★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK251 > 559.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小堀邦夫宮司が天皇が靖国神社を壊すつもりだと喚いている。こいつは、多分、筋金入りの反日・売国奴であり、ネトウヨだな 
http://www.asyura2.com/18/senkyo251/msg/559.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 10 月 01 日 17:25:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

小堀邦夫宮司が天皇が靖国神社を壊すつもりだと喚いている。こいつは、多分、筋金入りの反日・売国奴であり、ネトウヨだな
https://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/e734a8978a5df058bb10b9572081bb73
2018年10月01日 のんきに介護




清水 潔@NOSUKE0607さんが



と言ってるぞ。

実際、このおっさん、何者だろうな。

大日本帝国の兵隊を背負っているような

傲慢さを感じる。

しかし、上官然とした、

このおっさんの厚かましさこそが多くの兵を死地に追いやった悪だぞ。

宗教を利用しなければ、人の上に立てないのか。

恥ずかしいとは思わんのか。

国家神道なんて大体が

江戸末期、

キリスト教はモルモン教から

三位一体説を借用して天皇を唯一神にでっち上げたと聞くぞ

(拙稿「「復古(国家)神道」とは何か。創始者・平田篤胤は、何を参考にしたか」参照)。

☆ 記事URL:https://blog.goo.ne.jp/nrn54484/e/3f594df9f02f6e0f9c1eaaefa8b1b0fc

所詮、邪教だよ。

それに宮司が天皇陛下を公然と批判したことで、

益々、天皇の神性が崩れ落ちたぞ。

どうするの?

切腹してみるか。


<追記>

こんな報告がある。



なるほど、隠そうとしても出てくる

女性蔑視な感覚ということだな。


2018年10月1日夕方 記



「陛下は靖国を潰そうとしてる」靖国神社トップが「皇室批判」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180930-00000017-pseven-soci
NEWS ポストセブン 9/30(日) 16:00配信 週刊ポスト10月12・19日号


小堀邦夫宮司(共同通信社)

問題発言の音声データを公開(動画)



 天皇が「深い悲しみを新たにいたします」と述べた平成最後の終戦記念日、靖国神社(東京・九段北)には安倍晋三首相はじめ現役閣僚の姿はなく、中国や韓国も一頃ほど神経をとがらせなくなった。しかし、その落ち着きの裏で、靖国神社は“爆弾”を抱えていた。来年、天皇の「代替わり」と創立150年が重なる大きな節目を目前に、前代未聞の問題発言が神社トップである宮司から飛び出したのだ。

◆「そう思わん?」「わかるか?」

 靖国神社では今、来年の創立150年に向け、境内のいたるところで改修工事が行なわれている。だが、その内部では、修復不可能なほどの“綻び”が生じていた。

 6月20日、靖国神社の社務所会議室で行なわれた「第1回教学研究委員会定例会議」で、その重大事は起きた。今年3月に第十二代靖国神社宮司に就任した小堀邦夫氏(68)が、創立150年に向けて新たに組織したのが「教学研究委員会」だった。これからの靖国神社がどうあるべきかを考えるとして、第1回の会議には、小堀宮司以下、ナンバー2である権宮司など職員10人が出席したことが当日の議事録に残されている。

 その会議の場で、靖国神社のトップである小堀宮司から、驚くべき発言が飛び出した。

「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど靖国神社は遠ざかっていくんだよ。そう思わん? どこを慰霊の旅で訪れようが、そこには御霊はないだろう? 遺骨はあっても。違う? そういうことを真剣に議論し、結論をもち、発表をすることが重要やと言ってるの。はっきり言えば、今上陛下は靖国神社を潰そうとしてるんだよ。わかるか?」

 さらに発言は、代替わりで次の天皇となる皇太子夫妻にも向けられた。

「あと半年すればわかるよ。もし、御在位中に一度も親拝(天皇が参拝すること)なさらなかったら、今の皇太子さんが新帝に就かれて参拝されるか? 新しく皇后になる彼女は神社神道大嫌いだよ。来るか?」

 静まり返る会議室で小堀宮司の高圧的な口調の“独演”と、速記のキーボードを打つ音だけが響く──。

 この会議は、小堀宮司の意向もあって複数の出席者が記録のために録音していた。宮司の「総括」から始まる110分に及ぶ音声データを本誌は入手した。

 小堀宮司が語気を強めたのは、今上天皇が即位以来、一度も靖国を参拝したことがない一方、かつての戦地を訪れ、戦没者の霊を慰める旅を続けてきたことを指しているとみられる。皇室ジャーナリストの久能靖氏はこう言う。

「今上天皇が靖国を参拝されない理由はわかりません。が、あえて推察すれば、昭和天皇が1978年のA級戦犯合祀以来、靖国においでにならなくなった、その思いを咀嚼されたのではないかと考えられます。今上陛下は戦争体験をお持ちで、戦中の国民の苦しみは直接ご存じでした。だからこそ、国内外にわたるすべての戦地で慰霊を行ないたいというお気持ちになられていたと思います。天皇陛下の慰霊の旅は、強い信念に基づいて行なわれているものでしょう」

 その慰霊の旅が、小堀宮司の目には靖国神社を否定する行為に映っていると、靖国神社関係者が言う。

「小堀宮司からすれば、英霊の御霊は靖国にこそあり、戦地にはない。にもかかわらず、今上天皇は靖国よりも慰霊の旅を選んでいるとなると、靖国の存在意義を否定することになってしまうという思いがあったのではないか」

