★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK247 > 826.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
山本太郎が安倍首相にあの放火未遂スキャンダルを質問!「暴力団と繋がる人物に選挙妨害を発注する人間が総理なのか」(リテラ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo247/msg/826.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 7 月 18 日 09:25:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

山本太郎が安倍首相にあの放火未遂スキャンダルを質問!「暴力団と繋がる人物に選挙妨害を発注する人間が総理なのか」
http://lite-ra.com/2018/07/post-4132.html
2018.07.17 山本太郎が安倍に放火未遂スキャンダルを質問 リテラ

    
    参議院インターネット審議中継より


 どこまで国民を欺くつもりなのだろう。カジノ法案を今国会会期中に成立させるべく、きょう開かれた参院内閣委員会では安倍首相が出席。野党側からは災害対策に対する批判、なかでも「赤坂自民亭」問題に厳しい声が飛んだが、安倍首相は「万全の態勢で対応に当たってきた」と繰り返すだけだった。

 気象庁が異例の会見を開いてまで発した警告を無視してどんちゃん騒ぎをしていたのに、それのどこを「万全の態勢」と呼ぶのか。しかも、西村康稔官房副長官が宴会写真を〈笑笑 いいなあ自民党〉などとSNSに投稿していた件についても、安倍首相は「誤解を与えたかもしれない(と西村官房副長官に注意した)」と述べたのだ。

 宴会したのは事実なのに、何が「誤解を与えた」だ。だいたい安倍首相自身も、「赤坂自民亭」について5日夜のぶら下がり会見では「和気あいあいでよかった」と答えていたではないか。それをまるで西村官房副長官が事実とは違うことを拡散したかのように強弁するのだから、その神経には恐れ入る。

 安倍首相はおそらく映画監督・想田和弘氏がツイートしていたように、〈もはや自分が何をやっても主権者から罰せられないと感じている〉のだろう。だから、赤坂自民亭のどんちゃん騒ぎの後、自宅に帰ってずっとのんびりしていただけなのに「万全の態勢で対応に当たってきた」と平気で開き直り、災害対応に意見を出し合うべきこんな時期にカジノ法案の会期中成立を目指して首相出席の委員会を開催することができるのだ。

 だが、今日の委員会でそんな安倍首相に「蜂の一刺し」を放った男がいる。自由党の山本太郎議員だ。

 山本議員といえば、これまでこのカジノ法案を審議する内閣委員会において、自治体や集落への小型重機の導入や、ボランティアの高速道路無料措置など、被災地復旧のための具体策を提案してきた。しかし、きょうは質疑に立つと、カジノ法案についての質問を開始。「カジノ管理委員会を任命するのは総理大臣。任命者である総理にも廉潔性が求められるのではないか」と述べ、安倍首相にこう質したのだ。

「総理ご自身は暴力団、またはそれら勢力と繋がりがある人物との付き合いもしくは関係、仕事を発注などしたことなどありますか?」

 安倍首相は「それはまったくございません」と短く答えたが、ここで山本議員は「いま巷で少し話題になっていることを調べてみた」と言い、“あの問題”に踏み込んだのだ。

 あの問題──そう、本サイトでもお伝えしてきた、「安倍首相が暴力団とも関係が深い前科8犯の男に選挙妨害を依頼していた」という事件のことである。

 詳細は過去記事に詳しいが、あらためて簡単に振り返ろう。事の発端は、2000年。当時、自民党幹事長だった安倍の地元・下関の自宅に計5回にわたって火焔瓶が投げ込まれるという事件が発生。それから3年後の2003年、この事件の容疑者として、特定危険指定暴力団「工藤会」系暴力団組長と組員、そして、元建設会社社長でブローカーの小山佐市氏が逮捕された。

