憲が勝ったといって喜んでいましたね。希望が退廃したと言って、野党同士の争いに持ち込んでいました。

反自民の有権者に執っての本当の敵は自民党だったのです。本当に罪な共産党だと思います。反省無しのようですね。引き続き、立憲を抱き込み、希望や民進を悪者扱いし、野党分断作戦を継続させようとしている悪い共産党。その分断により、自民党を圧勝させてしまって、戦争に突入してしまいそうだというのに「立憲の枝野が希望の党に勝った」と喜んでいる。怪しげな動きの怪しげな共産党に見えます。
辺見庸さんが仰ったという、共産党とは「そういう役割の政党」なのだと言う事を、今回はもろ晒しになった感じがしました。↓参考ツイート。


※世に倦む日日‏ @yoniumuhibi
テレビのニュースに出る小池晃の表情が、余裕綽々なんですよね。本当なら、改憲3分の2を阻止できないことが確定したのだから、護憲派は真っ青になってないといけない。立憲民主党の裏切りに激怒してないといけない。つまり、共産党は本気で憲法を守る意思がないということ。辺見庸が予言したとおり。


>鵺の党と鵺の党の合流が失敗,双子の鵺がともに残ってしまう。
これだけでは訳が分からんが,今回失敗したのは,民進党の中で立憲民主にシンパシーを持つ人たちおよび希望の結党メンバー(極右思想の持ち主)の反対があったからだろう。


↑、この貴方の酷い仰り方、大間違いですよ。民進党も、希望の党も同じ野党です。共闘すべき野党同士の仲間なのです。排除リストも、不も絵も無かったのです。枝野の立憲民主党に誰一人として行った議員の誰一人も排除されていなかったのです。政策も枝野と希望は、ほぼ同じでした。安保反対と安保賛成と嘘を煽っていたのも共産党。本当に罪作りな野党分断行動をした共産党。貴方も↑の、こんな言い方でコケおろしている。それは、ホントに酷い「野党分断」です。野党が分裂していては、絶対に「自民党に勝てない」のです。「政権交代」をしないことには、あの安倍の酷い「改憲」も、民進党がすすめた「安保法制」も、安倍によってどんどん「実行」されていきます。野党を分裂してはいけないのです。共産党の分裂行動を止めてほしいと思っています。酷い!そんな共産党は、反自民の政権交代を願う有権者にとって[敵」です。

民進党の大塚さんは「これからも話し合いを続けて、必ず、政権交代可能な、大きな野党の器を造る」と、統一計画の白紙後の記者会見で仰っていました。大塚さんは立派なお考えの方ですね。野党分断ばかりしている共産や立憲とは大違いですね。芯がある方だと思います。野党再編はこれからだともおっしゃっていました。希望の党の玉木さんとも協力して、まず「希望」と「民進」が必ず統一し、その後も果し合いで「立憲」にも統一に入ってもらい「三党統一」を成し遂げたい。もともと一緒の仲間だったのだからと仰っていました。そして、安倍を倒して政権交代するには、その上で、「自由」と「社民」「その他」とも合流し「一つの大きな器」を造って、政権交代を果たし、安倍の暴走を止め、有権者が望んでいる政策を実現したいと言っていました。大塚さんを応援します。

本当に、大塚さんの仰るとおり、その通りです。
野党が分裂したのでは自民党に勝てませんし、左だけで共闘しても、たった2割だけの左だけの共闘では「政権交代」は無理なのです。共産党は、そのやり方に拘って、野党分断させてしまっています。なぜ?何故共産党は、その方法だけに拘るのか?その理由もだんだん分かってきました。やはり共産党の動きと考え方はおかしい。辺見氏のおっしゃる事が当たっていると思います。
そんな共産党やアチラ側の分断工作に負けないで政権交代を果たさなければ。
大塚さん、玉木さんに期待して、政権交代可能な大きな器の完成を待ちます。それが、国民救済のスタートになりますね。共産党が自民党別働隊の任をとって邪魔をしない事を願います。

立憲民主党をリベラル煽りで抱き込んで「野党分断」させた共産党。何故、そんなに「野党分断」に一生懸命なの?有権者の多くが望んでいる[政権交代」をそんなに阻止したい訳?自民党別働隊の本領発揮し過ぎですよ、立憲にシンパ?そんな人いるわけ無いでしょう。立憲に行きたいならとっくに行っているはず。行きたいという輩は、シンパと言うより、自分だけの生き残りの為に行きたいという自分優先議員と言う事。無所属の一部の別働隊の岡田は、共産党と同じ様にアチラ側から、今度の民進と希望の統一を邪魔する様に言いつけられている議員だと言う事。