 しかし、この発言は靖国神社内でも問題視された。

「勅祭社(天皇が例祭などに勅使を派遣し、奉幣を行なう神社)としての靖国神社の性格を考えると、天皇陛下を批判するような発言は、宮司として問題ではないかという声が上がっています」(同前)

◆「お前の説教、聞きたくないよ」

 靖国神社は来年までに天皇の参拝を実現させようとしていた。靖国神社職員はこう語る。

「平成の御代のうちに天皇陛下にご参拝をいただくことは、私たち靖国神社からすると悲願なのです。小堀宮司は、“平成の御代に一度も御親拝がなかったらこの神社はどうするんだ”と口にしていました。そうして宮内庁に対し、宮司自らが伺って御親拝の御請願を行なうための交渉を内々にしているのですが、まだ実現の目処は立っていない」

 小堀宮司は専門紙「神社新報」で、〈(創立)五十年目に大正天皇が行幸され、百年目には昭和天皇が皇后とお揃ひで行幸されてゐます。そして来年、百五十年といふ大きな節目の年がやってくることの重大さは、御代替りと相俟って深刻に考へてゐます〉(7月30日付)と語っていた。

 天皇の参拝を求める焦りが発言の背景にあったのだろうか。問題発言に至るやり取りを見ると、小堀宮司の真意が分かる。

 この日の会議は、靖国の創立百五十年史略年表の作成・出版などについて話した後に「戦犯に対する誤解や東京裁判の不当さについて調査考証する」という議題に入った。そこで出席者の職員が「富田メモ」について言及したことが、小堀発言に繋がった。

 富田メモとは、富田朝彦元宮内庁長官(在任は1978〜1988年)が昭和天皇の非公開発言を記したメモで、靖国にA級戦犯が合祀されたことに関し、「だから、私はあれ以来参拝していない。それが私の心だ」との記述があった。2006年に日経新聞がメモの存在をスクープすると、「昭和天皇の真意が分かる超一級史料」と評価される一方、「陛下の真意とは限らない」と否定的意見も上がり、真贋をめぐる大論争となった。それに伴い、A級戦犯の靖国神社への合祀の是非や、小泉純一郎首相(当時)の靖国参拝議論も過熱した。

 靖国神社はこの富田メモについて、現在に至るまで一切コメントしていない。だが、実際は“深い棘”として刺さっていたようだ。

 この富田メモについて、職員が、「もしそれが本当の昭和天皇の発言だったらどうするんだ、ということで私は真剣に考えましてですね」と言い出し、合祀の経緯を振り返った上で、こう熱弁を振るった。

「このまま時代を50年、100年経過していったときにどういうふうな説明をして、国民が理解していけるのか、というところの先読みしたような考え方を持っていく必要があるんじゃないか」

 ところがこの職員の発言を、小堀宮司はいきなり遮り、切って捨てた。

「お前の説教、聞きたくないよ。しょうもない。お前のどこに戦略があんねん。『これ知ってます、私はこれ知ってます』っていう話ばっかりやないか。どうやって戦うかを考えるんがこの仕事やないか。何も恐れる必要はない。間違ってたら間違ってたと言えばいい。

(中略)戦略を考えるのは俺が考える。君らが考えんでいい。一番大きな問題はあの慰霊の旅です。気がつかないのか君たちは」

 そうして、冒頭の発言が飛び出した。つまり、小堀発言は富田メモから連なる、天皇と靖国の“複雑な関係”が伏線にあったのだ。

「富田メモについては靖国神社の中でも“タブー扱い”されてきた。昭和天皇、今上天皇の御親拝が途絶えている真意についても触れないできたわけです。

 小堀宮司は、そうした空気の中で、トップとしての風格を見せる狙いもあってああした物言いをしたのではないか。『戦う』『戦略』といった言葉からは、どんな事情が背景にあるにせよ、とにかく天皇の御親拝を実現させたいという強い意思を感じます。しかし、それが実現しないことの不満となれば、天皇陛下への批判となってしまう。靖国神社が抱えるジレンマが、ついに噴出してしまったということでしょう」(前出・靖国神社関係者)

◆「皇太子さまは輪をかけてくる」

 発言の主である小堀宮司とは、どんな人物なのか。

 小堀宮司は、3つの大学、大学院を出たあと伊勢神宮に奉職。以来、伊勢神宮一筋で、宮司を補佐する禰宜(ねぎ)という要職に登り詰めた。

 靖国の前宮司・徳川康久氏が、戊辰戦争の“賊軍”である幕府軍や会津軍の戦死者も合祀に前向きな姿勢を示したことなどが問題視され、「一身上の都合」で辞任したのを受けて、靖国の宮司に就任した。

 伊勢神宮時代には、メディアにも何度か登場している。2016年に天皇が生前退位の「お気持ち」を表明された際には、中日新聞(2016年8月9日付)の取材に、〈苦心されてお言葉を選ばれたのだろう。天皇陛下が『伝統の継承者』であり続けるため、現行制度の問題を問い掛けているのでは〉と賛同する姿勢で答えていた。

 ところが、教学研究委員会では、まったく別の意見を述べている。

「あのビデオメッセージで譲位を決めたとき、反対する人おったよね(中略)正論なんよ。だけど正論を潰せるだけの準備を陛下はずっとなさってる。それに誰も気がつかなかった。公務というのはそれなんです。実績を陛下は積み上げた。誰も文句を言えない。そしてこの次は、皇太子さまはそれに輪をかけてきますよ。どういうふうになるのか僕も予測できない。少なくとも温かくなることはない。靖国さんに対して」

