★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255 > 390.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
<想田和弘氏、絶句するしかない!全員読んだ方がいい>「戦略的必要性ない」 在沖海兵隊に元米軍高官言及 90年代分析 
http://www.asyura2.com/18/senkyo255/msg/390.html
投稿者 赤かぶ 日時 2018 年 12 月 24 日 02:46:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 


※画像クリック拡大




※画像クリック拡大











「戦略的必要性ない」 在沖海兵隊に元米軍高官言及 90年代分析 日本の経費負担好都合
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-852864.html
2018年12月23日 05:00 琉球新報


ローレンス・ウィルカーソン元陸軍大佐

 【ワシントン=座波幸代本紙特派員】ブッシュ(子)政権で、パウエル米国務長官の首席補佐官を務めたローレンス・ウィルカーソン元陸軍大佐は19日までに本紙のインタビューに応じた。同氏は1990年代初頭に米海兵隊大学校(バージニア州)の責任者を務めていた際に、冷戦終結に伴う米国内外の米軍基地再編・閉鎖に関する調査研究などを分析した。その結果、日本政府が多額の駐留経費を負担する在沖海兵隊はカリフォルニア州での経費より米側の負担は50〜60%安く済むと指摘。「沖縄の海兵隊駐留に正当な戦略上の必要性はないことが示された。(駐留は)全てお金と海兵隊の兵力維持のためだった」と明らかにした。 

 米軍の元高官が、沖縄の海兵隊駐留に戦略的な必要性はないと発言するのは異例。

 ウィルカーソン氏は、米国の識者や元高官らでつくる海外基地再編・閉鎖連合の主要メンバー。同連合はトランプ大統領、マティス国防長官ら宛てに、米国外の米軍基地の閉鎖を求める文書を公表している。

 当時の分析では、沖縄の海兵隊駐留は日本政府が多額の米軍駐留経費を支払っているため「カリフォルニア州での費用より、米側の負担は50〜60%安く済んでいた」と指摘した。米側の財政上、好都合であり、米本土に海兵隊を戻すことは非経済的と判断していたという。同州内の基地閉鎖もあったため、沖縄の海兵隊員を米本土に戻しても駐留させる場所がなく「兵力削減につながることを海兵隊幹部が恐れた」と明かした。

 気候変動や自然災害の影響が米軍施設に及ぼす損失への懸念が高まっており、米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設について、多額な費用を投じて海上に滑走路を造ることは「ばかげている」と強調した。

 日本政府が主張する在沖海兵隊の「抑止力」について「もろ刃の剣だ。抑止力の一方で、米軍の駐留は中国の軍事費を拡大させ、より強力な敵にさせる」と、軍事的緊張を高める要因になると指摘した。

 仮に朝鮮半島で有事が起きた際でも在沖海兵隊の派遣は「戦闘が終わってからしか現地に到着しないだろう。60万人の韓国軍にとって微少な追加でしかなく、戦略的理由はない」と述べた。

 日米同盟と日本の防衛については「米軍のプレゼンス(存在感)を示すという約束、広報的な意味合いだ。沖縄に駐留する戦略的な目的があると言いたいなら、横須賀や三沢など日本本土の他の場所の戦略目的と同じだ。米国の太平洋地域での国防戦略で本当に重要なのはハワイだけだ」と説明した。































































 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 人間になりたい[884] kGyK1ILJgsiC6IK9gqI 2018年12月24日 11:41:27 : Igew9LiSCV : jX5tMsGMxX4[708] 報告

>沖縄の海兵隊駐留に正当な戦略上の必要性はないことが示された。
 (駐留は)全てお金と海兵隊の兵力維持のためだった。

こんなことは、とっくの昔からあたりまえのことであり、普天間問題と辺野古基地建設は無関係。
安倍政権がいうように、日米は信頼の厚い同盟関係ならば、
普天間基地は危険なので、海兵隊は国外に行ってちょうだいと米国に通告すればいいだけのことだ。
それを日米関係を壊してまで米国は拒否できない。

