★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK254 > 819.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
検察は居直り 満天下にさらされた「野蛮な国」の人質司法(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo254/msg/819.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 12 月 12 日 21:55:15: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

 


検察は居直り 満天下にさらされた「野蛮な国」の人質司法
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/243553
2018/12/12 日刊ゲンダイ 文字起こし


日産のカルロス・ゴーン前会長(C)日刊ゲンダイ

 日産のカルロス・ゴーン前会長が10日に再逮捕されたことで、検察の捜査に対する疑問の声が拡大している。

 2015〜17年度の有価証券報告書に役員報酬を過少に記載したという金融商品取引法違反(虚偽記載)が再逮捕容疑だが、ゴーンは2010〜14年度の5年分について、勾留期限が切れる同日に同じ罪で起訴されている。どうして8年分をまとめて起訴しないのか、勾留期限を引き延ばす目的の再逮捕じゃないか。こうした声が噴出しているのである。

 東京地検の久木元伸次席検事は記者会見したものの、発表文を読み上げただけで一切説明なし。「捜査の内容に関わるので差し控える」と繰り返し、捜査は「適正だ」の一点張りだ。日本のメディアはこうした検察の態度に慣れきっているからいいが、海外メディアは納得せず、会見で応酬となった。米紙記者が、「特捜部は、事件のストーリーを作って容疑者を追及し、弁護士のいないところで自白を強要するとの批判がある」と質問すれば、次席検事は「ストーリーに沿った捜査は全く行われていない」と反論する場面もあったという。

 先月19日の衝撃的なゴーン逮捕以来、日本の司法手続きに向けられる海外の目は厳しい。早速、仏紙ルモンドは、最初の逮捕容疑と実質的に同じ容疑での逮捕・勾留をヤリ玉に挙げ、「この手法では判決を受けずに何週間も拘束されてしまう」と書いた。仏紙フィガロは「逮捕容疑ですら日本メディアへのリーク情報でしか知ることができない」と検察の隠蔽体質を批判した。元駐日フランス大使に至っては、毎日新聞の取材に「民主主義の国はこういうやり方をしない。今、日本で起きていることはサウジアラビアで起きていることのようだ」とまで言ってのけた。国家にとって邪魔者なら殺してしまう野蛮な国と同列の扱い。日本は法治国家なのか、と問われているのである。

■余罪のある窃盗犯逮捕のようなセコさ

 今回の再逮捕には、さすがに検察OBですら意見が分かれているのだが、元東京地検特捜部長の宗像紀夫弁護士は産経新聞に「これまでの日本の刑事司法手続きから見ても当然の手法」「外国から批判される筋合いはない」とコメントしていた。これぞ特捜現場の感覚なのだろう。疑問に答えることなく、「これが検察のやり方」と居直り、「他国と日本は違う」と嘯く。世界中が注視する国際的事件で、こんな傲慢な手法が通用すると思っているのだから唖然である。

 ジャーナリストの大谷昭宏氏はこう言う。

「再逮捕ではなく追起訴でいいし、保釈して在宅起訴すればいい話です。窃盗犯の余罪を何回かに分けて逮捕するようなセコイことを、特捜検察がやってはいけない。だから国際的に『人質司法』だと批判されるのです。記者会見にフリーや海外メディアの記者を入れてはいるものの、ペン取材だけでカメラは禁止。これでは透明性がないと言われても仕方がない。変わらぬ旧態依然としたやり方なのです」

 ゴーンを庇うつもりは毛頭ないが、結局、罪状は有報の虚偽記載だけなのか。11日は、ゴーンが日産側に提供させていたブラジルのマンションから金庫が3つ見つかり、不正取得した資産が入っている可能性があるなどと報じられた。これまでゴーンの強欲ぶりが山ほど伝えられたが、この後、特別背任罪などに発展することはあるのか。むしろ、最近の報道を見ると、ゴーン逮捕なら日産の西川広人社長はどうなのか。ゴーンの退任後の報酬の合意文書に署名していたというから、同罪ではないのか。

 元特捜部検事で弁護士の若狭勝氏はこう言う。

「覚書にサインしているのですから、西川社長も有報の虚偽記載ではゴーン容疑者と同じ土俵にあるといえます。西川氏が司法取引したのかどうかは分かりませんが、していなければゴーン容疑者と西川氏で扱いを変えるのはおかしい」

 今年6月に導入された司法取引がゴーン逮捕の“切り札”になったが、誰がどんなやりとりをしたのか、密室だから情報が出てこない。その一方で、長期拘束だけは続くのだから、海外から奇異の目が向けられるわけである。