 生前退位に反対だったという本音をにじませ、皇太子に代替わりしても靖国との距離は広がるばかりだと危惧しているように聞こえる。

◆「僕、出てませんよ」

 一連の小堀宮司の発言について、宗教学者の島田裕巳氏はこう読み解く。

「伊勢神宮は神社の世界では別格扱いで、そこにいたという自負が小堀宮司にあるはず。その感覚には少し浮き世離れした部分があり、発言がどのような問題を引き起こすかを認識しないまま思った通りに本音を話してしまったのではないか。

 ただし、現在の天皇が靖国神社を参拝されないのは、好き嫌いの問題ではなく、政教分離の問題が大きいはず。なにより宮内庁が止めるはずです。昭和天皇の参拝が途絶えた経緯においても、A級戦犯の合祀より、当時の中曽根康弘首相が国際社会の反発を予想せずに公式参拝したことの影響が大きい。それは安倍首相が強行した参拝も同様で、首相参拝へのハレーションが、ますます靖国神社と天皇の距離を遠くしているという状況がある。果たして小堀宮司はそうした複雑さを理解した上で発言しているのでしょうか」

 本誌は一連の発言の真意を確認するため、9月26日早朝、小堀宮司の自宅前で本人を直撃した。

──6月20日の教学研究委員会で話されたことについてお聞きしたい。

「何も知らないですよ」

──いや、小堀さんが話されたことですよ。

「教学研究委員会、僕、出てませんよ」

──教学研究委員会ですよ。

「ええ、出てませんよ」

 そう質問を遮って、迎えの車に乗り込んだ。

 靖国神社に会議での発言について見解を求めた。

「教学研究委員会は、社外公開を前提としたものではございませんので、各委員の発言を含め会議内容などの回答は控えさせていただきます。また当委員会では、世代交代が進む御遺族・崇敬者のみならず、多くの人々に当神社をご理解いただくべく、神社運営や教学について研究・協議を始めたばかりです。その過程において、協議内容の一部分を抽出し、神社の見解とすることはございません」(広報課)

 前述の富田メモは、靖国問題についての昭和天皇の「本音」が記されていたとして議論を巻き起こした。

 それに対する靖国トップの「本音」と言うべき小堀発言は、どのような波紋を呼ぶのだろうか。

*音声データは「News MagVi」(https://twitter.com/News_MagVi)にて公開中。










































 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 新共産主義クラブ[-2180] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2018年10月01日 17:32:17 : n9wX432XWc : Pa_R7YbHNuA[104] 報告
 
 これは、天皇制の本質をよく表している。
 
 天皇制とは、人民を「皇室」と「臣下」と「臣民」の三つの階級に分断し、「臣下」という特権階級の者が、「皇室」の名を騙(かた)り、「臣民」の階級の者から搾取(さくしゅ)をおこなうための制度である。
 
 天皇が「臣下」の階級に与(くみ)しない場合は、「臣下」の階級の者が、天皇に対して楯突く(たてつく)ことさえある。
 


[スレ主【赤かぶ】による初期非表示理由]:その他(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)アラシ。過去の多重コメント、場違いコメント多数でアラシ認定。
2. 2018年10月01日 17:47:14 : A4AvZivHZs : VNftEPmtM9w[706] 報告
うーーーん 馬鹿としか言い様はない 「そこには御霊はないだろう?」 は、靖国神社にだって言える事
常識的に考えれば 死者の霊は その死地にいつまでも離れる事も出来ずに居続けるという
無念の死に方をすれば尚更である


太平洋戦争で、日本軍“兵士”は、どんな死に方をしたか
http://www.asyura2.com/16/senkyo211/msg/635.html

敵に殺されるより味方(軍上層部)に殺された人間の方が 圧倒的に多いのだから 靖国に魂が向かった人間は
ほんの一部の人間だけである 餓死した兵士たち 成算のない無駄な特攻をやらされた兵士たち
あるいは 嘘を叩き込まれたあげく 投降する事も許されず手榴弾自決や断崖から身を投じた軍民たち

● ほとんど 軍国体制に 騙されて殺された人間の方が 圧倒的に多い という事実である ●

無念の死を遂げた人間達は 「靖国神社なんざクソ喰らえ」 と考えているに決まっている 当たり前だ
特に 飢え死にした兵士達はそうだろう 餓死という死に方こそ この世で最も苦しい死に方だという
そういう人達の魂は いまでも戦地を彷徨っているかもしれないという事を なぜ理解出来ないのか馬鹿ども。 

3. 2018年10月01日 17:49:11 : EBtKGyJllU : pvbFPmFDZfA[9] 報告
陛下の御意志通り、潰そうよ。
愛国者なんでしょ?
4. 2018年10月01日 17:52:00 : 2WBwtmnTqs : mX2I0mub1qk[2] 報告
邪教カルトで正式な神社でもなく、単なる長州のカルト宗教施設の靖国の宮司もどきが、我々日本国民が愛する陛下を罵倒するなど不届き千万だ。

こいつは維新のころならば、朝廷に弓を引いた「朝敵」「賊軍」だろう。

良識ある日本国民は靖国に向けて、陛下を守るためにデモを決行しようじゃないか。

5. 2018年10月01日 18:19:40 : drEFQ6xBiE : t0A@iaazPmM[8] 報告
カルト神社など迷惑なだけ。これがある為に中国や韓国などの隣国アジアと仲良くなれない。山本五十六だってこんなカルト神社に祀られることを嫌がってたんだし。
6. 2018年10月01日 18:37:32 : Qi0JNmrj42 : J6k8a2cOo30[1] 報告
あのな。