 のちに小山氏らが安倍邸を放火しようとした理由があきらかになるのだが、それは驚くべきものだった。1999年におこなわれた下関市長選において安倍事務所は、安倍家や清和会と関係が深い現職市長の江島潔(現・参院議員)を支援していたが、野党系の候補者・古賀敬章の追い上げもあり、江島の当選が危ぶまれていた。そんななかで安倍事務所は、小山氏に古賀を攻撃する中傷ビラを撒くなどの選挙妨害を依頼したのだが、その後、安倍事務所は小山氏らと交わした“見返り”の約束を破ったため、暴力団員を使って安倍邸を放火した──というのである。

■安倍首相は「私は恐喝の被害者」と籠池理事長のときとそっくりな言い訳

 じつはこの内容は、当時月刊「噂の真相」(休刊)が記事にしたのだが、他のマスコミは完全に沈黙。闇に葬り去られようとしていた。しかし、最近になって「噂の真相」の記事で現地取材を担当したジャーナリスト・山岡俊介氏が、今年2月に出所したばかりの小山氏との接触に成功。安倍首相が選挙妨害に関与していた“決定的物証”を手に入れたため、ネット上では大きな話題となっていた。

 そして、ついにこの問題を、山本議員が国会で安倍首相にぶつけたのである。

 だが、安倍首相は「被疑者は処罰された者で、私どもは被害者だ」と言い張り、以下のようなゴマカシ答弁を展開したのだ。

「有罪判決が下った人物は恐喝をし、これは私どもだけではなくて、さまざまなそういう過去も指摘されているわけでございますが、その人物がですね、こう言っていたということを紹介していただいたんだろうと思うわけでありまして、私は一切、こうした恐喝には屈しなかったなかにおいて、先方がですね、私や妻が寝ていた家屋に暴力団に依頼をして火炎瓶を投げ入れさせたわけでありまして、そういう向こうからの恐喝・ゆすりに私は一切屈しなかったから、このようなことが何回か起こったわけであります」
「これはむしろ私が関わりがあるということではまったくなくてですね、私は一切の関わりを断ってきたなかにおいて発生した事件であるわけであります」

 恐喝されても屈しなかったからか火炎瓶襲撃の被害に遭った。むしろ自分は被害者だ──。安倍首相はこう、主張したのである。

 言い訳が「自分は被害者だ」とは、まるで森友問題で籠池泰典氏に対してとった態度を彷彿とさせるが、その主張の嘘まやかしもまったく同じだ。そもそも、小山氏は安倍事務所への恐喝については起訴猶予で釈放されている。また、仮にそれが恐喝まがいの要求だったとしても、問題なのはそれ自体ではなく、小山氏にそういう要求をさせた原因ではないか。小山氏が放火未遂に及んだのは、安倍事務所から依頼された選挙妨害を実行したのに、見返りの約束が果たされなかったからなのである。

 実際、これは裁判でも認められている“事実”だ。2007年に出た判決公判で福岡地裁小倉支部の野島秀夫裁判長(当時)は、「(小山被告は)事件の1年前に行われた下関市長選挙に関して安倍総理大臣側に協力したのに金銭の要求を拒絶された。この恨みを晴らすとともに、暴力に訴えて多額の金銭を得ようとつきあいがあった組長に犯行を依頼した」と述べているのだ。

■安倍事務所から選挙妨害を依頼された前科8犯の男が突きつけた証拠文書

 しかも、山岡氏の取材に応じた小山氏は、選挙妨害の詳細から見返りの約束の内容まで、事細かに証言。たとえば、小山氏に選挙妨害を依頼したのは安倍事務所の佐伯伸之秘書だったというが、小山氏は「佐伯では信用できない」として、安倍の筆頭秘書だった竹田力氏に電話。すると、竹田氏は「この件は安倍さんも含め安倍事務所全員の総意」と述べたという。

 さらに、江島が市長に当選しても「見返り」が実行されないことに業を煮やした小山氏サイドは、筆頭秘書の竹田氏と交渉。その上で、安倍と小山氏が直接面会して“秘密会談”をおこなったというのだ。