10カ月も勾留された(C)日刊ゲンダイ

あまりに前近代的、国際感覚が足りない

 日本の捜査は、別件逮捕で身柄を拘束し、本件として狙う容疑をメディアにリークして書かせ、その間に自白させるのが常套手段だ。

 それは過去の国策捜査からも歴然。2009年3月に民主党の小沢一郎代表の秘書が政治資金規正法違反の疑いで東京地検特捜部に突然逮捕された「陸山会事件」もそうだった。検察は小沢サイドにゼネコンからの闇献金があったというストーリーに沿って捜査を進め、小沢を悪人に仕立て上げた。結局、ストーリーは破綻し、秘書は形式犯、小沢は検察に起訴すらされなかったが、民主党政権下で小沢を政治的に抹殺するという目的は達成されたのだった。

 検察はこうした恣意的な捜査には血道を上げるのに、一方で、口利き賄賂疑惑の甘利明元経済再生相を不問にし、森友事件では誰ひとり起訴していない。秋霜烈日を標榜しながら巨悪は見逃すのだ。

 国策捜査といえば、森友学園の籠池泰典前理事長が10カ月にわたって大阪拘置所に勾留されたのもヒドかった。罪に問われた補助金詐欺の証拠書類は検察が押さえていて隠滅の恐れもないのに、否認し続けたので、起訴後もなかなか保釈してもらえなかったのだ。

 保釈の判断は裁判所が行うが、容疑を否認している場合は裁判所は保釈を認めないことが多い。これも日本が「人質司法」と批判されるゆえんである。ゴーンは周囲に「嘘の自白で自分の社会的評価を下げることだけは耐えられない」と話しているというから、今後も否認し続ける可能性が高く、下手したら3度目の逮捕か、それがなくてもそう簡単には保釈されないだろう。

「自供すれば釈放するが、容疑を否認していると身柄を離さないのが検察の通例です。認めないから、勾留する。つまり拷問的な要素が大きい。捜査能力は高くても、これではあまりに前近代的です。接見禁止や取り調べに弁護士が立ち会えないことも人権上、問題がある。外界と遮断されて公判対策が取れません。容疑者でも公判対策をする権利はあるはずです。その辺り、諸外国はもっとオープンですから、日本の司法に国際感覚が抜け落ちていると思われることになってしまうわけです」(大谷昭宏氏=前出)

■幅広い視野が必要

 裁判所の独立性という観点では、検察が起訴したら99%有罪になることにも疑問の目が向けられている。元裁判官で「絶望の裁判所」などの著者、瀬木比呂志明大教授が日刊ゲンダイのインタビューでこう言っていたことを思い出す。

「裁判官は独立しているというのは誤解で、上や多数派は、法衣を着た役人です。だから、支配と統治の根幹に関わる部分では、権力側の意向を忖度するんです」

 世界的に容疑者の人権尊重が重視され捜査の在り方が問われている時代である。「これがオレたちのやり方だ」という上から目線では通用しない。

「日本の刑事訴訟法では、裁判まで捜査書類は公にしない、起訴の根拠も発表しないということになっています。しかし、今回のゴーン容疑者逮捕は国際的な関心が高く、何も説明しないと海外で日本の司法に対して疑心暗鬼が広がるばかり。国際問題に発展しかねない状況になっているのですから、どういう見立てで起訴したのか語った方がいい。検察も幅広い視野が必要です」(若狭勝氏=前出)

 5年に1度開かれる刑事司法分野での国連最大の国際会議の次回(2020年)のホスト国は日本だ。京都での開催が決まっており、法務省は「『安全な日本』を各国にアピールし、刑事司法分野での存在感を高めたい」としているが、今のままでは、「どのツラ下げて」と揶揄されることになってしまうだろう。



















 



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年12月12日 22:40:01 : 2AcJ0jJIkI : Y5T2qO0crrk[1] 報告
こういうワールドスタンダードでないことを平気でやってしまうと、

日米地位協定を改定するなんて絵空事になる。

もっとも、アメぽち晋三はそんなことする気なんかさらさらないだろうが。

2. 2018年12月12日 23:07:37 : 2k4SBShSWQ : 8rX11k9xkvY[2] 報告
別に植民地協定なんか気にしないが、海外から見れば日本人自体が邪悪な民族と思われるだろう。

どれだけ日本人が苦しもうが、自業自得と思われるようになるのが辛い。

3. 2018年12月12日 23:48:17 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-9870] 報告
ライブドアもゴーンも捜査の目的がハゲタカ狩りならその権力の行使について一応の合理性はある。人権無視はもちろんいけないが捜査を遂行させる力の源泉が米国なのか検察庁(検察官)自身なのか、あるいは法相の指揮権発動なのか。更には単なる犯罪なのか、米国の反共政策に従属したものなのか、あるいは別の目的があるのか。事件の顛末を場合分けして分類できればこれから先の検察の捜査の意図が理解しやすくなるかもしれない。