「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど靖国神社は遠ざかっていくんだよ。」

靖国と天皇。
どっち取るか。
靖国要らん。
こいつら自白しとる。
よって日本人は堂々と靖国潰そう。

7. 赤かぶ[468] kNSCqYLU 2018年10月01日 19:00:04 : 8kzaG4YZ92 : CgeuaoUQfeY[125] 報告











8. 赤かぶ[469] kNSCqYLU 2018年10月01日 19:00:39 : 8kzaG4YZ92 : CgeuaoUQfeY[126] 報告













9. 2018年10月01日 19:09:20 : txJnmSjdKg : kqUSYPPKgoc[1] 報告
最近薩長史観に疑問を持ち始めた。

抜粋
>>https://kankyodou.blog.so-net.ne.jp/2015-09-06

政治問題化し、なにかと騒がれている『靖国神社』のホームページを見ると、その由来として・・・

靖国神社は、明治2年(1869)6月29日、明治天皇の思し召しによって建てられた東京招魂社が始まりで、明治12年(1879)に「靖国神社」と改称されて今日に至っています。

と、記されている。が、「明治天皇の思し召しによって建てられた」という点には、だいぶモンダイがあるようだ。既に、建てられてあった靖国神社の前身(東京招魂社)に、いわば「箔をつけ」権威付けるために、明治天皇を持ち出したということのようだ。
靖国神社が長州由来なのは意外と知られていない。
明治維新時に長州藩で行っていた招魂祭を東京でも行うため、長州藩洋学者・大村益次郎が社地を選定し、明治2年6月に九段坂上に仮社殿を建てたのがはじまりだった。当時の名は東京招魂社。本殿が完成する明治5年に兵部省から発展した陸軍省・海軍省の管轄となり、明治12年6月に靖国神社と改称した。

以上の既述があるので、「長州 靖国神社」とネット検索すると、「長州由来」であることは知る人ぞ知る既知の事実であるようで、政治家の亀井静香氏も、『靖国神社にもの申す 西郷ら賊軍もお祀りせよ!』 という談話をだしている。

そして、その中で、「結局、靖国神社は明治新政府内の権力闘争をそのまま反映した施設になっている。つまり、官軍である長州藩中心の慰霊施設、いわば長州神社というべきものだ。大鳥居を入るとすぐに長州藩の大村益次郎像が立っているが、彼は彰義隊が立てこもった上野の山を睨みつけている。これが長州神社という性格をよく表している」とまで、述べている。


どう見ても日本古来のもではない。
(西洋に対抗するためには、西洋のような一神教の宗教が必要で、天皇を利用して国家神道なるものを人為的に作り上げる発想はある意味すごい。)
さらに、中国韓国を刺激し、米国からも待ったが掛かる。
他国との関係ではむしろ害悪。

薩長が不謹慎にも廃仏毀釈を何のためらいもなく行ったように、靖国潰せ!とは言うつもりはないけれど、別にどうでも良い神社

10. 2018年10月01日 19:14:51 : EBtKGyJllU : pvbFPmFDZfA[10] 報告
戦没者と戦犯が合祀されてるのは
敗戦責任の「ロンダリング」だと思っている
神風特攻隊が宗教的洗脳と社会的圧力によって自爆テロを強要された被害者ではなく「英霊」とされているのも、それを発案・命令した奴らの罪を隠蔽するためだと思っている
いまや靖国神社はその為「だけ」にある
陛下が「潰したい」と思われるのは当然だ
千鳥ヶ淵でいいじゃないか

その卑怯な戦犯たちの末裔とその取り巻きが今の日本を動かしている

11. 2018年10月01日 19:29:54 : HEOAGC4Kc6 : zw6aNKJ4@Js[-147] 報告
森友の学校の最初の名称が”みずほの国”でしたよね。
ヘブライ語でみずほとは、東へ向かったユダヤ人、ミズホラは天国のことを示すそうです。

日本会議や神社本庁には、なにか思惑があったのかもしれません。



[18初期非表示理由]:担当:妄想コメント多数により全部処理

12. 2018年10月01日 19:31:41 : EYypd1ctCc : ARMtIWFcoaQ[59] 報告

朝敵を討て、

 朝敵である靖国神社宮司を討て、

13. 2018年10月01日 19:58:40 : MOhs9VXOdQ : n1WS1RatxPI[57] 報告
もし天皇陛下が靖国神社を焼き払えと言うのであれば大御心に従うぞ。
空爆によって原野に戻そうではないか。
ついでに靖国神社のすぐ隣にある朝鮮総連も誤爆してやれ。
14. 2018年10月01日 20:37:27 : 1RFEkLSxKM : GDNH4KJh0Mc[4077] 報告
バックに権力者がいるから調子の乗ってる屑野郎
15. 2018年10月01日 21:36:08 : obsWB7lOyc : Zr7dUNGnceI[12] 報告
こいつほんと許せん。
もとはA級戦犯合祀で、昭和天皇に見放されたのが原因。
つまり靖国の自業自得。
昭和天皇に見放されて、靖国が今上天皇見放すなら、もう靖国に用はない。
千鳥ヶ淵一本でOK。
16. 2018年10月01日 21:51:26 : p3XDjCDsXc : P6kQ9UuFPjU[46] 報告
>あの靖国神社の宮司の「新しく皇后になる彼女」っていう、雅子妃殿下へのフラットな呼び方って、まるで、極左の活動家みたいだなw

>あそこまで「雅子妃殿下を決して特別視しない」と言語上で態度表明するの、だいぶ根性の入った左翼だよw

だよね。別に右翼でも日本会議でもない私でも雅子妃を「彼女」なんて言い方はできない。

皇室崇拝などしていないが(それは日本会議もこの靖国の宮司さんもしてないようだが)「雅子様」とか、「妃殿下」くらいは他人との会話でも書き込みでも使う。最低限でも「雅子さん」だ。「彼女」なんて呼べない。

良識ある日本人の「マナー」として、それくらいは言うべきだと思うからだが、あの人たちはそう思わないのかな。

マジでちょっと、驚いた。
もしかして、ゲバルトとかやってた左翼からの転向者?