立憲に移ろうという輩は、野党を分断して「政権交代」が遠のくこと心配よりも、今ヨイショされて一見良さ気に見える「一見民主党」に、自分の生き残りだけを賭けて、そっちにうろうろ、こっちにうろうろ、する自分本位の風に乗る議員だという事。有権者の政権交代にかける願いなど、これっぽっちも考えられないバカ議員が立憲に行きたがっていると言う事。立憲は、そんな輩の「吹き溜まり」になりつつありますね。レンホーに続いて野田も立憲に行くようですね。もう、旧民主党のクーデター組みの同窓会のようですね。旧民主党の裏切りクーデター議員どもの、塵の吹き溜まりになりつつあるようです。

消費税増税、原発再稼動、TPP参加、辺野古基地推進、など等を進めた議員が枝野、長妻、野田、レンホー、立憲のほとんどがそういう議員たちです。それらが「リベラル?」希望との違いなど無いのに、もともと一緒の政党の議員で、立憲に行った輩は、リベラルと真逆の時民党政治を邁進した議員達テセす。共産党は、分断のために、その事実を曲げて、嘘で固めたリベラルの包装紙でくるみ、野党分断のための傭兵に立憲を使いました。とても大切なこの国の曲がり角の時期の「衆議院選挙」だったのに、野党分断のために動いた共産党。本当に許せない共産党だとおもいます。それに抱き込まれた枝野立憲。今は、そんな立憲を哀れに感じます。乗せられた立憲よりも、それに導いた共産党の方をうらみたくなっています。

リベラルでない枝野が、リベラルと言う御輿に担がれ、保守なのにリベラル枠で当選させられたため、枝野は発言のたびに齟齬を来たし、ハチャメチャ発言で支持者からもつっこまれています。定例記者会見も、いろいろな齟齬の部分を説明責任として記者に問われるので、怖くて開けないでいる哀れさ。ホントに可哀相に見えてきました。今、小沢氏が、立憲側に近づき、野党統合の為の労を執っているようですから、大塚氏、玉木氏の二党の統一がなったなら、今度は立憲と自由、その後に社民の合流と言う事になるのでしょう。

あの2009年の再来版を造らなければ政権交代は出来ないと、大塚さんも仰っていましたから。大塚さん、玉木さん、小沢さんは、今いろいろな手を使ってそ道にたどり着くように、それぞれで動き手を尽くしています。きっと成功させると思います。自民党別働隊の岡田などの反対に負けずに反自民の有権者の願い[政権交代]の為の器を造ってください。お願いします。


>これらの人が,片方は立憲民主に移り,他方は希望の党から離脱する(ただし党名は希望の党をひきづぐ)ようになれば,合流を妨げるものがなくなり,めでたく鵺の一体化に成功するのではないだろうか。もちろん目的は,新共産主義クラブが書くように,自民党が改憲発議をしやすくするために鵺の党を野党第一党にすることだ。改憲発議は次の参議院選の前に行われるので,鵺の第一党はそこまで持てばいい。選挙の洗礼を受けた後も残存している必要はない。


↑、これこれ、分断を煽るでない!
そんな事にはならないと思いますよ。
小沢さんは、今、立憲に近づいていますね。難しい仕事を任されているのだと思いす。小沢さんの[最善策]は「野党が一つ」に纏って[政権交代]をする事ですから。大塚さんの言うように、立憲も含めて一つに纏る必要がアラマス。左派だけで纏っても政権交代は無理ですから、政権交代をするには、2割枠での共闘では無く、5割の棄権有権者も取り込めるウイングの広い方に纏らなければならないのです。それは、大塚氏、玉木氏の方に集まらなければ成らないのです。

今回は分断を言い付かったアチラ側の使者の「岡田らの反対」によって、統一話は「一旦」白紙になりましたが、大塚氏も、希望の玉木氏も、統一に反対している希望の党内の議員や「特にチャーターメンバー」の切り離しを計画しているそうですから、岡田のトロイの木馬は切り放されて、合流しやす以下たちにするそうです。一旦中止ですが、整理して、動き易い形で再始動となるようです。安心しました。↓、参考例がありましたのでツイート載せます。

※まーちゃん 🍀‏ @makimakiia · 18時間18時間前
民進党と希望の統一会派はお流れになったけど…今回の収穫は大きいね。希望の党が自民党の補完勢力ではないということ。チャーターメンバーと分党する覚悟があるということ。選挙の時には維新と希望はセットにされてたけど維新と合流することもないしね。3党で統一会派目指してください。