野党は「沖縄の海兵隊駐留に正当な戦略上の必要性はない」ことを国会で追求すべきだが、
鳩山由紀夫、小沢一郎とその同調者以外、旧民主党系の野党議員は、
自民党とスタンスが似たり寄ったりなので追求できない。
そうは言っても、沖縄知事選で玉城デニーを野党共闘で支持した以上、
辺野古基地建設に反対しないと辻褄が合わない。
この問題をウヤムヤにしておくと、野党は壊滅しかねない。
来年の通常国会までに反安倍野党は、正月休みなど返上してこの問題を調整し一本化すべきだ。

安倍晋三はなぜ辺野古基地建設をごり押しするのか。
人間とゴロツキは権力の方向性が真逆であり、人間の権力者は、
国家、国民のために権力を行使するが、ゴロツキは自分のために行使するからである。
自分のことを国権の最高機関である立法府の長と再三再四混同するのは、
国民主権、立憲主義を尊重する意識がないどころか悪意を持っているので、
自分が本当にこの国の最高権力者であると勘違いしているようだ。
教育勅語の時代が美しい時代だと錯覚しているような子ども病アベコベ症候群の重症患者なので、
国民は最高権力者に従う奴隷であり、逆らうことは許さないと考えているのだろう。
安倍晋三は人間性の欠落したゴロツキなので、沖縄県民に苦痛を与えても痛痒を感じることはない。
沖縄と国民の民意を踏みにじることで権力を確認し、幼稚な全能感を満たし快感を得ているのだ。
国民は安倍晋三という低能ネトウヨのマスターベーションに付き合い、
沖縄の県民に苦痛を押付け、膨大な国費の浪費を許す義理はない。
ちなみに、ネトウヨとは右翼とか保守とかの政治的スタンスとは無関係であり、
幼稚化、非人間化した、ただのバカのことである。

2. 2018年12月24日 18:03:23 : LiAK8mOVpk : JfLzxe_9T5I[954] 報告
米軍は金が無いから普天間を引き上げてハワイに移駐するのを引き止めたのは日本政府、金づると利権が消滅するから、そのあと何だかんだ,ごたごたと屁理屈をくっつけて今の辺野古移設に持ち込んだ、その裏では金に踊らされた沖縄県民も居る、金の為に積極的に関った者、仕方なく従った者も居るだろう、其れを政府は最大限に利用して違法に違法を重ね法律無視、実現できない事(軟弱地盤の問題)も無視して進めている。
日本政府としては基地が出来る出来ないの問題では無く国民の税金を使う大義名分がありしかも巨額、今後数十年は基地の工事に絡み国家予算を配分して誰かの懐に入れていくのだろう。

そんな中で沖縄は先祖から未来に受け継いだ大事な自然を基地工事の為に差し出そうとしている、これまで沖縄県民が基地工事を受け入れた事は無い、今回の工事が押し切られたらこれは沖縄県民の理解の下基地が完成した物で有りますと沖縄県民に責任を転嫁してこれからも沖縄県民を虐げていく事だろう。

