★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255 > 357.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
土砂投入もまだ阻止できる 辺野古移設は死守してほしい 井筒和幸の「怒怒哀楽」劇場(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/18/senkyo255/msg/357.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 12 月 22 日 23:00:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

   


土砂投入もまだ阻止できる 辺野古移設は死守してほしい 井筒和幸の「怒怒哀楽」劇場
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/244243
2018/12/22 日刊ゲンダイ

 年の瀬になんという事態だ。言語道断とはこれだ。沖縄の辺野古移設は絶対反対だという新しい知事が選ばれたばかりだったのに、沖縄県民の民意などあろうがなかろうが初めから無視し、とうとう先日、アベ政府は辺野古に土砂を投入しやがった。

 県民の多くはやるせないだろうが、本土の国民の怒りの声はロクに聞こえてこないままだ。安保条約のため、防衛を担う米軍のため、アベ首相と日本政府は沖縄の思いを切って捨てたのだ。もし、これが70年安保闘争の時代だったなら、沖縄で「コザ暴動」ならぬ「ヘノコ暴動」が起こって、米軍の車両や施設の焼き打ちだけでなくて、日本政府や防衛省の施設などに殴り込みデモがあったかもしれないぞ。

 オレもコザ(現沖縄市)の暴動当時は、アメリカや政府のよろず揉めごとには何でも絡んでいきたくなる、“夢多き”というか“血の気が多い”だけというか“あらゆる反乱に異議なし”の青春真っ盛りの高校3年生だったし、まさに暴動の起きた年末は、学校なんか無視して、何としても沖縄に行ってみたかった。当時はまだ返還前でアメリカ領だったため、パスポートが必要で簡単には「島」に渡れなかったが。

 でも、島に行けたなら、沖縄の若者たちと連帯し、泡盛という飲んだこともない酒を飲み、「安保の延長反対」でも「日本へ返還反対」でも「反米」でも名目は何でもいいから「造反有理」の下、思いっきり権力と闘ってみたかった。「過激派」なんて集団とは無縁に、左側だろうと右側だろうと考えは一つ“沖縄人の心にコミットして共闘する”というのが、当時のラジカルな若者の気分だったのも確かだ。

 オレは高校3年の1学期から受験だけの学業なんぞには興味もなくなっていて、学校に行かなくなっていたし、どこに本当の自分の居場所があるのか探しあぐねているところだった。何を意識して生きるべきか? 沖縄は本当に日本の国なのか? 沖縄が「琉球王国」だった1609年、薩摩の島津藩の軍勢に侵略され、独立国からどのように徳川の幕藩体制に組み込まれたのか? はたまた、同時に中国の明朝はそれまでの琉球の「冊封」(君と臣の)体制をどう持続させようとし、沖縄はその両属体制にどう臨んでいたか。沖縄人の心を勉強する日々だった。

 明治5年から、日本政府が「琉球処分」という、沖縄をなぶり殺しにするような強制併合で、鹿児島県に組み込まれてしまった時の、沖縄の人々の思いはどうだったか? 問答無用に土砂を海に投入させたアベ政府のあの能面のような官房長官の野郎は、果たしてどこまでこの島の歴史を学習してきたんだ。今の若者たちよ、沖縄の基地に関心はないのか。

 あの頃、沖縄行きの船に便乗してたなら、オレらは「沖縄共和国よ、独立しろ!」と暴動の最中に叫んでいたかも。まだまだ阻止できる。辺野古は死守してほしい。



井筒和幸 映画監督
1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。























 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 戦争とはこういう物[2965] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2018年12月23日 09:34:31 : 9PG0M0b68Q : jKnbezZWN40[1609] 報告
今の若者は自民党押しがトレンド、みたいな報道が多いが。
強い権力で押すだけの政権に何の面白味があるのか。
もっとお上に逆らう態度が意味があるんだと言う大人が増えて欲しい。
2. 2018年12月23日 10:59:14 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-10295] 報告
2018年12月23日(日)

土砂投入 法治国家の破壊

名護市議会が意見書

 沖縄県名護市議会は21日、同市辺野古の米軍新基地建設で政府が強行した埋め立て土砂の投入の中止を求める意見書を、日本共産党を含む賛成多数で可決しました。「県の行政指導に意を介さない政府の強行姿勢は、断じて容認できるものではない」と強く抗議しました。

 意見書は、政府が同市安和の民間桟橋から「違法な土砂の搬出も強行している」と指摘。県の埋め立て承認撤回を政府が執行停止したことについて、「基地建設のためには何でもありの傍若無人の見切り発車であり、地方自治と法治国家の破壊である」と批判しました。

 各世論調査で土砂投入に反対が多数をしめること、新基地を止めるインターネット署名の全世界での広がりなどをあげ、「国内外の世論を無視することは許されない」と強調。土砂投入の即時中止のほか、安和の桟橋からの土砂搬出も直ちに停止するよう求め、新基地建設を断念し米軍普天間基地(宜野湾市)を即時運用停止して閉鎖・撤去することも要求しました。

 日本共産党の吉居俊平市議は、「地元自治体として、こんな無法なやり方はおかしいと思っている市民も多い。若者にも新基地のことを考えてもらい、来年2月の県民投票で新基地反対の明確な民意を示し、建設を止めることに近づいていきたい」と話しました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-12-23/2018122301_02_1.html

2018年12月23日(日)

高校生 辺野古考える

沖縄で平和集会 「自分のこととして」

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-12-23/2018122301_04_1.jpg
(写真)「実際に体験し、平和について考えよう」と呼びかけられた開会集会=22日、那覇市