 事実、今回小山氏は証言と合わせ、小山氏サイドと安倍事務所双方が交渉内容を確認して署名捺印した記録文書を提示しているのだが、その文書には〈古賀潰しの件(佐伯氏よりの依頼)安倍代議士に報告〉という文言のほか、安倍氏と小山氏が直接話し合いをおこなうことを安倍事務所が通知したり、地元・新下関のジャスコ出店にかんする都市計画変更などといった選挙妨害の具体的な見返りに対して〈最大限努力致します〉と返答していたことが記されているのだ。繰り返すが、これらの文書には、〈安倍晋三 秘書 竹田力〉というサインと捺印がある。

 つまり、安倍事務所が依頼した違法な選挙妨害を口封じするために、安倍首相自身が小山の突きつけた要求に応じる約束をおこなっていたのだ。

 にもかかわらず、安倍首相はきょうの国会で、この暴力団にも通じているブローカーである小山氏に選挙妨害を依頼したというそもそものはじまりをなかったことにして、「自分は被害者」「恐喝に屈しなかった」と一方的に主張したのだ。

 こうした安倍首相の態度に、山本議員はこう吠えた。

「『私たちは被害者である』という以前の問題で、暴力団員と繋がりがあるような人物に対して、民主主義の根底を覆すような選挙妨害を発注するということは大問題であると。当然じゃないですか、これ。当たり前ですよ? 汚れ仕事を堂々と発注できるような人間がこの国の総理であり、そして博打を解禁するということにおいて、『しっかり暴力団員とか関わらないようにするね』という監視役、その元締めであるカジノ管理委員会を任命する立場にあるなんて、笑い話でしかないですよ。現実なんですから、悲劇でしかないですね」

 このあと山本議員は被災地支援問題の質問に移ったため、それ以上、この問題を深掘りして安倍首相に問いただすことはなかった。だが、安倍首相が災害対策よりも重視するカジノ法案がいかに馬鹿馬鹿しいものなのか、それを浮き彫りしてみせたと言えるだろう。

 ちなみに、山本議員はこの問題を今後も追及するかのような構えも見せていた。これからの動きにも注目したい。

(編集部)


🥨「総理が選挙妨害を発注」山本太郎・自由党 VS 安倍総理《カジノ法案》
【国会中継 参議院 内閣委員会】平成30年7月17日

















































































関連記事
ポスト「モリカケ」か? 安倍首相に浮上したもう一つの「重大疑惑」(HARBOR BUSINESS Online)
http://www.asyura2.com/18/senkyo246/msg/833.html




 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2018年7月18日 09:52:45 : cnnmIxJ41g : NJ9INAFxmPw[80]
>>安倍首相は「誤解を与えたかもしれない(と西村官房副長官に注意した)」と述べたのだ。

・・・・

宴会をやるようだと「噂」が広まったのであれば、誤解を与えたかもしれない、

と言い訳もできるだろうが、既にやってしまったことに「誤解を与えたかも」

はないだろう。何を考えての発言なのかバカの言い訳としか聞こえない。

「言葉の乱れは心の乱れ」この言葉を安倍晋三に贈りたい。

戯け者と言う以外言葉は無し。

安倍よ!山本太郎を「若造」と侮ってはいけない。

最期(最後)は、お前さんの「ケツの毛」まで抜かれかねないと思うが。


2. 2018年7月18日 10:01:33 : OHYGUy9uuc : IsMJH8jyzpo[16]
2015年にはこんなことも、、、
https://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/5dd33e8ad21d81087c7ba791cbac0cef

       ↓

仰天ニュースの裏側

下関 安倍首相のお膝元でまかり通る横暴!