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理
4. 2018年12月12日 23:59:18 : quMKleKEOA : apQvoj4eROs[928] 報告
普通は、検事にあらゆる権利が集中して独裁可能、
4年の拘留も検事の独断で決められるという
フランスの刑事訴訟制度のほうがずっとひどいというのが世界の定説なのに
5. 2018年12月13日 00:35:17 : mp6fw9MOwA : XTWWyuFax_s[188] 報告
退職後に貰う報酬が確定していると、それを記載しないと金融商品取引法違反(虚偽記載)になるなら、役員の退職慰労金が決められており、1年で幾らが分かっている会社はすべて記載しているのだろうか。
検察主張の虚偽記載は陸山会事件の期ずれと同じで検察が法解釈を間違えている疑いが晴れない。
また、このような罪か否かが分かれる案件で外国企業のトップを逮捕することが国際法上許されるのだろうか。
日本の司法制度には憲法の精神に反する細目が多々ありそうだが、その細目に照らし合わせて合法的に処理しているとの説明は国際社会で通用するのだろうか。
検察裁判所は法律の精神を熟知し、細目の罪を作っても咎められないとの発想を止めて、疑わしきは罰せずの原則を重視すべきだろう。
どちらにもとれる細目を盾に合法と言い張る姿は、バックの指示に従うために藁をも縋る思いで違法行為と知りながら逮捕に踏み切ったと国民には映る。
6. 2018年12月13日 04:10:42 : xkLBoSJ0vQ : bZfU_aebzA4[45] 報告
彼は、ゴーンではなかった!
彼は、声を上げなかった・・・・・
彼は、沖縄県民ではなかった!
彼は、声を上げなかった・・・・・
彼は、福島県民ではなかった!
彼は、声を上げなかった・・・・・
彼は、・・・・・・
彼は、・・・・・・

そして、奴らは彼を襲ってきた!
そして、誰も声をあげる者はいなかった!
そして、彼は●された! デンデン!!

ますます狂暴になります!
ならざるおえません!

国民の蓄えをすべて無くします!そして、
殺●始めるでしょう〜!

全国民にお知らせします!
憲法違反犯罪者とグル仲間と、強盗の某国の皆様は、
犯罪者なので処分ください。
殺●れる前に・・・
よろしくお願いします。

7. 地下爺[3862] km6Jupbq 2018年12月13日 07:02:56 : GYcRPWoePg : qQ1l3M7sSRs[291] 報告

   最近 いろんな国が 野蛮になってきているような 気がする。


   大惨事 いやー 第三次世界大戦が 近いのか。。。。。

   安倍晋三も 中国と戦争したがっているようだし

   爺様 の時代は アヘン漬け にしても 勝てなかった のに

   それより 遥かに 馬鹿の お前で 勝てると 思っているのかね。。。

   



8. 2018年12月13日 07:05:34 : 37LY3p0ORA : 3gZI@NxD9Yw[1] 報告
 陸山会事件とダブるところがあるよね。

 メディアの連中は“検察情報”によって、真偽のほどが定かでないゴーンさんの悪辣ぶりをあーだこーだ書きまくる。
 おそらく、検察を信用しているんだろうね。検察をエライと思っているのかもしれない。

 レッテル貼り。小沢さんのときと同じ。情弱な読者はこれに騙される。

 官邸情報にしても、メディアは「お上」の垂れ流しばっかり。新聞記者は気楽な稼業と来たもんだってか?

9. 2018年12月13日 07:35:14 : JIY1sdNlGo : co7U_wqZ@s0[52] 報告
ところで、検察は正義の味方というあのくさい演出、そうマスコミのテレビカメラが大挙して待ち構えているところで検察官が二列縦隊で歩いて90度曲がるところを撮影して全テレビ局で一斉に放映する。いつもこの手が使われていたが今回このゴーン逮捕の件では放映されない。

だんだん日本のゴミマスコミとクソ検察が使える手も限られてきたようだな。

10. 2018年12月13日 08:30:04 : Y68Pgtf28U : bWTjBKvp2KI[101] 報告
大鶴が表に出てくるとは思わなかったよ
こいつは、小沢裁判で、証拠捏造した検事だからね
検事が裁判での証拠を捏造するって信じられないし、またこいつが弁護士資格を
持っていることも不思議なのだ、泥棒に警官をやらせてるよなものだから
こいつの役割もよくわかりますな
11. 樹里亜[380] jveXooif 2018年12月13日 10:04:19 : pdPhaJPOao : k1T8FLyQPXU[71] 報告

上田秀明人権人道大使が国連でやらかした件を思い出して下さい。
拷問禁止委員会で、外国の委員たちから日本の取り調べのおかしさを指摘され(的を射た指摘ばかり)、「日本の刑事司法は中世だ」と言われてぶちぎれた上田大使。

