★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK249 > 654.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
翁長後継・玉城デニー独占インタビュー 「僕の名前が出たんだと思うと、この上なく光栄」〈AERA〉 
http://www.asyura2.com/18/senkyo249/msg/654.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 8 月 25 日 00:31:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

翁長後継・玉城デニー独占インタビュー 「僕の名前が出たんだと思うと、この上なく光栄」〈AERA〉
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180824-00000035-sasahi-pol
AERA dot. 8/24(金) 16:09配信 ※AERA 9月3日号より加筆修正


後援会の会場から出て記者に囲まれる玉城デニー氏=2018年8月21日午後7時17分、沖縄県沖縄市胡屋 (c)朝日新聞社


 急逝した翁長雄志知事から音声データで「後継指名」を受けた自由党幹事長の玉城デニー衆院議員(58)。「渦中の人」が9月30日投開票の沖縄県知事選の立候補表明を控え、インタビューに応じた。

■「ハーフ」といじめられた

「家訓。いかなることがあろうとも、主たるもの月曜朝の可燃ゴミを忘れてはいけない」

 知事選の有力候補として地元紙の一面トップに名前が踊った8月20日朝、玉城デニー氏がフェイスブックに書き込んだメッセージだ。

 国会議員になった後も、周囲からは親しみを込めて「デニーさん」と呼ばれることが多い。そんな異色の政治家らしい、「おとぼけ」ぶりだった。

「母子家庭で育ってきた人間は掃除も洗濯も自分の周りのことをやるのは苦になりません。この日も普段通り、慌てる必要も、浮かれる必要もないと」(玉城氏)

 2002年の沖縄市議選でトップ当選し政界入りする前は、ロックバンドのボーカルや沖縄のラジオパーソナリティーなど、タレントとして沖縄のメディアで活躍していた玉城氏。今も、毎週土曜日の午後5時から地元のコミュニティFM局で音楽番組にレギュラー出演している。

「番組ではいっさい政治の話はしません。好きな音楽をかけて音楽の話をするだけです」

 つらいとき、心の支えになったのはいつも音楽だった。

 玉城氏が生まれたのは沖縄が米軍統治下だった1959年。米軍基地が集中する沖縄本島中部で育った。父親は、沖縄駐留の米軍人だった、ということしか分からない。玉城氏が物心つく前に、父親の写真や手紙は全て、母親が処分していた。父親のことを根ほり葉ほり尋ねたこともあったが、母親は「もう全部忘れた」としか答えてくれなかった。

 母親が住み込みで働いていたため、1歳のとき、近隣の知人宅に預けられた。育ての母を「おっかあ」、実母を「アンマー」と呼んで育った玉城氏は、「この2人の母がいて、今の僕がある」と感謝を惜しまない。

 育ての母は既に亡くなり、今年、三回忌を迎えた。実母は県内の老健施設に入所している。玉城氏は会ったことのない父親についてこう言う。

「一時期捜してみようかなとも思ったんですけど、今はまだそのタイミングではないと考え、捜すのをやめている状態です。親父が今も元気なら、よかったね、僕も元気だよ、と会って話をしたいとは思いますけどね」

 子どもの頃は「ハーフ」という理由でいじめられた。

「もうそれはハーフとして生まれた者の宿命みたいなもの。ヤンキーの先輩からもいろいろいじられましたよ」(玉城氏)

 母子家庭で育ち、貧困も経験した。小学生時代、コザ(沖縄市)の「トタン長屋」に実母と初めて一緒に暮らせるようになった。玉城氏はこの時期、70年12月の「コザ暴動」を目の当たりにする。

 米兵車両による人身事故の処理に端を発して市民の反米感情が噴き出し、米国人の車両82台を炎上させたコザ暴動は、今も沖縄で語り継がれる現代史の断面だ。玉城氏は「ウチナーンチュの心のうちに閉じ込められた何かが爆発したように感じた」という。

■保革の「真ん中」に立つ

「ほんとに僕なんですか」

 翁長知事の死去から10日後の8月18日。沖縄県沖縄市内の事務所で、翁長氏の後継候補を決める「調整会議」の議長・照屋大河県議や新里米吉県議会議長と向き合った玉城氏は、こう切り出した。