安倍晋三首相の地元・山口県は下関市で起きたハレンチ事件に関し、「治外法権か?」との声が市民の間から噴出している。

事件があったのは昨年5月12日の夜、県内を代表する川棚温泉のホテル内にあるバー『M』でのこと。一次会ですっかり出来上がっていたY氏(50代)やH下関市議(50代)ら5人が、店にやって来た。
実はY氏は、この地区の安倍後援会のナンバー2という実力者。そしてH市議は下関市議会の"安倍派"所属。ほかの3人も、その関係者だったのだ。

Y氏は、いきなり店のホステスのA子さんにキスを強要。彼女が断ると殴りつけ、ヘッドロックをした。そのあと彼女の鼻を摘み、口の中に無理やりビールを流し込んだ。こんな暴力的な行為を延々2時間も続けたという。

ほかの4人はニヤニヤ傍観するばかり。やがてH市議は、A子さんのハンカチを取り上げ、自分のズボンの中に突っ込んで股間にあてがい、そのまま店を出ていったという。

A子さんは頚椎捻挫で全治1週間、また、その屈辱など精神的ショックで店を2カ月間休むことになり、Y氏を刑事、民事の両方で提訴した(Y氏は後日、A子さんに10万円を渡そうとして受け取りを拒否された)。

ところが、いまだに捜査は行われず、また、民事訴訟のほうもA子さんの敗訴が濃厚だという。
「地元の安倍事務所は、かつてKという元県警幹部が天下って仕切っていたこともあり、いまでも県警と安倍事務所はツーカーだと言われています。事務所関係者なら多少のトラブルの揉み消しも可能ではと、地元ではもっぱらです。A子さんは事件後、店を辞めさせられ、また現場に居合わせたほかのホステスも沈黙して、目撃証言をしません。圧力がかかったのかもしれません。その店は、そもそもY氏らのご用達ですからね」(地元事情通)

一方、H市議は、「自分は途中で帰った。Yの行為は知らない」と主張。
今年1月25日に行われた下関市議選で、H市議は楽々再選した。
「安倍派にあらずんば人にあらず」ということか。それにしても、こんな乱暴狼藉は許されない。


3. 2018年7月18日 10:41:31 : a7mMDnDy5g : 9Tmj6T6wyww[10]
日本は、 「何かを批判すること」 と 「人の悪口を言うこと」 の区別を、ずっとつけずにきたと思う。

日本では政治に限らず、何かを批判しようとする者は、「事を荒立てるな」 と黙殺される。
野党が与党の政策を批判しようとしても、「野党は文句ばかり」 という雰囲気が作られる。

これは大人の問題だ。
https://twitter.com/ootsukisan126/status/1018704155215421441


4. 2018年7月18日 10:46:27 : a7mMDnDy5g : 9Tmj6T6wyww[11]
安倍首相自宅放火未遂事件の背後に 「反社との選挙妨害」
https://nippon-times.net/2018/07/#t05
 
恐喝事件、デッチ上げ逮捕の可能性
http://www.accessjournal.jp/uploads/weblog_imagephotos/20361.jpg
   

5. 2018年7月18日 11:23:45 : LIgO4mFeAs : k41mBKwRKlw[90]

でも山本も暴力団そのものに対しては何故か問題視しないんですね

中身が在日だから親分に釘されたのかな?

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

6. 2018年7月18日 11:45:10 : a7mMDnDy5g : 9Tmj6T6wyww[12]
また、DAPPI が嘘八百のデマを流していますね。
https://twitter.com/take_off_dress/status/1019058413794295808

7. 日高見連邦共和国[9223] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2018年7月18日 12:46:01 : NwWQYiC8iY : NhAAyv4W0iw[911]

地元の人間だったら、誰もが“うっすら”知ってる話題だろう。

なにに安倍をこれだけ“勝たせている”山口県民の罪は重いと言わざるを得ない。

山口県民からの“反論”を待つっ!!


8. 2018年7月18日 15:38:41 : NFKoC28uaI : AFcE@X3o3iY[4]

ニラレバでなく、タラレバのお話

2007年の小沢・福田の大連立構想が実現していれば、
2009年の民主党誕生を機に、「不正選挙が絶対にできないような仕組み」を作っていれば、
歴史にデカデカと汚名を残す恥知らずのアベ自公カルト不正選挙政権の暴政は、いくら何でもここまで続かなかったことだろう。あなかしこ・悪霊退散・天誅!