上田大使はネット民により「シャラップ上田」の称号を賜り(命名は多分、めいろま)、同年中に外務省を辞職した。「人権人道大使」が聞いて笑わせる。東大とハーバードという学歴は、人間性とは何の関係もないことがわかる。


小池振一郎の弁護士日誌

2013年5月29日 (水)
日本の刑事司法は『中世』か
http://koike-sinichiro.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-99bb.html

5月21日、22日の2日間、ジュネーブの国連で拷問禁止委員会の第2回日本政府報告書審査が開かれた。私は、日弁連の代表団の一員として、委員会を傍聴した。
(中略)
最終日の終了時間が近づいてきたころ、アフリカのDomah委員(モーリシャス最高裁判事)が、「(日本の刑事司法は)『中世』」とコメントした。衝撃的だった。
それまで、各委員から、取調べに弁護人の立会がないのはなぜか、と質問され、日本政府が、取調べの妨げになるからなどと答えたり、取調べ時間が制限されていないという指摘にも、誠意をもった回答をせず
…というように、日本政府が不誠実な官僚答弁に終始していたから、委員たちはいらだっていた。

そこで、Domah委員の「弁護人に取調べの立会がない。そのような制度だと真実でないことを真実にして、公的記録に残るのではないか。弁護人の立会が(取調べに)干渉するというのは説得力がない…司法制度の透明性の問題。ここで誤った自白等が行われるのではないか。…有罪判決と無罪判決の比率が10対1(㊟1000対1の間違い)になっている。自白に頼りすぎではないか。これは中世のものだ。中世の名残りだ。こういった制度から離れていくべきである。日本の刑事手続を国際水準に合わせる必要がある。」と、ズバリとメスを入れたコメントになったのだと思う。
これに対して、過敏な反応をしたのが、最後に日本政府を代表して挨拶した上田人権人道大使だった。
「中世」発言について、大使が、「日本は、この(刑事司法の)分野では、最も先進的な国の一つだ」と開き直ったのにはびっくりした。当初、同時通訳が「日本は最も先進的な国だ」と訳し、あわてて、「最も先進的な国の一つだ」と言い直した。
会場の、声を押し殺して苦笑する雰囲気を見て感じたのか、なんと、大使は、「笑うな。なぜ笑っているんだ。シャラップ!シャラップ!」と叫んだ。
会場全体がびっくりして、シーンとなった。大使は、さらに、「この分野では、最も先進的な国の一つだ」と繰り返し、「それは、もちろん、我々の誇りだ」とまで言い切った。
大使挨拶を受けた最後の(女性)議長の挨拶は、慌てて、「時間がないところで、(いらいらさせて)申し訳ありません。」などと取り繕っていた。

日本の傲慢さを目の当たりにした印象だ。アフリカの委員にまで言われたくない、という思いがあったのだろうか。戦前、このジュネーブの国際連盟で日本が脱退した時も、こんなだったのではないかと、思わず連想してしまった。
(後略)

日本の刑事司法は中世だと以前から海外の専門家には思われていたわけですけど、ゴーン氏の拘留で海外の一般人にも大々的に知れ渡り、他の悪い噂と合わせて(外国人技能実習生の奴隷労働だの安倍の国家私物化だの)、日本を進んだ国だと思う人は誰もいなくなります。世間知らずの「日本スゴイ!」のアホ以外はね。

国連拷問禁止委員会における上田人権人道大使の発言「シャラップ!」 / Japan's Human rights Ambassador Ueda yells "Shut Up!"











12. 2018年12月13日 19:24:57 : 82xViKsNP6 : jGZW8kme9gs[94] 報告
人質を とって世界に 喧嘩売り
13. 2018年12月14日 02:37:24 : javk742Z2U : h_Q6BumkBjY[2] 報告
どんな分野でも国際的な競争に晒されている。
自然科学は、数学であれ、物理であれ、化学であれ、生物であれ医学であれ・・・
法曹界はどう?・・・東南アジアやアフリカの後進国と交流してるだけじゃん

東大は文1だけ、いらね! おい緑会、お前らのことだよ!佐久間

14. 2018年12月14日 12:18:37 : hHRyrQsPsY : C257NcSSuSY[242] 報告
退職後の報酬云々(でんでん)の話は、こじつけだ。逆に言えば、他に違法行為がないからそんな根拠薄弱なものにすがらざるを得なかったということ。

毎日大本営新聞ですら報じている。「ルノーは(昨日の)取締役会後の声明で「2015〜18年の報酬に現時点で違法性は認められなかった」と発表。」
恐らく、これが真実。検察が大恥をかいて、日本が救いようのない「ウソ社会」になっていることが世界中に広まって、日本人が「美しい日本」とは一体何なのかを認識するきっかけになってほしい。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK254掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK254掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK254掲示板  
次へ