 翁長知事が後継に玉城氏の名前を挙げた音声データを「2回聞いて確認した」と告げる新里議長の説明を受け、玉城氏は知事選立候補の腹を固めた。

 ただし、選挙態勢についてこう注文を付けた。

「前回翁長さんを応援した保守系の皆さんとつながりの深い方々がいないと、選挙は成り立ちません」

 4年前に自主投票だった公明党沖縄県本部は今回、知事選立候補を表明している前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)と「辺野古」の是非には触れない形で8月20日に早々と政策協定を結んだ。「オール沖縄」を支えた経済関係者の継続支援も一部不透明な状況だ。

 それでも玉城氏は、翁長氏の「指名」を重く受け止めている。

「(翁長知事とは)育ちは違いますが、目指していく方向は同じだと。そう考えていただき、僕の名前が出たんだと思うと、この上なく光栄なことだと感じています」

 翁長氏は沖縄の保守政治家一家で育ったサラブレッド。対照的な生い立ちだが、2人はともに「戦後沖縄」を体現しているようにも映る。玉城氏は言う。

「翁長知事はかねてから僕のことを話題にするとき、『デニー君も戦後の沖縄を背負って、いろいろ難儀してこられたんだろうなあ』というふうなことをおっしゃっていたらしいです」

 中央政界で小沢一郎衆院議員と行動を共にした玉城氏は、14年の衆院選で「オール沖縄」の推薦候補(生活の党公認)となり、翁長氏が応援に駆けつけてくれるようになった。玉城氏が共感したのは、14年の知事選で翁長氏が掲げた「イデオロギーよりアイディンティー」という旗印だ。

「保革を乗り越えてイデオロギーは腹八分、六分にして取り組もうと。保守の政治家でこんなことを言う人は、小沢一郎以外に聞いたことがない」

 玉城氏は、保守政治家だけれども中央集権型の保守政治家ではなかった、との「翁長評」も挙げる。沖縄の歴史と先達の努力に敬意を払う、そのための保守でなければならない、という翁長氏の姿勢に打たれたという。

 沖縄市議当時、玉城氏は『沖縄タイムス』のインタビューに「私自身は、保守だ、革新だというスタンスではなく、是々非々で行動している」と説明。「保守系は生活者の視点」「革新は論者の視点」と指摘している。

 中央政界を渡り歩いた今の立ち位置を問うと、「真ん中かもしれませんね」と答えた。

■遺志受け継ぐ覚悟

 玉城氏は、「米軍を早く沖縄から出すには、自衛隊の配備も必要になってくるかもしれない」と見る。しかし、沖縄の先島で進む自衛隊配備についてはこう批判する。

「丁寧に協議し、地元の理解を得るのが必要。国が先島でやってきたように地元との協議も踏まえず、基地を造成し部隊を駐屯します、というやり方は自衛隊にとっても迷惑。こんなことをやっている民主主義国家はない。それが、『保守』でもある自分には許せないわけです。革新の皆さんは『基地反対』と言いますが、その前提は違うんです」

「革新」との立ち位置の違いもにじませつつ、「保守」の現状にも違和感を隠さない。

「対等な日米関係をつくらないから、地位協定改定も一歩も進めない。全部、従米なんですね。保守の側はそれで独立国家日本だって、鼻を高くしているのはおかしな話」

 沖縄の全ての米軍基地の撤去を求める立場ではない。基地を置くなら置くなりの理由と、負担の度合いが問われるべきだ―辺野古新基地建設を念頭に、玉城氏はこう主張する。

「占領で土地を奪ってつくられた米軍基地がそのまま置かれているから、新しい米軍基地もまた沖縄につくれなんていうのは、翁長知事が言われたように『政治の堕落』ですよ。もっと県民のことを考えるべきだと、翁長さんは保守の側から本気で怒った。私も全く同感です」

 玉城氏は「オール沖縄」の候補として知事選に立候補する見通しだが、同時に国会議員として培った「オールジャパン」の視点も持つ。

「東京にいると、物事が俯瞰的に見えますし、沖縄に戻ると離島の苦しさや過疎化の厳しさも見えてきます。どちらか一方の視座から見るのではなく、日本全体の方々にも通じる言葉を選んで思いを伝えるよう意識しています」

 辺野古新基地建設は止められるのか。玉城氏はひと呼吸おいてこう話した。

「翁長知事が準備していた承認撤回をまずしっかりやること。それからでしょう。沖縄で基地問題は、どうすれば安心して生活できるのかという生活の問題。それをイデオロギー化させているのは日本政府です。翁長知事の遺志を受け継ぐ覚悟でなければ新しい知事は務まりません」

(編集部・渡辺豪)















 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年8月25日 04:22:58 : quMKleKEOA : apQvoj4eROs[830] 報告
このタレント候補、党をころころ変える人だし
公約なんかもいつでも裏切りそうな人に見えるのだが

もう一人の候補のほうが良かったんじゃないの?