9. 2018年7月18日 15:45:54 : oEpQxAsLuo : Ks3vXhTaXNs[737]
このこと自体、議員は勿論総理などもっての外、即辞任問題、何故マスコミはスルーしているのか、お互いに交わした証拠書類まで残っている。それには安倍晋三、秘書の名で捺印されている。その当時下関市長だった人間が今は自民党議員、腐りきっている。安倍晋三が総理をする事など本来許されない事だ。日本の警察、検察は正に自民党清話会と繋がっている。

10. 2018年7月18日 15:52:27 : oEpQxAsLuo : Ks3vXhTaXNs[738]
それにしても山本議員はいつもタブーな事を代弁してくれている。正に国民の代表、とても自民党には真似できない、トコトン応援したい。そしていつも国民の聞きたいことをありがとうと言いたい。

11. 新共産主義クラブ[971] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年7月18日 18:07:05 : nBtHNSWmHs : f4n9LlGOlvQ[77]
 
 安倍首相が首相公邸での宿泊を避けているのは、安倍首相が首相公邸から暴力団に暴力行為を発注する電話が米国大使館に盗聴されるのを避けようとしているからではないでしょうか。
 

 

 


12. やもめーる[-8885] guKC4ILfgVuC6Q 2018年7月18日 19:49:20 : kJ3LJtp8JE : zh9lN3APQAA[-111]
>>6
みたいなバカウヨはオヤビン安倍晋三の出自については
何故か頬かむりですね(笑)。言えばそんなのはサヨクのデマだと!!(笑)
逆ギレするし(笑)
やはり「触れないで欲しい関係がある」ですか!?(笑)

[18初期非表示理由]:担当:言葉遣いが適さないコメント多数により全部処理
13. 2018年7月19日 08:38:13 : qh8qAlMnfY : be4edhQ5dgs[1]
こういう現実世界の不正選挙(安倍が暴力団に選挙妨害を依頼した)の話題になると、「妄想上の不正選挙」について騒がしい「不正選挙あるある派」は出てこないですね。

「妄想上の不正選挙」の首謀者(だか主謀者の飼い犬だか)の安倍首相の地元の山口県で行われた下関市長選ですよ、そんなのムサシをフル稼させて「妄想上の不正選挙」を発動したら一発で安倍首相お望みの選挙結果が出てくる筈でしょうに。なにも暴力団に選挙妨害を頼んで、そんな文書を残すことなんかしないで済む筈なのにね。

現実の世界に「不正選挙」は山のようにあります。暴力団を使っての選挙妨害や、買収などの選挙違反や、選管の小役人による職務怠慢みたいなチンケな犯罪が。そして下関の件でも裁判所はちゃんと暴力団の言い分(安倍の不正)を認めているみたいじゃないですか。「妄想上の不正選挙」を主張して裁判所から門前払いを喰わされたのは、裁判所が悪いのか自分たちの言い分に説得力がなかったからなのか。裁判所や警察も含めたこの国の統治機構の総力を挙げて「妄想上の不正選挙」が実施されているという「不正選挙説」が、果たして現実的なのかどうか。よく考えようよ。

「不正選挙あるある派」はそろそろ山本太郎さんを見習って「現実世界のチンケな不正選挙」を正すことに専念したらいいんじゃないのかなぁ。国際的・国家的な巨大陰謀ではないけれど、それだって一国の首相の犯罪ですからね、それなりに追及しがいはあると思うんだけどなぁ。


14. 2018年7月19日 09:07:27 : Ef236fAa4M : IuOMV0v5Lh0[162]
>5
自民工作員様は
低学歴で世間知らずだから仕方ないんだけど

暴対法ができて四半世紀
暴力団員は既に絶滅危惧種
動物園で展示してもいいレベルだよ

それを山本がどうにかしなきゃならないとか
遺伝子レベルでできそこないだなお前は


15. 2018年7月19日 14:03:20 : LIgO4mFeAs : k41mBKwRKlw[108]
暴力団で思い出したけど

山本太郎は総理大臣には指摘したようだけど総務大臣には何故指摘しなかったんだろう?