17. 2018年10月01日 21:59:29 : jBR8bkAYR2 : Xpua0Z2F0m0[6] 報告
>前宮司・徳川康久氏が、戊辰戦争の“賊軍”である幕府軍や会津軍の戦死者も合祀に前向きな姿勢を示したことなどが問題視され、「一身上の都合」で辞任したのを受けて、靖国の宮司に就任した。

これだけ「(陛下の)官軍 対 賊軍」という図式にこだわる靖国トップが、

一方で昭和天皇や今上天皇の御心に、平然と逆らう言葉を吐くところがまったく解せないし、不合理、支離滅裂。

カルトというのは特徴として、まずは不合理、支離滅裂。

それを外部から指摘されても、平気でスルーし厚顔無恥で押し通す。

これはすべてのカルトに通じる。

こいつら日本会議ウヨしかり、創価学会しかり、コシミズ党しかり。

18. 2018年10月01日 22:11:42 : p3XDjCDsXc : P6kQ9UuFPjU[47] 報告
>>16の補足

この感じ、もしかして若い人にはわからんかもしれないから一言。

欧米人の場合、目上の人にもhe とかsheとか使ったりしているようだが、もともとの日本文化では目上の人に彼、彼女という言い方はしない。
きちんと名前(ないし通称)に敬称を付けて呼ぶか、でばければ、あの方、あのお方と言うような言い方をする。

「あなた」という二人称も最近は目上にもするようになったようだが、私が高校生の頃には親の前で担任の先生をうっかり「あなた」と呼んだら、あとで、親にひどく叱られたことがあった。

まあ、二十歳の若者なら「皇后になるあの彼女」と言ってしまうのも仕方ないかと思うが、あのお方は幾つなんだ?

19. 2018年10月01日 22:26:54 : 9hupJbbtUw : fFVWgAIRpUk[27] 報告
>「皇后になるあの彼女」

右翼による、皇室不敬への抗議テロって凄いじゃん。
雅子様を彼女って。
どう考えても右翼テロの対象だよな。
右翼が靖国にテロ (笑)
冗談だと思う?だって右翼誌WiLLにだってテロるんだぜ。


“襲撃”の動機として、「WiLL」6月号に掲載された記事「いま再び皇太子さまに諫言申し上げます」の「内容が不敬だと思った」と供述しているという。
https://lite-ra.com/2016/05/post-2243.html

20. 2018年10月01日 23:22:24 : TI0ajyeDsY : 3xajeId15xk[7] 報告
靖国神社って、日本に害をなす為だけに存在してるの???
21. 2018年10月01日 23:40:59 : ZaUr8uOe1g : HZGH402TK40[7] 報告
>靖国神社って、日本に害をなす為だけに存在してるの???

ある意味諸悪の根源。
千鳥ヶ淵だけなら9条改正も説得力ある。
改憲の果てにあるのが戦前の靖国崇拝の復活。

稲田朋美
「靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、『祖国に何かあれば後に続きます』と誓うところでないといけないんです」

22. 2018年10月02日 00:03:03 : 9DsduxMe3E : tUZ17VeHuPg[31] 報告
いつも、本音で喋ってね・・
23. 2018年10月02日 02:18:01 : M1IP9K2eZQ : KOX7WSGX2iM[5] 報告
そういえば

明治維新をむやみと持ち上げたとして、今や「左」からはすっかり支持されなくなってしまった歴史作家の司馬遼太郎氏だが、どれかの作品の中で薩長の志士がその会話を書き留めた覚え書きのことにふれていたな。

そこには天皇を指す隠語として「玉」と書かれてあり、敵に玉を取られぬようという意味の話であったらしいが、それをタマと呼ぶかギョクと読んだのかでもニュアンスが違う、しかし、おそらくタマではないかとか。

それと孝明天皇が薩長嫌いの佐幕派で会津藩主の松平容保がお気に入りだったという話も小説に書いているし、倒幕派の雄藩関係者による孝明天皇の暗殺説も否定はしていなかった。

だから今の大河ドラマの「せごどん」で西郷の前に岩倉具視が現れて「孝明天皇を一途に慕う二人」みたいなわざとらしい逸話展開にはコケるか吹き出したのではないかと思う。

思えば今になっての敵視や軽視でもないのかもな。

24. 2018年10月02日 03:14:57 : A4AvZivHZs : VNftEPmtM9w[707] 報告
要するに 極右および国粋主義者たちにとって天皇とは、祭り上げた神輿のようなもので 悪くいわば傀儡(かいらい)
天皇を 敬って見せるのはただの見せかけ ポーズに過ぎない かれら極右勢力の本音はすべからずこうである

「お前ら 誰のお陰で贅沢な暮らしができるようになったと思ってんだ 操り人形が勝手な事をするな」

こういう事なのである 天皇および朝廷は 薩長に担ぎ上げられた神輿のような存在であり 明治維新の以前は
朝廷と言えば 権威だけはあったものの 権力とは程遠い、極めて清貧な暮らしぶりであって
いい女をはべらせた大奥という贅を極めた徳川幕府とは 比べものにならないほど質素な生活だったのである
特に戦国時代の頃なんぞ 京都御所はボロボロに朽ち果てても修復の費用すらなく
侍女が夜な夜な こっそり抜け出して 遊女の真似事みたいに体を売って日銭を稼いだという
ここから 「夜鷹」 という言葉が生まれたという説すらあるほど 極貧の暮らしだったそうであるが
だから あの 残虐非道な織田信長でさえ 朝廷を滅ぼすなんて事は一切考えなかったという事だった

