★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255 > 300.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
社説[県民投票「実施せず」]住民の投票権奪うのか(逃げずに投票を受けるべき)
http://www.asyura2.com/18/senkyo255/msg/300.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2018 年 12 月 21 日 15:31:47: N0qgFY7SzZrIQ kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo
 

(回答先: <社説>県民投票不参加表明 市民の権利尊重し再考を(議会が民意??) 投稿者 戦争とはこういう物 日時 2018 年 12 月 21 日 15:19:46)

 議会意思を尊重といえば聞こえはいいが、結局市民は投票する権利が持てない事に成る。
市民の投票から逃げるかのような、政権党に忖度する動きにしか思えないが。
沖縄市議会内に蠢く「県民投票反対」の動きには、誰が何をどのようにして関わっているのだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここから)
社説[県民投票「実施せず」]住民の投票権奪うのか2018年12月20日 09:16
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/361494

 新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票について、宮古島市の下地敏彦市長が実施しない考えを明らかにした。

 「議会の意思を尊重する」というのが理由だ。

 宮古島市議会は18日、県民投票に関する部分を削除した予算案を賛成多数で可決。下地市長が議決のやり直しを求めて「再議」となったが、同様に削除した修正案が賛成多数で可決された。その後、市長は不実施を表明した。

 県民投票は学生や弁護士ら市民有志が9万2848筆の署名を集め、県に条例制定を請求したものだ。署名は必要数である有権者の50分の1を大きく上回り、宮古島市でも有権者の1割近い4184筆が集まった。

 下地市長には寄せられた署名の重さと、条例や地方自治法に定める執行義務を再確認してもらいたい。

 「二元代表制」をとる地方自治体で、選挙によって選ばれた市長が、直接的に「政治責任」を負うのは住民だからだ。

 県議会で制定された県民投票条例13条は、投票資格者名簿の調製や投開票の実施を「市町村が処理すること」と定めている。

 地方自治法177条は、市町村の義務的経費を議会が否決した際、首長は再議に付し、再び否決された場合は、自ら予算を計上し「支出することができる」と規定している。

 住民の基本権である投票権が議会によって奪われることになれば、地方自治は大きく揺らぐ。

 下地市長には再考を求めたい。

    ■    ■

 市民の「意思表示する権利」を奪うとの指摘に対し、下地市長は「大多数の議員が反対したということは、市民の意見がそこに集約されている」と持論を展開した。論理に飛躍と決めつけがあり、合点できない。

 「辺野古移設に反対する知事の考え方は県民が広く支持している」とも語ったが、民意がないがしろにされているからこそ、県民投票が必要なのである。

 さらに「国の専権事項を侵すような形になる」との見解も明らかにした。基地建設など安全保障に関わる問題に、自治体や住民はどうこう言うべきではないとの考えなのだろうか。その発想もおかしい。

 自治体が住民の生活を守る立場から、国に過重負担の軽減と公平・公正な扱いを求めるのは当たり前のこと。

 全国の米軍専用施設の約7割が沖縄に集中しているだけになおさらである。

    ■    ■

 県民投票を巡っては、石垣市の中山義隆市長も議会で予算が否決された場合、実施しないことを明言している。宜野湾市議会もすでに反対の意見書を可決しており、実施が危ぶまれている。

 自民党の国会議員や県知事は「辺野古反対」の選挙公約を当選後に破り、名護市や宜野湾市の市長は選挙で辺野古の移設の是非を語らなかった。

 その上今度は自治体の首長が県民投票を拒否する。

 本当にそれでいいのだろうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここまで)
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2018年12月23日 11:04:46 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-10300] 報告
2018年12月23日(日)

圧倒的民意示そう

県民投票成功 事務所開き

沖縄

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-12-23/2018122303_02_1.jpg
(写真)事務所開きで県民投票の成功に向けて「頑張ろう!」と三唱する参加者=22日、那覇市

 来年2月24日の沖縄県名護市辺野古米軍新基地建設の埋め立ての賛否を問う県民投票で、反対の圧倒的民意を示し、成功を目指す「辺野古埋め立て・新基地建設反対の民意を示す県民投票連絡会」は22日、那覇市で事務所開きを行いました。「団結して頑張ろう!」と三唱し、全力で取り組む決意を改めて誓い合いました。

 同会は政党・会派や経済界、労働団体、市民団体などで構成。共同代表の稲嶺進前名護市長は「一人ひとりの力、組織の力を最大動員し、運動を広げよう」と訴えました。

 共同代表の高良鉄美琉球大学大学院教授は「地方自治は民主主義の学校だ」と強調。辺野古新基地問題と県民投票が全国・世界から注目されている中で、「沖縄から大きく発信していこう」と呼びかけました。

 同会顧問の日本共産党の赤嶺政賢衆院議員と、糸数慶子(参院会派「沖縄の風」)、伊波洋一(同)の両参院議員も発言しました。元宜野湾市長の伊波氏は、県民投票実施予算案が一部の地方議会で否決されていることに触れ「全市町村民の(投票の)権利を守るのが(各首長・地方議会の)義務だ」と訴えました。

 各地域を担当する県議や労組の代表なども決意を表明しました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-12-23/2018122303_02_1.html

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK255掲示板  
次へ