2. 2018年8月25日 08:40:19 : tyVjyaD8L6 : 1JNW6IIXr38[378] 報告
自民党や、公明党、維新が推す候補者は金の亡者が取り憑いている

沖縄ではこのような者たちを「ウガンブスク」・・・神々への信仰が薄い

今の日本の政治がそうである、 沖縄が神から見放されないことを祈る。

3. 2018年8月25日 14:11:38 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-7403] 報告
2018年8月24日(金)

沖縄知事選 玉城氏に出馬要請

オール沖縄「調整会議」 「真剣に前向きに」と応答

 翁長雄志知事の死去に伴う沖縄県知事選(9月13日告示、30日投票)に向け、県政与党や経済界、労働組合、中道保守勢力などで構成する「調整会議」は23日、沖縄市で自由党幹事長の玉城デニー衆院議員(沖縄3区)に、同県名護市辺野古新基地建設に反対する「オール沖縄」の候補として出馬することを正式に要請しました。


https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-08-24/2018082401_01_1.jpg
(写真)玉城デニー氏(右)に県知事選挙への出馬を要請する調整会議の照屋大河議長ら=23日、沖縄県沖縄市

 「調整会議」議長の照屋大河県議から要請書を、「しっかりと受けさせていただきます」と受け取った玉城氏は、記者団にこの日の要請について「新たなスタートラインに立ったという形で受け止めている」「真剣に前向きに考えていければと思っている」と答えました。「できるだけ早いタイミングで表明できれば」と述べ、今後、後援会での確認手続きを経てから、要請受諾を表明する見通しです。

 玉城氏は記者団に、「沖縄の自主自立の経済への道を探り、これ以上新しい米軍基地はいらないと断言していたこと全てが翁長知事の遺志だ」と強調。「遺志を引き継いでいけるよう、しっかりと深く胸におさめて決意したい」と語りました。

 「調整会議」は要請に先立ち、翁長知事の遺志を引き継ぎ、辺野古新基地建設反対などを掲げた「建白書」実現に全力で頑張る人との選考基準に照らし、玉城氏が最適任であることを確認。全会一致で擁立を決めました。

 照屋氏は記者団に、「引き受けていただけるのであれば選挙戦をともに全力でたたかう決意。オール沖縄の態勢で辺野古新基地は造らせないというこれまでのたたかいを、前に進めていく選挙だ」と語りました。

 事実上の一騎打ちの相手となるのは、辺野古新基地建設を容認する自民党県連の出馬要請を受けて宜野湾市長を辞職した佐喜真淳氏。安倍自公政権の支援を受ける佐喜真氏は、辺野古新基地についての態度を語らず、争点外しの姿勢を徹底しています。

 玉城 デニー氏(たまき・でにー) 1959年10月13日生まれ。うるま市(旧与那城村)出身。上智社会福祉専門学校卒。本名は玉城康裕(やすひろ)。

 老人福祉センターや音楽関係企画事務所の勤務、ラジオパーソナリティーなどの活動を経て2002年に沖縄市議に初当選(1期)。09年の衆院選で初当選。現在4期目。自由党の幹事長と国会対策委員長を兼務。辺野古新基地建設などに反対する沖縄県選出の国会議員でつくる「うりずんの会」事務局長。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-08-24/2018082401_01_1.html

2018年8月24日(金)

知事・地方選 必勝を

沖縄 共産党が拡大県委総会

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-08-24/2018082404_01_0.jpg
(写真)日本共産党沖縄県委員会の拡大県委員会総会でガンバロウをする参加者=22日、那覇市

 日本共産党沖縄県委員会は22日、拡大県委員会総会を那覇市内で開き、辺野古新基地建設を許すかどうかが最大の争点となる知事選と一体のものとして統一地方選をたたかい、必ず勝利しようと決意を固めあいました。

 報告した鶴渕賢次県委員長代理は、知事選について「翁長知事の遺志を継ぐ辺野古新基地建設反対のオール沖縄の代表か、安倍政権言いなりの新基地建設推進の人か」が最大の焦点と強調。有権者の過半数獲得という目標を掲げて全県で知事選にとりくみながら、議員選挙で得票を大きく伸ばして党議席を必ず前進させるとともに、オール沖縄の議席前進を訴えていこうと呼びかけました。