その極貧の暮らしぶりから ついに抜け出すことが出来たのは 明治維新から後の事なのである
そしてその 明治維新の帰趨を決したと言われる 「錦の御旗」 は、実は偽物であり贋作で(岩倉具視による)
天皇および朝廷は 事後承諾のようなもので君臨するようになった いわば神輿のようなものだった

● 君臨すれど統治せず(権威は持つが 権力は持たない) これが歴代天皇(朝廷)の処世術であり
 時の権力者から身を守って その存在を長らえてきた理由である 一般庶民から一切搾取をしないという ●

だから 「靖国神社に参拝(天皇の場合は御親拝という)せずに 戦地ばかりを慰霊する天皇」 に我慢ならないので
こういう事を言うのであって 靖国神社のみならず 極右勢力や国粋主義者たちの本音が凝縮されているのです


天皇を 敬って見せるのは 彼ら極右勢力にとっては ただのカッコつけに過ぎない事なのです。

25. ボケ老人[-163] g3uDUJhWkGw 2018年10月02日 08:55:34 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[-3056] 報告
国家神道(戦後は神社神道)が昔からの神様信仰とは如何にかけ離れているかを表すものだ。

>2.VNftEPmtM9w:うーーーん 馬鹿としか言い様はない 「そこには御霊はないだろう?」 は、靖国神社にだって言える事

全くおっしゃる通り。
日本古来の神様信仰は
山川草木路傍の石塊(いしくれ)にさえ神性を汲み取る敬虔さを持ち合わせていた。

神社の御鈴を鳴らし、賽銭を投げないと出てこない神様は
仏教が葬式仏教に堕落したと同様、神社の生活手段に過ぎない。

そんなところからかけ離れた『天皇の慰霊の旅』は日本国民の心に素直に浸透するだろう。
私自身は天皇制が崩壊してもなんとも思わないが。

    

26. 2018年10月02日 09:48:44 : C2i4eDKWA6 : LkymBlZY1Dk[164] 報告

これ内容がどうあれ事実としたら盗聴だよね?

同じ様なことで創価や統一みたいな朝鮮人主体の団体とかだと外へ漏れるということは
あまりきいたことないのに

こういう風にして拡散されてる状況を許すとなると監視社会化されても文句は言えない

27. 2018年10月02日 10:00:48 : C2i4eDKWA6 : LkymBlZY1Dk[165] 報告
>>20
神道叩きして得するのはどこだろうな?
分離された仏教側?

違うね

こういうので喜ぶのは新興宗教だけなんだよね
工作員の在日が紛れ易いから!

28. ボケ老人[-161] g3uDUJhWkGw 2018年10月02日 12:28:55 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[-3054] 報告
【LkymBlZY1Dk】
お馬鹿右翼が必死になって靖国擁護か

>26:これ内容がどうあれ事実としたら盗聴だよね?

そうか、靖国神社の【第1回教学研究委員会定例会議】とは
世間様に顔向けできない、世に憚る秘密結社だったのか(笑)

>20:靖国神社って、日本に害をなす為だけに存在してるの???
>27:(>>20)神道叩きして得するのはどこだろうな?

(20)のコメも悪口に過ぎないが、対して(27)のようなスピンコメ
この程度のコメに、マトモに反論できないオツムなんだろうナ!!!

余命なんちゃら騒動も
西岡力、櫻井よしこの右翼歴史観での言いがかり(裁判で敗退)
杉田水脈の「新潮45」騒動も
腐れ右翼のオツムの程度が知れるネ

     

29. 2018年10月02日 12:52:10 : A4AvZivHZs : VNftEPmtM9w[708] 報告
>>26
どうせネトウヨには理解出来ないのだろうけども いちおう教えておく

本人の承諾なしに【私的な生活でのやり取り】を録画録音するなら それは立派に盗撮盗聴であるが
≪ 6月20日、靖国神社の社務所会議室で行なわれた「第1回教学研究委員会定例会議」で ≫
とあるのだから どう見ても【公的な会合】における発言で しかも議事録まで撮ってあるくらいなら
どう考えても、了承した上での録音 オフレコならば議事録なんて そもそも残さない

それを 何者かが流出させた行為は問題が残る可能性はあるが 録音自体は何も問題は、普通はないぞ
嘘だと思うのなら 盗聴だと思うのなら あんたが警察に通報してみたまえ たぶん門前払いだろうけど。

30. 2018年10月02日 13:28:49 : 2YZAg5FvSU : IblyDj5recU[2] 報告
>>24
>天皇を 敬って見せるのは 彼ら極右勢力にとっては ただのカッコつけに過ぎない事なのです。

しょせんこいつらに天皇は、自分達に従わせるための権威付けというポジション。靖国の不敬こそ本音。


孝明天皇は長州を避け、会津藩主の松平容保(かたもり)を深く信頼していました。このため孝明天皇は毒殺されたという説がささやかれているほどです。
一方、薩長は、天皇を「玉(ぎょく)」と呼び、おさえて利用しようとするきらいがあったように思います。
https://toyokeizai.net/articles/-/203511?page=2