【文春砲炸裂】野田聖子 総務大臣の夫が前科2犯の 暴力団員(会津小鉄会)

野田聖子総務相の夫・野田文信氏(旧姓・木村)が「 暴力団組員」だと週刊文春が報じました!「野田氏に対し、家庭内だけなく、政治的にも極めて大きな影響を与えている」とも!

更新日: 2017年10月04日

"週刊文春2017年9月21日発売号(28日号)によると、文信氏はかつて、京都の指定暴力団「会津小鉄会」傘下の「昌山組」に幹事として所属していた。昌山組は、組長が2000年2月に殺害事件で実刑判決を受け、同年3月に解散。文信氏は事件以前に組を抜けていたが、99年と05年に逮捕歴があり、それぞれ刑罰を受けたという。

 野田氏と結婚したのは11年。文信氏は「野田氏に対し、家庭内だけなく、政治的にも極めて大きな影響を与えている」との記述もある。"

出典野田聖子の夫は「元暴力団員」報道 ネットでは賛否両論 (J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース

"また、野田総務相の夫の名前が木村というのは、文信氏の通名で、本名は金文信氏(50)。結婚した現在は野田文信氏を名乗っており、去年ハワイに購入した不動産が野田総務相の夫・文信氏名義で所有していることが明らかになったという。
文信氏がハワイの不動産を所有していることは9月15日、新閣僚の資産公開で明らかになった。家族分も含む資産額の平均は約7500万円だったが、野田総務相は1億9192万円と突出していた。

資産額を押し上げたのがこのハワイの不動産。約75平米で価値は1億5878万円。ただ野田総務相の発言によれば、文信氏は現在、育児に専念して収入はないはず。
暴力団から足を洗ったそうだが、今何の仕事をしているのか、職業が気になるところだ。"

出典野田聖子の夫(画像)と文春砲の内容!前科2犯の犯罪歴と現在の職業は?


"野田聖子氏の現在の夫は、韓国料理店を大阪で経営していましたが、野田聖子氏と結婚して支えるためにお店を閉店しています。

閉店理由は、野田聖子氏の子供、息子の真輝くん(まさき)を介護するためで、野田聖子氏の母弘子さんのうつ病の介護をするためでもありました。

野田聖子氏が国会で思い切り働けるようにと、夫が提案しています。
夫が子供と義母の面倒をみる、

「野田さんが家族の心配をせずに、国のために思いっきり働けるように」と、夫が提案して、自分がふたりの面倒をみることにしたそうです。"

出典野田聖子 現在の夫は韓国人で前科あり!【画像】黒すぎる過去に専業主夫は償いか | @womo

"野田文信の本名は「金文信」で、実は在日韓国人という噂がTwitter上で出回っているようです。確かに外見からはそう見えなくもないですが、確たる証拠がないため真相は不明です。"

出典
野田文信(のだふみのぶ)の現在の仕事や経歴は?前科2犯の逮捕歴に在日韓国人という野田聖子の夫の噂の真相は…暴力団には「木村文信」として在籍し、本名は「金文信」?情報まとめ | ENDIA[エンディア]


h ttps://matome.naver.jp/odai/2150613687867490801抜粋

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

16. 2018年7月19日 14:12:49 : vBv70J51rE : GPm8QxyRndY[94]


  その選挙区の人々にとっては、「寄らば大樹の陰」「長いものには巻かれろ」なのだ。
  
  地方それぞれの選挙区で、知名度も金もある世襲の二世三世の政治家らは、いわば昔の殿様のようなもので「バカ殿」であろう何であろうと落選の心配はない。だから鉄板の選挙区を持つ安倍、麻生らは国民の大半を敵に回しても痛くも痒くもない。

  《小選挙区制》を続ける限り、こうした「バカ殿」らを除くことは不可能だ。




▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK247掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK247掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK247掲示板  
次へ