 そのために議員選挙は課題と期日を明確にして逆算して取り組もうと提起。もっとも確かな選挙の「担い手」を広げるためにも「特別月間」の目標達成に全力を尽くそうと訴えました。

 名護市議選をたたかう、よしい俊平予定候補は「基地推進派の議席増を許さず、オール沖縄が全員勝利する」と語り、宜野湾市議選の宮城チカラ予定候補、南城市議選のマツダ兼弘予定候補が決意表明しました。

 渡久地修県副委員長・党県議団長は辺野古の埋め立て承認撤回にかけた翁長雄志知事の最後の思いも紹介し、「沖縄県民の心が一つになったとき巨大な力を発揮する。ぬちかじり(命の限り)頑張る」と発言。赤嶺政賢県委員長・衆院議員は翁長知事が目指した沖縄を実現するために全力を尽くそうと呼びかけました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-08-24/2018082404_01_0.html

2018年8月24日(金)

うるま 山内事務所開き

県議補選 玉城・赤嶺氏ら決意

来月21日告示

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-08-24/2018082404_02_1.jpg
(写真)知事選、県議補選、市議選の勝利を目指して「がんばろう」と声を上げる(左2人目から)玉城、山内、糸数、伊波、赤嶺の各氏=22日、沖縄県うるま市

 沖縄県知事選と同日の9月30日投票の沖縄県議補選うるま市区(定数1、21日告示)に立候補する「オール沖縄」の山内スエコ前県議の事務所開きが22日、うるま市内でありました。

 玉城デニー衆院議員をはじめオール沖縄の国会議員、県議、うるま市議選(9月23日告示、30日投票)の予定候補者、労組・団体・後援会関係者、市民が参加し、「知事選、県議補選、市議選で完全勝利を」と決意を固めあいました。

 玉城氏が「スエコさんと一緒に『県民の生活が第一』を掲げ、全ての人たちの生活を支えるために取り組んできました。(県知事選で)同じスタートラインに立てればと思っている」と述べると、歓声と激励の拍手が起こりました。

 日本共産党の赤嶺政賢衆院議員、「沖縄の風」の糸数慶子、伊波洋一両参院議員が発言。赤嶺氏は「国会対策委員長として大きな仕事をやり抜いてきた玉城デニーさんは沖縄が送った国会議員の誇りです。私たちも全力をあげて頑張り、スエコさんと共に必ず勝ち抜きたい」と訴えました。

 山内予定候補は「必ず与党県議として県議会に復活し、玉城デニーさんと一緒に沖縄のために働かせてください」と述べ、「翁長雄志知事は命を削って安倍政権に沖縄県民の声を訴えてきました。その『命』をしっかりと受け止め、県政の中で頑張っていきたい」と決意を表明しました。

 参加した市内の男性(35)は「うるま市から知事選勝利の勢いをつくっていきたい」と語りました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-08-24/2018082404_02_1.html

2018年8月24日(金)

日曜版26日号

翁長さんの遺志を継ぎ、新基地ノー

沖縄県の地位協定比較調査にみる日本の異常

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-08-24/2018082403_01_0.jpg

 沖縄県の翁長雄志知事の死去を受け、9月13日告示で知事選がたたかわれます。最大焦点は、知事の遺志を継ぎ、辺野古新基地反対貫く「オール沖縄」の代表か、安倍政権いいなりの新基地建設推進候補か、です。元沖縄県市議会議長会会長や翁長雄志後援会会長が、知事の遺志を語ります。

 アメリカいいなりの日本。その異常な実態を、沖縄県がイタリアやドイツで調査した米軍との地位協定から明らかにします。日曜ワイドで。

 離島の子どもたちと戦争を描く新作を出した作家の中脇初枝さんに思いを聞きました。

 次の国会に改憲案提出を狙う安倍晋三首相。その危険な狙いは…。

 築地市場の豊洲移転に「安全宣言」を出した小池百合子都知事。女将さんたちが怒りの声をあげています。

 9月に3度目の南北首脳会談が開かれます。朝鮮半島の平和の激動を追います。

 スポーツは、世界で躍進する日本バドミントンです。

 福岡高裁が、諫早干拓で開門を命じた判決(2010年)を無力化する不当判決を出しました。問題点は…。

 札幌市で、生活保護を利用していた60代女性が電気を止められ熱中症で死亡しました。現地リポートです。

 西日本豪雨災害の発生から1カ月半。避難所を訪問する医療チームに同行しました。

 ひとは、俳優の東出昌大さん。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-08-24/2018082403_01_0.html

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK249掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK249掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK249掲示板  
次へ