31. 2018年10月02日 13:50:23 : EBtKGyJllU : pvbFPmFDZfA[14] 報告
嬉しそーにゾロゾロと靖国参拝してる国会議員どもは全員「逆賊」ってことで
32. 2018年10月02日 14:16:23 : I961EnFyWc : uoLp5rYrKCE[-16] 報告

靖国神社は=皇室のものだ^^

陛下が=お畳みに、おなりになりたいなら^^

畳めば良い^^

靖国神社の役目は=終わっている^^



[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

33. 2018年10月02日 15:11:33 : EDX5mKFSTc : kKdakYEc5J4[29] 報告
日本でいきなり皇后陛下を彼女と呼んでも、それは靖国仕様。
代名詞的な使い方はあり得るが、それを指す先行に雅子妃という表現が無いと、ただのタメ口か芸能人レベルの扱い。

誰かがテレビでこの発言をした時の反応を想像してみろ、右翼が大挙して押しかけるレベルの不敬にあたる。

34. 2018年10月02日 16:50:42 : i3Ndt2rWYq : S_Vy_E9Efhw[1797] 報告
>「陛下が一生懸命、慰霊の旅をすればするほど靖国神社は遠ざかっていくんだよ。そう思わん? どこを慰霊の旅で訪れようが、そこには御霊はないだろう? 遺骨はあっても。違う? 」

「お前さんの頭の中ではそうなんだろうな」としか言えない。
政教分離し宗教の自由や思想の自由が認められている現在に置いて、自分の勝ち間だけが正しいと言うのは流石に傲慢すぎる。

本当に正しいってのなら、その御霊を全ての国民に分かる様に見せてくれ。
全てはその後だ。

35. 2018年10月02日 18:53:33 : Pv7i5a48PY : m41RgUyLBQE[3] 報告
>そこには御霊はないだろう? 遺骨はあっても。

御霊がどこにあるか。
戦地ではない。
靖国でもない。

それぞれの家の墓である。
家の墓を捨ててから靖国に来い。

36. 2018年10月02日 20:47:42 : nXU6RiYjM2 : 0ibUcqLi_d4[87] 報告
伝統なんてずっと」神仏混合で村々独自にやってきたのに、国家神道に一本統合で日本は破壊された。
もはや伝統はウヨから強制されるだけの存在に堕ちた。
37. 2018年10月02日 20:53:40 : tW8SmQ2926 : R_YLt5oYhtY[300] 報告
靖国にこそ「御霊」はないだろ!
お墓に御霊がないと同じで自由に行き来している
靖国に隔離されているわけではない

歌にもあっただろ「そこにはいません」ってね

38. 2018年10月02日 21:10:36 : V7fc3K6jOo : UgkHRFIX9zM[6] 報告
>>26

>この会議は、小堀宮司の意向もあって複数の出席者が記録のために録音していた。宮司の「総括」から始まる110分に及ぶ音声データを本誌は入手した。

とあるよ。本人の意向もあって複数の出席者に録音を許可していたようだ。

組織内で、マスコミにそれを渡した誰かの信義が問われることはあるかもしれないが、少なくとも盗聴ではない。

39. 2018年10月02日 23:41:20 : AiChp2veWo : crH3ggO@jw4[1278] 報告
朝廷に弓を引いた「賊軍」だろう、ってご意見ですが・・。

朝的に弓を引いた「賊軍」とその弑逆者に弓を引いた、幕府と忠義の会津・・ではないですか。

40. 2018年10月03日 03:23:28 : A4AvZivHZs : VNftEPmtM9w[713] 報告
戦前戦中の軍人達の 特に将校と呼ばれる 士官などには 天皇陛下の名を呼ぶときはわざわざ気を付けの姿勢で
靴のかかとを カチッと鳴らせてからこう言うらしい  「畏れ多くも天皇陛下の・・・」

要するに 天皇に対して 必要以上の馬鹿丁寧な言葉づかいをするのが 彼らのステータスであって
要するに カッコ付け 心の底から天皇を敬っていた訳ではない 天皇を敬うフリをする事が【カッコいい】と
陶酔感に浸っていただけなのだ

なぜなら、その彼らが 敬愛するはずの天皇に向かって弓を引く そんな事態は一度や二度ではないのである
有名な事件としては 5.15事件 2.26事件 宮城事件などだが 未遂に終わった事件まで含めると
それこそ有象無象に 「天皇に弓を引く行為」 は、繰り返されてきたのである

天皇が信頼を寄せていた臣下を 問答無用に射殺した 5.15事件 2.26事件は天皇を激怒させたという
天皇を殺害する事まで視野に入っていたという宮城事件なんて完全に 「天皇の意思に逆らったクーデター」
に、他ならず 特に 右翼や国粋主義の先端に立っていた極右の若手将校にとって天皇とは傀儡であり

「自分達の思いどうりにならぬ天皇ならば殺してしまえ 天皇の代わりなどいくらでもいる」

※ これはあくまで一説にすぎないが 大正天皇がそうだった 実は暗殺だったという噂は戦後まであった ※

これこそが彼ら極右勢力の 偽らざる本音だったのであるから あのポツダム宣言を受け入れて終戦を模索した時
「彼らの前に立って 諭す」 といった昭和天皇であったが 本当に彼らの前に立ったならば殺されていた
彼ら反乱将校たちは、御文庫(天皇の寝所)に向かって 機関銃を据えつけていたのであるから。

そして 昭和天皇が 戦前戦中 最も信頼を寄せていた閣僚は マスコミから海軍左派三羽烏と揶揄されながら
終戦工作に奔走した、今ならば絶対に左翼論客と言われるであろう 米内光政 である 極右勢力には絶対いない
事実 終戦工作に奔走し 見る影もなくやつれ果てた米内を 戦後 ことの外昭和天皇は 厚く労っており
その時 天皇と皇后から送られたという 金蒔絵の硯箱と重箱は 盛岡の米内光政記念館に今も現存している。