>これは自民党にとって非常にメリットがあるので,今回失敗したからと言って断念されることはない。上に書いたように,両党内の左右の純化勢力がいなくなったらまたこの合流の動きが進むだろう。なお右の純化勢力は維新と合同することもありうる。これも自民党の改憲発議に大きな助けになる。以上の自民党の動きを阻止するためには,民進党から立憲民主党へ移る人を増やして立憲民主党に野党第一党の座を維持し続けてもらうすしかない。これは次の参議院選挙の前の話だから,選挙で勝利するという手段は使えないのだから。


↑、何を勝手な妄想を書いているの。
共産党と立憲の方が自民党にとってのメリットなのよ。なぜかと言うと「野党分断部隊」だからよ。共産党が立憲を抱きかかえて「左だけの純化路線」をとっていると絶対に政権交代は不可能なのです。従って、立憲、共産党側が、これは、自民党のメリットと言う事、共産党は今回あからさまな「自民党別働隊」の姿を晒したと言うことです。貴方のコメントも、それに貢献していますね。ご用心。

民進党の大塚さんは、貴方が↑で、のたまったような[右の純化路線]なんて考えていませんし、その様な発言も一言もしていません。貴方、嘘はいけません!
大塚さんと玉木さんは「立憲と希望と民進」を統一するために立憲にも声をかけたのです。立憲は共産党に抱きつかれ、共産党議員を半減させて、それを立憲議員の当選数に加えてもらっていますから、反対しかできないのですね。政策は民主お希望と同じなのに、共産党の分断作戦のリベラル煽りで、リベラルにされてしまっていますから、三党統一話、合流話には乗りたくても乗れないのですね。気の毒な立場になっちゃっていますね。

ですから、大塚さんは、それなら先ず民進と希望の二党で統一し、その先に立憲、自由、社民、その他の合流を計画しているのです。大塚さんは、小沢さんと同じセリフ[野党が一つに纏って大きな器にならなければ政権交代は出来ない。そのための野党の大きな器を造る]と発言しています。ですから、貴方が言っているような[右の純化路線]なんて一言大も、塚氏と玉木氏は言っていませんし、考えていません。貴方、嘘を言って「右と左に分断」するようなコメントはダメですよ。共産党も貴方も、政権交代を願っている「反自民」の有権者の敵ですね。共産党の[分断工作」は政権交代を願う反自民の有権者の敵です。


>以上の自民党の動きを阻止するためには,民進党から立憲民主党へ移る人を増やして立憲民主党に野党第一党の座を維持し続けてもらうすしかない。
これは次の参議院選挙の前の話だから,選挙で勝利するという手段は使えないのだから。


↑、これも、何を寝言を言っているの?立憲に移る人を増やす?
おかしな事を言っているわね。だってリベラルじゃないとダメだったのでしょう?
反対側から立憲に移るのに期待って・そんなのが可能と言うなら、リベラ目でなくても良いと言う事でしょう?立憲はリベラルで反対側が右だと言って、分断選挙に持ち込んでおきながら、分断側から引き抜く何手、矛盾過ぎますし、汚いです。それなら、分かれる必要など無かったでしょう?立憲に引き抜くより、立憲が元に戻ればいいでしょう?だって立憲に移ったなら、左派2割りだ毛の枠の戦いに縛られてしまうと言う事ですよ。政権交代は不可能に成ります。

反自民の有権者の願いの「政権交代」を目指す議員なら、立憲でないところに集合しなければいけないのです。共産党側に集まったなら、左派2割枠の京都亜出しか無くなります。それは自民党別働隊の野党分断になるのです。分断したなら、政権交代端無くなります。自民党政権の継続に協力する事です。反自民の有権者の願いである[政権交代」を目指す、本当の国民想いの議員は、立憲や共産党主導の左派2割だけの政権交代を目指せない共闘ではなく,約5割もいる「棄権有権者層」も取り込むと言う、大塚さんの方に集合しなければならないのです。共産党の野党分断側に集合したのでは、国民の願いの政権交代は不可能に成ります。


22Aさん。野党分断は罪作りですよ!そのための、工作嘘つきコメントはイケマセンヨ!


10. 22A[189] glGCUUE 2018年1月19日 07:06:32 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[2002]
一主婦さん

一言だけ指摘。
私は,大塚氏が[右の純化路線]をとろうとしているとは言っていない。
大塚氏については,「鵺の合流路線」と言っている。これは希望の玉木氏も同じ。

右の純化路線は,希望の党の結党メンバー(松沢,細野,長嶋,松原,中山夫妻など)が今後取ると思われる路線だ。そして行き着く先は,維新との合流だと思われる。

希望の党分裂、松沢成文氏ら新党結成へ 民進との統一会派反発、執行部側は党名変更も
http://www.sankei.com/politics/news/180117/plt1801170005-n1.html


▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK238掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK238掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK238掲示板  
次へ