3. 地下爺[4090] km6Jupbq 2018年12月24日 19:39:57 : GYcRPWoePg : qQ1l3M7sSRs[519] 報告
 

4. 地下爺[4091] km6Jupbq 2018年12月24日 19:40:52 : GYcRPWoePg : qQ1l3M7sSRs[520] 報告
 
5. 2018年12月24日 21:59:18 : d0QODkNglo : ul9iNPnSst8[71] 報告
意義はない 百も承知さ 無駄なこと
6. 2018年12月24日 22:28:10 : B5jUAVwOgo : @q0pLXaGlcw[174] 報告
今こそ全てのアメリカ軍施設をアメリカ本土に(場所が無いなら統合閉鎖に)!!
7. 2018年12月25日 01:25:29 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[3791] 報告
  普天間基地が今危険だから辺野古なんだよと言いながら、このまま工事を強引に進めても、完成は凡そ13年後とのことである。
   13年後どころかそれより前に海兵隊は予定通りにグアムへと移転済みであろう、事実上普天間の危険性は辺野古基地完成前に除去されているだろう。
   結局のところ、海兵隊がグアムへ行っても辺野古、の奇妙な展開は、日本政府関係者が最初から辺野古に狙いを付け、周辺の土地を買い値上がりを目当てにでもしていたのではないか。よって何が何でも辺野古に基地を作らねばならないのであろう、普天間の危険性の除去は、グアムへの移転が決定的である故に今や理由としては陳腐化しているのである。
   よって米国にすれば辺野古軍事基地は米軍にとっては意味が無く、日本が作るというから黙っているというだけだったのだ。
   どうりで始終米からは日本の国内問題だという声が有ったのであり、米軍にとってはどうでも良いものを、自民財官護送船団は、米軍による抑止力になるなどと例によって勝手に抗弁しているだけであったということだ。
   見たいものしか見ない、見たく無いものは見ないご都合主義が、自民財官が結託した結果の、全て他人事で責任意識を欠いた集団故の思考停止状態であろう。
   軍事は今やビジネスであり、自動車産業界で車が売れてナンボの世界と同様で、なおかつ軍事は一国だけで勝手に暴れることは無く必ず対戦相手を必要とするペアリングであるところ、多国籍軍需産業は、二か国にダブルで兵器を売れるのである。
   ましてや、打出の小槌を持ったかの如く、国民の金は俺たちの金、の心理状態が著しい自民財官護送船団は、国権の最高機関たる国民議会の存在を唾棄していることで何処の国よりも財政規律が鈍く、どんな如何わしい投資話にでもトップが乗り公金の財布を開く国として、国際社会では有名ではないのか。
   安倍内閣や外務官僚らのように、知日派を装う軍産複合体関係ロビーやシンクタンクのメンバーの話ばかり聞いていれば、軍拡が全て、の世界観が展開され、いつしか安倍内閣のようにそれしか無いと思い込むのだろうが、実際は、米国とはいっても多様な発言集団があることを、この記事が証明してくれたと言える。
8. 2018年12月25日 14:01:37 : MwqM2u5ylY : dQ69spG4nR8[322] 報告
安倍は自分の身内や安倍友、献金先の大企業には何が何でも権力を持って強行する、国民が納得しない法案すべてを強行した様にまるで国も税金も自分の思うまましたい放題、沖縄県民だけでなくすべてに於いて国民をないがしろにしている。本当に許せない人間だ。それを支え反論しない与党の屑議員たち。選挙で自民党を下野させるしかない。
9. 2018年12月25日 18:03:14 : UPaJl6yzxQ : Sabv9K00ubk[98] 報告
●元米軍高官、「沖縄海兵隊は戦略的必要性ない」と明言!辺野古基地建設も「馬鹿げている」と強調!「海兵隊駐留はお金の節約のため」
https://yuruneto.com/motobeigun-kaiheitai/
●【沖縄米軍の真実】元米軍高官が暴露「(1990年代初頭)沖縄の海兵隊駐留に正当な戦略上の必要性はなかった。(駐留は)全てお金と海兵隊の兵力維持のためだった」
http://xn--nyqy26a13k.jp/archives/45333
10. 2018年12月26日 12:45:56 : qoVQbet9h2 : g7zVMEtvnAM[15] 報告
>米軍の駐留は中国の軍事費を拡大させ、より強力な敵にさせる

>仮に朝鮮半島で有事が起きた際でも在沖海兵隊の派遣は「戦闘が終わってからしか現地に到着しないだろう。」

基地の経済効果は、1ドル単位で考えた場合、軍の経済効果1.25ドルに対し、
教育は4〜5ドル、民間投資は2〜6ドルの波及がある。
軍は悪い投資だ。基地内と周辺の雇用くらいで経済効果は波及しない。

まあ! まあ! まあ! なんてこと。

ちなみにハワイは、現地の人たちがバラック小屋が密集するような地域に暮らし、
侵略者たちが、軍人をガードマンにしてセレブ暮らしをしていますね。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK255掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK255掲示板  
次へ