 平和な社会をつくるために学び考え交流する「高校生平和集会in沖縄」(主催=同実行委員会)が22日、沖縄県内で始まりました。

 3年ぶりの開催で東京、埼玉、京都、広島など各地から参加。3日間の日程で、沖縄戦の戦跡や米軍新基地建設がねらわれる名護市辺野古などを訪れ、戦争体験者や新基地建設に反対する県民らと懇談・交流します。

 那覇空港内での開会集会で、現地実行委員長の照屋佑之介さん(17)=糸満高校3年=が基調提案を行いました。米軍新基地建設へ日本政府が土砂投入を強行したことにふれ、「多くの県民が反対するなかでのこのような対応は、民主主義をないがしろにする行為ではないでしょうか」と強調。「日本政府の対応や新基地建設について自分のこととして一人ひとりが考える場にしていきたい」と述べました。

 東京から参加した高校3年の男子学生(18)は、「県知事選挙などで何度も、沖縄に米軍基地はいらないという結果が出ているのに、なぜなくならないのか。実際に現地を見て、抗議を続けている人からも話を聞きたい」と話しました。

 集会には、玉城デニー沖縄県知事から激励のメッセージが寄せられました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-12-23/2018122301_04_1.html

2018年12月23日(日)

天皇が最後の記者会見

「沖縄の苦難に心寄せる」

 天皇は20日、85歳の誕生日を前に皇居内で、在任中最後となる記者会見をしました。この中で天皇は沖縄戦を含めた長い沖縄の苦難の歴史にふれ、「沖縄の人々が耐え続けた犠牲に心を寄せていく」などとのべました。

 会見で天皇は、「即位以来、日本国憲法の下で象徴と位置付けられた天皇の望ましい在り方を求めながらその務めを行い、今日までを過ごしてきました」と表明。「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵(あんど)しています」とのべました。

 沖縄について天皇は、「先の大戦を含め、実に長い苦難の歴史をたどってきました」と言及。皇后と11回沖縄訪問したことをあげ、「沖縄の人々が耐え続けた犠牲に心を寄せていくとの私どもの思いは、これからも変わることはありません」と声を震わせながら語りました。

 第2次世界大戦についても、「多くの人命が失われ、我が国の戦後の平和と繁栄が多くの犠牲と国民のたゆみない努力によって築かれたものであることを忘れず、戦後生まれの人々にも正しく伝えていくことが大切」とのべました。

 また、雲仙・普賢岳の噴火(1991年)はじめ数々の災害に触れ、「数知れぬ人々が被害を受けたことに言葉に尽くせぬ悲しみを覚えます」と語りました。

 会見では退任が近いことにふれ、皇后への感謝、皇太子や秋篠宮への期待ものべました。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-12-23/2018122314_01_1.html

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

3. 雅則[808] ieuRpQ 2018年12月23日 14:38:22 : TGu8WvQwI : 6oF4AFKMaeY[45] 報告
日本の国民が国税を払う必要が有るのだろうか。国防の為、アメリカ合衆国から武器を買つているのではない。内戦の為に国民に銃を向ける事で購入している。憲法9条戦争放棄の平和憲法を守る事で外国との戦争は放棄している。海外と戦争すれば敵国条項で、近隣諸国を敵にする事に成る。ロシア、中国、朝鮮半島、全てが核保有国、韓国の艦船から放射を受けた自衛隊機は日本海でなぜ墜落しないのか、戦闘を開始しても良い危険な状況を騒いだが田母神氏は危険な状況ではないと。コメントしている。国民に銃を向ける為に購入している事に成る。難民が増えて戦争の後遺症で世界が戦争の無い生活を求めて努力している。辺野古に米軍基地造りを世界を敵にして日米で平和憲法を改悪して近隣諸国を敵にして国民に内戦の為に銃を向ける事で憲法9条戦争の放棄を変えて再軍備に走るとは、情けない国である。戦争に成れば取りつかれた狂人に国民は国税を払う必要があるのだるうか。国税を亡くし地方税で生活を守る必要がある。
4. 2018年12月23日 20:12:43 : d0QODkNglo : ul9iNPnSst8[61] 報告
沖縄に 向ける侮蔑の おぞましさ
5. 2018年12月24日 13:26:52 : aWI2hshZ7g : 3BYDh_sUv@s[5] 報告
日本国政府が長年、そして、翁長前沖縄県知事、現!玉城デニー沖縄県知事にやらせていることは、本来、安倍自公政権がやるべき課題!を、自分らがアメリカから保身とお覚えめでたくいたい為、‟コス狡い逃げ”を丸投げしたのだからね。
玉城デニー沖縄県知事、副知事始め沖縄県自治はものすごい場面ではないかと思う。

クリスマスイブの本日も、朝も早から、電車に飛び込んだニュースが流れた。
自殺?死なされたと思う方が合っている。
日本って、こうなんだよ、何もかも!

話が逸れるが、
フランスでマク公の政治に対してのフランス国民のプロテスト、Revolutionと言っている。

いい悪い、好き嫌いは別にして、チェ ゲバラ氏が浮かぶ。
マク君って、映像だけの印象だが、エネルギーが全〜部!脳だけにいっていて、首から下の身体性がないんだよね。
高級官僚、官僚、政治屋やあ・る・種のエリートって、そういう特徴が見える。
だが、人間も動物の一種だから、身体性がないとバランスが取れず、大衆から
‟遊離”または乖離する。
道半ばで殺害されてしまったが、農民達とか労働者の中に入って、一緒に肉体労働をしたのは、其の点!を知ってか知らずか、ゲバラ氏は分かっていたのではないかと思う。

最も、バカでは人の上に立てないし、立っちゃ‼‼‼い・け・な・い!
お金がもちょっとあれば助かると思うが、下々の者、庶民でよかったと思うよ。
ねっ!逃げの人生のアベ晋チャン!与太者アッソウジイちゃん!

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK255掲示板  
次へ