≪ 天皇は 左翼だったのですよ ≫

41. ボケ老人[-160] g3uDUJhWkGw 2018年10月03日 08:26:58 : QHkUDaloVM : nhEL_@HJWto[-3053] 報告
>40.VNftEPmtM9w:≪ 天皇は 左翼だったのですよ ≫

これ以外のコメントには、ほぼ同意するが、右翼左翼の意味を理解しているのかナ

天皇親政というのは平安期以前の昔はいざ知らず
南朝最後の後醍醐天皇ぐらいだろう。
天皇家という皇統は祭祀に特化して、俗世間の権力から離れたところにあってこそ永続するのです。
後醍醐によって南朝が途絶えたことからもわかる。

討幕を成し遂げた薩長ゴロツキ政権は権力を握っても、ゴロツキであるために権威が無い。
これを糊塗するための錦の偽旗であり、“ご一新”と唱えた。
1868年(明治元年)から1945年の敗戦までの77年間はこのゴロツキ政権の延長でしかなく、ご一新を明治維新に置き換えたスローガンを作り上げた。
天皇裕仁は1921年の摂政宮から四半世紀にわたって、この常に天皇の権威を利用するゴロツキ政権と一蓮托生、対外侵略に精を出した。
昭和天皇が平和主義者であって対米開戦に反対していたことも事実だろう。
しかしそのことは昭和天皇の一側面でしかなく、
天皇明仁をして「1930年代の異常」と言わしめた昭和の暗黒期を指導形成したことは間違いない。
1937年日中戦争(支那事変)から1941年日米開戦までは間違いなく昭和天皇の指導の下でなされたものだ。

天皇が俗世間に出てきたからこそ、1945年皇統の断絶の瀬戸際に立たされた。
マッカーサーの占領政策と米ソ対立(米側陣営への日本取り込み)によって、かろうじて天皇家の命脈を保ったのだ。
むろん、日本国民の熱烈な天皇崇拝(多分に戦前教育の賜物であるが)が後押ししたこともある。

天皇明仁が昭和天皇の前半期を反面教師として象徴天皇こそが長い天皇家の歴史に沿うものして
災害地への慰問、各地の戦跡慰霊の旅を続けることは称賛されこそすれ
非難されるいわれはない。

小堀邦夫宮司や教学研究委員会などは徹底的に糾弾されてしかるべきだ。

    

42. 2018年10月03日 13:03:08 : A4AvZivHZs : VNftEPmtM9w[714] 報告
41さん 天皇は左翼だった という言葉の意味は、天皇に戦争責任がないという意味ではない

右翼や国粋主義者たちの傀儡となった天皇および皇室の姿に 疑問を持ち始めていた事は間違いなく
連中の意のままに日本の国が 誤った方向に流される様を嘆いてはいたが 決して 「平和主義者だった」 とまでは
言えないと 私は考えております

「自分の立場はどうなっても良い 私は 国民をこれ以上苦しむ様を見たくない」

こういう立場を鮮明にしたのは あくまでも戦争終盤で、東京大空襲後の視察など 国民の惨状を目の当たりに
してから後 ようやく腹をくくった というのが本当の所で、この覚悟が初めから有ったならば
あの戦争そのものを 回避できたと私は考えます

天皇の戦争責任とは 暴走を繰り返す馬鹿息子を 「これこれ オイタはやめなさい」 と、やんわりとしか
注意できず 結果的に放置したも同然の ≪親の責任≫ とも言える事だと私は考えます

具体例を挙げましょう 

昭和6年の満州事変は 石原莞爾が中心となって働いた謀略であった事は 今では歴史の常識ですが
この石原莞爾 満州事変後には 陸軍参謀本部へ栄転している事実です

昭和11年の2.26事件 石原莞爾は 反乱将校に対して厳しく対処し 速やかに収拾する原動力となって
この時 昭和天皇は 「いったい 石原という男は なんなのかよく判らん 満州事変の首謀者でありながら
この時の態度は 極めて真っ当なものであった」 と、述回している

要するに昭和天皇は 石原莞爾を 「満州事変の首謀者」 と すでに認識していた事実があるが
この石原を陸軍参謀本部という 文字通り陸軍の中枢へ栄転させる人事など 認める事じたい有り得ない
この当時の天皇および皇族の 人事への影響力は極めて絶大であり、ほんのちょっと不快感を示せば
立ちどころにそんな 「お上の心証を害する人事」 など、覆されるのが当たり前だったのです

満州事変直後 石原莞爾に 予備役など冷や飯を食わせれば(後に 東條英機に逆らってそうなったが)
後の展開は大きく変わったと 私は考えます

※ この石原莞爾の手法は 後の陸軍軍人の手本となった 昭和12年の支那事変で不拡大を唱えて乗り込んだ
参謀本部の石原莞爾に対して 武藤章は 「我々は 満州事変での石原閣下の行動を手本としています」
こう言われて石原は 一言も返せず引き返す結果 ずるずると日中戦争は拡大の一途となった ※


天皇に 責任は 大いにあります

43. 2018年10月03日 20:08:19 : LFdj7v4TY2 : oNChsjs1RfI[213] 報告
伊勢神宮は日本会議の中でも最高位に位置するメンバーだそうです。
伊勢志摩サミットも神宮に安倍が忖度して決まったとか。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK251掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK251掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK251掲示板  
次へ